議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 阿南市

平成15年 9月定例会 09月12日−04号




平成15年 9月定例会 − 09月12日−04号







平成15年 9月定例会



 ┌───────────────────────────────────┐

 │            平 成 15 年               │

 │        阿南市議会9月定例会会議録(第14号)         │

 └───────────────────────────────────┘

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



      平成15年9月12日(金曜日)午前10時    開議



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



議事日程(第4号)

第1 市政に対する一般質問

第2 第1号議案から第17号議案

   承認第1号

   ─────────────

 本日の会議に付した事件

日程第1 市政に対する一般質問

日程第2 第1号議案から第17号議案

     承認第1号

   +++++++++++++

出席議員(26名)

  1番  山  崎  雅  史 議員

  2番  神  原  照  夫 議員

  3番  横  田  守  弘 議員

  4番  日  下  公  明 議員

  5番  林     孝  一 議員

  6番  島  尾  重  機 議員

  7番  住  友  利  広 議員

  8番  久  米  良  久 議員

  9番  松  原  良  明 議員

 10番  仁  木  一  郎 議員

 11番  野  村     栄 議員

 12番  奥  田     勇 議員

 13番  鶴  羽  良  輔 議員

 14番  折  野     博 議員

 16番  嶋  尾  秀  昭 議員

 17番  松  橋  リ ツ 子 議員

 18番  小  島  正  行 議員

 19番  山  下  久  義 議員

 21番  保  岡  正  広 議員

 22番  近  藤  治  郎 議員

 23番  秋  本  喜 久 雄 議員

 24番  吉  積  明  徳 議員

 25番  岩  佐  博  文 議員

 26番  片  山  敬  史 議員

 27番  野  中  邦  男 議員

 28番  兼  竹  安  秀 議員

   +++++++++++++

欠席議員(1名)

 15番  荒  谷  み ど り 議員

   ─────────────

説明のため出席した者の職氏名

 市長       野 村   靖

 助役       芝 山 日出高

 助役       稲 原 和 男

 収入役      森 本 豊 實

 教育委員長    清 水   智

 教育長      大 川 勝 定

 代表監査委員   石 澤 三 朗

 総務部長     米 沢 敏 信

 企画財政部長   橋 本 昭 雄

 市民環境部長   山 田 俊 典

 保健福祉部長   陶 久 泰 臣

 産業部長     松 村 輝 雄

 水道部長     片 山   啓

 理事       大 澤 敏 之

 理事       大 上 善 巳

 教育次長     重 村 英 幸

 理事       谷 口   勇

 秘書広報室長   東 條 盛 彦

 財政課長     惠 来 和 男

 企画財政副部長  大 津 愛 博

 総務部参事    喜 田   潤

 長寿社会課長   服 部 常 悦

 保険年金課長   岩 崎 小枝子

 市民環境部主幹  近 藤 政 明

 監理課長     日 下 準 二

 業務課長     廣 瀬 春 幸

   ─────────────

議会事務局出席職員氏名

 事務局長     田 上 敏 幸

 事務局次長    眞 本 靜 生

 次長補佐     佐々木 宏 伸

 議事係長     坂 東 孝 代

 調査係長     山 脇 雅 彦

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(野中邦男議員) おはようございます。

 開議に先立ちまして、まず本日の議事日程を御報告申し上げます。

 日程第1、市政に対する一般質問。日程第2、第1号議案から第17号議案、承認第1号の計18件に対する質疑、委員会付託。

 以上であります。

 次に、本日の会議に欠席の通知のありましたのは、15番荒谷議員。

 以上であります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(野中邦男議員) これより本日の会議を開きます。

 直ちに本日の日程に入ります。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(野中邦男議員) 日程第1 市政に対する一般質問を昨日に継続して行います。

 21番 保岡議員。

   〔保岡議員登壇〕



◆21番(保岡正広議員) 議長から指名がございましたので、通告に基づいて質問を行います。

 「有終の美」とか「終わりよければすべてよし」、そういう言葉もございます。野村市長が今期をもって市長選への出馬を取りやめると、こういう表明がございました。私は、市長4期目のこの4年間、市長の資産問題やあるいは職員の相次ぐ不祥事など、市政への市民の信頼を大きく損ねた4年間でなかったかと、こう考えています。

