議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 柳井市

平成 19年 第1回定例会(3月) 03月23日−05号




平成 19年 第1回定例会(3月) − 03月23日−05号









平成 19年 第1回定例会(3月)


─────────────────────────────────────────────
平成19年 第 1 回 柳 井 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第5日)
                                  平成19年3月23日(金曜日)
─────────────────────────────────────────────
議事日程
                              平成19年3月23日 午前10時00分開議
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 委員長報告・討論採決
    日程第3 議案上程審議
    日程第4 議案上程審議
    日程第5 議員派遣について
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 委員長報告・討論採決
      厚生水道常任委員会委員長
      (1)議案第11号 柳井市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について
      (2)議案第12号 柳井市特別児童福祉手当条例の廃止について
      (3)議案第13号 柳井市交通災害共済条例の廃止について
      (4)議案第15号 周東環境衛生組合規約の変更について
      (5)議案第20号 (分割付託)平成19年度柳井市一般会計予算
      (6)議案第21号 平成19年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算
      (7)議案第22号 平成19年度柳井市平郡診療所事業特別会計予算
      (8)議案第25号 平成19年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算
      (9)議案第28号 平成19年度柳井市簡易水道事業特別会計予算
      (10)議案第29号 平成19年度柳井市老人保健事業特別会計予算
      (11)議案第32号 平成19年度柳井市介護保険事業特別会計予算
      (12)議案第34号 平成19年度柳井市水道事業会計予算
      (13)議案第35号 (分割付託)平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)
      (14)議案第38号 平成18年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
      (15)議案第39号 平成18年度柳井市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)
      (16)議案第42号 平成18年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
      (17)議案第44号 平成18年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)
      (18)平成18年請願第1号 上関原子力発電所の建設促進を求める請願書
      (19)平成18年請願第2号 上関原発建設反対を求める請願書
      (20)閉会中の付託調査報告について
      建設経済常任委員会委員長
      (1)議案第8号 柳井市道路占用料徴収条例の一部改正について
      (2)議案第9号 柳井市法定外公共物管理条例の一部改正について
      (3)議案第20号 (分割付託)平成19年度柳井市一般会計予算
      (4)議案第23号 平成19年度柳井市港湾整備事業特別会計予算
      (5)議案第24号 平成19年度柳井市市有林野区事業特別会計予算
      (6)議案第26号 平成19年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算
      (7)議案第30号 平成19年度柳井市公共下水道事業特別会計予算
      (8)議案第31号 平成19年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算
      (9)議案第33号 平成19年度柳井市国民宿舎事業特別会計予算
      (10)議案第35号 (分割付託)平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)
      (11)議案第36号 平成18年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第2号)
      (12)議案第40号 平成18年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
      (13)議案第41号 平成18年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
      (14)議案第43号 平成18年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)
      (15)閉会中の付託調査報告について
      総務文教常任委員会委員長
      (1)議案第1号 柳井市副市長の定数を定める条例の制定について
      (2)議案第2号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
      (3)議案第3号 柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について
      (4)議案第4号 柳井市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について
      (5)議案第5号 柳井市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部改正について
      (6)議案第6号 柳井市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について
      (7)議案第7号 柳井市手数料条例の一部改正について
      (8)議案第10号 柳井市町並み資料館条例の一部改正について
      (9)議案第14号 柳井地区広域事務組合規約の変更について
      (10)議案第16号 柳井地区広域消防組合規約の変更について
      (11)議案第18号 柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定について
      (12)議案第19号 辺地に係る総合整備計画の策定について
      (13)議案第20号 (分割付託)平成19年度柳井市一般会計予算
      (14)議案第27号 平成19年度柳井市土地開発事業特別会計予算
      (15)議案第35号 (分割付託)平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)
      (16)議案第37号 平成18年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)
      (17)閉会中の付託調査報告について
      議会運営委員会委員長
      (1)閉会中の付託調査報告について
    日程第3 議案上程審議
      (1)議員提出議案第1号 柳井市議会委員会条例の一部改正について
    日程第4 議案上程審議
      (1)同意第1号 教育委員会委員の任命について
    日程第5 議員派遣について
──────────────────────────────
出席議員(23名)
1番 中次 俊郎          2番 三島 好雄
3番 松野 利夫          4番 上田代根子
5番 光野恵美子          6番 東  泰雄
7番 山本 達也          8番 坂ノ井 徳
9番 川? 孝昭          10番 田中 晴美
11番 藤里 克享          12番 藤坂 元啓
13番 藤沢 宏司          14番 賀原 基和
15番 河村 真弓          16番 河北 洋子
17番 鬼武 利之          18番 石丸 東海
19番 松本 周一          20番 松本 哲男
21番 荒川 貴志          22番 君国 泰照
23番 杉村 英子                  
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 中原純一郎          次長 稲田 富生
書記 米川 辰夫                  
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長            河内山哲朗      助役            上田 順二
教育長           梅本 節治      出納局長          藤井  実
企画部長          林  幹男      総務部長          吉山 健一
建設部長          海田  肇      経済部長          牧野 義寿
市民部長          園田  隆      健康福祉部長        中村 栄司
大畠総合支所長       弘重 邦雄      水道部長          川田 邦生
教育次長          中村 正明      総務課長          大井 清教
財政課長          山中 孝之                         
──────────────────────────────


午前10時00分開議



◎事務局長(中原純一郎) ご起立願います。ご礼。ご着席願います。



○議長(松本哲男)  これより、本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(松本哲男)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第74条の規定により、議長において、山本議員、坂ノ井議員の両名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.委員長報告・討論採決



○議長(松本哲男)  日程第2、これより、各委員会に付託いたしました案件を一括議題といたします。

 まず、厚生水道常任委員会に付託いたしました議案17件、請願2件、並びに、閉会中の付託調査について、委員長の報告を求めます。委員長、鬼武議員。

〔厚生水道常任委員長 鬼武利之登壇〕



◎厚生水道常任委員長(鬼武利之) 皆さん、おはようございます。委員長報告のトップを切りまして、ご報告をいたします。

 去る3月14日、厚生水道常任委員会を開催いたしました。出席者は委員全員、そして、執行部には、それぞれ所管部署の関係者の出席を要請したところでございます。なお、委員外議員として、合計5名の議員さんが出席されたことも、つけ加えておきます。

 それでは、本委員会に付託されました議案15件、分割付託議案2件及び継続審査となっている請願2件並びに閉会中の付託調査事項について、本委員会における審査の経緯と結果について、各委員さんからの質疑を中心に、議案の順を追って、ご報告を申し上げます。

 まず初めに、議案第11号、柳井市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてであります、これは、水道事業の給水区域に上馬皿地区を追加するもので、執行部から特に補足説明も、また、委員からの質疑もなく、議案第11号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第12号、柳井市特別児童福祉手当条例の廃止についてであります。これは、制度の重複及び事業の見直しに伴い、特別児童福祉手当を廃止するものでありますが、執行部からの補足説明の後、委員から、県内他市の同様な制度の状況についての質疑があり、現在は、かなりの市で制度があるが、いずれは見直しの方向にあるとのこと。また、近隣の田布施、平生については、制度自体がないという状況にあるということ。また、国の特別児童扶養手当との関わりについても質疑があり、国の制度による手当の額が少ないものを補完すべきだということで、昭和47年に旧柳井市で事業が始まったものでありますが、障害者自立支援法により制度が整ってきたことなどから、市単独の手当を廃止するものであります。

 また、この当該者は38名で、うち34名が国の特別児童扶養手当の支給を受けており、残る4名は、状態が回復、改善された事例による国の特別児童扶養手当の受給がなくなったものということであります。

 以上、慎重審査の結果、議案第12号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第13号、柳井市交通災害共済条例の廃止についてであります。これは、交通災害共済事業の事業主体が山口県市町総合事務組合に移行したことに伴い条例を廃止するもので、執行部から特に補足説明も、また、委員からの質疑もなく、議案第13号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第15号、周東環境衛生組合規約の変更についてでありますが、これは、地方自治法の一部改正に伴うもので、執行部から特に補足説明も、また、委員からの質疑もなく、議案第14号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、分割付託議案であります議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算についてであります。平成19年度の予算説明書をご参照いただきたいと思います。本委員会の所管に属する主な箇所といたしましては、款2・総務費の中での交通安全推進費、戸籍住民基本台帳費、そして、款3・民生費、款4・衛生費に関する部分などであります。

 まず初めに、歳出の関係でありますが、68ページをお願いします。68ページの8目・交通安全推進費では、市独自の取り組みとしての交通安全フェスティバルに要する経費や、乳児を持つ世帯を対象に、購入金額の2分の1以内、上限3,000円としたチャイルドシート購入助成金が計上されております。

 次に、86ページ、4目・精神障害者福祉費の8節のホームヘルパー研修講師報償費や、87ページの5目・障害福祉費、13節・委託料の相談支援事業委託料の内容説明を求める質問がありました。

 また、87ページの5目・障害福祉費、13節・委託料の法改正に伴うプログラム修正委託料、また、90ページの8目・老人福祉費で、同じく13節・委託料の後期高齢者医療制度システム開発委託料の財源内容などに関して、要は、後期高齢者医療制度に伴う法並びに制度改正に伴う委託料として、ほとんど一般財源で大きな金額が計上されている。財政健全化によって、市民が疲弊しては意味をなさないということからすると、医療制度改革は全国的なものではあるけれども、事務事業の見直しによる市民への影響を考えると、多額の委託料については、削減に向けての努力をすべきではないかとの発言もありました。

 このことについては、後期高齢者医療制度の導入に伴っては、各窓口で、住基、課税・収納、国保、介護など、様々な影響、関連があり、それぞれプログラムを変更する必要があるが、国による財源補填は、本当にわずかなもので、ほとんどが市町村の持ち出しになっており、どこの自治体でも、大体、同程度の計上がなされているということであります。

 同じく89ページ、老人福祉費の8節・報償費で、80歳の敬老祝い金については、日本人の平均寿命や周辺市の状況を踏まえて対象外とし、前年度対比411万円の減額、また、寝たきり老人等介護見舞金についても、現金給付は目的どおりの活用がなされているのか検証が困難であることから、いずれも見直しにより、新年度からは廃止されるということであります。

 90ページの13節・委託料の寝具乾燥事業委託に関しては、訪問サービスについて、より利用しやすいように対象者を広げられ、概ね65歳以上の高齢者及び手帳を保持されている障害者の方とされております。また、質疑の中で、福祉作業所やなぎ園への委託は、NPO法人化する10月以降も、引き続いて今の形での継続、車両は無償貸与、また、事業の対象者を拡充することなどにより、利用者も増えるのではないかとの発言もありました。関連して、その場合、初日の本会議の報告にもありましたが、交通事故による損害賠償等にも十分な配慮をとの発言もございました。

 96ページからの児童福祉費で、1目・児童福祉総務費、13節・委託料の保育料徴収事務委託料162万円は、法規制が緩和され、直接、各保育所でも徴収ができるようにするということで、300円の450人分が計上され、このことは対象者が支払いやすい形にもなり、滞納も少なくなることが想定されるなど、複数の委員からの発言がありました。

 また、昨年まで計上してありました乳児保育委託料については、現在は保育の事業分野が広がり、様々な制度が存在することから、新年度からの予算計上は見送られているということであります。なお、保育料に関連して、子育て世代は出費も多く、できるだけ少子化を防ぐためにも、子育てに係る利用者の費用は下げるべきだとの発言もありました。

 98ページ、3目・母子福祉費の19節・負担金補助及び交付金の母子家庭自立支援給付金では、高等技能取得訓練が昨年までの制度が利用しにくい状況で、対象者を減じたことと、パートを正規雇用とした場合の転換奨励金が盛り込まれておりますが、これは事業者を対象として、常用雇用の促進も期待できる取り組みということで、しっかりとPRをしていきたいということであります。

