議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 鳴門市

平成12年 12月定例会(第4回) 12月05日−01号




平成12年 12月定例会(第4回) − 12月05日−01号







平成12年 12月定例会(第4回)



          平成十二年 鳴門市議会会議録 (第二十一号)



鳴門市告示第九十九号

 平成十二年鳴門市議会第四回定例会を次のとおり招集する。

 平成十二年十一月二十八日

                        鳴門市長   亀 井 俊 明

一 期   日  平成十二年十二月五日

二 場   所  鳴門市議会議場

    ──────────────────────────────────

平成十二年十二月五日(会期十八日中第一日目)

  議事日程第一号

 諸般の報告

第一 会議録署名議員の指名について

第二 会期の決定について

第三 議案第九十三 号 平成十一年度鳴門市農業共済事業会計決算の認定について

   議案第九十四 号 平成十一年度鳴門市モーターボート競走事業会計決算の認定について

   議案第九十五 号 平成十一年度鳴門市病院事業会計決算の認定について

   議案第九十六 号 平成十一年度鳴門市水道事業会計決算の認定について

   議案第九十七 号 平成十一年度鳴門市運輸事業会計決算の認定について

     委員長報告  質疑  討論  採決

第四 議案第百十四 号 平成十一年度鳴門市一般会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百十五 号 平成十一年度鳴門市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百十六 号 平成十一年度鳴門市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百十七 号 平成十一年度鳴門市新東浜土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百十八 号 平成十一年度鳴門市公設地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百十九 号 平成十一年度鳴門市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百二十 号 平成十一年度鳴門市文化会館事業特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百二十一号 平成十一年度鳴門市光熱水費等支出特別会計歳入歳出決算の認定について

   議案第百二十二号 平成十二年度鳴門市一般会計補正予算(第二号)

   議案第百二十三号 中央省庁等改革のための関係法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

   議案第百二十四号 鳴門市税賦課徴収条例の一部改正について

   議案第百二十五号 鳴門市火災予防条例の一部改正について

   議案第百二十六号 鳴門市青少年問題協議会条例の一部改正について

   議案第百二十七号 鳴門市営住宅条例の一部改正について

   議案第百二十八号 鳴門市公設地方卸売市場業務条例の一部改正について

   議案第百二十九号 鳴門市と阿佐美水園競艇組合との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について

