議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 26年 第1回定例会(3月) 02月26日−01号




平成 26年 第1回定例会(3月) − 02月26日−01号









平成 26年 第1回定例会(3月)


平成26年第1回岩国市議会定例会会議録(第1号)
平成26年2月26日(水曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成26年2月26日(水曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│   件                           名   │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│諸般の報告                              │   │
│   │ 1 岩国柱島海運株式会社の経営状況について             │   │
│   │ 2 調停の報告について                       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│監査報告第1号 例月出納検査の結果に関する報告について        │   │
│   │監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について        │   │
│   │監査報告第3号 平成25年度第3回定期監査の結果に関する報告について │   │
│   │監査報告第4号 平成25年度第4回定期監査の結果に関する報告について │   │
│   │監査報告第5号 例月出納検査の結果に関する報告について        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│報告第 1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第3号)の専決処分の│   │
│   │       承認について                      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│報告第 2号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算 │   │
│   │       (第1号)の専決処分の承認について           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│報告第 3号 公用車の事故に関する専決処分の報告について       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 8│諮問第 1号 人権擁護委員の推薦について               │   │
│   │諮問第 2号 人権擁護委員の推薦について               │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 9│議案第 1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第4号)      │   │
│   │議案第 2号 平成25年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算    │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第 3号 平成25年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)│   │
│   │議案第 4号 平成25年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第3号)  │   │
│   │議案第 5号 平成25年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)│   │
│   │議案第 6号 平成25年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算   │   │
│   │       (第3号)                       │   │
│   │議案第 7号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算 │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第 8号 平成25年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算    │   │
│   │       (第3号)                       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第10│議案第 9号 平成25年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第11│議案第10号 平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第12│議案第11号 平成26年度岩国市一般会計予算             │   │
│   │議案第12号 平成26年度岩国市土地取得事業特別会計予算       │   │
│   │議案第13号 平成26年度岩国市後期高齢者医療特別会計予算      │   │
│   │議案第14号 平成26年度岩国市国民健康保険特別会計予算       │   │
│   │議案第15号 平成26年度岩国市介護保険特別会計予算         │   │
│   │議案第16号 平成26年度岩国市簡易水道事業特別会計予算       │   │
│   │議案第17号 平成26年度岩国市農業集落排水事業特別会計予算     │   │
│   │議案第18号 平成26年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計予算 │   │
│   │議案第19号 平成26年度岩国市周東食肉センター事業特別会計予算   │   │
│   │議案第20号 平成26年度岩国市観光施設運営事業特別会計予算     │   │
│   │議案第21号 平成26年度錦帯橋管理特別会計予算           │   │
│   │議案第22号 平成26年度岩国市市場事業特別会計予算         │   │
│   │議案第23号 平成26年度岩国市公共下水道事業特別会計予算      │   │
│   │議案第24号 平成26年度岩国市小規模下水道事業特別会計予算     │   │
│   │議案第25号 平成26年度岩国市駐車場事業特別会計予算        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第13│議案第26号 平成26年度岩国市交通事業会計予算           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第14│議案第27号 平成26年度岩国市水道事業会計予算           │   │
│   │議案第28号 平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第15│議案第29号 平成26年度岩国市病院事業会計予算           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第16│議案第30号 岩国市営駐車場基金条例                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第17│議案第31号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第18│議案第32号 岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第19│議案第33号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策│   │
│   │       を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係│   │
│   │       条例の整備に関する条例                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第20│議案第34号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第21│議案第35号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第22│議案第36号 岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第23│議案第37号 岩国市周東食肉センター条例の一部を改正する条例     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第24│議案第38号 岩国市社会教育委員設置条例の一部を改正する条例     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第25│議案第39号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第26│議案第40号 岩国市母子生活支援施設設置条例を廃止する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第27│議案第41号 岩国市国民健康保険の保険料率に関する経過措置条例を廃止す│   │
│   │       る条例                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第28│議案第42号 周東食肉センター改築建築工事請負契約の一部変更について │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第29│議案第43号 周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の一部変更につい│   │
│   │       て                           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第30│議案第44号 周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の一部変更に│   │
│   │       ついて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第31│議案第45号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一│   │
│   │       部変更について                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第32│議案第46号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定  │   │
│   │       (その2)の一部変更について              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第33│議案第47号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定  │   │
│   │       (その3)の一部変更について              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第34│議案第48号 岩国駅自由通路新設等工事の施行に関する協定の締結について│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第35│議案第49号 財産の無償譲渡について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第36│議案第50号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第37│議案第51号 一般廃棄物処理事務の委託に関する規約の変更に関する協議に│   │
│   │       ついて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第38│議案第52号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及│   │
│   │       び規約の変更に関する協議について            │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第39│議案第53号 市道路線の認定について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第40│議案第54号 市道路線の変更について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第41│議案第55号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第42│議案第56号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第43│議案第57号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の締結につい│   │
│   │       て                           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第44│議案第58号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の締結に│   │
│   │       ついて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第45│議案第59号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結に│   │
│   │       ついて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第46│議案第60号 消防指令センター・消防救急デジタル無線整備工事請負契約の│   │
│   │       締結について                      │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘
――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(32人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  30番 大 西 明 子 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  31番 藤 重 建 治 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君               
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       政策審議官          村 田 光 洋 君
       総務部長           杉 岡 匡 君
       行政経営改革担当部長     上 田 義 典 君
       総合政策部長         中 岡 正 美 君
       基地政策担当部長       桑 原 健 二 君
       危機管理監          平 岡 和 憲 君
       環境部長           土 井 寛 治 君
       健康福祉部長         藤 本 雅 亮 君
       地域医療担当部長       村 岡 一 男 君
       保険担当部長         松 林 美 子 君
       産業振興部長         村 田 弘 君
       農林水産担当部長       秋 村 宏 彦 君
       都市建設部長         松 村 知 樹 君
       拠点整備担当部長       中 岡 達 夫 君
       由宇総合支所長        山 本 昭 生 君
       玖珂総合支所長        氏 木 一 行 君
       本郷総合支所長        井 原 富 士 男 君
       周東総合支所長        武 安 由 博 君
       錦総合支所長         松 藤 幾 治 君
       美川総合支所長        杉 山 良 彦 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          小 田 修 司 君
       教育次長           多 谷 本 清 晴 君
       監査委員事務局長       原 田 淳 君
       農業委員会事務局長      清 光 辰 夫 君
       選挙管理委員会事務局長    米 本 宏 君
       交通局長           山 近 剛 君
       水道局副局長         高 田 博 昭 君
       消防担当部長         藤 本 博 己 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         木原宏
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           尾林正弘
       議事調査班長         鈴川芳智
       書記             林孝造
       書記             宮文男
       書記             渡部多津哉


――――――――――――――――――――――――――――――

午前10時 開会 



○議長(桑原敏幸君)  所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。

 これより平成26年第1回岩国市議会定例会を開会いたします。

 なお、今期定例会に提出されます議案等及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(桑原敏幸君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、9番 片山原司君、10番 石本 崇君、11番 植野正則君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(桑原敏幸君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

――――――――――――――――――――――――――――――

平成26年第1回岩国市議会定例会会期日程


┌──┬──────┬─┬───┬────────────────────────┐
│目次│ 月  日 │曜│開 議│      備          考      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第1│ 2月26日│水│本会議│開会 議案等上程 説明 質疑 委員会付託    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第2│ 2月27日│木│   │─┐  *一般質問通告受付  8時30分    │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第3│ 2月28日│金│   │ │  *一般質問通告締切  正午       │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第4│ 3月 1日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第5│ 3月 2日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第6│ 3月 3日│月│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第7│ 3月 4日│火│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第8│ 3月 5日│水│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第9│ 3月 6日│木│本会議│一 般 質 問                 │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第10│ 3月 7日│金│本会議│一 般 質 問                 │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第11│ 3月 8日│土│   │─┬─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第12│ 3月 9日│日│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第13│ 3月10日│月│本会議│一 般 質 問                 │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第14│ 3月11日│火│   │─┐                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第15│ 3月12日│水│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第16│ 3月13日│木│   │ │         10時 経済常任委員会  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第17│ 3月14日│金│   │ │         10時 教育民生常任委員会│
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第18│ 3月15日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第19│ 3月16日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第20│ 3月17日│月│   │ │         10時 建設常任委員会  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第21│ 3月18日│火│   │ │         10時 総務常任委員会  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第22│ 3月19日│水│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第23│ 3月20日│木│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第24│ 3月21日│金│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第25│ 3月22日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第26│ 3月23日│日│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第27│ 3月24日│月│本会議│委員長報告 質疑 討論 採決 閉会       │
└──┴──────┴─┴───┴────────────────────────┘


――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(桑原敏幸君)  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から3月24日までの27日間といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から3月24日までの27日間と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3諸般の報告



○議長(桑原敏幸君)  日程第3 諸般の報告をいたします。

 岩国柱島海運株式会社の経営状況について、本件については、地方自治法第243条の3第2項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、経営状況を説明する書類の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)



◆18番(細見正行君)  諸般の報告について質疑をしたいと思います。

 これ単年度で、25年度、4,410万円の経常損益が出ております。24年を見ますと、2,910万円、23年では3,093万円、22年では912万円と、近年、経常赤字が続いております。これについての経営改善が一応示してありますけど、これ実施されてない項目もあります。この経営改善について、まず市はどのようにお考えなのかお示ししていただきたいと思います。

 また、船費につきましても、すいせいは平成22年3月31日に取得しておりますが、昨年度は船舶修繕費が934万7,000円要っております。また、今年度も450万円の費用を要しております。こういった船費の修繕については、相見積もり等をとっているのか、どうしてこのような費用が毎年かかっているのかお示ししてください。

 また、店費と書いてある項目が、航路損益見込計算書の一番下に書いてありますが、この店費とはどういった経費なのかお示ししてください。

 それと、輸送人員数についても、平成22年度が2万8,000人弱いたのが、25年度決算では2万2,334.5人となっておりますし、そういった輸送人員が減っている中での経営改善策、市はどのように考えているのか、以上お示ししてください。



◎総合政策部長(中岡正美君)  多岐にわたっての質問であれですが、まず今後の経営方針でございますが、今議員御指摘のように、毎年度、欠損がなかなか減ることはなく、ふえておりますが、これらの対策につきましては、買い物ツアー等いろいろ企画しておりましたが、それらについては、なかなか漁獲量ですとか、あと高齢化による用意がなかなか難しいといったふうなこともありまして、今後におきましては、新たに登山道とか整備しておりますので、こういったものについてよくPRして、交流人口をふやすことによって収支の改善を図ってまいりたいと考えております。

 それから、修繕料でございますが、25年度につきましては、機関整備といいますか、定期的な検査に加えて、今回、プロペラの修繕を行っておりまして、これがかなりの金額になったものと聞いております。

 それから、見積もりの話ですが、その辺については確認はしておりませんので、この場でお答えすることができません。

 店費の内容──店費のほうは内容がわかりませんので、すぐお答えすることができません。以上です。



◆18番(細見正行君)  毎年毎年、経常損益、赤字の補填を特別利益でこの会社は賄っているんですよね。市の税金というか、税金から補填しているわけですが、それが特別利益になって何とかもっているという調子で、近年、先ほどもお話ししましたように、3,000万円近く、ことしは特に4,500万円に経常赤字がなっている。

 そういった中で、さっきの店費が何なのかとか、相見積もりをとってきちんとやっているのかというのは、市がある程度関与していく必要があるんじゃないんでしょうか。監査委員についてもそうですけど、市が経営上の参画、ツアーも企画したけど、2年間実施していない。かつては5回も6回も1年間にやってましたよ。そういったところで、もう少し市が積極的に、抜本的に、この会社をどうしていくのかということを見据えるべき必要があろうかと思います。

 例えば民空の活用と図って、宮島だとか、呉の航路だとか、かつては松山フェリーが一緒に経営させてくれという時代もあったわけですよ。これ単独では、ずっと毎年毎年、3,000万円、4,000万円のお金を出し続けて、相見積もりもとってやってるかどうかもわかりません、この項目で1,500万円の店費が何なのかわかりませんという状況じゃ極めてまずい。

 通船への業者委託等を含めて、そういった抜本的経営改善を図る必要があろうかと思いますが、もう一度御答弁お願いします。



◎総合政策部長(中岡正美君)  柱島海運につきましては、これは離島航路、島民の皆様の唯一の公共交通でございますので、毎年度赤字は出ておりますが、これはずっと存続させていかなければならないと考えております。

 その中で、議員御指摘のように、こちらのほうで協力できること、またかかわることができることについては積極的に行って、改善に努めていきたいと考えております。



○議長(桑原敏幸君)  ほかに。



◆22番(味村憲征君)  ただいま18番議員の質疑で、経営的なものはかなり明らかになって、非常に厳しいことはわかりました。では、今までの一般質問の中で、岩国市交通システム調査プロジェクトの中で検討していくということとか、あるいは改革プランを検討しとるのかどうか、その点についてお伺いします。

 それと、この営業報告書を見させていただきますと、22年からずっと、数字は違いますけど、全く同じことが書かれております。そして、離島航路3カ年計画は、24年から26年の3カ年とか、25年から27年と、3カ年計画が岩国柱島海運から出されておりますけども、これについても、見る限りでは絵に描いた餅のように思います。この辺について御答弁、質疑に対して伺いたいと思います。



◎総合政策部長(中岡正美君)  まず、プロジェクトチームの関係でございますが、プロジェクトチーム、今年度、夜景を見るツアーとかの実地調査を行い――周南のほうで、徳山港でやっておりますところを見に行きました。それで、今後につきましては、岩国港の夜景のクルーズ単独ではなかなか見比べたときに難しいということで、このクルーズとほかのものを抱き合わせで何か事業をやっていけたらいいんじゃないかということで、その検討をまた今後やってまいります。

 それから、3カ年計画でございますが、議員御指摘のように、なかなか前に進んでおりませんが、難しいんですが、この中で船員費につきましては、4人体制から3人体制へシフトして、経費の削減等を図っております。今後、削減できるものについては削減を行って、この岩国柱島航路をずっと存続させていきたいと考えております。



◆22番(味村憲征君)  先ほどの18番議員からもありましたけども、貸し切りとか、いろいろ計画されとるのはいいんですけども、計画倒れに終わってるんじゃないかということも指摘されております。

