議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 柳井市

平成 21年 第2回臨時会( 7月) 07月28日−01号




平成 21年 第2回臨時会( 7月) − 07月28日−01号









平成 21年 第2回臨時会( 7月)


   柳井市告示第26号
    平成21年第2回柳井市議会臨時会を、次のとおり招集する。
      平成21年7月21日
                                      柳井市長 井原健太郎
   1 期日 平成21年7月28日
   2 場所 柳井市議会議場
──────────────────────────────
   開会日に応招した議員
田中 晴美              三島 好雄
上田代根子              光野恵美子
東  泰雄              山本 達也
坂ノ井 徳              川? 孝昭
藤里 克享              藤坂 元啓
藤沢 宏司              賀原 基和
河村 真弓              鬼武 利之
石丸 東海              松本 周一
松本 哲男              荒川 貴志
君国 泰照              杉村 英子
中次 俊郎                   
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────
平成21年 第 2 回 柳 井 市 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)
                                  平成21年7月28日(火曜日)
─────────────────────────────────────────────
議事日程
                              平成21年7月28日 午前10時00分開会
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 会期の決定
    日程第3 行政報告
    日程第4 議案上程審議(委員会付託)
    日程第5 委員長報告・討論採決
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 会期の決定
    日程第3 行政報告
    日程第4 議案上程審議(委員会付託)
      (1)議案第54号 平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)
    日程第5 委員長報告・討論採決
──────────────────────────────
出席議員(21名)
1番 田中 晴美          2番 三島 好雄
4番 上田代根子          5番 光野恵美子
6番 東  泰雄          7番 山本 達也
8番 坂ノ井 徳          9番 川? 孝昭
10番 藤里 克享          11番 藤坂 元啓
12番 藤沢 宏司          13番 賀原 基和
14番 河村 真弓          16番 鬼武 利之
17番 石丸 東海          18番 松本 周一
19番 松本 哲男          20番 荒川 貴志
21番 君国 泰照          22番 杉村 英子
23番 中次 俊郎                  
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(2名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 吉山 健一          次長 稲田 富生
書記 石岡 雅朗                  
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長            井原健太郎      副市長           上田 順二
教育長           高井 孝則      会計管理者         砂田 規之
柳井ニューディール推進担当部長  林  幹男      総務部長          山中 孝之
建設部長          沖永 佳則      経済部長          大井 清教
市民福祉部長        中村 栄司      水道部長          米野  豊
教育次長          貞末 正博      総務課長          松尾 孝則
経営企画課長        木元 健二                         
──────────────────────────────


午前10時00分開会



◎事務局長(吉山健一) ご起立願います。ご礼。ご着席願います。



○議長(賀原基和)  これより、平成21年第2回柳井市議会臨時会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

 ここで、議事日程に入る前に、議長より、皆様方にお願い申し上げます。議会におけるクールビズの取り扱いについては、議会運営委員会において、ご協議をいただいており、本日の会議においても、皆様それぞれのご判断によって、上着をとっていただいてもよいこととしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、日程に入ります。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(賀原基和)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第74条の規定により、議長において、河村議員、鬼武議員の両名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(賀原基和)  日程第2、会期の決定を議題といたします。

 本臨時会の会期は、去る7月23日の議会運営委員会においてご協議申し上げておりますが、本日1日といたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日とすることに決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.行政報告



○議長(賀原基和)  日程第3、行政報告の申し出がありましたので、これを許可いたします。市長。

〔市長登壇〕



◎市長(井原健太郎) 7月21日の集中豪雨における災害等につきまして、ご報告申し上げます。

 まず、このたびの集中豪雨により被災された市民の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。また、山口県内の豪雨災害は、7月27日正午現在、死者15人、行方不明者2人を出すなど、大きな被害をもたらしました。亡くなられた方々には、衷心よりお悔やみ申し上げます。

 今回の雨は、21日午前6時から降り始め、同日24時までの総雨量は272ミリ、最大時間雨量は55ミリで、4年前の豪雨に次ぐ、観測史上2番目の記録となりました。

 この雨による当市における災害状況は、床下浸水132戸、床上浸水4戸、自主避難3世帯3人、市道通行止め23箇所となりました。

 柳井市の防災体制は、21日午前6時28分に、大雨洪水警報が発表されたことを受けて、6時40分に第2警戒体制を配備しました。7時40分には山口県土砂災害警戒情報が発表され、強い雨による災害の発生が懸念されたため、7時55分には、全職員対応の災害対策本部を設置いたしました。

