議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 山陽小野田市

平成 17年 4月臨時会(第1回) 04月11日−01号




平成 17年 4月臨時会(第1回) − 04月11日−01号









平成 17年 4月臨時会(第1回)


平成17年
山陽小野田市議会(第1回臨時会)会議録
平成17年4月11日     午前10時00分 開議


 
議員定数 (41名)
現員数     (41名)
出席議員 (41名)
欠席議員 ( 0名)
     議 長  相 本 繁 夫 君
     副議長  一 倉 元 信 君
     議 員  阿 川 照 平 君
     議 員  有 田 敏 夫 君
     議 員  伊 藤   武 君
     議 員  岩 本 信 子 君
     議 員  上 田 泰 生 君
     議 員  上 野 正 昭 君
     議 員  氏 永 創三郎 君
     議 員  大 井 淳一朗 君
     議 員  大 空 軍 治 君
     議 員  小 野   泰 君
     議 員  尾 山 信 義 君
     議 員  川 村 博 通 君
     議 員  河 村 雅 伸 君
     議 員  佐井木 勝 治 君
     議 員  佐 村 征三郎 君
     議 員  佐 村 敏 和 君
     議 員  硯 谷 篤 史 君
     議 員  田 中 重 徳 君
     議 員  田 中 恭 彦 君
     議 員  田 辺 輝市郎 君
     議 員  千々松 武 博 君
     議 員  津 野   薫 君
     議 員  津 野 啓 子 君
     議 員  中 島 好 人 君
     議 員  中 坪   智 君
     議 員  中 元   稔 君
     議 員  二 歩 材 臣 君
     議 員  花 本   徳 君
     議 員  原 田   正 君
     議 員  平 田   武 君
     議 員  平 中 政 明 君
     議 員  福 田 勝 政 君
     議 員  正 村 昌 三 君
     議 員  三 浦 英 統 君
     議 員  安 永   巧 君
     議 員  山 田 耕 作 君
     議 員  山 田 伸 幸 君
     議 員  好 川 桂 司 君
     議 員  吉 永 美 子 君

事務局職員出席者
 局     長  横 田 信 夫 君
 次     長  蔵 本 一 成 君
 主査兼議事係長  清 水   保 君
 調 査 係 長  西 田   実 君
 主     任  玉 田 拓 男 君
 書     記  安 重 賢 治 君

説明のため出席した者
 市長職務執行者    國 沢 賢之進 君
 総 務 部 長    尾 原 勇 次 君
 総務部次長      三 戸 正 樹 君
 企画政策部長     尾 崎 謙 造 君
 企画政策部次長    山 縣   始 君
 まちづくり推進室長  加 藤 佳 雄 君
 市民環境部長     長 尾 修 一 君
 市民環境部次長    原 川 清 樹 君
 保健福祉部長     蔵 川 安 雄 君
 保健福祉部次長    笠 井 良 壽 君
 産業経済部長     野 村 宗 司 君
 産業経済部次長    岡 村 敏 雄 君
 建設部長       坂 辻 義 人 君
 建設部次長      福 重   亨 君
 監理室長       野 田 武 廣 君
 山陽総合事務所長   山 本 暎 二 君
 公営競技事務所長   山 本 耕 二 君
 病院局次長      山 根 雅 敏 君
 病院局事務部次長   藤 井 耕 作 君
 教育長        光 永   昇 君
 教育次長       金 光 康 資 君
 水道局副局長     山 縣 武 士 君
 消防長        中 里 裕 典 君
 消防本部次長     安 部   学 君
 総務課技監      佐久間 昌 彦 君

本日の会議に付した事件
(その1の1)
日程第1 仮議席の指定について
日程第2 議長の選挙について
(その1の2)
日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 副議長の選挙について
日程第4 議席の決定について
日程第5 議会議案第1号から議会議案第3号までの3件を一括上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決
議会議案第1号 山陽小野田市議会会議規則の制定について
議会議案第2号 山陽小野田市議会委員会条例の制定について
議会議案第3号 山陽小野田市議会事務局設置条例の制定について
日程第6 常任委員の選任について
日程第7 議会運営委員の選任について
日程第8 議会議案第4号の1件を上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決 
議会議案第4号 特別委員会の設置について


