議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 柳井市

平成 19年 第1回定例会(3月) 03月07日−01号




平成 19年 第1回定例会(3月) − 03月07日−01号









平成 19年 第1回定例会(3月)


   柳井市告示第6号
    平成19年第1回柳井市議会定例会を、次のとおり招集する。
      平成19年2月28日
                                      柳井市長 河内山哲朗
   1 期日 平成19年3月7日
   2 場所 柳井市議会議場
──────────────────────────────
   開会日に応招した議員
中次 俊郎              三島 好雄
松野 利夫              上田代根子
光野恵美子              東  泰雄
山本 達也              坂ノ井 徳
川? 孝昭              田中 晴美
藤里 克享              藤坂 元啓
藤沢 宏司              賀原 基和
河村 真弓              河北 洋子
鬼武 利之              石丸 東海
松本 周一              松本 哲男
荒川 貴志              君国 泰照
杉村 英子                   
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────
平成19年 第 1 回 柳 井 市 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)
                                  平成19年3月7日(水曜日)
─────────────────────────────────────────────
議事日程
                              平成19年3月7日 午前10時00分開会
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 会期の決定
    日程第3 諸般の報告
    日程第4 議案上程審議(委員会付託)
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
    日程第1 会議録署名議員の指名
    日程第2 会期の決定
    日程第3 諸般の報告
    日程第4 議案上程審議(委員会付託)
      (1)議案第1号 柳井市副市長の定数を定める条例の制定について
      (2)議案第2号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について
      (3)議案第3号 柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について
      (4)議案第4号 柳井市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について
      (5)議案第5号 柳井市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部改正について
      (6)議案第6号 柳井市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について
      (7)議案第7号 柳井市手数料条例の一部改正について
      (8)議案第8号 柳井市道路占用料徴収条例の一部改正について
      (9)議案第9号 柳井市法定外公共物管理条例の一部改正について
      (10)議案第10号 柳井市町並み資料館条例の一部改正について
      (11)議案第11号 柳井市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について
      (12)議案第12号 柳井市特別児童福祉手当条例の廃止について
      (13)議案第13号 柳井市交通災害共済条例の廃止について
      (14)議案第14号 柳井地区広域事務組合規約の変更について
      (15)議案第15号 周東環境衛生組合規約の変更について
      (16)議案第16号 柳井地区広域消防組合規約の変更について
      (17)議案第17号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について
      (18)議案第18号 柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定について
      (19)議案第19号 辺地に係る総合整備計画の策定について
      (20)議案第20号 平成19年度柳井市一般会計予算
      (21)議案第21号 平成19年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算
      (22)議案第22号 平成19年度柳井市平郡診療所事業特別会計予算
      (23)議案第23号 平成19年度柳井市港湾整備事業特別会計予算
      (24)議案第24号 平成19年度柳井市市有林野区事業特別会計予算
      (25)議案第25号 平成19年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算
      (26)議案第26号 平成19年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算
      (27)議案第27号 平成19年度柳井市土地開発事業特別会計予算
      (28)議案第28号 平成19年度柳井市簡易水道事業特別会計予算
      (29)議案第29号 平成19年度柳井市老人保健事業特別会計予算
      (30)議案第30号 平成19年度柳井市公共下水道事業特別会計予算
      (31)議案第31号 平成19年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算
      (32)議案第32号 平成19年度柳井市介護保険事業特別会計予算
      (33)議案第33号 平成19年度柳井市国民宿舎事業特別会計予算
      (34)議案第34号 平成19年度柳井市水道事業会計予算
      (35)議案第35号 平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)
      (36)議案第36号 平成18年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第2号)
      (37)議案第37号 平成18年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)
      (38)議案第38号 平成18年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)
      (39)議案第39号 平成18年度柳井市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)
      (40)議案第40号 平成18年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
      (41)議案第41号 平成18年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
      (42)議案第42号 平成18年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)
      (43)議案第43号 平成18年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)
      (44)議案第44号 平成18年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)
      (45)諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について
      (46)諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について
      (47)報告第1号 柳井市国民保護計画作成の報告について
      (48)報告第2号 専決処分の報告について
      (49)報告第3号 専決処分の報告について
      (50)報告第4号 専決処分の報告について
      (51)報告第5号 専決処分の報告について
      (52)報告第6号 柳井市土地開発公社の経営状況について
      (53)報告第7号 平郡航路有限会社の経営状況について
──────────────────────────────
出席議員(23名)
1番 中次 俊郎          2番 三島 好雄
3番 松野 利夫          4番 上田代根子
5番 光野恵美子          6番 東  泰雄
7番 山本 達也          8番 坂ノ井 徳
9番 川? 孝昭          10番 田中 晴美
11番 藤里 克享          12番 藤坂 元啓
13番 藤沢 宏司          14番 賀原 基和
15番 河村 真弓          16番 河北 洋子
17番 鬼武 利之          18番 石丸 東海
19番 松本 周一          20番 松本 哲男
21番 荒川 貴志          22番 君国 泰照
23番 杉村 英子                  
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠  員(なし)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局長 中原純一郎          次長 稲田 富生
書記 米川 辰夫                  
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長            河内山哲朗      助役            上田 順二
教育長           梅本 節治      出納局長          藤井  実
企画部長          林  幹男      総務部長          吉山 健一
建設部長          海田  肇      経済部長          牧野 義寿
市民部長          園田  隆      健康福祉部長        中村 栄司
大畠総合支所長       弘重 邦雄      水道部長          川田 邦生
教育次長          中村 正明      総務課長          大井 清教
財政課長          山中 孝之                         
──────────────────────────────


午前10時00分開会



◎事務局長(中原純一郎) ご起立願います。ご礼。ご着席願います。



○議長(松本哲男)  これより、平成19年第1回柳井市議会定例会を開会いたします。

 直ちに、本日の会議を開きます。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(松本哲男)  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第74条の規定により、議長において、荒川議員、君国議員の両名を指名いたします。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(松本哲男)  日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、去る3月2日の議会運営委員会においてご協議申し上げておりますが、本日から3月23日までの17日間といたしたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から3月23日までの17日間と決定をいたしました。

────────────・────・────────────



△日程第3.諸般の報告



○議長(松本哲男)  それでは、日程第3、諸般の報告を行います。

 平成18年第4回定例会後の議長会関係の概要をご報告いたします。

 1月30日、県市議会議長会主催の議員研修会を柳井市の引き受けで開催いたしました。昨年8月に開催予定のところ、台風のため延期し、この日あらためて開催したもので、後期高齢者医療制度について本市の河内山市長に、また、防災・危機管理について山村武彦先生に、ご講演をいただいたところでございます。選挙期間中の下関市議会を除く12市議会から300余名が受講し、大変参考になったとご好評をいただきました。

 2月1日、全国市議会議長会第82回評議員会が東京で開催され、議長及び事務局長が出席いたしました。「これからの地方分権改革と地方財政」と題する、総務省の瀧野総務審議官の講演の後、議長会各委員会の活動報告、19年度の議長会一般会計予算案等について審議をし、いずれも原案通り議決されました。

 また、2月1日に発足した山口県後期高齢者医療広域連合の議会の議員として、県市議会議長会からは同議長会の4人の役員が推薦されました。その結果、若干の期間ではありますが、4月の定期総会で議長会役員の改選があるまで、現時点で柳井市議会議長も議長会の監事であるということから、光市、美祢市、山陽小野田市議会の各議長とともに、広域連合議会の議員に就任をいたしました。3月29日に内定しております同議会の立ち上がりの臨時会に出席を予定しているところでございます。

 以上で報告を終わりますが、関係書類は事務局に保管してありますので、ご参照ください。以上で、諸般の報告を終わります。

────────────・────・────────────



△日程第4.議案上程審議(委員会付託)



○議長(松本哲男)  続きまして、日程第4、議案第1号から議案第44号までの44件、諮問2件、報告7件を一括上程し、直ちに議題といたします。

 それでは、ただいま議題となりました全議案について、市長より提案理由の説明を求めます。市長。

〔市長登壇〕



◎市長(河内山哲朗) 平成19年第1回柳井市議会定例会は、平成19年度柳井市一般会計予算など議案44件、諮問2件及び報告7件についてご審議をお願いするため、ご参集をいただきました。

 それでは、提出議案等の概要をご説明申し上げます。

 議案第20号は、平成19年度柳井市一般会計予算であります。

 三位一体改革の推進等により、地方交付税制度の改革や税源移譲も始まるなど、「地方の自立」が求められています。また、地域の実情に即応した施策を展開し、「魅力ある」地方に生まれ変わることも必要です。

 こうした中、柳井市では、「健康で、安心・安全な市民の暮らしを実現し、地方分権時代をたくましく生き抜くベンチャー自治体の創造と、助け合い・守り合いを大切にする、人に優しい地域づくり」を基本理念とした基本構想を念頭に予算編成をいたしました。限られた財源の中で、事業を厳選し、重点的に実施しながら、さらなる行財政改革の断行、行政のスリム化を進めながら、これらの課題に取り組んでまいります。

 平成19年度予算編成にあたっては、以上の考え方に立って、予算総額は、152億1,800万円といたしました。これは、平成18年度当初予算額と比較して、6.8%減となっております。

 以下、歳出から款を追って、その大要をご説明申し上げます。

 まず、議会費につきましては、市の最高議決機関として必要な経費を計上いたしました。

 次に、総務費は、総務管理費にCATV整備推進事業費を、選挙費に県議会議員、参議院議員選挙費等の経費を計上しました。

 民生費は、障害者福祉に支援費制度の経費等を、高齢者福祉に緊急通報体制整備事業等に要する経費を、児童福祉に保育事業費、児童クラブ関連経費、児童扶養手当等の経費を計上しました。

 次に、衛生費は、保健衛生費に救急医療体制、予防接種、基本健康診査、がん検診等に要する経費等を計上しました。

 労働費は、シルバー人材センター事業費等を計上しました。

 農林水産業費につきましては、農業費にフラワーランドの運営に関する経費を、また、中山間地域総合整備事業費、ほ場整備事業費、柳井・大畠地区を結ぶ広域農道整備事業費等を計上し、林業費には森林保全のための事業費を、水産業費に鳴門漁港整備事業費を計上しました。

 次に、商工費は、制度融資に要する経費、バス路線維持対策事業費等を計上しました。

 土木費につきましては、道路新設改良費に後地末広線をはじめ市道整備に要する経費等を、街路事業費に後地和田線、古開作線整備に要する経費を、都市下水路費に既設ポンプの整備費等を計上しました。

 次に、消防費は、防災ネットワークの構築に要する経費等を計上しました。

 教育費につきましては、保健体育費に柳井市体育館整備事業費等を計上しました。

 公債費につきましては、長期債の元利償還金等を、諸支出金につきましては、水道事業会計への繰り出し金等を計上しました。

 次に、歳入について、ご説明申し上げます。

 まず、市税につきまして、市民税は、税源移譲もあり、前年度対比28.7%増の19億3,208万6,000円を、固定資産税は、土地、家屋、償却資産を合わせ前年度対比1.2%減の27億5,769万1,000円を計上し、市税全体では前年度対比8.3%増の52億5,397万8,000円を計上しました。

 地方交付税は、地方財政計画の見直し、合併支援措置の減少等により、前年度対比4.8%減の38億6,000万円を計上しました。

 また、市債につきましては、発行を抑制し、臨時財政対策債を主に9億4,260万円を計上しました。

 その他特定財源を除いた一般財源の不足額については、財政調整基金から繰り入れました。

 以上、平成19年度予算の歳入歳出につきまして、大要を申し上げました。

 議案第1号及び議案第2号は、地方自治法の一部改正に伴い、柳井市副市長の定数を定める条例及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例を制定するものであります。

 議案第3号は、地方自治法施行令の規定に基づき、柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例を制定するものであります。

 議案第4号は、人事院規則の一部改正に伴い、柳井市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正するものであります。

 議案第5号は、農業委員の調査等の出務費用弁償の廃止に伴い、柳井市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正するものであります。

 議案第6号は、平成18年8月8日に出されました人事院勧告に準じて、柳井市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正するものであります。

 議案第7号は、地籍調査成果の交付手数料を新設することに伴い、柳井市手数料条例の一部を改正するものであります。

 議案第8号及び議案第9号は、道路法施行令の一部改正に伴い、柳井市道路占用料徴収条例及び柳井市法定外公共物管理条例の一部を改正するものであります。

 議案第10号は、柳井市町並み資料館の休館日及び開館時間を変更することに伴い、柳井市町並み資料館条例の一部を改正するものであります。

 議案第11号は、水道事業の給水区域に上馬皿地区を追加することに伴い、柳井市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正するものであります。

 議案第12号は、制度の重複及び事業の見直しに伴い、柳井市特別児童福祉手当条例の廃止を行うものであります。

 議案第13号は、交通災害共済事業の事業主体が山口県市町総合事務組合に移行したことに伴い、柳井市交通災害共済条例の廃止を行うものであります。

 議案第14号から議案第16号までは、地方自治法の一部改正に伴い、柳井地区広域事務組合規約、周東環境衛生組合規約及び柳井地区広域消防組合規約の一部を変更するものであります。

 議案第17号は、山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、議会の議決を求めるものであります。

 議案第18号は、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者を指定することについて、議会の議決を求めるものであります。

 議案第19号は、平郡東辺地及び平郡西辺地に係る総合整備計画を策定することについて、議会の議決を求めるものであります。

 議案第21号から議案第34号までは、特別会計及び水道事業会計に関する平成19年度予算であります。

 議案第21号は、国民健康保険事業予算の総額を、44億4,123万2,000円とするものであります。

 歳出には、総務費に人件費ほか事務的経費と保険税の収納に要する経費等を、保険給付費に療養給付費等を、老人保健拠出金に老人医療に係る拠出金を、介護納付金に介護保険第2号被保険者に係る介護納付金を、保健事業費に被保険者の健康増進を積極的に推進するための経費を計上し、歳入には、国民健康保険税、国庫支出金、県支出金、退職者医療制度の財源となる療養給付費等交付金等を計上いたしました。

 議案第22号は、平郡診療所事業予算の総額を、7,770万円とするものであります。

 歳出には、総務費に職員の人件費、医業費に医薬品等の購入費を計上し、歳入には、使用料及び手数料、県支出金、一般会計繰入金等を計上いたしました。

 議案第23号は、港湾整備事業予算の総額を、333万3,000円とするものであります。

 歳出には、港湾整備事業費に第1号工区及び第2号工区の維持管理費、事務費を計上し、歳入には、財産収入として柳井湾埋立事業基金の利子等を、諸収入として埋立地の占用料を計上いたしました。

 議案第24号は、市有林野区事業予算の総額を、109万6,000円とするものであります。

 歳出には、柳井林野区事業費に下刈等を行う林野区有林整備事業委託料等を、日積林野区事業費に報酬等を、また、阿月林野区事業費に報酬等を計上し、歳入には、林野区有林整備事業に対する県補助金、財産貸付及び基金利子等に伴う財産収入、基金からの繰入金等を計上いたしました。

 議案第25号は、同和対策資金貸付事業予算の総額を、271万6,000円とするものであります。

 歳出には、同和地区住宅新築資金等貸付金及び同和福祉援護資金の償還業務に係る事務費、長期債の償還金、県費補助金の返還金を計上し、歳入には、貸付金の元利収入を計上いたしました。

 議案第26号は、市営駐車場事業予算の総額を、3,311万1,000円とするものであります。

 歳出には、会議所前、柳井駅南及び柳井駅前の各駐車場の管理委託料及び柳井駅前駐車場建設費に係る長期債の償還費を計上し、歳入には、各駐車場の使用料収入、一般会計からの繰入金等を計上いたしました。

 議案第27号は、土地開発事業予算の総額を、1億8,868万1,000円とするものであります。

 歳出には、公共用地等の先行取得の必要が生じた場合に備え、用地購入費を計上し、歳入には、土地開発基金収入等を計上いたしました。

 議案第28号は、簡易水道事業予算の総額を、2億3,423万4,000円とするものであります。

 歳出には、一般管理費として経常的経費を、伊保庄、阿月、平郡西、平郡東及び大畠の各簡易水道事業に維持管理費を、大畠簡易水道事業に工事費を、公債費として長期債償還元金、利子及び一時借入金利子に要する経費を計上し、歳入には、使用料、一般会計繰入金等を計上いたしました。

