議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 山陽小野田市

平成 19年 2月定例会(第1回) 03月07日−02号




平成 19年 2月定例会(第1回) − 03月07日−02号









平成 19年 2月定例会(第1回)


平成19年
山陽小野田市議会(第1回定例会)会議録
平成19年3月7日     午前10時00分 開議


 議員定数 (27名)
 現員数     (27名)
 出席議員 (27名)
     議 長  大 空 軍 治 君
     副議長  硯 谷 篤 史 君
     議 員  伊 藤   武 君
     議 員  伊 藤   實 君
     議 員  岩 本 信 子 君
     議 員  衛 藤 弘 光 君
     議 員  江 本 郁 夫 君
     議 員  岡 田   事 君
     議 員  小 野   泰 君
     議 員  尾 山 信 義 君
     議 員  河 野 朋 子 君
     議 員  川 村 博 通 君
     議 員  河 村 雅 伸 君
     議 員  佐井木 勝 治 君
     議 員  佐 村 征三郎 君
     議 員  ? 松 秀 樹 君
     議 員  千々松 武 博 君
     議 員  津 野 啓 子 君
     議 員  中 島 好 人 君
     議 員  中 元   稔 君
     議 員  二 歩 材 臣 君
     議 員  福 田 勝 政 君
     議 員  正 村 昌 三 君
     議 員  三 浦 英 統 君
     議 員  山 田 伸 幸 君
     議 員  好 川 桂 司 君
     議 員  吉 永 美 子 君

 欠席議員 ( 0名)

事務局職員出席者
 局     長  尾 原 勇 次 君
 次     長  川 上 賢 誠 君
 主査兼議事係長  清 水   保 君
 調 査 係 長  西 田   実 君
 主     任  玉 田 拓 男 君
 書     記  大 井 康 司 君
 
説明のため出席した者
 市     長  白 井 博 文 君
 助     役  篠 原 宣 行 君
 総 務 部 長  笹 木 慶 之 君
 総務部次長    市 村 雄二郎 君
 企画政策部長   尾 崎 謙 造 君
 企画政策部次長  江 本 勝 一 君
 市民福祉部長   金 光 康 資 君
 市民福祉部次長  大 田 博 美 君
 市民福祉部次長  松 野 清 和 君
 環境経済部長   横 田 信 夫 君
 環境経済部次長  河 崎 平 男 君
 建設部長     福 重   亨 君
 建設部次長    西 村   明 君
 市長公室長    山 縣   始 君
 監理室長     西 村 勝 正 君
 山陽総合事務所長 村 上 俊 三 君
 公営競技事務所長 安 田 克 己 君
 病院事業管理者  河 合 伸 也 君
 病院局次長    山 根 雅 敏 君
 教育長      江 澤 正 思 君
 教育部長     加 藤 佳 雄 君
 水道事業管理者  山 縣 武 士 君
 水道局副局長   野 村 宗 司 君
 消防長      中 里 裕 典 君
 消防本部次長   安 部   学 君
 監査委員     白 川 英 夫 君
 監査委員事務局長 野 田 武 廣 君
 
本日の会議に付した事件
日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 議案第10号及び議案第13号の2件について委員長報告、質疑、討論、採決
(総務文教常任委員長報告)
議案第10号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について
議案第13号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
日程第3 議案第2号から議案第4号まで、議案第7号、議案第15号及び承認第1号並びに意見書案第1号の7件について委員長報告、質疑、討論、採決
(民生福祉常任委員長報告)
議案第2号 平成18年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第5回)について
議案第3号 平成18年度山陽小野田市介護保険特別会計補正予算(第5回)について
議案第4号 平成18年度山陽小野田市老人医療特別会計補正予算(第4回)について
議案第7号 平成18年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)について
議案第15号 養護老人ホーム長生園組合規約の変更について
承認第1号 平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第5回)に関する専決処分について
意見書案第1号 医師・看護体制の充実で、安全・安心の医療を求める意見書の提出について
日程第4 議案第5号、議案第8号、議案第9号、議案第11号、議案第16号及び議案第17号の6件について委員長報告、質疑、討論、採決
(建設常任委員長報告)
議案第5号 平成18年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第3回)について
議案第8号 平成18年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)について
議案第9号 平成18年度山陽小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)について
議案第11号 山陽小野田市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について
議案第16号 市道の廃止について
議案第17号 市道の認定について
日程第5 議案第6号及び議案第12号の2件について委員長報告、質疑、討論、採決
(環境経済常任委員長報告)
議案第6号 平成18年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第5回)について
議案第12号 山陽小野田市労働会館条例の一部を改正する条例の制定について
日程第6 議案第1号の1件について委員長報告、質疑、討論、採決
(総務文教常任委員長報告)
(民生福祉常任委員長報告)
(環境経済常任委員長報告)
(建  設常任委員長報告)
議案第1号 平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第6回)について
日程第7 議案第18号から議案第41号までの24件に対する質疑、委員会付託
議案第18号 平成19年度山陽小野田市一般会計予算について
議案第19号 平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別会計予算について
議案第20号 平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算について
議案第21号 平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について
議案第22号 平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算について
議案第23号 平成19年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について
議案第24号 平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算について
議案第25号 平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算について  
議案第26号 平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について
議案第27号 平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算について
議案第28号 平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算について
議案第29号 平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について
議案第30号 平成19年度山陽小野田市水道事業会計予算について
議案第31号 平成19年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算について
議案第32号 山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定について
議案第33号 山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について
議案第34号 山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
議案第35号 山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
議案第36号 山陽小野田市敬老祝金支給条例の停止に関する条例の制定について
議案第37号 山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について
議案第38号 山陽小野田市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について
議案第39号 山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第40号 字の区域の変更について
議案第41号 山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する規約の変更について
日程第8 議案第42号から議案第48号までの7件を一括上程、提案理由の説明、質疑、委員会付託
議案第42号 山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定について
議案第43号 山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第44号 山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について
議案第45号 小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議について
議案第46号 小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う事務の承継に関する協議について
議案第47号 小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う財産処分に関する協議について
議案第48号 山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定について
 

委員会付託表[平成19年3月7日]
┌─────────┬───────────────────────────────────┐
│ 委 員 会 名 │         付    託    内    容          │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│総務文教常任委員会│・議案第18号 平成19年度山陽小野田市一般会計予算について(関係分)│
│         │・議案第20号 平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算について │
│         │・議案第32号 山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定について  │
│         │・議案第33号 山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する │
│         │ 条例の制定について                         │
│         │・議案第34号 山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条 │
│         │ 例の制定について                          │
│         │・議案第40号 字の区域の変更について                │
│         │・議案第42号 山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定について│
│         │・議案第43号 山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部 │
│         │ を改正する条例の制定について                    │
│         │・議案第44号 山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正す │
│         │ る条例の制定について                        │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│民生福祉常任委員会│・議案第18号 平成19年度山陽小野田市一般会計予算について(関係分)│
│         │・議案第19号 平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別 │
│         │ 会計予算について                          │
│         │・議案第22号 平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算につ │
│         │ いて                                │
│         │・議案第23号 平成19年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について │
│         │・議案第24号 平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算について │
│         │・議案第29号 平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について   │
│         │・議案第35号 山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の  ││         │ 制定について                            │
│         │・議案第36号 山陽小野田市敬老祝金支給条例の停止に関する条例の制定 │
│         │ について                              │
│         │・議案第37号 山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定に │
│         │ ついて                               │
│         │・議案第38号 山陽小野田市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改 │
│         │ 正する条例の制定について                      │
│         │・議案第41号 山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関す │
│         │ る規約の変更について                        │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│建設常任委員会  │・議案第18号 平成19年度山陽小野田市一般会計予算について(関係分)│
│         │・議案第21号 平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について│
│         │・議案第26号 平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について│
│         │・議案第27号 平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算 │
│         │ について                              │
│         │・議案第30号 平成19年度山陽小野田市水道事業会計予算について   │
│         │・議案第31号 平成19年度山陽小野田市工業用水道事業会計予算につ  │
│         │ いて                                │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│環境経済常任委員会│・議案第18号 平成19年度山陽小野田市一般会計予算について(関係分)│
│         │・議案第25号 平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算 │
│         │ について                              │
│         │・議案第28号 平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予 │
│         │ 算について                             │
│         │・議案第39号 山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関す │
│         │ る条例の一部を改正する条例の制定について              │
│         │・議案第45号 小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議について   │
│         │・議案第46号 小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う事務の承継に関する │
│         │ 協議について                            │
│         │・議案第47号 小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う財処分に関する協議 │
│         │ について                              │
│         │・議案第48号 山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正す │
│         │ る条例の制定について                        │
└─────────┴───────────────────────────────────┘


────────────

午前10時開会

────────────



○議長(大空軍治君) おはようございます。ただいまの出席議員数は27名で会議定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 議事日程はお手元に配付してありますとおり進めてまいります。

────────────



△日程第1会議録署名議員の指名

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会期規則第80条の規定により、議長において二歩議員、福田議員を指名いたします。

────────────



△日程第2議案第10号・第13号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第2、議案第10号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について及び議案第13号山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についての計2件を一括議題といたします。

 本件に対し、総務文教常任委員長の報告を求めます。中元委員長。

(中元 稔君登壇)



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 皆さん、おはようございます。去る2月28日の本会議において議長から付託されました議案第10号及び13号の議案2件について3月2日に委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その結果と概要を御報告いたします。

 まず、議案第10号は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてであります。

 本条例は、地方自治法の一部改正に伴い、本市条例を整備するための条例で、山陽小野田市執行機関の附属機関に関する条例など五つの条例の一部改正と、山陽小野田市に収入役を置かない条例の廃止であります。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 次に、議案第13号は、山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更についてであります。

 本議案は、地方自治法の一部改正及び加入団体の数の減少に伴う規約の変更であります。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 以上であります。議員各位の御審議のほどよろしくお願いいたします。

(中元 稔君降壇)



○議長(大空軍治君) 総務文教常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては1件ずつ行います。

 議案第10号地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第10号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第13号山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第13号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第3議案第2号〜第4号・第7号・第15号・承認第1号・意見書案第1号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第3、議案第2号平成18年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第5回)についてから議案第4号平成18年度山陽小野田市老人医療特別会計補正予算(第4回)についてまでの3件、議案第7号平成18年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)について、議案第15号養護老人ホーム長生園組合規約の変更について及び承認第1号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第5回)に関する専決処分について並びに意見書案第1号医師・看護体制の充実で、安全・安心の医療を求める意見書の提出について、以上、計7件を一括議題といたします。

 本件に対し、民生福祉常任委員長の報告を求めます。津野委員長。

(津野啓子君登壇)



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) おはようございます。去る2月28日の本会議において、議長より当委員会に付託されました議案5件、承認1件、意見書案1件、計7件について、3月2日、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告いたします。

 初めに、議案第2号平成18年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第5回)についてであります。

 執行部より、「今回の補正は、国、県の負担額及び医療費の最終見込みに伴うものです」との説明を受け、「老人保健医療費拠出金3億1,565万7,000円の減額について」との質疑があり、「けたを一つ間違えた結果によるもので、最終的には影響ありません」との答弁がございました。

 なお、この件につきましては、担当の方から陳謝がありましたことを付言しておきます。

 また、「来年度の国保料は下がるということになるのか」との質疑があり、「予算計上時については、そのようになろうかと思いますが、最終的には次年度、保険料が安くなるという考え方にはなりません」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第3号平成18年度山陽小野田市介護保険特別会計補正予算(第5回)についてであります。

 執行部より、「今回の補正は、介護支援給付費の減額と医療制度改革に伴う介護保険システムの改修の追加事業費の減額及び地域支援事業に係る人件費の一般会計からの組み替えによる増額です」との説明を受け、本会議でもありました在宅支援サービス給付費の減額について、「その理由及び対象者は」との質疑があり、「要介護1から要支援になる割合を全国平均で6割という予測で予算を計上しておりましたが、実際には4割5分しかなく、当初1,000人弱という人数を見込んでいましたが、対象者が少なかったというのが一番大きな理由と考えております。また、対象者は、今現在で688人です」との答弁がありました。

 また、地域支援事業費について、「一般会計から特別会計へ移行されての金額的なメリットについて」との質疑があり、「地域包括支援センターの業務に係る人件費が補助対象に該当します」との答弁がありました。

 また、「寝たきり老人等介護見舞金も一般会計から特別会計へ移行されたが、その辺のメリットは」との質疑があり、「71人分で142万円の全額が補助対象となっています」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第4号平成18年度山陽小野田市老人医療特別会計補正予算(第4回)についてであります。

 執行部より、「今回の補正の主なものは、国、県の負担金の確定と医療費の最終見込み額に伴うものです」との説明を受け、「一般会計繰入金の増額について」との質疑があり、「国庫負担金を予定より毎年減額して交付してきますので、一般会計で数字を整えて予算書を調整するものです」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第7号平成18年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)についてであります。

 執行部より「今回の補正は、患者数の予定量を改めるとともに、決算を見込み、予算調整をいたしました。結果、両病院を合せた病院事業の単年度欠損金は3億5,500万円、累積で40億7,000万円となります」との説明を受け、「医師の確保の現状について」との質疑があり、「研修医制度が始まり、若い研修医が都会へ流れていくという現実があり、今、確保している医師を逃がさないということに努力していくことが現在の医師確保の最大の方策かなと思っています」との答弁がありました。

 また、「医師の処遇、その辺の基本的な認識について」との質疑があり、「医師離れの最大の原因が当直業務ということで、当直だけをしてもらえる医師を探す努力を現在している」との答弁がありました。

 また、「財務会計システム導入後の人員削減について」との質疑があり、「必ずしもこれを導入したからすぐに人員削減ができるというものではないということを御理解いただきたい」との答弁がありました。

 また、「第5次経営健全化計画に基づいて、特別繰り入れをしたにもかかわらず、単年度欠損金が出たと。この結果、不良債務が増額になったということについて」との質疑があり、「計画からかなりのずれが出ており、抜本的な見直しの時期に来ていると理解しており、議員の皆様方の御指導を受けながら適切な対応をしていきたい」との答弁がありました。

