議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 阿南市

平成13年12月定例会 12月07日−目次




平成13年12月定例会 − 12月07日−目次







平成13年12月定例会



            平成13年阿南市議会12月定例会会議録

                 索    引

               第1日 12月7日(金)



議事日程 ………………………………………………………………………………………… 1

本日の会議に付した事件 ……………………………………………………………………… 2

出席議員 ………………………………………………………………………………………… 2

説明のため出席した者の職氏名 ……………………………………………………………… 2

議会事務局出席職員氏名 ……………………………………………………………………… 3

日程第1 会議録署名議員の指名 …………………………………………………………… 3

日程第2 会期の決定 ………………………………………………………………………… 3

日程第3 議案第1号から議案第23号  市長提案理由説明 …………………………… 4

     平成12年度阿南市各会計決算審査報告  清崎代表監査委員報告 …………13





               第2日 12月12日(水)



議事日程 …………………………………………………………………………………………15

本日の会議に付した事件 ………………………………………………………………………15

出席議員 …………………………………………………………………………………………15

説明のため出席した者の職氏名 ………………………………………………………………15

議会事務局出席職員氏名 ………………………………………………………………………16

日程第1 市政に対する一般質問 ……………………………………………………………16

  7番 久米良久(第1問) ………………………………………………………………16

      行財政問題    効率的な行政システムに変革していかなければならない

               取り組んできた行政改革の経緯と効果、今後の方向性は

               市民主役の新しい行政評価システムの導入を望む

      組織改革     人事考課制度や昇任試験の採用、部門の権限強化

                  迅速かつコスト意識の行政経営に取り組むべき

      IT推進     電子市役所に対する見解は

      ペイオフ解禁   市としての対策  預金と借入金との相殺は可能か

               指定金融機関を増やす  業務と市民の利便性の関係は

               金融機関の財務内容の把握について  借入金の利息は

      教育行政     新学習指導要領が来年度から実施  市内学校の現状は

                  教育委員会から教育現場への指導は

      学童保育     保護者から施設の設置を望む声は多いが市の実態は

               空き教室を利用する計画はあるか

                  指導員の状況、運営の実施について

      成人式      人生の節目となる記念すべき式にしていただきたい

      文化行政     文化振興は将来のまちづくりへの先行投資である

               劇団「夢創」の来年度事業と今後の方向性について

      道路行政     四国横断自動車道と地域高規格道路

                  国に地域の生の声を、建設促進を訴えるべき

               中野島バイパスの建設促進

                  市の重要課題としての取り組みを願う

      財政状況     「交付税不交付団体」−「5ケ年財政年次別計画」

                  計画中の事業の再評価を行うつもりがあるのか

                  自主財源の確保という具体的な考えは

      石炭火電     「地域共生理念の決議」に基づく市の対応について

               地域共生と効率優先の企業理念をどのように認識する

               行政と企業間における協議組織について

                  組織のメンバー・協議内容・企業の基本姿勢

               県道小勝島公園線の整備状況について

      橘湾公共用地   地域共生理念に沿う両電力の参画に関して

                  具体的な支援策は、財政支援策などの協議は

                  積極的な協力を求めるべき

               上物施設の計画について、その後の進展は

                  市の財政負担はあるか

               水産試験場の誘致をし漁業振興に取り組めないか

                  水産高校を市内に移転してもらうことはできないか

      南海大地震    自主防災組織についての認識と取り組みは

               都市計画マスタープランでの基本姿勢は

               目指すべき都市像、基本的な目標は何に置いている

      阿南駅構内自由通路

               商工業振興センターとの線的整備では意味がない

                  面的整備を強く望む

      高速バス     「運行と地域振興」どのような方向性で取り組むのか

      那賀川治水    「那賀川流域フォーラム」設置に至る経緯とその目的は

      人権教育啓発センター

               設置の時期、内容等さらに検討し、市民が十分活用できるものにしなければならない

  市長     答弁 ………………………………………………………………………22

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………24

  総務部長   答弁 ………………………………………………………………………25

  企画部長   答弁 ………………………………………………………………………26

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………27

  産業部長   答弁 ………………………………………………………………………28

  福祉部長   答弁 ………………………………………………………………………29

  建設部長   答弁 ………………………………………………………………………30

  教育次長   答弁 ………………………………………………………………………30

  理事(会計課)答弁 ………………………………………………………………………31

  7番 久米良久(第2問) ………………………………………………………………32

      組織改革     職員の改善提案制度を確立させ、意識を促す行動を

               前向きな改革を進め、痛みの後の未来像を描け

  総務部長   答弁 ………………………………………………………………………32



  2番 神原照夫(第1問) ………………………………………………………………33

      道路問題     国による構造改革で「県南部は高速道路網から取り残される可能性」の雰囲気

                  今後どのような取り組みをするのか

      消防行政     西部出張所の建設計画はどのようになっているのか

      南海地震     政府「地震調査委員会」が予測を公表

                  防災担当者としての見解は

      農地防災事業   資材搬入工事用道路の建設が進むが、今後の計画は

               城内八幡神社〜統合堰計画付近までの工事用道路について

               近く発注される那賀川幹線水路工事はどの程度なのか

      運動公園     県南部健康運動公園について

                  構造改革の影響下−現状と今後の見通しについて

                  屋内体育館の建設を県に申し入れていただきたい

      産業育成     中山間地域、荒廃竹林が多くなっている

                  筍の振興、新作物の研究はしているのか

               JA合併等で営農指導力の入れようにも影響がある

