議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 9年 第4回臨時会(5月) 05月20日−01号




平成 9年 第4回臨時会(5月) − 05月20日−01号









平成 9年 第4回臨時会(5月)


平成9年第4回岩国市議会臨時会会議録(第1号)
                             平成9年5月20日(火曜日)
    
議事日程(第1号)
          平成9年5月20日(火曜日)午前10時開議
┌───┬─────────────────────────────────────┐
│日 程│         件                 名         │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 1│会議録署名議員の指名                           │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 2│会期の決定                                │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 3│報告第 2号 平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第3号)の専決処分を報│
│   │       告し、承認を求めることについて               │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 4│報告第 3号 岩国市市税条例の一部を改正する条例の専決処分を報告し、承認を│
│   │       求めることについて                     │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 5│議案第63号 岩国市固定資産評価員の選任につき、議会の同意を得るについて │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 6│議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例            │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 7│議案第65号 損害賠償の額の決定について                 │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 8│議案第66号 損害賠償の額の決定について                 │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第 9│議案第67号 不動産の取得について                    │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第10│総務常任委員会審査報告                          │
│   │ 議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例           │
│   │建設常任委員会審査報告                          │
│   │ 議案第65号 損害賠償の額の決定について 等3件            │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第11│常任委員の選任                              │
├───┼─────────────────────────────────────┤
│第12│議会運営委員の選任                            │
└───┴─────────────────────────────────────┘

本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
    
出席議員(32人)
   1番 田 村 順 玄 君        17番 松 田 恭 輔 君
   2番 小 原   勝 君        18番 武 田 正 之 君
   3番 細 見 正 行 君        19番 板 野 正 道 君
   4番 岡 林 勝 美 君        20番 長 尾 光 之 君
   5番 久 米 慶 典 君        21番 熊 谷 宗 円 君
   6番 大 西 明 子 君        22番 笠 井 誠 一 君
   7番 縄 田 忠 雄 君        23番 高 橋 幸 弘 君
   8番 河 谷 慎 司 君        24番 田 辺 徳 郎 君
   9番 梶 本 良 俊 君        25番 長 井 静 登 君
  10番 橋 元 敦 子 君        26番 黒 田 耕 作 君
  11番 山 本 栄 次 君        27番 河 上 佳 生 君
  12番 渡   吉 弘 君        28番 江 本 彦 士 君
  13番 桑 原 敏 幸 君        29番 浅 井 繁 勝 君
  14番 本 田 嗣 郎 君        30番 前 野 弘 明 君
  15番 森   暁 正 君        31番 沖 本   旭 君
  16番 村 中   洋 君        32番 村 井 真 一 君
    
説明のため出席した者
       市長             貴 舩 悦 光 君
       助役             沖 本 佚 夫 君
       収入役            富 岡 麻 夫 君
       総務部長           松 永 正 義 君
       財政部長           宮 崎 晃 生 君
       建設部長           末 岡 久 明 君
       都市開発部長         松 本 勝 利 君

会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         周山正
       議事課長           池元幸信
       庶務課長           桐木茂邦
       議事課長補佐         市山忠行
       議事調査係長         沖啓治
       書記             竹中義博
       書記             桂健治


               午前10時21分 開会



○議長(河上佳生君) 所定の出席議員がありますので会議は成立いたしました。これより平成9年第4回岩国市議会臨時会を開会いたします。

 なお、本臨時会に提出されます議案等は、お手元に配付しておるとおりでございます。

 直ちに本日の会議を開きます。

    



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(河上佳生君) 日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、31番 沖本 旭君、32番 村井真一君、1番 田村順玄君を指名いたします。

    



△日程第2会期の決定



○議長(河上佳生君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。


平成9年第4回岩国市議会臨時会会期日程
┌──┬──────┬─┬───┬──────────────────────┐
│日次│ 月  日 │曜│開 議│     備           考    │
├──┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│  │      │ │   │開会                    │
│第1│ 5月20日│火│本会議│  議案等上程、説明、質疑、委員会付託、  │
│  │      │ │   │  委員長報告、質疑、討論、採決      │
│  │      │ │   │                    閉会│
└──┴──────┴─┴───┴──────────────────────┘




○議長(河上佳生君) お諮りいたします。本臨時会の会期は本日5月20日の1日間といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日5月20日の1日間と決しました。

