議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 柳井市

平成 21年 第1回定例会( 3月) 03月09日−01号




平成 21年 第1回定例会( 3月) − 03月09日−01号









平成 21年 第1回定例会( 3月)


   柳井市告示第2号
    平成21年第1回柳井市議会定例会を、次のとおり招集する。
      平成21年2月27日
                                      柳井市長 河内山哲朗
   1 期日 平成21年3月9日
   2 場所 柳井市議会議場
──────────────────────────────
   開会日に応招した議員
田中 晴美              三島 好雄
上田代根子              光野恵美子
東  泰雄              山本 達也
坂ノ井 徳              川? 孝昭
藤里 克享              藤坂 元啓
藤沢 宏司              賀原 基和
河村 真弓              鬼武 利之
石丸 東海              松本 周一
松本 哲男              荒川 貴志
君国 泰照              杉村 英子
中次 俊郎                   
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────
平成21年 第 1 回 柳 井 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)
                                  平成21年3月9日(月曜日)
─────────────────────────────────────────────
議事日程
                              平成21年3月9日 午前10時00分開会
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 会期の決定
    日程第3 諸般の報告
    日程第4 議案上程審議(委員会付託)
    日程第5 議案上程審議
    日程第6 陳情上程審議
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 会期の決定
    日程第3 諸般の報告
    日程第4 議案上程審議(委員会付託)
      (1)議案第1号 柳井市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について
      (2)議案第2号 柳井市個人情報保護条例の一部改正について
      (3)議案第3号 柳井市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部改正について
      (4)議案第4号 柳井市県収入証紙購入基金条例の一部改正について
      (5)議案第5号 柳井市国民健康保険税条例の一部改正について
      (6)議案第6号 柳井市手数料条例の一部改正について
      (7)議案第7号 柳井市介護保険条例の一部改正について
      (8)議案第8号 柳井市防災会議条例の一部改正について
      (9)議案第9号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
      (10)議案第10号 柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定について
      (11)議案第11号 柳井市大畠観光センターの指定管理者の指定について
      (12)議案第12号 アクティブやないの指定管理者の指定について
      (13)議案第13号 月性展示館の指定管理者の指定について
      (14)議案第14号 辺地に係る総合整備計画の変更について
      (15)議案第15号 字の区域の変更について
      (16)議案第16号 公有水面の埋立地の用途の変更に関する意見について
      (17)議案第17号 市道路線の認定について
      (18)議案第18号 平成21年度柳井市一般会計予算
      (19)議案第19号 平成21年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算
      (20)議案第20号 平成21年度柳井市港湾整備事業特別会計予算
      (21)議案第21号 平成21年度柳井市市有林野区事業特別会計予算
      (22)議案第22号 平成21年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算
      (23)議案第23号 平成21年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算
      (24)議案第24号 平成21年度柳井市土地開発事業特別会計予算
      (25)議案第25号 平成21年度柳井市簡易水道事業特別会計予算
      (26)議案第26号 平成21年度柳井市老人保健事業特別会計予算
      (27)議案第27号 平成21年度柳井市公共下水道事業特別会計予算
      (28)議案第28号 平成21年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算
      (29)議案第29号 平成21年度柳井市介護保険事業特別会計予算
      (30)議案第30号 平成21年度柳井市後期高齢者医療事業特別会計予算
      (31)議案第31号 平成21年度柳井市水道事業会計予算
      (32)議案第32号 平成20年度柳井市一般会計補正予算(第5号)
      (33)議案第33号 平成20年度柳井市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)
      (34)議案第34号 平成20年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第3号)
      (35)議案第35号 平成20年度柳井市市有林野区事業特別会計補正予算(第1号)
      (36)議案第36号 平成20年度柳井市市営駐車場事業特別会計補正予算(第1号)
      (37)議案第37号 平成20年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)
      (38)議案第38号 平成20年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
      (39)議案第39号 平成20年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
      (40)議案第40号 平成20年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
      (41)議案第41号 平成20年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
      (42)議案第42号 平成20年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)
      (43)議案第43号 平成20年度柳井市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)
      (44)議案第44号 平成20年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)
      (45)承認第1号 専決処分の承認を求めることについて
      (46)同意第1号 監査委員の選任について
      (47)報告第1号 専決処分の報告について
      (48)報告第2号 柳井市土地開発公社の経営状況について
    日程第5 議案上程審議
      (1)議員提出議案第1号 山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望決議の提出について
    日程第6 陳情上程審議
      (1)陳情第1号 要望書 商工業の振興について
──────────────────────────────
出席議員(20名)
1番 田中 晴美          2番 三島 好雄
4番 上田代根子          5番 光野恵美子
6番 東  泰雄          7番 山本 達也
8番 坂ノ井 徳          9番 川? 孝昭
10番 藤里 克享          12番 藤沢 宏司
13番 賀原 基和          14番 河村 真弓
16番 鬼武 利之          17番 石丸 東海
18番 松本 周一          19番 松本 哲男
20番 荒川 貴志          21番 君国 泰照
22番 杉村 英子          23番 中次 俊郎
──────────────────────────────
欠席議員(1名)
11番 藤坂 元啓                  
──────────────────────────────
欠  員(2名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 中原純一郎          次長 稲田 富生
書記 石岡 雅朗                  
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長            河内山哲朗      副市長           上田 順二
教育長           高井 孝則      会計管理者         沖永 佳則
地域再生担当部長      林  幹男      地域福祉担当部長      中村 栄司
総務部長          吉山 健一      建設部長          重本 昭平
経済部長          大井 清教      市民福祉部長        園田  隆
水道部長          川田 邦生      教育次長          貞末 正博
総務課長          松尾 孝則      経営企画課長        山中 孝之
──────────────────────────────


午前10時00分開会



◎事務局長(中原純一郎) ご起立願います。ご礼。ご着席願います。



○議長(賀原基和)  これより、平成21年第1回柳井市議会定例会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(賀原基和)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第74条の規定により、議長において、藤沢議員、鬼武議員の両名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(賀原基和)  日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、去る3月4日の議会運営委員会においてご協議申し上げておりますが、本日から3月23日までの15日間といたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から3月23日までの15日間と決定いたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(賀原基和)  日程第3、諸般の報告を行います。

 まず最初に、「山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望書」を、山口県知事に対し提出したことについてであります。

 山口県が、多額の財源不足の中、平成21年度予算の編成にあたって、全国的にも大変優れたこの制度について、一部負担金の導入、現物給付方式から自動償還払い方式への移行などといった見直しを検討しているということが報道等で取り上げられ、保険、医療、福祉関係等の諸団体、また、市長会などが、現行制度の継続を求めて要望活動に立ち上がられております。

 柳井市議会としても、何らかの行動をすべきではないかという声が上がり、全議員の意見を集約した結果、会派代表者の連名で県知事あての要望書を作成し、2月16日、議長及び厚生水道常任委員長が県庁へ赴き、提出いたしました。

 そういった一連の要望活動等を受けて、山口県においては、21年度予算案の県知事発表にあたり、見直し案の一部を緩和されたようでありますが、さらに県議会において慎重審議されているところであり、今後の動向を注目しているところであります。

 次に、常任委員会の委員の所属の変更等について、ご報告いたします。

 先日行われました県議会議員の補欠選挙に際し、2名の市議会議員が失職されましたが、いずれの議員も厚生水道常任委員会に所属されていたため、3つの常任委員会の間で構成委員数に不均衡が生じ、また、構成委員が余り少なすぎると、委員会の審議にも支障を来すおそれが出てくることが懸念されます。

 そこで、柳井市議会委員会条例第7条第2項の規定に基づき、委員からの申し出をお受けし、議長において調整の結果、これまで総務文教常任委員会に所属されていました杉村英子議員に、厚生水道常任委員会への所属変更をしていただくことに決しました。ここに、そのことを、同条第3項の規定により報告させていただきます。また、厚生水道常任委員会におかれては、不在となっております副委員長の選任をお願いいたします。

 最後に、議会運営委員会委員については、10名から9名に、1名の減となりますが、委員会条例第3条及び任期途中の異動は行わないとの申し合わせにより、異動等の調整は行わないものとさせていただきます。

 以上で、諸般の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案上程審議(委員会付託)



○議長(賀原基和)  日程第4、議案第1号から議案第44号までの44件、承認1件、同意1件、報告2件を一括上程し、直ちに議題といたします。

 それでは、ただいま議題となりました全議案について、市長より、提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長登壇〕



◎市長(河内山哲朗) 平成21年第1回柳井市議会定例会は、平成21年度柳井市一般会計予算など議案44件、承認1件、同意1件及び報告2件についてご審議をお願いするため、ご参集をいただきました。

 それでは、提出議案等の概要をご説明申し上げます。

 議案第18号は、平成21年度柳井市一般会計予算であります。

 平成21年度予算は、骨格予算として、義務的経費、経常的経費を中心に、当初予算に計上しなければ市民生活に影響の出るもの、年度内執行が困難なもの、並びに学校改修や防災関連経費等で緊急を要するものを歳出に計上しました。以下、歳出から款を追って、その大要をご説明申し上げます。

 まず、議会費につきましては、市の最高議決機関として必要な経費を計上しました。

 次に、総務費は、選挙費に各種選挙の経費を計上しました。

 民生費は、社会福祉費に支援費制度、緊急通報体制整備事業等の経費を、児童福祉費に保育事業費、児童扶養手当等の経費を計上しました。

 次に、衛生費は、保健衛生費に救急医療体制、予防接種、応急診療所、平郡診療所の運営等に要する経費等を計上しました。

 労働費は、シルバー人材センター事業費等を計上しました。

 農林水産業費につきましては、農業費にフラワーランドの運営に関する経費、水産業費に鳴門漁港海岸保全施設整備事業費、海岸保全単独事業費を計上しました。

 次に、商工費は、バス路線維持対策事業費等を計上しました。

 土木費につきましては、道路橋梁費に後地末広線事業費を、都市計画費に後地和田線、古開作線事業費を計上しました。

 次に、消防費は、広域消防組合、消防団に係る経費等を計上しました。

 教育費につきましては、小中学校の施設改善に係る経費等を計上しました。

 公債費につきましては元利償還金等を、諸支出金につきましては水道事業会計への繰出金を計上しました。

 次に、歳入について、ご説明申し上げます。

 まず、市税のうち、市民税は、前年度対比2.2%減の18億6,444万4,000円を、固定資産税は3.4%減の26億214万1,000円を見込み、市税全体では2.3%減の50億3,631万7,000円を計上しました。

 地方交付税は、地方財政計画により9.9%増の43億1,000万円を計上しました。

 また、市債につきましては、臨時財政対策債を主に7億5,890万円を計上しました。

 その結果、平成21年度予算の総額は、143億5,190万円となりました。以上、平成21年度予算の歳入歳出につきまして、大要を申し上げました。

 議案第1号は、介護従事者処遇改善臨時特例交付金を管理運営することに伴い、柳井市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定を行うものであります。

 議案第2号は、統計法の全部改正及び統計報告調整法の廃止に伴い、柳井市個人情報保護条例の一部を改正するものであります。

 議案第3号は、県費負担教職員の職務専念義務免除の承認を本市教育委員会が行うことに伴い、柳井市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正するものであります。

 議案第4号は、市役所本庁において山口県収入証紙の売りさばきを円滑に行うため、柳井市県収入証紙購入基金条例の一部を改正するものであります。

 議案第5号は、介護分保険税の税額を改正するため、柳井市国民健康保険税条例の一部を改正するものであります。

 議案第6号は、開発行為の許可等の手数料を新たに設けるため、柳井市手数料条例の一部を改正するものであります。

 議案第7号は、3年ごとに見直しされる第1号被保険者の介護保険料について、平成21年度から平成23年度までの保険料率に改めるため、柳井市介護保険条例の一部を改正するものであります。

 議案第8号は、柳井市防災会議の委員として、有益な防災知識を有する委員を任命するため、柳井市防災会議条例の一部を改正するものであります。

 議案第9号は、山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、議会の議決を求めるものであります。

 議案第10号から議案第13号までは、指定管理者の指定についてであります。議案第10号は柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設、議案第11号は柳井市大畠観光センター、議案第12号はアクティブやない、議案第13号は月性展示館の指定管理者を指定することについて、議会の議決を求めるものであります。

 議案第14号は、平郡東辺地及び平郡西辺地に係る総合整備計画を変更することについて、議会の議決を求めるものであります。

 議案第15号は、柳井市柳井津土地区画整理事業の施行に伴う換地処分が行われるため、柳井及び柳井津の字の区域を変更するものであります。

 議案第16号は、公有水面の埋立地の用途の変更について、本年2月6日付けで山口県知事から諮問を受けましたので、市長の意見を述べるため、公有水面埋立法第3条第4項の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第17号は、市道1路線を新たに市道路線に認定するものであります。

 議案第19号から議案第31号までは、特別会計及び水道事業会計に関する平成21年度予算であります。

 議案第19号は、国民健康保険事業予算の総額を、40億7,961万円とするものであります。

 歳出は、総務費に人件費ほか義務的経費と保険税の収納に要する経費等を、保険給付費に療養給付費等を、後期高齢者支援金等に後期高齢者医療に係る支援金を、前期高齢者納付金等に前期高齢者に係る納付金を、老人保健拠出金に老人医療の精算に係る拠出金を、介護納付金に介護保険第2号被保険者に係る納付金を、保健事業費に被保険者の健康増進を積極的に推進するための経費を計上し、歳入は、国民健康保険税、国庫支出金、県支出金、退職者医療制度の財源となる療養給付費等交付金、前期高齢者の医療費に対する前期高齢者交付金等を計上いたしました。