────────────

午前10時開会

────────────



◎事務局長(横田信夫君) おはようございます。本日は、山陽小野田市発足後の最初の議会であります。正・副議長が不在でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。年長の中坪議員を御紹介申し上げます。中坪議員、議長席に御着席をお願いをいたします。

(臨時議長 中坪 智君議長席に着く)



○臨時議長(中坪智君) おはようございます。ただいま御紹介をいただきました中坪であります。本日は、この臨時議会で、不肖私が地方自治法第107条の規定により、新議長が決まるまで臨時議長としてその職務を行うことになりましたことは光栄であり、かつ喜びとするところでございます。しかし、何分にも不慣れなため、この大任を無事終わらすことができますためには、議員の皆様方の御協力がなければならないと存じますので、よろしくお願い申し上げ、ごあいさつといたします。(拍手)

 ただいまの出席議員数は40名で、会議定足に達しておりますのでこれより平成17年第1回(4月)山陽小野田市議会臨時会を開会いたします。

 なお、議事の進行については、山陽小野田市議会会議規則が制定されておりませんが、今議会に議会議案第1号で提案される山陽小野田市議会会議規則案に準じて進行したいと思います。これに御異議ございませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(中坪智君) 御異議なしと認めます。よって、議事の進行については山陽小野田市議会会議規則案により進めてまいります。

 ここで一言申し上げます。

 報道関係者から本日撮影をしたいとの申し入れがありましたので、これを許可いたします。

 会議を開きます前に、議員並びに市長職務執行者ほか出席参与の自己紹介をお願いいたしますが、紹介の順序は議席番号の1番から自席にて順次お願いいたします。1番、相本議員からどうぞお願いいたします。



◎議員(相本繁夫君) おはようございます。小野田市議会の相本でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎議員(阿川照平君) おはようございます。公明党の阿川照平でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎議員(有田敏夫君) おはようございます。日本共産党の有田敏夫でございます。よろしくお願いします。



◎議員(一倉元信君) おはようございます。山陽町議会とは申しません。山陽小野田市の新しい議員になりました一倉でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎議員(伊藤武君) おはようございます。伊藤武でございます。お世話になりますが、よろしくお願いいたします。



◎議員(岩本信子君) おはようございます。岩本信子です。よろしくお願いいたします。



◎議員(上田泰生君) おはようございます。上田泰生でございます。よろしくお願いします。



◎議員(上野正昭君) おはようございます。私、上野正昭といいまして、おっちょこちょいの上野正昭でございます。元山陽町議でございまして、まだ1年ちょっとでございますけど、今までの1年を踏み台として、この小野田の市議会──ごめんなさい、山陽小野田市議会で頑張りたいと思っております。よろしくお願いします。