   議案第百三十 号 青梅市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託の廃止に関する協議について

   議案第百三十一号 新たに生じた土地の確認について

   議案第百三十二号 字の区域の変更について

   議案第百三十三号 公有水面の埋立について

     提案理由説明

    ──────────────────────────────────

平成十二年第四回定例会

  地方自治法第百二十一条に基づく説明員一覧表



 通知者名  職名       氏名



 市長    第一助役     細 川 並 久 君

       第二助役     牧 田   久 君

       収入役      川 上 喜一郎 君

       総務部長     市 川 義 博 君

       企画調整部長   小 倉 眞 穗 君

       市民福祉部長   三 谷 一 昭 君

       環境衛生部長   谷 崎   徹 君

       経済部長     塚 本 重 史 君

       建設部長     古 林 庸 策 君

       競艇部長     田 口 喜 久 君

       水道部長     中 谷   宏 君

       運輸部長     泉   良 一 君

       消防長      潮 崎 焜 及 君

       福祉事務所長   矢 野 正 夫 君

       環境衛生部副部長環境担当

                佐 藤 重 明 君

       環境衛生部副部長衛生センター担当兼衛生センター所長

                東 田 充 雄 君

       競艇部副部長   松 下 將 勝 君

       総務部

        総務課長    福 居 達 夫 君

        人事課長    板 東 久 男 君

        広報広聴課長  廣 川 多 門 君

        税務課長    石 川 博 敏 君

        企画官     平 野 悦 男 君

       企画調整部

        秘書企画課長  喜 多   哲 君

        情報政策課長  鯉 渕   勝 君

        文化振興課長  中 村 誠 司 君

       市民福祉部

        市民課長    濱 口   仁 君

        生活振興課長  市 橋 正 成 君

        保険課長    藤 田   博 君

        同和対策課長  正 木   智 君

        解放センター所長田 村 邦 夫 君

        高齢障害福祉課長浜 野 敏 男 君

        児童福祉課長  古 林 真 弓 君

       環境衛生部

        環境課長    松 前 敏 夫 君

        衛生センター管理課長

                前 野 憲 治 君

        衛生センター業務課長

                亘     博 君

       経済部

        商工観光課長  横 川 俊 彦 君

        農林水産課長  岡 部 晃 資 君

        耕地課長    福 田 尊 志 君

       建設部

        管理課長    黒 田 聰 身 君

        土木課長    三 木   勉 君

        都市計画課長  長 浜   宏 君

       競艇部

        管理課長    西 谷   茂 君

        企画推進課長  岩 田 健 治 君

        業務課長    泉   和 久 君

        警備課長    芦 尾 輝 征 君

       会計課

        会計課長    桑 島 和 子 君

       水道部

        業務課長    矢 野 満 夫 君

        施設課長    小 林   修 君

       運輸部

        運輸課長    川 上 昭 憲 君

       消防本部

        消防総務課長  島 田 正 幸 君

        予防課長    宮 崎   明 君

        警防課長    米 田 栄 治 君

        消防署長    田 村 瑞 穂 君

 教育委員長 教育長      森 本 繁 一 君

       教育委員会

        教育総務課長  浜 川 博 満 君

        学校教育課長  仁 木 直 喜 君

        生涯学習課長  鍋 島 健 治 君

        同和教育課長  岩 瀬   肇 君

        体育保健課長  寺 井   晋 君

        図書館長    北 野 隆 一 君

 監査委員   監査事務局参事事務局長事務取扱

                京 野 雅 彦 君

 選挙管理委員長

       選管委事務局長  岡 田 信 之 君

 農業委員会会長

       農委事務局参事事務局長事務取扱

                吉 田   功 君



    ──────────────────────────────────

 本日の会議に付した事件

 諸般の報告

日程第一 会議録署名議員の指名について

日程第二 会期の決定について

日程第三 議案第九十三号から議案第九十七号まで

      委員長報告  質疑  討論  採決

日程第四 議案第百十四号から議案第百三十三号まで

      提案理由説明

    ──────────────────────────────────

  出  席  議  員 (二十七名)

      議  長  斎  藤  達  郎  君

      一  番  横  井  茂  樹  君

      二  番  泉     善  治  君

      三  番  中  西  久  雄  君

      四  番  林     栄  一  君

      五  番  牧  野     豊  君

      六  番  松  下     保  君

      七  番  山  本     秀  君

      八  番  分  部  嘉  憲  君

      九  番  柿  本     公  君

      十  番  勘  川  一  三  君

      十一 番  佐  藤  絹  子  君

      十二 番  田  渕     豊  君

      十三 番  板  東  一  岳  君

      十四 番  平  岡  朔  郎  君

      十五 番  秦  野     卓  君

      十六 番  明  野  尚  文  君

      十七 番  坂  東  成  光  君

      十八 番  梅  野  健  寿  君

      十九 番  池  田  正  恵  君

      二十 番  橋  本  国  勝  君

      二十二番  近  藤  龍  彦  君

      二十三番  田  中  寛  昭  君

      二十四番  野  田  粋  之  君

      二十五番  藤  田  茂  男  君

      二十六番  森     恒  吉  君

      二十七番  矢  野  善  治  君

    ──────────────────────────────────

  欠  席  議  員 (一名)

      二十一番  工  藤  武  重  君

    ──────────────────────────────────

 説明のため出席した者

  市長        亀  井  俊  明  君

  第一助役      細  川  並  久  君

  第二助役      牧  田     久  君

  収入役       川  上  喜 一 郎  君

  総務部長      市  川  義  博  君

  企画調整部長    小  倉  眞  穗  君

  市民福祉部長    三  谷  一  昭  君

  環境衛生部長    谷  崎     徹  君

  経済部長      塚  本  重  史  君

  建設部長      古  林  庸  策  君

  競艇部長      田  口  喜  久  君

  水道部長      中  谷     宏  君

  運輸部長      泉     良  一  君

  消防長       潮  崎  焜  及  君

  福祉事務所長    矢  野  正  夫  君

  総務部

   総務課長     福  居  達  夫  君

  企画調整部

   秘書企画課長   喜  多     哲  君

  教育長       森  本  繁  一  君

  監査事務局参事事務局長事務取扱

            京  野  雅  彦  君

  選管委事務局長   岡  田  信  之  君

  農委事務局参事事務局長事務取扱

            吉  田     功  君

    ──────────────────────────────────

 議会事務局職員出席者

  事務局長      江   川   勝   幸

  次長        田   淵       功

  議事係長      福   有   慎   二

  資料係長      滝   川   勝   正

  書記        森       真   弓

    ──────────────────────────────────







     午前 十時  二分 開会



○議長(斎藤達郎君) お忙しいところ御参集御苦労さまでございます。

 これより平成十二年第四回定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 日程に入るに先立ち、諸般の報告を申し上げます。

