議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 観音寺市

旧観音寺市議会 平成11年第4回 9月定例会 09月22日−04号




旧観音寺市議会 平成11年第4回 9月定例会 − 09月22日−04号







旧観音寺市議会 平成11年第4回 9月定例会



            平成11年第4回観音寺市議会定例会会議録

            ───────────────────



      議事日程(第4)

                       平成11年9月22日(水)午前10時開議

日程第1 議案第57号 観音寺市固定資産評価審査委員会条例 案

     議案第63号 平成11年度観音寺市一般会計補正予算(第2号) 案

日程第2 議案第61号 財産の取得について

     議案第62号 平成10年度観音寺市水道事業会計決算認定について

     議案第64号 平成11年度観音寺市競輪事業特別会計補正予算(第1号) 案

     議案第66号 平成11年度観音寺市水道事業会計補正予算(第1号) 案

     議案第67号 財産の取得について

日程第3 議案第65号 平成11年度観音寺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号) 案

日程第4 意見書案第4号 道路整備予算の拡大に関する意見書 案

日程第5 決議案第1号 交通死亡事故抑止に関する決議 案

       ─────────────────────────────

      本日の会議に付した事件

日程第1 議案第57号、議案第63号

日程第2 議案第61号、議案第62号、議案第64号、議案第66号、議案第67号

日程第3 議案第65号

日程第4 意見書案第4号 道路整備予算の拡大に関する意見書 案

日程第5 決議案第1号 交通死亡事故抑止に関する決議 案

       =============================

              午前10時3分 開議

〇出席議員 20名

  2 番  中 村 保 男 君     │     13 番  三 好 喜 一 君

  3 番  高 城 宗 幸 君     │     14 番  秋 山 忠 敏 君

  5 番  原   俊 博 君     │     15 番  国 土 幸 久 君

  6 番  楠 井 泰 功 君     │     16 番  宮 尾 正 樹 君

  7 番  西 山 正 勝 君     │     17 番  井 下 尊 義 君

  8 番  片 山 正 八 君     │     18 番  藤 田 芳 種 君

  9 番  石 山 秀 和 君     │     19 番  石 塚 祐 子 君

  10 番  安 藤 忠 明 君     │     20 番  安 藤 清 高 君

  25 番  森 川 光 典 君     │     27 番  石 田 益 雄 君

  26 番  美 藤   広 君     │     28 番  白 川   精 君

       ─────────────────────────────

〇説明のため出席した者の職氏名

  市長      白 川 晴 司 君  │  農林水産課長  秋 山 正 志 君

  助役      大 倉 利 夫 君  │  商工観光課長  岡 田 唯 男 君

  収入役     藤 川 卓 二 君  │  競輪事業局長  梅 林 親 範 君

                     │  会計課長    行 天   優 君

  企画課長    田 中   豊 君  │

  秘書課長    小 西 正 訓 君  │  水道局長    美 藤 幸 造 君

  総務課長    白 山 栄 次 君  │

  税務課長    高 橋 宏 俊 君  │        教 育 委 員 会

  伊吹支所長   篠 原 文 徳 君  │  教育長     石 原 敏 夫 君

  市民課長    近 藤 武 志 君  │  庶務課長    高 橋 昌 弘 君

  環境衛生課長  請 川   剛 君  │

  下水道課長   森 野   仁 君  │  選挙管理委員会事務局長

                     │          熊 谷 和 弘 君

  健康増進課長  冨 原 一 郎 君  │

  同和対策課長  石 川 和 明 君  │  監査委員事務局長清 水 俊 和 君

  福祉事務所長  西 山 友 將 君  │

  建設課長    田 中 久 司 君  │  農業委員会事務局長

                     │          横 山 勝 一 君

  都市開発課長  白 川 智 洋 君  │

       ─────────────────────────────

〇事務局出席職員氏名

  事務局長    黒 川 健太郎    │    議事係長    岡 田 和 則

  次長      藤 田 賢 一    │    書記      亀 澤 房 代

       ─────────────────────────────



○議長(白川精君) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に御配付しているとおりであります。



△日程第1 議案第57号、議案第63号



○議長(白川精君) 日程第1、議案第57号、議案第63号の2議案を一括議題といたします。

 本案に関し、総務常任委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長。

              〔25番 森川光典君 登壇〕



◆25番(森川光典君) 総務委員会に付託され、ただいま議題となっております2議案について、審査の結果を御報告申し上げます。

 議案第57号観音寺市固定資産評価審査委員会条例案についてでありますが、本案は、地方税法の改正に伴い、本審査委員会に対する審査申出制度が大幅に改正されたことにより、固定資産評価審査委員会条例の規定を全面的に整備しようとするものであります。