 そこでまず、市長が出馬断念の記者会見をされました市長発言について真意をお尋ねしたいと思います。

 まず、市長が市長選に出馬をしない、こういう意向を固めたのはいつの時期であるのか、お聞かせをください。

 また、記者会見で土地改良区にかかわる発言がございましたが、どこの土地改良区のことであるのか、そして徳島地検や県警から提出を求められた資料は市長個人の資料なのか、あるいは行政にかかわる資料であるのか、この点明らかにしていただきたいと思います。

 続いて、この11月が市長選挙であります。私は市民が市政に何を求めているのか、こういう観点から幾つかお聞きをいたしたいと思います。

 そこで、12月以降の新体制になって検討するとか、そういう答弁は結構でございますので、ぜひ行政としてどういう姿勢をお持ちなのかお聞かせをください。

 まず第1に、私は多くの市民が求めているのは汚職や不祥事のない、やはり清潔な市政であってほしい、こう願っていると思うのであります。その点で、阿南市は職員の倫理条例やあるいは公益通報制度についてどのようにお考えかお聞かせをいただきたいと思います。

 さらに、汚職、腐敗の起こる大きな要因が入札制度にある、このことは私これまでもたびたびこの場で指摘をしてまいりました。まず第1点、平成12年、13年、14年度の落札率は幾らであったかお聞かせをいただきたいと思います。

 さらに、ことしの7月1日以降の入札で、市外業者に入札させる事業は予定価格を事前公表しないと、市内業者分については事前公表をする、こういうことで入札が進められています。7月1日以降の入札で市外業者、それから市内業者別にどのような落札率になっておりますか、お聞きをいたしておきます。

 次に、この市長選挙が市民の暮らしにどういう影響があるのか、この角度から幾つかお聞きをしたいと思います。

 1つは、昨日来も議論がございましたが、乳幼児医療費の助成、私は通院も含めて6歳未満まで拡大をすべきでないか、こう考えておりますが、行政としてのお考えをお聞かせください。

 2点目は、国民健康保険税の引き下げを私はやるべきだと考えています。今14年度決算で国民健康保険会計には約7億円の黒字があります。基金が5億6,000万円、そして繰越金が約1億3,000万円であろうと思います。私は、国民健康保険会計の黒字が生まれるのは、保険税を取り過ぎているからだと考えています。ぜひこの分は市民に還元すべきだと思います。

 8年前の市長選挙後、また4年前の市長選挙後、それぞれ国民健康保険税の引き下げが行われました。つまり、8年前から引き下げを始めてきましたが、まだまだ黒字がどんどん増えて、現在約7億円の黒字になっているのであります。引き下げる財源は十分にあると考えます。

 今、医療制度の改革ということで、例えば国民健康保険は今市町村が運営主体ですが、20年度からは都道府県で運営をする、都道府県一本にする、こういう方向が出されています。それまでの間に黒字は、私は市民に還元すべきだと考えますが、理事者のお考えをお聞かせください。

 次に、水道料金の問題であります。

 14年度、13年度と2,000万円余りの水道会計に赤字が出ております。15年度から料金を引き上げる考えなのかどうかお聞かせをください。

 次に、その他の件で通告をいたしてございました2点についてお伺いをいたします。

 平成13年から衛生組合でリサイクルセンターが稼働をいたしております。13年、14年度の資源ごみの取扱量とそれに基づく収入が幾らであったのか、年度ごとにお聞かせをください。

 次に、10月19、20日であったと思いますが、ねんりんピックが開かれます。せんだっての質問の中で、シャトルバスの運行など議会で答弁がございました。ねんりんピックで予想される車の台数はどの程度見込んでおられるのかお聞きをして、私の第1問を終わります。