◎議員(氏永創三郎君) 山陽小野田市議会の赤崎地区から出ております氏永と申します。よろしくお願いします。



◎議員(大井淳一朗君) 同じく、赤崎校区から出ております大井と申します。よろしくお願いいたします。



◎議員(大空軍治君) 大空軍治でございます。よろしくお願いします。



◎議員(小野泰君) 小野泰でございます。よろしくお願いします。



◎議員(尾山信義君) おはようございます。尾山信義でございます。よろしくお願いします。



◎議員(川村博通君) おはようございます。川村博通と申します。どうぞよろしくお願いします。



◎議員(河村雅伸君) おはようございます。同じ河村ですけども、さんずいの河村の河村雅伸です。どうぞよろしくお願いします。



◎議員(佐井木勝治君) おはようございます。佐井木勝治でございます。よろしくお願いいたします。



◎議員(佐村征三郎君) おはようございます。石井手から出ました佐村征三郎です。よろしくお願いします。



◎議員(佐村敏和君) おはようございます。同じく佐村でございますが、厚狭から出ております佐村敏和でございます。少し若い方でございます。よろしくお願いいたします。



◎議員(硯谷篤史君) おはようございます。硯谷篤史と申します。よろしくお願いいたします。



◎議員(田中重徳君) おはようございます。田中重徳と申します。よろしくお願いいたします。



◎議員(田中恭彦君) おはようございます。同じく田中でございます。風邪を引いてしまってからまるで困っておりますが、よろしくお願いします。



◎議員(田辺輝市郎君) おはようございます。山陽小野田市の最北部におります田辺輝市郎と申します。よろしくお願いをいたします。



◎議員(千々松武博君) おはようございます。山陽小野田市の一番西の端、埴生でございます。下関市の隣であります。千々松と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎議員(津野薫君) 西下津に住んでおります津野薫でございます。よろしくお願いいたします。



◎議員(津野啓子君) 旧山陽町議の津野啓子と申します。先ほどの津野薫とは縁戚関係にはございますが、夫婦ではございませんのでよろしくお願いします。



◎議員(中島好人君) おはようございます。日本共産党の中島好人でございます。どうかよろしくお願いいたします。



◎議員(中元稔君) おはようございます。中元稔と申します。よろしくお願い申し上げます。



◎議員(二歩材臣君) おはようございます。二歩材臣と申します。よろしくお願いいたします。



◎議員(原田正君) おはようございます。原田正と申します。よろしくお願いします。



◎議員(平田武君) おはようございます。平田武でございます。よろしくお願いいたします。



◎議員(平中政明君) おはようございます。平中政明と申します。どうぞひとつよろしくお願いします。お世話になります。



◎議員(福田勝政君) おはようございます。福田勝政と申します。よろしくお願いします。



◎議員(正村昌三君) おはようございます。須恵の方で空気の一番環境のいいところに住まさせていただいております公明党の正村でございます。よろしくお願いいたします。



◎議員(三浦英統君) おはようございます。三浦英統でございます。よろしくお願いします。



◎議員(安永巧君) おはようございます。安永巧といいます。よろしくお願いいたします。



◎議員(山田耕作君) おはようございます。山田耕作でございます。どうかよろしくお願いします。



◎議員(山田伸幸君) おはようございます。日本共産党の山田伸幸です。よろしくお願いいたします。



◎議員(好川桂司君) おはようございます。額に汗してまじめに働く労働者の仲間、市民クラブの好川桂司でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎議員(吉永美子君) 皆様、おはようございます。とり年の私がトリを務めさせていただきます。公明党の吉永美子と申します。山陽オートのすぐそばに住んでおります。山陽オートをぜひかわいがってやってください。よろしくお願いいたします。



○臨時議長(中坪智君) この席から失礼でございますが、中坪でございます。よろしくお願いいたします。

 以上で、議員の自己紹介が終わりました。

 次に、市長職務執行者以下順次自己紹介をお願いいたします。國沢市長職務執行者、どうぞ。



◎市長職務執行者(國沢賢之進君) おはようございます。後ほどまたごあいさつ申し上げますが、今は名前だけ申し上げます。國沢賢之進といいます。よろしくお願いいたします。



◎総務部長(尾原勇次君) おはようございます。総務部長の尾原勇次と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎企画政策部長(尾崎謙造君) おはようございます。企画政策部長の尾崎謙造です。よろしくお願いいたします。



◎市民環境部長(長尾修一君) おはようございます。市民環境部長の長尾と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎保健福祉部長(蔵川安雄君) おはようございます。保健福祉部長の蔵川安雄です。よろしくお願いいたします。



◎産業経済部長(野村宗司君) おはようございます。産業経済部長と企業立地推進室長を兼ねております野村でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎建設部長(坂辻義人君) おはようございます。建設部長を仰せつかっております坂辻義人と申します。どうぞよろしくお願いします。



◎総務課技監(佐久間昌彦君) おはようございます。総務課技監佐久間と申します。よろしくお願いいたします。



◎監理室長(野田武廣君) おはようございます。監理室長の野田でございます。どうぞよろしくお願いします。



◎山陽総合事務所長(山本暎二君) おはようございます。山陽総合事務所長の山本と申します。よろしくお願いいたします。



◎まちづくり推進室長(加藤佳雄君) おはようございます。まちづくり推進室長を拝命いたしました加藤でございます。合併協時代には大変お世話になりました。引き続きよろしくお願いをいたします。



