議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 阿南市

平成16年 6月定例会 06月23日−04号




平成16年 6月定例会 − 06月23日−04号







平成16年 6月定例会



 ┌───────────────────────────────────┐

 │            平 成 16 年               │

 │        阿南市議会6月定例会会議録(第9号)         │

 └───────────────────────────────────┘

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



      平成16年6月23日(水曜日)午前10時31分 開議



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



議事日程(第4号)

第1 承認第1号から承認第4号

   第1号議案から第13号議案

   請願第1号

第2 議会運営委員の選任

第3

 第14号議案 教育委員会委員の任命について

 第15号議案 公平委員会委員の選任について

 第16号議案 固定資産評価員の選任について

 諮問第1号 人権擁護委員の候補者の推薦について

 諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について

第4

 議第1号 地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書(案)

第5 阿南市選挙管理委員及び補充員の選挙

第6 閉会中の継続調査

   ─────────────

 本日の会議に付した事件

日程第1 承認第1号から承認第4号

     第1号議案から第13号議案

     請願第1号

日程第2 議会運営委員の選任

日程第3 第14号議案から第16号議案

     諮問第1号から諮問第2号

日程第4 議第1号

日程第5 阿南市選挙管理委員及び補充員の選挙

日程第6 閉会中の継続調査

   +++++++++++++

出席議員(28名)

  1番  佐 々 木  志 滿 子 議員

  2番  久  米  良  久 議員

  3番  神  原  照  夫 議員

  4番  横  田  守  弘 議員

  5番  日  下  公  明 議員

  6番  林     孝  一 議員

  7番  住  友  利  広 議員

  8番  松  原  良  明 議員

  9番  荒  谷  み ど り 議員

 10番  山  崎  雅  史 議員

 11番  野  村     栄 議員

 12番  奥  田     勇 議員

 13番  鶴  羽  良  輔 議員

 14番  島  尾  重  機 議員

 15番  折  野     博 議員

 16番  嶋  尾  秀  昭 議員

 17番  松  橋  リ ツ 子 議員

 18番  小  島  正  行 議員

 19番  仁  木  一  郎 議員

 20番  保  岡  正  広 議員

 21番  野  中  邦  男 議員

 22番  近  藤  治  郎 議員

 23番  秋  本  喜 久 雄 議員

 24番  吉  積  明  徳 議員

 25番  岩  佐  博  文 議員

 26番  山  下  久  義 議員

 27番  片  山  敬  史 議員

 28番  兼  竹  安  秀 議員

   +++++++++++++

欠席議員(なし)

   ─────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長       岩 浅 嘉 仁

 助役       亀 尾 貞 男

 助役       島 田 泰 子

 収入役      谷 口   勇

 教育委員長    清 水   智

 教育長      大 川 勝 定

 代表監査委員   石 澤 三 朗

 企画総務部長   橋 本 昭 雄

 市民環境部長   大 津 愛 博

 保健福祉部長   田 上 敏 幸

 産業部長     甘 利 英 夫

 建設部長     岡 田   肇

 水道部長     上 田 武 義

 理事       大 澤 敏 之

 理事       大 上 善 巳

 教育次長     重 村 英 幸

 理事       玉 木   昇

 理事       陶 久 泰 臣

 体育振興監    米 沢 敏 信

 企画総務部参事  喜 田   潤

 秘書広報課長   眞 本 靜 生

 財政課長     惠 来 和 男

   ─────────────

議会事務局出席職員氏名

 事務局長     米 田 佑 壽

 事務局次長    廣 瀬 春 幸

 次長補佐     佐々木 宏 伸

 議事係長     坂 東 孝 代

 調査係長     青 木 芳 幸

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) おはようございます。

 開議に先がけまして一言申し上げます。

 去る6月21日、大変心配しておりました台風6号が徳島県を直撃をいたしました。気象庁の発表によりますと、6月に2度も上陸するのは観測史上初めてであるというようなことでございます。農産物や農業施設にも被害が出ているようでございますが、被害に遭われた方々に対しまして、心よりお見舞いを申し上げる次第でございます。

 それでは、まず本日の議事日程を御報告申し上げます。

 日程第1、承認第1号から承認第4号及び第1号議案から第13号議案、請願第1号。日程第2、議会運営委員の選任。日程第3、第14号議案から第16号議案及び諮問第1号から諮問第2号。日程第4、議第1号。日程第5、阿南市選挙管理委員及び補充員の選挙。日程第6、閉会中の継続調査。

