議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 山陽小野田市

平成 19年 2月定例会(第1回) 03月27日−08号




平成 19年 2月定例会(第1回) − 03月27日−08号









平成 19年 2月定例会(第1回)



平成19年
山陽小野田市議会(第1回定例会)会議録
平成19年3月27日     午前10時00分 開議

議員定数 (27名)
 現員数     (27名)
 出席議員 (27名)
     議 長  大 空 軍 治 君
     副議長  硯 谷 篤 史 君
     議 員  伊 藤   武 君
     議 員  伊 藤   實 君
     議 員  岩 本 信 子 君
     議 員  衛 藤 弘 光 君
     議 員  江 本 郁 夫 君
     議 員  岡 田   事 君
     議 員  小 野   泰 君
     議 員  尾 山 信 義 君
     議 員  河 野 朋 子 君
     議 員  川 村 博 通 君
     議 員  河 村 雅 伸 君
     議 員  佐井木 勝 治 君
     議 員  佐 村 征三郎 君
     議 員  ? 松 秀 樹 君
     議 員  千々松 武 博 君
     議 員  津 野 啓 子 君
     議 員  中 島 好 人 君
     議 員  中 元   稔 君
     議 員  二 歩 材 臣 君
     議 員  福 田 勝 政 君
     議 員  正 村 昌 三 君
     議 員  三 浦 英 統 君
     議 員  山 田 伸 幸 君
     議 員  好 川 桂 司 君
     議 員  吉 永 美 子 君

 欠席議員 ( 0名)

事務局職員出席者
 局     長  尾 原 勇 次 君
 次     長  川 上 賢 誠 君
 主査兼議事係長  清 水   保 君
 調 査 係 長  西 田   実 君
 主     任  玉 田 拓 男 君
 書     記  大 井 康 司 君
 
説明のため出席した者
 市     長  白 井 博 文 君
 助     役  篠 原 宣 行 君
 総 務 部 長  笹 木 慶 之 君
 総務部次長    市 村 雄二郎 君
 企画政策部長   尾 崎 謙 造 君
 企画政策部次長  江 本 勝 一 君
 市民福祉部長   金 光 康 資 君
 市民福祉部次長  大 田 博 美 君
 市民福祉部次長  松 野 清 和 君
 環境経済部長   横 田 信 夫 君
 環境経済部次長  河 崎 平 男 君
 建設部長     福 重   亨 君
 建設部次長    西 村   明 君
 市長公室長    山 縣   始 君
 監理室長     西 村 勝 正 君
 山陽総合事務所長 村 上 俊 三 君
 公営競技事務所長 安 田 克 己 君
 病院事業管理者  河 合 伸 也 君
 病院局次長    山 根 雅 敏 君
 教育長      江 澤 正 思 君
 教育部長     加 藤 佳 雄 君
 水道事業管理者  山 縣 武 士 君
 水道局副局長   野 村 宗 司 君
 消防長      中 里 裕 典 君
 消防本部次長   安 部   学 君
 監査委員     白 川 英 夫 君
 監査委員事務局長 野 田 武 廣 君

本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 議案第20号、議案第32号から議案第34号まで、議案第40号及び議案第42号から議案第44号まで並びに請願第1号の9件について委員長報告、質疑、討論、採決
(総務文教常任委員長報告)
議案第20号 平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算について
議案第32号 山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定について
議案第33号 山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について
議案第34号 山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
議案第40号 字の区域の変更について
議案第42号 山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定について
議案第43号 山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第44号 山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
請願第1号 公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願
日程第3 議案第14号、議案第19号、議案第22号から議案第24号まで、議案第29号、議案第35号、議案第37号、議案第38号及び議案第41号の10件について委員長報告、質疑、討論、採決
(民生福祉常任委員長報告)
議案第14号 市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について
議案第19号 平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別会計予算について
議案第22号 平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算について
議案第23号 平成19年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について
議案第24号 平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算について
議案第29号 平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について
議案第35号 山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
議案第37号 山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について
議案第38号 山陽小野田市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
議案第41号 山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する規約の変更について
日程第4 議案第21号、議案第26号、議案第27号、議案第30号及び議案第31号の5件について委員長報告、質疑、討論、採決
(建設常任委員長報告)
議案第21号 平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について
議案第26号 平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について
議案第27号 平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算について
議案第30号 平成19年度山陽小野田市水道事業会計予算について
議案第31号 平成19年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算について
日程第5 議案第25号、議案第28号、議案第39号及び議案第45号から議案第48号までの7件について委員長報告、質疑、討論、採決
(環境経済常任委員長報告)
議案第25号 平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算について 
議案第28号 平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算について
議案第39号 山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第45号 小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議について
議案第46号 小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う事務の承継に関する協議について
議案第47号 小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う財産処分に関する協議について
議案第48号 山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定について
日程第6 議案第18号の1件について委員長報告、質疑、討論、採決
(総務文教常任委員長報告)
(民生福祉常任委員長報告)
(建  設常任委員長報告)
(環境経済常任委員長報告)
議案第18号 平成19年度山陽小野田市一般会計予算について
 日程第7 議案第36号についての閉会中の継続審査について
議案第36号 山陽小野田市敬老祝金支給条例の停止に関する条例の制定について(平成19年3月7日 民生福祉常任委員会付託)
 日程第8 閉会中の調査事項について


────────────

午前10時開会

────────────



○議長(大空軍治君) 皆さんおはようございます。ただいまの出席議員数は27名で、会議定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付してありますとおり進めてまいります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において岩本議員、小野議員を指名いたします。

────────────



△日程第2議案第20号・第32号〜第

      34号・第40号・第42号

      〜第44号・請願第1号 

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第2、議案第20号平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算について、議案第32号山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定についてから議案第34号山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてまでの3件、議案第40号字の区域の変更について、議案第42号山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第44号山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまでの3件、以上、議案8件及び請願第1号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願の請願1件、計9件を一括議題といたします。

 本件に対し、総務文教常任委員長の報告を求めます。中元委員長。

(中元 稔君登壇)



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 皆さんおはようございます。初めに、25日に起きました石川県能登半島地震で被災されました多くの方々にお見舞いを申し上げます。3年前に起きた新潟県中越地震では、尾山議員、好川議員や市民の方々とボランティア隊を結成し、小千谷市において、余震の中、温かいうどんの提供などボランティア活動を行ったことを思い出しました。改めて地震の怖さを痛感するものです。早い復興を心より願うものでございます。

 それでは、委員長報告をします。

 去る3月7日の本会議において、議長から付託されました議案8件及び2月28日に付託されました請願1件について、3月15日、16日に委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重に審査しましたので、その結果と概要を御報告いたします。

 まず、議案第20号は、平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算についてであります。

 質疑の中で、「歳入の財産貸付収入について昨年と変動があったのか」との質問があり、「厚狭警察署について定額で貸し付けていたが、普通財産の貸付基準に基づき算定した結果、貸付料が上がった」との答弁がありました。

 また、「土地特会が持っている土地の数と金額はどのくらいか」との質問には、「平成17年度末であるが、30件で、取得金額として11億9,113万1,269円である」との答弁がありました。

 また、「売却見込みのある物件はあるか」との質問があり、「7つの用地、面積1万1,799.50m2について、平成19年度というわけではないが、売却していく予定にしている」との答弁がありました。

 それに対し、「目的が明確になっているもの以外の土地については、なるべく早く処分していただきたい」との意見がありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第32号は、山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定についてであります。

 地方自治法の改正により、副市町村長の定数は条例で定めることとなったので、本市の副市長の定数を1人とするため、条例を新たに制定するものであるとのことでありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第33号は、山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 今回の改正は、本市の財政が大変厳しい状況にあることから、芸術顧問の報酬を20%減額するもので、施行日は平成19年4月1日とするものであることでありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第34号は、山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 改正の内容は、電柱等の使用料の算出根拠を行政財産使用料徴収条例に明記することと自動販売機設置の使用料の最低基準単価を250円にすることであるとのことでありました。

 質疑の中で、「自動販売機について見直したことにより、どのぐらいの使用料の増となるのか」との質問があり、「年間約30万円である」との答弁がありました。

 また、「自動販売機設置の事業所の見直しはするのか」との質問には、「慎重に協議した結果、まず使用料の徴収をしようということを決定した。次に、設置者の選定については、既存の場所については既得権ということで現行どおりとし、新しく申請があった場合は公共的団体を優先する」との答弁がありました。

 また、「既存のところについても見直す必要がある」との意見には、「今後、さらに検討していきたい」との答弁がありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第40号は、字の区域の変更についてであります。

 平成17年度の地籍調査を実施した結果、字の区域の変更を行うもので、変更を要する土地は、耕地番34筆、山地番158筆であるとのことのでありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第42号は、山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 今回の改正は、来年4月1日から債権の調査及び徴収に関する業務を行う「債権特別対策室」を新たに設けるための改正で、「債権特別対策室」において、現在各部署で個別に取り組んでいる滞納整理業務を一元化し、滞納整理体制の強化・連携を図るものであるとのことでありました。

 また、具体的な流れは、1年以上の長期滞納者を対象に、各担当者から情報を収集し、有効な徴収につながると思われるものをピックアップし、「債権特別対策室」に引き継ぎ、滞納者に対し差し押さえ予告を行い、意思表示のない滞納者に差し押さえを実施するということになるとのことでありました。

 質疑の中で、「債権特別対策室の体制はどのようになるのか」との質問があり、「副市長の直結としているが、室のトップは室長として部次長級、その他職員2名、県税OB職員1名、県警OB1名を考えている」との答弁がありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第43号は、山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 今回の改正は、休息時間について、国が昨年7月に廃止したことに伴い、本年4月1日から県と同様に本市も廃止するものであり、職員の勤務時間は、8時30分から12時15分までが午前の勤務時間、13時から17時15分までが午後の勤務時間となり、労働基準法に定める休憩時間は12時15分から13時までの45分であるとのことでありました。

 また、育児を行う職員で時差出勤のできるものに、少子化対策の一環として、小学校に就学している子のある職員で規則で定めるものを加えるものであり、規則で定めるものとは、児童クラブ等への児童の迎えが考えられるとのことでありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第44号は、山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 今回の改正の主なものは、退職手当の額に新たに調整額を加算することになったこと及び在職年数に係る支給月数のフラット化を図ったことで、国の基準に準じ改正するものであるとのことでありました。

 質疑の中で、「能力主義ということで方向転換をしており、いい方向だと思うが、その考え方も入っているのか」との質問があり、「国においては評価制度の導入を試行しており、退職金制度についても年功序列型から貢献度重視型に変わってきているので、そのあたりも加味されていると考える」との答弁がありました。

 また、「改正しなければ、退職手当債を借りられないということはあるのか」との質問には、「退職手当債の借り入れの条件である」との答弁がありました。

 慎重審査の結果、賛成多数で原案可決いたしました。

 次に、請願第1号は、公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願であります。

 審査の中で、「公共サービス改革法が施行され、民間も一緒になってやっていかなければならない。サービスが下がると書いてあるが、そうは思わない」という意見や「それぞれが担っている役割を総点検し、民間にゆだねられるものはゆだね、行政の資質を高め、行政サービスをさらに向上させていくべきだと思う。国においても、また本市の行財政改革プランにおいても、そのような流れであるので、反対である」という意見や「時代の流れに逆行することであり、反対である」との意見がありました。

 慎重審査の結果、賛成はなく、不採択といたしました。

 以上であります。議員各位の御審議のほどよろしくお願いします。

(中元 稔君降壇)



○議長(大空軍治君) 総務文教常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては1件ずつ行います。

 議案第20号平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第20号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第32号山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第32号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第33号山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) この問題は、芸術顧問の俗に言う賃金を下げるんですが、芸術顧問が自主財源をどういうふうに使われるのか、その自主財源が幾らぐらいか検討されましたか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) そういう内容での審査はしておりません。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) 僕の感じとしますと、一般教育の中に300万というのが自主財源ではないかと思うんですよ。それで、芸術顧問が192万というふうに載っていますが、そういう問題ではひっかかりはありませんでしたか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 今回の条例の改正については20%の減額ということで、その芸術顧問のあり方等についての審査はありませんでした。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。津野議員。



◆議員(津野啓子君) 昨年の予算のときでも、芸術監督のあり方、やはりここは要るのか要らないかということも少し出ました。そういう議論はされましたでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 行っておりません。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第33号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第34号山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。衛藤議員。



◆議員(衛藤弘光君) 委員長にお聞きします。自動販売機の設置の使用料ですが、m2当たり最低基準価格250円となっておりますが、最高価格は幾らとか、そういう質疑はありましたか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 最高額の金額については、その説明の中では聞いておりません。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第34号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第40号字の区域の変更について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第40号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第42号山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回の債権をわかりやすく言えば取り立てていくという、そういう特別チームをつくるということなんですが、今、市中ではこの問題に対して多くの人が生活に困窮をした中で、市からもさらに取り立てられるのかということで、非常に不安が広がっているところですが、そういった審議はあったでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 今回のこの「債権特別対策室」というか、条例の改正でございますけど、悪質な滞納者について対応するということで説明を受けております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) それでは、悪質ということに対する定義については、どのような審議がされたでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 具体的な流れとしてはということで、1年以上の長期滞納者が原則として対象になり、その中で悪質という定義、非常に難しい問題もあろうかと思いますが、個々について対策室で対応するというふうに説明を受けております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) この問題を考えるときに、私もよく相談を受けますが、ボタンのかけ違え、事務当局と当人との間でのいさかい、そういったことから、「もう払わない」と言い切ってしまう、そういうことが随分聞かれております。そういった意味で、もっと懇切丁寧に、この債権対策チームとは別に、そういう仲介をするような相談業務も必要だと思うんですが、そういった審議はなかったでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 基本的な徴収業務については担当課で行うということで、従前どおりでございますし、今言われたことはもうごもっともだと思いますので、その辺は執行部についても対応をよろしくお願いします。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第42号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議がありますので起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第43号山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほど、勤務時間について、午前中の勤務時間が8時30分から12時15分ということでしたが、現行は12時で休憩に入っておりますが、その点については何か違いが出てきたんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 大きな違いはないと思いますが、国が7月に廃止したことに伴い、当市もそれに対応するということで、実働勤務時間はこの時間数で8時間となっております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) それでは、これまでが12時には休憩に入っておりましたので、7時間45分という勤務時間だったわけでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) その点の審議はありませんでした。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第43号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第44号山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第44号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 請願第1号公共サービスの安易な民間開放に反対し、国民生活の「安心・安全」の確立を求める請願について質疑を行います。御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) 請願の事項でありますけれども、入札する業者に対して、事業の質の確保をいかに図るか、また明らかにさせるということがありますけれども、この点についての審議状況についてお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) その辺は皆様各自で非常に審査されたと思いますが、委員会の中ではそういう質疑はありませんでした。