 また、「小野田市民病院単独で不良債務が発生したことについて」との質疑があり、「イメージ的なダウンになり、これは避けなければならないと思っています。この1,000万円の不良債務は、退職者が当初予定より大幅にふえたということによるもので、年度が変われば内部留保資金がまたできるという試算をしています」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、議案第15号養護老人ホーム長生園組合規約の変更についてであります。

 執行部より、「地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、組合議長、副議長の選出方法及び組合経費の内容を定義するものです」との説明を受け、「17条をつくられた背景について」との質疑があり、「今回、市から補助金を出す関係で明文化しなければいけないということで訂正しました」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて原案可決といたしました。

 次に、承認第1号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第5回)に関する専決処分についてであります。

 執行部より、「今回の補正は、地域介護、福祉空間整備交付金事業等の交付採択を受けたことにより補正するもので、市の整備計画に基づいて事業者が実施する施設等整備事業に、市が補助するものに対して国が10分の10交付するものです」との説明を受け、「施設改修費事業2,250万円、この額を超えた場合の市の持ち出しとの関係はどうなるのか」との質疑があり、「山陽小野田市補助要綱規則をまず改正しました。これに基づいて要綱を定め、その中に決算額をもって補助金とするというふうにやっています」との答弁がありました。

 また、「入札減で減る可能性があるか」との質疑があり、「可能性はあります。しかし、交付決定額は2,500万円ですが、2,000万円しか使わなかったら、当然国から入るのは2,000万円ですから2,000万円しか払いません」との答弁がありました。

 採決の結果、全員賛成にて承認といたしました。

 次に、意見書案第1号医師・看護体制の充実で、安全・安心の医療を求める意見書についてであります。

 採決の結果、全員賛成にて可決といたしました。

 以上で御報告を終わります。議員各位の慎重な御審議のほど、よろしくお願いいたします。

(津野啓子君降壇)



○議長(大空軍治君) 民生福祉常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては、1件ずつ行います。

 議案第2号平成18年度山陽小野田市国民健康保険特別会計補正予算(第5回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第2号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第3号平成18年度山陽小野田市介護保険特別会計補正予算(第5回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第3号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第4号平成18年度山陽小野田市老人医療特別会計補正予算(第4回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第4号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第7号平成18年度山陽小野田市病院事業会計補正予算(第2回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) それでは、委員長にお尋ねをいたしますが、先ほど病院会計全体で3億5,000万円の繰越欠損が出そうだということとあわせて、小野田市民病院においても不良債務が発生しているということなんですが、これは、退職金だけがその要因と考えていいんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 全体では、患者が減ということもございますが、説明を受けましたのは退職者がふえたということで1,000万円ということを聞いております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) それと、この不良債務の件では、特に山陽市民病院側の不良債務なんですが、これは減額になったのか、それとも変わっていないのか。その点については、どのように審議されておりますか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 不良債務は、今年度予定しておりましたよりもふえております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 病院経営の健全化計画、これに基づいて、今、懸命なる努力がされていると思うんですが、この山陽市民病院については、もう不良債務は必ず単独で減らしていくと、そういう約束が国、県とされているわけですが、この不良債務が改良できていない、前進に向かっていない、その大きな要因についてはどのような説明がされたんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) まず、患者減もありますし、そして、医師離れということ、医師が初めの当初予算よりも少なくなったことが原因と考えられますが、この5次計画で多くの不良債務が出たということに対しまして、また、予算の審議のときにいろいろ審議しようということになっております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第7号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第15号養護老人ホーム長生園組合規約の変更について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第15号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 承認第1号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第5回)に関する専決処分について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより承認第1号について採決いたします。本件に対する委員長報告は承認であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり承認することに決定いたしました。

 意見書案第1号について、質疑、討論、採決を行います。

 質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより意見書案第1号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 本件の取り扱いについては、議長に一任願います。

────────────



△日程第4議案第5号・第8号・第9号・第11号・第16号・第17号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第4、議案第5号平成18年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第3回)について、議案第8号平成18年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)について、議案第9号平成18年度山陽小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)について、議案第11号山陽小野田市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、議案第16号市道の廃止について、議案第17号市道の認定について、以上、議案6件を一括議題といたします。

 本件に対し建設常任委員長の報告を求めます。三浦委員長。

(三浦英統君登壇)



◎建設常任委員長(三浦英統君) おはようございます。去る2月28日の本会議におきまして、議長から建設常任委員会に付託されました議案6件を、3月5日、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査をいたしましたので、その審査の結果と概要について御報告いたします。

 まず、議案第5号平成18年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第3回)について概要を御報告いたします。

 執行部からの説明ですが、今回の主な補正は、歳入歳出とも決算を見込んで予算調整を行うものです。歳出ですが、下水道建設費3,847万5,000円減額で、主なものは、需用費、委託料、工事請負費、補償、補填及び賠償金の減額となっております。

 歳入ですが、下水道負担金を1,708万3,000円、下水道使用料を1,400万6,000円増額し、下水道事業国庫補助金560万円、一般会計繰入金3,620万9,000円、市債2,490万円減額したところです。

 なお、平成18年度事業実績見込みは、汚水管の施工延長5,596.3m、整理区域面積22.75haとなりました。

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「4目下水道建設費の浜田町の事業を次年度に繰り越したのはどのような理由か」との質問に対して、「これは水道管の工事ですが、現在、仮設工事をしていますが、下水道工事を事業繰り越ししましたので、水道局と協議をし、下水道工事が完了した時点で本敷設をするということにしたため減額したんです。工事は次年度に予定をしています」との回答です。

 「まちづくり交付金を落した理由は」との質問に対して、「まちづくり交付金は、平成14年から始まっており、下水道だけではありません。下水道事業分につきましては、既に交付金をもらっていましたが、当初予算時にわからなく計上したところです」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案は可決されました。

 次に、議案第8号平成18年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)の概要について御報告いたします。

 今回の補正は、給水量並びに建設改良事業の予定量を改めるとともに、職員給与費等の諸経費について決算を見込み、予算調整したものです。業務予定量のうち、有収水量については、山陽地区の需要減として当初予定量より11万トンの減を見込み、有収率は87%を予定しています。

 収益的収支の収入は、有収水量の減による減収、簡易水道に関する一般会計からの払い込みの猶予をしたことによる全額減でありましたが、厚狭駅南部水道管新設に伴う受託工事収益が大きく増となったことから1,472万8,000円の増額となっています。

 歳出については、職員給与費を給与削減措置及び会計間異動による減額、有収水量の減により動力費、薬品費の減額及び修繕費の減額があります。受託工事費、職員退職金支給経費負担金、平成17年度決算で未収金処理をした簡易水道に関する一般会計補助金を含む特別損失が増になったことから、消費税処理後の損益は209万2,000円の純利益が生じ、年度末未処分利益剰余金は217万3,000円の予定です。

 資本的収支の支出において、入札減や支出科目のつけかえや、工事内容変更などの増減がありました。収入が支出に対して不足する額は、当年度分損益勘定留保資金や他の内部留保資金で全額補てんするものです。

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「11万トンの減収の主な原因は何か」との質問に対して、「山陽地区において一般家庭も減っているが、大口2社が減収したのが主なものです」との回答です。

 「簡易水道の企業債利子補給は、一般会計が出していたが、もらえない理由はなぜか」との質問に対して、「簡易水道については、一般会計の財政が厳しいということでありますので、協議の結果、17年度から当面3年間、支払いの猶予をするということで協定を結んでいます。ただ、17年度につきましては、債務負担行為として議決をいただき、収入として未収金で計上してよいと判断し、決算をしたのですが、県との調整の中で、一般会計の中に予算の留保がない、担保がない。そのものを未収金として計上するのは不適切であるということなので、収益の修正と今年度の収入につきましては、全額落すということです。今年度の分につきましては、一般会計で債務負担行為の計上をしてもらい、この議会で議決をいただくようになっています」との回答です。

 「水道会計は、企業会計であり、一般会計とは関係がないと思う。一般会計が苦しいから企業会計で見るという根拠は何か」との質問に対して、「一般会計から水道会計に入れるというのは、公営企業法上無理です。これは、債務負担行為ということで、一般会計が水道会計に借金をしたということで、平成20年から財政状況がよくなるという前提の中で返していただくということで、一時貸しているということです。水道事業としては、担保として債務負担行為を議会で議決いただいているということです」との回答です。

 「水道会計は、利益が上がっているから、一般会計に貸してもいいということであり、企業会計を独立させるかさせないかという問題にもなってくる。水道料金を下げたらどうかという話も以前から言われているが、一般会計が苦しいからお金を貸すということは、市民が納得するか」との質問に対して、「一般会計から水道事業に入れるのは、公的にはできないが、水道事業会計から安易に一般会計にお金を貸すというのは問題が多いと考えている。ただ、一般会計から入ってくるお金を猶予するということくらいしかできないのではないか」との回答です。

 「厚狭地区に大きな配水池を築造された時点で、簡易水道を上水とする考えはないか」との質問に対して、「現在、総合計画を作成していますが、その中で簡易水道を統合するよう考えています。ただ、簡易水道事業は、行政財産ですので、まだ借金が残っていますので、そのあたりの整理が済まないとできないということです」との回答です。

 「涵養林について、今回全額減額しているが、涵養林を買うということは、約束事ではなかったのか。今回、買えなかったから基金を落してもいいということになると、当初に説明したのと違ってくるが」との質問に対して、「ことしは、7.2ha購入予定であったが、相続問題が難しい。買収予定地が3名の共有林になっており、大正時代から相続をしていなく、今、調査中であり、19年度に購入予定としています。今回は、予算を不執行という形で落したということです。18年度決算では利益が出れば、従来どおり積み立てる予定であります」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案は可決されました。

 次に、議案第9号は、平成18年度小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)について審査の概要を報告いたします。

 支出については、退職給与金を除く職員給与費、会計間の異動等により減額や退職給与引当金計上額、職員退職金支給経費負担金などが増となったことから、当初より142万8,000円の増額となりました。

 消費税処理後の損益は、255万3,000円の純利益が生じ、年度末未処分利益剰余金は257万2,000円を予定しています。

 資本的収支の支出は、工事繰り延べや入札減などの減により、総額を当初より5,105万円減の7,286万7,000円としています。

 以上により4,006万7,000円の収入不足が生じますが、損益勘定留保資金などで全額補てんすることとしています。

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「工業用水は、ことし30%のカット、また一時は45%カットもあったと聞くが、先般企業誘致促進特別委員会で共英製鋼(株)に行き話を聞いたのですが、工水をカットすることにより、営業に物すごく影響があると言われましたが、何か苦情が出ていないか」との質問に対して、「共英製鋼(株)さんは、県の工業用水から給水を受けておられますので、市の送水ではありません。現在、条例上は2万9,500トンですが、2万4,700トンの送水で4,800トン不足しているところであります。全般的な見直しをしているところです。上水道より工業用水が取り込めないか勉強中です。将来的には、工業用水をふやしたいと思っています。市で送水している企業は、3社であります。2社は、私どもの工業用水が100%です。最近は、冬場の渇水が多いのですが、秋に降水量が少ないからです。今後は、さきに申しましたとおり、工業用水の確保についていろいろ検討する中でやっていきたいと思います」との回答です。

 「企業誘致促進特別委員会でも何かないかと検討中ですが、現在の企業も大事にしていかなければいけない。進出してくる企業にもそのあたりの情報が入るので、企業を大事にするという意味でも工業用水をしっかり確保すべきと思うが」との質問に対して、「厚狭川にも水利権があります。また山陽小野田市にも3,000トンほど未給水があります。そのうち2,000トンが水道局の持ち分、残りの1,000トンが市の持ち分という配分になっています。今後、企業が張りつけば、その3,000トンから出していくということです」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案は可決されました。

 次に、議案第11号は、山陽小野田市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、審査の概要について報告します。

 今回の条例改正は、平成19年度に予定しております有料公園施設への指定管理者制度導入に向けた条例の改正となっております。

 主な内容は、第2条の2で指定管理者に公園の管理を行わせることができるとしています。第2条の3から第2条の4までは、指定管理者が行う業務の範囲及び管理の基準について定めております。第7条では、指定管理者が市長の承認があれば、有料公園施設の供用日及び供用時間を定めることができるということにしています。第10条の2は、利用料金に関する事項で、指定管理者が別表3に掲げる料金の範囲内で料金の設定ができる上限設定方式を導入し、あわせて利用料金を指定管理者の収入とすることとし、指定管理者の創意工夫が経営に反映できるようにしています。

 別表3の改正箇所ですが、コインシャワー、コイン洗濯機及びコイン乾燥機について、ボイラーの灯油代等実費が料金に反映できるように改正しました。キャンプ器具の項ですが、改正前は、すべて備品を計上していましたが、指定管理者がお客様のニーズに応じて柔軟に備品をそろえることができるよう上限設定をしたところです。

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「指定管理者が決まって、新しい備品を購入するのは、すべて任せるのか。また条例に入っていないものを購入したときはどのようにするのか」との質問に対して、「4月には指定管理者の公募をかけるようになると思います。その中に仕様書を作成しますが、まだ未決裁ですが、必要なものを指定管理者みずから買うものは市の方に帰属します。貸出備品の使用料につきましては、あくまでももうけではなく更新に必要な費用という位置づけにしておりまして、最初は市の備品を無償で貸し出しますけれども、指定管理が終わったときは、大体同レベルで返してもらうよう織り込みたい。また、新しい備品が出てきますが、これは、市に帰属というものではなく、価格設定については市長の許可が要りますが、2,000円の範囲内で業者が行うということです。備品の帰属は受けない」との回答です。

