議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 徳島市

平成21年第 2回定例会−06月01日-06号




平成21年第 2回定例会

┌─────────────────────────────────┐
│    平 成                          │
│    21年   徳 島 市 議 会 会 議 録        │
│                                 │
│              第 6 号              │
└─────────────────────────────────┘
                        徳島市告示第75号
 平成21年第2回徳島市議会定例会を次のとおり招集する。
       平成21年5月25日
          徳 島 市 長   原   秀 樹
 1 と き   平成21年6月1日午前10時
 2 ところ   徳島市議会議事堂
   ─────────────────────────────
  平成21年6月1日(月曜日)午前10時20分開会
   ─────────────────────────────
   議 事 日 程(第1号)
第1 会議録署名議員指名について
第2 会期決定について
第3 議案第51号 平成21年度徳島市一般会計補正予算(第1号)
   議案第52号 徳島市市民参加基本条例を定めるについて
   議案第53号 徳島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う徳島県市町村総合事務組合規約の変更について
   議案第54号 専決処分の承認について
   議案第55号 専決処分の承認について
   議案第56号 専決処分の承認について
   議案第57号 徳島市議会議員の議員報酬,費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   議案第58号 常勤の特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   議案第59号 徳島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   議案第60号 教育長の給与,勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   報告第15号 平成20年度徳島市一般会計継続費繰越報告書
   報告第16号 平成20年度徳島市一般会計繰越明許費繰越報告書
   報告第17号 平成20年度徳島市一般会計事故繰越し繰越報告書
   報告第18号 平成20年度徳島市下水道事業特別会計継続費繰越報告書
   報告第19号 平成20年度徳島市下水道事業特別会計繰越明許費繰越報告書
   報告第20号 平成20年度徳島市職員給与等支払特別会計繰越明許費繰越報告書
   報告第21号 平成20年度徳島市水道事業会計継続費繰越報告書
   報告第22号 平成20年度徳島市水道事業会計予算繰越報告書
   報告第23号 平成20年度徳島市市民病院事業会計継続費繰越報告書
   報告第24号 専決処分の報告について
   報告第25号 専決処分の報告について
   報告第26号 専決処分の報告について
   報告第27号 専決処分の報告について
   報告第28号 専決処分の報告について
   報告第29号 専決処分の報告について
   報告第30号 専決処分の報告について
   報告第31号 専決処分の報告について
   報告第32号 専決処分の報告について
   報告第33号 専決処分の報告について
   報告第34号 専決処分の報告について
   報告第35号 専決処分の報告について
   報告第36号 専決処分の報告について
   報告第37号 専決処分の報告について
   ─────────────────────────────
   本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員指名について
日程第2 会期決定について
日程第3 議案第51号から議案第60号まで
     報告第15号から報告第37号まで
   ─────────────────────────────
   出 席 議 員(33名)
   1番  土 井 昭 一 君 │  2番  梶 原 一 哉 君
   3番  小 林 和 夫 君 │  4番  岸 本 和 代 君
   5番  吉 本 八 恵 君 │  6番  西 林 幹 展 君
   7番  美 馬 秀 夫 君 │  8番  三 木   明 君
   9番  隅 倉 純 爾 君 │ 10番  井 上   武 君
  11番  岡   孝 治 君 │ 12番  久次米 尚 武 君
  13番  村 上   稔 君 │ 14番  開     寛 君
  15番  中 川 秀 美 君 │ 16番  岡 南   均 君
  17番  笠 井 国 利 君 │ 18番  西 條 正 道 君
  19番  小 林 淳 治 君 │ 20番  佐々木 健 三 君
  21番  須 見 矩 明 君 │ 22番  武 知 浩 之 君
  23番  小 林 康 伸 君 │ 24番  宮 内 春 雄 君
  25番  広 瀬 和 範 君 │ 26番  塀 本 信 之 君
  27番  加 戸   悟 君 │ 29番  中 野 一 雄 君
  30番  河 野 みどり 君 │ 31番  山 口 悦 寛 君
  32番  赤 川 健 治 君 │ 33番  折 目 信 也 君