 以上であります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) これより本日の会議を開きます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) この際、御報告いたします。

 お手元に御配付のとおり、市長から追加議案3件及び諮問2件並びに議員提出議案1件が提出されておりますので、御了承を願います。

 また、6月15日の小島議員の一般質問に対する答弁書が提出されておりますので、あわせて御了承をお願いいたします。

 直ちに本日の日程に入ります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第1 承認第1号から承認第4号及び第1号議案から第13号議案、請願第1号、以上、計18件を一括して議題といたします。

 以上の各件につきまして委員長の報告を求めます。

 建設委員長 神原議員。

   〔神原議員登壇〕



◆建設委員長(神原照夫議員) おはようございます。

 議長の指名をいただきましたので、建設委員会の結果につきまして御報告申し上げます。

 本委員会は16日に会議を開きまして、本委員会に付託されました市長提出議案4件について、慎重に審査を行いました。

 その結果、市長提出議案につきましては、いずれも原案のとおり承認、可決すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程でありました質疑、意見、要望等の内容につきまして簡単に御報告申し上げます。

 まず、承認第4号 平成15年度阿南市一般会計補正予算(第8号)に係る専決処分の承認のうち、本委員会に関係する部分についてであります。

 委員から、急傾地の崩壊対策事業及び道路橋梁新設改良費がそれぞれ4,000万円、または1億675万円の減額となっている理由についての質問がありまして、担当課長からは、急傾斜地崩壊対策事業につきましては、橘町の避難地分用地の減額であるが、これについては本年度用地取得の話が調えば、土地開発基金での取得を予定している。

 一方、道路橋梁新設改良費については、国営農地防災事業の仮設道として市道拡張事業を予定していたが、用地取得も含めて、国において施工されることになったことに伴う減額であり、拡張分は国の事業が完了した後、市道として一部受け取るようになるとの説明でありました。

 次に、第2号議案 阿南市上水道事業分担金徴収条例の一部改正についてであります。

 委員からは、今回の計画では給水人口が149人とのことであるが、椿町、平松東側の別荘地6戸付近も計画に入っているのか。また、この区域を計画に含めれば、給水区域以外の民家2戸も近くなるので、ぜひとも計画に含めてもらいたいとの質疑、要望があり、担当課長からは、計画給水人口149人には当該区域も含めており、加入していただくことになれば配管できるとの説明でありました。

 次に、第12号議案 富岡雨水ポンプ場建設工事のうち土木工事の請負契約の変更請負契約及び第13号議案 富岡雨水ポンプ場建設工事のうち機械設備工事(第2分割)の請負契約の締結についてであります。

 委員からは、土木工事の請負契約の変更に関し、今回減額となった当初設計の変更理由は何か、また変更に当たって現場の安全は十分確保されるのか、さらに予定工期内完成のために、基本的な安全性が犠牲となったり、工事に瑕疵が生じるようなことがあってはならないとの質疑、意見があり、担当課長からは、今回の変更は、施工業者の提案により、設計コンサルタントとともに慎重に協議、検討した結果によるもので、3カ月程度の工期短縮が可能となり、工法的にも問題はない。なお、施工に当たっては安全に十分配慮したいとの答弁がありました。

 また、機械設備工事の請負契約の締結に関して、委員からは、今回の工事は一般競争入札になっているが、入札参加者が4業者と少ない、今回の入札資格条件で申し込み業者は何社であったのか、また参加業者が少ない場合のやり直しはできないのかとの質疑があり、担当課長からは、入札申し込み業者は6社であったが、資格審査の段階で条件にそぐわない業者が2者あり、結果的に4社による入札となった。また、入札のやりなおしについてはできないが、今後必要以上に過剰な条件設定をしないよう検討していきたいとの説明を受けたところであります。

 以上、審査の過程における質疑、意見等について御報告申し上げまして、まことに簡単でございますが、建設委員長の報告といたします。

 終わります。



○議長(片山敬史議員) 次に、産業経済委員長 住友議員。

   〔住友議員登壇〕



◆産業経済委員長(住友利広議員) 議長の御指名をいただきましたので、産業経済委員会の審査の結果につきまして御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る6月17日に会議を開き、付託されました市長提出議案3件につきまして慎重に審査を行いました。

