議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 さぬき市

平成17年第2回定例会(第5日) 本文




2005年06月21日:平成17年第2回定例会(第5日) 本文

◯議長(松岡善一君)おはようございます。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付してあるとおりであります。


 日程第1  議案第69号から議案第81号まで
       議案第69号 専決処分の承認について
              (平成17年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算
              (第1号))
       議案第70号 専決処分の承認について
              (平成17年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正
              予算(第1号))
       議案第71号 さぬき市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正に
              ついて
       議案第72号 さぬき市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一
              部改正について
       議案第73号 さぬき市乳幼児医療費の支給に関する条例の一部改正に
              ついて
       議案第74号 さぬき市母子家庭等医療費支給に関する条例の一部改正
              について
       議案第75号 さぬき市重度心身障害者等医療費支給に関する条例の一
              部改正について
       議案第76号 さぬき市墓地条例の一部改正について
       議案第77号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更につい
              て
       議案第78号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少に伴う財産処分について
       議案第79号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少、香川県市町総合事務組合の共同処理する事務の変
              更及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更について
       議案第80号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少及び香川県市町総合事務組合の共同処理する事務の
              変更に伴う財産処分について
       議案第81号 香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の
              減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更につい
              て
       (委員長報告)
         総務・教育民生
       (委員長報告に対する質疑・討論・採決)


◯議長(松岡善一君)日程第1、議案第69号から議案第81号までを一括議題といたします。
 本件に関し、各委員長の報告を求めます。
 まず、総務常任委員長、網野政芳君。


◯総務常任委員長(網野政芳君)はい、議長。
  〔総務常任委員長(網野政芳君)登壇〕


◯総務常任委員長(網野政芳君)おはようございます。総務常任委員会の審査の結果についてご報告申し上げます。
 本委員会に付託されました案件は、6月15日の会議において配付されました委員会付託表のとおり8件であります。委員会は17日に開催し、審査いたしました結果、付託案件いずれも原案承認・可決することと決定した次第であります。
 各議案の経過概要についてご報告申し上げます。
 議案第70号、専決処分の承認について(平成17年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予算(第1号))であります。
 本案は、平成16年度決算に不足が生じ、赤字となる見込みであり、充用金及び一時借入金利子を5月31日の出納閉鎖日までに行わなければならないため、専決処分したものでありまして、平成17年度予算に同額の前年度繰上げを補正計上するものであります。
 本案に対する特段の質疑・討論はありませんでした。
 次に、議案第71号、さぬき市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正についてでありますが、本案は再任用職員に初任給調整手当の適用除外の規定を加える必要があり今回改正するもの、及び「地方公営企業等の労働関係に関する法律」名が題名改正されたことに伴い改正するものであります。
 本案に対する特段の質疑・討論はありませんでした。
 次に、議案第72号、さぬき市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてでありますが、この条例の上位法であります、「公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律」の改正により、職員の派遣について一般地方独立行政法人が加えられたことに伴い改正を行うもの、及び議案第71号同様、地方公営企業等の労働関係に関する法律名が題名改正されたことに伴い改正するものであります。
 本案に対する特段の質疑・討論はありませんでした。
 次に、議案第77号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更について、議案第78号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分についてでありますが、この2議案につきましては合併関連で、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体のうち、塩江町、塩江地区財産区、上西財産区から当組合を脱退したい旨依頼があり、関連地方公共団体の協議が必要となったことから、議会の議決を求めるものであります。
 本案に対する特段の質疑・討論はありませんでした。
 次に、議案第79号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、香川県市町総合事務組合の共同処理する事務の変更及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更について、議案第80号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分について、議案第81号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更についてであります。
 この3議案につきましても合併関連であり、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体のうち、粟井坂瀬山林観音寺大野原町組合及び五郷山部分林組合が当組合を脱退するとともに、大野原町及び豊浜町の共同処理する事務を変更することに関する規約変更と、それらに伴う財産処分、また新たに設置される観音寺市が組合の構成団体となることに関する規約変更について、関連地方公共団体の協議が必要となったことから、議会の議決を求めるものであります。
 本案に対する特段の質疑・討論はありませんでした。
 以上、総務常任委員会の報告を終わります。