 それで、先ほど言うように、積極的に市も関与していかなければならないという答弁もありましたんで、柱島海運、この事業の負のスパイラルをどうやって断ち切るんか。そして、このスパイラルから、すなわちブレーキをどういうふうにかけていくのかと、この船に対してね。これは、市として責任持って我々に、議会に、この報告書がある限りお知らせいただく義務があると思うんですけど、その点についてお伺いします。



◎総合政策部長(中岡正美君)  今後におきましては、この負のスパイラルですか、これを少しでも和らげるという意味で、とにかく交流人口の増に努めまして、いろいろ島づくり推進協議会ですか、その中でもいろいろな、お年をとった方ならではのことはできないかというふうなことも何か考えておられると聞いておりますので、とりあえず交流人口の増を目指して収支の改善を図っていきたいと考えております。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

 次に、調停の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の報告を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  調停の報告について御説明を申し上げます。

 本件調停は、平成25年2月10日に美和町において発生いたしました市所有の光ケーブルの断線事故について、相手方に対し復旧費用の支払いを求めたもので、平成25年9月定例会での議決を経て協議を行ってまいりました。

 去る平成26年1月16日に可部簡易裁判所で行われた3回目の調停協議において調停が成立いたしましたので御報告を申し上げるものでございます。

 調停の経緯といたしましては、第1回目を平成25年11月18日に、第2回目を同年12月16日に調停協議を行ったところでございます。

 今回、3回目の調停でようやく合意に至ったものでございまして、内容といたしましては、相手方が平成26年2月末日を期限に解決金として22万5,750円を岩国市に支払うこととなりました。

 なお、この解決金につきましては、2月10日付で入金を確認いたしたところでございます。

 当初から双方の認識の違いが大きい中ではありましたが、調停協議の中で合意に至ったところでございますので、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(桑原敏幸君)  ただいまの報告に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4監査報告第1号例月出納検査の結果に関する報告について

       監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について 

       監査報告第3号 平成25年度第3回定期監査の結果に関する報告について 

       監査報告第4号 平成25年度第4回定期監査の結果に関する報告について 

       監査報告第5号 例月出納検査の結果に関する報告について 



○議長(桑原敏幸君)  日程第4 監査報告第1号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第3号 平成25年度第3回定期監査の結果に関する報告について、監査報告第4号 平成25年度第4回定期監査の結果に関する報告について、監査報告第5号 例月出納検査の結果に関する報告について、以上5件については、地方自治法第199条第9項及び第235条の2第3項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、監査及び検査の結果に関する報告の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5報告第1号平成25年度岩国市一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認について



○議長(桑原敏幸君)  日程第5 報告第1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の報告を求めます。



◎市長(福田良彦君)  皆さん、おはようございます。それでは、報告第1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認について、概要を御報告いたします。

 去る1月14日に山口県知事の山本繁太郎氏が退職したことから、2月6日に選挙の告示、同月23日に選挙が行われたところでございます。

 その選挙に要する費用5,657万5,000円を緊急に予算措置する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成26年1月14日に別紙のとおり専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により御報告申し上げるものでございます。

 歳出の主なものは、投票事務従事者経費、選挙ポスター掲示場の設置経費などでございます。

 財源としましては、全額、県支出金の山口県知事選挙委託金を計上しております。

 以上で、平成25年度岩国市一般会計補正予算(第3号)の専決処分に関する報告を終わります。

 御承認賜りますよう、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件を報告どおり承認することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、報告第1号は報告どおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6報告第2号平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分の承認について



○議長(桑原敏幸君)  日程第6 報告第2号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分の承認についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の報告を求めます。



◎市長(福田良彦君)  報告第2号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分の承認について、概要を御報告いたします。

 周東食肉センター建設事業は、平成24年9月に着工し、本年3月31日までの完成を目指しておりましたが、既存施設である食肉センターと食肉流通センターが稼動しながらの近接工事であるため、施設運営上の調整が多数発生し、この対応に不測の日数を要したことから、本年3月31日までの完成が困難になり、工期を延伸する必要が生じました。

 このため、工期を延伸するに当たり繰越明許費として、1億1,481万円を緊急に予算措置する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成26年1月24日専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により御報告申し上げるものでございます。

 以上で、平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分に関する報告を終わります。

 御承認賜りますように、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件を報告どおり承認することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、報告第2号は報告どおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7報告第3号公用車の事故に関する専決処分の報告について



○議長(桑原敏幸君)  日程第7 報告第3号 公用車の事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の報告を求めます。



◎農林水産担当部長(秋村宏彦君)  報告第3号 公用車の事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年11月7日午後3時ごろ、公用車が国道187号を椋野駅方面に向けて走行中、岩国市美川町南桑山1280番6地先において、中央線をはみ出したため、椋野駅方面から走行してきた相手方車両と接触し、相手方車両の右側面部を損傷したものです。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方への損害賠償金として8万325円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成26年1月29日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において全額対応するものです。

 交通事故の防止につきましては、今後とも最大限の努力をしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(桑原敏幸君)  本件に質疑はありませんか。



◆22番(味村憲征君)  この個別の事故というわけではないんですけど、25年度中の事故の専決が何件ぐらいあって、100%過失だというのが何%でも、何件でもいいですけど、お知らせいただきたいことと、もう一つは、この件について、今の公益法人の全国市有何とか物件という保険会社だと思うんですけども、それ以外の保険会社に、この事故の状況から本当に100%なのかどうか問い合わせなり等を行って、職員が本当に100%悪かったんかどうかという確認はとっていらっしゃいますか。



◎総務部長(杉岡匡君)  まず、1点目の今年度、議会のほうへ専決処分の報告をさせていただいた件数でございますけれども、今回含めまして全体で7件ございます。そのうち100%という過失割合で御報告を申し上げた件数が4件ございます。

 それと、今回の事故につきましての過失割合、これにつきまして、市有物件共済組合のほうとの、相手方との、保険会社との協議の中で100対ゼロという形になってございますけれども、内容につきまして他の保険会社へ確認をした上でのことかということにつきましては、これはあくまでも私どもの加入している保険会社と相手方との保険会社の中で示談交渉を行った結果として、こういう形になったということでございますので、ほかの保険会社のほうへ確認をしたということはございません。

 私どものほうも、一応事例として今回のケース、センターラインをこちら側がオーバーしてるんですが、そうしたときの過失割合につきましては、原則として100対ゼロという形のそういったものが基本になるということは、調べたところ、そういったことが確認ができておりますので、今回のケースにつきましては、私どものほうがセンターラインをオーバーしてるということから、100対ゼロということで示談整ったということでございます。



◆22番(味村憲征君)  相手の保険会社からすれば、100・ゼロのほうが都合がいいし、割合も簡単だということなんですけども、職員にとっては非常にプライドを傷つけられる。出たとしても、何らかの向こうに過失がある場合もあるんですね。これを第三者的に主張する、何か市として、市の職員を守るためにも、いつもいつも、お金100%──あなたが100%悪いんですよというレッテルを張るんではなくて、事故というのは大体一人ではなかなかできないんです。向こうが動いとったりいろいろなケース。それで、それを示すようなものをあるのかどうか。本人の証言以外にですね。

 ですから、そういうものがあって検討した結果なのか、あるいはドライブレコーダーみたいなものを岩国市はつけているのかどうか。あるいは将来こういうものについて、市の職員のあれを守るということで言えば、お金を払うこと自体は簡単かもわかりませんけど、100%いつも悪いと言われて、なかなか名前なんかは公表はできませんけども、そういうレッテルを張られるということは非常に不満な職員もおるかもわからん。いつも事故をあんたするねとかいうことでね。それで、必ず相手もあることですので、第三者的というか、客観的な判断するようなものをこれからしていく、今もしとるのか、あるいはしていく意向があるかどうか、その点についてお伺いします。



◎総務部長(杉岡匡君)  今、事故の内容につきまして検証等を行う、そういった組織はございません。ただ、議員御提案のとおり、職員を守るという立場のそういった考え方も必要かとございます。最近事例としては、他の自治体において、公用車にドライブレコーダーというものを設置して、事故の詳細が後、確認できるということも事例としては承知しております。

 今後、交通事故をゼロにするというのが目標でございますけれども、事故があったときに、その内容について、今現在は実際に運転している者から事情を聴取した上での事故報告書が上がってまいりますけれども、他に先進的な事例としてドライブレコーダーというのを取り組んでるところもございますので、岩国市のほうもそういったことを念頭に置いて検討してまいりたいというふうに思います。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8諮問第1号人権擁護委員の推薦について

       諮問第2号 人権擁護委員の推薦について 



○議長(桑原敏幸君)  日程第8 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について、諮問第2号 人権擁護委員の推薦について、以上2件を一括議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  諮問第1号及び諮問第2号の人権擁護委員の推薦について御説明いたします。

 本市の人権擁護委員20人のうち二人が、本年6月30日をもって任期満了となることに伴い、後任の委員を法務大臣に推薦するため、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、再度、升田純子氏及び寺岡裕治氏を推薦することについて市議会の御意見を求めるものであります。

 両氏とも人格識見ともに高く、社会的にも人望が厚いことから、人権擁護委員として最適任者と考えております。

 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本2件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本2件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、本2件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。まず、諮問第1号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ討論を終結し、これより諮問第1号の採決に入ります。本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、諮問第1号は異議のない旨を答申することに決しました。

 次に、諮問第2号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ討論を終結し、これより諮問第2号の採決に入ります。本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認めます。よって、諮問第2号は異議のない旨を答申することに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第9議案第1号平成25年度岩国市一般会計補正予算(第4号)

       議案第2号 平成25年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号) 

       議案第3号 平成25年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第2号) 

       議案第4号 平成25年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第3号) 

       議案第5号 平成25年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号) 

       議案第6号 平成25年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号) 

       議案第7号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第2号) 

       議案第8号 平成25年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号) 



○議長(桑原敏幸君)  日程第9 議案第1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第4号)及び議案第2号から議案第8号までの各特別会計補正予算、以上8議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第4号)及び議案第2号から議案第8号までの各特別会計の補正予算について、その概要を御説明をいたします。

 今回の補正予算は、国庫補助の内示見込みに伴い、新たに小学校及び中学校施設の耐震化推進事業費を計上するとともに、退職手当の追加計上、決算見込みに合わせた諸経費の調整などを行っております。

 まず、一般会計補正予算(第4号)について、歳入の主なものを御説明をいたします。

 国有提供施設等所在市助成交付金は、額が確定しましたので、4,902万6,000円を追加計上をしております。

 国庫支出金は、国庫補助の追加内示見込みに伴い、多目的広場・防災センター整備事業費補助金、公立学校施設整備費補助金等を追加計上しております。

 市債は、事業費の確定見込み等による調整を行うとともに、小学校及び中学校施設の耐震化推進事業を計上しております。

 次に、歳出の主なものを御説明をいたします。

 総務費では、退職者の確定見込みに合わせ、退職手当を2億9,522万4,000円追加計上をしております。

 農林水産業費では、通津漁港改修事業について、国庫補助の追加内示に伴い通津北開作の防波堤改修工事費を増額しております。

 土木費では、社会資本整備総合交付金事業の橋梁分、多目的広場・防災センター整備事業などについて、国庫補助の追加内示見込みに伴い事業費の増額を行っております。

 教育費では、平成26年度に予定していた小学校及び中学校施設の耐震化推進事業について、前倒しして実施することとし、小学校分5億3,317万5,000円、中学校分4億3,785万7,000円を新たに計上しております。

 以上の結果、補正額は、9億2,826万円の増額で、補正後の予算規模は、632億9,884万2,000円となり、当初予算規模に比べ4.5%の増となります。

 次に、第2表 繰越明許費補正は、年度内の完成が困難なため、23事業を追加するとともに、岩国駅周辺整備事業に係る繰越限度額を変更しております。

 次に、第3表 債務負担行為補正は、療育センター指定管理者管理料ほか1件を追加をしております。

 第4表 地方債補正は、中学校施設の耐震化推進事業の追加を行うほか、起債対象事業費の決算見込みなどに伴い変更を行っております。

 続きまして、特別会計の補正予算について御説明いたします。

 今回の補正は、主として決算見込みに合わせた諸経費の調整などを行うもので、7会計で行っております。

 繰越明許費は、簡易水道事業特別会計で1事業、農業集落排水事業特別会計で1事業、公共下水道事業特別会計で4事業の設定を行っております。

 債務負担行為補正は、公共下水道事業特別会計で1件の変更を行っております。

 地方債補正は、周東食肉センター事業特別会計及び公共下水道事業特別会計で、起債対象事業費の決算見込みなどに伴い変更を行っております。

 以上で、一般会計及び特別会計の補正予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本8議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本8議案は委員会において審査していただくことにして、議案第2号、3号、4号、以上3議案は教育民生常任委員会に、議案第5号、6号、7号、8号、以上4議案は建設常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第1号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第4号)につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第10議案第9号平成25年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)



○議長(桑原敏幸君)  日程第10 議案第9号 平成25年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(山近剛君)  議案第9号 平成25年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正予算(第1号)は、収益的収支及び資本的収支を決算見込みに合わせて調整するものでございます。

 まず、第2条の業務の予定量の補正ですが、走行キロについては、貸し切りは3万2,000キロメートル減少の13万1,000キロメートルを見込んでおります。

 輸送人員については、乗り合いは3万人減少の80万7,000人、貸し切りは2,000人増加の4万8,000人を見込んでおります。

 次に、第3条の収益的収入及び支出の補正ですが、別添平成25年度交通事業会計補正予算(第1号)総括表により御説明いたします。

 収入につきましては、乗り合い収入は1,500万円減額の1億4,500万円、貸し切り収入は1,800万円減額の5,400万円、運送雑収益は19万2,000円減額の650万3,000円を見込んでおります。

 営業外収益は、他会計補助金が2,733万円増額の1億4,822万2,000円、その他営業外収益が15万5,000円減額の1,443万7,000円となる見込みであり、収入総額では、601万7,000円減額の3億6,816万4,000円を見込んでおります。

 支出につきましては、勧奨退職者に対する退職給与金5,221万9,000円の追加計上により職員給与費が3,833万9,000円増額となりますが、燃料油脂費が15万6,000円、車両修繕費が271万3,000円、諸経費が740万5,000円、消費税が107万8,000円それぞれ減額となり、支出総額では、2,698万7,000円増額の4億9,410万3,000円となります。

 これらの結果、収益的収入及び支出の収支差し引き額は、1億2,593万9,000円の赤字となる見込みでございます。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、県補助金及び建設改良費をそれぞれ100万円減額するものでございます。

