議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 観音寺市

旧観音寺市議会 平成11年第2回 3月定例会 03月15日−02号




旧観音寺市議会 平成11年第2回 3月定例会 − 03月15日−02号







旧観音寺市議会 平成11年第2回 3月定例会



            平成11年第2回観音寺市議会定例会会議録

            ───────────────────



      議事日程(第2)

                       平成11年3月15日(月)午前10時開議

日程第1 一般質問

       ─────────────────────────────

      本日の会議に付した事件

日程第1 一般質問

       =============================

              午前10時3分 開議

〇出席議員 18名

  2 番  吉 田 麻 雄 君     │     15 番  森 川 光 典 君

  3 番  五 味 利 久 君     │     16 番  大 西 輝 於 君

  5 番  宮 尾 正 樹 君     │     18 番  美 藤   広 君

  6 番  三 好 儀 平 君     │     19 番  安 藤 清 高 君

  7 番  藤 田 芳 種 君     │     20 番  大 西 英 司 君

  8 番  井 下 尊 義 君     │     25 番  三 好 健太郎 君

  10 番  安 藤 正 教 君     │     26 番  石 田 益 雄 君

  11 番  安 藤 忠 明 君     │     27 番  岩 本 邦 夫 君

  13 番  伊 瀬   均 君     │     28 番  白 川   精 君

       ─────────────────────────────

〇欠席議員 3名(欠員1名)

  9 番  石 塚 祐 子 君     │     21 番  松 尾   勇 君

  17 番  近 藤 幸 吉 君     │

       ─────────────────────────────

〇説明のため出席した者の職氏名

  市長      白 川 晴 司 君  │  税務課長    高 橋 宏 俊 君

  助役      大 倉 利 夫 君  │  伊吹支所長   三 好 喜 一 君

  収入役     藤 川 卓 二 君  │  市民課長    白 川 公 子 君

                     │  環境衛生課長  請 川   剛 君

  企画課長    津 田 勝 啓 君  │  下水道課長   森 野   仁 君

  秘書課長    小 西 正 訓 君  │  健康増進課長  白 山 栄 次 君

  総務課長    田 中   豊 君  │  福祉事務所長  三 好 隆 雄 君

                     │

  同和対策課長  冨 原 一 郎 君  │       教 育 委 員 会

  建設課長    田 中 久 司 君  │  教育長     石 原 敏 夫 君

  都市開発課長  白 川 智 洋 君  │  庶務課長    西 川 英 雄 君

  農林水産課長  曽 川 正 利 君  │

  商工観光課長  岡 田 唯 男 君  │  選挙管理委員会事務局長

                     │          熊 谷 和 弘 君

  競輪事業局長  梅 林 親 範 君  │

  会計課長    行 天   優 君  │  監査委員事務局長大久保   浩 君

                     │

  水道局長    美 藤 幸 造 君  │  農業委員会事務局長

                     │          横 山 勝 一 君

       ─────────────────────────────

〇事務局出席職員氏名

  事務局長    黒 川 健太郎    │    議事係長    岡 田 和 則

  次長      藤 田 賢 一    │    書記      亀 澤 房 代

       ─────────────────────────────



○議長(森川光典君) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に御配付しているとおりであります。

       =============================



△日程第1 一般質問



○議長(森川光典君) 日程第1、これより一般質問を行います。

 順次質問を許します。

 まず、8番井下尊義君。

              〔8番 井下尊義君 登壇〕



◆8番(井下尊義君) おはようございます。8番井下尊義であります。新政クラブを代表し、通告順に従い質問さしていただきます。

 それではまず、施政方針についてであります。

 先日、市政の運営について市長の所信をお聞きしましたが、就任以来常に「清新、情熱、前進」を政治信条に市勢の発展と市民福祉の向上を願い、その実現に御尽力されておりますことに対し、心から敬意を表したいと思います。

 さて、市長の選挙公約でもあった行政改革について、平成8年度には財政非常事態宣言をして積極的に取り組んでこられたと思います。そこで、この4年間の市政運営の総括と自己評価、並びに今後ますますの厳しさが予測される中で、市民の幸せと市の活性化を推進する決意を改めてお伺いします。

 次に、行財政改革についてであります。

 市長は就任間もなく部長制の廃止を初め、職員の時間外特勤手当の見直し、組織機構の再編成、職員の定数の検討など、行革と財政再建に取り組み、私たち新政クラブとしても全面的に協力し、一定の成果が出され、その後においてもあらゆる角度から行革の現実に努力されているようであります。しかし、国・県の施策が大幅に変わり、それらの要因によって社会的経済情勢も大きく変貌しております。例えば、国から地方への権限委譲や介護保険制度の導入による経費負担等の問題、補助金削減による市単独分の増大などが考えられると思います。これらは人の問題だけでなく、厳しい財政問題を余儀なくされている本市の現状から、さらに全体の見直しの強化と本市に合った独自の行財政改革が求められると思われます。先日の新聞報道によりますと、丸亀市では深刻な財政難などから、行革大綱を大幅に見直し、5カ年計画を発表したということでしたが、本市における今後の行財政改革の中で、中・長期計画はどのように考えていかれるのか、それに伴う財政資産も含めてお聞きしたいと思います。

 次に、地域振興券についてであります。

 前回の12月定例会において、本件の大まかな説明はございましたが、平成11年1月1日現在において15歳以下の子供と65歳以上の対象者の該当者数はどのくらいいるのか。また、本市において振興券を使える業者の登録はどのようにして、現在どのくらいの登録業者があるのかお聞きしたいと思います。また、新聞等において、各自治体がさまざまな工夫を凝らし、振興券を有意義に使うための特色を出しているとの情報をお聞きしますが、本市においては何かそのような特色があるのでしょうか。また、振興券のデザインはどのようなものになっておるのかお聞きしたいと思います。

 次に、交流事業についてであります。

 1月8日付の新聞において、本市は姉妹都市縁組を結んでいるアップルトン市の少年合唱団が3月29日に市民会館でコンサートを開催するのを機に、共演を目指そうと観音寺歓迎合唱団をこのほど結成したと報じてございました。聞くところによると、観音寺公演についてはアップルトン市より約60名の団員とその父母が来日し、市民会館や伊吹小学校、そして豊浜町でも公演を計画されているそうでありますが、市長が提唱されている「音を観るまち観音寺」としても、今回の公演はぜひとも成功をさせて子供の交流を深めることは、市長としてもこの上ないことだと思っております。

 そこで、今回の交流事業に対しての市の対応はどのようになっているのか。また、コンサート以外ではどのような交流を考えているのかお聞きしたいと思います。

 成人式についてであります。

 毎年1月15日、本市主催による成人式が行われております。私も議員として参加さしていただいておりますが、毎回もう成人式をやめてしまったらいいのではないかと思いながら帰っておりました。参加されている成人のほんの一部の人たちによって厳粛な式を台なしにしており、だれのための成人式なのか、何のための成人式なのかわからなくなっているのが現状であります。ある地域では、成人式に呼ばれた講演者が余りにも騒がしい式場に腹を立て、途中で講演を取りやめたところもあったそうで、本市においても毎年そのような傾向があるのを市長も実感されていると思われます。私個人といたしましては、成人式は本来ならすべきものなのですが、このようなことが続くのであれば、式そのものの存続も考えなければいけないのではないのでしょうか。市長のお考えをお聞きしたいと思います。

 次に、平成10年度の決算見込みについてであります。

 平成10年度においても引き続き景気回復が見られない現状の中、特に主要財源である市税の落ち込み、また国の景気回復策としての特別減税などにより、歳入の不足が予測されております。このような現状において、財政当局を初め各課においても財源確保のため各種制度を最大限に活用する努力がされてきたと思われます。年度末を控え、国や県の事業費もほぼ確定する時期にきていると思います。前回の12月定例会では、我が新政クラブの大西輝於議員より10年度の決算見込みをお伺いしましたが、その後ふるさとダービーも終了し、競輪事業の繰り入れが当初の予定どおり確保できるのかどうかも含め、現時点での一般会計の決算見込みについてお尋ねいたします。

 次に、平成11年度予算についてであります。

 国の経済施策により景気回復の兆しが見える、見えないなど、マスコミを初め経済評論家の意見もいろいろとお聞きしますが、本市においては国・県以上に景気回復の兆しがまだまだ見えてこない状況ではないのでしょうか。先ほど決算の見込みをお聞きしたときにも触れましたが、歳入面におきましても、市税などの伸び悩みや、一時期10億円以上の繰り入れがあった競輪事業も2年連続で開催したふるさとダービーも終了し、11年度よりの普通開催での収支は非常に厳しい状況下にあります。白川市長におかれましては、この4年間財政再建を掲げ、市民の方々にもいろいろな御辛抱をお願いしてきたと思います。そして、今回の11年度予算案を見ると、そのような中でも市民の要望にこたえようと、一つ一つの現実に取り組んでいこうとする姿勢があらわれているように見受けられます。中でも、市民の懸案であったし尿処理場の建設や、学校給食センター建設など大型事業も今回計上されており、厳しい財政事情の中で前年度比3.29%の伸びとなっております。これ以外にも重要施策がまだまだありますが、今回の予算編成の基本方針と主な内容、あわせて山積する問題を今後の予算編成にどのように反映させていくのかお尋ねしたいと思います。

 次に、市税、国保税、住宅使用料及び水道料金の滞納についてであります。

 最近市民の方より、税金、市営住宅の家賃、水道料金などを滞納している人がふえてきているのではないかと、またそういう方々にはどういう措置をしているのかと聞かれました。以前、私も住宅運営委員会に所属しており、住宅に関しては、ことし悪質な方に対して明け渡し請求をするための経費の予算も計上されているみたいでありますが、そこでお尋ねしたいと思います。平成10年度の市税及び国保税の現年度及び過年度の調定額、収入済額、未納額はどのようになっているのか。平成9年度の住宅使用料の決算、累積未納額はどのくらいあるのか。平成9年度の水道料金収入の決算額と徴収率、未納額はどのくらいあるのか。10年度の見込みはどうなのか。まず、お伺いいたします。そして、それぞれの滞納者に今後どのような措置を考えていくのかお尋ねしたいと思います。

 次に、建設課における要望についてであります。

 市に対しまして、自治会、市民等からの多くの要望があると思われますが、その大半が道路の改良、舗装、維持補修及び街路灯の設置などであると聞いております。観音寺のような公共交通機関の整備が不十分な地方都市にとって、道路は市民生活、経済活動を支える重要な基盤であります。

 そこで、平成10年度における道路の工事別の要望件数と金額、市が対応した件数と金額、あわせて今後の道路整備及び維持管理に対する考え方をお聞きしたいと思います。

 次に、山田産業団地についてであります。

 本年1月28日の臨時議会におきまして、山田産業団地の用地取得の議決が行われました。我々新政クラブといたしましても、できるだけ早く工事の完成を期して企業誘致に全力を注いでいただきたいと思っております。

 そこで、今後の山田産業団地における造成について、タイムスケジュールはどのようになっているのか。また、造成計画はどのようになっているのかお聞きしたいと思います。

 次に、市営駐車場についてであります。

 本市には現在倉紡裏の一の谷川沿いに市が管理する駐車場があり、そこは自由に車が置け、地域の住民や本市に働きにくる方たちが利用しております。先日そこを見に行ってきたのですが、ナンバープレートのない放置自動車や、明らかに乗られていない放置されたままの自動車が何台もありました。また、昭和橋寄りの同地においては、軽自動車専用にかかわらず普通車が置いてあり、市道に車がはみ出しており、通行の邪魔になるような利用がされておりました。不法投棄車をそのままにしておくことは周辺環境にもよくないし、犯罪性のあるものも中にはあるかもしれません。また、市道にはみ出る駐車は交通事故のもとにもなりますし、少しでも早く何らかの対応をしなくてはなりません。当然、市の管理地でありますから、利用規定や管理規定があると思いますが、どのようになっているのかをお聞きしたいと思います。

 次に、中心市街地の活性化の推進についてであります。

 国においては、まちづくりの推進が、都市の中心市街地の活性化により、その町の顔としてあらゆる面の活動、すなわち文化、芸術、また生活のコミュニティーの場として、これからの社会の中で、少子化、高齢化と、物より心の豊かさを求める住民の要望とサービスの提供が不可欠の要素でもあり、国においても昨年7月24日に施行されました「中心市街地における市街地の整備改善及び商業等の活性化の一体的推進に関する法律」の活用により、市街地の活性化を推進するべく大きなインパクトを与えている本件について、全国で既に160件の要望が出ており、本年も120件余りの追加申請があるようにお聞きしております。本県においても平成10年度に高松市が基本計画の策定の補助申請が出ており、11年度は丸亀、善通寺が申請の準備を進めており、高松商工会議所と日商を通じ、国・県・市の補助事業の申請が進められております。

 そこで、本市においてはどのような計画と推進方法について取り組んでおられるのか、具体的にお尋ねしたいと思います。

 次に、環境ホルモンについてであります。

 先月2月2日県議会土木委員会におきまして、県土木部長の西田氏より県内河川・湖沼の調査において、財田川、香東川、土器川に環境ホルモンの疑いがある複数の物質が検出されたと報告されました。我が市においては、洗剤成分のアルキルフェノール類のノニルフェノールや樹脂原料のビスフェノールAなどの8物質が財田川より検出されたとあります。現在国においてはこの環境ホルモンについてはまだまだ調査中で、どのような結果になるか結論は出ておりませんが、今回の県の発表についてどのように考えているのかお聞きしたいと思います。

 次に、ごみの不法投棄についてであります。

 私も健康のためランニングをしたり、自転車で市内を回ったり、体力づくりを心がけております。いつもそのときに思うんですが、ごみの不法投棄が非常に多いことです。空き缶やたばこのポイ捨てに飽き足らず、いろんな物が道路の片隅に放置されております。先日も、し尿処理場の建設予定地を回っておりますと、業者の方々が道路清掃をされており、これ見よがしにダンプの上には冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、自転車などの大型の不燃物が山積みになっており驚いておりました。その後、下水道センターを回り堤防沿いに行くと、その何倍もの量の大型ごみが不法投棄されておりました。現在本市においては、市民ボランティアの方々や本市の職員の方々が有明浜の清掃をしてくれており、美しい有明浜、美しい公園が保たれておりますが、まだまだ見えない部分ではこのような場所が市内にもたくさんあると思われます。

 そこで、本市としても環境パトロールをするとか、市民からの情報があればごみ処理の対応ができるような体制を考えていただければと思いますが、市長のお考えをお聞きしたいと思います。

 次に、暴走族対策についてであります。

 現在市民の方々より、暴走族を何とかしてほしいという陳情を多く聞きます。今までは本件に関しては、警察の仕事だから我々は何もできないと逃げておりましたが、最近の暴走行為については、単に警察だけに頼ってもいけないのではないでしょうか。もっと我々市民も地方自治体も一致協力し、この問題に当たらなければ解決できないのではないでしょうか。

 そこで、市長に提案したいのですが、警察、市当局、自治会協議会などで、暴走族対策協議会的なものを発足したらどうでしょうか。取り締まりは警察でしかできませんが、それ以前の情報については自治会にお願いし、暴走行為が行われる前に対応できることもあるのではないでしょうか。これから春となり暖かくなると、彼らの行動が一層激しくなると思われます。今こそ何らかの手を打っていかなければなりません。市長のお考えをお聞きしたいと思います。

 次に、老健施設についてであります。

 昨年11月に社会福祉法人観音寺福祉会によってデイサービスセンター、老人介護支援センターを併設した老健施設「はがみ苑」が開設されたことは記憶に新しいところであります。私たちとしても、同施設において少しでも多くのお年寄りが快適に過ごされるよう願っておりますが、開設して3カ月がたちましたが、現在どのくらいの方々が利用されているのか。また、どの役割での利用が多いのか、あわせてお聞きしたいと思います。

 次に、本市におけるインフルエンザの状況についてであります。

 昨年末よりインフルエンザが蔓延し、全国規模で被害が報告されており、香川県においても高齢者の方がインフルエンザが原因で亡くなられたということも新聞、テレビ等で報道されておりました。現在では少し沈静化していると思われますが、本市においてはどのような状態なのか。本市の小学校、中学校、幼稚園、また特養、老健、保育所はどうだったのかお聞きしたいと思います。

 最後に、デイサービスについてであります。現在本市において、デイサービスを受けられる施設ははがみ苑、楽陽荘の2カ所であり、計画においては3カ所のデイサービスを受けられる施設の建設が急がれております。最近旧町内に第三のデイサービスを受けられる施設ができるようなうわさを耳にしており、もしそうなれば私も旧町内の人間としてもろ手を挙げて賛成をしていきたいと思っております。しかしながら、本当にできるのかどうか、まただれが運営されるのか、どのような内容の施設なのか、全くわかっておりません。

 そこで、市長にお聞きしたいのですが、この件については窓口は福祉事務所になろうと思いますが、どのような状況なのかお尋ねしたいと思います。

 以上で質問を終えたいと思います。市長を初め関係各参与の誠意ある前向きな御答弁を期待しております。御清聴ありがとうございました。



○議長(森川光典君) ただいまの8番議員の質問に対する答弁を求めます。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長

              〔市長 白川晴司君 登壇〕



◎市長(白川晴司君) 8番井下尊義議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、施政方針について、4年間の市政運営の総括と自己評価、並びに市民の幸せと市の活性化を推進する決意についてでありますが、昨年12月議会で大西輝於議員の御質問にお答え申し上げたとおり、私の想像をはるかに超える行財政の硬直化の中で、常に「清新、情熱、前進」を政治信条に「克己心」を座右の銘として日々市勢の発展と市民生活の向上を目指し、その実現に全力を傾けてまいりました。

 その間、長引く経済不況のあおりを受け、税収の落ち込み、競輪事業収益の激減、財源の伴わない地方分権等、市を取り巻く財政環境は年々悪化の一途をたどってきております。そうした中で、議員各位並びに多くの市民の皆様方の協力を得る中で、私はまず市民ニーズにこたえるためには行財政改革が必要であるとの認識から、これを最重点施策として鋭意取り組んでまいりました。

 その結果、平成8年度には、第一次組織機構改革や四役の給料の10%カット、管理職手当や時間外手当の削減により人件費で約1億2,100万円を、議員の海外行政視察の自粛などにより物件費で480万円の、合計約1億2,600万円の節減を図り、平成9年度には第二次組織機構改革の部制の廃止や特殊勤務手当の見直し等により人件費で約1億7,500万円、議員研修旅費の自粛や管内・郡内日当の廃止により物件費で480万円、市税前納報奨金の見直し、地方バス路線の見直し等により補助費で約2,730万円の、合計約2億700万円の節減を図り、平成10年度には、課、係の統廃合、人事院勧告の凍結等により人件費で約1億7,800万円、納税組合補助金の見直し等により補助費で約3,550万円の、合計約2億1,340万円の節減を図ってまいりました。また、平成11年4月には、1課2係の削減、議員定数の2名減、中部保育所の民営化、期末勤勉手当のカット、諸手当の見直しなどにより人件費で2億861万8,000円を、物件費で3,389万5,000円の、合計2億4,251万3,000円を節減した予算といたしております。したがいまして、4年間の行財政改革により節減した総額は、7億8,881万6,000円になります。