○議長(野中邦男議員) 野村市長。

   〔野村市長登壇〕



◎市長(野村靖) おはようございます。

 それと、保岡議員さんの御質問にお答えいたします。

 私が市長選に出馬しない意向を決めたのはどの時期かとの質問でございますが、時代の潮流や今後4年間の私の健康面で市民の皆さんに御迷惑をかけてはならいことなど、熟慮に熟慮を重ねた上で、8月中旬に今秋の市長選に出馬しない意向を固めたところでございます。

 また、土地改良区関連の御質問に御答弁申し上げます。

 9月5日の記者会見で私が申し上げましたのは、一部土地改良区について刑事訴訟法の規定に基づき捜査関係の照会がありましたので、その旨申し上げたところでございます。また、現時点では捜査段階でありますので、御答弁は差し控えさせていただきたいと存じます。

 以上、答弁いたしました以外の御質問につきましては、担当部長から答弁いたさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(野中邦男議員) 米沢総務部長。

   〔米沢総務部長登壇〕



◎総務部長(米沢敏信) 保岡議員さん御質問のうち、総務部に関連する部分についてお答えをいたします。

 まず、職員倫理条例や公益通報制度についての御質問でございますが、職員の公務員倫理の確立につきましては、地方公務員法、阿南市職員服務規程に基づき、公務職場を取り巻く社会情勢の変化に配意しながら、適宜全職員に注意を喚起する一方で、平成13年8月からは阿南市職員倫理確立推進委員会を組織し、職員としての公務員倫理はもとより、服装、身だしなみ、服務規律等さまざまな課題について検討、協議を行い、その結果を部長会等を通じ全職員に通知を行うなど、その役割は有効に機能しているものと考えております。

 一方、公益通報制度につきましては、最近の公務職場における事態を憂慮して、内部告発の窓口を設けることにより、行政の公平、公正さを確保するとともに、市民の信頼を高めるため、地方自治体に導入されつつある制度と認識をいたしております。

 この制度を導入した自治体の状況によりますと、不適切な行為の抑止力が期待される半面、職員が疑心暗鬼となり、職員間の信頼関係が損なわれ、ひいては組織力の低下を招くおそれもあるとのことであり、いずれにいたしましても職員の意識改革が最も重要であると思われます。

 そうしたことから、全体の奉仕者である公務員として、市民からの不信感を招かないためにも、御指摘の職員倫理条例や公益通報制度につきまして、今後調査研究を重ねてまいりたいと考えております。

 以上、御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 山田市民環境部長。

   〔山田市民環境部長登壇〕



◎市民環境部長(山田俊典) 保岡議員さん御質問のうち、市民環境部に関係する部分について順を追って御答弁を申し上げます。

 1点目の乳幼児医療費助成事業の対象年齢の引き上げにつきましては、先日の小島議員さんの御質問にも御答弁申し上げましたように、今後新体制のもとで十分検討、御協議いただきたいと考えておりますので、御理解を賜りたいと存じます。

 2点目の国民健康保険税の引き下げについてでありますが、国民健康保険税の税率につきましては、国庫補助金等の動向、また医療費の伸び等を検討して決めることとなりますが、阿南市国民健康保険財政調整基金につきましては、阿南市の国保財政の基盤安定を図るため年次的に積み立ててきたところでございます。

 平成14年度決算は黒字となりましたが、その要因として、歳出における会計年度の法改正により、平成14年度は療養給付費の支出が11カ月分となったためであり、必ずしも黒字決算とは言えない状況でございます。

 また、昨年の法改正で老人医療受給対象年齢が引き上げられたこと等により、今後医療費が増大することが予想されます。

 国民健康保険税の税率改正につきましては、保険給付費等の動向を見据えながら、また国において予定されております医療保険制度の改革を見守りながら今後とも対応していくべきと考えております。

 以上、お答えとさせていただきます。



○議長(野中邦男議員) 陶久保健福祉部長。

   〔陶久保健福祉部長登壇〕



◎保健福祉部長(陶久泰臣) 保岡議員さんのねんりんピックで予想される車の台数はどの程度見込んでいるかとの御質問に御答弁いたします。

 10月19日、20日開催のねんりんピック剣道交流大会における予想される車両台数につきましては、まず初日の19日でありますが、選手輸送の大型バスが12台のほか、大会役員、競技役員で約200台、大会実施本部係員運営協力員で約300台、その他一般応援参加者、及び関係車両を含めて約300台、合わせまして約800台余りを見込んでおります。

