議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 坂出市

平成24年11月臨時会 11月21日−01号




平成24年11月臨時会 − 11月21日−01号







平成24年11月臨時会



坂出市告示第244号

 次の事件を付議するため、坂出市議会臨時会を平成24年11月21日(水)午前10時、議事堂に招集する。

  平成24年11月14日

                      坂出市長  綾        宏

                    記

1.平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算(案)(第2号)

       ────────────────────────────

坂出市告示第251号

 坂出市議会平成24年11月臨時会に次のとおり付議事件を追加する。

  平成24年11月17日

                      坂出市長  綾        宏

                    記

1.平成24年度坂出市一般会計補正予算(案)(第3号)

       ────────────────────────────

          平成24年11月21日(水曜日)午前10時開会

〇出席議員 21名

  1番   斉  藤  義  明       2番   出  田  泰  三

  3番   若  谷  修  治       4番   茨     智  仁

  5番   脇     芳  美       6番   村  井  孝  彦

  7番   野  角  満  昭       8番   楠  井  常  夫

  9番   末  包  保  広       10番   別  府  健  二

  11番   植  條  敬  介       12番   前  川  昌  也

  13番   大  藤  匡  文       14番   大  前  寛  乗

  15番   松  田     実       16番   若  杉  輝  久

  17番   松  成  国  宏       18番   吉  田  耕  一

  20番   木  下     清       21番   山  条  忠  文

  22番   東  山  光  徳

       ────────────────────────────

〇欠席議員 1名

  19番   中  河  哲  郎

       ────────────────────────────

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者

  市長      綾     宏       副市長     加 藤 悟 史

(総 務 部)

  総務部長    樋 本 保 男       秘書広報課長  杉之原 智 也

  政策課長    好 井 和 彰       総務課長    前 谷 博 司

(市民生活部)

  市民生活部長  平 田 敏 夫

(健康福祉部)

  健康福祉部長  寺 坂 政 喜

(建設経済部)

  建設経済部長  阿 野 要 一

(市立病院)

  事務局長    宮 竹 光 浩       庶務課長    木 村 泰 規

(出 納 局)

  出納局長    荒 木 修 二

(消   防)

  消防長     中 川 靖 夫

(水 道 局)

  水道局長    野 方 宏 志

(教育委員会)

  教育長     三 好 康 弘       教育部長    小 林 一 夫

(選挙管理委員会)

  事務局長    下 津 幸 信

       ────────────────────────────

〇出席した議会事務局職員

  事務局長    藤 村 正 人       次長      角 野 伸 治

  議事係長    宮 川 滋 義       書記      吉 川 明 人

       ────────────────────────────

              議 事 日 程   第1号

第1       会議録署名議員指名について

第2       会期決定について

第3 議案第27号 平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算(案)(第2号)

第4 議案第28号 平成24年度坂出市一般会計補正予算(案)(第3号)

       ────────────────────────────

             本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

             日程第1から日程第4議案第28号まで

       ────────────────────────────



○議長(吉田耕一君) これより坂出市議会平成24年11月臨時会を開会し、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。御了承願います。

       ────────────────────────────



△日程第1 会議録署名議員指名について



○議長(吉田耕一君) まず、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 5番脇芳美君及び13番大藤匡文君を指名いたします。よろしくお願いいたします。

       ────────────────────────────



△日程第2 会期決定について



○議長(吉田耕一君) 次、日程第2を議題に供し、会期についてお諮りいたします。

 会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

       ────────────────────────────



△日程第3 議案第27号 平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算(案)(第2号)



○議長(吉田耕一君) 次、日程第3を議題に供し、提案理由の説明を求めます。



◎市長(綾宏君) 議長─市長



○議長(吉田耕一君) 市長 綾  宏君

              〔市長(綾宏君)登壇〕



◎市長(綾宏君) 本11月臨時会に提出いたします議案について御説明申し上げます。

 議案第27号は、平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算案第2号であります。

 市立病院新築工事の設計変更に伴う補正でありまして、資本的支出の建設改良費において、建物改良費を5億8,589万円減額し、補正後の資本的支出総額を4億4,002万9,000円といたすものであります。

 これに伴う財源としましては、資本的収入において、企業債を4億6,530万円、補助金を1億2,051万1,000円それぞれ減額し、補正後の資本的収入総額を3億7,582万9,000円といたすものであります。

 あわせて、工事期間を平成24年度から平成25年度までの2カ年から平成26年度までの3カ年に延長し、工事費総額を5億7,000万円増額し、49億4,801万円といたすため、債務負担行為につきましても所要の補正をいたすものであります。

 以上、提案理由の説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(吉田耕一君) 以上をもって提案理由の説明は終わりました。