  34番  森 井 嘉 一 君 │
   ─────────────────────────────
   欠 席 議 員(1名)
  28番  梯   富 子 君
   ─────────────────────────────
   説明のため出席した者の職氏名
市長     原   秀 樹 君 │ 第一副市長  本 田 利 広 君
第二副市長  佐 藤 吉 則 君 │ 企画政策局長 岩 崎 啓 二 君
総務部長   榊     勇 君 │ 財政部長
市民環境部長 上 野 見 親 君 │ 兼理事    志 賀 真 幸 君
保健福祉部長           │ 経済部長   尾 池 修 二 君
兼理事    川久保   博 君 │ 都市整備部長 敷 島   徹 君
土木部長   磯 部 洋 一 君 │ 危機管理監  横 山   上 君
消防局長   瀬 川 安 則 君 │ 水道局長   久 米 好 雄 君
交通局長   ? 村 信 一 君 │ 病院事業
病院局長   後藤田   勲 君 │ 管理者    湊     省 君
教育長    石 井   博 君 │ 選挙管理委員
監査事務局長 森 本 雅 俊 君 │ 会事務局長  山 口 義 昭 君
農業委員会            │
事務局長   山 村 茂 樹 君 │
   ─────────────────────────────
   議会事務局職員出席者
 事務局長    松 田 平 和 │ 次長      箕 浦   豊
 庶務課長    中 川 隆 行 │ 議事調査課長  林   哲 也
 議事調査課長補         │ 議事調査課主任
 佐       西 名   武 │ 主査兼調査係長 角 元 京 子
 議事係長    宮 本 和 明 │
   ─────────────────────────────
○議長(隅倉純爾君)ただいまから、平成21年第2回徳島市議会定例会を開会いたします。
 市長より招集のあいさつがあります。
           〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)本日、ここに平成21年第2回徳島市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位の御出席を賜り厚く御礼を申し上げます。
 今定例会には、一般会計補正予算議案など、10件の議案を御提出いたしております。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げまして招集のごあいさつといたします。
○議長(隅倉純爾君)これより、本日の会議を開きます。
 日程に先立ち、諸般の報告をいたします。
 まず、監査委員から、本年3月、4月及び5月に実施した例月現金出納検査及び監査の結果について、議長あて報告書が提出されておりますので、御報告いたしておきます。
 次に、地方自治法第121条の規定により、本定例会に出席を求めた者の職氏名及び本日の議事日程を事務局長に報告させます。
            〔議会事務局長報告〕
   ─────────────────────────────
   説明のため出席を求めた者の職氏名
市長     原   秀 樹 君 │ 第一副市長  本 田 利 広 君
第二副市長  佐 藤 吉 則 君 │ 企画政策局長 岩 崎 啓 二 君
総務部長   榊     勇 君 │ 財政部長
市民環境部長 上 野 見 親 君 │ 兼理事    志 賀 真 幸 君
保健福祉部長           │ 経済部長   尾 池 修 二 君
兼理事    川久保   博 君 │ 都市整備部長 敷 島   徹 君
土木部長   磯 部 洋 一 君 │ 危機管理監  横 山   上 君
消防局長   瀬 川 安 則 君 │ 水道局長   久 米 好 雄 君
交通局長   ? 村 信 一 君 │ 病院事業
病院局長   後藤田   勲 君 │ 管理者    湊     省 君
教育長    石 井   博 君 │ 選挙管理委員
監査事務局長 森 本 雅 俊 君 │ 会事務局長  山 口 義 昭 君
農業委員会            │
事務局長   山 村 茂 樹 君
   ─────────────────────────────
         議  事  日  程  (第1号)
第1 会議録署名議員指名について
第2 会期決定について
第3 議案第51号 平成21年度徳島市一般会計補正予算(第1号)
   議案第52号 徳島市市民参加基本条例を定めるについて
   議案第53号 徳島県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少に伴う徳島県市町村総合事務組合規約の変更について
   議案第54号 専決処分の承認について
   議案第55号 専決処分の承認について
   議案第56号 専決処分の承認について
   議案第57号 徳島市議会議員の議員報酬,費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   議案第58号 常勤の特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   議案第59号 徳島市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   議案第60号 教育長の給与,勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて
   報告第15号 平成20年度徳島市一般会計継続費繰越報告書