 2日目の20日につきましては、これよりも少なくなるものと考えております。

 したがいまして、駐車場につきましては、打樋川にかかる交流橋を東へ約200メートル進んでの位置にありますスポーツ総合センターの駐車場と民間の土地をお借りして対応をいたすことにしております。

 なお、相当数の車両が通行することにより混雑が予想されますので、大会期間中は交通整理の係員を配置し、安全対策等を講じることにいたしております。

 以上、御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 片山水道部長。

   〔片山水道部長登壇〕



◎水道部長(片山啓) 保岡議員さん御質問のうち、水道料金の値上げについて御答弁を申し上げます。

 平成14年度の水道事業決算は、給水収益受託工事収益等で若干の増収がありましたが、大幅な収益の増加が望めない現在の経営環境の中で、費用面におきましては第3次拡張計画の進捗に伴う減価償却の増加、企業債償還金の負担等によりまして極めて厳しい経営状況となっております。したがいまして、今後の事業の推移、収支見通し等慎重に検討の上、適切な水道料金とする時期が来るのもやむを得ないものと考えておりますが、当面する課題といたしまして、引き続きあらゆる経費の節減努力、収入の確保、有収率の向上等に努め、経営の健全化に取り組んでまいらなければならないと考えております。

 以上、御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 大澤理事。

   〔大澤理事登壇〕



◎理事(大澤敏之) 保岡議員さん御質問のうち、建設部に関係する部分につきまして御答弁申し上げます。

 入札につきましての平成12年度、13年度、14年度の落札率及び平成15年7月以降の入札で、市外業者、市内業者別の落札率についてでございますが、発注工事における入札予定価格と落札価格との落札率につきましては、平成12年度の落札率の平均は95.06%、平成13年度の落札率の平均は91.97%、平成14年度の落札率の平均は91.27%となっております。また、平成15年7月以降の工事及び業務の入札における市外業者の落札率の平均は96.04%、市内業者の落札率の平均は72.66%となっております。

 以上、御答弁とさせていただきます。



○議長(野中邦男議員) 大上理事。

   〔大上理事登壇〕



◎理事(大上善巳) リサイクルセンターでの平成13年、14年度の資源ごみ取扱量と収入金額は幾らかという御質問でございますが、阿南リサイクルセンターにおける平成13年度の資源ごみ取扱量は2,506トンであり、売り払い収入につきましては212万8,488円であります。なお、再資源化のための経費として1,291万2,925円の支出をいたしました。

 また、平成14年度は取扱数量2,775トンであり、売り払い収入につきましては172万8,625円、再資源化のための経費としては1,223万5,817円を支出いたしております。

 以上、御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 21番 保岡議員。

   〔保岡議員登壇〕



◆21番(保岡正広議員) それぞれ答弁をいただきましたので、再問をいたします。

 まず、市長の発言についてでありますが、市長選に出馬しない意向を固めたのは8月中旬、これは答弁がございました。記者会見で発言をされた土地改良区にかかわる発言ですが、「現在捜査段階であるので答弁できない」。記者会見でああいうことを述べられて、議会で聞かれて答弁できないとはどういうことですか。

 市長のあの発言がさまざまな波紋を呼んでおります。例えば、これはある土地改良区の組合員さんに配られたチラシですが、ちょっと読んでみます。「先日の新聞報道について。先日、9月6日発行の徳島新聞2面の記事におきまして、野村市長の次期市長選の出馬を断念した理由に、市内の土地改良区の問題が一つの理由になったとあります。この市長の発言は当改良区も含めたように拡大解釈できますが、この件に関しましては、当改良区に全く関係がないことを組合員の皆さんに御報告いたします。」