 議案第29号は、老人保健事業予算の総額を、50億9,223万5,000円とするものであります。

 歳出には、医療諸費などの所要の経費を計上し、歳入には、医療費に伴う支払基金交付金、国庫負担金、県負担金等を計上いたしました。

 議案第30号は、公共下水道事業予算の総額を、17億341万6,000円とするものであります。

 歳出には、設計委託料、管渠布設工事費及び維持管理費等の事業費、公債費、繰上充用金等を計上し、歳入には、負担金、使用料、国庫補助金、一般会計繰入金、市債等を計上いたしました。

 議案第31号は、農業集落排水事業予算の総額を、4億8,861万4,000円とするものであります。

 歳出には、殿畑地区の建設工事、各処理場、中継ポンプ維持管理費等の事業費、公債費及び繰上充用金を計上し、歳入には、使用料、県補助金、一般会計繰入金、市債等を計上いたしました。

 議案第32号は、介護保険事業予算の総額を、保険事業勘定28億6,206万3,000円、介護サービス事業勘定2,481万円とするものであります。

 まず、保険事業勘定の歳出につきましては、総務費に人件費ほか事務的経費、介護認定調査経費等を、保険給付費に居宅介護サービス等の給付費を計上し、地域支援事業費には介護予防事業費等を計上し、歳入には、介護保険料、国庫支出金、県支出金、支払基金交付金、繰入金等を計上いたしました。

 次に、介護サービス事業勘定の歳出については、サービス事業費として介護予防支援業務に要する経費を計上し、歳入には、支援業務に伴う収入を計上いたしました。

 議案第33号は、国民宿舎事業予算の総額を、9,042万4,000円とするものであります。

 歳出には、管理費として共済費、賃金、負担金補助及び交付金等を、運営費として需用費、役務費、委託料、原材料費等を計上し、歳入には、使用料、雑入、一般会計繰入金等を計上いたしました。

 議案第34号は、水道事業会計予算について、まず収益的収支として、収益的収入額8億2,836万1,000円、収益的支出額8億8,255万8,000円を予定するものであります。

 次に、資本的収支として、資本的収入額1億2,555万5,000円、資本的支出額2億2,722万5,000円を予定し、前年度に引き続き、第3期拡張事業及び配水管整備事業を実施するものであります。

 資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億167万円は、過年度分損益勘定留保資金並びに当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんする予定であります。

 議案第35号は、一般会計補正予算であります。

 今回の補正予算は、各事業の決算見込み等により、6億8,748万3,000円を減額するものであります。

 まず、歳出につきまして、総務費の企画費では、地域イントラネット基盤整備事業費の事業内容の精査等による減額を、一般管理費では、時間外勤務に係る職員手当の減額を行うものであります。

 民生費の老人福祉費では、介護保険事業会計繰出金及び老人保健事業会計繰出金の減額を行うものであります。

 衛生費の保健対策費では、決算見込みにより予防接種事業費等の減額を行うものであります。

 農林水産業費の農地費では、事業内容の精査により中山間地域総合整備事業費の減額を、海岸保全事業費では、事業延伸により鳴門漁港海岸保全整備事業費の減額を行うものであります。

 商工費の商工振興費では、補助金の確定により、バス路線維持対策事業費の減額を行うものであります。

 土木費につきましては、事業費確定、並びに県事業負担金の確定による補正を、また、都市下水路費では、公共下水道事業会計繰出金の増額を行うものであります。

 教育費につきましては、決算見込み等に伴う減額を行うものであります。

 次に、歳入につきましては、歳出予算に伴う特定財源を除く一般財源の主なものといたしまして、市税及び給与負担金等の雑入の増額、基金繰入金等の減額、並びに、各交付金及び地方交付税の決算見込みによる所要の補正を行うものであります。

 なお、繰越明許費5件につきましては、諸事情により各事業の進捗状況に伴うものであり、地方債の補正につきましては、各事業の補正に伴うものであります。

 議案第36号から議案第44号までは、特別会計及び水道事業会計に関する補正予算であります。

 議案第36号は、港湾整備事業について3,961万1,000円を増額するもので、柳井湾第2工区埋立地について、柳井バイパス用地として売却するため、用地売払収入を基金に積み立てるための補正を行うものであります。

 議案第37号は、土地開発事業について8万2,000円を増額するもので、用地取得費等の補正を行うものであります。

 議案第38号は、簡易水道事業について7,459万3,000円を減額するもので、国庫支出金、一般会計繰入金、市債等の補正を行うものであります。

 議案第39号は、老人保健事業について1億2,289万1,000円を減額するもので、一般管理費、医療諸費の医療給付費及び審査支払手数料の補正を行うものであります。

 議案第40号は、公共下水道事業について2,930万円を減額するもので、使用料、一般会計繰入金、市債、下水道事業費等の補正を行うものであります。

 議案第41号は、農業集落排水事業について412万6,000円を減額するもので、諸収入、市債、農業集落排水事業費等の補正を行うものであります。

 議案第42号は、介護保険事業の保険事業勘定において7,906万4,000円を減額するもので、介護給付費及び地域支援事業費について決算見込みによる減額を、医療制度改革に伴う介護保険システム改造経費及び基金積立金について増額を行うものであります。

 議案第43号は、国民宿舎事業について、歳入歳出予算の総額は変更せず、款項の金額を変更するもので、使用料及び手数料、繰入金、諸収入、休養施設費等の補正を行うものであります。

 議案第44号は、水道事業会計について、高料金対策補助金の確定に伴い一般会計繰入金が増加したため、収益的収入を1,245万4,000円、資本的収入を1万4,000円増額するものであります。

 諮問第1号及び諮問第2号は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。

 委員7名のうち、河岡洋子氏、亀石敏彰氏が任期満了となるため、引き続き推薦いたしたく、議会の意見を求めるものであります。

 報告第1号は、柳井市国民保護計画を作成しましたので、報告するものであります。

 報告第2号から報告第5号までは、損害賠償に関する和解及び額の決定に関するものであります。

 報告第2号は、県道光日積線における自動車事故に係る損害賠償について、報告第3号は、柳井中学校における自動車事故に係る損害賠償について、報告第4号は、柳井市尾の上における自動車事故に係る損害賠償について、報告第5号は、県道柳井玖珂線における自動車事故に係る損害賠償について、それぞれ専決処分を行いましたので、報告するものであります。

 報告第6号は、柳井市土地開発公社の経営状況について、報告するものであります。

 報告第7号は、平郡航路有限会社の経営状況について、報告するものであります。

 以上、提出議案等につきまして、その大要をご説明申し上げましたが、詳細にわたりましては、ご質問に応じまして、私及び関係参与からご説明申し上げますので、何とぞ慎重ご審議のほどお願い申し上げます。

〔市長降壇〕



○議長(松本哲男)  以上で、市長の説明を終わります。

 これより、1案ごとに審議に入ります。

 まず、議案第1号、柳井市副市長の定数を定める条例の制定について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 議案第1号について、補足説明を申し上げます。

 本年4月1日に改正地方自治法が施行され、助役制度に代わり副市長制度が発足することに伴い、柳井市副市長の定数を定める必要があることから、本条例を制定するものであります。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託をいたします。

 次は、議案第2号、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 議案第2号について、補足説明を申し上げます。

 改正地方自治法によって、収入役に代わって会計管理者を置くこと等に伴い、関連する諸条例や字句の修正等を行う必要があることから、一括して整理条例を制定するものであります。

 第1条から第6条までは、柳井市監査委員条例、市長等の給与に関する条例、柳井市旅費条例、柳井市職員退職手当支給条例、柳井市税条例及び柳井市特別職報酬等審議会条例の一部をそれぞれ改正するものでありまして、第7条は、収入役制度の廃止を受けまして、柳井市収入役事務兼掌条例を廃止するものであります。

 附則につきましては、本条例の施行日を改正法と同じく平成19年4月1日とするものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第3号、柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 議案第3号について、補足説明を申し上げます。

 長期継続契約につきましては、これまで地方自治法の規定により、電気、ガス若しくは水の供給若しくは電気通信役務の提供を受ける契約又は不動産を借り入れる契約に限り、年度を越えた契約を締結することができることとされておりましたが、平成16年11月の地方自治法施行令第167条の17の改正によりまして、これらに加えて、物品を借り入れ又は役務の提供を受ける契約で、その契約の性質上、翌年度以降にわたり契約を締結しなければ当該契約に係る事務の取扱いに支障を及ぼすようなもののうち、条例で定めるものについては、長期継続契約を締結することが可能となりましたことから、柳井市長期継続契約を締結することができる契約を定める条例を制定するものでございます。

 以下、条文を追って、ご説明申し上げます。第1条は、条例の趣旨を規定するものであり、第2条は、長期継続契約を締結することができる契約の種類を規定するもので、第1号と第2号は、物品を借り入れる契約の種類でございます。第3号から第8号は、役務の提供を受ける契約の種類でございます。第3条は、条例の施行について、規則に委任することの委任規定でございます。

 附則は、条例の施行日を規定するものでございます。

 本条例につきましては、県内他市においても、多くの市において、同趣旨の条例を制定しているところでございます。また、今から制定しようとしているところでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。東議員。



◆議員(東泰雄) 恐れ入りますが、ちょっとお尋ねいたします。

 こういうふうな長期継続契約という場合に、今まではそれぞれ、もちろん、何といいますか、入札等によって契約等を決めていたと思うのですが、一般的には、この長期契約というのは、何年ぐらいを想定しているのか。

 それと、もう1つは、それぞれ1号から8号まで、具体的な中身、業務の中身が書いてあるのですが、新年度から具体的に、何かこれは長期契約でやりたいのだと、そういうふうな計画があれば、お教えいただきたい。

 それと、もう1点、最後ですが、総括的ですが、長期契約の──先ほど、ちょっと説明もありましたが、いわゆるメリット、デメリットといいますか、その辺りを、もう1度お伺いしたいと思います。むしろ、デメリット的な面を  。



○議長(松本哲男)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 先ほども補足説明で申し上げましたが、いわゆる、今までは自治法の規定によりまして、長期継続契約が認められているものが、種類が少のうございました。その代替措置として、債務負担行為等をとってやってきたものでございますが、いわゆる時代の趨勢に合わないといいますか、いろいろな自治法の施行上について課題が出ておりまして、今回、自治法の改正に伴い、やったものでございます。

 2点目の質問で、何年を想定しておるかということでございますが、何年を想定するということの規定とか、目安があるものではございませんが、極めて長い複数年になることは少ないのではないかと、そのように承知をいたしております。

 それと、メリット、デメリットと申し上げますと、先ほどから申し上げておりますとおり、債務負担をとるか、若しくは単年度の契約しかできない。それで、自治法の規定上、先ほど言いましたように、電気、ガス等以外については、長期継続契約は自治法上想定をしていないという問題があり、時代の趨勢に合わないということが出てきました。そのことによって、いわゆる、法ギリギリといいますか、法の範囲内での債務負担行為とか、実情に合わない面も出てきてまいっております。そういう観点から、今回、自治法が改正されたものであると思っております。

 デメリットとして、今上げられておるものは、特には承知いたしておりませんが、長期継続契約になることを、すべてのものをこういう法令があるからということで、すべてをそうやるのではなく、1件ごとに慎重に対処していくことが必要であるのではないかと、そのように、私は承知いたしております。



○議長(松本哲男)  三島議員。



◆議員(三島好雄) ちょっと素朴な疑問なのですけれども、例えば、この第2条の(5)の庁舎等の清掃業務に関する契約についてでございますが、市内には清掃業者は複数あると思うのですけれども、これまでは機会均等といいますか、平等にチャンスを与えるということで、入札等でやられているとは思うのですけれども、これを1社に長期でするということは、そういう複数の業者に対する事業参入の機会を奪うことにはなりはしないかと思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(松本哲男)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 長期継続契約が、いわゆる入札等の手続をやめるというものではございません。それは、長期継続契約でありましても、入札というような競争性を低めるものではございません。おっしゃるとおり、毎年度入札があったものが、例えば、長期継続契約を2箇年にしようとか、3箇年にしようということで、それが至当であるということになれば、3回あった入札のチャンスが1回になるという面はございますが、長期継続契約になったから入札がなくなるとか、いわゆる見積り入札の形にいたしましても、そのことが終わるというものではございません。



○議長(松本哲男)  三島議員。



◆議員(三島好雄) それであれば、今、東議員さんからもご指摘がございましたが、例えば2年とか3年とか、これケース・バイ・ケースだと思いますけれども、はっきりしないと、若干、不公平感はぬぐえないのではないかと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(松本哲男)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) ご案内のとおりと存じますが、地方公共団体等が契約をする契約案件は、多岐にわたっております。それは、かなりの種類がございます。その中で、従前どおり単年度でやっていくことが一番効率的で、財産上も有利であるということであれば、単年度でやると存じます。しかしながら、初期投資がかかったり、交替することによって費用がかかるものもございます。そういうことで、今、2人の議員からご質問がありましたが、そういうことはケース・バイ・ケースで、単年度にするもの、2年度、3年度にするもの、交替による初期投資が物すごくかかるものであれば、もう少し長い複数年になること、ケース・バイ・ケースだと思っております。



○議長(松本哲男)  三島議員。



◆議員(三島好雄) 今おっしゃることは、よくわかるのですけれども、例えば、ちょっと5番にこだわってみますが、清掃業務については、初期投資というものはかからないと思いますし、この議案を通すことによって、清掃業務に関する契約が、これは自動的に複数年、しかも、年数もはっきりしていないということであれば、これはやはり、ちょっと承服をしかねることだと私は思いますけど、いかがでしょうか。



○議長(松本哲男)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) ちょっと誤解があるようですが、この条例が通れば、自動的になるものではございません。1件ごとに審査し、複数年のものもあれば、単年度の契約で──単年度の契約が、先ほど言いましたとおり、優位性があり、予算の縮減につながるものであれば、そうしますので、自動的にこの条例が入ったから、すべてのものが複数年の契約になるものではございません。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。河北議員。



◆議員(河北洋子) 第3条の、「この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める」とありますが、必要な事項というのは、どういった事項があるのでしょうか。



○議長(松本哲男)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) これは委任、いわゆる委任規定でございまして、条例施行におきまして、今後、他市の条例等も、また、先行市の条例も鑑みますが、その施行上、規定せざるを得ないことがあれば、それをしてまいります。そういうことでございます。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第4号、柳井市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 議案第4号について、補足説明を申し上げます。

 休息時間を廃止するため、人事院規則の一部が改正されたことに伴い、条例の一部を改正する必要がありますので、改正するものでございます。

 第7条は、休息時間についての規定を削除するものでございます。

 附則につきましては、本条例の施行期日を規定するものであります。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第5号、柳井市議会議員等報酬及び費用弁償支給条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 議案第6号について、補足説明を申し上げます。

 農業委員の調査等の出務費用弁償の廃止に伴い、所要の字句の修正を行う必要がございますことから、条例の一部を改正するものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託をいたします。

 次は、議案第6号、柳井市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 議案第6号について、補足説明を申し上げます。

 人事院勧告等の改正に準じまして、扶養手当のうち、3人目以降の子等の支給月額を「5,000円」から「6,000円」に改正するものであります。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第7号、柳井市手数料条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。企画部長。



◎企画部長(林幹男) 議案第7号について、補足説明を申し上げます。

 本議案は、地方自治法第227条の規定に基づきまして、特定の者のためにする事務につきまして徴収するところを定めた柳井市手数料条例、別表に、「地籍調査の成果の交付1件につき200円」を加えるものであります。

 地籍調査につきましては、旧大畠町は昭和42年度から46年度の5年間で実施し、旧柳井市は昭和54年度から今年度まで調査を行い、全地域の地籍調査を完了いたしました。今後は成果の管理を行っていくこととなることから、手数料として今回の改正をお願いするものであります。

