議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 善通寺市

平成23年 9月定例会 付議事件及び報告 報告第1号




報告第1号

平成22年度善通寺市健全化判断比率について

平成22年度善通寺市健全化判断比率について,地方公共団体の財政の健全化に関する
法律(平成19年法律第94号)第3条第1項の規定に基づき,別紙の監査委員の意見を
付けて,下記のとおり報告する。



平成22年度善通寺市健全化判断比率
(単位:%)
実 質 赤 字 比 率

連結実質赤字比率

実質公債費比率





14.6

(13.74)

(18.74)

(25.0)

将 来 負 担 比 率
39.6
(350.0)

備考


実質赤字額又は連結実質赤字額がない場合は,「-」と記載した。



括弧内の数値は,善通寺市における早期健全化基準の数値を示す。

平成23年9月7日提出
善通寺市長









善 監 委 第 2 6 号
平成23年8月29日

善通寺市長











善通寺市監査委員









善通寺市監査委員









平成22年度決算に基づく健全化判断比率に係る審査意見について

地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)第3条第1項に
基づき,平成23年8月15日付け23善市第1630号で審査に付された表題の件につ
いて,別紙のとおり意見を提出する。

平成22年度善通寺市健全化判断比率審査意見書



審査の概要
この審査は,市長から提出された健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載

した書類が適正に作成されているかどうかを主眼として実施した。



審査の結果


総合意見
下記の健全化判断比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類は,いずれも
適正に作成されているものと認められる。


(単位:%)
健全化判断比率

平成22年度

早期健全化基準



実 質 赤 字 比 率



13.74



連結実質赤字比率



18.74



実質公債費比率

14.6

25.0



将 来 負 担 比 率

39.6

350.0



個別意見


実質赤字比率は,標準財政規模に対する一般会計の赤字の実質収支の比率である。
平成22年度は6億7,000万円余の黒字であり,実質赤字額が生じていない。



連結実質赤字比率は,全会計(一般会計及び特別会計)の実質収支と資金剰余額
の合計が赤字の場合の標準財政規模に対する比率である。
平成22年度は15億2,700万円余の黒字であり,連結実質赤字額が生じて
いない。



実質公債費比率は,一般会計等(一部事務組合を含む。)が負担する元利償還金
及び準元利償還金の標準財政規模に対する比率の最近3ヵ年の平均値である。
平成22年度は14.6%で,早期健全化基準の25.0%を下回るとともに,
前年度より1.3ポイント下降し,改善されている。



将来負担比率は,一般会計等(一部事務組合,地方公社等を含む。)が将来負担
すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率である。
平成22年度は39.6%で,早期健全化基準の350.0%を下回るとともに,
前年度より8.5ポイント下降し,改善されている。



是正改善を要する事項
特に指摘すべき事項はない。