 第5条から第7条までの規定は、収益的収入及び支出の補正に伴い調整するものでございます。

 以上で、議案第9号 平成25年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第11議案第10号平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(桑原敏幸君)  日程第11 議案第10号 平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第10号 平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正予算(第1号)は、事業量の減少に伴い、収益的収支と資本的収支を補正するものでございます。

 以下、別添平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)総括表により御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、他会計補助金を230万1,000円及び患者外給食収益を34万9,000円それぞれ増額し、その他の医業外収益を400万円減額しております。

 支出につきましては、材料費を1,060万円、減価償却費を392万3,000円及び患者外給食材料費を80万円それぞれ増額し、経費を1,075万2,000円、資産減耗費を192万1,000円及び調査研究費を400万円それぞれ減額し、支出総額は、収入総額と同額の16億1,961万5,000円となります。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、企業債を670万円、一般会計出資金を150万1,000円及び国保会計繰入金を275万円それぞれ減額し、収入総額は7,121万6,000円となります。

 また、支出につきましては、有形固定資産購入費を913万円減額し、支出総額は9,326万6,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2,205万円は、当年度分消費税資本的収支調整額207万3,000円及び過年度分損益勘定留保資金1,997万7,000円で補填するものでございます。

 以上御説明いたしましたことは、平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)の第1条から第4条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、別冊の平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)説明書に記載しております。

 以上で、平成25年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第12議案第11号平成26年度岩国市一般会計予算

        議案第12号 平成26年度岩国市土地取得事業特別会計予算 

        議案第13号 平成26年度岩国市後期高齢者医療特別会計予算 

        議案第14号 平成26年度岩国市国民健康保険特別会計予算 

        議案第15号 平成26年度岩国市介護保険特別会計予算 

        議案第16号 平成26年度岩国市簡易水道事業特別会計予算 

        議案第17号 平成26年度岩国市農業集落排水事業特別会計予算 

        議案第18号 平成26年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計予算 

        議案第19号 平成26年度岩国市周東食肉センター事業特別会計予算 

        議案第20号 平成26年度岩国市観光施設運営事業特別会計予算 

        議案第21号 平成26年度錦帯橋管理特別会計予算 

        議案第22号 平成26年度岩国市市場事業特別会計予算 

        議案第23号 平成26年度岩国市公共下水道事業特別会計予算 

        議案第24号 平成26年度岩国市小規模下水道事業特別会計予算 

        議案第25号 平成26年度岩国市駐車場事業特別会計予算 



○議長(桑原敏幸君)  日程第12 議案第11号 平成26年度岩国市一般会計予算及び議案第12号から議案第25号までの各特別会計予算、以上15議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  平成26年度の当初予算を初め、諸議案の審議に先立ちまして施政方針を申し上げます。

 一昨年、市民の皆様から再度の信託をいただき、早くも折り返しの2年が経過いたしました。この間、議員各位を初め、市民の皆様、関係者の皆様からいただきました御支援、御協力に対しまして、改めて感謝を申し上げます。

 昨年を振り返りますと、日本の象徴であります富士山が世界文化遺産に正式登録され、2020年夏季オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決定するなど、私たち多くの国民が夢や希望を抱いた1年でございました。

 本市におきましても、昨年は、山口県立岩国商業高等学校硬式野球部が春夏連続して甲子園に出場し、この春の選抜には、山口県立岩国高等学校野球部の14年ぶり7回目となる出場が決まっており、地元の高校球児たちが3季続けて晴れの舞台でプレーできることを大変喜ばしく、誇りに思っているところでございます。

 私は、市長就任以来、夢を形にをモットーに市政を運営してまいりましたが、皆様の御協力を得ながら、少しずつ形になりつつあるのではないかと感じているところでございます。しかしながら、山積する課題もあり、まだ夢の実現の途中にあると思っておりますので、今後もスピード感を持って、しっかりと取り組んでまいりたいと考えております。

 それでは、本市の重要課題について申し上げます。

 まず、米軍再編についてでございますが、昨年10月30日、岸外務副大臣及び木原防衛大臣政務官から同月3日に開催された日米安全保障協議委員会――2プラス2の共同発表で触れられた内容について説明がございました。

 その主なものは、御承知のとおり、私たちが強く要望してまいりました海上自衛隊の岩国への残留が確認されたこと、そしてKC−130空中給油機の本年6月から9月までの間の岩国飛行場への移駐についてでございました。

 KC−130空中給油機の移駐につきましては、昨年12月市議会定例会において、これを認めることとしたいとの考えを表明させていただいところでございます。

 また、2プラス2協議で、厚木基地からの空母艦載機の移駐が3年程度おくれ、2017年ころまでに完了することを確認したとのことでございました。

 市といたしましては、空母艦載機の移駐の遅延にかかわらず、愛宕山の運動施設のいち早い完成を要望しており、また、岩国飛行場をFCLP施設の予備飛行場として指定しないことなどについても、従来要請しているところであり、これらにつきましては、早期に具体的な成果が出されるよう、引き続き、国と協議を行ってまいります。

 基地の運用に当たっては、住民が安心して安全に暮らせる環境が確保される、いわゆる安心・安全対策や住民福祉の向上、地域の発展に資する地域振興策の確実な実施が必要であります。

 私といたしましては、米軍再編に対しては、国の安全保障政策と市民の安心・安全及び平穏な生活環境を確保するという観点から、現実的な対応を重ねてまいりました。具体的には、治安対策や騒音対策の強化、環境対策の徹底、川下地区の都市基盤の整備、岩国駅関連整備事業、愛宕山地域開発に関連する公共施設の整備、産業振興等に関連する施策の実施など、一定の成果を引き出すことができたと考えております。

 今後も、安心・安全対策及び地域振興策に関する国との協議を通じて、市民の不安を一つ一つ払拭しながら、多くの市民が納得のできるような成果を出すことに最大限の努力を傾注し、その上で、地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を得られるよう国と交渉し、本市の長期的な発展が築かれるよう、より一層の努力をしてまいります。

 次に、都市基盤整備について申し上げます。

 快適で暮らしやすい生活を送るためには、道路や上下水道などの良好な都市基盤や利便性の高い公共交通網などの整備が大変重要でございます。

 幹線道路や生活関連道路の整備促進はもとより、引き続き公共下水道事業の認可区域内の面整備や、安全で良質な水道水が供給できるよう、施設の耐震化、給水区域の拡大などに計画的に取り組んでまいります。

 また、岩国駅周辺、愛宕山地域などの市街地整備や交通環境の改善、利便性の向上に努めてまいります。

 次に、行政経営改革について申し上げます。

 現在、昨年3月に策定しました財政計画に基づき、将来負担の軽減を財政運営の基本方針として、職員数の削減、投資政策的経費の抑制、市債残高の縮減に取り組み、財政基盤の強化に努めております。

 しかしながら、平成28年度から、普通交付税等の合併支援措置の段階的縮減が始まるため、中長期的には大幅な財源不足が懸念をされます。

 その一方で、現在、国において、普通交付税の算定方法の見直しが検討されており、段階的縮減の激変緩和策が期待をされますが、詳細については不明であり、将来的な財源不足に対する不安は払拭し切れないのが現状であります。

 こうした中、複雑多様化する行政課題に的確に対応するとともに、質の高い行政サービスを提供するためには、従来のコスト削減を中心とした行政運営から、人材、資産、財源、情報といった限られた経営資源を有効に活用する行政経営の転換が必要であると考えております。

 そのため、現在、行政経営改革の指針となる行政経営改革プランの策定を行っておりますが、このプランにおいて、市民の満足度の向上と持続可能な行政経営の実現を基本理念として掲げるとともに、成果を重視した効率的な組織と制度への転換などを実現するための計画を定めて、改革に取り組んでまいりたいと考えております。

 こうした改革を推進していくためには、選択と集中による重点化が必要であり、厳しい決断を迫られることも予想されますが、岩国市の未来のために覚悟を持って行政経営改革に当たってまいります。

 以上、本市の抱える重要課題に対する基本的な考え方を申し上げましたが、私は、市長として、新しいまちづくりの夢とビジョンを提示し、それに向かって行動していくという信念を持って、市政運営を行ってまいります。

 それでは、私の「夢をかたちにしていくための5つの基本方針」ごとに、その主なものを申し上げます。

 一つ目は、「安心・安全、災害に強いまちづくり」でございます。

 愛宕山まちづくり区域においては、本市の医療・防災交流拠点の中核施設となる、いわくに消防防災センターについて、平成27年度中の完成を目指して事業を鋭意進め、消防救急活動の迅速、的確、効率化や通信機能の充実等を図ってまいります。

 また、今後整備を予定している多目的広場と連携し、大規模災害などの不測の事態に対応し得るよう危機管理機能の強化を図ることにより、市民の皆様の安心・安全を確保し、災害に強いまちづくりを推進してまいります。

 次に、児童・生徒の安全確保のため、市内の全小・中学校を対象に通学路の危険箇所の総点検を実施し、その結果をもとに通学路の交通安全対策に取り組んでいるところであり、交差点改良や歩道の設置、橋梁の長寿命化、耐震化などの老朽化対策を計画的に進め、市民の皆様が安心・安全に利用できる道路の整備に努めてまいります。

 また、以前から、大雨のたびに浸水被害を受けている地区の被害の軽減のため、地下調整池やポンプ場を整備してまいります。

 さらに、災害発生時における災害情報の収集、伝達は最も重要なため、市民に迅速に情報伝達ができるよう、屋外拡声子局・戸別受信機の整備や防災メールの普及を進めてまいります。

 二つ目は、「子育てと教育を応援するまちづくり」でございます。

 現在、国においては、社会保障・税の一体改革の中、幼児期における質の高い教育・保育の提供や地域全体で子育て支援を図る子ども・子育て支援新制度の構築を進めております。本市におきましても、保護者へのニーズ調査結果等をもとに、岩国市の教育・保育や子育て支援策の基本計画となる(仮称)岩国市子ども・子育て支援事業計画を策定し、妊娠から出産、そして育児と、切れ目ない子育て支援の充実を図り、全ての子供の健やかな成長を目指します。

 また、重篤な感染症から子供を守るため、予防接種の助成など、予防事業に力を入れることで、より一層の充実した子育て支援を行ってまいります。

 さらに、子供たちが安全で快適な学校で学習し、健やかに成長していけるよう、学校施設の耐震化の推進、老朽化した学校プールの改築・改修、空調設備の整備促進など、安心・安全、快適な教育基盤・環境づくりに努めてまいります。

 三つ目は、「支え合い、地域で安心して暮らせるまちづくり」でございます。

 岩国市中山間地域振興施策基本条例に基づき、市民が安心・安全に住み続けることができる地域社会の実現に向けて、総合的かつ計画的な関係施策を進めてまいります。

 そうした中で、地域力の維持・強化を目指す、地域おこし協力隊の派遣や、UJIターン促進のため、空き家の修繕に対する助成制度を新設するなど、市民協働による地域づくりの担い手確保に努めてまいります。

 また、地域の高齢者の生活の足を確保するため、デマンド型バスを玖北地域を中心に導入しておりますが、予約方式について、当日予約も可能とするように改善をしてまいります。

 さらに、地域ささえ愛交付金やみんなの夢をはぐくむ交付金により、自治会等のコミュニティー組織や市民活動団体等の育成を図り、市民活動の活発な取り組みを支援してまいりますとともに、地域づくりの拠点である供用会館等のリニューアルや空調設備の計画的な整備を進め、市民と行政の協働による元気あるまちづくりを推進します。

 次に、ごみ焼却施設につきましては、第一工場と周陽環境整備センターのいずれも、供用開始後20年程度経過しており、施設の更新が喫緊の課題となっております。ごみ焼却施設は、市民の皆様の快適な生活環境の保全のために必要不可欠でありますので、新たな施設を日の出地区に建設することとして、事業を進めてまいります。

 四つ目は、「地域の歴史・文化や伝統をいかした地域振興のまちづくり」でございます。

 豊かな自然環境によって営まれてきた農林水産業の振興は、地域の活力づくりには欠かせません。生産基盤の強化、新規就業者の確保と地域の中心的な経営体の育成、需要に応じた農業施設の整備、市産市消の推進、地域ブランド化に向けた農林水産物の商品力の強化、有害鳥獣対策、優良な地域木材の利用促進などを図り、地域産業の活性化に取り組んでまいります。

 次に、地域活性化の鍵を握る雇用と所得を生み出す原動力となる企業立地につきましては、近年、着実に新たな投資をいただいておりますが、引き続き、既存産業はもとより、新産業の創出に向けた投資誘致を進めてまいります。

 また、岩国錦帯橋空港を初めとする、陸・海・空の交通アクセスなどのインフラの整備状況や豊かで穏やかな自然に恵まれた立地条件などを企業誘致のセールスポイントとして、積極的に市の投資環境状況を発信し、私みずからが精力的にトップセールスを行ってまいります。

 本市には、豊かな自然と長い歴史の中で培われてきた貴重な文化、伝統が数多く現在に引き継がれておりますが、これらの貴重な有形・無形の文化財を後世に引き継いでいくことが大変重要であるため、積極的な保存・伝承に努めてまいります。

 城下町の町並みが残る岩国地区において、歴史的町並みの保存と活用と生活基盤整備を実施することによる暮らしやすさの向上を同時に行うことで、住んでよし、訪れてよしを目指した総合的なまちづくりを進めてまいります。

 また、名勝錦帯橋や天然記念物岩国のシロヘビといった国内はもとより、世界に誇れる文化財があり、その保護・保存には、最大の努力が払われておりますが、岩国のシロヘビの横山観覧施設は、設置後28年が経過しており、外観や景観にも配慮した総合的な学習ができる資料館として整備してまいります。

 歴史や伝統に彩られる岩国の地で、新しい時代に対応した文化芸術を創造し、発展させるため、文化芸術創造都市宣言を行い、幅広い世代の文化芸術への関心を深めるとともに、将来を担う人材を育成する取り組みを広げてまいります。

 五つ目は、「未来に希望と魅力を感じるまちづくり」でございます。

 平成24年12月に開港した岩国錦帯橋空港は、開港以来、堅調な搭乗率を保っており、本年3月からは機材の大型化が図られることから、利用者の利便性をさらに高め、西中国地域の広域観光ルートの拠点としての要件を備えることとなりました。

 今後は、山口県を初め、広島県、島根県に所在する空港との協調、連携を強化するとともに、道路、鉄道、航路などさまざまな交通媒体を生かして、観光資源の魅力を引き出し、多種多様な観光のニーズに応え、観光振興を図ってまいります。