 99ページの4目・家庭児童相談室費では、児童虐待防止ネットワーク連絡会議報償費が計上されておりませんが、これは年1回の儀礼的な会議ではなく、必要な時に会議を開くことで、会議費用は負担せずに、内容を充実させていくという前進的な取り組みにしていくものであります。また、委嘱についても、今までは個人であったものを、今後は各関係機関とするなど、虐待が年々多くなっている中で、積極的な対応をお願いしたいということもありました。

 103ページからの生活保護費に関しては、最近、窓口で申請書を渡さないなどのマスコミ報道等もあるが、柳井市の状況は如何かという質疑に対し、相談に来られた方については、制度の説明をした上で、申請が必要なら書類を書いてもらっており、対象者は1月末現在で約200世帯、250人前後ということであります。また、就労可能な方に対しては、指導等を積極的に行っているということであります。また、この件については、引き続いて適切な指導をお願いすると同時に、生きるための最後の手段でもあり、相談者に対する親切な対応をお願いしたい旨の発言もありました。

 107ページの4款・衛生費になりますが、1目・保健衛生総務費の13節・委託料で、在宅当番医制事業委託料2,032万9,000円については、周東総合病院への小児科派遣問題等とも密接に関連するわけでありますが、休日昼間に加え、上関、田布施、平生の周辺3町と協力して、平日夜間の在宅当番制度を柳井医師会及び柳井薬剤師会のご協力を得て実施する運びに向けて、細部にわたって交渉中とのことで、前年度対比で907万8,000円の増額計上となっているものであります。また、このことに関連しては、柳井医療圏での1次救急、2次救急について、いろいろと質疑があったところであります。

 109ページの2目・保健対策費、13節・委託料の個別予防接種委託料の中で、日本脳炎について接種勧奨の差し控えが継続され、新ワクチン完成までにしばらく時間を要することから、前年度対比では大幅な減額予算計上となっているところであります。

 111ページをお願いします。3目・母子保健費で、20節・扶助費の不妊治療扶助でありますが、これは保険適用後の自己負担分について助成を行うもので、年間3万円を限度とし、9組分を予算計上したものであります。また、112ページの4目・公害対策費では、質疑の中で、13節・委託料の大気測定局維持管理委託料に関して、この設置場所は新庄出張所で、県が市役所に設置しているものと同様に、二酸化硫黄など、6項目の測定が行われているということであります。

 2項・清掃費の2目・塵芥処理費では、118ページからの13節・委託料の中で、ごみ袋製作及び配送業務委託料939万8,000円については、ごみ袋の統一により、店での販売方式を取り入れたことにより、ごみ袋の製作、管理、配送を委託するものであります。ごみ袋の取り扱いに関連する質疑の中で、ごみ袋の取扱手数料8%、また、このごみ袋が高いか安いか、1枚当たりの原価と販売価格、1リットル当たりのごみの処理経費と市民負担など、様々な角度から多岐にわたる議論がなされたことも報告しておきます。そして、同じく委託料の中で、ペットボトル・古紙など収集業務委託料に関する質疑に、それぞれ市内業者5社による入札とのこと。また、同じ目の19節中の資源ごみ回収奨励金については、今後とも継続していくということであります。

 なお、歳入については、各事業ごとに国、県の補助率など、一目でわかるような一覧があれば、非常にありがたいという発言があり、これについては、確かに補助率や交付税算入等で複雑化しており、いろいろと難しい状況にあるので、検討はしているということでありました。

 また、委員外議員から、市社協の職員数、地域福祉計画の策定と今後の有効活用、平郡地区のデイサービス運営や塵芥処理に係る分別収集推進活動委託料、そして、新年度からのごみ収集システムに関する市民への周知、情報提供などについての発言があったことを報告しておきます。

 以上、議案第20号中の厚生水道常任委員会所管部分については、慎重審査の結果、挙手による採決により、賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第21号、平成19年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算であります。221ページからになりますが、歳入歳出の予算総額は、前年度比較4億6,332万4,000円増の44億4,123万2,000円で、主なものは、歳出では保険給付費の一般被保険者並びに退職被保険者等療養給付費、老人保健拠出金、介護保険第2号被保険者に係る介護納付金、保険財政共同安定化事業拠出金など、歳入では、国民健康保険税、その事業に係る国・県が負担すべき国県支出金、社会保険診療報酬支払基金から交付される療養給付費等交付金、共同事業交付金、そして、一般会計並びに国民健康保険基金からの繰入金などとなっております。

 執行部からの補足説明の後、委員からの質疑は、先ほどの一般会計の中でも触れましたが、後期高齢者医療制度創設という法改正、制度改正に伴う電算システム改修に要する経費について、そして、国保税の滞納に係る短期被保険者証、資格証明書の発行とその取り扱い、考え方等について、いろいろと質疑応答がなされたところであります。

 以上、議案第21号については、慎重審査の結果、挙手による採決により、賛成多数で原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第22号、平成19年度柳井市平郡診療所事業特別会計予算であります。253ページからとなります。

 歳入歳出の予算総額は、前年度比較79万4,000円増額の7,777万円で、主なものは、歳出では、一般管理費の職員人件費、そして医業費の医薬材料費など、歳入では、外来収入、へき地診療所運営の県費補助金、一般会計繰入金などとなっております。

 執行部からの補足説明では、現在の医師が今年4月で任期となりますが、県内での医師不足という厳しい状況の中で、県より5月以降の後任医師派遣について内定をいただいたとの報告がございまして、新たな診療所医師を迎えるための予算計上もなされております。委員外議員からは、医薬材料費や医薬機器点検業務委託料等についての若干の発言はありましたが、委員からは特に質疑もなく、議案第22号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第25号、平成19年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算であります。

 287ページからになりますが、歳入歳出の予算総額は、前年度比較358万4,000円減額の271万6,000円で、これは国の制度による同和地区住宅新築資金等貸付事業並びに、県制度による同和福祉援護資金貸付事業の、いずれも平成19年度の償還業務等に関する経費が計上してあるものであります。

 執行部からの補足説明の後、委員からは、事務費や財源内容について若干の質疑があり、慎重審査の結果、議案第25号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第28号、平成19年度柳井市簡易水道事業特別会計予算であります。307ページからになります。

 歳入歳出の予算総額は、前年度比較2億3,334万5,000円減額の2億3,423万4,000円で、伊保庄、阿月、平郡東西及び大畠の5つの簡水の維持管理経費と、大畠簡水における県営農村振興総合整備事業に伴う水道管移設工事費などが計上され、予算減額の主な要因は、前年には阿月宇積地区の配水管新設工事、平郡東簡水の水質改善対策事業として膜処理施設設置工事が計上されていたことによるものであります。また、歳入では、大畠簡水の料金改定に伴い、約700万円の使用料増収が見込まれております。

 執行部から補足説明の後、委員から、平郡東簡水の膜処理に関しての質疑があり、317ページの11節でありますが、需用費の中に、新たに膜処理施設維持管理費として、電気料、膜交換費、膜洗浄費や機器補修費など、あわせて276万4,000円が計上されているということでありました。また、膜処理施設設置工事は繰越明許で、19年7月末に完成、8月から実際に使用されるとの説明を受けたほか、伊保庄簡水の県道柳井・上関線の仮称土穂石川橋への添架による県事業負担金についても、質疑がございました。

 なお、委員外議員からは、各簡水の維持管理経費と使用料という収入と収支の関係についての発言がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第28号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第29号、平成19年度柳井市老人保健事業特別会計予算であります。323ページからになります。

 歳入歳出の予算総額は、前年度比較3,690万9,000円減額の50億9,223万5,000円で、歳出は、老人医療の現物及び現金給付並びに審査支払手数料、歳入は、その医療費について、支払基金、国、県、市がそれぞれの割合で負担する額が計上してあります。

 執行部から補足説明の後、委員から、平成20年4月に始まる後期高齢者医療制度と予算との関係についての質疑があり、新たな制度創設により、75歳以上の被扶養者の方にも保険料を支払っていただくようになることと、山口県全体が広域連合での対応で、後期高齢者に移行するけれども、医療費自体は1人当たり年間70万円から80万円かかるということについては、変動はないということであります。また、平成20年度予算は、老人保健特別会計は3月の1箇月分のみで、現金給付の関係などがあることから、向こう3年間はこの特別会計は残るという説明を受けたところであります。

 以上、慎重審査の結果、議案第29号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第32号、平成19年度柳井市介護保険事業特別会計予算であります。367ページからになります。

 この特別会計は、前年度からの制度改正等に伴い、保険事業勘定、介護サービス事業勘定の2本立ての予算計上となっております。保険事業勘定は、前年度比較1,885万7,000円の減額の28億6,206万3,000円で、主には、保険給付費の在宅介護サービス等の給付費や介護予防事業費等が計上されており、介護サービス事業勘定は、介護予防サービス計画作成に要する経費などで、前年度比較1,516万6,000円減額の2,481万円が計上されております。

 379ページの1目・介護認定審査会費、1節・報酬でございますが、これは、審査会委員に25人を委嘱し、1合議体5人の5合議体で、原則週2回、年間95回が予定されているもの。また、2目の認定調査等費では、役務費のかかりつけ医意見書文書料、そして、委託料では、介護認定調査委託料が予定されております。

 この特別会計の主たるものは、2款・保険給付費で、要介護1から要介護5の方に対する介護サービス等諸費が1項で10目にわたって、また、要支援1及び2の方に対する介護予防サービス等諸費が2項で8目にわたって、そして、4項では、利用者負担が上限を超えた時の高額介護サービス等諸費、5項では、一昨年の制度見直しにより、所得が一定以下の方に対する負担限度額を超えた部分についての支出をする特定入所者介護サービス等諸費が、それぞれ予算計上されているものであります。

 また、4款・1項・1目の介護予防特定高齢者施策事業費では、生活能力が低下し、介護が必要となる恐れのある方、基本健診などから選んだ要支援・要介護状態に陥る可能性の高い方に対する事業が計上されているもので、18年度は対象者が見込みほどありませんが、今後、国の特定高齢者基準見直しも想定されることから、対象者の増加も見込まれるという説明を受けております。

 各委員からの質疑では、制度改正を受けて、全体的に介護予防の予算が減額となっている。また、予算の多少は別として、実際に介護予防に反映されていないのではないか。制度改正により、利用者も事業者も苦戦しており、その辺での制度に対する不安はどうかということに対して、過剰サービスはよろしくないが、官から民へ移行した部分が元に戻ったところもあるが、現状をサービスの低下と捉えるか、本来のサービスと捉えるかは別として、大事なことは、本当に困った人がはじき出されることがないようにしなければならないということであります。

 また、質疑の中で、391ページの4款・2項・2目の包括的支援事業費については、13節・委託料の地域包括支援センターのシステム構築並びに支所運営委託料は、制度改正に伴って、中核となる地域包括支援センターが創設されましたが、要支援1及び2の保険利用料が3月末には500人を超える見込みであり、今後も介護予防事業、地域支援事業の取り組みが本格化していくことから、新たな体制づくりに必要な経費の計上がなされているということであります。その他、いきいきサロン事業、介護予防拠点支援事業の各補助金についても、質疑がございました。

 以上、慎重審査の結果、議案第32号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第34号、平成19年度柳井市水道事業会計予算であります。

 別冊の予算書41ページからですが、水道事業会計は、収益的収入額8億2,836万1,000円、収益的支出額8億8,255万8,000円が予定され、そして、資本的収入額1億2,555万5,000円、資本的支出額では、前年度に引き続いて、第3期拡張事業、配水管整備事業及び消火栓設置工事が実施されるなど、あわせて2億2,722万5,000円が予定されているところであります。

 執行部から補足説明の後、委員外議員から、石井ダム維持管理負担金について若干の発言がありましたが、委員からは特に質疑もなく、議案第34号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、分割付託議案であります議案第35号、平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)についてであります。3月補正予算書をご参照いただきたいと思います。

