議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 徳島市

平成19年第 4回定例会−09月21日-16号




平成19年第 4回定例会

┌─────────────────────────────────┐
│    平 成                          │
│    19年   徳 島 市 議 会 会 議 録        │
│                                 │
│              第 16 号              │
└─────────────────────────────────┘
平成19年9月21日(金曜日)午前10時5分開議
   ─────────────────────────────
   議 事 日 程(第5号)
第1 会議録署名議員指名について
第2 議案第66号から議案第78号まで
   議案第86号から議案第88号まで
   請願第2号
第3 議案第99号 公平委員会委員の選任について
   議案第100号 教育委員会委員の任命について
   議案第101号 教育委員会委員の任命について
   諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について
   諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦について
   諮問第5号 人権擁護委員候補者の推薦について
第4 議員提出議案第4号 割賦販売法の抜本的改正に関する意見書提出について
   議員提出議案第5号 道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書提出について
第5 議員派遣の件について
第6 閉会中の継続審査及び調査について
   ─────────────────────────────
   本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員指名について
日程第2 議案第66号から議案第78号まで
     議案第86号から議案第88号まで
     請願第2号
日程第3 議案第99号から議案第101号まで
     諮問第3号から諮問第5号まで
日程第4 議員提出議案第4号・議員提出議案第5号
日程第5 議員派遣の件について
日程第6 閉会中の継続審査及び調査について
   ─────────────────────────────
   出 席 議 員(34名)
   1番  土 井 昭 一 君 │  2番  梶 原 一 哉 君
   3番  小 林 和 夫 君 │  4番  岸 本 和 代 君
   5番  吉 本 八 恵 君 │  6番  西 林 幹 展 君
   7番  美 馬 秀 夫 君 │  8番  折 目 信 也 君
   9番  隅 倉 純 爾 君 │ 10番  井 上   武 君
  11番  岡   孝 治 君 │ 12番  久次米 尚 武 君
  13番  村 上   稔 君 │ 14番  開     寛 君
  15番  中 川 秀 美 君 │ 16番  岡 南   均 君
  17番  笠 井 国 利 君 │ 18番  西 條 正 道 君
  19番  小 林 淳 治 君 │ 20番  佐々木 健 三 君
  21番  須 見 矩 明 君 │ 22番  武 知 浩 之 君
  23番  小 林 康 伸 君 │ 24番  宮 内 春 雄 君
  25番  三 木   明 君 │ 26番  塀 本 信 之 君
  27番  加 戸   悟 君 │ 28番  梯   富 子 君
  29番  中 野 一 雄 君 │ 30番  河 野 みどり 君
  31番  山 口 悦 寛 君 │ 32番  赤 川 健 治 君
  33番  広 瀬 和 範 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
   ─────────────────────────────
   説明のため出席した者の職氏名
市長     原   秀 樹 君 │ 第一副市長  錦 野 斌 彦 君
第二副市長  松 浦   勤 君 │ 企画政策局長 本 田 利 廣 君
総務部長   佐 藤 吉 則 君 │ 財政部長
市民環境部長 工 藤 俊 郎 君 │ 兼理事    平 木 万 也 君
保健福祉部長 岩 崎 啓 二 君 │ 経済部長   勝 野   同 君
開発部長   日 下 正 義 君 │ 土木部長   ? 村 信 一 君
消防局長   二 木 康 弘 君 │ 水道局長   中 島 政四郎 君
交通局長   祖 川 信 明 君 │ 病院事業
病院局長   一 宮   巌 君 │ 管理者    湊     省 君
教育長    大 栗 敏 治 君 │ 選挙管理委員
監査委員   矢 野 博 之 君 │ 会事務局長  高 松 健 次 君
監査事務局長 大久保 義 昭 君 │ 農業委員会
                 │ 事務局長   柳 本   強 君
  ─────────────────────────────
   議会事務局職員出席者
 事務局長    椎 野 誠 一 │ 次長兼
 庶務課長    中 川 隆 行 │ 議事調査課長  箕 浦   豊
 庶務課長補佐  絹 川 典 代 │ 議事調査課長補
 議事係長    大 村   聡 │ 佐       林   哲 也
 調査係長    角 元 京 子 │
   ─────────────────────────────
○議長(笠井国利君)これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、配布いたしてあるとおりであります。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(笠井国利君)それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、15番中川秀美君、27番加戸 悟君のお二人を指名いたします。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(笠井国利君)次に、日程第2を議題といたします。
 ただいま議題に供しました各議案は、それぞれ所管の常任委員会に付託してありますので、この際、委員長の報告を求めます。
 総務委員長4番岸本和代君。
          〔4番 岸本和代君登壇〕
◆4番(岸本和代君)総務委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る9月13日及び18日に慎重に審査いたしました結果、議案第66号「平成19年度徳島市一般会計補正予算(第2号)」中、当委員会関係部分を初め、他の当委員会関係議案については、いずれも全会一致をもって、原案を可決・同意すべきものと決定いたしました。
 また、請願第2号「悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出することを求める請願」については、全会一致で採択すべきものと決定いたしました。
 最後に、当委員会委員連名により、議員提出議案第4号「割賦販売法の抜本的改正に関する意見書」を別途議長あて提出しておりますので、議員各位の御賛同をお願い申し上げまして、総務委員長の報告といたします。
○議長(笠井国利君)次は、文教厚生委員長16番岡南 均君。
          〔16番 岡南 均君登壇〕
◆16番(岡南均君)文教厚生委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る9月14日に慎重に審査いたしました結果、議案第74号「徳島市廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて」、及び議案第77号「徳島市民病院事業条例の一部を改正する条例を定めるについて」は、一部委員より反対の態度表明がありましたが、採決の結果、賛成多数で原案を可決すべきものと決定し、他の当委員会関係議案については、いずれも全会一致をもって原案を可決すべきものと決定いたしました。
