議事ロックス -地方議会議事録検索-


徳島県 徳島市

平成18年第 2回定例会−06月22日-10号




平成18年第 2回定例会

┌─────────────────────────────────┐
│    平 成                          │
│    18年   徳 島 市 議 会 会 議 録        │
│                                 │
│              第 10 号              │
└─────────────────────────────────┘
平成18年6月22日(木曜日)午前11時18分開議
   ─────────────────────────────
   議 事 日 程(第5号)
第1 会議録署名議員指名について
第2 議案第55号から議案第69号まで
   請願第2号
第3 議案第70号 徳島市国民健康保険条例の一部を改正する条例を定めるについて
第4 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について
   諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について
   諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について
第5 議員提出議案第5号 出資法及び貸金業規制法の改正を求める意見書提出について
   議員提出議案第6号 違法伐採問題への取り組みの強化を求める意見書提出について
第6 閉会中の継続審査及び調査について
   ─────────────────────────────
   本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員指名について
日程第2 議案第55号から議案第69号まで
     請願第2号
日程第3 議案第70号
日程第4 諮問第1号・諮問第2号・諮問第3号
日程第5 議員提出議案第5号・議員提出議案第6号
日程追加 議長の辞職許可について
日程追加 徳島市議会議長の選挙について
日程追加 副議長の辞職許可について
日程追加 徳島市議会副議長の選挙について
日程追加 議会運営委員会委員の補欠選任について
日程第6 閉会中の継続審査及び調査について
日程追加 常任委員会委員の所属変更について
日程追加 特別委員会委員の改選について
日程追加 図書室運営委員会委員の互選について
日程追加 議案第71号 監査委員の選任について
日程追加 議案第72号 監査委員の選任について
   ─────────────────────────────
   出 席 議 員(36名)
   1番  西 林 幹 展 君 │  2番  西 條 正 道 君
   3番  喜 多 宏 思 君 │  4番  鈴 江   清 君
   5番  小 林 淳 治 君 │  6番  岡   孝 治 君
   7番  岡 南   均 君 │  8番  美 馬 秀 夫 君
   9番  笠 井 国 利 君 │ 10番  折 目 信 也 君
  11番  隅 倉 純 爾 君 │ 12番  梯   富 子 君
  13番  加 戸   悟 君 │ 14番  村 上   稔 君
  15番  久次米 尚 武 君 │ 17番  河 野 みどり 君
  18番  中 野 一 雄 君 │ 19番  塀 本 信 之 君
  20番  須 見 矩 明 君 │ 21番  佐々木 健 三 君
  22番  坂 井   積 君 │ 23番  岸 本 安 治 君
  24番  金 村   工 君 │ 25番  板 東   實 君
  26番  浜 田 義 雄 君 │ 27番  三 木   明 君
  28番  小 林 和 夫 君 │ 29番  岸 本 和 代 君
  30番  吉 本 八 恵 君 │ 32番  田 村 慶 徳 君
  33番  中 本 美保子 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
  35番  赤 川 健 治 君 │ 36番  山 口 悦 寛 君
  37番  宮 内 春 雄 君 │ 38番  広 瀬 和 範 君
   ─────────────────────────────
   欠 席 議 員(1名)
  16番  桑 原 真 治 君
   ─────────────────────────────
   欠 員 (1名)
   ─────────────────────────────
   説明のため出席した者の職氏名
市長     原   秀 樹 君 │ 第一助役   錦 野 斌 彦 君
第二助役   松 浦   勤 君 │ 収入役
企画政策局長 本 田 利 廣 君 │ 職務代理者  内 田 千恵子 君
財政部長             │ 総務部長   佐 藤 吉 則 君
兼理事    勝 目   康 君 │ 市民環境部長 岩 崎 啓 二 君
保健福祉部長 日 下 正 義 君 │ 経済部長   勝 野   同 君
開発部長   磯 谷 憲 昭 君 │ 土木部長   ? 村 信 一 君
消防局長   二 木 康 弘 君 │ 水道局長   中 島 政四郎 君
交通局長   祖 川 信 明 君 │ 病院事業
病院局長   一 宮   巌 君 │ 管理者    湊     省 君
選挙管理委員           │ 教育長    大 栗 敏 治 君
会事務局長  高 松 健 次 君 │ 監査事務局長 田 中 善 弘 君
農業委員会            │
事務局長   柳 本   強 君 │
   ─────────────────────────────
   議会事務局職員出席者
 事務局長    池 田 建 市 │ 次長兼
 庶務課長    中 川 隆 行 │ 議事調査課長  箕 浦   豊
 庶務課長補佐  絹 川 典 代 │ 議事調査課長補
 議事係長    大 村   聡 │ 佐       林   哲 也
 調査係長    角 元 京 子 │
   ─────────────────────────────
○議長(三木明君)これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、配布いたしてあるとおりであります。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(三木明君)それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、2番西條正道君、11番隅倉純爾君のお二人を指名いたします。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(三木明君)次に、日程第2を議題といたします。
 ただいま議題に供しました各議案は、それぞれ所管の常任委員会に付託してありますので、この際、委員長の報告を求めます。