 まず、市長からお手元へ配付のとおり議案の提出通知がありました。

 次に、市長及び各委員長等から、地方自治法第百二十一条の規定に基づく説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表として配付いたしております。

 次に、監査委員から十一月分の例月出納検査の報告がありましたので、配付いたしております。

 諸般の報告は以上のとおりであります。

 これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程は、お手元へ配付の議事日程表のとおりであります。

 朗読は省略いたします。

    ──────────────────────────────────



△日程第一 会議録署名議員の指名について



○議長(斎藤達郎君) 日程第一、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第八十一条の規定により

          五番 牧野 豊君

          六番 松下 保君

を指名いたします。

    ──────────────────────────────────



△日程第二 会期の決定について



○議長(斎藤達郎君) 日程第二、会期の決定についてを議題といたします。

 おはかりいたします。

 今期定例会は、本日より十二月二十二日までの十八日間といたしたいと思います。

 これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕

 御異議なしと認めます。

 よって会期は、本日より十二月二十二日までの十八日間と決定いたしました。

    ──────────────────────────────────



△日程第三 議案第九十三号 平成十一年度鳴門市農業共済事業会計決算の認定について

      議案第九十四号 平成十一年度鳴門市モーターボート競走事業会計決算の認定について

      議案第九十五号 平成十一年度鳴門市病院事業会計決算の認定について

      議案第九十六号 平成十一年度鳴門市水道事業会計決算の認定について

      議案第九十七号 平成十一年度鳴門市運輸事業会計決算の認定について



○議長(斎藤達郎君) 日程第三、議案第九十三号から議案第九十七号までの五議案を一括議題といたします。

 本案については、去る第三回定例会において、企業会計決算審査特別委員会に付託し、閉会中の継続審査に付してありましたので、この際企業会計決算審査特別委員長の報告を求めます。

     〔二十番 橋本国勝君登壇〕



◆二十番(橋本国勝君) 皆さんおはようございます。

 企業会計決算審査特別委員長報告を申し上げます。

 前期定例会において、当委員会に付託になりました案件は、議案第九十三号平成十一年度鳴門市農業共済事業会計決算の認定についてほか同年度各企業会計決算の認定四件であります。

 去る十一月二十一日、二十二日の両日委員会を開催し、監査委員の決算審査意見書を参考に、慎重審査いたしました結果、五議案ともいずれも認定すべきであると決しました。

 以下、審査の概要を申し上げます。

 まず、議案第九十三号平成十一年度鳴門市農業共済事業会計決算の認定についてでありますが、農作物共済勘定においては、前年度に比べ被害面積で二千八百二十六アール、支払共済金で千百三十八万七千円の減少となっております。

 家畜共済勘定では、死廃事故で十六頭、支払共済金で百二十四万五千円の減少、病傷事故でも件数が八十八件減少し、支払共済金で六十五万五千円の減となっております。

 園芸施設共済勘定では、支払共済金については被害がなかったため、前年度に比べ二百十二万二千円の減少となっております。

 また、業務勘定では、本年度も一般会計から千九十万円が繰り入れされております。

 委員会では、農業後継者の減少、農業従事者の高齢化の進行等により今後ますます厳しくなることが予想されることから、農業経営の安定化を図り、農業生産力の向上に努める事業の目的を達成するため、共済加入の推進に努められるとともに、これからの農業施策を検討するよう要望を付し、認定すべきと決しました。

 次に、議案第九十四号平成十一年度鳴門市モーターボート競走事業会計決算の認定についてでありますが、総収益は、舟券売上金の前年度比一六・四%減、入場人員の一〇・四%減などの影響を受け、一二・九%減の五百十六億四千百七十七万五千円であり、総費用も前年度比一二・二%減の五百二十二億五千七百七十一万八千円となっております。この結果、当年度純損失六億一千五百九十四万四千円を生じております。理事者より、長期にわたる景気の足踏み状態が続くなど、競艇事業を取り巻く環境は厳しく、急激な売り上げの向上が望めない中で、経営の見直しを図り、経費の節減に努め、また売り上げ向上対策として、広域発売の推進、レースの魅力の向上、本場・情報サービスの充実に取り組むとの説明がありました。委員会では、経営改善を図り、経費の節減、収益の向上、ファンのニーズに合ったサービスに努められるよう要望を付し、認定すべきと決しました。

 次に、議案第九十五号平成十一年度鳴門市病院事業会計決算の認定についてでありますが、総収益三億一千六百九万一千円に対し、総費用は三億二千六百万六千円であり、この結果、本年度も純損失九百九十一万五千円を生じ、未処理欠損金は四億三千五百七十万六千円となっております。委員会では、医療費抑制に基づき、診療報酬及び薬価の見直しが進められ、また本市財政状況の悪化など、病院経営を取り巻く環境は非常に厳しいことから、経費の見直しなど抜本的な改革に取り組まれるよう強く要望を付し、認定すべきと決しました。

