議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 山陽小野田市

平成 19年 5月臨時会(第1回) 05月22日−01号




平成 19年 5月臨時会(第1回) − 05月22日−01号









平成 19年 5月臨時会(第1回)


平成19年
山陽小野田市議会(第1回臨時会)会議録
平成19年5月22日     午前10時00分 開議


 
 議員定数 (27名)
 現員数     (27名)
 出席議員 (27名)
     議 長  大 空 軍 治 君
     副議長  硯 谷 篤 史 君
     議 員  伊 藤   武 君
     議 員  伊 藤   實 君
     議 員  岩 本 信 子 君
     議 員  衛 藤 弘 光 君
     議 員  江 本 郁 夫 君
     議 員  岡 田   事 君
     議 員  小 野   泰 君
     議 員  尾 山 信 義 君
     議 員  河 野 朋 子 君
     議 員  川 村 博 通 君
     議 員  河 村 雅 伸 君
     議 員  佐井木 勝 治 君
     議 員  佐 村 征三郎 君
     議 員  ? 松 秀 樹 君
     議 員  千々松 武 博 君
     議 員  津 野 啓 子 君
     議 員  中 島 好 人 君
     議 員  中 元   稔 君
     議 員  二 歩 材 臣 君
     議 員  福 田 勝 政 君
     議 員  正 村 昌 三 君
     議 員  三 浦 英 統 君
     議 員  山 田 伸 幸 君
     議 員  好 川 桂 司 君
     議 員  吉 永 美 子 君

 欠席議員 ( 0名)

事務局職員出席者
 局     長  原 川 清 樹 君
 次     長  川 上 賢 誠 君
 主査兼議事係長  清 水   保 君
 調 査 係 長  西 田   実 君
 主     任  玉 田 拓 男 君
 書     記  大 井 康 司 君
 
説明のため出席した者
 市     長  白 井 博 文 君
 副  市  長  篠 原 宣 行 君
 総 務 部 長  笹 木 慶 之 君
 総務部次長    高 畑 義 行 君
 企画政策部長   野 田 武 廣 君
 企画政策部次長  市 村 雄二郎 君
 市民福祉部長   松 野 清 和 君
 市民福祉部次長  大 田 博 美 君
 市民福祉部次長  筑 紫 謙 治 君
 環境経済部長   横 田 信 夫 君
 環境経済部次長  河 崎 平 男 君
 建設部長     福 重   亨 君
 建設部次長    西 村   明 君
 市長公室長    山 縣   始 君
 監理室長     西 村 勝 正 君
 債権特別対策室長 藤 村 雅 明 君
 山陽総合事務所長 藤 本 賢 揮 君
 公営競技事務所長 大 田 康 博 君
 病院事業管理者  河 合 伸 也 君
 病院局次長    山 根 雅 敏 君
 教育長      江 澤 正 思 君
 教育部長     加 藤 佳 雄 君
 水道局副局長   野 村 啓 治 君
 消防長      中 里 裕 典 君
 監査委員     白 川 英 夫 君
 監査委員事務局長 野 村 美智雄 君
 
本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 議会議案第3号の1件を上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決
議会議案第3号 山陽小野田市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について
日程第4 報告第1号の1件を報告、質疑
報告第1号 平成18年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算の弾力条項の適用について
日程第5 議案第49号から議案第52号まで及び承認第2号から承認第5号までの8件を一括上程、提案理由の説明、質疑、委員会付託
議案第49号 平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第2回)について
議案第50号 平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第1回)について
議案第51号 山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について
議案第52号 山陽小野田市行政財産使用料徴収条例及び山陽小野田市立学校施設使用料条例の一部を改正する条例の制定について
承認第2号 平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第7回)に関する専決処分について
承認第3号 平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第1回)に関する専決処分について
承認第4号 山陽小野田市税条例の一部改正に関する専決処分について
承認第5号 山陽小野田市都市計画税条例の一部改正に関する専決処分について委員会付託表[平成19年5月22日]
┌─────────┬───────────────────────────────────┐
│ 委 員 会 名 │         付    託    内    容          │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│総務文教常任委員会│・議案第49号 平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第2回)  │
│         │        について                       │
│         │・議案第51号 山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正す  │
│         │        る条例の制定について                 │
│         │・議案第52号 山陽小野田市行政財産使用料徴収条例及び山陽小野田市  │
│         │        立学校施設使用料条例の一部を改正する条例の制定につ  │
│         │        いて                         │
│         │・承認第 2号 平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第7回)  │
│         │        に関する専決処分について(関係分)          │
│         │・承認第 3号 平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第1回)  │
│         │        に関する専決処分について(関係分)          │
│         │・承認第 4号 山陽小野田市税条例の一部改正に関する専決処分につい  │
│         │        て                          │
│         │・承認第 5号 山陽小野田市都市計画税条例の一部改正に関する専決処  │
│         │        分について                      │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│建設常任委員会  │・承認第 2号 平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第7回)  │
│         │        に関する専決処分について(関係分)          │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│環境経済常任委員会│・議案第50号 平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計  │
│         │        補正予算(第1回)について              │
│         │・承認第 2号 平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第7回)  │
│         │        に関する専決処分について(関係分)          │
│         │・承認第 3号 平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第1回)  │
│         │        に関する専決処分について(関係分)          │
└─────────┴───────────────────────────────────┘
────────────