 議案第20号は、港湾整備事業予算の総額を、7,973万7,000円とするものであります。歳出は、港湾整備事業費に第1号工区及び第2号工区の維持管理費、事務費を計上し、歳入は、財産収入に用地売払収入等を、諸収入に埋立地の占用料を計上いたしました。

 議案第21号は、市有林野区事業予算の総額を、112万5,000円とするものであります。歳出は、柳井林野区事業費に下刈を行う林野区有林整備事業委託料等を、日積林野区事業費に報酬等を、阿月林野区事業費に報酬等を計上し、歳入は、林野区有林整備事業に対する県補助金、財産貸付及び基金利子等に伴う財産収入、基金からの繰入金等を計上いたしました。

 議案第22号は、同和対策資金貸付事業予算の総額を、145万7,000円とするものであります。歳出は、同和地区住宅新築資金等貸付金及び同和福祉援護資金の償還業務に係る事務費、長期債の償還金、県費補助金の返還金を計上し、歳入は、貸付金の元利収入を計上いたしました。

 議案第23号は、市営駐車場事業予算の総額を、3,087万3,000円とするものであります。歳出は、柳井まちなか駐車場の駐車場機器借上料、柳井駅南及び柳井駅前駐車場の管理委託料、柳井駅前駐車場建設費に係る長期債の償還費を計上し、歳入は、各駐車場の使用料収入、一般会計からの繰入金等を計上いたしました。

 議案第24号は、土地開発事業予算の総額を、1億8,909万5,000円とするものであります。歳出は、公共用地等の先行取得の必要が生じた場合に備え、用地購入費を計上し、歳入は、土地開発基金収入等を計上いたしました。

 議案第25号は、簡易水道事業予算の総額を、2億4,357万4,000円とするものであります。歳出は、一般管理費に経常的経費を、伊保庄、阿月、平郡西、平郡東及び大畠の各簡易水道事業費に維持管理費を、公債費に長期債償還費等を計上し、歳入は、使用料、一般会計繰入金、雑入等を計上いたしました。

 議案第26号は、老人保健事業予算の総額を、2,050万2,000円とするものであります。本予算は、後期高齢者医療事業への移行に伴い、平成20年3月診療分までの予算とし、歳出は、医療諸費など所要の経費を計上し、歳入は、医療費に伴う支払基金交付金、国庫負担金、県負担金等を計上いたしました。

 議案第27号は、公共下水道事業予算の総額を、15億3,116万3,000円とするものであります。歳出は、ポンプ場建設工事委託料、管渠布設工事費、維持管理費等の事業費、公債費等を計上し、歳入は、負担金、使用料、国庫補助金、一般会計繰入金、市債等を計上いたしました。

 議案第28号は、農業集落排水事業予算の総額を、3億9,275万2,000円とするものであります。歳出は、各処理場及び中継ポンプの維持管理費、遠崎地区の下水道管移設工事費、余田中央地区の機能強化対策工事等の事業費、公債費を計上し、歳入は、使用料、県補助金、一般会計繰入金、雑入、市債等を計上いたしました。

 議案第29号は、介護保険事業予算の総額を、保険事業勘定29億9,587万5,000円、介護サービス事業勘定2,115万3,000円とするものであります。

 まず、保険事業勘定の歳出については、総務費に人件費ほか事務的経費、介護認定調査経費等を、保険給付費に居宅介護サービス等の給付費を、地域支援事業費には介護予防事業費等を計上し、歳入は、介護保険料、国庫支出金、県支出金、支払基金交付金、繰入金等を計上いたしました。

 次に、介護サービス事業勘定の歳出については、サービス事業費として介護予防支援業務に要する経費を計上し、歳入は、支援業務に伴う収入を計上いたしました。

 議案第30号は、後期高齢者医療事業予算の総額を、5億7,220万8,000円とするものであります。歳出は、総務費に人件費ほか事務的経費と保険料の収納に要する経費等を、後期高齢者医療広域連合納付金に山口県後期高齢者医療広域連合への納付金を計上し、歳入は、後期高齢者医療保険料等を計上いたしました。

 議案第31号は、水道事業会計予算について、まず収益的収支として、収益的収入額8億1,034万2,000円、収益的支出額8億6,309万2,000円を予定するものであります。

 次に、資本的収支として、資本的収入額1億443万4,000円、資本的支出額2億1,034万2,000円を予定し、前年度に引き続き、第3期拡張事業及び配水管整備事業を実施するものであります。

 資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億590万8,000円は、過年度分損益勘定留保資金並びに当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補填する予定であります。

 議案第32号は、一般会計補正予算であります。今回の補正予算は、国の2次補正に伴う定額給付金事業及び地域活性化・生活対策臨時交付金を活用した市道等の施設改修事業等に要する経費の追加補正、その他各事業の決算見込み等により、7億6,597万7,000円を増額するものであります。

 まず、歳出につきまして、総務費の財産管理費では、地域活性化・生活対策臨時交付金の一部を基金に積み立て、定額給付金事業費では、定額給付金及び給付に係る事務費を補正するものであります。

 民生費の子育て応援特別手当費では、子育て応援特別手当の交付に係る経費を補正するものであります。

 農林水産業費の農地費及び水産業費では、地域活性化・生活対策臨時交付金を活用した農林施設、漁港海岸施設の補修等に係る経費の補正を行うものであります。

 商工費の商工振興費では、離島航路補助金の減額を行うものであります。

 土木費の道路新設改良費及び河川総務費では、地域活性化・生活対策臨時交付金を活用した市道の舗装改修、河川浚渫等に係る経費を補正するものであります。また、都市下水路費では、公共下水道事業会計繰出金の減額を行うものであります。

 教育費につきましては、決算見込み等に伴う減額を行うものであります。

 次に、歳入でありますが、国の2次補正による定額給付金給付に係る補助金5億9,074万6,000円及び地域活性化・生活対策臨時交付金2億1,208万4,000円を国庫補助金に追加し、また、景気悪化による地方消費税交付金等の減額分及び積極的な財政出動による景気浮揚対策事業に要する財源として、7,239万2,000円を財政調整基金から繰り入れる補正等を行うものであります。

 なお、繰越明許費14件につきましては、国の2次補正または諸事情による各事業の進捗状況に伴うものであり、債務負担行為は4件を追加し、地方債の補正につきましては、各事業の補正に伴うものであります。

 議案第33号から議案第44号までは、特別会計及び水道事業会計に関する補正予算であります。

 議案第33号は、国民健康保険事業について46万2,000円を減額するもので、共同事業拠出金等の補正を行うものであります。

 議案第34号は、港湾整備事業について207万9,000円を減額するもので、港湾整備事業費の基金利子積立金の補正を行うものであります。

 議案第35号は、市有林野区事業について8万1,000円を減額するもので、県補助金、基金繰入金、阿月林野区事業費の委託料の補正を行うものであります。

 議案第36号は、市営駐車場事業について57万5,000円を減額するもので、使用料、一般会計繰入金、駐車場費の補正を行うものであります。

 議案第37号は、土地開発事業について、用地取得費等の補正を行うものであります。

 議案第38号は、簡易水道事業について273万6,000円を追加するもので、簡易水道事業費等の補正を行うものであります。

 議案第39号は、公共下水道事業について1,273万2,000円を減額するもので、負担金、使用料、一般会計繰入金、市債、下水道事業費等の補正を行うものです。

 議案第40号は、農業集落排水事業について104万5,000円を減額するもので、使用料、一般会計繰入金、市債、農業集落排水事業費等の補正を行うものであります。

 議案第41号は、介護保険事業の保険事業勘定において3,119万7,000円を追加するもので、総務費、保険給付費、地域支援事業費、基金積立金等の補正を行うものであります。

 議案第42号は、国民宿舎事業について134万9,000円を減額するもので、使用料、一般会計繰入金、諸収入、休養施設費等の補正を行うものであります。

 議案第43号は、後期高齢者医療事業について256万2,000円を追加するもので、一般会計繰入金、後期高齢者医療広域連合納付金の補正を行うものであります。

 議案第44号は、水道事業会計について、高料金対策補助金の確定等に伴い一般会計繰入金が増加したため、収益的収入を1,039万2,000円増額するものであります。

 承認第1号は、山口県議会議員補欠選挙を執行するため、平成20年度一般会計補正予算の専決を行ったものであります。

 同意第1号は、監査委員の選任についてであります。

 本市監査委員のうち上山明徳氏から、本年3月31日をもって委員を辞職したい旨の願い出があり、重ねて慰留をいたしましたが、辞意が固く、退任の申し出がありました。同氏は、平成8年1月19日から今日まで、合併を挟んでの約13年間、監査委員として、柳井市の行政運営に関し、その優れた識見をもって多大なご貢献を賜り、心から感謝申し上げる次第であります。今後、ますますのご健勝とご活躍を祈念してやまないものであります。

 さて、今般、その後任として、田中和明氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。氏は、人格識見とも卓越し、公正不偏の立場を保持する監査委員として適任と考えますので、何とぞ慎重ご審議の上、ご同意いただきますようお願い申し上げます。

 報告第1号は、市道南町11号線で発生しました事故に係る損害賠償に関する和解及び額の決定について、専決処分を行いましたので、報告するものであります。

 報告第2号は、柳井市土地開発公社の経営状況について、報告するものであります。

 以上、提出議案等につきまして、その大要をご説明申し上げましたが、詳細にわたりましては、ご質問に応じまして、私及び関係参与からご説明申し上げますので、何とぞ慎重ご審議のほど、お願い申し上げます。

〔市長降壇〕



○議長(賀原基和)  以上で、市長の説明を終わります。

 これより、1案ごとに審議に入ります。

 まず、議案第1号、柳井市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第1号について、補足説明を申し上げます。

 まず、基金条例制定の経緯について申し上げます。平成21年度から23年度を計画期間といたしました第4期の介護保険事業計画がスタートいたしますが、第4期は、介護従事者の処遇改善を目的とした介護報酬改定が行われます。それに伴う介護保険料の急激な上昇を抑制するために、国から介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されるという緊急特別対策が行われます。

 この特例交付金は、20年度中に交付され、平成21年度から23年度に必要額を充当し、保険料の軽減等を図っていくことになります。特例交付金の適正管理、執行のために、新たに基金を造成する必要が生じたものであります。

 本議会に提出しております平成20年度介護保険事業特別会計補正予算において、特例交付金2,286万円を当該基金に造成することといたしております。

 それでは、条文に沿って、ご説明申し上げます。

 第1条は、基金の設置について定めております。

 第2条は、基金の額で、市が交付を受ける特例交付金の総額を積み立てることといたしております。

 第3条は、基金に属する現金の管理について、第4条は、運用益金の処理について、第5条は、繰替運用について定めるものでございます。

 第6条は、基金の処分についてでございます。処分につきましては、特例交付金の目的に沿って、介護保険第1号被保険者の介護保険料の軽減及び当該軽減に係る広報啓発等の財源に充てる場合に限り処分できるものと定めるものでございます。

 第7条は、委任について定めております。

 また、附則の第1項で、施行期日を公布の日からと定め、第2項において、この条例の失効日を平成24年3月31日と定めるとともに、失効日に残高がある場合の処理について定めております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第2号、柳井市個人情報保護条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 本議案は、統計法の全部改正及び統計報告調整法の廃止に伴い、柳井市個人情報保護条例第30条に規定する適用除外項目について、本件に該当する各号を改正、削除するものであります。以上であります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第3号、柳井市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。教育次長。



◎教育次長(貞末正博) 補足説明を申し上げます。

 本議案は、県費負担教職員の職務専念義務免除の承認を本市教育委員会が行うことに伴い、職務専念義務免除に係る規定中「任命権者」を「教育委員会」と読み替えるため、所要の規定を柳井市職員の職務に専念する義務の特例に関する条例第3条として追加するものであります。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第4号、柳井市県収入証紙購入基金条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。会計管理者。



◎会計管理者(沖永佳則) 議案第4号について、補足説明を申し上げます。

 本条例は、県収入証紙売りさばきにあたりまして、基金の運用枠を定めたものでございますが、市役所関係では、これまで大畠出張所においてのみ、売りさばき場所と指定されておりましたが、本年1月より、市役所本庁会計課窓口においても売りさばきができることとなり、売りさばき料の増加が見込まれるため、原資となる基金額を現行の20万円から増額し、80万円とするものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第5号、柳井市国民健康保険税条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第5号の補足説明を申し上げます。

 お手元の「柳井市国民健康保険税条例の一部改正説明文」に基づきまして、説明を申し上げます。1枚紙のものでございますが、柳井市の国民健康保険税は、医療保険分、後期高齢者支援金分、介護保険分、それぞれご負担をいただいておりますけれども、今回の改正につきましては、介護保険分の被保険者均等割額、世帯別平等割額を改正するものでございます。

 説明文──記の欄の一番下にございますように、被保険者均等割額7,800円を7,000円に、世帯別平等割額6,000円を5,600円に減額改正するものでございます。

