議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 25年 第4回臨時会(11月) 11月15日−01号




平成 25年 第4回臨時会(11月) − 11月15日−01号









平成 25年 第4回臨時会(11月)


平成25年第4回岩国市議会臨時会会議録(第1号)
平成25年11月15日(金曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成25年11月15日(金曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│   件                           名   │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│報告第17号 公用車の事故に関する専決処分の報告について       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│報告第18号 公用車の事故に関する専決処分の報告について       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│報告第19号 公務上の事故に関する専決処分の報告について       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│常任委員の選任                            │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│議会運営委員の選任                          │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘
――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(31人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  31番 藤 重 建 治 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君  
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君  
――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員(1人)
  30番 大 西 明 子 君
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       政策審議官          村 田 光 洋 君
       総務部長           杉 岡 匡 君
       行政経営改革担当部長     上 田 義 典 君
       総合政策部長         中 岡 正 美 君
       基地政策担当部長       桑 原 健 二 君
       市民生活部長         赤 崎 忠 利 君
       危機管理監          平 岡 和 憲 君
       環境部長           土 井 寛 治 君
       健康福祉部長         藤 本 雅 亮 君
       地域医療担当部長       村 岡 一 男 君
       保険担当部長         松 林 美 子 君
       産業振興部長         村 田 弘 君
       農林水産担当部長       秋 村 宏 彦 君
       都市建設部長         松 村 知 樹 君
       拠点整備担当部長       中 岡 達 夫 君
       由宇総合支所長        山 本 昭 生 君
       玖珂総合支所長        氏 木 一 行 君
       本郷総合支所長        井 原 富 士 男 君
       周東総合支所長        武 安 由 博 君
       錦総合支所長         松 藤 幾 治 君
       美川総合支所長        杉 山 良 彦 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          小 田 修 司 君
       教育次長           多 谷 本 清 晴 君
       監査委員事務局長       原 田 淳 君
       農業委員会事務局長      清 光 辰 夫 君
       選挙管理委員会事務局長    米 本 宏 君
       交通局長           山 近 剛 君
       水道局副局長         高 田 博 昭 君
       消防担当部長         藤 本 博 己 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         木原宏
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           尾林正弘
       議事調査班長         鈴川芳智
       書記             林孝造
       書記             宮文男
       書記             渡部多津哉


――――――――――――――――――――――――――――――

午前10時 開会 



○議長(武田正之君)  所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。

これより平成25年第4回岩国市議会臨時会を開会いたします。

 なお、本臨時会に提出されます報告及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(武田正之君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、18番 細見正行君、20番 林 雅之君、21番 松本久次君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(武田正之君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

――――――――――――――――――――――――――――――

平成25年第4回岩国市議会臨時会会期日程

目 次月  日曜開 議備         考

第 111月15日金本会議開会

 報告 質疑 選任

                       閉会

――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(武田正之君)  お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日11月15日の1日といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日11月15日の1日と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3報告第17号公用車の事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第3 報告第17号 公用車の事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎産業振興部長(村田弘君)  報告第17号 公用車の事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年8月6日午後1時30分ころ、公用車が市道上市1号線を国道2号線方面に向けて走行中、岩国市玖珂町545番地11付近において、国道2号方面から走行してきた自転車と接触し、相手方の子の右前腕部と右膝を負傷させたものです。

 相手方の子の通院による治療が終了し、完治したのを確認した後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として5万4,992円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成25年10月22日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において全額対応するものです。

 交通事故の防止につきましては、今後とも最大限の努力をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4報告第18号公用車の事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第4 報告第18号 公用車の事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  報告第18号 公用車の事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年5月2日午前11時12分ころ、公用車が市道今津町6号線を岩国市役所方面に向けて走行中、岩国市今津町六丁目2番28号地先の交差点において、道路を横断しようとする高齢の歩行者を見かけ、ルームミラーにて横断を確認していたところ、前方に停車中の普通自動車に気づくのがおくれたため追突し、当該車両に同乗していた相手方を負傷させたものです。

 負傷に係る診断内容といたしましては、頚椎捻挫とのことであり、平成25年5月3日の治療開始から、平成25年9月30日までの間、95日の通院治療を行っておられます。

 車両の損傷に係る示談につきましては、さきの9月議会におきまして御報告いたしているとおり、既に成立しておりますが、このたび当該車両に同乗していた相手方の負傷に係る損害額を確定したため、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として127万4,079円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成25年10月31日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において全額対応するものです。

