議事ロックス -地方議会議事録検索-


香川県 丸亀市

平成25年第3回 6月定例会 06月25日−07号




平成25年第3回 6月定例会 − 06月25日−07号







平成25年第3回 6月定例会



       平成25年第3回丸亀市議会6月定例会継続会会議録



  平成25年6月25日(火) 午前10時

             ───────────────

  出席議員 26名

 1番  川  田  匡  文 君  │  15番  尾  崎  淳 一 郎 君

 2番  真  鍋  順  穗 君  │  16番  加  藤  正  員 君

 3番  松  永  恭  二 君  │  17番  藤  田  伸  二 君

 5番  水  本  徹  雄 君  │  18番  小  野  健  一 君

 6番  佐  野  大  輔 君  │  19番  高  木  新  仁 君

 7番  神  田  泰  孝 君  │  20番  三  谷  節  三 君

 8番  多  田  光  廣 君  │  21番  福  部  正  人 君

 9番  小  橋  清  信 君  │  22番  内  田  俊  英 君

 10番  山  本  直  久 君  │  23番  国  方  功  夫 君

 11番  岡  田     剛 君  │  24番  片  山  圭  之 君

 12番  大  前  誠  治 君  │  25番  松  浦  正  武 君

 13番  三  宅  真  弓 君  │  26番  横  川  重  行 君

 14番  中  谷  真 裕 美 君  │  27番  三  木  ま  り 君

             ───────────────

  欠席議員 1名

 4番  吉  田  正  和 君

             ───────────────

  説明のため出席した者

市長      梶   正 治 君  │  競艇事業部長  山 岡 義 國 君

副市長     宮 川 明 広 君  │  会計管理者   前 田 博 司 君

教育長     中 野 レイ子 君  │  上下水道部長  谷 口 信 夫 君

総務部長    徳 田 善 紀 君  │  消防長     笹 川 匡 右 君

企画財政部長  大 林   諭 君  │  教育部長    宮 武 正 治 君

健康福祉部長  苗 田   正 君  │  秘書広報課長  大 西   眞 君

生活環境部長  竹 本 忠 司 君  │  政策課長    小 山 隆 史 君

都市整備部長  松 浦   潔 君  │  財政課長    横 田 拓 也 君

産業文化部長  山 田 哲 也 君  │

             ───────────────

  事務局職員出席者

事務局長     山 本 一 清 君 │主査       河 村 敦 生 君

次長       佐 藤   守 君 │主査       江 渕 貴 彦 君

議事・調査担当長 二 宮 卓 也 君 │

             ───────────────

  議事日程

第1 会議録署名議員の指名

第2 議案第45号から議案第58号まで

   議案第45号 平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)

   議案第46号 丸亀市税外収入金の延滞金等徴収及び滞納処分に関する条例の一部改正について

   議案第47号 丸亀市市税条例の一部改正について

   議案第48号 丸亀市国民健康保険税条例の一部改正について

   議案第49号 丸亀市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について

   議案第50号 丸亀市介護保険条例の一部改正について

   議案第51号 丸亀市下水道事業受益者負担金条例の一部改正について

   議案第52号 丸亀市農業集落排水事業受益者分担金条例の一部改正について

   議案第53号 丸亀市農業委員会の農地部会その他の部会を構成する委員の定数に関する条例の一部改正について

   議案第54号 工事請負契約の締結について(丸亀市立城辰小学校屋内運動場改築工事)

   議案第55号 工事請負契約の締結について(丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事)

   議案第56号 市有地の処分について(丸亀市新田町市有地)

   議案第57号 土地取得について(飯山幼稚園(仮称)施設整備事業)

   議案第58号 市道路線認定について(下川井南北線ほか2路線)