 なお、施行期日につきましては、2箇月間の周知期間を考慮いたしまして、6月1日からといたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 ここで、お諮りいたします。次の議案第8号及び議案第9号の2件については、関連がありますので、一括して審議を行いたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、一括して審議を行うことに決定しました。

 それでは、議案第8号、柳井市道路占用料徴収条例の一部改正について、議案第9号、柳井市法定外公共物管理条例の一部改正についての2件について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) それでは、議案第8号及び議案第9号について、一括補足説明をさせていただきます。

 このたびの改正は、道路法施行令の一部改正に伴うものでございます。柳井市道路占用料徴収条例及び柳井市法定外公共物管理条例の一部改正をするものでございます。

 改正内容といたしましては、別表中の「地下電線その他地下に設ける線類」を「地下に設ける電線その他線類」に用語を改正するものでございます。また、自転車等の駐車に必要な器具の設置に係る道路の占用が認められることとなったために、このことを受けて、別表に新たに占用料に係る規定を定めるものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。これら議案2件について、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。それでは、議案第8号及び議案第9号の2件は、なお慎重審議を要しますので、いずれも建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第10号、柳井市町並み資料館条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。教育次長。



◎教育次長(中村正明) それでは、議案第10号について、補足説明を申し上げます。

 本議案は、町並み資料館利用者の実態に鑑み、加えて、施設の効率的かつ合理的な利用を図るため、本年4月1日から休館日及び開館時間等の変更を行うことに伴い、柳井市町並み資料館条例の一部改正を行うものでございます。

 それでは、条文に沿ってご説明をいたします。第3条第1号では、休館日について、従来の月曜日に加えて木曜日を休館日とするものであります。また、ただし書きにより、休館日が国民の祝日に関する法律に規定する休日となった場合は、休日の翌日とする改正であります。同条第2号は、従来どおり、12月29日から翌年の1月3日までを休館日とするものであります。

 第4条の改正は、開館時間について、現行の午前8時30分から午後5時までの開館時間について、入館状況を鑑み、午前10時から午後5時までを開館時間とする改正でございます。

 別表の改正は、開館時間の改正に伴う使用料について、改正及び改正に伴う字句を改正するものでございます。

 なお、本資料館の管理につきましては、4月1日から柳井市観光協会に代わり、白壁の町並みを守る会が管理することとなっております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第11号、柳井市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) 議案第11号について、補足説明を申し上げます。

 このたびの改正は、第2条第2項で給水区域を定め、括弧書きで、柳井地区のうち、黒杭、横川、石井及び上馬皿を除くとしております。これは、今日まで水圧の関係で、上馬皿地区等を給水区域対象外としておりましたが、平成12年度に広域水道企業団からの受水に伴い、第1配水池を新設したことと、第3期拡張事業で管路も年次整備を進め、水圧も高くなり、給水が可能となりましたので、括弧書きのうち、上馬皿を削除し、給水区域とするものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第12号、柳井市特別児童福祉手当条例の廃止について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) それでは、議案第12号について、補足説明を申し上げます。

 本議案は、昭和47年4月に制定いたしました、単市事業であります特別児童福祉手当を、平成19年度より廃止するものであります。この特別児童福祉手当は、精神又は身体に障害を有する児童の保護者に月額2,000円を支給するものですが、国制度の特別児童扶養手当、障害児福祉手当と重複している現状と、障害者自立支援法による任意の市町村事業、これは日中一時支援事業、移動支援事業でございますが、これらの充実を図るために廃止するものであります。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。光野議員。



◆議員(光野恵美子) 重複しているという条例とかもありますが、その内容には年齢差もあるというふうに見受けられますが、今までの受給者への影響はどのぐらいのことを、どういうふうになっているのでしょうか、それに対する対策は  。



○議長(松本哲男)  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) この制度は、先ほど申しましたように、昭和47年に制定したわけでございますが、当時、特別児童扶養手当というものが月額2,900円だったと思いますけど、非常に少額であったということがございます。現在は、1級の方については月額5万750円、2級の方については月額3万3,800円というふうになっております。現在、対象者は38名、この手当の関係については38名いらっしゃいますが、ほとんどの方が内容的には同じでございますので、重複しているという状況がございまして、そういった推移の中で、今後、これらを見直しをさせていただいたというものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第13号、柳井市交通災害共済条例の廃止について、補足説明があれば、これを求めます。市民部長。



◎市民部長(園田隆) 議案第13号について、補足説明を申し上げます。

 本議案は、昨年、平成18年10月1日より、交通災害共済事業が山口県市町総合事務組合において共同処理されることとなったため、平成19年4月1日をもって、柳井市交通災害共済条例を廃止するものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 ここで、お諮りいたします。次の議案第14号から議案第16号までの3件については、関連がありますので、一括して審議を行いたいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、一括して審議を行うことに決定しました。

 それでは、議案第14号、柳井地区広域事務組合規約の変更について、議案第15号、周東環境衛生組合規約の変更について、議案第16号、柳井地区広域消防組合規約の変更についての3件について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。

 地方自治法の一部改正に伴い、所要の規約の改正が必要となりました。したがいまして、議案第14号で柳井地区広域事務組合規約の変更を、議案第15号で周東環境衛生組合規約の変更を、議案第16号で柳井地区広域消防組合規約の変更をお願いするものでございます。

 内容は若干の変更がございますが、いわゆる助役が副市長になり、収入役制度が廃止になり、そういうことの一連のご説明を申し上げました関連で、3つの規約の変更が必要となったものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。これら議案3件について、質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。それでは、これら議案3件は、なお慎重審議を要しますので、議案第14号及び議案第16号の2件は総務文教常任委員会に付託し、議案第15号は厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第17号、山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更について、補足説明があれば、これを求めます。総務課長。



◎総務課長(大井清教) 議案第17号について、補足説明を申し上げます。

 山口県市町総合事務組合規約第8条及び第9条の改正につきましては、地方自治法の一部改正に伴い、収入役制度を廃止し、会計管理者を置くものであり、別表の改正につきましては、平成19年3月31日限り、山口県市町総合事務組合から阿武地方老人福祉施設事務組合を脱退させ、同日限り、交通災害共済事務の共同処理団体から下関市及び山口市を除くものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、委員会付託を省略したいと思います。これに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、本案は、委員会付託を省略することに決定しました。

 次に、本案について、討論はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  討論を終結いたします。

 お諮りいたします。本案を、原案のとおり可決することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、議案第17号は、原案のとおり可決されました。

 それでは、11時10分まで、休憩といたします。

午前10時58分休憩

                              

午前11時10分再開



○議長(松本哲男)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、議案第18号、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者の指定について、補足説明があれば、これを求めます。企画部長。



◎企画部長(林幹男) 議案第18号について、補足説明を申し上げます。

 本議案は、柳井市平郡西テレビ放送共同受信施設の指定管理者として、平郡西地区テレビ共同受信組合を引き続き指定するための議案でございます。なお、指定管理者の指定期間は、1年でございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第19号、辺地に係る総合整備計画の策定について、補足説明があれば、これを求めます。企画部長。



◎企画部長(林幹男) 議案第19号につきまして、補足説明を申し上げます。

 本計画は、平郡地区と本土との格差の是正を図るため、平郡東及び平郡西辺地に係る総合整備計画を策定するものであります。

 現行計画は、平成14年度から5箇年を経過し、本年度末をもって期限切れとなるため、新たに平成19年度から平成23年度までの5箇年を計画期間とする総合整備計画を策定しようとするものであります。

 なお、この計画を策定することにより、これに基づき実施する公共的施設の整備に係る経費について、辺地対策事業債の充当を可能とするものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第20号、平成19年度柳井市一般会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。別冊となっております薄いほうでございますが、平成19年度予算書をお願いいたします。

 1ページをお願いいたします。平成19年度柳井市一般会計予算は、総額を152億1,800万円と、第1条で定めるものでございます。第2条は債務負担行為を、第3条は地方債を、第4条は一時借入金の額を、第5条は歳出予算の流用について、定めるものでございます。

 1ページあけていただきまして、2ページ、3ページ、さらには4ページの上段にございますが、これは、議会で議決を賜ります歳入の款及び項の金額を定めるものでございまして、5ページ、6ページは、歳出の款及び項の額を定めるものでございます。

 続きまして、7ページは債務負担行為でございまして、事項で掲げておりますように、柳井市土地開発公社用地取得造成事業、平郡航路有限会社運営資金借入金損失補償、固定資産土地路線価業務委託料、老人福祉施設整備関係借入金償還補助金、農業経営基盤強化資金利子補給金、農業近代化資金利子補給金、新規就農資金、漁業近代化資金利子補給金につきまして、それぞれ右側に掲げます期間、限度額の範囲内で債務負担行為をするものでございます。

 ページをあけていただきまして、8ページ、9ページが地方債でございます。一般公共事業債、災害復旧事業債、辺地及び過疎対策事業債をはじめ、8ページ、9ページに掲げておる地方債を予定しておるところでございます。

 続きまして、厚いほうでございますが、平成19年度山口県柳井市予算説明書となっておりますが、これをお願いいたします。以下、ページを追いまして、ご説明申し上げます。

 9ページでございます。9ページは、市税でございます。まず、市民税は、個人及び法人につきまして、それぞれ3億4,499万8,000円、8,596万円の増額を予定しておるところでございまして、個人市民税につきましては、所得については、ほぼ横ばいと見込みましたが、税源移譲による所得割の税率が10%に統一されることの影響や、定率減税の廃止などを勘案し、予算を計上いたしました。法人市民税につきましては、主要法人の動向及び平成18年度の実績などを踏まえまして、予算を計上したところでございます。

 下段が固定資産税でございます。固定資産税の主な減額要因は、次ページの上段にありますが、償却資産に係る大規模償却資産の減少を見込んで計上いたしておるところでございます。

 1ページあけていただきまして、10ページでございますが、ここからは、市税のうち、軽自動車税、市たばこ税、入湯税、12ページにおきましては都市計画税、それぞれ国から示されました地方財政計画並びに諸般の事情を勘案して、計上いたしておるところでございます。

 次に、地方道路譲与税、所得譲与税につきましても減額になっておりますが、財政計画に基づき、予算を見込んでおるところでございます。

 次に14ページでございますが、利子割交付金、配当割交付金、これも、示された計画に基づき、算出したところでございます。

 16ページをお願いいたします。ゴルフ場利用税交付金につきましても、また、自動車取得税交付金につきましても、計画並びに昨今の情勢を勘案いたしまして、計上いたしております。

 17ページの中段から、地方特例交付金、特別交付金でございます。これにつきましては、平成11年度の恒久減税に伴う減税補てん措置が廃止されましたので、平成18年度の児童手当の拡充に伴う地方負担追加分を補てんする児童手当分として見込み計上するものでございまして、下の特別交付金につきましては、減税補てん分の長期地方特例交付金が廃止されましたので、経過措置として創設されたものでございまして、想定される額を計上いたしております。

 次の地方交付税でございますが、これも地方財政計画を勘案しまして、計上いたしております。今回の税源移譲等のこともございまして、1億9,500万円の減額となり、38億6,000万円を見込んでおるところでございます。以下、歳出に見合うものを計上いたしておるところでございます。

 それでは、ページが飛びますが、38ページをお願いしたいと思っております。38ページの下段でございますが、不動産売払収入を考えております。旧学校給食センター用地ほか、売却が可能であるということ、また、見込まれるものにつきまして、予算計上を申し上げておるところでございます。

 40ページをお願いいたします。40ページは基金の繰入金でございまして、中ほどの2段目、財政調整基金の繰入金として3億1,432万7,000円、公共施設整備基金繰入金として1億100万円、地域福祉基金繰入金として3,183万円を見込んでおるところでございます。この基金の残高につきましては、本日、参考といたしまして基金残高の見込み表を、現在のところの見込める額を計上いたしておるところでございます。

 次は、48ページをお願いいたします。48ページの下段からが市債でございまして、今年度につきましては9億4,260万円を想定いたしておりまして、前年度対比で7億8,130万円の減額を、当初予算では減じておるところでございます。

 それでは、歳出に移ります。50ページからお願いいたします。

 先ほどの市長の提案説明にございましたように、50ページからは議会費でございまして、市の最高議決機関として必要な経費について、計上させていただいておるところでございます。

 1ページあけていただきまして、52ページの下段でございまして、総務管理費の一般管理費でございます。ページ下の53ページの職員手当等につきまして、期末勤勉手当、退職手当、時間外勤務手当等を計上いたしておるところでございまして、退職手当につきましては、定年退職者14人分を予定しておるところであり、時間外勤務手当につきましては、縮減を図っておるところでございます。特に大規模な災害がない限りは、この費用でおさめたいと考えております。

 1ページめくっていただきまして、大きなものとすれば11節・需用費ですが、光熱水費、これは庁舎の光熱水費でございます。委託料で大きなものは、この庁舎の管理業務委託料並びに自治会長さんへの委託料が主なものでございます。

 1ページめくっていただきまして、文書費をお願いいたします。下の57ページの中段でございますが、大きなものは文書の送付の費用、通信運搬費で1,311万6,000円を想定いたしておるところでございます。

 次はページが飛びますが、60ページをお願いいたします。ここは財産管理費でございますが、大きなものといたしましては、3分の1ぐらい上段でございますが、負担金補助及び交付金のところで、山口県災害基金事務負担金で1,560万円を想定いたしておるところでございます。

 次からが企画費でございまして、企画費の大きなものといいますと、1ページあけていただきまして、62ページの最下段から、さらに63ページに移りますが、ケーブルテレビ整備推進事業補助金で4億9,774万5,000円を計上いたしておりますが、各家庭までのケーブル網の整備でございまして、柳井市の中心部、新庄の一部、伊保庄の一部、大畠の遠崎地区が、これにより整備されるものと考えておるところでございます。

 続きまして、またページは飛びますが、66ページをお願いいたします。66ページの電算管理費でございます。ここで大きなものにつきましては、13節・委託料にございます電算システムの保守管理の委託料が1,357万円を、それと、電算の開発等のための技術者派遣委託料1,130万円が多額なものでございます。

 続きまして、69ページ、ここは賦課徴収費でございます。70ページの一番上でございますが、不動産鑑定評価業務委託料1,342万9,000円を掲げておりますが、3年に一度の評価替えに伴い、不動産の鑑定評価業務を委託するものでありまして、最下段の償還金利子及び割引料では、市税の還付金を見込み計上いたしておるところでございます。

 次からが戸籍住民基本台帳費、次のページからになります。ここで大きなものは、1ページあけていただきまして、72ページでございます。これの中段辺りでございますが、使用料及び賃借料で、戸籍情報システム使用料で1,043万2,000円を、ソフトについては富士ゼロックスシステムサービス、ハードについてはセンチュリー・リーシング・システムに、それぞれ委託をする予定にいたしておるところでございます。

 1ページあけていただきまして、74ページでございます。市長の提案説明もございましたように、参議院議員選挙費並びに県議会議員選挙費につきまして、必要な経費を計上させていただいておるところでございます。大部分は国県の費用でもって、支弁するものでございます。

 続きまして、81ページから民生費に移ります。1ページあけていただきまして、社会福祉総務費の中で大きなものといたしましては、83ページの負担金補助及び交付金で、中段にございます柳井市民生児童委員協議会補助金でございまして、1,087万4,000円を計上し、これは、民生児童委員協議会の活動費でございます。4つぐらい下の段になりますが、総合福祉センターの管理運営費の補助金1,002万3,000円、同じく社協職員雇用費補助金1,971万4,000円が、多額な経費となっておるところでございます。

 1ページめくっていただきたいと思います。84ページが身体障害者福祉費でございまして、ここで費用を要するところといいますか、大きな歳出につきましては、次ページに移りますが、扶助費の重度心身障害者医療費1億9,999万7,000円でございます。

 1ページあけていただきまして、86ページの下段からが障害福祉費でございます。障害福祉費につきましては、13節・委託料で地域活動支援センター機能強化事業委託料1,200万円、これは、地域支援センター等の相談業務等の委託でございます。負担金補助及び交付金では、施設入所給付費負担金、上から3つ目でございますが、2億3,472万9,000円、そして、3つあけまして、生活介護負担金2,029万8,000円、就労継続支援負担金4,115万円を掲げておるところでございます。