午前10時開会

────────────



○議長(大空軍治君) おはようございます。ただいまの出席議員数は27名で、会議定足数に達しておりますの◎で、これより平成19年第1回(5月)山陽小野田市議会臨時会を開会いたします。

 ここで一言申し上げます。報道関係者から本日、撮影をしたいとの申し出がありましたので、これを許可いたします。

 ここで白井市長より発言の申し出がありましたので、これを許可いたします。白井市長。



◎市長(白井博文君) このたび市民の一部の方々に対する平成19年度固定資産税、都市計画税の課税誤りがありましたことにつきまして、まず冒頭におわびを申し上げます。

 また、議会への報告がおくれましたことについても、あわせて深くおわび申し上げます。

 該当する納税者の皆様には納付書を再送付するとともに、既におわびを申し上げているところでありますが、今後二度とこのような誤りが起こらないよう、綱紀をさらに粛正し、慎重に事務処理をしてまいりたいと考えております。改めておわびを申し上げます。



○議長(大空軍治君) 会議を開きます前に、4月1日付で出席参与に異動がありましたので、野田企画政策部長より順次自己紹介をお願いいたします。



◎企画政策部長(野田武廣君) おはようございます。企画政策部長の野田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎市民福祉部長(松野清和君) おはようございます。4月の異動におきまして、市民福祉部長の大役をいただきました松野清和を申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。



◎公営競技事務所長(大田康博君) おはようございます。公営競技事務所長の大田でございます。今後ともひとつよろしくお願いいたします。



◎山陽総合事務所長(藤本賢揮君) おはようございます。山陽総合事務所長と農業委員会事務局長を兼ねます藤本と申します。どうぞよろしくお願いいたします。



◎総務部次長(高畑義行君) おはようございます。総務部次長兼総務課長を拝命いたしました高畑でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎企画政策部次長(市村雄二郎君) おはようございます。企画政策部次長兼財政課長の市村であります。よろしくお願いいたします。



◎市民福祉部次長(筑紫謙治君) おはようございます。市民福祉部次長兼健康増進課長の筑紫謙治でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎債権特別対策室長(藤村雅明君) おはようございます。本年4月に新たに設置されました債権特別対策室の藤村でございます。どうかよろしくお願いいたします。



◎水道局副局長(野村啓治君) おはようございます。水道局副局長の野村でございます。よろしくお願いいたします。



◎監査委員事務局長(野村美智雄君) おはようございます。監査委員事務局長の野村です。よろしくお願いいたします。



○議長(大空軍治君) 以上をもって自己紹介を終わります。

 これより本日の会議を開きます。

 議事日程は、お手元に配付してありますとおり進めてまいります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第8条の規定により、議長において岡田議員、尾山議員を指名いたします。

────────────



△日程第2会期の決定

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、お手元に配付してあります会期日程案の表のとおり、本日から5月24日までの3日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から5月24日までの3日間と決定いたしました。

────────────



△日程第3議会議案第3号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第3、議会議案第3号山陽小野田市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。

 提出者より提案理由の説明を求めます。硯谷副議長。

(硯谷篤史君登壇)



○副議長(硯谷篤史君) ただいま上程されました議会議案第3号について御説明いたします。

 議会議案第3号は、山陽小野田市議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 このたびの改正は、本年4月1日に設置された債権特別対策室を総務文教常任委員会の所管にするための所要の改正であります。よろしく御審議の上、御議決くださいますようお願いいたします。

