議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 周南市

平成 18年 9月 第4回定例会 議会運営委員会 09月08日−03号




平成 18年 9月 第4回定例会 議会運営委員会 − 09月08日−03号









平成 18年 9月 第4回定例会 議会運営委員会


周南市議会議会運営委員会記録

日  時  平成18年 9月 8日(金曜日) 午後 1時00分開議
                       午後 1時44分散会
                       (会議時間19分)

休  憩  午後 1時17分 〜 午後 1時42分

場  所  第3会議室

 
出席委員  委員長   田 村 勇 一 議員
      副委員長  西 林 幸 博 議員
      委  員  青 木 義 雄 議員
      委  員  形 岡   瑛 議員
      委  員  金 井 光 男 議員
      委  員  清 水 芳 将 議員
      委  員  立 石   修 議員
      委  員  友 広   巌 議員
      委  員  橋 本 誠 士 議員
      委  員  福 田 健 吾 議員
 
      委  員  兼 重   元 議員

議長の出席 議  長  古 谷 幸 男 議員

委員会において出席を求めた議員
      副議長   小 林 雄 二 議員        炭 村 信 義 議員
            神 本 康 雅 議員        友 田 秀 明 議員

 
事務局職員 事務局長  原田雅史
      次長    手山恒次
      次長補佐  松田秀樹
      書記    穴田典子
      書記    有吉勝次
      書記    高階信幸
      書記    多嶋田浩一
      書記    福田剛士
 

会議に付した事件
      報告第7号について

議事の経過 別紙のとおり

 周南市議会委員会条例第65条の規定により、ここに署名する。

                    議会運営委員会委員長    田 村 勇 一




議会運営委員会 議事の経過

   午後1時00分開議



○委員長(田村勇一議員) それでは、ただいまから議会運営委員会を開会いたします。委員外議員といたしまして、副議長、炭村議員、友田議員、神本議員に出席をお願いしております。よろしいですか。

   〔「はい」と呼ぶ者あり〕

                                                    



△報告第7号について



○委員長(田村勇一議員) それでは、報告第7号についての協議をさせていただきたいというふうに思います。議長から報告をお願いします。



◎議長(古谷幸男議員) 本会議で、経済部長から、報告第7号について資格がいるのかどうかということで、再度確認のうえ答弁がありました。その答弁では説明がありましたように、受講しそして作業するということをしていないということが報告されたわけであります。したがって、法の基準の中で定まっていることをきちっと実行していなかった、怠っておったということであります。このことについて報告第7号をどう取り扱うかという状況、取り扱い方が非常に極めて難しい状況であります。専決ですでにもう行われ、そして報告事項であるということであります。したがって、議決事項ではございませんので、どう取り扱うかといいますか、どう考え方を示すのか、議会側としてどうしておくのかということを御協議いただきたいというように思っております。それともこのままいくという御意見があるかどうかとか、いろんな御意見があるかと思いますが、私自身が少なくとも答弁を聞いた上では、議会側として統一的な見解があれば出していただきたいというように思って御協議をお願いしているわけです。

以上であります。



○委員長(田村勇一議員) それでは皆さん方の御意見をお伺いいたします。何かございますか。



◎委員(兼重元議員) 言い出しをしたことで責任上、私からちょっといいますが、これは損害賠償を支払うことについてということでの専決処分をしたことを報告するということになってますからね。この報告自体についてとやかく言うことはないと思う、もう。すでに、要するに損害賠償の問題は資格を持っておろうがおるまいが、その事実に対して損害賠償が発生したんだから、当然、損害賠償の範囲で責任をそこで負うということであって、これのことについては言いません。問題は職責でありますね。要するに職務責任というところですよ。無資格者が常態的にこれを使って作業をしていると、また答弁を聞いても労働安全衛生法にきちっと規定されている、その高所作業車を扱うのに法も知らなかったと。だからこの件についていわゆる職務責任、これをどうするのかということだけだろうと思うんですよ。議会としてどうしなさい、こうしなさいということではなかろうと思うんですけどね。要するに事実に対して職責をどうきちんと果たすか。議会で審議をしてほしいといえば審議をきちんと担保しておくという話になると思うんですね。