 平成26年度は、それらを視野に岩国市の観光振興ビジョンを策定し、観光の基本方針を打ち出し、観光施策に取り組んでまいります。

 また、本市を代表する観光資源である錦帯橋のウ飼いは、長い歴史を持ち、錦帯橋とウ飼いが織りなす情景は、観光で本市を訪れる皆様を初め、多くの市民を魅了し、高い評価を受けてまいりました。

 郷土のすぐれた伝統文化であると同時に、貴重な観光資源でもある錦帯橋のウ飼いを保存、継承し、清流錦川にかかる錦帯橋とその周辺の古きよき城下町の風情を大切に、観光振興に取り組んでまいります。

 岩国駅周辺については、駅舎のバリアフリー化などの整備を進めているところでございますが、本年3月末には、西日本旅客鉄道株式会社と自由通路新設等工事の施行に関する協定書、橋上駅舎化工事の施行に関する協定書の締結を予定をしており、平成29年度内の東西自由通路、橋上駅舎の完成を目指してまいります。

 また、新岩国駅については、昨年3月から、新たに一部のひかりが停車することになり、その重要性はさらに高まっていますが、従来から市民要望の高かったバリアフリー化設備の整備について、西日本旅客鉄道株式会社が予定しているエレベーターの設置、スロープ、多機能トイレの改修等、早期実現に向け、国や県とともに支援を行ってまいります。

 次に、愛宕山地域の4分の3の区域において、国が整備する運動施設エリアの各施設については、市民の皆様の要望を踏まえ、高校野球の公式試合ができる規模の野球場などを整備することとしており、現在、国においては、その実現に向けて造成工事の発注手続が進められるなど、確実に事業実施されているところでございます。

 今後も、市民の皆様にとって各施設ができるだけ利用しやすいものとなるよう、防衛省や在日米軍との調整を進め、多様な人と人とが交流できるまちづくりに取り組んでまいります。

 岩国大竹道路、岩国南バイパスの南伸、岩国西バイパスなどの幹線道路の整備は、岩国錦帯橋空港へのアクセスを初め、産業、経済の発展に不可欠であり、広域的な交流の促進や地域間の連携強化につながるとともに、災害時には、市民の生命や生活を守る命の道となるため、国や県に対し早期整備を強く要望し、着実に推し進めてまいります。

 以上、5つの基本方針ごとに主な取り組みを申し上げましたが、さらに庁内のことではございますが、平成26年度に総合支所の再編や機構改革を行うこととしております。

 平成18年3月の市町村合併に伴い、合併前の町村の区域を所管する総合支所において、本庁で処理する事務を除く住民サービスを提供してまいりましたが、より効率的な行政運営と簡素な組織体制の構築を目指すため、本年4月からは、本郷総合支所を美和総合支所に、美川総合支所を錦総合支所にそれぞれ統合し、本郷総合支所及び美川総合支所については、支所として位置づけることとしております。

 また、従来、教育委員会で所管しておりましたスポーツ振興、芸術文化の業務について、地域の実情や住民のニーズに応じた地域づくりという観点から、他の地域振興策等の関連行政とあわせて実施するため、市長部局において一元的に所掌することとしております。

 これらを初めとしたさまざまな機構改革に取り組み、住民ニーズに的確に対応することで、さらなる住民サービスの向上を目指してまいります。

 最後になりますが、昨年、市内の高校生、早稲田大学の学生、若手の市職員プロジェクトチームから、岩国の観光開発、地域振興に対する斬新な提案、プランを受けております。今後とも、一人でも多くの方がふるさと岩国に愛着を持って、しっかり声を出していただくことで、新しいまちづくりの1ページが開かれていくものと考えております。

 私は、新しい岩国の時代をこれからも築くという強い信念を持って、「いわくに新時代」へと押し上げてまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いをいたします。

 議員各位を初め、市民の皆様の御支援と御協力をお願いをいたしまして、私の施政方針といたします。

 続きまして、議案第11号 平成26年度一般会計予算及び議案第12号から議案第25号までの各特別会計の予算について、その概要を御説明いたします。

 我が国の経済は、長く続いていた停滞を抜け、景気回復へ本格的に向かうことが期待される中、政府の地方財政計画においても、平成26年度の一般財源総額は、地方が地域経済の活性化に取り組みつつ、安定的に財政運営を行うことができるよう、前年度の水準を上回る額を確保するとしています。

 一方、本市においては、景気は緩やかに回復しつつありますが、個人所得が下げどまっていない状況にあり、地価の下落も続いているため、市税収入の伸びは期待できず、また、高齢化社会の進展などによって、社会保障関係経費のさらなる増加が予想され、厳しい財政状況が続くと見込まれます。

 以上を踏まえ、本市の予算編成方針は、財政計画の基本方針──将来負担の軽減を堅持し、財政基盤の強化を図りながら、その一方で、愛宕山まちづくり事業、岩国駅周辺整備事業などの喫緊に対応すべき重要施策にも適切に対応することといたしました。

 この方針に基づき、投資政策的経費は、まちづくり実施計画に登載されている事業を原則として、重点施策である「安心・安全、災害に強いまちづくり」「子育てと教育を応援するまちづくり」「支え合い、地域で安心して暮らせるまちづくり」「地域の歴史・文化や伝統をいかした地域振興のまちづくり」「未来に希望と魅力を感じるまちづくり」を中心に、重要度、緊急度、事業効果等を勘案し、より優先順位の高い事業を選択をいたしました。

 経常経費は、削減可能と見込まれる対象経費において、事務事業の合理化、効率化、簡素化を図り、特別な事情のあるものを除き、おおむね平成25年度当初予算における一般財源の範囲内で編成をいたしました。

 人件費においては、定員管理適正化計画の着実な推進を図り、また、公債費においては、将来負担の軽減を図るため、市債発行額を50億円以下に抑制するとともに、市債の発行に当たっては、財政的に有利な普通交付税算入率の高い市債の活用に努めました。

 こうした結果、平成26年度一般会計の当初予算規模は、631億9,300万円となり、前年度に比べ4.4%の増となっております。

 特別会計においては、周東食肉センター事業特別会計が減額となる一方で、介護保険特別会計の増額などにより、14会計の合計は417億2,610万円となり、前年度に比べ0.4%の増となっております。

 一般会計と特別会計を合計しますと、1,049億1,910万円となり、前年度に比べ2.8%の増となっております。

 次に、一般会計における主な歳入について御説明いたします。

 まず、市税のうち個人市民税については、個人所得が減少傾向にあることから、1億9,000万円の減を見込んでおります。

 一方、法人市民税については、景気が回復傾向であることから、5,400万円の増を見込んでおります。

 また、固定資産税については、地価の下落、償却資産の経年減価、設備投資の減などにより、1億3,200万円の減を見込んでおります。

 次に、市たばこ税については、たばこの消費本数の減により、7,000万円の減を見込んでおります。

 このような状況により、市税全体では前年度に比べ1.9%減の179億6,500万円を見込んでおります。

 地方消費税交付金は、平成26年4月から消費税率が引き上げられることにより、前年度に比べ12.7%増の13億8,600万円を見込んでおります。

 国有提供施設等所在市助成交付金は、自衛隊や米軍が使用する固定資産などにより算定される交付金でございますが、平成25年度交付額とほぼ同額の17億6,100万円を見込んでおります。

 地方交付税は、地方財政計画において、社会保障の充実を図るため、一般財源総額では前年度を上回る額が確保されたことから、前年度当初予算に比べ、2.1%増の162億円を見込んでおります。

 国庫支出金は、再編交付金、ごみ焼却施設建設事業費補助金、多目的広場・防災センター整備事業費補助金の増などにより、前年度に比べ36.6%増の117億9,222万5,000円となっております。

 県支出金は、参議院議員選挙委託金、広域市町村合併支援特別交付金の減などにより、前年度に比べ6.1%減の35億6,899万2,000円となっております。

 繰入金は、特定防衛施設周辺整備調整交付金を活用して積み立てた学校空調設備整備基金から3億3,794万円、再編交付金を活用して積み立てた基地周辺まちづくり基金、子育て支援基金及び学校給食施設管理運営基金から合計5億6,077万円の繰り入れを計上していますが、減債基金からの繰り入れが減となることから、前年度に比べ19.5%減の10億815万1,000円となっております。

 市債は、将来負担の軽減を図るため、市債発行額を50億円以下に抑えたことにより、前年度に比べ2.7%減の43億8,530万円となっております。

 なお、市債には、合併特例債9億9,480万円、臨時財政対策債25億150万円などを含んでおります。

 次に、一般会計における主な歳出について御説明をいたします。

 総務費では、新たに市民会館の耐震化及びリニューアルを図るための基本設計費を計上するほか、JR新岩国駅のバリアフリー化事業に対し補助を行います。

 また、特定防衛施設周辺整備費では、小学校及び中学校施設の空調設備を整備する経費や、道路、公園、下水道施設などの都市基盤を整備するための経費を計上し、再編関連特別事業費では、新たにおたふく風邪の予防接種に係る助成経費や、室の木地区や川西地区の浸水対策を図るための排水施設の整備経費を計上するほか、こども医療費助成事業や(仮称)横山シロヘビ資料館建設に係る実施設計費などを計上しております。

 総務費全体では、総合支所等整備事業の減などにより、前年度に比べ1.2%減の94億5,089万5,000円となっております。

 次に、民生費でございますが、消費税率の引き上げに伴い、臨時福祉給付金給付事業及び子育て世帯臨時特例給付金給付事業を計上するほか、障害児通所等給付費の増などにより、前年度に比べ4.5%増の208億7,765万7,000円となっております。

 次に、衛生費では、新たに統合簡易水道施設の耐震化に係る経費の一部を水道局に補助するほか、ごみ焼却施設建設に係る概略設計費や用地購入費を計上するなどにより、前年度に比べ12.8%増の58億5,177万3,000円となっております。

 次に、農林水産業費では、小規模治山事業や獣害防止対策事業補助金などを増額しておりますが、森林環境保全林道整備事業の減などにより、前年度に比べ4.5%減の15億5,316万5,000円となっております。

 次に、商工費では、貴重な伝統文化、観光資源である錦帯橋のウ飼いを保存、伝承するための経費や、岩国錦帯橋空港の利用促進を図る経費を計上するなどにより、前年度に比べ7.3%増の8億1,376万7,000円となっております。

 次に、土木費では、新たに空き家等の対策に係る経費を計上するほか、愛宕山まちづくり区域における消防防災センターの整備に係る経費、愛宕地区排水施設の改修に係る経費、JR岩国駅における東西自由通路の整備や駅舎等の補償に係る経費などを計上しており、前年度に比べ27.9%増の76億7,334万5,000円となっております。

 次に、消防費では、新たに、津波ハザードマップを作成する経費を計上するほか、防災行政無線のデジタル化移行のための整備経費の増などにより、前年度に比べ16.1%増の29億8,176万6,000円となっております。

 次に、教育費では、老朽化の著しい玖珂及び周東の学校給食センターを統合し、新たな施設建設のための基本設計費等を計上するほか、玖珂小学校校舎の建設に係る経費の増などにより、前年度に比べ1.4%増の40億9,046万6,000円となっております。

 公債費は、市債発行額の抑制や繰り上げ償還により、前年度に比べ4.5%減の74億3,695万4,000円となっております。

 なお、平成26年度末の地方債現在高は、一般会計で前年度に比べ22億2,417万5,000円減の575億700万7,000円の見込みとなっております。

 また、一般会計と特別会計の合計では、前年度に比べ29億4,846万9,000円減の817億3,578万8,000円の見込みとなっております。

 今後も、将来負担の軽減を図るため、市債発行額の抑制に努めてまいります。

 債務負担行為は、ごみ焼却施設整備運営事業について、建設工事と運営業務を一括して業者選定するため設定するもので、このほか12件を新たに設定をしております。

 続いて特別会計について御説明いたします。

 土地取得事業特別会計は、公共用地取得について効率的な運用を図るための会計でありまして、予算規模は6億100万円で、前年同額となっております。

 後期高齢者医療特別会計は、山口県後期高齢者医療広域連合納付金の増などにより、予算規模は21億9,000万円で、前年度に比べ5.9%の増となっております。

 国民健康保険特別会計は、一般被保険者療養給付費の増などにより、予算規模は188億2,800万円で、前年度に比べ1.0%の増となっております。

 介護保険特別会計は、居宅介護サービス給付費、施設介護サービス給付費の増などにより、予算規模は143億3,500万円で、前年度に比べ5.8%の増となっております。

 次に、簡易水道事業特別会計は、波野中、本郷及び波野原簡易水道事業の岩国市水道事業への移管に伴う管理費の減などにより、予算規模は2億8,500万円でありまして、前年度に比べ25.5%の減となっております。

 次に、農業集落排水事業特別会計は、排水処理施設の管理費の増などにより、予算規模は2億1,890万円で、前年度に比べ0.4%の増となっております。

 次に、特定地域生活排水処理事業特別会計は、合併処理浄化槽の管理費の増などにより、予算規模は6,190万円で、前年度に比べ1.5%の増となっております。

 周東食肉センター事業特別会計は、食肉センターの建設事業費の減などにより、予算規模は1億円で、前年度に比べ90.3%の減となっております。

 次に、観光施設運営事業特別会計は、索道の予備エンジン更新に係る経費の増などにより、予算規模は1億2,990万円となり、前年度に比べ10.6%の増となっております。

 次に、錦帯橋管理特別会計は、世界遺産登録に向けた施策を実施することとしており、予算規模は1億9,170万円で、前年とほぼ同額となっております。

 市場事業特別会計は、経営健全化計画に基づき、平成21年度から平成25年度までの5年間で資金不足を解消することとしておりましたが、平成24年度で資金不足が解消しました。

 予算規模は3億1,180万円で、前年度に比べ2.2%の減となっております。

 次に、公共下水道事業特別会計は、地方公営企業法適用化事業の増などにより、予算規模は44億5,000万円で、前年度に比べ2.0%の増となっております。

 次に、小規模下水道事業特別会計は、施設の管理経費の増により、予算規模は770万円で、前年度に比べ2.7%の増となっております。

 最後に、駐車場事業特別会計は、本年4月から三笠橋駐車場及び麻里布駐車場において指定管理者制度を導入し、新たに指定管理者納付金及び駐車場基金積立金を計上しており、予算規模は1,520万円で、前年度に比べ11.6%の減となっております。