第3 議案第63号及び議案第64号

   議案第63号 副市長選任の同意について

   議案第64号 固定資産評価員選任の同意について

第4 議案第65号 農業委員会委員(学識経験委員)の推薦について

第5 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について

第6 議員派遣第2号 議員派遣について

第7 議会改革特別委員会の設置について

第8 市庁舎整備等特別委員会の設置について

             ───────────────

  本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 議案第45号から議案第58号まで

日程第3 議案第63号及び議案第64号

日程第4 議案第65号

日程第5 諮問第2号

日程第6 議員派遣第2号

日程第7 議会改革特別委員会の設置について

日程第8 市庁舎整備等特別委員会の設置について

             ───────────────

                 会     議

               〔午前10時00分 開議〕



○議長(国方功夫君) おはようございます。

 ただいまから平成25年第3回丸亀市議会6月定例会継続会を開会いたします。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 本日の会議を開きます。

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(国方功夫君) 日程第1、会議録署名議員を指名いたします。

 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、16番加藤正員君、17番藤田伸二君を指名いたします。

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第45号から議案第58号まで



○議長(国方功夫君) 日程第2、議案第45号から議案第58号までを一括議題といたします。

 一括上程議案につきましては、去る6月10日の本会議において所管の各常任委員会に付託いたしましたが、既に関係各委員長から付託議案審査の終了した旨報告が参っておりますので、この際各常任委員長から委員会審査の結果を報告願いします。

 報告は、教育民生委員会、都市経済委員会、生活環境委員会、総務委員会の順でお願いいたします。

 24番 教育民生委員長 片山圭之君。

             〔24番(片山圭之君)登壇〕



◆24番(片山圭之君) それでは、ただいまから教育民生委員会における議案審査の概要について御報告いたします。

 委員会に付託されました案件は、議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中の関係部分、議案第54号「工事請負契約の締結について(丸亀市立城辰小学校屋内運動場改築工事)」、議案第57号「土地取得について(飯山幼稚園(仮称)施設整備事業)」、以上の3議案であります。委員会審査は、6月17日午前9時から全員協議会室で開催し、議案は全て原案どおり承認しましたことをまず申し上げておきます。

 以下、審査の概要並びに結果について御報告を申し上げます。

 初めに、健康福祉部に関する審査を行いました。

 健康福祉部に係る議案は、議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中の関係部分であります。理事者より詳細な説明を受けて質疑に入りました。

 主なものを申し上げます。

 定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所の整備見通しとサービス開始時期はとの質疑に対し、理事者より、今年度中に整備し、事業を開始していただくような公募を予定しているとの答弁がありました。

 また、地方では難しいと言われている定期巡回・随時対応型訪問介護看護の県内の状況と今後の見通しはとの質疑に対し、理事者より、昨年度に始まった制度であり、まだ詳細な検証は行えていないものの、在宅介護を進めていく上で同制度は在宅介護を充実させていくためにぜひとも必要な制度と認識しており、整備に向けて進めてまいりたいとの答弁がありました。

 また、事業所の採択基準はとの質疑に対し、理事者より、地域密着型サービス運営委員会で選択基準を設定して、ヒアリングなどを通じて事業者を決定していきたいとの答弁がありました。

 続いて、討論に入りましたが、討論もなく、健康福祉部に関係する議案については、原案のとおり承認いたしました。

 続いて、教育部に関する審査を行いました。

 教育部に関する議案は、議案第54号「工事請負契約の締結について(丸亀市立城辰小学校屋内運動場改築工事)」及び議案第57号「土地取得について(飯山幼稚園(仮称)施設整備事業)」であります。理事者より詳細な説明を受けて質疑に入りました。

 主なものを申し上げますと、議案第54号の工事請負は、旧労務単価で設計されているが、特例措置で新労務単価に契約変更する場合、いつまでを申し入れの期限としているのかとの質疑に対し、理事者より、契約は旧単価で設計しているが、市場価格を反映しているため変更契約はないものと考えている。しかしながら、契約上は、工期内に申し入れがあれば変更契約できるため、業者と協議の場を持つよう対応したいとの答弁がありました。

