議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 坂出市

平成23年12月定例会 12月16日−05号




平成23年12月定例会 − 12月16日−05号







平成23年12月定例会



          平成23年12月16日(金曜日)午前10時5分開議

〇出席議員 22名

  1番   斉  藤  義  明       2番   出  田  泰  三

  3番   若  谷  修  治       4番   茨     智  仁

  5番   脇     芳  美       6番   村  井  孝  彦

  7番   野  角  満  昭       8番   楠  井  常  夫

  9番   末  包  保  広       10番   別  府  健  二

  11番   植  條  敬  介       12番   前  川  昌  也

  13番   大  藤  匡  文       14番   大  前  寛  乗

  15番   松  田     実       16番   若  杉  輝  久

  17番   松  成  国  宏       18番   吉  田  耕  一

  19番   中  河  哲  郎       20番   木  下     清

  21番   山  条  忠  文       22番   東  山  光  徳

       ────────────────────────────

〇欠席議員 なし

       ────────────────────────────

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者

  市長      綾     宏       副市長     加 藤 悟 史

(総 務 部)

  総務部長    樋 本 保 男       秘書広報課長  杉之原 智 也

  職員課長    中 西 明 彦       政策課長    好 井 和 彰

  総務課長    中 川 靖 夫       税務課長    長 原   敬

(市民生活部)

  市民生活部長  平 田 敏 夫       人権課長    丸 橋 通 良

(健康福祉部)

  健康福祉部長  寺 坂 政 喜       けんこう課長  浅 野 武 彦

  ふくし課長   浦 田 俊 一       かいご課長   山 田 秀 男

(建設経済部)

  建設経済部長  阿 野 要 一       建設課長    神 高 賢 二

  都市整備課長  宮 本 智 裕

(市立病院)

  事務局長    宮 竹 光 浩       庶務課長    木 村 泰 規

(出 納 局)

  出納局長    荒 木 修 二

(消   防)

  消防長     小 林 英登志       庶務課長    角 野 正 明

(水 道 局)

  水道局長    野 方 宏 志

(教育委員会)

  教育長     三 好 康 弘       教育部長    小 林 一 夫

  学校教育課長  松 井 基 泰

       ────────────────────────────

〇出席した議会事務局職員

  事務局長    藤 村 正 人       主幹(兼)次長  中 川 高 弘

  議事係長    宮 川 滋 義       書記      吉 川 明 人

       ────────────────────────────

              議 事 日 程   第5号

第1 議案第25号 坂出市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例および坂出市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について

第2 議案第26号 坂出市税条例等の一部を改正する条例制定について

第3 議案第27号 坂出市立学校条例の一部を改正する条例制定について

第4 議案第28号 坂出市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例制定について

第5 議案第29号 市道路線の廃止について

第6 議案第30号 市道路線の認定について

第7 議案第31号 平成23年度坂出市一般会計補正予算(案)(第3号)

第8 議案第32号 平成23年度坂出市国民健康保険特別会計補正予算(案)(第1号)

第9 議案第33号 平成23年度坂出市下水道事業特別会計補正予算(案)(第1号)

第10 議案第34号 平成23年度坂出市介護保険特別会計補正予算(案)(第2号)

第11 議案第35号 平成23年度坂出市介護保険介護予防支援事業特別会計補正予算(案)(第1号)

第12 議案第36号 平成23年度坂出市後期高齢者医療特別会計補正予算(案)(第1号)

第13 議案第37号 平成23年度坂出市立病院事業会計補正予算(案)(第2号)

第14 議案第38号 平成23年度坂出市水道事業会計補正予算(案)(第1号)

第15 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について

       ────────────────────────────

             本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1議案第25号から日程第15諮問第1号まで

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) これより12月定例会を再開し、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。御了承願います。

       ────────────────────────────



△日程第1議案第25号から日程第14議案第38号まで



○議長(中河哲郎君) これより日程順に議案の審議を願います。

 日程第1から第14まで一括議題に供し、委員長の審査報告を求めます。

 まず、総務消防委員長より願います。



◆8番(楠井常夫君) 議長─総務消防委員長



○議長(中河哲郎君) 総務消防委員長 楠井常夫君

              〔8番(楠井常夫君)登壇〕



△総務消防委員長報告



◆8番(楠井常夫君) 総務消防委員長報告を行います。

 総務消防委員会に付託されました案件について、審査の概要とその結果を御報告申し上げます。

 初めに、議案第25号坂出市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例および坂出市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、障害者自立支援法の一部改正に伴い、当該条例における引用条項の項ずれを改めるものであり、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号坂出市税条例等の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、地方税法の一部改正に伴い、個人住民税における寄附金税額控除の適用下限額の引き下げ、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例規定の整備及び市民税等に係る不申告に関する過料上限額の引き上げなどについて所要の改正を行うものであり、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第31号平成23年度坂出市一般会計補正予算案第3号については、各所管委員会で審査した結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 なお、審査過程において意見、要望等がありましたので、以下御報告します。

