議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 長門市

平成 20年 9月定例会(第3回) 09月05日−01号




平成 20年 9月定例会(第3回) − 09月05日−01号









平成 20年 9月定例会(第3回)


───────────────────────────────────────────
平成20年9月(定例)長門市議会会議録(第1日)
     平成20年9月5日(金曜日)
───────────────────────────────────────────
議事日程(第1号)
    平成20年9月5日(金)午前9時30分開会
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 議案第1号から議案第17号の一括上程
──────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 議案第1号から議案第17号の一括上程
      議案第1号 平成20年度長門市一般会計補正予算(第3号)
      議案第2号 平成20年度長門市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第3号 平成20年度長門市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第4号 平成20年度長門市湯本温泉事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第5号 平成20年度長門市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)
      議案第6号 平成20年度長門市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第7号 平成20年度長門市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
      議案第8号 平成20年度長門市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第9号 平成20年度長門市電気通信事業特別会計補正予算(第1号)
      議案第10号 平成20年度長門市水道事業会計補正予算(第1号)
      議案第11号 平成19年度長門市水道事業決算の認定について
      議案第12号 長門市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動費用の公費負担に関する条例の一部を改正する条例
      議案第13号 公益法人等への長門市職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
      議案第14号 長門市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例
      議案第15号 長門市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例
      議案第16号 市の区域内の字の区域の変更について(基盤整備事業泉川地区)
      議案第17号 長門市過疎地域自立促進計画の変更について
追加日程第1 議案第18号 訴訟事件の和解をすることについて
──────────────────────────────
出席議員(29名)
1番 長尾  実君       2番 先野 正宏君
3番 山根 勇治君       4番 武田 新二君
5番 三輪  徹君       7番 岡?  巧君
8番 大下 和政君       9番 谷川 雅之君
10番 原田 勝敏君       11番 阿波 昌子君
12番 野村 正夫君       13番 林  克好君
14番 木下 重之君       15番 中野 明彦君
16番 林  哲也君       17番 大草 博輝君
18番 宮野 修治君       19番 田村 哲郎君
20番 新谷  勇君       21番 中野 博文君
22番 中村邦四郎君       23番 金? 修三君
24番 南野 勇治君       25番 佐藤 和夫君
26番 松永 亘弘君       27番 岡野 正基君
28番 今津 一正君       29番 西岡 晴美君
30番 南野 京右君                
──────────────────────────────
欠席議員(なし)
──────────────────────────────
欠員(1名)
──────────────────────────────
事務局出席職員職氏名
局  長 西岡 隆雄君       次  長 橋本 和則君
次長補佐 平川慎太郎君       書  記 杉村 紀子君
──────────────────────────────
説明のため出席した者の職氏名
市長 …………………… 松林 正俊君  副市長 ………………… 藤田 芳久君
教育長 ………………… 大嶋 泰夫君  企画総務部長 ………… 岡本 守正君
市民福祉部長 ………… 久永 喜幸君  経済振興部長 ………… 岩崎 伸広君
建設部長 ……………… 本山 義雄君  会計管理者 …………… 藤野 義久君
教育次長 ……………… 大和  保君  消防本部消防長 ……… 廣田 敏明君
三隅支所長 …………… 繁澤 裕司君  日置支所長 …………… 宮本 正澄君
油谷支所長 …………… 山本 正人君  企画政策課長 ………… 仲野 修史君
秘書広報課長 ………… 重原 敏男君  総務課長 ……………… 山口 雅道君
財政課長 ……………… 松尾  要君  税務課長 ……………… 河野 広行君
国体推進課長 ………… 上田 達男君  市民課長 ……………… 中野 義三君
生活環境課長 ………… 中尾  努君  高齢障害課長 ………… 宮崎 節子君
地域福祉課長 ………… 西本 一恵君  健康増進課長 ………… 三戸 幸子君
商工観光課長 ………… 宍村 龍夫君  農林課長 ……………… 浴田 和拓君
水産課長 ……………… 高橋 憲幸君  都市建設課長 ………… 林  了夫君
下水道課長 …………… 南野  新君  水道課長 ……………… 山田 保則君
教育総務課長 ………… 熊野 和雄君  学校教育課長 ………… 松浦 正彦君
生涯学習スポーツ振興課長 ……………………………………………… 坂倉 誠治君
選管事務局長 ………… 五十嵐 徹君  監査委員 ……………… 今浦 丈志君
監査事務局長 ………… 又野  豊君  農委事務局長 ………… 萩谷 周成君
総務課長補佐 ………… 永井 武司君                    