 これより議案の審議を願います。

 日程第3について質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 以上をもって質疑を終結し、これより委員会付託を行います。

 日程第3は、教育民生委員会に審査を付託いたします。

       ────────────────────────────



△日程第4 議案第28号 平成24年度坂出市一般会計補正予算(案)(第3号)



○議長(吉田耕一君) 次、日程第4を議題に供し、提案理由の説明を求めます。



◎市長(綾宏君) 議長─市長



○議長(吉田耕一君) 市長 綾  宏君

              〔市長(綾宏君)登壇〕



◎市長(綾宏君) 提案理由の御説明を申し上げます。

 議案第28号は、平成24年度坂出市一般会計補正予算案第3号でありまして、予算の総額に2,300万円を追加し、補正後の予算総額を歳入歳出それぞれ237億1,347万6,000円といたすものであります。

 その内容について申し上げますと、衆議院解散に伴う衆議院議員選挙費の補正を行うものであります。

 以下その概略を申し上げますと、総務費2,300万円を増額し、これに伴う財源としましては、国庫支出金2,300万円を増額いたすものであります。

 以上、提案理由の説明を終わります。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(吉田耕一君) 以上をもって提案理由の説明は終わりました。

 これより議案の審議を願います。

 日程第4について質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 日程第4については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 御異議なしと認めます。よって、日程第4は委員会付託を省略することに決しました。

 引き続き討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

 本案は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 暫時休憩いたします。

              午前10時5分 休憩

       ────────────────────────────

              午前10時36分 再開

〇出席議員 21名

  1番   斉  藤  義  明       2番   出  田  泰  三

  3番   若  谷  修  治       4番   茨     智  仁

  5番   脇     芳  美       6番   村  井  孝  彦

  7番   野  角  満  昭       8番   楠  井  常  夫

  9番   末  包  保  広       10番   別  府  健  二

  11番   植  條  敬  介       12番   前  川  昌  也

  13番   大  藤  匡  文       14番   大  前  寛  乗

  15番   松  田     実       16番   若  杉  輝  久

  17番   松  成  国  宏       18番   吉  田  耕  一

  20番   木  下     清       21番   山  条  忠  文

  22番   東  山  光  徳

       ────────────────────────────

〇欠席議員 1名

  19番   中  河  哲  郎

       ────────────────────────────

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者

  市長      綾     宏       副市長     加 藤 悟 史

(総 務 部)

  総務部長    樋 本 保 男       秘書広報課長  杉之原 智 也

  政策課長    好 井 和 彰       総務課長    前 谷 博 司

(市民生活部)

  市民生活部長  平 田 敏 夫

(健康福祉部)

  健康福祉部長  寺 坂 政 喜

(建設経済部)

  建設経済部長  阿 野 要 一

(市立病院)

  事務局長    宮 竹 光 浩       庶務課長    木 村 泰 規

(出 納 局)

  出納局長    荒 木 修 二

(消   防)

  消防長     中 川 靖 夫

(水 道 局)

  水道局長    野 方 宏 志

(教育委員会)

  教育長     三 好 康 弘       教育部長    小 林 一 夫

       ────────────────────────────

〇出席した議会事務局職員

  事務局長    藤 村 正 人       次長      角 野 伸 治

  議事係長    宮 川 滋 義       書記      吉 川 明 人

       ────────────────────────────



○議長(吉田耕一君) 休憩前に復し、会議を開きます。

       ────────────────────────────



△日程第3 議案第27号 平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算(案)(第2号)



○議長(吉田耕一君) これより議案の審議を願います。

 日程第3を議題に供し、教育民生委員長の審査報告を求めます。



◆8番(楠井常夫君) 議長─教育民生委員長



○議長(吉田耕一君) 教育民生委員長 楠井常夫君

              〔8番(楠井常夫君)登壇〕

              教育民生委員長報告



◆8番(楠井常夫君) 教育民生委員長報告を行います。

 教育民生委員会に付託されました議案第27号平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算案第2号について、審査の概要とその結果を御報告申し上げます。

 平成26年春開院予定である新病院については、これまで施設整備計画を着実に推進し、本年度は建物の建築工事に着工予定でありますが、7月と9月に行った市立病院新築工事の入札はいずれも不調に終わりました。そこで、再度の入札に備え、病院としての規模や機能は計画を堅持した上で、建物の躯対工事以外の設計内容を見直すとともに、各材料の設計単価と市況単価等の再検証を行った結果、工事費を5億7,000万円増額することとなり、所要の補正を行うものであります。