 以上。

(硯谷篤史君降壇)



○議長(大空軍治君) 提案理由の説明が終わりました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議会議案第3号は、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております議会議案第3号は、委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議会議案第3号について採決いたします。本件は原案のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。

────────────



△日程第4報告第1号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第4、報告第1号平成18年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算の弾力条項の適用についてを議題といたします。

 市長から報告を求めます。白井市長。

(市長登壇)



◎市長(白井博文君) 報告第1号平成18年度小型自動車競走事業特別会計予算の弾力条項の適用について御報告申し上げます。

 平成18年度のオートレース開催の全日程を終了し、勝車投票券売上額が124億4,852万1,000円となり、予算現額123億425万円に対して、1億4,427万1,000円の収入増加になりました。この収入増加に伴い日動振3号交付金72万1,000円、勝車投票券払戻金1億2,367万9,000円、公営企業金融公庫納付金173万2,000円、合計で1億2,613万2,000円の歳出の不足が生じたので、地方自治法第218条第4項の規定に基づき弾力条項を適用したので報告するものであります。

 なお、勝車投票券売上増加額1億4,427万1,000円から弾力条項適用額1億2,613万2,000円を差し引いた残額1,813万9,000円は、平成18年度決算において処理させていただきます。

 以上、御報告を申し上げます。

(市長降壇)



○議長(大空軍治君) 市長の報告が終わりました。本件は報告事項でありますので、質疑のみにとどめます。

 これより質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

────────────



△日程第5議案第49号〜第52号・承認

      第2号〜第5号 

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第5、議案第49号平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第2回)についてから、議案第52号山陽小野田市行政財産使用料徴収条例及び山陽小野田市立学校施設使用料条例の一部を改正する◎条例の制定についてまでの以上議案4件及び承認第2号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第7回)に関する専決処分についてから、承認第5号山陽小野田市都市計画税条例の一部改正に関する専決処分についてまでの以上承認4件、計8件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。白井市長。

(市長登壇)



◎市長(白井博文君) ただいま上程されました諸議案について順次御説明申し上げます。

 議案第49号は、平成19年度一般会計補正予算であります。

 今回の補正は、レッドクリフ市への中学生派遣事業についての補正であり、歳入歳出とも137万8,000円を追加し、予算総額は255億7,981万9,000円となりました。歳入では、寄附金137万8,000円を増額しており、歳出では総務費でレッドクリフ市への中学生派遣事業経費137万8,000円を増額しております。

 議案第50号は、平成19年度小型自動車競走事業特別会計補正予算であります。

 今回の補正は、平成18年度の決算見込みにおいて歳入が歳出に対して不足する見込みでありますので、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、平成19年度の歳入を繰り上げてこれに充てようとするものです。歳入歳出とも9億8,200万円を追加し、予算総額は136億2,937万3,000円となりました。歳入では、諸収入で雑入9億8,200万円を新たに計上しており、歳出では、前年度繰上充用金で平成18年度の歳入歳出差引不足額に充てるため、9億8,200万円を新たに計上しております。

 議案第51号は、報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定であります。

 改正の内容は、「国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律」の施行に伴う所要の改正であり、選挙長、投票管理者、投票立会人等の報酬を引き下げるものです。

 議案第52号は、行政財産使用料徴収条例及び市立学校施設使用料条例の一部を改正する条例の制定であります。

 改正の内容は、本条例において引用している地方自治法の条項が改正により繰り下げられたことに伴う所要の改正であります。

 承認第2号は、平成18年度一般会計補正予算に関する専決処分であります。

 今回の補正は、歳入では海岸保全施設整備事業債等において県より交付税措置のある市債の追加配分を受けたため、市債を950万円増額し、基金繰入金を950万円減額いたしました。歳出では、これら関連費目において財源更正をいたしました。また、歳入予算における市債の増額に伴い、地方債補正として借入限度額の変更をいたしました。

 承認第3号は、平成19年度一般会計補正予算に関する専決処分であります。

 今回の補正は、「小野田・楠清掃施設組合」が平成19年3月31日をもって解散したことによる債権債務の継承による補正であり、歳入歳出とも4,244万1,000円を追加し、予算総額は255億7,844万1,000円となりました。歳入では、諸収入で小野田・楠清掃施設組合清算金4,244万1,000円を増額し、歳出では、退職手当等の未払い金4,173万2,000円を増額するとともに、財政調整基金への積立金70万9,000円を増額いたしました。

