議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 坂出市

平成23年 6月定例会 06月28日−06号




平成23年 6月定例会 − 06月28日−06号







平成23年 6月定例会



          平成23年6月28日(火曜日)午前10時25分開議

〇出席議員 22名

  1番   斉  藤  義  明       2番   出  田  泰  三

  3番   若  谷  修  治       4番   茨     智  仁

  5番   脇     芳  美       6番   村  井  孝  彦

  7番   野  角  満  昭       8番   楠  井  常  夫

  9番   末  包  保  広       10番   別  府  健  二

  11番   植  條  敬  介       12番   前  川  昌  也

  13番   大  藤  匡  文       14番   大  前  寛  乗

  15番   松  田     実       16番   若  杉  輝  久

  17番   松  成  国  宏       18番   吉  田  耕  一

  19番   中  河  哲  郎       20番   木  下     清

  21番   山  条  忠  文       22番   東  山  光  徳

       ────────────────────────────

〇欠席議員 なし

       ────────────────────────────

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者

  市長      綾     宏       副市長     加 藤 悟 史

(総 務 部)

  総務部長    樋 本 保 男       秘書広報課長  杉之原 智 也

  政策課長    好 井 和 彰       総務課長    中 川 靖 夫

(市民生活部)

  市民生活部長  平 田 敏 夫

(健康福祉部)

  健康福祉部長  寺 坂 政 喜       けんこう課長  浅 野 武 彦

  ふくし課長   浦 田 俊 一

(建設経済部)

  建設経済部長  阿 野 要 一       建設課長    神 高 賢 二

  みなと課長   金 山 光 信       都市整備課長  宮 本 智 裕

(市立病院)

  事務局長    宮 竹 光 浩

(出 納 局)

  出納局長    荒 木 修 二

(消   防)

  消防長     小 林 英登志

(水 道 局)

  水道局長    野 方 宏 志

(教育委員会)

  教育長     三 好 康 弘       教育部長    小 林 一 夫

  学校教育課長  松 井 基 泰

       ────────────────────────────

〇出席した議会事務局職員

  事務局長    藤 村 正 人       主幹(兼)次長  中 川 高 弘

  議事係長    宮 川 滋 義       書記      吉 川 明 人

       ────────────────────────────

              議 事 日 程   第6号

第1 議 案 第 5 号 坂出市立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例制定について

第2 議 案 第 6 号 坂出市長寿祝金条例の一部を改正する条例制定について

第3 議 案 第 7 号 坂出市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

第4 議 案 第 8 号 損害賠償額の決定および和解について(市営京町団地内通路の事故)

第5 議 案 第 9 号 工事の請負契約について

第6 議 案 第 10 号 工事の請負契約について

第7 議 案 第 11 号 平成23年度坂出市一般会計補正予算(案)(第1号)

第8         坂出市農業委員会委員の推薦について

第9         議員派遣について

       ────────────────────────────

             本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

             日程第1議案第5号から日程第9まで

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) これより6月定例会を再開し、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。御了承願います。

       ────────────────────────────



△日程第1議案第5号から日程第7議案第11号まで



○議長(中河哲郎君) これより日程順に議案の審議を願います。

 日程第1から第7まで一括議題に供し、委員長の審査報告を求めます。

 まず、総務消防委員長より願います。



◆8番(楠井常夫君) 議長─総務消防委員長



○議長(中河哲郎君) 総務消防委員長 楠井常夫君

              〔8番(楠井常夫君)登壇〕



△総務消防委員長報告



◆8番(楠井常夫君) 総務消防委員長報告を行います。

 総務消防委員会に付託されました議案第11号平成23年度坂出市一般会計補正予算案第1号については、各所管委員会で審査した結果、異議なく原案を了承しましたが、審査過程において意見、要望等がありましたので、以下御報告申し上げます。

 初めに、本市の財政状況についてであります。

 委員より、教育費国庫補助金の一部不採択に伴い、市債の追加発行及び財政調整基金の取り崩しなどにより財源の置きかえを余儀なくされたことを重く受けとめ、今後、市立病院や市役所本庁舎の建てかえ等の大規模事業を計画している中で、財政運営に懸念を表し、財政状況の見通しをただしました。

 当局からは、将来に過大な負担を残すことなく、最少の経費で最大の効果を上げることを基本方針とする行財政改革大綱等に基づいて事業を執行し、起債の発行額を抑制することにより起債残高を減少させる方針であり、今後においても財政の健全化に鋭意努めていく姿勢に変わりがないとの答弁がありました。

