議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 柳井市

平成 21年 第2回定例会( 6月) 06月23日−04号




平成 21年 第2回定例会( 6月) − 06月23日−04号









平成 21年 第2回定例会( 6月)


─────────────────────────────────────────────
平成21年 第 2 回 柳 井 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第4日)
                                  平成21年6月23日(火曜日)
─────────────────────────────────────────────
議事日程
                              平成21年6月23日 午前10時00分開議
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 委員長報告・討論採決
    日程第3 議案上程審議
    日程第4 議案上程審議
    日程第5 議員派遣について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 委員長報告・討論採決
      厚生水道常任委員会委員長
      (1)議案第49号 柳井市国民健康保険税条例の一部改正について
      (2)議案第50号 (分割付託)平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)
      (3)議案第51号 平成21年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)
      (4)議案第53号 平成21年度柳井市水道事業会計補正予算(第1号)
      (5)平成18年請願第1号 上関原子力発電所の建設促進を求める請願書
      (6)平成18年請願第2号 上関原発建設反対を求める請願書
      (7)付託調査等の報告について
      建設経済常任委員会委員長
      (1)議案第47号 柳井市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について
      (2)議案第50号 (分割付託)平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)
      (3)議案第52号 平成21年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
      (4)付託調査等の報告について
      総務文教常任委員会委員長
      (1)議案第48号 柳井市税条例の一部改正について
      (2)議案第50号 (分割付託)平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)
      (3)付託調査等の報告について
      議会運営委員会委員長
      (1)付託調査等の報告について
    日程第3 議案上程審議
      (1)同意第4号 副市長の選任について
     日程第4 議案上程審議
      (1)議員提出議案第3号 北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議の提出について
     日程第5 議員派遣について
──────────────────────────────
出席議員(21名)
1番 田中 晴美          2番 三島 好雄
4番 上田代根子          5番 光野恵美子
6番 東  泰雄          7番 山本 達也
8番 坂ノ井 徳          9番 川? 孝昭
10番 藤里 克享          11番 藤坂 元啓
12番 藤沢 宏司          13番 賀原 基和
14番 河村 真弓          16番 鬼武 利之
17番 石丸 東海          18番 松本 周一
19番 松本 哲男          20番 荒川 貴志
21番 君国 泰照          22番 杉村 英子
23番 中次 俊郎                  
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(2名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 吉山 健一          次長 稲田 富生
書記 石岡 雅朗                  
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長            井原健太郎      副市長           上田 順二
教育長           高井 孝則      会計管理者         砂田 規之
柳井ニューディール推進担当部長  林  幹男      総務部長          山中 孝之
建設部長          沖永 佳則      経済部長          大井 清教
市民福祉部長        中村 栄司      水道部長          米野  豊
教育次長          貞末 正博      総務課長          松尾 孝則
経営企画課長        木元 健二                         
──────────────────────────────


午前10時00分開議



◎事務局長(吉山健一) ご起立願います。ご礼。ご着席願います。



○議長(賀原基和)  これより、本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(賀原基和)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第74条の規定により、議長において、藤坂議員、藤沢議員の両名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.委員長報告・討論採決



○議長(賀原基和)  日程第2、これより、各委員会に付託いたしました議案等を、一括議題といたします。

 まず、厚生水道常任委員会に付託いたしました議案4件、請願2件並びに付託調査等について、委員長の報告を求めます。委員長、鬼武議員。

〔厚生水道常任委員長 鬼武利之登壇〕



◎厚生水道常任委員長(鬼武利之) 皆さん、おはようございます。それでは、厚生水道常任委員会の報告をさせていただきます。

 第2回定例会会期中の6月15日及び、閉会中の5月14日、委員会を開催いたしました。委員会では、付託された議案、継続審査中の請願、そして、付託調査事項等について、審査、協議を行いましたので、その概要をご報告させていただきます。

 まず、議案第49号、柳井市国民健康保険税条例の一部改正についてであります。

 執行部からは、特に補足説明はなく、委員から、かつては100万円の控除というものがあったが、それとの関わりはどうかという質疑に、執行部から、法改正により100万円の控除はなくなったが、このたびは個人が平成21年、または22年中に取得した土地に係る譲渡所得から1,000万円を控除するもので、現下の経済情勢を踏まえたものであるという答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第49号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第50号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)についてであります。6月補正予算書をご覧いただきたいと思います。