◎総務部次長(三戸正樹君) おはようございます。総務部次長兼総務課長の三戸正樹と申します。よろしくお願いします。



◎企画政策部次長(山縣始君) おはようございます。企画政策部次長の山縣と申します。企画課と企画広報課長を兼務いたしております。よろしくお願いいたします。



◎市民環境部次長(原川清樹君) おはようございます。市民環境部次長の原川と申します。どうぞよろしくお願いします。



◎保健福祉部次長(笠井良壽君) おはようございます。保健福祉部次長兼高齢障害課長をしております笠井といいます。よろしくお願いします。



◎産業経済部次長(岡村敏雄君) おはようございます。産業経済部次長兼農林水産課長岡村敏雄といいます。よろしくお願いいたします。



◎建設部次長(福重亨君) おはようございます。建設部次長兼広域連絡道路整備推進室の室長を命ぜられております福重と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎教育長(光永昇君) おはようございます。仮でございますけれども、教育長を仰せつかっております光永と申します。よろしくお願いいたします。



◎病院局次長(山根雅敏君) おはようございます。このたび病院局の次長兼事務部事務長及び総務課長を拝命いたしました山根雅敏と申します。両病院の経営健全につきましては、全力を尽くす所存でありますで、議員の皆様方の力強い御支援、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



◎消防長(中里裕典君) おはようございます。消防長の中里裕典と申します。空気が乾燥しておりますので、どうか防火の方よろしくお願いいたします。



◎公営競技事務所長(山本耕二君) おはようございます。公営競技事務所長の山本耕二と申します。今後ともよろしくお願いいたします。



◎教育次長(金光康資君) おはようございます。教育次長の金光康資と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎水道局副局長(山縣武士君) おはようございます。水道局の副局長をしています山縣です。よろしくお願いいたします。



◎病院局事務次長(藤井耕作君) おはようございます。病院局事務部次長、経営改革課長を仰せつかりました藤井と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎消防本部次長(安部学君) 消防本部次長の安部と申します。お世話になります。



○臨時議長(中坪智君) 以上で、自己紹介は全部終わりました。

 次に、市長職務執行者から臨時会招集のあいさつを受けます。國沢市長職務執行者、どうぞ。お願いします。

(市長職務執行者登壇)



◎市長職務執行者(國沢賢之進君) おはようございます。山陽小野田市誕生後最初の市議会の開催に当たりまして、ごあいさつを一言申し上げたいと存じます。

 3月22日に、歴史的、地理的につながりの深い旧小野田市と旧山陽町とが合併いたしまして、「山陽小野田市」が誕生いたしました。

 私は、本市の初代市長が選挙によって選ばれるまでの間、市長の職務執行者として重責を担わせていただくことになりましたけども、議員の皆様方の御協力をいただきながら、新市のスムーズな発進に力を注いでまいりますので、どうぞ残り少ない日でございますが、よろしくお願い申し上げます。

 さて、比較的まとまったコンパクトな地形と約6万8,000人の人口を持つこの山陽小野田市は、山口県南西部における広域交通の要所として重要な位置にあります。

 また、自然、歴史、文化、産業、レクリエーション資源など、すぐれた財産が数多くあります。新市建設計画の基本理念である「交流拠点の特性を活かした創造力と活力のある躍動感あふれるまちづくり」が必ず達成できるものと期待いたしております。

 現在、国、地方を通じて非常な厳しさを増しておりますこの社会情勢、この情勢は新市になりましても決して楽観できるものではございませんが、新市建設計画に掲げる将来像「心豊かでうるおいと活力に満ち、自然と共生した住みよいまち」が実現し、新市が大いなる発展を遂げますように、議員の皆様方の御理解と御協力を心からお願いを申し上げまして、市議会開催に当たってのごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

(市長職務執行者降壇)