 1ページあけていただきまして、下のほうのページで、89ページから老人福祉費となります。この中では、さらに1ページあけていただきまして、委託料で、中段付近から始まりますが、平郡デイサービス運営事業委託料1,293万4,000円、緊急通報体制整備事業委託料1,276万7,000円、それと、昨年度から用意をいたしておりますが、後期高齢者医療制度システム開発委託料4,147万7,000円、さらには、次のページに移りまして、負担金補助及び交付金の中で、同じく後期高齢者医療広域連合の負担金905万8,000円、扶助費では、上から3つ目の行でございますが、老人施設委託費で1億195万5,000円、さらには、繰出金では、ここで所管しております介護保険事業会計への繰出金4億1,115万8,000円、老人保健事業会計への繰出金4億610万6,000円が多額な経費となっておるところでございます。

 それでは、95ページから児童福祉費に移ります。児童福祉費では、1ページあけていただきまして、96ページの委託料で、上段にございますように、私立保育所委託料が5億7,321万6,000円、延長保育促進事業委託料5,036万1,000円、子育て支援センター事業委託料2,308万5,000円等、いわゆる児童に関する費用を掲げておるところでございまして、次のページの下段からは児童措置費が始まりまして、児童手当に係る経費が児童手当の被用者、非被用者、特例給付、小学校修了前被用者、小学校修了前非被用者、小学校修了前特例給付、児童扶養手当等々、総額で3億6,945万8,000円を見込んでおるところでございまして、次のページ、98ページの最上段では、乳幼児の医療費として4,261万5,000円を見込んでおるところであり、中段からの母子福祉費で大きな費用としましては、母子家庭の医療費として、扶助費に1,973万1,000円を見込んでおるところでございます。

 次のページの下段からは、99ページからでございますが、柳井南保育所、さらに、101ページからは、大畠保育所に要する費用を見込んでおるところでございます。

 103ページからは、民生費の生活保護費でございますが、1ページあけていただきまして104ページ、下段で扶助費が始まります。4億5,850万円を見込んでおり、これの主な支出といたしましては、扶助費で医療扶助、生活扶助、住宅扶助、並びに施設事務費で4,082万3,000円を見込んでおりまして、これは、救護施設に入るための事務費を計上いたしておるところでございます。

 1ページあけていただきまして、下のほうのページの107ページで、保健衛生総務費に入ります。保健衛生総務費では、107ページの最下段の委託料で、いわゆる在宅当番医制事業委託料で、これは柳井市医師会に対する委託料でございまして、2,032万9,000円。

 また、次に1ページあけていただきまして、108ページでは、負担金補助及び交付金に、救急医療施設運営費補助金、病院群輪番制でございまして、周東病院、大和病院を想定いたしておりますが、3,819万3,000円を予定いたしておるところでございまして、ここの繰出金としましては、平郡診療所事業会計繰出金が2,331万7,000円、さらには、簡易水道事業会計繰出金が8,483万8,000円を予定しておるところでございます。

 その下でございますが、保健対策費では、ご案内のように、次のページの最下段にございますが、個別予防接種の委託料、集団予防接種の委託料、基本健康診査の委託料等、所要の額を見込んで計上いたしておりまして、110ページでは、上から2段目でございますが、がん検診の委託料として1,132万4,000円を見込んでおるところでございます。

 それでは、ページが飛びますが、113ページをお願いいたします。ここから、環境衛生費でございます。主要とすれば、1ページあけていただきまして、114ページの負担金補助及び交付金で、浄化槽の設置整備事業補助金3,843万9,000円を見込んでおりまして、この負担金補助及び交付金の最下段には、広域水道企業団への補助金として2,241万2,000円、投資及び出資金では、広域水道企業団の出資金として5,002万7,000円を予定しておるところでございます。

 次に、斎苑管理費がその次でございますが、1ページあけていただきまして、委託料の中段でございますが、管理業務委託料でございますが、専門的業務につきまして、専門員の人件費に当たる部分が大きいと存じますが、2,049万5,000円を想定いたしておるところでございます。

 次のページ、117ページから塵芥処理費が始まります。塵芥処理費では、ページを飛んでいただきまして119ページ、ここで大きなものは、委託料の上から3つ目の不燃物カン金属類収集委託料、古紙収集業務委託料につきましては、入札若しくは見積り入札の形で、処分費用を見込んでおるところでございます。

 1ページあけていただきまして、120ページ、ここから労働費でございまして、労働費の主なものは、市長の提案説明と重複いたしますが、121ページのシルバー人材センターの補助金1,237万円、これが大きなものでございます。

 続きまして、124ページからの農業振興費でございます。農業振興費につきましては、125ページ、下のページの下から3分の1程度のところにございますが、担い手組織育成事業補助金1,155万8,000円、これは農事法人のウエスト・いかちを予定しておるようでございます。あくまでも予定でございますが、そういうことで、それから、下の中山間地域等直接支払交付金6,431万2,000円につきましては、協定に基づく各集落に対して支払いを予定しておりまして、最下段のフラワーランド管理運営補助金につきましては2,391万6,000円で、財団に支出を予定いたしておるところでございます。

 ページが飛びまして、128ページから農地費に移ります。ここで大きなものにつきましては、次のページ、129ページの委託料でございまして、上から4つ目で換地業務委託料2,164万5,000円で、伊陸西部の換地業務の委託につきまして、土改連に委託することを予定いたしておるところでございます。

 さらに、1ページあけていただきまして、工事請負費で1,049万3,000円を予定いたしておりますが、ここに書いておりますように、余田尾林の水路工事費、農道の整備工事費、かんがい排水工事費を予定いたしております。

 負担金補助及び交付金につきましては、県事業負担金2,794万2,000円でございますが、これは、鳴門地区の農業集落道と白潟の排水路が主なものでございます。

 次の県営ほ場整備事業負担金1,543万8,000円は、大里と伊陸西部を予定いたしておりまして、中段にいきまして、県営広域農道整備事業負担金は、遠崎から柳井の上田まで4,200万円を想定し、それから、さらに5つ目でございますが、県営かんぱい事業償還補助金1,954万5,000円は、石井ダムに関連するものでございます。

 次のページで中段の最下段、繰出金については、農業集落排水事業会計への繰出金で、これが9,608万2,000円を想定いたしておるところでございます。

 次は、ページが飛びますが、137ページから海岸保全事業費が始まり、さらに1ページあけていただきまして138ページ、13節の委託料でございますが、実施設計委託料については、鳴門漁港海岸の遠崎地区を予定しておるところでございまして、工事請負費はここに掲げておりますように、鳴門漁港海岸保全施設整備工事費、漁港海岸施設補修整備工事費を予定いたしておるところでございます。

 次のページから、商工費に移ります。商工振興費でございますが、ページをあけていただきまして、140ページの負担金補助及び交付金で、いわゆる離島航路の補助金3,792万2,000円、1つあけまして、地方バス路線維持対策補助金4,043万6,000円を予定しておりまして、貸付金としましては、市制度融資預託金4億1,800万円、商工中金の預託金を5,000万円、予定いたしておるところでございます。

 次が観光費でございまして、ページをあけていただきまして、下のページの143ページでございまして、負担金補助及び交付金の下から4つ目でございますが、観光協会への補助金として1,087万5,000円、さらには、28節の繰出金におきまして、国民宿舎事業会計への繰出金614万6,000円を想定いたしておるところでございます。

 それでは、土木費に移りますが、148ページをお願いいたします。148ページ、下段からの道路新設改良費に2億4,461万5,000円をお願いいたしております。これは、下の149ページの工事請負費1億597万8,000円で、市道整備工事費、第2種交通安全対策工事費を予定しておりまして、後地末広線ほか7路線を現在計画しております。

 さらに、ページをあけていただきまして、150ページでございますが、公有財産購入費の1億395万8,000円は、後地末広線を予定いたしておるところでございます。

 さらに、あけていただきまして、153ページの下のほうでございますが、港湾費では県事業負担金9,285万円で、柳井港フェリーターミナル整備事業費9,285万円を、その下のページからは都市計画費が始まりまして、都市計画総務費では繰出金で、次の154ページの下のほうでございますが、3駐車場への繰出金、市営駐車場事業会計繰出金を予定しております。

 次に、街路事業費では、さらにページをあけていただきまして、156ページでございますが、1億99万円を工事請負費で計上し、街路用地保全等工事費と、柳井小学校建設工事費の補償分でございますが、これは理科研修棟、ことばの教室棟が主なものでございます。

 17節の公有財産購入費につきましては、用地購入費で2,987万円は、古開作線を予定しております。これは、いわゆる駅のこちら側で、駅南のほうでございますが、古開作線を公社からの買い戻しを予定いたしております。

 次の都市下水路費では、大きなものは繰出金でございまして、28節でございます。5億6,316万円でございまして、公共下水道事業会計への繰出金で、ルール分を計上いたしております。

 次の都市公園費では、委託料が大きなものがございまして、いわゆる植栽管理業務委託料では、ウェルネスパークをはじめ、19の都市公園を予定いたしております。

 次に、住宅管理費に移ります。ページとすれば、160ページをお願いいたします。160ページでございます。工事請負費の下から2つ目の段でございますが、4,188万円は市営住宅の補修工事費、排水改良等の工事費、市営住宅の解体工事費を予定いたしております。

 次のページから、消防団員等のお世話をする消防団員報酬を、報酬で1,175万5,000円を想定し、ページをあけていただきまして、同じく消防団員に対する旅費の中にあります出務費用弁償で1,256万2,000円を想定し、次のページの負担金補助及び交付金につきましては、県事業負担金2,078万1,000円は、防災ネットワーク構築事業につきまして想定されるものであり、大きなものとしましては、1つあけまして、広域消防組合負担金5億2,814万円でございます。さらには、消防団員補償等事務負担金として1,183万円を計上いたしておるところでございます。

 次に、165ページからは、教育費に移ります。ページが飛びますが、167ページで、ご理解を得て学校統合を進めておりますが、167ページの下から3分の2程度のところにございます委託料に、スクールバス運転業務委託料1,448万円を計上し、日積小学校、柳井南小学校並びに柳井中学校に、4台のスクールバスの運行経費でございます。

 1ページあけていただきまして、168ページでは、負担金補助及び交付金に指導主事の給与費負担金を、さらには幼稚園費では、幼稚園就園奨励費補助金で1,100万1,000円を予定しておるところでございます。

 169ページからは、小学校費でございます。学校管理費の中で、次のページで170ページの中段でございますが、需用費の光熱水費2,800万円、工事請負費では施設の改修工事費等で、次のページの工事請負費に1,831万円を、それぞれ必要なものから、順次整備していく予定でおります。

 さらに、ページが飛びますが、175ページからは中学校費でございまして、学校管理費で、同じく光熱水費で1,500万円をお願いするところでございます。

 180ページからは、社会教育費でございます。社会教育費では、さらにページをめくっていただきまして、182ページで、最上段の報酬で公民館主事報酬がございまして、1,121万3,000円で、8人の方を想定いたしておるところでございます。

 それでは、ページが飛びますが、190ページをお願いいたします。額は大きくございませんが、柳東文化会館につきましては、電源立地促進対策金を充当した事業でございまして、経年劣化等もございまして、191ページで空調設備改修工事を想定しておりまして、これは上覧、上ページにありますように、いわゆる基金を充当しての工事を予定いたしておるところでございます。

 また、ページが飛びますが、197ページをお願いいたします。197ページ、ここからは保健体育総務費でございまして、197ページの最上段でございますが、学校医の先生等への報酬を、さらに、1ページめくっていただきまして、199ページでは扶助費で、いわゆる医療扶助、給食扶助等を想定いたしております。給食センターでは、臨時雇賃金をはじめ、次のページにありますように、給食の輸送につきましては民間委託をしておりますので、給食輸送業務委託料2,214万8,000円を想定いたしておるところでございます。

 それでは、ページが飛びまして、202ページをお願いいたします。体育施設でございまして、体育施設費と書いてある右側を見ていただきますと、国県支出金で1,464万2,000円となっておりますが、これは県の補助金を想定いたしておりまして、これの充当先とすれば、次のページの工事請負費で、体育館第2競技場床整備工事費ほか3つの事業を予定いたしておりますが、皆様方のご支援によりまして、体育施設の改修を予定しております。これは、国体の開催、卓球会場になる予定でございますが、それの準備のための費用と存じます。

 さらに、めくっていただきまして、205ページでございますが、ウェルネスパークの管理費でございまして、これにつきましては、委託料の中段辺りでございますが、企画運営業務の委託料、さらにはプールの監視等の委託料、これが大きな額でございます。

 さらに飛びます。208ページをお願いいたします。公債費でございます。公債費につきましては、元金として、17億8,129万6,000円を長期債償還元金、また、5億3,390万4,000円を長期債償還利子、一時借入金の利子として想定しております。その下の諸支出金では、水道事業会計への繰出金を想定いたしておるところでございます。

 1ページあけていただきまして、210ページでございますが、予備費でございます。予備費でございますが、5,000万円を確保したいところですが、予算を担当しております私とすれば、そうなのでございますが、昨今の情勢を鑑み、1,000万円の減額をし、4,000万円を計上いたしておるところでございます。

 さらには、次のページから給与費の明細書を掲げ、さらに、216ページからは債務負担行為に関する資料を、それと、219ページでは、地方債の前々年度末における現在高等々の資料を添付いたしておるところでございます。

 さらに、消費税に関する調書につきましては、本日、お手元に、消費税影響額調の資料を、基金につきましては、先ほどと重複いたしますが、平成18年度3月補正後の基金残高見込額表を添付させていただいているところでございます。

 さらに、お手元には、平成19年度当初予算の概要ということで、当初予算の概要、それから財政関係指標等々、必要と思われる資料について、添付申し上げておるところでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  それでは、午後1時まで、休憩といたします。質疑につきましては、午後からといたします。

午前11時56分休憩

                              

午後1時00分再開



○議長(松本哲男)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 午前中に、平成19年度の一般会計予算についての補足説明を受けたわけですが、それでは、ただいまから、質疑に入ります。

 本案は、広範囲にわたる内容となりますので、これ3つの範囲に分けて行います。まず、歳出を2つに分け、第1款・議会費から第6款・農林水産業費までを、最初の質疑の範囲といたします。次に、第7款・商工費から歳出の終わりまでを、次の質疑の範囲といたします。そして、最後に、歳出を除く予算全般についてという順序で、質疑を行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、まず、予算説明書50ページの議会費から、138ページの農林水産業費までの質疑を許します。──質疑はありませんか。東議員。



◆議員(東泰雄) 誰もやらないので、1つぐらい聞いておかないといけないと思いまして  。これは私の所管に関わるかと思いますので、あれなのですが、どこで見たのでしたか、去年と比べて扶助費が大きく減っているように思います。予算規模そのものは152億円でしたか、昨年に比べては、かなりスリムになって、私はこの総額については、それなりに納得はしているのですが、ただ、その中で、確かに建設事業費とかが、かなり圧縮されています。それなりの工事が終わってきたということも理由にあるかもしれませんが、その中で気づきが──ちょっと確定申告が忙しくて、予算を見ている暇がありませんでした。

 ちょっと、私のメモで言いましょう。扶助費で言えば、昨年、平成18年と平成19年とで、総額7,600万円の減額になっています。それで、何かここで見ていたら、前年対比でかなり、90%ラインに圧縮をするということがどこかにあったのですが、いわゆる扶助費の圧縮は、前年対比のパーセントでいっているのか、実質でいっているのか。これは、実は、扶助費は主には厚生関係、生活保護費等がありますし、教育費のほうにもまじっているので、ちょっと地域が越えている部分がありますが、いわゆる扶助費削減についての予算の計上の仕方について、お教えいただけたらと思います。



○議長(松本哲男)  財政課長。



◎財政課長(山中孝之) ご指摘のように扶助費は下がっておりますが、これにつきましては、実績に基づきますもの、それから、内容の精査に基づきますもので、特にここに枠をはめて、削減したものではございません。その中身につきましては、生活保護の扶助費、これが約3,800万円、それから、老人施設委託の関係、これが1,350万円、教育関係が550万円という内訳になっております。