    



△日程第3報告第2号平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第3号)の専決処分を報告し、承認を求めることについて



○議長(河上佳生君) 日程第3 報告第2号 平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第3号)の専決処分を報告し、承認を求めることについてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(河上佳生君) 当局の報告を求めます。



◎交通事業管理者(山本満治君) 報告第2号 平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第3号)の専決処分について御説明をいたします。

 今回の補正は、交通事業管理者の退職に伴い退職給与金に不足額が生じたため計上したものでございまして、地方自治法第179条第1項の規定に基づいて、平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第3号)を専決処分させていただいたものでございます。

 補正予算の内容は、第2条の資本的収入及び支出のうちの支出につきまして、退職金の不足額523万6,000円を計上いたしております。これに伴いまして、資本的収入額が資本的支出額に不足する額は末尾の参考資料「平成8年度交通事業会計補正予算(第3号)総括表」右側の資本的収入及び支出のとおり、既決予定額1億7,130万9,000円に補正予定額523万6,000円を加えた1億7,654万5,000円となります。

 この不足額につきましては、さきの3月市議会定例会において、平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第2号)で議決をしていただいております当年度分消費税資本的収支調整額301万5,000円、減債積立金3,260万円につきましては議決額に変更なく、過年度分損益勘定留保資金1億3,569万4,000円に、このたびの退職給与金の不足額523万6,000円を加えました1億4,093万円で補てんすることといたしております。

 以上で、平成8年度岩国市交通事業会計補正予算(第3号)の専決処分についての報告を終わります。よろしく御審議の上、御承認を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(河上佳生君) 本件に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件を報告どおり承認することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、報告第2号は報告どおり承認することに決しました。

    



△日程第4報告第3号岩国市市税条例の一部を改正する条例の専決処分を報告し、承認を求めることについて



○議長(河上佳生君) 日程第4 報告第3号 岩国市市税条例の一部を改正する条例の専決処分を報告し、承認を求めることについてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(河上佳生君) 当局の報告を求めます。



◎財政部長(宮崎晃生君) 報告第3号 岩国市市税条例の一部を改正する条例の専決処分について御報告いたします。

 地方税法の一部改正につきましては、平成9年3月21日、参議院本会議において可決、成立し、同月28日付で公布されました。

 今回の市税条例の一部改正は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律の施行に伴い、条文の整備をしたものでございます。

 その主なものといたしましては、まず第1点目として、平成6年秋の税制改革に伴う市町村の減収補てんのため、個人市民税及びたばこ税の税率の調整により、県から市への税源移譲を行うこと。2点目に、平成9年度の固定資産税の評価替えに伴いまして土地に係る税負担の調整措置を講じること、その他関連法令の改正により、軽自動車税、特別土地保有税の条文の整備をしたものでございます。お手元に参考として岩国市市税条例改正の要旨を添付しておりますので、御参照いただきたいと思います。

 まず、条例第21条の3第1項及び第38条の4につきましては、個人市民税の所得割の税率について規定したものですが、課税総所得金額700万円を超える部分に適用される税率が11%から12%に引き上げられたことに伴い、条文を整備したものであります。

 条例第96条は、たばこ税の税率を規定したもので、1,000本につき現行1,997円から2,434円に引き上げられたことに伴い、条文を整備したものであります。なお、旧三級品の紙巻たばこに係る税率を規定しております附則第16条の2につきましては、1,000本につき現行948円から1,155円に引き上げられたことに伴い、条文を整備しております。

 附則第5条の4及び附則第5条の5は、個人の市民税の所得割の特別減税を規定しておりますが、これについては景気が緩やかに回復を続けていることや国及び地方の財政的事情等を考慮して、平成9年度は実施しないことに伴い、規定を削除したものであります。

 附則第11条の2につきましては、固定資産税の評価額は基準年度の価格を3年間据え置くこととされていますが、平成10年度及び平成11年度においてさらに地価の下落が見られる場合には、簡易な方法により下落修正を加えることができる特別措置を講じたものであります。

 附則第12条第1項、第2項、第3項及び附則第12条の2は、宅地等に対して課する各年度分の固定資産税の特例について規定したもので、平成9年度の評価替えにおいて、宅地等の固定資産税の見直しを行い、平成9年度から平成11年度までの税負担を抑制しつつ負担水準の均衡化を図るとともに、あわせて地価の下落にも対応できるように条文を整備したものであります。