○議長(大空軍治君) 中島議員。



◆議員(中島好人君) あわせて、雇用するこの労働者が自立して生活できる賃金を保障させるよう求めると、国に対して求めると、こういった請願の趣旨なんですけれども、その点についての審議内容についてお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 慎重に審査した結果、そういうような個別の内容についての質疑はありませんでした。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより請願第1号について採決いたします。本件に対する委員長報告は不採択であります。したがって、原案について採決いたします。請願第1号を採択することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立少数であります。よって、本件は不採択とすることに決定いたしました。

────────────



△日程第3議案第14号・第19号・第

      22号〜第24号・第29号・

      第35号・第37号・第38号・

      第41号 

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第3、議案第14号市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について、議案第19号平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別会計予算について、議案第22号平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算についてから議案第24号平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算についてまでの3件、議案第29号平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について、議案第35号山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、議案第37号山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について、議案第38号山陽小野田市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について、議案第41号山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する規約の変更について、以上、議案10件を一括議題といたします。

 本件に対し、民生福祉常任委員長の報告を求めます。津野委員長。

(津野啓子君登壇)



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) おはようございます。去る2月28日及び3月7日の本会議におきまして、議長より当委員会に付託されました議案10件について、3月15、16の両日、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告いたします。

 なお、初めにお断りしておきますが、病院会計予算及び特別会計予算につきましては、各担当課より予算説明書に沿ってそれぞれ細目にわたり説明を受けました。本報告におきましては、委員会審査における主な質疑応答を中心に報告させていただきます。

 それでは、初めに議案第14号市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法についてです。

 なお、当議案につきましては、3月2日及び3月16日の2日にわたり審査いたしましたことを付言しておきます。

 執行部より、「厚狭地区の10自治会を従来どおりの街区方式により実施するもので、昨年の8月4日に開催された住居表示審議会において承認をいただいた区域」との説明を受け、「強引なやり方があったのではという質問があったが、そのあたりの経緯について」との質疑があり、「担当課として、年度内に実施するということに対する焦りとか積極的な姿勢が、行政の押しつけと受けとめられたかもしれません。謙虚に反省しております」との答弁がございました。

 また、「反対される方々の理由について」との質疑があり、「大字のままでよいというのと区域分けに反対である」との答弁がありました。

 また、「3月議会に出したということは、機は熟したという解釈でよいのか」と質疑があり、「9月の状況とは違うという認識をしており、議会の同意は得られると判断して上程させていただいた」との答弁がありました。

 また、「確認ですが、19年度は周知期間として設けると、それでは20年度はやる予定があるのか」との質疑があり、「住居表示を担当する課とすれば、当然予算要求をしていくつもりです」との答弁がありました。

 また、「民主主義のルールは多数決だが、一番大事なのは少数意見をいかに大切にするか、留保していくかということが民主主義の根幹でもあり、何でもかんでも多数決で決めるという物の言いようはおかしい」との意見がありました。

 採決に先立ち、「この事業をどんどん進めてくれという要望があるような形にしていただきたい」との討論があり、採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第19号平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別会計予算についてです。

 執行部より、「訪問看護利用者32名、居宅介護支援利用者36名で予算計上させていただいております」との説明を受け、「財政調整基金積立額の額について」との質疑があり、「今現在、総額で3,800万円強になります」との答弁がありました。

 また、「特別会計はやめたらどうかという点について検討されたか」との質疑があり、「病院で経営ができないか調べましたが、病院は市が設置していますのでできないということで、事業団とかを置いて委託すれば運営できますが、難しい」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第22号平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算についてです。

 執行部より、「今年度予算は歳入歳出とも73億6,019万6,000円になります」との説明を受け、「補正予算のとき、高齢者が多いから得をするという説明があったが、現状は」との質疑があり、「現在、1,500万円くらい拠出金の方が多い状況になっており、19年度については1,000万か2,000万円の赤字を見込んでいます。ただ、その赤字分については、県がある程度補てんしてくれるようになっています」との答弁がありました。

 また、「もっとアピールしてもよいのではないか、その辺について」との質疑があり、「19年度は、広報広聴課と調整を図って、広報に掲載したい」との答弁がありました。

 また「資格証明書の発行についての考え方について」との質疑があり、「500前後の方が対象で、交付しているのは50前後で、残りの450の方たちについても、きちんと財産調査等を行い、執行処分をして納めてもらいます」との答弁がございました。

 採決に先立ち、「昨年度と比べて3,000万円の減額は、国保料の値上げにつながるし、子どものいる世帯まで資格証明書を発行していくという状況の中では、賛成できない」との討論があり、採決の結果、賛成多数にて原案可決といたしました。

 次に、議案第23号平成19年度山陽小野田市介護保険特別会計予算についてであります。

 執行部より、「今年度予算は歳入歳出とも41億2,333万6,000円となりました」との説明を受け、「介護サービスにおける認定者と要支援の1、2の認定者の数について」との質疑があり、「現在、認定者数は2,568人で、平成19年度には2,700人程度になると予測しております。また、要支援1と2の方は、2,568人のうち643人です」との答弁がありました。

 また、「財政安定化基金拠出金について、赤字決算となった場合、借り入れ補てんできるという仕組みについて」との質疑があり、「3年に1回計画を立てて事業を行っており、このたびの拠出金の額は、平成18年度から平成20年度までを各市町村がこの計画による率に基づいて拠出金を出しているもので、ちなみに、山陽小野田市、また合併前の旧小野田市、旧山陽町につきましては、財政安定化基金からの借り入れはない」との答弁がありました。

 また、「ケアプラン作成委託料について、この作業は非常に多忙ということも聞いているが、現状について」との質疑があり、「地域包括支援センターの職員とサブセンター5カ所の職員でこの作業を行っているが、順調に推移しており、市民の方から苦情は今のところ出ていません」との答弁がありました。

 また、「配食委託サービス事業委託料の回数増について」との質疑があり、「月曜日から金曜日までふえたのは、対象者がふえたということで、昨年度に比べ300万円くらい上がっています」との答弁がありました。

 また、「債権特別対策室との連携について」との質疑があり、「滞納者の件数とかは出しております」との答弁がありました。

 また、「介護保険料の今の状況、人数とか収納率について」との質疑があり、「特別徴収と普通徴収があり、特別徴収は年金から引くので滞納はないが、普通徴収は滞納が発生する。各納期に納付がなかった場合、督促状を月に約400人の方に対して送付し、督促状を送付しても、まだ納付をされない方に対しては3月に催促状を発送します。収納率に関しては、普通徴収91%程度、特別徴収100%で、合わせて98%ぐらいになります」との答弁がありました。

 採決に先立ち、「介護保険料の減免、利用料の減免とか、利用しやすいようにすることが大事で、また、地域包括支援センターについても、プラン作成で手いっぱいで、高齢者の要望・相談にこたえる事業もなかなかできない状況があり、この予算に対して反対」との討論があり、採決の結果、賛成多数にて原案可決といたしました。

 次に、議案第24号平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算についてであります。

 執行部より、「今年度予算は歳入歳出とも85億3,401万2,000円となります」との説明を受け、採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第29号平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算についてです。

 執行部より、「山陽小野田市病院事業収支は1,403万3,000円の黒字を見込んでおり、両病院それぞれで見ると、小野田市民病院は3,477万5,000円の黒字、山陽市民病院は2,074万2,000円の赤字となっています。山陽市民病院の赤字は、特別繰り入れの減額もありますが、退職金絡みの医業外費用が原因しています」との説明を受け、「小野田の方は別として、山陽の方に3億という数字が真に現実的な数字となっているか」との質疑があり、「入院については今年度と同じような人数でやっていけると思っている。外来については200名ということで、整形外科は小野田市民病院でも1人の医師に対し患者数が多い科で、それも可能的な数字と思っております」との答弁がありました。

 また、「MRIの更新について、どれぐらいの耐用年数があるのか」と質疑があり、「6年と記憶している。今あるMRIを導入したのが平成3年で、耐用年数がかなり過ぎており、今あるMRIと新しく購入しているMRIではかなり精度が進み、1人にかかる時間が、今のは大体50分ぐらいかかるが、それが20分ぐらいで済むということで、年間3,000万円の新たな利益を生むということで導入を予定している」との答弁がありました。

 また、「山陽市民病院の不良債務の解消計画について」との質疑があり、「率直なところ、自助努力しても、病院自体には返済能力はない。ただ、厚狭地区の住民のことを考えれば、簡単に今引ける状態ではないと思っており、そのあたりが難しいところです」との答弁がありました。

 採決に先立ち、「『崖っぷち予算』の中、一般会計からの繰り入れも4分の1ということで大変厳しい中、局長を初め職員の皆さん方を信頼しています。どうかよろしくお願いして、賛成討論とします」との討論があり、採決の結果、全員賛成にて原案可決いたしました。

 次に、議案第35号山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 執行部より、「今回の改正理由は、国民健康保険法施行令の一部改正に伴い国民健康保険条例を改正するもので、改正内容の一つ目は、平成8年度から11年間引き上げがなかった保険料の基礎賦課限度額を平成19年度から現在の53万円を56万円に引き上げる内容で、これにより、介護保険分9万円を合わせると、最高限度額は65万円となります。二つ目は、他の国との脱税や二重課税を防止するために結ばれている租税条約適用分の利子所得及び配当所得等に関する賦課の特例が加えられたため、国保条例附則にこの2項を追加する内容です」との説明を受け、「対象者はどこから上になるのか、また世帯数については」との質疑があり、「4人世帯で御夫婦でお子様が2人おられる世帯では、年間所得については今の料率の8.7%で考えて507万円、給与収入で約700万円以上の方が対象で、世帯数は、限度額53万円を超えている世帯が230世帯、19年度については、料率によって若干変わるが、200世帯前後の世帯がこの限度額を超えると思われます」との答弁がありました。

 採決に先立ち、「全体的にも収入が占める割合が15%という状況の中で、負担増になるという理由で反対します」との討論があり、採決の結果、賛成多数にて原案可決いたしました。

 次に、議案第37号山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 執行部より、「今回の改正は、山陽市民病院の看護師等が平成18年度末に8人退職しますので、平成19年度からの病院局の職員の定数296人から288人に変更するものです」との説明を受け、「来年度何人かおられると思うが、その都度に定数を削減していくのか」との質疑があり、「借り入れの条件の一つとして職員定数の削減が求められているため条例を改正するもので、将来どういう体制になるかということも含めて、まだまだ若干余裕を持った数字を出させていただいています」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第38号山陽小野田市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてであります。

 執行部より、「今回の改正は、特別個室、普通個室及び2人室の使用料について、病室の面積、設備等を勘案し、両病院の均衡等を考慮し、金額の変更をしようとするものであります」との説明を受け、「改装費用について」との質疑があり、「総額1,600万円ぐらいになり、リースで対応しようと思っています」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決いたしました。

 最後に、議案第41号山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する規約の変更についてです。

 執行部より、「現在、小野田本山郵便局及び小野田本通南郵便局において、印鑑登録証明や戸籍抄本及び住民票の写しなどを交付する受け付け及び引き渡し業務をお願いしておりますが、平成19年3月31日で契約期間が満了となりますので、平成20年3月31日までに延長するものです」との説明を受け、「今回1年ということですか、何か特別な理由があるのか」との質疑があり、「ことしの10月1日に郵政民営化法が施行される関係で、ことしの10月1日から6カ月間はその取扱事務を猶予するということは決まっております。民営化の関係で、2年間のところを1年間に定めております」との答弁がありました。

 また、「ワンストップサービスの実績について」との質疑があり、「1月末現在で、本山郵便局が160件、本通南郵便局が80件です」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 以上で御報告を終わります。議員各位の慎重御審議のほどよろしくお願いいたします。

(津野啓子君降壇)



○議長(大空軍治君) 民生福祉常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては1件ずつ行います。

 議案第14号市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 確認をしておきたいんですが、この当該区域内の住民の方々の理解は得られたんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 説明に行かれまして、3名の方が反対があるように報告されております。1人の方は「このままでよい」、あと2人の方が「区域分けを少し考えてほしい」という意見があったように聞いております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) じゃ、これがこのままいけば、その3名の方はどのように対応されようとしているのか、市側の対応方法についてどのような議論がされたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 「行政として、一人一人の意見を尊重することは大変ですが、多くの方々が要望していることを聞かないということもできない」と、「強い反対が一部にあることは理解しておるが、今後も啓発、戸別訪問等を実施して、広報に啓発活動を掲載し、時間をかけて皆様の理解と協力を得る努力をしてまいる」という答弁をいただいております。(発言する者あり)



○議長(大空軍治君) 傍聴者は静かに。

 ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。伊藤武議員。

(伊藤 武君登壇)



◆議員(伊藤武君) 議案第14号市街地の区域及び当該区域における住居表示の方法についてで、反対の立場で討論に参加をさせていただきます。

 この議案が上程されて以来、そのときも質疑をさせていただきましたし、一般質問の中でもいろいろと質疑をさせていただきました。「3名の方が反対である」という話がいろいろされるわけでありますが、基本的に住居表示に反対されている方は一人もおられないと私は認識しちょります。

 ただ、私の一般質問を受けまして新聞報道されましたから、それ以降、多くの方からお電話をいただきまして、この問題、相当の方がやっぱり心の中にわだかまりを持っておられるなと、こういうふうな感じを強くいたしております。

 この住居表示、人でいえば、顔が変わるだけであります。心は変わりません。言われますように、自治会の名前も変わるわけじゃありませんし、土地の地番が変わるわけでもありません。しかし、顔の形が変わるということは、やっぱり大切なことであります。だからこそ、化粧もしますし、整形手術もするわけであります。じゃから、この住居表示そのものを反対されている方はないわけでありますが、残念なことに、進め方について賛同が得られていない。こういう状況であろうというふうに思います。

 審議会の話も出ました。審議会に上げる前に、もっと地域住民の意見でこういうふうにしたい、ああいうふうにしたいということが、まず地域住民に表示されて、そして審議会で、これこれこういう意見があるがどうだろうかという審議会がされて、議案が上程され、進めるという順番が一番大切ではなかろうかというふうに思います。

 とりわけ、この市街地区域実施に対しては、18年度の予算執行でございますが、御案内のとおり、本議会でも論議されていますが、「崖っぷち予算」でありますから、当然300万円弱のお金ではありますが、貴重なお金であります。そんなに急いでやらなきゃならないことでもないわけであります。

 そういう点からいきましても、ぜひ、このことに対しては執行しないことこそ正しいんではないだろうか。担当の委員会でも十分審議をしていただきましたし、全員賛成でありますから、小さなことという意味からいきますと、私が反対するのは非常に大人げないというふうな部分もありますが、一議員として、少しでもやっぱり疑義を感じることは、やっぱり反対は反対であるという態度を表明したいと、そういう気持ちが強くございましたので、反対という立場をとらせていただくということでございます。討論を終わります。