 防災への対応につきましては、広報車3台で市民に警戒情報の伝達を行うとともに、管理人により既に稼動していたポンプ場へ職員を配置し、状況に応じた排水対策を行いました。河川の水位、樋門の開閉状況の確認、道路冠水による通行止め、備蓄しておいた土のうの市民への配布や設置活動、道路や河川などの災害箇所の確認、対応作業などのほか、市民からの災害情報に対しましては、職員が現場におもむき、できる限りの対応をしてまいりました。翌22日には、豪雨により浸水した家屋、事業所等の消毒作業を完了いたしました。

 今回の災害対応で配慮した点につきましては、まず1点目として、防災組織としての南町商店街との連携です。前回、床下浸水等大きな被害を受けた南町商店街連絡網に、早朝6時50分に、豪雨による浸水の可能性があることを伝えました。2点目は、自衛隊、警察、広域消防、消防団等との連携です。特に、消防団の皆様には、水量が警戒水域を越えた河川のパトロール、危険箇所への土のう設置、土砂除去作業等約100人の団員の皆様にご協力いただいております。3点目は、建設業協同組合との協定に基づく連携です。約40人の方に、通行止め、土砂除去等にご協力いただきました。その他、ポンプの増設、新設により排水能力を増強するとともに、各ポンプ場における警戒水位を設けて、仮設ポンプ等の稼動状況を調整したこと、事前に備蓄しておいた3,100袋の土のうを必要に応じて有効に利用できたことなどが挙げられます。

 次に、7月24日夕方から活発化した梅雨前線による総雨量は151ミリ、最大時間雨量は26.5ミリを記録しました。市は、24日16時に第1回目の豪雨防災会議を開催、25日午前9時から第2回目の防災会議を開催しました。同時に、広報車による市民への大雨に対する警戒についての広報活動を行いました。第1警戒体制及び第2警戒体制を27日まで維持して対応してまいりました。家屋への浸水はありませんでしたが、市道の通行止めを1箇所行いました。また、3世帯4人の市民が自主避難されました。

 21日から降り続いた大雨により、地盤も緩んでいるため、引き続き、土砂災害に注意してまいります。

 今なお、21日からの豪雨による各種の被害調査を実施中であり、最終的な被害状況等については、現在集計中でありますが、災害等の概要についてご報告を申し上げるとともに、今後とも市民のご意見も取り入れながら、さらなる防災体制の向上を目指してまいります。

 以上、行政報告といたします。

〔市長降壇〕



○議長(賀原基和)  以上で、行政報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案上程審議(委員会付託)



○議長(賀原基和)  日程第4、議案第54号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)を上程し、直ちに議題といたします。

 それでは、本案について、市長より提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長登壇〕



◎市長(井原健太郎) 今回提案いたしました案件につきまして、ご説明申し上げます。

 議案第54号は、一般会計補正予算であります。今回の補正予算は、厳しい社会情勢の下での緊急経済対策に資する公共事業等、緊急雇用対策等に係る補正予算として、歳入歳出それぞれ4億619万3,000円を追加するものであります。

 まず、歳出の主なものとして、総務費の一般管理費では庁舎空調冷熱源設備更新経費の補正を、また、賦課徴収費では航空写真作成及び市税還付金の補正を行うものであります。

 民生費の母子福祉費では母子家庭自立支援給付金の補正を、また、子育て応援特別手当費では、子育て応援特別手当交付金の補正を行うものであります。

 衛生費の保健対策費ではがん検診委託料の補正を、塵芥処理費では、車両購入費等の補正を行うものであります。

 農林水産業費の農地費では石井ダム施設補修工事費、農道及び用排水路の原材料費等の補正を、林道開設費では林道補修改良工事費の補正を、また、海岸保全事業費では漁港海岸施設整備工事費の補正を行うものであります。

 商工費の観光費では、ふるさと市整備工事費等の補正を行うものであります。

 土木費の道路維持費及び道路新設改良費では市道等生活道路の補修整備工事費の補正を、橋りょう維持費では、橋りょう健全度調査業務委託料の補正を、河川総務費では河川浚渫補修工事費の補正を、街路事業費では古開作線整備工事費及び柳井駅前自転車駐車場への防犯カメラ設置工事費等の補正を、都市下水路費では下水路改良工事費の補正を、さらに、都市公園費では柳井川河川公園トイレ設置工事費等の補正を行うものであります。