 裏面をご覧ください。軽減額ということで、条例改正文中に金額を掲載しておりますけれども、それぞれ7割軽減、5割軽減、2割軽減がございますが、それぞれ介護保険分の現行・改正金額を掲げておりますが、この表に掲げる金額に改正をいたすものでございます。

 なお、改正の理由といたしましては、今年度、21年度介護保険分の所得割額と、それから、被保険者均等割額、世帯別平等割額、これらの税率の収入見込みが、いわゆる5割が一つの境、50%、50%が境になりますけれども、非常に、所得割額は問題ございませんけれども、被保険者均等割額、世帯別平等割額、これとの比率で、所得割額のほうが率的に非常に少なく、率が低くなる見込みがございましたので、均等割額、平等割額を減額改正いたしまして、50%の率に近づけるために改正をいたすものでございます。

 なお、50%、50%の比率というものは、裏面にあります7割軽減、5割軽減、2割軽減を維持するためには、この比率を維持することが必要ということで、今回、改正をさせていただくということでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第6号、柳井市手数料条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第6号の補足説明をさせていただきます。

 本議案につきましては、地方自治法第227条の規定に基づきまして、特定の者のためにする事務につきまして徴収するところを定めました柳井市手数料条例別表に、開発許可等の事務に関する事項を加えるものでございます。

 開発許可等の事務につきましては、これまで、山口県が都市計画法に基づき、その事務を行ってまいりましたが、山口県の事務処理の特例に関する条例に基づき、知事の権限に属する事務のうち開発許可等に関する事務を、平成21年4月1日から柳井市が処理することになることから、その手数料といたしまして、今回の改正をお願いするものでございます。

 なお、施行期日につきましては、開発許可等の事務に係る山口県からの権限移譲の期日に合わせまして、4月1日からといたしております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第7号、柳井市介護保険条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第7号について、補足説明を申し上げます。

 お手元に、本日、机上配付をいたしております「柳井市介護保険条例の一部を改正する条例(議案補足説明分)」、A4で2枚にとじたものを配付いたしております。これに基づきまして、説明をさせていただきます。

 まず、第3条につきましては、介護保険料率について規定したものでございます。平成21年度から23年度までの保険料率に改めるものでございます。

 保険料率につきましては、条文中では、年額で記載してございますけれども、恐れ入りますが、4ページに「別紙2」ということで、横長の「介護保険料の段階別・年度別比較表」というものを示しております。そこの、平成21年度から23年度の欄をご覧をいただきまして、それぞれ保険料の年額、第1段階から第7段階まで、一部第4段階につきましては2つに分けておりますけれども、それぞれ保険料の年額、保険料の月額、ここに掲げる金額に改正をいたすものでございます。

 1つの基準として、介護保険料としてよく参考になるのが、いわゆる基準金額として月額4,000円を、21年度から23年度は、月額3,900円とするものでございます。

 第5条につきましては、第1号被保険者の資格取得、喪失があった場合等について、規定をいたしております。

 参考までに、3ページには、新しい21年度からの介護保険料の階層について、参考に掲載をいたしておりますので、ご覧いただきたいと思います。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第8号、柳井市防災会議条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 災害時の対応について豊富な知識を持つ自衛官など、本市の防災行政を進める上で有益な知識を有する人材を防災会議の委員として任命し、柳井市の防災力の強化を図るために、所要の改正を行うものであります。以上であります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第9号、山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 柳井地区広域事務組合の解散に伴い、平成21年3月31日限り、山口県市町総合事務組合から柳井地区広域事務組合を脱退させるため、改正を行うものであります。以上であります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、本案について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 お諮りいたします。本案を、原案のとおり可決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議案第9号は、原案のとおり可決されました。

 次は、議案第10号、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 本議案は、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者として、平郡西地区テレビ共同受信組合を、引き続き、指定するものであります。なお、指定管理者の指定期間は、1年であります。以上であります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第11号、柳井市大畠観光センターの指定管理者の指定について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第11号につきまして、補足説明を申し上げます。

 本議案は、柳井市大畠観光センターの指定管理者の指定につきまして、議会の議決を求めるものであります。

 柳井市大畠観光センターの指定管理者の募集につきましては、平成20年11月17日から12月17日まで、公告により行ったところ、2件の申請がありました。申請内容等について審査の結果、大畠産業振興協会が指定管理者として適当と認められましたので、指定管理者として指定するため、議会の議決を求めるものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第12号、アクティブやないの指定管理者の指定について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第12号について、補足説明を申し上げます。

 本議案は、アクティブやないの指定管理者の指定につきまして、議会の議決を求めるものであります。

 アクティブやないの指定管理者の募集につきましては、平成20年11月17日から12月17日まで、公告により行ったところ、2件の申請がありました。申請内容等について審査の結果、社団法人柳井広域シルバー人材センターが指定管理者として適当と認められましたので、指定管理者として指定するため、議会の議決を求めるものであります。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第13号、月性展示館の指定管理者の指定について、補足説明があれば、これを求めます。教育次長。



◎教育次長(貞末正博) 議案第13号について、補足説明申し上げます。

 本議案は、月性展示館の指定管理者の指定につきまして、議会の議決をお願いするものであります。

 平成20年11月27日から12月24日まで、公告により公募を行った結果、1件の申請があり、現在、当施設の指定管理者であります財団法人僧月性顕彰会より申請がありました。申請内容等について審査した結果、これまでの運営実績もあり、指定管理者として適当と認められますので、月性展示館の指定管理者として指定していただきたく、議会に上程させていただきました。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第14号、辺地に係る総合整備計画の変更について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 本議案は、平郡東辺地において、診療施設──平郡診療所医療機器整備でございますが、平郡西辺地においては、診療施設──平郡診療所医療機器整備及び電気通信施設、これは共同アンテナの改修を整備するため、両辺地に係る総合整備計画を変更することについて、議会の議決を求めるものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第15号、字の区域の変更について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第15号について、補足説明を申し上げます。

 現在、事業中の個人施行によります柳井市柳井津土地区画整理事業におきまして、当該区域の宅地、道路等の区画形質の変更に伴い、字の区域の変更が必要となるため、議会の議決をお願いするものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第16号、公有水面の埋立地の用途の変更に関する意見について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第16号について、補足説明を申し上げます。

 本議案につきましては、柳井湾2号埋立地は、1工区(公共下水道処理場用地)、2工区の1(ガス業用地)、2工区の2の1(都市計画道路用地)につきましては、既に竣功認可を完了させており、現在、供用中でございます。本変更は、都市計画道路の一部が南側に移動したことで、これら用地のうち、2工区の2の2につきまして用途変更が生じるものでございまして、道路用地が運動場用地に約1,000平方メートルかかるため、この範囲において変更が生じるものでございます。

 なお、用途変更後は、道路用地を2工区の2の2の1、運動場用地を2工区の2の2の2に区域分割いたしまして、2工区の2の2の1を山口河川国道事務所に売却するものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第17号、市道路線の認定について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第17号について、補足説明を申し上げます。

 今回、市道認定をお願いいたします三本松南町線は、一般国道188号線改良事業に伴い、旧道区間を市道として移管を行う協議が整い、適切であると思われますので、市道路線の認定をお願いするものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 ここで、11時10分まで、休憩といたします。

午前10時53分休憩

                              

午前11時10分再開



○議長(賀原基和)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、議案第18号、平成21年度柳井市一般会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 資料としましては、「平成21年度予算書・柳井市」となっておりますもの、「平成21年度柳井市予算説明書」、さらに「平成21年度柳井市当初予算の概要」でございます。

 それでは、平成21年度予算書の1ページから説明をさせていただきますが、平成21年度柳井市一般会計予算は、総額を143億5,190万円と第1条で定めるものであります。第2条で債務負担行為を、第3条で地方債を、第4条で一時借入金の最高額を、第5条で歳出予算の流用について定めるものでございます。

 開けていただきまして、2、3並びに4ページは、議会で議決を賜ります歳入の款項の額について記したものでございます。5ページからは、同じく議決を賜ります歳出の款項の額について定めるものであります。

 7ページは、債務負担行為でございまして、期間、限度額を右に掲げておりますが、ここに掲げておりますとおり、債務負担行為を定めるものでございます。

 開けていただきまして、8ページは、地方債でございます。地方債で借り入れを予定しております額等について、定めるものでございます。

 それでは、厚い冊子でございますが、「山口県柳井市予算説明書」をお願いいたします。

 平成21年度予算は、骨格予算として編成いたしました。歳入におきまして、市税、各種交付金、地方交付税等の一般財源につきまして全額を、国庫支出金、県支出金、起債等につきましては、歳出に見合います額を計上しております。歳出におきましては、市長の提案の説明でもございましたように、最小限のものを計上いたしておるところでございます。

 9ページをお願いいたします。歳入の市税でございますが、市税のうち市民税につきましては、上段に掲げておりますように、個人、法人をそれぞれ見込んでおります。個人につきまして、所得の伸びをマイナス1%と見込み、法人につきましても、現在の主要事業の動向、昨今の経済状況等を勘案し、見込めるだけの金額を掲げております。

 続きまして、下段、固定資産税ですが、土地、家屋とも、評価替えによる減を見ております。次ページでございますが、償却資産につきましては、ご案内のとおり、減少が見込まれますので、減の方向で計上しております。

 10ページの下段の軽自動車税につきましては、いわゆる普通軽四輪が増加傾向にありますので、それを見込みまして、ほぼ昨年と同額を見込んでおります。

 次のページの市たばこ税につきましては、喫煙人口の減少を見込み、減の方向で見込んでおります。

 1ページ開けていただきまして、12ページは都市計画税でございます。先ほどの固定資産税と同様の評価をいたしておりますが、新庄地区が加わりましたので、その分、増を見込んでおるところでございます。

 下段の地方揮発油譲与税は、揮発油税の一般財源化により新設となっております。同様の理由から、13ページ下段の地方道路譲与税は減となっております。

 14ページから15ページの各種交付金は、経済情勢の変化というものが減の理由でございます。

 17ページ下段の地方交付税は、地方財政計画に基づき、現在まで出ている、明らかにされております数値をできるだけ勘案いたしまして、見込んでおります。

 以下、歳出に見合います国庫支出金、県支出金、繰入金、起債等を見込んでおります。

 飛びますが、48ページをお願いいたします。歳出でございます。市の最高議決機関としての議会費を計上し、以下、義務的経費、経常的経費を中心に計上しておりますが、次に、当初計上の主な事業を順を追って説明いたします。

 飛びますが、107ページをお願いします。母子保健費に妊婦健康診査に係る経費を計上し、妊婦健診の回数を拡充し、安全分娩の確保に努める所存であります。

 126ページをお願いします。畜産費でございますが、畜産担い手育成総合整備事業に係る経費を計上しております。規模拡大や地域資産の活用により、安定的畜産経営の確立を図るものであります。

 135ページをお願いします。海岸保全事業費で、遠崎地区、阿月地区の護岸整備事業に係る経費を計上しております。

 次に、145ページをお願いします。道路新設改良費で、後地末広線整備事業に係る経費等を計上しております。

 150ページをお願いします。街路事業費でございます。都市計画道路、後地和田線、古開作線整備事業に係る経費を計上しております。

 164ページをお願いします。小学校費、学校管理費でございますが、小学校の空調設置、外壁の補修、プールの補修等、学校施設の改善に係る経費等を計上しております。

 168ページは、柳井小学校建設費でございますが、後地和田線の整備に合わせ、外構工事を行う経費を計上し、171ページでは、中学校費、学校管理費で、中学校の外壁補修、プールの補修等、学校施設の改善に係る経費等を計上いたしております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。

 ただいまから、質疑に入りますが、本案は広範囲にわたる内容となりますので、これを3つの範囲に分けて行います。まず、歳出を2つに分け、第1款・議会費から第4款・衛生費までを、最初の質疑の範囲といたします。次に、第5款・労働費から歳出の終わりまでを、次の質疑の範囲といたします。そして、最後に、歳出を除く一般会計全般についてという順で、質疑を行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、まず、予算説明書48ページの議会費から、120ページの衛生費までの質疑を許します。質疑はありませんか。よろしゅうございますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  以上で、衛生費までの質疑を終わります。

 次に、120ページの労働費から、201ページの歳出の終わりまでの質疑を許します。質疑はありませんか。よろしゅうございますか。三島議員。



◆議員(三島好雄) 委員会で、詳しくやればいいような気もするのですが、一応、額が大きいので聞いておきたいと思いますが、127ページの、先ほど、総務部長のほうから説明がございました、畜産担い手育成総合整備事業補助金の6,000万円がございますが、これの内容というか、内訳を教えていただければと思います。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 先ほど、総務部長の補足説明でもございましたが、畜産農家の高度化及び後継者不足により、畜産農家が減少する中、地域の核となる担い手への土地利用集積の推進による規模拡大や、地域内の土地資源を新たに飼料生産基盤活動に活用することによる畜産主産地の形成促進により、担い手の育成を通じた望ましい畜産構造の確立、地域の活性化を図るということでございまして、これは、事業主体は、やまぐち農林振興公社が事業主体で行うわけでございますが、畜産農家の飼料畑、放牧地の造成、それから牛舎の建設、機械導入等に要する経費でございまして、国が2分の1、県が4分の1、本人が4分の1の負担で行うものでございまして、この6,000万円につきましては、県費を柳井市で受けて、やまぐち農林振興公社のほうに支出するものでございます。以上です。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  以上で、歳出の質疑を終わります。