 その結果、付託議案3件につきましては、いずれも原案のとおり可決、承認すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程でありました質疑、要望等につきまして簡単に御報告を申し上げます。

 まず、承認第4号 平成15年度阿南市一般会計補正予算(第8号)に係る専決処分の承認のうち、当委員会に関係する部分についてであります。

 委員からは、商工費の道路改良工事費及び用地購入費の減額について、その主な理由と今後の見通しについて質疑がありました。理事者からは、北の脇進入道路改良に伴う工事費及び用地購入費が3,500万円の減額でありますが、地権者との交渉がまとまらなかったことから減額するもので、引き続き地権者との交渉を続けていくとの答弁がございました。

 また、委員から、何十年も前からの問題であり、力を入れていただき16年度完成するよう要望がございました。

 次に、第3号議案 阿南市手数料条例の一部改正についてであります。

 国から委託を受けて行っている船員手帳の交付及び書きかえ事務について、その手数料を50円値上げするものでございますが、委員からは、年間の取り扱い件数について質疑があり、理事者からは、平成15年度において交付6件、書きかえ17件、合計23件の取り扱いがあるとの答弁がありました。

 次に、議案第9号 土地改良事業の変更についてであります。

 委員からは、富岡東部地区土地改良事業に関して、事業内容の変更をしていないのに事業費が減額される理由はとの質疑に対し、理事者からは、入札の結果生じた差額であるとの答弁がございました。

 また、事業費の負担割合についての質疑に対し、国費50%、県費15%、地元負担35%であるとの答弁がありました。

 さらに、委員からは、農道舗装工事の低価格の落札に対して、少ない経費で効果が出せるよう設計段階における積算に反映させる考えについて、また制限価格を設けるかどうかについて質疑がございました。理事者からは、設計の積算については、設計単価を使用していること、制限価格を設けるかどうかは今後検討してまいりたいとの答弁がありました。この説明に対して、さらに委員からは、今後このような低価格の落札工事については、管理監督並びに検査を十分に行ってもらいたいとの要望がありました。

 以上、御報告申し上げまして、まことに簡単でございますが、産業経済委員長の報告とさせていただきます。



○議長(片山敬史議員) 次に、総務委員長 嶋尾秀昭議員。

   〔嶋尾議員登壇〕



◆総務委員長(嶋尾秀昭議員) 議長の御指名がございましたので、総務委員会の結果について御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る6月18日に会議を開き、付託されました市長提出議案8件について慎重に審査を行いました。

 その結果、市長提出議案8件につきましては、いずれも原案のとおり承認、可決すべきものと決しました。

 以下、質疑、意見、要望等がありました第1号議案 阿南市職員駐車場使用料徴収条例の制定について簡単に御報告申し上げます。

 委員からは、横見職員駐車場の借地面積、借地料、駐車可能台数及び市役所構内における一般来庁者との区分について質疑があり、理事者からは、借地面積は約7,220平方メートルであり、借地料が年間で約567万円、駐車可能台数は約390台で、職員約340名が利用しており、市役所構内は原則として職員は許可していないとの答弁がありました。

 他の委員からは、施行まで時間が短いが、どのような方法で周知するのかとの質疑があり、理事者からは、所属長等に説明会など施行に差し支えのないように取り組んでまいりたいとの答弁がありました。

 また、他の委員からは、駐車場は雇用者責任でするべきでないのか。

 駐車場料金の算出根拠、職員との話し合い及び本庁以外の駐車場の取り扱いについて質疑があり、理事者からは、本市の交通事情を考慮し、職員の福利厚生の一環として設置した経緯であるが、駐車場は雇用責任までとは判断しておらず、行財政改革で委員さんからの御提案があり、その意向も踏まえて、今回提案をさせていただいたものである。

 また、駐車料は、借地料を基準に算出したもので、職員団体の基本的な御理解も得られたものと考えているとの答弁がありました。

 さらに、委員からは、特別職の駐車料金について質疑があり、理事者からは、今後の改正時に徴収する方向で検討したいとの答弁がありました。

 また、他の委員からは、駐車料の徴収方法及び出先機関の駐車場スペースが十分確保できておらず、問題があるのではないかと質疑があり、理事者からは、徴収方法は給与からの天引きと現金納付の2通りであり、出先機関については、駐車料を徴収するのは市が認めた駐車場についてであり、学校については教職員組合と鋭意協議を行っているとの答弁がありました。