 附則第16条の4第1項は、土地の譲渡等に係る事業所得等に係る市民税の課税の特例を規定したもので、適用税率が現行8%から9%に引き上げられたことに伴い、条文を整備したものであります。

 附則第16条の5第1項は、超短期所有土地の譲渡等に係る事業所得等に係る市民税の課税の特例を規定したもので、適用税率が現行11%から12%に引き上げられたことに伴い、条文を整備したものであります。

 附則第18条第1項は、短期所有土地の譲渡等に係る個人の市民税の課税の特例を規定したもので、適用税率が現行8%から9%に引き上げられたことに伴い、条文を整備したものであります。

 改正附則では、施行期日や経過措置を規定しておりますが、改正附則第1条におきましては、この条例の施行期日を平成9年4月1日からと規定しております。ただし、条例第38条の4及び別表第1の改正規定並びに次条第2項の規定につきましては、平成10年1月1日以後に支払うべき退職手当等に係る所得割について適用することになります。

 改正附則第2条第1項、第3条、第4条、第5条、第6条につきましては、個人市民税、固定資産税、軽自動車税、市たばこ税、特別土地保有税に関する経過措置をそれぞれ規定したものであります。

 以上で、岩国市市税条例の一部を改正する条例の専決処分に関する説明を終わります。御承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(河上佳生君) 本件に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。



◎5番(久米慶典君) 報告第3号 岩国市市税条例の一部を改正する条例の専決処分を報告し、承認を求めることについて、日本共産党市議団を代表しまして反対の立場を表明し、討論をいたします。

 報告第3号は、本年度特別減税の廃止について条例中の規定を削減する内容を含んでおります。

その市民への影響額、負担増額は約3億5,000万円に及ぶことが明らかになっています。消費税の増税、医療制度の改悪など、市民生活を直撃する市民負担増が実施され、また実施されつつありますが、特別減税の廃止は景気の回復を求め、そして豊かな市民生活を求める市民の願いに背くものであります。容認できないことである。その旨申し上げ、反対の討論といたします。



○議長(河上佳生君) ほかにございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) ほかになければ討論を終結し、これより採決に入ります。御異議がありますので、起立により採決いたします。本件を報告どおり承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

  (賛成者起立)



○議長(河上佳生君) 起立多数であります。よって、報告第3号は報告どおり承認することに決しました。

    



△日程第5議案第63号岩国市固定資産評価員の選任につき、議会の同意を得るについて



○議長(河上佳生君) 日程第5 議案第63号 岩国市固定資産評価員の選任につき、議会の同意を得るについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(河上佳生君) 当局の説明を求めます。



◎市長(貴舩悦光君) 議案第63号 岩国市固定資産評価員の選任につき、議会の同意を得るについて、御説明申し上げます。

 固定資産評価員の吉岡武之氏が平成9年5月20日をもって退職されるため、本年4月1日の人事発令により新たに課税課長となった中村晃明を、後任の固定資産評価員に選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定により市議会の同意をいただくため提案するものでございます。

 よろしく御審議の上、御同意くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(河上佳生君) 本議案に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。議案第63号を原案どおり決することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、議案第63号は原案どおり可決されました。

    



△日程第6議案第64号岩国市手数料条例の一部を改正する条例



○議長(河上佳生君) 日程第6 議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(河上佳生君) 当局の説明を求めます。



◎総務部長(松永正義君) 議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 この条例は装港出張所で事務を行っております船員法関係の証明事務につきまして、その手数料の額を船員法施行規則により国が徴収する証明手数料の額に準じて改定するものでございます。

 よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(河上佳生君) 本議案に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別に質疑がなければ委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

    



△日程第7議案第65号損害賠償の額の決定について



○議長(河上佳生君) 日程第7 議案第65号 損害賠償の額の決定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(河上佳生君) 当局の説明を求めます。



◎建設部長(末岡久明君) 議案第65号 損害賠償の額の決定について提案理由の御説明をいたします。

 本件は、平成8年6月24日午後4時20分ごろ、岩国市装束町一丁目9番6号那須順子氏が運転する原動機付自転車が、岩国市装束町四丁目13番地先の市道装束町1号線を走行中、後方から来た軽トラックを避けようとして進路を変更したところ、道路の陥没箇所に前輪を落として転倒し、同氏が負傷したもので、午後4時20分ごろ道路課へ通報があり、職員2名が直ちに現地に赴き確認したものでございまして、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、損害賠償の額を定めるため提案するものでございます。