 次は、歳出を除く、一般会計予算全般についての質疑を許します。杉村議員。



◆議員(杉村英子) 歳入について、お尋ねいたします。

 43ページ、雑入のところで、総務費雑入の中で、やない花のまちづくり振興財団派遣職員給与負担金が、昨年度に比べて、約600万円減額されております。その理由と、それから、その一番下の後期高齢者広域連合への部分で、これは昨年度に比べて、約250万円増えております。それから、その下の重度障害者医療費、これは逆に、1,800万円も減額されております。

 これは、雑入なのですけれども、やはり、大幅にこの雑入が減ってくるということは、財政上にも大きな影響が出てきますから、その辺りの見込みを教えてください。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 1点目の、やない花のまちづくり振興財団派遣職員給与負担金について、お答えをさせていただきます。

 現在、やない花のまちづくり振興財団に、市の職員5名を派遣しております。その人件費について、市のほうに財団のほうから入れていただくものでございますが、昨年度より減っておるということでございますが、現在5名の派遣職員を、新年度では4名の派遣職員で実施していきたいと、そのように考えておるところで、減額しております。



○議長(賀原基和)  よろしゅうございますか。ほかに、ございませんか。(「まだ、あります」と呼ぶ者あり)市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) お尋ねの件でございますが、山口県後期高齢者医療広域連合派遣職員給与負担金、これらにつきましては、各市町から広域連合のほうに、職員を派遣いたしております。柳井市からも、現在1名、派遣をいたしておりますけれども、これは、県全体の派遣職員の給与を広域連合のほうで計算されまして、柳井市分として負担を求められた770万1,000円を計上いたしております。

 もう1点、重度障害者医療費の高額療養費負担金でございますが、これにつきましても、いわゆる県の制度としてございまして、これは実績等から勘案いたしまして、今回、柳井市の重度心身障害者の高額療養費に充当するものとして、約3,200万円という見込みで、歳入予算を計上させていただいております。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 今の3番目の答えは、ちょっと、わからないのですよ。重度心身障害者が減るという可能性は少ないわけで、予算的にも去年から1,800万円も減っているという、ちょっとその辺が、まだ、わかりませんので、今度、委員会で、もう少し詳しく聞きたいと思いますが  。

 次に、45ページの農林水産業費雑入のところで、昨年は、やまぐちの多彩な園芸産地育成事業負担金というもので、162万4,000円という金額が上がっておりました。これが、今回、消えております。なぜ、これは、1年ぽっきりの事業だったのでしょうか。

 それから、もう1点、商工費雑入のところで、新制度で、制度融資保証料補給補助金返戻金というものが、また60万円上がっている。これは、新しいものです。これは、どういうことなのですか。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 1点目の、やまぐち多彩な園芸産地育成事業負担金でございますが、これにつきましては、今年度は、事業の予定がないということで、歳入がございません。



○議長(賀原基和)  もう1点は?(「60万円のほうは?」と呼ぶ者あり)経済部長。



◎経済部長(大井清教) 60万円の制度融資保証料補給補助金返戻金ですが、ちょっと、これにつきましては  。ちょっと、お待ちください。──お待たせしました。これにつきましては、制度融資、市独自の制度融資を行っております。これにつきましては、保証料率が1.2%前後のものが多いわけでございますが、それについて、市では0.9%の保証料補給を行っております。

 返戻金につきましては、繰上償還等がなされた場合におきまして、保証料を既にお支払いしておりますので、その企業さんが繰上償還をされた場合、返戻金として戻ってくるものを上げております。以上です。



○議長(賀原基和)  よろしゅうございますか、杉村議員。いいですか。



◆議員(杉村英子) はい。



○議長(賀原基和)  東議員。



◆議員(東泰雄) 予算の歳入に関わることではなく、歳出かもしれなかったのですが、実は、この予算書には載っていませんが、経営企画課長に、ちょっとお尋ねするのですが、国の2次補正で、雇用対策ということで、ふるさと雇用再生特別交付金並びに緊急雇用創出事業交付金と、こういうものがありまして、県の予算に──山口県の予算ですが、緊急雇用創出事業の──ちょっと、正式名称を省きますが、そのための基金を積み立てていますね、県が  。

 それで、それが、県が基金に積み立てて、何か、3年間で雇用創出のために使うということで、まだ、これには載っていないと思うのですが、転ばぬ先の杖で、その辺で、県の予算を見ると、先ほどの緊急雇用創出事業臨時特例基金市町事業分として5億円、それと、ふるさと雇用再生特別基金、これが市町の事業で5億6,700万円。県のほうで、もう既に、説明があろうかと思うのですが、これが、問題は市に、問題は柳井市に対して、どれぐらい入ってくるのか。

 たしか3年間で、基金に積み立てたものを処分するというふうなことではなかったかと思うのですが、ちょっと、その辺りがわかれば、ご説明いただくのと同時に、その配分方法について、ぜひ、県に要望してほしいのは、柳井市の場合、有効求人倍率ですか、これが極めて低い。要するに、柳井市こそ──下策な言い方になるかもしれないが、より多く配分を、県に要望する必要がありはしないかと。だから、これは6月議会か、その後か、補正で出てくるのかもわかりませんが、早目に手を打つ必要がありはしないかという思いなのです。

 ちょっとその辺り、国の予算と県の基金の関係、もし──直接には予算から外れておりますが、概略がわかれば、お教えいただけたらと思うのですが  。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 県のほうから柳井市への割り当ての金額については、ちょっと、今、手元に金額を持ち合わせておりません。また、ちょっと、正確な数字を持ち合わせておりませんので、ちょっと、金額については省略させていただきまして、今、議員がおっしゃいましたように、6月補正で対応をさせていただきたいというふうに考えております。



○議長(賀原基和)  東議員。



◆議員(東泰雄) だから、要望ですが、先ほど言ったように、雇用状況が厳しいこの地域でありますので、ぜひ、県に対しても、強く要望をお願いしたいというふうに思います。お願いします。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。上田議員。



◆議員(上田代根子) 歳入の24ページのところに、手数料の項があるわけなのですが、衛生手数料として、清掃手数料で塵芥収集手数料が大変多く載っておるわけなのですが、昨年と比べましたら約1,000万円近く伸びているのではないかと。そういうことで、こういうものは、伸びるほうがいいのではなくて、減るほうがいいのではないかと思うのです。

 それで、そういうふうな増の原因と、それから、やっぱり、ごみというものは、いつまでも、たくさんあって焼却するというわけにもいかないと思いますけど、そういう減に対する努力は、どういうふうにしていらっしゃるだろうかということをお尋ねしたいです。



○議長(賀原基和)  市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 塵芥収集手数料につきましては、ごみ袋、可燃物、不燃物、それから、粗大ごみの収集券、これらの20年度の決算見込み等から、予算を計上させていただいております。

 議員、おっしゃいますように、ごみを本来減らしていけば、塵芥収集手数料が減ってくるというのが、理想の形ではあるかと思いますけれども、まだまだ、可燃ごみ、それから不燃ごみ、粗大ごみにつきまして、一定程度、収集に回っている状況でございます。特に、多少、粗大ごみの無料収集をやめまして、粗大ごみの収集券を購入いただくという制度に改めましたので、そういうところも、影響は出ておるかとも思います。

 引き続き、広報等、あるいは環境衛生推進協議会等がございますので、そういうところを通じて、やはり、リサイクルの推進でありますとか、やはり、ごみを減らす努力も、啓発活動を中心に、私どももやっております。

 これは、県のレベルになりますけれども、既に、マスコミ等でご存知だろうと思いますが、4月1日からは、県内の多くのスーパー等と山口県、それから、県内の市町が契約をいたしまして、レジ袋の無料配布をやめる方向で、ごみの削減という1つの目標に向かって、県が音頭を取りまして、県下で足並みをそろえて、ごみの削減に向けた努力も重ねております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  上田議員。



◆議員(上田代根子) 今、増の原因はよくわかりました。粗大ごみのほうが有料になったからということも大きな原因だと聞きましたけど、やっぱり、ごみを出さない運動というものを、今、一生懸命、対応もされているということですけど、ぜひ、その辺の啓発をお願いしていきたいと思います。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  以上で、議案第18号の質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第19号、平成21年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第19号につきまして、補足説明を申し上げます。

 予算書の9ページをお開きください。第1条は、歳入歳出予算の総額を40億7,961万円とするものでございます。第2条は、一時借入金の借入れの最高限度額について、第3条は、歳出予算の流用につきまして定めております。10ページから12ページに、歳入歳出予算の款項の区分及び金額を掲げております。

 それでは、歳出のほうから、主なものをご説明申し上げます。予算説明書をお願いいたします。

 まず、歳出のほうから、226ページをお開きください。一般管理費では、職員の人件費等、事務的な経費を計上いたしております。

 1枚めくっていただきまして、228ページの賦課徴収費につきましては、後期高齢者医療制度等に係る国保の電算システムの改修費が不要となりましたので、減額となっております。

 230ページをお願いいたします。保険給付費でございます。一般被保険者療養給付費は、平成20年4月から退職被保険者の適用年齢が65歳までとなったことによりまして、増加が見込まれ、4.94%の増額計上をいたしております。退職被保険者の療養給付費につきましては、医療費、被保険者数とも減少が見込まれますので、減額を見込んでおります。

 232ページの高額療養費でございますが、平成20年度の決算見込み、被保険者数や医療費の推移等を勘案し、計上いたしております。それから、3目、4目の高額介護合算療養費につきましては、21年度より新たに支給が始まるものでございます。

 233ページの出産育児一時金でございますが、平成21年1月より、一時金の金額が3万円増額され38万円となったことにより、増額計上いたしております。234ページの葬祭費につきましては、平成20年度の決算見込みにより、計上いたしております。

 235ページの後期高齢者支援金等、前期高齢者納付金等、それから、236ページの老人保健拠出金、237ページの介護納付金等は、それぞれの計算式により試算したものを計上しております。

 その下の共同事業拠出金でございますが、80万円を超える医療費を対象とする高額医療費拠出金と、30万円を超え80万円以下の保険財政共同安定化事業の拠出金、それぞれを計上いたしております。

 238ページからの保健事業費では、特定健康診査等事業費、保健事業費を計上いたしております。保健事業費の主なものは、240ページ、19節の人間ドック利用料補助金でございます。

 242ページでございますが、諸支出金につきましては、保険税の還付金を計上いたしております。

 243ページの予備費については、700万円を計上いたしております。

 次に、歳入でございますが、215ページに戻っていただきまして、保険税につきましては、介護分の改正、また、被保険者数や医療費の動向を踏まえまして、一般被保険者と退職被保険者等の保険税を全て合わせまして、8億8,938万7,000円を計上いたしております。

 217ページの国庫負担金、それから、218ページの国庫補助金、県負担金、県補助金は、療養給付費、諸事業に対する国県の負担分を計上いたしております。

 それから、220ページの前期高齢者交付金でございます。これは、65歳以上75歳未満の前期高齢者の医療給付費について、負担調整を行うものでございます。

 その下の共同事業交付金の高額医療費共同事業交付金は、1月80万円を超える高額な医療費、保険財政共同安定化事業交付金は、30万円を超え80万円以下の医療費について補填をされるものでございます。

 それから、次に、一般会計繰入金でございます。保険基盤安定繰入金から、22ページの財政安定化支援事業繰入金まで、これは、国が示すルールに基づきまして繰り入れるものでございます。その他一般会計繰入金につきましては、福祉医療費の助成制度に関わるものでございます。

 基金繰入金につきましては、今年度、平成21年度は、6,500万円を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第20号、平成21年度柳井市港湾整備事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) それでは、議案第20号につきまして、補足説明を申し上げます。

 予算書の13ページをお願いいたします。歳入歳出予算の総額は、7,973万7,000円を計上いたしております。また、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、予算書14ページの第1表・歳入歳出予算のとおりでございますが、その主なものについて、予算説明書に沿って、ご説明を申し上げます。

 まず、歳出について、ご説明を申し上げます。予算説明書の253ページをお願いいたします。第1号工区埋立事業費につきましては、緑地の除草作業委託料等の維持管理経費、事務費並びに用地売払収入積立金等を計上しております。第2号工区埋立事業費につきましては、緑地除草作業委託料等の維持管理経費、また、事務費並びに用地売払収入積立金等を計上しております。

 次に、歳入について、ご説明を申し上げます。予算説明書の250ページをお願いいたします。財産収入といたしまして、第1号工区埋立地内の未処分用地及び第2号工区埋立地内の柳井バイパス用地といたしまして売却するため用地売払収入等、また、諸収入といたしまして、埋立地の占用料を計上いたしております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第21号、平成21年度柳井市市有林野区事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第21号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の15ページをお願いいたします。歳入歳出予算の総額を112万5,000円と定めるものでございます。

 それでは、別冊となっております予算説明書の262ページをお願いいたします。歳出から、ご説明申し上げます。柳井林野区事業費の主なものは、委託料で、柳井林野区有林の整備事業といたしまして、下刈事業費を計上いたしております。