 主な改正内容は、審査申出期間の延長、審査申出事項・手続の合理化、部会設置規定の廃止などとなっております。

 本案について、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第63号平成11年度観音寺市一般会計補正予算(第2号)案についてでありますが、今回の補正総額は歳入歳出それぞれ1億9,876万7,000円を追加し、予算総額を172億1,841万1,000円としようとするものであります。

 その主な内容については、歳出面では、総務費で県議会議員選挙費で執行されなかった為、1,514万5,000円を減額し、国の少子化対策臨時交付金関係事業で公立及び法人保育所関係の民生費に9,593万2,000円、また、幼稚園関係の教育費に1,770万円を計上しております。

 次に、土木費では、市道維持補修及び市道舗装新設事業に4,000万円、災害復旧費では、市道坂本7号線の復旧に820万9,000円、八幡川復旧に1,287万9,000円を計上し、予備費に2,010万1,000円を追加計上しております。

 これら歳出の財源として、国庫支出金1億2,575万8,000円、市債で590万円、繰越金で1億8,359万4,000円を計上し、県支出金で1,658万6,000円、繰入金で1億円をそれぞれ減額措置されております。

 また、債務負担行為の補正については、駅周辺整備事業で、土地開発公社借入金に対する債務保証の限度額を2億1,640万円増額し、3億1,640万円としております。本案について、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。なお、所管部分を審査いたしました両委員会からも、異議のない旨の報告を受けております。

 以上であります。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(白川精君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 まず、議案第57号観音寺市固定資産評価審査委員会条例案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものと決したとあります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第63号平成11年度観音寺市一般会計補正予算(第2号)案を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決すべきものと決したとあります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。

       =============================



△日程第2 議案第61号、議案第62号、議案第64号、議案第66号、議案第67号



○議長(白川精君) 日程第2、議案第61号、議案第62号、議案第64号、議案第66号、議案第67号の5議案を一括議題といたします。

 本案に関し、建設経済常任委員長の報告を求めます。

 建設経済常任委員長。

              〔27番 石田益雄君 登壇〕



◆27番(石田益雄君) 建設経済委員会に付託され、ただいま議題となっております議案につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。

 初めに、議案第61号財産の取得についてでありますが、本案は、観音寺市山田産業団地開発用地として、面積8,475.77平方メートルの国有地に係るものについて、価格3,400万円以内で購入しようとするものであります。

 委員会として慎重に審査いたしました結果、同意すべきものと決しました。

 次に、議案第62号平成10年度観音寺市水道事業会計決算認定についてでありますが、別冊で提出されております、水道事業決算書及び監査委員の水道事業会計決算審査意見書に基づき、慎重に審査いたしました。

 それによりますと、平成10年度末の給水戸数は、1万4,669戸、給水人口は、4万4,163人で、普及率は、98.7%となっております。

 また、財政状況につきましては、収益的収支における総収益は、有収水量の減少により、給水収益が減少し、受託工事収益等も減少しており、前年度に比べ、2,366万9,000円の減少で、12億1,410万6,000円となっております。

 一方、総費用では、諸経費の節減により、原水及び浄水費・受託工事費等は、減少しておりますが、配水及び給水費・総係費等が増加したため、9億7,710万7,000円となり、差し引き2億3,699万9,000円の当年度純利益となっております。

 次に、資本的収支におきましては、建設改良費に2億9,861万3,000円、企業債償還金に8,658万円を支出し、これに対し、収入は、企業債5,500万円、工事負担金2,984万9,000円等で、差し引き収入額が支出額に対し、不足する額3億34万4,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額1,140万2,000円損益勘定留保資金2億236万2,000円及び減債積立金取り崩し額8,658万円で補てんされております。

 委員会といたしましては、決算は、適正であると認められるので、本案は、認定すべきものと決しました。

 次に、議案第64号平成11年度観音寺市競輪事業特別会計補正予算(第1号)案についてでありますが、今回の補正額は、歳入・歳出ともに2億4,269万2,000円となっております。

 その主な内容についてですが、開催費では、四国地区競輪活性化事業に、1,075万円を計上、番組製作放映委託料等で599万9,000円を減額、予備費で2億3,637万7,000円が計上されております。この補正財源としては、自転車普及協会助成金の1,600万円と繰越金2億2,669万2,000円が充てられております。