○臨時議長(中坪智君) 以上で、市長職務執行者のあいさつが終わりました。

 これより本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付してあります議事日程(その1の1)のとおり進めてまいります。

────────────



△日程第1仮議席の指定について

────────────



○臨時議長(中坪智君) 日程第1、仮議席の指定を行います。

 仮議席は、ただいま御着席の席を指定いたします。

────────────



△日程第2議長の選挙について

────────────



○臨時議長(中坪智君) 日程第2、議長の選挙を行います。

 ここで選挙の方法などについて協議するため、本会議を暫時休憩をいたします。議員の皆さんは、直ちに議員控室へお集まりをお願いいたします。

────────────

午前10時17分休憩

(全員協議会)

午前10時35分再開

────────────



○臨時議長(中坪智君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま議題となっております案件は、議長の選挙であります。選挙の方法については、さきの全員協議会で決定いたしましたとおり投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○臨時議長(中坪智君) ただいまの出席議員は41名であります。

 投票用紙を配付させます。お願いします。

(投票用紙配付)



○臨時議長(中坪智君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(中坪智君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○臨時議長(中坪智君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。他事記載、白票は無効となります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号の1番から順次投票をお願いいたします。

(各議員投票)



○臨時議長(中坪智君) 投票漏れはありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○臨時議長(中坪智君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○臨時議長(中坪智君) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に氏永議員、硯谷議員を指名いたします。立ち会いをお願いいたします。

(立会人立ち会い)

(開票)



○臨時議長(中坪智君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数41票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票35票、無効投票6票、有効投票中、相本議員32票、中島議員3票。

 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、相本議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました相本議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。

 相本議員、議長当選を承諾をされますか。



◎議員(相本繁夫君) 謹んでお受けをいたします。



○臨時議長(中坪智君) 承諾されましたので、相本議員が議長に決定をいたしました。

 ここで議長になられました相本議員のごあいさつを受けたいと思います。新議長、登壇ごあいさつお願いいたします。

(議長登壇)



◎議長(相本繁夫君) おはようございます。先ほど議員の自己紹介の冒頭、頭文字に旧か山陽か1字抜けておりまして、大変御迷惑をおかけしました。年のせいかなれるまでは多少時間がかかるかなというふうに思っております。

 今回、ただいまの議長選挙におきまして、多くの皆さん方の御選任をいただきまして、山陽小野田市の初代の議長に御推薦をいただきまして、心からお礼を申し上げます。ありがとうございます。

 と同時に、これからの山陽小野田市の初代の議長として議会運営を行うにつけては、多大な苦労もあろうかと思います。御案内のように、産みの苦しみはありましたが、山陽小野田市が3月22日をもってスタートいたしました。これまで旧山陽町の町議会議員の皆さん方、また旧小野田市の議員の皆さん方、それぞれの議会において運営あるいはいろんなことでの違いはあっただろうと思います。しかし、これからは一本にまとまって山陽小野田市のいわゆる法定合併協で決められました新市の建設計画を、あるいは財政計画を忠実に進めることによって、当面の苦しみはあろうかと思いますが、その将来においては必ずや立派な新市が誕生を続けていくことができると、このように確信をいたしております。

 これからの議会運営等につきましては、並々ならぬ御苦労があろうかと思います。私もその器ではございませんが、皆さん方の御支援、御協力を賜って山陽小野田市の議会運営をスムーズに行うことを決意をいたしまして、甚だ簡単でございますが、就任のごあいさつにかえさせていただきます。本日はどうもありがとうございました。ぜひ頑張っていきますのでよろしくお願いをいたします。(拍手)

(議長降壇後自席へ)



○臨時議長(中坪智君) これをもちまして、臨時議長の職務を無事終わらせていただきます。これもひとえに皆様方の御協力の賜物と深く感謝をいたします。

 それでは、新議長と交代いたします。どうもありがとうございました。(拍手)

(臨時議長自席へ、新議長議長席へ着席)



○議長(相本繁夫君) 引き続いて会議を開きます。

 これからの日程は、お手元に配付してあります議事日程(その1の2)のとおり進めてまいります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、阿川議員、有田議員を指名いたします。