 今後も行財政改革を強力に推進し、少しでも多く市民の要望にこたえることのできる行政運営に努力してまいりたいと考えております。

 また、厳しい財政状況ではありましたが、行財政改革を行う中で、市民生活の基盤となります下水道の整備やし尿処理場の建設に取り組むとともに、駅通り植田線、坂本中央線など幹線道路の整備を強力に推進し、懸案でありました坂本1号線の完成を見ることができました。

 教育面では、老朽化した高室小学校の屋内運動場や栗井小学校屋内運動場の建設を行い、順次教育施設の充実に努めてまいりました。まだ事業半ばではありますが、将来の市発展の布石として、山田産業団地の開発や観音寺新港に向けて着実に歩み出すことができました。

 これからも、まだまだ解決しなければならない施策が山積をいたしております。「元気印の観音寺市」を目指し、議員各位を初め市民の皆様の御協力を得ながら、全職員とともに一丸となって全力を傾注する覚悟でございます。今後ともよろしく御指導賜りますようお願いを申し上げます。

 次に、行財政改革についてでありますが、議員御指摘のように、社会経済情勢が著しく変貌する中で、国・県の施策も介護保険制度やがん検診制度などに見られるように、地方自治体の負担増となるものが多く出てきております。また、今後の地方分権の推移によっては、財源なき権限委譲も考えられ、地方自治体の財政はますます窮地に追い込まれることが予測されます。

 特に、観音寺市の場合、競輪事業の落ち込みがあり、既に極めて危機的な財政状況にあることから、市長に就任以来、行政改革を最重点施策に掲げ、思い切った改革に取り組んできたところであります。しかしながら、議員御指摘の国・県の施策や地方分権等を考えますと、引き続きさらに思い切った改革がなければ、自治体運営はできなくなると思っております。

 したがいまして、第二次組織機構改革が一応終了いたしましたので、引き続き第三次組織機構改革案を実施してまいるべく、今議会の行財政特別委員会にお諮りすることといたしております。なお、行政改革大綱につきましても数値目標を掲げるなど見直しを行うこととしており、機構改革案とともにお諮りすることにいたしておりますので、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、財政改革と中・長期計画についてでありますが、経済情勢や国の財政対策の動向等、不透明な部分もありますが、中期財政試算においても、財源の柱であります市税、地方交付税、また競輪事業からの繰り入れなど、非常に厳しい想定がなされます。一方、歳出におきましても、義務的経費であります扶助費等の大幅な増高、市民生活に密接に関連する公共事業の推進や、一部事務組合への負担金、また特別会計への繰出金の増など、各年度にわたり10億円前後の大きな財源不足が予測されております。このため、行財政改革大綱に基づく対処はもちろんのこと、各般にわたる事業費並びに補助金等の歳出の徹底した見直しと、歳入についても適正な財源の確保、新規財源の補足、受益者負担の適正化に留意するなど、その対応に最大の努力をいたしてまいります。

 次に、地域振興券についてでありますが、平成11年2月1日現在の該当者は、15歳以下の方が7,738名、年金、手当、施設の入所者、要介護者等で1,388名、65歳以上の非課税者で3,312名で、合計1万2,438名となっております。このほか、65歳以上で平成10年1月2日以後の転入者、あるいは市外の人の被扶養者となっている人、社会保険に加入している人については、本市において確定する資料がございませんので、不確定者といたしております。この不確定者の531名を含めまして1万2,969名となっております。なお、1月1日以降の転入者等を考慮いたしまして、1万3,000名で予算措置をするべく本会議で補正をいたしておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 当初、概算で1万4,000名といたしておりましたが、その後該当者の調整で重複しているもの等を除きますと、さらに減になることが予測されます。15歳以下の該当者には引きかえ申請券を、そのほかの該当者には交付申請書を送付し、所定の事項を記入し御提出をいただいたときに地域振興券を交付するようにいたしております。また、不確定者や転入者につきましては、必要書類をそろえて申請するように、文書を出すことにいたしております。

 次に、特定事業者につきましては、商業関係者への周知会、市広報、会議所の機関紙、新聞チラシ及び看板で募集をいたしまして、現在928事業者、店舗数1,019店となっております。

 次に、特色ある振興券ということでございますが、本市におきましても当初銭形等のデザインも検討いたしましたが、市内で使用するものでもありますので、宣伝より偽造ができないことを最重点にシンプルなものといたしております。なお、3月20日ごろに印刷ができ上がることになっておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、交流事業についてでありますが、今回のアップルトン少年合唱団の招致につきましては、アップルトン市との民間交流団体でありますカップの会が、アップルトン市との交流事業として招致を決定したものであります。

 その後、市としての対応ということで、カップの会との協議をいたしまして、県の活力あるふるさとづくり事業の離島活性化対策にのせて事業を行うこと、カップと民間団体と行政でアップルトン少年合唱団招致実行委員会を結成し、予算及び企画を行うこと、実行活動はカップを中心に民間団体の協力を得て行うなどを決め、現在カップを中心に着々と開催準備が進められております。

 観音寺市における主な行事予定といたしましては、3月28日に伊吹島での交流を予定しておりまして、まず伊吹小学校の鼓笛隊による歓迎演奏を行い、伊吹中学校体育館ではアップルトン少年合唱団と伊吹中学生によるコンサートや、伊吹の子供たちや市内ジュニアリーダーによるけん玉等のレクリエーションの交流を行い、夕方にはグランドホテルで子供たちによる歓迎パーティーを開催することになっております。3月29日には、午後7時から市民会館において、アップルトン少年合唱団約60名と観音寺少年少女歓迎合唱団95名によるコンサートを開催いたします。非公式ではありますが、アップルトン市長が来観御出席いただきますので、私と議長が歓迎の意を表することといたしております。

 このほか、中央公民館前でのもちつき大会や、合唱団員を招いての家庭交流等が計画をされております。いずれにいたしましても、姉妹都市縁組を結んでおります市といたしまして、でき得る限りの協力をしてまいりたいと考えております。

 次に、成人式についてでありますが、議員御指摘のとおり、一部の心ない参加者によって厳粛であるはずの成人式が騒がしくなっていることは、大変頭を痛めているところであります。成人式の存続をどうするのかとの質問でございますが、昨年成人式に対するアンケート調査を実施しました結果、回答内容が、久しぶりに同級生に会える楽しみ等で出席してよかった、普通と感じた人を含めますと、大多数の人が成人式の存続を望む回答でありました。しかしながら、このような騒がしい状態が全国的な傾向とはいえ、現状の成人式のあり方、方法を模索しなければならない時期にきていると考えております。

 今後、成人となる人はもちろん、出席いただいた関係者からも御意見を伺いながら、成人式の内容も含め検討してまいりたいと考えております。

 次に、平成10年度の決算見込みについてでありますが、御承知のように財源確保の厳しい中、今回の3月補正予算に御提案申し上げておりますとおり、事務事業費の確定等による内容の見直しをいたしました。

 まず、歳入におきましては、市税、地方消費税交付金等の見込み額の算定、国・県支出金等の特定財源の確保、事業費確定に伴う市債の充当など、一般財源の調整に努めました。

 また、歳出の執行状況から見ても、一般会計の決算収支は厳しい状況下ではありますが、黒字決算の対処ができる見込みであります。

 なお、ふるさとダービー終了後の競輪会計からの繰り入れは、当初予算で計上いたしております10億円は確保できるものと考えております。

 次に、平成11年度予算についてでありますが、本市の財政状況につきましては、施政方針の中で申し上げましたように、極めて硬直した厳しい状況の中での予算編成となりました。

 新年度の予算編成は、引き続き行財政構造の改善、健全化に取り組むこととし、旅費、需用費などの経常事務経費等についてさらに見直しを行うとともに、既存の継続事業につきましても、その内容、事業効果を再検討いたしました。また、新規事業につきましても、必要性、緊急性、目的、効果、後年度負担、他事業との関連などを総合的に判断し、今、真に取り組まなければならない、本市発展の布石でもある事業を重点的に選択、予算配分したところであります。

 まず、歳入についてでありますが、御承知のように、長引く不況と減税の影響により、市税が前年度比マイナス3.2%の57億1,933万1,000円の計上となりました。

 競輪会計からの繰り入れにつきましては、全国的な公営ギャンブルの低迷、ふるさとダービーの終了したことにより、前年度比マイナス70%、3億円の大幅な減の計上となりました。

 また、国の地方財政計画によります地方交付税並びに新設されました地方特例交付金の増をそれぞれ見込んでおりますが、市税等の減少を補える状況ではなく、財源不足を財政調整基金と減債基金などの取り崩し、自治振興資金の確保で対処しているところであり、一般財源の総額は110億2,500万3,000円と、前年に比べマイナス0.2%の計上となりました。

 一方、歳出では、行財政改革の推進により、人件費等において一定の改善が見られるものの、地域福祉施策並びに医療施策の推進に伴い、扶助費の大幅な増高と都市基盤の整備やし尿処理施設、学校給食センターの建設といった市民生活に密接に関連する施設整備などの対処をいたしました。

 なお、人件費、扶助費、公債費の義務的経費は、前年度比0.6%増の79億5,561万円の計上であり、特に扶助費は10.8%増の22億4,992万5,000円の計上となっております。普通建設事業費等の投資的経費につきましては、35.3%の大幅増の25億7,360万6,000円の計上をしており、一般会計の予算額は169億5,000万円で、前年度に比べ5億4,000万円増、率にして3.3%の伸びとなっております。

 次に、山積する課題を今後どのように予算編成に反映させるかとのことでありますが、ふるさと観音寺を次の世代に確実に引き継ぐことのできる環境づくり、地域づくりのため、引き続き行財政改革による財政の健全化に全力を傾注してまいります。今後も市議会、市民の皆様の御意見を真摯に受けとめ、御理解と御協力を賜りながら、私を初め職員一丸となって英知を絞り、勇気を持って21世紀の観音寺市行政の形を築いてまいる所存であります。このことが予算にあらわれてくるものと考えております。

 次に、市税、国保税、住宅使用料及び水道料金の滞納についてでありますが、本市は今大変厳しい財政事情の中にあり、行財政改革に取り組んでいるところでございます。そのため、歳入歳出ともに厳しい見直しを行っており、市税、国保税、住宅使用料及び水道料金も本市の重要な財源でありますので、これらの徴収につきましては、今後とも厳正、公正に取り組んでまいります。

 なお、数字の詳細につきましては、それぞれ担当課長に答弁させますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、山田産業団地についてでありますが、議員各位の御協力を賜り、3年余りの時間を要しましたが、平成10年5月28日に農村地域工業等導入促進法による山田工業団地開発について公表を行い、地権者の確認作業、税務署との事前協議、用地交渉等を行い、本年1月28日の臨時議会におきまして用地取得の議決をいただき、用地取得契約を進めてきたところであります。

 平成10年度は工事期間の関係上、3月1日に8工区でコンクリート擁壁工を中心に工事発注をしており、平成11年度は、盛土工、ブロック擁壁工、幹線・支線道路工、排水路の施工。平成12年度は、盛土工、県道拡幅工、幹線・支線道路工、上水道管敷設工の計画であります。

 また、代替事業として、深井戸設置工、また代替農道工については、地元関係者の御理解を得て、土地改良事業として採択年度で実施してまいりたいと考えております。

 次に、市営駐車場についてでありますが、倉紡裏駐車場は公営駐車場としての位置づけはしておりません。そのため、利用規定や管理規定は定めておりません。市民や本市を訪ねてくる人々に一時的な駐車場として有効利用していただく趣旨でございます。

 また、放置自動車等は、平成11年2月1日現在で、ナンバーなし3台、その他8台、計11台でございます。ナンバーのない放置自動車につきましては、平成11年度で予算措置をし、処分をするよう考えているところであります。

 その他につきましては、定期的に警察の協力もいただきながら、所有者が判明しているものにつきましては移動するよう連絡をしております。

 なお、今後も駐車場の使用方法につきましては、看板などを掲示して、市道の通行に支障のないよう管理してまいります。

 次に、中心市街地の活性化についてでありますが、今後の中心市街地の果たすべき役割を考えますと、地域の創意工夫を生かしつつ、商業等の活性化だけではなく、市街地の面的な整備改善を含め、総合的で一体的な推進が求められております。また、中心市街地活性化に向けた各種事業を法に基づいて実施するための基本的な考え方については、市の都市計画に関する基本的な方針との調和が保たれ、かつ基本構想に即したものでなければなりません。なお、中心市街地活性化の推進の取り組みにつきましては、地域の特性や住民の意向等を踏まえた目標の明確化が必要であり、最も重要なことは地元商業者、地域住民、商工関係団体の方々の意見の反映とコンセンサスを図っていくことであります。それを踏まえて、新年度において、仮称「観音寺市中心市街地活性化推進協議会」の設置を考えており、中心市街地の活性化を達成するための協議を図ってまいりたいと考えております。

 あわせて、庁内においても中心市街地活性化連絡会を設けて、四国通産局、県等の指導を仰ぎながら、関係課による連携を密にして、調査研究を行ってまいりたいと考えております。

 次に、環境ホルモンについてでありますが、議員御質問のとおり、環境庁が昨年8月から9月にかけ、環境ホルモン緊急全国一斉調査の一環として、河川、海域、湖沼など130地点の調査を行い、その中の1地点として、本市では財田川下流域となる稲積橋もとで行われました。

 調査目的としては、水質中環境ホルモン47物質を把握しようとしたもので、本市の調査地点では8物質が検出されましたが、環境庁としても今回測定の水質に加え、今後底質、水生生物に対して調査分析を行い、総合的な判断を行うべきものとしております。これは初めての試みでもあり、撹乱作用の強弱やメカニズム等については、現時点では評価を行える状況にないとの報告でございますので、今後環境庁での野生生物の病理的調査や、人及び野生生物の環境リスクの評価等化学的見地の集積が行われれば、対応策が出ると思いますので、国・県の施策を見守る中で対処してまいりたいと考えております。

 次に、ごみの不法投棄についてでありますが、ごみの不法投棄につきましては、多くの自治体においても頭を悩ましているところであります。本市におきましても、この4月1日から「観音寺市美しいまちづくり条例」が施行されますが、この中では市の責務、市民等の責務、事業者の責務が明文化され、それぞれの分野において役割を分担して、不法投棄を防止し、美しいまちづくりに取り組むこととしております。このため、各地区に「美しいまちづくり推進委員」をお願いし、連携を取りながら、地域での環境美化活動を推進してまいりたいと考えております。

 不法投棄の防止につきましては、市広報紙等を通して啓発を行ってまいりますとともに、環境美化活動に積極的に参加を呼びかけ、意識の向上に努めてまいりたいと考えております。

 不法投棄の処理につきましては、市民からの情報があれば早急に現状を把握し、市の管理する場所については、関係課において連携を取りながら処理をいたしております。

 また、県の管理する場所につきましては、原則として管理者である県でお願いをいたしておりますが、そのときの状況で市が収集なり最終処分を行っております。今後におきましても、関係機関及び庁内各課との連携をとりながら、適正かつ迅速に処理をいたしてまいりたいと考えております。

 次に、暴走族対策についてでありますが、暴走族の取り締まりについては、警察が対処するべきことでありますが、警察だけに全面的に依存するだけで解決されることではなく、市民の生活等にかかわる問題であり、市当局、地域住民が一体となって警察と連携を持ち、協力体制を確立していかなければならない問題と考えております。現在、市自治会協議会会議の中で暴走族対策が議論されるようになり、新年度におきまして、観音寺警察署より会議の場に出ていただき、現状報告をいただく予定になっております。

 そうした中で、各地区の自治会の代表者である自治会長さんに現状認識をいただき、自治会としてこの問題にどう取り組むべきか、住民としてどのようなことができるのかを協議していただく予定になっております。

 こうした協議を進める中で、議員御指摘の暴走族対策協議会等につきましては、今後検討してまいりたいと思います。

 一方、地域全体が一体となって運転者のモラルの向上に努めることも非常に重要であると思われますので、交通安全教育等により安全意識を高めるとともに、啓発活動を推進する中で、住民生活の安全と環境を守っていきたいと考えております。

 次に、デイサービスについてでありますが、デイサービスにおける老人保健福祉計画での目標は、伊吹町を除き3カ所であります。その実施済み施設は御存じのとおりであります。御質問の施設につきましては、橋本病院から施設を建設し、運営したいとの申し出を受けております。場所は観音寺町字下柳であり、計画施設の概要は、2階建てとし、1階部分にデイサービス、事務室、2階部分に展示コーナー、作業及び機能訓練室、相談室等を設けるようであります。現在、その建設に向けて地域住民等に説明をし、その理解と協力を得るべく努力しているように聞いております。

 市といたしましては、民間業者の協力を得ながら、計画目標の実現が必要であると考えております。

 なお、基金の状況について、市税、国保税、住宅使用料及び水道料金の滞納について、それから国民健康保険税の滞納者数と特に悪質と思える滞納者について、建設課における要望について、老健施設について、それからインフルエンザの状況についてでありますが、担当の課長に答弁をさせますので、よろしくお願いを申し上げます。



◎税務課長(高橋宏俊君) 議長──税務課長



○議長(森川光典君) 税務課長



◎税務課長(高橋宏俊君) 8番井下議員さんの御質問に対しまして、市長答弁に補足をさせていただきます。

 市税、国保税についてでありますが、まず初めに市税の滞納についてですが、平成11年2月末日現在の現年度分の調定額59億1,077万円、収入済額54億4,972万円、未納額4億6,105万円となっております。次に、滞納繰越分の調定額2億6,432万円、収入済額3,770万円、未納額2億2,662万円となっております。

 次に、国民健康保険税の現年度分でありますが、調定額13億3,918万円、収入済額12億2,272万円、未納額1億1,646万円であります。次に、滞納繰越分の調定額3億832万円、収入済額3,000万円、未納額2億7,832万円となっております。

 なお、現年度分の徴収につきましては、5月31日の出納閉鎖までに収納率の向上に鋭意努力をしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。

 以上です。



◎建設課長(田中久司君) 議長──建設課長



○議長(森川光典君) 建設課長



◎建設課長(田中久司君) 8番井下尊義議員の御質問に対する市長答弁に補足さしていただきます。

 まず、平成9年度の住宅使用料の決算額は1億1,400万円、累積未納額は4,600万円となっております。

 次に、建設課における要望についてでありますが、平成10年度における自治会等から道路に関する要望の工種別件数及び金額につきましては、改良工事7件3億2,690万円、舗装工事49件1億3,620万円、維持補修工事126件4,400万円、街路灯の新設及び補修工事135件127万円となっております。これに対しまして、市が対応いたしました件数と金額でありますが、改良工事1件700万円、舗装工事43件8,920万円、維持補修工事126件4,400万円であります。また、街路灯の新設及び補修工事につきましては、要望のすべてに対応したところであります。

 議員御指摘のとおり、道路は市民の日常生活を支え、産業の活性化、地域間の連携と交流を促進する重要な基盤であります。また、電気、電話、上下水道の収容空間、災害時における防災空間等の重要な役割を果たしております。近年は特に安らぎや潤いを覚える環境の創出が求められております。

 このように、多種多様な機能を持つ道路の整備、維持管理につきましては、財政が大変厳しい状況にありますが、引き続き鋭意取り組んでまいりたい。このように考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。



