議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 鳴門市

平成11年  2月定例会(第1回) 03月05日−04号




平成11年  2月定例会(第1回) − 03月05日−04号







平成11年  2月定例会(第1回)



          平成十一年 鳴門市議会会議録 (第四号)



平成十一年三月五日(会期二十日中第八日目)

  議事日程第四号

 諸般の報告

第一 議案第四十七号 平成十年度鳴門市一般会計補正予算(第七号)

   議案第四十八号 平成十年度鳴門市国民健康保険事業特別会計補正予算(第三号)

   議案第四十九号 平成十年度鳴門市老人保健事業特別会計補正予算(第一号)

   議案第五十 号 平成十年度鳴門市新東浜土地区画整理事業特別会計補正予算(第一号)

   議案第五十一号 平成十年度鳴門市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第三号)

   議案第五十二号 平成十年度鳴門市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第一号)

   議案第五十三号 平成十年度鳴門市文化会館事業特別会計補正予算(第三号)

   議案第五十四号 平成十年度鳴門市光熱水費等支出特別会計補正予算(第一号)

   議案第五十五号 平成十年度鳴門市農業共済事業会計補正予算(第四号)

   議案第五十六号 平成十年度鳴門市モーターボーート競走事業会計補正予算(第三号)

   議案第五十七号 平成十年度鳴門市病院事業会計補正予算(第二号)

   議案第五十八号 平成十年度鳴門市水道事業会計補正予算(第三号)

   議案第五十九号 平成十年度鳴門市運輸事業会計補正予算(第二号)

     提案理由説明  質疑  討論  採決

第二 議案第 三 号 平成十一年度鳴門市一般会計予算

   議案第 四 号 平成十一年度鳴門市国民健康保険事業特別会計予算

   議案第 五 号 平成十一年度鳴門市老人保健事業特別会計予算

   議案第 六 号 平成十一年度鳴門市新東浜土地区画整理事業特別会計予算

   議案第 七 号 平成十一年度鳴門市公設地方卸売市場事業特別会計予算

   議案第 八 号 平成十一年度鳴門市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

   議案第 九 号 平成十一年度鳴門市文化会館事業特別会計予算

   議案第 十 号 平成十一年度鳴門市光熱水費等支出特別会計予算

   議案第十一 号 平成十一年度鳴門市農業共済事業会計予算

   議案第十二 号 平成十一年度鳴門市モーターボート競走事業会計予算

   議案第十三 号 平成十一年度鳴門市病院事業会計予算

   議案第十四 号 平成十一年度鳴門市水道事業会計予算

   議案第十五 号 平成十一年度鳴門市運輸事業会計予算

   議案第十六 号 鳴門市事務分掌組織条例の一部改正について

   議案第十七 号 鳴門市税賦課徴収条例の一部改正について

   議案第十八 号 鳴門市特別職の職員の給与及び旅費の支給に関する条例の一部改正について

   議案第十九 号 鳴門市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について

   議案第二十 号 鳴門市報酬及び費用弁償条例の一部改正について

   議案第二十一号 鳴門市学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償条例の一部改正について

   議案第二十二号 鳴門市母子家庭等福祉奨学金支給条例の一部改正について

   議案第二十三号 鳴門市奨学金支給条例の一部改正について

   議案第二十四号 鳴門市立伝染病隔離病舎条例の廃止について

   議案第二十五号 鳴門市立幼稚園条例の一部改正について

   議案第二十六号 鳴門市文化会館条例の一部改正について

   議案第二十七号 鳴門市市民会館条例の一部改正について

   議案第二十八号 鳴門市福祉事務所設置条例等の一部改正について

   議案第二十九号 鳴門市火災予防条例の一部改正について

   議案第三十 号 鳴門市中小企業振興特別融資基金条例の制定について

   議案第三十一号 蒲郡市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十二号 唐津市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十三号 北九州市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十四号 倉敷市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十五号 戸田競艇組合と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十六号 府中市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十七号 大阪府都市競艇組合と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十八号 浜名湖競艇企業団と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第三十九号 滋賀県と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第四十 号 丸亀市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第四十一号 徳山市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第四十二号 下関市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

