議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 26年 第2回臨時会(5月) 05月16日−01号




平成 26年 第2回臨時会(5月) − 05月16日−01号









平成 26年 第2回臨時会(5月)


平成26年第2回岩国市議会臨時会会議録(第1号)
平成26年5月16日(金曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成26年5月16日(金曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│   件                           名   │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│報告第 4号 岩国市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│報告第 5号 高架下における事故に関する専決処分の報告について    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│議案第62号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結に│   │
│   │       ついて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│議案第63号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の一部変更に│   │
│   │       ついて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│議案第64号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の一部 │   │
│   │       変更について                      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 8│総務常任委員会審査報告                        │   │
│   │ 議案第62号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結│   │
│   │        について等3件                    │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘

――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(32人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  30番 大 西 明 子 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  31番 藤 重 建 治 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君 
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       政策審議官          村 田 光 洋 君
       総務部長           杉 岡 匡 君
       危機管理監          宗 正 誠 司 君
       行政経営改革担当部長     上 田 義 典 君
       総合政策部長         中 岡 正 美 君
       基地政策担当部長       桑 原 健 二 君
       市民生活部長         多 谷 本 清 晴 君
       環境部長           土 井 寛 治 君
       健康福祉部長         福 岡 俊 博 君
       保健担当部長         松 林 美 子 君
       産業振興部長         平 井 健 司 君
       農林水産担当部長       秋 村 宏 彦 君
       都市建設部長         松 村 知 樹 君
       拠点整備担当部長       中 岡 達 夫 君
       由宇総合支所長        濱 崎 正 雄 君
       玖珂総合支所長        前 川 良 昭 君
       周東総合支所長        武 安 由 博 君
       錦総合支所長         松 藤 幾 治 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          中 川 安 章 君
       教育次長           小 田 修 司 君
       監査委員事務局長       原 田   淳 君
       農業委員会事務局長      西 崎 道 生 君
       選挙管理委員会事務局長    米 本 宏 君
       交通局長           山 近 剛 君
       水道局次長          沖 啓 治 君
       消防担当部長         國 清 宏 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         木原宏
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           尾林正弘
       議事調査班長         林孝造
       書記             宮文男
       書記             河田康一
       書記             河杉祐太朗


――――――――――――――――――――――――――――――

午前10時3分 開会 



○議長(桑原敏幸君)  それでは、所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。

 これより平成26年第2回岩国市議会臨時会を開会いたします。

 なお、本臨時会に提出されます議案等及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(桑原敏幸君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、29番 坪田恵子さん、30番 大西明子さん、31番 藤重建治君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(桑原敏幸君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

――――――――――――――――――――――――――――――

平成26年第2回岩国市議会臨時会会期日程


┌───┬──────┬─┬───┬──────────────────────────┐
│目 次│ 月  日 │曜│開 議│       備          考       │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────────┤
│第 1│ 5月16日│金│本会議│開会                        │
│   │      │ │   │ 議案等上程 説明 質疑 委員会付託        │
│   │      │ │   │ 委員長報告 質疑 討論 採決           │
│   │      │ │   │                       閉会 │
└───┴──────┴─┴───┴──────────────────────────┘


――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(桑原敏幸君)  お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日5月16日の1日といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は本日5月16日の1日と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3報告第4号岩国市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について



○議長(桑原敏幸君)  日程第3 報告第4号 岩国市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の報告を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  報告第4号 岩国市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明いたします。

 本件は、地方税法等の一部を改正する法律が平成26年3月31日に公布され、翌4月1日から施行されたことに伴い、本市の市税条例もこれに準じて改正する必要が生じましたが、市議会にお諮りする時間的余裕がなかったため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、本年3月31日に専決処分しましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 それでは、改正の内容について、お手元に参考として配付しております、岩国市税条例改正の要旨に沿って順に説明させていただきます。

 附則第10条の2は、地方税法の改正に伴い、公害防止用設備、浸水防止用設備、ノンフロン製品に係る固定資産税の課税標準の特例割合が条例に委任されたことに伴い、この特例割合を定めるため、規定の整備を行ったものです。

 附則第10条の3は、不特定多数の人が利用する建築物等の耐震改修促進を支援するため、耐震改修を実施した病院、店舗、旅館等に対する固定資産税の減額措置が創設されたことに伴い、規定を整備したものです。

 附則第21条は、旧民法第34条の規定により設立された法人については、平成20年12月から平成25年11月までの5年間の移行期間中は、移行登記未完了の法人は特例民法法人として存続し、公益社団法人または公益財団法人とみなされていましたが、この移行期間が終了したこと、また特例民法法人から一般社団法人または一般財団法人に移行した法人が設置していた施設で、平成20年12月以前から非課税とされていたものは、平成25年度までは非課税とされていましたが、この措置が期限を迎え、廃止されたことにより規定を整備したものです。

