議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 坂出市

平成24年 6月定例会 06月29日−資料




平成24年 6月定例会 − 06月29日−資料







平成24年 6月定例会





△日程表


日     程     表
日曜会    議    名議  事  内  容
本会議委員会議員総会
14木開   議






議会運営  本会議(会議録署名議員指名、会期
決定、議発報告、提案説明、質疑、
討論、採決)
委員会(一般質問調整等)
15金休          会
16土休          会
17日休          会
18月休          会
19火開   議


議会運営  本会議(議案質疑、委員会付託)
委員会(議案調整)
20水開   議    一般質問(個人)
21木開   議    一般質問(個人)
22金  総務消防
議会運営  議案審査
所管事務調査
23土休          会
24日休          会
25月  教育民生
議会運営  議案審査
所管事務調査
26火  市民建設  議案審査
27水  議会運営  所管事務調査
28木休          会
29金
開   議

  総   会


議員総会(議案調整等)
本会議(委員長報告、趣旨説明、質
疑、討論、採決)








△審議結果一覧表


審 議 結 果 一 覧 表(自 平成24年6月14日)(至 平成24年6月29日)
議案番号
その他件    名提出月日議決月日付託委員会結果
議発報告
第1号出納検査の結果報告書受理について6月14日6月14日    報告
議発報告
第2号坂出市土地開発公社経営状況報告書受理について6月14日6月14日    報告
議発報告
第3号公益財団法人坂出市学校給食会経営状況報告書受理について6月14日6月14日    報告
議発報告
第4号専決処分事項の報告書受理について6月14日6月14日    報告
報告
第1号平成23年度坂出市一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について6月14日6月19日    報告
報告
第2号平成23年度坂出市下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について6月14日6月19日    報告
報告
第3号平成23年度坂出市介護保険特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について6月14日6月19日    報告
議案
第5号坂出市事務分掌条例等の一部を改正する条例制定について6月14日6月29日市民建設原案可決
議案
第6号坂出市印鑑条例の一部を改正する条例制定について6月14日6月29日市民建設原案可決
議案
第7号坂出市企業誘致条例の一部を改正する条例制定について6月14日6月29日総務消防原案可決
議案
第8号坂出市火災予防条例の一部を改正する条例制定について6月14日6月29日総務消防原案可決
議案
第9号坂出市名誉市民の選定について6月14日6月14日  同意
議案
第10号損害賠償額の決定および和解について(坂出市立病院医療事故)6月14日6月29日教育民生原案可決
議案
第11号工事の請負契約について6月14日6月29日市民建設原案可決
議案
第12号平成24年度坂出市一般会計補正予算(案)(第1号)6月14日6月29日総務消防原案可決
議案
第13号平成24年度坂出市国民健康保険特別会計補正予算(案)(第1号)6月14日6月29日教育民生原案可決
議案
第14号平成24年度坂出市介護保険特別会計補正予算(案)(第1号)6月14日6月29日教育民生原案可決
議案
第15号平成24年度坂出市立病院事業会計補正予算(案)(第1号)6月14日6月29日教育民生原案可決
    議員派遣について6月29日6月29日  決定
意見書案
第1号基地対策予算の増額等を求める意見書について6月29日6月29日  原案可決








一般質問要領

(個人)

 11番  植 條 敬 介(新政会)

   1. 市長の政治姿勢について……………………………………………………………(53)

    (1) 行財政改革の取り組み

     (ア) 第二次定員適正化計画に対する考え方

     (イ) 土地開発公社のあり方

    (2) 健康都市に向けたまちづくり

     (ア) 健康寿命の算出を受けての感想

     (イ) WHO憲章の精神を尊重した健康都市へ

   2. 防災行政について……………………………………………………………………(55)

    (1) 地域防災計画の修正

     (ア) 作業スケジュール

     (イ) 市民との協議の場の設置

     (ウ) ボランティアコーディネーターの育成

     (エ) 避難ビルの指定と海抜標示

     (オ) 防災公園の整備

    (2)消防職員OBの活用

    (3) 広域災害ネットワーク

   3. ふるさと納税について………………………………………………………………(58)

    (1) 本市の取り組み姿勢

    (2) ふるさと納税PRの推進

     (ア) インターネットの活用

     (イ) 納税者への特産品の贈呈

   4. 本市の情報発信の取り組みについて………………………………………………(59)