 「オートキャンプ場の指定管理者制度ですが、当キャンプ場の経費は約2,000万円くらいで収入は約1,000万円強ですが、ここだけの指定管理者制度はきついのではないか。下の海岸を含めたきらら交流館等を含んだもので指定管理者制度をした方がいいのではないかと思うが、どうか」との質問に対して、「きらら交流館、きららガラス未来館とがありますが、これに対しても指定管理者に持っていこうといろいろ検討しています。きらら交流館は、現在、教育委員会の管轄になっていますし、旅館組合ともいろいろな問題があります。部屋の中にテレビもなく、お酒も飲めない等ありますので、行政改革の中で詰めているところです。キャンプ場の指定管理者制度の業者指名は、協議して入札かプロポーザル方式になろうかと思います」との回答です。

 第2条の4の3項ですが、供用時間の変更ですが、「これは自由に指定管理者が変更できるのか」との質問に対して、「これは指定管理者が自由にできます。あくまで市長の承認を得てということにしています。担当課とすればサービス水準が低下するような供用日あるいは供用時間の低下については認めるつもりはありません」との回答です。

 「指定管理者の契約は、何年か」との質問に対して、「通常、指定管理者制度に出す期間は3年から5年と言われています。今回は、3年半を考えています。今回、条例が可決されると、4月に公募、そして、3カ月かけ業者選定をし、6月議会に議決承認を求める予定です。対外的周知に必要な期間を3カ月と担当課は考えています」との回答です。

 「これに応募する指定管理者は、資格は必要か」との質問に対して、「基本的に団体ということを考えています。個人はだめですとしています。団体については、いろいろな考え方がありますが、あえて言いませんが、団体とします。資格については、この種の経験がある方が必要だというふうに考えています」。

 「今後の公募の仕方について、高泊児童館のように、資格を取っていないのに、団体だからということで公募しはねられた。今回、担当課の方で選別して行うかどうか。また告示後、変えるということがないようにしてほしい」との質問に対して、「業者の制定に当たっては、都市計画課で策定したプロポーザル方式で、その中で委員会方式を設けて慎重に審議したいと思います」との回答です。

 「収益の不足分が約800万円あるということですが、これは、今後出すのか」との質問に対して、「大ざっぱな話ですが、支出が2,000万円、収益が1,200万円、800万円の収入不足になるが、今までの資料公開をし、そうした中で懸案事項を含め、幾らならば指定管理者となるかを選定します。例えば、800万円の不足分を500万円でいいということになれば、500万円の補助金を支出します」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案は可決されました。

 次に、議案第16号は、市道の廃止について、審査の概要について報告します。

 平成19年度4月から実施される道路台帳の電子データ化に伴い、旧小野田市道と旧山陽町道の道路台帳の統廃合を実施するため、現在認定している市道全路線の廃止を行うものです。廃止する市道につきましては、現市道の364路線全線です。

 執行部からの説明が終了し、全員賛成で原案は可決されました。

 次に、議案第17号は、市道の認定について、審査の概要について報告します。

 議案第16号で廃止した市道の認定を新たにするものです。認定する市道につきましては、市道419路線です。路線増加の理由は、新設路線として団地内の幹線道路6路線と市道が変則的なもの、例えば、道を挟んで今まで1路線としていたものを2路線等にしたものです。今まで認定していた路線は全部認定されています。認定路線は合計で419路線となります。

 執行部からの説明が終了し、委員からの主な質疑ですが、「今回の路線延長はどのようになっているか」との質問に対して、「全延長はふえています。今までは303.892mです。これが364路線です。今回の認定では315.39mで419路線です。ふえた理由は、はっきりしないが、今まで認定した路線に継ぎ足し等で足していったそのままが上がってきていたようです。今回、全部見直して路線をはかり直して、このような結果となりました」との回答です。

 「364路線が419路線になり、新たに6路線の追加をされたが、どのようになり、路線増となったか」との質問に対して、国道をまたいだり、県道をまたいだりしております路線を国道、県道等で一たん、これを切り離して、路線を2路線としたところです」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案は可決されました。議員各位の御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。

(三浦英統君降壇)



○議長(大空軍治君) 建設常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては、1件ずつ行います。

 議案第5号平成18年度山陽小野田市下水道事業特別会計補正予算(第3回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 歳入の方の繰入金で、先ほどまちづくり交付金分の減額については、報告がありましたが、事務費の繰入金891万6,000円、これの減額となった理由について説明してください。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 事務費につきましては、審議はしておりません。全般的に工事が減ったと、こういうことで減額されたと、こういうことです。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第5号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第8号平成18年度山陽小野田市水道事業会計補正予算(第1回)についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほど一般会計からの補助金が全部落されているという報告がありましたが、そもそもこの一般会計からの補助金の目的はどういうことで出されていたのか。その点についてお答えください。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 一般会計の補助金は、まず、消火栓、これは補助金として消火栓関係については補助金が出せると、公的に出せると、こういうことでございます。

 また、簡易水道につきましては、建設当時のいきさつがございまして、一般会計で見ると、こういうことで出しておるというところです。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回減額をされて、この簡易水道事業に関する影響等は出てこないんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 簡易水道の影響は出てきません。ただ、お金が入らないと、こういうことだけでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第8号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第9号平成18年度山陽小野田市工業用水道事業会計補正予算(第1回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第9号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第11号山陽小野田市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回、竜王山のオートキャンプ場が指定管理者にされるという条例なんですが、これを指定管理者とする理由はどのようなことが説明されているんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 特に説明はございませんが、行革等の中で、まして議会の中でもお話がありましたように、指定管理者に持っていくと、こういう話の中で執行が決めたと、こういうことでございます。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) このオートキャンプ場というのは、竜王山全体の中でも非常に大きな位置を占めているもので、これを中心としたさまざまな事業展開というのも考えられるわけですね。このオートキャンプ場の指定管理者が竜王山公園全体を使った、そういったさまざまなイベント等をやる場合については、これは自由にできるというふうに考えていいんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) そこまでの小さい審議はしておりませんが、今後は指定管理者が市長を通じてそのような申し入れはできるというところです。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) この指定管理者制度による、指定管理者というのはある程度財政面の削減も考えられているんじゃないかと思うんですけど、市の財政の軽減はどのぐらいになるのか、そういう審議はされましたでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 先ほども壇上から申し上げましたように、現在、補助金として800万円の支出をしていると、収入は約1,200万円。こういうことで、指定管理者に出して、その800万円から幾ら安く指定管理者が選定できるか、そこらあたりの協議はしております。安くすると、こういう話でございます。

 以上です。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) きちっとした数字というものは、ただ800万円が安くなるというだけのことであって、きちんと幾ら削減するというふうな目的とか、そういう目標とかいう額は話し合われておりませんか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) 額は話しておりませんが、今回プロポーザル方式を採用して、担当局としてはプロポーザル方式を採用して、これから検討しますと、こういう話でございました。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第11号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第16号市道の廃止について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第16号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第17号市道の認定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第17号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第5議案第6号・第12号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第5、議案第6号平成18年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第5回)について及び議案第12号山陽小野田市労働会館条例の一部を改正する条例の制定について、計2件を一括議題といたします。

 本件に対し、環境経済常任委員長の報告を求めます。岡田委員長。

(岡田 事君登壇)



◎環境経済常任委員長(岡田事君) ただいま御指名を受けました環境経済常任委員会の委員長報告を行います。

 去る2月28日の本会議におきまして議長から当環境経済常任委員会に付託されました議案第6号、議案第12号の以上2件につきまして、3月5日に委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告申し上げます。

 まず、議案第6号山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第5回)について、その概要と委員からの主な質疑について御報告申し上げます。

 補正の内容につきましては、今回の包括的民間委託の導入に伴い、公営競技事務所の職員体制を8名から4名体制としたことに伴う職員人件費の補正であります。予備費で調整を行い、予算総額は141億1,816万4,000円で、変更はありません。また、平成18年度直営期間の売上状況表等の資料提出があり、説明を受けております。

 なお、平成18年度の単年度収支の見込みにつきましては、おおむね予定どおりであり、昨年度に引き続き若干の黒字傾向との説明を受けております。また、3月のプレミアムカップオートレースの売上状況により、車券売上額が予算額を超えれば、弾力条項の適用をいたしたい旨の説明がございました。

 次に、委員からの質疑につきましては、その質疑の点はありませんでした。

 以上の状況でございます。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案どおり可決いたしました。議員各位の御審議をよろしくお願いいたします。

 次に、議案第12号山陽小野田市労働会館条例の一部を改正する条例の制定について、その概要と委員からの主な質疑について御報告申し上げます。

 まず、概要ですが、山陽小野田市労働会館において勤労者の福祉増進等を目的として、現在、臨時職員を配置し、直営で管理運営を行っているところですが、このたび平成19年度より、労働会館の管理運営等に指定管理者制度を導入する予定でありますので、それに伴う一連の条例改正を行うものであります。

 改正の主な内容は、第12条において、労働会館の管理運営を指定管理者が行える規定を設けるとともに、第13条において、指定管理者が行う業務の範囲を規定したものであります。なお、今後は新年度に入り募集要項制定等の後、指定管理者の募集を行ってまいる予定であります。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。

 まず、「指定管理者では大体債務負担行為が計上されると思いますが、どの程度の金額になるか、見通しは立てておられますか」との質問に対しまして、「募集要項にそういった金額を盛り込むようになろうかと思いますが、それについては内部で協議しておりませんので、今幾らという形では言えません」との答弁がありました。

 次に、「指定管理者はいつごろから募集されて、実施されるのはいつごろなのか」との質問に対して、「実施は10月1日から実施の予定であります。予定については、6月議会に一応決まった指定管理者を上程するという形では考えております」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、全員賛成で原案どおり可決いたしました。議員各位の御審議をよろしくお願い申し上げます。

 終わります。

(岡田 事君降壇)



○議長(大空軍治君) 環境経済常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑、討論、採決を行いますが、質疑、討論、採決につきましては、1件ずつ行います。

 ここで議員に申し上げます。委員長報告のときは私語をやめて、真剣に聞いてください。

 議案第6号平成18年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計補正予算(第5回)について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第6号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決であります。よって、本件は委員長報告のとおり決したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 議案第12号山陽小野田市労働会館条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) この指定管理者制度によるやはり市の財政の軽減とかいうことは話し合われたんですか、審議されたんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 岡田委員長。



◎環境経済常任委員長(岡田事君) まだこの具体的な予定というか、審議といいますか、事務的に内部の審査がまだ済んでおりませんと、こういう報告でございました。6月の議会までには出すと、こういうことでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 討論を行います。討論はありませんか。岩本議員。

(岩本信子君登壇)



◆議員(岩本信子君) 議案第12号山陽小野田市労働会館条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場で討論いたします。

 現在、労働会館は臨時職員で対応しており、指定管理者制度の目的の一部である経費削減などの成果は期待できないと考えます。また、公の施設の管理に民間能力を活用しつつ市民サービスの向上を図る面でも、要項等はまだ内部では協議されておりません。4月になってされると聞きましたが、制度に取り組む姿勢には問題があります。とりあえず行革の一環ということで行われているように考えます。経費削減など明確に示されていないことなど、臨時職員で対応できるなら、無理に債務負担行為を組まなくても、直営の方が安価になるのではないかと考えます。この労働会館には、指定管理者で管理を行われることには疑問を持っております。何のための指定管理者制度なのか、改めて内部で考察していただきたいと思います。

 よって、この議案第12号に反対いたします。

(岩本信子君降壇)



○議長(大空軍治君) ほかに討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって討論を終わります。

 これより議案第12号について採決いたします。本件に対する委員長報告は可決でありますが、反対討論がありましたので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

────────────



△日程第6議案第1号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第6、議案第1号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第6回)についてを議題といたします。

 本件の取り扱いにつきましては、申し合わせにより行いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、ただいまから委員長報告をお願いいたします。本件に対し、総務文教常任委員長の報告を求めます。中元委員長。

(中元 稔君登壇)



◎総務文教常任委員長(中元稔君) 去る2月28日の本会議において議長から付託されました議案第1号関係分について、3月2日に委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その結果と概要を御報告申し上げます。

 まず、執行部からの説明において、「市債については今年度から新たな財政指標として実質公債費比率が創設され、本市では23.7%と、高い数値となった。そこで、当該数値を原則7年間で18%未満にする必要があり、少しでも早く効果を出すために、今年度から市債の発行額を落としていくこととし、今回の補正で8億3,180万円減額している。なお、今年度を含め、今後多くの退職手当金を要することから、その財源確保として退職手当債を発行することとし、この退職手当債を含め年間の市債発行額の限度を20億円、当面の目標を18億円とする」との説明がありました。

 質疑の中で、「実質公債費比率を抑制するため、市債の減額補正をしたということだが、その影響額は」との質問があり、「行政改革推進債及び地域再生事業債あわせて8億8,100万円の削減により、当該元利償還金総額を考慮すると、将来にわたり全体で6%弱の抑制につながる」との答弁がありました。

 また、「基金残高はどのくらいになるのか」との質問があり、「18年度末の基金残高は、一般会計に属する基金と土地開発基金含めて3億3,500万円程度と見込んでいる。19年度についても財政調整のために基金の取崩しを行っており、19年度末で約1億2,000万円の残高になると予想している。ただ、この基金の中には新幹線整備基金約6,000万円も含んでいるので、それを除くと約6,000万円となる」との答弁がありました。

 また、「市債の発行抑制に対応するため、21ページの諸収入において基金から長期借り入れ7億2,000万円が計上されているが、その内訳は」との質問には、「公共施設整備基金2,000万円、交通遺児基金1,000万円、土地区画整理基金2億9,000万円、教育文化振興基金4,000万円、地域福祉基金7,000万円、土地開発基金2億9,000万円である」との答弁がありました。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決いたしました。

 以上であります。議員各位の審議のほどよろしくお願いいたします。

(中元 稔君降壇)



○議長(大空軍治君) 総務文教常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほど説明の中で、行政改革推進債、地域再生事業債が減額をされているというふうに説明されましたが、そもそもこの行政改革推進債、地域再生事業債については、予算上は計上されておりますが、これが果たして借りられる、そういう中身を持った起債であったのか、その点についてはいかがでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中元委員長。