◎水道局長(美藤幸造君) 議長──水道局長



○議長(森川光典君) 水道局長



◎水道局長(美藤幸造君) 8番井下議員の質問に、市長答弁を補足してお答え申し上げます。

 水道料金の滞納についてでありますが、まず平成9年度水道料金の決算額については、収入金額12億103万9,844円、未納額は2,542万28円であり、収納率は97.93%となっています。過年度につきましては、平成9年度末において平成10年度への滞納繰越額は7,616万4,861円となっており、平成11年2月末現在の収入金額は1,065万9,868円、未納額6,550万4,993円であり、収納率は14%となっています。

 次に、平成10年度の決算見込み額ですが、収入金額11億9,180万2,536円、未納額2,494万3,292円で、収納率は97.95%となっております。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



◎健康増進課長(白山栄次君) 議長──健康増進課長



○議長(森川光典君) 健康増進課長



◎健康増進課長(白山栄次君) 8番井下尊義議員の御質問に対し、市長答弁を補足してお答え申し上げます。

 まず、老健施設についてでありますが、社会福祉法人観音寺福祉会にはがみ苑の入所状況を照会いたしましたところ、平成11年2月現在で、入所者49名、ショートステイ利用者延べ18名、デイケア登録者16名で、1日平均6名、デイサービスの登録者170名で1日平均通所者12名、介護支援センターにおける1日の相談件数約10件となっております。入所者及び通所者は順調に増加をいたしております。

 なお、はがみ苑において、老健施設の役割である要介護老人の自立に向けての看護、介護及び機能訓練等の医療サービスとレクリエーションなどによる日常生活上のサービスを提供するとともに、内容充実に向け日夜頑張っておるようであります。

 次に、インフルエンザの状況についてでありますが、まず県の感染症発生動向調査情報によりますと、12月1日から2月27日までの観音寺保健所管内における患者数は642名であり、現段階ではピークを過ぎており、例年の動きならば今後近いうちに終息するものと思われます。なお、この調査情報の内容は、幼児、児童を対象とした患者数であります。

 また、全国の施設、病院等において、高齢者や児童でインフルエンザが原因で死亡者が出ておりますが、市内の保育所、老人保健施設及び特養施設においては、集団的な発生もなく、死亡した方もありません。

 次に、幼稚園、小学校、中学校で、医師によるインフルエンザと診断されました者が出始めたのは、1月中旬であります。特に患者数が多かった1月20日から3月2日までの患者総数は503名です。この間のピークは2月20日で125名でありましたが、現在は一部の小学校と幼稚園に若干の罹患者がおりますが、ほぼ終息したと考えられます。なお、集中的に発生するおそれがありました中部中学校2年生の2クラスについては、1月26日と27日に1クラスずつ1日の学級閉鎖を行いました。

 以上でございます。



○議長(森川光典君) 以上で当局の答弁は終わりました。

 再質問はありませんか。



◆8番(井下尊義君) 議長──8番



○議長(森川光典君) 8番



◆8番(井下尊義君) それでは、再質問さしていただきます。

 まず、11年度予算についてでありますが、1番といたしまして、市長答弁の中で、財源不足を財政調整基金、減債基金を取り崩したとありますが、それぞれの総額と、そのうち幾ら取り崩したかお聞きしたいと思います。

 2といたしまして、次に義務的経費の比率が0.6%増しということでございましたが、これら人件費、扶助費、公債費等については、今後十分に考えていかねばなりませんが、このままいくと本市の予算の中で義務的経費の割合はどうなっていくのでしょうか。そこで、もう一度考えていくために、10年前の予算とそれぞれの予算に対しての義務的経費の額と割合をお聞きしたいと思います。

 次に、滞納についてでありますが、繰越分だけを見ておりますと、市税が2億2,662万円、国保税が2億7,832万円、住宅使用料が4,600万円、水道料金が7,616万円ほどと、約6億円ほどあるということでしたが、納税者、使用者のほとんどの方は、生活の中でまじめに納められていると思われますが、一体どのくらいの人数が先ほどの滞納者の対象者数なのか、そのうち悪質であると思われる方はどのくらいいるのか、またそれらの方に対し、市としてはどのように対処していくのかお聞きしたいと思います。

 それと、もう一件ですが、暴走族についてであります。市長の答弁の中に、警察から市自治会協議会に出席していただき、状況報告をしていただいたり、自治会においてもこの問題に対してどう取り組んでいくか協議をしていただく予定になってるということで、私たち市民としても、これから暖かくなり一層ふえていくであろう暴走族に対しては、官民ともにこの問題を考えていこうとする姿勢を心よりうれしく思っております。そこで、いま一度本市としてこの問題をどのように考え、どのように対応していくのか、自治会や警察だけでなく、市として、例えば市長さんとしてどういうふうに考えていかれるのか、所感をお聞きしたいと思います。

 以上でございます。よろしくお願いします。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長



◎市長(白川晴司君) 井下議員の再質問にお答え申し上げます。

 まず、基金の状況と、それから市税、国保税の滞納者につきましては、担当課長の方から答弁をさせますが、本市の重要な財源であります税の徴収につきましては、今後とも厳正、公正に取り組んでいく決意でございます。

 後2問目の、暴走族について私としてどう考えるかということでございますが、確かに議員御指摘のように、暴走族の、最近は暴走族というか暴音族と言われておるようでございますけれども、非常に夜中に走って地域の住民に迷惑をかけておるというのは私も十分承知をいたしております。最近の新聞等によりますと、一般の事業者が協力をして、暴走族あるいは改造車につきましてはガソリンを売らないとか、車の改造をしないとか、いろんな施策を講じて、どこの地域も頭を悩ましているというように聞いております。私としても警察あるいは自治会の方々と相談をしながら、そういった方法がとれるのかどうかというのも、行政として警察行政にまでなかなか踏み込めないこともございますので、今後とも十分関係当局と協議をしながら対応策を練ってまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◎総務課長(田中豊君) 議長──総務課長



○議長(森川光典君) 総務課長



◎総務課長(田中豊君) 8番井下議員の再質問にお答え申し上げます。

 まず、基金のそれぞれの状況についてでございますが、一般会計から申し上げますと、この3月末日の見込み額でございますが、財政調整基金が約7億3,410万円、減債基金が約10億2,292万円、ふるさと創生基金約1億円、学校給食センター建設基金約9,206万円、地域福祉基金約3億5,852万円、文化振興基金約1,557万円、土地取得基金につきましては、公社への貸付金を除いて約2億354万円、また国民健康保険特別会計の財調基金が約3億985万円となっております。これら各基金の上に、平成10年度の積み立て及び取り崩しの措置がなされます。特に、財政調整基金においては、3月末日現在から平成10年度の取り崩し5,000万円、そして平成11年度の取り崩し予定額5億円を差し引きますと、平成11年度末には1億8,410万円の残高見込みとなります。また、減債基金については、3月末日の現在高から平成10年度の取り崩し3億円、そして平成11年度取り崩し予定3億6,000万円を差し引きますと、平成11年度末には3億6,292万円となります。

 このように、財源不足をなけなしの基金を取り崩し、その対応を図ってまいりましたが、平成12年度以降における財源不足対策は、種々困難性があります。このため、歳出の徹底した見直しと、歳入財源の確保等に努め、決算時におけるこれら基金の取り崩しについて、最小限の額にとどめるべく努力をいたし、これら基金をでき得る限り後年度対処ができるよう努めてまいりたいと考えております。

 次に、義務的経費の平成元年度決算並びに平成11年度予算から見た額と構成比についてでありますが、平成元年度の性質別決算に見る義務的経費は51億578万6,000円で、歳出決算額に対する構成比は40.1%であります。内訳といたしまして、人件費が32億3,328万2,000円、扶助費10億7,705万7,000円、公債費7億9,544万7,000円となっております。

 次に、平成11年度予算から見る義務的経費は79億5,561万円で、構成比は46.9%であり、内訳としては、人件費が41億7,674万5,000円、扶助費が22億4,992万5,000円、そして公債費が15億2,894万円となっており、この間において人件費が9億4,346万3,000円の29.2%の増となっており、扶助費では11億7,286万8,000円の108.9%の増、公債費では7億3,349万3,000円の92.2%の増、義務的経費の合計では28億4,982万4,000円の55.8%の増となっております。

 このように、約10年間の推移から見て、財政の硬直化の大きな要因が如実にあらわれております。このため、引き続き行財政改革の推進に努め、財政の健全化に向け対応を図ってまいりたいと考えております。

 以上でございます。



◎税務課長(高橋宏俊君) 議長──税務課長



○議長(森川光典君) 税務課長



◎税務課長(高橋宏俊君) 井下議員さんの再質問にお答えをいたします。

 市税、国民健康保険税の滞納者数と、特に悪質と思われる滞納者についてでありますが、市税の滞納者数2,419名、そのうち悪質と思われる滞納者181名であります。国民健康保険税の滞納者1,482名、特に悪質と思われる滞納者252名となっております。

 滞納者に対する取り組みについてでありますが、悪質な滞納者で資産のある者、給与所得がある者等につきましては、差し押さえ処分を行っております。差し押さえる資産のない者、差し押さえる所得のない者などについては、粘り強く滞納者と接触して、分納誓約書等を徴して、分割納付をするよう指導をしております。

 長引く景気の低迷によりまして、企業倒産したり、解雇されたりした者がふえる傾向にあり、滞納者がふえるのではないかと憂慮をいたしておるところでござます。

 職員の徴収状況についてですが、昼間不在の者が多いために、夜間、土曜、日曜日等に電話による督促や訪問により徴収をしております。国保税の滞納者についても同様の方法で行っておりますが、ことしも約300名余りの者に納税相談に来るように呼び出しを行っており、悪質な滞納者については3カ月の短期保険証を交付する予定であります。

 いずれにいたしましても、税の徴収につきましては、今後とも収納率の向上に向けて努力をしてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。

 以上です。



◎建設課長(田中久司君) 議長──建設課長



○議長(森川光典君) 建設課長



◎建設課長(田中久司君) 井下尊義議員の再質問にお答え申し上げます。

 まず、市営住宅入居者の家賃滞納者数でありますけれども、94名でございます。

 次に、悪質な滞納者取り組みでございますけれども、現在11名の入居者から家賃分納誓約書を提出していただいております。1名が誓約書のとおり納付しており、また1名につきましては退去しております。悪質な滞納者ということになりますと、誓約書を提出しながら履行されていない9名の入居者であると思われます。

 次いで、滞納者への対応につきましては、毎月督促状を送付し、6カ月を過ぎますと催告書により納付を請求しております。また、入居宅を訪問し直接徴収をしておりますが、今後は多額長期滞納者に対しまして、住宅明け渡し訴訟につきましても検討してまいりたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。



◎水道局長(美藤幸造君) 議長──水道局長



○議長(森川光典君) 水道局長



◎水道局長(美藤幸造君) 8番井下議員の再質問にお答え申し上げます。

 滞納者についてどのような措置をとるのかとのお尋ねですが、水道局といたしましては、督促状、催促状等を発送し、滞納料金の整理に努力しているところですが、納入しない者については停水処分を行うなどの滞納処理の強化を図ってまいります。また、経済的理由等により一括納入が困難な者に対しては、誓約書の提出を求める中で、分割納入等の措置を行っています。

 なお、平成11年2月末現在の滞納者数は989名であり、うち誓約書提出者数は81名となっております。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(森川光典君) 再々質問ありませんか。



◆8番(井下尊義君) 議長──8番



○議長(森川光典君) 8番



◆8番(井下尊義君) 先ほどの数字を聞いて非常にびっくりしておるところであります。

 まず、滞納についても、これはどこということじゃなくて、各課の方々にまたお願いしたいわけでございますが、正直者がばかを見ると、一生懸命働いて税金に関しても、例えば水道料金、住宅に関しても、本当に生活の中から正直にやってる方、これがもう当たり前のことかもしれませんが、当たり前のことをしてばかを見るという世の中だけは非常にいけないんじゃないかと思っておりますので、市の方としましても十分にそこらを滞納者の方に理解を求めて、できるだけほかの人が、みんなが見て平等に扱えるようなことをしてください。

 それと、もう一点、義務的経費でございますが、平成元年度を見ますと、歳出の合計が大体127億4,000万円ほどであります。その中の義務的経費が51億円ということで約40%。約10年たって11年度が169億5,000万円ほどですね、歳出が。その中で義務的経費が79億5,000万円、約46.9%。10年間で比率としまして約6.8%ほど上がっております。このままいきますとどうなっていくんでしょうか。5年、10年考えていくともう本当に市の税金、また国からの補助金を市民の方々の事業費に使えず、ほとんど義務的経費で終わってしまうような世の中になってくるんじゃないでしょうか。そこのところ、もう少し市長さん、どういうふうにお考えで、今後予算組みについて考えていくのかお聞きしたいと思います。

 以上であります。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長



◎市長(白川晴司君) 井下議員の再々質問にお答え申し上げます。

 まず、滞納につきましては、先ほど申し上げましたように、今後とも厳正、公正に取り組んでまいりたいというふうに思っております。

 また、義務的経費につきまして厳しい御質問でございますが、こういう状況はもう私が就任する前から予測をされておったことでありまして、先ほど答弁で申し上げましたように、仮に7億8,000万円の削減をしなければ、手をこまねいておれば、逆に7億8,000万円余分にかかっておるということでありまして、となると差し引き15億円ぐらいのお金がかかるということであります。そういう状況を中・長期的にこれからもこの義務的経費につきましては、できるだけ抑制をするように頑張ってまいる所存でありますけれども、御承知のように少子・高齢化の時代をもう迎えておりまして、扶助費等の、どうしても押さえられない福祉に関係した経費が増高することは、もうこれは必定でありまして、そういったところをどう押さえていくのか、あるいはまた投資的な経費でございます普通建設事業は他市あるいは1市9町の他町と比べても正直言いまして、相当押さえて抑制はしてきております。しかしながら、どうしてもやらなければならない事業、例えばし尿処理場でありますとか、給食センターでありますとか、そういった市民生活に密着した事業はどうしてもやらなければならないということでありまして、そういったことも今後非常に大きな課題を残されたものであろうというふうにも思っております。そういう中・長期的な財政状況を見きわめながら、市民サービスの低下を招かないようにうまく財政運営をしなければならない、そういった責務は当然あろうかと思われます。議会あるいは職員と一丸となって、今後とも中・長期的な財政計画のもとに徹底したむだな経費を削減し、行財政改革を推進していく必要があるのではないかなというふうにも思っておりますので、いろいろと御指導を得ながら頑張ってまいる所存でございますので、よろしく御理解を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(森川光典君) 関連質問はありませんか。



◆27番(岩本邦夫君) 議長──27番



○議長(森川光典君) 27番



◆27番(岩本邦夫君) 井下議員の質問に関連して質問を行います。

 まず、市税、国保税、この税金の滞納の問題でございますが、今私課長から数字が発表がありましたそれをメモしておったんですが、間に合わなくてできておりません。9年度決算時における滞納の累積額、これ担当課長わかりますか。



◎税務課長(高橋宏俊君) 議長──税務課長



○議長(森川光典君) 税務課長



◎税務課長(高橋宏俊君) ただいま手元に9年度の資料がございませんので、9年度分はちょっと今わかりかねますが。



◆27番(岩本邦夫君) 議長──27番



○議長(森川光典君) 27番



◆27番(岩本邦夫君) ほなそれはいいです。

 かなりな、相当額の滞納があるようでございます。井下議員が言われたように、正直者がばかを見るというようなことになったんでは、これは大変なことになる。このまま放置をしておいたら、滞納者がますますふえてくると思うんです。悪質な滞納者もかなりおるようでございます。ここらでひとつ、市として毅然とした態度で臨んでもらいたいと思います。この催告書、誓約書をとっておるようでございますが、この内容についてお尋ねをいたします。



◎水道局長(美藤幸造君) 議長──水道局長



○議長(森川光典君) 水道局長



◎水道局長(美藤幸造君) 27番岩本議員の関連質問にお答え申し上げます。

 誓約書の内容でありますが、水道局といたしましては、私の水道料金等が平成何年何月何日現在合計何円であり、滞納になっております。下記分割納入計画に厳守し完納することを誓約いたします。なお、違約した場合は、観音寺市水道事業給水条例第37条により、予告なく即時給水停止をされても異議はございません。このようになっております。よろしくお願いいたします。



◎建設課長(田中久司君) 議長──建設課長



○議長(森川光典君) 建設課長



◎建設課長(田中久司君) 岩本議員の関連質問にお答えを申し上げます。

 市営住宅家賃の納付分納誓約書の内容についてでありますけども、文言は、今般私にかかる市営住宅使用料何円なりを下記期日までに必ず完納いたしますから、御猶予をお願いいたします。なお、万一約束期日までに納付しない場合は、自発的に退去するものといたします。記といたしまして、まず滞納住宅使用料の額、年度ごとでございます。それから、誓約内訳としまして何年何月何日に幾らの金額を支払うというもの。それから、支払われたものの納付状況がございます。それから、付記といたしましては、誓約書のとおり期日までに納付しない場合は、法律的な手続を行い、このことについて異議を申しません。上記のとおり誓約いたします。何年何月何日、住所と団地の棟号の番号と氏名でございます。

 以上でございます。



◎税務課長(高橋宏俊君) 議長──税務課長



○議長(森川光典君) 税務課長



◎税務課長(高橋宏俊君) 岩本議員の関連質問にお答えをいたします。

 まず初めに、先ほどの9年度の滞納額についてでありますが、井下議員にお答え申し上げました未納額部分が全部翌年度にいくということでございますので、9年度の滞納繰越分の調定額が2億6,432万円、これが9年度分の残った額というふうになっております。それから、国保税の調定額3億832万円、これが10年度へ繰り越してきた額ということでございます。なお、11年度につきましては、今現在、2月末現在で4億6,105万円ございますが、これは5月31日の出納閉鎖期間までに納入されれば差し引きをいたしますので、現在のところ推測はできません。

 それから、市税の分納誓約書でありますが、まずタイトルが、市税、国保税の分納誓約書、今般私にかかる市税何円は下記期日までに完納いたしますから、御猶予をお願いをいたします。なお、万一当日までに完納しない場合は、差し押さえ処分をされても異議は申しません。ということで、金額と月ごとの金額を書いてございまして、一番下に住所氏名で署名をするというようなスタイルになっております。

 以上でございます。



◆27番(岩本邦夫君) 議長──27番



○議長(森川光典君) 27番



◆27番(岩本邦夫君) それで、誓約書、催告書等に違反をした例はありますか。これを守らなかったという例は。



◎建設課長(田中久司君) 議長──建設課長



○議長(森川光典君) 建設課長



◎建設課長(田中久司君) 岩本議員の再質問にお答えを申し上げます。

 市営住宅の入居者の家賃滞納者のうち、家賃分納誓約書を提出しておりますのが11名でございます。1名は履行しております。1名はこの誓約書を出すときに退去をいたしてます。

              〔27番岩本邦夫君「守っていない」と呼ぶ〕

 1名は退去しております。それと、9名が現在履行していないと、こういうことでございます。



◎水道局長(美藤幸造君) 議長──水道局長



○議長(森川光典君) 水道局長



◎水道局長(美藤幸造君) 水道局におきましては、誓約書を交わした後に、経済的理由とかによりまして、分納の月数の誓約をしておりますが、その諸般の事情によって、話し合いの中で、10カ月で分割納入がもろもろの事情で難しい場合は、月数をふやすとか、両者話しの上で分納をお願いしとるのが現状でございます。よろしくお願いいたします。