 3款・民生費で、執行部からの補足説明の後、委員から、15ページの老人福祉費、緊急通報体制整備事業委託料について、個人負担、市の補助分、そして条件緩和等についての質疑があり、執行部より、自己負担は1箇月500円、市の補助は1箇月1台あたり約2,400円で、これまでの設置者は概ね65歳以上のひとり暮らしで慢性疾患のある方となっていたが、75歳以上のひとり暮らし高齢者で日常生活に不安のある方にもということです。なお、固定電話だけではなく、携帯電話にも対応できないかということに対しては、緊急時に場所を特定する必要があり、携帯電話は移動性があるので、現状では対応していないということでありました。

 16ページ、児童福祉総務費の次世代育成支援行動計画では、5年間やってきて、その成果はどうかという質疑に、執行部からは、次世代育成支援対策推進法の指定を受け、行動計画の策定が義務づけられたことによるもので、今回の計画は平成22年度から5箇年の計画である。その成果については、児童クラブの全小学校区への設置、障害児の受け入れ等、徐々にではあるが、充実、推進してきているという答弁でありました。

 18ページ、環境衛生費のクリーンパトロール委託料については、委託先はどこになるのか、また、対象となる事業にはどのようなものがあるのかという質疑に、この事業は、山口県緊急雇用創出事業臨時特例基金事業として、軽トラック2台に2人ずつ分乗して市内を巡回し、道路、公共施設等の清掃活動、不法投棄の監視などを実施するもので、実施期間は6箇月を予定している。委託先は入札により決定し、その際、入札条件として、ハローワークを通じての雇用で、4分の3以上は新規の雇用者ということで考えているということでありました。

 また、クリーン作戦等が根づき、道路への不法投棄は以前に比べて少なくなり、ボランティアも一生懸命にやっている。現状は、河川や海岸への不法投棄が多く、その辺りへの人材派遣はできないかという質疑に、河川や海岸も視野に入れて、効果が上がるように実施していきたいという答弁でありました。

 委員外議員からは、緊急通報の設置と民生委員さんへの情報提供について、クリーンパトロールの実施に伴う市民への周知と不法投棄に対する意識啓発等々について、質疑応答がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第50号中の本委員会所管部分については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次は、議案第51号、平成21年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。補正予算書の33ページからでございます。

 執行部からは、平郡西簡易水道の水源におけるアルミニウム、鉄及び色度について、水質を改善するための施設改修工事の概要説明があり、委員から、この施設改修を実施することにより、来年度以降、どの程度の維持管理費がかかるのかという質疑に、修繕料は今年度1回分で105万円を見ているが、運転状況を見て、来年度の修繕料を計上することになる。また、光熱水費と薬剤費については、このたびも補正計上しているが、新年度からも必要になるという答弁でありました。

 また、このような施設改修は、柳井市が初めての例になるのかという質疑に対して、他市でも不純物の除去のために、このような方法をとっているという答弁があり、委員から、他市の状況も調べてほしいという要望もありました。

 この工事の入札、完成予定等についての質疑には、議会後、すぐにでも入札を実施し、工事にかかりたい。工事には40日から50日を要し、8月中の完成を見込んでおり、できる限り早い完成を目指したいということでした。なお、水質に関する専門業者による工事となるので、市内の業者では対応できないという報告がありました。また、日程を調整した上で、ぜひとも視察により現況を把握したいという意見など、質疑応答がなされたところであります。

 以上、慎重審査の結果、議案第51号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次は、議案第53号、平成21年度柳井市水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。

 執行部からの補足説明の後、委員から特に質疑もなく、議案第53号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次は、継続審査となっております、平成18年請願第1号、上関原子力発電所の建設促進を求める請願書、及び、平成18年請願第2号、上関原発建設反対を求める請願書についてであります。この請願2件につきましては、一括して審査を行いました。

 この件は、全員の委員から、請願の取り扱いをどうするべきかということについて発言を求め、上関の現状が実際に着工の方向で進んでおり、是か否かをはっきりさせる時期に来ているのではないかという発言の一方で、原子力発電は国のエネルギー政策に関わる問題であり、該当する自治体が直接判断することであって、近隣の議会として賛否の採決をすべき立場にないということから、継続審査とすべきではないか等々という発言もあり、継続を主張される委員が多いことから、委員会としては、いずれも継続審査とすることに決しました。

 次に、付託調査事項について、報告をさせていただきます。

 1点目の市民生活に関わる健康福祉についてですが、まず、新型インフルエンザ対策については、その経過や柳井市における庁内対策協議会、市民への啓発周知、対応の態勢などについて、また、6月14日時点の全国の感染者数が24都道府県であわせて604人ということ、あわせて、市並びに発熱相談センターへの電話相談や発熱外来の件数、その他、柳井地域での対応態勢等についての説明、報告を受けました。委員から、これから冬場に向かって市の対応はどうかという質疑に、執行部より、感染防止のためのキット、消毒液等々を十分に備える対応をしていきたいということでありました。