 附則第21条の2は、ただいま申し上げました特例民法法人から一般社団法人または一般財団法人に移行した法人に係る非課税措置の廃止及び外国法人に係る法人市民税等の特例措置が期限を迎え、廃止されたことにより、条例に引用している条項を整理するため、規定を整備したものです。

 附則第26条は、固定資産税等の課税標準の特例について、一般放送事業者が新設した高度テレビジョン施設等に対する既存の特例措置の廃止、またラジオ放送ネットワーク災害対策用設備等に対する特例措置が新たに設置されたことに伴い、条例に引用している条項を整理するため、規定を整備したものです。

 最後に、改正附則第1条から第3条までは、施行期日及び経過措置について規定したものです。

 以上で、岩国市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についての説明を終わります。御承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本件に質疑はありませんか。



◆18番(細見正行君)  ただいま御報告いただきましたが、市政に与える影響見込みは、どのようになりますか。



◎総合政策部長(中岡正美君)  今回、専決処分で変えましたのは、これに関する対象の資産等はございませんので、これによる影響はありません。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件は報告のとおり承認することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、報告第4号は報告のとおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4報告第5号高架下における事故に関する専決処分の報告について



○議長(桑原敏幸君)  日程第4 報告第5号 高架下における事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の報告を求めます。



◎錦総合支所長(松藤幾治君)  報告第5号 高架下における事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本事故は、平成26年1月28日午前4時3分ごろ、国道434号の岩国市錦町中ノ瀬192番地8地先にある、市が所有するとことこトレイン運行路線の高架下において、相手方のごみ収集車がごみ収集作業のため停車していたところ、高架部分から剥離したコンクリート片が相手方車両のフロントガラスに落下し、約30センチメートルにわたり亀裂破損したものです。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として13万7,802円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成26年3月28日、専決処分をいたしましたので、同条第2項の規定により御報告を申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、全国市長会市民総合賠償補償保険において全額対応するものでございます。

 今後、このような事故が発生しないよう、高架の適正な維持管理に一層努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(桑原敏幸君)  本件に質疑はありませんか。



◆22番(味村憲征君)  その事故から考えましてですね、いわゆるこのとことこトレインの路線ですね、路線の、まあ、これからの補修なり、状況はこれからどういうふうに見ているのか、高架も含めて、路線ですね。

 それと、これがいつごろ、とことこトレインのもとの線路、高架等がいつごろできて、何年ぐらいたっておるものか、そして――ということでございます。



◎錦総合支所長(松藤幾治君)  まず、どのぐらいにできたかということでございますけれども、岩日北線で工事が始まったのが昭和42年11月19日から着工しております。

 そして、当該高架橋が設計されたのが45年の2月、この図面を見ますとそういうふうになっておりましたので、45年以降に建設はされたと思いますが、旧国鉄からの書類が設計書しか入っておりませんので、確実な完成年月日はわかりません。

 45年以降だとは思いますけれども、それから考えますと40年から45年は経過はしておるのではないかと思っております。

 それから、今後の対応でございますけれども、現在の当該施設につきましては、剥離、剥落防止ネットを全面にしまして、国道の上側からは剥離しても網で防ぐという形にしております。

 それから、今後につきましては調査をしまして、そういう被害が起こらないような対応ということで調査を、今、予算措置を検討をしておるところでございます。以上でございます。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。



◆18番(細見正行君)  多少、重複するかもわかりませんが、点検、改修はもう既に行っているのか、今から予算をつけてやられるような話でありましたが、それが1点。

 それと、1月28日の午前4時3分ごろ発生して、示談交渉に、専決が3月の28日ですよね、かなり日にちがかかっているようなんですが、どうしてそういうふうに時間がかかったのか、以上、お願いします。



◎錦総合支所長(松藤幾治君)  現在の高架については、もう工事は終了しております。

 今後の調査については、まだ予算は措置しておりません。今後の予算を検討していくところです。

 それから、4時3分ということでございますけれども、昔から錦につきましては慣例で結構早く――広いもんですから早い時間に作業をしておられます。それで、7時から8時台にちょっと狭い部分があって、そこでは交通で支障を来すもんで、なるべく早い時間にそこは終えたいということで、時間的に早い状況になっております。以上でございます。



○議長(桑原敏幸君)  事故が起きてから示談まで、時間がかかっておるけどどうしてかと。



◎錦総合支所長(松藤幾治君)  大変失礼しました。

 示談まではいろいろ書類をそろえるのに時間がかかったのと、状況を把握するのにちょっと手間取りまして、時間がかかっております。



◆18番(細見正行君)  だから、まだ今、剥離したところは改修はしたけど、それ以外の場所はまだ予算がついてないから点検を行ってないということですか。

 工事が昭和四十何年にやられてということですが、ほかの箇所も剥離のおそれがあるので、今言われていたように早く点検すべきじゃないかというふうに考えられますが、いかがですか。