 市内には幾つかの土地改良区がございます。ここの土地改良区は緊急に役員会を開いて、うちのことを言われているんでないか、こんな疑惑がかかったら大変だということで、役員会でこういう文書をつくって、市長の発言の徳島新聞の記事と一緒に組合員全員にこれを配付する、こんな措置までとらざるを得ない。改良区関係の方は大変な混乱を招いている状況なんです。これは、市長がこういう発言をしたために起こったことなんですね。どこの土地改良区でこういう捜査の段階になっているのか、これぐらいは市長としてきちっと述べるべきではないですか。

 なお、記者会見の記事では、市長がこうおっしゃったんだろうと思いますが、徳島地検と県警から資料提出の要請があったと。通常、検察と警察が一緒に資料提出を求めるということはないでしょう。別々にそれぞれ多分捜査しているんだと思うんですよね。一つの土地改良区のことを検察庁がやっているのに、それに県警が入っていくことないですよ。つまり、これは複数の土地改良区の資料提出を求められたんではないんですか。

 この資料提出、市長個人の資料なのかそれとも行政にかかわる資料なのか、その点も全く答弁がない。これはっきりしてくださいよ。市長個人の資料提出を求められたんですか、それとも行政の関係の資料を求められたのか、これは非常に重大な問題ですよ。

 そして、求められた資料は既に提出をされたのかどうか。提出をされたのであれば、いつ提出をされたのか、この点も明らかにしていただきたいと思います。

 それからもう一つ、この市長の発言の中に、「職員は関係していないと思うが、もし関係していれば私にも大きな責任がある。」こう記事になってますよ。こういうことを本当に記者会見で述べられたんですか。

 私は、職員の皆さんにも大変な疑心暗鬼を生み出す発言ですよ。そして、市長が出馬を断念されたのは8月中旬だと。高齢が一つの理由だと。6月時点で高齢というのであれば、あるいは今の地方政治をめぐる状況がいろいろ変わっている、それに対応し切れないというようなことは、6月時点でもう当然判断できることです。むしろ、市長が出馬を断念されたその真意は、この問題にかかわって市長自身がもう出馬を取りやめるしかないと判断されたんではないですか。その点も真意をお聞かせいただきたいと思います。

 次に、西分のリサイクルセンターの関連ですが、13年度の収入が物品売り払い収入だと思いますが212万8,000円台だったと思います。それから、14年度が172万円台。

 西分で12年まで委託をして資源ごみの取り扱いをされていました。リサイクルセンターができてからは衛生組合の直営でやっております。あれだけ大きな施設をつくって、そして人員も増やしてリサイクルセンターを運営していると思います。

 ところが、12年以前の物品売り払い収入は300万円以上あったと思うんですよね。で、直営になってから13年度が212万円、14年度はもっと下がって172万円。おかしな話じゃないですか、本来あれだけ大きな施設をつくって、職員の数も増やして、大規模に資源ごみ本格的にリサイクルするためにやっているのに収入が減ってきてるんです。

 この西分の処分場時代から、あるいはリサイクルセンター運営に関連をして、「市民が警察に告発をしている」と、こういう話をお聞きをしました。そのことを御存じかどうか、御存じなら告発の中身はどういう中身であるのかお聞かせをいただきたいと思います。

 次に、ねんりんピックで19日には800台ぐらいの車が予想される。駐車場が足りないから民間の土地を借りて駐車場に充てる。

 私、せんだって、スポーツ総合センターのところに行ってまいりましたが、何と阿南市の土地に温水プールの現場事務所が建てられています。そして、体育館の南側の用地は、ほとんどが温水プール建設のために塀をして囲まれて進入ができなくなっています。市の土地に現場事務所ができているんですが、現場事務所に間違いないと思います。これは市が土地を貸しているんですか。貸しているとしたら、金額は幾らなんですか。そして、いつまで貸す契約になっているんですか、契約書があるかどうかも含めてお答えをいただきたいと思います。

 あの体育館ができたときに、南側の敷地、かなり広い用地があります。例えばあそこを簡易舗装をして体育館の駐車場に一時使ったらどうか。公共下水道のし尿処理場の処分場をあそこでつくる予定ですから、それまでの間、簡易舗装でもして駐車場に使ったらどうかという議論がありました。そのときには、「都市計画決定された目的外に使用することができない、だから簡易舗装はできない」と、そのままで勝手に駐車場に使うと、そういう形で私は運営をされてきたと思うんです。この用地に現場事務所を民間の営利企業のために使うというのは、都市計画決定された目的外の使用にならないのか、この点お聞かせをいただきたいと思います。

