議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 阿南市

平成15年12月定例会 12月25日−04号




平成15年12月定例会 − 12月25日−04号







平成15年12月定例会



 ┌───────────────────────────────────┐

 │            平 成 15 年               │

 │        阿南市議会12月定例会会議録(第19号)         │

 └───────────────────────────────────┘

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



      平成15年12月25日(木曜日)午前10時37分 開議



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



議事日程(第4号)

第1 承認第1号から承認第6号

   第1号議案から第16号議案

第2

 第17号議案 阿南市助役の選任について

 第18号議案 阿南市収入役の選任について

第3

 第19号議案 阿南市監査委員の選任について

第4

 第20号議案 阿南市固定資産評価審査委員会委員の選任について

第5 閉会中の継続審査及び調査

   ─────────────

 本日の会議に付した事件

日程第1 承認第1号から承認第6号

     第1号議案から第16号議案

日程第2 第17号議案、第18号議案

日程第3 第19号議案

日程第4 第20号議案

日程第5 閉会中の継続審査及び調査

   +++++++++++++

出席議員(27名)

  1番  佐 々 木  志 滿 子 議員

  2番  久  米  良  久 議員

  3番  神  原  照  夫 議員

  4番  横  田  守  弘 議員

  5番  日  下  公  明 議員

  6番  林     孝  一 議員

  7番  住  友  利  広 議員

  8番  松  原  良  明 議員

  9番  荒  谷  み ど り 議員

 10番  山  崎  雅  史 議員

 11番  野  村     栄 議員

 12番  奥  田     勇 議員

 13番  鶴  羽  良  輔 議員

 14番  島  尾  重  機 議員

 15番  折  野     博 議員

 16番  嶋  尾  秀  昭 議員

 17番  松  橋  リ ツ 子 議員

 18番  小  島  正  行 議員

 19番  仁  木  一  郎 議員

 20番  保  岡  正  広 議員

 21番  野  中  邦  男 議員

 22番  近  藤  治  郎 議員

 23番  秋  本  喜 久 雄 議員

 25番  岩  佐  博  文 議員

 26番  山  下  久  義 議員

 27番  片  山  敬  史 議員

 28番  兼  竹  安  秀 議員

   +++++++++++++

欠席議員(1名)

 24番  吉  積  明  徳 議員

   ─────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長       岩 浅 嘉 仁

 助役       亀 尾 貞 男

 収入役      谷 口   勇

 教育委員長    清 水   智

 教育長      大 川 勝 定

 代表監査委員   石 澤 三 朗

 企画財政部長兼総務部長

          橋 本 昭 雄

 市民環境部長   山 田 俊 典

 保健福祉部長   陶 久 泰 臣

 産業部長     松 村 輝 雄

 建設部長     立 石 孝 則

 水道部長     片 山   啓

 理事       大 澤 敏 之

 理事       大 上 善 巳

 教育次長     重 村 英 幸

 理事       米 沢 敏 信

 秘書広報課長   眞 本 靜 生

 財政課長     惠 来 和 男

 企画財政副部長  大 津 愛 博

 総務部参事    喜 田   潤

 監査事務局長   原   静 子

   ─────────────

議会事務局出席職員氏名

 事務局長     田 上 敏 幸

 事務局次長    廣 瀬 春 幸

 次長補佐     佐々木 宏 伸

 議事係長     坂 東 孝 代

 調査係長     山 脇 雅 彦

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) おはようございます。

 開議に先立ちまして、まず本日の議事日程を御報告申し上げます。

 日程第1、承認第1号から承認第6号及び第1号議案から第16号議案、以上計22件に対する委員長報告、質疑、討論、採決。日程第2、第17号議案及び第18号議案。日程第3、第19号議案。日程第4、第20号議案。日程第5、閉会中の継続審査及び調査。

 以上であります。

 なお、本日の会議に欠席の通知のありましたのは、24番吉積議員。

 以上であります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) これより本日の会議を開きます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) この際、御報告いたします。