 また、県の福祉医療制度見直しにより、一部負担が生じることに対して、柳井市では、この1年間は自己負担を徴収しない。自己負担が生じる部分については市が負担するということの説明がありました。なお、1年間、県や関係諸団体と協議しながら、次年度以降については、考えていきたいということでありました。

 次に、2点目の水道事業に関する調査ですが、執行部から、平成21年度事業については準備中ということで、特に、報告事項はありませんでした。

 なお、委員から、水道に関する高料金対策補助金について、これまでどおり継続ができるのかどうかという質疑に、執行部より、高料金対策は、平成23年度で期限となる。補助金が継続されるように、関係する市長、町長を中心に要望活動を強化していくということにしているという答弁でありました。ぜひとも検討をお願いしたいという要望と同時に、今後は、議会は議会として、まとまって要望することが必要だという発言もありました。

 3点目は、環境に関する調査であります。アルゼンチンアリ実地防除試験については、6月2日から5日にかけて、地域住民55名と関係機関の協力を得て実施したという報告がありました。また、NGH──天然ガスハイドレートの実証実験については、当初の計画では、平成18年度から20年度までの3箇年で終わる予定でしたが、世界初の大規模な実証試験となることから、期間がずれて、今年11月から1箇月程度の実証実験をしたいということでありました。

 今1つ、4月1日からのレジ袋の有料化は、市内の10事業所、12店舗が参加され、ほとんどの方がエコバッグを利用されているようで、これに関する苦情は入ってきていないということであり、今後は、コンビニや個人商店への拡大に努めていきたいということでありました。以上、それぞれ件について、質疑応答がありました。

 付託調査の報告は、以上でありますが、次期閉会中の付託調査事項につきましては、引き続き、市民生活に関わる健康福祉について、水道事業に関する調査、環境に関する調査の3点とすることに決定いたしましたので、その旨、申し出をいたします。

 最後に、その他の事項で、執行部からは、休日夜間応急診療所の受診状況について、放光保育園舎の建て替えについて、子育て応援特別手当の申請と支払い状況について、柳井ニューディール推進担当の取り組みについて、また、委員からは、食育推進にあたっての保健センターと学校との連携について、周東環境衛生組合清掃センター並びに中国電力柳井発電所から排出される燃焼後のガス等の数値の測定値とその確認についてなど、意見、質疑が交わされましたことを、ご報告を申し上げます。

 以上で、厚生水道常任委員会の報告を終わります。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔厚生水道常任委員長 鬼武利之降壇〕



○議長(賀原基和)  これより、1案ごとにお諮りいたします。

 まず、議案第49号、柳井市国民健康保険税条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第49号は、可決されました。

 次は、議案第51号、平成21年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第51号は、可決されました。

 次は、議案第53号、平成21年度柳井市水道事業会計補正予算(第1号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第53号は、可決されました。

 次は、平成18年請願第1号、上関原子力発電所の建設促進を求める請願書について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、継続審査であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、平成18年請願第1号は、継続審査と決しました。

 次は、平成18年請願第2号、上関原発建設反対を求める請願書について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、継続審査であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、平成18年請願第2号は、継続審査と決しました。

 次は、建設経済常任委員会に付託いたしました議案3件並びに付託調査等について、委員長の報告を求めます。委員長、上田議員。

〔建設経済常任委員長 上田代根子登壇〕



◎建設経済常任委員長(上田代根子) 失礼します。建設経済常任委員会の報告をしたいと思います。

 当委員会を、定例会会期中の6月12日、また、閉会中の5月12日に開催いたしましたので、その審査の経緯と結果等の概要を報告いたします。

 まず、議案第47号、柳井市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定についてです。議案書の1ページからです。

 執行部から、現状について補足説明の後、委員から、この条例自体には異存はないので、粛々として進めてほしい。ただ、土地や建物があって集落が形成されることを考えれば、もう少し、緑や潤いのスペース、美しさ、柳井らしさが必要ではないかという発言があり、執行部から、条例の目的は、伝建地区を近くに控え、高さ制限をするもので、緑や潤いは開発行為許可による規制、指導で対処したいということでした。

 その他、委員からは、このような地区計画に地元の皆さんの協力体制づくりや、今後、伝建まちづくりへの協力や、伝建地区の拡大に力を注いでほしいという要望がありました。また、住んでおられる方、周りの方々が、自らまちづくりを進められる必要があると思われるので、行政には、情報提供をお願いしたいなどの発言がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第47号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、分割付託となりました議案第50号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)についてです。6月補正予算書をご覧ください。