 以上で、平成26年度一般会計予算及び各特別会計の予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本15議案に質疑はありませんか。



◆28番(山田泰之君)  施政方針の米軍再編のことについてお聞きしたいと思うんですが、私は初めて耳にしたことがあるんです。地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を受けられるようと、これは初めて言われたんじゃないかと思うんですが、このようにあからさまに財政支援を得ていくと。

 KC−130、12機から15機、先行移駐を認めないということで今までずっと頑張ってこられたのが、沖縄の負担軽減ということで受け入れる。さらに、いまだに米軍再編でFCLP、2014年と当初言われておりましたが、それが2017年まで延びると。このFCLPの基地が、まだいまだにはっきりどこにどうなるかわかってない。

 そういうことを考えますと、そういう地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を得られると、これは私の勘ぐりかもわかりませんが、KC−130を受け入れて、さらに2017年までにFCLPの基地を受け入れるんじゃないかというふうに思うんですが、その点についていかがでしょうか。



◎基地政策担当部長(桑原健二君)  FCLPについては、岩国基地はその施設をしないというふうに国のほうからはっきりと説明を受けております。



◆28番(山田泰之君)  それは、国からそのように受けておると、それは信用するとして、財政的支援、このお金を受ける。普通のお金ではなくて、特別の米軍再編にかかわる問題とか、かかわるお金で、こういうお金は私は、どういいますか、麻薬を注射して、一時的に楽になるだけだというように受け取るわけです。岩国市の長期的な発展を築くことには、これはならないんじゃないかと。基地が発展して町滅ぶという言葉をよく使われておりますが、私はそのようになるんじゃないかと危惧するんですが、いかがでしょうか。



◎市長(福田良彦君)  基地があることによりまして、騒音問題等さまざまな負担があるわけでありまして、これに対してしっかりと国のほうに予算措置を求めていくことは、議員皆さん方も同じ考え方であるというふうに思っておりましたし、これまでもいろんな機会を捉えて、43項目の安心・安全対策なり、地域振興については、この議場のほうでも何度も御説明させていただいておるというふうに思っております。

 そういったような中で、いろんな施策について、再編交付金の増額とか、住宅防音工事の拡充など、さらにはいろんな施策について、しっかりと国に対して言うべきことは言うと。そして、そういった財源をもってさまざまな市民サービスを行っていくということは、私といいますか、しっかりと行政として取り組むべき姿勢だというふうに思っております。

 以上です。



◆30番(大西明子君)  一つは、再編関連特別事業費に23億7,900万円組んでおりますが、その中で、子育て支援基金積立金つくって、そしてこども医療費助成事業等、いろんな事業やってます。今回、新たにこどもを守る予防接種事業として、おたふく風邪の予防接種にかかわる経費を助成しというふうになってます。

 私は、子供医療費の助成事業だとか、おたふく風邪の予防接種というのは、本当に市民の方が喜ぶことだし、子供を抱えてる親としては本当にありがたい制度だというふうに思ってます。

 しかしながら、これは継続してずっとやっていかなけりゃいけない事業だというふうに思います。ですから、子育て日本一を目指す市長の自治体では、大方こういう事業はやってます。一般財源でやってますね。ところが、これは再編関連事業で、そして再編交付金は10年という期限がついてますね。この基金がどれだけもてて、そしてこの事業はどういうスパンで実施ができるのか非常に危惧をするんですが、本来ずっとあるべき事業だというふうに思います、継続をして。そのためには、この財源はどのように今後するのか、その対策について、まず1点お尋ねをしたいというふうに思います。

 それから、18年に合併して、先ほどの報告では、組織を、行政運営をやりやすくするように、事務をやりやすくするために総合支所をつくるというふうに言われてます。

 お聞きしたいのは、合併して、この合併特例債をどういう事業に主に、わかる範囲でいいんですが、使って、今どれぐらい合併特例債を使っているのか。そして、今後、どういう事業に合併特例債を使おうとしているのか、その計画と金額について、あわせてお尋ねをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  まずどなたからいきますか。



◎総合政策部長(中岡正美君)  私のほうから合併特例債についてお答えいたします。

 合併特例債につきましては、これまで、まず金額的なものを申し上げますと、平成24年度までの発行済み、これが60億5,670万円でございます。平成25年度の、今年度の発行見込みが14億6,170万円、それから新年度の当初予算でございますが、現在計上しておりますのは9億9,480万円を計上しておりまして、これを合計いたしますと85億1,320万円となっております。

 それから、事業でございますが、これまで合併特例事業につきましては、錦川鉄道の輸送対策事業費補助金でありますとか、由宇地区の給水等事業補助金、県施行事業になりますが、道路改良の舗装の負担金とか、多目的広場・防災センター事業、それから岩国駅周辺整備事業、防災行政無線の整備事業、それから簡易水道統合整備事業補助金、それから庁舎の建設でありますとか、市内全域にめぐらしております光網の整備等々に使っております。

 この合併特例債につきましては、今後どの事業に使うといった予定はございませんが、必要な事業につきまして特例債が充当できる事業については、これを優先的に充当したい、そのように考えております。



◎市長(福田良彦君)  おたふく風邪の予防接種につきましては、これは、県下では岩国市としてはいち早く取り組む事業でありまして、この辺については評価をいただいたということでございます。

 先ほど山田議員のほうから、注射を打つとやめられなくなるという話をされましたが、あくまでこれは──今回は有効な財源をもって再編交付金等を活用したわけでありますが、私もこの事業は継続をしていきたい事業の一つでございます。

 今後、このおたふく風邪の予防接種については、国のほうでもいろんな協議が継続されておられますので、今後、そういった法定接種になる可能性もあります。それも注視しながら、市としてこの事業を新年度から始めるわけでありますので、しっかりと財源を確保しながら、継続できるように努めていきたいという思いは抱いております。



◆30番(大西明子君)  国の動向も見てということなんですが、ちまたでは、岸外務副大臣が新たな交付金を考えてるとかいう報道もあります。そういうものを当てにしているのかなというふうに思いましたが、本心は今言われませんでしたので、答弁どおり受けておきますが、やはり継続して、こういう市民が喜ぶものは、普通は一般財源でやる事業なんですから、そこのところは継続するための努力をしていただきたいというふうに思います。

 説明のときに、こども医療費の助成には所得制限があるというのは知ってます。説明で、おたふく風邪についても所得制限はありますよという説明を受けました。私らは基本的には所得制限をなくしなさいという立場ですから、注目してたんですが、この子供を守る接種事業の予算の概要の中では、こども医療費助成には所得制限がありますときちんと書いてあるのに、こどもを守る予防接種のほうには何も書いてありません。では、所得制限がないというふうに解釈していいのかというふうになるので、この整合性をきちんと今答弁していただきたいというふうに思います。

 それから、合併特例債は、今これから使う予定はなくて、使えるものがあれば使うということですが、別に私はぜひ使えとは言ってないんです。今後の財政運営にいろんな負担をかけてきますので、適切な使い方をしてほしいという意味で、どういうものに使っているかということと現在高聞いたわけで、無理にどうでも使いなさいというわけじゃないので、その辺は間違わないようにしていただきたいというふうに思います。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  今回のおたふく風邪につきましては、市長の御英断によりまして、県下一、初めておたふく風邪の助成をすることになりました。これは、所得制限ではなくて自己負担、全ての人に自己負担をしていただいて、それ全額市が出すんではなくて、自己負担でまたこちらのほうが助成させていただくという制度でございます。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。



◆10番(石本崇君)  先ほどからのお話、質疑にもございますように、地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を得られるよう国と交渉するという力強い言葉が書かれてあるんですが、先般、皆さんも御存じのように、名護市長選挙におきまして、与党幹事長であります石破茂代議士が現地に入りまして、名護市には500億円の財政支援をすると、このように明言されたわけです。結果として、あのような形で選挙が終わりましたので、このような財政支援というものは霧消に付されたのではないかと思いますが、これまでの岩国市の基地への協力、国への協力に鑑みて、決してこの500億円を岩国はもらっても罰は当たりはしない。もっと500億円、さらに上積みして1,000億円を要求したって罰は当たりませんし、全国民、日本国民全員は納得してくれると、このように私は思っておるんですが、具体的に市長としては、負担と協力に見合うだけの財政支援ということに関して具体的にどのように思われてるのか。

 毎回毎回、国と前向きに交渉していく、言うべきことは言うと、力強い言葉は私どもも十分耳にしておりますが、もはや予算書における施政方針──26年度の施政方針なわけですから、さらに踏み込んだ形で国と交渉すると、そのようなもっと踏み込んだ発言をいただきたいところなんですが、そのあたりいかがでありましょうか。



◎市長(福田良彦君)  いろいろ個別具体的な事業を幾つも岩国市抱えておりますが、今回であれば、消防防災センター、ごみ焼却施設等についても、防衛当局のほうといろんな協議をして財源確保、見通しもついております。

 先般、石本議員も御承知のように、先ほど名護の市長選挙の話されました。その後、当時であれば、岸外務副大臣のほうからもいろんな会合の折に、そういった基地の協力に見合うだけの財政措置、仕組みを新たにつくっていくんだという強い決意を述べられておられました。これについては、今、山口県と岩国市、また和木町さん、周防大島町さんも含めて、そういった制度の内容を今後事務的に詰めていきたいというふうに思っております。

 また、先般でございましたけど、先日、参議院の外交防衛委員会の委員の方々が岩国市のほうに来られまして、基地の視察を終えられた後に1時間程度、意見交換させていただきました。そういった中で、私も意見交換の半分ぐらいは、市の実情を含めて、いろんなそういった財政支援措置等を含めて要望をさせていただきました。その中には、自民党、民主党、公明党さん、全ての党の方がおられまして、岩国に対してしっかりと岩国の思いといいますか、我々の要望をしっかりと酌んでいただけたというふうに思っております。今後、国の防衛政策の中において、しっかりと対応していきたいという、そういった総括をされました。

 そういった意味では、我々は国の安全保障政策にはしっかりと協力するが、しかしながら、いろんな地域振興等もおくれておると。いろんな対策もおくれておると。個別具体的なことを話せば大変時間もかかりますので、また改めてお話しさせてもらいたいと思いますが、議員お話のように、実はいろんな市民の方々からも、いろんな防衛関連の予算、どこにどういうふうに使われているのかという御質問を聞かれます。いろんな見えないソフト事業とか、ハード事業、いろんな分野に実はそういった防衛関連予算は含んでおります。先ほどのおたふく風邪の助成事業もそうでありますが、そういったことももっとわかりやすく情報といいますか、お知らせすることも必要なのかなということを思っておりますので、そういった準備をしていきたいなというふうに思ってます。

 いろんな事業をするには財源というものは必要でありますので、新たな財源を得られるような制度はもちろんでありますが、今既存の制度も増額なり、延長とか含めて、しっかりと一つ一つ国と協議をし、成果が得られるように頑張ってまいりたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(桑原敏幸君)  ほかに。



◆29番(坪田恵子君)  安心・安全対策のところで1点と、教育施設の充実のところで1点、計2点お尋ねしたいんですが、安心・安全対策で通学路の交通安全対策に取り組んでいるという中に、通学路の安全対策ということで、街路灯がぜひ交通安全のために必要だと思うんですが、それは含まれていませんが、街路灯に関してはどうなのかという質問が1点と、教育施設の充実の中で空調設備の設置整備促進というふうにありますが、空調設備が各小・中学校に設置されていますが、設置されても、その年に空調設備が使えないというような状況になっていると思います。ですが、それはなぜか。翌年度からの設置ということになるということで、できれば設置したらすぐその年から使えるようにならないかというので、なぜその空調設備が設置されてすぐ使えないのかというのをお尋ねいたします。



◎都市建設部長(松村知樹君)  まず、街路灯の件について、私のほうから回答させていただきます。

 安心・安全対策ということで、道路の改良等行ってきているところでございますけれども、街路灯、道路照明につきましては、なかなか全てについて道路照明をつけるということは難しいこともございますので、一定の基準に基づいて、それを満たすところについて対応させていただいたところでございます。それ以外の地元のほうでぜひつけてほしいというところにつきましては、防犯灯としての整備をお願いしているところでございます。



◎教育次長(多谷本清晴君)  空調設備の整備を当該年度で使えないかということですが、空調設備の工事につきましては、主に長期の休みを用いております。ですから、どちらかというと夏季の期間中に用いてということになります。そうしたことから、工事の工期等もありますので、実際の運用は次年度からというふうになっております。



◆29番(坪田恵子君)  道路交通法、ここに安心・安全対策と書いてあるわけですから、道路交通法の安心・安全対策で街路灯というのはつけられるというふうに思ってるんですが、その点は地域から要望も、交通安全対策というか、子供たちの通学路の関係で街路灯が必要だという要望が出てるわけですから、その辺も防犯灯だというふうに言われるんではなくて、安心・安全対策という関連からの街路灯もぜひ考えていただきたいというのが一つと、空調設備は、主に先生方、子供たちも本当について、設置、クーラーが使えるということで喜んでるのに、暑いのにそれが使えないというのは、つけてすぐ使えない。特に由宇なんて本当にもう……。



○議長(桑原敏幸君)  質疑にしてくださいよ。



◆29番(坪田恵子君)  一日も早くつけていただきたいんですけど、そういう点を十分考えていただいて、空調は1年待つのではなく使えるように考えていただきたいと思います。



○議長(桑原敏幸君)  答弁いいですね。



◎都市建設部長(松村知樹君)  先ほども申し上げましたけれども、一定の基準に基づいて対応しているということでございますので、どうか御理解のほどをよろしくお願いいたします。



◎教育次長(多谷本清晴君)  先ほど申しました、主に夏場用いるもんですから、実際の運用は次年度という形になるということで御理解いただきたいと思います。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ質疑を終結し、本15議案は委員会において審査していただくことにして、議案第12号は総務常任委員会に、議案第13号、14号、15号、以上3議案は教育民生常任員会に、議案第16号、17号、18号、19号、23号、24号、25号、以上7議案は建設常任委員会に、議案第20号、21号、22号、以上3議案は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第11号 平成26年度岩国市一般会計予算につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩をいたします。

午前11時57分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後 1時    再開 



○議長(桑原敏幸君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第13議案第26号平成26年度岩国市交通事業会計予算



○議長(桑原敏幸君)  日程第13 議案第26号 平成26年度岩国市交通事業会計予算を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(山近剛君)  議案第26号 平成26年度岩国市交通事業会計予算について御説明いたします。