 本委員会の所管に属する主なものといたしましては、民生費、老人福祉費の介護保険事業及び老人保健事業の各特別会計繰出金の減額、衛生費、保健対策費の予防接種事業等の減額など、いずれも年度末を控えての各事業の決算見込み等によるものであります。

 執行部の詳しい補足説明もありまして、各委員、委員外議員さんからは、高齢者福祉タクシー利用助成の実績や、塵芥処理費の車両購入費落札減などについての発言があったことを報告しておきます。

 以上、議案第35号中の厚生水道常任委員会所管部分については、慎重審査の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第38号、平成18年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)であります。

 歳入歳出予算を、それぞれ7,459万3,000円減額するもので、これは伊保庄簡水での県工事の遅れによる県事業負担金の減額並びに、阿月簡水の配水管新設工事と平郡東簡水の膜処理施設設置工事の、いずれも落札減等々によるものであります。

 執行部から補足説明の後、委員からは、大きな落札減となった平郡東簡水の膜処理施設設置工事についての質疑があり、膜処理施設の専門業者がそれぞれ一般競争入札で競い合って、このような結果になったもので、金額については工事監理室でも審査がなされ、妥当との決定がなされたようであります。なお、この工事は土木工事など3つに分離発注され、地元業者でできるものについては、地元での対応ということになったとのことであります。

 以上、慎重審査の結果、議案第38号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第39号、平成18年度柳井市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)であります。

 歳入歳出予算をそれぞれ1億2,289万1,000円減額するもので、これは主に、医療給付費を実績見込みに基づいて、減額補正をするものであります。

 執行部からの補足説明の後、委員から特に質疑もなく、議案第39号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第42号、平成18年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)であります。

 補正予算書の116ページからですが、保険事業勘定の歳入歳出予算をそれぞれ7,906万4,000円減額するもので、これは主に、保険給付費の決算見込みによる減額と、それに伴い介護給付費準備基金積立金を増額するものであります。

 執行部からの補足説明で、後期高齢者医療制度の創設により、介護保険システム改善委託料を計上しているが、これは、18年度に国庫補助金の交付を受けることにより執行するもので、繰越明許により実施するとのことでありました。その後、委員から特に質疑もなく、議案第42号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第44号、平成18年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)であります。

 水道事業会計につきましては、高料金対策補助金の確定等に伴い一般会計繰入金が増額したため、収益的収入及び資本的収入の増額補正をするものであります。

 執行部からの補足説明の後、委員から特に質疑もなく、議案第44号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、平成18年請願第1号、上関原子力発電所の建設促進を求める請願書、並びに、平成18年請願第2号、上関原発建設反対を求める請願書についてであります。この請願2件につきましては、いずれも上関原子力発電所の建設に関わるもので、委員会では、一括して審査をお願いいたしました。

 この問題につきましては、委員会としては、さらなる検討・研究が必要であるとの観点で、言葉自体は非常に短い言い方ではありますが、様々なご意見があったことをつけ加えまして、いずれも全員異議なく、継続審査とすることに決しました。議長におかれましては、その旨、よろしくお取り計らいのほど、お願いいたします。

 最後に、閉会中の付託調査事項についてであります。本委員会における付託調査事項については、地域福祉計画について、水道事業に関する調査、そして、環境に関する調査の3点でございますが、閉会中の2月13日並びに、このたびの3月14日の委員会での調査内容につきまして、ごく簡単に、ご報告をいたしたいと思います。

 まず、1点目の地域福祉計画については、地域福祉計画の策定に係る地区座談会の開催日時、場所、参加者数などの資料をもとに、今後の進め方についての説明と、各委員からの質疑が行われております。ちなみに、10箇所の会場で各2回ずつ開催され、総参加人数は621人ということであります。

 次に、2点目の水道事業に関する調査では、阿月簡水宇積地区の配水管布設工事が完了し、4月から供用開始ができる状況になったこと及び、先ほどの予算の中でも報告をいたしましたが、平郡東簡水の膜処理施設設置工事の繰越明許のお願いなどについて、説明と質疑が交わされております。

 3点目の環境に関する調査では、柳井市環境基本計画の策定スケジュール及び、山口合同ガス株式会社柳井LNG加工出荷基地に関する報告、説明並びに質疑がございました。

 なお、本委員会における閉会中の付託調査事項につきましては、引き続き、地域福祉計画について、水道事業に関する調査、環境に関する調査の3点とすることに、委員会としての決定をさせていただきましたので、その旨、申し出をいたしたいと思います。この件につきましても、議長におかれましては、よろしく取り計らいのほど、お願いいたします。

 以上、厚生水道常任委員会の報告とさせていただきますが、委員会の当日は、各委員の皆様方並びに執行部の関係者の皆様方には、長時間にわたりまして、大変慎重なるご審議を賜りましたことにお礼を申し上げまして、私の委員長報告とさせていただきます。長時間のご清聴、ありがとうございました。



○議長(松本哲男)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

〔厚生水道常任委員長 鬼武利之降壇〕



○議長(松本哲男)  これより、1案ごとにお諮りいたします。

 まず、議案第11号、柳井市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第11号は、可決されました。

 次は、議案第12号、柳井市特別児童福祉手当条例の廃止について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第12号は、可決されました。

 次は、議案第13号、柳井市交通災害共済条例の廃止について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第13号は、可決されました。

 次は、議案第15号、周東環境衛生組合規約の変更について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第15号は、可決されました。

 次は、議案第21号、平成19年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」「あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論のある方がありますので、これより、討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を許します。東議員。



◆議員(東泰雄) 議案第21号、平成19年度の国民健康保険事業予算に反対でございます。例年、反対をしておりますが、今年は、特に怒りを込めて、反対をいたします。

 というのは、先ほどの委員長報告にもございましたが、後期高齢者医療制度が発足をするということで、要するに、国が制度を勝手に変えてきて、それで、そのために電算の様々なシステムを改善しなければなりません。これを、ほとんど一般会計のほうで見させる。本来なら、国が制度を変えたのだから、国がその費用は負担すべき、これが常識でありますが、全国の自治体でも、どこでもこういう状況だそうで、それでなくても国保会計は厳しいのに、さらに負担を増やすという中身になる。この点で、私は反対をするわけでございます。

 しかも、ちょっとこれは、私は本会の時──本会というか、委員会で、質問するのを忘れていたのですが、国保会計で、電算システム改善等の委託料で約6,000万円近く予算計上されていまして、その財源内訳となるものが、国のほうからは、若干250万円ぐらい入って、それは、一般会計から国保会計への繰り入れになっていますが、基金から6,000万円取り崩しておられますね。これは私は、思いつきで、ちょっと調べていないから、自信がないのですが、基金条例では、国保基金を取り崩すのは、医療費等が急に増えたりとか、療養給付費に回すべきではないかと。お金に、色がついていませんから、これはどうなのか、私も自信がありませんが  。

 ちょっと、いずれにせよ、この後期高齢者医療制度発足にあたっての、その予算の組み方、つまり、国のほうが大変けしからんということが主なのですが、その点で、大問題だと思います。

 そして、2点目ですが、委員長報告には、残念ながら報告がなかったのです。つまり、短期証とか資格証明書等で質疑があったということは、報告がありましたけれども、それについては、具体的な質疑の中身の報告がありませんでした。つまり、この間、短期保険証、あるいは、資格証明書等の発行がだんだん増えているというふうに思いますし、その中身そのものが、大変、今回の委員会でわかったのですが、ひどいものになろうとしているという気がしました。

 つまり、今まで資格証明書、つまり、1年以上国保税を払わずに、それから、市役所に来ていただいて、納付相談をしようにも、窓口にも来られない。こういう方々に対して、資格証明書を発行されるのですが、これまでは、高齢者の方には、資格証明書を発行されていなかった。さらには、母子医療とか障害者医療、いわゆる「かく福」と言われる、そのような医療を受けておられる方にも、資格証明書を発行されていなかったというふうに聞きましたが、今度は子どもさんまで  。要するに、1世帯の中に子どもがいて、国保の被扶養者として、子どもさんがいる。こういう子どもさんに対しては、今までは資格証明書を発行していなかったそうでありますが、今後は、子どもに対してまで資格証明書。つまり、病気になっても、病院に行ったら、10割医療費を払いなさいと、こういうふうに取り扱いを変えようとしている。大変けしからんと、委員会でも言いました。

 つまり、滞納は、子どもには全く責任がないわけですよ。もちろん、親にも責任があるかどうかという点では、私は疑問を持っています。つまり、資格証明書発行は、悪質な滞納者に対して発行するのだと、説明がされました。それで、市のほうの説明では、どうやったら、お払いになりますか、とにかく窓口に来て、納付相談に応じてくださいと。ところが、払う金があれば、窓口に行けるのです。払う金もなければ、窓口に行くことすらできない。そういう人が全て悪質だ。だから、資格証明書を発行する。これは、本当にけしからんと思うのです。いずれにせよ、この今回の国保会計というものは、重大な問題をはらんでいると、私は思いました。

 以上の理由から、議案第21号には、反対をいたします。



○議長(松本哲男)  次に、原案に賛成の方の発言を許します。三島議員。



◆議員(三島好雄) 東議員さんの言われることは、大変ごもっともだと思うのですけれども、私は、昨年、市民相談で、やはり、このようなケースがございました。その方については、もう、相当額の税金を払われていないので、保険証は出さないというふうな話があって、ちょっと私は、大きな声を出しかけたのですけれども、やはり、その時は、その月ごとに短期の保険証を出していただくということで、折り合いをつけました。

 そういうことで、その時の私の感想は、もう相当、3けたぐらいの滞納があったわけですので、その方に関して、短期ですが、保険証は出していただいたということは、私は、ありがたいなというふうに思っております。

 それで、国保会計の問題については、以前伺ったことがございますが、国保の未納の滞納者が、全員が全部、きちんと保険料を納めれば、厚生年金ぐらいに、随分、保険料も安くなるというふうなお話も聞いております。また、今、東議員さんがおっしゃったような、本当に窓口にも来れないという方も、確かにいらっしゃると思います。その数は、確かに増えていると思いますけれども、そういう方の場合は、また別の生活保護とか、そういう制度もございますし、また、そういう制度に、また、該当しないのであれば、どういうところが問題があるのかということは、また、しっかり、市の担当課の方にも聞いていただいて、対処をしていただきたいと思っております。

 国の予算のほうにつきましては、やはり、その全国的なことでもございますし、しっかり、いい方針を決められて、それで、できれば、できるだけ滞納、未納対策をしていただきたいと思いますので、私は、この件には賛成でございます。



○議長(松本哲男)  次に、反対の方。河北議員。



◆議員(河北洋子) 私も、議案第21号に、反対でございます。理由は、東議員がおっしゃられたことと、ほとんど同じでございますが、私なりに、述べさせていただきたいと思います。

 この国保会計の電算システムの改善については、先ほど、東議員も言われましたけれども、6,000万円の改造費がかかるけれども、国からは、ほんの250万円しか、財政措置がないということがありました。

 それと、つけ加えたいのは、今回の平成19年度の予算全体で、この後期高齢者医療システムについては、柳井市全体で1億円のシステム改造に対する負担が生じております。それに対して、国からは700万円にも満たない額の財政措置しかないということに、大変、私も怒りを持っております。大変、今、地方の自治体財政が厳しい中で、本当に予算編成については、苦しい中をやっている、その中に、また追い打ちをかけて、こういったシステム改修に対しての財政負担が生じているということは、大変、本当に、これは国の責任は重大であると、私は思います。

 もう1点の理由は、資格証明書のことです。先ほど、東議員も言われましたけれども、私は、資格証明書を発行すること自体に対して、全てを否定するものではございませんけれども、やはり、子どもさんには、そういった資格証明書を発行するということは、やはり、適当ではないのではないかと思います。子どもさんの心を傷つける、そういったことがあってはならないと思いますので、この件についても改善を、是非、要望したいと思います。