 お手元に御配付のとおり、市長から追加議案4件が提出されておりますので、御了承をお願い申し上げます。

 直ちに本日の日程に入ります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第1 承認第1号から承認第6号及び第1号議案から第16号議案の以上計22件を一括して議題といたします。

 以上の各件について委員長の報告を求めます。

 建設委員長 神原議員。

   〔神原議員登壇〕



◆建設委員長(神原照夫議員) おはようございます。

 議長の指名をいただきましたので、建設委員会の結果につきまして御報告を申し上げます。

 本委員会は20日に会議を開き、本委員会に付託されました市長提出議案2件につきまして慎重に審査を行いました。

 その結果、市長提出議案につきましては、いずれも原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。

 以下、審査の過程でありました質疑、要望等の内容につきまして簡単に御報告申し上げます。

 まず、第1号議案 平成15年度阿南市一般会計補正予算(第6号)のうち、本委員会に関係する部分についてであります。委員から、滝ノ下・畭線の街路は、いつごろをめどに完成させる予定なのかとの質問があり、理事者からは、滝ノ下・畭線には西側部分と東側部分があるが、道路局所管の東側部分については、現在用地交渉を進めているとのことであり、本年度の用地交渉をほぼ終え、残る部分については来年度、再来年度の2カ年で行い、工事部分とあわせて18年度完成を目指している。また、都市・地域整備局所管の国道55号線から640メートル区間の市街化区域部分については、そのうち340メートルが供用開始しており、残る領家・学原線との間300メートルについては、用地の取得率が90.9%、工事の進捗率が延長ベースで54%であり、残工事の事業費として14億円程度残している。これについては、昨年12月に徳島県の事業再評価を受けたもので、平成19年度までに完成する計画となっているが、国の補助金削減ということで厳しい状況になっており、現在早期完成に向けて県と協議を進めているところであるとの説明がありました。

 また、土木関係予算の減額に関して、委員から、今年は災害が多かった関係もあるが、予算がありながら消化できないまま次年度へ送ってしまうようなことはないか。年度末に予算を残すことのないように、職員の増員や設計を外注するなど、方法を検討して、100%執行できるようにしてもらいたいとの質疑、要望があり、理事者からは、災害の有無などで執行がおくれる場合があるが、毎年度の予算は100%執行できるように努めている。平成15年度についても、既にほとんどの発注を終えているが、工事の発注に当たっては、測量、用地交渉、入札などのほか、工期的な問題や検査などがあるので、緊急な場合を除いては、ある程度日程的な余裕が必要であり、計画的に進めていきたいとの説明がありました。

 次に、第16号議案 富岡雨水ポンプ場建設工事のうち機械設備工事(第1分割)の請負契約の締結についてであります。

 委員からは、公共下水道事業での発注工事は、そのほとんどが市外業者であるが、これまでの落札率はどうなっているのか。また、設計の発注はどのようにしているのかとの質疑がありました。理事者からは、入札結果については、直近の約4件で平均94.5%となっており、また業者については推進工事とか下水道工事など特殊な資格を要することから、資格のある県外業者となっているが、事業が始まって5年を経過し、この間に市内業者も七、八社が資格を取得したと聞いており、今後発注形態も変えていくべきものと考えている。また、設計についても、金額及び内容により県外の大手コンサルタントに発注しているが、今後管径が小さくなる分については、県内あるいは市内業者に発注するなど、会社の規模や業績内容に応じ、検討していきたいとの考えが示されました。

 さらに、委員からは、管工事については、業種として水道工事も一緒に受注する業者が多いと思うがどうかとの質問に対し、理事者からは、水道工事と下水道工事はよく似ているが、水道が圧力で流すのに対し、下水道は勾配で流す点が異なる。下水道工事の設計には、国の検定、資格が必要であり、工事が設計どおり施工できていない場合や設計が悪い場合にはいろいろ問題が生じることになるので、今後資格等も十分検討し、対応していきたいとの答弁がありました。