 本市のバス事業は、地域に密着した主要な交通手段として、また、まちづくりに資する公共交通機関として大きな役割を担ってまいりましたが、交通手段の多様化や少子高齢化の進展などにより、依然として厳しい経営状況が続いております。

 このような状況にあって、バス事業サービスを将来にわたり市民に安定的に提供し続けられるよう、交通局の全額出資で設立したいわくにバス株式会社へ、平成22年度を初年度として5年を目標に、バス路線を順次移管しているところでございます。平成26年度は目標の最終年度に当たりますが、今後も市長部局、いわくにバス株式会社と密接に連携を図りながら完全移管を円滑に進めるとともに、全職員が心を一つにして、安全、安心、優しさをスローガンとして、公共交通機関の役割を果たしてまいります。

 それでは、平成26年度予算の内容について御説明いたします。

 地方公営企業会計制度の改正に伴い、本年度から、改正後の会計基準を適用して、財務諸表等を作成しております。

 まず、第2条の業務の予定量につきましては、車両数は乗り合い21両、貸し切り3両、合わせて24両としております。

 走行キロにつきましては、乗り合いは37万5,000キロメートルを、貸し切りは5万9,000キロメートルをそれぞれ見込んでおります。

 輸送人員につきましては、乗り合いは66万8,000人を、貸し切りは2万2,000人をそれぞれ見込んでおります。

 次に、第3条の収益的収入及び支出についてですが、これは、別添平成26年度交通事業会計予算総括表により御説明いたします。

 収入につきましては、乗り合い収入は1億1,500万円を計上しております。

 前年度に引き続き、一般路線バスの一部をいわくにバス株式会社に移管することにより、一般乗り合い収入は7,462万7,000円を、また、一般会計からの高齢者・障害者の優待乗車に対する繰入金は4,037万3,000円を見込んでおります。

 また、貸し切り収入は、スクールバス等の収入として2,570万円を予定しております。

 運送雑収益は、550万8,000円の収入を予定しております。

 営業外収益は、他会計補助金として1億1,063万8,000円、預金利息として45万円、県補助金として70万円、保険賠償金として360万円、その他雑収益として689万9,000円、長期前受け金戻入として603万9,000円等を見込んでおります。

 次に、支出につきましては、職員給与費は職員数及び退職者の減少等により、前年度に対し1億3,841万7,000円減少の2億858万4,000円、燃料油脂費は2,078万7,000円、車両修繕費は1,437万3,000円、減価償却費は1,975万5,000円、諸経費は6,868万1,000円を計上しております。

 そのほか営業外費用として納付すべき消費税の見込み額等を、特別損失として過年度分賞与等を計上しております。

 以上、収益的収支は、収入総額2億7,453万7,000円に対し、支出総額が3億5,049万3,000円となり、収支差し引き額は、税込み額で7,595万6,000円の赤字となる見込みでございます。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出についてですが、収入につきましては、建設改良費の財源として、県補助金358万7,000円、いわくにバス株式会社へのバス8両等の売却代金として、固定資産売却代金613万円を計上しております。

 以上御説明いたしましたことは、平成26年度岩国市交通事業会計予算の第1条から第8条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、平成26年度岩国市交通事業会計予算説明書に記載しております。

 以上で、議案第26号 平成26年度岩国市交通事業会計予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。



◆18番(細見正行君)  ただいま御説明いただきましたが、ただいまの説明の中で預金利息が45万円とありました。これ添付資料を見ますと、現金及び預金が4億円くらいあります。これ資料読みますと4億328万2,000円。利率と保管の仕方、お示ししてください。



◎交通局長(山近剛君)  今、現金と預金の預け入れでございますが、6カ月定期の場合、現在が0.275から0.3%、金融機関によって違います。それと、1カ月定期の場合が0.225%で預金をしております。



◆18番(細見正行君)  金額もお示ししていただいて、どういった定期預金が何%で、この合計が45万円になると。



◎交通局長(山近剛君)  大変申しわけございません。普通預金と定期の額の資料がございませんので、後ほど調べましてお答えをさせていただきます。



○議長(桑原敏幸君)  よろしいですか。(「はい、いいです」と呼ぶ者あり)ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第14議案第27号平成26年度岩国市水道事業会計予算

        議案第28号 平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算 



○議長(桑原敏幸君)  日程第14 議案第27号 平成26年度岩国市水道事業会計予算及び議案第28号 平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算、以上2議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第27号 平成26年度岩国市水道事業会計予算について御説明いたします。

 平成24年度に策定した水道施設耐震化10ヵ年計画を着実に実施しているところでございますが、防衛省補助金、厚生労働省補助金、合併特例債などの新たな財源確保の見通しがつきましたので、本計画に、統合簡易水道施設の耐震化事業を追加するなど事業の拡大、充実を図ることとして、本計画の改定を行いました。

 この中で、山手庁舎は、水道の安心・安全を守る防災拠点施設としての機能強化を図る必要などがあるため、耐震補強から建てかえに計画変更しております。

 改定した計画に基づき、平成26年度は、牛野谷配水池、由宇統合配水池、梅が丘団地送水ポンプ所を初め、統合簡易水道においても阿品ポンプ所、秋掛浄水場、本郷第一配水池、高ケ原加圧ポンプ所などの整備に着手いたします。あわせて、老朽化した配水管の耐震管への布設がえ工事も引き続き推進してまいります。

 また、簡易水道事業の統合につきましては、本年4月に本郷、波野原、波野中の3地区を統合するとともに、南桑、河山地区について統合に向けた準備作業を行います。

 なお、本年は、岩国市水道が誕生して75年となることから、記念事業として、小学校水飲み場の整備を行います。これは、岩国市の水道水が安心・安全でおいしい水であることをPRするとともに、蛇口の水を飲むことができる水道の歴史と文化を継承し、水道水をおいしく飲める啓発事業として、年3校、5カ年計画で実施するものでございます。

 以上の方針に基づき予算編成を行いました。

 業務の予定量につきましては、年間総給水量1,462万5,009立方メートル、給水戸数5万7,063戸を見込んでおります。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成26年度岩国市水道事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 地方公営企業法の改正により、平成26年度から発生主義に着目した新会計制度に基づき予算編成を作成いたしております。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、給水収益は、前年度に対して2,408万円増の19億6,526万8,000円を見込んでおります。そのほかの主な収入につきましては、その他営業収益を1,716万7,000円、他会計補助金を1,715万9,000円及び雑収入を1億4,229万2,000円とし、収入総額22億7,959万5,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費等を7億1,575万7,000円、修繕費、動力費、薬品費、その他諸経費等の維持管理費を6億9,895万6,000円並びに支払い利息及び減価償却費等を6億4,240万3,000円計上し、支出総額は20億5,711万6,000円となります。

 したがいまして、収支差し引き2億2,247万9,000円の当年度利益となる見込みでございます。

 次に、第2表の資本的収支の主な収入につきましては、企業債を6億6,000万円、国庫補助金を1億5,068万2,000円及び他会計出資金を1億598万5,000円とし、収入総額10億1,256万7,000円を計上しております。

 また、主な支出につきましては、配水施設整備事業費を1億6,741万4,000円、由宇地区給水事業費を2億2,024万2,000円、水道施設耐震化事業費を2億6,753万7,000円、耐震管整備事業費を5億8,355万3,000円及び庁舎建設事業費を2,028万3,000円を計上しております。

 そのほか、企業債償還金等を2億4,393万1,000円として、支出総額は16億8,279万3,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額6億7,022万6,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額8,154万5,000円、建設改良積立金1億2,717万円及び過年度分損益勘定留保資金4億6,151万1,000円で補填するものでございます。

 以上御説明しましたことは、平成26年度岩国市水道事業会計予算の第1条から第10条までに定めており、予算の詳細は、別冊の平成26年度岩国市水道事業会計予算説明書に記載しております。

 引き続き、議案第28号 平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算について御説明します。

 業務の予定量につきましては、年間総給水量は615万3,170立方メートルとしております。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算総括表によって御説明します。

 第3表の収益的収支の収入につきましては、給水収益を1億3,423万7,000円、受託工事収益を50万円及び雑収益等を1,203万2,000円とし、収入総額1億4,676万9,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費等を5,602万8,000円、修繕費、動力費、その他諸経費等の維持管理費を3,346万1,000円、支払い利息及び減価償却費等を4,386万2,000円並びに消費税594万5,000円を計上し、支出総額は、1億3,929万6,000円となります。

 したがいまして、収支差し引き747万3,000円の当年度利益となる見込みであります。

 次に、第4表の資本的収支の収入額は、工事負担金収入の105万5,000円を見込んでおります。

 また、支出につきましては、改良費を2,981万1,000円及び企業債償還金等を1,968万8,000円計上し、支出総額は、4,949万9,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4,844万4,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額220万9,000円、減債積立金1,958万8,000円及び過年度分損益勘定留保資金2,664万7,000円で補填するものでございます。

 以上御説明しましたことは、平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算の第1条から第7条までに定めており、予算の詳細は、別冊の平成26年度岩国市工業用水道事業会計予算説明書に記載しております。

 以上をもちまして、議案第27号及び議案第28号の概要についての説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本2議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本2議案は委員会において審査していただくことにして、2議案とも建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第15議案第29号平成26年度岩国市病院事業会計予算



○議長(桑原敏幸君)  日程第15 議案第29号 平成26年度岩国市病院事業会計予算を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第29号 平成26年度岩国市病院事業会計予算について御説明いたします。

 業務の予定量といたしましては、年間患者予定数を入院3万4,127人、外来5万9,752人、1日平均患者予定数を入院93.5人、外来248人と見込んでおります。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成26年度岩国市病院事業会計予算総括表により御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、入院収益を前年度に対し2,139万7,000円増の7億422万2,000円、外来収益を前年度に対し3,899万9,000円増の6億7,312万5,000円見込んでおります。他会計補助金の内訳は、一般会計繰入金を1億3,640万9,000円、国保会計繰入金を300万円とし、そのほかの収入につきましては、その他の医業収益を1億6,046万4,000円、長期前受金戻入を3,441万3,000円、患者外給食収益を209万3,000円、その他の医業外収益を436万7,000円及び特別利益などを137万3,000円とし、収入総額17億1,946万6,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費、材料費及び経費を15億9,729万9,000円計上しており、構成比率92.9%を占めております。現金支出を伴わない減価償却費及び資産減耗費を9,772万9,000円、研究研修費を340万6,000円、支払い利息を253万8,000円、建設調査費を486万8,000円、調査研究費等を1,362万6,000円計上し、支出総額は、収入総額と同額の17億1,946万6,000円を計上しております。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、企業債を4,260万円、地方公営企業繰り出し基準による一般会計出資金を5,332万6,000円、医療機器購入国庫補助金として国保会計繰入金を982万5,000円とし、収入総額1億575万1,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、有形固定資産購入費を9,665万1,000円、企業債償還金を5,006万8,000円、リース債務支払い費等を447万2,000円とし、支出総額は、1億5,119万1,000円を計上しております。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額4,544万円は、当年度分消費税資本的収支調整額481万5,000円及び過年度分損益勘定留保資金4,062万5,000円で補填するものでございます。

 以上御説明いたしましたことは、平成26年度岩国市病院事業会計の第1条から第9条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、別冊の平成26年度岩国市病院事業会計予算説明書に記載しております。

 以上で、平成26年度岩国市病院事業会計予算についての説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第16議案第30号岩国市営駐車場基金条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第16 議案第30号 岩国市営駐車場基金条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第30号 岩国市営駐車場基金条例の制定について御説明いたします。

 現在、岩国市営駐車場として設置しております駐車場は、三笠橋駐車場、麻里布駐車場、由宇駅前駐車場及び神代駅前駐車場の4カ所でございます。

 これらの駐車場のうち、三笠橋駐車場は昭和62年に、麻里布駐車場は平成10年に建設された駐車場であり、ともに整備後15年以上経過している立体駐車場であることから、今後、外壁の改修やエレベーターの設備の更新など、大規模な改修が必要となる時期が来るものと考えております。

 大規模改修工事の施工には、単年度収入を超える多額の経費が必要となることから、来年度から計画的に資金を積み立て、将来の駐車場整備に備えるため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき、岩国市営駐車場基金を設置するものです。

 なお、基金は、指定管理者から納付される納付金の一部を主な財源として、特別会計予算で定める額を積み立てる予定としております。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明いたします。

 本条例は、7条から成るもので、第1条は基金の設置について、第2条から6条までは、基金の運用における積み立て、管理、処分、運用益金の処理、繰りかえ運用に関することを、第7条は委任に関し、それぞれ規定しております。

 また、本条例は、平成26年4月1日から施行するものとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第17議案第31号岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第17 議案第31号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第31号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本市におきましては、水道局による上水道及び市長部局による11地区の簡易水道等により水道の普及を図っているところであります。

 本議案は、平成20年度に策定しました岩国市簡易水道事業統合計画に基づき、波野中簡易水道事業、本郷簡易水道事業及び波野原簡易水道事業を岩国市水道事業に移管することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容としましては、別表第1から別表第3までに規定する波野中簡易水道事業、本郷簡易水道事業及び波野原簡易水道事業に係る部分を削除するものです。

 また、今後につきましては、本計画に基づき、平成28年度までの3年間で柱島3島を除く5簡易水道事業を順次、岩国市水道事業に移管・統合する予定としております。

 なお、本条例の施行期日につきましては、本年4月1日からとし、波野中簡易水道、本郷簡易水道及び波野原簡易水道の給水区域に係る水道料金は、施行日の直前の定例日、いわゆる検針日以後の使用に係るものについては岩国市水道条例の規定を適用し、同日前の使用に係るものについては岩国市簡易水道条例の規定を適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第18議案第32号岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第18 議案第32号 岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第32号 岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、岩国市美和不燃物処理場の廃止及び組織に所属する職員の見直しに伴い、規定の整備を行うため提案するものです。

 美和町西畑に設置しております岩国市美和不燃物処理場につきましては、一般廃棄物の埋め立てを目的として、昭和56年3月から運用を開始した処理施設でございますが、平成18年3月に埋立処分が終了したため、同年から処理場の廃止を目的として、一般廃棄物処分場の廃止の技術上の基準に従い、のり面損壊防止に必要な措置やダイオキシン類、臭気濃度、可燃性ガスの発生状況、地下水等の水質などを毎年測定してきました。