 この2点の理由で、この議案第21号について、反対をいたします。



○議長(松本哲男)  次に、賛成の方。松野議員。



◆議員(松野利夫) 私は、本議案、本予算に、賛成をするものであります。

 まず、皆さんご承知のとおり、この国民健康保険は、高齢者あるいは水産業従事者等々の、柳井市民にとって最も密接な保険制度であるということであります。したがいまして、本予算が適切に執行されることが、多くの柳井市民のためになるという観点から、賛成をいたします。

 あわせて、申し上げますが、保険税収納等については、担当課の方は、大変なご努力をなさっておられます。なおかつ、この柳井市の保険税は、山口県他市に比べて、最も軽易にある保険料でございます。そういった意味では、市民に大変優しい設定になっているというふうに、私は思っております。

 あわせて、この本予算につきましては、お医者さん、そして被保険者、公益代表の方で構成する国保運営協議会におきましても協議をされ、適切であるという答申もいただいております。

 このような点から、本議案に、私は賛成をいたします。以上です。



○議長(松本哲男)  もう、お1方、おられたようですけれども、これで  、この件は、以上で討論を終結いたしたいと思いますが  。中次議員。



◆議員(中次俊郎) 反対、賛成の討論の場合、もう1度、反対の方を指名されて、なければ、賛成の方と、そういう討論をされても、いいのではないでしょうか。どうでしょうか。



○議長(松本哲男)  他に、反対の方、賛成の方、おられますか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ないようでございますから、この件については、以上で討論を終結いたします。

 それでは、これより、本案を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(松本哲男)  起立多数であります。よって、議案第21号は、可決されました。

 次は、議案第22号、平成19年度柳井市平郡診療所事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第22号は、可決されました。

 次は、議案第25号、平成19年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第25号は、可決されました。

 次は、議案第28号、平成19年度柳井市簡易水道事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第28号は、可決されました。

 次は、議案第29号、平成19年度柳井市老人保健事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第29号は、可決されました。

 次は、議案第32号、平成19年度柳井市介護保険事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第32号は、可決されました。

 次は、議案第34号、平成19年度柳井市水道事業会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第34号は、可決されました。

 次は、議案第38号、平成18年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第38号は、可決されました。

 次は、議案第39号、平成18年度柳井市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第39号は、可決されました。

 次は、議案第42号、平成18年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第42号は、可決されました。

 次は、議案第44号、平成18年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第44号は、可決されました。

 次は、平成18年請願第1号、上関原子力発電所の建設促進を求める請願書について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、継続審査であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、平成18年請願第1号は、継続審査と決しました。

 次は、平成18年請願第2号、上関原発建設反対を求める請願書について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、継続審査であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、平成18年請願第2号は、継続審査と決しました。

 ここで、11時20分まで、休憩といたします。

午前11時07分休憩

                              

午前11時20分再開



○議長(松本哲男)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。次は、建設経済常任委員会に付託いたしました議案14件、並びに、閉会中の付託調査について、委員長の報告を求めます。委員長、上田議員。

〔建設経済常任委員長 上田代根子登壇〕



◎建設経済常任委員長(上田代根子) それでは、建設経済常任委員会に付託されました議案12件及び分割付託議案2件について、当委員会における審査の経過と結果について、また、閉会中の付託事項についても、ご報告をいたします。非常に多くの質疑がありましたので、要点のみ報告させていただくことを、ご了解していただきたいと思います。

 まず、議案第8号、柳井市道路占用料徴収条例の一部改正についてです。委員からは特に質疑もなく、議案第8号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第9号、柳井市法定外公共物管理条例の一部改正についてです。これも、委員から特に質疑もなく、議案第9号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、分割付託されました議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算です。

 予算説明書の121ページ、5款・労働費、19節・負担金補助及び交付金、シルバー人材センター補助金に関連して、通常の運営業務とメニュー事業がある。メニュー事業として、高齢者活動支援サービス事業と就業機会創出員配置事業を行っており、1市2町、柳井市、田布施町、平生町との負担金と合わせて、補助金として支出するとの説明がありました。

 これに対し、委員より、シルバー人材センターは、アクティブやないの管理委託もあり、一般からの作業依頼によるある程度の収入もあるが、そういった内容のチェックは十分しているかとの問いに対し、登録員の活動の経費ではなく、シルバーセンター自体の運営費、すなわち、事務所を構えたり、人の手配をしたり等について、国から認められた範囲に基づき、補助している。また、アクティブやないの管理委託料は、アクティブやないに配置されている人の人件費や光熱水費、建物の管理料であり、内容を指示してもらい、委託しているとの答弁でした。

 同じく、シルバーセンターの件で、団塊世代の定年退職者が帰ってきている。奉仕の精神を持って、地域社会のために尽くしたい。しかし、多少の小遣いは欲しい。独自の事業でいろいろな作業を考えて、内容も転換して、受け入れる人も仕事をする人も喜ばれるようなメニューを考えているかとの問いに対して、シルバー人材センターの活用、シルバーのあり方としては、財政的な面もあり、シルバー自らが、自主、自立できるような方向で努力されている。団塊の世代の退職者の希望をどのように活用するか、非常に大きな課題である。技術等いろいろあると思われるので、多様な活躍の場を考えていきたいので、今後の活動を見守ってほしいとの答弁でした。

 同じく、121ページ、ファミリーサポートセンター業務委託料ですが、今、子育て支援が大切な時、ファミリーサポートセンターの利用者の推移は、また、業務委託料が前年度に比べて10%以上減額されているが、運営は可能か、また、国からの補助は継続されるのかとの問いに対しまして、14年に設置以来、年々、会員は増加しているし、利用者数も伸びている。予算については、依頼会員と提供会員があり、この両者のコーディネート役が大切で、事業活動としては問題ないと思われる。また、県の補助金は、今のところ、継続という答弁でした。

 次に、125ページ、農業振興費、19節の負担金補助及び交付金、フラワーランド管理運営補助金ですが、フラワーランド入場者が、現在、21万人を超えているということだが、子ども連れで行くと、子どもはあまり花を見ない、大人は見たい。そこで、子どもの遊べる遊具等を考えているかとの問いに対しまして、施設設置者の山口県のほうで、19年度に子どもの遊具、それに、東屋を設置する予定と聞いているとの答弁でした。また、フラワーランドに行ったら、これだけかというのではなく、フラワーランドの近くに、バラやカーネーション栽培のすごいのがありますよとか、ハウスイチゴがありますよなど、情報発信をしてほしいとの問いに対して、フラワーランドの前に、自然薯生産組合が栽培体験農場をつくるという計画があるように聞いている。自然発生的に意欲的に取り組むもうとする現われで、これからも、こういうことを起こしたいと思っている。この説明に対し、観光農業、例えば、休耕田にレンゲやコスモスなど、四季折々の花を咲かせ、フラワーランド周辺をも景観地区としてほしいと要望がありました。

 次に、フラワーランドの入場について、1年目は、パスポートも付き合いで買った人が多く、2年目は少なくなるのではないかとの問いに対して、この施設は柳井市民の財産という意識で、自分たちが株主という思いで、誇りに思えるような施設に、市民も、市の職員も、議員も、育てていただきたいとのお答えでした。

 また、指定管理者制度で5年間の契約を県と結ばれたが、柳井市が15%、県が85%だが、金額にして頭打ちがあるのかとの問いに対し、平成18年度から22年度までは、指定管理料として県が7億2,135万9,000円、一方、市は補助金として5年間で1億2,730万円です。突発的なことで赤字部分が大きくなれば、5箇年の予算は確保されているから、前倒しで支出を受けることもあり得る。原則は、県の指定管理料と市の補助金以内で、事業運営をするとのことでした。

 次に、138ページ、3項・水産業費、6目・海岸保全事業費の工事請負費、鳴門漁港海岸保全施設整備事業は、国庫補助事業で1億2,000万円であるが、漁業者の皆さんは、漁業権がある。漁業者の意見を聞いて、また、十分に理解して、効果の上がる工事をしてほしいとの問いに対して、工事着工は、関係する方々の理解が必要です。防災上のことは理解されているが、工法の面で、まだ合意に至っていない。非常に重要な事業であり、防災上のこと、漁業者の生計が成り立つことをあわせ考え、関係者に理解していただくよう、市としても懸命に努力して、工事着工したいとのことでした。よく協議して、是非、事業を進めてほしいとの要望がありました。

 140ページの7款・商工費、13節・委託料で、中心市街地の活性化対策調査事業費があるが、1,500平米以上の大型店の出店に対するガイドラインができているのか。また、つくる予定があるのかとの問いに対して、商工会議所と市で、中心市街地活性化検討協議会を立ち上げている経費です。現在、市と協議会が歩調を合わせて、ガイドラインについて勉強している。今後、中心市街地の活性化と大型店舗の立地とあわせて検討するということでした。

 次に、142ページ、13節・委託料の循環バス運行委託料があるが、乗客が非常に少ない。18年度の同じ形態で運行するのかとの問いに対して、昨年12月末までのバス利用者は、約4,600人いた。18年度、19年度、20年度の3箇年認可を受けているまちづくり交付金事業であるので、よく状況を見ながら、19年度、20年度については、研究、検討していかなければと思っているとの答弁でした。これに対し、市民もフラワーランドに行くとか、それから、そちらの方向に行く人のために利用促進を図ってはいかがか、そのために、停留所とかルートなどの変更はないのかとの質問に、停車する場所の要望はあるが、当初、関係の機関と見て回っており、現状では、物理的に無理。すなわち、乗り降りの時の安全が確保できないと、新規バス停は認可がおりない。また、ルートの変更についても、当初、もう少し北寄りも研究したが、現在の200円では難しく、現在のルートとなった。JR柳井駅から、フラワーランド、白壁の町並みをいかに連携させるかが、当初の目的だったという答弁でした。

 次に、149ページ、3目・14節・使用料及び賃借料で、ふるさとの道整備重機借上料140万円と、16節・ふるさとの道整備原材料費330万円、合わせて470万円は、ほぼ昨年並みだが、19年度の申し込みは、また、ふるさとの道整備事業の条件的なものはとの問いに対しまして、1件100万円で、例年は4〜5件の申し込みがある。昨年は7件であった。地元の人の調整合意があれば、受けられるとの答弁でした。建設部の予算は厳しいので、道路等の工事要望があっても、先送りされることが多くなると思う。地元関係者が、自分たちでやろうという声が上がるかもしれない。ふるさとの道整備事業は、市長の目玉政策なので、箇所数が増えても対応できるようにしてほしいと要望がありました。

 同じく、149ページ、15節・工事請負費の市道整備工事費、後地末広線は、現在、測量中と聞いているが、地元によく説明をしてほしいとの問いに対して、昨年7月に、路線の図面ができたので、周辺に人に集まってもらい、説明会を行った。ほとんどの方の出席があったと思っているとの答弁でした。これに対し、生活圏や水の問題もあるので、住民からの相談を、議員も受けるが、議員が理解していないと、適切な対応ができない。特に、広域農道につながる重要な道になると思うので、説明等よろしくお願いしたいとの要望がありました。

 157ページ、4項・13節・委託料、遊具点検委託料94万9,000円、次ページの15節・工事請負費で、公園遊具補修工事でもあるが、遊具点検は職員でできないか。また、高過ぎるのではないかとの問いに対して、市内11箇所の公園の遊具点検は年1回、ウェルネスパークの遊具点検は県のマニュアルに沿って年2回、専門業者に依頼している。遊具によっては基本的な構造、腐ったのみでなく基礎の問題など、そして、点検するチェック項目があるので、全てを職員というわけにはいかない。職員が目で見て判断できる部分もあるが、トータル的な遊具点検なので、専門業者にお願いしているとの答弁でした。