◆27番(岩本邦夫君) 議長──27番



○議長(森川光典君) 27番



◆27番(岩本邦夫君) 大体状況はわかりましたが、今回市の職員の手当等のカット、これが10年度には約3,000万円の金額が職員の手当等からカットされるわけでございます。11年度におきましては1億円余り、1億618万円、これだけの金額がそういった手当、いろんな住宅手当とか通勤手当とか、決まったいろんな手当から、職員の手当からカットされる。そういう状況の中で、滞納の累計が7億円余りあるようでございます。仮にここでその1割を徴収すれば7,000万円、大きな額が出るわけです。ひとつ3割滞納を徴収すれば、1億円という金が出るわけです。こういうことをひとつ肝に銘じて、さっきも申し上げましたが、毅然たる態度でひとつこの際対処してもらいたいと思います。各担当課長の決意のほどをお聞きして終わります。



◎水道局長(美藤幸造君) 議長──水道局長



○議長(森川光典君) 水道局長



◎水道局長(美藤幸造君) 27番岩本議員さんの再々質問にお答え申し上げます。

 担当課長としての決意でございますが、水道料金の滞納者に対しては、なお一層の滞納処理の強化を図り、収納率の向上に努めてまいりたいと考えておりますので、よろしく御理解のほどをお願いいたします。

 以上です。



◎建設課長(田中久司君) 議長──建設課長



○議長(森川光典君) 建設課長

              〔「とめるぐらいの気持ちでなかったらいかん」と呼ぶ者あり〕



◎建設課長(田中久司君) 岩本議員の再々質問にお答えを申し上げます。

 市営住宅の入居者のうち、家賃滞納者は94名でありますけれども、そのうち先ほどの御質問のありました11名のうち9名が誓約書を履行しております。これらの場合には、住宅局の明け渡し訴訟等につきましても前向きに検討してまいりたい、厳正・公正に対処してまいりたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いを申し上げます。



◎税務課長(高橋宏俊君) 議長──税務課長



○議長(森川光典君) 税務課長



◎税務課長(高橋宏俊君) ただいまの質問にお答えをいたします。

 税務課といたしましても、現年度分につきましては、出納閉鎖までになお一層努力をしてまいりたいと思っておりますし、滞納繰越分については、差し押さえ処分も現実には大分行っております。ところが、こういう経済情勢でございますので、ほとんど押さえるものは不動産、土地建物が多ございます。これがなかなか競売にかかってでも落札をしないというようなことで、何十件もがもう毎回毎回裁判所の方から通知が来て、配当が本来ならばあるんですが、残っていくというようなことになりまして、そうなりますと金額そのものが減っていかないというようなことで、土地が大変安くなってだぶついておるというような状況もございまして、滞納額もふえてはおりますが、いずれにいたしましても厳しい処分で差し押さえをしていくというふうにしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(森川光典君) 暫時休憩いたします。

              午前11時29分 休憩

       =============================

              午前11時31分 再開



○議長(森川光典君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 他に関連質問ございませんか。──御発言がありませんので、これにて8番井下尊義君の質問並びに関連質問を終結いたします。

 次に、3番五味利久君の質問を許します。

              〔3番 五味利久君 登壇〕



◆3番(五味利久君) 民主クラブの五味利久でございます。民主クラブ3名を代表いたしまして、市政全般につきましてお尋ねいたしたいと思いますので、関係当局の明瞭にして簡単でもわかるような御答弁をお願いいたしたいと思います。

 それでは、通告に従って質問に入らせていただきますが、これは第二番目の人はええのか悪いか知りませんが、前任者がかなりたくさん同じ題目について質問されておりますので、同じ項目につきましては、同じような答弁は必要ございませんので、変わったところがありましたら、お願いいたしたらと思います。

 では、まず最初に施政方針についてでございますが、本年度の施政方針の重点施策の第一に掲げられている財政再建に関してお尋ねいたします。極めて厳しい財政状況に対応するために、組織機構の改革、給与の適正化等に取り組んでおられますが、それらの中で職員給与改定のための人事院勧告の凍結、さらに期末勤勉手当の削減、諸手当の見直し、四役と管理職手当の10%減額、議会議員の期末手当等、次年度に減額される人件費諸手当の総額と、これが全支出の何%ぐらいになるかについてお尋ねいたします。

 施政方針の第2点目でございますが、この施政方針の中に入っております観光の振興に関係してお尋ねいたしたいと思います。「音、寺、銭形、夕日」をキャッチフレーズにして観光PRに努めておられますが、琴弾公園の整備、財田川河川敷の花畑等に加えて、七宝山遊歩コースの造成に取り組んで、「日の出を観るまち観音寺」を本市の観光宣伝の一つに取り上げられるように進めていったらええのではないかと思いますが、施政方針の中には入っておりませんが、今後ひとつ関係当局でお考えいただいたらと思います。

 次に、第二番目の予算編成についてでございますが、これも先ほど答弁がございましたが、その予算の編成の方針と内容について、また答弁したいことがございましたら、お願いいたします。

 次に、地域振興券の登録についてでございます。これも先般、ただいま細かな答弁がございましたが、もう一度私の方で質問させていただきます。政府は景気高揚のための一助にもと、巷間実施せられている地域振興券の登録については、県内の各市町ともその申請する事業者が、締め切りまでには以前の想定よりもかなり少なかったと報道されておりますが、本市の登録状況についてお尋ねいたします。また、地域振興券の内容について一部でも結構ですから、わかりやすく御説明ください。

 次、我が町の都市宣言についてでございます。我が町の進むべき方向を示す都市宣言なるものが、いろいろな形で発表され、それを表示する標識が多数立てられてるようでございますが、これらの柱が、現時点で何本立っておられるんでしょうか。それらの種類と、それぞれの宣言についてこれまでどのようなことが行われてきたかについてお尋ねいたします。

 次、文教民生行政の介護保険の実施状況についてお尋ねいたします。いよいよ平成12年4月より実施になるという介護保険の実施状況についてお尋ねいたします。その1番目は、保険料の算定方式につきまして、一例を挙げて御説明ください。2点目は介護認定についてであります。聞くところによると、自治体の格差を小さくするために、県内5市38町、6つの広域行政事務組合ごとに実施する方針とのことですが、本市の介護認定審査会がどのような方針で進んでいるか、お尋ねいたします。

 次に、現在の在宅介護のホームヘルパー派遣は家事の手伝い等が40%もあるそうでございますが、現状はどのようなもんでございましょうか。もう一つ、介護保険認定によっても、現在のサービスは維持できるんでございましょうか。なお、現在ヘルパー派遣を受けている家庭の派遣費用が2倍以上に急騰したとの声を聞きますが、その理由を説明してください。

 続きまして、市民主体の芸術文化の振興についてお尋ねいたします。我が町におきましては、市主催の文化芸術活動がかなり多方面にわたって行われているようでございまして、これはまことに結構なことだと思いますが、しかしこれはあくまでも形式化せられ、型にはまったお仕着せの行事だけであります。このことよりも、このことも大切ですが、もっと市民が自主的に考え実行している文化芸術活動こそ、市全体の文化の向上に役立つのではないかと思いますが、このような市民の自主的、主体的な活動に対しての市当局の対応は、どのように行われているんでございましょうか。それは、施設使用の面とか、経費の助成の面とかで、他の市町並みの対応はなされておるのでございましょうか、このことについてお伺いいたします。

 次に、市内公的施設における図書の蔵書数でございます。本を読むということは、生きる力を育てるための一つの原動力になると思います。そういう意味合いにおいて、生きる力を身につけた市民を育てるためにも、市内の各施設に多種多数の図書を整備充実することが必要欠くべからざることではないかと思います。そこで、市内の図書館、学校、その他の公共施設の所蔵する図書数の合計を種類別にお知らせください。もう一点は、本市の図書館の図書購入予算の過去5年間の推移をお知らせください。

 次に、心の教育についてでございます。昨年度の中教審の答申にもありましたが、新しい時代を開く心を育てるためには、生きる力を身につけることが必要である。そのためには、幼児期からの心の教育のあり方を考え、実施しなきゃならないと言われております。ところで、本市においては、生きる力の原動力になるであろう心の教育のあり方をどのように考えておられるのでしょうか。また、そのことを現場指導でどのように取り組み、実践していこうとしておられるかについてお尋ねいたします。

 最後になります。学校崩壊の実情についてでございます。先日のマスコミによりますと、教育研究全国集会の分科会で、教師がつぶされるという見出しのもとに、子供が先生の指導に従わず授業ができないとか、授業中に奇声を上げて困るとか、等々の規律協調が守られておらないということや、また教師の力量に思い悩むとか、教師がつぶされるとの悲鳴に近い声も上がり、問題の深刻さを印象づけられたとあります。本市の子供たちの実態はどのようであるか、御説明ください。

 以上、8つの問題につきまして御質問をさしていただきますので、当局の明快なる御答弁をお願いいたします。

 以上で私の質問を終わらせていただきます。失礼しました。



○議長(森川光典君) 昼食のため、午後1時まで休憩いたします。

              午前11時42分 休憩

       =============================

              午後1時3分 再開

〇出席議員 18名

  2 番  吉 田 麻 雄 君     │     15 番  森 川 光 典 君

  3 番  五 味 利 久 君     │     16 番  大 西 輝 於 君

  5 番  宮 尾 正 樹 君     │     18 番  美 藤   広 君

  6 番  三 好 儀 平 君     │     19 番  安 藤 清 高 君

  7 番  藤 田 芳 種 君     │     20 番  大 西 英 司 君

  8 番  井 下 尊 義 君     │     25 番  三 好 健太郎 君

  10 番  安 藤 正 教 君     │     26 番  石 田 益 雄 君

  11 番  安 藤 忠 明 君     │     27 番  岩 本 邦 夫 君

  13 番  伊 瀬   均 君     │     28 番  白 川   精 君

       ─────────────────────────────

〇欠席議員 3名(欠員1名)

  9 番  石 塚 祐 子 君     │     21 番  松 尾   勇 君

  17 番  近 藤 幸 吉 君     │

       ─────────────────────────────

〇説明のため出席した者の職氏名

  市長      白 川 晴 司 君  │  企画課長    津 田 勝 啓 君

  助役      大 倉 利 夫 君  │  秘書課長    小 西 正 訓 君

  収入役     藤 川 卓 二 君  │  総務課長    田 中   豊 君

                     │  税務課長    高 橋 宏 俊 君

                     │

  伊吹支所長   三 好 喜 一 君  │  会計課長    行 天   優 君

  市民課長    白 川 公 子 君  │

  環境衛生課長  請 川   剛 君  │  水道局長    美 藤 幸 造 君

  下水道課長   森 野   仁 君  │

  健康増進課長  白 山 栄 次 君  │        教 育 委 員 会

  福祉事務所長  三 好 隆 雄 君  │  教育長     石 原 敏 夫 君

  同和対策課長  冨 原 一 郎 君  │  庶務課長    西 川 英 雄 君

  建設課長    田 中 久 司 君  │

  都市開発課長  白 川 智 洋 君  │  選挙管理委員会事務局長

                     │          熊 谷 和 弘 君

  農林水産課長  曽 川 正 利 君  │

  商工観光課長  岡 田 唯 男 君  │  監査委員事務局長

                     │          大久保   浩 君

  競輪事業局長  梅 林 親 範 君  │

                     │  農業委員会事務局長

                     │          横 山 勝 一 君

       ─────────────────────────────

〇事務局出席職員氏名

  事務局長    黒 川 健太郎    │    議事係長    岡 田 和 則

  次長      藤 田 賢 一    │    書記      亀 澤 房 代

       ─────────────────────────────



○議長(森川光典君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいまの3番議員の質問に対する答弁を求めます。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長

              〔市長 白川晴司君 登壇〕



◎市長(白川晴司君) 3番五味利久議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、施政方針のうち財政再建についてでありますが、人事院勧告の凍結により、平成10年度で3,074万円の減額となります。また、平成11年度につきましては諸手当の見直し、四役、議員、職員の期末勤勉手当カット、四役給料カット、課長管理職手当カットで1億61万円、職員11名の減員で8,800万円、議員定数2名減により2,000万円、合計2億861万円の人件費減額となります。これを一般会計予算の人件費総額41億7,675万円と比較いたしますと、4.99%に当たります。このことは、議員各位の御協力と四役及び職員が一丸となって、厳しい財政状況に立ち向かおうとしている結果であると考えております。

 次に、観光の振興についてでありますが、七宝山上遊歩コースの造成に取り組み、観光資源として開発してはどうかとの御質問でございますが、さきの12月議会で答弁いたしましたように、さらに検討していく必要があろうかと考えております。また、観光宣伝は「音、寺、銭形、夕日を観るまち」をキャッチフレーズとして積極的にPRしてまいりたいと考えております。

 次に、新年度の予算編成についてでありますが、さきの井下議員の御質問にお答え申し上げたとおりであり、まことに厳しい財政運営を強いられておりますが、今真に取り組まなければならない、本市発展の布石でもある事業を重点的に選択、予算配分をいたしております。

 次に、地域振興券の登録状況についてでありますが、特定事業者の募集につきましては平成11年1月25日から受け付けを始め、少しでも多くの事業者に登録していただくため、広報、新聞、チラシ等で周知をして対処してまいりました。現在、特定事業者の登録者数につきましては928事業者、店舗数1,019店となっております。市内の対象となる特定事業者数は約1,300事業者で、店舗数は約1,400軒ではないかと想定をいたしております。

 次に、地域振興券の交付対象者への取り組み状況につきましては、さきの井下議員にお答え申し上げたとおりであります。なお、税制上の制限でございますが、国民年金法に基づく障害基礎年金、障害年金、遺族基礎年金、母子年金等、及び65歳以上の者につきましては、平成10年度分の市民税が非課税、つまり所得割も均等割もない人で、かつ税の扶養親族になっていない人が該当者とされております。その他、身体上または精神上、著しい障害があるために常時介護を必要としている65歳以上である方につきましては、市民税の所得割がない方、つまり均等割以下の人に交付されます。この場合も扶養者がある場合は、扶養者の均等割以下であることが条件になっております。

 あと、重複交付の制限につきましては、15歳以下の方の属する世帯の世帯主に交付する場合、生活保護世帯の15歳以下の方とは重複交付はできませんが、他の年金、手当等、65歳以上の非課税者とは重複交付をされることになっております。15歳以下の方以外では、年金・手当の受給者、社会福祉施設の入所者、生活保護法による被保護者及び65歳以上で寝たきりの方や非課税者は重複交付はされないこととなっております。いずれにいたしてましても、該当者には地域振興券交付申請書を送付することといたしております。

 次に、我が町の都市宣言についてでありますが、観音寺市がこれまで都市宣言をしているのは、昭和36年に世界連邦都市、昭和37年に安全都市、昭和43年に文化財愛護都市、昭和59年に健康都市と非核平和都市、平成元年に教育都市、平成5年に人権尊重都市宣言をそれぞれ行っております。これらを表示するものとしては、市民会館前に人権尊重都市宣言、本庁舎前プール横に非核平和都市宣言の標識の2本が立てられております。そのほか市役所の道路沿いの敷地内に生涯学習や交通安全、人権関係の標語や観音寺法人会の納税標識などの標識塔が5本立っております。また、市民会館敷地内にお魚大好きモデル市や国保税のPR標識の2本があります。これらの標識塔は国、県の事業推進の中で立てられたものでありますが、いずれも理念として市民や来観者への意識の啓発を趣旨としたもの、あるいはPRをしようとするものであります。したがいまして、本市の行政もこれらを常に意識に置き、運営に当たっていきたいと、そう存じております。

 次に、介護保険実施状況についてでありますが、介護保険料の算定は、現在介護保険事業計画の策定作業を進めておりますので、その後になる予定であり、試算は行っておりません。また、認定審査会は三豊地区広域市町村圏振興事務組合で、10月の認定開始に向けてその作業を進めております。

 第3点のホームヘルパー派遣のうち、家事援助は55%でありまして、その介護保険制度にも認定されない場合の施策につきましては、今後の検討課題であります。また、現行制度でのヘルパーの派遣負担金につきましては、生計中心者の所得税額により算定をいたしております。有料は5区分して、税額1万円以下の世帯の250円から最高額の14万1円以上の世帯で、940円の負担になります。

 以上で私の答弁を終わらせていただきます。なお、答弁漏れにつきましては各参与より答弁させますので、よろしくお願いを申し上げます。



◎教育長(石原敏夫君) 議長──教育長



○議長(森川光典君) 教育長

              〔教育長 石原敏夫君 登壇〕



◎教育長(石原敏夫君) 3番五味利久議員の御質問にお答え申し上げます。

 市民主体の芸術文化の振興についてでありますが、さきに12月議会で御答弁申し上げましたように、芸術文化活動は本来自己の可能性を追求する自分探しの活動であると考えますので、市民が主体となって、自主性、創造性を発揮して取り組むのが望ましいと認識をいたしております。そこで、市民の皆様のこうした活動に資するため、教育委員会といたしましては、施設の使用や経費助成について、限りある財源の中ではありますが、精いっぱい努力をいたしておるつもりでございます。これからも市民の皆様の御要望を真摯に受けとめて、創意と工夫を働かせて取り組んでまいりたいと考えております。

 なお、御質問の中で、現在の市主催の文化芸術行事は形式化されたお仕着せ行事であるとの評価をいただきましたが、私は、この行事の成功に向け日夜熱心に取り組んでいただいております実行委員会や職員の皆さん、そして作品づくりに精魂を傾けております出展者の顔を思い浮かべるにつけても、大変悲しい気持ちになりました。一言加えさせていただきます。

 次に、市内公的施設における図書の蔵書数についてでありますが、御指摘のとおり、心の教育にとって読書は大切であります。幼・小・中学校においても読書の推進に力を入れていますが、図書館では平成10年度の重点活動として、親子読書を呼びかけてきました。小さいときは親が子に読み聞かせ、子が成長すれば、子が親に読み聞かせるという親子読書の運動であります。本を媒介として親子のきずなを深め、心を育て知識を広め、親子がともに成長するまさに家庭教育の中核ではないかとの思いから、親子読書を呼びかけてきました。ところで、蔵書数でありますが、公民館1万6,000冊余り、図書館9万4,500冊余り、幼・小・中学校合計11万5,000冊余り、合計22万5,500冊余りであります。娯楽書としては毎月40冊程度を図書館に購入をいたしております。

 次に、図書館の図書購入予算でありますが、平成6、7、8年度は各600万円であり、9、10年度はそれぞれ700万円であります。なお、このほかに株式会社たまやさんの方から、昭和60年以来12年間、毎年児童図書購入費として100万円ずつ御寄附をいただいております。それで児童図書を毎年約600冊ほど購入をいたしております。