 消防費では、防火水槽の修繕料、電波伝搬調査委託料等の補正を行うものであります。

 教育費の小学校費では学校施設の耐震診断業務委託料、平郡東小管理教室棟解体工事費、学校設備備品購入費、理科教育設備備品の購入費等の補正を、中学校費では、学校施設の耐震診断業務委託料、学校設備備品購入費及び理科教育設備備品の購入費の補正を行うものであります。さらに、文化財保護費では民俗資料整理保存のための賃金等の補正を、大畠民俗資料館費及び月性展示館費では施設外壁の補修工事費の補正を、体育施設費では、柳井市体育館のアスベスト改修工事費の補正を行うものであります。

 次に、歳入でありますが、国庫支出金では地域活性化・経済危機対策臨時交付金、事業に係る補助金等の補正を、県支出金では雇用対策の補助金の補正を行うものであります。

 繰入金では、財政調整基金繰入金の補正を行うものであります。

 詳細にわたりましては、私及び関係参与からご説明申し上げますので、何とぞ慎重ご審議のほど、お願い申し上げます。

〔市長降壇〕



○議長(賀原基和)  以上で、市長の説明を終わります。

 これより、審議に入ります。本案について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(山中孝之) それでは、補足説明を申し上げます。

 議案第54号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)につきまして、補足説明を申し上げます。

 別冊となっております補正予算書の1ページをお願いいたします。今回の補正は、歳入歳出予算総額に4億619万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を、それぞれ154億6,230万2,000円とするものでございます。

 それでは、ページを追って、ご説明申し上げます。6ページ、7ページの歳入をお願いいたします。国庫補助金につきましては、国の1次補正等に係ります子育て応援特別手当交付金、地域活性化・経済危機対策臨時交付金などを中心に、各事業に対応する予算額を計上いたしました。

 8ページをお願いいたします。県補助金につきましては、県の基金を活用した雇用対策に係ります補助金でございます。基金繰入金につきましては、財源の不足を補うため、財政調整基金から繰り入れるものでございます。

 次に、10ページをお願いいたします。歳出でございますが、一般管理費につきましては、庁舎本館の空調設備につきまして、昭和59年設置より既に25年が経過しており、各部位の劣化によりまして、性能の低下を見ております。その中でも、対外的な会議等も多い3階会議室専用の空調熱源装置機器の更新を行うものであります。

 それから、11ページの賦課徴収費の委託料及び備品購入費につきましては、課税事務の正確性と利便性の向上を図るため、航空写真及び機器等の更新を行うものでございます。23節につきましては、償還金利子及び割引料でございますが、市税還付金につきまして、今後、法人市民税還付などが増加することとなるため、増額補正をお願いするものでございます。

 次に、12ページをお願いいたします。19節の母子家庭自立支援給付金につきましては、2年以上養成期間で修学する母子家庭の母親に対しまして、支給金額の引き上げと期間の拡大が行われるための予算計上であります。

 それから、7目・子育て応援特別手当費につきましては、臨時の措置であります子育て応援特別手当を、平成21年度に限り、第1子まで拡大するもので、具体的には、平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた子どもに対しまして支給するもので、当市では、1人当たり3万6,000円の800人を計上させていただきました。

 それから、13ページでございますが、保健対策費につきましては、女性特有のガンにつきまして受診率向上のため、該当する年齢の対象者に無料クーポン券を配布いたしまして、検診を行うものでございます。

 続きまして、14ページでございます。14ページの2目・塵芥処理費の賃金につきましては、粗大ゴミや空き缶等の廃棄物の省資源化を推進するために、補助作業員2名の雇用を行うものであります。また、備品購入費につきましては、低炭素化社会の実現に向け、老朽化した塵芥収集車の代替として、環境負荷の少ないハイブリット仕様の塵芥収集車を購入するものでございます。