 次に、議案第九十六号平成十一年度鳴門市水道事業会計決算の認定についてでありますが、総収益十五億六百九十三万五千円に対し、総費用十三億二千四百五十万三千円であり、この結果、当年度純利益一億八千二百四十三万二千円を生じております。委員より、徴収率が低いことから、市民に不公平感を抱かせないように徴収率の向上に努められるよう、また漏水等があったときは速やかに対処されるようにとの意見がありました。委員会では、水質保全と水源の確保を図り、市民に安全でおいしい水を安定供給できるよう要望を付し、認定すべきと決しました。

 次に、議案第九十七号平成十一年度鳴門市運輸事業会計決算の認定についてでありますが、総収益五億九千三百四十六万六千円に対し、総費用六億五千四百十八万八千円であり、この結果、当年度純損失六千七十二万二千円を生じております。運輸事業を取り巻く環境は、マイカーの普及や長引く景気の低迷によりバス利用客は減少し、ますます厳しい財政運営を強いられていることから、委員より路線別の乗客数の実態についての質疑があり、赤字路線は廃止するようにとの意見がありました。

 また、財政厳しい折、車庫移転用地については有効活用されるようにとの意見がありました。

 委員会としては、企業として経費の節減や路線の見直し等、なお一層努力されるよう要望を付し、認定すべきと決しました。

 以上が当委員会の審査概要であります。よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(斎藤達郎君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 質疑ありませんか。

     〔「質疑なし」と言う者あり〕

 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ討論の通告はありません。

 討論ありませんか。

     〔「討論なし」と言う者あり〕

 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第九十三号から議案第九十七号までの五議案を一括採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも認定であります。

 本案はいずれも委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕

 御異議なしと認めます。

 よって本案は、いずれも認定されました。

    ──────────────────────────────────



△日程第四 議案第百十四 号 平成十一年度鳴門市一般会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百十五 号 平成十一年度鳴門市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百十六 号 平成十一年度鳴門市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百十七 号 平成十一年度鳴門市新東浜土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百十八 号 平成十一年度鳴門市公設地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百十九 号 平成十一年度鳴門市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百二十 号 平成十一年度鳴門市文化会館事業特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百二十一号 平成十一年度鳴門市光熱水費等支出特別会計歳入歳出決算の認定について

      議案第百二十二号 平成十二年度鳴門市一般会計補正予算(第二号)

      議案第百二十三号 中央省庁等改革のための関係法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について

      議案第百二十四号 鳴門市税賦課徴収条例の一部改正について

      議案第百二十五号 鳴門市火災予防条例の一部改正について

      議案第百二十六号 鳴門市青少年問題協議会条例の一部改正について

      議案第百二十七号 鳴門市営住宅条例の一部改正について

      議案第百二十八号 鳴門市公設地方卸売市場業務条例の一部改正について

      議案第百二十九号 鳴門市と阿佐美水園競艇組合との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について

      議案第百三十 号 青梅市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託の廃止に関する協議について

      議案第百三十一号 新たに生じた土地の確認について

      議案第百三十二号 字の区域の変更について

      議案第百三十三号 公有水面の埋立について



○議長(斎藤達郎君) 日程第四、議案第百十四号から議案第百三十三号までの二十議案を一括議題といたします。

 市長の提案理由の説明を求めます。

     〔市長 亀井俊明君登壇〕



◎市長(亀井俊明君) 本日、第四回定例会を招集いたしましたところ、議員皆様方には、何かとお忙しい中を御出席いただきまして、まことにありがとうございます。

 今期定例会には、平成十二年度鳴門市一般会計補正予算を初め、重要な議案につきまして御審議をいただくことといたしておりますので、どうかよろしくお願いをいたします。

 それでは、今回提出いたしました各議案につきまして御説明を申し上げます。

 まず、議案第百二十二号平成十二年度鳴門市一般会計補正予算(第二号)であります。政府は、我が国の経済につきまして、企業部門を中心に自立的回復が続いているとしながらも、雇用情勢や個人消費などに先行き楽観できない要素があるとの見解を示しております。

 そこで、景気を本格的回復軌道に確実につなげるために、IT、いわゆる情報技術革命の推進を初め、環境問題や高齢化への対応、さらには都市基盤の整備に重点を置いた事業規模十一兆円の経済対策を発表し、これを具体化する本年度の補正予算が編成されたところでございます。