 総務委員長7番岡南 均君。
           〔7番 岡南 均君登壇〕
◆7番(岡南均君)総務委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る6月15日に慎重に審査いたしました結果、議案第65号「専決処分の承認について」、及び議案第66号「専決処分の承認について」は、一委員から反対の態度表明がありましたが、採決の結果、賛成多数で原案を承認すべきものと決定し、他の当委員会関係議案については、いずれも全会一致をもって、原案を可決・承認・同意すべきものと決定いたしました。
 次に、請願第2号「出資法の上限金利の引き下げ等、出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律、及び貸金業の規制等に関する法律の改正を求める意見書の提出を求める請願」については、全会一致で採択すべきものと決定し、当委員会委員連名により、議員提出議案第5号「出資法及び貸金業規制法の改正を求める意見書」を、別途議長あて提出しておりますので、議員各位の御賛同のほどお願い申し上げまして、総務委員長の報告といたします。
○議長(三木明君)次は、文教厚生委員長37番宮内春雄君。
 〔37番 宮内春雄君登壇〕
◆37番(宮内春雄君)文教厚生委員会における審査の経過及び結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る6月16日に慎重に審査いたしました結果、議案第55号「平成18年度徳島市一般会計補正予算(第1号)」中、当委員会関係部分、議案第61号「重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例を定めるについて」、及び議案第67号「専決処分の承認について」は一委員より反対の態度表明がありましたが、採決の結果、賛成多数で原案を可決・承認すべきものと決定し、他の当委員会関係議案については、いずれも全会一致をもって原案を可決すべきものと決定いたしました。
 なお、審査の過程において、一般廃棄物処理基本計画改定事業については、施設整備等が従前の計画から大きく方向転換するものであることから、将来展望を十分勘案した取り組みがなされるよう意見がありました。
 以上で、文教厚生委員長の報告といたします。
○議長(三木明君)次は、産業交通委員長1番西林幹展君。
 〔1番 西林幹展君登壇〕
◆1番(西林幹展君)産業交通委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る6月15日に慎重に審査いたしました結果、議案第55号「平成18年度徳島市一般会計補正予算(第1号)」中、当委員会関係部分、及び「平成18年度徳島市旅客自動車運送事業会計補正予算(第1号)」につきましては、いずれも全会一致をもって原案を可決すべきものと決定いたしました。
 また、当委員会委員連名により、議員提出議案第6号「違法伐採問題への取り組みの強化を求める意見書」を別途議長あて提出しておりますので、議員各位の御賛同のほど、お願い申し上げまして、産業交通委員長の報告といたします。
○議長(三木明君)次は、建設委員長21番佐々木健三君。
 〔21番 佐々木健三君登壇〕
◆21番(佐々木健三君)建設委員会における審査の結果について、御報告申し上げます。
 今期定例会において、当委員会に付託されました案件については、去る6月16日に慎重に審査いたしました結果、議案第62号「徳島市下水道条例の一部を改正する条例を定めるについて」は、全会一致をもって原案を可決すべきものと決定いたしました。
 以上で、建設委員長の報告といたします。
○議長(三木明君)以上で、各委員長の報告は終わりました。
 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、通告者の発言を許します。19番塀本信之君。
           〔19番 塀本信之君登壇〕
◆19番(塀本信之君)日本共産党徳島市議団を代表して、反対討論を行います。
 ただいま議題となっております議案のうち、次のものは反対でありますので、日本共産党徳島市議団を代表して反対討論を行います。
 議案第55号中、民生費の特別養護老人ホーム耐震診断事業等の中には、民間に売り渡すための準備予算が入っており反対であります。特別養護老人ホームは、市が経営するからこそ市民は安心して利用できるのであります。私たちは売り渡しには反対であります。
 議案第61号重度心身障害者等に対する医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例を定めるについても反対であります。この中には障害者に対する入院時食事療養費が削除されています。新たな負担は許せません。
 議案第65号徳島市市税賦課徴収条例の一部を改正する条例の専決処分、及び議案第66号徳島市都市計画税条例の一部を改正する条例の専決処分、並びに議案第67号徳島市国民健康保険条例の一部を改正する条例の専決処分については、いずれも市民負担を増大させるものが含まれており承認できません。
 特に、徳島市市税賦課徴収条例の一部を改正する条例の専決処分については、定率減税の廃止が含まれており到底許すわけにはまいらないのであります。この増税により徳島市では平成18年度で5億1,300万円、平成19年度で10億2,600万円もの増税になります。この定率減税は2000年当時、景気が大変停滞をして、この景気の活性化策として取り組まれた減税であります。そのときには大企業の法人税並びに高額所得者の減税も同時に行われましたが、今回は定率減税のみ廃止をし、大企業の法人税並びに高額所得者の減税率の引き下げについては、そのまま維持をするという大金持ちや大会社優先の小泉内閣の政治そのものであり、到底許すことはできません。
 特に定率減税の廃止というのは、市民税が課税されている市民に負担増を強いるものであります。これらの人たちは徳島市の経済を支え、徳島市の行政を支えている中心的なサラリーマンであり、その影響は多大であります。年収500万円の夫婦子供1人の片働きの世帯で5万1,000円の増税になります。同時に配偶者特別控除廃止による増税分が4万4,000円となり、合わせて9万5,000円もの増税となるのであります。小泉自民党・公明党内閣の悪政の典型的な例と言わなければなりません。
 到底許すわけにはまいらないのであります。
○議長(三木明君)以上で通告による討論は終わりました。これをもって討論を終結いたします。
 これより順次採決いたします。
 まず、議案第55号、議案第61号及び議案第65号から議案第67号までの以上5件について、一括して採決いたします。
   ─────────────────────────────
   このときの出席議員氏名次のとおり
   1番  西 林 幹 展 君 │  2番  西 條 正 道 君
   3番  喜 多 宏 思 君 │  4番  鈴 江   清 君
   5番  小 林 淳 治 君 │  6番  岡   孝 治 君
