議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 坂出市

平成25年 6月定例会 06月13日−01号




平成25年 6月定例会 − 06月13日−01号







平成25年 6月定例会



坂出市告示第126号

 坂出市議会6月定例会を平成25年6月13日(木)午前10時、議事堂に招集する。

  平成25年6月6日

                      坂出市長  綾        宏

       ────────────────────────────

          平成25年6月13日(木曜日)午前10時18分開会

〇出席議員 22名

  1番   斉  藤  義  明       2番   出  田  泰  三

  3番   若  谷  修  治       4番   茨     智  仁

  5番   脇     芳  美       6番   村  井  孝  彦

  7番   野  角  満  昭       8番   楠  井  常  夫

  9番   末  包  保  広       10番   別  府  健  二

  11番   植  條  敬  介       12番   前  川  昌  也

  13番   大  藤  匡  文       14番   大  前  寛  乗

  15番   松  田     実       16番   若  杉  輝  久

  17番   松  成  国  宏       18番   吉  田  耕  一

  19番   中  河  哲  郎       20番   木  下     清

  21番   山  条  忠  文       22番   東  山  光  徳

       ────────────────────────────

〇欠席議員 なし

       ────────────────────────────

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者

  市長      綾     宏       副市長     加 藤 悟 史

(総 務 部)

  総務部長    樋 本 保 男       秘書広報課長  杉之原 智 也

  政策課長    好 井 和 彰       総務課長    前 谷 博 司

(市民生活部)

  市民生活部長  平 田 敏 夫

(健康福祉部)

  健康福祉部長  寺 坂 政 喜

(建設経済部)

  建設経済部長  阿 野 要 一

(市立病院)

  事務局長    宮 竹 光 浩

(出 納 局)

  出納局長    荒 木 修 二

(消   防)

  消防長     中 川 靖 夫

(水 道 局)

  水道局長    野 方 宏 志

(教育委員会)

  教育長     三 好 康 弘       教育部長    小 林 一 夫

       ────────────────────────────

〇出席した議会事務局職員

  事務局長    藤 村 正 人       次長      角 野 伸 治

  議事係長    宮 川 滋 義       書記      吉 川 明 人

       ────────────────────────────

              議 事 日 程   第1号

第1         会議録署名議員指名について

第2         会期決定について

第3         諸般の報告

   議発報告第1号 出納検査の結果報告書受理について

   議発報告第2号 坂出市土地開発公社経営状況報告書受理について

   議発報告第3号 公益財団法人坂出市学校給食会経営状況報告書受理について

   議発報告第4号 専決処分事項の報告書受理について

           議員派遣報告について

           議会運営委員の辞任及び選任について

第4 報 告 第 1 号 平成24年度坂出市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

第5 報 告 第 2 号 平成24年度坂出港港湾整備事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

第6 報 告 第 3 号 平成24年度坂出市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について

第7 報 告 第 4 号 平成24年度坂出市一般会計予算事故繰越し繰越計算書の報告について

第8 議 案 第 6 号 坂出市子ども・子育て会議条例制定について

第9 議 案 第 7 号 坂出市工場立地法第4条の2第2項の規定に基づく準則を定める条例制定について

第10 議 案 第 8 号 平成25年度坂出市一般会計補正予算(案)(第2号)

       ────────────────────────────

             本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

             日程第1から日程第10議案第8号まで

       ────────────────────────────



○議長(大前寛乗君) これより坂出市議会平成25年6月定例会を開会し、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。御了承願います。

       ────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員指名について



○議長(大前寛乗君) まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 3番若谷修治君及び10番別府健二君を指名いたします。よろしくお願いいたします。

       ────────────────────────────



△日程第2 会期決定について



○議長(大前寛乗君) 次、日程第2を議題に供し、会期についてお諮りいたします。

 会期は、本日から6月28日までの16日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大前寛乗君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月28日までの16日間と決定いたしました。

       ────────────────────────────



○議長(大前寛乗君) 次、市長より再選就任後の初議会に当たり所信表明の申し出があります。

 この際、発言を許します。



◎市長(綾宏君) 議長─市長



○議長(大前寛乗君) 市長 綾  宏君

              〔市長(綾宏君)登壇〕



◎市長(綾宏君) 平成25年6月定例会の開会に際しまして、私の2期目の市長就任後の初議会でございますので、今後4年間の市政に対する所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げるものであります。