 これで私の再問を終わります。



○議長(野中邦男議員) この際、15分間休憩いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    休憩 午前10時35分

    再開 午前11時11分

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝



○議長(野中邦男議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 野村市長。

   〔野村市長登壇〕



◎市長(野村靖) 保岡議員さんの再問に御答弁申し上げます。

 今後4年間誠心誠意市政に取り組んでもらいたいという意見、また福井町久保野産廃についても処理、見通しがつくまで市長を続けてほしいとの意見、少し体力の余裕を残して市長の職を辞するのがよいのではないかとの意見などがあり、熟慮に熟慮を重ねた上で意向を固めたところでありますので、御理解を賜りたいと存じます。

 次に、土地改良区につきましては、公明正大に運営されているのであれば、私の発言に対して何ら動揺することはないと考えております。

 また、御質問の件でございますが、市役所の複数課へ刑事訴訟法の規定に基づき捜査関係事項の照会がございました。しかしながら、捜査段階のことでありますので、現時点では詳しいことは申し上げられませんので、御理解を賜りたいと存じます。

 以上、答弁いたしました以外の質問につきましては、担当部長から答弁いたさせますので、よろしくお願いいたします。



○議長(野中邦男議員) 重村教育次長。

   〔重村教育次長登壇〕



◎教育次長(重村英幸) 保岡議員さんの工事現場事務所の設置についての御再問に御答弁を申し上げます。

 市有地に温水プール建設の現場事務所を設置していることについてでございますが、建設現場事務所は駐車場と異なり一時的なものでございまして、現場事務所の設置については、経費の節減等から現地を使用することを前提として設計いたしており、設置に伴う借地料については設計金額に積算いたしておりませんので、御理解を賜りたいと存じます。

 以上、御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 大上理事。

   〔大上理事登壇〕



◎理事(大上善巳) 阿南リサイクルセンターに関して、市民が告発していると聞くが承知しているかとの御質問でありますが、告発につきましては承知をいたしておりません。

   保岡議員「ちょっと小休して」と呼ぶ



○議長(野中邦男議員) 小休いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    休憩 午前11時14分

    再開 午前11時14分

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝



○議長(野中邦男議員) 再開いたします。

 21番 保岡議員。

   〔保岡議員登壇〕



◆21番(保岡正広議員) それでは、最後の質問をいたします。

 まず、市長さんの発言に関してでありますが、私は再問の中で、資料提出をしたのかどうか、このことをお聞きしました。そして、それが市長個人の資料であるのか、それとも行政の資料かと、その点については各課の複数にわたる課の資料ということでありますので、行政に関係をする資料だということですね、市長さん個人の資料ではないと、このことは明らかになりました。

 しかし、資料を市が提出したかどうか、これも言えない。ただ、刑事訴訟法に基づいて請求をされたということですから、これを提出しないというわけにはいかんでしょうね、だから提出されたんでしょう。だから、提出されたとしたら、それはいつですか、そこまで捜査上の問題で言えないというような私は理屈にはならんと思うんですよ。いつ提出したかぐらいは、議会ではっきり御答弁いただいていい問題じゃないですか。

 なお、11月の市長選挙に向けて、既に出馬表明をされた方もかなりございます。その立候補の記者会見の中で、ある予定者の方は、「今の阿南市は疑惑のデパートだ」と、こんなことも言われているようであります。

 この4年間、私は市民の多くの皆さんは今の市政にさまざまな疑惑を持たれている、このことの反映が今回の市長選挙に立候補される予定の方、今まで出馬表明をされた方すべてが今の市政変えないかんと、こういう認識で立候補表明されている。ここに反映をされているんだろうと思います。

 一昨日来の議員さんの質問の中で、来るべき南海地震等に備えて防災対策はどうかという質問がほとんどの議員さんからございました。私は、南海地震よりも先にこの市役所に激震が訪れるんでないか、このことの方を心配をいたしております。