(伊藤 武議員降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって討論を終わります。

 これより議案第14号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、反対討論がありましたので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第19号平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第19号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第22号平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回の予算を見ていきますと、一般会計の繰り入れが減額をされておりますが、その理由についてどのような審議がされたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 一般財源からのマイナス分につきましては、財源調整を行った結果、このようなマイナスになったということで、普通はないということですが、国民健康保険の会計というのは、一般の医療、そして退職に関係するもの、そしてもう一つ、介護保険に関するもの、この3つが合わさっておりますのが国民健康保険ですので、なかなか最終的に財源内訳についても予算調整して配当しますので、結果的にはこれが発生しました。

 こういうケースはめったにないことではありますが、基金からたくさん繰り入れていますので、繰越金も最初から予算計上しておりますが、結果的にこうなりました。もしも、これを繰入金、基金もゼロということになると、こういうことは発生しませんということの説明を受けております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回の一般会計の繰り入れの減額は、国による財源調整、地方交付税への、補助金から地方交付税への振りかえというふうに私は判断をしておりますが、それがなければ、今回の保険料引き上げの予算とはならなかったように思うんですが、そういった議論はなかったでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 保険料引き上げの議論は出ました。ですから、国民健康保険がいかに大事かということを広報とかを通じて市民の方に知らせていくようにアピールすべきではないかという議論をしております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) それともう一点、大切な問題ですが、資格証明書の問題です。以前、私も一般質問で取り上げてまいりましたが、全国的にも重症化するということが上げられています。資格証明書によって、結果として、お医者にかかれない。そういった問題がこの山陽小野田市でも随分発生しておりますが、その点についてはどのような審議がされたでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 資格証明書の発行につきましては、この4月から「債権特別対策室」が設置されますので、悪質な滞納者の方の生活状況の把握、そのところをきちんと精査していくと思っております。

 今、500前後の方が資格証明の対象になっておりますが、実際に交付したのは50ということでやっております。また、生活基準以下の生活をされている方でも、市役所の方に行く間がないという方もいらっしゃいますし、また来る気のない方もいらっしゃるようでございますから、市の方に相談に来られて、そして財産処分なりして、保険料を払っていただくか、また、そのことが資格証明書の発行につながらないということで、なるべく納めていただくような努力をするということです。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。山田議員。

(山田伸幸君登壇)



◎議員(山田伸幸君) 議案第22号平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算について、日本共産党市会議員団を代表して、反対討論を行います。

 国民健康保険は、社会保障の一環として、国民皆保険の最後のとりでであり、多くの困窮する市民が加入し、保険料が高過ぎることから滞納が広がっています。この間、さまざまな努力によって、保険料を低く抑える努力が重ねられてまいりました。

 しかし、今回提案された予算では、大幅な保険料の引き上げが前提となっています。基金を取り崩す方向で一定の努力が行われていますが、これ以上の保険料引き上げは、市民の暮らしに打撃を与えることになります。小泉内閣の悪政による低所得層への増税は、市民生活にも大きな影響を与えてきていますが、国民健康保険料の値上げは、さらなる負担となってしまいます。

 保険料引き上げの大きな原因の一つが、一般会計からの繰入金3,000万円もの減額です。政府は、国保の財政安定化事業への補助金を一般財源化するという名目のもと、地方交付税へ振りかえをしたといいますが、実際には地方交付税全体を縮小してしまい、歳入欠陥をつくり出しております。その結果、国民健康保険料の負担は、市民生活に重くのしかかっています。現在の保険料でさえ、4人家族で28万円の所得でも、介護保険料を含め42万円にもなります。

 高過ぎる保険料は滞納世帯を多くつくり出し、山陽小野田市は、国民健康保険証の事実上の取り上げを行っています。その数は、17年度が492世帯、18年度453世帯に上っています。保険証の取り上げは、医者にかかれず、重症になる事態が続発しています。

 しかし、多くの自治体で、特別の事情の範囲を広げ、保険証の取り上げを抑えています。特に、子どものいる世帯には資格証明書を発行しない自治体がふえていますが、山陽小野田市は、子どもがいても、負担の公平を理由に発行を続けています。社会的弱者や経済的配慮が必要な世帯に対する配慮が足りません。

 また、問題が多く指摘されている後期高齢者保険制度移行への予算が組み込まれていることにより、本予算案に反対をいたします。

(山田伸幸君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって討論を終わります。

 これより議案第22号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第23号平成19年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 利用料の減免制度のことなんですが、減免制度が今後も引き続き実施されていくのかどうなのか、その点についてお答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 利用料の減免措置のことについては審議しておりません。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第23号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第24号平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第24号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第29号平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 一般会計からの繰入金の減額について、これはどのように対処されようとしているのか、その点についてどのような審議があったのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 一般会計からの4分の1の繰入金につきましては、今の状況では残りについては出せないということで、年度末までには入ってくるという希望を持っていらっしゃいます。そういう論議しかありませんでした。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 採算見通しのことなんですが、再建計画中の山陽市民病院の側が、赤字の予算を最初から提案をして、再建計画を事実上放棄するというふうな中身になってきているわけですが、その点については、委員会ではどのような審議となったんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) その赤字の原因を繰入金の減額とそして退職者の増加、8人分退職者がふえているということの説明を受けておりますが、やはりこの赤字も、希望的に頑張っているという形で、今、赤字赤字ということはあんまり言っておりません。ですが、やはり患者さんを少しでもふやして、収益を上げていこうという希望を多く持っていらっしゃるような審議しかしておりません。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。山田議員。

(山田伸幸君登壇)



◆議員(山田伸幸君) 議案第29号平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について、賛成の討論を行います。

 病院事業会計、特に山陽市民病院をめぐって一般質問でも取り上げ、市財政の大きな課題を抱えることについては、幾度も指摘をしてまいりました。

 今回、一般会計予算において特別繰り入れが減額されていることは、本来あってはならないことであります。しかし、山陽市民病院の関係者は懸命の努力を続けております。残念ながら、財政健全化計画は破綻状態であることは明らかでありますが、健全化の達成は、何より優先して取り組むべき課題であります。

 病院関係者の健全化への努力を最後まで貫いてほしいことを強く要望して、賛成討論といたします。

(山田伸幸君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって討論を終わります。

 これより議案第29号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第35号山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第35号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第37号山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第37号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第38号山陽小野田市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第38号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第41号山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する規約の変更について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第41号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第4議案第21号・第26号・第

      27号・第30号・第31号 

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第4、議案第21号平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について、議案第26号平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について、議案第27号平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算について、議案第30号平成19年度山陽小野田市水道事業会計予算について、議案第31号平成19年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算について、以上、議案5件を一括議題といたします。

 本件に対し、建設常任委員長の報告を求めます。三浦委員長。

(三浦英統君登壇)



◎建設常任委員長(三浦英統君) おはようございます。去る3月7日の本会議におきまして、議長から建設常任委員会に付託されました5議案を3月19日、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査をいたしましたので、その審査の結果と概要について御報告いたします。

 なお、19日に建設担当部署の山陽小野田市内の現地を視察いたしましたので報告しておきます。

 まず、議案第21号平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算についてであります。

 「歳出ですが、人件費を平成19年度から職員1名分を計上しています。機械器具借上料につきましては、全自動駐車場料金システムのリプレースを計画しており、その機器のリース料です。」

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「一般質問にもありましたが、職員1名が計上されているが、現地に置くのではなく、庁舎にいて管理をするのか」という質問に対して、「現地に職員を置くのではなく、駐車場を管理する事務が発生しているので、人件費があってもよいのではないかと思い、また、一般会計の財政も厳しいので、1名分計上したところです」との回答です。

 「管理委託料の管理ですが、毎年、入札で更新するのか」との質問に対して、「毎年、FDKライフテックより見積もりを徴集して、随意契約により委託をしています」との回答です。

 「人件費の計上で年間約1,000万近くかかり、繰越金が約2,700万円ありますが、本年は1,600円になります。今後、人件費の計上が続けば赤字経営となるが、この対策についてどのように検討されたか」との質問に対して、「今後、人件費を毎年1名計上すれば、いつかの時点で赤字となる。財政サイドと協議をしましたが、現状ではどうするかとの考えはないようです。今後、検討をさせてほしいということで、現時点での結論は出ていません」との回答です。

 「リースの件ですが、以前の委員会では機器の購入を進めると言っていたが、今回リースにした理由と、今後購入するのとリースにするのとの比較についての検討結果は」との質問に対して、「機器の購入は2,000万円ないし3,000万円とがありますが、このような説明をしてまいりましたが、購入を考えていたが、リースについて宇部市さんが行っていると聞きましたので、一度に何千万円出すのは厳しいので、リースで毎年その分を償還した方がいいのではないかということで、リースにしました」との回答です。

 「管理先とリース会社が同一になれば、安くなるのではないか」との質問に対して、「リース料でもうけるから管理委託料が安くなるとか、また逆のケースもあります。いろいろな方式がありますが、一番有利な方法で契約がしたいと思っています」との回答です。

 「機械器具のリースについては入札と思うが、県内業者か県外業者か」との質問に対して、「メーカーは県内にありません。代理店及び営業所はあります。製造メーカーで見積もりをとる際に、県内に代理店があるところにしたい。契約については、メーカーではなく、クレジット会社との契約となります。メンテナンスは、保守点検の会社と契約ですが、6年間のリース料とランニングコストを含めて安いところと契約したい」との回答です。

 「新幹線の利用をふやすためには、料金の安い方がよいと思うが、利用の促進と料金を安くするということについてどのような考え方か」との質問に対して、「駐車場は毎年償還をしていますが、償還金がある間は現行のままでいきたい。30年まで償還がありますので、終われば検討したい」との回答です。

 以上、慎重審査の結果、全員賛成で原案可決されました。

 次に、議案第26号平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算の概要について御報告いたします。

 執行部からの説明でありますが、「平成19年度の整備状況は、認可区域面積は1,507.45haで、若沖処理区973.45ha、山陽処理区534ha、処理区域内人口が2万9,984人となり、人口普及率は44.7%で、若沖処理区49.2%、山陽処理区35.7%を予定しています。また、汚水管整備は1,810m、整備面積7.77haとし、普及率44.7%を予定しています。」

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「毎年1%以上の普及率のアップを目標としてきたが、工事費が大幅に減額されている中で、17年度決算で43.1%、新年度予算で44.7%ということですが、50%へ向けての修正が要るのではないかと思うが」との質問に対して、「平成26年度まで普及率を50%以上の目標が新市の建設計画でありましたが、18年度末が44.4%の見込みですので、新年度の普及率は0.3%増を考えていますが、現在の財政状況では、26年度までの50%以上は厳しいものと思う。新市で総合計画が検討されていますが、この中で今後検討していきたいと思います」との回答です。

 「公共下水道は普及率をとめて、合併浄化槽を推進していくという方法もある。総合計画で目標数値等をつくり、都市計画のマスタープランのように、総合計画をつくって実施計画に行くという流れの中で、数値目標をつくっていかなければいけないと思うが」との質問に対して、「この問題は、下水道だけでなく、汚水処理施設整備に関する問題や合併浄化槽、公共下水道、農業集落排水事業とかを含めたトータルの中で、整備をどうするかという計画を立てていかなければいけないと思います」との回答です。

 「水道事業との料金一元化について、水道事業との協議内容はどのような状況になっているか」との質問に対して、「19年に委員会を立ち上げをするよう協議しています。事務レベルや行政改革課も含めた協議をしていますが、電算システムが、水道が日立で、下水がNECとの違いがあり、統一するためには経費が2,000万円から3,000万円かかります」との回答です。

 「新年度は工事量も少ないが、枝管が少ないと収入減となる。実質公債費比率も上がらないと思うがどうか」との質問に対して、「新年度事業で枝管は2カ所しかありません。本管は来ているが、つながれないという現況であり、受益者負担金や使用料の増加は見込まれず、20年度は歳入が落ちてくると思います。本年は補助事業を4億円くらいしているが、半分は起債ですので、今後は枝線の面的整備を実施していかなければいけないのではないかと思っています。今後検討していきたい」との回答です。

 「未収金について、一般会計では債権対策室で対応するそうですが、下水道としての考え方、また、水道事業の場合は給水停止等の措置をとっているが、下水道としての考え方はどうか」との質問に対して、「職員が徴収に回るようにしています。また、シルバー人材センターに3名程度徴収を委託し、効果を上げている状況です。水道事業と一元化について協議をしていますが、まだ結論に至っていません。下水道には制裁措置がありませんが、水道局とタイアップすることで制裁措置が発生すると思うので、一元化について早急に協議したい」との回答です。

 「普及率を上げることについて、アパート、マンションがあるが、水道メーターが各戸についているが、埴生のマンションは各戸についていないと思うが、どのようになったか」との質問に対して、「水道メーターは1個しかついてなく、また、公共下水道にはつないでいません」との回答です。

 以上、慎重審査の結果、全員賛成で原案可決されました。

 次に、議案第27号平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算の概要について御報告いたします。

 「小野田西地区は、水洗化戸数489戸、水洗化率91.9%です。仁保の上地区は、水洗化戸数45戸、水洗化率95.7%です。福田地区は、水洗化戸数86戸、水洗化率96.6%です。」

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「施設の維持管理委託料の内訳と委託業者についてどのようになっているか」との質問に対して、「小野田西が654万450円、仁保の上が109万6,200円、福田が136万170円です。委託業者は、小野田西、仁保の上が小野田公衛社、福田が山陽清掃社です」との回答です。

 「この委託は随意契約ですか」という質問に対して、「去年までは随意契約でしたが、本年からは、小野田西やきららビーチ等、4セットで入札にかけています。1カ月は昨年の業者さんにお願いしていますが、残りの11カ月を他の部署、何カ所かの浄化槽を足して、監理室で入札をお願いしています」との回答です。

 「使用料が減額されているが、農業集落排水は戸数等決まっているが、どのような理由か」との質問に対して、「使用料の根拠は、処理場に入ってくる流入水を根拠としていますが、3地区とも過疎地区で、人員が減少している現状であります」との回答です。

 以上、慎重審査の結果、全員賛成で原案可決されました。

 次に、議案第30号平成19年度山陽小野田市水道事業予算の概要について御報告いたします。

 「業務の予定量は、現年度と比較しますと、給水戸数は2万6,932戸で550戸の減少であり、年間有収水量は、本年度の水需要が現年度と同程度で推移すると予測し、18年度補正予算の予定量と同量の883万5,000トン、有収率も同じく87.0%を予定しています。

 収益的収支の収入において、水道料金が減収となりますが、退職者増による退職給与金の財源として引当金を取り崩すほか、退職金の一般会計負担金などの増があり、総額は前年度に比べて3,543万6,000円の増額としています。