   報告第16号 平成20年度徳島市一般会計繰越明許費繰越報告書
   報告第17号 平成20年度徳島市一般会計事故繰越し繰越報告書
   報告第18号 平成20年度徳島市下水道事業特別会計継続費繰越報告書
   報告第19号 平成20年度徳島市下水道事業特別会計繰越明許費繰越報告書
   報告第20号 平成20年度徳島市職員給与等支払特別会計繰越明許費繰越報告書
   報告第21号 平成20年度徳島市水道事業会計継続費繰越報告書
   報告第22号 平成20年度徳島市水道事業会計予算繰越報告書
   報告第23号 平成20年度徳島市市民病院事業会計継続費繰越報告書
   報告第24号 専決処分の報告について
   報告第25号 専決処分の報告について
   報告第26号 専決処分の報告について
   報告第27号 専決処分の報告について
   報告第28号 専決処分の報告について
   報告第29号 専決処分の報告について
   報告第30号 専決処分の報告について
   報告第31号 専決処分の報告について
   報告第32号 専決処分の報告について
   報告第33号 専決処分の報告について
   報告第34号 専決処分の報告について
   報告第35号 専決処分の報告について
   報告第36号 専決処分の報告について
   報告第37号 専決処分の報告について
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(隅倉純爾君)なお、本日の会議に欠席の届け出がありました方は、28番梯 富子君、今会期中欠席、以上であります。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(隅倉純爾君)それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、1番土井昭一君、10番井上 武君のお二人を指名いたします。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(隅倉純爾君)次に、日程第2、会期決定についてを議題といたします。
 今期定例会の会期は、本日から6月18日までの18日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(隅倉純爾君)御異議なしと認めます。よって会期は、本日から6月18日までの18日間と決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(隅倉純爾君)次に、日程第3を議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(隅倉純爾君)提出者の説明を求めます。
 〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)今定例会に提案いたしました議案は、予算議案1件、本日追加した議案も含め条例議案5件、単行議案4件の合計10件となっております。
 その概要を御説明いたします前に、国・地方を取り巻く現下の情勢と平成20年度の決算の概要等につきまして、若干申し上げます。
 御承知のとおり、昨年の世界的な金融危機に端を発した景気の悪化は、地域経済にも深刻な打撃を与えており、自治体運営の主財源となる税収は今後大幅な減少が見込まれるなど、地方財政を取り巻く状況はこれまで以上に厳しさを増してきております。
 国では、現下の深刻な状況を踏まえ、雇用や環境対策、地方財政支援など過去最大規模の追加経済対策を打ち出し、厳しい地方情勢にも配慮した対策が講じられているところでございますが、こうした国の対策をいかに地域経済の回復・発展に生かしていけるかが地方自治体に課せられた責務であります。現在、追加経済対策の具体的な施策の全容が明らかになっておりませんが、今後とも、国や県の動向に注視しながら、本市の実情を踏まえた適切な対応を行ってまいります。
 また、世界各国に広がりを見せている新型インフルエンザについてでありますが、国内でも多くの感染者が発生いたしました。現在は、若干の落ち着きを見せてきてはおりますが、なお、予断を許さない状況でございます。
 政府も総力を挙げて、その対策に取り組んでいるところでありますが、本市におきましても、市民の健康を守り、安全で安心な市民生活を確保するため、全庁体制で刻々と変わる状況を見きわめながら、感染拡大防止に向けた柔軟かつ適切な対応を行ってまいります。
 次に、地方分権改革の動向についてでありますが、地方分権改革推進委員会では、昨年12月の第2次勧告を踏まえ、国と地方の役割分担、地方の財政基盤の確立など、第3次勧告に向けて具体的な調査、審議を行っているところでございます。
 政府は今年度中にも新地方分権一括法を国会に提出する運びとなっており、地方にとりましても、非常に重要な時期を迎えております。今後とも、市長会などを通じまして、地方が自立できる、真の地方分権に向け、現場の立場から積極的に主張を行ってまいります。
 なお、本市では個性や魅力があふれる、真に自立した都市を確立するための施策として、徳島LEDアートフェスティバル2010を開催し、他の都市にはない光に彩られた「水都・とくしま」を全国に発信することとしておりますが、来年4月の開催までいよいよ1年を切りました。
 現在、実行委員会を中心に各種イベントやシンポジウムなど、フェスティバルを盛り上げるための計画に取り組んでいるところでありますが、その成功には行政だけでなく、市民の皆様を初め、企業や大学などと連携し、一緒になって進めていくことが必要不可欠であります。
 私も、さまざまな機会を活用して、フェスティバルのPRを初め、LEDを活用したまちづくりについて情報発信してまいる所存ですので、新しい徳島の魅力づくりにぜひとも積極的に御参加・御協力いただきますよう、お願い申し上げます。