 このたびの本市の一般会計補正予算につきましては、これら国の補正予算によって措置されることとなりました各事業について、それぞれ計上いたしたものでございます。

 歳出のうち民生費におきましては、消費者への情報提供の高度化を推進するため、消費生活センターにインターネットが利用できるパーソナルコンピューターを設置し、消費者が幅広い多くの情報を利用できる環境の整備を図ってまいります。

 土木費でありますが、街路事業費のうち継続的に実施いたしております南浜・岡崎線の整備事業に対しまして、平成十三年度に予定いたしておりました事業費が、国において本年度に補正措置とされることとなりましたので、所要額を計上いたしました。

 教育費につきましては、市立工業高等学校及び小学校並びに中学校の各教室を結ぶ校内LAN設備を順次整備する経費のほか、市民の皆様にとりまして身近な学習交流の場であります公民館等に、インターネットに接続できるパーソナルコンピューターを設置いたします。そして、多くの市民皆様が最新の情報技術を利用できるよう講習会を実施することとし、その準備に必要な経費につきまして、所要額を計上いたしました。

 なお、こうした施策の財源となる歳入といたしましては、各事業の実施に当たり措置されることとなります国、県支出金及び地方債並びに地方交付税をそれぞれ計上いたしております。

 次に、条例その他の議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第百二十三号中央省庁等改革のための関係法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてであります。

 中央省庁等改革関係法並びに関係法律が平成十三年一月六日から施行されます。それに伴い、中央省庁が一府二十二省庁から一府十二省庁に再編されますことから、本市の条例中の省庁名等の字句について所要の改正を行うものでございます。

 議案第百二十四号鳴門市税賦課徴収条例の一部改正でありますが、税制改正、評価替えなどに伴い、年度により変更が生じております固定資産税の第一期の納期を確定させるための改正を行うとともに、納税者に対する不公平感の是正等の観点から前納報奨金の廃止を行うものでございます。

 次に、議案第百二十五号鳴門市火災予防条例の一部改正につきましては、建築基準法施行令の改正により、建築基準の性能規定化がなされたことから、それにあわせて用語の整理等を行うものでございます。

 議案第百二十六号鳴門市青少年問題協議会条例の一部改正でありますが、法律の改正に伴い、字句の整理を行うものでございます。

 議案第百二十七号鳴門市営住宅条例の一部改正につきましても、法令の改正に伴い、引用条項に係る字句の整理を行うものでございます。

 次に、議案第百二十八号鳴門市公設地方卸売市場業務条例の一部改正でありますが、卸売市場法及び徳島県卸売市場条例の改正に伴い、本市の公設地方卸売市場における売買取引の方法等を条例で定めるものでございます。

 議案第百二十九号鳴門市と阿佐美水園競艇組合との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議につきましては、平成十三年二月に本市が施行いたします第四十四回四国地区選手権競走の場外発売事務を阿佐美水園競艇組合に委託するに当たりまして、地方自治法第二百五十二条の十四の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第百三十号青梅市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託の廃止に関する協議についてでございます。青梅市施行の第十四回女子王座決定戦競走の場外発売事務につきましては、ことしの第一回定例会におきまして議決いただき、受託の準備を進めてまいりました。しかし、平成十三年度から本市で導入予定といたしております三連勝式投票法等に係る工事の施工に伴い、関連する各種調整の日程上の都合により、同競走の場外発売事務の委託を受けることができなくなりますことから、改めて議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第百三十一号新たに生じた土地の確認について及び議案第百三十二号字の区域の変更についての二件でございます。

 本市が施工してまいりました大浦漁港の埋立工事が竣工いたしましたことから、地方自治法の規定に基づき、本市の区域内に生じました土地の確認を行うとともに、北灘町の字の区域に編入するに当たりまして、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第百三十三号公有水面の埋立につきましては、県知事から瀬戸漁港の堂浦地区に係る埋立工事についての諮問がありましたので、埋め立てに対する答申を行うに当たりまして、公有水面埋立法第三条第四項の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 また、議案第百十四号から議案第百二十一号までの八議案につきましては、地方自治法第二百三十三条第三項の規定に基づき、平成十一年度の一般会計及び各特別会計の歳入歳出決算につきまして、監査委員の意見をつけて議会の認定に付すものでございます。

 以上のとおりでございますので、よろしく御審議を賜り、原案どおり可決いただきますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(斎藤達郎君) 以上をもって本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 おはかりいたします。

 議事の都合により、明十二月六日は休会といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕

 御異議なしと認めます。

 よって明十二月六日は休会とすることに決しました。

 次会は、十二月七日午前十時から再開いたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

     午前 十時二十三分 散会