 一方、支出においては、修繕費、負担金、支払利息などが減となりますが、退職給与金を含む職員給与費、PCB処理費などの委託料の増などがあり、総額は前年度に比べて3,752万9,000円の増額としています。消費税処理後の損益は、146万6,000円の利益が生じ、年度末の未処分利益剰余金は363万9,000円を予定しています。」

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「小野田地区、山陽地区の水道料金ですが、合併協議のときに、何年か後に統一するということであったが、今後の考えはどうか」の質問に対して、「合併協議会では、当分の間、現行のままということにしていたが、新しい水道のビジョンができるので、これを機に、19年度に料金を統合していきたいと考えている。目途としては、9月ごろまでに素案を出して、12月議会に提案をしたいと考えており、施行は20年4月を予定しています。旧小野田市と旧山陽町は、平均使用量は変わらないが、使用水量が多くなると山陽側の料金が高くなる。小野田側は、使用水量が多くなると料金が安くなるということなので、ここらあたりの調整を図りながら検討する」との回答です。

 「実質公債費比率を下げるということで、国の方針として、利率が5%以上のものについては借換えを優先的に行うということであるので、5%以上のものがどのくらい残っているか」との質問に対して、「以前は、借換債においては条件が厳しく、該当外でしたが、今回国の示した借換えに関する件は19年度から始まるのですが、19年度、20年度の2年間についてということで限定されているようですが、資料の来るのが遅く、間に合いませんでしたので、20年度は検討していきたい。また、県の財政担当である市町課といろいろ折衝しております。財政課とも調整しながら、負担の少ないようにと考えています」との回答です。

 「簡易水道の繰り入れですが、債務負担行為を組み、第1回目が20年から返済されるようになっているが、新年度予算を見れば厳しい予算編成であり、次年度も厳しいようであるが、返済の見通しはどうか」との質問に対して、「今回の一般質問を聞いたところでは、20年度も厳しいかもしれないということで、水道事業としては、18年度決算、19年度の予算執行が終わった段階で財政状況をよく分析し、どのような形がよいか、その時点で判断をさせていただきたい」との回答です。

 「5年後には財政状況が改善されるというが、数字を出して、このような根拠ですからということを言ってもらわないとわからない。払わなくてはいけないものは払うべきと思うがどうか」との質問に対して、「3カ年という協定を結んでいますので、3年後は請求していきたいと思います。借用書はありませんが、議会の方で債務負担行為という議決を受けておりますので、それが借用書という解釈をしていますので、請求していきたい」との回答です。

 「水道料金の統一とか、今後値上げとかいうことになれば、この問題を片づけておかなければならない。これを片づけなければ次に進めないと思うがどうか」との質問に対して、「17年度で1,800万円、18年度で1,600万円、大体同じ金額が続き、5カ年で8,000万円、7年で1億円になると試算している」との回答です。

 「新たに水道を引くときは、水道局としては20mmで指導しているが、メーターは13mmとなっているのが多いと思うが、水の出が悪いのと料金に影響するが、今後の考え方は」との質問に対して、「新築の家は20mmで指導している。御指摘のとおり、メーターのところで13mmに落としているということは、昔は使用栓数が1世帯二、三栓でしたが、現在は10栓前後使用しているので、20mmを推薦しているところです。今後、料金の統合のときに統一したいと考えている」との回答です。

 「PCBの処理ですが、19年度に処理できるか」との質問に対して、「申し込みが18年2月の早期にということで登録していますが、回答待ちの状況です。現在、コンデンサーが9台です。鴨庄が4台で、高天原に5台です。全部登録済みであります」との回答です。

 「石綿管の更新はあとどのくらいあるか」との質問に対して、「3月時点で、山陽地区で5,301m、小野田地区で828mです。合計6,129mです。今後は、総合計画に沿って計画していますが、平成20年度から10年計画で行いたいと思います。旧山陽地区の埴生においては、国道の埋設が多くあり、交通量も多いので、国土交通省と協議しながら工事を進めてまいりたい」との回答です。

 「入札問題ですが、一般会計の方で検討されているが、どのように考えているか」との質問に対して、「監理室は5月ごろ検討するということですが、一般競争入札、指名競争入札にするか、監理室と調整中です。一応、条件つき一般競争入札にしたらどうかと検討中です。水道の場合は、維持管理や修繕等がありますので難しい問題があります」との回答です。

 以上、慎重審査の結果、全員賛成で原案可決されました。

 次に、議案第31号平成19年度工業用水道事業会計予算の概要について御報告いたします。

 「業務の予定量のうち、年間給水量はすべて責任契約水量であり、うるう年で1日分多い904万200トンを3事業所に給水しております。

 収益的収支の収入では、水道事業と同様に、引当金を戻し入れすることで額を確保することにして、総額は前年度に比べて47万6,000円の増額としています。

 一方、支出では、退職給与金がふえることから、動力費、負担金などを減として、総額は前年度と比べて231万3,000円の増額としています。消費税処理後の損益は59万2,000円の利益が生じ、年度末の未処分利益剰余金は316万4,000円となる予定です。」

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑でございますが、「毎年のように給水制限がありますが、その対策についてはどうか。また、企業の操業に支障があるのではないか」との質問に対して、「ダムの量が冬場に減少しており、冬場の渇水が問題となっている。ダムの容量も2,500万トンあるが、思うようにたまらない。水源の涵養ということで事業に取り組んでいますので、涵養林事業を強化していきたいと思います」との回答です。

 「工事で田辺線工業用送水管新設工事がありますが、どのような工事か」との質問に対して、「田辺製薬は、厚東水源地から7,200トン、高天原浄水場系統7,200トン、合計1万4,000トン送水しているが、緊急時の対応として、県から代替して給水してもらおうということで、災害用の管を敷設しようとするものです。また、黒石地区の地区では、田の中に工水、上水の管が埋設していますが、田の中の管の移設も入っています」との回答です。

 「田の中の管の埋設はまだほかにあるのか」との質問に対して、「黒石地区は、昔道路がなく、田の中を300mくらい横断しており、補償はしています。黒石中学校付近ですが、新しい道路ができれば、敷設替えを行う計画にしています」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決されました。議員各位の審議をよろしくお願い申し上げます。

(三浦英統君降壇)



○議長(大空軍治君) 建設常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては1件ずつ行います。

 議案第21号平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) このたびの予算で職員1名配置するという説明をされましたが、この職員は具体的にどのような事業に当たるんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 今までも、施設の管理、あるいは苦情等について当たっておったと、昼間は、そういうような状況で、見回り等もすると、こういう回答でございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第21号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第26号平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほど少し説明があったんですが、本管、あるいは枝管が近くまで来ていても、市の財政事情によって結ぶことができないという相談が随分寄せられているんですが、それの解決の手だてはどのようにされようとしているんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) この件につきましては、先ほど御説明を申し上げましたように、本年につきましては枝管が2路線と、こういうことでございまして、次年度以降に、補助工事を若干減してでも、枝線の方に力を入れていきたいと、こういうようなことを今後検討していくと、執行の方からの回答がございました。

 以上です。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第26号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第27号平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第27号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第30号平成19年度山陽小野田市水道事業会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほど、新年度を目途に料金の一本化ということが言われましたが、これの中で、そのどちらかに合わせるのか、それとも両方合わせて引き上げとなるのか、その点についてはどのように考えているのか、審議状況についてお尋ねをいたします。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) この問題につきましては、委員会の中では審議をしておりません。ただ、料金の統一というのは非常に難しいと、こういう話は以前お話を決算時に聞いております。ただ、本件、今回については審議はしておりません。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 合併前の協議の中で、山陽側と小野田側の連結というふうなことが言われておりましたが、これの計画等についてはどのようになっているのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 料金が変わっておりますが、今回は、先ほどもお話を申し上げましたように、9月に素案をつくって、12月議会にかけたいと。ただ、山陽側と小野田側につきましては、非常に、途中まで、すなわち、一般家庭が使う通常の料金につきましては同じぐらいであると。ただ、料金が違うのが、先ほども申しましたように、水量を多く使えば高くなる、一方は安くなると、ここらあたりの調整が非常に難しいと、これを検討して、お互いにいいようにもっていきたいと、こういう回答がございました。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第30号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第31号平成19年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第31号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第5議案第25号・第28号・第39号・第45号〜第48号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第5、議案第25号平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算について、議案第28号平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算について、議案第39号山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第45号小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議についてから議案第48号山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定についてまでの4件、以上議案7件を一括議題といたします。

 本件に対し環境経済常任委員長の報告を求めます。岡田委員長。

(岡田 事君登壇)



◎環境経済常任委員長(岡田事君) それでは、環境経済常任委員会の御報告を申し上げます。

 去る3月7日の本会議におきまして、議長から当環境経済常任委員会に付託されました議案第25号、議案第28号、議案第39号、議案第45号から議案第48号までの4件、以上7件につきまして、3月19日と20日の2日にわたり、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告申し上げます。なお、3月19日の午前中は現地調査をしております。

 まず、議案第25号平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算につきまして、その概要と委員からの主な質疑について御報告いたします。

 主な内容ですが、歳出につきましては、卸売市場管理運営費が835万3,000円、公債費が276万2,000円となっております。歳入につきましては、使用料及び一般会計繰入金が計上されております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「扱い品目はわかりますか」との質問に対しまして、「18年の1月から12月までの実績で申しますと、野菜につきましては約2億7,100万円、果実につきましては2億300万円、花卉につきましては2,300万円、それ以外のその他につきましては1,500万円ということになっております」との答弁がありました。

 次に、「地産地消というのが出されましたが、これは市内でこれに応じていただいて、実際消費しているというところはあるんでしょうか」との質問に対しまして、「今は学校給食に使うときと一部のスーパー関係、それから老人福祉施設と、あとは病院関係である」という答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、全員賛成で原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第28号平成19年度の山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算についての概要と、委員からの主な質疑について御報告いたします。

 議案第28号の審議に際しまして、参考資料として、「平成19年度主たる施策」、「平成19年度の開催日数予定表」などの資料を提出を受けて、説明を受けております。関係資料を事務局に備えておりますので、御参照をいただきたいと思います。

 平成19年度の開催日数につきましては、本場開催日数は53日で、G?レースが10日、プレミアムレースが5日、G?レースが5日で、普通開催レースが33日の予定となっております。受託場外発売は267日程度の予定でありますが、調整中のものがあり、若干の変更もあるということでありました。

 まず、歳出から主なものを御説明申し上げます。16ページの一般管理費5,368万5,000円は、職員の人件費が主なものであります。なお、人件費以外の経費につきましては、開催経費となります。18ページの事務費5億1,261万7,000円のうち、旅費、交際費以外は義務的経費及び開催経費となります。20ページの賞典費6億9,211万3,000円、勝車投票券払戻金87億7,842万5,000円、勝車投票券返還金1億円についても、義務的経費及び主催経費であります。8目施設改善費は、リース料1億1,005万9,000円と施設改善基金に2億5,055万9,000円を積み立てるものであります。9目特別発売費は他場に場外発売をお願いする際の経費であり、全額開催経費であります。なお、場間場外発売につきましては、職員派遣方式で、経費については全場とも定率制で行うことになっております。22ページの包括的民間委託費6億6,613万9,000円は包括的民間委託料であります。24ページの公営企業金融公庫納付金1億1,386万8,000円は義務的経費であります。予備費として9,650万円を予定しております。

 次に、歳入でありますが、12ページの入場料収入は、通常開催1日2,600人、G?レース2,800人、G?レースで3,000人、特別席1日300人を見込み、合計で2,243万円を計上しております。2目勝車投票券発売収入は、G?レースで18億5,500万円、G?レースで16億3,500万円、通常開催では、本場分で4,300万円、電話投票分で1,600万円、飯塚場外分で3,000万円など、また返還金1億円を見込み、118億3,900万円を計上しております。2項事業外収入の諸収入では、公営企業金融公庫還付金1億1,038万1,000円、場外発売事務協力収入6億2,004万3,000円などを計上しております。また、債務負担行為につきましては、リース料について中央との協議が整い、限度額の変更はなく、期間を平成33年度までに延長するものであります。

 以上、本年度の予算は、歳入歳出ともに126億4,737万3,000円を計上しております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「債務負担行為で計上されている8車8枠用投票用業務機器リース料は、使われていないものが上がっているのですか」との質問に対しまして、「8車8枠用の投票用業務機器リース料ですが、今回日本トーターに委託いたしましたので、ホストコンピュータなど機器については、日本トーターで準備されたものが入っております。一部使っている機器もありますが、従前の機器は基本的には場内に保管してございます」との答弁がありました。「今までの機器は使えないのか」という質問がございましたが、「ソフト代金がこれ以上にかかって、新規に設置した方が安い」というような答弁もございました。

 次に、「売り上げを上げる努力で、選手によるファンサービスはどのように計画されていますか」との質問に対して、「基本的には、ファンサービスも日本トーターが実施していくことになりますが、我々施行者もアドバイスしながら協力していきたいと思います。このたびの3月21日からのレースについては、初めての取り組みで、走路内でお客様をお迎えする形をとるようにしております。選手会とも協議を行い、各場の上位級の選手6名ずつにより、開会式的なスタイルで実施するよう計画しております」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、賛成多数で原案どおり可決いたしました。

 次に、議案第39号山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、その概要と委員からの主な質疑について御報告いたします。

 今回の改正は、山陽小野田市消防団再編計画に基づき、消防団員の定数を改正するものであります。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「22分団が13分団ということで、小学校校区ごとに配備されることの大きな意義というものは何ですか」との質問に対しまして、「まず、一番初めに、地域性を考慮したのが1点と、それと、22分団の中には15人と小さい分団も多数ありますので、やはり一つの分団としての消防力が非常に小さいので、それを統合した中での消防力が強化されたことと、それとあわせて、今年度からやっておりますが、消防車両を整備していくという両面で効果的なものがあろうかと思います」との答弁であります。

 次に、「新しい分団でそれぞれの定数というのは、基準になるようなものはあるのですか」との質問に対しましては、「消防車両を運営する上での最低基準というものはうちの方で決めておりますが、統合する分団については、2個分団、3個分団、大きいものは4個分団が統合いたしますので、現状に合わせた定数をつくっております」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、全員多数で原案どおり可決いたしております。

 次に、議案第45号小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議についてですが、議案第48号山陽小野田市の一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定についてまでの4件につきまして、関連がございますので、一括して執行部から説明を受け、一括して審査するということで、その概要と委員からの主な質疑について御報告申し上げます。