 まず、市制70周年記念ビデオ作成委託料についてであります。

 当局より、当該委託料は、来年市制施行70周年という節目の年を迎えることを記念して、7月1日開催予定の記念式典で上映するビデオ映像の制作を委託するものであり、記念式典の参列者、市内の学校及び本市関係者等へDVDの配布を予定しているとの説明がありました。

 これに対し委員より、記念式典用に限定した内容にとどまらず、歴史、文化、観光等の魅力を幅広く盛り込むことで、観光PRに資するようなDVDを作成すべきとの意見がありました。

 次、公園遊具整備事業についてであります。

 当局から、地域子育て創生事業による県の補助制度を活用し、西大浜第1公園など市内4公園の遊具整備を行うとの説明を受け、委員より、公園は子供たちにとって遊びを楽しみ、交流を深める場所であることから、今後、市内の他の公園についても整備を行う予定はないか、当局の考えをただしました。

 当局からは、当該事業は平成24年3月末が実施期限となっていることから、現時点では、来年度以降の事業計画はないが、今後も、同様の補助制度があれば、それらを有効に活用して遊具の整備を図っていきたいとの答弁がありました。

 関連して他の委員より、公園遊具の管理状況について説明を求めたところ、当局からは、定期的に点検を実施し、ふぐあいのある遊具については、適宜、補修を行い、また、安全性を欠く危険なものは撤去するなど、公園管理者として安全確保に努めているとの答弁がありました。

 さらに委員より、子供の事故やけがの防止に向けた当局の取り組みを評価した上で、子育てに優しい町づくりの観点から、子供たちが遊びを通じて健やかに成長し、また保護者も安心して子育てができる環境づくりのため、新年度においても積極的に遊具の新設、更新を図るよう要望がありました。

 次、住宅管理費のうち、公営住宅の修繕についてであります。

 当局から、本年9月の台風被害を受け、雨漏りの発生した市営住宅28戸について修繕を行うとの説明を受け、委員より、本市には老朽化し耐震性を有しない市営住宅が相当数あり、入居者の生命、財産を守る必要性があることから、地震等の災害も想定した市営住宅の建てかえや耐震補強等の積極的な対応を求める要望がありました。

 次、中央公民館の移転についてであります。

 中央公民館は、建築から50年以上経過した建物で老朽化が顕著であることに加え、駐車場が手狭で利用者に不便を来しており、また、耐震診断は未実施であるが建物の状況から耐震化の必要性は明白であり、施設利用者の安全確保のため早急な対応が必要となっています。

 当局からは、イオン坂出店から空きスペースの活用の打診を受け調査したところ、平成3年から平成4年にかけて建築された当該建物は十分な耐震性を有し、大規模な駐車場も併設されており、中央公民館利用者の安全確保や利便性の向上が図られること、また一般的に想定される耐震改修費用や移転新築となった場合の費用等を比較検討すると、当面は当該建物の一部を賃借することが現実的であることから、中央公民館をイオン坂出店3階に移転することとしたとの説明がありました。

 委員より、吹き抜け部分の利用方法について説明を求めたところ、当局からは、イベントや作品展示のスペースとしての利用を検討しているとの答弁がありました。

 これに対し委員より、当該部分は賃借予定面積の半分近くを占めており、さまざまな活用方法が考えられることから、今後有意義な活用方法について十分に調査研究し、施設の有効利用を図るよう要望がありました。

 また他の委員より、中央公民館の移転について広く周知するとともに、移転後の施設利用に当たっては利用者にわかりやすい施設経路の案内表示を設置するなど、利用者の混乱を招かないよう配慮を求める要望がありました。

 さらに所管委員会として、中央公民館の移転方針を了としつつも、民間企業は営利を目的としており10年間の契約期間中に経営環境が変化することも考えられることから、不測の事態が発生した場合の対応を検討し、また費用の軽減に向けイオン側と十分に協議するなど、契約の締結に当たっては万全を期するよう要望しました。