 続きまして、本市の平成20年度決算の状況についてであります。
 歳入の半分を占める市税収入は、景気後退による影響が本格化するには至っておらず、ほぼ前年度並みが見込まれ、地方交付税におきましても、地方が自主的・主体的に行う活性化施策に活用できる地方再生対策費が創設されるなど、主要一般財源収入は一定額を確保できる見通しでございます。
 また、歳出では、後期高齢者医療制度の創設に伴う、徳島県後期高齢者医療広域連合への負担金や経営改善計画に基づく市民病院事業会計への繰出金などが増加いたしましたが、一方で、定員の適正化や指定管理者制度の導入などによる民間活力の活用、経常的な管理経費の削減など行財政健全化に取り組んでまいりました。その結果、平成20年度の一般会計決算における実質収支は、黒字となる見込みでございます。
 特別・企業会計につきましては、各会計において、経営改善の強化や経営の健全化に向けて懸命に取り組んできたところでございますが、一部の会計で不良債務を抱えるなど、厳しい状況が続いております。
 今年度は行財政健全化集中取り組み期間の最終年度であり、こうした状況を十分踏まえ、職員一丸となって健全化計画に掲げた取り組み項目を着実に実行してまいります。
 また、平成22年度以降の健全化への取り組みにつきましても、検討を始めるよう既に庁内に指示を発したところでございます。集中取り組み期間の終了後におきましても、引き続き行財政の健全化に取り組んでまいります。
 それでは、今回提案いたしました議案について、御説明いたします。
 予算議案につきましては、一般会計において、3,122万円の増額補正を行うこととしております。
 まず、小学校での英語教育のあり方の検討や、小学校で学習した英語を中学校の英語教育へ円滑に移行していくための調査研究費として300万円を計上いたしております。
 また、地域における家庭教育支援を推進するため、地域の子育て経験者や専門家の連携によって、家庭教育に関する情報や学習機会の提供、きめ細やかな相談業務を行う訪問型家庭教育相談体制充実事業費として164万円、児童・生徒が豊かな社会性や人間性などをはぐくむため、農山漁村における自然体験や農林漁業等の体験活動を実施する経費234万円を計上いたしております。
 そのほか、地域における求職者や失業者等の迅速かつ円滑な雇用機会創出を支援するため、当初予算に引き続き、ふるさと雇用再生特別交付金事業として、労働者のスキルアップを図るための講座の開設や、企業と求職者のマッチングなどを行う非正規労働者等サポート事業費1,519万円、市道の維持管理の効率化や通行の安全を確保するため、道路の管理情報及び道路反射鏡情報に関するシステム整備事業費905万円を計上いたしております。
 続きまして、条例議案について、御説明いたします。
 徳島市市民参加基本条例につきましては、市民のだれもが市政に関心を持ち、市民の持つ豊かな知識や経験が反映されるような、市民を主役とするまちづくりを実現するため、市民参加に関する基本的な事項を定めるものでございます。
 また、本日追加提出いたしました、徳島市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改正など4件につきましては、国の人事院勧告などに基づき、市議会議員及び本市職員の期末手当等の支給に関して、所要の改正を行うものでございます。
 次に、単行議案について、御説明いたします。
 徳島県市町村総合事務組合規約の変更につきましては、同組合を組織する一部事務組合の解散に伴い、規約の変更が必要となったものでございます。
 専決処分の承認につきましては、関係法令の改正に伴い、市税賦課徴収条例及び都市計画税条例について所要の改正を、また、地方債の同意に基づき、平成20年度一般会計予算の補正をそれぞれ専決処分したものでございます。
 以上、よろしく御審議いただき、御可決くださいますようお願い申し上げます。
○議長(隅倉純爾君)以上で提出者の説明は終わりました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(隅倉純爾君)この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております議案中、期末手当等に係る条例改正関係議案であります、議案第57号から議案第60号までの4件については、6月支給の期末手当等にかかわるため、先議の申し出があります。
 よって、本案については先議いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(隅倉純爾君)御異議なしと認めます。よって本案については、先議することに決定いたしました。
 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(隅倉純爾君)質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第57号から議案第60号までについては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(隅倉純爾君)御異議なしと認めます。よって本案については、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、通告者の発言を許します。26番塀本信之君。
           〔26番 塀本信之君登壇〕
◆26番(塀本信之君)日本共産党徳島市議団を代表して、反対討論を行います。
 議案第59号は人事院の臨時勧告等を受けて、徳島市職員の夏期一時金を0.