 そこで、市長さんに再度お聞きをしたいんですが、こういった疑惑が今後、今市長の任期の間に市役所に激震が走る、そんなことがあるとお考えですか。私は多分あるとお考えじゃないのかと思うんですよね。それが市長が出馬を断念をされた一番の理由じゃないか。市長みずからにもさまざまな疑惑が今後降りかかってくるのではないかと、こんな心配もするわけであります。その点、市長はどうお考えか。みずから全く疑惑はないとおっしゃるのか、その点お聞かせをいただきたいと思います。

 次に、リサイクルセンターの問題ですが、全く告発をされたというようなことは承知していない、御答弁でありました。再問でお聞きをした、なぜリサイクルセンターができて直営になったのに、資源ごみの物品売り払い収入が13年、14年と逆に減っているのかと、このことに対する答弁もございませんでした。この市民が告発をされた点について、担当助役、稲原助役さんは、この告発をされた本人とお話をされたことがあるんじゃないですか。きちっとその方から警察にも告発をしているということをお聞きじゃないですか。しかも、これらの疑惑の中には、暴力団関係者の車が出入りしているという話もあるんです。

 私が以前に、環境管理事務所で暴力団関係者のロータリー車を環境管理事務所が使っていたと、この問題を10年ぐらい前だったと思いますが指摘をいたしました。そこと同じ所有の車がリサイクルセンターに出入りをしている、こういうことも指摘されているんです。そういうことを稲原助役はお聞きでないですか。御答弁をお願いしたいと思います。

 次に、温水プールの現場事務所ですが、目的外使用でないのか、一時的な使用だからいいんだと。それだったら、簡易舗装をして、し尿処理場の終末処分場を建設するまで間、一時的に駐車場として使用するのも、これは可能なはずでしょ。あのときは、いやそれは目的外使用になるからだめだということでした。そして、いつまで貸すのか、このことについての答弁もありませんでしたし、契約書はあるのかとお聞きをしましたが、それに対する答弁もありませんでした。

 金額については、これは設計金額に積算していないという答弁でした。ということは、土地を貸しているがお金はもらっていないということですか。再度、契約書があるのかどうか、そしていつまで貸すのか、そして金額は無料なのか、この点お聞かせをいただきたいと思います。

 もともと、じゃあ設計段階から現場事務所はその土地を使うという設計で、現場事務所の土地代は設計の中に含めていないということであれば、もう初めからそこを使う予定ですよね。これは都市計画決定された土地ですから、一時的にせよ1年近くということになるでしょう。8月から来年の3月が工期だと思いますから8カ月、これは当然そういう目的外使用する場合には知事の承認が要るんじゃないですか。私は要ると思うんですが、その点、知事あてにそういう申請をして承認をもらっているのかどうか、この点お聞かせをいただきたいと思います。

 最後に、この点について最終的な決済をされたのはだれかお聞かせをいただきたいと思います。

 以上で私の質問を終わります。



○議長(野中邦男議員) 暫時小休いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    休憩 午前11時27分

    再開 午前11時27分

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝



○議長(野中邦男議員) 再開いたします。

 野村市長。

   〔野村市長登壇〕



◎市長(野村靖) 共産党の議員さんだからといって、この神聖な議場で言いたい放題言われたら困ると思うんであります。かつて、文化会館の大ホールで大勢の方を集めて私が電力から1億円もらったようなことを言われたことがございますが、こんなことを電力が聞いたら笑うじゃないですか。私はそういう不正な金は一銭ももろておりません。このことをはっきり言っておきます。終わります。



○議長(野中邦男議員) 暫時小休いたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    休憩 午前11時28分

    再開 午前11時37分

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝



○議長(野中邦男議員) 小休前に引き続き会議を開きます。

 稲原助役。

   〔稲原助役登壇〕



◎助役(稲原和男) 保岡議員さんの再々問に御答弁を申し上げます。

 リサイクルセンター関連についてでございますが、リサイクルセンター臨時職員から業務の内容等について話がございました。私を含め大上局長、西川、近藤両次長と再度お会いをし、事実関係について大上局長に対し調査を命じ、事実関係を明らかにした上、しかるべき処置をいたしました。お話に来た人からは、しかるべき処置をしていただければよいとのことであり、告発したということは承知をいたしておりません。