 なお、本案は、当委員会が主査を務めました関係上、一括して御報告しましたので御了承願います。

 以上、総務消防委員長報告を終わります。



○議長(中河哲郎君) 次、教育民生委員長



◆21番(山条忠文君) 議長─教育民生委員長



○議長(中河哲郎君) 教育民生委員長 山条忠文君

              〔21番(山条忠文君)登壇〕



△教育民生委員長報告



◆21番(山条忠文君) 教育民生委員長報告を行います。

 教育民生委員会に付託されました案件について、審査の概要とその結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第27号坂出市立学校条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、坂出小学校が旧西部小学校跡地に建設中の新校舎の完成後、当地へ移転することに伴い、その位置を変更するものであり、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次、議案第28号坂出市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、東日本大震災の被害の甚大さ等にかんがみ、災害弔慰金の支給対象となる遺族の範囲を拡大するため、災害弔慰金の支給等に関する法律が改正されたことに準じ、本市の災害弔慰金の支給対象について所要の改正を行うものであり、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次、議案第32号平成23年度坂出市国民健康保険特別会計補正予算案第1号についてであります。

 本案は、人事異動等に伴う職員の人件費、入院に係る医療費が増嵩したことに伴う一般被保険者高額療養費及び退職被保険者等高額療養費について補正を行うものであり、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次、議案第34号平成23年度坂出市介護保険特別会計補正予算案第2号についてであります。

 本案は、人事異動等に伴う職員の人件費及び介護保険法改正に伴うシステム改修に要する委託料について補正を行うものであり、審査の結果、異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次、議案第35号平成23年度坂出市介護保険介護予防支援事業特別会計補正予算案第1号、議案第36号平成23年度坂出市後期高齢者医療特別会計補正予算案第1号及び議案第37号平成23年度坂出市立病院事業会計補正予算案第2号については、審査の結果、いずれも異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、教育民生委員長報告を終わります。



○議長(中河哲郎君) 次、市民建設委員長



◆14番(大前寛乗君) 議長─市民建設委員長



○議長(中河哲郎君) 市民建設委員長 大前寛乗君

              〔14番(大前寛乗君)登壇〕



△市民建設委員長報告



◆14番(大前寛乗君) 市民建設委員長報告を行います。

 市民建設委員会に付託されました案件について、審査の概要とその結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第29号市道路線の廃止について及び議案第30号市道路線の認定については、相関連するため、一括して審査を行いました。

 両案は、市道釜屋浦2号線の一部区間を廃止するため、道路法第10条及び第8条の規定により、市道認定を一たん廃止した上で、新たに釜屋浦2号線及び釜屋浦3号線を市道認定するものであり、審査の結果、いずれも異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次、議案第33号平成23年度坂出市下水道事業特別会計補正予算案第1号及び議案第38号平成23年度坂出市水道事業会計補正予算案第1号については、香川県人事委員会勧告等に基づく職員給与の改定に伴い補正を行うものであり、審査の結果、いずれも異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、市民建設委員長報告を終わります。



○議長(中河哲郎君) 以上をもって委員長報告は終わりました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) これより日程順に委員長報告に対する質疑に入ります。

 まず、日程第1及び第2の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第1及び第2の2議案を一括して採決いたします。

 日程第1及び第2の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第3及び第4の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第3及び第4の2議案を一括して採決いたします。

 日程第3及び第4の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第5及び第6の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第5及び第6の2議案を一括して採決いたします。

 日程第5及び第6の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第7について質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

 本案は委員長報告どおり原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第8及び第9の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第8及び第9の2議案を一括して採決いたします。

 日程第8及び第9の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第10から第12まで3議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第10から第12まで3議案を一括して採決いたします。

 日程第10から第12までの3議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第13及び第14の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第13及び第14の2議案を一括して採決いたします。

 日程第13及び第14の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



△日程第15 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(中河哲郎君) 次、日程第15を議題に供し、提案理由の説明を求めます。



◎市長(綾宏君) 議長─市長



○議長(中河哲郎君) 市長 綾  宏君

              〔市長(綾宏君)登壇〕



◎市長(綾宏君) 提案理由の御説明を申し上げます。

 諮問第1号は、人権擁護委員候補者の推薦について、議会の御同意をお願いいたすものであります。

 本市区域の人権擁護委員のうち、塩瀬敦子氏の任期が、平成24年3月31日に満了することに伴い、後任委員の候補者を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、本案を提出いたすものであります。

 よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中河哲郎君) 以上をもって提案理由の説明は終わりました。

 これより質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 この際、お諮りいたします。

 日程第15については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、日程第15は委員会付託を省略することに決しました。

 引き続き討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

 本案は同意することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は同意することに決しました。

 以上をもって全日程は終了いたしました。

 これをもって坂出市議会平成23年12月定例会を閉会いたします。

              午前10時25分 閉会







   地方自治法第123条第2項の規定により署名する



          坂 出 市 議 会



            議 長



            副議長



            議 員



            議 員