 また、(仮称)飯山幼稚園の土地取得に関して、アクセス道路の整備や拡幅はどのようになっているかとの質疑に対し、理事者より、西から南へ通る道路を取得用地の中で予定している。また、その他の部分は地権者と交渉中であるとの答弁がありました。

 また、(仮称)飯山幼稚園は、飯山の南北幼稚園が統合された幼稚園で、地元の子供の受け皿にもなるような施設になるのか。また、幼保一元化など国の制度が変わってきている中で、新幼稚園はどういった施設になるのか。建物設計に当たってどのようにお考えかとの質疑に対し、理事者より、地元や推進協議会では移転新築を望まれる声が多く、最終的に現在の幼稚園から2キロ以内の場所に幼稚園を新築するという結論に至った。また、各学年で1クラスぐらい余裕のある施設を予定している。しかし、これから子ども・子育て会議が開催され、待機児童の問題等も議題になると思われる。会議の御意見をいただくこともあると思うが、現在は幼稚園として整備していく予定であるとの答弁がありました。

 また、城辰小学校屋内運動場の面積は750平方メートルであるが、今後の児童数の推移や地域の施設としての規模を考えたときにこの面積が妥当かとの質疑に対して、理事者より、文部科学省の基準が生徒数に応じて定められており、城辰小学校の場合、標準面積になっている。児童数の推移は横ばいを考えているが、小学校の体育館は避難所として指定もされており、学校開放でも使われる部分もあるため、750平方メートルで設計したとの答弁がありました。

 また、要望として、体育館は地域活動や社会教育活動に使われ、備蓄倉庫など危機管理上も重要な施設である。調度類やトイレなどの設備について、危機管理やメンテナンスなどに配慮してもらいたいとの意見が出されました。

 以上のような質疑を経て討論に移りましたが、討論もなく、教育部に関する2議案について、原案のとおり承認いたしました。

 以上、教育民生委員会における議案審査の経過並びに結果について報告を終わります。



○議長(国方功夫君) 27番 都市経済委員長 三木まり君。

             〔27番(三木まり君)登壇〕



◆27番(三木まり君) ただいまから都市経済委員会における議案審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 去る6月10日の本会議において当委員会に付託されました議案は、議案第53号「丸亀市農業委員会の農地部会その他の部会を構成する委員の定数に関する条例の一部改正について」外2議案であります。審査は、6月17日午後1時から全員協議会室において、農業委員会、都市整備部の順で行われ、いずれも原案のとおり承認いたしましたことを、まず御報告申し上げます。

 以下、審査の順を追って、その経過並びに結果について御報告いたします。

 最初に、農業委員会に関係する議案第53号「丸亀市農業委員会の農地部会その他の部会を構成する委員の定数に関する条例の一部改正について」の審査をしました。

 議案について、理事者から、旧綾歌、飯山町を管内に含む中讃農業共済組合と旧丸亀支所を管内に含む仲多度農業共済組合の2つの農業共済組合から、それぞれ1名ずつ農業委員に推薦されていたが、県内の農業共済組合が新設合併し1組合となったため、農業委員会法第12条第1号の規定に基づく選任委員が1名減少することにより、農政部会を構成する委員の定数を4名から3名に改正するものであるとの説明がありました。

 委員より、農政部会は全部で何人かとの質疑に対し、理事者から、農政部会の委員の定数は現在38人であり、今回の定数改正に伴い、1名減の37名となるとの答弁がありました。

 続いて、討論に入りましたが、討論はなく、農業委員会に関係する議案第53号については原案のとおり承認いたしました。

 次に、都市整備部に関係する議案第55号「工事請負契約の締結について(丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事)」、議案第58号「市道路線認定について(下川井南北線ほか2路線)」の2議案について審査をいたしました。

 議案審査に先立ち、理事者から、議案第55号の丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事に関連する資料についての説明を受けました。その後、議案の審査に入りました。