 次に、263ページ、日積林野区事業費につきましては、林野委員の報酬など、運営のための管理費を計上いたしております。264ページ、阿月林野区事業費につきましても、林野委員の報酬など、運営のための管理費を計上いたしております。

 続きまして、歳入の主なものについて、ご説明申し上げます。258ページをお願いいたします。県補助金の林業費補助金につきましては、柳井林野区で実施いたします林野区有林整備事業の県費補助金を計上いたしております。

 財産貸付収入につきましては、それぞれの林野区における電柱施設等の貸付料を、利子及び配当金につきましては、それぞれの林野区における基金利子等を計上いたしております。

 259ページの基金繰入金につきましては、それぞれの林野区有林整備事業及び運営費に充当するため、基金の一部を繰り入れるものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第22号、平成21年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第22号について、補足説明を申し上げます。

 予算説明書の17ページをお願いいたします。本予算は、予算の総額を145万7,000円と定めております。

 それでは、歳出のほうから、ご説明を申し上げます。予算説明書の270ページをお願いいたします。1款・同和地区住宅新築資金等貸付事業費に関しましては、償還業務の事務費を計上いたしております。271ページ、同和福祉援護資金貸付事業費でございますが、これにつきましても、償還業務の事務費を計上いたしております。

 歳入のほうでございますが、268ページをお願いいたします。それぞれ事業収入として、それぞれの資金の償還元利の歳入を計上いたしております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第23号、平成21年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第23号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の19ページをお願いいたします。第1条では、歳入歳出予算総額を3,087万3,000円とするもので、当該区分ごとの金額は、次のページ、予算書20ページの第1表・歳入歳出予算のとおりでございます。また、一時借入金の最高額につきましては、第2条で2,500万円と定めております。

 それでは、予算説明書の276ページをお願いいたします。1目・柳井まちなか駐車場運営費につきましては、駐車場機器借上料308万7,000円が主なものでございまして、総額336万9,000円を計上しております。次に、柳井駅南駐車場運営費につきましては、管理委託料16万3,000円が主なもので、総額18万9,000円を計上しております。

 277ページ、柳井駅前駐車場運営費につきましては、管理人の管理委託料489万4,000円及び立体駐車場保守点検委託料94万5,000円が主なもので、総額807万6,000円を計上しております。

 278ページ、公債費につきましては、長期債の償還元金1,532万7,000円、それと、長期債の償還利子354万7,000円、一時借入金利子21万5,000円を計上いたしております。

 続きまして、歳入でございますが、274ページをお願いいたします。使用料及び手数料の使用料といたしましては、柳井まちなか駐車場使用料303万2,000円を、柳井駅南駐車場使用料351万1,000円を、柳井駅前駐車場386万円、合計といたしまして1,040万3,000円を計上しております。

 一般会計繰入金につきましては、2,046万8,000円を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第24号、平成21年度柳井市土地開発事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。経営企画課長。



◎経営企画課長(山中孝之) それでは、議案第24号につきまして、補足説明を申し上げます。

 本会計は、公用もしくは公共用に供します土地、または、公共の利益のために取得する必要のある土地を、あらかじめ取得することによりまして、事業の円滑な執行を図るために設けられたものでございます。

 予算書の21ページをお願いいたします。第1条に定めますように、歳入歳出予算の総額を1億8,909万5,000円と定めるものでございます。

 次に、予算説明書の282ページをお願いいたします。本予算の歳入は、土地開発基金からの繰入金1億8,904万6,000円、基金利子4万8,000円及び売却収入の1,000円を計上いたしました。

 283ページをお願いいたします。歳出につきましては、今後の公共用に供します事業用地等を含め、用地の先行取得の必要性が生じた場合に対応できます用地取得費といたしまして、1億8,904万6,000円を計上いたしております。また、基金の運用利子を積立金に4万8,000円予定しております。

 加えて、用地が売却された場合の基金への繰出金を、歳出予算としております。以上で、説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 ここで、午後1時まで、休憩といたします。

午前11時58分休憩

                              

午後1時00分再開



○議長(賀原基和)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、議案第25号、平成21年度柳井市簡易水道事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) それでは、議案第25号の補足説明を申し上げます。

 予算書の23ページをお願いいたします。第1条は、平成21年度柳井市簡易水道事業特別会計予算の総額を2億4,357万4,000円とするものでございます。第2条は、一時借入金の借入れの最高額を定めるものでございます。

 それでは、歳出から、説明をさせていただきます。予算説明書の290ページをお願いいたします。歳出でございますが、目1の一般管理費で、経常的な経費といたしまして2,390万8,000円を計上しております。

 次の291ページ、伊保庄簡易水道事業費でございますが、事業費として4,926万3,000円を計上しております。そのうち、上水からの受水費4,519万3,000円が、主な予算となっております。

 293ページの阿月簡易水道事業費267万円、294ページの平郡西簡易水道事業費516万円、295ページの平郡東簡易水道事業費1,083万円は、それぞれ経常的な維持管理費として計上しております。

 次に、296ページの大畠簡易水道事業費でございますが、8,199万9,000円を計上しております。そのうち、広域水道からの受水費5,173万9,000円と、広域営農団地農道整備事業に伴います遠崎地区配水管の移設工事費2,500万円が、主な予算となっております。

 次の297ページの公債費でございますが、元金、利子を合わせて6,924万4,000円、次の298ページの予備費は、50万円を計上いたしております。

 次に、歳入について、ご説明いたします。286ページをお願いいたします。歳入、項1の使用料ですが、給水使用料、量水器使用料といたしまして、伊保庄、阿月、平郡西、平郡東、大畠簡易水道の合計で、1億3,865万2,000円を計上いたしております。

 287ページの一般会計繰入金といたしまして、7,888万6,000円を計上しております。

 次の288ページの諸収入でございますが、雑入として、加入負担金等の収入2,603万5,000円を計上いたしております。そのうち、広域営農団地農道整備事業に伴います布設替え工事の関係での2,500万円が、主な予算となっております。以上で、補足説明を終わります。よろしくお願いします。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第26号、平成21年度柳井市老人保健事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第26号について、補足説明を申し上げます。

 予算書25ページをお願いいたします。本予算は、歳入歳出の予算総額を2,050万2,000円と定めております。

 それでは、歳出のほうから、ご説明を申し上げます。予算説明書の306ページをお願いいたします。306ページ、医療諸費として1,587万円、これは、20年3月分までの診療に対する医療費として支出見込みのものを、計上させていただいております。そのほか、事務費、償還金等を計上させていただいております。

 歳入のほうをお願いいたします。302ページでございます。支払基金交付金、国庫負担金、県負担金、これらは、医療費に対するそれぞれの負担金、交付金の歳入見込みをいたしております。

 303ページ、一般会計繰入金につきましては、一般会計より182万9,000円の繰入れを予定いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第27号、平成21年度柳井市公共下水道事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第27号の補足説明を申し上げます。

 予算書の27ページをお願いいたします。第1条で、歳入歳出予算の総額を15億3,116万3,000円といたしまして、第2条で債務負担行為を、第3条で地方債を、第4条で一時借入金について、それぞれ定めるものでございます。

 それでは、歳出から、ご説明を申し上げます。予算説明書の314ページをお開きください。1目の一般管理費につきましては、下水道事業に係ります人件費、浄化センターに係ります維持管理費といたしまして、1億4,105万9,000円を計上しております。

 次に、316ページをお願いいたします。下水道事業費につきましては、4億5,874万4,000円を計上しております。主なものといたしましては、317ページ、委託料といたしまして、古開作の雨水ポンプ場建設工事費等の委託料3億4,900万円、工事費といたしまして、管渠布設工事費等9,470万円を計上しております。

 また、319ページでございますが、公債費として、元金、利子を合わせまして9億2,936万円を、予備費として200万円を、それぞれ計上しております。

 なお、歳入につきましては、それぞれ収入の見込みによりまして、歳出予算に見合うものを計上しております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。杉村議員。



◆議員(杉村英子) これは、歳入だけの問題ではないのですが、歳入のところで、負担金、それから、使用料等の項目がありますが、現在までに、工事を施工されて接続されていない部分に対し、3年以上経ってつなぎ込みをされていない戸数が、相当数上がっております。それらが、こういう負担金とか使用料のところで、大きなウエートを占めてきているわけですが、それらに対する対応策、何か、今、手を打っておられるのでしょうか。



○議長(賀原基和)  建設部長。



◎建設部長(重本昭平) これらにつきましては、3年以上というものもございますし、つなぎ込みをしていただくように、文書等をもって提出いたしましたり、また、家庭の事情等により、再度、延ばしていただきたいというものもございますので、それぞれ書類等で、お願いはしております。

 また、使用料のほうにつきましても、職員等が夜間徴収なり、歳入の使用料収入が伸びますように、頑張っておるというところでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 3年経てば、1年ごとに文書の提出ということなのですが、それは、私も存じております。

 しかしながら、更新の1年ごとの文書が出された時に、現地確認を行っておられるかどうか。果たして、本当にこの人は、つなぎ込みができないかどうか。できるにも関わらず、つなぎ込みをされないのか。そういう辺りのチェックは、どうされているのでしょうか。



○議長(賀原基和)  建設部長。



◎建設部長(重本昭平) ご指摘のとおり、つなぎ込み状況につきましては、単独のお年寄りの世帯もいらっしゃいますし、家庭の事情等によって、延ばしてほしいという方もございます。それぞれ、我々職員といたしましては、現地、あるいはまた、問い合わせ等により、できるだけスムーズなつなぎ込みができ、また、普及率が上がるように、お願いはしておる状況でございますし、今後も、そういう状況を勘案いたしまして、精力的に取り組んでまいりたいというふうに思っております。以上です。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) それでは、要望とさせていただきますが、今回、新庄地区で都市計画税の説明会がありました節にも、強くこの件に関しては、要望が出たところでございます。よって、つなぎ込みを、とにかく早く、1日も早く、南部の工事をしてほしいという強い要望が出ておりました。

 ということで、今、申しましたように、3年以上経って、本当に無理な方に対しては、もう、それは本当に、目をつぶらざるを得ない部分もありましょうが、そうでない方も、私は、何軒か存じております。やっぱり、そういうところへは、強力に申し込みといいますか、再三、足を運んでいただいて、接続を可能にしていただくような努力をしていただかないと、工事費が膨らむばかりで、地元負担が大きくなるということも、しっかりとやっていただきたいと思います。



○議長(賀原基和)  要望ということですね。



◆議員(杉村英子) はい。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第28号、平成21年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第28号につきまして、補足説明を申し上げます。

 予算書の30ページをお願いいたします。第1条は、歳入歳出予算の総額を3億9,275万2,000円と定めるものでございます。第2条は地方債、第3条は一時借入金について、定めるものであります。

 それでは、歳出から、ご説明申し上げます。予算説明書の331ページをお開きください。一般管理費につきましては、市内5箇所にあります各処理場及び中継ポンプに係る電気料や修繕料、管理委託料等の維持管理経費が主なものでございます。

 次に、332ページをお開きください。農業集落排水事業費につきましては、15節・工事請負費で、下水道管移設工事費及び余田中央地区の機能強化対策工事費が主なものであります。

 次に、334ページをお開きください。公課費として、長期債償還元金、長期債繰上償還元金、長期債償還利子、一時借入金利子を計上いたしております。

 続きまして、歳入について、ご説明申し上げます。328ページをお開きください。農業集落排水事業使用料、県補助金、一般会計繰入金、雑入、農業集落排水事業債等、それぞれ歳出に見合うものを計上いたしております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第29号、平成21年度柳井市介護保険事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第29号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の33ページをお願いいたします。第1条は、歳入歳出予算の総額を、保険事業勘定で29億9,587万5,000円、介護サービス事業勘定で2,115万3,000円とするものでございます。第2条は一時借入金の借入れの最高限度額について、第3条は歳出予算の流用について、規定いたしております。

 34ページから36ページに、歳入歳出の款項の区分及び金額を掲げております。

 それでは、予算説明書において、主な事項について、説明を申し上げます。予算説明書の352ページをお願いいたします。第1款・総務費ですが、総務管理費は人件費と事務的経費を、354ページの徴収費では、保険料の徴収に要する経費を、また、介護認定審査会費は、介護認定に必要な経費を計上いたしております。

 356ページから362ページの保険給付費でございますが、それぞれ21年度から23年度までの第4期介護保険事業計画に基づき、予算計上をいたしております。

 363ページから368ページの地域支援事業費では、介護予防事業費や地域包括支援センターが行う要支援、要介護状態に陥る可能性の高い高齢者を対象とした介護予防ケアマネジメント事業、総合相談事業等の経費を計上いたしております。

 368ページをお願いいたします。4款の基金積立金は、基金で生じた利子を積み立てるものでございます。

 369ページ、公債費は、一時借入金利子を計上いたしております。

 歳入について、説明を申し上げます。戻りまして、343ページをお願いいたします。まず、第1款・保険料ですが、第1号被保険者の介護保険料は、3年ごとに介護保険事業計画に合わせて見直しをいたしております。21年度から23年度は、新しい保険料額で負担をお願いいたすことになりますが、議案第7号において審議をお願いいたしております改正後の保険料で、積算いたしております。