◯議長(松岡善一君)次に、教育民生常任委員長、塚原孝雄君。


◯教育民生常任委員長(塚原孝雄君)はい、議長。
  〔教育民生常任委員長(塚原孝雄君)登壇〕


◯教育民生常任委員長(塚原孝雄君)おはようございます。教育民生常任委員会の審査の経過概要並びに結果についてご報告申し上げます。
 本委員会に付託されました案件は、6月15日の会議において配付されました委員会付託表のとおり5件であります。
 委員会は16日に開催し、審査いたしました結果、付託案件いずれも原案可決することに決定した次第であります。
 以下、審査の過程で特に言及のありました点及び要望事項等についてご報告申し上げます。
 まず、議案第69号、専決処分の承認(平成17年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算(第1号))について申し上げます。
 委員から、このようなケース(繰り上げ充用)は今後もあり得るのかとただしたのに対し、このような事例は過去にもあったが、国庫、県支出金等の交付が次年度になった場合にはあり得るのとの答弁がありました。
 次に、議案第73号、さぬき市乳幼児医療費の支給に関する条例の一部改正について申し上げます。
 委員から、少子対策に逆行の施策ではないのか、どの程度の影響があるのかとただしたのに対して、食事については家庭でも入院でも必要であり、公平化を図るということをご理解いただきたい。また169万円程度の影響があるとの答弁がありました。委員から、その程度のことが実施できないのかとただしたのに対して、金額的には少ないが、全体的に考えると無理であるとの答弁がありました。
 次に、議案第74号、さぬき市母子家庭等医療費支給に関する条例の一部改正について申し上げます。
 委員から、20歳から18歳に引き下げた理由をただしたのに対し、児童福祉法にいう児童は18歳未満ということで引き下げたとの答弁でした。
 次に、議案第75号、さぬき市重度心身障害者等の医療費支給に関する条例の一部改正について申し上げます。
 委員から、議案73、74、75号を重複して適用する場合はあるのかとただしたのに対して、条例の適用は個々に施行するとの答弁がありました。
 次に、議案第76号、さぬき市墓地条例の一部改正について申し上げます。
 委員から、市営大谷墓地の旧、新永代使用料の整合性、水道使用料、清掃管理、その他の墓地の管理費との整合性についてただしたのに対し、新しい墓地には境界縁石、休憩所、駐車場、舗装等が整備されているが、旧の方は境界縁石(巻石)の施工が必要である。また水道使用料は市の方で対応しているが、維持管理については統一を図る方向で検討したいとの答弁がありました。
 また委員より、既存の墓地の使用状況についてただしたのに対し、平成16年に4件返還された墓地があるが、周辺整備した上で判断したい。また委員より、竹林の里のような問題はないのかとただしたのに対し、境界縁石(巻石)の高さに問題があるので、今後検討したいとの答弁がありました。
 委員より、さぬき市内に点在している墓地の対応策についてただしたのに対し、建立している方にお願いすることになるとの答弁がありました。
 また委員より、公募するに当たり、過去には地元対策を実施していたが、今回はどのようになっているのか、また市外の方を除くとあるがとただしたのに対して、128区画あるので地元優先に分譲できるので別に考えていない、また管理上、市外を除いているとの答弁がありました。
 以上、教育民生常任委員会の報告を終わります。