 主な内容は、小野田・楠清掃施設の解散に関し、組合の事務は本市が継承し、組合の財産はすべて本市に帰属させるというものであります。これにより、当該一部事務組合の施設を本市の一般廃棄物処理施設としての位置づけるために、一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正するものであります。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。「まず心配していたのが、事務の継承と財産処分ですが、特に財産処分については、4,700万円の財産があって、それを案分して、宇部市側がそれをもらいたいという申し出があったように聞いておりますが、その点について、今回の議案を見ると、すべて山陽小野田市がいただくと、こういった議案になっておりますが、今後も含めて問題は起きないのですか。もしくは、協議の中でどのようにされたのか、説明してください」との質問がありました。「当初は、言われましたように、4,700万円弱ですが、その分の建設当時のそれぞれの負担割合に応じて、本来なら分けるべきだというのが宇部市の主張でした。私どもは、将来的に老朽化を伴いますので、解体費用を含めて検討してくれとの申し入れを行ったところであります。それ以後4回ほど宇部市と協議をいたしまして、3回については、私と向こうの担当課長との話ですが、私どもの方が解体費用も含めるということで、もし何だったら、昭和48年から山陽小野田市に組合がありましたので、その迷惑料を含めて検討してほしいという話をしてきたところであります。宇部市も同様に、議会に上程しなくてはなりませんという形の中で、宇部市はこのたび、一応無償譲渡という方向で話を持ってきました。当然私どもはそういう方向づけでやってきたということで上程させていただきました」との答弁がありました。

 次に、「改修して使うよりも、下水道に直接流し込むという検討は将来できませんか」との質問に対して、「小野田の浄化センターだけでは本市全体の処理は能力的にはかないません。山陽だけでもかないませんので、どうしても今までどおりやっていくという方向の中で、下水等の方法も考えたところです。ただし、下水道法の関係で、投入については水質基準があり、BODとか、そういうものをある程度落としていかなくてはなりません。それと、下水処理場の受け入れの関係ですが、汚泥処理の対応ができないということです。検討していくつもりでございます」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第45号小野田・楠清掃組合の解散に関する協議について、議案46号小野田・楠清掃組合の解散に伴う事務の承継に関する協議について、議案第47号小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う財産処分に関する協議について、それから、議案48号山陽小野田市の一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定について、4件につきまして、全員賛成で原案どおり可決いたしました。

 以上、さきに申し上げました3件の議案とともに、当委員会に付託されました議案につきまして、よろしく御審議、御決定のほどお願い申し上げまして、報告を終わります。

(岡田 事君降壇)



○議長(大空軍治君) ここで、午前中の会議を終わり、午後1時から会議を再開いたしますので、定刻までに御参集お願いいたします。では、休憩いたします。

────────────

午前11時50分休憩

午後 1時00分再開

────────────



○議長(大空軍治君) これより午後の会議を開きます。

 午前中に引き続き会議を続行いたします。

 環境経済常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては1件ずつ行います。

 議案第25号平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第25号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第28号平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) 包括的民間委託で18年度では4,500万円、そして19年度では、最低保障として1億1,000万円あるわけですけども、一般会計への繰り入れはどのようになっているか、お尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 岡田委員長。



◎環境経済常任委員長(岡田事君) 今の御質問でございますが、いわゆる予算どおりの利益が計上できれば、それが一般会計に入るということで、特に、歳入が少なくとも最低保障だけは入れるという契約になっておると、こういうふうな報告を聞いております。



○議長(大空軍治君) 中島議員。



◆議員(中島好人君) そのような利益が上がればということですけども、実際上がってるわけですけども、その点での一般会計への繰り入れという点ではどうなのかということなんですけど。



○議長(大空軍治君) 岡田委員長。



◎環境経済常任委員長(岡田事君) 利益が上がれば、上がればていいましても、実際契約の金額がございますし、それから、それ以上に利益が上がるとするならば、当面、弾力条項の適用ということで、債務の返済の方向に持っていくと、こういうふうな執行部の考えでございました。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論ありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第28号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、賛成多数でありますので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第39号山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第39号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第45号小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第45号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第46号小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う事務の承継に関する協議について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第46号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第47号小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う財産処分に関する協議について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第47号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第48号山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第48号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第6議案第18号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第6、議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計予算についてを議題といたします。

 本件の取り扱いにつきましては、申し合わせにより行いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、ただいまから委員長報告をお願いいたします。

 本件に対し総務文教常任委員長の報告を求めます。中元委員長。

(中元 稔君登壇)



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 去る3月7日の本会議において、議長から付託されました議案第18号関係分について、3月15日、16日委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その結果と概要を御報告申し上げます。

 まず、歳入の審査において、質疑の中で、「税源移譲について、どれぐらいの金額があったのか」との質問があり、「税源移譲は5億7,700万円ぐらいと想定している。平成18年度まで所得譲与税は5億70万円あり、税については、国税から地方税に移った関係から、人的控除の差額が7,700万円で、マイナス70万円程度と想定している」との答弁がありました。

 次に、「都市計画税について、行革の関連として検討委員会を設置し、検討するということだったが、その取り組み状況は」との質問があり、「昨年11月21日に市長を委員長として都市計画税等検討委員会を立ち上げている。その他のメンバーは、過去固定資産税の実務経験のある職員を中心にして、計13名である。これまで3回の会議を開催し、3月30日に4回目の会議を開くことにしている。固定資産税は基幹的な税であるので、軽々に結論を出すわけにはいかないが、できるだけ早く調整すべきであると考えている。公平、公正、適正に対応できるよう、都市計画税のあるべき姿をしっかり押さえて論議していかなければならないと考えている」との答弁がありました。

 次に、歳出の審査において、質疑の中で、「中学生海外派遣事業の休止に対する対応は」との質問があり、「国際交流については純然たる一般財源で、財政状況が厳しい中で減額された。今後の実施については、他市は自己負担をもらっているところもあるので、負担割合、回数、人数等も検討しながら実施していきたい」との答弁がありました。

 また、「15周年という節目の年に休止ということで、子どもにしわ寄せが行くことに納得いかない。補正予算を組んででも予定どおりすることはできないか」との質問には、「補正は現在のところ考えていない。これらの小さな額の削減を積み上げて、やっとでき上がった予算である。中学生はこれからの山陽小野田市を担っていく人たちであるので、できるだけ予算をつけたいとは思っているが、必要性、公平性、効率性、有効性について再考する意味も含めて、隔年実施とした」との答弁がありました。

 次に、「昨年から実施している学力向上プロジェクト事業について、国から直接蔭山先生に支出されるので、予算を計上しなくてよいということを聞いたが」との質問があり、「そのとおりである」との答弁がありました。

 次に、「就学援助に係る扶助費は年々増加しているのか」との質問があり、「就学援助の認定基準を平成18年度に改正し、ハードルを上げているので、減っている」との答弁がありました。

 次に、「小・中学校図書購入費がかなり減額されているが、この削減は行財政改革効果として上げていることが問題である。どのような見直しをして削減したのか」との質問があり、「行財政改革ということで、すべての項目について見直しをし、学校図書については半額、図書館については9割カットしているが、これも行財政改革と考えている」との答弁がありました。

 また、「一つ一つの事務事業を見直しして、最後に手をつけるのであれば理解できるが、一番最初に手をつけたということについて納得いかない」という意見には、「一番最初ではなく、最後の最後にカットした。これだけカットしたわけではなく、ほとんどのところをカットしている」との答弁がありました。

 また、「全体を抑制せざるを得ない状態において、抑制されたらどうするかということが関心である。そのあたりの対応は」との質問には、「本会議においても多くの議員から質問があり、児童・生徒については、中央図書館の図書を最大限活用し、団体貸付などで対応すると答弁している。今後については、さまざまなことで対応していかなければならないが、サポーター制度も提案いただいているので、これからも検討し、有効であれば実施も考えている」との答弁がありました。

 また、「司書教諭は図書館のプロであるので、これを活用しないといけない。既に協議していないといけないことなので、早急にしてほしい」との意見がありました。

 次に、「中央図書館の開館時間の延長についてどう考えているのか」との質問には、「平成18年度は8月、9月の水曜日に行った。平均11名の利用があり、前年と変わらない。1時間ずっと延長した場合、400万円弱かかると考えられるが、他市においても検討しているので、今後も継続して検討していきたい」との答弁がありました。

 また、「このたびの予算、厳しい予算の中で、図書館としてはどのようにしていこうと考えているのか」との質問には、「新刊の数もかなり減るので、厚狭館と連携して購入していく。また、雑誌についても4分の1になると思うので、どの本を購入していくか、また、どう陳列していくか、また、買えなければ、寄附してもらえないかということを検討している。学校については、図書館と学校との連携を密にし、図書を学校でいかに有効に使ってもらうかということも引き続き行っていく」との答弁がありました。

 また、「図書館の図書購入費の削減について、かなり多くの市民から不満の声を聞いている。この削減が行財政改革の効果として上げられていることに疑問を感じる。職員の事務量等をきちんと見直して、そのあたりから削減をしていくことが一番大きな行財政改革だと思う。これまでの削減は市にとってマイナスだ」という意見や、「図書費の削減について、図書館協議会を開催して協議しなければならないと思う。図書館協議会はいろいろな団体から出ておられるので、このような削減という事態になったときに、その人たちの助けを借りるためにあるものだと思う。その中で検討してほしい」という意見がありました。

 次に、「教育相談員が減ったことに対して、支障はあるか」との質問があり、「8名が4名になり、家庭訪問やふれあい相談活動についてはこれまで以上にやっていかないといけないと考えているので、そのシステムづくりをしていきたい」という答弁がありました。それに対して、「対応について、危機管理がなってないと感じる。いじめ問題等ある中で、教育相談員の仕事は大変な仕事だと思う。即行動してほしい」との意見があり、「学校の実態も調査しているので、学校との連携をとって、しっかりやっていきたい。4人体制で何とかしないといけないということで、ボランティアの協力を得ながらやっていかなければならないと思っている」との答弁がありました。

 慎重審査の結果、賛成多数で原案可決いたしました。

 以上であります。議員各位の御審議のほどよろしくお願いいたします。

(中元 稔君降壇)



○議長(大空軍治君) 総務文教常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 歳入のことなんですが、地方交付税についてです。先ほども国民健康保険会計のところで指摘をしておきましたが、一般財源化という名のもとに、随分地方交付税への振りかえが国庫支出金から行われておりますが、それがどの程度行われたのか、その点についてどのように審議されたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 今回の税源移譲の主な内容でございますが、国から地方への税源移譲に伴う地方税の改正等によるもので、主な内容は、市民税所得割が3%、8%、10%が、一律6%になります。それから定率減税の廃止、それから、65歳以上の人の非課税措置が段階的に廃止される、以上の3つが税源移譲の主な改正となっております。地方交付税の額がまだ決定しておりませんけど、そういうような内容で今後は税源移譲されるということで聞いております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今聞いたのは補助金の方の関係でありまして、それと、先ほど就学援助についてハードルを上げたということですが、残念ながら、市民の中にはこれを必要とする人が随分おられるわけですが、ハードルを上げたことによってどういう影響が出ているのか、その点についての審議状況をお答えください。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 今回、18年度の就学援助のハードルを上げたということですが、全体的に聞いておりますのが、年収で400万から500万程度の方々がそのライン上にあるだろうということで、18年度、それによって数パーセントほど削減されたと聞いております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほど教育相談員ということでしたが、教育主事さんだと思いますが、これを、8名体制を4名体制にする。先般の一般質問でも明らかなように、学校内での問題は引き続いて校外での問題で、こういった教育主事さんの活躍というのが期待されているわけですが、その点に対して、「頑張る」という一般的な言い方ではなくて、本当具体的にその体制がとれるのか、その点についてお答えください。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 8名から4名になったことで、当然相談員の方の負担はふえるということで、新たなシステムづくりに向けて今後は検討していくということでございました。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 次に、民生福祉常任委員長の報告を求めます。津野委員長。

(津野啓子君登壇)



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 3月15日委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告いたします。

 なお、当委員会関係分につきましては、2款総務費の一部、3款民生費、4款衛生費の一部にかかわる予算であります。

 審査に当たりましては、関係各課より、予算説明書に沿って細目にわたり説明を受けております。

 歳出の主なものから御説明いたします。まず、95ページ、2款総務費では、自治会事務費補助金は、342自治会で2万7,930世帯を見込み、5,810万1,000円を計上しております。前年度と比べ、15%減の929万1,000円の減額でございます。99ページ、戸籍住民基本台帳及び出張所の業務に係る経費として、1億2,764万3,000円を計上しております。18年度と比較して、587万3,000円の減額で、減額の主な理由は、職員の減に伴う人件費の削減によるものです。

 続きまして、3款民生費、ページ、113ページ、社会福祉協議会補助金3,571万1,000円は、社協の職員のうち、社協の独自の事業や市からの委託事業等で人件費が賄われている職員以外の職員に対する人件費負担で、この補助金の対象者は14人です。18年度予算では5,140万2,000円で、対象職員の人件費の70%を負担しておりましたが、これを1,570万円近く減額いたしました。115ページ、身体障害者福祉費は、前年度に比べ、約4,600万円の増額で、主なものは、福祉医療助成費の増及び自立支援法特別対策として実施する利用者負担軽減助成事業費であります。次に、119ページ、13節、3,281万5,000円のうち、業務委託料150万円は、小規模福祉作業所「かに工房」が行う地域活動支援センター運営委託料です。「のぞみ園」、「まつば園」、「みつば園」それぞれの指定管理委託料は、社会福祉事業団に対する管理・運営委託料です。19節のうち、知的障害者小規模作業所運営費補助金216万6,000円は、小規模福祉作業所「かに工房」に対する運営補助であり、施設整備補助金326万4,000円は、グリーンヒル山陽建設償還金補助金です。121ページ、精神障害者福祉費は、前年度比460万9,000円の増で、13節の業務委託料は、「工房おれんじ」、「あさレインボー」が行う地域活動支援センター運営委託料です。19節、868万8,000円のうち、精神保健共同作業所運営事業費補助金822万円は、精神保健共同作業所「工房おれんじ」、「あさレインボー」の運営に対する補助金で、精神障害者小規模通所授産施設負担金55万円は、小規模通所授産施設「いこい」の市町負担金で、現在3名が利用しております。131ページ、13節、2,821万5,000円の主なものは、なるみ園指定管理者委託料2,367万2,000円及び小野田小学校、厚狭小学校で行っております「ことばの教室」指導業務委託料435万7,000円であります。133ページ、児童措置費は18億7,845万3,000円は、前年度に比べ、4,472万2,000円の増となっておりますが、児童手当における乳幼児加算の創設により、ゼロ歳から3歳未満の第1子、第2子の児童手当が5,000円から1万円に増額されたことが主な理由です。139ページ、児童クラブ費は4,489万8,000円で、前年度に比べ、952万7,000円の増となっております。これは4月から実施する放課後の児童保育に必要な経費で、保育業務委託料4,425万6,000円が主なものです。児童館費は、児童に健全な遊びを与え、健康の増進に努め、幼児相談、児童相談事業を初め、地域活動の育成助成を図るための経費として4,461万3,000円を計上しております。主なものとして、13節で各児童館の指定管理者委託料4,225万2,000円、19節で地域組織活動育成事業補助金189万円等であります。