 次に、心の教育についてでありますが、議員御指摘のように、新しい21世紀を担いたくましく生きていく子供たちに、時代の変化に対応して生きていく力をつけなければならないと考えます。その基盤となります心の教育につきましては、昨年の12月議会でも申し上げましたように、現在の子供たちに社会規範意識を高め、他者への思いやりや自然への畏敬の念を深め、さらに自己の未来を積極的に切り開いていこうとする主体性を培うなど、いわゆる豊かな人間性を培う教育の充実が今必要であると考えております。そこで、教育委員会といたしましては、学校指導方針に基づき、各学校現場に対して具体的実践に努めるよう求めております。各学校におきましては、道徳教育を核にし、自然体験、職場体験等、それぞれの体験学習を積極的に取り入れ、各教科の学習と関連させながら指導を行うことによって、心の教育の充実に努めております。しかし、心は教えて育つというよりは、むしろ生活の中でしつけられたり、あるいはみずから気づき伸ばすといった作用が大きいので、子供たちと直接触れ合う親や教師の、どれだけ手本になり得るかということが大きな課題であろうかと考え、今後家庭、学校の教育力の向上に一層努力を傾けてまいりたいと考えております。

 次に、学級崩壊についてでありますが、本市におきましても、さま変わりしている子供たちにどのように対応していくか、各学校現場におきましては、悪戦苦闘しているのが現状であります。ところで、学級崩壊の実情についてありますが、学級崩壊という言葉は新聞、テレビ等で報道され、昨今では教育用語となりましたが、いまだその用語の、いかなる状態をもって学級崩壊と言うかということについての定説的なものはございません。そこで、市教育委員会といたしましては、一応非行傾向などの一部児童・生徒による授業妨害は除きまして、特定の児童・生徒だけでなく、学級全体として教師の指示が通らず、通常の授業の成立が困難となった学級の状態と解釈させていただいております。ところで、こうした状態に陥った学級は、現在までのところ本市小・中学校におきましてはございませんので、御理解を賜りたいと思います。

 以上で答弁を終わらしていただきます。失礼しました。



◆3番(五味利久君) 議長──3番



○議長(森川光典君) 3番



◆3番(五味利久君) 自席で再質問を1点だけさせていただきます。

 芸術文化の振興について、教育長から非常に怒られたというか、叱責を受けましたが、今まで大いにやっておられることが決して意味がないとは言ってはおらんです。非常にこれはええことじゃというてさっきも言ったと思うんです。もうそれももちろん大事ですが、それは決められたこと、どこでもやっておるようなことだけでございます。それ以外に、もっともっと新しいことで、市民が中心になってやっておるようなことにも、目を向けてほしいということをお願いやら質問したわけでございますが、そのことに対して再質問をさしていただきますが、芸術文化の振興については、市の対応は適切であったのかどうかわかりませんし、また市民がそれだけの意欲があったのかどうかもわかりません。また、素質的に劣弱であったのかどうかもわからないけれども、公の発表、展示会等における市民の参加状況、市内の行事じゃなくして、いろんな市外の行事についてでも、参加状況は統計的に見て、他の市町に比べて、決してすぐれているとは言えないのが現状でございます。

 そのほんの一例でございますが、昨年度の県美術展覧会の出品者は、これは芸術絵画部門だけでございますが、285名出品者があるわけなんです。その中で、まあ高松市は人口が多いから109名で全体の39%ありますが、それはもう当然のこととして、観音寺市の市民でこれに出品したのは、5市の中で一番少ない8名です。これは全出品者の0.3%です。お隣の善通寺市は人口が観音寺市よりも少ないけれども、観音寺市に比べてその3倍の22名、パーセントにすると0.8%であります。そういうような状況でありますし、また観音寺で行いました我が市の観音寺を描こうという公募展ですら、本市の出品者数は124名中15名、全体の12%しか出しておりません。これはほんの一例でございますが、そういう状況でございます。

 そういうことでございますので、市民づくりの根幹であるところの芸術文化振興策については、もっと、今もいろんな面で協力、援助をするように努力したいと言われておりまして、大変ありがたく思っておりますが、市当局の協力援助をもっともっと期待したいと思うわけでございますが、それに対して何か御意見、御答弁ございましたらお願いいたしたいと思います。

 以上でございます。



◎教育長(石原敏夫君) 議長──教育長



○議長(森川光典君) 教育長



◎教育長(石原敏夫君) 3番五味利久議員の再質問にお答え申し上げます。

 御期待に沿える答えになるかどうかわかりませんが、芸術文化の振興についての市の実効ある施策についてということでありますけども、香川県展とか、あるいは本市の公募展への出品状況は、確かに議員御指摘のとおりであります。しかし、本市の芸術文化活動を全体的に見れば、私は着実に新しい動きを始めていると認識をいたしております。例えば、来る21日に開催されます「邪馬台国を探るイン観音寺」とか昨秋開かれました「イサム・ノグチを知る会」等、いずれも全国を視野に入れた文化活動であります。また、雅の郷を利用したり、四国新聞文化教室を利用したりして、全国に向かってみずからの作品を発信している方々も大勢おいでます。

 一方、アップルトン少年合唱団の演奏会等に国や県の施策を適切に活用しつつ、そうした形のように各種の文化事業が行えるような力も市の中に蓄えられてまいりました。また、本市の資料館、図書館等で取り組んでいる新しい新規事業や、これまでの生涯学習についてのそれぞれの活動等、視点を広げて見れば本市における文化活動は白川市政になってから、私は随分変わってきていると、そのように認識をいたしております。したがって、これからも苦しい市財政状況下でありますけども、市が一体となって、市内外の有識者との人的つながりを活用しながらいろいろ御援助いただき、文化活動を振興していくとか、あるいは民間のノウハウをお借りしたり、あるいは国や県の施策を積極的に取り入れて、取り組んでまいると、そういった本市に見合った文化振興策をとってまいりたいと考えておるわけでございます。当然、施設、設備の充実につきましては、市民の理解を得ながら、本市の財政状況に見合って整備してまいらにゃいけないと考えておりますけども、行政はお金を出し、施設をつくって文化を振興するんだという従来のパターンはこれからいかがなものかと、それよりもう少し違った形で、我々は知恵を発揮していかなければいけない時代を迎えているのではないかと、このように認識をいたしたわけでございます。甚だお気持ちに沿えない返答かわかりませんが、御勘弁を願いたいと思います。

 以上でございます。



○議長(森川光典君) 再々質問はありませんか。



◆3番(五味利久君) 議長──3番



○議長(森川光典君) 3番



◆3番(五味利久君) 教育長の答弁がありましたように、全体では白川市政になってからは大変前向きであると、これは確かに、白川市政になって前向きであることは認めます。しかし、観音寺市が芸術文化によその市と比べてすぐれているというようなことを言いますと、ちょっとほかの市と、また市民からも批判の声があると思います。いろんな面を引っ張り出して、そりゃあいいところもあります、ありますけれども、私が今言っておるのは芸術文化、特に絵画部門についてでございますが、これは非常におくれているということは市民だけじゃなしに、市外の人もこれは知っておることでございまして、今さらそのことについてどうこう言うことはありませんが、市民主体でこれを盛り上げていかなければならないというつもりでやっている人が何人かおります。そういう人に対しても、やはりもっともっと市が積極的な協力援助を。市民主体でやれと、これは確かに結構なことでございますが、むちゃなことは要望しておるわけではございませんので、市のできる範囲内におきまして、そういう熱意のある人にもっともっと熱意を持たすように、市全体のことを盛り上げて、芸術文化の水準を上げるように、市としてもできる範囲内で、むちゃは申しません、できる範囲内でお願いしたいということを言ったわけでございまして、決してすべての面に劣っておると言ったわけではございません。そういう面で、劣っておるところも確かにあります。すべてよその市に劣っていないじゃのという思い上がった考えではないと思いますが、そういう点を御配慮いただきまして、できる範囲内で協力をお願いしたいと思って申し上げたわけでございますので、その点についてよろしくお考えを聞かしてもらったらと思います。

 以上でございます。



◎教育長(石原敏夫君) 議長──教育長



○議長(森川光典君) 教育長



◎教育長(石原敏夫君) 3番五味利久議員の再々質問にお答え申し上げます。

 議員のお気持ちも私はわかり過ぎるほどわかっているつもりでございます。しかし、教育委員会といたしましては、市全体の芸術文化の振興あるいは市政全般の中での教育行政でもありますので、そういった点について深い御理解をいただいて、引き続き頑張っていただきたいと、このように思いますので、よろしく御理解賜りたいと思います。



○議長(森川光典君) 関連質問ありませんか。

              〔「議長、休憩」と呼ぶ者あり〕

 暫時休憩いたします。

              午後1時27分 休憩

       =============================

              午後1時28分 再開



○議長(森川光典君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 御発言がありませんので、これにて五味利久君の質問並びに関連質問を終結いたします。

 次に、20番大西英司君の質問を許します。

              〔20番 大西英司君 登壇〕



◆20番(大西英司君) 20番大西英司であります。市長の施政方針と市政各般にわたって、日本共産党市議団を代表して一般質問を行います。

 通告に基づいて具体的な質問に入る前に、我が党市議団の見解を述べ、市民各位の御理解を賜りたいと存じます。

 現在の政局は自民党とこれに結果的に従属してきた各党の長きにわたる失政によって、出口の見えない不況に見舞われ、バブル崩壊以降から数えても10年の長きにわたっているのであります。我が党が繰り返し指摘してきたとおり、先進資本主義諸国の公的予算配分に比べて全くの無策だと言われる公共事業に50兆円、福祉にはわずか20兆円という、国と地方自治体における国民軽視の諸施策は、国と地方合わせて500兆円もの借金を生み出し、あまつさえ大銀行、大手ゼネコンを国民の税金で救済するため、大銀行への60兆円の税金投入であります。

 一方、地方自治体にあっても、90年代に入ってわずか9年の間に、全自治体の借金は67兆円から100兆円もふえて、166兆円以上になろうとしているのであります。この間、公共投資が100兆円ふえたことと、地方の借金が100兆円ふえたことが、軌を一にしていることが如実に示しているとおり、逆立ち政治のツケは地方自治体にも及んでいるのであります。我が党は広範な市民とともに、こうした大手ゼネコン、大銀行優先の政治に終止符を打ち、福祉、教育、住民生活優先の国政と、地方自治を打ち立てるために奮闘することを誓うものであります。

 さて、市長の施政方針についても一言触れておきたいと存じます。従来私は必ずしも総花的に事業名を並べ、成果を得々と自慢するタイプの内容に食傷ぎみでありましたが、ことしの内容は、部分的には不満足な点を残すものの、市民に理解を求めようとする市長の政治姿勢が浮かび上がり、好感度の高いものに仕上がっております。我々と同じ5月に選挙を控え、苦しい財源の中から懸命に市民生活を守ろうとする姿勢のあらわれとして、従来の施政方針が50点前後とするならば、20ポイント以上は稼いだ中身となっているのではないでしょうか。ただ、その評価が下るのは、選挙を挟んでのことしの厳しいかじ取りであり、具体的な質問で明らかにするとおり、本当に弱者や荒廃する学校現場に対して、生きた予算を使えるか否か、まさに正念場を迎えていることを厳しい立場から指摘し、新年度予算編成に対する基本的な考え方についてのみ伺うものであります。

 以上、施政方針に対する所感を述べ、新年度予算の基本を伺った上で、さきに通告申し上げた内容での質問に入りたいと思います。

 1、総務行政、?情報公開条例作成の進捗状況について。この情報公開に関しましては、繰り返し本議場でも議論が繰り返されたテーマでありますし、質問者と当局の気持ちにも溝のないジャンルであると確信いたしております。また、歴代市長もその重要性については、一度として否定された場面のない事項であり、加えて財政措置もそれほど伴うものではありません。しかるに、私個人が取り上げてからだけでも15年に余る歳月を刻み、目前まで来たとの考えはあるものの、ここに来て相変わらず停滞しているとの印象はぬぐえないのであります。率直に聞きますが、条例作成の進捗状況は、そしていつになれば本議会に提案されるのか、伺うものであります。

 ?地方債の現状と利息、元金支払い状況について。まず冒頭に伺っておきたいのは、具体的な数字であります。一般会計、特別会計、競輪施設改善など、すべての地方債の現状と利払い、元金償還、そして支払い後の地方債総額はどうなっているのかについてであります。

 ?労働組合幹部経験者と女性管理職登用の現状と展望について。俗人的な人事については、議会不介入の原則を持つ我が党市議団としましては、現状の人事にくちばしを挟む意図からの発言でないことは、断るまでもありません。ただ我が党は、四十数%の比重を占める女性職員の幹部登用や、憲法と法律の精神に基づいて活動が続けられている労働組合運動の幹部経験者が、人事面で不当とは言えないまでも、歴然と幹部登用にあって差別されることがあってはならないとの立場から、繰り返し議場議論にのせてきたところであります。まず、基本理念について市長の見解を伺っておくものであります。

 ?大型公共事業の現状と公平な入札について。具体的に伺いますが、過去4年間5,000万円以上の公共事業の入札にあって、その件数と総落札価格、さらには大手ゼネコンと地元企業への仕事の配分、さらには個別には答えにくいとのことでありましたので、全体の落札率、大手ゼネコン分と地元分の落札率についても伺うものであります。この質問をめぐりましては、個別の事業別に落札率は公開できないとのことでありましたので、この4年間の大型事業にあって、全体としての落札率を伺うものであります。さらには、公平な入札についても市長の所見を伺うものであります。

 ?庁内の改善と障害者対策について。我が党市議団は、体に障害を持たれている人たちが、自由に健常者と生活できるまちづくりこそ基本との考えを一貫して主張してきたのは、御案内のとおりであります。ただ、先進資本主義諸国に比べて大幅に立ちおくれている環境整備から、車いすで町を自由に往来できる施設整備にはまだまだ大きなおくれがあり、歩道整備などこれからのテーマが山積しているのであります。だが、せめて市民のセンター的役割を担う市役所は、財政危機下とはいえ、最低限の施設を備えなくてはならないと考えるものであります。玄関の自動ドア化や段差解決への努力はあるものの、この広い本庁に一カ所も障害者用のトイレが存在しないのは異常であり、スペース等に無理があるのであれば、せめて簡易な洋式トイレを設置するなどの配慮が必要とも考えるものであります。また、庁舎の老朽化に伴って4階の一部には雨漏りがあり、それが階段部分だけに、ある種の危険性を感じているものであります。庁舎をどうこうする財政下にない現状をかんがみ、せめて雨漏り対策、わけても階段部分の危険性については早急な処置が必要との立場を持つものでありますが、御見解を伺います。

 ?市管理のマイクロバスについて。マイクロバスは2台あるはずですが、この利用状況と市民団体への貸し出しについては、どのように対応しているのかについて伺うものであります。

 2、建設経済行政について。?市道改善と道路占用料の適正化について。関係者の努力とも相まって、市道も一時期に比べて随分と改善されたとの声を聞く反面、県道に比べて大きく見劣りするとの声もやはりやんだわけではありません。補修、舗装の努力と改善について伺うものであります。あわせまして、狭い市道をとっての電力柱やNTT柱あるいは強化柱の道路占用は交通渋滞や運転障害にもなりますが、財政多難な折から、これら占用料の適正化が求められます。現状と対策について伺うものであります。

 ?河川管理・整備・美化と水門等の改善について。河川管理は県事業とは伺っておりますが、町を潤し、あるいは命の水を供給し、防災にも大きな役割を担う河川は重要であります。整備と美化、水門等の管理に怠りは許されないとの考えを持つものでありますが、御見解を賜りたいと存じます。

 ?減反政策と米づくり農家支援策の強化について。自由化の波と高齢化に追い詰められる農家からは悲鳴の声が聞こえてきます。さきに開かれた生産調整推進大会では、昨年と打って変わって実に静かな大会となりましたが、昨年の減反率が41%台であったものから、ことしは40.5%と、1%弱の減反率低下が見られました。現場で推進しなくてはならない農業委員の皆さんや農協関係者も、たとえ1%でも毎年ふえ続けていた減反率が緩和されたことが、昨年とは大きく異なる推進大会となったのか、真意は図りかねますが、昨年市長の英断で市独自の米づくり農家支援策が生まれましたが、ことしも継続するのか。さらには深刻化を増す米づくり農家支援策を強化する意思があるかどうかについて伺うものであります。

 ?整備予定区域外の下排水対策について。公共下水道事業は市財政を大きく圧迫する側面を持ちながら、着実に整備予定区域内工事が進められております。予定区域内に費やされる莫大な予算に比較して、広大な地域となる予定区域外の下水排水設備は、予算の規模、要望に対する対応ともに大幅なおくれを来しているのは否めない事実であります。どのような対応がなされているのかについて伺うものであります。

 ?干拓地造成地販売価格と三豊区域内造成地の販売価格について。市民の大きな期待と不安の中で着工の決まった山田産業団地造成事業は、ある意味では市の命運をも決定しかねない大きな事業となるでありましょう。我が党市議団は、この事業そのものにではなく、厳しい不況下での着工に重大な危険性を感じ、時代の推移をいましばらく見定めるべきとの立場から、その予算に反対を表明したところであります。この立場は現在も不動でありますが、まず伺いますが、近隣の造成地販売価格とその売れ行きについて、さらには山田産業団地の販売価格との整合性についてであります。

 ?中小企業融資制度について。深刻な不況下、市内の中小商工業者は銀行の貸し渋りに遭い、苦しい営業と生活を強いられております。圧倒的多数を占める中小商工業者の営業を守ることを抜きに、我が町の発展も考えられません。苦しむ経営者とそこに働く人々を救う市の融資制度の現状と改善への意欲を伺うものであります。

 3、文教民生行政について。?老健施設の利用状況と問題点について。特別養護老人施設への入居希望者が相変わらず30人以上待機していると伺います。これは早急の対策が必要でありましょうが、懸案だった老健施設がサービス供用を始めて半年、こちらの利用状況はどのように推移しているのか、同一の施設ではないものの、新しい施設が開設されてなお特養には待機者が横ばい状況で存在することに奇異の念を抱くものであります。現況について伺うものであります。

 ?介護保険の準備状況と実施に至る問題点について。新しい税の仕組みだとか、「保険金徴収があって介護なし」などと陰口される介護保険制度の導入は1年後に迫ってまいりました。巷間うわさされるとおり現状よりも後退してしまうのか、また施設的には大丈夫か、人的な配置は、などなどの不安の声を聞きます。諸般の準備状況について伺うものであります。

 ?医療保険改悪と市民生活への具体的影響について。受診者が激減すると心配された医療制度大改悪から1年余が経過しました。改悪前との比較で患者はどのように推移したのか、改悪前との比較を示して説明してほしいと思います。

 ?同和行政を一般行政に移行する問題について。我が党は一貫して同和行政を一般行政に移行すべきことを主張してまいりましたが、何が障害となっているのか。逆差別だとの声すら聞こえて久しい同和行政の一般行政移行について伺うものであります。

 ?不法投棄ごみの増大と行政の対応について。特別目に余るものとして、農免道路母神山付近や三豊干拓地、高速道路側道などが多くの市民から指摘されているところの不法投棄ごみについてでありますが、ボランティア団体の収集を回収し始めたことや町を美しくするとの行政の努力が実り始めている反面、心ない人々の不法行為によって、せっかくの努力が踏みにじられていく側面もあります。不法投棄ごみに対する対応について伺います。

 ?図書の公民館貸し出しと、移動図書廃止に伴う利用状況の変化について。財政危機が文化の面にも色濃くにじんだ施策として、長い歴史を持つ移動図書が廃止されて時間を経過しましたが、現実的にはどのような影響が出ているのか、貸出本の推移とも比べて御答弁いただきたいと存じます。