 以上で、文教厚生委員長の報告といたします。
○議長(笠井国利君)次は、産業交通委員長33番広瀬和範君。
 〔33番 広瀬和範君登壇〕
◆33番(広瀬和範君)産業交通委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る9月13日に慎重に審査いたしました結果、議案第75号「学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を定めるについて」中、当委員会関係部分、議案第76号「企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例を定めるについて」中、当委員会関係部分、及び議案第88号「専決処分の承認について」は、いずれも全会一致をもって原案を可決・承認すべきものと決定いたしました。
 以上で、産業交通委員長の報告といたします。
○議長(笠井国利君)次は、建設委員長7番美馬秀夫君。
 〔7番 美馬秀夫君登壇〕
◆7番(美馬秀夫君)建設委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る9月14日に慎重に審査いたしました結果、議案第66号「平成19年度徳島市一般会計補正予算(第2号)」中、当委員会関係部分、議案第76号「企業職員の給与の種類及び基準を定める条例の一部を改正する条例を定めるについて」中、当委員会関係部分、及び議案第86号「工事委託基本協定の締結について」は、いずれも全会一致をもって原案を可決・同意すべきものと決定いたしました。
 また、当委員会委員連名により議員提出議案第5号「道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書」を別途議長あて提出しておりますので、議員各位の御賛同のほど、お願い申し上げまして、建設委員長の報告といたします。
○議長(笠井国利君)以上で、各委員長の報告は終わりました。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
            〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、通告者の発言を許します。28番梯 富子君。
            〔28番 梯 富子君登壇〕
◆28番(梯富子君)日本共産党徳島市議団を代表して、反対討論を行います。
 まず、議案第74号徳島市廃棄物の処理及び再利用に関する条例の一部を改正する条例を定めるについてですが、ごみの排出抑制、リサイクル率向上、最終処分量抑制は、本市のごみ処理経費の節減にとって、大きくは循環型社会の構築にとって極めて重要な課題であります。このうちの一つの問題として、事業系ごみの減量が強く求められていることは私たちも指摘をしてきました。そのために本市のごみ処理の実態を市民に知ってもらうため、情報の提供、共有を進めながら、市民、事業者と協働して減量に取り組む行政の努力が大きく問われていると思います。今回の料金改定はそういう努力が十分されているとは思えない状況のもとでの突然の値上げ案と言わざるを得ません。事業系ごみがなかなか減らないから減量化促進のための値上げという説明ですが、このような、言わば懲罰的な値上げでは市民の理解は得られないのではないでしょうか。仮に値上げによって、それが一定減ったとしても、事業系が一般に回ったのであれば総量抑制につながったとは言えません。繰り返しますが、時間をかけて議論を深め、市民と協働して減量に取り組む姿勢が何より大切です。そんな配慮や深い検討もなく、さらに何の前ぶれもない2倍もの料金値上げには反対であります。
 次に、議案第77号徳島市民病院事業条例の一部を改正する条例を定めるについてです。市民病院の改築1期工事が間もなく完了し、来年1月、1期開院の予定となっておりますが、本市が長年にわたって培ってきた精神科治療から全面的に撤退することについては反対であります。園瀬病院の入院患者さんは他院に転移、外来患者さんは順次、他医療機関に転移紹介を進めているようですが、紹介しても受け入れ拒否もあり、転移先が決まらず、精神疾患の患者さんの不安は募るばかりです。患者さんが納得のいく転移でなければ必要な薬の服用も受け入れず、状態が悪化し、問題も起こりかねません。また、精神科患者の合併症治療を受け入れる病院がその疾患を理由に極めて限定されるという現実もあります。今まで園瀬病院が閉鎖しても市民病院が受け入れてくれるからと期待していた患者さんを徳島は精神科の医療機関は充足しているからと精神疾患を持つ、言わば弱者を切り捨てるやり方は自治体病院のとるべき態度とは言えないのではないでしょうか。したがって、繰り返しますが、精神科治療から全面撤退することに反対であります。
 以上です。
○議長(笠井国利君)以上で通告による討論は終わりました。これをもって討論を終結いたします。
 これより順次採決いたします。
 まず、議案第66号から議案第73号まで、議案第75号、議案第76号、議案第78号、及び議案第86号から議案第88号までの以上14件について、一括して採決いたします。
 本案に対する委員長報告は、議案第86号及び議案第87号は同意、議案第88号は承認、その他のものはいずれも原案可決であります。
 お諮りいたします。本案をいずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案は、いずれも委員長報告のとおり可決・同意・承認することに決定いたしました。
 次に、議案第74号及び議案第77号の2件について、一括して採決いたします。
   ─────────────────────────────
  このときの出席議員氏名次のとおり
   1番  土 井 昭 一 君 │  2番  梶 原 一 哉 君
   3番  小 林 和 夫 君 │  4番  岸 本 和 代 君
   5番  吉 本 八 恵 君 │  6番  西 林 幹 展 君
   7番  美 馬 秀 夫 君 │  8番  折 目 信 也 君
   9番  隅 倉 純 爾 君 │ 10番  井 上   武 君
  11番  岡   孝 治 君 │ 12番  久次米 尚 武 君
  13番  村 上   稔 君 │ 14番  開     寛 君
  15番  中 川 秀 美 君 │ 16番  岡 南   均 君
  17番  笠 井 国 利 君 │ 18番  西 條 正 道 君
  19番  小 林 淳 治 君 │ 20番  佐々木 健 三 君
  21番  須 見 矩 明 君 │ 22番  武 知 浩 之 君
  23番  小 林 康 伸 君 │ 24番  宮 内 春 雄 君
  25番  三 木   明 君 │ 26番  塀 本 信 之 君
  27番  加 戸   悟 君 │ 28番  梯   富 子 君
  29番  中 野 一 雄 君 │ 30番  河 野 みどり 君
  31番  山 口 悦 寛 君 │ 32番  赤 川 健 治 君
  33番  広 瀬 和 範 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
   ─────────────────────────────
○議長(笠井国利君)本案に対する委員長報告は、いずれも原案可決であります。
 お諮りいたします。本案をいずれも委員長報告のとおり決することに賛成の方は御起立願います。
              〔賛成者起立〕
○議長(笠井国利君)起立多数であります。よって本案は、いずれも委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。
 次に、請願第2号について採決いたします。
 本請願の委員長報告は採択であります。本請願を委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本請願は、委員長報告のとおり採択とすることに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 次に日程第3、議案第99号から議案第101号まで、及び諮問第3号から諮問第5号までを議題といたします。
   ─────────────────────────────