 以上、御報告申し上げまして、簡単でございますが、建設委員長の報告とさせていただきます。



○議長(片山敬史議員) 次に、文教厚生委員長 林議員。

   〔林議員登壇〕



◆文教厚生委員長(林孝一議員) 議長の御指名をいただきましたので、文教厚生委員会の審査の結果につきまして御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る12月22日に会議を開き、付託されました第1号議案 平成15年度阿南市一般会計補正予算(第6号)の関係部分につきまして慎重に審査を行いました。

 その結果、第1号議案の関係部分につきましては、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以下、審査過程で出されました質疑、意見、要望等につきまして簡単に御報告を申し上げます。

 まず、保健衛生費の関係では、乳幼児の医療助成費について、委員からは、県内の実施状況や本市が就学前まで拡大した場合の財政負担に関しての説明を求めたところ、理事者からは、就学前まで設定しているところは現在3町あるが、徳島市など県内他市の状況としては、通院については3歳未満児、入院については6歳未満児までと、いずれも県費補助対象内の取り扱いとしていることの説明及び本市が就学前まで拡大した場合を試算すると、市単独部分の負担が約5,000万円程度増えるとの見通しが示されたのであります。

 これを受けて委員からは、5,000万円の増ということについては、いろんな考え方もあると思うが、よい施策であり、するのであればできるだけ早い時期に実施するべきでないかとの質疑がなされました。これに対して特に市長からは、若い市民と接する中で、圧倒的に拡充を望む声が高かったことを例に挙げるとともに、これからは子供に視点を当てた政策、施策をしていかなければ、人口問題も解決していかないとの考えが披瀝され、今後本市が子育て先進地として県内のモデルとなるようできるだけ早く諸手続を進め、実施できるようにしたいとの力強い答弁がありました。

 次に、保健体育費の関係では、グラウンド施設が老朽化する中で、来年本市において早起き野球の全国大会が開催されることから、どのような改修を予定しているのかとの質疑がありました。理事者からは、主な工事としては、バックネット裏の放送塔の改修を初め、グラウンドへの黒土の搬入やネットの補修等を計画していること、また大会は3日間にわたり、全国から約300名余りの選手団が訪れるとの概要説明がありました。

 これを受けて委員からは、せっかくの全国大会であることから、阿南市の特産物の紹介とか、他にも波及できるよい大会になるような運営をとの要望意見が添えられたところであります。

 次に、社会福祉費の関係では、役所にはさまざまな障害を持つ方が相談等に訪れると思うが、なかなか目的の課に行けない場合もある。すぐに対応できるような案内窓口を充実、改善すべきであり、緊急な課題ではないかとの意見がありました。この提言についても特に市長より答弁があり、さまざまな障害を持つ社会的弱者に対しては、優しく温かく接することは行政の基本であり、窓口サービスの充実に向けて新年早々にも職員を先進地として定評がある松山市に派遣する考えであること。またその際には男女それぞれの職員を派遣し、おのおの視点から学び、検討を加えさせ、早急に窓口業務の新しい仕組み、総合的な改革を今後進めていく方針であることが示されたのであります。

 以上が主な内容でございました。まことに簡単でございますが、文教厚生委員長の報告といたします。



○議長(片山敬史議員) 次に、産業経済委員長 住友議員。

   〔住友議員登壇〕



◆産業経済委員長(住友利広議員) おはようございます。

 議長の御指名がございましたので、産業経済委員会の結果につきまして御報告を申し上げます。

 本委員会は、去る12月23日に会議を開き、付託されました市長提出議案1件について審査を行いました。

 その結果、市長提出議案については、原案のとおり可決をすべきものと決しました。

 以下、第1号議案 平成15年度阿南市一般会計補正予算(第6号)についての関係部分について審査の過程でありました質疑、要望につきまして簡単に御報告申し上げます。

 まず、商工振興センターを利用する方々から駐車場の要望があるが、駅前整備の中で考えてもらえるのか。また、管理、運営について、経費や有効活用の観点から、民間委託等をする考えはないのかとの質疑がありました。理事者からは、商工振興センターの駐車場がないために、利用者は商工会議所、市民会館駐車場を利用しているのが現状であり、抜本的な改善には、計画中の駅周辺整備や土地の区画整備事業の中で検討していかなければならないと認識をしている。管理、運営面では、パソコン教室や商工会議所との会議を初め商品の開発など、センターの利用価値も高まってきており、また建物を商工会議所とともども使用しているところもありますので、時期も含めて検討をしたいとの答弁がありました。