◎総務文教常任委員長(中元稔君) そういう中身の内容については、質疑はありませんでしたが、空財源とか、いろいろな話もあるんだろうと思いますが、審議の中ではそういう話はございませんでした。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 次に、民生福祉常任委員長の報告を求めます。津野委員長。

(津野啓子君登壇)



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 先ほどの報告同様、3月2日委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告いたします。

 執行部より、「決算を見込んだ調整及び取り急ぎ措置すべき案件等について、各課よりそれぞれ説明を受け、利用者負担軽減助成事業における減免の基準について」との質疑があり、「対象になるのが住民税が非課税の方、貯金等が350万円以下の方で、現在16名に出しております」との答弁がありました。

 また、「償還金588万8,000円について」との質疑があり、「申請が5,339万3,000円、それに対して実際にかかったのが4,750万5,000円で、それを精算したことによるものです」との答弁がありました。

 また、「さくら保育園の施設整備について、全体の事業費は幾らか」との質疑があり、「総事業費1億4,490万円で、そのうち国庫補助金が5,945万9,000円、市補助金がその半分の2,972万9,000円で、法人負担が5,571万2,000円となります。なお、現在さくら保育園は定員が60人ですが、90人になります」との答弁がありました。

 また、「児童虐待防止対策のパソコン等の購入について」との質疑があり、「あらゆるところからのメールの送受信とか、いろいろ資料をつくったり、どうしてもパソコンが必要です。それから、秘密を守るためのシュレッダー等も購入し、強化していこうと考えています」との答弁がありました。

 採決の結果、当委員会関係分は全員賛成にて原案可決といたしました。

 以上で御報告を終わります。議員各位の慎重御審議のほどよろしくお願いいたします。

(津野啓子君降壇)



○議長(大空軍治君) 民生福祉常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 社会福祉費の中で1目の社会福祉総務費で31ページに地域福祉基金積立金というのが、100万ではありますが、計上されています。この目的で、地域福祉に貢献するということで積み立てられているんですが、先ほど総務の方で説明があったように、これがまた貸し出しというような形で一般会計で使われるということに対して、どのような審議をされたのか、お答えください。



○議長(大空軍治君) 津野委員長。



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) この100万円の浄財というか、寄付につきましては、「地域福祉のために使ってください」と寄付を受けたものということで、社会福祉施設の整備に当てるということでの審議はしております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 次に、建設常任委員長の報告を求めます。三浦委員長。

(三浦英統君登壇)



◎建設常任委員長(三浦英統君) 去る2月28日の本会議におきまして議長から建設常任委員会に付託されました議案第1号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第6回)を、3月5日、委員全員出席のもと委員会を開催し、慎重審査をいたしましたので、その審査の結果と概要について御報告いたします。

 8款土木費、40ページから41ページ、4目道路新設改良費13節委託料の主なものは、測量調査委託料は地方特定道路整備事業の市道楴山線と市道談合道・久保線の精算です。業務委託料は地方特定道路整備事業の市道楴山線と石炭線にかかわるものです。

 15節工事請負費の減額については、地方特定道路整備事業5路線と、地方道路交付金事業2路線にかかわるものです。

 17節公有財産購入費は、地方特定道路整備事業5路線と地方道路交付金事業1路線にかかわるものです。

 22節補償、補填及び賠償金は、地方特定道路整備事業6路線と地方道路交付金事業1路線にかかわるものです。

 5項1目都市計画総務費、43ページ、13節委託料、は、都市計画図作成の入札減です。

 5目土地区画整理費、42ページから45ページ、15節工事請負費と22節補償、補填及び賠償金は、区域内の土地利用の促進に伴い、水道管の敷設補償の増額です。

 19節負担金、補助及び交付金は、土地開発公社への元利補給金で、減歩率緩和のための先行取得用地購入に伴う元利補給金と保留地処分にかかわる利子補給金です。

 執行部からの説明が終了し、委員からの質疑ですが、「4目道路建設改良費13節の業務委託料で、楴山線の建物移転の件は入っているか、また移転はいつの予定か」との質問に対して、「楴山線のJRの電気室の建物調査をしています。19年度、JRさんと協議をして、移転の計画をします」との回答です。

 「1目都市計画総務費の委託料の業務委託料は、都市計画図の入札減ということですが、額が大きいのではないか」との質問に対して、「この業務委託料は、都市計画図作成、道路台帳、そして固定資産税、資料作成ということで、当初、業者より見積書の提出を受け、それに基づいて予算計上したところです。実際はプロポーザルで発注したところ、各社とも営業努力されたものと思います。大幅な入札減となったということで、今回補正をしたところです」との回答です。

 「5目土地区画整理費の工事請負費が1,464万1,000円減となっているが、スーパーの進出ということですが、詳しく説明を」との質問に対して、「区域内に寝太郎神社がありますが、その北側にスーパーの配送センターと、その西側に民間アパート2棟の建設が決まりましたので、水道管の敷設がえが必要ということで、工事費から補償費に組み替えました」との回答です。

 関連質問ですが、「組み替えたというのは、補償費で工事をするということか。当初の工事請負費はどういうことか」との質問に対して、「水道管の敷設は水道局に依頼していたが、支出科目は水道管の敷設補償費ということになっているからです」との回答です。

 江汐公園の件ですが、「この公園にはいろいろな花が咲いている。また、いつごろ咲きますというようなことが紙に書いて、ビニールの中に入れて置いてあるが、たくさんの人が鑑賞しているので、公園らしい看板はできないものか」との質問に対して、「公園の中には季節によりいろいろな花が咲いているところです。また、よくこの花は何かと聞かれることもありますので、今後は予算の範囲内できちんとした看板の設置について極力していきたい」との回答です。

 慎重審査の結果、全員賛成で原案可決されました。議員各位の御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。

(三浦英統君降壇)



○議長(大空軍治君) 建設常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 45ページの土地開発公社元利補給金のことなんですが、保留地の取得ということなんですが、これは今後もまだこの元利補給というのは続いていく、そういう関係の性格を持っているんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 三浦委員長。



◎建設常任委員長(三浦英統君) この件につきましては、保留地が売却されるまでと、こういうことになっているところでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 次に、環境経済常任委員長の報告を求めます。岡田委員長。

(岡田 事君登壇)



◎環境経済常任委員長(岡田事君) 去る2月28日の本会議におきまして議長から当環境経済常任委員会に付託されました議案第1号平成18年度山陽小野田市一般会計補正予算(第6回)について、3月5日に委員全員が出席のもとに委員会を開催しました。慎重審査いたしましたので、その結果と概要について御報告申し上げます。

 まず、環境課関係について、その概要と委員からの主な質疑について御報告申し上げます。

 まず、衛生費の主な内容は、小野田・楠清掃施設組合負担金を調整するものであります。

 次に、委員会からの主な質疑についてでございますが、まず、「衛生費2項の清掃費で山陽浄化センターの修繕ということですが、以前から相当老朽化しているということなんですが、この修繕がどの程度の修繕になるのか、かなりの額ですが、その修繕の中身についてお答えください」との質問に対しまして、「年度途中で箇所箇所でそれぞれ故障が起きてきたわけであります。その分の当初予算がありませんでしたので、それぞれ消耗品とか光熱水費等で流用させていただいておりました。その分でこのたび修繕料でいただきますが、それを光熱水費等に充当させていただくという形であります」との答弁がありました。

 次に、「リサイクル事業収益金で相当プラスがあったということなんですが、増収になっていった要因は何ですか」との質問に対し、「今ごろ、近ごろ金属関係とか紙類の相場が上がってきております。その分がそのまま売却金額にはね返ってきたわけであります。ですから、当初、前年の売りさばきの金額で計上しておりましたことが、相場が上がりましたので、当然予算の中で上げさせていただいて、増額収入という形となりました」との答弁であります。

 次に、商工労働課関係について、その概要と委員からの主な質疑について御報告申し上げます。

 補正の主な内容でございますが、労働費では113万円減額して、商工費では土地開発公社利子補給金等により2,828万5,000円増額しております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。

 まず、「土地開発公社利子補給金ですが、仮定の話ですが、ずっとそのまま企業の進出がない場合には、この金額はそのまま続くのですか」という質問に対しまして、「この借入金につきましては、土地開発公社の方で3年ごとの借り換えということでやっておりますが、今年度末がちょうど借り換えの時期で、今回は金利については入札で行うということになっております。当然減額になるのではないかと考えております」との答弁がありました。

 次に、「商工費の国庫補助金の市町村合併推進体制整備費の768万円の減額ですが、これが最初使えるということで計上されていたんですか。それとも、祭りの主体が市ではなく実行委員会であったから、これが使えなくなったということでそうなったのですか」との質問に対しまして、「この市町村合併推進体制整備費につきましては、国の方で内容に応じて認めるか、認めないかという制度となっているようであります。ですから、これはあけてみないとわからないということで、あけた結果、企業ガイドブックとか観光パンフ並びにポスターにつきましては認められましたが、新しい祭りの分はつかなかったと財政課から聞いております」との答弁でありました。

 次に、農林水産課関係について、その概要と委員からの質疑について御報告申し上げます。

 補正の主な内容ですが、農業費では強い農業づくり交付金事業等の調整により1,168万円減額しております。

 次に、委員からの主な質疑について御報告いたします。

 まず、「中山間地域直接支払交付金はどういった内容で支給されるのですか」との質問に対しまして、「中山間地域直接支払交付金につきましては、中山間地域の農業活動に不利益地等の地域、農業活動とか、集落活動とか、水利整備とか、そのようなものの活動について交付がされるものであります」との答弁がありました。

 次に、「農地総務費の負補交で土地改良区電気代がありますが、土地改良区はどのくらい出しているのですか」との質問に対して、「一応ポンプ場といえども都市排水が流れてきます。単純に農業従事者だけの施設ではないということで、電気代は市の方が見ております」との答弁がありました。

 次に、消防本部について、その概要と委員の質疑について御報告いたします。

 補正の主な内容ですが、消防費では消防団員退職報償金等に510万1,000円増額しております。

 次に、委員からの主な質疑でございますが、まず、「消防団員退職報償金の増額ということですが、全額そういった基金でみて、市の負担はないということなんですか」との質問に対しまして、「市の方の予算の支出はございません。基金の方からすべて入ってきています」との答弁がありました。

 次に、「この退職報償金が支給される人数は何人ぐらいですか」との質問に対しまして、「今回、消防団員等の再編もございまして、このたびは44名退職されました。そのうち43名の方に退職報償金を支払うということになります」との答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、賛成多数で原案どおり可決いたしております。議員各位の御審議をよろしくお願いいたします。

(岡田 事君降壇)



○議長(大空軍治君) 環境経済常任委員長の報告が終わりましたので、これより質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 以上をもって委員長報告に対する質疑を終わり、これより討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 討論なしと認めます。

 これより議案第1号について採決いたします。本件に対する委員長報告はそれぞれ可決でありますが、賛成多数のものもありますので、起立により採決いたします。本件は委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

(賛成者起立)



○議長(大空軍治君) 起立多数であります。よって、本件は委員長報告のとおり原案可決されました。

 ここで5分間休憩いたします。

────────────

午前11時23分休憩

午前11時32分再開

────────────



○議長(大空軍治君) 休憩前に引き続き再開いたします。

 ここで、先ほどの民生福祉常任委員長の報告について訂正の申し出がありましたので、発言を許可いたします。津野委員長。

(津野啓子君登壇)



◎民生福祉常任委員長(津野啓子君) 先ほど小野田市民病院の方の欠損金1,000万円につきまして、「1,000万の欠損金」と御報告いたしましたが、「欠損金1,000万円が見込まれる可能性がある」ということで訂正させていただきます。

(津野啓子君降壇)

────────────



△日程第7議案第18号〜第41号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第7、議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計予算についてから、議案第41号山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取扱いに関する規約の変更についてまでの、以上議案24件を一括議題といたします。

 なお、これらの議案24件は、過ぐる2月28日の本会議において、市長から提案理由の説明が終わっております。

 これより本24件に対する質疑を行いますが、質疑については1件ずつ行います。

 議案第18号平成19年度山陽小野田市一般会計予算について質疑を行います。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) お尋ねいたしますが、今回の一般会計予算の中には、有帆一体緑地の償還金だとか、病院事業への繰出金等、本来なら計上されてしかるべきの予算が計上されておりませんが、これらについては先方の事業者あるいは国、県等そういったところと協議をされた上で、了解を得た上でされたのか、その点についてお聞かせください。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 今、御指摘がありました有帆一体緑地、それと病院の繰出しの問題、これにつきましては、現在それぞれの関係団体と協議をいたしておるところでございます。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) それと、今回の予算で相当市民サービスへの影響が出ておりますが、予算計上、予算の検討の中で市民サービスを削減する、特に補助金等で削減が出てくる相手の市民団体と協議をされた上で、事前にこういうふうになりますよというお知らせをされた上で、予算計上されたのか、その点についてお聞かせください。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 御存じのとおり、今年度非常に厳しい財政状況となったということで、補助金につきましては、昨年度、たしか92団体だったと思いますが、10%カットを原則に、それ以上の団体もございますが、実施をしました。今年度はさらに厳しいということで、たしか28件だったと思いますが、追加あるいは15%、大きいものにつきましては30%程度の削減をお願いすることとしております。これにつきましては、今後、各団体と協議をすることになると思います。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) もう1点。今後、退職手当を相当額、毎年毎年計上していかなくちゃいけません。今年度、平成18年度については基金の取り崩しということで最終的な乗り切りをされたと思うんですが、今後平成二十三、四年度まで続くと思われるんですが、実質公債費比率の点で見込みがきちんと立てられているのか、その点についてはいかがでしょうか。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 実質公債費比率と退職手当との関係と思いますが、現在、実質公債費比率、7年間で18未満に持っていくように計画をしております。この算定の中には定年退職者を想定し、ある程度その中で退職手当債を見込んで算定をいたしております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。伊藤武議員。