   7番  岡 南   均 君 │  8番  美 馬 秀 夫 君
   9番  笠 井 国 利 君 │ 10番  折 目 信 也 君
  11番  隅 倉 純 爾 君 │ 12番  梯   富 子 君
  13番  加 戸   悟 君 │ 14番  村 上   稔 君
  15番  久次米 尚 武 君 │ 17番  河 野 みどり 君
  18番  中 野 一 雄 君 │ 19番  塀 本 信 之 君
  20番  須 見 矩 明 君 │ 21番  佐々木 健 三 君
  22番  坂 井   積 君 │ 23番  岸 本 安 治 君
  24番  金 村   工 君 │ 25番  板 東   實 君
  26番  浜 田 義 雄 君 │ 27番  三 木   明 君
  28番  小 林 和 夫 君 │ 29番  岸 本 和 代 君
  30番  吉 本 八 恵 君 │ 32番  田 村 慶 徳 君
  33番  中 本 美保子 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
  35番  赤 川 健 治 君 │ 36番  山 口 悦 寛 君
  37番  宮 内 春 雄 君 │ 38番  広 瀬 和 範 君
   ─────────────────────────────
○議長(三木明君)本案に対する委員長報告は、議案第65号から議案第67号までの3件は承認、その他のものはいずれも原案可決であります。
 お諮りいたします。本案をいずれも委員長報告のとおり決することに賛成の方は御起立願います。
              〔賛成者起立〕
○議長(三木明君)起立多数であります。よって本案は、いずれも委員長報告のとおり可決・承認することに決定いたしました。
 次に、議案第56号から議案第60号まで、議案第62号から議案第64号まで、議案第68号及び議案第69号の以上10件を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長報告は、議案第68号は承認、議案第69号は同意、その他のものはいずれも原案可決であります。
 お諮りいたします。本案をいずれも委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって本案は、いずれも委員長報告のとおり可決・承認・同意することに決定いたしました。
 次に、請願第2号について採決いたします。
 本請願の委員長報告は、採択であります。
 本請願を委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって本請願は、委員長報告のとおり採択とすることに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(三木明君)次に、日程第3、議案第70号、徳島市国民健康保険条例の一部を改正する条例を定めるについてを議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(三木明君)本案は、本日追加提出された案件でありますので、提出者の説明を求めます。
 〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)ただいま上程されました徳島市国民健康保険条例の一部を改正する条例議案について、御説明いたします。
 本議案は医療制度改革関連法案の成立に伴い、一部負担金の割合及び出産育児一時金の支給額等について所要の改正を行うものであります。
 よろしく御審議いただき、御可決いただきますようお願い申し上げます。
○議長(三木明君)以上で提出者の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)質疑なしと認め、質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第70号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略することにいたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって、本案については、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、通告者の発言を許します。17番河野みどり君。
           〔17番 河野みどり君登壇〕
◆17番(河野みどり君)追加提出されました議案第70号徳島市国民健康保険条例の一部を改正する条例を定めるについては反対でありますので、日本共産党徳島市議団を代表して討論を行います。
 今回の改正は一連の医療改悪に伴うもののうち、一定以上の所得を有する70歳以上の被保険者の一部負担の割合を2割から3割に増額することと、混合診療の導入に係るものであります。今回の改悪は、高齢者や重症患者に情け容赦のない負担を強いるとともに、21世紀の日本の医療を大きくゆがめ、混合診療の拡大によって、保険証1枚あればだれでも、どんな病気でも診てもらえる日本医療の根幹を揺るがすものと言わざるを得ません。今年度の患者負担増は平年度ベースで1,700億円であり、今回の改悪法案に盛り込まれた負担増がすべて実施される2008年度には2,900億円にも上ります。70歳から74歳までの患者負担の引き上げ分だけで年間1,200億円、1人当たり年間2万円もの負担増になります。到底容認できないのであります。
 混合診療の本格的導入によって、保険のきかない医療が拡大し、所得の格差が治療の格差、命の格差となる危険を一層拡大させるのであります。保険のきく診療と保険のきかない診療を併用する混合診療は、必要な医療はすべて保険で行うという公的保険の大原則を崩すものです。この背景には自分たちの保険料負担を軽減させたいという日本の大企業・財界と、日本の医療を新たなもうけ口にしようとねらっているアメリカの保険会社、医療業界の強い要求があることは国会審議の中で明らかにされているのであります。担当大臣も審議の中で、米国からいろいろ言ってきたことは事実だと認めているのであります。なぜ、日米の保険会社や医療産業のもうけのために、国民の命や健康、国民皆保険制度が犠牲にならなければならないのでしょうか。余りにも理不尽と言わなければなりません。このような改悪を認めるわけにはまいりません。
 以上で反対討論といたします。
○議長(三木明君)以上で通告による討論は終わりました。これをもって討論を終結いたします。
 これより採決いたします。
   ─────────────────────────────
   このときの出席議員氏名次のとおり
   1番  西 林 幹 展 君 │  2番  西 條 正 道 君
   3番  喜 多 宏 思 君 │  4番  鈴 江   清 君
   5番  小 林 淳 治 君 │  6番  岡   孝 治 君
   7番  岡 南   均 君 │  8番  美 馬 秀 夫 君
   9番  笠 井 国 利 君 │ 10番  折 目 信 也 君