 最後に、委員から、実施に当たっては、労使双方の理解が必要であり、また施設面での改善などの意見、要望が出されたところであります。

 以上が審査過程における主な質疑、要望等の内容でございますが、他の議案につきましては、特に質疑なく、承認、可決すべきものと決したことを御報告申し上げまして、総務委員長の報告とさせていただきます。



○議長(片山敬史議員) 次に、文教厚生委員長 林議員。

   〔林議員登壇〕



◆文教厚生委員長(林孝一議員) 議長の御指名をいただきましたので、文教厚生委員会の審査の結果につきまして御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る21日に会議を開き、付託されました市長提出議案5件及び請願1件につきまして慎重に審査を行いました。

 その結果、市長提出議案につきましては、いずれも原案のとおり承認、可決すべきものと決しました。

 また、請願については、不採択と決した次第であります。

 以下、審査過程における質疑、意見について御報告を申し上げます。

 まず、第5号議案 阿南市給食センター設置条例の一部改正についての審査では、委員から南部学校給食センター新築工事の進捗状況、完成日、給食数、対応する学校についての質疑があり、理事者からは、休日を返上し、工事を進めるよう鋭意努力をしており、7月中旬ごろには大型の厨房機器を設置し、すべての工事が予定どおり終了し、その後調整、試運転を行い、7月末までには完成の予定である。また、食数については、近くに単独校があることから、配送の食数を調整しながら、来年4月1日を目途に配送車の改造、距離変更等全体的なことについて調整を行う予定である。米飯については、従来の南部学校給食センター分に加えて、見能林給食センター分を2学期から調理する予定であるとの答弁がありました。

 これに対し、委員から、4月に向けて単独給食を行っている学校についてどうするのか、どのように検討するのかと質疑がありました。理事者からは、単独校の給食については、特に椿泊小学校の給食について、来年4月から新しい南部学校給食センターで実施する方向で考えているとの答弁がありました。

 次に、請願第1号 安定した公的年金制度の確立等に関する請願(継続分)については、委員から、通常国会においてさまざまな指摘がされ、大枠で年金問題は給付と負担の問題と税金をどれだけ投入するかなど、十分議論された上で法案が成立した。また、今後国会において具体的な議論がなされると思われることから、不採択にした方がよいのではとの意見がありました。

 一方、通常国会で法案は成立したが、中身が煩雑でわかりにくい、また国民年金の空洞化の問題等については全く議論がなされてないことなどから、政府に対してわかりやすい制度にしてほしい旨の意見書を提出してもらいたいとの意見がありました。

 また、年金問題は、国民の立場から考えなければならないと思う、国の関連法案の中身が成立していく中で、請願についてももっと議論をしていく必要があるので継続審査にしてはとの意見も出されるなど賛否が分かれましたが、採決を行った結果、不採択と決した次第であります。

 以上が審査過程における主な質疑、意見の内容でございますが、他の議案につきましては、特に質疑もなく、承認、可決すべきものと決したことを御報告申し上げまして、文教厚生委員長の報告といたします。