   議案第四十三号 鳴門市と下関市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について

   議案第四十四号 鳴門市と徳山市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について

   議案第四十五号 土地改良事業の施行について

   議案第四十六号 平成十一年度鳴門市農業共済事業の事務費賦課について

     質疑  委員会付託

第三 陳情第九十五号 朝鮮商工会に対する徴税実務の実態調査と、北朝鮮の秘密組織の破壊活動への対処を求める陳情書

   陳情第九十六号 介護保険制度の腎疾患患者の処遇についての陳情書

   陳情第九十七号 三十人以下学級を柱とする次期定数改善計画の策定を求める陳情書

   陳情第九十八号の一 国民生活の安定、個人消費力向上を最重点に景気回復をはかる施策を求める陳情書

   陳情第九十八号の二 国民生活の安定、個人消費力向上を最重点に景気回復をはかる施策を求める陳情書

   陳情第九十八号の三 国民生活の安定、個人消費力向上を最重点に景気回復をはかる施策を求める陳情書

   陳情第九十九号 「新ガイドライン法案」の制定に反対する陳情書

   陳情第 百 号 三十人学級の早期実現についての陳情書

   陳情第百一 号 油防除体制の強化など海洋環境保全体制の充実を図る意見書採択を求める陳情書

   陳情第百二 号 国民本位の公共事業推進と建設行政の民主化を求める意見書採択への陳情書

   陳情第百三 号 現下の厳しい雇用失業情勢に対応し労働行政の充実・強化をはかる旨の意見書採択を求める陳情書

     委員会付託

    ──────────────────────────────────

 本日の会議に付した事件

 諸般の報告

日程第一 議案第四十七号から議案第五十九号まで

      提案理由説明  質疑  討論  採決

日程第二 議案第三号から議案第四十六号まで

      質疑  委員会付託

日程第三 陳情第九十五号から陳情第百三号まで

      委員会付託

    ──────────────────────────────────

  出  席  議  員 (二十八名)

      議  長  泉     善  治  君

      一  番  川  上     守  君

      二  番  横  井  茂  樹  君

      三  番  池  田  正  恵  君

      四  番  福  島  慧  雄  君

      五  番  平  岡  朔  郎  君

      六  番  大  石  謙  一  君

      七  番  明  野  尚  文  君

      八  番  牧  野     豊  君

      九  番  矢  野  善  治  君

      十  番  近  藤  龍  彦  君

      十一 番  三  津  良  裕  君

      十二 番  佐  藤  絹  子  君

      十三 番  分  部  嘉  憲  君

      十四 番  藤  田  茂  男  君

      十五 番  柿  本     公  君

      十六 番  松  下     保  君

      十七 番  工  藤  武  重  君

      十八 番  田  中  寛  昭  君

      十九 番  山  本     秀  君

      二十 番  中  西  久  雄  君

      二十一番  林     栄  一  君

      二十二番  梅  野  健  寿  君

      二十四番  田  渕     豊  君

      二十五番  橋  本  国  勝  君

      二十六番  坂  東  成  光  君

      二十七番  秦  野     卓  君

      二十八番  野  田  粋  之  君

    ──────────────────────────────────

  欠  席  議  員 (一名)

      二十三番  勘  川  一  三  君

    ──────────────────────────────────

 説明のため出席した者

  市長        山  本  幸  男  君

  第一助役      中  村     稔  君

  収入役       鎌  田  善  雄  君

  政策監       二  木  俊  幸  君

  総務部長      小  川  紘  生  君

  企画開発部長    谷  川     進  君

  環境衛生部長    平  岡  敏  宏  君

  経済部長      阿  部  理  男  君

  建設部長      宮  崎  義  範  君

  競艇部長      吉  成  英  治  君

  水道部長      坂  本  廣  次  君

  運輸部長      泉     祐  自  君

  消防長       大  島  良  信  君

  総務部

   秘書人事課長   潮  崎  焜  及  君

   総務課長     廣  川  多  門  君

  教育長       石  野  利  和  君

  教育次長      梶  本  寿  雄  君

  監査事務局参事事務局長事務取扱

            杉  岡  賢  美  君

  選管委事務局長   東  田  充  雄  君

  農委事務局長    喜  多     哲  君

    ──────────────────────────────────

 議会事務局職員出席者

  事務局長      美   保   英   世

  次長        川   上   昭   憲

  主査兼議事係長   田   淵       功

  書記        西   上   昭   二

    ──────────────────────────────────







     午前 十時     開議



○議長(泉善治君) お忙しいところ御参集御苦労でございます。

 これより本日の会議を開きます。

 日程に入るに先立ち諸般の報告を申し上げます。

 市長からお手元へ配付のとおり、追加議案の提出通知がありました。

 諸般の報告は以上のとおりであります。

 議事の都合により小休いたします。

     午前 十時  一分 休憩

     午後 一時五十九分 開議



○議長(泉善治君) 小休前に引き続き会議を開きます。

 これより本日の日程に入ります。

 本日の議事日程はお手元へ配付の議事日程表のとおりであります。

 朗読は省略いたします。

    ──────────────────────────────────



△日程第一 議案第四十七号 平成十年度鳴門市一般会計補正予算(第七号)