 交通事故の防止につきましては、今後とも最大限の努力をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5報告第19号公務上の事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第5 報告第19号 公務上の事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  報告第19号 公務上の事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年6月11日午前11時ごろ、岩国市立本郷歯科診療所において、医師が齲蝕の治療のため相手方の全部金属冠、これは、いわゆる虫歯治療のためかぶせた銀歯のことですが――を取り外したところ、当該取り外した全部金属冠が相手方の口腔内に落下し、誤飲したことから、岩国市立美和病院でCTによる検査を実施し、胃と十二指腸との境に誤飲した全部金属冠を確認しましたので、内視鏡により取り出そうとしましたが、取り除けなかったため、相手方が入院することになりました。

 翌日、相手方の排せつ物の中から誤飲した全部金属冠が発見されたことから、同日、退院されております。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として8万4,715円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成25年11月5日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、三井住友海上保険株式会社において全額対応するものです。

 診療中における事故の防止につきましては、今後とも最大限の努力をしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

 ここで暫時休憩いたします。

午前10時10分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午前11時16分 再開 



○副議長(縄田忠雄君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ここで、あらかじめ会議時間の延長をいたしておきます。

 議長の武田正之君から、議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(縄田忠雄君)  御異議なしと認めます。よって、議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6議長の辞職許可について



○副議長(縄田忠雄君)  日程第6 議長の辞職許可についてを議題といたします。

  〔武田正之議員除斥〕



○副議長(縄田忠雄君)  武田正之君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(縄田忠雄君)  御異議なしと認めます。よって、武田正之君の議長の辞職を許可することに決しました。

  〔武田正之議員入場〕



○副議長(縄田忠雄君)  ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。議長の選挙を日程に追加し、直ちに議長の選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(縄田忠雄君)  御異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7議長の選挙



○副議長(縄田忠雄君)  日程第7 これより議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法はいかがいたしましょうか。

  〔「投票」と呼ぶ者あり〕



○副議長(縄田忠雄君)  投票という発言がありますので、選挙の方法は投票といたします。

 議場の閉鎖を命じます。

  〔議場閉鎖〕



○副議長(縄田忠雄君)  ただいまの出席議員数は、私を含め31人であります。

 投票用紙を配付させます。

  〔投票用紙配付〕



○副議長(縄田忠雄君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(縄田忠雄君)  配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

  〔投票箱点検〕



○副議長(縄田忠雄君)  異状なしと認めます。

 ここで念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 なお、同姓の方がいらっしゃいますので、姓名まではっきりと記載してください。

 点呼を命じます。

  〔書記点呼〕



○副議長(縄田忠雄君)  投票漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(縄田忠雄君)  投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

  〔議場開鎖〕



○副議長(縄田忠雄君)  開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、本日の会議録署名議員を指名いたします。よって、18番 細見正行君、20番 林 雅之君、21番 松本久次君の立ち会いを願います。

  〔開票〕



○副議長(縄田忠雄君)  選挙の結果を報告いたします。

 投票総数31票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票31票、無効投票なし。有効投票中、桑原敏幸君19票、石原 真君6票、越澤二代さん4票、大西明子さん2票、以上のとおりであります。

この選挙の法定得票数は8票であります。よって、桑原敏幸君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました桑原敏幸君に、会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 ここで桑原敏幸君に御挨拶をお願いいたします。御登壇ください。



◎24番(桑原敏幸君)  議長就任に当たりまして一言御挨拶を申し上げたいと思います。

 昔から、議会と執行部は車の両輪と言われておりますが、今の岩国市、車の両輪の機能を発揮してないように思われます。といいますのも、市長は頻繁に上京され、防衛省、外務省、その他いろんな各方面を精力的に活動されておりますが、我々には、今、岩国市がどっちの方向に向いて走っているのか皆目見当がつきません。というのも、情報が全く議会のほうには入ってこないからであります。中には、マル秘で言えない情報もあるでしょうから、全ての情報を議会のほうに知らせてくれというのではありません。最低限度の情報は、議会のほうには提示してほしい。このことは市長に要望いたしておきます。小じゅうとみたいにせんないのが議長になったというて毛嫌いはしないようにしてください。市長を支持していく気持ちには変わりはありませんので、どうぞ御心配なく。

 次に、議会についてでありますが、最近、一般質問の中で、やや緊張感に薄い場面が見受けられます。多くの市民の方が、アイ・キャンを通じて傍聴されておりますので、このことも考慮していく必要があるんではないかと思っております。

 最後に、我々32名の議員、それぞれ考え方や意見は違いますが、岩国市を思う気持ちは一緒であります。お互い最大公約数を模索しながら、福田市長を中心に議会と執行部が一丸となって、日本で一番住みやすい岩国市を目指して頑張っていきましょう。

 いろいろと偉そうなことを言いましたが、1年間よろしくお願いいたします。(拍手)