 続きまして、4款衛生費では、146ページ、13節の主なものは、基本健診の老人健康診査委託料1億1,733万9,000円で、集団検診を取り入れて、受診率の向上を図っています。そのほかは母子乳児健診にかかわるものと、小児科休日・急患診療委託料1,185万3,000円等です。次に、19節の主なものは、日赤老健施設に対する老人保健施設整備補助金2,236万4,000円です。次に、1項2目、7,927万9,000円は、三種混合、二種混合、風しん、麻しん等の予防接種、ツベルクリン、BCGを初めとする結核予防業務等です。

 次に、歳入の主なものを御説明します。37ページ、14款1項1目1節国民健康保険基盤安定費2,437万7,000円は、保険者支援分の2分の1で、国の負担分です。次に、2目1節老人保健事業費2,205万7,000円は、基本健診審査などで、老人保健事業に対する3分の1の国の負担分です。2項1目1節医療費適正化推進事業費2,047万5,000円は、後期高齢者医療のシステム購入に係る国の負担分です。

 41ページ、15款1項2目1節、億9,166万7,000円は、4分の3の県負担の国民健康保険基盤安定費1億7,814万3,000円、2分の1の県負担の福祉医療に対する助成措置の国民健康保険負担軽減対策費1,352万4,000円です。

 49ページ、15款3項1目1節の人口動態調査事務費、人口移動統計調査事務費は、人口動態調査事務費については、戸籍の届け出により、出生、死亡、婚姻、離婚などを専用の用紙に調製し、月2回宇部健康福祉センターに報告しておりますが、これに係る経費が対象です。人口移動統計調査事務費については、転入、転出、出生、死亡など、人口の増減にかかわる移動について、毎月県に件数等の報告をしておりますが、これに要する経費が対象となっております、との執行部からの説明を受けまして、質疑に入りました。

 まず、2款では、「自治会事務費補助金について、世帯数の申請は、各校区より市民課に来たものに対して出されるのか」との質疑があり、「自治会事務費と環境衛生推進助成費とがあり、これは支払う月の初日の住民基本台帳上の世帯数になります」との答弁がありました。また、関連で、「15%減に対していろいろな意見が出るということが予想されるが、それの対応について」との質疑があり、「現在、自治会からの御意見というのは市民課の方には入っていません」との答弁がありました。

 また、「減額の主な理由に、職員の減に伴う人件費の削減によるものとの説明があったが、ここの部署は、時期的なものがあるかもしれないが、非常に残業が多い部署じゃないかと思う。今システムの問題もあるかもしれんが、その辺との兼ね合いは」との質疑があり、「定員管理の問題は各部署ごとでなく、全庁的な中で適正化を図らなくてはなりません。今人事課の方でどのような人事配置をしたらよいのかを検討している最中で、とりあえず現況の中で、職員一丸となって、与えられた体制の中で対応していかざるを得ないと考えております」との答弁がありました。

 次に、3款では、「社会福祉協議会への助成金の大幅なカットについて、社協の方では方策は考えられておるのか」との質疑があり、「給料を減額するということは聞いています。その他いろいろな経費の節減とかを考えておられるとのことです。しかしながら、これによって、決してサービスは落としたくないという心意気は持っているということは聞いております」との答弁がありました。

 また、「知的障害者グループホーム事業費について、今年度の新規の申請の状況は」との質疑があり、「8施設12人で組ませていただいており、利用者がふえたということです」との答弁がありました。

 また、「地域交流センターの使用日について」の質疑があり、「年中無休といいますか、ケアセンターがありますから、その中でできるだけ受け付けていただくようにお願いはしてあります」との答弁がありました。

 また、「後期高齢者医療の負担金について、備品購入とかにおける市の持ち出しとか、その辺の関係は」との質疑があり、「実際の市の負担については1,361万6,000円、備品購入費ですが、4,000万を超える額の半分については国の負担という形になります。ただ、これについてはこの年度だけですので、20年度以降についてはありません」との答弁がありました。

 また、「指導業務委託料における、小野田小学校、厚狭小学校で行っていることばの教室について」の質疑があり、「ことばの発達がおくれている入学前の幼児に対して、教室を借りて指導業務を行うもので、小野田小学校は人数が多いものですから2名配置、厚狭小学校は1名体制で指導しております」との答弁がありました。

 また、「母子家庭の世帯数について」との質疑があり、「個人情報になり、全部を調べることはできませんが、児童扶養手当てをとっておられる方については579人です」との答弁がありました。

 また、「ケアハウスさんようの使用料の減免について」との質疑があり、「昨年の4月からことしの3月までということで、来年度の4月からは減免を考えておりません」との答弁がありました。

 歳入につきましては、「生活保護費返還金について、住民が行政をだますということを前提に予算計上をされているが、それは基本的にいかがなものか」との強い指摘がありました。

 採決に先立ち、「昨年度と比べて厳しい予算ですが、やはり全体的に、他の予算を削っても、福祉部門とか教育については現状を維持していくということが非常に大事であり、また、後期高齢者医療についても持ち出しが2,000万円という形があり、今回の予算については反対をします」との討論があり、採決の結果、当委員会関係分は賛成多数にて原案可決といたしました。

 以上で報告を終わります。議員各位の慎重御審議のほどよろしくお願いいたします。

(津野啓子君降壇)



○議長(大空軍治君) 民生福祉常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 最初に、民生費の中の自治会事務費に関する問題なんですが、結局、発表の後、自治会関係者との協議が進められているようですが、それに対する納得が得られたのか、その点についてはいかがでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 納得が得られたかどうかの質疑はありませんでした。自治会からの御意見というのは市民課に入っていないということで、私たちは審議をしておりません。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) もう1点、これ一般質問の関係でもありますし、先ほどの病院事業会計の問題でもあるんですが、繰出金が計上されていないこの問題点、先日の答弁では、「補正対応」もというふうに言われたわけですが、それが本当に可能なのかどうなのか。これがもしされなければ、国や県との約束をたがえるということになってしまうわけですが、その点についてどのような審議されたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 病院への繰入金のことにつきましては、もう年度末までに繰り入れられることを希望いたしておるような感じでございます。今、繰り入れがなかった場合、病院がだめになった場合は20億という借金を抱えます。ですから、繰り入れがある場合も繰り入れがない場合も大変な状況になりますし、繰り入れがあっても大変な状況になっておりますので、今の、そういう状況は病院の中で話しております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 社協への補助金の問題なんですが、一般的に社協の方の努力と言われても、社協の方でもぎりぎりでこれまでも運営をされてきて、この補助金がなければやっていけないというふうに言われておりますが、社協の方ではそれに対する対応というのは、市の方に答えているんでしょうか、その点についてどのような審議されたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 社協の対応につきましては、今まで14人の70%の人件費の補助をしておりましたが、それができないということ、難しいということで、上の方でトップ会談がございまして、そこで話し合われたようでございます。それで、今社協の方は15%の削減ということを認められたように、そしてまた、給料削減とか、経費の削減をするということの話をしております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。ありませんか。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 次に、建設常任委員長の報告を求めます。三浦委員長。

(三浦英統君登壇)



◎建設常任委員長(三浦英統君) 去る3月7日の本会議におきまして、議長から建設常任委員会に付託されました議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計予算を、3月19日委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査をいたしましたので、その審査の結果と概要について御報告いたします。

 2項道路橋りょう費4目道路新設改良費、207ページ、15節工事請負費は、主に4路線の道路改良工事です。17節公有財産購入費は、市道新生町地方線、市道楴山線、市道有帆大休線の用地購入費です。22節補償、補填及び賠償金は、市道楴山線の物件移転補償費です。5項都市計画費、213ページ、13節委託料1,800万3,000円ですが、このうち1,720万円は、都市計画マスタープラン策定に伴う業務委託料です。3目緑地公園費、217ページ、19節負担金補助及び交付金の緩衝緑地償還金は、新沖緑地及び最終処分場一帯緑地の2緑地合計で、1億1,145万3,000円の計上です。なお、新沖緑地は、平成19年度が償還最終年度です。4目土地区画整理費、219ページ、15節工事請負費については、大知田桜線の歩道整備工事や区域内の区画道路、宅地整地などに係る工事費です。2目住宅建設費、225ページ、15節工事請負費は、平原団地5棟10戸分の建設費及び有帆団地、前場団地の住宅用火災警報器の設置工事費です。

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「小規模土木事業は何件ですか」との質問に対して、「38件の要望が出ていますが、まだ地元協議が全部完了していないので、20件を目標にと思っています」との回答です。

 「不動寺原の県道のつけかえで、舗装がしてないが、どのようになっているか」との質問に対して、「新年度で舗装されると聞いています」との回答です。

 「談合道・久保線ですが、山陽国際で国体のゴルフ競技が実施されるということで、一般質問にもいろいろ話がありましたが、今後検討するということですが、どのようにするのか」との質問に対して、「談合道・久保線は、バイパスができ、かなり交通量は落ちています。国体が23年にありますので、見直しについては、県道から現道までの間を行うよう見直ししたいということです。談合道・久保線と楴山線と有帆大休線を3本セットにしております。補助全体の金額は2億8,600万円ですが、全額を談合道・久保線に持っていくようにしていたが、見直しにより他の2路線にも振り分けようと考えています」。

 「一昨年まで行っていた事業が地元に説明がないまま中止となり、理由を尋ねたところ、急ぐところがあるからということで中止されたが、20年度には復活することがあるか」との質問に対して、「現在休止している路線がありますが、19年、20年と予算は厳しいものになろうかと思います。このような状況において、事業の復活はかなり厳しいものとなろうと思います。今後は基本構想、基本計画、総合計画、実施計画を作成する中で、ランクづけをするようになろうと思います。高泊千崎線は将来的には縄地に抜ける道路ということで、交通安全上も道路改良しなければならないと思っていますが、どのランクづけになるかということです。当然、最優先路線であれば、全力を挙げて行わなければならないと考えています」との回答です。

 「旧山陽町で七日町中塚線で工事が一時中断したときは、継続事業の補助金がなくなるのではないか」との質問に対して、「道路事業を行う中で、地方特定道路整備事業と地方道路交付金事業の2通りの方法で行っています。地方特定道路整備事業は、事業そのものが起債事業です。地方道路交付金事業というのは、国費が55%入るのです。談合道・久保線は、旧山陽町のときに、23年の国体があるので、交付金事業で始めたところです。平成17年度から始まりました3本セットというのは、3本全部が交付金事業の対象ですが、交付金については、市の考え方で各路線に割り振りできる」との回答です。

 「七日町中塚線は休止しているが、談合道・久保線も1年休止等はできないか」との質問に対して、「七日町中塚線は、スタートは補助事業でしたが、途中から地方特定道路整備事業として起債事業になりましたので、中止しても、起債事業ですから再開できるということです」との回答です。

 「談合道・久保線は、全線開通でなく、2億8,600万円のうち、残ったお金で楴山線、有帆大休線に持っていこうということか。また、国体で予算がついたので、山陽国際の前まで行うのか」との質問に対して、「交付金事業というのは、100%というのは市の考え方で、そこに100%持っていっただけであり、3本とも、55%が国費で、45%市費が事業の基本です。山陽国際の前までは見直しをしたい」との回答です。

 「ゴルフ場入り口から東側の用地買収はできているのか」との質問に対して、「ゴルフ場入り口を過ぎた付近までで、あと一、二戸できていない」との回答です。

 「楴山線は完成予定が18年度であったが、計画が延びれば経費がふえるのではないか、また、完成予定はいつか」との質問に対して、「用地買収をし、一部工事にかかったところもありますが、若干の維持費はかかりますが、極端にはかからない。完成予定は、ことしJRの電気室を除くのと土地買収が1カ所で、完成予定は23年です。県道小野田・山陽線に合流する交差点は、暫定で行う可能性もあります」との回答です。

 「楴山線のJRへの補償費は、予算書の2億2,600万円か」との質問に対して、「現在算定をしていますが、概算ということで予算計上しているところです」との回答です。

 「有帆緑地は、一般質問にもありましたが、事業団と協議した内容について、どのような内容であったか」との質問に対して、「有帆一帯緑地最終処分場につきましては、平成13年度から平成32年度までの20年償還で、償還終了までに約20億4,500万円の残高があります。財源も厳しい状況ということで、これの軽減のため、昨年末、もとの環境事業団、現在は独立行政法人環境再生保全機構の本部に行き、償還の猶予について協議を行いましたが、引き続き平成19年度も本部と具体的な話を進め、ここ数年の償還の猶予を含めた償還計画の検討をしたいと考えている」との回答です。

 「区画整理事業の箇所に数年後はビルが乱立するということでしたが、商業施設の進出はあるか、楴山にイオンができたのでトーンダウンしたとのことですが、どうか」との質問に対して、「以前は計画がありましたが、イオンが進出したので話が消えています」との回答です。

 「仮換地のできない地権者がおられるということですが、その後の交渉はどのようになっているか」との質問に対して、「以前の部長、現在の部長とともに、25回ぐらい交渉に行きましたが、よい返事がもらえません。1名だけ仮換地が終わっていませんが、19年度は仮換地をしたい」との回答です。

 「市営住宅の火災報知器の設置は約1,300戸ですが、どこを実施するのか」との質問に対して、「前場団地と有帆団地で、45%が国庫補助です」との回答です。

 「県事業の県道津布田・郡線の帆万里付近の工事はいつごろ完成予定か」との質問に対して、「19年度の完成はないようです」との回答です。

 「ハザードマップは過去作成されているが、どのように活用されているか」との質問に対して、「ハザードマップは、家庭内において、緊急時の対応のため各戸配布をしています。また、小学校の授業等で使ってくださいということで配布しています。出前講座等で要請があれば説明をいたしますが、まだ一度もありません」との回答です。

 「市道傍示清水線はいつから利用できるか」との質問に対して、「国土交通省はランプと市道の供用開始の協議はできていませんが、5月末を目標に供用開始をしたいという話はありましたが、市の工事が5月までに完成するかどうか微妙です。交差点の工事が2カ所ありますが、交差点まで完成すれば、国土交通省と同時に供用開始をしたい」との回答です。

 「厚狭バイパスの杣尻から船木の逢坂までは、19年度中には完成か」との質問に対して、「19年度の完成と聞いています。若干工事のおくれが出るかもしれないと思うが、基本的には20年3月の供用開始と思います」との回答です。

 以上、慎重審査の結果、賛成多数で原案可決されました。議員各位の御審議をよろしくお願いをいたします。

(三浦英統君降壇)