 以上、再々問に対する御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 重村教育次長。

   〔重村教育次長登壇〕



◎教育次長(重村英幸) 保岡議員さんの再々問に御答弁を申し上げます。

 まず、契約書の作成についてでございますが、当初からその用地の使用を予定しておりましたことから作成はいたしておりません。なお、金額につきましても無料となっております。

 次に、期間についてでございますが、工期と同様の16年3月末までとなっております。

 次に、知事の承認につきましては、都市計画法第65条に関しては必要ないと県と協議をいたしております。

 次に、最終決済についてでございますが、最終決済は市長がいたしております。

 以上、御答弁といたします。



○議長(野中邦男議員) 以上で通告による一般質問は終わりました。

 これにて市政に対する一般質問を終結します。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(野中邦男議員) 日程第2 第1号議案から第17号議案及び承認第1号の計18件を一括して議題といたします。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありませんか。

   〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野中邦男議員) 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております各件は、お手元に御配付の議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(野中邦男議員) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしましたが、市長から芝山助役の退職について御報告いたしたい旨の申し出がありますので、これを受けることにいたします。

 野村市長。

   〔野村市長登壇〕



◎市長(野村靖) お疲れのところまことに恐縮に存じますが、貴重な時間をいただきまして、芝山助役が一身上の都合により退職されることとなりましたので、御報告申し上げたいと存じます。

 芝山助役は、昭和45年4月に阿南市技手として奉職され、教育委員会、総務課長、企画部長を務められ、今日までの33年間の長きにわたりまして市行政の推進に尽力をいただき、とりわけ議員皆さん方の御同意を賜り、平成14年4月から助役に就任され、私の補佐役として、誠心誠意、意欲的に市政の充実発展と市民の幸せのために職務に取り組んでいただきました。

 このたび、新たな決意を持って退職されることとなったわけでございますが、ここに多年にわたる功績、御労苦に対しまして心から敬意と感謝の意を表しますとともに、今後一層健康に御留意され、ますます御活躍されますことに御祈念申し上げ、御報告させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(野中邦男議員) 引き続きまして、芝山助役からごあいさつしたい旨の申し出がありますので、これを受けることにいたします。

 芝山助役。

   〔芝山助役登壇〕



◎助役(芝山日出高) 議長のお許しをいただきましたので、貴重なお時間を私事でまことに恐縮でございますが、退任に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 さて、私このたび新たな道への転身を決意し、本日をもって助役を辞任させていただきます。

 在職中は、議員皆様方に格別の御指導と御厚情をいただき、ただただ感謝のほかなく厚くお礼を申し上げます。

 振り返ってみますと、昭和45年、阿南市役所に奉職以来33年間、浅学非才の私を、歴代市長さん、歴代市議会議員各位、諸先輩、同僚、後輩、関係するすべての方々の温かい御助言、また激励のおかげをもちまして無事務め上げることができました。また、はからずしも平成14年からは、本日御参集の議員皆様方の御賛同を賜り、阿南市助役を拝命、その重責に身の引き締まる思いできょうまで仕事をさせていただきました。

 こうした機会をお与えいただきました野村市長さんを初め、本日まで温かく御指導くださった皆様の御厚情は肝に銘じて生涯忘れられるものではありません。深甚なる敬意と感謝を込めて厚く厚くお礼を申し上げます。

 最後になりましたが、阿南市の限りない発展と議員皆様方のますますの御健勝、御活躍を心からお祈り申し上げますとともに、今後とも一層の御厚情、御支援を賜りますようお願いを申し上げまして退任のごあいさつとさせていただきます。長らく本当にお世話になりました。ありがとうございました。(拍手)



○議長(野中邦男議員) 本日はこれにて散会いたします。

 次回は9月24日に会議を開き、審議中の各件について委員長報告、採決を行います。よろしく御協力をお願いいたします。

   ∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝∝

    散会 午前11時45分