○副議長(縄田忠雄君)  引き続いて、前議長の武田正之君から御挨拶がございます。御登壇ください。



◎23番(武田正之君)  それでは、一言御挨拶を申し上げます。1年間本当にお世話になりました。就任後、この1年間には、何といっても民間空港の再開、そして医療センターの開院、あるいはまた自衛隊の残留、さまざまなことがありました。これ皆、岩国市が大きな目標に向かって新たな1ページをつくったところであると思っております。

 今後とも、皆さんにおいては、私も含めて、岩国市の未来に向かって一生懸命それぞれに努力をしていかなくてはならないと私も思っております。どうかすばらしい――私はこの1年間に議長として大役を務めさせていただいたことに関して、皆様方に本当に感謝申し上げます。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(縄田忠雄君)  ここで議長と交代いたします。桑原議長、議長席にお着き願います。



○議長(桑原敏幸君) それでは、引き続き議事を続行いたします。

 副議長の縄田忠雄君から、副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。副議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8副議長の辞職許可について



○議長(桑原敏幸君) 日程第8 副議長の辞職許可についてを議題といたします。

  〔縄田忠雄議員除斥〕



○議長(桑原敏幸君) 縄田忠雄君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、縄田忠雄君の副議長の辞職を許可することに決しました。

  〔縄田忠雄議員入場〕



○議長(桑原敏幸君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。副議長の選挙を日程に追加し、直ちに副議長の選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第9副議長の選挙



○議長(桑原敏幸君) 日程第9 これより副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法はいかがいたしましょうか。

  〔「投票」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 投票という発言がありますので、選挙の方法は投票といたします。

 議場の閉鎖を命じます。

  〔議場閉鎖〕



○議長(桑原敏幸君) ただいまの出席議員数は、私を含め31人であります。

 投票用紙を配付させます。

  〔投票用紙配付〕



○議長(桑原敏幸君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

  〔投票箱点検〕



○議長(桑原敏幸君) 異状なしと認めます。

 ここで念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 なお、同姓の方がいらっしゃいますので、姓名まではっきりと記載してください。

 点呼を命じます。

  〔書記点呼〕



○議長(桑原敏幸君) 投票漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

  〔議場開鎖〕



○議長(桑原敏幸君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、本日の会議録署名議員を指名いたします。よって、18番 細見正行君、20番 林 雅之君、21番 松本久次君の立ち会いを願います。

  〔開票〕



○議長(桑原敏幸君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数31票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票29票、無効投票2票。有効投票中、前野弘明君17票、姫野敦子さん6票、越澤二代さん4票、山田泰之君2票、以上のとおりであります。

この選挙の法定得票数は8票であります。よって、前野弘明君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました前野弘明君に、会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

 ここで前野弘明君に御挨拶をお願いいたします。御登壇ください。



◎17番(前野弘明君)  ただいま副議長として新しいスタートをさせていただきました前野でございます。1年よろしくお願い申し上げます。

 11月8日には、あの台風30号というすごい勢いの大災害、ありました。災害があり、大恐慌のような経済あり、いろんな中でその大嵐の中を出帆した日本丸を、安倍さんがアベノミクスを掲げてスタートいたしましたが、本当に地方都市も、まさにそれに合わせてしっかりと発展しなくちゃいけないと思っております。

 くしくも、本日は11月15日、1955年に自由民主党が結成された日でございます。アジアの桃源郷を目指してすばらしい国をつくろうとした岸信介は、まさに新しいまた日本をこっからスタートさせようとしたことを思い起こさせます。同じように、今、安倍さんが、ちょうど岸首相のときにオリンピックを招致したように、同じように安倍さんがオリンピックを持ってこられました。同じような使命を抱いているものと思っております。果たしてその使命に合わせて、2020年というものを目標にしながら、日本自体が大きく動く中、地方都市岩国も本当に理想の自治体としてスタートしなくちゃいけないと、そういうふうに思っております。

 小さいながら頑張っていきたいと思いますので、どうぞ、皆様方よろしくお願い申し上げます。大義に立つ勇気の道は生涯の勝利を招くと、私の座右の銘であります。どうぞ1年間よろしくお願い申し上げます。(拍手)



○議長(桑原敏幸君) 私の挨拶より立派な挨拶されましてありがとうございます。引き続いて、前副議長の縄田忠雄君から御挨拶がございます。御登壇ください。



◎19番(縄田忠雄君)  それでは、一言御挨拶を申し上げます。皆様、1年間本当にありがとうございました。副議長として大変貴重な経験をさせていただきました。多忙な議長のかわりに、さまざまな場面にも出席をさせていただく機会がございました。

 特に、最近のことで印象に残っておりますのは、突然のことではありますけれども、友好橋の締結をしております中国杭州市への訪問でございます。杭州市の皆様の温かい歓迎を受け、毎年地道に続けておられる民間交流の成果を目の当たりにすることができました。今後とも、市勢発展並びに岩国市のさらなる発展のため、全力で頑張っていきたいと思っておりますので、引き続き、よろしくお願いをいたします。