 ?不登校の現状と学校の荒廃について。暗中模索が続けられるとすらささやかれる学校現場の諸問題は、少なくとも私たち大人の世界の反映であり、全く別の世界に起こっている問題としては片づけることのできない事態であります。現況と対策について伺うものであります。

 ?学校現場の現状と予算化について。ある学校で校庭樹木の刈り込み中に学校長が転落、大けがをしたとの報道に触れて、身震いを覚えました。市内の学校でもよく見かける風景であるからであります。もちろん、幸いにも転落事故は聞いておりませんが、高齢の学校管理者が高木に登る危険は、既に刈り込み予算不足の段階から予測される事態であります。苦しくとも、未来への使者を育てる学校のこうした予算については、十分に配慮されて当然であります。また、校舎は木造から鉄筋コンクリートに改築が進んだものの、強敵の雨漏りに悩まされ、修理を繰り返しても相変わらず雨漏りについては情報が途絶えることがありません。市内各校の雨漏り状況とその対応について伺うものであります。

 ?給食用食材について。学校給食の食材管理は複雑をきわめ、関係者の御努力が忍ばれます。多様な食材の購入方法について伺うものであります。

 以上が日本共産党市議団を代表しての一般質問であります。改善への、そして実現へのほのかな明かりがともされる議論が展開されることを期待するものであります。



○議長(森川光典君) ただいまの20番議員の質問に対する答弁を求めます。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長

              〔市長 白川晴司君 登壇〕



◎市長(白川晴司君) 20番大西英司議員の御質問にお答え申し上げます。

 まず、新年度の予算編成の基本的な考えにつきましては、さきの井下議員にお答え申し上げたとおりであります。

 次に、情報公開条例の進捗状況についてでありますが、さきの12月定例議会におきまして、各種行政委員会に御検討と御了解をいただくとともに、国の動向をも踏まえ、早期の条例制定に向け努力をしてまいりたいとお答え申し上げましたところであります。その後の状況でありますが、まず行政委員会に関しましては、条例案の要旨を提示し御検討を願いましたところ、要旨につきましては御了解をいただくことができました。次に、国の動向に関しましては、情報公開法案が2月16日に衆議院を通過し、現在参議院で審議中であります。以上のような状況を踏まえ、今後議会とも協議する中で、規則、規定の整備等、事務作業を早急に進めまして、早期に条例案を提案いたしたいと考えております。

 次に、地方債の現状と利息、元金の支払い状況についてでありますが、地方債は、議員御承知のとおり、地方公共団体が資金調達の手段として金銭を借り入れ、または債権を交付することにより負う債務であります。後年に債務を残すものでありますので、借り入れに当たっては将来の財政運営に及ぼす影響を考慮し、慎重な対応が必要であります。起債事務に当たりましては、果たして地方債を財源としなければならないかどうか、市税その他の一般財源によって実施することができないかどうかを精査しつつ、県知事の許可のもと事務を進めております。なお、各会計ごとの平成10年度現在高見込み額、平成11年度元利償還額及び平成11年度現在高見込み額につきましては、担当課長より説明をさせます。

 次に、労働組合幹部経験者と女性管理職登用の現状と展望についてでありますが、職員の登用につきましては、職員1人1人の能力と意欲を最大限に発揮できるよう、適材適所の配置を念頭に置き、公正な人事を行っております。組合幹部経験者のために意図的に昇任をおくらせるというようなことはございません。一般的に管理職として有能な人材は登用していっておりますし、組合経験者の中には優秀な人材がいることは事実であり、その能力を市の発展に役立ててもらわなければならないと考えております。市職員としての自覚を持って、意欲ある仕事ができる人を登用したいと考えております。

 また、女性管理職登用の現状でありますが、3月1日現在518名の職員中、女性職員は242名、うち課長級1名、課長補佐級18名、係長級43名となっております。役職者は課長1名、幼稚園長8名、指導主事1名、保育所長5名、係長5名、幼稚園長補佐8名、保育所長補佐4名であります。今後の管理職への登用につきましては、どのような職場が適当であるかを十分に検討しながら、積極的に進めてまいりたいと考えております。

 次に、大型公共事業の現状と公平な入札についてでありますが、入札実施に伴う請負比率を示せということでありますが、請負比率を公表することにより設計金額が推察され、今後の入札に影響を与えると思われますので、公表することは差し控えさしていただきたいと思います。今のところ公表する考えはございません。なお、本市における建設工事等の入札業務は公正、公平を念頭に、指名競争入札を基本として、より厳正に発注業務を執行しているところでございます。なお、細部につきましては担当課長より答弁をいたさせます。

 次に、庁舎の改善と障害者対策についてでありますが、庁舎は、御承知のように昭和38年に建設し、35年を経過しており、雨漏り等が各所に見受けられております。特に議事堂付近、1階の税務課付近がひどい状況であります。これらを応急処置により対応いたしておりますが、改修には財源ともあわせ、大きな課題となっております。今後検討してまいりたいと考えております。

 次に、障害者対策として庁舎内の洋式トイレの設置でありますが、庁舎1階部分は狭隘であり、設置する場所の確保が難しい状況にあります。現状では庁舎横の福祉事務所にあります障害者用トイレの利用をしていただくようにしており、また庁舎内で利用のお尋ね等があった場合は、福祉事務所の障害者トイレまで誘導するよう、職員の対応でカバーをする等、その指導をしてまいります。なお、この件につきましては、時代の課題でもあり、必要性は十分認識しておりますので、庁舎全体の管理形態の中で検討してまいりたいと考えております。

 次に、市のマイクロバスの管理についてでありますが、御承知のように、市では現在2台のマイクロバスを保有いたしております。これの利用につきましては、1台は議会用として、主に議会サイドの利用をいたしており、利用状況は平成9年度45件、平成10年度は現時点で46件の利用であります。もう一台につきましては、市の一般的な業務に使用いたしており、利用状況は平成9年度41件、平成10年度は現時点で25件の利用であります。議会用につきましては、専任の運転手をもって運行いたしておりますが、一般用につきましては専任運転手の対応はいたしておりません。平成9年度までは、公的行事での貸し出しは運転手を外部委託いたしておりましたが、労働者保険事業法等により、委託運転ができなくなりました。現在は職員の運転対応ができる公的業務の利用のみに貸し出しをいたしており、市民への貸し出しは事故の責任問題等が大きな問題となりますので、車両のみの貸し出しはいたしておりません。議員御指摘のように、マイクロバスの市民への利便、また行政諸経費の節減の見地からも、有効利用はどうあるべきかについては、運転手の確保や車両の耐用年数等からも検討していく必要があると考えております。なお、公的利用で運転手の対応ができない業務につきましては、バス会社より借り上げの対応をいたしております。

 次に、市道改善と道路占用料の適正化についてでありますが、市道における四国電力株式会社の占用状況は電力柱及び支柱が936本となっております。占用料は491万6,000円であります。また、NTTの電話柱及び支柱の市道占用は1,049本であり、占用料は192万3,000円となっております。次に、市道の改善につきましては、さきの井下議員にお答え申し上げたとおりであります。

 次に、河川管理、整備、美化と水門等の改善についてでありますが、30年ほど前までは、河川は市民の暮らしや地域社会に密着し、憩いや安らぎの場所でありました。その後、産業経済の急速な発展に伴う流域の開発、治水の安全度及び利水機能の向上を図る護岸工事等により、水質の汚濁、ごみの不法投棄等により自然や景観が失われ、河川環境が悪化してきたところであります。このような中、市といたしましても公共下水道の整備、ごみの不法投棄の防止及び河川愛護思想の啓発等に取り組んでまいりました。河川管理者であります県におきましては、財田川の大小路橋付近の両岸約8,200平方メートルに花の広場、遊歩道、花壇等を設置する環境整備事業を実施いたしております。今後とも県と連携しながら、清らかな水と自然豊かな河川環境を創出するため、鋭意取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、水門等の改善についてでありますが、市が管理しております23カ所の水門のうち、二級河川の区域内に設置されております山田水門等の大規模な修繕及び改修につきましては、県が実施をしております。軽微な修繕のみを市が行っております。今後とも治水、利水に大きな役割を果たす水門の適正な管理に努めてまいります。

 次に、減反政策と米づくり農家支援策の強化についてでありますが、平成11年度の生産調整における生産農家等に対する支援につきましては、平成10年度と同様の条件で助成してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、整備予定区域外の下排水対策についてでありますが、公共下水道整備区域外の排水管等の点検や故障で、自治会や地区住民からの要望のある軽易なものにつきましては、直接職員が維持補修を行っており、必要に応じ業者対応をいたしております。また、県の小規模都市下水路事業単独県費補助制度により、毎年2カ所程度整備を進めているところであります。一方、公共下水道整備区域外の生活排水の処理につきましては、平成5年度から公共用水域保全の見地から、合併浄化槽設置整備事業を推進し、周辺環境、水資源の保全に努めているところであります。今後とも自治会等の御協力をいただきながら、下水、排水等に対処をしてまいりたいと考えております。

 次に、干拓地造成地販売価格と三豊区域内造成地の販売価格についてでありますが、山田産業団地につきましては、現段階での価格予定としては、坪当たり8万5,000円以内で対応してまいりたいと考えております。次に、三豊区域内造成地の販売価格でございますが、実施年度の違いはありますが、坪当たり、豊浜町箕浦団地が10万5,600円、財田町丸谷団地が4万4,628円、高瀬町原下団地が5万6,198円、大野原町花稲団地につきましては3段階で11万9,790円、11万7,810円、11万2,860円、山本町神田団地は5万円でございます。参考といたしまして、川之江市港湾団地が16万5,000円、三島市港湾団地が13万,5000円であります。売れ行き状況につきましては、他町のことでありますので、控えさしていただきます。なお、本市の場合、工業立地法の緑地部分を集約しているため、立地企業が土地に対する建物等の有効利用が図られますので、実質利用価格としてはかなり安くなるものと考えております。

 次に、中小企業融資制度でありますが、利用状況につきましては、平成9年度は小口融資件数20件で7,100万円、特別小口融資件数5件で1,240万円であります。平成10年度につきましては、現在申し込みを含めて利用予定見込み状況は、小口融資件数11件で3,700万円、特別小口融資件数6件で1,750万円であります。前年度と比較いたしますと、小口融資件数が減少しておりますが、これは平成10年10月から、国が中小企業を対象として設けた緊急融資制度の中小企業金融安定化特別保証制度を、多くの中小企業者の皆様が利用していることから減少しているものと考えられます。なお、市の融資制度につきましては今後とも保証協会、県、5市等の会議で協議、研究してまいりたいと考えております。

 次に、老健施設利用状況についてでありますが、さきの井下議員にお答え申し上げたとおりであります。

 次に、介護保険の準備状況と実施に至る問題点についてでありますが、要介護者等の実態と意向調査に基づき、その分析と介護保険事業計画書の作成に取り組んでおります。また、介護保険制度の導入に必要な電算事務処理システムとその機器の購入について作業を進めておりますし、介護保険準備室を市民の利便性、事務作業の効率化を考慮して、本庁舎1階に配置しようと考えているところであります。

 次に、同和行政を一般行政に移行する問題についてでありますが、同和問題は憲法によって保障された基本的人権にかかわる問題であります。国におきましては、人権擁護推進法が平成9年3月に5年間の時限立法として施行され、法務省に人権擁護推進審議会を設置し、教育、啓発については2年、人権侵害の救済については5年をめどに審議を行い、人権擁護に関する施策の推進について国の責務を明確にしようとするものであり、今後とも同審議会の審議経過及び動向を注目してまいりたいと考えております。

 また、本市におきましては、同和対策審議会の答申の趣旨に沿って、これまで各種の同和対策事業を積極的に推進し、相当の成果を見てきたものと認識をいたしております。生活環境改善など物的事業につきましては相当改善されましたが、非物的事業であります産業の振興、職業の安定、教育の充実等を今後とも推進し、地区住民の生活の安定と向上を図るとともに、心理的差別の解消に向けた啓発、人権擁護活動を充実することが、同和問題解決の重要な課題であると考えております。真に住みよい地域社会として発展していくためには、地区住民の自立意欲の高揚を妨げている諸要因の解消と人権擁護活動の推進を図ることが重要な課題であり、いずれにいたしましても国の動向を見ながら、同和問題の解決に向けて、本市の厳しい財政事情も勘案しながら、本市の実態に即した改善や見直しを行っていきたいと考えております。

 次に、不法投棄ごみの増大と行政の対応につきましては、さきの井下議員の御質問にお答え申し上げたとおりであります。

 以上で私の答弁を終わらしていただきます。なお、答弁漏れにつきましては、各参与より答弁させますので、よろしくお願いを申し上げます。



◎教育長(石原敏夫君) 議長──教育長



○議長(森川光典君) 教育長

              〔教育長 石原敏夫君 登壇〕



◎教育長(石原敏夫君) 20番大西英司議員の御質問にお答え申し上げます。

 図書の公民館貸し出しと移動図書館廃止に伴う利用状況の変化についてでありますが、平成8年度末移動図書館の廃止に伴い、地区公民館の希望冊数を調査し、平成9年度当初に3,000冊余りを配本しました。その後、個別に公民館より追加希望がありましたので、500冊ほどお渡しし、活用いただいております。

 次に、移動図書館廃止に伴う利用状況の変化についてでありますが、平成8年度の移動図書館による貸し出し冊数は1万4,900冊余りであり、図書館の貸し出し冊数11万9,600冊と合わせると13万4,500冊余りでありました。廃止の初年度に当たります平成9年度の図書館の貸し出し冊数は12万2,000冊でありました。図書館の貸し出しは2,400冊ほど増加いたしましたものの、総貸し出し冊数は平成8年度には及びませんでした。2年次に当たります本年10年度は、3月の集計がまだできておりませんけども、推定しまして、貸し出し冊数は13万3,000冊余りになり、平成8年度の冊数にほぼ回復してまいりました。なお、本年度の貸し出し冊数を利用状況から見ますと、一般書の利用増はもちろんのこと、それにも増して子供の利用の増加が目立ちました。これまで、子供たちの図書離れが進み、利用が減少し続けていましたが、本年度はそれが増加に転じ、近年ない状況となりました。今後とも市民に活用され、本との出会いによってかけがえのないものを発見することができるような図書館になるように努めてまいりたいと考えております。

 次に、不登校の現状と学校の荒廃についてでありますが、学校嫌い等によります不登校者数の現状を本年度12月末現在で申し上げます。50日以上の欠席者は小学校6名、中学校24名で、昨年度同期と比較いたしますと、小学校で1名増、中学校では4名の減となっております。また、30日以上につきましては、小学校11名、中学校31名で、昨年度との比較では、小学校3名の増、中学校では1名の減となっております。中学校につきましては、わずかばかり減少の兆しが見えますが、小学校につきましてはやや増加いたしております。この小学校での増加、つまり不登校の低年齢化については、大変憂慮いたしとるところであります。これからの対応策につきましては、対応の方法についてはこれまで随分と論議をしてまいりましたので、出尽くしているという感をいたしております。これからは、こうした方法をその子に適した形で、どのように実践をしていくかということにかかわっとると思いますので、そういった方向で取り組んでまいりたいと考えております。

 また、学校の荒廃についてでありますが、いわゆる学級崩壊につきましては、先ほど五味議員にお答えを申し上げたところであります。

 次の学校現場の現状と予算化並びに給食用食材につきましては、庶務課長の方から答弁をしていただきますので、御理解賜りたいと思います。

 以上でございます。



◎総務課長(田中豊君) 議長──総務課長



○議長(森川光典君) 総務課長



◎総務課長(田中豊君) 20番大西英司議員の御質問に市長答弁を補足してお答え申し上げます。

 まず、本市の地方債の各会計ごとの、平成10年度末現在高見込み額及び平成10年度起債額と元利償還額、そして11年度末現在高見込み額についてでございますが、まず一般会計におきましては、10年度末現在高見込み額が120億8,047万3,000円、11年度の起債額、いわゆる借入予定額でございますが、13億3,640万円、11年度の元金償還額でございますが、9億7,452万9,000円、利子の支払い額でございますが、5億1,274万4,000円、平成11年度末の見込み額でございますが、124億4,234万4,000円でございます。次に、競輪事業会計でございますが、10年度末の現在高見込み額でございますが、11億6,500万円、11年度の元金償還額が2,624万5,000円、利子の支払い額は3,407万1,000円、11年度末の見込み額が11億3,875万5,000円でございます。

 次に、航路事業会計でございますが、10年度末見込み額が2億7,182万円、11年度の償還額が2,641万6,000円、11年度の利息の支払いが1,176万1,000円、11年度末の見込み額でございますが、2億4,540万4,000円でございます。

 次に、伊吹町簡易水道事業会計でございますが、10年度末の見込み額が1億9,799万8,000円、11年度の元金償還額は811万8,000円、利子の支払い額が1,389万7,000円、11年度末見込み額が1億8,988万円でございます。

 次に、公共下水道事業会計でございますが、10年度末の見込み額が83億6,093万4,000円、11年度の起債額、借入額でございますが、5億2,790万円、11年度の元金償還額は2億9,076万円、利子の支払い額が3億8,092万4,000円、11年度末の見込み額が85億9,807万4,000円の額でございます。

 次に、山田産業団地造成事業会計でございますが、10年度末見込み額が18億3,080万円、11年度の借入予定額が8億9,730万円、11年度の利子の支払い予定額でございますが、5,568万円、11年度末の見込み額が27億2,810万円でございます。

 次に、水道事業会計でございますが、10年度末が19億3,290万円、11年度の借入予定額でございますが、5,500万円でございます。11年度の元金償還額は9,088万円、利子の支払い額が1億1,354万1,000円、11年度末の見込み額は18億9,702万円でございます。

 申し上げました各会計の合計でございますが、10年度末の現在高見込み額でございますが、258億3,992万5,000円でございます。11年度の借入予定額でございますが、一般会計、公共下水道会計、産業団地会計、水道事業会計の4会計が予定してございまして、合計が28億1,660万円でございます。11年度の元金償還額は14億1,694万8,000円、利子の支払い額が11億2,261万8,000円、平成11年度の末の現在高見込み額が272億3,957万7,000円となります。

 なお、ただいま申し上げました額につきましては、現在事業の進捗状況により繰越明許の位置づけをとる必要の会計がございます。そういうことで、一部起債残高で年度間の移動がございますことを御理解いただいたらと思います。

 次に、過去4年間の大型公共事業の現状でございますが、5,000万円以上の大型事業について申し上げますと、平成7年度では粟井小学校屋内運動場改築事業外7件、契約金額は6億4,050万4,470円、平成8年度では競輪場宿舎改築本体工事外6件でございまして、契約額につきましては11億2,335万5,370円、平成9年度では高室小学校屋内運動場改築事業外2件、契約金額は3億6,912万7,500円、平成10年度でございます、現在まで、し尿処理場建設工事は4件でございまして、契約額は債務負担行為を含んでおりますが、19億9,631万2,500円でございます。

 なお、これらにかかわるゼネコンと地元企業の割合でございますが、7年度は8件のうちゼネコンが2件、地元6件でございます。8年度では7件のうちゼネコン2件、地元5件、9年度につきましては3件のうちゼネコン2件、地元1件、平成10年度につきましては5件のうちゼネコン3件、地元2件でございます。