○議長(松本哲男)  東議員。



◆議員(東泰雄) その中の──うちの委員会だから、言いにくいのですが、先ほど、生活保護費関係で、3,000何百万円とおっしゃいましたか。私の計算では3,700万円になっているのですが、まあ、いずれにせよ、半額はこの生活保護費の関係ですね。つまり、今、大変厳しい状況で、保護申請者等は──これは委員会でもやりますけれども、増えつつあるような気がするのですが、これが圧縮されるということは、かなり行政のところでご無理がありはしないかというのが、私の考えです。これは委員会でやりますので、答弁は結構ですが  。以上です。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  以上で、農林水産業費までの質疑を終わります。

 次に、139ページの商工費から、歳出の終わりまでの質疑を許します。東議員。



◆議員(東泰雄) 今度は具体的に、166ページです。教育費の教育総務費、事務局費の中の8節・報償費に、統合準備委員会委員報償費36万円というものがございます。これは金額的には小さいのですが、これは去年でしたか、市内の中学校を柳井中学校に1箇所に統合するとか、そして、小学校についても統合する、いわゆる整備計画が発表されましたが、これとの絡みなのでしょうか。つまり、統合準備委員会というものは、具体的には、どこの学校を対象に、何人ぐらいの委員さんを対象としておられるのか、わかれば、お教えください。



○議長(松本哲男)  教育次長。



◎教育次長(中村正明) お尋ねの件でございますが、これは一応、柳井小学校と柳北小学校の統合準備委員会を想定して、予算を上げております。一応、2校で10名という委員の数を想定して行っております。以上でございます。



○議長(松本哲男)  東議員。



◆議員(東泰雄) 柳北小学校については、保護者の間で、大きな──いわゆる、柳井小学校への統合は困るという声がありまして、それで、この間、一般質問等で、ほかの議員さんからも質問があって、見切り発車はしないというふうなご答弁があったように思うのですが、それとの絡みはどうなのですか。



○議長(松本哲男)  教育次長。



◎教育次長(中村正明) 一応、準備委員会をいつでも立ち上げられるというような方向で、この予算を上げております。計上させていただいております。



○議長(松本哲男)  よろしいですか。ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ないようでございます。以上で、歳出の質疑を終わります。

 次は、歳出を除く予算全般についての質疑を許します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ないようでございますので、以上で、議案第20号の質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第21号、平成19年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。市民部長。



◎市民部長(園田隆) 議案第21号の補足説明を申し上げます。

 平成19年度予算書の10ページをお開きください。平成19年度柳井市国民健康保険事業特別会計予算は、第1条で、歳入歳出予算の総額を44億4,123万2,000円といたしております。第2条では一時借入金の最高限度額について、第3条では歳出予算の流用について規定しております。

 11ページ、12ページに、歳入歳出予算の款項の金額を計上しております。

 それでは、詳細につきましては、予算説明書のほうで説明をさせていただきます。

 予算説明書の、まず歳出の主なものから申し上げます。233ページをお開きください。

 予算説明書233ページ、総務管理費の一般管理費でございますが、13節・委託料、主なものでございますが、233ページ、13節の委託料で、電算システム改善委託料2,249万5,000円を計上いたしております。これは、1ページ飛びますが、235ページに、賦課徴収費の13節・委託料にも、電算システム改善委託料を計上させていただいておりますが、いずれも平成20年度より実施が予定されております後期高齢者医療制度に係る改善を行うものでございます。

 次に、237ページをお願いいたします。1項・療養諸費でございますけれども、1目で一般被保険者療養給付費、これは被保険者数の推移などから、被保険者1人当たりの医療費を、平成18年度の見込みに対して96.42%、若干マイナスで計上させていただいております。2目・退職被保険者等療養給付費でございますけれども、これにつきましては、1人当たりの医療費を、平成18年度の見込みに対しまして、若干増額で計上させていただいております。3目の一般被保険者療養費、それから、1枚めくっていただきまして、退職被保険者等療養費、それから、2項の高額療養費、以下、239ページの移送費、それから、240ページにまいりますけれども、出産育児一時金、それから葬祭費、これらにつきましては、平成18年度の決算見込み、あるいは、被保険者数や医療費の推移等を勘案して、計上させていただいております。

 次に、241ページでございますが、老人保健拠出金につきましては、老人医療受給者の医療費を賄うための拠出金でございます。それから、その下の介護納付金につきましては、介護保険の2号被保険者の保険料に相当する分、介護納付金を計上いたしております。

 242ページをお願いいたします。共同事業拠出金でございますけれども、高額医療に対する拠出金、それから、昨年度より始まりました保険財政共同安定化事業の拠出金、これらを計上させていただいております。

 243ページの保健事業費につきましては、生活習慣病の改善に重点を置いた国民健康保険ヘルスアップ事業、また、被保険者の健康増進に積極的に取り組むための人間ドックや訪問指導事業の経費を計上させていただいております。

 245ページの公債費につきましては、一時借入金の利子を計上させていただいております。

 次に、歳入のほうを説明させていただきます。223ページに戻っていただきたいと思います。

 国民健康保険税は、医療分、介護分のいずれも、税率等は現行どおり据え置きといたしております。平成18年度予算と比較いたしまして、一般被保険者保険税につきましては、被保険者数の減少が見込まれるために減額をし、退職被保険者等保険税につきましては、被保険者数の増加が見込まれるために増額をして、計上いたしております。

 224ページをお開きください。国庫負担金の療養給付費等負担金でございますけれども、これは一般被保険者に係る医療費、老人保健医療費拠出金及び介護納付金等について、国が負担すべき相当額を計上いたしております。

 225ページの高額医療費共同事業負担金につきましては、標準高額医療費拠出金の額の4分の1を国が負担するものでございます。

 2項・国庫補助金といたしまして、普通調整交付金、特別調整交付金を計上いたしております。

 226ページ、県負担金でございますけれども、高額医療費共同事業負担金は、先ほど、国庫支出金のところで申しましたように、国と同率の4分の1を県が負担するものでございます。

 2項・1目の県調整交付金につきましては、国から県への財源移譲によりまして、平成17年度より、県の調整交付金として交付されているものでございます。

 227ページの療養給付費等交付金として、これは退職被保険者の医療費を賄うものとして、退職者に係る老人保健医療費拠出金に対する交付金をあわせまして、社会保険診療報酬支払基金から交付されるものを計上いたしております。

 次の共同事業交付金でございますけれども、1目の高額医療費共同事業交付金につきましては、歳出の共同事業拠出金に対応するものでございます。2目の保険財政共同安定化事業交付金につきましては、平成18年10月より実施されました、30万円を超え80万円以下の医療費の共同事業を行うものでございます。

 228ページで、繰入金でございますけれども、1節の保険基盤安定繰入金から5節の財政安定化支援事業繰入金までは、国が示しますルールに基づき、繰り入れるものでございます。6節のその他一般会計繰入金につきましては、県事業である福祉医療助成制度に係るものでございます。

 229ページ、基金繰入金につきましては、今年度1億3,000万円を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第22号、平成19年度柳井市平郡診療所事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) それでは、議案第22号につきまして、補足説明を申し上げます。

 予算書の13ページをお願いいたします。第1条は、歳入歳出予算の総額を7,770万円と定めております。第2条は、一時借入金の限度額を3,000万円と定めております。

 それでは、歳出のほうから、ご説明をいたします。予算説明書の258ページをお願いいたします。

 258ページから259ページの一般管理費では、主に職員給料等の人件費、診療所医師住宅改築工事費等を計上いたしております。

 260ページから261ページにかけましては、医業費、主に医薬材料費等を計上いたしております。

 次に、歳入について、ご説明いたします。254ページをお願いいたします。

 254ページから255ページの歳入の主なものは、外来収入のほか、その他の診療収入でございます。

 256ページから257ページにかけましては、手数料及び県補助金のへき地診療所運営費補助金、繰入金につきましては、一般会計からの繰入金でございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。三島議員。



◆議員(三島好雄) 259ページの平郡診療所の医師住宅改築工事費なのですけれども、いろいろ事件等がございまして、本土のほうから通われていたと思うのですが、その後、何か状況の変化があったのでしょうか。



○議長(松本哲男)  健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) 事件のことに対しましては、今、議員さんのおっしゃったことで、経過的に医師をこちらから派遣ということをやっておりますが、今の医師は、一応、4月末で交代になります。その後、どういうふうになるかということは、まだ、県のほうからは連絡を受けておりませんが、私のほうとしては、引き続き医師が派遣されるものとして、準備を進めていると。この医師住宅については、当然、そこに住んでいただくということで、これまで玄関等も随分と老朽化しておりますので、その辺のところをあわせて、今回、改修等をさせていただきたいということで、お願いしております。以上でございます。



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第23号、平成19年度柳井市港湾整備事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 議案第23号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の15ページをお願いいたします。歳入歳出予算総額は、333万3,000円を計上いたしております。また、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、予算書の16ページの「第1表 歳入歳出予算」のとおりでございます。その主なものについて、予算説明書に沿って、ご説明申し上げます。

 まず、歳出について、ご説明申し上げます。予算説明書の273ページをお願いいたします。

 第1号工区については、緑地除草作業委託料等の維持管理経費、事務費並びに利子積立金を計上いたしております。

 第2号工区については、緑地除草作業委託料等の維持管理経費、事務費並びに利子積立金を計上させていただいております。

 次に、歳入について、ご説明申し上げます。予算説明書の270ページをお願いいたします。

 財産収入として、柳井湾埋立事業基金の利子、諸収入として、埋立地の占用料等を計上いたしております。以上で、補足説明を終わらせていただきます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ないようでございます。質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第24号、平成19年度柳井市市有林野区事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 議案第24号につきまして、補足説明を申し上げます。

 予算書の17ページをお願いいたします。第1条は、歳入歳出予算の総額を109万6,000円と定めるものでございます。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、18ページにお示しをしているとおりでございます。

 それでは、予算説明書の282ページをお願いいたします。歳出から、ご説明申し上げます。

 柳井林野区事業費につきましては、80万3,000円を計上しております。主なものは、委託料で、柳井林野区有林の整備事業として、1.5ヘクタールの下刈り、除間伐の事業費を計上しております。

 次に、283ページ、日積林野区事業費につきましては、16万3,000円を計上しております。主なものは、報酬で、林野委員の報酬を計上しております。

 次に、284ページ、阿月林野区事業費につきましては、13万円を計上しております。主なものでございますが、林野委員の報酬でございます。

 次に、歳入の主なものにつきまして、ご説明を申し上げます。278ページをお願いいたします。

 県補助金の林業費補助金につきましては、柳井林野区で実施いたします林野区有林整備事業の県補助金として、20万8,000円を計上しております。

 基金繰入金につきましては、各林野区基金から運営に必要な額を繰り入れるものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第25号、平成19年度柳井市同和対策資金貸付事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) 議案第25号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の19ページをお願いいたします。第1条は、歳入歳出予算の総額を271万6,000円と定めております。

 それでは、歳出から、ご説明いたします。予算説明書の291ページをお願いいたします。

 1款は、国の制度による同和地区住宅新築資金等貸付事業に関する経費でございます。1項の総務管理費は、貸付金の償還業務に係る事務費を計上しており、2項の公債費は、長期債の償還元金及び利子を計上しております。

 2款は、県の制度による同和福祉援護資金貸付事業の償還業務に関する経費でございます。

 次に、歳入について、ご説明いたします。288ページをお願いいたします。

 事業収入は、住宅新築資金等貸付金及び福祉援護資金貸付金の償還金元利収入でございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第26号、平成19年度柳井市市営駐車場事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 議案第26号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の21ページをお願いいたします。第1条は、歳入歳出予算の総額を3,311万1,000円とするものでございます。当該区分ごとの金額は、予算書、次ページの22ページの「第1表 歳入歳出予算」のとおりでございます。一時借入金の最高額につきましては、第2条で、2,500万円と定めております。

 それでは、予算説明書298ページをお願いいたします。会議所前駐車場運営費につきましては、管理人4人の管理委託料373万6,000円が主なもので、総額420万円を計上しております。

 299ページ、柳井駅南駐車場運営費につきましては、管理委託料31万5,000円及び管理棟解体工事費40万円が主なもので、総額82万3,000円を計上しております。

 柳井駅前駐車場運営費につきましては、管理人4人の管理委託料492万8,000円及び立体駐車場劣化電気部品の交換等の修繕費110万円が主なもので、総額876万9,000円を計上しております。

 300ページの公債費につきましては、長期債の償還元金1,406万7,000円、長期債の償還利子484万5,000円、一時借入金利子25万7,000円を計上しております。

 続きまして、歳入でございますが、296ページをお願いいたします。使用料及び手数料の使用料といたしまして、会議所前駐車場使用料143万3,000円を、柳井駅南駐車場使用料345万5,000円を、柳井駅前駐車場使用料427万2,000円を、合計として916万円を計上しております。

 一般会計繰入金につきましては、2,394万9,000円を計上しておりますが、これには、柳井駅前駐車場建設に係る長期債償還利子の80%に当たる特別交付税措置による繰出基準分387万6,000円が含まれております。残る赤字補填分2,007万3,000円につきましては、長期債の償還元金1,406万7,000円、同利子96万9,000円、運営費に係る赤字補填分503万7,000円を予定しております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第27号、平成19年度柳井市土地開発事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。財政課長。



◎財政課長(山中孝之) 議案第27号につきまして、補足説明を申し上げます。

 本会計は、公用若しくは公共用に供します土地、または、公共の利益のために取得します土地をあらかじめ取得することによりまして、事業の円滑な執行を図るために設けられたものでございます。

 予算書の23ページをお願いいたします。第1条に定めますように、歳入歳出予算の総額を、1億8,868万1,000円と定めるものでございます。

 次に、予算説明書の305ページをお願いいたします。歳出につきましては、今後の公共用に供する事業用地等を含めまして、用地の先行取得の必要性が生じた場合に対応します用地取得費といたしまして、1億8,857万9,000円を計上いたしております。また、基金の運用利子を積立金に10万1,000円予定しております。加えまして、用地が売却された場合の基金への繰出金を歳出予算としております。

 歳入につきましては、304ページでございます。本予算の歳入につきましては、土地開発基金からの繰入金1億8,857万9,000円、基金利子10万1,000円及び売却収入の1,000円を計上いたしました。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第28号、平成19年度柳井市簡易水道事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) それでは、議案第28号の補足説明を申し上げます。予算書の25ページをお願いいたします。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ2億3,423万4,000円と定めております。第2条では、一時借入金の最高額について定めております。

 それでは、歳出の主なものから、ご説明をいたします。予算説明書の312ページをお願いいたします。

 一般管理費でございますが、経常的な経費といたしまして、1,978万円を計上しております。

 次の313ページ、伊保庄簡易水道事業費でございますが、事業費として5,672万1,000円を計上しております。上水道からの受水費4,605万9,000円が主な予算となっております。

 次の315ページ、阿月簡易水道事業費で347万3,000円、次の316ページですが、平郡西簡易水道事業費で621万3,000円、次の317ページになりますが、平郡東簡易水道事業費で972万8,000円、それぞれ通常的な維持管理費を計上いたしております。

 次の318ページ、大畠簡易水道事業費でございますが、6,864万4,000円を計上しております。広域水道からの受水費と、農村振興総合整備事業に伴います配水管移設工事が、主な予算となっております。

 次に、320ページをお願いいたします。公債費として6,917万5,000円、予備費を50万円計上しております。

 次に、歳入について、ご説明をいたします。前に戻りますが、308ページをお願いいたします。

 水道使用料といたしまして、伊保庄、阿月、平郡西、平郡東、大畠の各簡易水道の合計で、1億3,648万4,000円を計上しております。前年度対比で664万8,000円増加しておりますが、主な要因は、大畠簡水の料金改定によるものでございます。

 次に、一般会計繰入金として、8,483万8,000円を計上しております。

 次の310ページになりますが、諸収入として、移設工事の負担金など、1,291万1,000円を計上しております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第29号、平成19年度柳井市老人保健事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) それでは、議案第29号について、補足説明を申し上げます。予算書の27ページをお願いいたします。