◎委員(形岡瑛議員) 基本的には兼重委員と同じ意見ですが、報告は報告でありますが、やはり法令遵守事項についての自覚がなかったということ。それから最初の報告でも答弁でも最初はね、よくよく聞いてみれば業者が要らないといったから要らないというのを、かなり部長は確信を持って要らないと思っているという、あれでありましたんで、そのことを含めたやっぱり責任をどうされるのかということはやっぱり、それはまあ議会が何か求めるかどうかは別ですけどね。当然やっぱり、監督責任というのは明らかにすべきであろうという意見です。それから私はこの種の報告について、今までも質疑したことがあるんですけど、新南陽の庁舎の前の草刈機の事故で、市民のガラスを自動車の割ったという事故、かなり質疑しましたが結果報告だけなんですよね、これは報告のあり方の問題。だけどそこにどういう問題があったのかという掘り下げた究明がほとんどないんですよ。今回もだからこの事故にあたって、そういう高所作業の資格とか何とかいうことについて掘り下げたことやってないで、報告だから報告と、そういう点非常に不満があったし、これからそういうことの市の報告については、きちっとした報告がされるようにということはあってほしいんですけど。ただ議事としてはこれは報告ですから、これはこれなんです。今後だからこの明らかな事実受けて、職責をどう問うのかという問題になろうかと思います。ただ、じゃあ議会側として、ああしろこうしろということは執行部に言うべきかどうかについては、ちょっとまだ考えは今ありませんけど、一応今の時点での意見は、あと皆さんの御意見もあろうから。



○委員長(田村勇一議員) 今、お二方から法令遵守をしなかったための職責をどうするかということについての御意見が出てますが、皆さん方他に御意見ございませんか。



◎委員(兼重元議員) 非常にわかりやすい例をあげて言いますがね、この間も飲酒運転がありましたよね周南市の職員で。それに対してどう職責を、やっぱりそこに問われたかということでしょう。今回もやっぱり法令を遵守していなかったゆえの事故ですよ。だから私は安全とか安心だというのは日常的に存在するものではないの、常につくり出すものだということだから法がある。そしてそれの法を守りなさいということが厳しく問われている。そしてそれを犯せばきちっとしたペナルティがある、これが社会の常識。だからこそ今回も私も非常に素朴な質疑をさせていただくということで確認を取っただけなんです。しかしこれだけの事実が判明したことに対しては、当然の職責を果たしていただきたいということなんです。今会期中でもいいから、その件については、きちんとどのような職責を果たしたのかと果たすのかということを、まずは担保してください。そしてきちんと今会期中でもその件については改めて本会議で報告していただく。



○委員長(田村勇一議員) ほかにございませんか。──ないようですので、この件に関して取りまとめたいと思うんですが、議長のお考えは。

   〔発言するものあり〕



○委員長(田村勇一議員) 今の意見を聞いて、どうお考えになったか。



◎議長(古谷幸男議員) それぞれ議員さんお考えあると思うんですが、先ほどから出ておりますように報告第7号をどうするとか、こうするとかっていうことについては、もうできない状況であります。したがって、この件で報告に基づいたものが事実が判明したということで、議会側としてそのことについてどうするかということを区分けして考えますと、そういうことになるかなと思います。そのことについて協議をしていただいて、いわゆる全体的な統一見解が出れば、議会として判断ができるというようには思っております。



○委員長(田村勇一議員) それでは先ほどからありますように、議会側からは職責をどうするかということをきちっと本会議中に執行部側から示していただくようにしたいと思いますが、いかがでございますか。ほかの御意見はいかがですか。



◆委員(清水芳将議員) それはだから議会運営委員会として正式に文章で申し入れをして、文書で行政報告なり回答をいただくということでいいんですか。



◎委員(兼重元議員) 私が言ったのは、ここのこの議会で協議をしてくれと、そしてそれなりの方向性なり考え方を出してくれということで議長が諮問したんだから、それに対して私は意見を言ったんです。だからこの件について職責問題について執行部がしかるべき手続を踏むと、あるいは中でそれなりの責任を果たすということをしていただきたいということと併せて、この職責問題について改めて本会議中に報告をしていただきたいと、こういうことなんです。本会議で報告していただきたい、文章云々はそれは議長が考えればいいことだから、私はとやかく言う気はない。