 次に、森林事業費補助金、交付金の事業費、事業内容、進捗状況についての質疑がありました。森林整備緊急支援事業補助金の減額については、平成15年度以降、流域森林総合整備事業への移行を行ったためであり、また森林整備地域活動支援交付金につきましては、事業量増加による予算増額であり、事業内容としましては、平成14年度を初年度として、平成18年度までの5カ年間の森林整備地域活動支援のための交付金制度であります。この制度は、市町村と協定を締結し、30ヘクタール以上の森林施業計画森林であること、森林施業計画を立てたり、間伐を行ったり、歩道整備をしなければならないなど、制約のある交付金であるとの答弁がありました。その他の松くい虫防除の費用、達成率についての質疑等、松くい虫防除の積極的取り組みをお願いしたいなどの要望もありました。

 以上、御報告申し上げまして、産業経済委員会の報告とさせていただきます。



○議長(片山敬史議員) 次に、総務委員長 嶋尾議員。

   〔嶋尾議員登壇〕



◆総務委員長(嶋尾秀昭議員) 議長の御指名がございましたので、総務委員会の結果について御報告を申し上げます。

 本委員会は、昨日12月24日に会議を開き、付託されました市長提出議案21件について慎重に審査を行いました。

 その結果、第2号議案から第14号議案までの13件の各会計における決算認定議案につきましては、後日委員会を開催し、審査することで継続審査と決しました。その他の市長提出議案8件につきましては、いずれも原案のとおり承認、可決または同意すべきものと決した次第でございます。

 以下、審査の過程について質疑のありました承認第6号 阿南市職員採用試験調査等委員会設置条例の専決処分の承認についての質疑につきまして簡単に御報告を申し上げます。

 委員からは、職員採用に関する規則等が整備されていないので、早急に制定していただきたいとの質疑があり、理事者からは、試験採用の見直しなどを含め調査し、公平公正で透明性の高い方法を調査等委員会の中で早急に検討し、整備していきたいとの答弁がありました。

 また、職員採用に関して、個人情報が漏れているのではないかとの質疑があり、理事者からは、個人情報保護条例、地方公務員法の守秘義務により、プライバシーに十分配慮し実施しているが、今後におきましても、なお一層プライバシーの保護に注意を払った管理体制に取り組んでいきたいとの答弁がありました。

 また、委員からは、内部告発制度を早急に検討するとともに、職員の質を向上させ、市政運営に取り組んでいただきたいとの要望がありました。

 さらに、他の委員からは、阿南市職員採用試験調査等委員会設置条例に定める委員会は、市長の諮問機関であり、また執行業務と監視業務をあわせ持った委員会の性格からして、諮問する委員会の会長が市長であることに問題はないか。それらも含め、早急に整備していただきたいとの質疑がありました。

 理事者からは、諮問機関的性格と採用機関的性格をあわせ持ったものであるので、検討の上、市長を会長に定めたものであるが、来年の職員採用制度のあり方、採用選考方法及び委員会のあり方につきまして、年明けに委員会を開催し、検討した上で、3月をめどに提出したいとの答弁がありました。

 以上で審査過程における主な質疑、意見等の内容でございますが、他の議案につきましては、特に質疑なく、承認、同意すべきものと決しましたことを御報告申し上げまして、総務委員長の報告とさせていただきます。



○議長(片山敬史議員) 以上で各委員長の報告が終わりました。

 これよりただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 質疑なしと認めます。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ討論の通告はありません。