 なお、本件につきましては平成9年3月28日、市と当事者の間に仮示談が成立しており、その賠償の額は36万5,645円でございます。よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願いいたします。



○議長(河上佳生君) 本議案に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別に質疑がなければ委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

    



△日程第8議案第66号損害賠償の額の決定について



○議長(河上佳生君) 日程第8 議案第66号 損害賠償の額の決定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(河上佳生君) 当局の説明を求めます。



◎建設部長(末岡久明君) 議案第66号 損害賠償の額の決定について提案理由の御説明をいたします。

 本件は平成9年2月15日午後4時55分ごろ、岩国市南岩国町五丁目49番8号和泉武氏が運転する小型乗用車が岩国市南岩国町三丁目6番地先の市道南岩国町72号線を走行中、対向車と離合するため道路の左端に寄ったところ、集水桝の鋼板ぶたを巻き込み、同車両を破損したもので、道路課へ通報があり、職員3名が現地に赴き、和泉氏本人立ち会いの上、事故の状況を調査し確認したものでございまして、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、損害賠償の額を定めるため提案するものでございます。

 なお、本件につきましては平成9年4月3日、市と当事者の間に仮示談が成立しており、その賠償の額は8万2,525円でございます。

 今後かかる事故が発生しないように、道路の維持管理について十分注意し、対処してまいる所存でございます。よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願いいたします。



○議長(河上佳生君) 本議案に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別に質疑がなければ委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

    



△日程第9議案第67号不動産の取得について



○議長(河上佳生君) 日程第9 議案第67号 不動産の取得についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(河上佳生君) 当局の説明を求めます。



◎都市開発部長(松本勝利君) 議案第67号 不動産の取得についての提案理由を御説明いたします。

 本議案は岩国市立岩国西中学校用地として、岩国市土地開発公社から岩国市大字角地内の土地を取得するため、関係条例に基づいて提案するものでございます。

 当該用地は、現在の北河内、天尾、河内の3中学校の統合用地として計画し、地元関係者の御理解と御協力を得て、岩国市土地開発公社が取得造成を行ったものでございます。取得面積は2万1,713平方メートル、取得価格は造成費を含め7億2,055万6,253円でございます。

 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願いいたします。



○議長(河上佳生君) 本議案に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別に質疑がなければ委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩にし、休憩中に総務常任委員会及び建設常任委員会を開催していただき、ただいま付託いたしました議案の審査をお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

               午前10時44分 休憩

    

               午後 1時33分 再開



○議長(河上佳生君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

    



△日程第10総務常任委員会審査報告

         議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例

        建設常任委員会審査報告

         議案第65号 損害賠償の額の決定について 等3件



○議長(河上佳生君) 日程第10 総務常任委員会に付託いたしました議案第64号を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。



◎8番(河谷慎司君) それでは、総務常任委員会に付託されました事件について、審査した結果を御報告いたします。

 議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例

 本議案は、慎重審査の結果、原案妥当と認め可決すべきものと決定いたしました。

 それでは、審査の状況につきまして御報告申し上げます。

 議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例の審査におきまして、委員中より、国の制度改正が4月1日からであるのに、岩国市の実施期間を6月1日とする理由について質疑があり、当局より、自治省の財務局から地方税収の確保に努められたい。特に、使用料・手数料等で国において徴収基準が定められたものについては、その基準によって極力徴収されるように努められたいという通達があり、3月24日に国の制度改正の通知が届いたその時点で専決処分も検討したが、やはり議会において審議していただいて改正すべきであろうと考え、6月1日からの実施とさせていただくものであるとの答弁がありました。

 本議案は、討論において一部委員より、国の意向に従って値上げをするというのは、本来の地方自治体の姿ではない。市民生活を守る立場から反対との意見がありましたので、挙手により採決いたしました結果、賛成多数で可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、総務常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(河上佳生君) ただいまの委員長報告に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ質疑を終結し、これより討論に入ります。