  11番  隅 倉 純 爾 君 │ 12番  梯   富 子 君
  13番  加 戸   悟 君 │ 14番  村 上   稔 君
  15番  久次米 尚 武 君 │ 17番  河 野 みどり 君
  18番  中 野 一 雄 君 │ 19番  塀 本 信 之 君
  20番  須 見 矩 明 君 │ 21番  佐々木 健 三 君
  22番  坂 井   積 君 │ 23番  岸 本 安 治 君
  24番  金 村   工 君 │ 25番  板 東   實 君
  26番  浜 田 義 雄 君 │ 27番  三 木   明 君
  28番  小 林 和 夫 君 │ 29番  岸 本 和 代 君
  30番  吉 本 八 恵 君 │ 32番  田 村 慶 徳 君
  33番  中 本 美保子 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
  35番  赤 川 健 治 君 │ 36番  山 口 悦 寛 君
  37番  宮 内 春 雄 君 │ 38番  広 瀬 和 範 君
   ─────────────────────────────
○議長(三木明君)本案を原案のとおり可とすることに賛成の方は御起立願います。
 〔賛成者起立〕
○議長(三木明君)起立多数であります。よって本案は、原案のとおり可決することに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(三木明君)次に、日程第4、諮問第1号から諮問第3号までの3件を議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(三木明君)本案は、本日追加提出されました案件でありますので、提出者の説明を求めます。
 〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)ただいま上程されました人事議案3件につきまして、御説明いたします。
 本案件は人権擁護委員候補者3名の推薦について、御同意をお願いするものでございます。
 任期が満了いたします3名のうち、福永和子氏及び市原瑞穗氏につきましては、今後とも人権擁護委員としての経験をさらに生かしていただくため、引き続き推薦するとともに、川真田正憲氏の後任として豊永寛二氏を推薦しようとするものであります。豊永氏につきましては、弁護士として活躍されており、現在、徳島弁護士会人権擁護委員会副委員長を務めれれるなど、その知識と経験を人権擁護活動に生かしていただくため推薦しようとするものであります。
 なお、退任されます川真田氏におかれましては、委員として長きにわたり御尽力をいただきました。ここに在任中の御労苦と御功績に対し、心から感謝いたすものであります。
 以上、よろしく御審議いただき、御同意くださいますようお願い申し上げます。
○議長(三木明君)以上で提出者の説明は終わりました。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております案件については、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって本案については、成規の手続を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。
 これより採決いたします。本案については、いずれも原案に同意することに御異議ありませんか。
           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって本案については、いずれも原案に同意することに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(三木明君)次に、日程第5、議員提出議案第5号出資法及び貸金業規制法の改正を求める意見書提出について、及び議員提出議案第6号違法伐採問題への取り組みの強化を求める意見書提出についてを議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(三木明君)お諮りいたします。本案については、成規の手続を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって本案は、成規の手続を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。
 これより採決いたします。本案については、いずれも原案のとおり可とすることに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よって本案については、いずれも原案のとおり可決することに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(三木明君)この際、日程追加についてお諮りいたします。
 ただいま、私の議長の辞職願を提出いたしましたので、この際、日程の順序を変更し、議長の辞職許可についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(三木明君)御異議なしと認めます。よってこの際、議長の辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 議長の辞職許可についてを議題といたします。
 本件は、私の一身上に関する案件でありますので、副議長と交代いたします。
    〔議長三木 明君退場・副議長田村慶徳君議長席に着く〕
○副議長(田村慶徳君)それでは、まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。
 〔事務局長朗読〕
   ─────────────────────────────
            辞    職    願
 今般、一身上の都合により議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。
  平成18年6月22日
                  徳島市議会議長  三 木   明
 徳島市議会副議長 田 村 慶 徳 殿
   ─────────────────────────────
○副議長(田村慶徳君)お諮りいたします。三木 明君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(田村慶徳君)御異議なしと認めます。よって、三木 明君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。
 ただいま議長を辞職されました三木 明君からごあいさつがあります。
         〔27番 三木 明君入場・登壇〕
◆27番(三木明君)退任に当たりまして、一言御礼を申し上げます。