 議案第55号について、委員より、耐久性を高めるためにということで、野球場の照明塔の鉄部に溶融亜鉛メッキを使っているが、何か他県の球場を参考にしたのかとの質疑に対し、理事者から、照明塔は高さが約44メートルと規模が大きく、今後のメンテナンスに高所作業車は使えない。初期投資をし、後のメンテナンスを減らすほうが得だと、費用対効果を考え、判断したとの答弁がありました。

 また、委員より、今回の野球場夜間照明設置工事について、入札参加資格の総合点数を1,400点以上とした根拠は何か。制限つき一般競争入札としたために、市内の業者が入札に参加できなかったことは問題ではないかとの質疑がありました。質疑に対し、理事者からは、建設予定の野球場はプロ野球の公式戦が可能な県下でもトップクラスの広さを持つ施設で、照明塔の高さも約44メートルと大規模なものとなり、高度な施工技術が不可欠である。野球場建設は、野球場として、また災害時の防災拠点として、市にとって重要な施設となる。そのため、高度な施工能力、施工技術を持った企業に参加してもらうため、入札参加資格の総合点数を1,400点以上に設定したとの答弁がありました。

 また、野球場建設について、理事者から、今後のスコアボード設置工事、グラウンド整備についても発注の際には十分精査し、総額35億円の予算内でおさめたい。野球場建設については、これまでも事業費が増額とならないように設計の精査を行うとともに、全国防災枠などの国の有利な補助制度を活用してきたが、今後もできる限り市の負担が少なくなるよう努めていきたいとの説明がありました。

 続いて、討論に入りましたが、討論はなく、都市整備部に関係する議案第55号及び議案第58号については原案のとおり承認いたしました。

 以上で都市経済委員会における議案審査の経過並びに結果についての報告を終わります。



○議長(国方功夫君) 10番 生活環境委員長 山本直久君。

             〔10番(山本直久君)登壇〕



◆10番(山本直久君) ただいまから生活環境委員会における議案審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 去る6月10日の本会議において、当委員会に付託されました議案は、議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中の関係部分外2議案であります。審査は、6月18日午後1時から全員協議会室において、生活環境部、上下水道部の順で行われ、いずれも原案のとおり承認しましたことを、まず申し上げておきます。

 以下、審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 最初に、生活環境部に関係する議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中の関係部分について審査いたしました。

 まず、理事者から、今回の補正予算は、富熊コミュニティセンターの分館であるゆうとぴあ綾歌の空調設備の故障により、設備一式を取りかえる工事が必要となったためであるとの説明がありました。

 その後、委員から、建設工事関連委託料100万円の内訳を示してほしいとの質疑に対して、理事者から、内訳としては、設備設計業務委託料の50万円と設備監理業務委託料の50万円の2つがあるとの答弁がありました。

 続いて、討論に入りましたが、討論もなく、生活環境部に関係する議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中の関係部分については原案のとおり承認いたしました。

 続いて、上下水道部に関係する議案第51号「丸亀市下水道事業受益者負担金条例の一部改正について」と議案第52号「丸亀市農業集落排水事業受益者分担金条例の一部改正について」を審査いたしました。

 まず、理事者から、詳細な説明を受けた後、質疑に入りましたが、特段の質問もなく、質疑は終わりました。続いて、討論に入りましたが、討論もなく、上下水道部に関係する議案第51号「丸亀市下水道事業受益者負担金条例の一部改正について」と議案第52号「丸亀市農業集落排水事業受益者分担金条例の一部改正について」は原案のとおり承認いたしました。

 以上で生活環境委員会における議案審査についての報告を終わります。



○議長(国方功夫君) 13番 総務委員長 三宅真弓君。

             〔13番(三宅真弓君)登壇〕



◆13番(三宅真弓君) ただいまから総務委員会における議案審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 去る6月10日の本会議において当委員会に付託されました議案は、企画財政部に関係する議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中の関係部分外6議案であります。審査は、6月18日午前9時から全員協議会室において行われ、いずれも原案のとおり承認しましたことを、まず申し上げておきます。