 これに対し委員より、市民サービスの低下を来さないよう十分に配慮しつつ、より一層行財政改革に取り組み、財政健全化を推進していくよう要望がありました。

 次に、家庭児童相談員人材育成事業についてであります。

 当該事業は、児童虐待の相談件数が年々増加傾向にあることから、平成22年度において国からの交付金を積み立てた住民生活に光をそそぐ基金を活用し、平成24年度末までの時限措置ではあるが家庭児童相談員を増員することで体制の強化を図るものであるとの説明を受け、委員より、児童虐待防止に向けた当局の取り組みを高く評価した上で、要保護児童やその家庭の支援の充実を図るため、基金の終了後においても市単独事業として職員の雇用を継続するなど、職員体制の充実に努めるよう要望がありました。

 次に、学校図書館支援センター推進事業についてであります。

 当局より、当該事業は、住民生活に光をそそぐ基金を活用し、3名の学校図書館支援員を配置することで、未登録資料のデータ入力や破損本の補修作業を行うなど、学校図書館の環境整備の充実を図っていくものであるとの説明がありました。

 委員より、3名の支援員の配置先についてただしたところ、当局からは、まずは統合校である坂出小学校と松山小学校に配置する予定であるとの答弁がありました。

 これに対して委員より、他市においてはほとんどの学校に支援員が配置されている事例もあることから、来年度以降も順次増員を図るよう要望がありました。

 さらに他の委員より、読書は児童生徒の知的活動を増進し、豊かな感性や情操をはぐくんだりする上で大変重要であることから、望ましい読書習慣を形成するために、学校図書館支援員の配置に加え、学校図書の相互貸借システムの導入など、さらなる環境整備を求める要望がありました。

 なお、本案は、当委員会が主査を務めました関係上、一括して御報告しましたので御了承願います。

 以上、総務消防委員長報告を終わります。



○議長(中河哲郎君) 次、教育民生委員長



◆21番(山条忠文君) 議長─教育民生委員長



○議長(中河哲郎君) 教育民生委員長 山条忠文君

              〔21番(山条忠文君)登壇〕



△教育民生委員長報告



◆21番(山条忠文君) 教育民生委員長報告を行います。

 教育民生委員会に付託されました案件について、審査の概要とその結果を御報告申し上げます。

 初めに、議案第5号坂出市立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、東日本大震災で被災し本市に避難してきた者に対し、保育料を減免することで経済的支援を行うとともに、今後同様な事態が発生した際に迅速に対応するため、所要の改正を行うものであり、審査の結果、異議なく原案を了承しました。

 次に、議案第6号坂出市長寿祝金条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、昨年度実施された事業再検討会及び行財政改革推進委員会の評価結果、並びに他の地方自治体等の状況を踏まえ、平成24年度から支給対象者及び支給金額の見直しを行うものであります。

 当局より、制度改正により本年度の人口分布で試算すると約1,000万円以上の財政負担の軽減が図られること、また見直しに当たっては本年度の長寿祝金の案内はがきに制度改正についての説明を記載するほか、広報紙、ホームページなどの媒体や各種会合等を通して市民への周知徹底を図っていくとの説明がありました。

 これに対し委員より、制度改正の内容について理解はできるが、高齢者の十分な理解を得るには単に財政面の利点に終始するのではなく、本市のさらなる高齢化を見据える中、施策全体との比較考量の結果、やむを得ないものであることを丁寧に説明すべきであると指摘するとともに、多年にわたり社会に尽くしてこられた高齢者への福祉施策が全体として後退することのないよう要望があり、審査の結果、異議なく原案を了承しました。

 次に、議案第7号坂出市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定についてであります。

 本案は、心身障がい者医療費、乳幼児医療費及びひとり親家庭等医療費助成の申請期限を現行の1年間から5年間に延長するとともに、ひとり親家庭の生活基盤の安定と心身の健康や福祉の増進を図るため、医療費助成の支給対象に父子家庭の父親等も含めることに伴い、所要の改正を行うものであり、審査の結果、異議なく原案を了承しました。

 最後に付託案件外ではありますが、委員より、東日本大震災において学校施設が大きな被害を受けたことを踏まえ、国においては公立の義務教育諸学校等施設の整備に関する施設整備基本方針を改め、施設の耐震化に当たっては建物だけを対象とするのではなく、天井や外壁などの非構造部材も含めた耐震化が必要とされたことに関し、本市の取り組み方針をただしました。

 当局からは、これまでの耐震工事とあわせて施行した校舎の外壁や屋内運動場の天井部分についてはおおむね実施済みであるが、教室等の天井については未実施の箇所もあり、今後計画を策定し順次実施していくとの答弁がありました。

 これに対し委員より、学校等の耐震化事業に対して国庫補助率のかさ上げを行う地震防災対策特別措置法の適用期限が平成27年度までとなっていることから、できるだけ速やかに計画を策定し、非構造部材部分も含めた耐震工事を完了するよう要望がありました。