   〔発言するものあり〕



○委員長(田村勇一議員) ほかに御意見ございませんか。

   〔発言するものあり〕



○委員長(田村勇一議員) 挙手して発言してください。皆さんほかの方は。ほかにございませんか。それでは改めて確認いたしますが、職責について本会議中に、どう責任問題の解決をするかということを、したかということを本会議中に報告をお願いするということにさせていただきますが。それでよろしゅうございますか。

   〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(田村勇一議員) 議長、それでよろしいですか。



◎議長(古谷幸男議員) よろしゅうございますけれども、職責について改めて本会議でという申し込みになるわけですか。



○委員長(田村勇一議員) この問題に対してどう対処したかということの報告をしていただきたいということです。



◎議長(古谷幸男議員) 一つだけ申し上げますけど、私が申し込むようになるということになりますと、やはり議会運営委員会の協議していただいた決定でありますから、私の方として執行部に申し込むということになれば文章的なものになろうかと思います。そうしますと市長あてになりますから、職責についてどう考え方を持っているかということについて本会議できちっとした考え方を示してほしいということになろうかと思います。そういうことになるのかなと思うんですが、そういうことになりますけどね、いわゆるそれを報告第7号以外でやるということになれば、執行部側からすれば行政報告以外ないのかなという思いがありますね。改めてということになるかもわかりませんね。だから、きょうの報告第7号については、一応第7号をもう終わり、そして改めて報告をしていただくということになるかと思うんですが、そういう確認をすべて行って、ここで行っていただいていた方がいいかなと思います。



◎委員(形岡瑛議員) ですから、報告第7号に対する質疑で明らかになった法令遵守についての自覚がなかったという、法令についての、という事実にその職場責任をどうするのかということを我々は問うわけですよね。問うた結果どうしましたという結果を、いわば議長が言われている行政報告として求めるとこういうことになると思うんですよ。



○委員長(田村勇一議員)ほかに御意見ございませんか。そうしますと確認しますが、今の質疑としては続行してということですか。



◎委員(兼重元議員) 報告第7号について、そのものについて損害報告のことだから、これはもう了解なんです。ただ報告第7号について新たな事実が判明したと、その内容はかくかくしかじかであります。この件について、職責についての取り扱いを執行部に対してどのようにされるのかということを執行部にきちんと申し入れて、後日、本会議で報告していただきたいということを本会議で、議長が口述でも何でもいいじゃないですか、やったらいいですよ。



○委員長(田村勇一議員) 今の件に関してほかの方、御意見ございませんか。

   〔発言するものあり〕



○委員長(田村勇一議員) それでは報告第7号については一応報告でございますので、ちょっと確認しますのでちょっと文書を作らせていただきますので、ちょっと休憩させてください。

   〔発言するものあり〕

                                                    



○委員長(田村勇一議員) 今、兼重委員からありますように、ちょっと休憩させて下さい。30分から開会いたします。

   午後1時17分休憩

                                                    

   午後1時42分再開



○委員長(田村勇一議員) それでは休憩前の会議を再開いたします。

                                                    





○委員長(田村勇一議員) 今お手元にお配りしましたが、先ほどからの審議の結果、報告第7号については法令が遵守されなかった職務責任について、今会期中に報告をお願いするということで着地したいというふうに思います。したがいまして再開後質疑からはじまりますが、質疑はしないということで各会派で確認をお願いしたいと思うんですが、よろしゅうございますか。法令が遵守されなかった職務責任についての質疑はということですよ。そこを確認して、すいませんが、よろしゅうございますか。

   〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(田村勇一議員) それではそういうことにさせていただきますので、皆さんよろしゅうございますか、委員外議員の方もよろしゅうございますか。いいですね、そういうことにさせていただきますので、よろしくお願いしたいと思います。

                                                    



○委員長(田村勇一議員) 以上で議会運営委員会を閉会いたします。

   午後1時44分散会