◎5番(久米慶典君) ただいまの委員長報告に、日本共産党市議団を代表いたしまして反対の立場より討論をいたします。

 議案第64号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例は、事務証明手数料の値上げを行う内容であります。市当局におかれては値上げの理由として、船員法事務の証明手数料に準じて、国の指導に基づくことを挙げております。手数料の値上げは自治体固有の権利であります。ゆえに条例で定めているのであります。国が値上げを要望するからそれに従うというのは、本来の自治体の姿とはかけ離れたものではないでしょうか。市民生活は、本年度消費税増税などまれにみる負担増にさらされています。わずかの額であろうと根拠薄弱の手数料値上げは厳に慎むべきであることを申し上げ、討論といたします。



○議長(河上佳生君) ほかにございませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) ほかになければ討論を終結し、これより採決に入ります。御異議がありますので、起立により採決をいたします。議案第64号を委員長報告どおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

  (賛成者起立)



○議長(河上佳生君) 起立多数であります。よって、議案第64号は委員長報告どおり可決さました。

 次に、建設常任委員会に付託いたしました議案第65号等3件を一括議題といたします。

 委員長の報告を求めます。



◎2番(小原勝君) 建設常任委員会に付託されました事件につきまして、審査した結果を報告いたします。

 議案第65号 損害賠償の額の決定について

 議案第66号 損害賠償の額の決定について

 議案第67号 不動産の取得について

 以上3議案は慎重審査の結果、原案妥当と認め、可決すべきものと決定しました。

 なお、審査内容については、特に申し上げることはございません。

 以上で、建設常任委員会の審査報告を終わります。



○議長(河上佳生君) ただいまの委員長報告に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ質疑を終結し、これより討論に入ります。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本3議案を委員長報告どおり決することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河上佳生君) 御異議なしと認めます。よって、議案第65号、66号、67号、以上3議案は委員長報告どおり可決されました。

 ここであらかじめ会議時間の延長をいたしておきます。

 暫時休憩いたします。

               午後1時38分 休憩

    

               午後2時57分 再開



○副議長(山本栄次君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ただいま議長の河上佳生君から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(山本栄次君) 御異議なしと認めます。よって、議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

    



△日程第11議長の辞職許可について



○副議長(山本栄次君) 日程第11 議長の辞職許可についてを議題といたします。

 河上佳生君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(山本栄次君) 御異議なしと認めます。よって、河上佳生君の議長の辞職を許可することに決しました。

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。議長の選挙を日程に追加し、直ちに議長の選挙を行いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(山本栄次君) 御異議なしと認めます。よって、議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。

    



△日程第12議長の選挙



○副議長(山本栄次君) 日程第12 これより議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法はいかがいたしましょうか。

  (「投票」と呼ぶ者あり)



○副議長(山本栄次君) 投票という発言がありますので、選挙の方法は投票といたします。

 議場の閉鎖を命じます。

  (議場閉鎖)



○副議長(山本栄次君) ただいまの出席議員数は32人であります。投票用紙を配付いたさせます。

  (投票用紙配付)



○副議長(山本栄次君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(山本栄次君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

  (投票箱点検)



○副議長(山本栄次君) 異状なしと認めます。

 ここで念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いします。点呼を命じます。

  (書記点呼)



○副議長(山本栄次君) 投票漏れはありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(山本栄次君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

  (議場開鎖)



○副議長(山本栄次君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、21番 熊谷宗円君、26番 黒田耕作君、31番 沖本 旭君を指名いたします。よって、3人の諸君の立ち会いをお願いいたします。

  (開票)



○副議長(山本栄次君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数32票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。このうち有効投票32票、無効投票なし。有効投票中、岡林勝美君23票、熊谷宗円君6票、松田恭輔君3票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は8票であります。よって、岡林勝美君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました岡林勝美君に、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 ここで議長に当選されました岡林勝美君にごあいさつをお願いします。



◎27番(岡林勝美君) 一言ごあいさつ申し上げます。

 ただいまは議員各位の御支援と御推挙によりまして、市議会議長の要職に就任することになりました。この上もなく光栄に存じるとともに、その責任の重大さを痛感している次第でございます。皆様方の御推薦を受けました上は、岩国市の発展と市民福祉の向上に、また和を持って議会運営に当たられました河上前議長の後任として、議会の円滑な運営のために誠心誠意懸命の努力を傾注する所存でございます。