 執行部からの補足説明の後、委員から、19ページの高齢者生きがい対策事業委託料と、20ページのフラワーランド企画強化支援事業委託料について、いずれも、ふるさと雇用再生特別基金を活用した経済不況対策ですが、それぞれにかなりの専門的分野が必要となる。雇用の方法や対象者はどうされるのかという質問に、ハローワークを通して募集したい。ふるさと雇用は3年間あるので、その間に人材育成ということも考えていきたいという答弁でした。委員からは、ぜひとも柳井のためになる人選をお願いしたいという発言がありました。

 また、20ページのフラワーランド企画強化支援事業委託料に関連して、フラワーランド企画強化に携わっている方は、涙ぐましい努力をされているが、来客数は減少している。集客のため、新たな企画、イベント、PRを、例えば、テレビ放送局とのタイアップ等で全国的に放映されると、相当数の来客が期待されるのではないか。テレビの園芸教室なども検討されるよう要望する発言がありました。

 22ページの商工振興費の19節・負担金補助及び交付金は、柳井商工会議所及び大畠商工会が発行するプレミアム商品券1億円に対し、1,000万円のプレミアム分と事務費の一部です。使用期間は9月からで、270店舗が参加予定ということです。特に、この件については、悪用対策とチェックフィルターの検討をしてほしいとの要望がありました。

 23ページの流通対策費については、この秋に設立される消費者庁の設置に伴い、自治体の消費者行政強化支援策としての消費者行政活性化事業費が計上されています。専門員を雇うことはないのかという質疑に、柳井の相談件数は年間およそ50件、相談センターを開設すれば相談員の雇用も必要であり、経費も増大するので、当面、市の職員のレベルアップにより対応していきたいということでした。

 24ページからの道路新設改良費のふるさとの道整備事業に関して、21年度の要望と予算化された充足率について、また、今後、申請が出された場合に事業枠があるのかという質疑に、執行部から、21年度の予定として4件の申請があり、路線延長が決定しているところもあれば、未確定のところもある。材料や重機借上げを含めて、この予算で賄えるのではないかと考えているということでした。

 そのほか、漁港内における釣り客のマナーと注意喚起の看板の設置について、公共下水道事業会計繰出金と財政健全化法の関係などについて、質疑応答が交わされました。

 以上、慎重審査の結果、議案第50号中の本委員会所管部分は、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第52号、平成21年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてです。補正予算書の38ページからです。執行部からの補足説明の後、特に質疑もなく、議案第52号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 続きまして、本委員会に係る付託調査等について、報告いたします。

 1点目は、中心市街地の活性化についてです。

 まずは、中心市街地の活性化予算について、本年度も、中心市街地小売商業・街づくり推進支援事業として、にぎわい創出のための事業、空き店舗対策事業を、柳井商工会議所を中心に実施していくということです。なお、空き店舗対策補助金については、申し込み月によって補助に差が出ないよう改善策を講じられ、最長6箇月として、従来の新規出店も不利にならないように対応されるということでした。

 また、柳井川「ふるさとの川整備」事業の進捗状況について、河川公園イメージ図をもとに、説明を受けました。地元の古市、金屋、中野地区を含めた整備協議会のご了承を得て、平成21年10月以降、本橋・緑橋間の延長65メートルについて、下水工事、河川護岸工事などを行い、河川公園として整備を予定しているとのことです。

 2点目は、都市との交流等による農漁村の活性化についてです。

 執行部から、特に報告事項はありませんでしたが、委員から、日積のそばのことが、新聞に記載されていた。民間で立ち上げられるということは非常にありがたいことで、ぜひとも地産地消として生かしてほしい。また、市としても、少しでもお手伝いできるものがあれば、手助けをしてほしいという発言がありました。

 3点目は、地域資源を生かした観光の振興についてです。

 まず、フラワーランドへの交通手段の確保について、20年度で柳井駅とフラワーランド・ウェルネスパークを結ぶ循環バス事業が終了したため、市内のタクシー会社4社と連携し、柳井駅・フラワーランド間のタクシー料金を定額800円で運行することを6月末まで試行で、7月1日からは本格実施をする予定だということです。

 また、観光客ランチについては、平成21年3月現在、市内7店舗で取り扱いがされていますが、中長期的な観光施策を見直す時期にあると認識しており、団体客から個人客対応、食の開発等々について関係機関と協議し、その方向性について検討していくということでした。