────────────



△日程第2会期の決定

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、お手元に配付してあります会議日程表案のとおり、本日から4月14日までの4日間といたしたいと思います。これに御異議はありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から4月14日までの4日間と決定いたしました。

────────────



△日程第3副議長の選挙について

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第3、副議長の選挙を行います。

 ここで選挙の方法等について協議をするため、本会議を暫時休憩いたします。議員の皆さんは、直ちに議員控室へお集まりをお願いいたします。

────────────

午前10時53分休憩

(全員協議会)

午前11時00分再開

────────────



○議長(相本繁夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ただいま議題になっております案件は、副議長の選挙であります。選挙の方法については、さきの全員協議会で決定いたしましたとおり投票で行います。

 議場の閉鎖を命じます。

(議場閉鎖)



○議長(相本繁夫君) ただいまの出席議員は41名であります。

 投票用紙を配付させます。

(投票用紙配付)



○議長(相本繁夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

(投票箱点検)



○議長(相本繁夫君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。他事記載、白票は無効となります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号1番から順次投票をお願いいたします。

(各議員投票)



○議長(相本繁夫君) 投票漏れはありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

(議場開鎖)



○議長(相本繁夫君) 開票を行います。

 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に大井議員、津野啓子議員を指名いたします。立ち会いをお願いいたします。

(立会人立ち会い)

(開票)



○議長(相本繁夫君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数41票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票35票、無効投票6票、有効投票中、一倉議員32票、有田議員3票。

 この選挙の法定得票数は9票であります。よって、一倉議員が副議長に当選をされました。

 ただいま副議長に当選されました一倉議員が議長におられますので、本席から会議規則第131条第2項の規定により告知をいたします。

 一倉議員、副議長当選を承諾されますか。



◎議員(一倉元信君) 謹んでお受けいたします。



○議長(相本繁夫君) 承諾されましたので、一倉議員が副議長に決定いたしました。

 ここで副議長になられました一倉議員のごあいさつを受けたいと思います。

(副議長登壇)



◎議員(一倉元信君) 一倉元信でございます。今、副議長の大任を皆様の御支持で受けることにいたしました。私は、自分の目で見、自分の耳で聞きながら、一党一派に属せずこれから議長を補佐してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

(副議長降壇)

────────────



△日程第4議席の決定について

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第4、議席の決定を行います。

 議席の決定は、先例によりくじで行います。なお、先例により最終番を議長、その一つ前を副議長の議席といたします。

 それでは、ただいまから事務局職員が議席番号の1番からくじを持ってまいりますので、抽選をお願いいたします。

(各議員抽選)



○議長(相本繁夫君) 抽選が終わりましたので、その結果を事務局長より報告をさせます。



◎事務局長(横田信夫君) それでは、御報告をいたします。

 1番 氏永議員、2番 佐村征三郎議員、3番 大空議員、4番 千々松議員、5番 福田議員、6番 好川議員、7番 上野議員、8番 花本議員、9番 三浦議員、10番 田中恭彦議員、11番 平中議員、12番 佐村敏和議員、13番 津野薫議員、14番 硯谷議員、15番 田中重徳議員、16番 河村雅伸議員、17番 岩本議員、18番 中島議員、19番 津野啓子議員、20番 山田伸幸議員、21番 田辺議員、22番 正村議員、23番 平田議員、24番 安永議員、25番 大井議員、26番 川村博通議員、27番 佐井木議員、28番 上田議員、29番 伊藤議員、30番 吉永議員、31番 有田議員、32番 小野議員、33番 尾山議員、34番 原田議員、35番 山田耕作議員、36番 中元議員、37番 阿川議員、38番 二歩議員、39番 中坪議員、40番 一倉副議長、41番 相本議長、以上でございます。



○議長(相本繁夫君) 以上でございます。

 ただいま事務局長が報告しましたとおり、議席を決定いたしました。

 なお、本日はただいま御着席の席で議事を進めてまいりますので、御了承を願います。

────────────



△日程第5議会議案第1号〜第3号

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第5、議会議案第1号山陽小野田市議会会議規則の制定についてから、議会議案第3号山陽小野田市議会事務局設置条例の制定についてまでの議会議案3件を一括議題といたします。