 15ページをお願いいたします。7目・農地費につきましては、農山村の道路、水路を地元関係者により舗装、改修等行う場合に、原材料の支給や重機等借り上げを行う、ここちよい農村づくり支援事業を、また、15節・工事請負費につきましては、地域の安全確保のため、2箇所のため池の切開工事及び、市民の憩いの場でございます石井ダム公園の老朽化した施設の改修工事の費用を計上させていただきました。

 16ページをお願いいたします。16ページの3目・林道開設費につきましては、農林業の振興のため、林道福井線、余田畑線、殿畑舟木線の改修工事を行うものであります。

 17ページの6目・海岸保全事業費につきましては、阿月竹の浦地区漁港海岸の背後地の駐車場を舗装するものでございます。

 続きまして、7款・商工費、3目・観光費の観光メニュー企画調整事業委託料につきましては、観光メニューの企画調整のため、観光協会に職員雇用、観光宣伝等に係る事業の委託を行うものであります。

 続きまして、18ページをお願いいたします。18ページの2目・道路維持費につきましては、市内4箇所の側溝整備、舗装補修を実施いたすものでございます。

 それから、3目・道路新設改良費におきましては、地域生活道路の整備のため、小平尾坂本線及び佐保林線2路線の改良工事を計上いたしております。

 4目・橋りょう維持費の委託料につきましては、地域の安全を確保するため、橋りょう補修の優先順位や改修工法の検討調査を行うものであります。

 19ページにまいりまして、2目・街路事業費におきましては、都市計画道路古開作線につきまして、交差点改良2箇所を含めました道路改良、延長200メートルの整備を行い、交通環境の早期改善と交通渋滞の緩和を図るものでございます。また、駅前自転車駐車場の安全確保のため、防犯カメラを設置するものでございます。

 20ページをお願いいたします。3目・都市下水路費では、地域の浸水対策のため、琴風地区及び西土穂石地区の下水路改良工事を実施するものでございます。

 それから、4目・都市公園費では、県の「ふるさと柳井川整備」事業にあわせまして、公衆トイレ、修景壁等、都市公園としての整備を行うものであります。

 続きまして、9款の消防費でございますが、11節・需用費の修繕料につきましては、消防水利と安全確保のため、防火水槽のふた掛けを、それから、13節の委託料では、防災行政無線整備の設計を行うにあたりまして、設計基準とするため、現在の消防同報箇所及び同報設置予定箇所のデジタル波の電波伝搬調査を行うものであります。

 それから、21ページにまいりまして、2目・事務局費では、緊急雇用対策として、学校図書館におけます図書のデータベース化を図り、利用しやすい環境を整えるため、整理支援員の雇用を行うものであります。

 22ページをお願いいたします。22ページの小学校費の学校管理費では、13節・委託料の耐震診断業務委託料は柳井、柳東、鳴門3小学校の屋内運動場の耐震診断費用を、また、15節の工事請負費では、老朽化した平郡東小学校管理教室棟の解体等を、また、備品購入費では、電子黒板機能付きのデジタルテレビ及び実物投影機を、市内──これは、12校でございますが、市内全校に設置するものでございます。

 それから、2目・教育振興費では、理科教育設備備品の充実のため、増額を行うものです。

 23ページの中学校費の委託料では、大畠中学校の校舎及び武道場耐震診断費用を、それから、18節の備品購入費では、小学校と同じく電子黒板機能付きのデジタルテレビと実物投影機の購入費を、4校を計上させていただきました。

 それから、11目・文化財保護費では、民俗資料収蔵庫に保存しております民俗資料の整理、データベース化のため、2名の雇用を行うものであります。

 続きまして、24ページでございます。12目、13目の工事請負費につきましては、観光振興及び安全確保のために、老朽化しております大畠民俗資料館、月性展示館の外壁補修工事を行うものでございます。

 25ページ、4目・体育施設費の15節・工事請負費につきましては、基準が変更となりましたため、体育館3階、第2競技場倉庫天井と非常口の避難通路天井のアスベスト改修工事を行うものでございます。

 以上で、補足説明を終わらせていただきます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。藤沢議員。



◆議員(藤沢宏司) 今回、臨時議会まで開いて、予算を補正してやるわけですが、予算を動かすためには、臨時議会を開いて、議会が議決をしなければ動かせませんが、今回の補正は4億いくらぐらいですが、組んでやる目的について、もう1回、確認をさせていただきたいと思います。まず1点目は、それをお願いします。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(山中孝之) これは、議案説明でも申し上げておると思いますが、基本的には、この社会情勢の下で、緊急経済対策といいますか、地域の経済も疲弊しておりますので、それにあわせて、緊急経済対策と緊急雇用という対策について、まずは、きちんと予算を組んで対応するというふうに理解しております。