 主な質疑と答弁の内容を申し上げますと、議案第45号「平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)」中、歳入の富士見坂団地対策基金繰入金に関して、委員から、今回の基金の取り崩しはどのような経緯で決まったのかとの質疑に対して、理事者から、地元のコミュニティからゆうとぴあ綾歌の空調機の更新の申し出があったことから、その財源として、富士見坂団地の代表者と協議し、基金を活用することにしたとの答弁がありました。

 また、基金の使途は、富士見坂団地内のことだけに限定されていないようだが、どこまでの範囲が認められているのかとの質疑に対して、基金が設置された経緯を踏まえ、富士見坂団地造成により増加する行政需要に対応するために使用するという基本目的を逸脱することがない範囲で活用していくとの答弁がありました。

 また、富士見坂団地対策基金とそれ以外の基金とでは、基金の性格上違いはあるのかとの質疑に対して、基金上は並列だが、富士見坂団地対策基金は、富士見坂団地の住民や自治会の意向に沿って活用するという意味で、特別な基金と考えているとの答弁がありました。

 また、合併時に旧綾歌町から基金を引き継ぐ際に、基金の使途や活用方法などについて関係者の間で覚書を締結しているのかとの質疑に対して、当時は話し合いだけで明文化したものはないが、今後地元自治会などとも十分に協議し、明文化に努めるとの答弁がありました。

 また、議案第46号から議案第50号までの地方税法の改正に伴う条例改正議案については、委員から、延滞金の算定方法の見直しにより、今後延滞金の割合はどのような基準で変更されるのかとの質疑に対して、延滞金の算定基礎となる特例基準割合の定義を改め、延滞金の算定方法は市中金利に連動するようになるとの答弁がありました。

 また、議案第56号「市有地の処分について(丸亀市新田町市有地)」に関して、委員から、今回の議案の市有地売買価格と近隣の土地の売買価格を比較した場合、平米あたりの単価に違いはあるのかとの質疑に対して、理事者から、平米あたりの単価は、市有地は3万3,500円、近隣の土地は3万1,000円から3万5,300円の間の金額との答弁がありました。

 また、市有地を売却することで、大会時の駐車場不足などのマイナス面に今後どのように対応していくのかとの質疑に対して、現在進めている野球場の整備においても駐車場の不足問題は懸念されていることから、市の陸上競技場の老朽化に伴う再整備の中での駐車場確保と、県立陸上競技場の駐車場が少ないことから、県に対して駐車場の整備を要望していくという両面で検討しているとの答弁がありました。それに対して、委員から、駐車場の確保は、各種大会を開催する上で非常に重要な問題であり、近隣住民からも多くの苦情が出ていることから、県に対して協力するよう申し入れていただきたいとの要望がありました。

 また、仮契約が本契約になるまでに、前面道路と出入り口部分の改善など、市がとらなければならない必要な措置や条件はあるのかとの質疑に対して、議会の議決を得たときに本契約となる条文を入れているが、それ以外に特に必要な条件はなく、現状維持のまま引き渡すとの答弁がありました。

 続いて、討論に入りましたが、討論はなく、企画財政部に関係する議案については原案のとおり承認いたしました。

 以上で総務委員会における議案審査についての報告を終わります。



○議長(国方功夫君) 以上で各委員長の報告は終わりました。

 委員長報告はいずれも原案承認であります。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。

 委員長報告に対する質疑の通告はありません。

 質疑もないようでありますので、これにて委員長報告に対する質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可します。

 15番 尾崎淳一郎君。

             〔15番(尾崎淳一郎君)登壇〕



◆15番(尾崎淳一郎君) 日本共産党市議団を代表して、議案第55号「工事請負契約の締結について(丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事)」に対する反対討論を行います。