                  指導員・有識者の嘱託員制度、営農ヘルパー等の

                  技術ブレーンの設置を

               新作物として「お茶」栽培の研究等を提案する

                  全国的に需要は伸び、生産は減っている

      市民交流     県外との交流促進、高速バス運行が新たな出発点

                  姉妹都市・物流・人の交流−活性化につながる

               市内間交流−異業種交流を進めてはどうか

                  新たな産業の再生につながる

               一人ひとりの特技を生かしたボランティア活動を

                  人づくりで阿南の活性化を図る

  市長     答弁 ………………………………………………………………………37

  企画部長   答弁 ………………………………………………………………………38

  福祉部長   答弁 ………………………………………………………………………38

  産業部長   答弁 ………………………………………………………………………38

  建設部長   答弁 ………………………………………………………………………40

  2番 神原照夫(第2問) ………………………………………………………………40

      農業問題     技術的な思考をもって前向きに前進していただきたい



  11番 野村 栄(第1問) ………………………………………………………………41

      障害者対策    福祉というソフト的公共事業が求められている

                  今後の身体障害者福祉への取り組みについて

                  市内各施設におけるバリアフリー化は

               障害者移動支援用車両について

                  社会参加が増大する中、充実が必要

                  3市では複数保有。新たにもう1台整備を望む

      那賀川治水利水  細川内ダム建設中止−課題と方向性を考える会の提言

                  市の評価は、利水効果は

                  行政としてどのような協力をしているのか

               流域フォーラム・流域運営会議・流域市町村懇談会が発足

                  抜本的渇水対策事業の着手は予想がつかない

                  どう考えているのか

               流域フォーラムと河川法との関係について

               緊急性から考えても余り悠長な時間はない

                  目に見える、結果に進展が見られる行動を

      同和行政     「残された課題解決に重要な施策を講じる」とは

                  地域、関係者に限定した施策は行わないことか

               同和教育課の廃止、名称変更だけでは意味がない

               人権教育啓発センターについて

                  他の人権問題は後方に追いやられる危険性が強い

                  部落解放同盟と同和会の事務所は入るのか

                  嘱託職員を両団体からの推薦で決めるというのは

                  不公平感を市民に与えないか

                  設置は市役所内でもいいのではないか

                  設置に伴い団体助成金は廃止するのか

               同和住宅について

                  吉備町では同和関係者に限定した施策はない

                  同和関係者に限り入居−現時点では間違いだ

                  今後の入居は一般公募にすべき

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………45

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………46

  福祉部長   答弁 ………………………………………………………………………46

  建設部長   答弁 ………………………………………………………………………47

  11番 野村 栄(第2問) ………………………………………………………………48

      同和問題     同和住宅について

                  同和問題を解決する上においてはなくすべきだ

               実際に効果ある事業なら予算を組んででもやるべきだ



  13番 鶴羽良輔(第1問) ………………………………………………………………49

      市町村合併    市長の見解は

      農林水産行政   中山間地域等直接支払制度について

                  平成12年度実績と13年度見通しについて

                  対象地に対する実施率の見通しについて

               鳥獣被害について

                  猿、イノシシによる被害、現状と対策は

               松くい虫の被害が多く発生、今後の対策は

      福祉行政     阿南市児童家庭支援ネットワーク事業

                  活動状況と成果について

      教育行政     不適格教員について

                  本市に該当者はいるか その対応は

      南海大地震    政府「地震調査研究推進本部」公表の発生確率について

                  本市として今後どのような対策を講じるのか

      合併浄化槽    本年度は約100基分の補助とのこと、要望数は

      雇用対策     緊急地域雇用創出特別交付金事業

                  平成12年、13年事業での実績と評価について

                  14年度からの活用について

  市長     答弁 ………………………………………………………………………51

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………52

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………53

  福祉部長   答弁 ………………………………………………………………………53

  産業部長   答弁 ………………………………………………………………………53

  13番 鶴羽良輔(第2問) ………………………………………………………………55

      市町村合併    近い将来避けて通れない問題と考える

      農林行政     鳥獣被害、山間部の営農家にとっては深刻な問題

                  「1頭撃てば幾らかの補助を」検討する必要あり

                  関係町村とも定期的な協議を行う必要がある

               松くい虫被害について

                  住民に今後の対策についての説明を望む

      教育行政     児童家庭支援ネットワーク事業

                  本市では絶対に児童虐待は起こさない

               不適格教員について

                  不適格教員に当てはまる状態に陥る原因は

                  教育現場に復帰したときの体制づくりが必要だ

                  問題を抱える教員を生み出す構造的問題とは

      合併浄化槽    年間における一般住宅での設置数と補助基数の関係は

      雇用対策     緊急地域雇用創出特別交付金事業について

                  県下の人口比から2億円程度が適当

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………56

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………57

  産業部長   答弁 ………………………………………………………………………57

  13番 鶴羽良輔(第3問) ………………………………………………………………58

      合併浄化槽    設置数に対し補助が余りにも少ない。増を強く要望する





               第3日 12月13日(木)