 このほかに、県事業の負担金に対しての質疑、県道バイパスの整備により、旧県道を市道として降格されることがあるが、整備をしてから、市は受けてほしいなどの要望がありました。

 歳入につきましては、歳出に見合った計上であり、特に、質疑はありませんでした。

 以上、慎重審査の結果、議案第20号の建設経済常任委員会の所管部分については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第23号、平成19年度柳井市港湾整備事業特別会計予算です。委員から特に質疑もなく、議案第23号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第24号、平成19年度柳井市市有林野区事業特別会計予算です。委員から特に質疑もなく、議案第24号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第26号、平成19年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算です。予算説明書、295ページからです。

 元商工会議所前駐車場の運営について、新年度からの経営改善の取り組みについて、執行部より説明を受けました。営業時間と夜間料金の徴収の2点を、大きく変えられるという点です。営業時間は、土、日、祭日は現行どおり。平日については、利用率の悪い時間帯、午前9時から午後2時まで営業を取りやめ、午前7時から9時までと、午後2時から午後10時までを開ける。午後10時から翌朝午前7時までは無料とするとの提案でした。

 それに対して、委員から、無人化の月極にしてはどうか、また、近くの商業の人と契約をしてはどうかとの問いに対して、管理費は不要になるが、従来からの違法駐車対策として、時間極を行う必要がある。また、民業圧迫とならないようにするためとの答弁でした。また、何故、自動化しないのか、そして、今、解体している旧消防機庫のところも駐車場にされるのかとの問いに対して、旧消防機庫のところは、当面、駐車場にする予定はない。機械化については、平成15年によく検討したが、難しかった。再度、検討し、今後の方針を決めたいとのことでした。

 次に、機械化しても、維持管理に収支バランスがとれない。無料にして、飲料組合や商店連合会等に貸してはどうか。ほかは無料にする。また、駅前に新しくマンションができるが、1戸1台しか駐車スペースがないようなので、駅前駐車場に月極で借りられるよう、営業努力が必要ではないか。市の財産を十分生かす方法を真剣に検討してほしいと、要望がありました。委員会としては、当面は、元商工会議所前の経営改善の様子を見守ることにしました。

 以上、慎重審査の結果、議案第26号は、全員、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第30号、平成19年度柳井市公共下水道事業特別会計予算です。333ページからです。

 執行部より、2目・下水道事業費の工事費4億8,058万8,000円について、資料により、詳しく説明を受け、その後、質疑に入りました。予算が少ない中、推進工事を控えて、接続率を上げるという方針に転換されたらいかがでしょうかとの問いに対して、19年度は、推進工事は、柳町幹線1本です。これで、認可の区域は、ほぼ面整備ができる。これから、古開作ポンプ場の整備もあり、経費を下げるためにも、密集地の面的な整備を重点的に行っていきたいとの答弁でした。各家庭のつなぎ込み率を上げて、収入を上げる努力をしてほしいとの要望がありました。

 以上、慎重審査の結果、議案第30号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第31号、平成19年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算です。執行部より説明を受けましたが、特に質疑もなく、議案第31号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第33号、平成19年度柳井市国民宿舎事業特別会計予算です。

 なお、国民宿舎事業については、新年度予算と18年度補正予算をあわせての議論となりましたので、最初に、その点を申し上げておきます。

 416ページ、1目・運営費の13節・委託料について、国民宿舎運営委託料4,100万円の内容について説明してほしいとのことに、これは、市から委託を受けております大畠観光開発公社の事務費と事業費、開発公社の職員7名の給料と、パート11名の賃金です。

 また、補正で300万円余り組まれているが、利用者の減少で繰入金の増加はわかったが、利用者は減少なのに、賄材料費が上がっているのは何故かとの問いに対して、これは、賄材料の高騰と、料理の注文の単価が安くなり、原価率が上がっているのではと思うとの答弁でした。

 これに対し、経営チェック機能も甘いのでは、足らなければ補正でということでなく、本腰を入れてほしい。昨年から、集客には努力をしていると言われているが、全く見えない。どんなことをしているのか。また、手づくりのPRパンフや、口コミで、「うずしお荘はいいから、行け行け」というのと、「あんなところへは、行くな行くな」というのとでは大違い。近くの人が入浴に来ておられるが、風呂でも薬草を入れたり、おいしいものを食べられるなど、明るい話題づくりに、また、経営努力を、是非、行ってほしい。

 経営努力をしてもどうにもならない時は、大きななたを振ることも考えていかなければならないのではないかなど、経営に対する多くの意見が出ました。財政状況の厳しい折、一般会計から、どんどんつぎ込むことのないよう、経営として厳しい態度で努力してほしいと、全員が要望しました。

 以上、慎重審査の結果、議案第33号は、原案のとおり可決と決しました。

 次に、分割付託されました議案第35号、平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)です。

 それぞれ、補正に関わる説明を受けました。補正予算書52ページ、地方バス路線維持対策補助金の減額は、交通事業者の経営努力、特に、人件費の節減によるものということでした。それに対し、今回のように減額できるようであれば、余り心配しなくてもいいのかとの問いに対し、経営努力はされているが、年々少しずつ、補助金は増加しているとの答弁でした。また、国の補助金は今後もあるのか、その見通しについては、どうかということでしたが、今のところ、国も県も一切説明がないので、今の段階では、補助金がそのままあるか、なくなるかは、わからないということでした。また、新しい交通システムを、是非、考えてほしいとの要望がありました。

 57ページの繰出金、下水道会計繰出金1億8,934万5,000円の増額補正は、国の基準が変わったためと聞いているが、それ以下でもよいのではとの質問に対し、下水道課としては、基準分は、是非、いただきたいとの答弁でした。

 以上、慎重審査の結果、議案第35号の建設経済常任委員会所管部分については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第36号、平成18年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第2号)です。補正予算書、72ページからです。財産売払収入は、16年度に造成工事を行ったところを、このたび、国道バイパス用地として売り払ったものですとの説明を受けましたが、特に質疑もなく、議案第36号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第40号、平成18年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)です。執行部より補足説明を受けましたが、特に質疑もなく、議案第40号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第41号、平成18年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)です。執行部より説明を受けましたが、特に質疑もなく、議案第41号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第43号、平成18年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)です。執行部より説明を受けましたが、19年度予算のところで協議したので、ここでは、特に質疑もなく、議案第43号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次は、閉会中の付託調査について、ご報告いたします。

 去る2月19日に閉会中の委員会を開催し、中心市街地の活性化について、農漁村の振興策について、観光の振興について、調査しました。

 まず、中心市街地についてですが、中心市街地活性化法の改正で、いろいろな規制がかかっている。協議会を立ち上げ、小委員会を2回開催、行政と商工会議所で、基本計画の策定に向けて調査研究を行っているとのことでした。これに対し、1万平米以下の大店舗でなく、独自に、1,500平米からでも規制がかけられるよう行っている市もある。柳井市独自の規制をつくりたいとの発言がありました。

 2点目の、元気の出る農漁村の振興策については、管内視察で、山口県花き振興センターの見学をいたしました。

 3点目の、観光の振興については、町並み資料館の1階の観光協会が、ふれあい広場に4月から移転し運営されるということについて、協議しました。

 最後に、今後、閉会中に取り組みます付託調査事項について、当委員会といたしましては、1、中心市街地の活性化について、これは、特に今回は、景観法やコンパクトシティを含めて、考えたいと思っております。2番目に、元気の出る農漁村の振興策について、3番目に、観光の振興についての3項目を、引き続き、申し出をいたしますので、よろしくお願いいたします。以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(松本哲男)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

〔建設経済常任委員長 上田代根子降壇〕



○議長(松本哲男)  これより、1案ごとにお諮りいたします。

 まず、議案第8号、柳井市道路占用料徴収条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第8号は、可決されました。

 次は、議案第9号、柳井市法定外公共物管理条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第9号は、可決されました。

 次は、議案第23号、平成19年度柳井市港湾整備事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第23号は、可決されました。

 次は、議案第24号、平成19年度柳井市市有林野区事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第24号は、可決されました。

 次は、議案第26号、平成19年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」「あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論のある方がありますので、これより、討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を許します。光野議員。



◆議員(光野恵美子) 私は、議案第26号、平成19年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算について、反対いたします。

 先ほど、委員長報告がありましたように、元商工会議所前駐車場の運営の見直しがありますが、委員会での審議でも、多くの委員の方から、さらなる見直しが出され、検討の余地を残しています。また、柳井駅前駐車場の使用料は、商工会議所の丸久跡地移転による使用料が、見込みより少なかったことにより、昨年度に比べまして、減少しております。

 しかし、消防関連で修繕費が110万円、メンテナンス料に149万8,000円。毎年あがります立体駐車場建設にあたっての公債費が1,916万9,000円、これは、一般会計から、繰り入れされております。財政難の折、住民サービスがカットされる中、問題です。もっと大幅な見直しが、されるべきと思います。

 したがいまして、私は、議案第26号に、反対いたします。



○議長(松本哲男)  次に、原案に賛成の方の発言を許します。杉村議員。



◆議員(杉村英子) 旧商工会議所前の駐車場におきましては、今、その周辺が、市の普通財産として整備されつつございます。現状において、この駐車場を、今、どうこうするという問題ではなく、今後、普通財産を含めた問題として考えていくべきではないかと思い、私は、この予算に賛成いたします。



○議長(松本哲男)  次に、反対の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  次に、賛成の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  以上で、討論を終結いたします。

 これより、本案を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(松本哲男)  起立多数であります。よって、議案第26号は、可決されました。

 次は、議案第30号、平成19年度柳井市公共下水道事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第30号は、可決されました。

 次は、議案第31号、平成19年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第31号は、可決されました。

 次は、議案第33号、平成19年度柳井市国民宿舎事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第33号は、可決されました。

 次は、議案第36号、平成18年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第36号は、可決されました。

 次は、議案第40号、平成18年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第40号は、可決されました。

 次は、議案第41号、平成18年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第41号は、可決されました。

 次は、議案第43号、平成18年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第43号は、可決されました。

 それでは、ここで、午後1時15分まで、休憩といたします。

午前11時57分休憩

                              

午後1時15分再開



○議長(松本哲男)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、総務文教常任委員会に付託いたしました議案16件、並びに、閉会中の付託調査について、委員長の報告を求めます。委員長、坂ノ井議員。

〔総務文教常任委員長 坂ノ井徳登壇〕



◎総務文教常任委員長(坂ノ井徳) それでは、総務文教常任委員会のご報告を申し上げます。

 3月定例会におきまして、総務文教常任委員会に付託されました議案14件、分割付託議案2件については、会期中の3月16日に、6名の委員外議員も参加されて、行われました。さらに、閉会中の付託調査事項等につきましては、閉会中の2月14日に委員会を開催いたしましたので、その審査の経緯と結果について、ご報告申し上げます。

 初めに、議案書のほうでございます。まず、議案第1号、柳井市副市長の定数を定める条例の制定についてであります。本議案は、地方自治法の一部改正に伴い、柳井市副市長の定数を1名と定めるものであります。

 執行部からの補足説明の後、委員から、従来の助役選任と同様に議会の同意を必要とするものか否か、あるいは、地方自治法の制度改正内容を確認する旨の質疑がございました。執行部からは、4月1日から施行され、従前に助役として選任されていた者については、同日をもって選任されたとみなし、任期については従前の助役としての任期まで、また、新たに選任される場合には、議会同意が必要との内容説明を受けました。また、委員外議員からは、副市長の権限、裁量に関する発言があったことを申し添えます。

 以上、慎重審査の結果、議案第1号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 続きまして、議案第2号、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてであります。

 本議案は、地方自治法の一部改正に伴い、柳井市監査委員条例、市長等の給与に関する条例、柳井市旅費条例など7件の条例整理を行うものであります。執行部からの補足説明の後、委員からは特に質疑もなく、議案第2号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第3号、柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定についてであります。