 次に、344ページをお願いいたします。国庫支出金には、保険給付費に係る国の負担金、調整交付金及び地域支援事業に係る交付金を、345ページの支払基金交付金には、各医療保険者から支払基金が徴収する2号被保険者の保険料のうち、保険給付費及び地域支援事業に係る交付金を、346ページの県支出金には、保険給付費において県が負担すべき金額及び地域支援事業に係る交付金を計上いたしております。

 347ページの繰入金には、一般会計繰入金として、保険給付費、地域支援事業費、人件費及び事務費繰入金、348ページでは介護サービス事業勘定からの繰入金、また、349ページでは基金からの繰入金を計上いたしております。

 次に、介護サービス事業勘定ですが、376ページをお願いいたします。地域包括支援センターが行う、要支援認定者の介護予防サービス計画作成、給付の管理等のケアマネジメント業務に要する経費を計上し、374ページでは、歳入にサービス事業収入を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第30号、平成21年度柳井市後期高齢者医療事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第30号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の37ページをお開きください。第1条は、歳入歳出予算の総額を5億7,220万8,000円とするものでございます。歳入歳出予算の款項の区分及び金額につきましては、38ページに掲げているとおりでございます。

 それでは、歳出のほうから、主なものをご説明申し上げます。予算説明書の389ページをお開きください。一般管理費につきましては、専任職員1名の給料等の事務的経費を計上いたしております。

 次に、390ページの賦課徴収費でございますが、これは、保険料の徴収に要する経費で、主には納付書、通知書の印刷代、郵送代でございます。

 次に、391ページ、後期高齢者医療広域連合納付金として、事務費等の負担金、それから、保険料の軽減分の補填にあたる保険基盤安定負担金、柳井市での徴収分を広域連合に納付する後期高齢者保険料などを計上いたしております。

 次に、歳入の説明をさせていただきます。386ページをお願いいたします。まず、保険料として、特別徴収保険料と普通徴収保険料を合わせまして、3億9,230万8,000円を計上いたしております。

 387ページでは、一般会計繰入金の事務費繰入金、それから、保険基盤安定繰入金を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第31号、平成21年度柳井市水道事業会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) それでは、議案第31号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の39ページでございますが、改めて、1ページから番号を付しております。それに従いまして、説明をさせていただきます。

 平成21年度柳井市水道事業会計予算でございますが、1ページの第2条で、業務の予定量は、給水戸数9,768戸、年間総配水量は320万7,300立方メートルを予定しております。

 第2条第4号・建設改良事業費、第3条・収益的収入及び支出、並びに第4条・資本的収入及び支出の予定額でございますが、明細を添付しておりますので、12ページをお開き願いたいと思います。

 まず、収益的収入でございますが、1項1目・給水収益6億2,106万5,000円、2項2目・他会計補助金1億5,566万6,000円が主なもので、総額8億1,034万2,000円を計上いたしております。

 次に、13ページ、支出でございますが、1目・原水及び浄水費につきましては、広域水道企業団に支払う受水費及び浄水施設の管理費でございます。

 次の2目・配水及び給水費の主なものは、次の14ページにございますが、配水施設の修繕費でございます。

 次の15ページ、3目・総係費の主なものは、検針、集金等の委託料、庁舎の管理費及び水道事業の運営に要する経費でございます。その他に、営業外費用の企業債利息等を含めまして、総額8億6,309万2,000円を計上しております。

 続きまして、資本的収支でございますが、19ページをお願いいたします。歳出のほうを説明します。主な事業といたしまして、1項・建設改良費の第3期拡張事業でございますが、新たに配水管を布設するもので、場所につきましては、今年は、上馬皿地区と余田の尾林地区の2箇所の配水管布設を予定いたしております。

 次の配水管整備事業でございますが、尾の上地区、新町地区、箕越地区等の配水管布設替えを予定しております。

 2項・企業債償還金につきましては、企業債償還元金を計上いたしております。

 18ページに戻りまして、収入の主なものは、第3期拡張事業等に係る企業債、水源開発事業の元金償還に対する出資金並びに第3期拡張事業等の償還金に対する補助金でございます。

 2ページをお願いいたします。2ページの第5条につきましては、企業債の限度額を、3ページの第6条につきましては、議決を経なければ流用することのできない経費を定めております。第7条は、一般会計からの補助金でございまして、1億9,929万円を繰り入れるものでございます。第8条は、棚卸資産の購入限度額を定めております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第32号、平成20年度柳井市一般会計補正予算(第5号)について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 別冊となっております補正予算書の1ページをお願いいたします。平成20年度柳井市一般会計補正予算(第5号)は、7億6,597万7,000円を追加するものであります。以下、繰越明許費、債務負担行為補正、地方債補正について、定めるものであります。

 続きまして、6ページをお願いいたします。繰越明許費は、上から2つの定額給付金給付事業及び子育て応援特別手当支給事業、4番目のここちよい農村づくり支援事業など地域活性化・生活対策臨時交付金事業に係る8事業は、いずれも翌年度への繰り越しを予定された国の2次補正予算に伴うものでございまして、21年度内の完成を予定いたしております。

 また、その他の4事業につきましては、それぞれの事情により繰り越しをするものでございまして、上から3番目の単県農山漁村整備事業は21年7月初旬、同じく8番目の鳴門漁港海岸保全施設整備事業は7月末、1つ飛ばしまして、10番目、11番目の後地末広線整備事業の2事業は、いずれも6月末の完成を予定しております。

 債務負担行為補正は、指定管理者の指定に伴うものなど、また、土地開発公社借入金に対する債務保証について、債務負担行為の追加をお願いするものであります。

 次の8ページは、地方債補正でございます。地方債充当可能な事業における地方債の追加、及び事業の決算見込み、地方債の許可の見込み等により、地方債の額の変更を行うものであります。

 以下、ページを追って、説明いたします。11ページの歳入から、説明いたします。地方譲与税、各交付金につきましては、それぞれ決算を見込みまして補正するものであります。16ページをお願いします。国庫支出金につきましては、国の2次補正予算に係る補助金・交付金等を補正し、以下、県支出金、財産収入、寄附金、繰入金、諸収入、市債につきましては、補助の内示、事業の決算見込み等により補正をするものであります。

 なお、このうち、20ページの商工費県補助金の離島航路事業費補助金は、国からの航路に対する補助金が増額となったことから、県補助金が減額となりましたものであります。また、26ページの衛生費雑入は、古紙、カン、金属の売却代、新市町村振興宝くじ交付金を補正するものであります。

 次に、歳出ですが、28ページをお願いします。一般管理費は、職員の死亡、また、時間外勤務手当の実績見込みにより減額するものであります。29ページの財産管理費は、2次補正による臨時交付金の一部を基金に積み立て、翌年度事業に備えるものであります。

 31ページの定額給付金事業費は、給付金と給付に係る事務費を補正するもので、3節の職員手当等から14節の使用料及び賃借料は、給付に係る事務費でございまして、申請書の郵送等に係る通信運搬費、口座振込に係る手数料、電算システム開発委託料などを予定しております。

 負担金補助及び交付金は、定額給付金の給付総額で、約3万6,000人の方へ1人1万2,000円、18歳以下並びに65歳以上の方には2万円が給付されることになっておりますが、給付金及び事務費は、全額、国庫補助金が交付される予定となっております。

 38ページの障害福祉費は、重度心身障害者医療費を決算見込みにより補正し、40ページの子育て応援特別手当費は、特別手当と給付に係る事務費を補正し、幼児教育期の子育ての負担に配慮するために、就学前3年間の第2子以降の児童1人に3万6,000円が支給されるもので、対象を500人と見込んで、補正をいたしております。

 41ページの扶助費でございます。ここは、実績を見込みまして減額し、46ページの農地費では、臨時交付金を活用し、農業施設の補修等を行うための工事費や補修用原材料費を補正するものであります。

 48ページの海岸保全事業費は、これも、臨時交付金を活用し海岸施設の補修を行うための工事費の補正を行い、49ページの商工振興費は、離島航路補助金の県補助金が減額となったために、航路事業者への補助金を減額するものであり、同じく観光費は、年度末に廃止となります国民宿舎の利用者が減少し、使用料等の収入が予算額を大きく下回る見込みである中で、また、赤字が見込まれる中で、国民宿舎事業会計の繰出金を増額するものであります。

 50ページの道路新設改良費は、臨時交付金による市道等の補修に係る工事費を増額し、51ページの河川総務費は、同様に、河川浚渫補修工事費を増額するものであります。53ページの都市下水路費は、下水道事業費の減額に伴い、公共下水道事業会計への繰出金を減額するものであります。

 54ページの消防費、以下、59ページまでの教育費は、いずれも事業費の確定、決算見込み等による減額補正で、59ページの体育施設費は、災害時の避難所となっています市体育館の耐震診断を、臨時交付金を活用して行うものであります。

 60ページの農林業施設災害復旧費及び土木施設災害復旧費は、いずれも補助事業の内示、単独及び補助事業の精算に基づく補正をするものであり、61ページの公債費の利子は、借入利子の精算に伴い減額を予定しております。

 62ページの繰出金は、県の水価安定補助金が増額されましたことに伴い、水道事業会計繰出金を増額するものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。石丸議員。



◆議員(石丸東海) 32ページの定額給付金についてですが、これは、三島議員が一般質問の通告で出されておりますので、余り詳しくは、聞くつもりはないのですが、支給の予定といいますか、それから、今の準備状況等、それと、他の市等におきましては、商品券等に代えてという話がありますが、そのことについて、何か検討されたかどうか。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 県内各市、いろいろな方法があり、また、支給の方法について、いろいろ検討を加えておりますが、柳井市は、一般的なやり方としまして、銀行等の口座を利用した給付を考えております。一部、現金をお渡しするケースも出てくるかと存じております。

 今、お尋ねの、どういう事業をやっておるかということでございますが、今回、初めて、補正予算でお願いするわけでございますが、かねて、総務文教委員会等でもご報告をさせていただいたところでございますが、時事前の事業については、もう既に、着手をさせていただいております。先日、法案等の整備もできましたので、一日も早い定額給付金等の支給に当たりたいと思っております。

 現在の見込みでは、今月末に、各世帯に通知を申し上げ、それから、書類が出てきたものに精査を加えまして、早ければ、来月下旬に振り込みを開始したいと、できるだけ早くに給付を始めたいと。そういうことで、プロジェクトを立ち上げまして、経営企画課を中心に、全庁体制で取り組む所存でございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  よろしゅうございますか。石丸議員。



◆議員(石丸東海) もう1つ、他の現金支給以外の方法を、検討されたかどうか。



○議長(賀原基和)  経営企画課長。



◎経営企画課長(山中孝之) 現在、商工会議所、それから、商工会とも話を持っておりまして、検討中と聞いております。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第33号、平成20年度柳井市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第33号の補足説明を申し上げます。

 補正予算書65ページをお開きください。今回の補正は、歳入歳出それぞれ46万2,000円を減額し、予算総額を、歳入歳出それぞれ41億5,786万2,000円とするものであります。

 まず、歳出から、ご説明申し上げます。71ページをお願いいたします。2款1項・療養諸費から73ページの老人保健拠出金までにつきましては、国県の支出金、基金繰入金等を変更したことに伴います所要の財源振替を行うものでございます。

 73ページの7款1項・共同事業拠出金につきましては、平成20年度概算拠出金額の確定に伴い、補正をお願いするものでございます。

 歳入のご説明をいたします。68ページをお願いいたします。3款1項の療養給付費等負担金につきましては、国庫負担金の増額をお願いするものでございます。2目の高額医療費共同事業負担金、及び、県負担金の高額医療費共同事業負担金、これらにつきましては、歳出の高額医療費拠出金に対応するものでございます。

 9款の繰入金、一般会計繰入金につきましては、それぞれ一定のルールに基づいて国、県、市で負担するものでございまして、今回、20年度の繰入額が確定したことによりまして、それぞれ補正をお願いするものでございます。

 基金繰入金につきましては、歳入の増加に伴い、基金繰入額を減額補正するものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第34号、平成20年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第3号)について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第34号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書75ページをお願いいたします。今回の補正は、207万9,000円を減額するものでございます。

 まず、歳出から、ご説明をさせていただきます。80ページをお願いいたします。既存の基金につきまして、預金利率の低下に伴いまして、利子積立金を207万9,000円の減額補正をお願いするものでございます。

 次に、歳入でございますが、78ページをお願いいたします。柳井湾埋立事業基金の預金利率低下により、利子収入を207万9,000円の減額補正をし、また、柳井湾埋立事業基金繰入金及び雑入につきましては、占用料収入増額分に伴い、基金繰入金を104万9,000円減額補正し、雑入を104万9,000円増額補正するものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第35号、平成20年度柳井市市有林野区事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第35号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の81ページをお願いいたします。今回の補正は、8万1,000円を減額し、予算総額を186万3,000円とするものであります。

 歳出のほうから、説明をさせていただきます。85ページをお願いいたします。阿月林野区事業費の委託料を減額いたしております。これにつきましては、見積もりにより、減額となったものであります。

 次に、歳入について、ご説明申し上げます。84ページをお願いいたします。阿月林野区事業費の委託料の減額に伴い、県補助金、基金繰入金を減額するものであります。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第36号、平成20年度柳井市市営駐車場事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第36号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の86ページをお願いいたします。今回の補正は、57万5,000円を減額いたしまして、予算総額を3,107万円とするものでございます。