 昨年の6月23日、議長に仰せつかってから、ちょうど丸1年経過をいたしました。その間いろいろございましたが、特に本市の行財政健全化計画案について、議会として一定の意思決定をされましたし、そしてまた、今期定例会では議員定数の4減ということも決定をいたしました。そのことが特に印象に残っております。何とかこの重責を務められたのも、田村副議長を初め、議員の皆様方、そして理事者の方々の温かい御指導のたまものだとこのように心から感謝を申し上げる次第でございます。そしてまた、議会事務局の皆さんには仕事とはいえ、本当にお世話になりまして、厚く御礼を申し上げたいというふうに思います。これからは一議員として、本市の行財政健全化計画が順調に推移するように厳しくチェックをしながら、議員活動を続けてまいりたい、かように思っておりますので、どうか今まで同様、御指導、御交誼のほど、心からお願いを申し上げまして、一言の御礼のごあいさつにさせていただきます。
 本当にありがとうございました。(拍手)
○副議長(田村慶徳君)ただいま議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(田村慶徳君)御異議なしと認めます。よってこの際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
 議場の出入口を閉じます。
              〔議場閉鎖〕
   ─────────────────────────────
   このときの出席議員氏名次のとおり
   1番  西 林 幹 展 君 │  2番  西 條 正 道 君
   3番  喜 多 宏 思 君 │  4番  鈴 江   清 君
   5番  小 林 淳 治 君 │  6番  岡   孝 治 君
   7番  岡 南   均 君 │  8番  美 馬 秀 夫 君
   9番  笠 井 国 利 君 │ 10番  折 目 信 也 君
  11番  隅 倉 純 爾 君 │ 12番  梯   富 子 君
  13番  加 戸   悟 君 │ 14番  村 上   稔 君
  15番  久次米 尚 武 君 │ 17番  河 野 みどり 君
  18番  中 野 一 雄 君 │ 19番  塀 本 信 之 君
  20番  須 見 矩 明 君 │ 21番  佐々木 健 三 君
  22番  坂 井   積 君 │ 23番  岸 本 安 治 君
  24番  金 村   工 君 │ 25番  板 東   實 君
  26番  浜 田 義 雄 君 │ 27番  三 木   明 君
  28番  小 林 和 夫 君 │ 29番  岸 本 和 代 君
  30番  吉 本 八 恵 君 │ 32番  田 村 慶 徳 君
  33番  中 本 美保子 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
  35番  赤 川 健 治 君 │ 36番  山 口 悦 寛 君
  37番  宮 内 春 雄 君 │ 38番  広 瀬 和 範 君
   ─────────────────────────────
○副議長(田村慶徳君)ただいまの出席議員数は36名であります。
 投票用紙を配布させます。
             〔投票用紙配布〕
○副議長(田村慶徳君)投票用紙の配布漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(田村慶徳君)配布漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
              〔投票箱点検〕
○副議長(田村慶徳君)異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
              〔点呼・投票〕
○副議長(田村慶徳君)投票漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○副議長(田村慶徳君)投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の出入口を開きます。
              〔議場開鎖〕
○副議長(田村慶徳君)開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に7番岡南 均君、18番中野一雄君を指名いたします。よって両君の立ち会いを願います。
 投票箱を開き投票の点検をさせます。
               〔開 票〕
○副議長(田村慶徳君)開票の結果を報告いたします。
 投票総数36票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
  有効投票   36票
  無効投票    0票
  有効投票中 岡  孝治君  27票
        河野みどり君   5票
        山口 悦寛君   4票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、岡 孝治君が議長に当選されました。
 ただいま、議長に当選されました岡 孝治君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 議長に当選されました岡 孝治君のごあいさつがあります。
           〔6番 岡 孝治君登壇〕
◆6番(岡孝治君)お許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいまは、議員各位の御推挙、そして多数の御支援を賜り、名誉ある第76代徳島市議会議長に就任をさせていただくことになりました。身に余る光栄と心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 申すまでもなく近年の社会情勢の著しい変化によりまして、本市を取り巻く状況は非常に厳しいものがございます。また、行財政改革の推進、中核市構想の実現等々の行政課題も山積をいたしております。こうした本市にとって極めて重要なこの時期に、このたびの重責を担うことになりまして、改めて身の引き締まる思いでおります。この上はまことに微力ではございますが、市民福祉の向上と市民生活の活性化、さらには円滑、公正な議会運営のため、懸命の努力をいたしたいと考えております。議員各位、原市長を初め、理事者各位、また、報道関係各位におかれましては、何分の御協力と御指導、御鞭撻を賜りますよう心よりお願いを申し上げまして、甚だ措辞ではございますけれども、就任のごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)
○副議長(田村慶徳君)議長が選挙されましたので、議長と交代いたします。
 〔副議長田村慶徳君退場・議長岡 孝治君議長席に着く〕
○議長(岡孝治君)この際、日程追加についてお諮りいたします。
 副議長田村慶徳君から、副議長の辞職願が提出されておりますので、副議長の辞職許可についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よってこの際、副議長の辞職許可についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 副議長の辞職許可についてを議題といたします。