 以上、教育民生委員長報告を終わります。



○議長(中河哲郎君) 次、市民建設委員長



◆14番(大前寛乗君) 議長─市民建設委員長



○議長(中河哲郎君) 市民建設委員長 大前寛乗君

              〔14番(大前寛乗君)登壇〕



△市民建設委員長報告



◆14番(大前寛乗君) 市民建設委員長報告を行います。

 市民建設委員会に付託されました案件について、審査の概要とその結果を御報告申し上げます。

 初めに、議案第8号損害賠償額の決定および和解について(市営京町団地内通路の事故)であります。

 本案は、平成22年1月2日に発生した市営京町団地内通路での事故に係る損害賠償金の支払い等に関し、相手方と合意に至ったことから、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定に基づき、当該事故の損害賠償額の決定及び和解について議会の議決を求めるものであります。

 委員より、当該事故は市の施設管理が不十分であったことに起因していることから、道路を含む公共施設において、設備等の点検を定期的に実施するなど市民生活の一層の安全確保に努めるよう要望があり、審査の結果、異議なく原案を了承しました。

 次に、議案第9号工事の請負契約についてであります。

 本案は、坂出港西埠頭地区における岸壁築造工事として、ケーソン1函の製作及び製作済みケーソン10函の据えつけに係る工事請負契約を締結するため議会の議決を求めるものであります。

 委員より、坂出港改修事業全体の今後の見通しについて説明を求めたところ、当局からは、当該事業は、今後発生が危惧されている大規模地震に備え、震災時の緊急物資等の輸送拠点として耐震岸壁を早急に整備する必要性があることや、岸壁利用者への影響を最小限に抑えるため、海上工事を平成25年度までの3カ年としていることから、東日本大震災の影響により国庫補助金の配分の見通しが不透明な状況であるが、今後とも国の動向に注視しつつ予算確保に努め、計画期間内での完成を目指したいとの説明がありました。

 関連して委員より、震災時に緊急物資等の輸送拠点として当該岸壁を有効活用するためには、西埠頭地区への唯一の進入路である築地橋についても早急に耐震化を図る必要があることから、道路管理者である県に対し強く働きかけるよう要望があり、審査の結果、異議なく原案を了承しました。

 次に、議案第10号工事の請負契約についてであります。

 本案は、平成23年度公共下水道西部排水区西部雨水ポンプ場のポンプ機械設備工事の請負契約を締結するため議会の議決を求めるものであり、当局からは、今回1,200ミリポンプ及びディーゼルエンジンをそれぞれ1台増設することにより、西部雨水ポンプ場において順次進めてきたポンプの増設工事が完了するとの説明がありました。

 委員より、当該工事により西部排水区の排水機能が充実、強化されることを評価する一方で、東部排水区における浸水対策の取り組みについて説明を求めました。

 当局からは、東部排水区においても、平成16年の台風被害を踏まえ、三七ポンプ場において1,000ミリポンプの増設や遊水池の改修を行い、また、幹線水路である権吉川の底打ち改修等を行うことで当該区域内の排水機能の強化を図るなど、計画的に浸水対策を講じているとの答弁があり、審査の結果、異議なく原案を了承しました。

 以上、市民建設委員長報告を終わります。



○議長(中河哲郎君) 以上をもって委員長報告は終わりました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) これより日程順に委員長報告に対する質疑に入ります。

 まず、日程第1について質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

 本案は委員長報告どおり原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第2について質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。



◆7番(野角満昭君) 議長─7番



○議長(中河哲郎君) 7番 野角満昭君

              〔7番(野角満昭君)登壇〕



◆7番(野角満昭君) 議案第6号坂出市長寿祝金条例の一部を改正する条例制定について、反対の立場から意見を申し上げます。

 さる14日の議案質疑において、私は本条例改正案の内容や趣旨についてお尋ねをいたしました。その答弁はこれまで長寿祝金として80歳以上の対象者に年5,000円支給してきたものを、年齢による節目支給に切りかえるというものであり、この結果を仮に平成23年度に当てはめて試算をすれば約1,368万円の執行となりまして、2,700万円の予算のうち、50%が削減されることになるというものであります。そしてこれまでのこの制度による受給者は5,465人が965人に減少し、新たに対象外とされる高齢者は4,500人、実に82.3%が長寿祝金条例の適用から除外されることになってしまいます。

 私が反対する理由の1つは、当局は本条例を改正してもその意義は変わらないと答弁しております。しかし、この内容はだれが見ても客観的には改正によりまして、8割以上もの圧倒的多数の高齢者を除外することそのものが、条例でうたっている高齢者に長寿祝金を支給することにより、敬老の意を表するとともに高齢者の福祉の増進に資することを目的とするという第1条の精神そのものを台なしにしているものであります。