 この議案は、現在建設中の総合運動公園野球場の夜間照明設置工事を請負金額4億9,245万円で契約するというものであります。私たちが問題として今議会中に説明を求めてきたのは、この野球場夜間照明設置費用、基本計画では3億5,000万円とされていたのに、なぜ入札の結果、1億4,245万円も高い4億9,000万円の契約となっているのかということです。基本設計時から大きな変更もない、実際の契約金額が4割も増加したということは通常では考えられません。質疑、委員会審査を通じて明らかになったのは、基本設計での夜間照明設置事業費3億5,000万円は、詳細な積み上げで計算を行っておらず、実施設計時に精査を行うと4億6,000万円になり、結果的には入札で4億9,245万円になったというものでした。つまり、防災施設の追加や新労務単価の反映といった要因はありますが、増額となった主たる原因は最初の積算で低く見積もり過ぎたという説明でした。しかし、この説明を聞いて理解を示すことは到底できません。この総額35億円を超える大きな野球場建設事業、当然のことながら私たちの税金で進められています。しかも、野球場を今の時期に建設することについては賛否の意見が大きく分かれていることも周知のことなのですから、建設事業を進める理事者側としてはより慎重にその内容が市民に理解を得られるよう、ふだんにも増して透明性を持たす心がけが必要だったのではないでしょうか。ところが、今回の夜間照明の設置事業について、基本設計時の40%に当たる1億4,245万円が新たに支出される、そういうことでいいのでしょうか。また、その1億4,245万円もの増額になった中身についても、詳しく説明があったのは7,300万円のみで、あとの7,000万円余りの内訳は詳細に説明できない。これでは、市民の皆さんに理解を得られる状態とはとても言えません。実施設計のときに、増額になった説明を行うべきだったというのは、もちろん当然ですが、それ以前に総額35億円という一大事業の予算の組み方がこのように大ざっぱに行われていること自体、大問題です。事業の進め方、予算の組み方、市民への説明責任、いずれの点からもあってはならないことだと猛省し、検証を求めます。

 以上の理由から、議案第55号「工事請負契約の締結について」反対をするものです。



○議長(国方功夫君) 以上で通告による討論は終わりました。

 ほかに討論はありませんか。

             〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) ほかに討論もないようでありますので、これにて討論を終わります。

 これより採決をいたします。

 先ほど反対討論がありました議案第55号「工事請負契約の締結について(丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事)」を分離して採決し、その後残りの各案を一括して採決いたします。

 まず、議案第55号「工事請負契約の締結について(丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事)」について、委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

             〔賛成者=起立〕



○議長(国方功夫君) 起立多数であります。

 着席願います。

 よって、議案第55号「工事請負契約の締結について(丸亀市総合運動公園野球場夜間照明設置工事)」は、原案のとおり可決いたしました。

 次に、ただいま決議いたしました議案第55号を除く残りの各案を一括して採決いたします。

 件名は事務局長から朗読いたします。

             〔事務局長(山本一清君)朗読〕

             ───────────────

   議案第45号 平成25年度丸亀市一般会計補正予算(第1号)

   議案第46号 丸亀市税外収入金の延滞金等徴収及び滞納処分に関する条例の一部改正について

   議案第47号 丸亀市市税条例の一部改正について

   議案第48号 丸亀市国民健康保険税条例の一部改正について

   議案第49号 丸亀市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について

   議案第50号 丸亀市介護保険条例の一部改正について

   議案第51号 丸亀市下水道事業受益者負担金条例の一部改正について

   議案第52号 丸亀市農業集落排水事業受益者分担金条例の一部改正について

   議案第53号 丸亀市農業委員会の農地部会その他の部会を構成する委員の定数に関する条例の一部改正について

   議案第54号 工事請負契約の締結について(丸亀市立城辰小学校屋内運動場改築工事)

   議案第56号 市有地の処分について(丸亀市新田町市有地)

   議案第57号 土地取得について(飯山幼稚園(仮称)施設整備事業)