 歳出のほうから、ご説明をさせていただきます。90ページをお願いいたします。駐車場費につきまして、支出見込み等によりまして、駐車場機器借上料等の減額を行うものでございます。

 次に、89ページ、歳入でございますが、収入見込みによりまして駐車場使用料の増額、決算見込みにより一般会計繰入金を減額するものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第37号、平成20年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明があれば、これを求めます。経営企画課長。



◎経営企画課長(山中孝之) 議案第37号につきまして、補足説明申し上げます。

 補正予算書の91ページをお願いいたします。今回の補正につきましては、予算の総額は変更せず、歳出予算の款項の額の変更をお願いするものでございます。

 歳出につきまして、94ページをお願いいたします。用地取得費につきましては、今年度、用地購入の予定がないため、公有財産購入費を減額し、繰出金に振り替えるものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。杉村議員。



◆議員(杉村英子) この用地取得費で、補正額が、ほぼ全額削減されているわけですが、大体、これと同金額が新年度予算に上がってきております。いつも説明が、用地購入費だということですが、この20年度の時は、大体、どこを買う予定で、このお金が要らなくなって、21年度の時は、どこを買う予定で、あの金額が上がったのか、説明してください。



○議長(賀原基和)  経営企画課長。



◎経営企画課長(山中孝之) これは、委員会でもお話し申し上げておりますが、非常に昔に土地が高騰して、毎年高騰しておるような時にできた制度でございまして、それ以降は、これを活用しておる、この最近につきましては、4、5年につきましては、活用した事実は基本的にございませんから、今のところは、ここを買うという形には、予算上はしておりません。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) そのような目的もないお金で、大体1億8,800万円、約1億9,000万円ですか、その予算を上げたり消したり、上げたり消したりする必要があるのですか。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) これは、高度経済成長期の48、49年頃と存じますが、いわゆる公共事業の土地収用といいますか、用地の取得が大変困難な時期がございました。そこで、地方交付税の配分をもちまして、全国的にこの制度が成立したものでございます。

 その後、私どもといたしましては、特に、私どものように、山中とか吉山というような者は、財政の経験が古いので、何とか一般会計に取り込んで、うまいこと利用できないかということは、種々模索したことは事実でございますが、先ほど申し上げましたように、一定の目的を持って、地方交付税を原資に、この会計が成り立っております以上、現時点におきまして、荒技を出しまして、河内山市長の発議によりこの会計を閉じるということは、ちょっとまた、乱暴に過ぎる時期ではないかというふうに、私は考えております。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 私が聞いたのは、そのように目的もはっきりしていないのに、この約2億円という金を、上げたり消したり、上げたり消したりする必要があるのかと。1億8,000万円ですよ。であるならば、その目的も、今、定かでないのであるならば、例えば、これを残して、どうしてもおかなければいけないのなら、1桁消して、2,000万円でもいいのではないかと、私は思うわけですよ。



○議長(賀原基和)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 重ねて申し上げます。原資自体につきましては、先ほど言いましたような経緯から、地方交付税を原資として、この会計が成り立っておりまして、「要らないから、9割は、もう一般会計に取り込め」という性格では現在ないと、そのように、私は承知いたしております。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第38号、平成20年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) それでは、議案第38号の補足説明を申し上げます。

 95ページをお願いいたします。このたびの補正は、歳入歳出それぞれ273万6,000円を増額し、予算総額を3億240万9,000円とするものでございます。

 それでは、歳出から、ご説明を申し上げます。99ページをお願いいたします。目1の一般管理費でございますが、需用費の印刷製本費14万1,000円、役務費の保険料3万1,000円、負担金補助及び交付金の事務費負担金4万3,000円は、それぞれ額の確定により、減額をするものでございます。

 次の100ページをお願いいたします。伊保庄簡易水道事業費の負担金補助及び交付金でございますが、県との協議によりまして、工事中の土穂石大橋伊保庄側の橋台部に、水道管の布設を行うための県事業負担金309万5,000円をお願いするものでございます。

 次の大畠簡易水道事業費でございますが、委託料の電気計装保守点検委託料7万9,000円、遠隔監視システム保守委託料6万5,000円は、それぞれ額の確定により、減額をするものでございます。

 98ページ、歳入をお願いいたします。歳入でございますが、一般会計繰入金につきましては、不足いたします財源273万6,000円の増額補正を行うものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第39号、平成20年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 議案第39号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書101ページをお願いいたします。今回の補正は、1,273万2,000円を減額し、予算総額を24億4,041万9,000円とするものでございます。

 それでは、歳出から、ご説明をいたします。108ページをお願いいたします。一般管理費につきましては、処理場維持管理業務委託料、下水道台帳作成委託料の確定により、減額をするものでございます。

 下水道事業費につきましては、事業費の確定により、移転補償費等の減額を行うものでございます。

 109ページをお願いいたします。長期債償還元金につきましては、低利資金への借り換えにあたりまして、元利均等から元金均等への償還方法の変更によりまして、元金償還額が増額するものでございます。長期債繰上償還元金につきましては、繰上償還予定時期の変更により、減額をお願いするものでございます。

 長期債の償還利子につきましては、低利資金への借り換えに伴い、減額をするものでございます。一時借入金利子につきましては、実績見込みによりまして、減額を行うものでございます。

 次に、歳入について、ご説明をいたします。106ページをお願いいたします。歳入見込みによりまして、受益者負担金及び下水道使用料を増額するものでございます。

 103ページをお願いいたします。第2表・繰越明許費について、ご説明を申し上げます。古開作雨水ポンプ場の建設につきましては、下水道事業団に委託し実施しておりますが、今年度、基礎工事の施工にあたりまして、当該ポンプ場の掘削の際、地盤内の地下水位が当初の予想より高く、地下水位を低下させる作業に不測の日数を要しました。このため、近接いたします家屋等に与える影響を考慮し、慎重なる施工を行ったことによりまして、不測の日数を要することとなった次第でございます。その結果、年度内の完成が困難となったために、繰り越しを行うものでございます。なお、完成は、6月末を予定しております。

 次に、104ページをお願いいたします。第3表でございますが、地方債の補正でございます。公共下水道事業債の限度額を600万円減額いたしまして、11億6,350万円とするものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 ここで、午後2時15分まで、休憩といたします。

午後1時59分休憩

                              

午後2時15分再開



○議長(賀原基和)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、議案第40号、平成20年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第40号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の110ページをお願いいたします。今回の補正は、104万5,000円を減額し、予算総額を3億4,944万2,000円とするものであります。

 それでは、歳出から、ご説明をいたします。117ページをお開きください。一般管理費につきましては、各処理場、中継ポンプに係る委託料及び公課費を、決算見込みにより減額するものであります。

 次に、歳入について、ご説明いたします。114ページをお願いいたします。新規加入者分担金の増額、また、決算見込みにより使用料を減額いたしております。また、歳出の減額により、一般会計繰入金を減額しております。

 次に、116ページをお願いいたします。市債につきましては、充当率の変更により、増額するものであります。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第41号、平成20年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第41号について、補足説明を申し上げます。

 119ページをお開きください。今回の補正は、保険事業勘定において、3,119万7,000円を追加するものであります。

 それでは、歳出のほうから、説明を申し上げます。128ページをお願いいたします。一般管理費におきましては、第三者行為の納付金収入に伴います求償事務費を計上いたしました。129ページ、保険給付費におきましては、給付動向を勘案し、所要の補正を行うものでございます。130ページ、地域支援事業費におきましては、決算見込みによりまして、減額補正を行うものでございます。

 132ページ、基金積立金では、保険給付費、地域支援事業費の補正に伴い、介護給付費準備基金積立金を減額をいたしております。また、21年度からの介護報酬改定に係る介護保険料の上昇の抑制を目的として、今回、交付されます、介護従事者処遇改善臨時特例交付金を基金に積み立てるため、臨時特例基金積立金を計上いたしております。

 123ページにお戻りください。保険給付費、地域支援事業費等の補正に伴いまして、その財源となっております国県支出金、支払基金交付金、一般会計繰入金等の所要の補正を行うものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。三島議員。



◆議員(三島好雄) 素朴な疑問で、今、最後におっしゃいました、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金なのですが、この趣旨は、よくわかっておるわけですが、これを基金に積み立てて、今後、どのように活用されるかということを、ちょっと、お伺いしたいと思います。



○議長(賀原基和)  市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 基金に積み立てました原資につきましては、21年度、22年度、23年度と、3年間の介護保険料のいわゆる増額分の負担軽減のために使われるということでございまして、それは、介護保険事業特別会計の中に充当させていただきまして、3年間の介護保険料──第1号被保険者の介護保険料の本来の上昇分に充当させていただきます。



○議長(賀原基和)  三島議員。



◆議員(三島好雄) そうしますと、これは、私が、こういうことを聞くのは、何なのかもしれませんが、介護従事者の、あくまでも処遇の改善のためという目的だと思うのですけれども、今、伺っていると、コストが上がるので、それに充当するということですが、この辺の整合性は  。



○議長(賀原基和)  市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 済みません。ちょっと説明不足で、申し訳ありません。いわゆる介護従事者の処遇改善のために、介護報酬の単価が引き上げられます。これは、介護職員の処遇向上のために、それぞれの単価を引き上げまして、「処遇向上のための原資にしなさいよ」ということで、まず一つ、そういう形で、介護報酬の単価がアップされます。

 それで、報酬の単価がアップされるということは、第4期介護保険事業計画の中で、サービス料を見込んでおりますので、当然、単価が上がれば、当然、給付の総額が上がってきます。給付の総額が上がるということになりましたら、当然、それは、保険料にはね返ってきます。それを試算いたしまして、介護報酬のアップ分が保険料にはね返る分、これに見合う分は、保険料のアップをしないようにということで、それに見合う分として、今回、特例交付金で国から交付されて、そこの部分に充当して、1号被保険者の保険料アップを抑えなさいということで、国が交付してくれるお金でございます。だから、そういう目的で使わせていただきます。



◆議員(三島好雄) 大変、よくわかりました。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第42号、平成20年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(大井清教) 議案第42号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の133ページをお願いいたします。今回の補正は、歳入歳出それぞれ134万9,000円を減額し、予算総額を8,716万3,000円とするものでございます。

 まず、歳出でございますが、139ページをお開きください。管理費、運営費とも、決算見込みにより減額いたしております。

 次に、歳入でございますが、136ページをお願いいたします。今年度におきましては、4月以降、宿泊客、食堂や宴会等の休憩利用者ともに、昨年度に比べまして大幅に減少しており、宿泊料をはじめとする使用料、その他の賄料等の雑入が、それぞれ減収の見込みとなりましたので、使用料、雑入をそれぞれ減額計上しております。そのため、一般会計繰入金につきまして、2,295万7,000円の増額を計上させていただいております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。東議員。



◆議員(東泰雄) この国民宿舎の特別会計は、これで補正が終わったら、いよいよ、特会そのものがなくなるのですが、閉鎖にあたって、いわゆる職員への処遇あるいは退職金等の、いわゆる職員への処遇は、これは、どのように解決されようとしていますか。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 職員の処遇につきましては、大きく分けまして、2点、あろうかというふうに思います。1点につきましては、職員の再就職支援という問題と、退職金という問題があろうかと思います。

 再就職の関係で申しますと、ハローワーク──従業員の方々とも十分に協議をいたしまして、また、ハローワーク等のご指導もいただいて、皆様方、それぞれの今後のあり方というものについて、ほぼ決定をいたしております。

 それから、退職金につきましては、これも、職員の方々とは十分協議をいたしまして、退職規程がある職員に対しましては、柳井市の退職手当支給条例を準用するなりで、割り増しの退職金を支払うことといたしております。また、退職規程がない職員さんにおかれましては、労基法に基づく──要するに、報償金という形でお支払いをするということで、一応のご理解をいただいておるところでございます。以上です。



○議長(賀原基和)  東議員。



◆議員(東泰雄) そうすると、再就職は、ほぼ決まったようなご答弁だったので、安心しましたが、退職金は、予算上は、どこから出るのですか。一般会計ですか。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 退職金につきましては、従業員は、大畠観光開発公社の職員でございまして、大畠観光開発公社のほうで、退職金に係る積み立てを行っておりまして、それを取り崩して、お支払いをさせていただきます。したがいまして、本補正予算におきまして、大畠観光開発公社に対する追加の補正は、計上いたしておりません。



○議長(賀原基和)  東議員。



◆議員(東泰雄) ここで、歳入の一般会計繰入金が2,200万円増えているのですが、これは、結局、赤字部分の補填で  、ただ観光開発後者に追加をせずに、退職金は払えるのですか。



○議長(賀原基和)  経済部長。



◎経済部長(大井清教) 大畠観光開発公社のほうで、退職金の積立金を持っておりまして、この金額が、昨年度末現在で555万円ございます。これを取り崩して、従業員の退職手当に充当する予定でございます。以上です。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第43号、平成20年度柳井市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。市民福祉部長。