    (1) スマートフォン向けホームページの作成

    (2) 庁舎内でのWiFiスポットの設置

    (3) フェイスブックページの開設

   5. 瀬戸内国際芸術祭について…………………………………………………………(60)

    (1) 実行委員会の開催状況

    (2) 本市の取り組み

 7番  野 角 満 昭(日本共産党議員会)

   1. 市長の政治姿勢について……………………………………………………………(74)

    (1) 人口増対策

     (ア) 出生率向上の取り組み

     (イ) 子育て支援策

     (ウ) 若者の定住促進

    (2) 子ども・子育て新システム法案の問題点

   2. 地籍調査及び法定外公共物について………………………………………………(76)

    (1) 地籍調査の進捗状況と今後の見通し

    (2) 法定外公共物の現状と管理

   3. 産業廃棄物処分場の建設について…………………………………………………(78)

    (1) 大屋冨町における処分場の計画内容

    (2) 護岸の耐震性検証と耐震化

    (3) 本市の対応

   4. 有害鳥獣対策について………………………………………………………………(79)

    (1) イノシシ被害と防護対策

    (2) その他の有害鳥獣被害対策

   5. 国保行政について……………………………………………………………………(80)

    (1) 国保税引き上げ

     (ア) 引き上げによる影響額

     (イ) 滞納者への対応

    (2) 広域化による本市への影響

    (3) 国保税軽減

 2番  出 田 泰 三(市民の声)

   1. 市長の政治姿勢について……………………………………………………………(98)

    (1) 原発再稼働

    (2) 綾市政3年間の評価

    (3) 次期市長選への意欲

   2. 観光振興について………………………………………………………………… (100)

    (1) 観光ボランティアガイドの養成

    (2) 坂出まち歩きガイドマップ、観光案内板の作成

    (3) 久米栄左衛門が築いた一文字堤防の市文化財指定

   3. 迷惑犬・猫対策について………………………………………………………… (101)

    (1) 犬・猫の苦情についての現状と対策

    (2) ペット条例の制定

   4. 新市立病院について……………………………………………………………… (101)

      物品納入業者の選定方法

 1番  斉 藤 義 明(市民の声)

   1. 市長の政治姿勢について………………………………………………………… (107)

      行財政改革の取り組み

   2. 行財政改革実施計画について…………………………………………………… (108)

    (1) 港務所のあり方の見直し

    (2) 仲よし教室の利用料金

    (3) 固定資産税前納報奨金制度の廃止

    (4) 県水受水量の適正化

    (5) 市長、副市長の給与、退職手当の減額

   3. 保険、医療行政について………………………………………………………… (109)

    (1) 平成24年度国民健康保険税の改定

    (2) 国民健康保険特別会計の健全化

    (3) 国民健康保険税の収納率

    (4) 予防医学の推進

    (5) 特定健診受診率の向上

    (6) コンビニ受診の減少に向けて

 4番  茨   智 仁(新政会)

   1. 市長の政治姿勢について………………………………………………………… (127)

    (1) 市立病院跡地の有効利用

    (2) 道路整備

     (ア) 福江松山線の整備進捗状況

     (イ) 駒止大池線の整備拡幅

     (ウ) 駒止谷内線の整備拡幅

    (3) 循環バス運行事業

   2. 葬祭事業について………………………………………………………………… (130)

    (1) 民間葬祭業者の施設を利用した場合の料金体系

    (2) 火葬場と葬祭場を兼用した施設の建設

    (3) 身元引受人が判明しない場合の対応

   3. 教育行政について………………………………………………………………… (131)

    (1) 小中学生の通学路の安全確保

    (2) 坂出小学校の通学路の危険箇所

    (3) 地元の山々を活用した教育

   4. 体育行政について………………………………………………………………… (134)

      スポーツ基本法の施行に伴うスポーツ施設の整備

 16番  若 杉 輝 久(公明党議員会)

   1. 防災力の強化について…………………………………………………………… (145)

    (1) 本市の公共施設の現状と今後のあり方

     (ア) 道路橋、河川管理施設、港湾岸壁

      ? 老朽化した施設の割合

      ? 維持、更新経費

      ? 改修計画と財源の確保

     (イ) 建物

      ? 老朽化した施設の割合

      ? 維持、更新経費と財源の確保

     (ウ) 公共施設白書の作成

    (2) 事業継続計画の策定

    (3) 教育施設における非構造部材の耐震診断と対策

     (ア) 耐震診断の実施

     (イ) 耐震化が必要となる施設数と対策

   2. 空き家対策について……………………………………………………………… (149)