◯議長(松岡善一君)以上で、委員長の報告は終わりました。
 ただいまの委員長報告に対する質疑に入りますが、質疑の通告はございません。よって、これにて委員長報告に対する質疑を終結いたします。
 これより討論に入りますが、討論の通告、これまたございません。よって、これにて討論を終結いたします。
 これより採決をいたします。総務常任委員会付託案件のうち、議案第70号、議案第71号、議案第72号、議案第77号、議案第78号、議案第79号、議案第80号、議案第81号、以上8件を一括採決いたします。
 8議案に対する常任委員長の報告は、いずれも原案承認、可決であります。
 本案は、常任委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議案第70号、専決処分の承認について(平成17年度さぬき市内陸土地造成事業特別会計補正予算(第1号))、議案第71号、さぬき市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について、議案第72号、さぬき市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について、議案第77号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更について、議案第78号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う財産処分について、議案第79号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、香川県市町総合事務組合の共同処理する事務の変更及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更について、議案第80号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合の共同処理する事務の変更に伴う財産処分について、議案第81号、香川県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び香川県市町総合事務組合規約の一部変更についての8議案は、いずれも原案のとおり承認、可決されました。
 続きまして、教育民生常任委員会付託案件のうち、議案第69号、議案第73号、議案第74号、議案第75号、議案第76号、以上5件を一括採決いたします。
 5議案に対する常任委員長の報告は、いずれも原案承認、可決であります。
 本案は、常任委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議案第69号、専決処分の承認について(平成17年度さぬき市老人保健事業特別会計補正予算(第1号))、議案第73号、さぬき市乳幼児医療費の支給に関する条例の一部改正について、議案第74号、さぬき市母子家庭等医療費支給に関する条例の一部改正について、議案第75号、さぬき市重度心身障害者等医療費支給に関する条例の一部改正について、及び議案第76号、さぬき市墓地条例の一部改正についての5件は、いずれも原案のとおり承認、可決されました。


 日程第2  農業委員会委員の推薦について


◯議長(松岡善一君)日程第2、農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。
 お諮りいたします。農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定によりまして、議会推薦の農業委員は4名でございます。推薦の方法につきましては、議長において指名推薦することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定をいたしました。
 指名案を配付するため、暫時休憩いたします。

             午前 9時45分 休憩
   ────────────────────────────────
             午前 9時46分 再開



◯議長(松岡善一君)再開をいたします。
 それでは、議会推薦の農業委員に、鶴身 正君、塚原孝雄君、岩崎治樹君、満濃敏彦君、以上4名の方を指名いたしたいと思います。
 よって、地方自治法第117条の規定によりまして、鶴身 正君、塚原孝雄君、岩崎治樹君、以上3名の方の退場を求めます。
  〔鶴身 正君・塚原孝雄君・岩崎治樹君退場〕


◯議長(松岡善一君)お諮りをいたします。ただいま私から指名いたしました、鶴身正君、塚原孝雄君、岩崎治樹君、満濃敏彦君を農業委員会委員に推薦することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。したがいまして、議会推薦の農業委員には、鶴身 正君、塚原孝雄君、岩崎治樹君、満濃敏彦君、以上4名の方を推薦することに決定いたしました。
  〔鶴身 正君・塚原孝雄君・岩崎治樹君入場〕


 日程第3  議員提出意見書案第2号 地方議会制度の充実強化に関する意見書
       (趣旨説明・採決)


◯議長(松岡善一君)続きまして、日程第3、議員提出意見書案第2号、地方議会制度の充実強化に関する意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、提出者から趣旨説明を求めます。
 18番、池田一三君。