○議長(笠井国利君)本案は、本日追加提出された案件でありますので、提出者の説明を求めます。
 〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)ただいま上程されました人事議案について、御説明いたします。
 これらの案件は、公平委員会委員1名の選任、教育委員会委員2名の任命、人権擁護委員候補者3名の推選について、それぞれ御同意をお願いするものであります。まず、公平委員会委員の選任につきましては、任期が満了いたします布川嘉樹氏を引き続き選任しようとするものであります。布川氏は現在、公平委員会委員として御尽力いただいており、地方自治の本旨等にも深い理解があり、公平委員会委員として適任であるため選任しようとするものでございます。
 次に、教育委員会委員の任命につきましては、退任されました三井良造氏及び任期が満了いたします堺 克由氏の後任として、白川剛久氏及び濱野正裕氏を任命しようとするものであります。白川氏は旧上那賀町教育委員会教育長を務められるなど、長きにわたり教育行政の現場で活躍されており、その豊かな経験とすぐれた識見を生かしていただくため任命しようとするものでございます。濱野氏は小学校保護者会会長を務められるなど、教育活動に積極的に取り組んでおられ、その高い識見と行動力を生かしていただくため任命しようとするものでございます。
 最後に、人権擁護委員候補者の推薦につきましては、松根芳彦氏、井原 勝氏及び木川充敏氏の任期満了に伴うものでありますが、井原氏につきましては、今後とも人権擁護委員としての経験をさらに生かしていただくため、引き続き推薦するとともに、木川氏の後任として山口 弘氏を、松根氏の後任として新田正明氏を推薦しようとするものであります。山口氏、新田氏につきましては、人権擁護に深い理解があり、地元住民の信頼も厚く、また地域の実情にも明るく、人権擁護委員として適任であるため推薦しようとするものであります。
 なお、各委員として御尽力をいただきました、堺氏、三井氏、松根氏、木川氏におかれましては、ここに在任中の御労苦と御功績に対し、心から感謝をいたすものであります。
 以上、よろしく御審議いただき、御同意くださいますようお願い申し上げます。
○議長(笠井国利君)以上で提出者の説明は終わりました。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件については、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案については、成規の手続を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。
 お諮りいたします。本案については、いずれも原案に同意することに御異議ありませんか。
         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案については、いずれも原案に同意することに決定いたしました。
 ただいま教育委員会委員の任命に同意されました、白川剛久君、濱野正裕君から、それぞれごあいさつしたいとの申し出がありますので、これを許します。白川剛久君。
           〔白川剛久君入場・登壇〕
◎(白川剛久君)失礼いたします。白川剛久と申します。ただいまは私の教育委員会委員の任命に御同意をくださり、まことにありがたく、厚く御礼を申し上げます。
 今、教育は社会全体から大きな期待が寄せられるとともに、さまざまな改革の渦中にあります。そして教育委員会はまさにその真価を発揮しなければならない状況のもとにあります。微力ではございますが、委員としての職責を全うし、教育行政に貢献ができますよう研さんを重ね、誠心誠意務めさせてまいりたく存じております。議員の皆様方には格別の御指導、御鞭撻を賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。
 どうもありがとうございました。(拍手)
             〔白川剛久君退場〕
○議長(笠井国利君)次は、濱野正裕君。
 〔濱野正裕君入場・登壇〕
◎(濱野正裕君)失礼します。濱野正裕でございます。ただいま私の教育委員会委員の任命に御賛同いただきまして厚く御礼申し上げます。
 まことに微力ではございますが、教育委員会委員の職務を全うできますよう、誠心誠意務めていきたいと思っております。これからの皆様方の一層の御指導・御鞭撻を承れますよう、よろしくお願い申し上げます。
 本日はありがとうございました。(拍手)
             〔濱野正裕君退場〕
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(笠井国利君)次に、日程第4、議員提出議案第4号割賦販売法の抜本的改正に関する意見書提出について、及び議員提出議案第5号道路整備の促進及び道路財源の確保に関する意見書提出についてを議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(笠井国利君)お諮りいたします。本案については、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案は、成規の手続を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。
 お諮りいたします。本案については、いずれも原案のとおり可とすることに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案については、いずれも原案のとおり可とすることに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(笠井国利君)次に、日程第5、議員派遣の件についてを議題といたします。
 〔26番塀本信之君、27番加戸 悟君、28番梯 富子君、29番中野一雄、30番河野みどり君退場〕
   ─────────────────────────────