 本議案は、地方自治法施行令第167条の17の規定により、新たに条例を制定するものであります。

 執行部からの補足説明の後、委員から、電算システムの保守管理業務等を例として取り上げ、契約先や年数等に関する質疑がありました。執行部からは、これはあくまでも例外規定であり、地方自治法が単年度主義をとっていることから、従来は債務負担行為や複数年にわたる継続費議決など必要な措置が求められていたが、法制度の形骸化の指摘もあり、例外的に必要な措置を定めるものである。また、どのくらいの期間かという質問に対し、電算関係などでは、4年ないし5年も最新のままで推移することは考えられないことから、長い期間にわたる契約は想定されないとの答弁がございました。以上、慎重審査の結果、議案第3号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第4号、柳井市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてであります。

 本議案は、人事院規則の改正に伴い、職員の休息時間を廃止し、その規定を削除するもので、執行部からの補足説明の後、委員から、勤務時間と休憩時間の世間一般の基本的な考え方、また、超過勤務時の休憩時間盛り込み等について、質問がございました。執行部からは、昼休み休憩は12時15分から13時までということで、職員組合との合意もなされ、勤務時間は午前8時30分から午後5時15分まで、また、超過勤務の場合は15分の休憩を入れて、午後5時30分からとするということでありました。委員から、残業未払いなどが全国的に多く見られる中で、きちんと法律に則ってやることと、管理職によるその辺のチェックも、よろしくお願いしたいとのこと要望がございました。以上、慎重審査の結果、議案第4号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第5号 柳井市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部改正についてであります。

 本議案は、農業委員会委員の調査等の出務費用弁償を廃止するもので、執行部から特に補足説明もなく、また、委員からも特に質疑もなく、議案第5号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第6号、柳井市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正についてであります。

 本議案は、昨年8月8日に出された人事院勧告に準じるもので、執行部から特に補足説明もなく、また、委員からの質疑もなく、議案第6号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第7号、柳井市手数料条例の一部改正についてであります。

 本議案は、地籍調査成果の交付手数料を新設するもので、執行部からの補足説明の後、委員から特に質疑もなく、議案第7号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第10号、柳井市町並み資料館条例の一部改正についてであります。

 本議案は、柳井市町並み資料館の休館日及び開館時間を変更するもので、執行部からは、特に補足説明はありませんでしたが、委員から、柳井市を訪れた観光客から、休みの店が多いこと、店のシャッターが早く閉まるなどの声を聞くが、月曜日と木曜日を休館日とすることについて、地元商店との話し合いは、できているのかとの質疑がございました。観光協会の移転もあり、地元関係者とは、十分な話し合いの上で、ご了解をいただいているとのことでありました。

 また、指定管理者制度の導入が検討されている中で、庁内で状況を把握し、体制作りを進めてほしいとのことには、指定管理者制度は念頭にあるが、経費が通常委託よりも安く、しかも、利用・利便性が下がらないことが前提で、指定管理者制度は目標ではなく手段であり、今回は、関係者のご努力もあり、最善に近い形であるということでございました。その他、町並み資料館には、柳井の昔の思い出がいっぱい詰まって、文化的にもなっており、市民、観光客への周知等、有効利用を、今まで以上に図ってほしいとの発言がございました。以上、慎重審査の結果、議案第10号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 続きまして、議案第14号、柳井地区広域事務組合規約の変更について、及び、議案第16号、柳井地区広域消防組合規約の変更について、以上の2議案は、地方自治法の一部改正に伴うもので、一括して審査を行いました。執行部からは特に補足説明もなく、また、委員からも特に質疑もなく、議案第14号及び議案第16号の2議案は、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第18号、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定についてであります。

 本議案は、引き続き、平成20年3月31日までの1年間、平郡西地区テレビ共同受信組合を指定管理者として指定するもので、執行部から特に補足説明もなく、また、委員からも特に質疑もなく、議案第18号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、議案第19号、辺地に係る総合整備計画の策定についてであります。

 本議案は、平郡東辺地及び平郡西辺地に係る平成19年度から平成23年度までの5年間の新たな総合整備計画を策定するものであります。執行部から補足説明の後、委員から、平郡島の状況と、希望的なものとして、団塊世代の熟年退職者などを対象に、総合整備計画による整備と活性化につながるPR等をしては如何かとの発言がございました。これについては、予算編成にあたっては、離島振興の観点から、個別具体的な事業の協議が必要、また、国においても、あるいはマスコミ報道等でも、この種の施策、補助金は縮減の方向が叫ばれている中、ある意味での都会的理論を、事情の違う地方に持ってきてもらっては困り、引き続いて、総合整備計画に基づく各種事業を、必要なものから着実に進めてまいりたいということでございました。以上、慎重審査の結果、議案第19号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 次に、分割付託となりました議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算についてであります。

 平成19年度の予算説明書をご覧いただきたいと思います。ページで申しますと、50ページから、款で申しますと、議会費、総務費、教育費などであります。

 一般会計の予算規模は152億1,800万円で、前年度対比6.8%の減となり、一般財源の不足額は、財政調整基金からの約3億1,400万円の繰り入れにて、対応がなされております。また、三位一体改革による税源移譲等により、自主財源の市税が約4億400万円の増加、依存財源の地方譲与税が約2億5,700万円の減、地方交付税は1億9,500万円の減額見込みで計上されております。

 それでは、以下、各委員からの質疑の主なものを中心に、ご報告をさせていただきます。

 初めに、総務・企画関係でありますが、63ページの7目・企画費は、新たにケーブルテレビ整備推進事業補助金として、4億9,774万5,000円の計上がなされております。これは、国及び県の補助金を受け、推進事業者である株式会社周防ケーブルネットに交付することが想定されたものであります。第1期事業費は、約9億9,000万円でございます。現在、事業着手に向けて準備され、有線放送事業者としての免許取得を目指しているとのことであります。周防ケーブルネットは、資本金1億5,100万円で、さらに増資を目指し、平成20年4月開局予定の第1期工期では、旧柳井町の市街地及びその周辺、大畠地区の一部などをエリアとして計画がされております。

 柳井市としては、地域チャンネルの開設、他チャンネルの受信による情報文化レベルの向上、さらには市域のインターネット環境の整備による情報格差の是正などに寄与するものとして、国、県とともに助成をしていくものであるということであります。

 次に、64ページの9目・総合支所費で、土地建物借上料並びに、老朽化している旧総合支所建物の対応についての質疑には、借上料は倉庫2箇所を返還することにより、前年度対比111万円の減額計上であり、現在の木造2階建て総合支所並びに3階建ての公民館は、いずれも危険性があるため早期解体が必要であり、今後の土地利用等を考えると、2年から3年以内で結論を出さなければならない課題であり、同規模の1市1町合併が行われた光市と大和町の事例も判断材料として、一定の方向性を示す時期には来ているということであります。また、古い建物の解体には費用もかかることから、提案として、土地と解体費込みでの売却ということはどうだろうかと、市の持ち出しを少なくする意味での提案発言がございました。

 66ページの11目・電算管理費に関連して、電算ソフトの組み替え等には、各部署で多額の経費が予算計上されており、各常任委員会でも話が出て、一概に、どの程度の費用が必要かはわからないけれども、他市の状況調査をするなり、同じメーカーが入っている他の自治体と共同発注の提案など、少しでも低料金でやっていただきたいとの要望がございました。非常に厳しい予算編成で、本当に少ない小さな予算を削っている状況の中、大きな予算に関しては、ちょっとカットするだけでも金額的には大きくなり、鋭意努力をお願いしたいとの要望発言がございました。

 これについては、合併時にパッケージ方式が導入され、各課にシステムが移行、細分化することで、スムーズな事業実施ができているが、その後の制度改正、法改正で非常に複雑化してきている。情報管理室にも、その都度相談があり、他市との比較も、もちろんしているが、同じメーカーでも各自治体で微妙に異なり、共同発注については、提言としてお受けしたいとのことでありました。

 また、従来から、一定の価格交渉は継続してやってきており、特に後期高齢者医療制度に関しては、まずは、広域連合の組織立ち上げが先ということで、それからシステム改造について、メーカー側も急いで対応しており、限られた仕様の中で、全国的な動向を注視しながら精査し、価格等の交渉は継続していきたいということでございます。

 161ページからの9款・消防費に関しては、合併に伴う消防団組織の改編についての質疑があり、これは合併協議会の中で、合併と同時の改編は好ましくなく、幹部の任期を平成19年8月末日までとして、約2年半をかけて、現在、新市の消防団組織のあるべき姿について、各分団との協議を行っているということでございました。

 そのほかに、委員外議員からは、総務費の一般管理費での外灯防犯灯電気料補助金、企画費の定住団地管理業務委託料、人材育成補助金及びケーブルテレビ整備推進事業、総合支所費の土地建物借上料、電算管理費の技術者派遣委託料などについて質疑がありましたことを、申し添えておきます。

 続きまして、教育費で、委員から、166ページの事務局費、報償費の統合準備委員会委員報償費に関して、これは柳北小学校と柳井小学校の統合に関わるものでありますが、市長は、話し合いをして、見切り発車はしないと明言されており、教育委員会サイドでは20年の4月を予定されているようで、話し合いで、せめて7対3か、8対2ぐらいまでの賛成がいただけるまでは、待っていただきたい旨のお願い発言がございました。これに対しては、市長の答弁のとおりで、15年10月の整備計画では、18年4月となっていた統合については20年4月とし、諸々の対策もしている。この間、いろいろと話し合いもしてきており、市としては、意見集約をいただいた上で、年度内にも準備委員会を立ち上げさせていただきたいと考えており、その点では、今後とも、ご理解をいただきたいということでありました。

 また、169ページほかの小学校費、中学校費に係る学校評議員報酬についても、質疑がございました。

 172ページの小学校費、学校管理費で、公有財産購入費の仮設校舎等購入費に関する質疑では、柳井小学校でリースしているトイレを購入するもので、体育の授業等もあり、児童の利用利便性のために要望があったことに伴い、リース料金を勘案して、予算計上されたものであります。

 194ページの社会教育費、文化財保護費の委託料の、町並み資料館管理委託料の積算根拠についての質疑に対し、1時間670円で7時間、年間259日分を計上しているとのことで、実績に応じて精算していくとの答弁がございました。

 そのほかに、各委員からは、各小中学校に係る植栽管理業務委託料と清掃ボランティアの関係、可燃物等収集運搬処分業務委託料、就学援助費見直しによる影響、伊陸小学校の井戸水利用と旧伊陸中学校の跡地利用、そして、柳東文化会館の借地料などについての発言がございました。

 また、委員外議員からは、柳井小学校の校舎完成後の植栽計画について、サンビームやないの自主文化事業計画について、図書館利用に係る市民のマナーについて、山口国体準備に関する体育館・市民球場の改修について、伝建地区の整備並びに拡大についてなど、意見、質疑がございました。

 なお、サンビームやないは、開館20周年を迎えることから、音響、照明など、あらゆるものが更新時期に来ており、今後の運営方針、あり方等については、修理に億単位の費用がかかることも含め、場合によっては、議員各位にもご出席をいただく形で、19年度中にも協議をしていきたいとの、執行部より説明がございました。

 次に、本委員会に関する歳入全般についてでありますが、執行部からの補足説明で、今年1月に「平成19年度から市県民税が大きく変わります」との見出しで、市内全戸に対して、市県民税所得割の税率改正、調整控除の創設、定率減税の廃止などを詳しく紹介したチラシを配布、市税、地方交付税等につきましては、特にこれといった質疑は、ございませんでした。