──────────────────────────────

午前9時30分開会



○議長(南野京右君) おはようございます。ただ今から平成20年9月長門市議会定例会を開会します。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程及び本定例会の議事説明員は、配付のとおりです。

────────────・────・────────────



△日程第1.会議録署名議員の指名



○議長(南野京右君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第76条の規定により、今津一正君及び西岡晴美君を指名します。

────────────・────・────────────



△日程第2.会期の決定



○議長(南野京右君) 日程第2、会期決定の件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日から9月25日までの21日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(南野京右君) 御異議なしと認めます。よって、会期は21日間に決定しました。

────────────・────・────────────



△日程第3.議案第1号〜議案第17号



○議長(南野京右君) 日程第3、議案第1号から議案第17号までを一括議題とします。

 提出議案について提案理由の説明を求めます。松林市長。

〔市長 松林正俊君登壇〕



◎市長(松林正俊君) おはようございます。本定例会に提出をしております議案について御説明を申し上げます前に、去る8月30日早朝の大雨被害について、その概要を御報告申し上げます。

 30日早朝の豪雨により、油谷地区の向津具半島を中心に、床下浸水5カ所、土砂崩れによる市道通行止め3カ所、農地の土砂崩れ約40カ所が発生しております。当日は、県の雨量観測所であります白木で、午前8時からの10分間の雨量が50ミリメートル、更に午前9時からの10分間の雨量が52ミリメートル、降り始めからの総雨量が229ミリメートルと、局地的に記録的な雨量を計測しています。

 まず、大雨洪水警報が午前6時36分に発表され、関係部署による情報収集、現地確認を開始致しました。その後、8時15分に土砂災害警戒情報が発表され、8時40分に災害対策本部規程に基づく第2警戒態勢をとることを決定し、本庁職員の緊急招集、油谷支所へ応援職員の派遣を行いますとともに、10時5分に消防の指揮本部を向津具公民館に設け、浸水被害防止への対処策を行ったところであります。また、下関市と電話により情報を共有するとともに、双方で応援の必要が生じた場合は、電話で応援の要請を行うことを確認したところであります。

 被害の状況につきましては、私自身も早速、8月30日当日と、9月1日の2日間、床下浸水が発生した箇所を中心に現地を見て回り、その原因とそれを解消する対応策の検討等を担当課に指示したところであります。

 このたび被災された方々に対し、心からお見舞いを申し上げますとともに、道路、農地の災害について、できる限り速やかな復旧が図れるよう努力して参ります。

 それでは次に、平成20年度の後期高齢者医療保険料の賦課算定において、賦課の基となる所得情報の一部が反映されず、保険料が過小に算定されていたことが判明致しましたので、その概要を御報告申し上げます。

 後期高齢者医療保険料につきましては、本市から提供する被保険者及びその世帯に属する者の前年中の所得課税情報に基づいて、山口県後期高齢者医療広域連合において賦課算定が行われます。山口県後期高齢者医療広域連合に送付する当該所得課税データの作成において、システム開発事業者のプログラムの設計ミスにより、本来農業所得に加算されるべき肉用牛の売却による所得が適正に加算されておらず、22世帯32人の方に対して、総額で164万9,377円の保険料が過小に算定されていたことが、その後の保険料の賦課徴収の確認で判明しました。

 今後の対応と致しましては、保険料の追加徴収の対象となる方に対しまして、職員が戸別訪問して事情説明のうえ謝罪をし、保険料変更通知書の配付をさせて頂くことと致しております。該当の方には御迷惑をおかけすることになり、心からお詫びを致します。

 今回の誤りの原因は、市が指示したプログラム設計上の特殊な要件に対する、システム開発事業者の確認不足と、市も当該所得課税データを一定規模の抽出による検証にとどめたところにあり、今後は徹底した確認作業の励行など、再発の防止に向けて細心の注意を払って業務に当たるとともに、山口県後期高齢者医療広域連合と緊密な連携を行って参る所存であります。