 第1条は、歳入歳出予算の総額を、それぞれ50億9,223万5,000円と定めるものでございます。

 それでは、歳出から、ご説明をいたします。予算説明書の328ページをお願いいたします。

 歳出の主なものでございますが、総務管理費で委託料として、電算共同処理及び保険者別医療費通知の委託料を計上いたしております。

 329ページの医療諸費では、医療給付費の現物給付、医療費支給費の現金給付及び審査支払手数料を計上いたしております。

 次に、歳入について、ご説明をいたします。324ページをお願いいたします。

 歳入の主なものは、支払基金の負担する医療費交付金及び審査支払手数料交付金を計上いたしております。

 324ページから325ページにかけましては、国及び県の負担する医療費負担金を計上いたしております。繰入金は、一般会計からの繰入金でございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第30号、平成19年度柳井市公共下水道事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 議案第30号について、補足説明を申し上げます。予算書の29ページをお開き願います。

 第1条で、歳入歳出予算の総額を、17億341万6,000円と定めるものでございます。第2条で債務負担行為を、第3条で地方債を、第4条で一時借入金について、それぞれ定めるものでございます。

 続きまして、31ページをお願いいたします。第2表の債務負担行為でございますが、金融機関が水洗便所改造資金として貸し付けた貸付金に対する損失補償、並びに、古開作雨水ポンプ場建設事業につきまして、債務負担行為の設定をするものでございます。

 それでは、歳出から、ご説明を申し上げます。予算説明書の338ページをお開きください。

 一般管理費につきましては、下水道事業に係る人件費、浄化センターに係る維持管理費等として、1億5,283万6,000円を計上しております。

 次に、340ページをお開きください。下水道事業費につきましては、4億8,058万8,000円を計上しております。その主なものといたしましては、341ページの委託料として、実施設計等の委託料1億4,721万円を、工事請負費として、管渠布設工事費3億36万7,000円を計上しております。

 また、公債費として、342ページの元金、利子を合わせまして、8億3,122万8,000円を計上しております。

 なお、前年度において歳入不足が見込まれるため、繰上充用金として2億3,676万4,000円を、344ページに、予備費として200万円を計上しております。

 なお、歳入につきましては、それぞれ収入の見込みにより、歳出予算に見合うものを計上しているところでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。東議員。



◆議員(東泰雄) 341ページの委託料のところで、ポンプ場建設云々がありました。それで、これは、予算の概要というところを見ているのですが、これでいくと、19ページに「古開作雨水ポンプ場整備事業(特別会計)」というものがありまして、これが、ここでは予算額1億円になっておりまして、大体ここの数字が来ているのかなと思うのですが、具体的には、どういう工事をやるのですか。つまり、ゆめタウンの沖に、古開作ポンプ場がありますね。ですから、そこに新たにポンプを設置するわけでもないし、具体的には、どうなるのでしょうか。

 それと、もう1点。雨水対策ということになっていますが、私は、遊水池の排水能力を高めても、いつぞや質問したかと思うのですが、そこへ流れ込むまでの導水路といいますか、これは公共下水と関係があるのか、ないのか、わかりませんが、その辺りは建設関係ですから、どちらにも関係しておられると思いますが、そういう、いわゆる遊水池までの水路改修といいますか、導水路、その辺りのお考えがあれば、教えてください。



○議長(松本哲男)  建設部長。



◎建設部長(海田肇) 1点目のご質問でございますが、これは古開作のポンプ場で、今現在、旧ポンプ場でも、どうにか稼働しているわけでございますが、これを新しく、また、その隣接したところにつくるという計画でございます。これにつきましては、事業団等に委託をさせていただきたい。それの詳細設計等を、今回、上げております。

 それと、もう1点、ポンプ場建設より水路が先だとおっしゃいますが、やはり水路をよくすれば、一番下流のポンプ場に、一番負荷がかかります。それを排水能力を高めておきませんと、水路を改良しますと、一番下流がもたないのではないかということで、まず、ポンプ場の建設を先にやらせていただきまして、それから、水路という順番になろうと思います。以上でございます。



○議長(松本哲男)  東議員。



◆議員(東泰雄) 素人考えでありますから、その辺はプロのご意見に従いますが  。つまり、ここは、古開作ポンプ場は500ミリでしたかね。大きなものが2基ぐらいあったような気がするのです。ですから、新たにポンプを増やすわけですか、それとも交換するのか、ちょっとその辺りを、もう一遍教えてください。

 それと、もう1点、公共下水関係は、先ほども歳出で繰上充用金等の、いわゆる赤字決算ですね。この見通しなのですが、つまり、今はどんどん工事をしていますから、工事費がかさんだり、この間の公債費の元利償還等がかさむから、それについて、まだまだ、つなぎ込みといいますか、供用開始部分が少ないから、赤字もやむを得ないかと思うのですが、これはいつの時点か、それを黒字に転換しないと、パンクしますね。何か、岩国の町中の公共下水は、完備しても、今なお赤字だと言っていました。その辺り、ここの柳井の場合は、大丈夫なのでしょうか、素朴な質問でありますが  。2点、お願いします。



○議長(松本哲男)  建設部長。



◎建設部長(海田肇) 今の件でございますが、今、古開作のポンプ場につきましては、今、既設のポンプが1,100ミリが2基、それから、500ミリが2基ございます。それに、今度新しく、今から計画決定をしなければいけませんが、その東側へ、一応、計画では1,300ミリを2基、それから、500ミリを1基、24年までにつける計画をしております。ポンプ場については、以上でございます。

 それから、今、公共下水を整備すれば、当然、赤字が増えます。これにつきましては、これはどこの市町村も、そういう切迫した財政を抱えておりますが、それでもやはり、住民生活のある程度の確保をするためには、仕方がないのではないかと思っております。できれば、起債の償還額をオーバーしないように、年々少なくしていくというように、努力をしていくつもりでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  東議員。



◆議員(東泰雄) 最後ですから  、これは、質問にはならないかと思うのですが、今年の地方財政計画を見ていましたら、公債費負担対策ということで、いわゆる、公営企業経営健全化計画を策定して云々と書いてあるのですが  。上水道などは、私の委員会で、かなり昔の借入れの分は、企業債は金利が高い、その分をかなり借り換え等でやってきているのです。

 ここに書いてある──それが、借換債の繰り上げ償還を国が認めるということで、ちょっとその辺りで、もし、対応ができるようなものなら、これは財政当局ともご相談の上、できるだけ金利負担──何か、公定歩合が上がって、少し高くなるらしいのですが、いわゆる金利負担をできるだけ軽減するということも、健全経営につながると思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。河北議員。



◆議員(河北洋子) 336ページの一般会計繰入金なのですが、前年度予算額は3億9,000万円ぐらいです。本年度は5億6,000万円ぐらいになっていまして、こちらの「当初予算の概要」の3ページに、繰出基準が変更になったので増となったというふうに書いてありますが、これは、どういった項目で繰出基準が多くなったのか、教えてください。



○議長(松本哲男)  建設部長。



◎建設部長(海田肇) これは、国のほうの基準で申しますが、当然、特別会計は、下水道会計におきましては、かなり負担が大きいということで、国のほうが繰出基準を変更していただいて、その辺がかなり多くなっているということでございます。細かくは、いろいろ項目がございますが、大まかに言えば、そういうことでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第31号、平成19年度柳井市農業集落排水事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 議案第31号につきまして、補足説明を申し上げます。予算書の32ページをお願いいたします。

 第1条は、歳入歳出予算の総額を、4億8,861万4,000円と定めるものでございます。第2条は地方債、第3条は一時借入金でございます。

 それでは、歳出から、ご説明を申し上げます。予算説明書の356ページをお願いいたします。

 一般管理費につきましては、1億1,379万2,000円をお願いしております。これにつきましては、各処理場及び中継ポンプに係る電気料、管理委託料等の維持管理経費が主なものでございます。

 次に、357ページをお願いいたします。農業集落排水事業費につきましては、5,071万9,000円をお願いしております。これにつきましては、殿畑地区の管路工事費及び中継ポンプ施設工事費が主なものとなっております。

 また、359ページでは、公債費として、長期債償還元金1億2,162万4,000円と、長期債償還利子5,456万円と、一時借入金利子25万円を、360ページでは、繰上充用金として1億4,736万9,000円を、それから、361ページでは、予備費として30万円をお願いしております。

 続きまして、歳入について、ご説明いたします。352ページをお願いいたします。農業集落排水事業使用料、県補助金、一般会計繰入金、歳入欠かん補填収入、農業集落排水事業債等、それぞれ歳出予算に見合うものをお願いしているものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第32号、平成19年度柳井市介護保険事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) それでは、議案第32号について、補足説明を申し上げます。予算書の35ページをお願いいたします。

 第1条におきまして、歳入歳出予算の総額を、保険事業勘定について28億6,206万3,000円、介護サービス事業勘定2,481万円とするものであります。第2条は、一時借入金の借入れの最高限度額について、4億5,000万円とするものであります。第3条においては、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足が生じた場合における、同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用をすることができるものとさせていただいております。

 それでは、予算説明書において、主な事項につきまして、款を追って、ご説明を申し上げます。

 まず、保険事業勘定でございますが、お手元の予算説明書の377ページをお願いいたします。第1款・総務費でございますが、総務管理費は人件費と事務的経費を計上いたしております。それから、379ページ、徴収費は、保険料の徴収に要する経費を、介護認定審査会費は、介護認定に必要な経費を計上いたしております。

 381ページから387ページの第2款・保険給付費では、介護保険法令等で定められるサービスごとに項及び目を設けまして、それぞれ必要な額を計上いたしております。

 次に、388ページ、第3款・財政安定化基金拠出金には、県基金への拠出金を計上しております。

 また、同ページ中段から393ページの第4款・地域支援事業費では、介護予防事業費や、地域包括支援センターが行う要支援、要介護状態に陥る可能性の高い高齢者を対象とした介護予防ケアマネジメント事業、総合相談事業等の包括的支援事業費及び介護予防に資するための市の任意事業に要する経費を計上いたしております。

 394ページの第5款・基金積立金は、平成20年度の財源とするため、19年度に見込まれます第1号保険料の剰余金を積み立てるものでございます。

 また、395ページ、第6款・公債費は、第2期に県財政安定化基金から借り入れを行いました地方債の元金の県基金への返還金と、一時借入金利子を計上いたしております。

 次に、歳入の主なものについて、説明をいたします。戻りまして、369ページをお願いいたします。

 第1款・保険料ですが、第1号被保険者の介護保険料を計上いたしております。

 次に、370ページをお願いいたします。第3款・国庫支出金には、保険給付費に係る国の負担金、調整交付金及び地域支援事業に係る交付金を、371ページ、第4款・支払基金交付金には、各医療保険者から支払基金が徴収する2号被保険者の保険料のうち保険給付費及び地域支援事業に係る交付金を、続いて、372ページ、第5款・県支出金には、保険給付費において、県が負担すべき金額及び地域支援事業に係る交付金を計上しております。

 次に、373ページ、第7款・繰入金には、一般会計繰入金といたしまして、保険給付費、地域支援事業費、人件費及び事務費繰入金、また、介護サービス事業勘定からの繰入金を計上しております。

 第376ページ、第9款・諸収入の雑入には、地域支援事業に係る利用者負担金を計上しております。

 続いて、介護サービス事業勘定でございますが、402ページをお願いいたします。地域包括支援センターが行う要支援認定者の介護予防サービス計画作成、給付の管理等のケアマネジメント業務に要する経費を計上しております。

 戻りまして、400ページの歳入に、サービス事業収入を計上いたしております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 それでは、午後2時15分まで、休憩といたします。

午後2時00分休憩

                              

午後2時15分再開



○議長(松本哲男)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、議案第33号、平成19年度柳井市国民宿舎事業特別会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 議案第33号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の39ページをお願いいたします。第1条につきましては、歳入歳出予算の総額を、9,042万4,000円と定めるものでございます。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、予算書の「第1表・歳入歳出予算」にお示しをしているとおりでございます。第2条につきましては、一時借入金の借入れの最高額を、2,000万円と定めるものでございます。

 それでは、予算説明書の414ページの歳出から、ご説明をいたします。

 管理費につきましては、523万8,000円をお願いしております。これは、国民宿舎の臨時職員の雇用に要する経費が主なものでございます。

 次に、415ページの運営費をお願いいたします。これにつきましては、8,506万4,000円をお願いしております。このうち、主なものにつきましては、需用費でございますが、国民宿舎の利用者の飲食に伴う賄材料費や電気、ガス、水道等の光熱水費など、施設に係る諸経費を計上しております。役務費につきましては、宿泊利用に伴う客室のシーツ、浴衣等のクリーニング料が主なものでございます。

 委託料につきましては、416ページでございますが、国民宿舎運営委託料が主なものでございまして、その他管理上必要な業務の委託料を計上しております。使用料及び賃借料につきましては、厨房の冷蔵庫や製氷機、また、カラオケ等をリースしておりまして、それらに係る施設管理諸借上料が主なものでございます。また、19年度から農業集落排水使用料の料金が改定されますので、下水道使用料が増額となっております。原材料費につきましては、売店での販売に係る商品の購入費でございます。その他、客室用の備品購入費や公課費等を計上しております。

 次に、417ページをお願いいたします。公債費といたしまして、一時借入金利子を計上しております。

 次に、歳入について、ご説明をいたします。

 412ページをお願いいたします。主なものにつきましては、まず、国民宿舎使用料でございますが、前年度並みの3,990万6,000円の計上としております。一般会計繰入金につきましては、614万6,000円の繰り入れをお願いするものでございます。

 413ページをお願いいたします。雑入につきましては、売店及び宿泊者以外の利用者の飲食に伴う売上げが主なものでございますが、総額で、4,437万1,000円の計上をさせていただいております。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。杉村議員。



◆議員(杉村英子) 19年度予算と、これから説明されるであろう18年度の追加予算を比べますと、使用料及び諸収入で約700万円、正式には786万2,000円の財源振替がやってあります。平成18年度でこれだけの財源が、約800万円の財源が、一般会計より繰り入れられております。にもかかわらず、19年度予算を見ると、全く18年度と同じ数字が並んでいるのですね。ということは、執行部に関しましては、何か打開策があるから、こういう数字を並べられたのではないかと思うのです。その点を、お尋ねしたいと思います。



○議長(松本哲男)  経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 一般会計からの繰り入れというものも、これからまた、補正の部分でのご説明もさせていただきますわけですけれども、相当の額を、この国民宿舎会計に繰り入れていくという中で、どういうもとで、これを運営していくのかというところなのだろうかというふうに思うわけでございます。

 この施設につきましては、所管の建設経済常任委員会のほうでも、いろいろとご意見もいただきながら、研究をしておるところでございますけれども、この改革の集中プランですか、ここの中でも、これを指定管理者のほうで検討するというような課題も、この19年度の中でやっていかなければならないというようなことがあります。時間をそういうふうに、それがあるから、それでいいのだという考え方ではなくて、非常に、経営というものが厳しい状況がありますから、その辺を踏まえながらやっていかなければならない。

 しかし、この施設が十分な検討をしながら、どういった方向のところへ持っていくのがいいのか、今、課題というものは、非常に施設の面でも老朽化しております。35年ぐらいですか、経っておりまして、非常に老朽化しておる。暫定的な形といいますか、外壁の部分とか、いろいろ、はがれたりしております。その辺を繕いながらというような形になりますが、大きい金も投じることもできませんですから、その辺は十分に、ハード面への相当な経費がかかるわけでございますし、また、経営上の問題にしても、老朽化に伴ってのお客さんが減少しているというのも一因でありましょう。国民宿舎だけでなく、全国のこういう集客施設というものも、非常に課題なわけですね。こういう素晴らしい施設であっても、非常に、なかなかお客さんが少ない。そこで、相当な努力をしながら、それを運営していくという状況もあるわけでございます。

 ましてや、我々は、これが公共施設として、宿泊施設として運営をスタートしておりますが、それをどの辺で、どういった方向に結びつけていくのかということは、これから十分にご意見もいただきながら、我々の判断も、しっかりしたところでやっていかなければならないというふうな思いをしております。