 討論ありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 討論なしと認めます。

 これより採決を行います。

 ただいま議題となっております各案件中、承認第1号から承認第6号までの計6件を一括して採決いたします。

 以上の6件に対する委員長の報告は承認であります。以上の6件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の6件はいずれも承認と決しました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 次に、第1号議案 平成15年度阿南市一般会計補正予算(第6号)について、第15号議案 伊島財産区管理委員の選任について及び第16号議案富岡雨水ポンプ場建設工事のうち機械設備工事(第1分割)の請負契約の締結についての計3件を一括して採決いたします。

 以上の3件に対する各委員長の報告はいずれも可決または同意であります。本件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の3件はいずれも原案のとおり可決、同意と決しました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 次に、第2号議案から第14号議案までの平成14年度各会計決算認定議案計13件を一括して採決いたします。

 以上の13件に対する委員長の報告はいずれも継続審査であります。

 以上の13件をいずれも委員長報告のとおり継続審査とすることに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、以上の13件はいずれも継続審査と決しました。

 議事の都合により休憩いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    休憩 午前11時 4分

    再開 午前11時25分

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝



○議長(片山敬史議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第2 第17号議案 阿南市助役の選任について、第18号議案 阿南市収入役の選任について、以上の2件を一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 岩浅市長。

   〔岩浅市長登壇〕



◎市長(岩浅嘉仁) 本日追加提案をさせていただきました第17号議案及び第18号議案につきまして提案理由の御説明をさせていただきます。

 第17号議案 阿南市助役の選任につきまして御説明申し上げます。

 市政の重要な課題が山積し、行政需要が多岐にわたる中で、市民ニーズを的確に把握し、行政施策のスムーズな執行を図るため、福井町日の地245番地の1、亀尾貞男氏を助役適任者と考え、地方自治法の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 亀尾貞男氏は、昭和31年に徳島県立新野高等学校を卒業後、昭和33年に旧橘町役場に奉職され、農林水産課、税務課を経まして秘書企画課長、企画部長、総務部長を歴任され、平成10年3月に退職されましたが、市政全般にわたり精通され、行政経験も豊富で先見性、創造性にすぐれ、見識も高く、阿南市勢発展のために御尽力いただける本市助役として適任であると存じますので、議会の皆様方の御同意をお願いするものでございます。

 次に、第18号議案 阿南市収入役の選任につきまして御説明申し上げます。

 経済情勢不透明で、今なお財政状況厳しい折、計画的かつ効率的に健全な予算執行をするため、楠根町南原21番地1、谷口 勇氏を収入役適任者と考え、地方自治法の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 谷口 勇氏は、昭和39年に徳島県立富岡西高等学校を卒業後、水道課、秘書企画課を経て秘書広報課長、財政課長、総務部参事を務め、阿南市消防組合消防本部消防長に就任されており、資質温厚にして誠実、実直で行財政運営全般にわたり見識も広く、市財政の健全な運営からも、本市収入役として適任であると存じますので、議会の皆様方の御同意をお願いするものでございます。

 以上、提案いたしました議案2件について提案理由の御説明を申し上げましたが、何とぞ原案どおり議会の同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(片山敬史議員) 以上で提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております2件は、成規の手続を省略し、直ちに採決したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

   〔退席する議員あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 第17号議案について採決を行います。

 本案を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

   〔退席中の議員 入場〕



○議長(片山敬史議員) 次に、第18号議案について採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第3 第19号議案 阿南市監査委員の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 岩浅市長。

   〔岩浅市長登壇〕



◎市長(岩浅嘉仁) それでは、続きまして第19号議案について追加提案の提案理由の御説明をさせていただきます。

 第19号議案 阿南市監査委員の選任につきましては、議会議員さんのうちから選任されておりました監査委員・奥田 勇氏の退職に伴い、その後任に島尾重機氏を選任いたしたく、地方自治法の規定により議会の同意をお願いするものでございます。

 奥田委員におかれましては、堅実、正確な監査を2年間にわたり行っていただき、深甚なる謝意を表したいと存じます。

 なお、その後任の監査委員として、議会議員さんのうちから経営管理、財務管理等の識見にすぐれております島尾重機氏を選任いたしたく、議会の同意をお願いするものでございます。