○議長(大空軍治君) 建設常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 談合道・久保線についてですが、先ほどの報告ですと、やはり計画は、縮小はされるけれども、実施をされる予定だと。では、今予定では2億8,600万円だというふうに思っておりましたが、これがどの程度まで行われるのか、どういう協議されたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 先ほど壇上からお話しましたように、現在工事が途中まで進んでおります。それを最後の、現道まで続けるまでの工事を今年度行って、それ以降につきましては、見直しをかけたいと。ゴルフ場の入り口までは今後検討を重ねていくと、こういうことでございます。

 以上です。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) では、視察をされたと思うんですが、これが本当に今、不要不急な工事として皆さんが認識をされたのかどうなのか、たとえ途中であっても、やめていくべきだと私は思うわけですが、そういった審議はされなかったんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 先ほど申し上げましたように、地方特定道路整備事業と地方道路交付金事業、この2本に分かれております。まず、交付金事業におきましては、旧山陽町時代に、非常に、補助事業として発足をしております。旧小野田市におきましては、補助事業を採用しておりませんでした。そういうことで、3本の事業、談合道・久保線、楴山線、有帆大休線の3本が補助事業になっておると、こういうことで、補助をやめて、全部全面的にやめるということになれば、また新たに県、国に申請をしかえなければいけないと、認可をとらなければいけないと、こういうことで、現状は、必要があるということで国が認可をしておるので、現状においてはやめないと。現道までの工事はして、国体に備えたいと、このような回答でございました。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 私は当局の言っていることを聞いたわけではないんです。皆さんが見られて、本当に建設委員会委員の皆さん方が、この道路を、今崖っぷち予算と言われている中でやらなければいけないのか、不要不急な工事、そういうふうな判断はなかったのか、そういった点をお聞きしているわけですよ。だから、何のためにあそこに行かれたのかというのは、そういったことを見るべき内容があったからだったんじゃないんですか。あくまでもやることを前提に……



○議長(大空軍治君) 山田議員、質問は簡潔に。



◆議員(山田伸幸君) はい。やることを前提にされたのでは、今多くの市民が市民サービスをカットされる中で納得いかないと思うんですが、そういった議論はなかったのかということをお聞きしているわけです。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 先ほど申しましたように、廃止その他の議論も出ております。ですが、先ほど申しましたように、交付金事業でありますので、いたし方がないと、こういう委員全体の話でございます。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) 小規模土木の件についてお尋ねしたいというふうに思うわけですけども、小規模土木、予算減額されてきているわけですけども、そうした中で、柳井市なんかでは、生活道路の整備、材料を提供して、地元の人たちが工事をしていこうということで、材料費100万以内という形で、地元の人たちが工事を、道路整備をしていっているわけですけども、そうした手法を取り入れてはどうかというような審議等が委員会の中でなされたのかどうか、その辺についてお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) これも先ほど申し上げましたように、要望が38件と、こういうお話でございます。ただ、地元協議が、全体的にまだ当局が終わっていないということで、現状において予算が下がっておるが、20件は最低の目標にしたいと、このような回答でございました。



○議長(大空軍治君) 中島議員。



◆議員(中島好人君) 私が聞いたのは手法の問題で、地元の力、労力を借りて事業を行っていこうという新しい手法の方向についての内容についてお尋ねしたわけですけども。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 手法の問題につきましては、協議を今回しておりません。

 以上です。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 次に、環境経済委員長の報告を求めます。岡田委員長。

(岡田 事君登壇)



◎環境経済常任委員長(岡田事君) それでは、環境経済常任委員会に付託されました議案の審議について御報告申し上げたいと思います。

 去る3月7日本会議におきまして付託されました議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計予算について、3月19日と20日の2日にわたり、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告申し上げます。

 まず、環境課関係について、その概要と委員からの主な質疑について御報告いたします。

 まず、衛生費の主な内容は、斎場及び霊園の管理運営費、ごみ焼却関連経費等が計上されております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「斎場・霊園整備委託料は、去年が38万3,000円で、今回が60万円という計算根拠は何ですか」との質問に対しまして、「18年度に計上しておりましたのが、小野田霊園の草刈りの委託料を計上しておりました。このたび18年度に市の職員が対応するということでありましたが、十分な対応ができませんでしたので、財政と折衝して、これについても業者でできるようにいたしまして、山陽の南と東墓地の草刈りの委託料を計上したところであります」との答弁がありました。

 次に、「環境調査センターを市が持っている意義についてどのように考えているか」との質問に対し、「設立の経緯ですが、西部石油の誘致に際しまして、油害に対する不安を解消し、漁業振興を計るということで、市と漁協が協定を結んで設立をされたものであります。その後、環境情勢も変わりまして、現在では、海域、河川、湖沼とか、市の公共施設、そういう大気汚染等、多岐広範にわたり調査を行っております。特徴といたしましては、土壌汚染、大気汚染の調査を行っていますが、汚染事故とか魚の変死事故とかの苦情処理に迅速に対応しております。迅速に対応を要する事案に、他機関に先んじて機敏に対応できるということであります」との答弁がありました。

 次に、商工労働課関係について、その概要と委員からの主な質疑について御報告申し上げます。

 主な内容ですが、労働費では、労働対策事業費、勤労者施設管理運営経費等5,655万9,000円が計上され、商工費では、地方バス路線の維持支援事業費、企業誘致推進経費、中小企業等振興対策事業費等5億1,875万9,000円が計上されております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「シルバー人材センターの出張所を厚狭地区の方につくる話がありましたが、その後どうなりましたか」との質問に対し、「市の合併と並行いたしまして、シルバー人材センターが山陽地区にはございませんでしたので、市域の拡大を図りました。しかし、山陽地区については、会員数が余り伸びないということがありまして、また、シルバー人材センターにつきましても、市と同様に経営が厳しいということで、なかなか支部の結成までは踏ん切りがつかない状態だと聞いております」との答弁でありました。

 次に、「地方バス路線の補助金が1,851万円減額になっておりますが、この減額になった理由はどういったことで減額になったのでしょうかと、路線の廃止、変更があったのですか」との質問に対しまして、「路線の廃止、変更等はございません。補助金自体が査定の中で、18年度の実績を勘案する中で1割カットということで示された次第です」との答弁がありました。

 次に、「労働諸費のうち、負担金及び交付金で、地区労働者福祉協議会補助金と労働福祉対策費補助金とはどのような違いがあるか」との質問に対して、答弁では、「労働福祉対策事業補助金は、連合山口の山陽小野田地域協議会に対し支出するものであります。また、地区労働者福祉協議会補助金については、山陽小野田市労働者福祉協議会というものがありまして、そちらの方に補助するものであります。この後者の小野田市労働者福祉協議会は、山口県労働者福祉協議会の下部組織として山陽小野田地区において結成され、労働組合や労働者福祉事業団体や中小企業等の個人労働者に福祉活動を総合的に推進している団体であります」とのことでございました。

 次に、農林水産課関係についての概要と委員からの主な質疑について御報告をいたします。

 主な内容で、農林水産業費では、農業振興対策事業費、治水排水対策事業費、林業振興事業費及び漁港施設整備事業費並びに地方卸売市場事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計への繰り出し金など、5億9,742万6,000円が計上されております。また、災害復旧費では、鉱害復旧関連事業費13万9,000円が計上されております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「来年度の松くい虫対策はどのようになっているんですか」との質問に対し、「来年度につきましては、予算要求をしましたが、補助、単独、すべてについて計上されておりません」との答弁がありました。

 次に、「イノシシの防止柵の補助事業で、4.6kmで255万3,000円、今回これがカットされていますが、上の方からのお金がもらえんようになったから、独自で払うことはできん、そのために止めたという認識なんですか、どうですか」との質問に対しまして、「イノシシのフェンス、柵等の関係でありますが、共済組合制度がありまして、この組合に対しては共済の事業で実施するという方向がありますので、県・市の予算も厳しくなったと理解しております」との答弁がありました。

 次に、「繁殖保護事業補助金というのがあるんですが、昨年の予算に比べ、約4分の1に削減されていますが、事業的にはどういう内容で削減された理由についてお聞かせください」との質問に対しまして、「繁殖補助事業ということで、稚貝放流等々を行っております。ただ、この中で、山陽小野田市には4支店あります。その中で、今まで稚貝放流等を行っているんですけれども、埴生支店、厚狭支店については今回は見合わせましたと。もう一つは、刈屋ですが、これにつきましては、ナルトビエイの絡みもあって、ちょっと額を控えてみようかという、要は、放流先をちょっと変えてみよう、量を少し減らしてみようという事前の話し合い等々がありまして、昨年に比べまして、4分の1程度になった」ということであります。

 次に、「28節の地方卸売事業特別繰出金が約400万円減額されているが、これでやっていけるのですか、見通しはどうなっているんですか」との質問がありました。これについて、執行の答弁は、「この市場特別会計については、卸売業者の中央青果に運営費補助金として出してきましたが、毎年100万円ずつ減額していくということになっておりました。しかし、今年度は300万円を補助することになっていたが、約束どおりの補助が困難となり、大幅な減額をすることとなった」ということであります。

 次に、消防本部関係について、その概要と委員からの主な質疑について御報告いたします。

 主な内容ですが、消防費では、防災対策事業費、消防防災環境整備事業費等11億4,487万6,000円が計上されています。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。まず、「非常備消防費で、火災時での分団に知らせる方法と、各消防団の消防自動車の出動回数を教えてください」との質問に対しまして、「団の方に知らせる方法といたしましては、指令室に火災の報告が入りましたら、第1番といたしまして、地元分団の分団長さん、団長さんというふうに地元を優先として連絡をとっております。そして、おられないということがあれば、事前に連絡が入るような方法になっております」との答弁がありました。

 また、「薬剤投与の実習が2名で、救急救命士の気管挿管の実習は終わった方が2名おられると思うのですが、2名の配置の状態と、2名行かれた方の今後の配置の予定と薬剤投与の方の今後の日程をお願いします」との質問に対しまして、「気管挿管は現在4名おりまして、薬剤投与は2名修了しています。来年度も2名ということです。配置ですが、薬剤については、山陽消防署の方に2名おりますし、気管挿管については、小野田、山陽それぞれ2名ずつおります」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、賛成多数で原案どおり可決いたしました。議員各位の御審議よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

(岡田 事君降壇)



○議長(大空軍治君) 環境経済常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 労働福祉対策費補助金の目的は審議されている、今のお話ではされているんですが、その補助金の金額の適正については審議されたのでしょうか、どうでしょうか。



○議長(大空軍治君) 岡田委員長。



◎環境経済常任委員長(岡田事君) 金額面にわたってまでは審査いたしておりません。論議もいたしておりません。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 以上をもって委員長報告に対する質疑を終わり、これより討論を行います。討論はありませんか。佐村議員。

(佐村征三郎君登壇)



◎議員(佐村征三郎君) 議案第18号に反対の立場から討論いたします。

 今回提案された平成19年度予算案は、市長が「崖っぷち予算」と言われるように、大変厳しい内容の予算案となっています。しかし、民間発想で職員一丸となって取り組んだ結果のやむを得なかった崖っぷちだったのでしょうか。平成18年度予算で、市民説明、市民合意のない合併合意の変更やサービス低下について、議会や市民から厳しい批判を受け、撤回を余儀なくされた反省、教訓は生かされましたか。

 また、市長は、3月1日付の広報を見ますと、厳しい財政状況を乗り切るために、市職員に大きな期待を寄せられています。しかし、昨年10月に毎日新聞で報じられた助役解任問題、昨年4月、わずか半年で交代した水道局長、総務部長は2年の間に既に3人目、昨年4月の異動で6人の部課長が公益法人等へ派遣など、左遷とも思える人事が繰り返される中、職員の意識の高揚は本当に図られたんでしょうか。

 私は、財政状況が厳しいときだからこそ、市長は職員の真の意識改革に努め、積極的に情報開示や説明責任に取り組む、懸案事項は先送りせずに、市民と危機意識を共有しながら市政に当たるべきだし、また、その結果として、その予算案であるべきだと考えます。

 さて、具体的な反対理由について申し上げます。

 まず、予算編成方針についてです。合併時には、合併協議により合意された新市財政計画がありました。しかし、市長は新市財政計画がずさん、甘い、無責任と切り捨て、以後、財政健全化計画は公表されていません。財政健全化計画は、財政健全化の道筋を明確にする、財政運営の一貫性を確保する、そして市民への説明責任を果たすための重要な計画です。この計画がなければ、将来を展望した予算編成はできないはずです。市民も、負担の増加やサービスの低下が何年度にどの分野でどの程度行われ、いつごろになったらもとに戻るのか、全くわかりません。企業誘致や定住促進と言いますが、この計画を示さないまま、財政危機ばかりを全国に情報発信していて、企業が来ますか、こんなまちに人が住みたいと思いますか。

 しかし、今議会の一般質問で、市長は、市長に就任して既に2年経過しようとしているにもかかわらず、財政健全化計画をまだ作成していないことを明らかにされました。また、同じく一般質問では、財政見通しについても回答されています。「7年後には明るい日が見える」。この前までは「3年後」と言っていました。この平成19年度予算案も、一般質問で回答された財政見通しも、一体何を根拠にされたんでしょう。まさに甘い、ずさん、無責任としか言いようがありません。

 また、このことから、平成18年度予算案に続き、平成19年度予算案も、その年度の収支だけを考えた予算、市民への説明責任が果たされてない予算ではないかと思います。財政健全化は、時間との戦いであることは民間も市役所も一緒のはずです。疲弊した本市の財政にとってはなおさらです。市長は説明責任を果たすべく、財政健全化を進めている病院事業、オートレース事業を含め、財政健全化計画を速やかに公表し、財政展望を示した上で予算編成に当たるべきだと考えます。

 次に、歳入についてです。市長は、選挙公約の中で、「財政の現状は非常事態です」と言っておられ、市長就任時から財政状況が非常に厳しいことを十分承知されていたはずです。

 また、昨年3月に策定、公表された行財政改革プランでは、旧小野田市と旧山陽町の間の市税の不均衡解消や施設の使用料の見直しなど、歳入にかかわる具体的な検討課題が示されています。

 しかし、今議会の一般質問で、それらの課題のほとんどは結論に至らず、平成19年度予算の収入確保に寄与していません。

 また、都市計画税の問題については、「平成21年度が目標」と回答され、厳しい財政とは裏腹な実にのんびりした態度にびっくりしました。実質公債費比率が県下ワーストワンで市債の借り入れが守られなく、基金で何とか平成19年度はやりくりできたものの、平成19年度でこの基金も底を尽きます。市債や基金を当て込んだ予算はいずれ破綻します。まさに民間発想が求められた平成18年度だったはずです。