 今、すぐさま、この19年度でということではできませんから、その辺は、この19年度は、この予算を掲げさせていただいて、経営をさせていただく。その経営については、創意工夫をできることは、しっかりとやりながら、努力をしていくということで、予算計上をさせていただいているところでございますので、ご理解をいただきますように、よろしくお願いいたします。



○議長(松本哲男)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 部長のお話しは、よくわかりました。しかしながら、この問題につきましては、今のままでいきますと、一般財源、繰出金のほうがウエートを占めてくるのではないかと危惧いたしております。最終的には、トップダウンの判断によると思いますが、これも、余り長期間延ばしていくと、今の柳井市の財政状態からいって、本当に大変なことになるのではないかなと思っております。

 そこで、やはり、トップダウンとしては、市長のお考えを、一言、お聞きしたいなと思います。



○議長(松本哲男)  市長。



◎市長(河内山哲朗) 詳細にわたって、牧野経済部長が答弁いたしましたが、まとめて言いますと、将来の有り様というものを、19年度は予算を組んでやっているけれども、19年度中に結論が出るかどうかは別として、しっかり、これは議会、委員会等でもご説明をしたり、あるいは方向性というものを、どういうふうに考えたらいいかということについては、19年度中にも、早ければ19年度の中でも、方向性というものをお示しすると、そういう努力をしたいというふうに、今、答弁いたしましたが、そういうことをまとめて言うならば、一言で言うならば、そういうことでございます。



○議長(松本哲男)  杉村議員。



◆議員(杉村英子) 牧野さんは、名指しで申しわけありませんが、この3月をもって、ご退任ということでございますので、牧野部長の言葉を、あと市長は引き継いで、19年度半ばには、方向性をぜひ打ち出していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(松本哲男)  ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第34号、平成19年度柳井市水道事業会計予算について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) それでは、議案第34号について、補足説明を申し上げます。

 予算書の41ページでございますが、改めて1ページから番号を付しておりますので、それに従いまして、説明をさせていただきます。次の1ページのほうをお願いいたします。

 平成19年度柳井市水道事業会計予算ですが、第2条で、業務の予定量として、給水戸数9,549戸、年間総給水量328万1,800立方メートルを予定しております。同じく第4号の建設改良事業費、第3条の収益的収入及び支出、並びに、次のページになりますが、第4条の資本的収入及び支出の予定額でございますが、明細を添付しておりますので、そちらで、ご説明をさせていただきます。

 13ページのほうをお願いいたします。13ページの収益的収入でございますが、1項・1目・給水収益として6億2,336万円を計上しております。また、2項・2目の他会計補助金として1億5,859万円が主な予算で、総額で8億2,836万1,000円を計上いたしております。

 次の14ページをお願いいたします。支出でございますが、1目・原水及び浄水費につきましては、広域水道企業団に支払う受水費として4億8,145万2,000円と、浄水施設の管理費が主な予算でございます。2目の配水及び給水費の主なものは、配水施設の修繕費と下水道工事に伴います水道管の移設工事が主な予算となっております。

 次の16ページをお願いいたします。3目の総係費の主なものは、検針、集金等の委託料、庁舎の管理費及び水道事業の運営に要する経費でございます。18ページになりますが、営業外費用の企業債利息等を含めまして、総額8億8,255万8,000円を計上いたしております。

 続きまして、資本的収支でございますが、次の19ページのほうをお願いいたします。

 まず、収入の主なものは、第3期拡張事業等に係る企業債、水源開発事業の元利償還に対する出資金並びに第3期拡張事業等の償還金に対する補助金でございます。

 次の20ページのほうをお願いいたします。支出の主なものは、1項・建設改良費の第3期拡張事業でございますが、今年度、新たに配水管を布設する箇所は、2箇所を予定しております。場所につきましては、昨年に引き続きまして、白潟東地区の配水管の布設、それと、上馬皿地区の測量及び配水管の布設、余田尾林・小平尾地区の測量を行う予定にしております。

 次に、その下の配水管整備事業でございますが、宮本地区の配水管布設替えを予定しております。

 次の、2項・企業債償還金につきましては、公営企業借換債710万円を含めまして計上いたしております。

 それでは、ちょっと前に戻っていただきますが、2ページのほうをよろしくお願いいたします。

 2ページの、第5条につきましては企業債の限度額を、次の下の3ページで、第6条では議会の議決を経なければ流用することのできない経費を定めております。第7条は他会計からの補助金ですが、一般会計からの補助金2億163万5,000円を繰り入れるものでございます。第8条は、たな卸資産の購入限度額を定めております。以上で、補足説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第35号、平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)について、補足説明があれば、これを求めます。総務部長。



◎総務部長(吉山健一) 補足説明を申し上げます。別冊となっております平成18年度補正予算書をお願いいたします。

 平成18年度柳井市一般会計補正予算(第4号)は、6億8,748万3,000円を減額するものであります。以下、繰越明許費、地方債の補正について定めるものでございます。

 続きまして、6ページをお願いいたします。繰越明許費は、次の5事業につきまして繰り越しするものでありまして、施設等の完成時期、予定時期を申し上げますと、築山上大祖線整備事業は平成19年6月末、後地末広線整備事業は6月末、洪水ハザードマップ整備事業は12月末、市営住宅管理紛争解決業務委託事業は平成20年2月末、市営東瀬戸住宅解体事業は平成19年7月末を、予定いたしております。

 次に、7ページ、8ページをお願いします。地方債補正であります。地方債充当可能な事業における地方債の追加、及び、事業の決算見込み、地方債の許可見込み等により地方債の額の変更を行うものであります。

 続きまして、ページを追って説明いたしますが、11ページをお願いいたします。市税のうち法人市民税につきましては、一部企業の業績が好調なため、決算見込みにより増額をお願いするものであります。以下、地方道路譲与税、次ページ以降の交付金、14ページの地方交付税につきましては、決算を見込みまして補正するものであります。

 続いて、15ページをお願いいたします。分担金及び負担金から使用料及び手数料、国庫支出金、県支出金、財産収入、寄附金、繰入金、諸収入、市債につきましては、補助の内示、事業の決算見込み等により補正するものであります。

 次に、歳出に移りますが、30ページをお願いいたします。

 議会費でございますが、特別委員会の設置がなかったこと等によりまして、報酬等を減額するものであります。

 31ページの一般管理費でございますが、職員の時間外勤務手当を縮減運動を重ねておりますが、その実績の見込みによりまして、減額するものであります。

 33ページの企画費でございますが、いわゆる地域イントラネット基盤整備事業の工事請負費等を、事業の内容の精査及び落札減により減額するものであります。

 続きまして、36ページの大畠地区タウンセンター建設事業費でございます。これにつきましては、事業内容の精査及び落札減により、工事請負費の減額等をするものであります。

 次も、また飛びますが、38ページの身体障害者福祉費、それから、39ページの知的障害者福祉費、障害福祉費でございますが、いわゆる決算を見込んでの減額補正でございます。

 続きまして、40ページの老人福祉費でございますが、介護保険事業会計並びに老人保健事業会計への繰出金を、保険給付費等の実績見込みによりまして減額するものであります。

 42ページの扶助費でございますが、これも実績を見込みまして、減額するものであります。

 44ページの保健対策費でございますが、これは、予防接種、がん検診等の委託料を、年度末の実績を見込みまして減額するもので、また、予防接種健康被害補助金につきましては、新たに被害者の方の治療に要する経費の一部を補助するために、補正をお願いするものであります。

 1ページ飛ばしまして、46ページの塵芥処理費でございますが、ごみ袋製作・配送業務委託料及び車両購入費等を、落札減により減額をさせていただくものであります。

 49ページ、農業費の農地費でございますが、中山間地域総合整備事業におきまして、地元調整により、動物誘導施設整備工事費等が減額となりましたので、補正するものでございます。

 少し飛びまして、51ページの海岸保全事業費でございますが、鳴門漁港海岸保全施設整備事業の次年度以降への事業期間延伸により、減額補正するものであります。

 次のページ、52ページの商工振興費でございますが、地方バス路線維持対策補助金を、決算を見込みまして減額し、また、観光費の国民宿舎事業会計繰出金は、国民宿舎の利用者の減少により欠損が見込まれますので、増額補正するものであります。

 53ページの土木総務費でございますが、土地開発公社貸付金を、決算見込みにより減額するものでございます。

 54ページの道路新設改良費、55ページの河川総務費、港湾管理費の県事業負担金につきましては、県事業の精算に伴い補正をお願いするものであります。

 続きまして、56ページの街路事業費は、国の事業費確定により、所要の補正を行うもので、57ページの都市下水路費でございますが、公共下水道事業会計への基準内繰り出しを行うために、増額するものであります。

 58ページの消防費は、消防団員の活動服等の被服費を、いわゆる入札による落札減により減額し、59ページから65ページまでの教育費でございますが、いずれも決算を見込みまして、減額補正をするものであります。

 飛びまして、66ページの農林業施設災害復旧費、次ページの67ページの土木施設災害復旧費は、いずれも補助事業の内示、単独及び補助事業の事業に精算に基づく補正をするものであります。

 69ページは、公債費でございますが、公債費の利子につきましては、いわゆる借り入れする時の利子の精算に伴い、減額補正をするものであります。繰出金につきましては、水道事業会計繰出金の増額を予定しておりますが、いわゆる高料金対策補助金の確定等に伴い、補正をさせていただくものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第36号、平成18年度柳井市港湾整備事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 議案第36号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の72ページをお願いいたします。今回の補正は、3,961万1,000円を増額するものであります。

 まず、歳入から、ご説明いたします。75ページをお願いいたします。柳井湾臨海部土地造成事業により造成した第2号工区埋立地の約1,700平米を、国道柳井バイパス用地として売却するため、財産収入3,961万1,000円を増額補正するものであります。

 次に、歳出について、ご説明いたします。76ページをお願いいたします。用地売却収入を基金に積み立てるため、増額補正をするものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第37号、平成18年度柳井市土地開発事業特別会計補正予算(第1号)について、補足説明があれば、これを求めます。財政課長。



◎財政課長(山中孝之) 議案第37号につきまして、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の77ページをお願いいたします。今回の補正は、8万2,000円の増額をお願いするものでございます。

 歳出につきましては、81ページをお願いしたいと思います。用地取得費につきましては、今年度用地購入の予定がないため、公有財産購入費を減額いたしまして、繰出金に振り替えるものでございます。

 また、積立金の増加8万2,000円につきましては、基金の運用利率の引き上げによるものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、総務文教常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第38号、平成18年度柳井市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) 議案第38号の補足説明を申し上げます。

 補正予算書の82ページをお願いいたします。

 第1条で、歳入歳出それぞれ7,459万3,000円を減額し、予算の総額を3億9,519万1,000円とするものでございます。また、第2条で繰越明許費、第3条で地方債の補正をお示ししております。

 それでは、歳出から、ご説明を申し上げます。89ページのほうをお願いいたします。

 まず、伊保庄簡易水道事業費でございますが、県事業負担金を減額いたしております。これは、土穂石川橋梁建設工事が来年度に延期となりまして、支払い時期も繰り越しとなったものでございます。

 次に、阿月簡易水道事業費ですが、水質検査手数料及び配水管布設工事費の落札減により、123万1,000円の減額補正を行うものでございます。

 次に、90ページをお願いいたします。平郡西簡易水道事業費ですが、水質検査手数料の落札減により、15万1,000円の減額補正を行うものでございます。

 次の91ページですが、平郡東簡易水道事業費、これも水質検査手数料、膜処理施設設置工事に伴う実施設計委託料及び膜処理施設設置工事費の落札減によりまして、6,843万3,000円の減額補正を行うものでございます。

 少し前に戻っていただき、87ページをお願いいたします。歳入のご説明をさせていただきます。工事費の落札減に伴いまして、国庫支出金4,418万4,000円、一般会計繰入金520万9,000円、次のページになりますが、市債2,520万円、それぞれ減額補正を行うものでございます。

 また、前の84ページのほうに戻っていただきまして、第2表でお示ししております繰越明許費でございますが、平郡東簡水の膜処理施設設置工事における建築確認申請等、事前協議等で不測の日数を要しましたので、繰越明許をお願いするものでございます。金額は5,450万円で、完成は7月末を予定しております。

 次の85ページ、第3表の地方債補正ですが、簡易水道施設整備事業債の補正による変更分2,520万円を減額いたしまして、1億220万円とするものでございます。以上で、補足説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託をいたします。

 次は、議案第39号、平成18年度柳井市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) 議案第39号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の92ページをお願いいたします。第1条は、既定の歳入歳出予算の総額を1億2,289万1,000円減額し、歳入歳出予算の総額を50億6,593万2,000円とするものでございます。

 まず、歳出でございますが、97ページをお願いいたします。一般管理費の13節・委託料、老人保健法の改正に伴う電算プログラム修正委託料170万円につきましては、国の老人医療費適正化推進事業の補助事業としての対象となるために、予算説明書40ページにあります一般会計の老人福祉費へ振り替えるものでございます。

 次に、医療給付費及び審査支払手数料でございますが、実績見込みにより減額するものでございます。

 次に、95ページをお願いいたします。歳入でございますが、支払基金交付金、国庫負担金、96ページの県負担金、一般会計繰入金は、ただいま歳出でご説明いたしました、医療費の減額等による補正でございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第40号、平成18年度柳井市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 議案第40号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の99ページをお開き願います。今回の補正は、2,930万円を減額し、予算総額を17億3,404万5,000円とするものでございます。

 歳出から、ご説明いたします。106ページをお開き願います。下水道事業費につきましては、支出見込み、事業進捗の調整等により、工事請負費等の減額を行うものでございます。

 107ページ、公債費、一時借入金利子でございますが、実績見込みにより、減額を行うものでございます。

 次に、104ページ、歳入でございますが、収入見込みにより下水道使用料の増額、公共下水道特別会計への繰出基準の変更及び決算見込みにより一般会計繰入金を増額し、雑入及び市債を減額するものでございます。

 次に、101ページ、第2表の繰越明許費でございますが、柳井港幹線管渠布設工事につきまして、立坑築造に際し、当初は水道管を保護し施工する計画でございましたが、試掘した結果、水道管の腐食が激しく、保護するだけでは水道管に破損が起こる可能性が高いため、水道管を移設する必要が生じ、道路管理者である国土交通省との協議及び移設工事等に不測の日数を要したことにより、年度内の完成が困難となったため、繰り越しを行うものでございます。なお、完成は5月末日を予定しております。

 次に、102ページの第3表・地方債補正でございますが、公共下水道事業債の補正による変更分2,660万円を減額しまして、4億6,000万円とするものでございます。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第41号、平成18年度柳井市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 議案第41号につきまして、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の108ページをお願いいたします。今回の補正は、412万6,000円を減額し、予算総額を3億3,973万7,000円とするものでございます。

 それでは、歳入から、ご説明を申し上げます。112ページをお願いいたします。歳入見込みにより使用料の増額、また、農業集落排水事業費の確定等によりまして、市債等を減額するものであります。

 続きまして、歳出について、ご説明いたします。114ページをお願いいたします。一般管理費につきましては、加入接続戸数の増による簡易水道検針負担金の増額及び確定申告による消費税及び地方消費税の減額をお願いするものであります。農業集落排水事業費につきましては、事業費の確定により、工事請負費等の減額を行うものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第42号、平成18年度柳井市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、補足説明があれば、これを求めます。健康福祉部長。



◎健康福祉部長(中村栄司) 議案第42号について、補足説明を申し上げます。

 116ページをお願いいたします。第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、保険事業勘定において、歳入歳出それぞれ7,906万4,000円を減額し、保険事業勘定の歳入歳出予算の総額を、それぞれ28億6,041万9,000円とするものであります。

 まず、保険事業勘定の歳出でございますが、126ページをお願いいたします。1款・総務費の一般管理費におきましては、医療制度改革に伴う介護保険システム改造経費が、平成18年度の国庫補助事業として内示を受けたことによりまして、その改造経費を計上いたしました。