○議長(笠井国利君)お諮りいたします。本案については、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案は、成規の手続を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。
 お諮りいたします。本案を、お手元に配布のとおり決することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって本案は、配布のとおり議員派遣することに決定いたしました。
 〔26番塀本信之君、27番加戸 悟君、28番梯 富子君、29番中野一雄君、30番河野みどり君入場〕
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(笠井国利君)次に、日程第6、閉会中の継続審査及び調査についてを議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(笠井国利君)各常任委員長及び決算審査特別委員長から、お手元に配布のとおり、閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。
 お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続審査及び調査とすることに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(笠井国利君)御異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続審査及び調査とすることに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(笠井国利君)以上で今期定例会に付議された案件は、継続審査に付されたものを除き、いずれも議了いたしました。
 本定例会は、これをもって閉会いたしたいと思いますが、閉会前に市長から閉会のあいさつがあります。
           〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)閉会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。
 今定例会には、一般会計補正予算議案など39件の議案を御提出申し上げ、議員各位の熱心な御審議を賜った次第でございます。このうち、今後さらに御審査をいただきます、一般会計、各特別会計及び各公営企業会計の決算認定議案を除く全議案につきまして、御可決、御同意をいただき厚く御礼を申し上げます。
 議案審議の過程におきまして、御指摘のありました点につきましては、十分な検討を加え、今後の市政運営に反映させてまいりたいと考えております。
 なお、決算審査特別委員会の委員に就任されました議員各位におかれましては、御労苦とは存じますが、十分御審査くださいますようお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。
○議長(笠井国利君)これにて平成19年第4回徳島市議会定例会を閉会いたします。
 午前10時31分 閉会
   ─────────────────────────────
地方自治法第123条第2項の規定による署名者

徳島市議会議長

徳島市議会副議長

会議録署名議員

   同