 委員会として、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第66号平成11年度観音寺市水道事業会計補正予算(第1号)案についてでありますが、今回の補正は、新設改良事業に2,358万8,000円、七宝山配水池整備事業に500万円、老朽配水管改良事業に1,000万円が計上され、その財源は、主として損益勘定留保資金を取り崩し、措置されております。

 委員会として、慎重に審査いたしました結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第67号財産の取得についてでありますが、本案は、観音寺市山田産業団地造成事業に伴う造成用土(山ズリ)7万4,805立方メートルを三豊産業有限会社から5,341万770円で購入しようとするものであります。

 委員会として、慎重に審査いたしました結果、同意すべきものと決しました。

 以上であります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(白川精君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 まず、議案第61号財産の取得についてを採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、同意すべきものと決したとあります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第61号はこれに同意することに決しました。

 次に、議案第62号平成10年度観音寺市水道事業会計決算認定についてを採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、認定すべきものと決したとあります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第62号は認定することに決しました。

 次に、議案第64号平成11年度観音寺市競輪事業特別会計補正予算(第1号)案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものと決したとあります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第66号平成11年度観音寺市水道事業会計補正予算(第1号)案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものと決したとあります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第66号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第67号財産の取得についてを採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、同意すべきものと決したとあります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第67号はこれに同意することに決しました。

       =============================



△日程第3 議案第65号



○議長(白川精君) 日程第3、議案第65号を議題といたします。

 本案に関し、文教民生常任委員長の報告を求めます。

 文教民生常任委員長。

              〔26番 美藤 広君 登壇〕



◆26番(美藤広君) 今回の定例会におきまして、文教民生委員会に付託され、ただいま議題となっております議案につきまして、審査の結果を御報告申し上げます。

 議案第65号平成11年度観音寺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)案でありますが、今回の補正は、歳入・歳出ともに8,465万6,000円となっております。

 内容といたしましては、事業状況報告システム導入事業におけるパソコンの購入費に169万円、医療費適正化特別対策事業における医療費分析等の委託料、保健指導車の購入費等に866万円、予備費に7,430万6,000円を計上しており、また、この補正財源としては、国庫支出金の1,027万3,000円、繰越金の7,438万3,000円を充てておるものであります。

 委員会において審査いたしました結果、医療費の適正化を図る上で必要な事業であるということから適正と認め、可決すべきものと決しました。

 以上であります。

 よろしく御審議くださいますよう、お願い申し上げます。



○議長(白川精君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 議案第65号平成11年度観音寺市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)案を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決すべきものと決したとあります。委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、議案第65号は原案のとおり可決されました。

       =============================



△日程第4 意見書案第4号



○議長(白川精君) 次に、27番石田益雄君から会議規則第14条の規定により、意見書案の提出がありましたので、事務局長に朗読させます。

              〔黒川事務局長 朗読〕

       ─────────────────────────────

                                  平成11年9月22日

   観音寺市議会議長  白 川   精 殿

                         提出者

                          観音寺市議会議員 石 田 益 雄

                         賛成者

                          観音寺市議会議員 森 川 光 典

                              〃     美 藤   広

    道路整備予算の拡大に関する意見書案の提出について

 上記意見書案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出する。

       ─────────────────────────────



○議長(白川精君) 日程第4、意見書案第4号を議題といたします。

 提出者の提案理由の説明を求めます。

 27番石田益雄君。

              〔27番 石田益雄君 登壇〕



◆27番(石田益雄君) ただいま議題となっております意見書案第4号道路整備予算の拡大に関する意見書案について、提案理由の説明を申し上げます。

 御承知のように、道路は、都市の発展に不可欠な基礎的要素であることは、もとより、地域住民の豊かな生活の実現や国土の均衡ある発展を図る上で、最も重要な役割を果たす社会資本であります。

 しかしながら、高規格幹線道路から市道に至る体系的な道路網の整備状況は、いまだ十分とは言えず、地域振興を支え、地域住民の日常生活に密着した道路整備が強く望まれているところであります。

 今後ますます多様化、高度化する交通需要に対応していくことが求められている一方で、国の道路整備特別会計の改革案が検討されるなど道路行政を取り巻く環境は、一段と厳しく、道路整備財源の確保も困難を極めている状況にあります。

 よって、国においては、地方における道路整備の重要性を十分に認識され、道路特定財源を堅持し、道路以外の使途へ転用することなく、その全額を道路整備費に充て、道路整備予算の大幅な拡大確保が図られるよう、特段の配慮を強く要望し、地方自治法第99条第2項の規定により、意見書を提出しようとするものであります。

 よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(白川精君) これより質疑に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第4号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(白川精君) 御異議なしと認めます。よって、意見書案第4号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 意見書案第4号道路整備予算の拡大に関する意見書案を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、意見書案第4号は原案のとおり可決されました。

       =============================



△日程第5 決議案第1号



○議長(白川精君) 次に、26番美藤広君から会議規則第14条の規定により、決議案の提出がありましたので、事務局長に朗読させます。

              〔黒川事務局長 朗読〕

       ─────────────────────────────

                                  平成11年9月22日

   観音寺市議会議長  白 川   精 殿

                         提出者

                          観音寺市議会議員 美 藤   広

                         賛成者

                          観音寺市議会議員 森 川 光 典

                              〃     石 田 益 雄

    交通死亡事故抑止に関する決議案の提出について

 上記決議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出する。

       ─────────────────────────────



○議長(白川精君) 日程第5、決議案第1号を議題といたします。

 提出者の提案理由の説明を求めます。

 26番美藤広君。

              〔26番 美藤 広君 登壇〕



◆26番(美藤広君) ただいま議題となっております決議案第1号交通死亡事故抑止に関する決議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 全国的に交通死亡事故の減少傾向が定着化しつつある中にあって、観音寺警察署管内においては交通死亡事故が激増し、交通事故による死者が今年に入って既に18名にも達しております。

 また、観音寺市内においても既に7名が交通事故によって死亡し、昨年1年間の4名を大きく上回っている現状であります。

 高齢化社会の進展に伴う高齢者事故の増加、また若者の無謀運転等を原因とする交通事故が後を絶たず、現在もその増加傾向に歯どめがかからない極めて厳しい情勢にあります。

 これら痛ましい交通事故を防止するため、生命の尊さを深く認識するとともに、運転者を初めすべての道路利用者に対し正しい交通行動の実践を呼びかけ、交通事故のない安全で快適な交通社会実現のため、なお一層努力することを表明し、別紙御配付いたしてあります決議案のとおり決議いたしたいと考えますので御審議の上、御賛同いただきますようお願い申し上げます。

 以上であります。



○議長(白川精君) これより質疑に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 質疑はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております決議案第1号は、会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(白川精君) 御異議なしと認めます。よって、決議案第1号については委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。ただいまのところ通告はありません。

 討論はありませんか。──御発言がありませんので、これをもって討論を終結いたします。

 これより採決に入ります。

 決議案第1号交通死亡事故抑止に関する決議案を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(白川精君) 起立多数であります。よって、決議案第1号は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 ただいま、意見書案第4号及び決議案第1号が議決されましたが、その条項・字句・数字、その他の整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(白川精君) 御異議なしと認めます。よって、条項・字句・数字、その他の整理は議長に委任することに決しました。

 以上で今定例会において審議すべき案件は全部終了いたしました。

 今期定例会は、9日開会以来14日間にわたり慎重に御審議を賜り、御苦労さまでございました。

 この際、市長よりごあいさつの申し出がありますので、承ることにいたします。

 市長。

              〔市長 白川晴司君 登壇〕



◎市長(白川晴司君) 閉会に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げたいと思います。

 去る9日開会以来、14日間にわたりまして一般会計補正予算案初め各種案件につきまして滞りなく議了を賜り厚く御礼申し上げます。

 少子化対策緊急事業等議決の趣旨に添いまして引き続き市民福祉の向上のために全力を尽くしてまりたいと存じます。

 また行財政改革市街地の活性化等山積する課題に対しまして、議員各位から賜りました御意見・御提言等につきましては十分に尊重し検討いたしまして市政の運営を図ってまいりたいと考えております。国の重要施策であります弁もあり市議会におきましてもたびたび御審議を賜りました介護保険につきましては、平成12年4月の実施に向けいよいよ10月1日より介護認定のための具体的な作業が始まることになりました。高齢社会にありまして介護を社会全体で支える仕組みとして市民に信頼される制度となるよう推進してまいらなければならないと決意を新たにいたしておるところでございます。議員各位のさらなる御指導と御協力をお願い申し上げ閉会にあたりましてのごあいさつといたします。どうもお疲れさまでございました。



○議長(白川精君) これをもって平成11年第4回観音寺市議会定例会を閉会いたします。

              午前10時33分 閉会



   地方自治法第123条第2項による署名者



              議    長     白  川     精



              議    員( 3 ) 高  城  宗  幸



              議    員(16) 宮  尾  正  樹