 以上、提案いたしました議案1件につきまして提案理由の御説明を申し上げましたが、何とぞ原案どおり議会の同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(片山敬史議員) 以上で提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております本件は、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 第19号議案について採決いたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第4 第20号議案 阿南市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 岩浅市長。

   〔岩浅市長登壇〕



◎市長(岩浅嘉仁) それでは次に、第20号議案について追加提案の提案理由の御説明をさせていただきます。

 第20号議案 阿南市固定資産評価審査委員会委員の選任につきましては、前阿南市固定資産評価審査委員会委員・下野伊策氏が平成15年11月30日をもって退職されましたので、その後任者として富岡町トノ町67番地3、岡久幸一氏を選任いたしたく、地方税法の規定に基づき議会の同意をお願いするものでございます。

 岡久幸一氏は、昭和21年に旧撫養中学校、現鳴門高等学校を卒業後、撫養税務署に奉職され、高松国税局直税部資産税課総務係長、高松国税局直税部資産評価官、徳島税務署筆頭副署長を経まして、池田税務署長を務め、現在は税理士として御活躍されている方でございまして、固定資産の状況等にすぐれた見識をお持ちであり、委員として適任と考えますので、御同意を賜りたいと存じます。

 以上、提案いたしました議案1件につきまして提案理由の御説明を申し上げましたが、何とぞ原案どおり議会の同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(片山敬史議員) 以上で提案理由の説明が終わりました。

 お諮りをいたします。

 ただいま議題となっております本件は、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 第20号議案について採決をいたします。

 本件を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、本件は原案のとおり同意されました。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) 日程第5 閉会中の継続審査及び調査についてを議題といたします。

 本件については、総務委員長から継続審査の申し出書及び各委員長から調査中の事件について継続調査の申し出が提出されております。

 お諮りいたします。

 これを総務委員長及び各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに御異議ございませんか。

   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(片山敬史議員) 御異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 以上で今期定例会に付議されました事件はすべて議了いたしました。

 この際、先ほど助役の選任に同意されました亀尾貞男君からごあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、これを受けることにいたします。

 亀尾貞男君。

   〔亀尾助役登壇〕



◎助役(亀尾貞男) 一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。

 議員皆さん方には、日ごろの御審議で大変お疲れのところ、しかも貴重な時間をお与えいただきまして、ごあいさつの機会を与えていただきましたことを心から感謝を申し上げます。私こと、このたび岩浅市長さんの御推薦によりまして、議会の皆さん方の御同意を賜りまして、阿南市の助役を務めさせていただくことになりました。もとより浅学非才でございまして、助役の重責、身に余るものがあり、身の引き締まる思いがいたしておりますが、岩浅市長の方針に従いまして、市長を補佐し、阿南市の発展と市民福祉の向上のために全霊を尽くしてまいりたい、このように考えております。どうか議員皆さん方におかれましては、今後とも格段の御指導、御鞭撻、そしてお引き回しをいただきますようお願い申し上げまして、まことに簡単でございますが、ごあいさつにさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(片山敬史議員) 続いて、収入役の選任に同意されました谷口 勇君からごあいさつをいたしたい旨の申し出がありますので、お受けをいたします。

 谷口 勇君。

   〔谷口収入役登壇〕



◎収入役(谷口勇) 議長さんのお許しをいただきましたので、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 ただいま収入役選任につきまして、議員皆様方の温かい御高配を賜り、御同意をいただきましたことに、まことにありがたく、厚く御礼を申し上げます。

 現下の地方を取り巻く環境、まことに厳しく、我が阿南市におきましても大きな節目の時期を迎えておると考えております。このような重要な時期、重責をお与えいただき、その責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。もとより浅学非才、微力でございますが、この上は市の発展と市民の幸せのために誠心誠意職責を果たしてまいりたいと考えております。どうか議員皆様のなお一層の御指導と御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、簡単でございますが、お礼の言葉といたします。ありがとうございました。(拍手)