      議案第四十八号 平成十年度鳴門市国民健康保険事業特別会計補正予算(第三号)

      議案第四十九号 平成十年度鳴門市老人保健事業特別会計補正予算(第一号)

      議案第五十 号 平成十年度鳴門市新東浜土地区画整理事業特別会計補正予算(第一号)

      議案第五十一号 平成十年度鳴門市公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第三号)

      議案第五十二号 平成十年度鳴門市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第一号)

      議案第五十三号 平成十年度鳴門市文化会館事業特別会計補正予算(第三号)

      議案第五十四号 平成十年度鳴門市光熱水費等支出特別会計補正予算(第一号)

      議案第五十五号 平成十年度鳴門市農業共済事業会計補正予算(第四号)

      議案第五十六号 平成十年度鳴門市モーターボート競走事業会計補正予算(第三号)

      議案第五十七号 平成十年度鳴門市病院事業会計補正予算(第二号)

      議案第五十八号 平成十年度鳴門市水道事業会計補正予算(第三号)

      議案第五十九号 平成十年度鳴門市運輸事業会計補正予算(第二号)



○議長(泉善治君) 日程第一、議案第四十七号から議案第五十九号までの十三議案を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

     〔市長 山本幸男君登壇〕



◎市長(山本幸男君) ただいま上程されました議案第四十七号から議案第五十九号までの十三議案について、一括して提案理由の御説明を申し上げます。

 平成十年度鳴門市一般会計補正予算につきましては、長引く景気低迷への対応策として昨年末に成立いたしました国の第三次補正予算で措置された事業等について追加計上いたすとともに事業実績等に基づく所要の措置を講じるものであります。

 また、各特別会計補正予算並びに各企業会計補正予算につきましては、それぞれ予算執行の中で事業量がほぼ確定してまいっておりますので、歳入歳出等について所要の補正を行うものであります。

 まず、一般会計補正予算(第七号)でありますが、歳入歳出それぞれ十二億七千三百八十七万五千円を追加し、補正後の予算総額を二百六十三億八千三十九万七千円といたしました。

 繰越明許費につきましては、交付事務が翌年度にわたる地域振興券交付事業を初め、それぞれの事業により年度内に完了が見込めない三十事業につきまして、地方自治法第二百十三条第一項の規定に基づき、措置いたします。

 債務負担行為の補正につきましては、鳴門市土地開発公社に対する債務保証について、年度間の円滑な事業の推進を図るため、平成十一年度事業資金として活用できるよう、所要の措置をいたしました。

 このほか地方債の補正につきましては、産業経済施設整備事業として県単独補助耕地事業に対する起債の追加及び横断道周辺対策事業ほか十六件の変更をしようとするものであります。

 以下、補正の主なものについて、その概要を御説明申し上げます。

 初めに、歳入でありますが、市税、利子割交付金、地方消費税交付金、ゴルフ場利用税交付金及び地方交付税につきましては、現在までの収納実績や交付決定額等に基づき、それぞれ所要額を補正いたしました。

 また、分担金及び負担金、使用料及び手数料につきましては、該当する事業量あるいは収入の実績等を勘案し、補正いたしております。

 国庫支出金及び県支出金では、国の補正予算により追加措置された事業について補正をいたしますほか、それぞれ事業実績等に基づき所要の補正を行うものであります。

 財産収入につきましては、各基金の利子及び不用土地の売り払いに伴う収入を補正いたしますとともに寄附金では女性施設の推進のため寄せられた寄附金及び交通遺児育英基金への寄附金を計上いたしました。

 繰入金は、介護保険制度への対応や総合窓口化を図るための庁舎建設に必要な設計費等の財源として、庁舎整備基金から、あるいは市営住宅高島団地の二棟目を建設する財源として、公営住宅基金からの繰入金を計上いたしましたほか、ふるさと活性化基金、水産業振興基金につきまして該当する事業量の確定等に基づき、所要額を補正いたしております。