   議案第58号 市道路線認定について(下川井南北線ほか2路線)

             ───────────────



○議長(国方功夫君) これらの各案をいずれも委員長報告のとおり原案を可決することに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第55号を除く残りの各案はいずれも原案のとおり可決いたしました。

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第63号及び議案第64号



○議長(国方功夫君) 日程第3、議案第63号「副市長選任の同意について」及び議案第64号「固定資産評価員選任の同意について」を一括議題といたします。

 地方自治法117条の規定に準じ、徳田善紀君、除斥といたしますので、退席をお願いいたします。

             〔総務部長(徳田善紀君)=退席、退場〕



○議長(国方功夫君) 本件について市長の提案理由を求めます。

 市長 梶 正治君。

             〔市長(梶 正治君)登壇〕



◎市長(梶正治君) 本日、追加提出をさせていただきました議案第63号及び議案第64号につきまして、提案理由を御説明いたします。

 副市長及び固定資産評価員の選任につきましては、宮川明広氏が平成25年6月30日をもって任期満了となりますので、新たに徳田善紀氏を選任いたしたく、議会の御同意をいただきたいのであります。



○議長(国方功夫君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議案第63号及び議案第64号は、会議規則第37条3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第63号及び議案第64号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。

 本件に対し、御意見等はありませんか。

             〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御発言もないようでありますので、これより採決いたします。

 議案第63号「副市長選任の同意について」及び議案第64号「固定資産評価員選任の同意について」は、原案を同意することに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第63号「副市長選任の同意について」及び議案第64号「固定資産評価員選任の同意について」は、原案を同意することに決定いたしました。

 徳田善紀君、入場を許可します。

             〔総務部長(徳田善紀君)=入場、着席〕

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第65号



○議長(国方功夫君) 日程第4、議案第65号「農業委員会委員(学識経験委員)の推薦について」を議題といたします。

 市長の提案理由を求めます。

 市長 梶 正治君。

             〔市長(梶 正治君)登壇〕



◎市長(梶正治君) 議案第65号、農業委員会委員の推薦につきましては、同委員でありました松浦正武氏が平成25年6月24日付で辞任されましたので、農業委員会の所掌に属する事項について学識経験を有する者1人を推薦していただきたいのであります。



○議長(国方功夫君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議案第65号「農業委員会委員(学識経験委員)の推薦について」は、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決定いたしました。

 地方自治法117条の規定により、加藤正員君、除斥となりますので、退場をお願いします。

             〔16番(加藤正員君)=退席、退場〕



○議長(国方功夫君) 農業委員会委員(学識経験委員)の被推薦人に市議会議員加藤正員君を指名いたします。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、加藤正員君を農業委員会委員(学識経験委員)の被推薦人とすることに決定いたしました。

 お諮りします。

 ただいま指名いたしました加藤正員君を農業委員会委員(学識経験委員)に推薦することに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、加藤正員君を農業委員会委員に関する法律第12条2項の規定による農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。

 加藤正員君の入場を許可します。

             〔16番(加藤正員君)=入場、着席〕

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 諮問第2号



○議長(国方功夫君) 日程第5、諮問第2号「人権擁護委員候補者の推薦について」を議題といたします。

 市長の提案理由を求めます。

 市長 梶 正治君。

             〔市長(梶 正治君)登壇〕



◎市長(梶正治君) 諮問第2号、人権擁護委員候補者の推薦につきましては、現在委員であります山地英文氏、松岡静男氏、倉本清一氏が平成25年9月30日をもって任期満了となりますので、再度山地英文氏、松岡静男氏、倉本清一氏を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の御意見を求めるものであります。



○議長(国方功夫君) 提案理由の説明は終わりました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております諮問第2号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、諮問第2号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。

 本件に対して、御意見等ありませんか。

             〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御発言もなければ、これより採決いたします。

 諮問第2号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これを同意することに御異議ありませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、諮問第2号「人権擁護委員候補者の推薦について」は、これを同意することに決定いたしました。