2カ月分削減しようとするものであります。
 日本国憲法は、働く労働者に対し等しく労働三権である、団結権、団体交渉権、争議権を保障しているのでありますが、公務員労働者だけその争議権がアメリカ占領軍によって奪われ、その代替措置として人事院が置かれ、その賃金が勧告により実質的に決定されているのであります。
 その勧告は、毎年8月から翌年7月までの賃金を勧告するのが通常であり、
本年6月の夏期一時金は既に昨年勧告済みのものであります。それを、今回臨時勧告を行い新たに削減を行おうとするのは、実に政治的なものであり不純な意図のもとに行われたもので許されません。
 政府並びに与党である自民・公明党の中に、公務員の夏のボーナス削減の動きがあり、議員立法も辞さないとの強い圧力の中で、急遽出されたのが今回の
臨時勧告であり、その調査も通常1万1,000社を対象に対面により実施されるものを、今回はその5分の1の2,700社に対し、郵送により実施したものであります。春に減額を決めれば、秋までにある衆議院選挙に与党側の姿勢をアピールできるという政治的な思惑によるものであります。
 今回影響を受ける公務員労働者は600万人とされています。この公務員労働者から平均7万円を削減したとして、全国では4,200億円に上り、地方経済を疲弊させることは確実であります。また、公務員の一時金削減が民間労働者の一時金削減の口実にされることは過去の例から明らかであります。
 政府・与党は、一方では過去最大の補正予算を組み、大会社を太らせ、定額給付金など、選挙目当てのばらまきを行い、その一方で労働者の懐を冷え込ませる一時金削減を行うなど、矛盾した政策をとり続けています。景気悪化の打開策は、日本経済を内需主導に切りかえ、労働者の懐を暖める家計応援の政治こそ求められているのであります。そのことに逆行する今回の一時金削減は到底許されるものではありません。
○議長(隅倉純爾君)以上で通告による討論は終わりました。これをもって通告による討論を終結いたします。
 これより順次採決いたします。
 まず、議案第59号について採決いたします。
   ─────────────────────────────
  このときの出席議員氏名次のとおり
   1番  土 井 昭 一 君 │  2番  梶 原 一 哉 君
   3番  小 林 和 夫 君 │  4番  岸 本 和 代 君
   5番  吉 本 八 恵 君 │  6番  西 林 幹 展 君
   7番  美 馬 秀 夫 君 │  8番  三 木   明 君
   9番  隅 倉 純 爾 君 │ 10番  井 上   武 君
  11番  岡   孝 治 君 │ 12番  久次米 尚 武 君
  13番  村 上   稔 君 │ 14番  開     寛 君
  15番  中 川 秀 美 君 │ 16番  岡 南   均 君
  17番  笠 井 国 利 君 │ 18番  西 條 正 道 君
  19番  小 林 淳 治 君 │ 20番  佐々木 健 三 君
  21番  須 見 矩 明 君 │ 22番  武 知 浩 之 君
  23番  小 林 康 伸 君 │ 24番  宮 内 春 雄 君
  25番  広 瀬 和 範 君 │ 26番  塀 本 信 之 君
  27番  加 戸   悟 君 │ 29番  中 野 一 雄 君
  30番  河 野 みどり 君 │ 31番  山 口 悦 寛 君
  32番  赤 川 健 治 君 │ 33番  折 目 信 也 君
  34番  森 井 嘉 一 君 │
   ─────────────────────────────
○議長(隅倉純爾君)お諮りいたします。本案を原案のとおり可とすることに賛成の方は御起立願います。
 〔賛成者起立〕
○議長(隅倉純爾君)起立多数であります。よって本案については、原案のとおり可とすることに決定いたしました。
 次に、議案第57号、議案第58号及び議案第60号の以上3件を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。本案をいずれも原案のとおり可とすることに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(隅倉純爾君)御異議なしと認めます。よって本案については、いずれも原案のとおり可とすることに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(隅倉純爾君)次に、休会についてお諮りいたします。
 明6月2日から6月7日までは、議案精査等のため休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(隅倉純爾君)御異議なしと認めます。よって、明6月2日から6月7日までは休会することに決定いたしました。
 本日は、これにて散会いたします。
            午前10時45分 散会