 何とぞ先輩、同僚議員の皆様方、貴舩市長を初めとする執行部各位は申すに及ばず、報道関係者各位におかれましても倍旧の御支援、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げます。まことに簡単ではございますが、議長就任のごあいさつとさせていただきます。(拍手)



○副議長(山本栄次君) 議長が決まりましたので議長と交代いたします。ありがとうございました。



○議長(岡林勝美君) ここで前議長の河上佳生君からごあいさつがございます。



◎4番(河上佳生君) 一言ごあいさつ申し上げます。

 昨年の5月20日に皆さんの御支援をいただきまして議長に就任いたしまして、今日まで1年間、私なりに議長としての職責を全うしてきたつもりでございます。しかしながら、いろいろと至らない点が多々ございまして、議員の皆さん、あるいは執行部の皆さんに多大の御迷惑をおかけしたことと思いますが、ここに改めて深くおわび申し上げます。

 議長をやめましても、議員として残りました2年間の任期を皆さんとともに岩国市政の発展のため、市民の幸せのために最大限の努力を傾注してまいりたいと思います。今後とも議員各位、また執行部の皆さん、報道関係の皆さん、変わらざる御交誼のほどよろしくお願い申し上げます。

 一言お礼の言葉とごあいさつにかえさせていただきます。どうもいろいろありがとうございました。(拍手)



○議長(岡林勝美君) ただいま副議長の山本栄次君から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。副議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

    



△日程第13副議長の辞職許可について



○議長(岡林勝美君) 日程第13 副議長の辞職許可についてを議題といたします。

 山本栄次君の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、山本栄次君の副議長の辞職を許可することに決しました。

 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。副議長の選挙を日程に追加し、直ちに副議長の選挙を行いたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決しました。

    



△日程第14副議長の選挙



○議長(岡林勝美君) 日程第14 これより副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。選挙の方法はいかがいたしましょうか。

  (「投票」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 投票という発言がありますので、選挙の方法は投票といたします。

 議場の閉鎖を命じます。

  (議場閉鎖)



○議長(岡林勝美君) ただいまの出席議員数は32人であります。投票用紙を配付いたさせます。

  (投票用紙配付)



○議長(岡林勝美君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

  (投票箱点検)



○議長(岡林勝美君) 異状なしと認めます。

 ここで念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いします。点呼を命じます。

  (書記点呼)



○議長(岡林勝美君) 投票漏れはありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

  (議場開鎖)



○議長(岡林勝美君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、21番 熊谷宗円君、26番 黒田耕作君、31番 沖本 旭君を指名いたします。よって、3人の諸君の立ち会いをお願いいたします。

  (開票)



○議長(岡林勝美君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数32票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。このうち有効投票32票、無効投票なし。有効投票中、本田嗣郎君22票、村井真一君6票、大西明子君3票、江本彦士君1票、以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は8票であります。よって、本田嗣郎君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました本田嗣郎君に、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 ここで副議長に当選されました本田嗣郎君にごあいさつを願います。



◎14番(本田嗣郎君) ただいま皆様方の温かい御支持をいただき、副議長という栄職につかさせていただくことになりました。この上もなく光栄に存じます。重責に身の引き締まる思いがいたしております。私は経験も浅く、山本前副議長のように立派に職責を果たせるか否か、心中密かに不安を感じているところであります。岡林議長と力を合わせ、議会が公正、公平に運営されるよう一生懸命努力したいと思います。

 どうかよろしく御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○議長(岡林勝美君) 引き続いて前副議長の山本栄次君からごあいさつがございます。



◎11番(山本栄次君) この1年間皆さんに支えられ、また河上議長とともに一生懸命取り組まさせていただいたのも、またきょうまでこうして大過なく任務を全うすることができましたのも、各議員並びに執行部の皆さんのお力だと心から感謝申し上げます。

 いずれにせよ、新議長、副議長のもとで、私どもも一生懸命岩国市政発展のために頑張ってまいりたいと、このように思います。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(岡林勝美君) ここでお諮りいたします。議席の一部変更についてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、議席の一部変更についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

    



△日程第15議席の一部変更について



○議長(岡林勝美君) 日程第15 議席の一部変更についてを議題といたします。

 4番 河上佳生君を27番議席に、私、岡林を4番議席に変更することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま申し上げましたとおり議席の一部を変更することに決しました。