○議長(片山敬史議員) 以上で各委員長の報告が終わりました。

 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 討論なしと認めます。

 これより採決を行います。

 ただいま議題となっております各案件中、承認第2号 阿南市税条例の一部を改正する条例に係る専決処分の承認についてを起立により採決いたします。

   +++++++++++++

   このときの出席議員氏名

  1番  佐々木 志滿子 議 員

  2番  久 米 良 久 議 員

  3番  神 原 照 夫 議 員

  4番  横 田 守 弘 議 員

  5番  日 下 公 明 議 員

  6番  林   孝 一 議 員

  7番  住 友 利 広 議 員

  8番  松 原 良 明 議 員

  9番  荒 谷 みどり 議 員

 10番  山 崎 雅 史 議 員

 11番  野 村   栄 議 員

 12番  奥 田   勇 議 員

 13番  鶴 羽 良 輔 議 員

 14番  島 尾 重 機 議 員

 15番  折 野   博 議 員

 16番  嶋 尾 秀 昭 議 員

 17番  松 橋 リツ子 議 員

 18番  小 島 正 行 議 員

 19番  仁 木 一 郎 議 員

 20番  保 岡 正 広 議 員

 21番  野 中 邦 男 議 員

 22番  近 藤 治 郎 議 員

 23番  秋 本 喜久雄 議 員

 24番  吉 積 明 徳 議 員

 25番  岩 佐 博 文 議 員

 26番  山 下 久 義 議 員

 27番  片 山 敬 史 議 員

 28番  兼 竹 安 秀 議 員

   +++++++++++++



○議長(片山敬史議員) 本件に対する委員長の報告は承認であります。

 これを委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(片山敬史議員) 起立多数であります。

 よって、本件は原案のとおり承認されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 次に、第1号議案 阿南市職員駐車場使用料徴収条例の制定についてを起立により採決いたします。

   +++++++++++++

   このときの出席議員氏名

  1番  佐々木 志滿子 議 員

  2番  久 米 良 久 議 員

  3番  神 原 照 夫 議 員

  4番  横 田 守 弘 議 員

  5番  日 下 公 明 議 員

  6番  林   孝 一 議 員

  7番  住 友 利 広 議 員

  8番  松 原 良 明 議 員

  9番  荒 谷 みどり 議 員

 10番  山 崎 雅 史 議 員

 11番  野 村   栄 議 員

 12番  奥 田   勇 議 員

 13番  鶴 羽 良 輔 議 員

 14番  島 尾 重 機 議 員

 15番  折 野   博 議 員

 16番  嶋 尾 秀 昭 議 員

 17番  松 橋 リツ子 議 員

 18番  小 島 正 行 議 員

 19番  仁 木 一 郎 議 員

 20番  保 岡 正 広 議 員

 21番  野 中 邦 男 議 員

 22番  近 藤 治 郎 議 員

 23番  秋 本 喜久雄 議 員

 24番  吉 積 明 徳 議 員

 25番  岩 佐 博 文 議 員

 26番  山 下 久 義 議 員

 27番  片 山 敬 史 議 員

 28番  兼 竹 安 秀 議 員

   +++++++++++++



○議長(片山敬史議員) 本件に対する委員長の報告は可決であります。

 これを委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(片山敬史議員) 起立多数であります。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 次に、市長提出議案17件中、既に採決いたしました2件を除く承認第1号及び承認第3号から承認第4号、第2号議案から第13号議案までの計15件を一括して採決いたします。

 以上の15件に対する委員長の報告は承認または可決であります。以上の15件をいずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の15件はいずれも承認または可決されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 次に、請願第1号安定した公的年金制度の確立等に関する請願(継続分)採決いたします。

   +++++++++++++

   このときの出席議員氏名

  1番  佐々木 志滿子 議 員

  2番  久 米 良 久 議 員

  3番  神 原 照 夫 議 員

  4番  横 田 守 弘 議 員

  5番  日 下 公 明 議 員

  6番  林   孝 一 議 員

  7番  住 友 利 広 議 員

  8番  松 原 良 明 議 員

  9番  荒 谷 みどり 議 員

 10番  山 崎 雅 史 議 員

 11番  野 村   栄 議 員

 12番  奥 田   勇 議 員

 13番  鶴 羽 良 輔 議 員

 14番  島 尾 重 機 議 員

 15番  折 野   博 議 員

 16番  嶋 尾 秀 昭 議 員

 17番  松 橋 リツ子 議 員

 18番  小 島 正 行 議 員

 19番  仁 木 一 郎 議 員

 20番  保 岡 正 広 議 員

 21番  野 中 邦 男 議 員

 22番  近 藤 治 郎 議 員

 23番  秋 本 喜久雄 議 員

 24番  吉 積 明 徳 議 員

 25番  岩 佐 博 文 議 員

 26番  山 下 久 義 議 員

 27番  片 山 敬 史 議 員

 28番  兼 竹 安 秀 議 員

   +++++++++++++



○議長(片山敬史議員) 本件に対する委員長の報告は不採択であります。

 原案について、お諮りいたします。

 本件を原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○議長(片山敬史議員) 起立少数であります。

 よって、本件は不採択と決ました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第2 議会運営委員の選任を議題といたします。