 次に、反対する第2の理由は本条例案は、本市の事業再検討会及び行財政改革推進委員会の評価を踏まえた上で提案されたということですが、私が議案質疑でこれらの委員会の審査過程で長寿祝金制度においては、どこをむだだとしたのかという判断基準の質問にはまともな答えはありませんでした。事業再検討会では、すべて市民本位で見直しを進めている、こういう答弁でごまかされた感じがあったと思います。私は本市が事業のむだを省くとした再検討を進めるに当たって最も留意すべき点は、この中身を市民本位でという言葉でごまかすのではなくて、本当に市民目線で見て、市民生活の向上のために何が大切なのかという立場でこそ、これこそが事業だと思います。

 言い方をかえて言いますと、市民福祉を維持し前進させることが地方自治体としての基本任務の中心であるという立場で、この精神を堅持して進めることこそが、行政における税金のむだ使いを改める真の行財政改革につながるものだと考えます。今回の長寿祝金の改正案は、こういう自治体としての使命や福祉の倫理観なしに、削減のためなら何でもかんでも対象にしてしまうことの問題点を示していると思います。

 また答弁では、他の自治体との横並び論といいますか、他の自治体が既に引き下げているからとか、突出している施策内容の是正というような言葉も出されたと思います。私は、市民にとってよいことは大いに突出してこそ、坂出に生まれて、また住んでいてよかったと市民の皆さんが本当に希望の持てる特徴ある自治体となれると思います。

 最後に、本条例の対象とする80歳以上の高齢者は、戦中戦後の苦難の中で、我が坂出市の復興とその後の繁栄を築き支えてこられた皆さん方であります。こういう皆さんに敬老の感謝を込めて、この制度がつくられたのではないでしょうか。議員の皆さんには、これらのことをぜひお考えいただきまして、本条例を否決していただくことを心から訴えまして反対討論といたします。

 御清聴ありがとうございました。



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

 本案は御異議がありますので、起立により採決いたします。

 委員長報告どおり原案を可決することに賛成の諸君は起立を願います。

              〔賛成者起立〕



○議長(中河哲郎君) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第3及び第4の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第3及び第4の2議案を一括して採決いたします。

 日程第3及び第4の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第5及び第6の2議案について一括質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより日程第5及び第6の2議案を一括して採決いたします。

 日程第5及び第6の2議案については委員長報告どおり一括原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、一括原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 次、日程第7について質疑を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって質疑を終結し、討論を許します。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 以上をもって討論を終結し、これより採決いたします。

 本案は委員長報告どおり原案を可決することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決することに決しました。

       ────────────────────────────



△日程第8 坂出市農業委員会委員の推薦について



○議長(中河哲郎君) 次、日程第8を議題に供します。

 本年7月19日をもって坂出市農業委員会委員の任期が満了いたしますので、この際、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定による坂出市農業委員会委員の推薦を行います。

 お諮りいたします。

 推薦の方法については、議長の指名推選といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、推薦の方法については議長の指名推選とすることに決しました。

 これより指名を行います。

       ────────────────────────────

              坂出市農業委員会委員推薦者名簿

                ┌─────────┐

                │  氏   名  │

                ├─────────┤

                │ 斉 藤 義 明 │

                ├─────────┤

                │ 木 下   清 │

                ├─────────┤

                │ 東 山 光 徳 │

                ├─────────┤

                │ 猪 熊 由利子 │

                └─────────┘

       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) 坂出市農業委員会委員に、お手元に配付の名簿のとおり

    斉 藤 義 明 君           木 下   清 君

    東 山 光 徳 君           猪 熊 由利子 君

 以上4名の諸君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました4名の諸君を坂出市農業委員会委員に推薦いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、斉藤義明君、木下清君、東山光徳君、猪熊由利子君、以上4名の諸君を坂出市農業委員会委員に推薦することに決しました。

       ────────────────────────────



△日程第9 議員派遣について



○議長(中河哲郎君) 次、日程第9を議題に供します。

       ────────────────────────────

                議員派遣について

                               平成23年6月28日



   坂出市議会会議規則第161条の規定により、次のとおり議員を派遣する。



                    記




派遣目的議会基本条例についての調査
派遣場所香川県観音寺市
派遣期間平成23年7月1日
派遣議員前川昌也  中河哲郎


       ────────────────────────────



○議長(中河哲郎君) お諮りいたします。

 議員派遣については、会議規則第161条の規定により、お手元に配付いたしてありますとおり、それぞれ議員を派遣することに御異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中河哲郎君) 御異議なしと認めます。よって、お手元に配付のとおり、それぞれ議員を派遣することに決しました。

 以上をもって全日程は終了いたしました。

 これをもって坂出市議会平成23年6月定例会を閉会いたします。

              午前10時50分 閉会







   地方自治法第123条第2項の規定により署名する



          坂 出 市 議 会



            議 長



            副議長



            議 員



            議 員