◆議員(伊藤武君) まず、市税のことについてお尋ねを申し上げます。

 新聞とか、この間から衆議院、今は参議院がいろいろやっておりますが、地方に税源移譲ということで、交付金はようけやらんけれども、同じぐらいのものは市税の方でカバーするよ、いわんや、いろいろの控除がなくなったので、しっかり市税は上がるよというふうに私は感じておるわけでありますが、この議案を見ますと、あんまり市税の方が上がってないと。私も研究不足でありますが、他市に比べても当山陽小野田市の市税は低いんじゃないだろうか、そういう予算が組まれちょるんじゃないじゃろうかというふうな感じがいっぱいするわけでありますが。施政方針演説の中にも、「第二の夕張市」という言葉が五つも六つも出てきたと思いますが、収入がなけりゃ当然そういうふうな感じもするわけでありますが。

 市税全般について、他市、どっこもできておりませんから、全部はわからんわけでありますが、見積もられたアップの率が低いんじゃないかということに対して、どのような考えでございますか。

 以上です。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 市税につきましては、今回、三位一体改革によります税源移譲が行われました。その中で、税につきましては約6億近く、たしか5億7,000万程度だったと思いますが、これほど所得税から市民税に移行された額の増が見込まれていると思います。これにつきましては、国の地財計画よりは低い伸びは示しておりますが、ちょっと他市の状況につきましては、まだ資料を持っておりませんので、比較することはできません。

 以上です。



○議長(大空軍治君) 伊藤議員。



◆議員(伊藤武君) 議案書の95ページの中に負担金、補助及び交付金ということで、去年の予算書と比べてみますと、自治会事務費補助金がダウンしております。それから、自治会連合会補助金は同額であります。その辺の整合性について、ちょっとよく理解がいかんわけですが、どういう検討をされ、結果的にこうなったのかについてお知らせください。



○議長(大空軍治君) 金光部長。



◎市民福祉部長(金光康資君) 自治会連合会の事務費につきましては、昨年から10%の減額をしております。ことしも続けて10%の減額をお願いしておるところでございます。

 それから、事務費につきましては、昨年はいらっておりません。今回15%のカットをさせていただいたということで、今、これから各自治会の会長さんたちと調整をさせていただく状況になっておるところであります。

 以上です。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) 予算書の中で職員や議員とか、そういうものはそれぞれカットされまして、その影響で要するに期末手当もみんなそれぞれカットされておると思うんですよ。今回、市長の件については、期末手当は20%カットされてますよね。その分やっぱりカットされとるようにこの予算書の中では計上されておるんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 一応それぞれのカット率に応じて予算計上いたしております。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) そうすると、確かに17年の12月はカットを、15.何パーセントカットされましたね。それで、あと18年度はされてないような気がしたんですが、じゃあ、19年度からやられるということでいいですか。



○議長(大空軍治君) 執行部どなたが答えられますか。笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) 先ほど御発言ございましたように、市長の給与につきましては20%カットがされております。そのカットされた後の額をもって支給率で計算されておりますので、当然期末手当もカットされておるということでございますから、改めて19年度ということでなしに、18年度に引き続いて19年度もということになろうかと思います。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) 3回目ですから、これだけしか言えないんですが、要するに90万9,000円と、要するに2.325、そうしますと、213万3,425円になるわけですね。それを支払ったというふうに確認していいわけですね。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) 今申し上げましたように、20%のカットがされた給料が今支給されております。期末手当の算定は、その基本給、いわゆるカットされた額に一定の支給率を乗じて求めたものが支給率ですから、当然20%カットされたものが支給されておるということでございます。

 以上であります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。福田議員。



◆議員(福田勝政君) 社会教育費で、10款5項13節委託料、255ページ、自主文化事業委託料というのがありますが、この点についてちょっと。



○議長(大空軍治君) 最後語尾をもう少し、どういう質問か。ちょっと最後わかりません。



◆議員(福田勝政君) 初めて議員になって、こちらで質問するの初めてでございまして、内心どきどきしてますんで、255ページ、社会教育費で委託料の自主文化事業委託料の300万、その中身を。



○議長(大空軍治君) 質問、どういう質問か、きちっと質問をしてください。どういうことを聞いておるのか。



◆議員(福田勝政君) 300万の中身を説明してください。



○議長(大空軍治君) 加藤部長。



◎教育部長(加藤佳雄君) 自主文化事業委託料でございますが、これは文化協会の方にいろんな事業を委託するものでございます。本年度300万円でございましたが、19年度も引き続き300万円で、いろんな文化事業をお願いするところでございます。



○議長(大空軍治君) 福田議員。



◆議員(福田勝政君) 僕はこれ、恐らく有帆の梅田の磨崖仏の委託料と思ってたんですが、この磨崖仏の、これ一般質問でまたしますけれど、大体この3月の方には大体結論が出るちゅうんで、2年契約で予算が800万ぐらい出ていました。ということは、まだこれは結果が出ないというふうに解釈してええですか。



○議長(大空軍治君) 加藤部長。



◎教育部長(加藤佳雄君) この自主文化事業と磨崖仏は関係ございません。また、今おっしゃいました結論でございますが、ただいま最終の調整をさせてもらっておるところでございます。原稿が今、その先生方に原稿の執筆をお願いしておるところでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。好川議員。



◆議員(好川桂司君) お尋ねをいたします。先ほどもありましたけども、補助金、負担金の見直しということで、各種団体10%のカット、昨年実行されました。90何団体ですか、されました。また、今年度も20数団体追加で見直しということで、その削減率もまちまちだという話も先ほどございました。

 そこで、お尋ねいたしますけども、こういう状態で今の財政状況等を見ますと、来年、再来年、そのあたりの補助金に対する削減というのが継続的に、恒常的に行われていくんだろうかという声をよく耳にするわけですけども、そのあたりについての今時点での見解をお聞かせいただきたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 財政状況は今後かなり厳しい状況が続くであろうというふうに思います。20年度では退職者数がかなり多くの方が予定をされております。したがって、退職手当の金額がかなり増額になると思いますので、こういったことからしても、さらに厳しいかなというふうに思います。その後も数年は、数年といいますか、何年間になるかわかりませんが、苦しい状況が続くのではないかなというふうに思います。そういうことからしますと、率が幾らになるかは不明ですが、当分の間、数年間程度は続くのかなというふうに思っております。



○議長(大空軍治君) 好川議員。



◆議員(好川桂司君) 平成19年度の予算概要の29ページを見ますと、平成19年度における行財政改革効果というのが出ております。この数字でいきますと、全体での削減額といいますか、行財政改革の効果は5億9,627万3,000円だというふうに出ておりますし、職員努力による削減額というのが3億3,638万9,000円という数字が出ております。今まさに申しました補助金、負担金の見直しも含めた、いわゆる市民も含めた行財政改革の効果だというふうに思ってるわけですけども、この数字についての評価というものはどのようにされておりますでしょうか、お聞かせください。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 評価、どういうふうな評価をお求めかどうかわからないんですが、この評価、かなり大きい額になっていると思います。急激にこれほどの評価、評価というか、削減を行わなければならないということは、市民の皆様にもかなりサービス低下をお願いせざるを得ない、そして、職員も今まで以上の知恵と労力を出さなければいけないんではないかというふうに思っております。そういったことでよろしいでしょうか。



○議長(大空軍治君) 好川さん、最後ね、3回目。



◆議員(好川桂司君) 2月の21日にこの予算概要の発表がありました。その記者発表の席上で、市長は、旧市町では借金も財源の一つだというふうな認識があったけれども、これを改めていくというお話がありました。今申しました行財政改革効果等も含めて、まだそのような認識があるのかなというふうに私自身活字を見て思ったわけですけども、そのあたりの認識について、どのような点でそのような認識を持たれたのかということについて、できれば市長にお答えをいただきたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 公債費が現在約35億返しております。少し切っておりますが、34億円台がしばらく続きます。これは結局、借金も財源だという意識のもとで、旧市、旧町ともに借りれるだけ借りてきたと、その結果がこうなっていると。この公債費、この負担が大きいがゆえに、標準財政規模との比較で、実質公債費比率が県下でワーストワンになってるわけです。ですから、ことしの予算も、借金でその予算というか、歳入を賄おうと思えばできなくはないんです。そうすると、いろんな点で、市民サービスも含めて、御迷惑をかけるのは軽減されます。それほど御迷惑をかけなくて済むかもしれません。しかし、それでやると、二、三年で、二、三年で崩壊します。今こそ踏ん張らなくちゃいけないと、崖っぷちという表現はそういう思いを込めて、今こそ頑張ろうと、こういうことなんです。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。岡田議員。



◆議員(岡田事君) 予算書の296ページに職員の給料の状態が出ておりますが、ここで初任給の欄ですが、一般行政職で国の制度との比較が出ております。これを見ますと、市の方の初任給の額が一律的に高いんでございますが、これは高くしたという根拠というものを、これは制度的にあるんでございましょうけれども、これだけの苦しい状況の中におきまして、今国の方も、地方の一般の民間人の給料と比較してというふうに、地方公務員の給料の問題を論じております。そういう点からしましたときに、国の制度と市の制度の、このギャップというものがなぜそうなったのかなと、その点について一つお尋ねをいたします。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) ただいまの御質問でございますが、これは現時点の問題ということではなしに、過去の経緯の問題であろうと思いますが、やはり優秀な職員を確保するというふうなことを前提の中で、これ本市だけではなしに、県下の自治体がかなりとってこられた措置であろうというふうに思っております。

 そういった中にあって、現状のいろんな諸制度を分析していく中で、さきの12月議会で御提案申し上げましたように、地域給の導入、あるいは、このたび追加上程しております退職制度の見直し等々あるわけでありますが、そういった検討、是正検討の項目の中に、国公との本市における初任給の差の問題、これも現在対応団体と協議をしております。是正の方向で現在検討しておりますので、いましばらく御理解賜りたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) 岡田議員。



◆議員(岡田事君) ぜひ検討していただきたいというふうに思います。

 もう一つ意見を言わせてもらいますと、私はかつて国家公務員で勤務した──そういうことで、あれですが、ほんなら、そういうことで、ぜひ検討していただきたいということだけで、意見になりますので控えます。よろしくお願いします。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) このたびの予算編成に当たって、市民の皆さんにも、かなり市民サービスの低下をせざるを得ないということですけども、主な市民サービスの点で何が上げられるのか、お尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 主なものでいきますと、中学生の海外派遣の休止、それからイルミネーションコンサートの中止、それから敬老祝金の休止、米寿記念品の休止、そういったものが、それから、図書館の図書費については90%カットします。そういったものが、それから学校の図書、半額程度になっておりますが、こういったものが上げられるかなと思います。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 今は事業別の御説明をしました。今度は金額別に大きいのから順番に申し上げます。

 一番大きいのは、職員の時間外勤務手当6,500万を減額する方向で協力してもらおうと、もとより、市民サービスの方にも影響します。次は、社協に対する人件費補助です。人件費の70%を協力してほしいということでしたが、残念ながら、今の財政状況の上では40%が限度でした。自治会に対する事務費補助、昨年は、この補助金の性格といいますか、各自治会に交付しているこのお金の性格が、これは自治会長手当だという見解もありまして、少し研究の必要がありました。内部で時間をかけて、これまでの旧小野田市、旧山陽町の経緯も含めて検討した結果、自治会という団体に対する運営補助、事務補助であると、こういう見解をまとめました。したがって、1年おくれましたが、平成19年度から10%ずつ、他の補助金同様に減額について協力してもらおうと。ただし、後発、1年おくれましたから、1年おくれた分を2年で取り戻すということで、10%プラス5%上乗せさせていただこうということになりました。総額約1,000万になります。教育委員会の指導主事、県からの割り当てといいますか、山陽小野田市、どうしても小中学校の指導主事4人欲しいと、教育委員会の見解はそうです。しかし、1人当たり900万円の人件費です。この1人の減額をお願いしております。主だったところはそういうところですね。先ほどのレッドクリフに対しての中学生の派遣事業を隔年にすると、平成19年度はお休みするということもつらいことです、非常につらいことですが、金額的には200万前後の事業費です。金額の大きいところは先ほど申し上げました。

 ほかにまだいろいろあります。山陽市民病院に対する特別繰り入れ、これは平成19年度が1億9,000万となっております。その4分の1しか予算化できませんでした。財源がないからです。でも、これは国や県との約束になっております。ですから、特別繰り入れの時期に間に合わせるべく、何とか財源をつくらなくちゃいけないと思っております。しかし、こちらは減らした方には入りません。予定どおり何とかしなくちゃいけない。減らす方向で今努力しているのは、公営企業金融公庫等への有帆緑地の件です。入ってくるのは数百万ですが、出ていくのは1億7,000万です。何とかしなくちゃいけないということで、この問題については、庁内にチームをつくって、そして、有帆緑地調査検討委員会というのを今設置すべく準備しております。この1億7,000万については、せめて繰り延べで、半額ずつというわけにいかないか、場合によれば、4分の1ずつというわけにいかないかという方向で先方と交渉を始めてます。ですから、先ほどの金額でいうならば、1億7,000万の半分は8,500万です。場合によったら、出ていく、歳出からその程度繰り延べという形で何とか抑えることができるかもしれない。

 まだほかにもあります。現在、厚狭駅と埴生駅との間、山陽線の上の高架工事があります。約8,000万円の追加請求が来ました。この8,000万円の追加請求について、現在市長が先方と交渉中です。幾らまで下げることができるか、それはわかりません。しかし、場合によれば8,000万、努力しても功を奏することができなければゼロ、しかし、そういうふうな数字の課題はあります。