 承認第4号及び承認第5号は、税条例及び都市計画税条例の一部改正に関する専決処分であります。

 いずれも地方税法の改正に伴う所要の改正であり、税条例では、住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置、地方たばこ税率の本則化、鉄軌道用地に係る評価方法の見直し等であり、都市計画税条例では、固定資産税の課税標準の特例に準じて改正を行ったものです。

 以上、提出いたしました諸議案につきその概要を御説明いたしましたが、なお、詳細にわたりましては、御質問に応じ、私及び関係参与から御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

(市長降壇)



○議長(大空軍治君) 市長の提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行いますが、質疑については1件ずつ行います。

 議案第49号平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第2回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) ちょっとお尋ねします。レッドクリフ市の中学生派遣事業についての補正ですが、山陽小野田市としてはこの中学生派遣事業をどういうふうな位置づけをされておるのか、まずお尋ねいたします。



○議長(大空軍治君) 野田部長。



◎企画政策部長(野田武廣君) それでは、お答えいたします。

 国際交流の一環として非常に重要な施策の一つだと思っています。中学生が海外へ行ってホームステイをして異なる文化に触れ合うということは大変有意義な事業だと、私どもは認識しております。

 以上。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) そうしますと、市としては国際交流のために市自体が責任を持ってやる事業だというふうに考えていいんですか。このお金は寄附によって賄われておりますが、この寄附は要するにあったときには行く、なかったときには行かんと、そういうふうな事業でしょうか。



○議長(大空軍治君) 野田部長。



◎企画政策部長(野田武廣君) 前回の3月議会ですか。それでも担当部長が「この事業は必要不可欠な事業だと思いますけど、財政状況が非常に厳しい」ということで、「隔年実施」という御約束をしていると思います。

 したがいまして、今年度は財政事情から中止のやむなきを得ましたが、来年度は実施するというような御約束をしていると思います。たまたま今年度、青年会議所の御尽力によりまして、市民の方々からたくさんの浄財が寄せられておりますので、市としてもこれだけ期待される事業であれば、寄附金をもって賄えますので、実施いたしましょうという決意をしたところでございます。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) やるということを決められたということですが、来年のことと、もう一つは事業主体がどこであるか。要するに、国際交流協会か、それとも小野田市が責任を持ってこういう事業に当たられているのか、その点お尋ねします。



○議長(大空軍治君) 野田部長。



◎企画政策部長(野田武廣君) 事業主体は小野田市でございます。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) これは山陽小野田市の事業ですので、お間違えのないようにしていただきたいんですが、はい。この事業が山陽小野田市の事業であるならば、中学生を派遣するのに随行員はどのような方が行かれる予定なのか、その点についてお尋ねいたします。



○議長(大空軍治君) 野田部長。



◎企画政策部長(野田武廣君) 青年会議所からの寄附金、相当集まっております。5月21日現在で150万相当の金額が集まっておりますが、JCからの強い要望によりまして、これは中学生のみの旅費、それの間接経費に使ってほしいと。随行者には使ってほしくないという御要望がございました。それによりまして、私どもは大変苦慮したところでございますが、それでは随行者をどうするかということでございますが、一応ボランティアという考え方で進めてまいりましたが、国際交流協会におきまして「旅費は面倒を見ましょう」ということで、ありがたい協会での御決議をいただいておりますので、旅費の方は国際交流協会から幾らか出していただけるという見通しがつきましたので、人選、ボランティアにつきましても国際交流協会の方が「協力いたしましょう」ということで、国際交流協会の方で人も経費も出していただけるという見通しが現在のところついております。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 非常に心配しておるんですが、派遣先で何かあったときに、そのボランティアの人に対応していただくというのは非常に難しい問題ではないかと思うんです。やはり市の事業として行うのであれば、市の何らかの任務を背負った、責任を持った人が当たるべきであると思うんですが、そういった対応策、緊急時のさまざまな用務をこなしていく、そういう任務がそのボランティアの人でできるんでしょうか。市がもっと、もしどうしても市として継続するというのであれば、そういう責任を持った人が行くべきであると思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(大空軍治君) 野田部長。