 そして、山口県観光客数動態調査による平成20年観光客数の報告があり、柳井市の1年間の観光客数は、前年比3.9%減の74万5,498人で、白壁の町並みは約9万人ということでした。昨年の傾向としては、白壁の町並みは団体客が約7,000人減少し、個人客は横ばいということで、今後、団体客誘致にあわせ、個人客対応についても検討していく必要があるということです。委員から、観光客誘致に本気で取り組んでいくことに加えて、ふれあい広場駐車場の対応も、今後の検討課題であるなど、質疑応答がされました。

 付託調査事項については、以上です。なお、本委員会に係る閉会中の付託調査事項については、引き続いて、1、中心市街地の活性化について。2、都市との交流等による農漁村の活性化について。3、地域資源を生かした観光の振興について。以上の3点と決定いたしましたので、その旨、よろしくお願いいたします。

 最後に、本委員会に係るその他の事項についてです。

 市営駅前駐車場について、駐車場の建設事業費、起債の状況、償還額、繰上償還を想定した場合の補償金額、平成19年度・20年度の利用状況と収入割合、利用料金の変更についての検討資料をもとに、今の償還が妥当である。立体駐車場の解体は費用、壁面広告の問題など困難である。料金改定は、今後の状況を注視する。今後の課題として、駐車場運営の形態を検討していくという報告がありました。

 そのほか、フェリー航路に対する国県への対策要望について、柳井ニューディール推進担当の取り組みについて、国営緊急農地再編事業について、フラワーランドの入園者及び管理運営・物販等の開園時からの状況について、認定農業者及び特定農業法人と担い手への農地利用集積について、平成20年度の中山間地域等直接支払交付金制度の取り組み状況についてなどの説明があり、各委員から、農業の活性化や地域再生に向けた取り組み等々について、発言がありました。

 なお、5月12日の委員会では、机上での審査終了後に、浸水防止対策としての古開作雨水ポンプ場建設工事並びに、遠崎地区海岸保全施設整備工事の現地を視察いたしました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔建設経済常任委員長 上田代根子降壇〕



○議長(賀原基和)  これより、1案ごとにお諮りいたします。

 まず、議案第47号、柳井市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第47号は、可決されました。

 次は、議案第52号、平成21年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第52号は、可決されました。

 次は、総務文教常任委員会に付託いたしました議案2件並びに付託調査等について、委員長の報告を求めます。委員長、田中議員。

〔総務文教常任委員長 田中晴美登壇〕



◎総務文教常任委員長(田中晴美) それでは、ただいまから、総務文教常任委員会に付託されました議案2件、また、付託調査事項等について、第2回定例会会期中の6月14日及び閉会中の5月11日の両日、委員会を開催いたしましたので、その審査の概要並びに結果等について、ご報告を申し上げます。

 まず、議案第48号、柳井市税条例の一部改正についてであります。

 執行部からは、特に補足説明はなく、委員から、今回の改正は、住民には減税につながる内容であるが、市財政への影響はどうかという質疑に、住宅ローン控除の住民税該当部分については、国の特例交付金で措置されるので、影響はないということ。また、平成21年分の新築家屋が対象となるので、現時点での試算は難しい。そして、市民への周知は、現在、新築家屋調査とあわせて説明できたらと考えているということでした。

 また、この議案に限らず、先日の専決処分にしても、国が決めたものには従わなければならないけれども、市税条例改正については、本来、委員会で審査すべきではないかという発言に、執行部より、議会にかけるのが原則であるが、専決処分には上位法の改正などの事由があり、特に税制改正については期限もあり、細目の規定はどうしても遅れるので、ご理解を賜りたいということでした。

 このことに関連して、条例の提出については、内容を議会で審議できる提出を心がけてほしいという要望があり、執行部からは、個々の事案で精いっぱい早く、議会に提出するタイミングは外さないようにしているという答弁がありました。

 以上、慎重審査の結果、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次は、議案第50号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)についてであります。

 執行部からの補足説明の後、委員から、14ページの財産管理費には、大畠地区2箇所の警察官駐在所統合に係るものとして、大畠駅前の旧わかくさストアー解体工事に係る経費等が計上してあるが、駐在所に必要な用地は全体の3分の1程度と聞いている。残りの土地の利用計画はどうなっているのかという質疑に、売却する用地は350平米で、不動産売払収入として1,350万円を計上している。残りの用地については、集排ポンプ、地下の配管等があり、今のところ未定ということであります。なお、空き地となる部分について、その管理には十分な対策を講じられるよう要望がありました。