 御報告いたします。

 去る6月21日、岩佐議員より議会運営委員を辞任することの願いが提出され、本日議長においてこれを許可いたしました。

 よって、欠員となりました委員の選任を行うものであります。

 なお、選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において島尾重機議員を指名いたします。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 なお、この際御報告申し上げます。

 議会運営委員会におかれましては、既に欠員となった副委員長を互選の上、議長まで報告されております。その氏名は、お手元に御配付の阿南市議会議員委員会組織一覧表のとおりであります。

 以上、御報告申し上げます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第3 第14号議案 教育委員会委員の任命について、第15号議案 公平委員会委員の選任について、第16号議案 固定資産評価員の選任について、諮問第1号 人権擁護委員の候補者の推薦について、諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦について、以上計5件を一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 岩浅市長。

   〔岩浅市長登壇〕



◎市長(岩浅嘉仁) 議員の皆様方には連日にわたりまして御審議をいただいておりますことに対しまして厚く御礼を申し上げます。

 本日追加提案をさせていたただきました議案3件及び諮問案件2件につきまして提案理由の御説明をさせていただきます。

 第14号議案 阿南市教育委員会委員の任命につきましては、大川勝定委員の任期が、本年6月30日をもって満了となりますので、その後任者の任命につきまして議会の同意をお願いするものでございます。

 大川勝定氏は、平成12年7月に阿南市教育委員会委員に任命された後、教育長に就任され、以来4年間にわたりまして本市の教育行政の推進に精力的なお取り組みをいただき、特に学校教育の推進、教育施設の整備充実、並びに人権教育及び生涯教育施策の推進充実など、教育行政の円滑な運営、推進に多大な御尽力と御貢献を賜ったわけでございまして、多年にわたる御労苦に深甚なる敬意と感謝を申し上げるとともに、今後とも市政に対する御支援と御厚誼をお願いを申し上げる次第でございます。

 後任の委員には、新たに田上勝義氏を任命いたしたく、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」の規定に基づき議会の同意をお願いするものでございます。

 田上勝義氏は、昭和40年に徳島大学を御卒業後教職につかれ、38年間にわたって教育一筋に御尽力された方でございまして、この間、県教育委員会同和教育振興課長、また県教育委員会事務局教育次長、富岡小学校校長を歴任されるなど、教育の振興と教育行政の発展に御功績を上げてこられた方でございます。人格も高潔で、幅広い識見を有する方であり、本市の教育委員として適任と考えておりますので、御同意を賜りたいと存じます。

 第15号議案 阿南市公平委員会委員の選任につきましては、桑村春美委員の任期が、本年6月30日をもちまして満了となりますので、その後任者の選任につきまして議会の同意をお願いするものでございます。

 桑村春美氏は、平成8に公平委員に就任され、以来8年間の長きにわたって本市の公平委員会行政の推進に御尽力されましたことに対しまして、改めて敬意と感謝を申し上げます。

 後任の委員には、新たに香川恵信氏を選任いたしたく、議会の同意をお願いするものでございます。

 香川恵信氏は、昭和20年に徳島県立富岡中学校を卒業後、海軍兵学校、徳島青年師範学校を経て、明治生命保険相互会社に入社、各地の支社長を歴任された後、関連会社の取締役を務められるなど、民間会社の経験が豊富であることから、市の公平委員会委員として適任と考えておりますので、御同意を賜りたいと存じます。

 第16号議案 固定資産評価員の選任につきましては、大津愛博企画財政部副部長の異動に伴いまして、その後任者として、黒田 実企画総務部参事を選任いたしたく、議会の同意を求めるものでございます。

 諮問第1号及び諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦につきましては、坂東清史委員の御逝去に伴い、鈴木 清氏をその後任候補者として推薦いたしたく、また西尾博幸委員の任期が本年8月31日をもって満了となりますので、その後任候補者として、引き続き同氏を推薦することといたしたく、議会の御意見を求めるものでございます。

 以上の議案3件及び諮問案件2件でございますが、何とぞ原案のとおり御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(片山敬史議員) 以上で提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております5件は、正規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 第14号議案 阿南市教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

 第15号議案 阿南市公平委員会委員の選任についてを採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

 第16号議案 阿南市固定資産評価員の選任についてを採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

 諮問第1号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

 諮問第2号 人権擁護委員の候補者の推薦についてを採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第4 議第1号地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書(案)を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本件は各派代表者全員からの提出でありますので、正規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第5 阿南市選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。