◯18番(池田一三君)はい。
  〔18番(池田一三君)登壇〕


◯18番(池田一三君)地方議会制度の充実強化に関する意見書の提出者を代表いたしまして、私から趣旨説明を申し上げます。
 地方分権一括法の施行や市町村合併に伴う地方自治にかかる地勢図の変化など、地方議会を取り巻く環境は大きく変化をしております。また今日、三位一体の改革などが進められる中で、税財政面での自己決定権が強まれば、それに伴い議会の執行機関に対する監視機能を強化し、みずから住民のための政策を発信していかなければならないのは必然であります。
 このような中、地方議会の役割は一層その重要性を増していることから、住民自治の代表機関である議会の機能のさらなる充実をその活性化を図ることが強く求められております。一方、各議会においては、みずからの議会改革等を積極的に行っているところでありますが、これらの環境に対応した議会の機能を十分発揮するためには、解決すべきさまざまな制度的課題があります。
 こうした課題は、現行の地方自治法が制定後60年経過し、議会と首長との関係等にかかわる状況が変化しているにもかかわらず、ほとんど見直しされておらず、議会に係る制度が実態にそぐわなくなっていることから、議会制度全般にわたる見直しが急務であります。
 21世紀における地方自治制度を考えるとき、住民自治の合議体である議会が自主性、自立性を発揮して初めて地方自治の本旨は実現するものであり、時代の趨勢に対応した議会改革でなくして地方分権改革は完結いたしません。
 よって国においては、現在、第28次地方制度調査会において議会のあり方を審議項目として取り上げ、活発な審議が行われているところでありますが、地方議会制度の規制緩和、弾力化はもとより、地方議会の権能強化及びその活性化のため、抜本的な制度改正が図れるよう強く求めるものであります。
 以上、趣旨説明は終わりますが、ご賛同を賜りますように、よろしくお願いを申し上げます。


◯議長(松岡善一君)以上で、提出者の趣旨説明が終わりました。
 質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議員提出意見書案第2号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議員提出意見書案第2号、地方議会制度の充実強化に関する意見書は、可決されました。


 日程第4  議員提出意見書案第3号 地方六団体改革案の早期実現に関する意見書
       (趣旨説明・採決)


◯議長(松岡善一君)日程第4、議員提出意見書案第3号、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書を議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、提出者から趣旨説明を求めます。
 7番、江村信介君。


◯7番(江村信介君)はい、議長。
  〔7番(江村信介君)登壇〕


◯7番(江村信介君)地方六団体改革案の早期実現に関する意見書の提出者を代表いたしまして、私から趣旨説明を申し上げます。
 地方六団体は、「基本方針2004」に基づく政府からの要請により、昨年8月に、地方分権の理念に沿った三位一体の改革を実現すべく、地方六団体の総意として、その改革案を小泉内閣総理大臣に提出したところであります。
 しかしながら、昨年11月の三位一体の改革についての政府、与党合意の税源移譲案は、その移譲額を平成16年度分を含めおおむね3兆円として、その約8割を明示したものの、残りの約2割については平成17年中に検討を行い、結論を得るとし、多くの課題が先送りされ、真の地方分権改革とは言えない状況にあります。
 よって政府においては、平成5年の衆・参両院による地方分権推進に関する全会一致の国会決議を初め、地方分権一括法の施行といった国民の意思を改めて確認し、真の三位一体の改革の実現を図るため、残された課題等についても地方六団体提案を十分踏まえ、改革案の実現を強く求めるものであります。
 以上で趣旨説明は終わりますが、ご賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。以上でございます。


◯議長(松岡善一君)以上で、提出者の趣旨説明が終わりました。
 質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議員提出意見書案第3号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 お諮りいたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議員提出意見書案第3号、地方六団体改革案の早期実現に関する意見書は、可決されました。


 日程第5  議員提出決議案第1号 非核平和都市宣言に関する決議について
       (趣旨説明・採決)


◯議長(松岡善一君)日程第5、議員提出決議案1号、非核平和都市宣言に関する決議について議題といたします。
 議案の朗読を省略させていただき、これまた提出者から趣旨説明を求めます。
 19番、白井委秀君。


◯19番(白井委秀君)はい、議長。
  〔19番(白井委秀君)登壇〕


◯19番(白井委秀君)非核平和都市宣言に関する決議につきまして、案文の朗読をもって趣旨説明にかえさせていただきます。
 世界の恒久平和と安全は、人類共通の念願であります。しかるに、近年、世界において軍備の拡張は依然として続けられ、世界平和に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類のひとしく憂えるところであります。
 我が国は世界唯一の核被爆国として、また平和憲法の精神からも、この地球上に再び、広島、長崎の惨禍を繰り返させてはなりません。
 本市においても、日本国憲法に掲げられた恒久平和の主義の理念を市民生活の中に育み、継承させていくことが、地方自治の基本条件の1つであります。
 したがって、さぬき市は平和を希求する市民の総意のもとに、我が国の非核三原則が完全に実施されることを願いつつ、あらゆる国の、あらゆる核兵器の廃絶と軍備縮小を全世界に強く訴え、もって世界の恒久平和の実現を目指し、ここにさぬき市を「非核平和都市」とすることを宣言します。
 以上、趣旨説明をいたし、なにとぞご賛同賜りますよう、お願い申し上げます。