 その結果、2年以上にわたり、測定値が関係法令に定める基準に適合し、また、生活環境保全上の支障も生じていないことなどから、同施設を廃止し、条例から削除するものです。

 また、これらの廃棄物処理施設を適正に管理する上で、実情に合わせた組織に所属する職員の追加等の規定の整備を行っております。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第19議案第33号地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第19 議案第33号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(藤本雅亮君)  議案第33号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例について御説明いたします。

 本議案は、平成24年6月27日に公布された、地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の一部が本年4月1日に施行されることに伴い、規定の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容といたしましては、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の改正に伴い、岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例及び岩国市消防団員等公務災害補償条例において引用しております同法の条文について整備を行うとともに、同法第4条第4項に規定する「障害程度区分」が「障害支援区分」へ名称及び定義が改正されたことに伴い、岩国市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例及び岩国市障害者総合支援条例において、引用しております名称について整備を行うものでございます。

 なお、本条例は、法の一部施行日と同様、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第20議案第34号岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第20 議案第34号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(藤本雅亮君)  議案第34号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、本年4月1日をもって、祖生東小学校と祖生西小学校が統合し、そお小学校が設置されることから、同校に設置しております周東祖生東放課後児童教室と周東祖生西放課後児童教室を統合し、現在の祖生西小学校施設にそお放課後児童教室を設置するに当たり、規定の整備を行うため、提案するものです。

 この結果、市内における放課後児童教室の総数は31教室となり、その内訳は直営が29教室、委託が神東放課後児童教室と錦放課後児童教室の2教室になります。

 なお、本条例は、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第21議案第35号岩国市手数料条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第21 議案第35号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第35号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律及び社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律並びにエネルギーの使用の合理化に関する法律の一部を改正する等の法律の施行に伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、消費税率が5%から8%へ引き上げられることに伴い、長期優良住宅建築等計画認定申請手数料を改定するとともに、エネルギーの使用の合理化に関する法律の一部を改正する等の法律の施行に伴い、法律の名称が変更されたことから、本条例において引用しております法律の名称を改めるものでございます。

 なお、本条例の施行期日につきましては、平成26年4月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第22議案第36号岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第22 議案第36号 岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第36号 岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、単独定住住宅の老朽化により、美川町小川に所在する耐火構造2階建ての美川門前共同住宅4戸を用途廃止することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 廃止を予定しております住宅につきましては、現在空き家となっており、老朽化が著しく、用途廃止することが最良と判断したものでございます。用途廃止した後は、本住宅は賃借物件であるため、貸付人であるJX日鉱日石金属株式会社に返却することとなります。

 なお、本条例は、平成26年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第23議案第37号岩国市周東食肉センター条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第23 議案第37号 岩国市周東食肉センター条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第37号 岩国市周東食肉センター条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 現在の周東食肉センターは、昭和53年3月に、と畜場法(昭和28年法律第114号)に基づき、畜産業の振興と食肉処理の適正の確保を図ることを目的として設置した施設で、設置以来、旧周東町が、合併後は岩国市が直営により管理運営を行ってまいりました。

 平成26年度に衛生的なオンレール方式を採用した新食肉センターが完成することに伴い、食肉センターの施設の運営について、指定管理者制度を導入することにより、今後さらに管理運営の効率化を図り、サービスの向上と経費の削減に努めてまいりたいと考え、条文の整備を行うものであります。

 また、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律及び社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的改革を行うための地方税法及び地方交付税法の一部を改正する法律の施行に伴い、使用料の改定を行うものであります。

 さらに、新施設の使用開始にあわせて、現在の使用料等の項目を簡素化し、これに伴い、本条例の附則において、岩国市収入証紙条例の一部を改正しております。

 なお、本条例の施行期日は、平成26年4月1日としておりますが、経過措置に関する規定を設け、施行期日前に納付する使用料については、改定前の額を適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第24議案第38号岩国市社会教育委員設置条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第24 議案第38号 岩国市社会教育委員設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  議案第38号 岩国市社会教育委員設置条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴い、社会教育法の一部が改正されたことから、規定の整備を行うため、提案するものであります。

 改正の内容としましては、これまで、社会教育委員の委嘱の基準については、社会教育法で定められておりましたが、法の改正により、文部科学省令の基準を参酌して市の条例で定めることとされたことから、委員の委嘱の基準について、条例に規定するもので、その内容は、省令の基準と同様としております。

 なお、本条例は、平成26年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第25議案第39号岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第25 議案第39号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第39号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、給水区域の地区名の追加及び整理と、平成20年度に策定しました岩国市簡易水道事業統合計画に基づき、波野中簡易水道事業、本郷簡易水道事業及び波野原簡易水道事業を岩国市水道事業に統合することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容としましては、別表の岩国地区の給水区域に愛宕町二丁目、愛宕町三丁目を加えるとともに、昨年統合いたしました美和地区の給水区域の地区名の整理を行い、また、別表に波野中簡易水道、本郷簡易水道及び波野原簡易水道の区域を追加するものでございます。

 統合後の波野中地区、本郷地区及び波野原地区の水道料金は、岩国市水道事業の水道料金に統一されることから大幅に引き下げられるほか、上水道施設としての厳しい水質監視によって、より安全な水道水が安定的に供給されることとなります。

 なお、本条例の施行期日は、本年4月1日としております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第26議案第40号岩国市母子生活支援施設設置条例を廃止する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第26 議案第40号 岩国市母子生活支援施設設置条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(藤本雅亮君)  議案第40号 岩国市母子生活支援施設設置条例を廃止する条例について御説明いたします。

 本市におきましては、昭和24年12月に、生活に困窮する母子家庭の住宅支援策として、岩国市立石町三丁目に母子寮を開設いたしました。その後、建物の老朽化のため国・県の補助を受け、昭和43年に寮舎を改築し、居室の拡張など、世帯に応じた改修等を行ってまいりましたが、公営住宅におけるひとり親家庭の優先入居制度の充実や、利用者ニーズの変化に伴い、平成11年4月には利用者がいなくなったため、同年10月1日から施設の利用を休止しております。

 当施設で実施しておりました自立支援や児童の健全育成などのソフト面につきましては、こども支援課に配置しております母子自立支援員を通じ、自立に必要な情報提供や指導を行い、その生活の経済的、社会的安定に努めてまいりました。

 また、昨今は貧困のみでなく虐待やDVなど重い課題を抱える家庭もあり、緊急一時的な保護につきましては、家庭児童相談室や男女共同参画室において対応するとともに、児童相談所などとも連携し、総合的な見守りや支援を行っております。

 こうした中、施設の有効活用を図るため、転用や貸し付けに伴う費用対効果などを検討しておりましたが、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律第22条に定める財産処分制限期間が経過することから、施設を解体し、適正な財産管理を進めるため、当該条例を廃止するものです。

 なお、本条例の施行日は、平成26年4月1日としております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第27議案第41号岩国市国民健康保険の保険料率に関する経過措置条例を廃止する条例



○議長(桑原敏幸君)  日程第27 議案第41号 岩国市国民健康保険の保険料率に関する経過措置条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎保険担当部長(松林美子君)  議案第41号 岩国市国民健康保険の保険料率に関する経過措置条例を廃止する条例について御説明いたします。

 本議案は、平成18年の市町村合併の際に制定した、岩国市国民健康保険の保険料率に関する経過措置条例につきまして、平成18年度分から平成20年度分までの一般被保険者に係る基礎賦課額の保険料率に関する経過措置及び退職被保険者等に係る基礎賦課額の所得割額等に関する経過措置について、地方税法第17条の5の更正決定期間の5年を経過したため、条例を廃止するものであります。

 なお、本条例は、平成26年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第28議案第42号周東食肉センター改築建築工事請負契約の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第28 議案第42号 周東食肉センター改築建築工事請負契約の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第42号 周東食肉センター改築建築工事請負契約の一部変更について御説明をいたします。

 本議案は、平成24年9月市議会定例会において議決をいただいた後、締結いたしました、周東食肉センター改築建築工事請負契約について、工期を延長する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 それでは、工期変更の理由につきまして御説明をいたします。

 本工事は、既存施設である食肉センターと食肉流通センターが稼動しながらの近接工事であるため、工事を進めていく中で、当初予期していなかった施設運営上の調整及び本工事をする上での諸工事が多数発生し、この対応に不測の日数を要したことから、工事の進捗に支障を来しました。

 施工工程の調整により工期内完成に向けて努力いたしましたが、新しい食肉センターから食肉流通センターへの枝肉搬送通路工事について、3月末までの完成が困難となり、工期の延長が必要となったものでございます。

 以上のことから、工事の完成期日を平成26年3月31日から平成26年7月31日に変更する変更契約を締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第29議案第43号周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第29 議案第43号 周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第43号 周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の一部変更について御説明をいたします。

 本議案は、平成24年9月市議会定例会において議決をいただいた後に締結いたしました、周東食肉センター改築機械設備工事請負契約について、工期を延長する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 工期の変更理由といたしましては、先ほど御説明いたしました周東食肉センター改築建築工事と同様に、新しい食肉センターから食肉流通センターへの枝肉搬送通路工事について、3月末までの完成が困難となり、工期の延長が必要となったものであります。

 以上のことから、工事の完成期日を平成26年3月31日から平成26年7月31日に変更する変更契約を締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第30議案第44号周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第30 議案第44号 周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第44号 周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の一部変更について御説明をいたします。

 本議案は、平成24年9月市議会定例会において議決をいただいた後に締結をいたしました、周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約について、工期を延長する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 工期変更の理由といたしましては、本工事は、先ほど御説明いたしました周東食肉センター改築建築工事、機械設備工事と同様に、新しい食肉センターから食肉流通センターへの枝肉搬送通路工事について、3月末までの完成が困難となり、工期の延長が必要となったものでございます。

 以上のことから、工事の完成期日を平成26年3月31日から平成26年7月31日に変更する変更契約を締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第31議案第45号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第31 議案第45号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第45号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更について御説明いたします。

 本議案は、平成25年9月市議会定例会において議決をいただいた後に締結いたしました、岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定について、契約金額を変更する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものであります。

 本工事の概要としましては、設置後31年が経過した一文字終末処理場の管理棟の中央監視施設を、老朽化に伴い、平成25年から平成26年度までの2カ年において改築するものでございます。

 契約金額の変更の理由としましては、協定締結後に、契約の相手方である地方共同法人日本下水道事業団が実施した当該工事に係る入札結果により生じた当初契約金額との差額について、このたび精算することによるものでございます。

 以上のことから、本協定の契約金額を3億7,300万円から3億3,300万円に変更する変更協定を、地方共同法人日本下水道事業団理事長 谷戸善彦と締結しようとするものです。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第32議案第46号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第32 議案第46号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第46号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の一部変更について御説明いたします。

 本議案は、平成25年9月市議会定例会において議決いただいた後に締結いたしました、岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)について、契約金額を変更する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものであります。

 本工事の概要としましては、設置後34年が経過した一文字ポンプ場の雨水ポンプの機械設備及び電気設備を、老朽化に伴い、平成25年から平成26年度までの2カ年において改築するものでございます。

 契約金の変更の理由としましては、協定締結後に、契約の相手方である地方共同法人日本下水道事業団が実施した当該工事に係る入札結果により生じた当初契約金額との差額について、このたび精算することによるものでございます。

 以上のことから、本協定の契約金額を3億2,300万円から2億9,000万円に変更する変更協定を、地方共同法人日本下水道事業団理事長 谷戸善彦と締結しようとするものです。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第33議案第47号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)の一部変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第33 議案第47号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第47号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)の一部変更について御説明いたします。

 本議案は、平成25年9月市議会定例会において議決いただいた後に締結いたしました、岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)について、契約金額を変更する必要が生じたため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものであります。

 本工事の概要としましては、設置後33年が経過した今津ポンプ場の雨水ポンプの機械設備及び電気設備を、老朽化に伴い、平成25年から平成26年度までの2カ年において改築するものでございます。

 契約金額の変更の理由としましては、協定締結後に、契約の相手方である地方共同法人日本下水道事業団が実施した当該工事に係る入札結果により生じた当初契約金額との差額について、このたび精算することによるものでございます。

 以上のことから、本協定の契約金額を2億5,080万円から2億1,024万円に変更する変更協定を、地方共同法人日本下水道事業団理事長 谷戸善彦と締結しようとするものです。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

午後2時 5分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後2時25分 再開 



○議長(桑原敏幸君)  休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第34議案第48号岩国駅自由通路新設等工事の施行に関する協定の締結について



○議長(桑原敏幸君)  日程第34 議案第48号 岩国駅自由通路新設等工事の施行に関する協定の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎拠点整備担当部長(中岡達夫君)  議案48号 岩国駅自由通路新設等工事の施行に関する協定の締結について御説明をいたします。

 岩国駅周辺整備事業は、岩国駅及び駅前広場の交通結節機能強化、駅周辺でのにぎわい創出などを目的に、東西自由通路の整備、駅舎のバリアフリー化、東西駅前広場の再整備を主要事業として計画をしております。

 このうち、岩国駅自由通路新設等工事につきましては、平成25年度から平成31年度までの7カ年で、東西自由通路、西口駐輪場連絡通路、岩国市スペース及び地下通路出入り口を総額31億8,832万1,000円で整備するものでございます。

 これらは、JR山陽本線の軌道を横断して施工するものであり、軌道への影響を回避し、鉄道車両の運行に支障を来さないことが極めて重要であることから、鉄道敷地内の工事に精通をしております西日本旅客鉄道株式会社に工事の施行を委託することで、同社と協議を重ねてまいりました。

 その結果、本年1月27日に西日本旅客鉄道株式会社大阪工事事務所長 平松祐之と仮協定を締結をいたしましたので、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、協定をすることについて市議会の議決を求めるものです。

 工事委託期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本協定を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成31年6月30日までといたしております。

 また、債務負担行為につきましては、平成25年度から平成31年度までの7カ年の限度額を設定することにつきまして、平成25年12月市議会定例会において御承認をいただいているところでございます。

 なお、この自由通路等の工事の施行に伴い支障となります駅舎等の補償につきましては、岩国駅橋上駅舎化工事の施行に関する協定を別途、西日本旅客鉄道株式会社と締結することといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  駅前がバリアフリー化されて新しい駅舎ができるのを期待をしているんですが、この自由通路新設等工事の平面図を見ますと、トイレが駅上駅舎に1カ所しかないわけですね、(「橋上駅舎」と呼ぶ者あり)橋上駅舎のトイレしか。それで公の施設がこれだけできるところにトイレが1カ所しかないというのは、これからずっと長く市民に親しまれて使用されなきゃいけない場所で、大変ちょっと困るんじゃないかと思うんですが、このトイレなどについての意見はどういうふうな状況だったのか。