 以上でございます。



◎健康増進課長(白山栄次君) 議長──健康増進課長



○議長(森川光典君) 健康増進課長



◎健康増進課長(白山栄次君) 20番大西英司議員の質問に対し、市長答弁を補足してお答えを申し上げます。

 医療保険改正と市民生活への具体的影響についてでありますが、平成9年9月健康保険法等の一部改正が行われました。老人医療費の条件について、改正前と改正後を比較してお答えを申し上げます。

 まず、受診件数では、平成10年3月から8月までの6カ月が5万4,991件、改正前の前年同期と比較すると、6.8%の増となっております。また、平成10年9月から12月までの4カ月が3万7,256件、前年同期と比較すると9.5%の増となっております。1人当たりの医療費では、平成10年3月から8月までの6カ月が42万6,354円、前年同期と比較すると0.9%の増となっており、また平成10年9月から12月までの4カ月が27万7,792円、前年同期と比較すると4.8%の増となっております。1人当たりの本人一部負担では、平成10年3月から8月までの6カ月が3万2,215円、前年同期と比較すると36.2%の増となっており、また平成10年9月から12月までの4カ月が2万891円、前年同期と比較すると0.7%の増となっております。

 受診件数の増の要因は、老人医療受給者数の増等によるものと思われます。また、1人当たりの医療費及び本人一部負担増の要因は、外来入院の一部負担の改正及び外来時の薬剤一部負担導入等平成9年9月の医療保険制度改正によるものと思われます。

 以上でございます。



◎庶務課長(西川英雄君) 議長──庶務課長



○議長(森川光典君) 庶務課長



◎庶務課長(西川英雄君) 20番大西英司議員の御質問の中で、学校現場の現状と予算化についてと給食用食材についてお答えを申し上げます。

 まず、学校現場の現状と予算化についてでございますが、校舎の雨漏りにつきましては、これまで各方面からいろいろと御指摘をいただきまして、毎年その修繕に努めてきたところでございます。修繕の方法といたしましては、校舎屋上への屋根の設置、アスファルト防水あるいはシート防水等が考えられます。根本的な対策といたしましては、屋根の設置が最良と考えておりますけれども、これには、御承知のように多額の経費を必要とします。

 そこで、校舎の建築年度や老朽度、雨漏りの程度、修繕費用等を勘案しながらその工法を考え、対応してまいりました。しかし、現在のところ大きなものといたしましては、観音寺中学校、観音寺南小学校、柞田小学校の3校の修繕が残っております。この3校の修繕には5,100万円ぐらいの費用が必要かと考えられますけれども、現在のところ残念ながら補助制度がございませんので、全額を市費で対応しなければなりません。現在の本市の財政状況から考えまして、まことに厳しいものがございますけれども、児童・生徒の教育環境を整備することは、教育委員会の重要な責務でございますので、今後も関係当局の深い理解を得まして、その改善に一層の努力をしてまいりたいと考えております。

 次に、給食用食材についてでありますが、学校給食センターの食材の購入につきましては、毎年広報「かんおんじ」3月号で納入業者の募集を行い、学校給食会の理事会で登録業者を決定しております。登録有効期間はその年の7月1日から翌年の6月30日となっております。また、入札につきましては、年契約、学期契約、月契約の3つの方法で行っております。年契約を行っておるものにつきましては、その商品の価格変動がないもの、また非常に少ないもの、例えばみそ、しょうゆ等の調味料類、乾燥食材等であります。

 次に、学期契約を行っているものにつきましては、商品価格が多少変動するもの、例えば缶詰類、調味料の一部、油類等であります。月契約を行っているものは、価格の変動が大きいもの、季節のものといった食品で、食肉、魚肉、デザート類、また冷凍食品等が主なものであります。

 次に、米、小麦粉、牛乳、一部の缶詰につきましては、補助金等の関係もありまして、県の給食会から納入をしております。また、野菜、果物等につきましては、購入量が多くございますし、品数も多数でございますので、市内の八百屋さんが学校給食センター納入組合をつくりまして、観音寺青果市場の出来高を基本として納入をしてもらっております。

 いずれにいたしましても、食材の入札、契約につきましては公正を主眼に、食品の安全性、衛生性、経済性等を念頭に置きまして行っておりますので、よろしく御理解を賜りたいと存じます。



○議長(森川光典君) 以上で当局の答弁は終わりました。

 再質問はありませんか。



◆20番(大西英司君) 議長──20番



○議長(森川光典君) 20番



◆20番(大西英司君) 情報公開については、早期早期と言い出してから、もう数年たちますんで、大体6月議会ぐらいにはいけるんでないかという具体的なものがあれば、市長の方からお答えいただきたいと思います。私、早期と聞いてからも、もう数年たったような気がしております。

 次に、地方債の現状でありますが、これは非常に細かくお答えいただくと、今度は逆に理解をしにくくなるんですが、私らのレベルでもわかるように、これは総務課長さんになるんでしょうか、お教えいただきたいんですが、最近の数年間、地債ていうんですか、地方債はふえよんかどうか、ふえる傾向にあるんかどうか、その辺をちょっとお教えいただきたいなという気がするわけであります。

 3番目の点につきましては、白川市長は非常に歯切れのいい答弁をいただくという点で感激もし、感動もしているわけでありますが、ここのここに至ってちょっと歯切れが悪いかなという気がするところであります。しかし、女性の課長も生まれたことですし、白川市長のもとで生まれたことですし、さらに目に見える形の登用というんですか、そういうのを続けてもらいたいと思います。何か御意見があれば、つけ足していただくということで、別に答弁したとおりだということであれば、結構でございます。

 さて、大型公共事業については、若干お伺いしなくてはならないことがございます。というのは、私、ちょっと頭よいことないんですが、素人が計算しますと案外簡単に落札価格が出るわけなんです。だけど、それはあくまでも素人ですから、当局が厳密にきちっと計算したものと引き合わないし、誤差が出る模様でありまして、私が計算したものを当局の幹部に見せるとあざ笑われるわけであります。おまえそれ予算と直接比較しとるやないかと。そんな出し方あるかというふうに笑われますが、しかし、それにしましても、その私のいわゆる素人の計算によりますと、地元企業の落札率が大体平均しますと、八十七、八%、大体八十七、八%。大手ゼネコンの方は90%台を上回っておると、これでずうっと推移している。一方で我々は、市長さんの報酬を下げたり、議員の報酬をちょっと抑えたり、定員を切ったりというんで、10万円、100万円、1,000万円くらいの単位で非常に努力して節約して、その総額も全部合わせてもやっと1億円、2億円程度でとどまっておる。

 ところが、今社会的に言われとることは、バブル崩壊後民間では、公共事業で落札されておる価格に比べて全く同じレベルの同じ建物を建てたとして、大体6割から6割5分だと言われているんです。これは、繰り返し私はこの議場で議論をしてきました。しかし、メーカー品と、ブランド品と一般品の違いじゃがという市長さんの答弁をいただいたこともあります。あるいは、規制、規定が多くて、なかなかそんな安くできないんだという御答弁をいただいた経過もございます。しかしながら、現実に全国的に見渡してみますと、もう既にそういう価格でやっておる業者が幾つかあるわけなんです。現実に、引き札っていうんですか、皆さんが設定した価格に対して6割とか6割5分で、もう公然と落とされとるという市とか県なんかもう幾らでも出てきておる。これはやっぱり、今日の不況下で業者が生き残りをかけて努力した、スリム化した、そういう結果だろうと思う。ところが、相変わらず観音寺の落札状況を見ると、もう昔のゆったり、ゆったりではなかったでしょうけれども、そう困っていない時期の落札価格と変わっていない状況でずっと推移する。平均すると90%前後という状態が、この4年間に限っても続けられておる。というのはやはり異様な状況ではないのか。民間の人たちから言うと、かなり厳しく見られる点で。例えば、もうこれは極端な言い方ですけれども、この落札価格はわずか10%下がっただけでも、この4年間の5,000万円以上の事業を見ましても、4億2,000万円というお金が浮くわけですから、これは20%であれば8億円という莫大な金が浮いてくるということであります。

 これは決して絵そらごとではございませんで、昨年7月に東大阪市で共産党員の市長が、これ52万人の都市でありますが、誕生いたしました。わずか7月からですから、12月までの間に6件、入札が行われたようであります。これは我が党の調査でありますが、この間6件の公共事業で7億6,000万円の予定価格と差が浮いたという。今までの落札価格の平均と比較すると、7億6,000万円浮いた。

 これは我が党の議員と関係ありませんが、神奈川県の座間市、御存じのとおり、昨年ですか公取委が入りまして大問題になった。いつでも99%でずうっと落札しとったという市でありますが、ここも改善しました。どういう点を改善したかと申しますと、これは当然ですが、談合の禁止であるとか、契約制度の見直し、直接工事費の事前公表、予定価格の事前公表。私は事後公表をお願いしとんですが、これはできないと観音寺市はおっしゃる。ところが、座間市は事前に公表している。で、この結果、ここも98年の8月からわずか4カ月の間に、これは12万の都市ですから観音寺の倍以上あるとこですが、8億円経費が削減されたというんであります。

 こういうことを見ましても、いかに公平なあるいは堂々と落札価格なんかを公表して、今日のバブルがはじけてのこの不況下での公共事業の高さを制限していけば、かなり大幅な節減ができるということを、こういった事実関係が示しているわけであります。私は、公表しないことで、素人ですから、なぜ公表したらいけないかということが少しも胸に落ちない、響いてこないんですが、しかしいつも市長さん初め当局の方々は何をおっしゃられるかというと、議会と当局は両輪だと、こうおっしゃる。こうおっしゃられた一方で、公表することはできない。つまり議会にそういうことは教えられないとおっしゃる。別の町では事前に引き札そのものを発表している。つまり、もうそんなことは発表できないことが、なぜ事前に発表できるのか、事前に発表できることであれば、もう事後であったら堂々と発表したらいいではないかと私は考える。素人ですから。さらにもっと言えば、個々にやるとややこしいのであれば、じゃあ総額でどうかという提案をしても、それはできないと。これでは情報公開条例をつくっても何の役にも立たない。議員にすらそういった入り口さえ示さないんですから、返答の入り口さえ示さないという姿勢ですから、とてもじゃないけど、今準備されとる情報公開も危ないもんだなという気がするわけであります。私はこの落札率の全体の平均、大手と地元の企業との、その平均を教えてほしいという、これさえできないというのには、私は納得できません。それから、今やもう目前まで情報公開条例をつくって、「さあ」というところまで来ておるのに、いまだにできないということについては、全くの情報公開そのものをなめてかかっとんではないかという気もするわけであります。一体どういう障害があるのか。公開することによって何の障害が起こるのか。全くわからない。この辺を教えていただければと思うわけであります。

 さて、庁舎改善につきましては、市長さんの方から努力して、せめて和式トイレぐらいはというふうに御答弁がありましたけど、これは、最近の工法というのは非常に簡単になっとりまして、和式のトイレの上へ洋式のを乗せるだけでもう細工はできるんです。だから、スペースも要りませんし、もうやる気になれば本当に少ない金額でできる。で、それだけで例えば車いすの方まではちょっと無理かなという気はするんですが、松葉づえ程度の障害の方であれば、洋式にするだけで十分用足しはできるわけであります。そういう点からも、各階に欲しいですけども、当面できなければ1階だけにでも、男女幾つかの洋式を設置するということによって、随分来られる方々の、変わるんでないか。そりゃあもう大した予算もかからないと思いますんで、直ちにという、前向きに検討じゃなくて、直ちに取り組みたいという答弁にかえていただければなという気がするわけであります。

 時間がありませんので、あと電力柱その他随分準備しておりましたけれども省略いたしまして、干拓地の造成価格について触れてみたいと思います。

 近隣との価格差を見ますと、意外に安くできるんだなというのが、私の率直な印象であります。しかも、たしか市長さんの答弁によると、担当課長かな、によると、公園部分は別に1カ所に集めてつくるから8万5,000円だが、実は6万円か6万5,000円ぐらいの値打ちがあるんだという御答弁でありました。これは非常に有利な面だと私は思います。私らが考えてたよりはるかに安く仕上がるのかなという気がします。これはまさに10年前のバブル期であれば、もう文句なしに1年もたたないうちにたちまち売れてしまうというような企業団地だろうと思うわけでありますが、ただ残念ながら、近隣のはよそのことだから答えられませんと言いますが、私らも興味がありますから聞きます。どことは申しませんが、全く引き合いがない土地もあれば、我が町と同じように必死の努力を繰り返している町もある。あるいはもう全部売れてしまったというところもあるようです。それは、必ずしも値段との関係だけではないような気もするし、本市よりかなり安いところで全く1カ所も売れてないところもあるようであります。伺いますと、高速道路から5キロ以内と5キロ以外は随分違うんだということで、我が山田産業団地は5キロ以内でありますから、非常にそういう点では有利な要因を持っておりますし、地理的にも少なくとも花稲の団地からいえば1キロと離れてない。そこで3割以上安いというのは、2割ですか、安いというのは非常に有利なところじゃないかと思いますが、一方で全国的にはもっと条件のええとこで、広大な面積を持っとるとこにペンペン草が生えておるということを随分聞きます。それだけに、どうですか、まだ日にちはたっておりませんが、引き合いの企業は幾つかあるのでしょうか、伺っておきたいと思います。

 私は不法投棄ごみのところで、井下議員への答弁と全く同じだということで、これは聞き方も悪かった面もあろうかと思うんですが、不法投棄のごみと、私は、危険物ですか、不燃物の収集の方法との間に、連関といいましょうか、関連性があるんではないかということを非常に心配しているわけなんです。

 で、どういうことかと申しますと、もうこれは御存じのとおりなんですが、朝6時からこの寒空の中で、まだ、最近少し明るくなりましたが、真っ暗な時期から9時ごろまで、つまり収集車が来るまで交代の自治会員が立ってるわけであります。で、余り用事もないんですが、しかし何か拷問的に寒風の中で立たされる。しかも自治会の三役はもうその都度立ってるということですから、月2回は必ず出ていかなきゃならない。自治会役員になるのに抵抗があるのはあれだという説も流れるぐらい、不燃物の収集というのは地域には不人気であります。ある地域では、ごみ袋に名前を書けという指導をして、現に私なんかの部落はそうなんですが、私も書いとるんですが、これでは出しにくい人も多くなるんではないか。

 で、結果的にこれはもちろん市当局がこれをせえとか、するように仕向けたとかという立場からの発言ではありませんが、しかし何の手だても打ってないのに、自主的に名前を書くなんてことはあり得ないわけでありまして、何らかの管理の強化がこういった事態を生み出しているのではないか。それと、不法投棄ごみが多少なりともふえていく現象とつながらないのか、つまり部落のそこへ持っていくといろいろ言われると、で、仕分けさされたり、個人の人権ていうのは無視されると、名前まで書かされるに至ってはもう言語道断でありますが、そういう事態まで起こると、もうやみに紛れてちょっとほうっとけというような、ですから私ら走っとってびっくりするんですが、冷蔵庫とかそういうのがありますが、同時にあの透明の袋に入れたやつをほうってあるのが見かけます。高速道路の側道なんかでよく見かけるわけであります。これは、収集の規制が厳しくすると、そういうことが起こる。もうあそこへ持っていったらうるさいから、ちょっと窓からほうっとけというなんがふえるのではないか。そういう関連として、ごみ収集とこういう不法投棄の関係について伺うわけであります。

 それと、立ち当番は何とかならないのか、もう非常に不満が多い。それと、私、割と朝早く走る仕事をしとる関係で、地域によって非常に格差がありますね、全く立ち番のいない収集場所、ここはもういつ来ても立ち番、いつも立ち番なし、それからもう五、六人は必ず立ってて、具体的に指導しているところ等があるようですが、あれはなくてもいけるから、ないところがあるように感じるわけで、どのような指導がなされているのか、伺うものであります。

 最後に、学校現場の予算化で、特に言っておきたいんですが、これは未来への使者であるとか21世紀の担い手などと子供たちをぐっと持ち上げておきながら、学校へ行ったらもう雨漏りしておると。これはもうせつない話ですけれども、私、中1期は落選しておりますから全部じゃありませんが、16年前に当議会に席を置くようになって、一貫して情けないなと思うのは、地元の柞田小学校の雨漏りなんです。繰り返して議会でも取り上げてまいりました。校長先生ももう10人か、七、八人かわりましたけれども、「大西さん、ほれっ」というて必ずやられるのが雨漏りなんです。「子供たちに幾ら君たちの未来はなどと言っても、議員さんもうこの状態ではなかなか指導できないんですよ」と。で、漏るところがもう忍者のごとく、飛び飛びしますんですよ、こっちを押さえたら今度はこっち側、こっち側を押さえたらこっちが漏るという形で、どうやらやっぱり豊田小学校のように屋根をつけなくては解決はしない。恐らくこの十数年間に柞田小学校に雨漏り対策で使った金は、屋根つけるより高い金を使っとるはずです。繰り返しやったんですから。今はもう非常に野蛮なやり方で、屋根裏にといを通して、手洗いのところに引っ張っとんですが、そういう状態にまで努力はしておるけれども、抜本的な解決策にはなっていないというのが現状であります。伺いますと、5,100万円、それは確かに貴重な、莫大な金であります。しかし、さきにも私申しましたように、もう少し大手ゼネコンにも議論してやな、観音寺市の学校はこんな状態なんやと、ちっと落札価格を下げて、3%下げただけで、この5,100万円は出るはずですよ。そういう努力と知恵、英知を絞って、これはもう早急にやってもらいたい。市長の御決意を伺って、再質問を終わります。



○議長(森川光典君) 答弁を求めます。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長



◎市長(白川晴司君) 大西英司議員の再質問にお答え申し上げます。

 たくさんありますので、もし漏れた場合は御指摘を願えたらと思います。

 まず、第1点目の情報公開については、先ほどの答弁に申し上げましたように、議会の同意といいますか、議会の御了解が早急に得るならば、その議会に提出してまいりたいというふうに思ってますので、よろしくお願い申し上げます。行政の方は十分準備は整っておりますので、よろしくお願いします。

 あと、地方債につきましては担当課長から答弁をさせます。

 次に、女性の管理職登用でございますが、これからどんどん女性の優秀な方は、私は登用してまいりたいというふうにも考えております。それだけ女性もしっかりしていただいて、十分市民に対応できるような、一つの勉強をしていただければ幸いかなというふうに思っております。

 それから、大型公共事業の落札価格とか、いろいろたくさん申されましたけれども、例えば私どもも別に手をこまねいて、単に設計金額を、こういったものをつくるからひとつ設計してくれということで、そう安易に発注をしとるわけじゃございません。例えば給食センターにつきましても、我々がまずどういった建物がいいのかと、できるだけ安く仕上げる必要があるんじゃないかということで、ほうっておけば、設計者はもう大変すばらしい材料を使って、すばらしい建物を建てますけれども、しかし我々からしてみると、最低限給食が支障のないようにできる建物でいいじゃないかと、そういったことを我々がまず検討する中で、一番安くいいものを仕上げるように担当の課の者に言っております。ですから、議員御指摘のように、単に単純に、これだけのものをこれだけ下げれるやないかと言うんじゃなくって、私どもはもっともっと下げた段階で発注するようにしてますので、その点は御理解を願えたらと思うんです。