 私は、このたびの市長選挙におきまして、無投票での再選を果たすことができました。このことは「人口増やして、元気な町に」を実現するための基礎固めに邁進した、さきの4年間に対する市民の皆様からの信任であると短絡的に楽観することなく、次の4年間の負託を真摯に受けとめるとともに、引き続き坂出市政のかじ取りという重責を担うことに、改めて身の引き締まる思いであります。

 私の政治信条は、「市民本位」「市民参加」「市民対話」による市政運営であり、「坂出に生まれてよかった」「坂出に住んでいてよかった」と感じられるまちづくりを目指してまいりました。今後はさらに、「坂出に住みたい」と思っていただけるような付加価値の高い町を市民とともにつくり上げていく「市民との共働」を進めてまいりたいと考えております。

 そこで、新たなキーワードに「さらなる市民参加」を掲げてまいります。これまでにも、市長対話事業としての出前ミーティングや市長サロン、また目安箱の設置等により、多くの方々からさまざまな貴重な御意見をいただき施策に反映させてまいりました。

 「さらなる市民参加」のための具体的施策として、「出前市役所」の制度を創設いたします。これまで各地域においては、自治会などを中心にそれぞれの地域が抱える課題の克服やにぎわいの創出に取り組んでおられますが、その体制や実情はさまざまであります。そこで、各地域が抱える課題や要望などをきめ細かく施策に反映させるため、各地域の担当者として部課長等の幹部職員を任命し、地域からの要請に応じて地域に出向かせ、意見交換を初め課題解決のための情報提供や助言等を行うことにより、地域が主体となったまちづくりを側面から支援するものであります。

 また、市民の皆様が積極的にまちづくりに参加していただける機運を醸成するため、人々が人間らしく幸せに生きるための人権尊重社会の実現はもとより、ふるさとを愛する心を育む「愛郷育」(あい・きょういく)、人を思いやる心を育む「愛敬育」(あいきょう・いく)を新たなまちづくりの視点として取り入れてまいります。

 私が市長に就任してから、「人口増やして、元気な町に」を実現するため、にぎわいの創出は一貫して取り組んできたテーマであります。まず、企業誘致につきましては、条例の全部改正など積極的かつ柔軟に対応し、企業の活性化及び雇用の確保に一定の成果が得られたと自負しているところであります。また、「古のロマンのまちさかいで」をテーマに掲げ、その礎を築いた先人に目を向け、歴史的・文化的財産を生かしたまちづくり、さらには「さかいでブランド」など、これまでにまいた種を着実に育て、花を咲かせてまいりたいと存じます。

 安全で安心なまちづくりにおいては、まず「市民が安心して暮らせ、心の支えとなる病院に」を基本理念とする坂出市立病院の新病院開院を来年の秋に迎えます。地域医療の中核を担う医療体制の充実に向けては、医師確保等にさらに努めてまいります。また、防災対策は全国共通の最大かつ喫緊の行政課題であります。

 去る5月28日に中央防災会議のワーキンググループが公表した「南海トラフ巨大地震対策について」の最終報告では、「確度の高い地震予測は困難」としながらも、巨大地震に立ち向かう社会全体の体制を一刻も早く整えることの必要性を訴えていますが、対策の工程表や具体的な方法までは言及されておらず、地方自治体からは戸惑いの声も出される状況であります。

 本市におきましては、市立の保育所、幼稚園及び学校施設の耐震化率100%をいち早く達成いたしましたが、さらに指定避難所となる体育館の天井や照明器具等の非構造部材の耐震補強等を進めるとともに、災害対策本部としての役割を担う市役所の新庁舎建設を初め、各種公共施設の耐震化対策を早急になし遂げなければなりません。

 一方、本年度に耐震岸壁の完成を目指している「重点港湾」坂出港は、大規模災害時には、緊急物資や支援要員輸送など復旧の拠点として重要な役割を果たす防災機能強化港としても位置づけられています。坂出港が四国の防災拠点としての役割を果たすためにも、また臨海部への企業誘致促進の面からも、坂出北インターチェンジのフルインター化は欠くことのできない最重要課題であります。

 私は、本年5月、四国港湾協議会会長に就任させていただきましたので、四国全体の中での役割を考えつつ、防災機能強化港の有効活用の面からも、国を初めとする関係機関へ積極的に働きかけるとともに、地域協議会の設立などにより、国、県等関係各方面からの御支援、御協力もいただき、実現に結びつけてまいりたいと考えております。

 「坂出に住みたい」と思えるまちづくりに向けては、既存の道路や各種施設の再整備、施設移転後の跡地の有効活用などを総合的に描くグランドデザインの検討も進め、長期的なまちづくりの方向性を市民の皆様と共有することにより、坂出市のさらなる発展を目指して、ともに躍進する所存でございます。