 それでは、まず、その辞職願を事務局長に朗読させます。
             〔事務局長朗読〕
   ─────────────────────────────
            辞    職    願
 今般、一身上の都合により副議長を辞職したいから許可されるよう願い出ます。
  平成18年6月22日
                 徳島市議会副議長  田 村 慶 徳
 徳島市議会議長 殿
   ─────────────────────────────
○議長(岡孝治君)お諮りいたします。田村慶徳君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、田村慶徳君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。
 ただいま副議長を辞職されました田村慶徳君からごあいさつがあります。
          〔32番 田村慶徳君入場・登壇〕
◆32番(田村慶徳君)この1年間、関係各位の皆様方の御協力、御支援によりまして1年間無事に務めさせていただきました。今後とも、自分自身を見つめ直して、精進し直して、一生懸命頑張ってまいる決意でございますので、今後とも皆様方の御支援、御鞭撻をよろしくお願いを申し上げまして一言簡単ではございますけれども退任のあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました(拍手)
○議長(岡孝治君)ただいま副議長が欠員となりました。
 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よってこの際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。
 議場の出入口を閉じます。
              〔議場閉鎖〕
   ─────────────────────────────
   このときの出席議員氏名次のとおり
   1番  西 林 幹 展 君 ―  2番  西 條 正 道 君
   3番  喜 多 宏 思 君 │  4番  鈴 江   清 君
   5番  小 林 淳 治 君 │  6番  岡   孝 治 君
   7番  岡 南   均 君 │  8番  美 馬 秀 夫 君
   9番  笠 井 国 利 君 │ 10番  折 目 信 也 君
  11番  隅 倉 純 爾 君 │ 12番  梯   富 子 君
  13番  加 戸   悟 君 │ 14番  村 上   稔 君
  15番  久次米 尚 武 君 │ 17番  河 野 みどり 君
  18番  中 野 一 雄 君 │ 19番  塀 本 信 之 君
  20番  須 見 矩 明 君 │ 21番  佐々木 健 三 君
  22番  坂 井   積 君 │ 23番  岸 本 安 治 君
  24番  金 村   工 君 │ 25番  板 東   實 君
  26番  浜 田 義 雄 君 │ 27番  三 木   明 君
  28番  小 林 和 夫 君 │ 29番  岸 本 和 代 君
  30番  吉 本 八 恵 君 │ 32番  田 村 慶 徳 君
  33番  中 本 美保子 君 │ 34番  森 井 嘉 一 君
  35番  赤 川 健 治 君 │ 36番  山 口 悦 寛 君
  37番  宮 内 春 雄 君 │ 38番  広 瀬 和 範 君
   ─────────────────────────────
○議長(岡孝治君)ただいまの出席議員数は36名であります。
 投票用紙を配布させます。
             〔投票用紙配布〕
○議長(岡孝治君)投票用紙の配布漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)配布漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
              〔投票箱点検〕
○議長(岡孝治君)異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 点呼を命じます。
              〔点呼・投票〕
○議長(岡孝治君)投票漏れはありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の出入口を開きます。
              〔議場開鎖〕
○議長(岡孝治君)開票を行います。
 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に2番西條正道君、34番森井嘉一君を指名いたします。よって両君の立ち会いを願います。
 投票箱を開き投票の点検をさせます。
               〔開 票〕
○議長(岡孝治君)開票の結果を報告いたします。
 投票総数36票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち
  有効投票   36票
  無効投票    0票
  有効投票中 美馬秀夫君  26票
        赤川健治君   5票
        梯 富子君   5票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、美馬秀夫君が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました美馬秀夫君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。
 副議長に当選されました美馬秀夫君のごあいさつがあります。
           〔8番 美馬秀夫君登壇〕
◆8番(美馬秀夫君)このたび、副議長に選任いただきまして、ありがとうございます。市議会の重要性を認識し、徳島市発展のために努力していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。(拍手)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)この際、日程追加についてお諮りいたします。
 このたび、議会運営委員会委員に欠員が生じたため、議会運営委員会委員の補欠選任についてを日程に追加し、委員の補欠選任を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よってこの際、これを日程に追加し、委員の補欠選任を行うことに決定いたしました。
 それでは、議会運営委員会委員の補欠選任を行います。
 なお、その氏名は、お手元に配布の議会運営委員会委員名簿のとおりであります。
   ─────────────────────────────