    (1) 実態調査の具体的手法

    (2) 火災予防対策及び消火態勢の検討

    (3) 固定資産税の軽減措置

   3. 投票環境の改善について………………………………………………………… (149)

    (1) 投票所へのメモ等の持ち込み

    (2) 宣誓書の事前記入

 6番  村 井 孝 彦(市民グループ未来の会)

   1. 市長の政治姿勢について………………………………………………………… (161)

    (1) 本市の現状認識と将来展望

    (2) 人口流出対策

    (3) 行財政改革

     (ア) 事業再検討会

     (イ) 組織機構の再編整備

   2. にぎわいの創出について………………………………………………………… (162)

    (1) 観光振興の取り組み

    (2) 総合特区制度

   3. 安全・安心の確保について……………………………………………………… (164)

    (1) 交通安全対策

    (2) 防災対策

   4. 生活習慣病対策について………………………………………………………… (165)

    (1) 本市の状況と対策

    (2) 糖尿病療養指導士

   5. 農業行政について………………………………………………………………… (165)

    (1) 遊休農地の実態調査

    (2) 集落営農

   6. 地籍調査について………………………………………………………………… (166)

      取り組み状況と今後の実施概要









△全国・四国市議会議長会表彰

              全国・四国市議会議長会表彰

                  表彰状伝達



藤村正人事務局長 6月定例会の開会に先立ちまして、去る4月24日に開催されました第74回四国市議会議長会定期総会並びに5月23日に開催されました第88回全国市議会議長会定期総会におきまして、永年勤続議員の表彰状並びに感謝状の贈呈がありましたので、この場をおかりいたしましてただいまから伝達式を行います。

 なお、表彰受賞者には、全国市議会議長会並びに四国市議会議長会から記念品がそれぞれ贈られております。

 それでは、お名前を読み上げます。

 山条忠文議員。中河哲郎議員。

 前の方へお進みください。

 それでは、議長より表彰状並びに感謝状の伝達と記念品の贈呈をお願いいたします。

 全国市議会議長会特別表彰、永年勤続20年以上、山条忠文議員。

〔議長伝達〕

 四国市議会議長会特別表彰、永年勤続20年以上、山条忠文議員。

〔議長伝達〕

 全国市議会議長会評議員としての感謝状、中河哲郎議員。

〔議長伝達〕

藤村正人事務局長 自席にお戻り願います。

 ここで、ただいま表彰状並びに感謝状の伝達を受けられましたお二人に対し、綾市長よりお祝いの言葉がございます。よろしくお願いいたします。

 恐れ入りますが、受賞されましたお二人には、御起立をお願いいたします。

綾  宏市長 このたび全国市議会議長会及び四国市議会議長会より特別表彰を受けられました山条忠文議員、本当におめでとうございます。また、全国市議会議長会より感謝状をお受けになられました中河哲郎議員もおめでとうございます。両者の議員の皆様には多年にわたる議会活動の御努力のたまものだと思っております。心より深甚なる敬意を表したいと思います。

 また、坂出市は本年市制施行70周年という節目の年にも当たります。議員の皆様にもこれから坂出市のさらなる発展に寄与願いたいと思うところでございます。私も市民本位、市民参加、市民対話のこの3つのモットーをもとに、これからの坂出市の市勢発展に尽力してまいりたいと思っておりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

 また議員の皆様にも、これから坂出市の発展のために御寄与いただきますことを願いまして、私の簡単なお祝いの言葉でございますが、祝辞にかえさせていただきたいと思います。きょうはまことにおめでとうございました。

藤村正人事務局長 ありがとうございました。

 続きまして、議員を代表いたしまして、東山議員よりお祝いの言葉がございます。よろしくお願いいたします。

東山光徳議員 このたび、表彰及び感謝状を受けられましたお二方に対しまして、まことに僣越ではございますが、議員を代表いたしまして私より一言お祝いの言葉を申し上げます。

 全国市議会議長会及び四国市議会議長会から、議員歴20年以上の特別表彰を受けられました山条議員におかれましては、第58代副議長、総務委員長、決算審査特別委員長、国体対策特別委員長、都市開発委員長、建設経済委員長、教育民生委員長等で御活躍され、地方自治の発展と市民の福祉増進に多大の貢献をされております。