 28ページ、小学校費、教育振興費で、新庄小学校が文部科学省指定の「外国語活動における実践研究校」になったことに関して、本当に受けないといけないものか、目的がはっきりしない。そして、他の授業の学力低下を招くのではないかと、危惧する質疑がありました。

 執行部からは、指定校は県下で10校。平成23年度から、年間35時間の外国語教育が新たに導入されることを踏まえて、先行実施するものである。市内全ての小学校で今年から実施し、研究実施して、その成果を広めていくことは、無駄ではないと考えているという答弁がありました。なお、質疑の中で、35時間分のフォローはどうするのかということに対して、総合的な学習の時間を充てていくということでした。

 委員からは、英語教育が良い悪いということではなく、現場の先生の負担も増える。国の指定を受けてやることがどうなのか、十分に考慮されたいということでした。また、別の委員からは、小学校における外国語教育は非常に大切なことで、日本の英語教育は諸外国に比べて遅れている。教育のやり方は考えなければいけないが、教育にお金を使うことは必要なことであるという発言もあったところでございます。

 次に、29ページ、中学校費、教育振興費の教科書用図書研究調査協議会委員出務日当に関連した質疑に、執行部から、4年に1度の教科書採択事務に係る委員は13名で、委員会の開催は2回を予定しているということでした。また、教科指導等に関連して、副読本が多いと保護者負担も増えるということで、実際に苦情も聞いており、何らかの補助も考えないといけないのではないかという質疑に、執行部から、どの程度の副読本を購入しているかということは、各学校から報告を受けており、多いところについては、無駄をしないように言っている。そして、副読本の採用は、先生の指導スタイルによるものであり、教委として一律に決めるものではなく、学校や先生の主体性に任せているということでした。

 31ページ、市民球場管理費で、国体開催に備えた施設改修工事が計上してあるが、高野連などの開催競技団体からの指摘で改修する部分に加え、必要な改修については一括して発注することにより、経費の削減にもつながるのではないかという質疑に、執行部からは、必要最小限の改修にしているが、年数の経過で鉄骨部分が腐食したり、ダッグアウトの改修など、目についたところは一緒に改修をするようにしているということでした。

 その他に、委員からは、茶臼山古墳維持管理に関連した日常的な現場確認等の要望について、また、委員外議員からは、新庄小学校の外国語教育研究指定校について、英語教育を取り入れることは大事だが、柳井市の独自性、特色のある教育に取り組んでほしいという要望、また、消防費の防火水槽設置に係る地域の要望箇所と設置箇所との関係について、米飯給食を週4回実施することに伴う給食センターの人員配置についてなど、質疑がありました。

 以上、慎重審査の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、付託調査事項についてでありますが、1点目は、行財政改革についてであります。平成20年度の集中改革プランについては取りまとめ中であり、9月に報告をしたいということ。また、平成21年度が第1次行政改革大綱及び集中改革プランの最終年にあたるため、平成22年度以降の第2次行政改革大綱の策定を予定しているという報告を受けました。

 これとは別に、委員から、行財政改革における行政評価システムなど、その取り組みについては、基本的に文書で示してもらうとよくわかるので、ぜひ、そのようにお願いしたいということ。また、行財政改革は、3年から5年の周期でずっと見直しをしながら、市として常にやっていくのが当たり前と考えるが、市の考えはどうかという質疑に、行財政の効率的な執行は、地方自治体の根幹であり、自治体運営の義務である。改革がベースにあるべきということは、行政執行の基本的確認であると考えているという答弁でございました。

 また、委員外議員からは、改革の評価は内部で判断すべきものではなく、必ず外部の人、市民の意見等を聞くようにしてほしいという要望がありました。

 2点目は、学校支援ボランティアの育成等教育問題についてであります。学校支援ボランティア活動推進事業の平成20年度実績、登録者数と活動内容等について、説明がありました。平成21年3月現在の個人登録は333人、団体登録は33団体703人で、年間活動回数は2,922回、延べ参加人数は1万1,049人となっております。

 委員からは、学校支援ボランティアなど、地域に開かれた学校と不審者対策について、また、今後の課題として、若い人たちのボランティア登録の必要性、一方で、登録はされていないけど、学校以外のスポーツ・文化活動には随分多くの若い人が協力し、活動されているという実例が紹介されました。

 3点目は、離島振興計画についてであります。平成21年度当初予算と6月補正をあわせ離島に係る予算一覧について、生活環境整備、農林水産整備、道路改良、老人福祉、診療所、簡易水道及び離島航路等々の各事業ごとに、事業の内容、事業費やその財源内訳等について、概要説明を受けたところであります。