 それでは、本定例会に提出をしております議案について御説明申し上げます。

 議案第1号「平成20年度長門市一般会計補正予算(第3号)」、議案第2号「平成20年度長門市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)」、議案第3号「平成20年度長門市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」、議案第4号「平成20年度長門市湯本温泉事業特別会計補正予算(第1号)」、議案第5号「平成20年度長門市老人保健事業特別会計補正予算(第3号)」、議案第6号「平成20年度長門市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)」、議案第7号「平成20年度長門市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)」、議案第8号「平成20年度長門市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)」、議案第9号「平成20年度長門市電気通信事業特別会計補正予算(第1号)」、以上、9議案について一括して御説明申し上げます。

 今回の補正予算につきましては、その後の事情により補正の必要を生じた事業について予算措置を行うとともに、4月1日付人事異動に伴う人件費の予算調整、また共済費の負担金率が引き上げられたことに伴い追加計上を行うものであります。

 まず、一般会計補正予算について御説明を申し上げます。

 補正予算書の1ページですが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2億7,590万2,000円を追加し、予算総額を199億7,016万円とするものであります。

 では、歳出から順次御説明申し上げます。

 43ページですが、第2款「総務費」の財産管理費では、市有財産の舗装工事に係る経費を計上しております。

 次に、企画費では食育推進事業、ふるさと応援寄附金推進事業及び若者地域づくりチャレンジ推進事業等に係る経費について、増減の調整を行っております。

 続いて、電算管理費では、裁判員制度対応システム改修に係る経費について、一般財源から国庫支出金に財源組み替えを行っております。

 次に、ケーブルテレビ放送費では、ケーブルテレビ専用のデジタル放送端末器のリースに係る経費を計上しております。

 続いて、油谷支所費では、庁舎床の張替えに係る経費を計上しております。

 次に、防災対策費では、災害対策用の管内図について、その作成に係る経費を計上しております。

 続いて、賦課徴収費では、年金特別徴収制度に係るプログラム修正、固定資産の画地計測システム使用料及び変動所得に係る歳出還付等の経費を計上しております。

 次に、49ページでありますが、第3款「民生費」の社会福祉総務費では、国民健康保険事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせ予算の調整を行っております。

 続いて、障害福祉サービス費では、身体障害者用トイレの改修に係る経費を追加計上するとともに、視聴覚障害者への支援事業に係る節の組み替えを行っております。

 次に、老人福祉費では、介護保険事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせ予算の調整を行っております。

 続いて、老人医療費では、後期高齢者医療制度システム増設及び補助金超過交付額の返還に係る経費を計上するとともに、老人保健事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせ予算の調整を行っております。

 次に、児童福祉総務費では、次世代育成支援の行動計画、児童クラブ事業及びファミリーサポートセンター事業等に係る経費を追加計上しております。

 続いて、扶助費では、生活保護費国庫負担金の返還に係る経費を計上しております。

 次に、53ページですが、第4款「衛生費」の保健衛生総務費では、小児救急医療確保対策事業が県補助の対象となったことによる調整と、健康づくりのつどい事業に係る経費を追加計上しております。

 続いて、斎場費では、長門市斎場の車寄せ天井を補修する経費を計上しております。

 次に、上水道整備費では、簡易水道事業補てん額を減額計上しております。

 続いて、56ページですが、第6款「農林水産業費」の農地費では、単県農山漁村整備事業の経費を計上するとともに、農業集落排水事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせて予算の調整を行っております。

 次に、林業振興費では、林道小災害に係る事業費を計上しております。

 続いて、水産業振興費では、新規就業者の定着支援事業に係る経費を計上するとともに、活イカ蓄養水槽施設に対する適用事業の変更に伴い事業費を追加計上しております。

 次に、漁港建設費では、大浦地区の漁港施設整備事業の追加工事費及び県営仙崎漁港整備事業の負担金を計上するとともに、漁業集落排水事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせ予算の調整を行っております。

 続いて、61ページですが、第7款「商工費」の観光総務費では、青海島キャンプ村の公衆便所を水洗化する経費を計上しております。

 次に、観光振興費では、湯本温泉事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせて予算の調整を行っております。