議事日程 …………………………………………………………………………………………59

本日の会議に付した事件 ………………………………………………………………………59

出席議員 …………………………………………………………………………………………59

説明のため出席した者の職氏名 ………………………………………………………………59

議会事務局出席職員氏名 ………………………………………………………………………60

日程第1 市政に対する一般質問 ……………………………………………………………60

  8番 松原良明(第1問) ………………………………………………………………60

      那賀川治水利水  那賀川流域フォーラムについて

                  「住民主導で進める」との考えに対しては

               長安口ダムの堆積土砂の排出について

                  9月議会で排出先を提言したが、その後の推移は

      辰巳工業団地企業 出退勤時での進入接続道路の交通渋滞について

                  辰巳企業7社−市に対する貢献度をいかに評価する

                  各社の従業員数、通勤車両数、渋滞の時間枠

                  各社が行っている渋滞緩和の実態を把握しているか

                  市としての対応策は持っているか

                  国や県、公安委員会への働きかけはしたか

      中林農村公園   市民要望が強い。早期完成への努力を願う

      環境美化     ぽい捨て防止条例について

                  環境問題に取り組む根幹である。防止条例を

      防災行政     政府「地震調査委員会」の試算公表について

                  地震に対する防災対策は確立しているのか

  市長     答弁 ………………………………………………………………………63

  企画部長   答弁 ………………………………………………………………………64

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………64

  産業部長   答弁 ………………………………………………………………………65

  8番 松原良明(第2問) ………………………………………………………………65

      那賀川治水利水  市勢発展へ急を要する課題である

                  情報を公開しながら連携し積極的な取り組みを

               市の施策で流域全体のことを考えて動いていただきたい

      辰巳工業団地   出退勤時の交通渋滞緩和対策について

                  赤信号の下に「辰巳行き許可」の青信号設置を

                  那賀川南岸道路を拡幅し、中央幹線道路に接続する

                  那賀川大橋・桑野川大橋の4車線化を

      中林農村公園   農村の持つ特徴ある公園の早急な着工を願う

      ぽい捨て防止条例 海岸線がどのような状態か見ていただきたい

                  条例は環境面の大きな根幹、制定に向けた動きを

      防災行政     南海地震に対する防災体制の確立を早く望む

                  大規模な防災訓練を市で実施することを望む

      市の課題     面からエリアへの広域行政が大きく求められている

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………69

  建設部長   答弁 ………………………………………………………………………69

  8番 松原良明(第3問) ………………………………………………………………69

      阿南市建設    阿南市に「住んでよかった」「住みたい」「移りたい」と

               実感できる市の建設に一生懸命に汗を流す



  12番 奥田 勇(第1問) ………………………………………………………………69

      出産支援     出産一時金について

                  先進市では「前貸し」「委任払い」を実施している

                  実施する予定はあるか いつからか その方法は

      防災行政     自主防災組織について

                  市内での実態、状況は 今後の取り組みは

      地域活動     環境保全に対する地域独自の取り組みについて

               児童の安全、高齢者への生活支援・介護支援の活動は

      福祉行政     食事療法に対する補助はどうなっている

                  介護保険の被保険者の場合はどうか

                  障害者の方の場合はどうか

  市長     答弁 ………………………………………………………………………72

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………72

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………73

  保健部長   答弁 ………………………………………………………………………73

  福祉部長   答弁 ………………………………………………………………………74

  12番 奥田 勇(第2問) ………………………………………………………………74

      出産支援     4月には実施できるよう要望する

      防災行政     自主防災組織の推進について

                  リーダーの育成にも考慮いただきたい

      地域活動     ごみの不法投棄・児童の安全、地域で解決できる組織を

               地域コミュニティづくりの専門組織を庁内に設置しよう

      福祉行政     食事療法に対する補助について

                  特別な病気の方がいる。11万人に1人の難病

                  特殊なものしか食べられない。食事が治療そのもの

                  愛知県豊川市は独自の助成制度で支援する

               難病に苦しむ人を大切にする、守る姿勢が行政には必要