 当委員会は、閉会中において積極的に調査、検討を行ってきた内容を踏まえた上で、入札が不調となった主な要因が、東日本大震災の復興関連事業や、四国内において病院建設が相次いでいる影響から、建築技術者の人件費、労務人件費単価及び建築資材費が今年度に入り高騰したことにあると考えられ、費用の増嵩はやむを得ないと認められること。また、工事費を増額したとしても、平成22年4月に策定した坂出市立病院基本構想・基本計画には計上されていなかった医療施設耐震化臨時特例交付金8億円及び地域医療再生臨時特例交付金2億円の収入を加味すると、損益収支、資金収支ともに当初計画より改善され、市民にさらなる財政負担を強いるものではないこと。さらに、入札参加条件を緩和し、市外大手業者単独での入札参加を可能とすればより廉価な価格で落札されることも考えられるが、本市では地元業者の育成に配慮し、受注機会の確保に努めてきたことから、条件緩和は容認しがたいなどの理由から、工事費の5億7,000万円の増額は万やむを得ないものと判断するに至りました。

 なお、市立病院の本館及び第3病棟は、耐震診断において大規模地震の際、倒壊の危険性が高いまたは危険性があると指摘されており、市民の生命、健康を守るため早急な対応が求められていること、また新病院の先行きを心配する市民の声も多く寄せられていることから、落札業者との契約締結後においては速やかに地元説明会を開催し、一日でも早く工事着手することにより、開院時期のおくれを少しでも取り戻すことができるよう当委員会として強く要請しました。

 最後に、当委員会としては、病院経営を取り巻く環境は依然厳しい状況の中で新病院建設という大きな転換点を迎える市立病院に対し、健全経営のさらなる推進と地域医療の向上に向けた不断の努力を改めて求め、今後も開院に向けて手綱を緩めることなく全力で取り組むよう強く要望するとともに、その責任の一端を担う議会としても積極的に支援を行っていくことを再確認し、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育民生委員長報告を終わります。



○議長(吉田耕一君) 以上をもって委員長報告は終わりました。

       ────────────────────────────



○議長(吉田耕一君) これより委員長報告に対する質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。



◆20番(木下清君) 議長─20番



○議長(吉田耕一君) 20番 木下 清君

              〔20番(木下清君)登壇〕



◆20番(木下清君) 議案第27号平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算案第2号につきまして、賛成の立場から討論を行います。

 この度の臨時会の開催は、市立病院の新築に向けて一日も早く着工を果たしたいという市長の強い決意を感じておるところでございます。

 市立病院新築移転に際し、私たち議会では3年半ほど前になりますが、平成21年3月定例会におきまして市立病院運営・整備等特別委員会を設置し、23年3月までの2年間に先進地視察を含め24回にわたり、市立病院がこれから果たすべき役割や機能並びに施設整備等について精力的に調査検討を行ってまいりました。

 建設工事費・資金、建設後の事業収支についても、シミュレーションをもとに詳細な検討を重ね、結果、市立病院に対し健全経営のさらなる推進と地域医療の向上に向けた不断の努力を求めるとともに、地域医療の一翼を担う魅力的な病院となるよう強く要望し新築移転計画を了承した次第であります。

 その後、計画は順調に進捗しておりましたが、本年7月と9月の2度にわたり本体工事の入札が不調に終わりました。その原因は、先ほどの委員長報告にも、るる触れられておりましたように、東日本大震災の復興関連事業の影響や、四国内における相次ぐ病院建設に伴う人手不足、人件費及び資材等の高騰によるものでありまして、今なお日一日と高騰していると聞き及んでいるところであります。

 今回の補正予算案に対し、事業計画全体を見直すために新築移転の時期を見直すべきではないかといった一部御意見もありましたが、言うまでもなく今回の計画の発端は、築後40年以上が経過し、老朽化が著しく、大規模地震が発生すれば、本館及び第3病棟が倒壊の危機にさらされるという、こうした状況の抜本的な対策に迫られているということであります。

 大震災の際に、入院患者の安全を守るのは当然でありますが、地域の救急医療の中核を担うのも公立病院の責務であります。また、地域医療の重要な一翼を担う坂出市立病院の一日も早い新築移転は市民の選択でもあります。本補正予算案は、坂出市立病院を名実ともに市民の安心・安全を守る施設とするため、現時点においては必要不可欠な対応であると確信いたしておるところであります。

 議員各位の御賛同を心からお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。



○議長(吉田耕一君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

   本案は委員長報告どおり原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田耕一君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

 以上をもって全日程は終了いたしました。

 これをもって坂出市議会平成24年11月臨時会を閉会いたします。

              午前10時48分 閉会







   地方自治法第123条第2項の規定により署名する



          坂 出 市 議 会



            議 長



            議 員



            議 員