○議長(片山敬史議員) 閉会に当たり、市長からごあいさつがあります。

 岩浅市長。

   〔岩浅市長登壇〕



◎市長(岩浅嘉仁) 閉会に当たりまして、お礼を兼ね、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。

 今期定例市議会は、去る12月15日に開会いたしまして、本日までの11日間にわたる会期でございましたが、年末極めて御多用の中にもかかわりませず、連日にわたり慎重かつ御熱心に御審議を賜り、深く感謝申し上げる次第でございます。

 提案させていただきました各議案につきましては、平成14年度各決算認定議案を除き、原案どおり御承認をいただきましたことはまことにありがたく、その間における議員各位の御心労に対しまして、心から敬意と感謝を申し上げる次第でございます。

 特に、今期定例会は、私の市長就任後初めての議会でございまして、御答弁その他不十分な点もあったかと存じますが、議員皆様方からの温かい御理解と御協力を賜り、終始住民福祉の向上と阿南市の伸展を図る貴重な御指導、御提言を賜りましたことを深く心に刻み、今後の市政執行に遺憾なきを期してまいりたいと存じております。

 私も開会のごあいさつでも申し上げましたが、今後の市政の推進に当たりましては、常に市民の立場に立ち、市民の手によって進められる、「市民のための市政」という基本姿勢を堅持しつつ、市民の皆様と手を携えて住民福祉の安定向上、阿南市の繁栄を築き上げてまいる決意でございます。

 本年も残り少なくなってまいりましたが、国の内外をめぐる諸情勢はますます厳しさを増していくことが予想されますが、全職員が一丸となって難局に立ち向かい、課せられた責務の遂行に全力を挙げてまいる所存でございますので、今後とも格別の御指導、御支援、御協力を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。

 結びに、この阿南市、また議員各位のつつがなき御越年と来るべき新しい年が実り多い希望に満ちた年でありますことを心から御祈念いたしますとともに、市民の皆様方の御健勝、御多幸をお祈り申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。お世話になりました。



○議長(片山敬史議員) 閉会に当たりまして、一言お礼を申し上げます。

 今期定例会は、去る15日に開会以来、本日までの11日間にわたり、各種提案案件について真剣に御審議をいただき、本日無事閉会の運びとなりました。皆様方には、心より敬意と感謝を申し上げます。

 また、議会運営に御協力をいただきました岩浅市長を初め理事者各位並びに報道機関の皆様方には、心より厚く御礼申し上げます。

 さて、今期定例会は、市長にとりまして初めての定例会であり、市長の政治姿勢を初めといたしまして、職員採用問題や合併問題、また保健福祉行政や環境、産業、文化行政等々阿南市が直面する市政各般にわたる重要課題について、本会議はもちろん、各委員会においても活発な議論が展開されたところであります。

 市長さんを初め理事者各位におかれましては、議員各位から表明されました各般にわたる意見や要望を真摯に受けとめていただき、今後十分反映されますようお願いするところでございます。

 さて、今年も残すところあとわずかとなりました。その中で、国の方の三位一体の改革、地方制度改革等の行方が少しずつ見え始めようとしています。本市としても、来年はより大きな視点から、みずからの位置と役割を見詰め直す必要に迫られてくる年になるのではないかと思います。議会としても、市民の信頼と負託にこたえるべく、市民の幸せと市の発展のために最大限の努力をしていかなければならないと、心を新たに決意する次第でございます。

 さて、寒さも日々厳しくなってまいりました。皆様におかれましては、どうか十分に健康に御留意され、輝かしい新年をお迎えになられますよう御祈念申し上げまして、閉会に当たりまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(片山敬史議員) これをもちまして平成15年阿南市議会12月定例会を閉会いたします。

 皆様御苦労さまでございました。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    閉会 午前11時47分



────────────────────────────────────────

地方自治法第123条の規定による署名者







                   阿南市議会議長    野 中 邦 男





                   阿南市議会議長    片 山 敬 史





                   阿南市議会副議長   秋 本 喜久雄





                   会議録署名議員    山 下 久 義





                   会議録署名議員    片 山 敬 史





                   会議録署名議員    兼 竹 安 秀