◎市民福祉部長(園田隆) 議案第43号の補足説明を申し上げます。

 補正予算書141ページをお開きください。今回の補正は、歳入歳出それぞれ256万2,000円を追加するものでございます。

 まず、歳出から、ご説明を申し上げます。145ページをお開きください。後期高齢者医療広域連合納付金でございますが、平成20年度の決算見込みにより、事務費等負担金を減額、保険基盤安定負担金を増額いたすものでございます。

 144ページ、歳入でございますけれども、それぞれ歳出に充当するため、一般会計から繰り入れを行うものでございます。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第44号、平成20年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) それでは、議案第44号について、補足説明を申し上げます。

 146ページをお願いいたします。今回の補正は、高料金対策補助金等の確定に伴う一般会計繰入金の変更につきまして、収益的収入を1,039万2,000円増額するものでございます。

 第3条は、一般会計繰入金の変更に伴い、予算第7条に規定しています一般会計繰入金の額を増額するものでございます。以上で、補足説明を終わります。よろしくお願いします。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、承認第1号、専決処分の承認を求めることについて、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 2月20日に告示され、3月1日に選挙された山口県議会議員補欠選挙を執行するため、平成20年度一般会計補正予算の専決を行ったもので、地方自治法第179条第3項の規定により、議会の承認を求めるものであります。以上でございます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、本案について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 これより、本案を採決いたします。本案を、原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、承認第1号は、原案のとおり承認されました。

 次は、同意第1号、監査委員の選任について、補足説明があれば、これを求めます。

〔「ございません」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、同意第1号は、原案のとおり同意することに決しました。

 協議会といたします。

午後2時33分協議会

                              

午後2時37分再開



○議長(賀原基和)  本会といたします。

 次は、報告第1号、専決処分の報告について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) 補足説明を申し上げます。

 本件は、平成20年6月29日に発生いたしました、市道南町11号線における事故に係るものでございます。飲食店の店舗裏駐車場に車を止め、入り口側へ徒歩で移動する際、道路側溝の穴に杖が挟まり、転倒し、右大腿骨骨折により、約4週間の入院を伴うけがをされたものでございます。

 なお、損害賠償金は、社団法人・全国市有物件災害共済会道路賠償責任保険から補填されております。事故の原因となりました穴につきましては、目皿を設置することにより、対処済みであります。また、今後、事故が発生しないよう、道路の点検等、維持管理に万全を期してまいりたいと思っております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。以上で、報告第1号の報告を終わります。

 次は、報告第2号、柳井市土地開発公社の経営状況について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(重本昭平) それでは、別冊となっております報告第2号、柳井市土地開発公社の経営状況について、補足説明を申し上げます。

 まず、予算書の1ページをお開き願いたいと思います。平成21年度の事業計画を掲げておるところでございます。公有地の都市計画道路古開作線の処分及び土地造成事業用地の処分が、主たる事業でございます。

 次に、2ページの予算でございますが、収益的収入では、第1款・事業収益と第2款・事業外収益を合わせまして、1億2,524万3,000円を計上いたしました。また、収益的支出におきましては、第1款・事業原価と第2款・販売費及び一般管理費並びに第3款・事業外費用を合わせまして、1億3,343万円を計上いたしました。

 次に、3ページをお願いいたします。資本的収入につきましては、借入金5億3,568万円を、資本的支出につきましては、借入金償還金6億5,250万8,000円を計上いたしました。第4条では、短期借入金の限度額を定めております。

 それでは、次に、4ページをお願いいたします。実施計画について、ご説明を申し上げます。

 第1項・公有地取得事業収益2,957万3,000円は、都市計画道路古開作線、第2項・土地造成事業収益は、八幡住宅団地等の売却収益を計上しております。なお、国道188号バイパス用地につきましては、平成20年度で国の買い戻しが完了する予定となっております。

 次に、5ページをお願いいたします。第1款の事業原価は、事業収益に対する年度末の原価を計上しております。第2款の販売費及び一般管理費477万1,000円は、支出項目の変更に伴うものが主たるものでございますが、最少の必要経費を計上いたしました。

 また、6ページの第3款の事業外費用、1目・支払利息につきましては、683万円を計上いたしておりますが、借入利率の低減に努めてまいりたいと考えております。

 次に、7ページをお願いいたします。資本的収入の借入金は短期借入金、資本的支出の借入金償還金につきましては、短期借入金の償還金でございます。

 8ページでございますが、資金の資金計画といたしまして、収益的収入、支出と資本的収入、支出を、それぞれ項ごとに、受入、支払資金として列記いたしまして、さらに、前年度繰越現金見込み額を加算いたしまして、差し引き465万7,000円を翌年度繰越現金残として見込みました。

 以上でございますが、本報告につきましては、平成21年2月4日開催の公社理事会におきまして、議決されましたことを申し上げまして、補足説明とさせていただきます。



○議長(賀原基和)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。石丸議員。



◆議員(石丸東海) 2ページなのですけど、土地造成事業収益を9,500万円上げておられますが、これは、先ほど、建設部長から説明がありました八幡団地と琴の里ですか、この公社による造成、宅地分譲用地と思うのですが、この売れ行きが芳しくない。努力はされておると思うのですが、やはり、現在、これだけ景気が悪く、土地の評価も下がっております。

 そうした状況において、これを単価もいらわないで、そのままにしておいて、買い手がつくかと言えば、なかなか難しい。いかにして売るか、いろいろ研究されておると思うのですが、やはり、借入金でやっている関係上、利息も、毎年かなりの利息を払うという状況でございますので、何らかの手だてを検討して、やっていただきたい。そのように思うのですが、理事長さん、いかがですか。



○議長(賀原基和)  副市長。



◎副市長(上田順二) ご答弁申し上げます。

 琴の里も八幡も、昨今、購入希望はあるものの、全体の区画からすれば、極めて少数という実態にあります。そして、公社の理事会におきましても、地価の下落、民間の経済の冷え込み等々の中から、原価をそのままにした状態で、民間の開発に伍して勝負をするには、極めて厳しい状況ということは、公社理事会でも認識しておるところでございます。

 また、民間の宅建業者さんとの協議等も踏まえて、原価そのものについて、いわゆる売却の努力をする必要もあるという、客観的な、あるいは実態に伴う指導といいますか、そういう情報等もいただいておるところでありまして、今後は、まずは第1に、販売促進、ネット等の情報の充実も含めて、販売促進に努め、そして、他市の事例等も参考にしながら、原価そのものに、いわゆる評価損あるいは売却損等々で対応できるか、どこまで踏み込むことができるかということで、両面立てで打開策を図っていくことだというふうに存じております。以上でございます。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 理事長に、これは要望したいと思います。いつも、これは報告で、我々は聞くわけなのです。これは、八幡住宅団地を造成する時も、議会のほうで「果たして大丈夫なのか」という疑問の声も、大分、ありました。見切り発車──私は、そういうふうに感じているのですが、県が絡んでいるからということで、半分は見切り発車のようなところがあったのも事実だと思います。

 その後、とにかく報告のみで、我々議会のほうは、受けてきたばかりです。それで、でき得るならば、この琴の里の団地、それから八幡住宅の団地、この両者の建設当時からの資金、導入金額及び戸数、売却数、残数、それから、現在に及ぶ借入金の残、それから、それに対する利息、それから、今後、その残った戸数に対する売却の目標年度、そういうものを提示していただきたい。できますか。



○議長(賀原基和)  これは、要望ではなかったですか。



◆議員(杉村英子) 答えを聞かせてください。



○議長(賀原基和)  副市長。



◎副市長(上田順二) 書式からすれば、企業会計で損益計算書、貸借対照表をもって継続してきておりまして、こういった経理の実態は、あからさまにしておりますので、経過も含めて、資料として、公表は可能です。



○議長(賀原基和)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 年度、年度の単発式では、やはり、流れというものがよく見えないのです。ですから、前の段階から、現在に至って、現在から未来に至ってという、1つの流れのものを出していただかないと、我々も判断のしようがないので  。1年ごとに、これを出して、予算を出して、決算を出して、そのたびに、1年ごとのことしかわかりませんから、せめて、前5年、後ろ5年というようなものを出してきていただきたいと思います。できれば、よろしく。全協でも構いませんので、出してください。お願いいたします。



○議長(賀原基和)  ほかに、ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。以上で、報告第2号の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第5.議案上程審議



○議長(賀原基和)  次は、日程第5、議員提出議案第1号、山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望決議の提出についてを上程し、直ちに議題といたします。

 ただいま議題となりました議案について、事務局長より、朗読いたします。

〔事務局長朗読〕

                              

 議員提出議案第1号

山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望決議の提出について

 上記の議案を別紙のとおり、柳井市議会会議規則(平成17年柳井市議会規則第1号)第13条第1項の規定により提出いたします。

   平成21年3月9日 提出

提出者 柳井市議会議員 鬼武 利之

賛成者 柳井市議会議員 東  泰雄

 柳井市議会議長 賀 原 基 和 様

                              

山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望決議(案)

 「山口県福祉医療費助成制度」は、患者の一部負担部分を山口県と各市町が折半して助成することにより、医療機関等の窓口での本人負担がなく、また、医療費の償還払いがなく、全国的にも大変優れた制度として定着している。

 現在、我が国の経済が急速に減速する中で、地方財政は深刻な財源不足が見込まれる厳しい状況の下で、山口県においては、福祉医療費助成制度を安定的・持続的に維持していくためとして、制度見直しを盛り込んだ平成21年度予算案を提案され、現在、山口県議会において審議がなされているところである。

 この制度見直しは、低所得の利用者にとって経済的に大きな負担となり、経済情勢の悪化が叫ばれる今日、受診抑制につながることも予想され、多くの団体から存続を求める声が上がっていると同時に、対応によっては、自治体間格差も生じる可能性が指摘されている。

 よって、「住み良さ日本一」の県づくりを目指す山口県においては、現下の誠に厳しい経済状況の下、また、各自治体の厳しい財政状況の中にあっても、引き続いて、県政の重要課題である県民の健康と福祉の増進を図るため、制度を堅持されるよう強く要望する。

 以上、決議する。

 平成21年3月9日

山口県柳井市議会

 山口県知事 二 井 関 成 様

                              



◎事務局長(中原純一郎) なお、裏面にありますとおり、山口県議会議長あてにも、ほぼ同一趣旨の要望決議文を提出するものであります。以上でございます。



○議長(賀原基和)  提出者の説明を求めます。鬼武議員。

〔鬼武利之登壇〕



◆議員(鬼武利之) 議員提出議案第1号の「山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望決議」の提出について、提案理由のご説明を申し上げます。

 本日の議会の冒頭、議長の諸般の報告の中でも触れられておりますが、各議員の皆様方のご賛同をいただき、山口県福祉医療費助成制度の存続を求める要望書を、去る2月16日に、山口県知事あてに提出したところであります。

 その後に発表されました県の平成21年度予算案では、幾分かの改善点は見られたものの、制度の安定的・持続的維持のためとして、見直しを盛り込んだ内容が提案され、現在の制度の存続までには至っておらないのが現状であります。

 こうした中で、要望決議文の中にも記載されておりますように、制度見直しは、社会的弱者にとっては、経済的負担や受診抑制につながることが予想され、また、いまだに数多くの団体から、制度の存続を求める声が上がっていると同時に、対応によっては、自治体間格差が生じる可能性も指摘されているところであります。

 このような状況を鑑み、「住み良さ日本一」の県づくりを目指す山口県において、全国に誇れる福祉医療費助成制度の存続は、県政の重要課題であります県民の健康と福祉を増進することに直結するという観点からも、ぜひとも堅持していただきたいということで、このたび、山口県知事あてに、そして、現在、予算案を審議中であります山口県議会議長あてに、柳井市議会の総意として、要望決議を提出しようとするもので、本日、皆様方にお諮りをするものでございます。

 なお、本件につきましては、過日の議会運営委員会でも話題となり、様々な観点から検討の結果、初日の本会議に上程しようということで、大方の意見の一致を見たところでございます。

 議員各位におかれましては、これまでの経緯並びに本決議の趣旨を十分にご理解、ご賢察の上、全会一致で、要望決議の提出につきまして、議決を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(賀原基和)  以上で、提出者の説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  質疑を終結いたします。

〔鬼武利之降壇〕



○議長(賀原基和)  次に、本案について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  討論を終結いたします。

 お諮りいたします。本案を、原案のとおり可決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(賀原基和)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号は、原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第6.陳情上程審議



○議長(賀原基和)  次は、日程第6、陳情第1号、要望書・商工業の振興についてを上程し、直ちに議題といたします。

 事務局長より、表題、提出者の住所、氏名等を朗読いたします。

〔事務局長朗読〕

                              

 陳情第1号

   平成21年1月8日 提出

要望書 商工業の振興について

提出者 柳井市中央2丁目15番1号

柳井商工会議所 会頭 藤麻  功

 柳井市議会議長 賀 原 基 和 様

                              



○議長(賀原基和)  本陳情書は、会議規則により、配付いたします。

────────────・────・────────────



○議長(賀原基和)  以上をもちまして、本日の会議を終了し、明日は、午前10時から会議を開きますので、定刻までに、ご参集をお願いいたします。

 本日は、これをもって、散会いたします。

午後2時58分散会

──────────────────────────────





      会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




         平成21年 3月 9日


                     議  長 賀原 基和


                     署名議員 藤沢 宏司


                     署名議員 鬼武 利之