 本件は、選挙管理委員及び補充員の任期が6月29日をもって満了となりますので、地方自治法第182条第1項及び第2項の規定により、委員及び補充員の選挙を行うものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選とし、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 まず、選挙管理委員の指名を行います。

 選挙管理委員に中西一二三君、田村智照君、豊田邦和君、平野惣吉君、以上の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました4名の諸君を選挙管理委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました4名の諸君が選挙管理委員に当選されました。

 次に、同補充員の指名をいたします。

 選挙管理委員補充員に大津愛博君、田上敏幸君、甘利英夫君、岡田 肇君、以上の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました4人の諸君を選挙管理委員補充員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました4名の諸君が選挙管理委員補充員に当選されました。

 なお、お諮りいたします。

 ただいま当選いたしました補充員の順序は指名の順位によることといたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第6 閉会中の継続調査を議題といたします。

 本件につきましては、各委員長から調査中の事件についてお手元に御配付のとおり閉会中の継続調査の申出書が提出されております。

 お諮りいたします。

 これを各委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 議事の都合により小休いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    休憩 午前11時 8分

    再開 午前11時 9分

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝



○議長(片山敬史議員) 再開いたします。

 失礼いたしました。

 議第1号 地方分権を確立するための真の三位一体改革の実現を求める意見書(案)を採決を飛ばしておりましたので、採決いたします。

 本件を原案のとおり決することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、原案のとおり決しました。

 以上で今期定例会に付議されました事件はすべて議了いたしました。

 この際、申し上げます。

 6月末をもちまして、退職されることになりました大川教育長よりごあいさつを申し上げたい旨の申し出がありますので、これを受けることにいたします。

 大川教育長。

   〔大川教育長登壇〕



◎教育長(大川勝定) 貴重な時間をいただきまして、ごあいさつ申し上げる機会を与えてくださいましたことにつきまして、心から感謝を申し上げたいと思います。

 私は、このたび6月30日をもちまして任期の満了ということで、教育委員を辞任させていただくことになりました。平成12年7月1日から4年間ということで、その間、代々の議長さん、副議長さん、そして議員の皆様方、また野村前市長さん、そして岩浅市長さんを初め、市の理事者の関係者にいろんな面で御高配、教えをいただき、こうして任務を終わるような形になりました。本当にそのことにつきまして、深く感謝を申し上げたいと思います。

 とりわけ教育行政関係につきましては、格別の深い御理解、そしてまた御指導あるいは御鞭撻、御支援等をいただきまして任期を終えることができました。本当にその温かいお心に対しまして敬意と感謝を申し上げたいと思います。

 ちょうど12年7月ということは、13年はまさに21世紀に突入する、そういう時期であったかなと思います。12年の地方分権推進法一括法、それに基づきまして、地方分権の大きな改革の流れがございます。また、行財政改革という、そういうふうな大きな流れの中で、聖域なき構造改革ということでずっと進んできたと思います。

 教育におきましても、21世紀教育新生プランというのが12月だったと思いますが、それに基づきまして、7つの重点戦略17の提案ということで、さまざまな答申、改革がなされて、どんどん打ち出されてきておるわけでございます。教育基本法の改革とは、まさしくその中の最後の部分になっておるというように理解しておるわけでございますが、なかなかそういった方向とか答申を出されますが、十分対応し切れない、現場に十分な環境整備ができないと、そういうふうな状況でありますが、阿南市の子供たちのために学校現場の頑張り、そして今後におきましても皆様方の格別の御支援をいただきたい、こんな思いの中で今あるわけでございます。

 今後におきましては、健康に留意しながら市民の一人として頑張ってまいりたいと、そんなふうに思っております。

 最後になりましたけれども、議員の皆様方のますますの御健勝、御発展、そして理事者の皆様方の、難しい状況の中でございますけども、阿南市のために御推進いただきたいと思っておりますし、最後に阿南市、そして阿南市教育の限りない御発展、そして子供たち、市民の幸せをお祈りしまして、まことに簡単措辞でございますが、ごあいさつにかえさせていただきたいと思います。本当にどうもいろいろとありがとうございました。お世話になりました。



○議長(片山敬史議員) 大変高いところからではございますが、閉会に当たりまして、私からも一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 済いません。