  保健部長   答弁 ………………………………………………………………………77

  12番 奥田 勇(第3問) ………………………………………………………………77

      福祉行政     食事療法に対する補助について

                  阿南市の方向性を見せるためにも制度を早く

               児童福祉法にうたわれているような阿南市の行政を望む



  15番 折野 博(第1問) ………………………………………………………………78

      市長の政治姿勢  「みんなでつくる阿南市の基本目標」5項目について

                  2年経過したが目標どおり進捗しているか

               国においての構造改革−「本市改革の時期」

                  具体的にどのような改革に取り組むのか

      行財政問題    厳しい財政状況の中、諸施策を推進する場合

                  事務事業の見直しによる効率的な行政運営の確立

                  自主財源の安定的確保による健全財政の堅持

                  最小の経費で最大の効果を得る行財政運営

      道路問題     国道55号バイパス阿南道路、終点の橘までの進捗状況は

               市道の現状と改良状況について

                  市道の総延長 改良済及び未改良の延長距離

                  改良率、舗装率

                  最近1年間の改良された延長距離

               都市計画区域外の集落通行路、排水路の補修・改良

      都市公園     計画的に各地域に都市公園の造成をするべきである

      農業行政     中山間地域直接支払制度について

                  田畑急傾斜地、段急傾斜地の締結面積は

                  昨年度の場合は

                  農業振興地域外から振興地域への編入申請数は

                  最終期限はいつになる

               椿町東部中山間圃場整備事業でのトンネル・農道整備

                  温泉を中心に福祉、観光拠点にするべく周辺整備も

      船瀬温泉     ゲートボール場整備の今後のスケジュールについて

               トイレ、ベンチ等の周辺整備計画は

               入浴券について

                  個人用・家族用の年間パスポートを発売しては

      ウミガメサミット 来年11月開催、最大限の支援を

               開催までのスケジュール、大会要領について

      伊島コミュニティ・プラント

               伊島町会への管理委託の内容は

  市長     答弁 ………………………………………………………………………82

  総務部長   答弁 ………………………………………………………………………83

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………83

  産業部長   答弁 ………………………………………………………………………83

  建設部長   答弁 ………………………………………………………………………85

  教育次長   答弁 ………………………………………………………………………86

  15番 折野 博(第2問) ………………………………………………………………87

      道路問題     市道の改良について

                  特に危険な個所、通学路、交通量の多い個所を

               都市計画区域外の通行路、排水路整備

                  県の補助対象事業もあるので検討いただきたい

      農業問題     中山間地域直接支払制度について

                  多くの面積が対象になるよう締結の努力を願う

      椿地域開発    蒲生田、船瀬が注目の的、全員の英知を結集し将来の宝に



  10番 達田良子(第1問) ………………………………………………………………87

      同和行政     平成14年度以降の同和行政の取り組みについて

                  「同和優先」という差別行政を生み出さないか

                  現行事業は「国・県に準じ対応」とのことであるが

                  市としての見通しは持っているか

               同和対策推進協議会の業務委託について

                  これまでの業務の総括はしているのか

      人権教育啓発センター

               配置を予定している嘱託職員について

               当初予算のとおりの給与が支払われるのか

               「市同協の事務局」−法的根拠をなくする趣旨

      介護保険     低所得者対策に、市独自で保険料、利用料の減免は

               65歳以上の第1号被保険者

                  第1段階、保険料を無料にすると財源は幾らか

                  第2段階、第3段階の生計が困難な低所得者数は

               第1号被保険者での普通徴収者数

                  年金月額1万5,000円以下の人数  滞納者数

      乳幼児医療費   無料化の拡充について

                  対象年齢引き上げについての年次的な計画は

                  就学前まで無料化するのはいつ頃か

      職員採用     採用試験結果、本人から開示請求があった場合は

               答案用紙の保管はしないのか

               選考にあたり第三者機関の設置を検討しているか

               今年度採用試験の受験者数と第1次試験合格者数

                  第2次試験の受験者数と受験資格要件

               運動団体からの推薦枠はあるのか

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………90