○議長(岡孝治君)配布の名簿のとおり議会運営委員会委員に指名することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員会委員に補欠選任することに決定いたしました。
 議事の都合により小休いたします。
            午後0時15分 小休
   ─────────────────────────────
            午後0時31分 再開
○議長(岡孝治君)小休前に引き続き会議を開きます。
 小休中に議会運営委員会が開かれ、正副委員長の互選が行われました結果、委員長には広瀬和範君が、副委員長には岡南 均君が就任されましたので御報告いたしておきます。
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)次に、日程第6、閉会中の継続審査及び調査についてを議題といたします。
 ─────────────────────────────

○議長(岡孝治君)各常任委員長からお手元に配布のとおり、閉会中の継続審査及び調査の申し出があります。
 お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続審査及び調査とすることに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって各委員長から申し出のとおり、それぞれ閉会中の継続審査及び調査とすることに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)次に、日程追加についてお諮りいたします。
 この際、常任委員会委員の所属変更についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、常任委員会委員の所属変更についてを日程に追加し、委員の所属変更を行うことに決定いたしました。
 ─────────────────────────────

○議長(岡孝治君)お諮りいたします。お手元に配布の常任委員会委員所属変更表のとおり、それぞれ所属を変更することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、それぞれ常任委員会委員の所属を変更することに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)続いて、日程追加についてお諮りいたします。
 各特別委員会委員の改選についてを日程に追加し、委員の改選を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、各特別委員会委員の改選についてを日程に追加し、委員の改選を行うことに決定いたしました。
 それでは、これより各特別委員会委員の改選を行います。
 なお、その氏名は、お手元に配布の特別委員会委員一覧表のとおりであります。
   ─────────────────────────────

○議長(岡孝治君)お諮りいたします。この一覧表のとおり指名することに御異議ありませんか。
 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ特別委員会委員に選任することに決定いたしました。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)続いて、日程追加についてお諮りいたします。
 この際、図書室運営委員会委員の互選を日程に追加し、委員の互選を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、図書室運営委員会委員の互選を日程に追加し、委員の互選を行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。互選の方法は、議長の指名によりたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定いたしました。
 それでは、議長において指名いたします。
 図書室運営委員会委員に、1番西林幹展君、12番梯 富子君、14番村上稔君、28番小林和夫君、34番森井嘉一君、以上5名の方々を指名いたします。
 ただいまの指名に御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました方々が図書室運営委員会委員に互選されました。
 なお、徳島市議会図書室運営委員会規程により、正副議長も委員となりますので、申し添えておきます。
 正副委員長互選のため委員会を開会いたしますので、この際、暫時小休いたします。
            午後0時35分 小休
   ─────────────────────────────
            午後0時50分 再開
○議長(岡孝治君)小休前に引き続き会議を開きます。
 小休中に、各委員会の正副委員長の互選が行われました。この際、各委員会正副委員長の氏名を御報告いたします。
 なお、その氏名は事務局長に報告させます。
             〔事務局長報告〕
   ─────────────────────────────
  総務委員会委員長             喜 多 宏 思 君
      同        副委員長    折 目 信 也 君
  文教厚生委員会委員長           笠 井 国 利 君
      同        副委員長    西 林 幹 展 君
  産業交通委員会委員長           吉 本 八 恵 君
      同        副委員長    小 林 淳 治 君
  建設委員会委員長             宮 内 春 雄 君
      同        副委員長    岸 本 安 治 君
   ─────────────────────────────
  防災対策特別委員会委員長         岸 本 和 代 君
      同        副委員長    西 林 幹 展 君
  開発特別委員会委員長           西 條 正 道 君
      同        副委員長    宮 内 春 雄 君
  鉄道高架促進特別委員会委員長       折 目 信 也 君
      同        副委員長    須 見 矩 明 君
  高齢者福祉対策特別委員会委員長      岸 本 安 治 君
      同        副委員長    小 林 和 夫 君
   ─────────────────────────────
  図書室運営委員会委員長          西 林 幹 展 君
      同        副委員長    小 林 和 夫 君
   ─────────────────────────────
○議長(岡孝治君)以上のとおりであります。各委員会の正副委員長さん、よろしくお願いいたします。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)次に、このたび監査委員を辞職されました岸本安治君、西條正道君からごあいさつがあります。岸本安治君。