◎企画政策部長(野田武廣君) 私どもも大変苦慮しているところでございますが、ボランティアの人選につきましては、私どもも中に入って十二分に人物を見きわめたいと思っておりますし、保険等々も旅費の中に入っておりますので、事故等にはそれによって対応できると思いますし、人物的にも私どもがしっかり面接して、しかるべき人に行っていただきたいというふうに考えております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第50号平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第1回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) まず、収支の状況についてお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 大田所長。



◎公営競技事務所長(大田康博君) 現在までの収支でございますか。今のところ、場外発売につきましては、予想以上の順調な売り上げの経緯をたどっております。今後も非常に緊張感を持った対応をして、事故のないようにしてまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) 中島議員。



◆議員(中島好人君) ちょっと議長。私の今の質問に対して、きちんとした回答でないんで。要するに、全体の利益と支出と。だから、私が言いたいのは、その10億何がしあったのが、今度は9億8,200万となっているわけですから、その辺幾らがどういうふうな形でそこに9億8,200万なのかというところを知りたいので、全体のところの収支はどうなっておるかというのを聞きたいんで「頑張ります」という回答は要らないんです。



○議長(大空軍治君) 大田所長。質問者に的確に答えていただきますよう、よろしくお願いします。大田所長。



◎公営競技事務所長(大田康博君) どうも失礼しました。

 今年度、単年度収支におきましては、2,400万何がしの黒字部分があったということでございます。前年、17年度末の累積の赤字が10億560万何がしありましたので、この赤字部分を補てんしまして9億8,200万にしたということでございます。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) 中島議員。



◆議員(中島好人君) もっと聞きたかったのは、2,400万じゃなくて、それは、どういうふうな形で支出があって、そこに純粋に黒字がこうなんだというところの中身を知りたかったわけですけども、それはまた委員会の中でやっていただければというふうに思いますけども。

 もう一つは、そういう中の兼ね合いの中で、基金等を含めてこの利益配分についてお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) どなたが答えられますか。大田所長。



◎公営競技事務所長(大田康博君) 利益配分といいますと、済みませんが。



○議長(大空軍治君) 中島議員。



◆議員(中島好人君) 要するに、先ほどの1の質問と関連すると思うんですけども、全体の利益の中で、早い話が利益が上がったら基金等に積み上げるとか、何に使ったとか。それで、最終的にその2,400万をこの10億何ぼから減らして、9億8,200万と、こういうふうな形になったと思うんですが、その内訳、利益の内訳がどういうふうに基金等も含めてどういう形になっているのかという質問なんですけども。



○議長(大空軍治君) 大田所長。



◎公営競技事務所長(大田康博君) 全体の今基金の全体の収支につきましては、一応まとめておりますが、まだ要するに原資に至っておりません。いろいろリース料の返済とか、それから累積赤字の返済とか、そういうものにまだたくさんの課題が残っておりまして、一応私はこれから関係部署、それから関係機関と相談しまして、今後のそれらの全体の累積赤字等の解消に努めてまいりたいと思っております。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第51号山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第52号山陽小野田市行政財産使用料徴収条例及び山陽小野田市立学校施設使用料条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 承認第2号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第7回)に関する専決処分について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 承認第3号平成19年度山陽小野田市一般会計補正予算(第1回)に関する専決処分について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 承認第4号山陽小野田市税条例の一部改正に関する専決処分について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 承認第5号山陽小野田市都市計画税条例の一部改正に関する専決処分について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 以上をもって、議題となっております議案4件及び承認4件に対する質疑を終わります。

 これらの議案等は、お手元に配付してあります付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会へ付託いたします。委員会におかれましては、十分なる御審査をお願いいたします。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 ここで、これからの日程を申し上げます。本日、本会議終了後、建設及び環境経済の常任委員会を、明日23日は総務文教常任委員会を開催いたしますので、付託案件の御審査をお願いいたします。

 また、5月24日は午前10時から本会議を開き、付託案件に対する委員長報告並びに質疑、討論、採決を行いますので、御参集をお願いいたします。

 本日はこれにて散会いたします。お疲れでございました。

────────────

午前10時28分散会

────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。




  平成19年5月22日

   議  長   大 空 軍 治

   署名議員   岡 田   事

   署名議員   尾 山 信 義