 以上が、主な質疑等でございますが、総務・企画、教育委員会と全般にわたり、慎重審査を行いました結果、分割付託となりました議案第20号中の当委員会の所管に属する部分につきましては、挙手による採決の結果、賛成対数で、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第27号、平成19年度柳井市土地開発事業特別会計予算についてであります。

 予算総額を1億8,868万1,000円とするもので、執行部からは特に補足説明もなく、また、委員からの質疑もなく、議案第27号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 続きまして、分割付託となりました議案第35号、平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)についてであります。3月補正予算書をご参照いただければと思います。

 当委員会の所管に係る補正の主なものは、総務費、一般管理費の時間外勤務に係る職員手当の減額、企画費の地域イントラネット基盤整備事業費の事業内容精査と実績見込み等による減額、また、教育費に係る減額も含めて、いずれも各事業等の決算を見込んでの補正であります。

 執行部からの補足説明の後、委員から特に質疑もなく、分割付託議案第35号中の当委員会の所管に属する部分につきましては、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第37号、平成18年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。

 執行部から特に補足説明もなく、委員からも質疑もなく、議案第37号は、全員異議なく、原案のとおり可決と決しました。

 最後に、閉会中の付託調査事項についてであります。

 本委員会に係る付託調査事項は3件でありますが、2月14日並びに、3月16日の委員会における主なものについて、簡単にご報告をさせていただきます。

 まず、第1点目の行政評価システム及び2点目の行財政改革についてでありますが、柳井市集中改革プランについては、これまでに取り組まれた改革の視点が、平成19年度予算の中で示されることを勘案して、予算審議を賜りたいとのこと。また、この点につきましては、年度終了後に、とりまとめを考えているとのことでありました。

 次に、柳井市広告掲載要綱についての説明を受けております。市の資産を広告媒体として活用、民間企業等の広告を掲載し、民間企業等との協働による市の新たな財源を確保することを目的とするものであります。

 今1点は、国民保護計画、環境基本計画及び基本計画については、それぞれパブリックコメント制度による市民意見を募られましたが、残念ながら、このたびの意見はなかったとのことでございました。

 次に、3点目は、学校支援ボランティアの育成等教育問題についてであります。前回の12月議会でも報告をさせていただきましたが、「地域が学校、地域すべてが博物館」という柳井市地域博物館構想についての説明を受けております。柳井市地域博物館の基本コンセプトの説明や、柳井市地域博物館における活動として、冬の富農勢池の野鳥観察、また、社会科副読本の旅と題して、白壁通り、日積浄水場、岩尾の滝、月性展示館、茶臼山古墳を廻る、水をめぐる柳井市の旅などについて、詳しい説明を受けたところであります。

 なお、総務文教常任委員会における閉会中の付託調査事項につきましては、引き続き、行政評価システムについて、行財政改革について、学校支援ボランティアの育成等教育問題についての3点について、閉会中の付託調査事項と決定いたしましたので、その旨、申し出をいたします。議長におかれましては、何とぞよろしく、お願いを申し上げます。以上で、総務文教常任委員会の報告を終わらせていただきます。



○議長(松本哲男)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

〔総務文教常任委員長 坂ノ井徳降壇〕



○議長(松本哲男)  これより、1案ごとにお諮りいたします。

 まず、議案第1号、柳井市副市長の定数を定める条例の制定について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第1号は、可決されました。

 次は、議案第2号、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第2号は、可決されました。

 次は、議案第3号、柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第3号は、可決されました。

 次は、議案第4号、柳井市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第4号は、可決されました。

 次は、議案第5号、柳井市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第5号は、可決されました。

 次は、議案第6号、柳井市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第6号は、可決されました。

 次は、議案第7号、柳井市手数料条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第7号は、可決されました。

 次は、議案第10号、柳井市町並み資料館条例の一部改正について、討論はありませんか。

〔「なし」「あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論のある方がありますので、これより、討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を許します。中次議員。



◆議員(中次俊郎) 私は、議案第10号に、反対をするものであります。こういった形で反対討論をさせていただくということは、大変残念に思いますけれども、是は是、非は非で、まいりたいなというふうに思っております。私自身、今回、この問題を看過したら、つまり、見過ごしたら、今後、柳井市の観光問題について語る資格はないという、そんな思いから、実は、反対の討論をさせていただくわけであります。

 一部改正の中で、反対をする箇所が、2箇所ほどございます。まず、第1点は、条例第3条の第1号、休館日についてでありますけれども、毎週月曜日に、新たに木曜日を加えるという箇所であります。もう1点は、第4条の開館時間についての、午前8時30分を午前10時に改めるという箇所であります。他のところについては、良といたしております。

 反対の理由は、3点ばかりございます。第1点、私は、主役というものは、観光客でなければならないというふうに思っております。今回の改正の内容は、大変残念ですけれども、行政サイドが主役になっておるということでございます。週に2日の休館日をとるということは、設けるということは、観光客にとって、どういったメリットがあるのかな。私は、何よりも、まず考えなければならないことは、観光客に対しての利便性を図っていく、そのことが大切であるのに、休館日を増やしていくということは、まさに、観光客がその施設を見学する機会を、減してくるということになるわけです。そういうデメリットが発生をしてくる。私は、そのこと自体が、残念ですけれども、サービスの低下につながっていきはしないかなと、危惧をしておるわけであります。今も昔も、お客様は神様でございます。主役は、観光客ではないでしょうか。

 次に、第2点目ですが、他の施設との整合性が図られていないという点であります。ちなみに、類似の施設では、例えば、しらかべ学遊館の休館日は、毎週火曜日であります。開館時間は9時。月性展示資料館については、休館日は毎週月曜日、開館時間は9時であります。また、やない西蔵は毎週月曜日、開館時間は午前9時であります。民間の施設では、国森家は毎週木曜日であり、開館時間は午前9時。むろやの園、これは毎週水曜日でありまして、同じく、開館時間は午前9時というふうになっております。

 何故、私は、町並み資料館だけが、週に2日休みをとるか、週休2日制なのか、わかりません。そして、何故、開館時間が10時なのでしょうか。私が調べた限りでは、全国にあります観光地の類似の施設では、休館日なしという、無休の施設もかなりあります。しかし、このたびのように、週休2日制をとる施設は、恐らく、全国にないと思います。全国初の条例となる可能性があります。いかがなものでしょうか。

 第3点目は、柳井市の観光等の施策に、私は、一貫性が図られていないということを感じたわけであります。やまぐちフラワーランドの開園を機に、白壁の町並みと回遊性のある観光コースとして施策を展開されておりまして、柳井市を挙げて努力をされ、今日まで、観光客を増やす努力がなされてまいりました。大変、評価をしております。しかし、今回の改正ですね。町並み資料館は、白壁の町の中心部にあるわけであります。伝統的町並みの、いわば、玄関口に当たるところ、これが資料館であります。観光客が来れば、まず、立ち寄るところでございます。

 私は、このたびの一部改正というものは、今後の観光客の増加を図る取り組みという面からしても、これは、ちょっと、おかしいのではないかな。逆走しているのではないかな。増加を図るというその意気込みが、私には、伝わってこない。何よりも、そういう部分が心配でございます。残念ですが、取り組みに、一貫性が欠けているのではないでしょうか。大変厳しい言い方をお許しいただくならば、休館日を増やすということは、観光という現場では、まず、考えられない発想と言わざるを得ません。私は、再度、考え直していただきたいなという意味を込めて、提言をさせていただきます。

 以上、3つの理由によりまして、議案第10号に、反対をさせていただきます。



○議長(松本哲男)  次に、原案に賛成の方の発言を許します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  次に、反対の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  それでは、以上で、討論を終結いたします。

 これより、本案を採決いたします。本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(松本哲男)  起立多数であります。よって、議案第10号は、可決されました。

 次は、議案第14号、柳井地区広域事務組合規約の変更について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第14号は、可決されました。

 次は、議案第16号、柳井地区広域消防組合規約の変更について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第16号は、可決されました。

 次は、議案第18号、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第18号は、可決されました。

 次は、議案第19号、辺地に係る総合整備計画の策定について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第19号は、可決されました。

 次は、議案第27号、平成19年度柳井市土地開発事業特別会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第27号は、可決されました。

 次は、議案第37号、平成18年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第37号は、可決されました。

 次は、各常任委員会に分割付託いたしました議案第20号及び議案第35号について、討論及び採決を行います。

 まず、議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算について、討論はありませんか。

〔「なし」「あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論のある方がありますので、これより、討論を行います。

 まず、原案に反対の方の発言を許します。東議員。



◆議員(東泰雄) 議案第20号の平成19年度柳井市一般会計予算に、反対をいたします。

 全国的に、格差と貧困の拡大と、こう言われていますが、この柳井市の予算も、本年度は、住民に対して重い負担を押しつけるし、一方、福祉関係での後退も、数々見られるのではないかと思います。まず、住民負担の増でありますが、先ほどの委員長報告で、市民税が約4億400万円とおっしゃいましたが、個人住民税だけに限れば、現年と前年を比較すれば、3億4,000万円の個人住民税の増となっています。

 それで、委員会で、こういう資料をいただきましたけれども、そもそも政府は、当初、税源移譲という形で、所得税を減税し、住民税の負担を増やす。増減税の差はないのだとおっしゃっていましたが、市のほうがいみじくも計算された、まさに、この資料ですが、18年、19年を合計すれば、差し引き、増えるのですね、負担が  。差し引き、増減ゼロではない。私も当初から、政府がいう、増減税ゼロというのは、おかしいなと思っていたのですが、いみじくも税務課さんが、このような年収500万円のケースと、年金収入220万円のケースで、2つの例を示しておられますが、いずれも増となっています。つまり、住民の負担が、大きく増えるという形ではないかと思います。

 そして、さらに、これまで既に、老年者控除の廃止、定率減税の廃止等々が行われまして、住民税であれば、定率減税廃止は平成19年度、今年度の住民税から始まります。同時に、かって──かってというか、以前、合計所得金額が125万円以下の方は住民税非課税だと、こういうものがありましたが、これも、平成17年ぐらいに廃止でしたかね。

 それで、多分、ここに書いてある、この説明欄の軽減額というものがありますが、つまり、先ほどの125万円というものを一気に撤廃したら、いきなり、高齢者の方々が課税対象になってくるということで、激変緩和ということがありまして  。つまり、平成18年は3分の1に抑える。そして、平成19年度、今年は3分の2の負担、そして、平成20年から全廃と、こういうふうな形も行われますが、いずれにせよ、ボディーブローを食らわすように、徐々に徐々に住民負担が増えてくる。今の激変緩和は、ボディーブローですが、先ほどの住民税と所得税の分は、住民税に関しては、アッパーカットのノックアウトパンチですね。それは、要らないことです。いずれにせよ、とにかく、住民負担が大きく増えるということが、今年度の予算ではないかと思います。

 一方、先ほど、福祉の後退と言いましたけれども、例えば、寝たきり老人等介護見舞金を廃止する、あるいは、生活保護の問題でもありましたけれども──これは、委員長の報告の時に、生保の申請で窓口追っ払いはないのかと言われて、それに対する執行部の説明は、窓口では親切丁寧に対応しているというふうに説明がありましたけれども、これは委員会でも私は言いましたが、必ずしも、そうではないのだという実例も握っていますということも言いましたけれども、やはり、だんだん生活保護が厳しくなっている。これは、窓口の方も、国がひどいことをするのですから、その国のやり方といいますか、指導に逆らえない。だから、やむを得ない。その辺は理解できますけれども、やはり、徐々に保護行政も厳しくなっているのではないかと思います。