◎錦総合支所長(松藤幾治君)  議員言われるとおりに、私たちもそういうふうに思って、現在そういう対応で努力しておるところでございます。



○議長(桑原敏幸君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5議案第62号いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結について



○議長(桑原敏幸君)  日程第5 議案第62号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第62号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結について御説明をいたします。

 本議案は、平成26年3月市議会定例会において議決をいただいた、いわくに消防防災センター新築建築工事に関連する機械設備、空調・換気設備、自動制御装置、給排水・ろ過設備、消火設備などの工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 本工事の請負契約に係る議案につきましては、平成26年3月市議会定例会に提出をいたしましたが、仮契約の相手方から辞退届が提出されたことから、同議案の撤回について御承認をいただいたところでございます。

 その後、改めて入札公告を行った結果、仮契約の締結に至りましたので、再度、工事請負契約の締結に係る議案を提出するものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、消費税及び地方消費税の額4,734万4,000円を含めた予定価格6億3,914万4,000円により入札を執行した結果、5共同企業体の入札参加者のうち、いわくに消防防災センター新築機械設備工事 中電工・山下工業特定建設工事共同企業体が、消費税及び地方消費税の額4,175万7,408円を含め、請負金額5億6,372万5,009円で落札いたしましたので、同共同企業体と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年12月28日までとしております。

 なお、平成26年度の歳出予算につきましては、平成26年3月市議会定例会におきまして、工事請負費を計上するとともに、債務負担行為につきましては、平成26年度から平成27年度までの2カ年の限度額を設定することについて、平成26年3月市議会定例会におきまして御承認をいただいているところです。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6議案第63号いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第6 議案第63号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第63号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の一部変更について御説明をいたします。

 本議案は、平成26年3月市議会定例会におきまして議決をいただいた後に締結いたしました、いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約について、契約金額を変更する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約金額の変更の理由につきましては、山口県においては本年2月から適用する新たな設計労務単価等の運用に係る特例措置を国に準じてとっており、本市におきましても技能労働者への適切な賃金水準の確保や賃金の支払いなどの観点から、本年2月1日以降に契約を締結した工事等のうち、同月16日以前に入札公告または指名通知を行ったものについて、本年2月から適用する新たな設計労務単価等の運用に係る特例措置を、山口県に準じてとっているところでございます。

 本契約につきましては、この特例措置が適用されることから、契約金額を23億9,652万円から24億513万1,920円に変更する変更契約を締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託をいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7議案第64号いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第7 議案第64号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第64号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の一部変更について御説明をいたします。

 本議案は、平成26年3月市議会定例会におきまして議決をいただいた後に締結をいたしました、いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約について、契約金額を変更する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約金額の変更につきましては、先ほど説明を申し上げましたとおり議案第63号と同様、本年2月から適用する新たな設計労務単価等の運用に係る特例措置が本契約につきましても適用されることから、契約金額を4億7,736万円から4億7,967万2,280円に変更する変更契約を締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩し、休憩中に総務常任委員会を開催していただき、ただいま付託いたしました議案の審査をお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

午前10時24分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午前11時40分 再開 



○議長(桑原敏幸君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8総務常任委員会審査報告

議案第62号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結について等3件 



○議長(桑原敏幸君)  日程第8 総務常任委員会に付託いたしました議案第62号等3件を一括議題といたします。

 委員長の報告を求めます。



◎8番(藤本泰也君)  それでは、総務常任委員会に付託された事件について、審査した結果を御報告いたします。

議案第62号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結について

議案第63号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の一部変更について

議案第64号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の一部変更について

 以上3議案は、慎重審査の結果、原案妥当と認め可決すべきものと決しました。

 それでは、審査の状況について、御報告いたします。

 議案第63号及び議案第64号の審査におきまして、委員中から、今回の契約変更による契約額のアップ率及び契約の変更の要因となった労務単価のアップ率についての質疑があり、当局より「新築建築請負工事については0.36%、新築電気設備工事については0.4%のアップとなり、労務単価のアップ率については全国平均で約7%、山口県では約6%である」との答弁がありました。

 本2議案は、慎重審査の結果、全会一致で可決すべきものと決しました。

 なお、そのほかの案件につきましては、特に申し上げるべきことはございません。

 以上で、総務常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(桑原敏幸君)  ただいまの委員長の報告に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。

 本3議案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、議案第62号、63号、64号、以上3議案は、委員長の報告のとおり可決されました。

 ここでお諮りいたします。本臨時会における議決事件の中で、字句、数字、その他の整理を必要とするものにつきましては、会議規則第43条の規定により、議長に一任していただきたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 以上をもちまして、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 これにて平成26年第2回岩国市議会臨時会を閉会いたします。

午前11時44分 閉会 

――――――――――――――――――――――――――――――

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                         岩国市議会議長  桑 原 敏 幸

                         岩国市議会議員  坪 田 恵 子

                         岩国市議会議員  大 西 明 子

                         岩国市議会議員  藤 重 建 治