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議員派遣第2号



○議長(国方功夫君) 日程第6、議員派遣第2号「議員派遣について」を議題といたします。

 お諮りします。

 地方自治法100条13項及び会議規則166条の規定により、お手元配付のとおり議員派遣を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議員派遣第2号「議員派遣について」は、お手元配付のとおり議員派遣を行うことに決定いたしました。

 お諮りします。

 ただいま議決されました議員派遣については、変更を要するものについては、その措置を議長に一任願いたく思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、議員派遣に変更が出ました場合の措置については、議長に一任ということに決定いたしました。

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 議会改革特別委員会の設置について



○議長(国方功夫君) 日程第7、議会改革特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りします。

 丸亀市議会は、これまで地方議会としてあるべき姿や責務などについて調査研究する中で、議会基本条例を制定し、議長、副議長の立候補制や一問一答式の導入など、さまざまな議会改革に取り組んでまいりました。今後も引き続き議会改革に取り組み、より市民にわかりやすく、開かれた議会を目指すため、9名の委員をもって構成する議会改革特別委員会を設置し、調査研究の終了時まで閉会中も継続して活動することといたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、9名の委員をもって構成する議会改革特別委員会を設置し、調査研究の終了時まで閉会中も継続して活動することに決定いたしました。

 お諮りします。

 ただいま設置されました議会改革特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条1項の規定により、お手元に配付しております特別委員会の指名案のとおり、指名いたしたいと思います。なお、念のため、この指名案を事務局長から朗読いたします。

             〔事務局長(山本一清君)朗読〕

             ───────────────


議会改革特別委員会委員指名(案)(議 席 順)
議会改革特別委員会
(9)

真 鍋 順 穗

水 本 徹 雄

神 田 泰 孝

岡 田   剛

中 谷 真裕美

小 野 健 一

福 部 正 人

松 浦 正 武

横 川 重 行


             ───────────────



○議長(国方功夫君) ただいまの指名案のとおり、議会改革特別委員会の委員を指名することに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました9名の諸君を議会改革特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8 市庁舎整備等特別委員会の設置について



○議長(国方功夫君) 日程第8、市庁舎整備等特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りします。

 市庁舎及び大手町地区周辺公共施設は、建築後相当期間を経過し、耐震化や老朽化への対応が緊急の課題となっていることから、市庁舎及び大手町周辺公共施設等の今後の整備のあり方をまちづくりの観点から一体的に調査研究するため、9名の委員をもって構成する市庁舎整備等特別委員会を設置し、調査研究の終了するまで閉会中も継続して活動することといたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、9名の委員をもって構成する市庁舎整備等特別委員会を設置し、調査研究の終了時まで閉会中も継続して活動することに決定いたしました。

 お諮りします。

 ただいま設置されました市庁舎整備等特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付してあります特別委員の指名案のとおり、指名いたしたいと思います。なお、念のため、この指名案を事務局長から朗読いたします。

             〔事務局長(山本一清君)朗読〕

             ───────────────


市庁舎整備等特別委員会委員指名(案)(議 席 順)
市庁舎整備等特別委員会
(9)

川 田 匡 文

佐 野 大 輔

多 田 光 廣

三 宅 真 弓

尾 崎 淳一郎

加 藤 正 員

内 田 俊 英

片 山 圭 之

三 木 ま り


             ───────────────



○議長(国方功夫君) ただいまの指名案のとおり、市庁舎整備等特別委員会の委員を指名することに御異議ございませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(国方功夫君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました9名の諸君を市庁舎整備等特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 以上で今期定例会に付議されました議案の審議は全て終了いたしました。

 これをもちまして今期定例会は閉会といたします。

 御審議、お疲れさまでした。

               〔午前10時45分 閉会〕

             ───────────────

   地方自治法第123条第2項の規定による署名者



            議 長



            議 員



            議 員