 ただいま決定をいたしました議席に直ちにおかわりくださいますようお願いいたします。

    



△日程第16常任委員の選任



○議長(岡林勝美君) 日程第16 常任委員の選任を行います。

 お諮りいたします。常任委員の選任については委員会条例第8条第1項の規定により、総務常任委員に笠井誠一君、河谷慎司君、桑原敏幸君、長井静登君、長尾光之君、松田恭輔君、村井真一君、森 暁正君。教育民生常任委員に江本彦士君、沖本 旭君、梶本良俊君、久米慶典君、田辺徳郎君、田村順玄君、橋元敦子君、渡 吉弘君。経済常任委員に浅井繁勝君、熊谷宗円君、黒田耕作君、小原 勝君、武田正之君、前野弘明君、山本栄次君、それに私、岡林でございます。建設常任委員に板野正道君、大西明子君、河上佳生君、高橋幸弘君、縄田忠雄君、細見正行君、本田嗣郎君、村中 洋君。以上のとおり指名いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしましたとおり、それぞれの常任委員に選任することに決しました。

 ここで暫時休憩にし、休憩中に各常任委員会を開催していただき、正副委員長の互選をお願いいたします。

 暫時休憩いたします。

               午後3時39分 休憩

    

               午後4時25分 再開



○議長(岡林勝美君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ここで、各常任委員会の正副委員長の発表をいたします。総務常任委員長 河谷慎司君、副委員長 森 暁正君。教育民生常任委員長 渡 吉弘君、副委員長 田村順玄君。経済常任委員長前野弘明君、副委員長 武田正之君。建設常任委員長 高橋幸弘君、副委員長 細見正行君。以上のとおりであります。

    



△日程第17議会運営委員の選任



○議長(岡林勝美君) 日程第17 議会運営委員の選任を行います。

 お諮りいたします。議会運営委員の選任については委員会条例第8条第1項の規定により、浅井繁勝君、大西明子君、沖本 旭君、笠井誠一君、河谷慎司君、熊谷宗円君、黒田耕作君、高橋幸弘君、前野弘明君、渡 吉弘君。以上のとおり指名いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしましたとおり、議会運営委員に選任することに決しました。

 ここで暫時休憩にし、休憩中に議会運営委員会を開催していただき、正副委員長の互選をお願いいたします。暫時休憩いたします。

               午後4時27分 休憩

    

               午後5時26分 再開



○議長(岡林勝美君) 休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ここで議会運営委員会の正副委員長の発表をいたします。議会運営委員長 黒田耕作君、副委員長 笠井誠一君。以上のとおりであります。



○議長(岡林勝美君) ここで、議案第68号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについてが提出されました。

 お諮りいたします。ただいま提出されました議案第68号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、本議案を日程に追加し、直ちに議題とすることに決しました。

    



△日程第18議案第68号岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについて



○議長(岡林勝美君) 日程第18 議案第68号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(岡林勝美君) 当局の説明を求めます。



◎市長(貴舩悦光君) 議案第68号 岩国市監査委員の選任につき、議会の同意を得るについて御説明いたします。

 議員のうちから選任した監査委員が本日をもって辞任されましたので、新たに選任するため、地方自治法第196条第1項の規定に基づきまして、市議会の同意をいただきたく提案するものであります。

 新委員には浅井繁勝氏を選任いたしたいと存じますので、何とぞ御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡林勝美君) 本議案に質疑はありませんか。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託は省略することにして御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本議案を原案どおり決することに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認めます。よって、議案第68号は原案どおり可決されました。

 ここでお諮りいたします。本臨時会における議決事件の中で、字句、数字、その他整理を必要とするものにつきましては、会議規則第43条の規定により、議長に一任していただきたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡林勝美君) 御異議なしと認め、さよう決しました。

 以上をもちまして本日の議事日程はすべて終了いたしました。これにて平成9年第4回岩国市議会臨時会を閉会いたします。

                午後5時29分 閉会

    

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



                       岩国市議会議長    河 上 佳 生



                       岩国市議会議長    岡 林 勝 美



                       岩国市議会副議長   山 本 栄 次

                       岩国市議会議員    沖 本   旭



                       岩国市議会議員    村 井 真 一



                       岩国市議会議員    田 村 順 玄