 そんなふうにして、大きいところからいけば、ざあっとそんなところです。あとは金額はそうめちゃくちゃ大きいわけじゃないんです。本当、有帆緑地の1億何千万、そんなものも、ほかの市民サービスの低下にならないように、何とかそちらの方に配付することができれば、もっともっと予算的にも楽な編成が可能だったと思うんです。新幹線厚狭駅の南部地区の土地区画整理事業、財源は一般会計から出すことにしてます。平成19年度は2億6,000万一応計上しました。あと3年、あと2年、あと1年という、そうした気持ちで続けております。でも、有帆緑地はまだ10数年あります。何でこんなことになったのかと、そのあたり十分調査し、そして、これから有帆緑地の事業について、償還について、どんなふうに取り組んでいったらいいのか、そんな難問が幾つかあります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 市長さんの大変なお気持ちもわかりますし、行財政改革をされていると、ここに効果として上がっておりますが、ちょっと疑問があります。疑問というか、質問があります。これは一応削減という効果でありまして、行財政改革、スリム化による効果額というのは幾らになっているのか、お伺いしたいと思いますが。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) そのスリム化というのが何を意味しているのかちょっとよくわからないんですが、ある意味、給与を除けばスリム化かなというふうには思ってます。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) こういう書き方をされると、この数字がまるでこの財政効果、財政改革した感じに見えるんですが、そうじゃなくて、18年度から目標にして、削減額はどのぐらいになっておりますか、その辺を。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 18年度からといいますと、ちょっとそこまでの数値は今持っておりませんし、そういった調査は特にはやっておりません。あくまでも19年度予算においてどれほどの削減ができたかということでお示しをしているわけでございます。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 各種委託料とか補助金とかも見直されております。ちょっと一つお伺いしたいのがございますが、衛生費のところです。衛生費は、全体的にいいますと、数字から見ますと減っておりますが、これは先ほどもありました、繰出金の減だったからだと思うんですけど、廃棄物業務委託料というのが上がっておりますが、この事業について、今まで委託、このたび出されたんですけど、今までのこれをやってた額とこの委託料をすることによって減額になった額とかいうことは示していただけるんでしょうか、その辺はどうでしょうか。



○議長(大空軍治君) 横田部長。



◎環境経済部長(横田信夫君) ちょっとページを言っていただきたいがと思うんですが。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 163ページでございます。廃棄物処分業務委託料、今までこれ全部の事業に、今までの事業にはございませんでした。このたび出てきております。それで、これの効果といいますか、今までどういうことをされてて、この委託料に出されたかということは知りたいと思うんですけど。



○議長(大空軍治君) 横田部長。



◎環境経済部長(横田信夫君) 廃棄物処理の運搬委託料のことでしょうか。(「業務、業務委託料」と呼ぶ者あり)これは以前お話をいたしましたが、共英に対して、18年度からダイオキシン等の問題がありまして、お願いをしとると、このことはもう議会で御報告いたしました。その分であります。



○議長(大空軍治君) 今ので3回です。ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 ここで午前中の会議を終わり、午後1時から会議を再開いたしますので、定刻までに御参集お願いいたします。では、休憩いたします。

────────────

午後0時06分休憩

午後0時58分再開

────────────



○議長(大空軍治君) これより午後の会議を開きます。

 午前中に引き続き会議を続行いたします。

 議案第19号平成19年度山陽小野田市訪問看護ステーション事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 訪問看護は利益は上がっておりますが、一般会計から500万ぐらいでしたか、補助金が出ておりますが、これに対して、積立金が700、800ぐらいたしかあったと思いますが、その辺の整合性といいますか、ステーション看護だけで賄うという、一般会計から出さないという審議とかいうことはなかったんでしょうか。補助金がなしと。



○議長(大空軍治君) 松野次長。



◎市民福祉部次長(松野清和君) 訪問看護ステーションの補助金の45万円につきましては、これは小野田市医師会で行っております訪問看護ステーションに対しまして、市の計画の中で設置していただいたということで、45万円ほど補助を出しております。山陽小野田市の訪問看護ステーションにつきましては、補助金についてはゼロでございます。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第20号平成19年度山陽小野田市土地取得特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第21号平成19年度山陽小野田市駐車場事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第22号平成19年度山陽小野田市国民健康保険特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第23号平成19年度山陽小野田市介護保険特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第24号平成19年度山陽小野田市老人医療特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第25号平成19年度山陽小野田市地方卸売市場事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。好川議員。



◆議員(好川桂司君) 今年度の予算を見ますと、非常に減額ということがまたされております。このあたり、卸売場市場の今後の方向性等についてどのようにお考えか、教えていただけたらというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 河崎次長。



◎環境経済部次長(河崎平男君) 今後の山陽小野田市地方卸市場の方向性については、現在、山陽地区にJAの関係の市場がありますし、小野田地区におきましてはこの市場があります。この機能を整理統合するか、または、どのような方向をするかということで、内部で検討をさせていただくようにしております。

 以上であります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第26号平成19年度山陽小野田市下水道事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回の予算でもそうなんですが、概要のときの説明にも相当工事金額の削減というのが進められたようですが、今回の予算上、普及率をどの程度見込んで計上されたのか、その点についてお答えください。



○議長(大空軍治君) 西村次長。



◎建設部次長(西村明君) 19年度の人口普及率の伸びにつきましては、約0.3%ということになります。18年度末が44.3%でございますので、19年度末には44.7%となる見込みでございます。

 以上です。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第27号平成19年度山陽小野田市農業集落排水事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第28号平成19年度山陽小野田市小型自動車競走事業特別会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第29号平成19年度山陽小野田市病院事業会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。河野議員。



◆議員(河野朋子君) 先ほどの補正予算の委員長からの説明の中にもありましたけれども、第5次健全化計画が現実とは乖離しているというようなこともありましたが、それから、今後2年間かけて、債務、解消に目指していくというような話もありましたが、市長の話の中で先ほど、一般会計からの特別繰り出しですか、それを当初の予算が今4分の1しか上げてないということで、頼みの一般会計の方もかなり苦しい状況で、病院の方も現実と乖離した計画ということで、不安材料がたくさんあるわけですけれども、そのあたり病院側としてはいかがお考えでしょうか。



○議長(大空軍治君) 河合局長。



◎病院事業管理者(河合伸也君) おっしゃるとおりでして、できるだけ、現在の職員も非常に頑張ってますし、ただ、今国の方針も含めて、医療行政そのものが非常に厳しい中でありますので、できるだけ病院としても努力しながら、ただし、やはり市立病院ですから、市の財政の中で勘案しながらやっていくということで、当初のことにつきましては、市長さんとも十分に協議しながら、また、来年度いっぱいを何とか乗り切っていきたいというふうに思っているとこです。

 以上です。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回の予算を見ると、特に山陽側は、また赤字のままこれ計上されているように見えるんですが、その点いかがでしょうか。



○議長(大空軍治君) 河合管理者。



◎病院事業管理者(河合伸也君) ここも非常に厳しいところでして、確かにそういうふうに見えますし、実際、今、山陽の周辺では開業の先生もたくさんふえておられますし、何とも答えるところは難しいんですけれども、一生懸命やっていきます。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) はっきり答えていただきたいんですが、どの程度の赤字を見込んで予算計上されているのか、その点についてお答えいただけますか。



○議長(大空軍治君) 山根次長。



◎病院局次長(山根雅敏君) それでは、お答えをいたします。

 病院局全体でいきますと、1,400万程度の黒字を見込んでおります。これは山陽側と小野田側とで見ますと、小野田側で3,477万の利益を見込んでおります。それから、山陽側で2,074万のマイナスといいますか、マイナスを見込んでおります。これをちょっと中を分析してみますと、医業収益の比較をいたしますと、いわゆる医業収入と医業費用、これはプラスになっております。実際には医業外費用、収入と医業外費用といいますか、これの比較の中でかなりのマイナスが出たということは上げられます。そのマイナスの一番の原因といいますのが、医業外費用の支出の項目にあるんですけど、予算書の27ページを見ていただくとおわかりかと思います。繰延勘定書委託費というのがあります。この中に退職給与金というのがありまして、これが約7,600万の計上をさせてもらっておりますが、このお金につきましては、実際には現金の支出のないお金といいますか、いわゆる減価償却費と同じような扱いで、何ていいますか、退職手当債を借りておりますが、これの支払いにつきまして、今度は4条予算の方で、資本的収支の方で返していきますので、ただ、ここで一応費用化をしておるということです。それと、その下の方に今度は退職給与負担金というのがありますが、これはいわゆる、以前、何ていいますか、病院の方で勤務しておられた方が一般職の方で退職されます、この人数が6名ほどおられまして、これらの方の負担金が約6,000万ほどかかります。これらを足したものが、今回の一つの赤字の原因に、赤字予算を計上せざるを得なかった一つの原因でなかろうかというふうに現在のとこ分析いたしております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 健全化計画との関係では、この予算で県の了解は得られるんでしょうか。今年度も相当黒字を出した上で健全化計画を達成するというのが国、県との約束で、国の方が約束どおり補助金を出してきております、特別交付金ですか、出してきておりますので、その辺は大丈夫なんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) おととしの秋、国と県と約束したんです。そのときは平成19年度と20年度、山陽小野田市の一般会計から1億9,000万ずつ特別繰り入れをすることによって、何とか計画の目的を達成できるんじゃないかと、そういう見通しで国の方からも支援してもらってます。その支援は平成18年度で終わります。あと残ったのは、山陽小野田市の一般会計からの特別繰り入れと、そして病院当局の自助努力、それが残っております。それについて先ほどちょっと申し上げましたけど、平成19年度の一般会計からの分は、4分の1しか当初予算では組めませんでしたけれども、年度内精いっぱい努力して、予定どおり繰り入れについては実現しようと。来年のことはまた来年です。病院も頑張ると言ってます。かつまた、この問題はすぐれて、一般会計が、すなわち私たち山陽小野田市が、これから数年後どうなるのかということと不即不離の関係にあります。一般会計が非常に健全な状態で、そして、病院当局だけ何か不良債務にあえいでいると、そういう関係にはないんです。私たちが、今議会に出しておりますが、平成19年度の予算に対して、議会や市民が一緒に取り組んでくださるのかどうか、崖っぷちに立って、踏ん張れるのかどうかと、それが、それが山陽市民病院も含めて、山陽小野田市立病院が、20年度以降、21年度以降、健全化に戻るのかどうかということ、そのことと密接に関係しております。全然別の世界の話じゃありません。よろしくお願いします。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 一生懸命職員の方も皆さん努力されているということは本当に目に見えてわかっているんですが、この公立病院がやはりいっぱいなのは、給与費とかいうことの問題だと思うんですけど、事業の管理者がこのたび、去年のこと採用されて、その給与費なんかも再配して、いろいろ軽減できるのではないかと思うんですけど、その辺のこの予算に対して、その辺のことは考慮されてこの予算は立てられているんでしょうか、その辺お伺いします。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) きょうの一般会計の方も含めて、人件費への取り組みの問題だと思います。国は人事院規則で、また、県、それから市町村はそれぞれの条例に基づいて、給与あるいは退職金その他、人件費についての制度の枠組みをつくっております。その枠組みに基づいて、その中で現在予算を組み、そして執行をしております。それを今直ちに大幅に変えろと、それはできません、できないんです。山陽小野田市は非常に今苦しいです。ですから、とりあえず病院局の中で、地方公営企業法の全部適用になったことだし、自由に事業管理者が、水道局にしても、病院局にしても、人件費について労働組合と団体交渉して、しかるべき何か手当がつかないかと、それは非常に難しい事柄なんです。それを、その時期というのはやがて、今国の方で労働者に三権をすべて認めろと、争議権も認めろというふうな方向が打ち出されてます。ということは、リストラも、それから人件費、賃金カット、これも経営者側にできる権限を、民間同様に、民間同様に、国も、それから自治体にも与えようと、そういう構想で今大きく変わろうとしています。そういう時期を待たずして、先走りしようとしても、それはしょせん無理な話です。今時代が大きく変わろうとしてます。その中でこうした問題は解決されるんだろうというふうに考えます。

 現在、一般会計の方は市の条例に基づいて、また、病院局の職員についても条例に基づいて、それぞれ給与を支払い、退職金を支払ってます。病院局苦しいから、もうこの不良体質、不良債務、これを何とかやりくりするために、事業管理者は病院局の労働組合と交渉して、退職金何割カットできないかと、それは非常に難しい話です。ひとつ現実的に考えていただきたいと思います。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 給料は条例に基づいて、定員管理も条例に基づいてされてるということはわかっております。じゃあ、この条例を変えるというふうな構想とか、そういうふうなことはないんでしょうか、その辺をお伺いします。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 少しずつ取り組んでまいります。少しずつ着実に一歩ずつ前進するように取り組んでまいります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第30号平成19年度山陽小野田市水道事業会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第31号平成19年度山陽小野田市工業用水事業会計予算について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第32号山陽小野田市副市長の定数を定める条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第33号山陽小野田市報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第34号山陽小野田市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第35号山陽小野田市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) お尋ねをいたしますが、このたび最高額を53万円から56万円に引き上げるというのがこの骨子だと思うんですが、これによって影響を受ける人たちがどの程度出てくるのか、あるいは、予算的にはどの程度の増収と考えておられるのか、その点についてお尋ねをいたします。



○議長(大空軍治君) 松野次長。



◎市民福祉部次長(松野清和君) 人数的なものにつきましては、この確定申告等が終わりましてからでないと、つかむことができません。一つの例といたしまして、御夫婦、お子様が2人おられるという御家庭であるならば、平成18年度の今の料率で考えますと、年間所得が507万円以上の方が該当するということになります。これにつきましては、給与収入で見てみますと、約700万円以上の方々が対象となるという、この方々につきまして影響を受けるということでございます。

 以上でございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第36号山陽小野田市敬老祝金支給条例の停止に関する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。伊藤武議員。