 また、中河議員におかれましては、昨年、第58代議長を努められ、市議会の運営、そして議会基本条例の制定に御尽力されるなど、御多忙な中、全国市議会議長会の評議員を努められ、会務運営の重責を担われましたことに対し、感謝状が授与されております。

 現在、本市を初め地方自治体は、景気低迷による税収の減少や扶助費の増加等による厳しい財政状況の中で、山積する諸課題に対する市議会の責務はますます大きなものがあります。

 どうか、今後ともお二方におかれましては、十分健康に留意され、市勢発展のために、なお一層の御活躍をいただきますように、心からお願い申し上げ、甚だ簡単ではございますがお祝いの言葉といたします。本当におめでとうございました。

藤村正人事務局長 ありがとうございました。

 続きまして、受賞者を代表いたしまして、山条議員よりお礼の言葉がございます。よろしくお願いいたします。

山条忠文議員 先ほどは、綾市長並びに議員を代表して東山議員のほうから過分なお褒めの言葉を頂戴いたしまして、身に余る光栄で心から感謝申し上げたいと思います。今回の受賞を糧にいたしまして、私どもは全力を投球して、坂出市の発展のために微力ではありますが、頑張ってまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。まことに僭越ではございますが、受賞者を代表いたしまして、私のほうから一言御礼の挨拶をさせていただきたいと思います。

 このたび、全国市議会議長会並びに四国市議会議長会より、表彰及び感謝状を賜りまして、まことに身に余る光栄であり、喜びに堪えません。これもひとえに、長きにわたって私どもに対する市民の温かい御支援、御厚情のたまものでございまして、深甚なる敬意と感謝の意を市民の皆様にお伝えをしておきたいと思います。

 また、今日私どもが議員として活動が展開できますことは、これひとえに同僚議員の皆さんを初め、先輩議員、さらには綾市長を初め理事者の皆さん、また職員の皆さんの温かい御支援と御理解、御協力のたまものでございまして、衷心より厚く御礼申し上げたいと思います。まことにありがとうございます。

 さて、先ほど市長のほうからもお話がございましたように、本市はことしが70周年という節目の年を迎えました。また一方では、行政課題が山積をいたしておりますことも御案内のとおりでございまして、一つには少子高齢化時代を迎え、人口増対策が本市にとりましても最大の課題であるようにも思うわけでございます。また一方、東日本大震災の経験を生かして、東南海・南海地震がいつ発生するかわからないということで、いろいろ専門家の間で議論されておるわけでございまして、そういう観点から、市民の生命、財産を守るというのは、地方自治体の責務であろうかと思います。そういうことで、安全・安心なまちづくりの推進のために、さらに防災計画の見直しを一日も早くひとつ実現をしていただきたい、このように思うわけでございます。また、いざ、そのような災害が発生したときには、どうしても拠点施設が必要であります。この庁舎がそれに当たるわけでございますが、御案内のように震度6強によって倒壊するということが、やはり診断結果に明らかに出ておるわけでありまして、何としても市民に安心して市からの情報を伝えるためには、この拠点施設を一日も早く新築するというのが、最大の綾市長の課題でないかなと、私どもはそう思うわけでございます。

 そういうことで、今まで二十数年間お育ていただきましたこの経験を生かして、市民の声をお聞きしながら福祉の増進、教育施設の充実等に向けまして全力を傾注して頑張ってまいります。私の政治信条にしております何事にも動じることなく、また市民の声を行政に伝え、そして、即戦力の立場で今後も議会活動を展開してまいりたいと、このように考えております。どうかひとつ、市長初め理事者の皆さん並びに同僚議員の皆さん方の倍旧の御指導、御鞭撻を賜りますように心からお願いしておきたいと思います。

 最後になりましたが、本市のますますの飛躍、発展と議員各位のさらなる御活躍を心から御祈念申し上げまして、甚だ簡単措辞でございますが、受賞者を代表しての御礼の挨拶にかえたいと思います。まことにありがとうございました。

藤村正人事務局長 ありがとうございました。

 以上で表彰状並びに感謝状の伝達式を終わらせていただきます。御協力ありがとうございました。







 全国市議会議長会表彰受賞者


表  彰  区  分氏    名受賞年月日
特別表彰20年以上議員在職山  条  忠  文平成24年5月23日
感 謝 状評   議   員中  河  哲  郎〃




 四国市議会議長会表彰受賞者


表  彰  区  分氏    名受賞年月日
特別表彰20年以上議員在職山  条  忠  文平成24年4月24日