 付託調査等の報告は、以上でありますが、本委員会における閉会中の付託調査事項につては、引き続き、1点目に行財政改革について、2点目に学校支援ボランティアの育成等教育問題について、そして、3点目として、離島振興計画について、以上の3点とすることに決定いたしましたので、その旨、申し出をいたします。

 最後に、本委員会に係るその他の事項として、執行部から、5月11日の委員会では、柳井ニューディール推進担当の取り組みについて、定額給付金事業の実施状況について、大畠地区の警察官駐在所の統合計画について、ケーブルテレビの加入状況について、柳井中学校の日経写真ニュースの掲示板についての報告を受け、質疑がありました。

 また、6月16日の委員会では、実施計画は平成20年3月に策定されているが、新市長のもと、平成21年度からの4年間について作り替えをするという報告がありました。委員からは、事業にどの程度の金額がかかるか、それに見合う予算をどのように組んでいくかということまで考えてほしいという発言があり、執行部からは、中期財政計画を立てて臨みたい。基金や合併特例債も折り込み、財政の裏づけも考えたいということでした。

 以上で、総務文教常任委員会の報告を終わります。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔総務文教常任委員長 田中晴美降壇〕



○議長(賀原基和)  これより、1案ごとにお諮りいたします。

 まず、議案第48号、柳井市税条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第48号は、可決されました。

 次は、各常任委員会に分割付託いたしました議案第50号について、討論及び採決を行います。

 議案第50号、平成21年度柳井市一般会計補正予算(第1号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 本案に対する各委員長の報告は、可決であります。各委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第50号は、可決されました。

 次は、議会運営委員会における付託調査等について、委員長の報告を求めます。委員長、山本議員。

〔議会運営委員長 山本達也登壇〕



◎議会運営委員長(山本達也) それでは、議会運営委員会の所管に属する事項等につきまして、委員会における審査概要のご報告を申し上げます。

 1点目は、議会におけるクールビズについてであります。本会議初日の冒頭に、議長から発議がございましたように、従前と同様に、6月から9月までの間、地球温暖化防止、省エネルギー等々の観点から、本会議で上着をとってもよいこととする旨、議会運営委員会で協議いたしました。

 2点目は、北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議についてであります。本件は、先の議会運営委員会で全会一致の申し合わせにより、緊急決議を提出することを決定し、議員各位には、その案をお示しさせていただいております。

 3点目としては、議会運営委員会における閉会中の付託調査事項について、引き続いて、「議会の会期及び運営並びに議長の諮問に関する事項」と決定しましたので、議長におかれましては、その旨、よろしくお取り計らいをお願いいたします。

 以上で、議会運営委員会の報告を終わらせていただきます。



○議長(賀原基和)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔議会運営委員長 山本達也降壇〕



○議長(賀原基和)  以上で、委員長の報告を終わります。

 次は、各委員会の閉会中の調査について、お諮りいたします。各委員長より、所管に関する「特定事件」について、閉会中の付託調査の申し出を受けております。

 総務文教常任委員会は、行財政改革について、学校支援ボランティアの育成等教育問題について、離島振興計画について。厚生水道常任委員会は、市民生活に関わる健康福祉について、水道事業に関する調査、環境に関する調査。建設経済常任委員会は、中心市街地の活性化について、都市との交流等による農漁村の活性化について、地域資源を生かした観光の振興について。議会運営委員会は、議会の会期及び運営並びに議長の諮問に関する事項についてを、申し出ておられます。

 各委員会から申し出のあった「特定事件」について、それぞれ閉会中の付託調査といたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、各委員会から申し出のあった「特定事件」については、閉会中の調査に付することに決しました。

 ここで、11時10分まで、休憩といたします。

午前10時52分休憩

                              

午前11時10分再開



○議長(賀原基和)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案上程審議



○議長(賀原基和)  次は、日程第3、本日提出されました同意第4号、副市長の選任についてを上程し、直ちに議題といたします。

 それでは、ただいま議題となりました同意第4号について、市長より、提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長登壇〕



◎市長(井原健太郎) 本日、追加提案いたしました案件につきまして、ご説明申し上げます。

 同意第4号は、副市長の選任についてであります。本年6月30日、本市副市長の任期が満了を迎えます。ついては、引き続き、上田順二氏を選任いたしたく、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求めるものであります。何とぞ、慎重ご審議の上、ご同意くださるよう、お願い申し上げます。

〔市長降壇〕



○議長(賀原基和)  以上で、市長の説明を終わります。

 これより、審議に入ります。同意第4号、副市長の選任について、補足説明があれば、これを求めます。

〔「ございません」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、同意第4号は、原案のとおり同意することに決しました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案上程審議