 諸収入では、収入実績等により、それぞれ所要の補正をいたしますのと市債につきましては国の補正予算より追加された事業に対する財源措置として都市下水路事業及び公営住宅建設事業に対する起債の増額のほか、確定しつつある事業量に合わせて所要の補正を行うものであります。

 次に、歳出について御説明申し上げます。

 まず、総務費でありますが、勧奨による退職手当の不足額を補正いたしますとともに、地方バス路線維持費等補助金として営業実績に基づく所要額の補正及び繰出基準に基づく運輸事業会計への繰出金等を計上いたしました。

 また、庁舎建設のための調査設計費及び国の補正予算より、本年度措置されることになりました地域情報化の基盤整備として市内に光ファイバーケーブルを敷設する事業に対する財政支援のほか、庁舎整備基金、ふるさと活性化基金、交通遺児育英基金、財政調整基金及び減債基金について、それぞれ基金利子、寄附金を含めた積立金を計上するなど、所要の補正を行いました。

 民生費では、特別養護老人ホーム鳴光荘の大規模改修に対する補助金のほか、子育て支援施策の拡充を図る放課後児童対策として板東地区に必要な施設を整備するための経費及び介護保険制度の円滑な導入を図るための電子計算システム構築に要する経費等について、所要額を計上いたしております。

 衛生費につきましては、病院事業会計に対して基準に基づく所要の繰出金を計上いたしますとともに、衛生センター場内諸施設等の環境調査費や里浦地区のごみ埋立対策に要する経費等について、所要額を補正いたしました。

 農林水産業費では、公設地方卸売市場事業特別会計の繰出金並びに農業共済事業会計における業務勘定の収支不足額に対する繰出金を補正いたしますとともに、沿岸漁業整備開発事業費のうち県の補助を受け、各漁業協同組合が実施する事業に対する補助金等について、所要の補正を行いました。

 商工費につきましては、観光案内施設の補修に要する経費のほか、それぞれ事業実績等に基づき、所要額を補正いたしております。

 土木費では、国の補正予算により措置されました撫養都市下水路事業及び高島都市下水路事業並びに高島団地建設事業について、追加補正をいたします。

 また、その他の国県補助事業や市単独事業につきましても事業量がほぼ確定いたしてまいりましたので、それぞれの所要額を補正いたしますほか、公営住宅基金につきまして基金利子を積み立て、補正を行いました。

 消防費では、分団詰所等の整備に要する経費及び消防施設等整備基金につきましては、利子相当額の積立金を計上するなど、所要の補正を行っております。

 教育費でありますが、総務費と同様に勧奨による退職手当の不足額を補正いたしますとともに、小・中学校及び幼稚園の管理費、あるいは学校建設費等について、事業実績に基づき、所要額を補正いたしました。

 また、保健体育費におきまして、鳴門工業高等学校の第七十一回選抜高校野球大会出場に対する補助金の計上を初め、国庫補助金を受け、給食センターに調理途中での雑菌の繁殖を抑制する真空冷却機を導入する経費を追加いたしますほか、高等学校費、社会教育費につきまして、それぞれの所要額を補正いたしました。

 このほか議会費、労働費、災害復旧費及び公債費につきましても事業実績や今後の所要見込み額等を勘案し、補正いたしております。

 次に、国民健康保険事業特別会計補正予算(第三号)でありますが、歳入につきましては国庫支出金及び療養給付費交付金等について、交付実績や収入見込み額を積算の上、補正いたしますほか、歳出につきましては直診施設としての病院事業会計に対する繰出金や医療費所要額の実績に基づく保険給付費等について、それぞれ所要の補正を行いました。

 また、老人保健事業特別会計補正予算(第一号)では、支払基金交付金及び国庫支出金等について、前年度交付実績に対する過不足額の精算等により歳入の補正をいたしますとともに、歳出では診査支払い手数料について、支払い実績に基づく補正をいたしました。

 新東浜土地区画整理事業特別会計補正予算(第一号)は、事業の進捗状況にあわせ、継続費の総額及び年割額について、所要の措置を行うものであります。

 公設地方卸売市場事業特別会計補正予算(第三号)につきましては、歳入において収入実績等により使用料を補正いたしますとともに、一般会計繰入金等について所要の補正を行いますほか、歳出では実績等を勘案し、運営に支障を来さないよう所要の補正をいたしました。

 住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第一号)では、期限前償還のありました貸付金元利収入等を今後の市債償還に当てる財源として留保するため、所要額を住宅新築資金等地方債償還基金へ積み立てることといたしております。