 終わりに当たり、新議長、新副議長を初め、全ての議員の方々のさらなる御活躍を心から祈念いたしまして、私の御礼の御挨拶といたします。どうも本当にありがとうございました。(拍手)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第10常任委員の選任



○議長(桑原敏幸君) 日程第10 常任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員に、石原 真君、植野正則君、河本千代子さん、藤重建治君、藤本泰也君、前野弘明君、山田泰之君、渡 吉弘君。

 教育民生常任委員に、石本 崇君、大西明子さん、桑田勝弘君、武田正之君、豊中俊行君、姫野敦子さん、細見正行君、渡辺靖志君。

 経済常任委員に、味村憲征君、河合伸治君、貴船 斉君、重岡邦昭君、長 俊明君、坪田恵子さん、林 雅之君、渡辺和彦君。

 建設常任委員に、片岡勝則君、片山原司君、越澤二代さん、田村順玄君、縄田忠雄君、松本久次君、村中 洋君、そして私、桑原敏幸。

 以上のとおり指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、それぞれの常任委員に選任することに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第11議会運営委員の選任



○議長(桑原敏幸君) 日程第11 議会運営委員の選任を行います。

 お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、味村憲征君、石原 真君、植野正則君、河合伸治君、貴船 斉君、林 雅之君、藤重建治君、細見正行君、山田泰之君、渡辺靖志君。

以上のとおり指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしましたとおり、議会運営委員に選任することに決しました。

 ここで暫時休憩し、休憩中に各常任委員会及び議会運営委員会を開催していただき、正副委員長の互選をお願いいたします。

 なお、各常任委員会の開催場所は、総務常任委員会が委員会室、教育民生常任委員会が議会会議室、経済常任委員会が議会応接室1、建設常任委員会が正副議長応接室、以上のとおりいたします。

 また、議会運営委員会につきましては、全ての常任委員会が終了次第、委員会室で開催いたします。

 午後13時に御参集ください。

暫時休憩いたします。

午後0時4分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後2時   再開 



○議長(桑原敏幸君) それでは、休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ここで、各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の発表をいたします。

 総務常任委員長 藤本泰也君、副委員長 石原 真君。教育民生常任委員長 渡辺靖志君、副委員長 桑田勝弘君。経済常任委員長 渡辺和彦君、副委員長 長 俊明君。建設常任委員長 片岡勝則君、副委員長 越澤二代さん。議会運営委員長 河合伸治君、副委員長 山田泰之君。

以上のとおりであります。

 当局から議案第113号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについてが提出されております。

 お諮りいたします。この際、議案第113号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、本議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第12議案第113号岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについて



○議長(桑原敏幸君) 日程第12 議案第113号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(桑原敏幸君) 地方自治法第117条の規定により、31番 藤重建治君の退席を求めます。

  〔藤重建治議員除斥〕



○議長(桑原敏幸君) それでは、当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第113号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについて御説明します。

 本議案は、議員のうちから選任した監査委員が辞任されましたので、新たに藤重建治氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、提案するものであります。

 同氏の経歴等につきましては、お手元に配付してあります履歴書のとおりでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(桑原敏幸君) 本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、本議案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本議案を原案どおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、議案第113号は原案どおり可決されました。

  〔藤重建治議員入場〕



○議長(桑原敏幸君) ここでお諮りいたします。議会運営委員会特定事件の調査についてを緊急を要する事件と認め、この際日程に追加し、直ちに議題とすることにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会特定事件の調査についてを緊急を要する事件と認め、日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第13議会運営委員会特定事件の調査について



○議長(桑原敏幸君) 日程第13 議会運営委員会特定事件の調査についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(桑原敏幸君) 本件につきましては、お手元に配付しておりますとおり、議会運営委員長から閉会中の調査のための特定事件の申し出がありました。

 お諮りいたします。議会運営委員会の閉会中の特定事件の調査については、申し出のとおり付議することにして、御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会特定事件の調査については、申し出のとおり付議することに決しました。

 ここでお諮りいたします。本臨時会における議決事件の中で、字句、数字、その他の整理を必要とするものにつきましては、会議規則第43条の規定により、議長に一任していただきたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桑原敏幸君) 御異議なしと認め、さよう決しました。

 以上をもちまして、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 これにて、平成25年第4回岩国市議会臨時会を閉会いたします。

午後2時5分 閉会 

――――――――――――――――――――――――――――――

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                         岩国市議会議長  武 田 正 之

                         岩国市議会議長  桑 原 敏 幸

                         岩国市議会副議長 縄 田 忠 雄

                         岩国市議会議員  細 見 正 行

                         岩国市議会議員  林   雅 之

                         岩国市議会議員  松 本 久 次