○議長(賀原基和)  藤沢議員。



◆議員(藤沢宏司) ということは、経済対策ということが目的だろうということで理解をいたしましたが、であれば、誰のためにその事業を行って、そして、誰が事業をするのか。誰のためというのは、市民のために事業を起こすのでしょうけど  、では、それを仕事を受けるのは、誰のためなのか。そこについて、お聞かせください。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(山中孝之) これは、当然のことと思いますけれども、あくまでも市民のためといいますか、市全体の景気浮揚ということと理解しておりますし、できる限りというよりも、地元の経済の還元になるように努めてまいりたいと思っております。



○議長(賀原基和)  藤沢議員。



◆議員(藤沢宏司) 今、そういうふうにお話をされました。事業をしてもらって、まず喜ぶのは市民。そして、事業をする、請け負う事業者は、やはり柳井市民の方でなければ  、それぞれの市町村で、今回の補正予算は組まれておるのだろうと思います。

 それで、お金が柳井から外へ出ていけば、何のためにやったのかわかりません。ですから、そこは、出ていく回るお金が100%に、100%近く、やはり市内に回るようにしていただきたい。それでないと、何をやったのかわかりません。柳井市外の方のためにすることになっては、やはり、本来の目的から少し外れるのではないかなというふうに思っておりますので、そこをもう一度、明確に確認をさせていただきたいと思います。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(山中孝之) 考え方として、議員さんのおっしゃるとおりでございますので、でき得る限り、市民、それから市内に還元できるように、努めてまいりたいと思っております。



○議長(賀原基和)  ほかに、ありませんか。石丸議員。



◆議員(石丸東海) 今回の補正は、経済危機対策。6月にも補正がございまして、いろいろ、新市長になられまして予算が組まれておりますが、問題は、この執行です。速やかにしないと、余り効果がすぐ現れないと思うのです。いろいろ、先ほど藤沢議員が言われましたように、工事請負とか、市内でできるものについては速やかに発注されて、景気が刺激になるようなことが必要と思うのですが、そのいろいろな予算を組んでおるものの執行について、どのように考えておられるか、お考えをお伺いします。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(山中孝之) これは、基本的にはその趣旨で、当然、国の補正もありますし、そういう考え方で、もう既に、臨時議会も2回目でございますが、各所管には指示をいたしまして、早急な対応に努めております。



○議長(賀原基和)  石丸議員。



◆議員(石丸東海) 当然、総務部長としたら、それぞれの各部署にそういう指示はされておると思います。しかし、このたび、大きな災害がございまして、それぞれ各担当も忙しいのです。そうした中で、いかに早くするか、これが必要ではなかろうかと思うのです。そこのところをよく考えて、執行していただきたいと思うわけです。これはお願いですが、よろしくお願いします。



○議長(賀原基和)  ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 それでは、この後、休憩をとりますので、建設経済常任委員会、厚生水道常任委員会、総務文教常任委員会の順に、各常任委員長において、順次、委員会を全員協議会室に招集され、付託いたしました議案第54号の審査をお願いいたします。なお、委員会審査終了後、会議の再開は、5分前に庁内放送をもってお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、ここで、暫時休憩といたします。

午前10時32分協議会

                              

午後1時30分再開



○議長(賀原基和)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

────────────・────・────────────



△日程第5.委員長報告・討論採決



○議長(賀原基和)  日程第5、これより、各常任委員会に分割付託いたしました議案第54号について、各委員長の報告を求めます。

 まず初めに、建設経済常任委員会の報告を求めます。委員長、上田議員。

〔建設経済常任委員長 上田代根子登壇〕



◎建設経済常任委員長(上田代根子) 建設経済常任委員会のご報告を申し上げます。

 議案第54号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)中の建設経済常任委員会所管部分について、その審査の概要と結果等のご報告を申し上げます。

 執行部の補足説明の後、各委員からの質疑は、17ページの3目・観光費、観光メニュー企画調整事業委託料で、企画面を担当する観光協会職員1名配置は、ふるさと雇用に係るものであるが、目的をはっきりさせ、専門的分野での活用について要望する発言があり、観光協会としっかり協議をする旨の答弁がありました。