 続いて、六次産業推進費では、国土交通省の地域振興アドバイザー派遣事業に係る経費を計上するとともに、六次産業を推進する事業費の調整を行っております。

 次に、62ページですが、第8款「土木費」の道路橋梁新設改良費では、小規模道路改良舗装事業に係る経費を追加計上しております。

 続いて、河川総務費では、洪水・高潮ハザードマップ整備に係る経費を追加計上しております。

 次に、公共下水道費では、公共下水道事業特別会計繰出金について、特別会計の補正に合わせ予算の調整を行っております。

 続いて、公園事業費では、長門市総合公園等の施設に係る修繕費を追加計上しております。

 次に、住宅管理費では、公営住宅法改正に伴う家賃システムの改修及び住宅・建築物耐震化促進事業に係る経費を計上しております。

 続いて、66ページですが、第10款「教育費」の小学校費及び中学校費ともに、学校管理費では校舎等耐震診断委託の経費を計上し、教育振興費では燃料費の高騰によってバス借上料が値上がりしたことに伴う経費を追加計上しております。

 次に、公民館費では、10月から俵山公民館を指定管理とすることに伴う経費について予算調整を行っております。

 続いて、美術館費では、香月泰男美術館の増改築に伴う基本設計の経費を計上しております。

 次に、71ページですが、第12款「公債費」の元金では、地域総合整備資金貸付金の元金収入があったことから、一般財源から特定財源のその他に財源組み替えを行っております。

 続いて、同じく71ページですが、第14款「予備費」では、これまでの充用の状況から、今後の自然災害等に備える経費を見込んで追加計上しております。

 次に、歳入について御説明申し上げます。

 37ページですが、第12款「分担金及び負担金」の農林水産業費分担金では、渋木市ノ尾地区の飲料水供給施設整備費に係る地元分担金を計上しております。

 続いて、第13款「使用料及び手数料」の土木手数料では、権限移譲に伴う屋外広告物手数料を計上しております。

 次に、37ページから39ページの第14款「国庫支出金」及び第15款「県支出金」につきましては、歳出計上しております事業費の内示額、補助率等に基づき計上しております。

 続いて、第17款「寄附金」の指定寄附金では、ふるさと納税制度の対象となる長門市ふるさと応援寄附金を計上しております。

 次に、40ページですが、第18款「繰入金」の観光施設等整備基金繰入金では、湯本温泉事業特別会計繰出金の財源として計上しております。

 続いて、第19款「繰越金」につきましては今回の補正の財源として計上しております。

 次に、第20款「諸収入」の貸付金元利収入では、地域総合整備資金貸付金元金収入を計上しております。また、給食費では、幼稚園給食費を計上し、雑入には幼稚園職員の給食費負担金を計上しております。

 続いて、41ページですが、第21款「市債」の農林水産業債では、事業の変更に伴う調整を行っております。

 次に、74ページでありますが、債務負担行為につきましては、平成22年度までのニューフィッシャー確保育成推進事業費補助金を計上しております。

 それでは続いて、各特別会計につきまして御説明申し上げます。

 まず、9ページですが、長門市国民健康保険事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ4,486万6,000円を追加し、予算総額を55億8,254万3,000円とするものであります。

 これにつきましては、80ページですが、第1款「総務費」の一般管理費では、高額療養費支給管理のシステム改修について計上し、81ページですが、第2款「保険給付費」につきましては、療養費等の追加計上を行っております。

 また、82ページですが、第3款「後期高齢者支援金等」及び第4款「前期高齢者納付金等」につきましてはそれぞれ追加計上し、第10款「諸支出金」では国庫負担金等の返還金を計上しております。

 次に、12ページですが、長門市公共下水道事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ124万8,000円を減額し、予算総額を17億4,550万6,000円とするものであります。

 これにつきましては、88ページですが、第1款「下水道費」の公共下水道建設事業費では管渠埋設工事を減額計上し、特定環境保全公共下水道建設事業費では管渠埋設工事を追加計上致しております。

 続いて、16ページでありますけれども、長門市湯本温泉事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ1億1,526万5,000円を追加し、予算総額を2億2,744万8,000円とするものであります。