 〔23番 岸本安治君登壇〕
◆23番(岸本安治君)監査委員を辞職するに当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。
 1年間、監査委員の職責を全うすることができました。これひとえに皆様方のお力添え、御指導のたまものと深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。これからは一議員として市政発展のために一生懸命頑張っていきたいと思いますので、相変わらずの御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げまして辞職のあいさつにいたします。
 本当にありがとうございました。(拍手)
○議長(岡孝治君)次は、西條正道君。
 〔2番 西條正道君登壇〕
◆2番(西條正道君)監査委員を退任するに当たりまして、一言ございさつを申し上げます。
 私自身、2回目の監査委員でございましたが、新しい視点で監査の任務をすることができました。本当にいい勉強ができたと思っております。今後におきましては、この身につけた勉強をもとにいたしまして、さらなる市民福祉の向上のために頑張ってまいりたいと思う所存でございます。
 議員の皆様方の御指導、御支援を今後ともよろしくお願い申し上げまして、ございさつといたします。
 ありがとうございました。(拍手)
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)この際、日程追加についてお諮りいたします。
 市長から、議案第71号・議案第72号、監査委員の選任についてが提出されました。これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
 〔11番隅倉純爾君、12番梯 富子君、13番加戸 悟君、17番河野みどり君、18番中野一雄君、19番塀本信之君、21番佐々木健三君退場〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、この際、これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 それでは、議案第71号・議案第72号、監査委員の選任についてを議題といたします。
   ─────────────────────────────

○議長(岡孝治君)提出者の説明を求めます。
 〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)ただいま上程されました人事議案につきまして御説明いたします。
 本案件は、いずれも地方自治法第196条第1項の規定により、議員のうちから選任する監査委員として、隅倉純爾議員及び佐々木健三議員をそれぞれ選任いたしたく、御同意をお願いするものであります。よろしくお願いいたします。
○議長(岡孝治君)以上で提出者の説明は終わりました。
 お諮りいたします。本案については、成規の手続を省略し直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、本案については、成規の手続を省略し直ちに採決することに決定いたしました。
 お諮りいたします。本案については、いずれも原案に同意することに御異議ありませんか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(岡孝治君)御異議なしと認めます。よって、本案については、いずれも原案に同意することに決定いたしました。
 〔11番隅倉純爾君、12番梯 富子君、13番加戸 悟君、17番河野みどり君、18番中野一雄君、19番塀本信之君、21番佐々木健三君入場〕
○議長(岡孝治君)ただいま監査委員の選任に同意されました、隅倉純爾君、佐々木健三君からごあいさつがあります。隅倉純爾君。
 〔11番 隅倉純爾君登壇〕
◆11番(隅倉純爾君)ただいまは、監査委員選任に当たりまして、議員各位の御同意をいただきまして、まことにありがとうございます。
 今、本市は行財政改革推進のただ中であります、それだけに監査委員の任務も重要になってまいります。誠心誠意、推進、邁進してまいりたいというふうに思います。そういう面では、議員各位、理事者各位の御支援、御鞭撻をお願い申し上げまして、就任のございさつにかえさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)
○議長(岡孝治君)次は、佐々木健三君。
 〔21番 佐々木健三君登壇〕
◆21番(佐々木健三君)ただいま監査委員に選任御同意を賜り、ありがとうございました。現在、本市も行財政改革を推し進めている最中でございます。このようなときに監査委員に課せられた使命、極めて重要でございます。議員各位の御指導、御鞭撻を賜りながら、その職責を全うしてまいりたいとこのように思っておりますのでよろしくお願いを申し上げまして、あいさつといたします。
 ありがとうございました。(拍手)
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○議長(岡孝治君)以上で、今期定例会に付議された案件は、継続審査に付されたものを除きいずれも議了いたしました。
 本定例会はこれをもって閉会いたしたいと思いますが、閉会前に市長から閉会のあいさつがあります。
           〔市長 原 秀樹君登壇〕
◎市長(原秀樹君)閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。
 今定例会には、一般会計補正予算議案など21件の議案を御提出申し上げ、議員各位の熱心な御審議を賜った次第でございますが、ただいまは全議案につきまして、御可決、御同意をいただき厚く御礼申し上げます。
 議案審議の過程におきまして、御指摘のありました点につきましては、十分に検討を加え、今後の市政の運営に反映させてまいりたいと存じております。
 また、今定例会におきましては、正副議長、各委員会の正副委員長及び議員の中から選任されます監査委員などの改選が行われましたが、このたび新たに就任されました岡 孝治議長、美馬秀夫副議長を初め、各正副委員長並びに監査委員の皆様方に対しまして、心からお喜び申し上げますとともに、今後とも格段の御協力をお願い申し上げる次第でございます。
 また、辞任されました三木 明議長、田村慶徳副議長を初め、各正副委員長、各委員の皆様方におかれましては、この1年間、市政発展のため格別の御尽力を賜りました。ここに深く敬意を表しますとともに、心から感謝を申し上げまして閉会のごあいさつとさせていただきます。
 どうもありがとうございました。
○議長(岡孝治君)これにて平成18年第2回徳島市議会定例会を閉会いたします。
 午後1時2分 閉会
   ─────────────────────────────
地方自治法第123条第2項の規定による署名者

徳島市議会議長

徳島市議会議長

徳島市議会副議長

会議録署名議員

   同