◯議長(松岡善一君)以上で、提案理由の説明が終わりました。
 これまた、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、議員提出決議案第1号は、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。
 お諮りをいたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。
  〔起立者多数〕


◯議長(松岡善一君)起立多数であります。よって、議員提出決議案第1号、非核平和都市宣言に関する決議については、可決されました。


 日程第6  閉会中の継続調査の申し出について


◯議長(松岡善一君)日程第6、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。
 議会運営委員長から、会議規則第104条の規定によりまして、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りをいたします。議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ございませんか。
  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(松岡善一君)ご異議なしと認めます。よって、日程第6、閉会中の継続調査の申し出につきましては、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。
 ここで、市長より発言の申し出がありますので、これを許します。


◯市長(赤澤申也君)議長。


◯議長(松岡善一君)市長、赤澤申也君。
  〔市長(赤澤申也君)登壇〕


◯市長(赤澤申也君)おはようございます。6月定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 6月9日に開会いたしました今期定例会は、議案数こそ多くはありませんでしたが、議員各位には、代表質問、一般質問あるいは委員会審議におきまして、終始熱心な議論を賜り、すべての案件につきましてとどこおりなく議了していただきまして、まことにありがとうございました。ご審議の間にご意見、ご注意のありました点につきましては、執行に当たり、十分心して努めたいと存じております。
 ことしの梅雨入りは平年より7日、昨年より13日遅く、その上、雨量も少ないようでありまして、早明浦ダムの貯水率が毎日注目されるようになっております。本市におきましても、先ほど、渇水対策本部を設置したところでございます。本部設置により、たちまち市民生活に影響を及ぼすことはないとは思いますが、災害をもたらさない程度の恵みの雨を期待したいものであります。
 夏本番を目前にしまして、体調を崩しやすい時期ですので、どうぞ体には十分気をつけられまして、ご活躍されますことを心からお祈り申し上げまして、甚だ簡単でありますがお礼の言葉とさせていただきます。ありがとうございました。


◯議長(松岡善一君)平成17年さぬき市議会第2回定例会の閉会に当たりまして、一言、お礼を兼ねて、ごあいさつを申し上げます。
 会期中、議員各位には終始極めて熱心にかつ慎重なご審議をいただき、本定例会に付議されましたすべての案件を議了することができました。
 本定例会に提案されました議案は18件、専決処分の承認について2件、条例の一部改正6件、組合規約の変更について5件、農業委員会委員の推薦について、議員提出議案1件、議員提出意見書案2件、議員提出決議案1件でございました。
 ここに厚くお礼を申し上げますとともに、市長を初め当局各位には、会期中の審議においては極めて真摯な態度にて審議にご協力いただき、そのご苦労に対しまして敬意を表するとともに、厚くお礼を申し上げたいと思います。
 代表質問、一般質問、委員会審議で各議員より提案されました意見、要望等につきましては、今後の市政執行に際して十分反映されますようお願いを申し上げます。
 これからは梅雨明けも間近、猛暑が予測される夏場に向かいますが、議員、当局者各位には、どうか健康には十分ご留意いただきまして、市政運営の発展にますますのご活躍をいただきますことをお願い申し上げますとともに、特に我々議員は、改選後2年が経過し、新しい委員構成により、夢と活力あるさぬき市づくりに、また市民の多様な付託にこたえるべく、一歩一歩前進することをお誓い申し上げたいと思います。
 これにて会議を閉じ、平成17年さぬき市議会第2回定例会を閉会いたします。
 ご審議まことにありがとうございました。

             午前10時04分 閉会