 提出者より提案理由の説明を求めます。中坪議員。

(中坪 智君登壇)



◎議員(中坪智君) ただいま上程されました議会議案第1号から議会議案第3号までについて、一括して御説明を申し上げます。

 まず、議会議案第1号は、山陽小野田市議会会議規則の制定についてであります。

 本件は、地方自治法第120条の規定に基づき、山陽小野田市議会の会議の運営に関する手続及び議会内部の規律等を定めようとするものであります。

 次に、議会議案第2号は、山陽小野田市議会委員会条例の制定についてであります。

 本件は、地方自治法第109条から第111条までの規定に基づき、山陽小野田市議会における委員会の組織及び運営に関する事項を定めようとするものであります。

 次に、議会議案第3号は、山陽小野田市議会事務局設置条例の制定についてであります。

 本件は、地方自治法第138条の規定に基づき、議会の庶務的事務の処理等のため、議会事務局を設置しようとするものであります。

 よろしく御審議の上、御議決くださいますようお願いをいたします。

 以上です。

(中坪 智君降壇)



○議長(相本繁夫君) 提出者の提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議会議案3件は、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております本3件は、委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより議題となっております議会議案3件について、質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決については1件ずつ行います。

 議会議案第1号山陽小野田市議会会議規則の制定について、質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 討論なしと認めます。

 これより議会議案第1号について採決いたします。本件は、原案のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。

 議会議案第2号山陽小野田市議会委員会条例の制定について、質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 討論なしと認めます。

 これより議会議案第2号について採決いたします。本件は、原案のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。

 議会議案第3号山陽小野田市議会事務局設置条例の制定について、質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 討論なしと認めます。

 これより議会議案第3号について採決いたします。本件は、原案のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。

────────────



△日程第6常任委員の選任について

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第6、常任委員の選任についてを議題といたします。

 各議員から常任委員の希望票を提出していただいておりますが、協議申し上げたい事項がありますので、本会議を暫時休憩し全員協議会を開催いたします。議員の皆さんは議員控室に御参集をお願いいたします。

────────────

午前11時31分休憩

(全員協議会)

午後 1時00分再開

────────────



○議長(相本繁夫君) これより午後の会議を開きます。

 午前中に引き続き会議を続行いたします。

 事務局長から常任委員について報告をさせます。



◎事務局長(横田信夫君) それでは、御報告をいたします。

 まず、総務文教常任委員会の委員につきましては、相本議員、有田議員、岩本議員上田議員、上野議員、川村博通議員、佐井木議員、佐村敏和議員、田中恭彦議員、津野啓子議員、吉永議員、以上であります。

 民生福祉常任委員会の委員につきましては、一倉議員、大井議員、尾山議員、中島議員、中元議員、平田議員、正村議員、三浦議員、安永議員、好川議員、以上であります。

 建設常任委員会の委員につきましては、氏永議員、小野議員、河村雅伸議員、佐村征三郎議員、硯谷議員、田辺議員、千々松議員、中坪議員、原田議員、福田議員、以上であります。

 最後に、産業経済常任委員会の委員につきましては、阿川議員、伊藤議員、大空議員、田中重徳議員、津野薫議員、二歩議員、花本議員、平中議員、山田耕作議員、山田伸幸議員、以上でございます。



○議長(相本繁夫君) お諮りいたします。委員会条例第8条第1項の規定により、ただいま事務局長が報告いたしましたとおり、常任委員を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、事務局長が報告いたしましたとおり常任委員を選任することに決定いたしました。

 ここで常任委員会の正副委員長互選のため、本会議を暫時休憩いたします。

────────────

午後1時05分休憩

午後1時31分再開

────────────



○議長(相本繁夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど各常任委員会が開催され、正副委員長が互選されましたので、御報告いたします。