 これにつきましては、96ページですが、第1款「温泉費」の貯配湯費では、配湯施設整備工事を追加計上し、源泉配湯施設の供用開始の延期に伴う維持管理の経費を追加計上しております。

 次に、19ページですが、長門市老人保健事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ1億1,023万円を追加し、予算総額を7億7,314万8,000円とするものであります。

 これにつきましては、103ページですが、第1款「医療諸費」の医療給付費では、月遅れ診療請求分の医療費を計上しております。また、第2款「諸支出金」の償還金では、平成19年度事業実績による返還金を計上致しております。

 続いて、22ページですが、長門市漁業集落排水事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ280万9,000円を追加し、予算総額を1億5,331万6,000円とするものであります。

 これにつきましては、108ページですが、第1款「漁業集落排水事業費」の維持管理費では、汚泥運搬・処分委託料を追加計上しております。

 次に、25ページですが、長門市農業集落排水事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ2,281万1,000円を追加し、予算総額を6億1,783万円とするものであります。

 これにつきましては、114ページですが、第1款「農業集落排水事業費」の油谷中央地区建設事業費では、管路施設工事を追加計上しております。

 続いて、29ページですが、長門市介護保険事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ9,855万4,000円を追加し、予算総額を32億2,327万8,000円とするものであります。

 これにつきましては、121ページですが、第5款「諸支出金」の償還金では、平成19年度事業確定に伴う補助金等の返還金を計上しております。

 次に、32ページですが、長門市電気通信事業特別会計補正予算は、歳入歳出それぞれ23万5,000円を減額し、予算総額を8,755万3,000円とするものであります。

 これにつきましては、128ページですが、第1款「電気通信費」の業務費では、外部記憶装置の再構築リース料を計上しております。

 続いて、議案第10号「平成20年度長門市水道事業会計補正予算(第1号)」でありますが、収益的収入及び支出予算において補正を行っており、まず支出については4ページから5ページまでですが、4月1日付人事異動に伴う人件費の過不足を調整したほか、燃料価格値上げに伴う燃料費の増額を計上したものであります。

 続いて、収入については、3ページですが、俵山、三隅及び日置簡易水道事業費の補正額に応じ欠損金補てんを調整したものであります。

 次に、議案第11号「平成19年度長門市水道事業決算の認定について」御説明を申し上げます。

 水道事業会計の詳細につきましては、お手元の決算書及び事業報告書等でお示しをしているところですが、給水人口については、決算書20ページですが、全体で3万7,713人となり、昨年度に比べ483人減少しておりますが、市の総人口で除した普及率は92.32%と、対前年比で0.36ポイントの微増に転じております。

 給水栓数においては、1万5,758栓で、前年度に比べ208栓の減少となりました。

 また、年間給水量は、464万3,345立方メートルで、総配水量で除した有収水量率は82.49%と、前年度に比べ1.35ポイントの増加を見ておりますが、水源の有効活用を更に図るために、老朽送配水管の計画的な更新や、漏水調査等の実施に取り組み、有収水量率の向上を目指して参りたいと存じます。

 続いて、建設改良事業についてでありますが、16ページから18ページの建設改良工事の概況のとおりですが、主な事業と致しましては、3カ年計画の水道情報監視システム構築工事を長門・三隅・日置地区において取り組み、長門上水では湯本新配水施設基本設計業務や配水管布設替工事等を、油谷上水では立石・川尻地区等の配水管布設替工事や、油谷中央地区の農業集落排水事業関連水道管移設工事を、三隅簡水では、中村・大竹地区の配水管布設替工事等を、日置簡水では市道黄波戸口長行線配水管布設替工事等を行ってきたところであります。

 次に、経営状況について御説明申し上げます。

 まず、収益的収入及び支出でありますが、総収益は、26ページですが、7億7,778万3,266円で、総費用は、33ページですが、7億6,736万5,058円で、うち支払消費税額108万5,700円を除きますと、差引1,150万3,908円の純利益が生じる結果となったところであります。このうち、水道料金収入は5億7,977万1,204円で、総収益の74.54%を占めております。