 それから、後ほどこれに関連して市民が本当に使えるトイレが何カ所かできるのかどうか、そういう見通しがあるのかどうか、まず、お尋ねをしたいというふうに思います。

 そして、いろいろ論議してこの設計変更ができるのか、契約が変更できるのかということについても、お尋ねをしたいと思います。



◎拠点整備担当部長(中岡達夫君)  トイレに関しましての御質問かと思いますけれども、まず、議案のほうにおつけをさせていただいているところの平面図におきまして、WCと書いてございますの──これは駅舎内、いわゆるよく改札の中にあるトイレのことでございます。こちらの平面図には示しておりませんけれども、西口あるいは東口にそれぞれトイレにつきましては設けさせていただくことといたしておりますので、よろしくお願いをいたします。



◆30番(大西明子君)  安心をいたしました。こんな不親切な駅をつくるのかなと思っておりましたが、ついでにちゃんとつけていただければ、私、こんな質問はしなくて済んだんですが、はい、わかりました。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第35議案第49号財産の無償譲渡について



○議長(桑原敏幸君)  日程第35 議案第49号 財産の無償譲渡についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第49号 財産の無償譲渡について御説明いたします。

 本議案は、岩国市室の木町五丁目に所在する原田墓地用地の一部及び岩国市室の木町三丁目及び室の木町五丁目に所在する旧散在墓地用地を国へ無償譲渡するに当たり、地方自治法第96条第1項第6号の規定に基づき、市議会の議決を求めるものでございます。

 本財産は、国から一般国道2号線改築、岩国大竹道路工事用地として提供依頼があり、公共補償による代替墓地として造成された新原田墓地が平成23年6月に完成し、移転対象の墓石等が同墓地へ全て移転完了したことに伴い、平成25年12月12日付で普通財産となりました市有墓地の一部及び散在墓地用地でございます。

 国と平成16年10月27日付で交わした覚書に基づき、本市が代替墓地取得等を施行するために要する費用を国が負担することにより、本財産を国へ無償譲渡するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第36議案第50号指定管理者の指定について



○議長(桑原敏幸君)  日程第36 議案第50号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(藤本雅亮君)  議案第50号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 岩国市療育センターの管理につきましては、平成25年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である一般社団法人岩国市医師会に行わせております。

 本施設は、心身に障害のある児童及びその障害が懸念される児童の福祉の増進を図ることを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、本施設で行われている療育相談、療育訓練等に実績があり、また、本施設が、一般社団法人岩国市医師会が開設する岩国市医療センター医師会病院の敷地内にあることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運用を確保することができると認められるため、一般社団法人岩国市医師会を岩国市療育センターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたものです。引き続き本年4月1日から平成31年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第37議案第51号一般廃棄物処理事務の委託に関する規約の変更に関する協議について



○議長(桑原敏幸君)  日程第37 議案第51号 一般廃棄物処理事務の委託に関する規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第51号 一般廃棄物処理事務の委託に関する規約の変更に関する協議について御説明いたします。

 本議案は、平成25年12月市議会定例会において議決をいただいて定めた一般廃棄物処理事務の委託に関する規約の一部を変更することに関し、和木町と協議して定めることについて、市議会の議決を求めるものでございます。

 本規約につきましては、平成25年6月和木町議会定例会及び平成25年12月岩国市議会定例会での議決を経て、具体的な諸条件の整理を行い事務作業を進めておりましたが、このたび、和木町との協議において、規約の施行期日を平成26年3月25日とし、予算の繰り越し及び委託事務の廃止に係る処理の規定を追加することで合意したことから、規約の変更を行うものでございます。

 本議案について議決をいただきますと、本規約を告示するとともに山口県へ届け出を行い、その後、委託事務の実施方法などについて、和木町と協定を結ぶこととなります。

 以上、御審議の上、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第38議案第52号山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更に関する協議について



○議長(桑原敏幸君)  日程第38 議案第52号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第52号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び規約の変更に関する協議について御説明をいたします。

 本議案は、平成26年3月31日限りで周南地区食肉センター組合が解散することに伴い、山口県市町総合事務組合が、地方自治法第286条第1項の規定に基づき、同日限りで周南地区食肉センター組合を脱退させ、山口県市町総合事務組合規約の変更を行うことに関して、関係地方公共団体と協議して定めることについて、同法第290条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第39議案第53号市道路線の認定について



○議長(桑原敏幸君)  日程第39 議案第53号 市道路線の認定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第53号 市道路線の認定について御説明いたします。

 本議案は、7路線の総延長575メートルを新たに市道路線に認定し、適正な道路維持管理を実施しようとするものです。

 その内訳でございますが、7路線全て開発行為に伴うものであり、総延長575メートルでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第40議案第54号市道路線の変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第40 議案第54号 市道路線の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第54号 市道路線の変更について御説明いたします。

 本議案は、市道4路線の起終点を変更し、その総延長約1,953メートルを約2,491メートルに変更するものでございます。

 その内訳でございますが、市道日の出町1号線は焼却施設建設に伴う終点の変更で、延長約653メートルを860メートルに延伸するものでございます。

 市道川下町35号線は開発行為による終点の変更で、延長約139メートルを231メートルに延伸するものでございます。

 市道小瀬15号線は小瀬川の両国橋かけかえに伴う起点の変更で、延長約1,040メートルを約1,159メートルに延伸するものでございます。

 市道谷津21号線は道路改良による終点の変更で、延長約121メートルを241メートルに延伸するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第41議案第55号辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について



○議長(桑原敏幸君)  日程第41 議案第55号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第55号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について御説明いたします。

 本議案は、六呂師辺地の総合整備計画の策定について、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 総合整備計画の内容は、現在、六呂師地域を運行しております岩国市高齢者等過疎地域福祉バスにつきまして、車両の老朽化が著しいことから、輸送の安全等を確保するため、車両更新に係るへき地バス等購入費補助金を計上するものでございます。

 計画期間は平成26年度の1年間で、事業費1,200万円、辺地対策事業債1,100万円を予定しております。

 この事業費につきましては、当該バスが、二鹿地域も運行していることから、六呂師、二鹿の両辺地の総合整備計画に2分の1ずつを計上しております。二鹿辺地につきましては、後ほど議案第56号で説明させていただきます。

 なお、この総合整備計画に基づいて発行した辺地対策事業債につきましては、その元利償還金の80%が、地方交付税の基準財政需要額に措置されることとなっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第42議案第56号辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について



○議長(桑原敏幸君)  日程第42 議案第56号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第56号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について御説明いたします。

 本議案は、二鹿辺地の総合整備計画を変更するため、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第8項において準用する同条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 総合整備計画の変更内容は、先ほど議案第55号で御説明いたしました、二鹿地域にも運行しております、岩国市高齢者等過疎地域福祉バスの車両更新に係るへき地バス等購入費補助金を既存の計画に追加計上するものでございます。

 六呂師辺地の総合整備計画と同じく、事業計画期間は平成26年度の1年間で事業費1,200万円、辺地対策事業債1,100万円を予定しております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第43議案第57号いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の締結について



○議長(桑原敏幸君)  日程第43 議案第57号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第57号 いわくに消防防災センター新築建築工事請負契約の締結について御説明をいたします。

 愛宕山まちづくり区域におきましては、本市の医療・防災交流拠点としてまちづくりを進めており、このうち、いわくに消防防災センターは、医療・防災交流拠点の中核施設として、市内3カ所の消防庁舎を統合移転した施設や災害体験学習施設等を整備するもので、昨年度に実施した概略設計に引き続き、今年度、実施設計を完了しており、関連する工事の仮契約を締結している状況でございます。

 このうち、本議案は、庁舎及び車庫棟、訓練塔3棟、危険物倉庫などの附属棟の建築並びに屋外工事の工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、消費税及び地方消費税の額1億7,808万円を含めた予定価格24億408万円により入札を執行した結果、1共同企業体の入札参加者があり、いわくに消防防災センター新築建築工事 五洋建設・安本建設特定建設工事共同企業体が、消費税及び地方消費税の額1億7,752万円を含め、請負金額23億9,652万円で落札いたしましたので、同共同企業体と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 また、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年12月28日までといたしております。

 なお、平成25年度の歳出予算につきましては、平成25年3月市議会定例会及び9月市議会定例会におきまして、工事請負費を計上するとともに、債務負担行為につきましては、平成25年度から平成27年度までの3カ年の限度額を設定することについて、平成25年3月市議会定例会及び12月市議会定例会におきまして、御承認をいただいているところでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第44議案第58号いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の締結について



○議長(桑原敏幸君)  日程第44 議案第58号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第58号 いわくに消防防災センター新築電気設備工事請負契約の締結について御説明をいたします。

 本議案は、議案第57号 いわくに消防防災センター新築建築工事に関連する電気設備、受変電設備、動力設備、電灯設備、通信・情報設備の工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、消費税及び地方消費税の額3,632万円を含めた予定価格4億9,032万円により入札を執行した結果、1共同企業体の入札参加者があり、いわくに消防防災センター新築電気設備工事 中電工・エイムエンジニアリング特定建設工事共同企業体が、消費税及び地方消費税の額3,536万円を含め、請負金額4億7,736万円で落札をいたしましたので、同共同企業体と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年12月28日までといたしております。

 なお、平成25年度の歳出予算につきましては、平成25年3月市議会定例会及び9月市議会定例会におきまして、工事請負費を計上するとともに、債務負担行為につきましては、平成25年度から平成27年度までの3カ年の限度額を設定することについて、平成25年3月市議会定例会及び12月市議会定例会におきまして、御承認をいただいているところです。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第45議案第59号いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結について



○議長(桑原敏幸君)  日程第45 議案第59号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第59号 いわくに消防防災センター新築機械設備工事請負契約の締結について御説明をいたします。

 本議案は、議案第57号 いわくに消防防災センター新築建築工事に関連する機械設備、空調・換気設備、自動制御装置、給排水・ろ過設備、消火設備などの工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、消費税及び地方消費税の額4,682万4,000円を含めた予定価格6億3,212万4,000円により入札を執行した結果、3共同企業体の入札参加者のうち、いわくに消防防災センター新築機械設備工事 東洋熱工業・桐田商会特定建設共同企業体が、消費税及び地方消費税の額4,129万8,768円を含め、請負金額5億5,753万3,369円で落札いたしましたので、同共同企業体と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年12月28日までといたしております。

 なお、平成25年度の歳出予算につきましては、平成25年3月市議会定例会及び9月市議会定例会におきまして、工事請負費を計上するとともに、債務負担行為につきましては、平成25年度から平成27年度までの3カ年の限度額を設定することについて、平成25年3月市議会定例会及び12月市議会定例会におきまして、御承認をいただいているところでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  本件の契約の相手方に東洋熱工業株式会社がありますが、この東洋熱工業は、今回公取委の強制調査を受けた13社のうちの1社に入っておりますが、公取委は昨年9月から設備工事各社の独禁法違反容疑で強制調査をしておったわけですが、当局はそのことを察知しておられなかったのか、おったのか、その点についてまず1点お尋ねしたいのと、公取委の容疑が固まって、そして刑事告発する、そういう段階になったらこの契約はどういうふうになるのか、その後のことについてもお尋ねをいたします。



◎総務部長(杉岡匡君)  まず、1点目の御質疑でございますけれども、東洋熱工業さんにつきましては、1月の23日付で新聞報道がなされております。私どももその時点でそういった事実を把握したわけでございますが、それにつきましては、新聞報道ということでございますけれども、把握をしたという状況にございます。

 それから、本契約議案につきましては、現時点ではまだ捜査中ということでございまして、確定した内容がございません。これにつきましては、その内容が確定して、例えば会社の役員が逮捕されたり、刑事告発ということになりますと、岩国市の指名停止の対象にもなろうかと思いますので、仮契約ではございますけれども、その時点で本契約への移行ができなくなるという状態になります。



◆30番(大西明子君)  本契約ができない状況がもし起きたとき、そのときはどういう対応をして工事、その人対象にならないわけですから、再応募するんですか、それともその後の工事はどういうふうにするのか、その点についてもお尋ねいたします。



◎総務部長(杉岡匡君)  このたび御提案を申し上げて、議会最終日が3月の25日になろうかと思います。その時点で議決をいただきますと、本議案は仮契約議案から本契約へと移行していくわけでございますけれども、それまでの間にそういった指名停止の処分ということになりますと、この議案につきましては、本契約に移行ができないということになりますので、撤回をするというような形にもなろうかと思います。

 なお、議決をいただいた後につきましては、本契約への移行となりますことから、当然相手方として契約の内容を履行していただくということになります。状況としてはそういうことになっている。



○議長(桑原敏幸君)  ほかにありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第46議案第60号消防指令センター・消防救急デジタル無線整備工事請負契約の締結について



○議長(桑原敏幸君)  日程第46 議案第60号 消防指令センター・消防救急デジタル無線整備工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第60号 消防指令センター・消防救急デジタル無線整備工事請負契約の締結について御説明をいたします。

 本議案は、いわくに消防防災センターの整備にあわせて行う消防指令センター及び消防救急デジタル無線のシステム構築並びに関連する基地局の整備の工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、消費税及び地方消費税の額1億2,104万円を含めた予定価格16億3,404万円により入札を執行した結果、3社の入札参加者のうち、株式会社富士通ゼネラルが、消費税及び地方消費税の額7,544万円を含め、請負金額10億1,844万円で落札いたしましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 また、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成28年3月31日までといたしております。

 なお、平成25年度の歳出予算につきましては、平成25年3月市議会定例会及び9月市議会定例会におきまして、工事請負費を計上するとともに、債務負担行為につきましては、平成25年度から平成27年度までの3カ年の限度額を設定することについて、平成25年3月市議会定例会及び12月市議会定例会におきまして、御承認をいただいているところでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

 以上をもちまして、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。明2月27日から3月5日までの本会議は休会とし、次の本会議は3月6日に再開いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 本日はこれにて散会いたします。

午後3時1分 散会 

――――――――――――――――――――――――――――――

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                         岩国市議会議長  桑 原 敏 幸

                         岩国市議会議員  片 山 原 司

                         岩国市議会議員  石 本   崇

                         岩国市議会議員  植 野 正 則