 同じく126ページから130ページ、2款・保険給付費、4款・地域支援事業費におきましては、決算見込みによる減額を行うものであります。

 131ページ、5款・基金積立金では、保険給付費、地域支援事業費の減額に伴う介護給付費準備基金積立金の増額を行うものであります。

 次に、歳入でございますが、戻りまして、121ページをお願いいたします。

 保険給付費、地域支援事業費等の減額に伴いまして、その財源となっております国県支出金、支払基金交付金、一般会計繰入金等の所要の補正を、国庫補助金につきましては、介護保険システム改造に係る介護保険事業費補助金を計上いたしました。

 続きまして、第2条の繰越明許費でございますが、119ページ、第2表をご参照をお願いいたします。今回、増額計上いたしております介護保険システム改造経費につきましては、平成20年度の医療制度改革に対応するための改造経費でありまして、今年度事業として国庫補助内示がありましたので、今回、歳入歳出予算に計上して実施するものでございます。しかし、具体的な修正内容等、不明確な部分がございまして、仕様変更等による遅延が生じてまいります。年度内完成、支払いが困難であると見込まれますので、273万7,000円について、繰越明許費として計上するものでございます。なお、来年度内での完成を予定時期としております。以上で、補足説明を終わります。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第43号、平成18年度柳井市国民宿舎事業特別会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 議案第43号について、補足説明を申し上げます。

 このたびの補正は、歳入歳出予算の総額を変えず、現計予算内での各費目の金額の変更でございます。

 まず、歳出でございますが、137ページをお願いいたします。

 管理費につきましては、人件費の精査によりまして、10万8,000円の減額をいたしております。運営費につきましては、需用費を372万7,000円増額いたしております。これは、年度当初から原油価格の高騰が続いておりましたが、その影響により、燃料費、賄材料費の価格が上昇したこと等によるものでございます。燃料費を66万5,000円、光熱水費を61万8,000円、賄材料費を244万4,000円、それぞれ増額するものでございます。役務費等その他の費目につきましては、経費の節減、事務執行の精査、利用者の減少に伴う決算見込み等によりまして、それぞれ減額をいたしております。運営費全体では、10万8,000円の増額となっております。

 続きまして、歳入でございますが、135ページをお願いいたします。

 まず、国民宿舎使用料でございますが、利用者数の減により、300万8,000円の減額をいたしております。一般会計繰入金につきましては、786万2,000円の増額をお願いするものでございます。

 136ページをお願いいたします。諸収入の雑入につきましては、これは、国民宿舎の食堂、売店、宴会等の売り上げが主なものでございますが、利用者の減少に伴い減収となっておりまして、総額で485万4,000円を減額するものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、建設経済常任委員会に付託いたします。

 次は、議案第44号、平成18年度柳井市水道事業会計補正予算(第2号)について、補足説明があれば、これを求めます。水道部長。



◎水道部長(川田邦生) 議案第44号について、補足説明を申し上げます。

 補正予算書の139ページをお願いいたします。今回の補正は、高料金対策補助金の確定及び借換債による利子の減額等に伴い、補正をするものでございます。

 第2条の収益的収入では、営業外収益として、高料金対策の補助金が確定いたしましたので、一般会計繰入金を1,245万4,000円増額するものでございます。

 第3条の資本的収入では、借換債に係る元金返済の変更によりまして、出資金を1万4,000円増額するものでございます。

 第4条の他会計からの補助金でございますが、第2条、第3条の増額により、2億6,014万3,000円とするものでございます。以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。本案は、なお慎重審議を要しますので、厚生水道常任委員会に付託いたします。

 それでは、午後3時15分まで、休憩といたします。

午後3時00分休憩

                              

午後3時15分再開



○議長(松本哲男)  休憩を閉じて、会議を再開いたします。

 次は、諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦について、補足説明があれば、これを求めます。

〔「ございません」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ないようでございます。以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、諮問第1号は、原案のとおり同意することに決しました。

 次は、諮問第2号、人権擁護委員候補者の推薦について、補足説明があれば、これを求めます。

〔「ございません」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  それでは、以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり同意することに、ご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  ご異議なしと認めます。よって、諮問第2号は、原案のとおり同意することに決しました。

 次は、報告第1号、柳井市国民保護計画作成の報告について、補足説明があれば、これを求めます。総務課長。



◎総務課長(大井清教) 報告第1号の補足説明を申し上げます。

 武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第35条第6項の規定により、柳井市国民保護計画を作成いたしましたので、報告するものでございます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第1号の報告を終わります。

 次は、報告第2号、専決処分の報告について、補足説明があれば、これを求めます。教育次長。



◎教育次長(中村正明) 報告第2号の専決処分について、補足説明を申し上げます。

 本件は、柳井中学校、伊陸、宮ケ原方面のスクールバスが、平成18年10月17日、柳井市伊陸の県道光・日積線を走行中、ヤロンソーイング柳井工場出入り口付近において、同工場から出ようとした軽乗用車と接触した事故に係る損害賠償金2万7,925円を支払ったものでございます。

 なお、今回の損害賠償金につきましては、社団法人・全国市有物件災害共済会から補填されております。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第2号の報告を終わります。

 次は、報告第3号、専決処分の報告について、補足説明があれば、これを求めます。教育次長。



◎教育次長(中村正明) 報告第3号の専決処分について、補足説明を申し上げます。

 本件は、柳井中学校、伊陸、宮ケ原方面のスクールバスが走行中、平成18年11月30日、柳井市柳井4115番地、柳井中学校敷地内において、登校中の生徒の自転車と接触した事故に係る損害賠償金3万5,465円を支払ったものでございます。

 なお、今回の損害賠償金につきましては、社団法人・全国市有物件災害共済会及び自動車損害賠償責任保険から補填されております。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第3号の報告を終わります。

 次は、報告第4号、専決処分の報告について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 報告第4号の専決処分について、補足説明を申し上げます。

 本件は、平成18年12月11日、午後6時30分ごろ、柳井市柳井3763番地、コーポ宮園の駐車場において、下水道課職員運転の公用車と駐車中の相手方軽自動車が接触した事故に係るものでございます。相手方と誠意を持って対応協議の結果、示談が成立し、相手方車両に対する損害賠償金4万215円を支払ったものでございます。

 なお、今回の損害賠償金につきましては、社団法人・全国市有物件災害共済会から補填されております。事故後、所属職員に対して、事故の再発防止のため、交通安全意識の徹底を図るよう喚起を促したところでございます。引き続き、交通安全意識を徹底してまいりたいと思います。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第4号の報告を終わります。

 次は、報告第5号、専決処分の報告について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) 報告第5号の専決処分について、補足説明を申し上げます。

 本件は、平成18年11月10日、午後1時30分ごろ、柳井きたまち郵便局前の県道柳井・玖珂線において、信号待ちをしていた建築課職員運転の公用車と、同じく信号待ちをしていた車両が、信号が変わり発進した際、接触した事故に係るものでございます。相手方車両所有者及び相手方運転者と誠意を持って対応協議を行ってきた結果、示談が成立しましたので、相手方車両に対する損害賠償金16万2,871円、並びに、相手方運転手に対する損害賠償金5万6,109円を支払ったものでございます。

 なお、今回の損害賠償金につきましては、社団法人・全国市有物件災害共済会及び自動車損害賠償責任保険から補填される予定となっております。事故後、所属職員に対して、交通安全意識の徹底を図るよう喚起を促し、繰り返し、職員に対して、交通安全意識を徹底してまいりたいと思います。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。藤沢議員。



◆議員(藤沢宏司) 私が議員になって、大分になるのですが、毎年、こういう事故が出てきておるのかなというふうに思っております。今回は、たまたまかもしれませんが、4件の実例が挙がってきておるということで、災害は、あってはならないというふうに思っておりますが、不幸にして起きたことは仕方がないことだと思いますが、今後、この再発防止を、かなり、その部だけではやっておられるのかもしれませんが、全庁的にどういうふうに考えていらっしゃるのか。また、どういうふうに再発防止をされるのか。ちょっと、やり方を変えなければ、これはずっと、このようなことが起きるのではないかなという危惧もしておりますので、その辺を含めて、対応策があれば、お聞かせをいただきたいと思いますし、なければ、今後、ご検討をいただきたいと思います。



○議長(松本哲男)  総務部長。



◎総務部長(吉山健一) ご答弁になるかどうか、わかりませんが、私からお話をさせていただきたいと思います。

 柳井市におきましては、交通安全運転管理者が従前1名でございましたが、現在3名でございます。これは、安全協会等との協議に基づき、3名を出すようにというご指示でございます。

 そして、交通安全教育はどうなっておるかというお尋ねでございますが、これは、いわゆる安全協会とか安管からも、一応のご理解といいますか、やっておるという評価はいただいておりますが、毎年度、日にちを3日間とりまして──1日でやると出席率が悪いので、3日間とりまして、柳井警察署交通課の課長並びに係長の交通安全講習を受講させていただいております。出席率は90%以上になると思っておりますが、今、お叱りがございましたように、交通事故が絶えておりません。今後さらに、この徹底について、図ってまいりたいと思っております。以上でございます。



○議長(松本哲男)  藤沢議員。



◆議員(藤沢宏司) 要望ということで、お聞きをしておいていただきたいと思いますが、私は、できれば、災害は不幸にして起こったわけなのですが、このことを類似災害が起こらないように、全職員に対して、こういう原因でこういう事故が起こった。個人情報等もございますので、名前等は、出す必要はないと思いますが、そのようなことをして、類似──例えば、この地点が危ないのだとか、こういうふうになったら気をつけろなどというぐらいのことをして、文書等でもいいですから、皆さんに周知をすることによって、事故の再発防止は防げるのではないかなというふうに思います。また、そういうことをしていくことが必要ではないかなというふうに思いますので、要望ということで、考えておいていただきたいなというふうに思います。



○議長(松本哲男)  よろしいですか。ほかに、ありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第5号の報告を終わります。

 次は、報告第6号、柳井市土地開発公社の経営状況について、補足説明があれば、これを求めます。建設部長。



◎建設部長(海田肇) それでは、別冊となっております報告第6号、柳井市土地開発公社の経営状況について、補足説明を申し上げます。

 まず、予算書の1ページをお開きください。平成19年度の事業計画を掲げております。国道188号バイパスなど、公有地の取得、管理及び処分と、土地造成事業の用地の処分が主たる事業でございます。

 次に、2ページの予算でございますが、収益的収入では、第1款・事業収益と第2款・事業外収益を合わせ、収入合計7億549万3,000円を計上いたしました。平成18年度より、国からの買い戻し収益を計上しておりますので、増となっておりますが、これは平成17年度、18年度の実施事業の4分の1ずつの買い戻しを想定しております。

 また、収益的支出では、第1款・事業原価と第2款・販売費及び一般管理費並びに第3款・事業外費用を合わせ、支出合計7億383万1,000円を計上いたしました。差し引き、166万2,000円の経常利益を見込んでおります。

 次に、3ページをお開きください。資本的収入7億5,500万円は、すべて借入金として、資本的支出14億7,808万5,000円は、第1項から第3項までの合計を計上しております。差引不足額については、第3条の括弧書きのとおり、当年度分・過年度分損益勘定留保資金で補填するものでございます。第4条、第5条では、長期、短期の借入金の限度額をそれぞれ定めております。

 それでは、次に、4ページの実施計画について、ご説明を申し上げます。

 1目の公有地売却収益1億783万3,000円は、後地・末広線、古開作線、2目の国道188号代行用地売却収益5億200万円は、国道188号バイパスの売却収益を、第2項・土地造成事業収益は、八幡団地等の売却収益を計上しております。

 次に、5ページをお開きください。第1款・事業原価は、事業収益に対する年度末の原価を計上しております。第2款・販売費及び一般管理費246万1,000円は、前年度予算とほぼ同額で、最小の必要経費を計上しております。

 また、6ページの第3款・事業外費用、1目・支払利息につきましても、借入利率の低減に努め、180万円を計上しております。

 次に、7ページをお開きください。資本的収入の短期借入金につきましては、地価の下落を考慮に入れて、保有地の帳簿価格の増加を抑えるため、可能な限り、柳井市等の公共若しくは公共的団体から、無利子あるいは低利で、短期借り入れをお願いしているところです。その主なものは、後地・末広線等の道路改良事業資金であります。長期借入金は、188号バイパスの利子に充当するものでございます。

 資本的支出の第1項・公有地取得事業費3,585万3,000円につきましては、新たに発生します緊急対応に充てるもの、及び、188号バイパス用地の先行取得事業の利子が主たるものでございます。下段の借入金償還金につきましては、年初めの借り換えに係るものと、売却した用地の土地売却原価相当分の借入金返済金等を計上しておりますが、短期借入金及び188号バイパスの長期借入金の償還額を計上しております。

 次に、9ページをお開きください。資金計画ですが、収益的収入・支出と資本的収入・支出を、それぞれ項ごとに受け入れ、支払い資金に列挙し、さらに、前年度繰越現金見込み額を受入資金に加算して、差し引き、1,395万8,000円を翌年度繰越現金残として見込みました。

 以上でございますが、本報告につきましては、平成19年2月7日開催の当公社の理事会におきまして、議決されていることを申し上げまして、補足説明とさせていただきます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第6号の報告を終わります。

 次は、報告第7号、平郡航路有限会社の経営状況について、補足説明があれが、これを求めます。経済部長。



◎経済部長(牧野義寿) 報告第7号、平郡航路有限会社の経営状況につきまして、第31期、平成18年の営業報告を読み上げさせていただきまして、報告といたします。

 当社の第31期(平成17年10月1日から平成18年9月30日まで)の経営状況を次のとおり報告します。

 1、決算状況並びに期末剰余金の処理について。第31期における収益は、運航収益8,247万1,370円、営業収益2万6,427円、特別収益4,544万4,564円の合計1億2,794万2,361円の総収益がありました。前年度と比較すると2.3%の増収であります。これに対して費用は、運航費用9,285万3,695円、営業費用4,336万1,478円など、合計1億3,818万5,363円の支出がありました。前年度と比較すると7.5%の増額であります。当期においては差引1,024万3,002円の純損失があり、したがって、期末剰余金の処理につきましては、前期繰越欠損額1,106万9,385円に当期純損失を加算し、次期繰越欠損金は2,131万2,387円とすることで処理することといたしました。

 2、主要収支の増減理由について。運航収益につきましては、4月に料金改定いたしました貨物運賃収入が203万3,582円、郵便・信書便航送料収入が110万2,424円増加いたしましたが、旅客運賃収入は221万7,380円、自動車航送運賃は120万8,750円減額となり、運航収益全体で38万3,934円、前年度を下回りました。主な要因といたしましては、島民の減少、利用者の老齢化が考えられます。費用面につきましては、原油価格の高騰により、主燃料のA重油の単価が上昇したため、燃料潤滑油費が753万5,011円増加いたしました。船舶修繕費が214万396円減少していますが、これは、船の第1種中間検査及び修理の際、入札により業者を決定した結果であります。

 当期の純損失は1,024万3,002円となりましたが、国、県、市からの離島航路補助金を含む特別収益を除いた純損失額は5,568万7,566円になり、航路経営の健全化、安定化にはほど遠い状態ですが、当航路は、離島平郡の住民にとって日常生活に欠かせない物資の運搬、医療機関への通院等、なくてはならない唯一の交通機関であります。当航路維持のためには行政の支援が必要不可欠であり、今後とも行政当局の適切な指導のもとに、安全運航の確保と経営の健全化に努力することを約束し、第31期の営業報告といたします。

 なお、今期において判明した不明金は、仮払金として計上いたしておりますが、その取り扱いにつきましては、会社社員総会において報告の上、処理することとしておりますことを申し添えます。以上でございます。



○議長(松本哲男)  以上で、補足説明を終わります。質疑はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本哲男)  質疑を終結いたします。以上で、報告第7号の報告を終わります。

────────────・────・────────────



○議長(松本哲男)  以上をもちまして、本日の会議を終了し、明日8日を休会といたします。9日は、午後1時から会議を開きますので、定刻までに、ご参集をお願いいたします。

 本日は、これをもって、散会いたします。

午後3時40分散会

──────────────────────────────





      会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。




         平成19年 3月 7日


                     議  長 松本 哲男


                     署名議員 荒川 貴志


                     署名議員 君国 泰照