○議長(賀原基和)  次は、日程第4、議員提出議案第3号、北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議の提出についてを上程し、直ちに議題といたします。

 ただいま議題となりました議案について、事務局長より、朗読いたします。

〔事務局長朗読〕

                              

 議案提出議案第3号

北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議の提出について

 上記の議案を別紙のとおり、柳井市議会会議規則(平成17年柳井市議会規則第1号)第13条第1項の規定により提出いたします。

   平成21年6月23日提出

提出者 柳井市議会議員 山本 達也

賛成者 柳井市議会議員 君国 泰照

 〃     〃    上田代根子

 〃     〃    鬼武 利之

 〃     〃    松本 哲男

 〃     〃    坂ノ井 徳

 〃     〃    藤坂 元啓

 〃     〃    東  泰雄

 〃     〃    荒川 貴志

 柳井市議会議長 賀原 基和 様

 提出先 内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣

                              

北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議(案)

 北朝鮮は5月25日、国連決議や6か国協議共同声明、さらには日朝平壌宣言に反して、2回目の核実験を強行し、ミサイルを発射している。

 このような北朝鮮の行動は、我が国を含む地域の平和と安全を脅かすものであり、極めて憂慮すべきものである。

 度重なる核実験は、国際的な核不拡散体制に対する重大な挑戦であり、唯一の被爆国である我が国としては、決して容認できるものではない。

 柳井市議会は、この暴挙に対し、強く抗議する。

 政府においては、国際社会と協調し、北朝鮮に対して核兵器開発の中止と核の放棄を求めるため断固たる行動をとるよう強く求める。

 以上、決議する。

   平成21年6月23日

山口県柳井市議会

                              



○議長(賀原基和)  提出者の説明を求めます。山本議員。

〔山本達也登壇〕



◆議員(山本達也) 議員提出議案第3号の北朝鮮の核実験に抗議する緊急決議の提出について、提案理由のご説明を申し上げます。

 皆様、ご承知のように、北朝鮮は、5月25日に核実験を強行しました。これは、国連決議や6か国協議の共同声明、さらには日朝平壌宣言に反するものであります。

 また、人工衛星と称したミサイルの発射を行うなど、我が国を含む地域の平和と安全を脅かす行為には、極めて憂慮すべきものがあります。

 我が国は、世界で唯一の被爆国であり、国際的な非核、核拡散防止に逆行する北朝鮮の暴挙は、決して容認できるものではありません。

 このたびの北朝鮮の暴挙に対しては、国会においても衆、参両議院での抗議決議がなされ、また、全国市議会議長会でも決議が行われてきたところであります。

 柳井市議会といたしましても、平和と安全を脅かす北朝鮮の暴挙に対し、強く抗議すると同時に、政府において、国際社会と協調し、北朝鮮に対して核兵器開発の中止と核の放棄を求める断固たる行動をとられるよう、強く求めるものであります。

 この件につきましては、先の議会運営委員会におきまして、慎重審議を重ね、全会一致の申し合わせにより、緊急決議を提出することを決定し、本日、皆様方にお諮りをするものでございます。なお、この決議につきましては、内閣総理大臣、外務大臣及び防衛大臣あてに、提出を予定しているものであります。

 議員各位におかれましては、この趣旨を十分にご理解、ご賢察の上、全会一致で議決を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(賀原基和)  以上で、提出者の説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔山本達也降壇〕



○議長(賀原基和)  次に、本案について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 お諮りいたします。本案を、原案のとおり可決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第3号は、原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第5.議員派遣について



○議長(賀原基和)  次は、日程第5、議員派遣についてを議題といたします。

 お諮りいたします。お手元に配付しましたとおり、次期定例会までに開催が予定される会議等に、議員派遣を行いたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議員派遣については、可決されました。

 次に、お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に、今後、変更を要する場合は、その取り扱いを、議長にご一任いただきたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議員派遣の内容に変更を要する場合の取り扱いは、議長に一任されました。

────────────・────・────────────



○議長(賀原基和)  以上で、今期定例会に付議されました案件は、全て議了いたしました。皆様方には、長期間にわたり、慎重なご審議をいただきまして、誠にありがとうございました。

 これをもちまして、平成21年第2回柳井市議会定例会を閉会いたします。

午前11時20分閉会

──────────────────────────────





      会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




         平成21年 6月23日


                     議  長 賀原 基和


                     署名議員 藤坂 元啓


                     署名議員 藤沢 宏司