  総務部長   答弁 ………………………………………………………………………91

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………91

  保健部長   答弁 ………………………………………………………………………92

  10番 達田良子(第2問) ………………………………………………………………93

      同和行政     同和奨学金交付金事業について

                  地区の区別なく必要な人が受けられる制度に

                  受給要件を狭めないよう要望する

               地域学習会事業について

                  学校の中で地区にかかわりなく効果的な施策を

               今後の方向を決定する基本的な考えについて

                  地区住民の自立、市民の理解の面からの考察

               廃止の方向である9事業、13年度での事業費総額は

               同和対策推進協議会業務委託、これまでの予算額は

      人権教育啓発センター

               「人権教育・啓発」を主体的に推進する組織をつくるべき

               嘱託職員−弁護士、運動団体からの推薦者は入る予定か

      介護保険     第1段階者、全て無料で年間80万円。困難と考えるのか

               低所得者対策は必要とは考えないのか

               普通徴収の滞納者の滞納理由をつかんでいるか

      乳幼児医療費   無料化−人口増、市の活性化を図る視点からも拡充を

      職員採用     第三者機関という外部委員について

               第2次試験に受けれる基準をつくる必要性は

               「生活実態調査報告書」で対象地区に公務員が多いのは

  市長     答弁 ………………………………………………………………………98

  教育長    答弁 ………………………………………………………………………98

  総務部長   答弁 ………………………………………………………………………98

  市民環境部長 答弁 ………………………………………………………………………98

  保健部長   答弁 ………………………………………………………………………99



  20番 保岡正広(第1問) ………………………………………………………………99

      職員採用     聞く範囲では既に採用者が決定されているというが

      同和行政     対象地区における混住率は

               同和関係者の生活保護率は

               行政機構での人権教育啓発センターの位置づけは

               行政の主体性について

      公共事業     阿南駅の橋上化に伴う自由通路の工事について

                  JRとの仮工事協定書を提出いただきたい

               橋上化、自由通路、駅前広場での総事業費は幾ら

                  市の負担分、財源内訳は

               第4次教育施設整備計画について

                  事業量は金額的にどの程度になる

                  各学校からの修繕要望について早期の対応は可能か

               公共事業の指名基準について

               来年度から導入する一般競争入札について

      会計決算     経常収支比率での政策経費、同和対策関連費

               住宅新築資金会計での政府資金償還金の財源は

  総務部長   答弁 …………………………………………………………………… 101

  市民環境部長 答弁 …………………………………………………………………… 101

  建設部長   答弁 …………………………………………………………………… 102

  教育次長   答弁 …………………………………………………………………… 103

  20番 保岡正広(第2問) …………………………………………………………… 103

      職員採用     第2次試験はいつ頃実施する予定か

      同和行政     同和関係者の生活保護率、県は公表しているが

               人権教育啓発センターについて

                  条例までつくって何故つくらなければならない

                  設置の計画はやめるべきだと思う

               行政の主体性について

                  行政のトップに立つ人の主体性が問われると思う

      各種事業     教育施設の修繕要望について

                  財政が厳しいというが問題は金の使い方だ

      会計決算     経常収支比率からの同和対策費は

               住宅新築資金会計の公債費について

  市長     答弁 …………………………………………………………………… 107

  総務部長   答弁 …………………………………………………………………… 107

  市民環境部長 答弁 …………………………………………………………………… 107

  福祉部長   答弁 …………………………………………………………………… 107

  20番 保岡正広(第3問) …………………………………………………………… 107

      職員採用     試験結果通知について

      同和行政     同和関係者の生活保護率について

               人権教育啓発センター設置の合理的な理由がわからない

      会計決算     住宅新築資金の赤字の処理について

  総務部長   答弁 …………………………………………………………………… 109

  文書答弁(市民環境部) ……………………………………………………………… 109



  19番 山下久義(第1問) …………………………………………………………… 109

      同和行政     同和対策への運動−多くの市民、県民の快適な生活につながるということに出合った

                  人権を確立していくことにつながる行政かどうかを考えた