 もう一つ、例えばし尿処理場にしましても、以前に山田の地区の方でやるというふうな話がありましたけれども、そのときはたしか坪6万円か7万円という土地の相場でございました。それを我々は研究しまして、建設省と厚生省にかけ合いまして、建設省の下水の終末処理場のところで何とか使えんかということも解決したわけでございますから、そういった意味では何億円という、私は倹約をしておると思うんです。そういったこともぜひ評価をしていただいたらと私は思います。

 それから、トイレの部分でございますが、意外と洋式にするとスペースが、すぐ簡単にできそうにおっしゃいますけれども、回ってこうやらなきゃならんので、かなりスペースが要るんです。で、一つに大体二つ以上のスペースが要るみたいなんで、そういった意味で物理的に検討しなきゃならんかなということで御答弁をさしていただきました。

 それから、干拓の造成につきましては、御指摘のとおり、もう企業誘致に全力を傾注するしかございません。で、現在のところ鋭意担当の者が走っておりまして、つい先日も川之江市の方からある企業が問い合わせてまいりまして、どうも前向きに検討したいというお話も聞いておりますので、明るい材料が見えておるかなというふうな気もいたしております。ただ、一点また逆らうようでございますが、共産党の新聞に坪1万円がいい相場じゃないかというふうな記事も載っておりましたが、常識的に考えて、あの近辺で転用ができる農地です、転用ができる農地で1万円で売ってくれるとこがあれば、ぜひ探してきていただきたいなと。転用ができるという条件で、それだけの価格にはね上げが来るわけでございますから、そういった点は市民の誤解のないように、ぜひ広報でも十分気をつけていただければありがたいかなというふうに思っております。

 あとは、ごみの当番については、本当に市民の皆様に、自治会に御迷惑をおかけいたしておりますが、いずれにいたしましても、これはもう個人の啓発以外に方法はないのかなと、それなりに努力を、行政としては努力をするわけでございますが、やはり性善説、性悪説がございまして、性善説の人はごみをあえて拾って帰る、性格の悪い人はそこでポイ捨てすると、こういうことでございますので、できる限り行政としてもそういった啓発運動はやっていきたいと思いますけれども、あとは個人のやはり意識に任せるしかない部分もあるのじゃないかなというふうに思っています。しかしながら、それにつきましては今後鋭意啓発運動をしていきたいと思います。

 それから、学校現場につきまして、私の決意ということでございますが、これは教育長の決意になるわけでございまして、私の決意でも何でもないわけでございますが、御指摘のとおり、教育現場でそういった雨漏りがするということは、非常に教育に影響を与えるものというふうに思っておりますが、「家貧しくして孔子いず」の例えじゃないんですが、少し設備とかああいうのが悪くても、授業の内容、教育の内容がよければ、私は優秀な子供が生まれると思います。ですから、小さいころ、雨漏りに金だらいを据えながら、一生懸命にリンゴ箱の机で勉強をしておった、そういった方々が現にたくさんおいでるということでありますので、私は、確かに施設は直さなきゃならんですけれども、まずそっちの方の教育をするのが、私は肝心じゃないかなというふうに思っています。

 以上でございます。



◎総務課長(田中豊君) 議長──総務課長



○議長(森川光典君) 総務課長



◎総務課長(田中豊君) 20番大西議員の再質問にお答え申し上げます。

 本市の地方債は残高がふえてきておるのかどうかということでございますが、地方債の借り入れにつきましては、さきに市長が申し上げましたとおり、慎重なる対応をもって財政運営を図ってございます。各会計の事業の推進方により相違がございますが、一般会計、公共下水道会計、産業団地がふえてまいってございます。また、競輪会計、簡水関係、それと航路会計につきましては償還に入ってございますので、減少してございます。

 ちなみに一般会計につきましては、9年度末の現在高が118億2,266万3,000円、10年度末が120億8,047万3,000円、11年度末が124億4,234万4,000円の推移となってございます。また、公共下水道については、11年度が78億4,964万5,000円、10年度が83億6,093万4,000円、11年度が85億9,807万4,000円。産業団地につきましては、今年度から事業に入ってございます。そういうことで、事業の累積の現在高がふえておる現状でございます。

 以上でございます。



○議長(森川光典君) この際15分間休憩いたします。

              午後2時44分 休憩

       =============================

              午後3時4分 再開

〇出席議員 18名

  2 番  吉 田 麻 雄 君     │     15 番  森 川 光 典 君

  3 番  五 味 利 久 君     │     16 番  大 西 輝 於 君

  5 番  宮 尾 正 樹 君     │     18 番  美 藤   広 君

  6 番  三 好 儀 平 君     │     19 番  安 藤 清 高 君

  7 番  藤 田 芳 種 君     │     20 番  大 西 英 司 君

  8 番  井 下 尊 義 君     │     25 番  三 好 健太郎 君

  10 番  安 藤 正 教 君     │     26 番  石 田 益 雄 君

  11 番  安 藤 忠 明 君     │     27 番  岩 本 邦 夫 君

  13 番  伊 瀬   均 君     │     28 番  白 川   精 君

       ─────────────────────────────

〇欠席議員 3名(欠員1名)

  9 番  石 塚 祐 子 君     │     21 番  松 尾   勇 君

  17 番  近 藤 幸 吉 君     │

       ─────────────────────────────

〇説明のため出席した者の職氏名

  市長      白 川 晴 司 君  │  建設課長    田 中 久 司 君

  助役      大 倉 利 夫 君  │  都市開発課長  白 川 智 洋 君

  収入役     藤 川 卓 二 君  │  農林水産課長  曽 川 正 利 君

                     │  商工観光課長  岡 田 唯 男 君

  企画課長    津 田 勝 啓 君  │  競輪事業局長  梅 林 親 範 君

  秘書課長    小 西 正 訓 君  │

  総務課長    田 中   豊 君  │  会計課長    行 天   優 君

  税務課長    高 橋 宏 俊 君  │

  伊吹支所長   三 好 喜 一 君  │  水道局長    美 藤 幸 造 君

  市民課長    白 川 公 子 君  │

  環境衛生課長  請 川   剛 君  │        教 育 委 員 会

  下水道課長   森 野   仁 君  │  教育長     石 原 敏 夫 君

  健康増進課長  白 山 栄 次 君  │  庶務課長    西 川 英 雄 君

  福祉事務所長  三 好 隆 雄 君  │

  同和対策課長  冨 原 一 郎 君  │  選挙管理委員会事務局長

                     │          熊 谷 和 弘 君

                     │

  監査委員事務局長大久保   浩 君  │  農業委員会事務局長

                     │          横 山 勝 一 君

       ─────────────────────────────

〇事務局出席職員氏名

  事務局長    黒 川 健太郎    │    議事係長    岡 田 和 則

  次長      藤 田 賢 一    │    書記      亀 澤 房 代

       ─────────────────────────────



○議長(森川光典君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 再々質問はありませんか。



◆20番(大西英司君) 議長──20番



○議長(森川光典君) 20番



◆20番(大西英司君) 奇声をそしらいまして、ちょっと立ちにくんですが、もう少しだけ触れておきます。ただ、誤解を解くために、一点はあれではございませんが、市長さんとこへもお届けしましたように、決して私はあそこが1万円なのに2万9,000円で買ったなどという立場の新聞記事を出したのではない、これはあくまでも投書でありますし、ちまたで言われておりますように、かなりいい田んぼでも今300万円前後だというのは、これは通説であります。だから、それが直接企業団地になるからと、そういうレベルの投書じゃございませんので、正確にしておくために、市長さんにもお届けしたとおりであります。決してあれが、2万9,000円のとこが1万円だということを書いたわけではございません。誤解のないようにしてもらいたいと考えるわけであります。

 さて、もちろん今も休憩時間に多少やりとりがございましたけれども、そりゃあ時代的に言いますと、学習机もない、暖房施設もない、冷房施設も、もちろんない部屋で勉強された子供たちがそれぞれ立派になられたという経過がございますけれども、今日のように物余りって言うんでしょうか、大変な豊かな社会になって、ほとんど御家庭で雨漏りするっていうような家はほとんどないと私は考えるわけであります。そうした状況の中で、それも2年とか3年待つと、大人の社会があるいは政治の世界が救助に来てくれて、雨漏りがとまったというのであればまだしも、十数年にわたって雨漏りが続くというところに、私は重大な子供に対する、どういうんですか、手抜きと申しますか、そういうものとして、優先順位をつけるのであれば、校舎を建てかえるなんてとんでもないことですし、本庁にしましてもそうですが、そういう状況でないけれども、少なくとも本庁のことは答弁で結構ですというんで再質問しませんでした。しかし、学校の雨漏りの方は、何としても火急にやってもらいたい。それが、今政治の側から言う、あるいは教育委員会としての当面の最大の課題だと、私そういうふうに考えたから、市長の直接決意を伺ったわけであります。これはもう教育長にもぜひ御決意のほどを伺っておきたいと思うわけであります。

 最後になりますが、庁舎管理について、今も言いましたように、雨漏りについては大人の世界ですから我慢もできますし、多少4階滑ってけがされた方もおるようですが、我々かなり高齢ですけれども、気をつけて歩けば今すぐどうこうという状態でないので、これは触れようとしませんけども、しかし庁舎を訪れる方というのは随分多様な方が来られる。そうした中で、今市長さんに伺いますと、これは調べた上でお答えになられとんだろうと思うんで、私素人が「いやいやできるはずだ」と言っても、それは単なる押し問答ですけども、和式を洋式にかえるというのは、私はそれほど二つを一つにする必要もないでしょうし、例えば一昨日ですか、私、市民会館の洋式便所を使わしてもらいましたけれども、全く和式便所とスペースは同じであります。で、市民会館のトイレには洋式がございます。そういうことから見ましても、私は二個一というんですか、二つの便所を、一つをつぶって洋式を一つということではない、やり方は、工法はあるというふうに考えております。これは後で市長さんが直接市民会館なり、それから公民館にもたしか一つ洋式がございましたんで、長さ、スペースを測ってありますから、同じ大きさでできとるようであります。したがって、この本庁の各階にある和式便所も恐らく同じスペースで、私は洋式にかえることができるんではないか。もしできるようであれば、検討するだの先送りするだの言わずに努力してもらいたいと特に願うわけであります。

 以上であります。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長



◎市長(白川晴司君) 大西議員の再々質問にお答えします。

 まず、学校施設についてでありますが、先ほどは本当に冗談話といいますか、そういったことの意味合いを込めて御答弁申し上げまして大変失礼をいたしましたが、学校の大規模修繕につきまして、文部省の補助は非常に少ないですね。自治省の方で地方債を利用して改修、修繕の制度を利用すれば、かなり大がかりな修繕が可能なんではないかと、前々からそういった老朽化した校舎については、検討したらどうかというような話も持ち上がっております。ただ、先ほども御質問がございましたように、起債がどうなるのかと、将来借金が膨れ上がってもだめなんだということで、それでも中・長期的な財政計画に立った上で学校の老朽化については対応していきたいなというふうに思っておりますので、御理解願えたらと思います。

 それから、庁舎管理のトイレにつきまして、議員の質問は身障者のためのトイレというふうに、そういうようにとっておったんで、健常者であればそのスペースで、確かに私の家も2階の方は洋式にかえて、同じスペースで洋式にかえております。身障者となると、やはり車いすで来る場合に、入って回ってすぐ洋式にすると、こうなれば先ほどの答弁のように二つ分のスペースが要るということでございますので、その点は御理解願いたいと思います。

 以上であります。



◎教育長(石原敏夫君) 議長──教育長



○議長(森川光典君) 教育長



◎教育長(石原敏夫君) 大西議員の再々質問にお答え申し上げます。

 教育長の決意を述べよと、こういうふうなことでございますけども、第1点は4年前に技術職員を教育委員会の方へ配置をしていただきまして、この技術職員の方で、常時と言っても大げさになりますけども、学校へ出向いて学校の要望を聞きながら、この雨漏り対策にも取り組んでおります。したがって、従前に比べて随分と雨漏りが改善されてきていることは、事実でございます。しかし、根本的にはこの問題についての解決も至っておりませんので、先ほど庶務課長が答弁申しましたように、屋根をつけるような方法しか残っていないのじゃないかと、このようにも考えております。

 その次には、教育委員会だから言いたいことを言うて、私よく言われるわけですけども、「教育長が言わんとだれが言うんぞ」と、教育長は言うたらええんじゃがと、「するかせんかは向こうが決めてくれるんだから、言うたらええんじゃが」と、こういうふうに私を激励してくれる方もおりますけども、私はしかしそれは余りにも無責任な態度であると、このように自分自身は考えておるわけです。やはり、物を言うときにはある程度は全体的なことも考えながら要望すべきじゃないかと、このように考えております。

 次には、教育委員会の事業をここ数年見ていただきましたらよくわかると思いますけども、一つは国体に始まった大型イベントが教育委員会の所管で連続してまいりました。本年度の高校総体をもってその事業は一応終結いたしました。また、工事といたしましても、体育館の工事とか給食センターの工事とか、それなりの大型工事が教育委員会に課せられた課題になっております。そういう中で、その一つとしてこの大規模改修ということもあるわけでございまして、そういう中で考えてまいりまして、屋根をつけるのは随分と以前に伊吹小学校に屋根をつけましたし、一昨年ですか、昨年ですか、豊田小学校に屋根をつけたと、こういうふうに財政当局の方でも、教育委員会のもろもろの行事の中でその施策を考えていただいておるものと、私はこのように理解をいたしております。いずれにいたしましても、かつては学校がその地域の文化のセンターでありましたけども、現状においては、御指摘いただくように、学校が一番文化的に低いところに置かれているのが現状であります。したがって、このことにつきましては、教育委員会として、学校はやはり文化的に地区の皆さん方から信頼される、そういう仕事ができるような形にかえていくように今後とも頑張っていきたいと思いますので、御理解を賜りたいと思います。ありがとうございます。

              〔20番大西英司君「議長、ちょっと。ちょっと」と呼ぶ〕



○議長(森川光典君) 暫時休憩します。

              午後3時12分 休憩

       =============================

              午後3時13分 再開



○議長(森川光典君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 関連質問ありませんか。



◆19番(安藤清高君) 議長──19番



○議長(森川光典君) 19番



◆19番(安藤清高君) 申しわけないんですけど、3点ほど関連させていただきます。

 まず、1点目ですけども、市長さんも施政方針の中でも述べられておりますけども、財政の歳入のところで11年度から新設されとります地方特例交付金の問題でありますけれども、この内容についてと金額、またこれは次年度でも続く交付金なのかどうなのか、まずお伺いします。

 2点目ですが、融資問題についてです。市長さんの答弁によりますと、前年度と比較しますと小口融資が減少しとりますと、この原因といたしましては、緊急融資制度の中小企業金融安定化特別保証制度に、たくさんの申し込みがあったというふうに御答弁がありましたけれども、この内容について、具体的に何件で、金額がどの程度あったかということです。

 3点目ですけれども、これについても健康づくりの問題で市長さんは述べられておりますけども、一日人間ドックの問題でありますけれども、非常にこれは市民の中に好評であります。実は私も昨年受診したわけですが、申し込みの夕方に行きますと、はやもう一人か二人か残っていなかったです。それで、受診の申し込みをして、検査を受けたのがその年の暮れということですので、非常に時間もかかったわけですけれども、この一日ドックについての過去3年間、どの程度の申込件数があったのか、その点についてお伺いしたいと思います。この一日ドックについては、40歳以上の方が受ける資格があるわけですけども、非常に好評でありますので、またちょっと今の質問の答弁を聞いて、この点についてはまた再質問をさしてもらいますけども、答弁をよろしくお願いします。

 以上です。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長



◎市長(白川晴司君) 安藤清高議員の関連質問にお答え申し上げます。

 まず、地方特例交付金についてでありますが、平成11年度の税制改正によりまして、恒久的な減税に伴う地方税の減収額を一部補てんするために、地方税の代替的性格を有する財源として、都道府県及び市町村へ交付されるものであります。国全体で約6,400億円が予算化されております。なお、この交付金につきましては、普通交付税の算定に際しまして税と同じ扱いとなりまして、基準財政収入額として交付税の75%が算入されます。平成11年度の当初予算計上につきましては、未確定部分もありますので、1億5,000万円の計上をいたしております。

 なお、交付期間につきましては、恒久的な減税に伴い生ずることとなる地方税の減収に対するための措置であり、将来の税制の抜本的な見直し等にあわせて見直すというふうに規定をされております。

 それから、中小企業金融安定化特別保証制度の利用状況につきましては、市が受け付け窓口となって取り扱っております。認定書の交付事務の受け付け状況は、2月末現在で申請件数が、認定書交付件数ともに192件となっております。なお、2月末現在、香川県信用保証協会の観音寺市内に係る保証承諾状況は、件数で192件、金額で17億5,190万円となっております。

 次に、一日人間ドックについてでありますが、本市の国民健康保険では被保険者の健康状態をチェックをして、病気の早期発見、早期治療を行い、健康な生活を送っていただくために1日人間ドックを実施いたしております。対象者は本市国民健康保険に1年以上加入し、保険税を完納している満40歳以上、70歳未満の被保険者約7,300名でございます。過去3年間の募集定員は、平成8年度130名、平成9年度140名、平成10年度140名でありました。平成11年度は140名を予定いたしております。募集定員は対象者の約2%になっております。

 以上でございます。



○議長(森川光典君) 答弁終わりました。

 再質問ありませんか。



◆19番(安藤清高君) 議長──19番



○議長(森川光典君) 19番



◆19番(安藤清高君) 再質問ですが、今の一日人間ドックの問題ですけれども、今言ったように、8年度で130、9年、10年が140で約2%でありますけど、非常にこれは各利用者、国保に入っとる方は非常に利用する、人気が高いといいますか、非常に期待しとりますので、140人と言わんともう少し募集定員をふやしてほしいなというように思うわけですが、これは募集が5月6日から受け付けが始まりますけれども、その状況を見てみて、できれば、財政関係、三豊病院等の受け入れ体制もあると思いますけれども、できる限り一人でも多くの方が受診できるように御配慮をお願いしたらということで、質問終わります。その点だけよろしくお願いします。



◎市長(白川晴司君) 議長──市長



○議長(森川光典君) 市長



◎市長(白川晴司君) 再質問にお答え申し上げます。

 ただいま安藤議員御指摘のとおりでございまして、三豊総合病院の組合健康管理センターの受け入れ体制の関係がございまして、大体1日に4名、3名ですか、1日3名ぐらいしかできないんですよね、物理的に。ですから、確かにたくさん行っていただいたらいいんですけれども、余りたくさん応募者、市の予算で補助をしてもいいんですけれども、余り行っても物理的に三豊病院自体が受け入れられないという点もございますので、そういったところで総合的に判断あるいは調整をしてまいりたいというふうに思っております。今後とも御要望の趣旨につきましては、検討してまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いします。



○議長(森川光典君) 再々質問ございませんか。──御発言がありませんので、これにて20番大西英司君の質問並びに関連質問を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(森川光典君) 御異議なしと認めます。よって、本日はこれにて延会することに決しました。

 継続市議会は明16日午前10時より会議を開きます。

 本日はこれにて延会いたします。

              午後3時21分 延会