 何とぞ、議員各位並びに市民の皆様の一層の御理解と御協力を重ねてお願い申し上げる次第であります。



○議長(大前寛乗君) 以上をもって市長の所信表明は終わりました。

 この場で暫時休憩いたします。

              午前10時28分 休憩

               ───────

              午前10時29分 再開



○議長(大前寛乗君) 休憩前に復し、会議を開きます。

       ────────────────────────────



△日程第3 諸般の報告



○議長(大前寛乗君) 次、日程第3、諸般の報告をいたします。

 まず、議発報告第1号出納検査の結果報告書を受理いたしましたので、お手元に配付をもって報告にかえます。御了承願います。

 次、議発報告第2号坂出市土地開発公社経営状況報告書を受理いたしましたので、お手元に配付をもって報告にかえます。御了承願います。

 次、議発報告第3号公益財団法人坂出市学校給食会経営状況報告書を受理いたしましたので、お手元に配付をもって報告にかえます。御了承願います。

 次、議発報告第4号専決処分事項の報告書を受理いたしましたので、お手元に配付をもって報告にかえます。御了承願います。

 次、会議規則第168条ただし書きの規定により、閉会中に決定いたしました議員派遣について、お手元に配付いたしてあります報告書をもって報告にかえます。御了承願います。

 次、会議規則第168条の規定により、実施いたしました議員派遣について、報告書が提出されておりますので、お手元に配付をもって報告にかえます。御了承願います。

 次、議会運営委員の辞任及び選任について報告いたします。去る5月29日、議会運営委員植條敬介君から委員を辞任したい旨の願い出がありましたので、委員会条例第15条の規定により、議長においてこれを許可いたしましたので報告いたします。

 また、委員会条例第9条第1項の規定により、議長において、去る5月29日、末包保広君を議会運営委員に指名いたしましたので、あわせて報告いたします。

   以上で諸般の報告を終わります。

       ────────────────────────────



△日程第4 報告第1号から日程第10議案第8号まで



○議長(大前寛乗君) 次、日程第4から第10まで一括議題に供し、提案理由の説明を求めます。



◎市長(綾宏君) 議長─市長



○議長(大前寛乗君) 市長 綾  宏君

              〔市長(綾宏君)登壇〕



◎市長(綾宏君) 本6月定例会に提出いたします議案について御説明申し上げます。

 報告第1号から第4号までは、いずれも繰越計算書の報告であります。

 平成25年3月定例会において可決されております平成24年度坂出市一般会計予算、平成24年度坂出港港湾整備事業特別会計予算及び平成24年度坂出市下水道事業特別会計予算の繰越明許費について、並びに平成24年度坂出市一般会計予算の事故繰越について、このたび翌年度繰越額等がそれぞれ確定し、繰越計算書を調製いたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項及び第150条第3項の規定により、報告いたすものであります。

 議案第6号は、坂出市子ども・子育て会議条例制定についてであります。

 子ども・子育て支援法第77条第1項の規定に基づき、坂出市子ども・子育て会議を設置いたしたく、本案を提出いたすものであります。

 議案第7号は、坂出市工場立地法第4条の2第2項の規定に基づく準則を定める条例制定についてであります。

 工場立地法第4条の2第2項の規定に基づき、企業誘致及び既存企業の工場増設等による本市産業の活性化を図るため、本市の実情に応じた緑地面積率等を適用する準則を定めたく、本案を提出いたすものであります。

 議案第8号は、平成25年度坂出市一般会計補正予算案第2号でありまして、予算の総額に4億1,563万3,000円を追加し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ228億5,657万8,000円といたすものであります。

 その内容について申し上げますと、緊急を要するもの及び補助内定のあったものなどについて補正を行うものであります。

 また、債務負担行為及び地方債につきましても補正を行うものであります。

 以下その概略を申し上げますと、総務費・民生費1,369万7,000円、衛生費・商工費5,789万9,000円、土木費・消防費1,603万円、教育費3億3,012万5,000円を増額し、議会費211万8,000円を減額いたすものであります。

 これに伴う財源としましては、国庫支出金・県支出金1億1,742万8,000円、繰入金・諸収入8,770万5,000円、市債2億1,050万円を増額いたすものであります。

 以上、提案理由の説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(大前寛乗君) 以上をもって提案理由の説明は終わりました。

 以上をもって本日の日程は終了いたしました。

 この際、御通知申し上げます。

 6月18日の本会議は午前10時に会議を開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。

              午前10時35分 散会