 続いて、資本的収入及び支出についてでありますが、14ページの水道事業報告書のとおりですが、収入総額4億5,431万7,945円に対し、支出総額7億8,391万1,747円となり、差引3億2,959万3,802円の不足額を生じました。不足額の処理につきましては、繰越工事資金・消費税及び地方消費税資本的収支調整額や過年度分損益勘定留保資金及び当年度分損益勘定留保資金をもって補てんを致しました。

 以上、決算の概要について御説明致しましたが、水道事業経営に直面する共通した問題・課題が全国的にある今日、本市水道事業におきましても施設整備の改善改良や、老朽配水管等の更新事業、或いは大河内川ダム建設に関連した水源確保事業、並びに未給水地区への拡張事業等々、多くの課題を抱えております。このような中、市民生活に最も密着したライフラインの確保を図りながら、水道水の安全・安心・安定的供給に努め、更には健全な事業経営の維持、確立に努めて参りたいと考えておるところであります。

 次に、議案第12号「長門市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動費用の公費負担に関する条例の一部を改正する条例」でありますが、公職選挙法の一部改正に伴い、知事及び市長の選挙において2種類以内の選挙運動用ビラを公費で作成し、候補者の選挙事務所、個人演説会等で頒布することが新たに可能となりました。この改正は、候補者が有権者に対し、ビラによる政策、経歴、公約等を知らせ、有権者が長を選ぶ上での判断材料の一つとなるようにしようとするものであります。この法改正を受け、本条例において所要の改正を行うものであります。

 続いて、議案第13号「公益法人等への長門市職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例」でありますが、条例中に引用している法律の題名が、平成20年12月1日から法改正により変更されることから、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第14号「長門市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例」及び議案第15号「長門市報酬及び費用弁償条例の一部を改正する条例」については、本年6月に公布された地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、関係する条例について所要の改正を行うものであります。

 続いて、議案第16号「市の区域内の字の区域の変更について」でありますが、泉川地区における基盤整備事業農地保全型による圃場整備事業について、地区内の換地処分に伴い字の区域の変更を要することから、議会の議決を求めるものであります。

 次に、議案第17号「長門市過疎地域自立促進計画の変更について」でありますが、平成17年度に策定した長門市過疎地域自立促進計画の一部変更を必要とするため、議会の議決を求めるものであります。

 以上、議案について御説明申し上げましたが、何とぞ慎重に御審議頂き、議決並びに御同意を賜りますようお願い申し上げ、説明を終わります。

〔市長 松林正俊君降壇〕



○議長(南野京右君) この際、暫時休憩します。自席で待機して頂きます。

午前10時02分休憩

………………………………………………………………………………

午前10時05分開議



○議長(南野京右君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

────────────・────・────────────

追加日程第1.議案第18号



○議長(南野京右君) お諮りします。本日、市長から議案第18号「訴訟事件の和解をすることについて」が提出されました。これを日程に追加し、追加日程第1として議題にしたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(南野京右君) 御異議なしと認めます。議案第18号を日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決定しました。

 提出議案について、提案理由の説明を求めます。松林市長。

〔市長 松林正俊君登壇〕



◎市長(松林正俊君) それでは、本日追加提出を致しました議案について御説明申し上げます。

 議案第18号「訴訟事件の和解をすることについて」でありますが、平成19年3月定例会において、「訴えの提起をすることについて」の議決を頂き、提訴した土地代金支払請求事件について、先月25日に裁判所から和解案が提示され、内容を検討した結果、この案を受け入れることとしたいので、市議会の議決を求めるものであります。

 市としてはできる限り速やかな決着を望んでいたところであり、原告、被告双方がお互いに譲り合う形での和解により早期の解決が図れるため、この和解案を受け入れたいと考えます。

 以上、議案について御説明申し上げましたが、何とぞ慎重に御審議頂き、議決を賜りますようお願いを申し上げ、説明を終わります。

〔市長 松林正俊君降壇〕

────────────・────・────────────



○議長(南野京右君) 以上で、本日の日程は終了しました。

 次の本会議は、8日午前9時30分から開きます。

 本日はこれで散会します。

午前10時07分散会

──────────────────────────────

 








   会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。

     平成20年 9月 5日

                議  長  南野 京右

                署名議員  今津 一正

                署名議員  西岡 晴美