 それと、もう1つ、住民負担の件では、ごみ袋です。これも、委員会で言いまして、あの時、私は資料を忘れていまして、委員会では説明ができなかったのですが、今日は資料を持ってきました。昨年9月のごみ袋の値上げ条例の時に、これも、私は委員会で言ったのですが、とにかく、値上げは、けしからんと。そうしたら、執行部の説明は、県下の平均ぐらいだというふうな説明があって、あの時、私は県下の状況を調べていなかったので、「ああ、そんなものか。平均なら、仕方がないか」と、半分は、あきらめながらおったわけですが、県下の13市の一覧表を見ると、1番高いのが下関市ですね。その次は、ちょっと比較がしにくいのですが、岩国市と柳井市。つまり、岩国市は、30リットル袋が1種類みたいで、それが30円です。それで、柳井市の場合は45リットルが30円、35リットルが20円、20リットルが10円。だから、ちょっとこの辺で、岩国市と柳井市は比較しにくいのですが、いずれにせよ、銀メダルか、銅メダルの争いということで、いずれにせよ高い。平均では全くないというふうな感じがいたします。このように、住民に対して、重い負担を押しつける内容であるというふうに思います。

 それと、2点目、もう、詳しくは言いませんが、後期高齢者医療制度等でシステム改造、つまり、これなども、先ほど、国保の時にも言いましたけれども、国制度の変更によって、地方に重い負担を押しつける。こういう予算内容になっていると思います。

 そして、3点目は、消費税でございます。これらの理由によって、議案第20号に、反対をいたします。



○議長(松本哲男)  次に、原案に賛成の方の発言を許します。石丸議員。



◆議員(石丸東海) 私は、議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算に賛成の立場で、討論を行わさせていただきます。

 平成19年度の一般会計予算規模は、152億1,800万円で、前年度当初予算に比べ11億900万円、率にして6.8%の減額計上となっており、また、一般財源の不足額は、3億1,000万円以上の財政調整基金からの繰り入れにより、対応しておられます。また、三位一体改革による税源移譲等により、市税は約4億円の増、一方で、地方交付税は約2億円の減額見込み計上がされるなど、地方自治体を取り巻く財政事情は、一段と厳しさを増してきております。

 こうした厳しい現状の中、ケーブルテレビ整備推進事業、後地末広線及び後地和田線整備事業、柳井港フェリーターミナル整備事業、県営柳井大畠地区広域農道整備事業や農村振興総合整備事業をはじめ、安心・安全のまちづくり、まちづかい、健康づくりの3点を重点事業として、緊急医療対策事業、古開作雨水ポンプ場整備事業、鳴門漁港海岸保全施設整備事業、柳井花卉産地育成対策事業、市体育館整備事業など、柳井市の将来像である「人が輝く・夢が生まれる・瀬戸内のふれあい元気都市」を目指した予算計上が感じられるところであります。

 先ほど、各常任委員会の委員長さんからも、詳細にわたる説明がなされ、いずれの委員会においても、これを原案のとおり可決すべきものと決したとの報告がありました。

 執行部におかれましては、国・県補助金の獲得と、合併特例債等、柳井市にとって非常に有利な地方債の効率的・効果的な活用並びに、徹底した行財政改革にさらなる期待を申し上げまして、平成19年度柳井市一般会計予算に対する賛成討論とさせていただきます。



○議長(松本哲男)  次に、反対の方。三島議員。



◆議員(三島好雄) 私は、議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算に、反対をいたします。

 その理由は、ただ1つでございますけれども、学校統合の準備委員会の委員報償費が、36万円上がっております。河内山市長は、一般質問の答弁で、大方の理解がなければ、統合はあり得ないというようにおっしゃいましたけれども、こういうふうに、そうは言っておきながら、準備委員会を着々と進めるというやり方に、私は承服をしかねますので、反対をいたします。以上です。



○議長(松本哲男)  次に、賛成の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  次に、反対の方。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ないようでございます。以上で、討論を終結いたします。

 これより、本案を採決いたします。本案に対する各委員長の報告は、可決であります。各委員長の報告のとおり決することに、賛成の方の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(松本哲男)  起立多数であります。よって、議案第20号は、可決されました。

 次は、議案第35号、平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 本案に対する各委員長の報告は、可決であります。各委員長の報告のとおり決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第35号は、可決されました。

 次は、議会運営委員会の閉会中における付託調査について、委員長の報告を求めます。委員長、君国議員。

〔議会運営委員長 君国泰照登壇〕



◎議会運営委員長(君国泰照) それでは、議会運営委員会に付託されております閉会中の付託調査事項、並びに、議会運営委員会の所管に属する事項の2点につきまして、委員会における審査概要等のご報告を申し上げます。

 まず、議会運営委員会の所管に属する柳井市議会委員会条例の一部改正についてであります。

 後ほど、議員提出議案としても出てくるわけでもありますが、平成18年6月7日、法律第53号をもって公布されました地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、本市議会では、既に昨年12月には、議会制度の見直しに関する部分の会議規則・委員会条例の改正につきましては、その手続きを完了しております。

 このたびの改正につきましては、改正自治法の中で、地方の自主性・自律性の拡大を図るための措置として、平成19年4月から施行される部分につきまして、執行部からも条例制定・改正議案が今期定例会に提出されましたが、議会委員会条例の中にも、このことに関係する部分があることから、過日の議会運営委員会においてお諮りし、ご意見等を頂戴した上で、改正案をまとめさせていただき、今朝の委員会におきまして、本日の最終本会議に上程し、ご審議をいただくこととなったものであります。このことにつきましては、皆様方には、既にご承知のとおりでございます。

 次に、閉会中の付託調査事項についてでありますが、議長の諮問の関する事項につきまして、議会における代表質問制、また、一般質問での一問一答並びに対面方式につきまして、いろいろな発言や協議もなされたところでありますが、その実施方法等につきましては、場合によっては試行ということも視野に入れながら、引き続いて、慎重審査を重ねてまいりたいということで、議会運営委員会における閉会中の付託調査事項につきましては、「議会の会期及び運営並びに議長の諮問に関する事項」とさせていただくことに決定いたしましたので、議長におかれましては、その旨、よろしくお取り計らいをお願いいたします。以上で、議会運営委員会の報告を終わらさせていただきます。



○議長(松本哲男)  委員長の報告に対して、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

〔議会運営委員長 君国泰照降壇〕



○議長(松本哲男)  以上で、委員長の報告を終わります。

 次は、各委員会の閉会中の調査について、お諮りいたします。各委員長より、所管に関する特定事件について、閉会中の付託調査の申し出を受けております。

 総務文教常任委員会は、学校支援ボランティアの育成等教育問題について、行政評価システムについて、行財政改革について。次に、厚生水道常任委員会は、地域福祉計画について、水道事業に関する調査、環境に関する調査。それから、建設経済常任委員会は、中心市街地の活性化について、元気の出る農漁村の振興策について、観光の振興について。議会運営委員会は、議会の会期及び運営並びに議長の諮問に関する事項についてを、申し出ておられます。

 各委員会から申し出のあった「特定事件」について、それぞれ閉会中の付託調査といたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、各委員会から申し出のあった特定事件については、閉会中の調査に付することに決しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案上程審議



○議長(松本哲男)  次は、日程第3、議員提出議案第1号、柳井市議会委員会条例の一部改正についてを上程し、直ちに議題といたします。

 それでは、ただいま議題となりました議案について、事務局長より、表題、提出者の氏名等を朗読いたします。

〔事務局長朗読〕

                              

 議員提出議案第1号

柳井市議会委員会条例の一部改正について

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法(昭和22年法律第67号)第112条及び柳井市議会会議規則(平成17年柳井市議会規則第1号)第13条第1項の規定により提出いたします。

   平成19年3月23日提出

提出者 柳井市議会議員 君国 泰照

賛成者 柳井市議会議員 藤坂 元啓

 〃     〃    鬼武 利之

 〃     〃    石丸 東海

 〃     〃    東  泰雄

 〃     〃    河北 洋子

 〃     〃    上田代根子

 〃     〃    松本 周一

 〃     〃    荒川 貴志

 柳井市議会議長 松本 哲男 様

                              



○議長(松本哲男)  それでは、提出者の説明を求めます。君国議員。

〔君国泰照登壇〕



◆議員(君国泰照) ただいま、上程されました、議員提出議案第1号の柳井市議会委員会条例の一部改正につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

 本議案につきましては、平成18年6月7日、法律第53号をもって公布されました地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴いまして、柳井市議会委員会条例の一部改正を行うものであります。

 内容につきましては、本定例会に、執行部からも同じ趣旨の議案の提出がなされましたけれども、収入役制度を廃止し、一般職の会計管理者を置く法改正がなされたことに伴い、柳井市議会委員会条例の第2条第1項第1号中「収入役」を「会計管理者」に改めるものでございまして、附則は、施行日を平成19年4月1日とするものでございます。このことにつきましては、皆様方には、既にご承知のとおりでありまして、先般の議会運営委員会において、ご了解をいただき、本日の議案提出となったものでございます。

 議員各位におかれましては、この件につきまして、十分にご理解、ご賢察の上、全会一致で議決を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、提出者の説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

〔君国泰照降壇〕



○議長(松本哲男)  お諮りいたします。本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、本案について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 お諮りいたします。本案を、原案のとおり可決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号は、原案のとおり可決されました。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案上程審議



○議長(松本哲男)  次は、日程第4、本日提出されました、同意第1号、教育委員会委員の任命についてを上程し、直ちに議題といたします。

 それでは、ただいま議題となりました、同意第1号について、市長より提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長登壇〕



◎市長(河内山哲朗) 本日、追加提案いたしました案件につきまして、ご説明申し上げます。

 同意第1号は、教育委員会委員の任命についてであります。

 本市教育委員会委員のうち梅本節治氏から、本年3月31日をもって委員を辞職したい旨の願い出があり、重ねて慰留をいたしましたが、辞意が固く、やむなく同意いたしました。

 同氏は、平成10年4月1日から今日までの9年間、教育委員会委員、また、教育長として、柳井市の教育文化の向上、並びに、教育の諸問題の解決のため多大なご貢献を賜り、心から感謝申し上げる次第であります。今後ますますのご健勝とご活躍を祈念してやまないものであります。

 さて、今般、その後任として、高井孝則氏を任命することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 同氏は、教育行政に対し深い関心と熱意を有しておられ、教育者として要職を歴任された豊富な人間性、幅広い識見等からして、本市教育委員として適任と考えますので、慎重ご審議の上、ご同意いただきますよう、お願い申し上げます。

〔市長降壇〕



○議長(松本哲男)  以上で、市長の説明を終わります。

 これより、審議に入ります。補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 同意第1号について、補足説明を申し上げます。

 高井孝則氏の経歴につきましては、掲げているとおりでございます。

 職歴の最後のほうですが、平成16年4月から柳井西中学校長、そして、現在に至るとなっておりますが、本年度末をもちまして、依願退職の予定でございますので、補足して、説明させていただきます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、同意第1号は、原案のとおり同意することに決しました。

 協議会といたします。

午後2時25分協議会

                              

午後2時26分再開



○議長(松本哲男)  本会といたします。

────────────・────・────────────



△日程第5.議員派遣について



○議長(松本哲男)  次は、日程第5、議員派遣についてを議題といたします。

 お諮りいたします。お手元に配付しましたとおり、次期定例会にまでに開催が予定される会議等に、議員派遣を行いたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議員派遣については、可決されました。

 次に、お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に、今後、変更を要する場合は、その取り扱いを、議長にご一任いただきたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議員派遣の内容に変更を要する場合の取り扱いは、議長に一任されました。

 協議会といたします。

午後2時27分協議会

                              

午後2時30分再開



○議長(松本哲男)  本会といたします。

────────────・────・────────────



○議長(松本哲男)  以上で、今期定例会に付議されました案件は、全て議了いたしました。長期間にわたり、慎重なご審議をいただきまして、誠にありがとうございました。

 これをもちまして、平成19年第1回柳井市議会定例会を閉会いたします。

午後2時31分閉会

──────────────────────────────





      会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




         平成19年 3月23日


                     議  長 松本 哲男


                     署名議員 山本 達也


                     署名議員 坂ノ井 徳