 文化会館事業特別会計補正予算(第三号)につきましては、実績に基づき、事業収入及び一般会計繰入金等を補正いたしますとともに、歳出では自主公演事業費及び一般管理費等について今後の所要見込み額を勘案し、補正いたしております。

 光熱水費等支出特別会計補正予算(第一号)は、一般会計を初め、各会計における電気、水道及び電話料の本年度使用実績がおおむね確定してまいりましたので、これに基づき所要の補正を行うものであります。

 次に、農業共済事業会計補正予算(第四号)でありますが、各共済勘定と本年度の事業量がほぼ確定いたしましたので、それぞれこれに合わせた補正を行いますのと、業務勘定におきましては収支不足額に対する一般会計からの補てんを予定いたしております。

 モーターボート競走事業会計補正予算(第三号)では、収益的収入につきまして、現在までの実績が当初の予定を下回っております舟券売上金について、今後の売上見込み額も勘案し、補正いたしましたほか、収益的支出におきましては、売り上げに伴う払戻金及び交・納付金並びに職員の退職手当不足額等について、それぞれ所要額を補正いたしました。

 病院事業会計補正予算(第二号)につきましては、収益的収入のうち入院、外来収益等について実績を勘案し補正いたしますとともに、経費の負担区分に基づき一般会計負担金を補正いたしました。また、収益的支出及び資本的支出につきましても実績等に基づき、所要の補正を行っております。

 水道事業会計補正予算(第三号)でありますが、収益的収支及び資本的収支につきまして、今年度の事業量がおおむね確定してまいりましたので、それぞれ事業実績等に基づき、補正を行うものであります。

 運輸事業会計補正予算(第二号)につきましては、収益的収入のうち生活路線維持費補助金等について、基準に基づく積算により補正をいたしますとともに、収益的支出につきましても事業実績等により所要額を補正いたしました。また、資本的収支につきまして、建設改良費として計上いたしております土地購入費等につきまして、それぞれ所要額の確定により補正を行うものであります。

 以上のとおりでありますので、よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(泉善治君) これより質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 質疑ありませんか。

     〔「質疑なし」と言う者あり〕

 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 おはかりいたします。

 本案については、会議規則第三十七条第二項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕

 御異議なしと認めます。

 よって本案については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 ただいまのところ討論の通告はありません。

 討論ありませんか。

     〔発言する者あり〕

 小休いたします。

     午後 二時  九分 休憩

     午後 二時  九分 開議



○議長(泉善治君) 再開いたします。

     〔九番 矢野善治君登壇〕



◆九番(矢野善治君) どうも失礼しました。

 それでは、お許しをいただきましたので、改めまして議案第五十七号平成十年度鳴門市病院事業会計補正予算、議案第五十九号平成十年度鳴門市運輸事業会計補正予算について、意見を述べさせていただきます。

 ただいま補正なりましたそれぞれ企業につきましては、大きな赤字経営となっておるわけでございます。一応、公共事業といえども、利潤を求めた事業でございます。一般会計の中から、窮屈な財政の中から繰り出しをしておるにもかかわらず、両方合わせまして八億何ぼという赤字経営になっておるわけでございまして、そうしたこの会計におきます、一応これらの負担につきましては基本的には応益割というのが基準でございます。あくまでも、企業会計といいながら、やはりこれの運営等には努力をされておる跡はあるわけでございますが、これらにつきましては、これからの行革の一つの目玉として、これらを重点的に取り上げていただくようなことを求めまして、私の討論を終わります。



○議長(泉善治君) ほかに討論ありませんか。

     〔「討論なし」と言う者あり〕

 これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第五十七号及び議案第五十九号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔起立多数〕

 起立多数であります。

 よって本案は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第四十七号から議案第五十六号及び議案第五十八号の十一議案を一括採決いたします。