 閉会に当たり市長からごあいさつがあります。

 岩浅市長。

   〔岩浅市長登壇〕



◎市長(岩浅嘉仁) 閉会に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 まず、冒頭に去る21日に6月としては異例ともいえます台風6号が高知県室戸市付近に上陸し、本県を縦断、本市におきましてもビニールハウスの倒壊などの被害が発生いたしましたわけでございますが、被害に遭われました方々に対しまして心からお見舞いを申し上げる次第でございます。

 さて、今議会は去る7日に開会いたしまして、本日までの17日間の長期にわたりましたが、議員各位におかれましては、御多用中にもかかわりませず、連日にわたりまして慎重な御審議を賜り、提出いたしました議案につきましては、すべて原案どおり御承認、御可決をいただき、まことにありがとうございました。

 今議会の一般質問並びに各委員会の御審議の過程におきまして、議員各位から賜りました貴重な御意見、御提言につきましては、今後の市政の運営に生かしてまいりたいと存じます。

 特に、今議会におきましては、1市2町の合併に関係する御質問も数多くいただいたわけでございますが、所信の中でも申し上げましたが、本市におきましては、人口の減少問題並びに少子・高齢化社会への対応を考えますとき、1市2町が合併することにより、人口の定着、地域活力の維持が可能となり、活力と魅力にあふれた新しい自治体をつくり上げることができると存じますし、20年、30年先の時代に対応することのできる足腰の強い、力のある自治体をつくり上げなければならない時期が到来していると考えております。

 今後におきましても、広報、パンフレット、座談会等で市民への情報提供に努めますとともに、7月20日から8月6日にかけまして、1市2町の二十歳以上の住民を対象にした合併問題アンケート調査を予定いたしております。その結果を総合的に判断し、合併協議会設置議案を9月議会に提案させていただきたいと考えているところでございます。議員各位の温かい御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。

 また、私が市長就任後6カ月を経過し、政治姿勢についての御質問を多くいただいたわけでございますが、今後におきましても市政を進めるに当たりましては、主役は6万市民であるとの基本姿勢に立ち、常に市民の立場、市民の手によって進められる市政を堅持しつつ、知恵と工夫を凝らし、市民が充実した暮らしができるまちづくりを目指して各種事業を推進してまいる所存でございます。

 最後に、今後梅雨明けまでのしばらくの間は不順な天候が続くものと思われますが、議員の皆様方におかれましては、一層の御自愛をいただきますとともに、あわせて市民の皆様方の御健勝、御多幸を心からお祈り申し上げる次第でございます。

 また、報道関係の皆様方におかれましては、連日にわたりまして御協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 終わりになりましたが、今議会中における議員各位の御労苦に対しまして、重ねて感謝を申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつにかえさせていただきます。まことにありがとうございました。



○議長(片山敬史議員) 大変高いところからではございますが、閉会に当たりまして、私からも一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。

 17日間にわたりました今期定例会、皆様方の議事運営に対する御協力のおかげをもしまして、本日全日程を終了し、無事閉会の運びとなりました。改めて心から御礼を申し上げます。

 今議会も一般質問あるいは委員会審査を通じまして、議員から合併問題を初め、行財政の全般にわたり数多くの意見、要望が述べられました。理事者におかれましては、これらの問題を真摯に受けとめていただきまして、今後の取り組み、市政運営に反映していただきますようお願い申し上げる次第でございます。

 閉会後は、委員会並びに会派の視察も予定されておるようでございますが、いよいよ夏本番でございます。議員各位におかれましては、健康に十分御留意の上、ますます御活躍をいただきますよう御祈念を申し上げます。

 なお、先ほどごあいさつをいただきました大川教育長さんには、4年の長きにわたり本市教育行政への振興のために御尽力を賜りましたたことに心から敬意を表しますとともに、今後ともの御指導、御助言をお願い申し上げたいと存じます。本当に長い間、御苦労さまでございました。

 以上申し上げまして、簡単ではございますが、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。御協力ありがとうございました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) これをもちまして平成16年阿南市議会6月定例会を閉会いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    閉会 午前11時20分







────────────────────────────────────────

地方自治法第123条の規定による署名者







                   阿南市議会議長   片 山 敬 史





                   会議録署名議員   神 原 照 夫





                   会議録署名議員   横 田 守 弘