 総務文教常任委員長 田中議員、副委員長 佐村敏和議員、民生福祉常任委員長 平田議員、副委員長 尾山議員、建設常任委員長 氏永議員、副委員長 田辺議員、産業経済常任委員長 平中議員、副委員長 阿川議員、以上御報告いたします。

────────────



△日程第7議会運営委員の選任について

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第7、議会運営委員の選任についてを議題といたします。

 事務局長から議会運営委員について報告をさせます。



◎事務局長(横田信夫君) それでは、御報告いたします。

 議会運営委員会の委員につきましては、阿川議員、上田議員、上野議員、大空議員、河村雅伸議員、硯谷議員、中島議員、中坪議員、中元議員、花本議員、平田議員、平中議員、三浦議員、以上でございます。



○議長(相本繁夫君) お諮りいたします。委員会条例第8条第1項の規定により、ただいま事務局長が報告いたしましたとおり議会運営委員を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、事務局長が報告いたしましたとおり議会運営委員を選任することに決定いたしました。

 ここで本会議を暫時休憩し、議会運営委員会を開催し、正副委員長の互選を行いますので、委員の皆様は第1委員会室に御参集をお願いいたします。

────────────

午後1時33分休憩

午後1時59分再開

────────────



○議長(相本繁夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 御報告いたします。休憩時に開催された議会運営委員会において正副委員長の互選の結果、委員長に上田議員、副委員長に花本議員が選任されましたことを御報告いたします。

────────────



△日程第8議会議案第4号

────────────



○議長(相本繁夫君) 日程第8、議会議案第4号特別委員会の設置についてを議題といたします。

 提出者より提案理由の説明を求めます。中坪議員。

(中坪 智君登壇)



◎議員(中坪智君) ただいま上程されました議会議案第4号は、特別委員会の設置についてであります。

 議案の朗読をもって提案理由の説明をさせていただきます。

1目的地方分権の時代に議会の果たす役割はますます重要となり、その活動を伝える手段としては、広報誌の発行が不可欠であり、議会が発行する広報誌は行政が発行する市報とはその性格も機能も異なり、会議公開の原則のもと、市民を代表する議員の多面的な意見と議会審議の内容をお知らせするものである。このような観点から、議会の広報誌の編集、発行のため特別委員会を設置する。

2名称議会だより編集特別委員会。

3委員の定数8人、以上であります。

 よろしく御審議の上、御議決くださいますようお願いをいたします。

 終わります。

(中坪 智君降壇)



○議長(相本繁夫君) 提出者の提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議会議案第4号は、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに御異議はありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております議会議案第4号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより議会議案第4号について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 討論なしと認めます。

 これより議会議案第4号について採決いたします。本件は、原案のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました議会だより編集特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、阿川議員、有田議員、河村雅伸議員、原田議員、三浦議員、山田耕作議員、好川議員、吉永議員、以上8人の議員を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました8人の議員を議会だより編集特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 ここで本会議を暫時休憩し、議会だより編集特別委員会を開催し、正副委員長の互選を行いますので、委員の皆さんは第1委員会室に御参集をお願いいたします。

 本会議を暫時休憩いたします。

────────────

午後2時03分休憩

午後2時12分再開

────────────



○議長(相本繁夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 御報告いたします。休憩時に開催された議会だより編集特別委員会において正副委員長の互選の結果、委員長に三浦議員、副委員長に吉永議員が選任されましたことを御報告いたします。

 お諮りいたします。本特別委員会は、検討事項が終了するまで存続することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(相本繁夫君) 御異議なしと認めます。よって、本特別委員会は検討事項が終了するまで存続することに決定いたしました。委員会におかれましては、閉会中といえども十分なる検討をしていただきますようお願いいたします。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 明日12日は、午前10時から本会議を開き、承認案件の質疑、討論、採決並びに養護老人ホーム長生園組合議員の選挙などを行いますので、御参集をお願いいたします。

 本日はこれにて散会いたします。どうもお疲れでございました。

────────────

午後2時13分散会

────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。




  平成17年4月11日

   臨時議長   中 坪   智

   議  長   相 本 繁 夫

   署名議員   阿 川 照 平

   署名議員   有 田 敏 夫