 本案は、いずれも原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕

 御異議なしと認めます。

 よって本案は、いずれも原案のとおり可決されました。

    ──────────────────────────────────



△日程第二 議案第 三 号 平成十一年度鳴門市一般会計予算

      議案第 四 号 平成十一年度鳴門市国民健康保険事業特別会計予算

      議案第 五 号 平成十一年度鳴門市老人保健事業特別会計予算

      議案第 六 号 平成十一年度鳴門市新東浜土地区画整理事業特別会計予算

      議案第 七 号 平成十一年度鳴門市公設地方卸売市場事業特別会計予算

      議案第 八 号 平成十一年度鳴門市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

      議案第 九 号 平成十一年度鳴門市文化会館事業特別会計予算

      議案第 十 号 平成十一年度鳴門市光熱水費等支出特別会計予算

      議案第十一 号 平成十一年度鳴門市農業共済事業会計予算

      議案第十二 号 平成十一年度鳴門市モーターボート競走事業会計予算

      議案第十三 号 平成十一年度鳴門市病院事業会計予算

      議案第十四 号 平成十一年度鳴門市水道事業会計予算

      議案第十五 号 平成十一年度鳴門市運輸事業会計予算

      議案第十六 号 鳴門市事務分掌組織条例の一部改正について

      議案第十七 号 鳴門市税賦課徴収条例の一部改正について

      議案第十八 号 鳴門市特別職の職員の給与及び旅費の支給に関する条例の一部改正について

      議案第十九 号 鳴門市教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について

      議案第二十 号 鳴門市報酬及び費用弁償条例の一部改正について

      議案第二十一号 鳴門市学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償条例の一部改正について

      議案第二十二号 鳴門市母子家庭等福祉奨学金支給条例の一部改正について

      議案第二十三号 鳴門市奨学金支給条例の一部改正について

      議案第二十四号 鳴門市立伝染病隔離病舎条例の廃止について

      議案第二十五号 鳴門市立幼稚園条例の一部改正について

      議案第二十六号 鳴門市文化会館条例の一部改正について

      議案第二十七号 鳴門市市民会館条例の一部改正について

      議案第二十八号 鳴門市福祉事務所設置条例等の一部改正について

      議案第二十九号 鳴門市火災予防条例の一部改正について

      議案第三十 号 鳴門市中小企業振興特別融資基金条例の制定について

      議案第三十一号 蒲郡市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十二号 唐津市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十三号 北九州市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十四号 倉敷市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十五号 戸田競艇組合と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十六号 府中市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十七号 大阪府都市競艇組合と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十八号 浜名湖競艇企業団と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第三十九号 滋賀県と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第四十 号 丸亀市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第四十一号 徳山市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第四十二号 下関市と鳴門市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議について

      議案第四十三号 鳴門市と下関市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について

      議案第四十四号 鳴門市と徳山市との間におけるモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について

      議案第四十五号 土地改良事業の施行について

      議案第四十六号 平成十一年度鳴門市農業共済事業の事務費賦課について



○議長(泉善治君) 日程第二、議案第三号から議案第四十六号までの四十四議案を一括議題とし、前会の議事を継続いたします。

 これより質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。

 質疑ありませんか。

     〔「質疑なし」と言う者あり〕

 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております各議案は、会議規則第三十七条第一項の規定により、お手元へ配付の議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

    ──────────────────────────────────



△日程第三 陳情第九十五号 朝鮮商工会に対する徴税実務の実態調査と、北朝鮮の秘密組織の破壊活動への対処を求める陳情書

      陳情第九十六号 介護保険制度の腎疾患患者の処遇についての陳情書

      陳情第九十七号 三十人以下学級を柱とする次期定数改善計画の策定を求める陳情書

      陳情第九十八号の一 国民生活の安定、個人消費力向上を最重点に景気回復をはかる施策を求める陳情書

      陳情第九十八号の二 国民生活の安定、個人消費力向上を最重点に景気回復をはかる施策を求める陳情書

      陳情第九十八号の三 国民生活の安定、個人消費力向上を最重点に景気回復をはかる施策を求める陳情書

      陳情第九十九号 「新ガイドライン法案」の制定に反対する陳情書

      陳情第 百 号 三十人学級の早期実現についての陳情書

      陳情第百一 号 油防除体制の強化など海洋環境保全体制の充実を図る意見書採択を求める陳情書

      陳情第百二 号 国民本位の公共事業推進と建設行政の民主化を求める意見書採択への陳情書

      陳情第百三 号 現下の厳しい雇用失業情勢に対応し労働行政の充実・強化をはかる旨の意見書採択を求める陳情書



○議長(泉善治君) 日程第三、請願・陳情書の処理を議題といたします。

 本案については、会議規則第百三十四条の規定により、お手元へ配付の請願・陳情文書表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 以上をもって本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 おはかりいたします。

 明三月六日から三月十六日までの十一日間は委員会審査のため休会いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕

 御異議なしと認めます。

 よって明三月六日から三月十六日までの十一日間は休会とすることに決しました。

 次会は三月十七日午前十時から再開いたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

     午後 二時二十一分 散会