◆議員(伊藤武君) お尋ねをいたします。この停止については、前年度、去年見直しという条例が出まして、議会みんながいろいろ検討いたしまして、一部修正をしながら、現在あるものが今回は停止ということで、大変新聞紙上をにぎわせておりまして、我々議員も胸にぐさっと当たるものがあるわけでありますが、特に私は、お金には色はついとらんし、名前も書いてないわけでありますが、この議案が提出されたことにより、複数の自治会長さんから、こういうふうな言い方なんですよね、「我々の手当はもらわんでもええけえ」とか、「半分でええけえ、せめて年寄りには祝い金なと、全額を出せとは言わんが、考慮すべきじゃないか」と、「ぜひ議会で反映してほしい」と、こういう意見があったわけですが、その辺については検討されたでしょうか。



○議長(大空軍治君) 金光部長。



◎市民福祉部長(金光康資君) 昨年議会でいろいろ熱心に御審議していただいたことは十分承知しておりますし、私どもも決して敬老の精神を忘れているわけではございません。いろいろやっぱり今回予算編成をする中で、どうしても財源が足らない。一方では、高齢、福祉サービスについては、年々どうしても切ることのできない経費がかさんでおるということの中で、どうしても切れない、必要な人に必要なサービスを提供するために、そこの部分を確保するためにどうしても予算が足らないということの中でこういう結果になったこと、本当に私どもも残念ではございますけれども、当分の間、この状況を御理解いただきまして、御協力をいただければというふうに思っておるところでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) そういう話はよくわかるんですが、昨年のことを思い出していただくと、一度にこうばっさり切られるのは何だから、減額でということで、議会の中でも特別に審議をして、条例改正の修正を行ったわけです。やっぱりそういう議会側の努力、総意を持ってやったことに対して、今回それをさらにばっさりと切り下げていくと、まあ今回のはもう全く0にするというわけですから、事前に議会の方に、「昨年こういう御審議いただきましたが、こういうふうにさせていただきたい」というような事前の協議といいますか、そういうものが必要だったんではないかなと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(大空軍治君) 金光部長。



◎市民福祉部長(金光康資君) この審議そのものが、本当に私どももぎりぎりまでこういう状況っていうことを理解するのに時間もかかったところでございます。そういうふうなことの中で、そういう時間がなかった状況でございますので、御理解をいただければと思っております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) 今の答えの中で、いつも「時間がないない」という常に話です。あんねえ、今回はだめだけど、次のときにはよくなったら支給すると。今回当たった人に対する、人はどういうふうな感覚で執行部は考えておられるんですか。



○議長(大空軍治君) 金光部長。



◎市民福祉部長(金光康資君) たまたまこの状況に当たった方に対しては、本当に申しわけないというふうに思っております。しかしながら、本当にない財源をどうかして捻出する努力もいたしたところではございますけれども、まあどうにもならないということの中で、ここでたまたま今年当たられた方については申しわけない、ただ御理解をいただきたいということしか言うことができません。申しわけございません。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) やっぱおかしいんですよ。要するに今まで行政ちゅうのは積み重ねて、ずっと来てるんです。当然市民もその間について税金はちゃんと払ってきておるわけです。それが行き詰まったから、じゃあ自分の持分のときにはだめだと。その後はまた返すんだと。そんな不公平な感覚を今からも行政がやられるということになると、市民ちゅうのはものすごい不安に思うんです。おれのところ来るけど、はあ、だめになった、今度はおれはだめかなと。そんな行政のやり方ちゅうのはないと思いますが、その点検討されましたか。



○議長(大空軍治君) 金光部長。



◎市民福祉部長(金光康資君) まあ、今先の予測っていうのがなかなか、いつからどうだという形にはならないわけでございますが、今県下でもこの敬老祝金について、もう廃止しようじゃないかというようなことの中で、今岩国市さんであるとか宇部市さんなんかは、もう全廃をしておられる状況でございます。今後また明かりが見えてまいりましたら、これをどうするかというのは、その時点でまた検討をさせていただきたいと思っております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第37号山陽小野田市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 病院にお尋ねをしたいんですが、現在のこの看護師の配置基準、これはどのような数値配分になっているんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 山根次長。



◎病院局次長(山根雅敏君) これ、看護師の基準ちゅうのは、各病棟ごとに基準がありまして、小野田の場合は10対1といいますか、患者さん10人に対して看護師さん1名。それから山陽の場合は、15対1で配置基準は決まっております。

 以上です。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 現在、国の制度改正で7対1にすれば、点数が上がるというふうに聞いておるんですが、これが採用されない理由、そういうのはあるんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 管理者。



◎病院事業管理者(河合伸也君) 確かに7対1にしますと、今年からですけれども、かなり高額に収入が得ることができるんですけれども、今の看護師、助産師不足から考えて、今この近辺でそれが可能なのは山大病院だけでして、労災病院もできない状態ですので、とても今の人員不足ということでは、それには対応できないし、ただ一方、その7対1にしますと、急性期だけを要求されますので、本当にそれを市民が要求されているかということを考えますと、山大病院が近いこと、あるいは労災病院があるというようなことを考えると、やはり少しゆっくりした体制が市としては望ましいのかもしれないというふうに、今は思っているところです。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) では、もし仮にその辺がクリアになって、7対1が実現できた場合は、かなりの増収が見込めるというふうに考えていいんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 管理者。



◎病院事業管理者(河合伸也君) それは増収は見込めます。ただし、その分人件費も当然増大するものですから、そのあたりは十分試算してやるべきものと同時に、先ほども言いましたように、市民のニーズということも、本当に急性期だけでいいのか、その後はどこにどうなるというようなことも踏まえながら、考えていかなければならないんじゃないかと思っています。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第38号山陽小野田市市立病院使用料及び手数料徴収条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 今回の改定を見てみますと、特別個室等がかなり値上げということになってるんですが、この利用状況というか、その辺はかなりニーズがあるんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 管理者。



◎病院事業管理者(河合伸也君) こういう点につきましては、病院でもかなり議論できる内容ですので、これは必ずしも値上げだけじゃなくして、値下げも入ってまして、山陽の場合は、やはり老朽化していますし、実情に応じて適正に値段を決めているということで、小野田の場合は産科病棟をこれからきれいにしますので、それであれば少し値上げしていくということで、まあできればこういう形で行きたいんですけれども、やはり市民に余り大きく負担をかけない程度で進まざるを得ないんじゃないかというふうに思っておるところでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第39号山陽小野田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。衛藤議員。



◆議員(衛藤弘光君) お尋ねします。

 今の消防団があるんですが、その分団数が今度は少なくなるわけですか。



○議長(大空軍治君) 中里消防長。



◎消防長(中里裕典君) 合併前の旧小野田と旧山陽の消防団をそのまま一緒にしましたので、新市発足時は22分団ございました。これをこの2年間かけて消防団の再編ということで、小学校区の単位で行くということで、旧小野田が以前9分団ございましたのを7分団、そして山陽地区が13分団ありましたものを6分団ということで、計13分団に編成いたします。団員数につきましては、合併時定数503名ということでございますが、今回の条例で485に変更するものでございます。



○議長(大空軍治君) 衛藤議員。



◆議員(衛藤弘光君) 各分団の定員数ですが、それはある程度幅があるんですか、それとも皆同じ定員なんですか。



○議長(大空軍治君) 中里消防長。



◎消防長(中里裕典君) この分団の決まった定数といいますか、いわゆるその分団ごとの機動性といいますか、地域の特殊性とか、その辺を合わせて大体決めております。旧小野田につきましては、いわゆるポンプ自動車と、こういったものがございまして、これのいわゆる初動体制、乗る人数とか、こういったものからはじいていくわけです。あと、何名おられても実際に災害が起きたときに何割の方が出られるかと、こういう中から大体何名要るだろうということで、大体旧小野田の場合は約1分団25名ぐらいの団員数でございます。山陽地区につきましては、分団数も多いわけですけども、17のところもあれば20のところもあるという形でばらばらでございました。今回、向こうで4分団が一緒になりますと、まあ今おられる分団数を全部集めますと60ぐらいになるわけです。そうすると、分団車庫を建てて、車1台置いて、60人はどうなるんだちゅう話もあるわけです。そういった中で、全体のその地域の特性とも考慮しながら適正数を決めていくという中で、今回の定数を導き出したわけでございます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑は。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 今、消防団員の定員のことについて言われたんですけど、これは機動性とか地域の特性を生かしてと言われましたが、何か法的な根拠というものは、定員を決めるについてはあるんでしょうか。その辺をお聞きします。



○議長(大空軍治君) 中里消防長。



◎消防長(中里裕典君) 法的なものはございません。今申しましたように、基本的にどうあれば一番機動的に活躍できるかという、そういった装備とか、そういったものを含める中で決めてきております。それが過去において、各旧山陽町、旧小野田におきましても、そういった形で過去に決めてきておりまして、法定で幾らというのはございません。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) そういう機動性、そういうことで審議されるということですけど、財政的面からこの団員を考えるということは考えてらっしゃいますでしょうか。



○議長(大空軍治君) 中里消防長。



◎消防長(中里裕典君) 財政的と申しますか、今国の方は挙げて、消防団員が過去に200万人おりましたのが、現在90万人ということで、消防団員をふやそうということに大変力を入れておりまして、国の方の消防団に関する国の予算自体も今回増額になっております。そういった中で、非常に国の方からすごく積極的に各全国に向かって、消防団員をふやすようにという形で今働きを受けております。そういった中で、今私どもも再編ということがございまして、定年制も引きました関係上、今回若干多くの団員の方がおやめになりましたけれども、今回それに当たって、それを補充するべく最大限の努力をしておると、こういう状況でございます。



○議長(大空軍治君) 岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 今、国の方から補助が出る、ふやしていくということで、大体どうなんですか、1人当たりどのぐらい補助が出てるということになっているんでしょうか、消防団員に対して。



○議長(大空軍治君) 中里消防長。



◎消防長(中里裕典君) 大体、いわゆる地方交付税の方で、消防団員の報酬といいますか、こういったものが算定されております。大体、要するに今の私どもの総団員数程度は地方交付税の中で保障されておるというふうに理解をいたしております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第40号字の区域の変更について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第41号山陽小野田市の特定の事務の郵便局における取り扱いに関する規約の変更について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 以上をもって、議題となっております議案24件に対する質疑を終わります。

 これらの議案は、お手元に配付してあります付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会へ付託いたします。委員会におかれましては、十分なる御審査をお願いいたします。

────────────



△日程第8議案第42号〜第48号

────────────



○議長(大空軍治君) 日程第8、議案第42号山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定についてから、議案第48号山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定についてまでの、以上、議案7件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。白井市長。

(市長登壇)



◎市長(白井博文君) ただいま上程されました議案につきまして、いずれも諸条件が整いましたので提出いたしました。

 それでは、順次御説明申し上げます。

 議案第42号は、組織条例の一部改正であります。今回の改正は、現下の厳しい財政状況等を踏まえ、公課負担に対する公平性を確保するとともに、徴収率の一層の向上を図る観点から、公金の滞納者に対して法的措置を含めた滞納整理体制の連携・強化を図るため、債権特別対策室を設置するものであります。

 議案第43号は、職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正であります。今回の改正は、国や県に準じ、本市においても同様の措置をいたすための所要の改正であります。

 改正の内容は、休息時間の廃止並びに育児及び介護を行う職員に対する早出、遅出勤務の対象範囲を拡大するものであります。

 議案第44号は、職員の退職手当に関する条例の一部改正であります。今回の改正は、国の改正に伴い本市においても同様の措置をいたすための所要の改正であります。

 改正の内容は、退職手当の支給率を見直し、中期勤続者の支給率を引き上げ、長期勤続者の支給率を微減させることにより、勤続年数1年ごとの段差を少なくするもの、給料において、現給保障されている部分を退職手当の算定から除くもの及び退職手当の調整額を新設し、在職期間中の在級実績のうち高い級からの60月について、在級実績に応じて調整額を支給するものであります。

 議案第45号から議案第48号までは、「小野田・楠清掃施設組合」の解散並びにこれに伴う事務の承継及び財産処分並びに一般廃棄物処理施設設置条例の一部改正であります。

 「小野田・楠清掃施設組合」は、本市小野田地区と宇部市楠地区のし尿及び浄化槽汚泥の処理を行ってまいりましたが、楠地区の処理は宇部市単独で行うことが可能となり、組合として存続させる必要がなくなったことにより、平成19年3月31日をもって解散するものであります。解散に際して、組合の事務は本市が承継し、組合の財産はすべて本市に帰属させるものであります。これにより当該一部事務組合の施設を本市の一般廃棄物処理施設として位置づけるために、一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正するものであります。

 以上、提出いたしました議案につき、その概要を御説明いたしましたが、なお詳細にわたりましては、御質問に応じ私及び関係参与から御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。

(市長降壇)



○議長(大空軍治君) 市長の提案理由の説明が終わりましたので、これより質疑を行いますが、質疑については1件ずつ行います。

 議案第42号山陽小野田市組織条例の一部を改正する条例の制定について、質疑を行います。御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) 具体的にどういう仕事を行うのか、もう少し説明をお願いしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) これの取り扱いにつきましては、行政改革大綱策定の専門部会で十分検討いたしまして、そして本部会でも検討させていただきました。現在、想定しておりますものは、まず税です。税の収納。それから、そのほかは、いわゆる使用料と言われる、料と言われるものです。そういったものを中心に、いわゆる効率的に収納できる体制をとっていこうということであります。もちろんこれからこの組織を動かしていく中で、まだまだいろんな問題が出てこようと思いますが、それはその時点で事前修正を加えながら、せっかくつくった組織が機能的に動くように体制づくりをしていきたいということであります。当面は、やはり税に大きな金額がございますので、それからまず入っていきたいということであります。

 以上であります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。好川議員。



◆議員(好川桂司君) 債権特別対策室ということですけども、具体的にはどのようなメンバー構成、どういう役職の方が何人、あるいは部下、スタッフ的に何人というものが、構想がありましたら教えていただきたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) 最終的には人事配置の問題ですから、まだ断定的には申しかねるところがあるわけですが、現在想定しておりますものは、やはり責任者である室長1名です。それから、その補佐をする職員が2名程度です。それに、さらに専門的な立場で、いわゆる国税、あるいは県税のOBの方、さらには警察官のOB、そういった方を想定しております。したがって、最終的にまだはっきり申し上げかねますけれども、4名から5名の体制になるんではないかなということを想定しております。