               平成14年度からの同和対策の一般移行について

                  国の思いとしては地方自治体もっとしっかりしなさ

                  いということで指し示されたと思う

               県の懇話会が示した「同和問題を解決するための今後の施

               策と基本目標」について

               特別法に基づく地区指定はなぜされたか

                  対策事業の名のもと対象地区外の事業が全国から上

                  がり予算が足らなく線引き−ねたみ意識

               行政の主体性について

                  対策事業、市民に理解を求めて実施。というスタイルが行政に欲しかった

      人権教育啓発センター

               阿南市が進めていく「市民の人権擁護、啓発」本来の議論がなく残念

               中身のあるものにしていくには

                  たくさんの人権問題が正しく議論され、啓発・教育

                  されるスタッフをつくっていただきたい

      失業対策     今多くの市民が困っているのは失業対策の問題

                  阿南市の失業率とその対応について

      西池田の山崩れ  10月10日に起こったが、その後の対応は

  企画部長   答弁 …………………………………………………………………… 115

  市民環境部長 答弁 …………………………………………………………………… 115

  産業部長   答弁 …………………………………………………………………… 116

  19番 山下久義(第2問) …………………………………………………………… 116

      失業対策     もっと積極的に県にアプローチを

                  枠を増やして、市民に対応していただきたい

      西池田の山崩れ  校歌に歌われた眉山。乱開発により見る影もない

                  地域住民は常に危険と背中合わせの状況に放置県にお願いし実態の再調査を

                  安心して生活できるように対応を願う

      人権教育啓発センター

               センターに向けて教育委員会の考えは

  教育長    答弁 …………………………………………………………………… 117

日程第2 議案第1号から議案第23号まで 委員会付託 ……………………………… 118

日程第3 議案第24号から議案第26号まで 市長提案理由説明 ……………………… 118

      質疑  1番 山崎議員 …………………………………………………… 119

      答弁  総務部長 …………………………………………………………… 119

      委員会付託 …………………………………………………………………… 119





               第4日 12月21日(金)



議事日程 ……………………………………………………………………………………… 121

本日の会議に付した事件 …………………………………………………………………… 121

出席議員 ……………………………………………………………………………………… 121

説明のため出席した者の職氏名 …………………………………………………………… 121

議会事務局出席職員氏名 …………………………………………………………………… 122

日程第1 議案第1号から議案第26号まで 計26件一括上程 ………………………… 122

     久米良久  建設委員長報告 ………………………………………………… 122

     仁木一郎  文教厚生委員長報告 …………………………………………… 124

     秋本喜久雄 産業経済委員長報告 …………………………………………… 126

     荒谷みどり 総務委員長報告 ………………………………………………… 128

     質疑・討論  反対討論 10番 達田議員 ………………………………… 129

     議案第5号及び議案第21号、議案第22号 一括採決 ……………………… 131

     議案第3号 採決 ……………………………………………………………… 131

     議案第1号、議案第2号、議案第4号、議案第6号

     議案第17号から議案第20号並びに議案第23号から議案第26号

     計12件一括採決 ………………………………………………………………… 132

     議案第7号から議案第16号 計10件一括採決 ……………………………… 132

日程第2 議案第27号 阿南市監査委員の選任について

     議案第28号及び議案第29号 人権擁護委員の候補者の推薦について

      市長提案理由説明 …………………………………………………………… 132

      成規の手続き省略  採決 ………………………………………………… 133

日程第3 議第1号 医療制度の改善を求める意見書(案)

      成規の手続き省略  採決 ………………………………………………… 133

日程第4 閉会中の継続調査 ……………………………………………………………… 134

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

     市長     閉会あいさつ ………………………………………………… 134

     議長     閉会あいさつ ………………………………………………… 134





                 付    録



〇平成13年阿南市議会12月定例会議案目録及び会議結果 ……………………………… 137

〇報告目録 …………………………………………………………………………………… 138

〇平成13年阿南市議会12月定例会追加議案目録及び会議結果 ………………………… 138

〇議員提出議案目録及び会議結果 ………………………………………………………… 138

〇議案付託表 ………………………………………………………………………………… 141

〇閉会中の継続調査申出書 ………………………………………………………………… 143

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

※参考  陳情文書表