 また、委員からは、補正全体を見ると、国の経済対策交付金や県の雇用創出補助金などが主なもので、新規なものはほとんどなく、今までの事業の進捗を図るもので、やりたくても諸事情でできなかったもの、また、市民の要望に応えての予算計上をした。これに対して、できるだけ早期に完成するようスムーズな対応をお願いしたいという要望がありました。

 次は、15ページの7目で、農地費のため池についてでございますが、これまで、ため池改修をされているが、残りが6箇所で、21年度の予算計上が1箇所、今回の補正で2箇所改修で、残りは3箇所となる。これについては、十分、パトロールしている。危険になれば水位を下げるなど、指導を十分に行い、安全性は保たれているということでした。

 次に、今回の補正予算は、要求に対してどれぐらい認められたのかということに対しまして、ほぼ100%に近く認められたということでございました。そのほか、古開作線の道路整備、都市下水路改修、それから、防犯カメラ設置工事、都市公園費などについての質疑がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第54号中の本委員会所管部分については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔建設経済常任委員長 上田代根子降壇〕



○議長(賀原基和)  次は、厚生水道常任委員会の報告を求めます。委員長、鬼武議員。

〔厚生水道常任委員長 鬼武利之登壇〕



◎厚生水道常任委員長(鬼武利之) 厚生水道常任委員会のご報告を申し上げます。

 議案第54号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)中の厚生水道常任委員会所管部分について、その審査の概要と結果等のご報告を申し上げます。

 執行部の補足説明の後、各委員からの質疑は、補正予算書の13ページ、保健対策費でのがん検診については、本会議でも補足説明がありましたが、対象が5歳刻みということで、これを継続実施していく方向を、ぜひとも考えていただきたいという要望がありました。

 次に、14ページの塵芥処理費、臨時賃金について、6月補正のクリーンパトロールとの違いについて発言があり、このたびの補正は、クリーンパトロールで収集した粗大ごみや空き缶などについての選別、解体等を行うというものでした。

 その他、委員からは、母子福祉費の母子家庭自立支援給付金については、法改正により、支給期間は就業期間の全期間となるなどということに対する質疑、また、環境にやさしいハイブリット車の塵芥収集車の購入などについて、なお、委員外委員からも多くの質疑がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第54号中の本委員会所管部分については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、厚生水道常任委員会の報告を終わります。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔厚生水道常任委員長 鬼武利之降壇〕



○議長(賀原基和)  次は、総務文教常任委員会の報告を求めます。委員長、田中議員。

〔総務文教常任委員長 田中晴美登壇〕



◎総務文教常任委員長(田中晴美) それでは、総務文教常任委員会のご報告を申し上げます。

 議案第54号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)中の総務文教常任委員会所管部分について、その審査の概要と結果等のご報告を申し上げます。

 執行部の補足説明の後、各委員からの質疑は、本会議でも発言がありましたが、実際にいろいろと計上されている各事業が、市民のため、活性化、緊急経済対策に資するのかどうかというところに、質疑が集中しました。具体的には、航空写真や電子黒板、理科教材、民俗資料館外壁工事などであります。

 執行部からは、このたびの緊急経済対策では、確かに国のメニューでやる事業もさることながら、今まで、やりたくても予算計上できなかったというところも含めて、国の経済対策の中でやらせていただけることは大変ありがたいことで、ぜひとも、ご理解を賜りたいということでありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第54号中の本委員会所管部分については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、総務文教常任委員会の報告を終わります。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔総務文教常任委員長 田中晴美降壇〕



○議長(賀原基和)  これより、各常任委員会に分割付託いたしました議案第54号について、討論及び採決を行います。

 お諮りいたします。議案第54号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する各委員長の報告は、可決であります。各委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第54号は、可決されました。

────────────・────・────────────



○議長(賀原基和)  以上で、本臨時会の日程は、全て終了いたしました。慎重なご審議をいただきまして、誠にありがとうございました。

 これをもちまして、平成21年第2回臨時会を閉会いたします。

午後1時43分閉会

──────────────────────────────







      会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




         平成21年 7月28日


                     議  長 賀原 基和


                     署名議員 河村 真弓


                     署名議員 鬼武 利之