 以上であります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。衛藤議員。



◆議員(衛藤弘光君) これ、他の市ではもう取り組んでいる所があるんではないかと思いますけれども、もし情報がわかればお教え願いたいと思います。効果が出とるかどうか。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) 他市でこういった対応をしておられる所は、まあ多少は聞いておりますけれども、その細部についてはやはりなかなか聞き取ることができません。ですが、それはそれとして、やはり現状非常に大きな課題を抱えておりますので、その課題解決のために全力を挙げて取り組むという姿勢を今持っておりますので、適切な人員配置の中で、その組織が十分に機能して効果が達成できるように、頑張っていきたいというふうに思っております。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) もう皆さん御承知のとおり、山陽小野田市の一般会計、単年度で市税合計が約100億です、市税合計が。正確に言いますと99億とか。今度の平成19年度では106億。これは、住民税の改正を踏まえてそうした数字になっております。このうち、平成18年度も平成17年度も、大体8%、慢性滞納です。8%。100億の8%というと8億です。いろいろの事情はあると思います。ですから、弾力的に運用していきたいと考えておりますが、何とかしたいと。そこから出発しております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 先ほどの人員構成の検討を聞くと、警察OBということも言っておられましたが、この債権の調査にかかわりますと、かなり御本人の細部にわたって調査をするということになるわけですが、これは税務課と同じような、そういう権限を与えられた上でされるのか、それとも各課の情報を一手に引き受けてやっていくのか、その点についてはどのように考えておられるんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 法的な面については手抜かりのないようにきちんと、室長の上に私がおりますから、きちんとやっていきたいと思っています。

 そして、税、料ともに滞納者のうち、特に所管課のもてあましておる、かつ悪質な滞納者に対しては厳しく対応していこうと考えております。



○議長(大空軍治君) 山田議員。



◆議員(山田伸幸君) 私もよく多重債務者の相談を受けるときに、ある一定の資金を集めて、それを配分するということが出てくるんですが、そのときによく壁にぶつかるのが、こういう公金を扱う所がそれを全部持って行ってしまって、ほかに配分できなくなって困るというふうなことがあるんですが、そういった点について、これは白井市長が御専門だと思うんですが、そういう任意整理が行われているところにまで踏み込んでこられるのか、その点についてお答えください。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) いろいろ御経験をお持ちのようですが、その任意整理をされる際に声をかけてください。私たちも参加します。しかし、優先的にすべて持って行くような、そんなことは全く考えておりません。応分の配分を期待しております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第43号山陽小野田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第44号山陽小野田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。好川議員。



◆議員(好川桂司君) この市職員の退職手当に関する条例の一部改正ということの中にはといいますか、背景には、退職手当債の借り入れの条件というようなものが、もしかしたらあるのかなというふうに思いましたけども、そのあたりの関連性についてはどのようなことになっておりますでしょうか。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) お答え申し上げます。

 退職手当債の借り入れに関しましては、やはり国を上回った基準で適応しておる部分については、国と同様の措置をするようにというのが大原則でございます。そういった中にあって、昨年の暮れに地域給の導入をさせていただきました。加えて、この定年制度の見直しにつきましても、やはり同様の考え方が基本になることは事実であります。

 ただ、それだけではなしに、やはり新しい制度に切り変わる、いわゆるこれは退職手当制度の見直しの根底というのが、実は背景が3つあるわけですが、まず1点目は、公務員制度の改革における指摘という事項があります。これは、まず功績等、これは過度に重視した制度の是正であるとか、あるいは在職期間の長期化、こういったものへの対応をするというのがまず1点。

 それから、2点目は、給与構造の基本的な見直し、これは地域給の関係です。さっき申し上げましたように、中間程度は余り給与は下がっておりませんが、上に行くほどカットの部分が多い、いわゆる7%これ下がっておるというような状況です。

 それにもう1点は、民間企業における退職金制度の見直しというのがあります。これは、ポイント制度導入など年功重視型から貢献度重視型へ変えるということが実際あります。

 そういった背景の中にあって、このたび、これまあ人事院勧告では出なかったわけですが、別の形の中で退職手当制度の見直しが示されたわけですけれども、それに基づいてこのたび改正をしようとするものでございます。

 以上であります。



○議長(大空軍治君) 好川議員。



◆議員(好川桂司君) 先ほど市長からの説明の中に、「給料において現給保障されている部分を退職手当の算定から除く」というふうにありましたですけども、これによる影響額、先ほどありましたように、長期勤続者の支給率が減るという話もありましたし、このあたりの算定から除くことによっての影響額というのは、おおむね1人当たり幾らぐらいになるんでしょうか。



○議長(大空軍治君) 笹木総務部長。



◎総務部長(笹木慶之君) ちょっとその部分は、説明しますと大変長くなるところでもあるんですが、それを簡略的に申し上げますと、新しい制度に移行された場合には、実は選択肢がありまして、いわゆる旧制度で算定したものと新制度で算定したものとの差額の多い方ということが保障されるように当面なっております。ところが、多い方と言いながらも、それはこの条例が制定されるならば、この19年の3月31日に算定した額はもう固定されますので、その固定した額と今度は2年後、3年後とこう動いてきますが、そのときに退職するときの給料、これはもう新しい給料表の適用の金額になってきますから、給料はがくっと下がってきます。それによって計算されたものとの比較によって、多い方を、早く言えば保障しましょうということになります。ですが、これが、その保障額が必ず新しい制度によって計算されたものより下位になってきたときには新しい制度が動いてきます。そうすると、今一般的に計算してみますと、やはり100万から200万ぐらい数字が落ちてくるんではないかなというような状況です。

 以上であります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。岡田議員。



◆議員(岡田事君) 退職手当の件でございますけれども、今年度から、今から後年度に退職手当債の支払いというものが大きな財政負担になっておると思いますが、この手当債という形で、退職金という必要経費を後年度負担に持っていくというのが、これ給与制度といいますか、今の財政のあり方の中で果たしていいのかっていう疑問がするわけですが、消防の方でいろいろ聞いてみますと、例の退職基金という形で全額今の一般会計の方には反映させないということですが、退職金の基金というものが今の市職員の中には、あれはなぜなくなったんでしょうか、その辺のとこの状態をちょっとお尋ねしたいと思います。というのが、退職債として、現在勤めておる職員の退職金そのものも、現在我々が供与を受けているサービスの中の一つの金じゃないかなと思うんです。それが、後年度にそれだけの退職金というものが繰り越されるということ自体が、非常に私は疑問視しておるわけでございますので、この退職債にかかわるこの退職金制度というものについて、一言お尋ね申し上げます。



○議長(大空軍治君) 江本次長。



◎企画政策部次長(江本勝一君) 退職手当基金をなぜ今までしなかったかということなんだろうと思います。民間企業であればそれだけの積み立てといいますか、留保資金といいますか、そういうのがあるんでしょうが、公給には残念ながら全国的にそういう感覚ございませんで、ただ山陽小野田市につきましては、退職手当基金というのを設けて、財源的に余裕があるときには積み立てをいたしておりました。しかしながら、住民サービスにこたえるためには、基金積み立てるだけの財力はそんなに多く生まれなかったということもあって、それほど退職手当基金を残すことができなかった。ということは、その当時に市民サービスに回った分を基金に積み立てておくか、それをその時点でサービスに回して使うのかと、そういった問題であろうと思います。

 今、退職手当債を発行するというのは、まあ確かに今までの基金がなかったと言えばそうなんですが、そうでもありますが、前年度のサービスを低下させて積み立てるのか、後年度に負担をするのか、結局はプラスマイナスは0かなというふうに思うわけで、最終的には苦しい財政状況であれば、後年度への負担というか、借金にせざるを得ないという状況になろうかと思います。



○議長(大空軍治君) 岡田議員。



◆議員(岡田事君) まあ、何とかそれを長年制度としてきておるものを今さら言ってもしょうがないんですが、今の基本的にはやはり今受けている皆さん方の給料に基づく退職金の額ですから、今皆さん方が、我々が受けているサービスの、退職金もその中の一端になるべきはずと思いますんで、まあ、これは言っても仕方がないかもしれませんが、これが今の後年度にゆだねる退職債として、今山陽小野田市には大きな重石がのしかかっているわけですね。だから、この際、今勤めている人たちに対する退職金も今我々が受けている人の経費なんです。ですから、その点をひとつ御検討いただければと、こう思います。



○議長(大空軍治君) 岡田議員、質問の趣旨をしっかり、何が聞きたいのか。



◆議員(岡田事君) いやいや、だからその考え方を聞きたい。



○議長(大空軍治君) 執行部、どなたが答えますか。白井市長。



◎市長(白井博文君) お考えは理解できますので、今後参考にさせていただきます。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はありませんか。佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) ただ、退職金ちゅうのは手当なんか、それとも賃金なんかという感覚があると思うんです。それで、市役所の場合は、要するに賃金だというふうになっとると思うんです。だから、賃金ということになれば、その当時当然ためていくというのが基本だろうと思います。というのは、やめて行く人に退職金を支払わんというわけにはいかんじゃろうと思う。ところが、民間の場合には退職規定ちゅうのはあっても、それが毎月労使の契約で結ばれてない限りその退職金ちゅうのは延ばすことができるんです。払わんでも済むちゅう。だから、倒産したとき退職金払わんちゅう。ところが、市役所の場合はその点が難しいんじゃないかと思います。その点どうなんですか。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 退職金の法的性格については、労働法という学問の分野で議論されているところです。今のようなお考えもあればそうじゃない考え方もあります。少なくとも現在市としては、退職手当支給に関する条例があり、その条例に基づいて執行するという形で支給せざるを得ません。それをどういうふうに今後改善、あるいは改めていくかということについては、また今後の課題になろうかというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) そうしますと、条例で支払うということは、賃金として支払わなければならないというふうに考えていいわけですね。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 現在ある条例に基づいて退職手当は支給してまいります。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) ですから、要するに支払うと、退職金として。だから、賃金だというふうに考えますが、いいですか。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 質問の趣旨が不明ですので、恐縮ですが、もう一度お願いします。



○議長(大空軍治君) 佐村議員。



◆議員(佐村征三郎君) ですから、退職金というのは賃金として支払う、要するに手当やなしに、それはその人の持ってる権利ですね、賃金。だから、そういうふうに考えていいわけですね。要するに、条例で支払うということは、必ず支払わなきゃならんと。だから、条例を変えん限り支払わんにゃいけんというふうに考えていいわけですね。



○議長(大空軍治君) 白井市長。



◎市長(白井博文君) 退職金の法的性格については、佐村議員のおっしゃるような考えもあれば、そうじゃない考え方があって、そうじゃない方は有力であるというふうに言っておきます。ただ、退職手当の支給については、現行の条例に基づいて支給してまいります。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第45号小野田・楠清掃施設組合の解散に関する協議について質疑を行います。御質疑はありませんか。中島議員。



◆議員(中島好人君) この解散に伴う影響額はどうなるのか、今まで宇部の方から何ぼか小野田市の方に入ってきてたと思うんですけど、そうした点での関係はどうなっていくのかお尋ねしたいというふうに思います。



○議長(大空軍治君) 横田部長。



◎環境経済部長(横田信夫君) これまで一部事務組合として、山陽小野田からは約80%の負担をしておりました。宇部市からは大体20%ぐらいの負担をしておったわけでございます。18年度負担金として約1億1,000から1億2,000万ぐらい負担をしておりましたので、あと20%分が市の今度負担になるんではないかなというふうに思っております。まあ、全額この20%が負担になるとは思っておりませんけれども、ある程度負担になるということは事実だろうというふうに思っております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 議案第46号小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う事務の承継に関する協議について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第47号小野田・楠清掃施設組合の解散に伴う財産処分に関する協議について質疑を行います。御質疑はありませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) 御質疑なしと認めます。

 議案第48号山陽小野田市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例の制定について質疑を行います。御質疑はありませんか。岩本議員。



◆議員(岩本信子君) 先ほど言われましたように、一部事務組合がすることによって、3,000万ほど宇部市側の方から補助金が、補助金じゃなくて一応出してたわけなんですが、今小野田は山陽町の方に山陽浄化センターというのがございます。今まで宇部市分が入ってた分が少し今度は少なくなるんではないかと思うんです。その3,000万分ほどが負担にこのたびはなってくるとは思うんですけど、この浄化センターの方の一緒にして、将来的にはどちらかを1カ所に施設をするというふうなことはお考えではないでしょうか。



○議長(大空軍治君) 横田部長。



◎環境経済部長(横田信夫君) おっしゃるとおり、合併をいたしまして、2つの施設を持っておるということは、当然不経済だというふうに思っております。確かにこのたび市の単独施設として存在するようになると思います。一つの施設として運営をしたいというふうに思っておりましても、やはりこれまで旧楠町分が大体20klですか、山陽町の分が、山陽地区の分が非常に多かったわけであります。ですから、今の現状のままでこの小野田浄化センターを動かしていくということはできません。ですから、今後どういうふうにするかということについては、十分検討して、結論を出していきたいというふうに思っております。



○議長(大空軍治君) ほかに御質疑はございませんか。

(「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大空軍治君) これをもって質疑を終わります。

 これをもって議題となっております議案7件に対する質疑を終わります。

 これらの議案は、お手元に配付してあります付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会へ付託いたします。委員会におかれましては、十分なる御審査をお願いいたします。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 明日8日は午前10時から本会議を開き、一般質問を行いますので、御参集をお願いいたします。

 本日はこれにて散会いたします。お疲れでございました。

────────────

午後2時02分散会

────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。




  平成19年3月7日

   議  長   大 空 軍 治

   署名議員   二 歩 材 臣

   署名議員   福 田 勝 政