 なぜ平成19年度の予算編成に間に合うよう歳入の検討課題が調整されなかったのか、私には理解できません。危機意識を持って鋭意作業を進めていれば、本当にここまで崖っぷちにならずに済んだはずです。

 次に、歳出についてです。

 平成19年度予算の歳出は、市民サービス関係では、敬老祝金の支給休止、中学生の海外派遣中止、市立図書館や小中学校の図書費の大幅削減、自治会、社会福祉協議会を初め各種団体への補助金カットなどが予定されています。

 事務事業関係では、人件費が昨年度に引き続きカットされるほか、施設の維持管理経費が大幅に削減されています。

 また、有帆一帯緑地最終処分場の償還金や病院事業への繰出金は予定額を下回って計上されています。

 その一方で、11人の新規採用が予定されています。

 歳出について反対の理由が四つあります。

 まず第1に、採用計画を策定しないまま大量の新規採用を強行しようとしていることです。朝日新聞に、防府市は合併していませんが、「退職補充はしない」とのことです。本市よりも財政状況のいい防府市ですら退職補充はしないんですよ。この採用に伴う予算額は約3,500万円で、敬老祝金の休止や中学生の海外派遣中止、市立図書館や小中学校の図書費減額、それぞれの削減額の合計よりもはるかに大きい額です。そして、この額は、職員が退職するまでふえ続けていきます。合併効果の最も大きいものは、職員の減少に伴う人件費の削減です。それは、だれもが承知です。職員の減少により事務が滞る場合は、臨時職員や事務委託で十分対応できるはずです。がけっ縁になってまで、また市民サービスを低下させてまで合併効果に逆行する採用に固執する合理的な理由が私にはわかりません。

 また、市長は、今議会の一般質問で、「厳しい指摘もあり、平成19年度中の採用、20年度中の採用を慎む」と回答されました。ところが、市長公室長は、「現在職員は余剰がある」と言われますし、総務部長は、「段階を保つためには採用がなければならん。」庁舎そのもので意見が対立しています。もし議員の質問がなければ、毎年大量の採用をされる予定ではなかったんですか。少しは、民間を見習ってほしいと思いますね。

 第2に、市長は市民サービスの低下するものについて、昨年に引き続き市民に説明責任を果たされなかったことです。昨年の6月議会の一般質問で、「平成18年度予算の編成に伴う市民への説明責任について、十分な説明を行う時間が不足していて大変申しわけない」と回答されました。

 また、昨年12月議会の一般質問で、高泊福祉会館、本山福祉会館のふろの休止について、「今後は何らかの変更をせざるを得ない場合には、十分な周知期間を設け、地域の皆様の御理解と御協力をいただきながら慎重に対応してまいりたい」と回答されまして、しかし、今議会の一般質問では、市民に事前の説明もしなかったことを認めた上で、「議決後に広報等で周知を図る」と回答されましたね。市長は、市民との約束を守る気がさらさらなかったような気がします。

 それから、事後説明が広報等というものを少しは本当に情けないでしょう。みずから出向いて説明するぐらいの思いはないのでしょうか。市民対話の日の看板が泣くんではありませんか。

 第3に、特別職の退職手当制度が全く手がつけられていないことです。市長は今議会の一般質問で、「議員や職員の報酬、給料にメスを入れざるを得ないときが来たら、全額放棄する」と回答されました。しかし、議員の報酬は25%カットされており、また、職員の給料は5%カットで、県下最低の給料水準となっており、地域給導入で今後さらに約5%カットされる見込みです。

 職員の諸君の将来は大丈夫でしょうか。さらには、市民サービスは昨年度に引き続き引き下げられています。新規採用といい、特別職の退職手当制度といい、行政内部のいわば身内の問題です。市民に厳しい要求をされるのなら、まず市長みずからが模範をすべきではないですか。

 第4に、有帆一帯緑地最終処分場の償還金や病院事業への繰出金についてです。

 市長は、今議会の一般質問で、「有帆一帯緑地最終処分場の償還金は、償還債務が発生し、一方的な都合で内容は変えられない。病院事業への繰出金は補正予算を組みたい」と回答されています。

 要は、予算に計上しなければならないものを計上してないということです。本当に、地方財政法という合理的な基準により、その経費を算定し、予算に計上することを規定していませんか、地方財政法は。このことから、この予算案は、私は地方財政法違反の疑いがあるのではないかと考えます。

 以上が、私がこの予算案に反対する理由です。

 最後に、平成16年12月24日に、今後の行政改革の方針が閣議決定され、それを受けて、総務省も平成17年3月29日、地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針を各都道府県、市町村に当てて出しています。本市においても、この指針に基づいて昨年3月に行財政改革プランを策定し公表をしました。この総務省の指針について、地方議会は、改革推進のためにその機能を十分に発揮することが求められており、具体的には、地方議会で、行政改革大綱等の進捗状況や執行機関の行う行政評価の結果等について報告、説明を求めなくてはならず、執行機関に対する監視、機能をみずから高めていく取り組みを積極的に行うとともに、市民の多様な意見を把握し、集約、反映させるための取り組みを積極的に行うことが望ましいこととされています。

 議会は、総務省の指針を重く受けとめ、議会の使命を全うすべく市政への監視強化を図り、また、市民の声を真摯に受けとめ、市民の立場、目線に立って議会に提案される個々の案件を判断しなければならないと私は強く思います。

 その上で、おかしいものはおかしいとはっきり言うべきですし、この予算案は、向こう1年間の市民サービスを決める極めて重要な案件です。この予算案の先に市民の笑顔が見えますか。市民の発展した姿が思い描けますか。

 議員の皆様もいま一度検討をいただき、賢明な判断をお願いをいたしまして私の反対討論といたします。ありがとうございました。

(佐村征三郎君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。津野議員。

(津野啓子君登壇)



◎議員(津野啓子君) 賛成討論をいたします。

 厳しい財政状況は、早いスピードで非常事態となりました。今責任がどこにあるではなく、これからは市民によるまちづくりに向け情報を開示し、説明により市民との危機感を共有し、行政が責任を持つべき行政サービスは行政が行うが、市民みずからが社会サービスを担い助け合う行政依存から市民本位のまちづくりを考えていくときだと思っております。

 行政は、財政健全化計画の作成だけではなく、市民の知恵と力が発揮される仕組みをつくることが今まで以上に必要となります。財政破綻を避けるための「崖っぷち予算」を市民との協働や民間発想で、また議会は個々の問題を批判するだけでなく、市民と行政の新しい役割分担関係を整えるよう提案することで、この予算を私は「頑張る予算」と呼んでおります。

 全国にも財政難の市町村があります。山陽小野田市が市民によるまちづくりの成功事例となれるよう予算に賛成いたします。

(津野啓子君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。中島議員。

(中島好人君登壇)



◎議員(中島好人君) 議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計予算について、日本共産党市会議員団を代表して、ただいまより反対討論を行います。

 まず初めに、「崖っぷち予算」と言われる中で、障害者自立支援法施行により、負担がふえた障害者に対して、利用料助成のために予算を確保されたことについて高く評価し、敬意をあらわすものであります。

 障害者自立支援法は、受益者負担を導入し、多くの障害者を初め家族を苦しめ、障害者、関係者を中心とした負担軽減を求める運動が大きく盛り上がり、白井市長は、みずから県に対して助成策を強く要望されたことにより、県の予算措置まで結びつきました。この活動は、弱い者を救っていく確かな歩みと言えるものです。

 次に、歳入についてですが、国による三位一体改革は、地方への財源移譲を上げながら実際には、大幅な予算カットで、合併前につくられた財政計画に比べて地方税収入は一定の伸びを示したものの、地方交付税22億円、国庫支出金3億6,000万円、合計約25億円も国からの財源が削減され、山陽小野田市の大幅な収入不足の原因となっています。

 例えば、国保会計にこれまで国から出されていました財政安定化支援事業への補助金が交付税に歳入されたと言えますが、地方交付税全体が4%削減され、一般会計から国保会計に対して繰り入れができなくなっています。

 合併前、地方交付税については、合併前の金額の合計が支給されるような宣伝がなされましたが、実際には大幅な減額で、まやかしであったことは明らかであります。

 また、山陽オートが、包括的民間委託が行われ、最低保障1億1,000万円がありながら、一般会計への繰り入れが予算計上されていません。このことは、白井市長も言ってるように、違法状態が放置されたままであり、公営ギャンブルのあり方も問われますが、違法状態の解消は地方自治体としての責任ではないでしょうか。

 さて、歳出についてですが、歳入不足が明らかな中で、さまざまな市民サービスカットや負担増が押しつけられる予算となっています。市民にとって不要不急、むだな予算をカットされた上で、そして、市民サービスがカットされるのであるならば、納得がいきますが、日本共産党市議団が明らかにしたように、道路改良事業の市道談合道・久保線改良事業には2億8,600万円もの大型事業であります。まさに不要不急事業の典型であり、地元住民でさえむだな道路建設と批判されている事業であります。

 これだけの予算があれば、今回提案されたさまざまな市民サービスカットは必要はありません。今回問題とされた市民サービスカットは、1、市民の教養文化素養の向上充実に欠かせない図書購入費や学校図書の削減、これの合計が1,671万円、2、中学生の海外派遣事業中止で151万円、3、子どもたちの見守り指導のための指導主事削減で900万円、4、市の福祉事業の担い手、社会福祉協議会への補助金カットが1,569万円、5、国保会計への繰出金カットで3,061万円、6、敬老祝金の中止が480万円、7、地域の安全に必要な小規模土木、小規模の改良事業の合計で744万円、8、多くの市民が楽しみにしているイルミネーションコンサート中止が253万円、9、自治会事務費の15%カットで929万円、この9事業合計が9,760万円です。先ほどの市道談合道・久保線の工事費用2億8,600万円の3分の1を充てれば十分存続できるものであります。

 また、これ以外にも歳出の問題点として、小野田・楠企業団地に対する土地開発公社への利子補給金半額計上で1,162万円。花の海への利子補給で894万円など、市民にとって納得しがたい歳出が組まれていることであります。

 まだ、このほかにも職員の残業手当のカットについては、代休に振りかえをするといいますが、年休消化さえままならないのに、事実上サービス残業となるのではないでしょうか。

 都市計画税についても合併後の一体感の醸成を壊すような不均衡課税そのものです。一刻も早く不均衡課税を是正されることを求め、反対討論といたします。

(中島好人君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。河野議員。

(河野朋子君登壇)



◎議員(河野朋子君) 議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計について、反対の立場で討論いたします。

 今回の予算案が、「崖っぷち予算」と名づけられ、広く市民のその厳しい状況を知らせようとする市長の姿勢は、広報や市長との対話の日などでも感じられ、市長の努力は評価いたします。

 また、これまでの借金も財源であるという考え方を改め、市債の発行を20億円以下に抑えるといった方針を出されたことも今までの借金も市民サービスであるというとらえ方から大きく方向転換されたという意味で評価すべきであると思います。これは、大きな前進と言えるのではないでしょうか。

 しかし、「崖っぷち予算」だからこそ思い切った行財政改革を必要とする今回の予算であるのに、その中に行財政改革の理念や方針が見えてきません。

 例えば、補助金の削減にしても、きちんとした基準なしに一律カットしています。本来の補助金の意味を考え、いま一度精査すべきと思います。

 また、職員の時間外手当のカットにしても、数値目標を掲げてはありますが、その具体的な方策が見えません。

 また、教育分野においては、当市は生活改善、学力向上プロジェクトに取り組み、全国に教育改革を発信しているにもかかわらず、図書費の大幅カットなど、今回の極端な教育予算の削減には納得がいきません。教育の予算は、将来の先行投資としてもっと大切にしていただきたいと思います。

 また、これらの項目が行財政改革による削減効果の中に上げられていることにも疑問を感じております。

 今回の予算編成に当たって、財源がなく大変苦労されたことは十分理解していますが、まだ、行革大綱や財政計画がないために長期ビジョンが見えず、場当たり的な削減をしたのではないかと思われます。抜本的な行財政改革を行い、将来を見通した財政計画に基づいた予算編成がなされるべきだと思います。

 私は、これらのことを一般質問や委員会審査を通して執行部に問いただしてきましたが、残念ながら明快な納得のいく答弁はいただけませんでした。むしろ、執行部の中には、危機感の温度差を感じる場面すらありました。

 以上、反対理由を述べさせていただきましたが、私は、今回の「崖っぷち予算」に至った原因、それを明らかにすることなしには、この予算について考えることはできないと思うのです。

 つまり、この「崖っぷちが予算」を組まざるを得なかった、その責任はどこにあるのかということです。このような厳しい状況になることは、合併前には既にわかっていたにもかかわらず、市民へきちんと正しい情報を知らせずに合併を推し進めた当時の首長、そして、執行部、さらには議会、ここに責任があるにもかかわらず、いまだにそのことについて言及されておりません。

 それどころか、あたかもすべてが現白井市長の責任であるかのような発言、例えば、まだ、任期を半分も残している市長の退職手当について議会で取り上げられたり、また、市民の中にもそのような考えを意見広告として出す人がいたり、先ほどの反対討論にもそのような論理のはき違いを見てとれました。問題の本質が取り違えられているのではないでしょうか。

 私は、改めて行政、議会にはその責任の所在を真摯に受けとめ、同じ轍を踏まないことを肝に銘じて、市民のために粉骨砕身の努力をしていただきたいこと、そして、職員の中にもっと危機感、スピード感をもって行財政改革を進めるべく市長にはさらなるリーダーシップを発揮していただきたいこと、これらのことを意見としてつけ加え反対討論といたします。

(河野朋子君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) ありませんね。これをもって討論を終わります。

 これより議案第18号について採決いたします。本件に対する委員長報告はそれぞれ可決でありますが、賛成多数でありますので起立により採決いたします。本件は、委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第7議案第36号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第7、議案第36号山陽小野田市敬老祝金支給条例の停止に関する条例の制定についての閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 本件は、民生福祉常任委員会において目下審査中の事件でありますが、会議規則第103条の規定により委員長から閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長の申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

 委員会におかれましては、閉会中といえども十分なる御審査をお願いいたします。

────────────



△日程第8閉会中の調査事項について

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第8、閉会中の調査事項についてを議題といたします。

 本件について、各常任委員長及び議会運営委員長から会議規則第103条の規定によりお手元に配付してあります閉会中の調査事項についての表のとおり申し出がありました。

 お諮りいたします。各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の調査に付することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の調査に付することに決定いたしました。

 以上をもって、本会議に付された案件は全部終了いたしました。よって、平成19年第1回2月山陽小野田市議会定例会を閉会いたします。どうもお疲れでございました。

────────────

午後2時42分閉会

────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。




  平成19年3月27日

   議  長   大 空 軍 治

   署名議員   岩 本 信 子

   署名議員   小 野   泰