議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 25年 第3回定例会(9月) 09月03日−01号




平成 25年 第3回定例会(9月) − 09月03日−01号









平成 25年 第3回定例会(9月)


平成25年第3回岩国市議会定例会会議録(第1号)
平成25年9月3日(火曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成25年9月3日(火曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│   件                           名   │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│諸般の報告                              │   │
│   │1 岩国市土地開発公社の経営状況について               │   │
│   │2 財団法人岩国市施設管理公社の経営状況について           │   │
│   │3 社団法人みどりの玖珂町振興公社の経営状況について         │   │
│   │4 一般財団法人玖珂町体育施設等管理協会の経営状況について      │   │
│   │5 財団法人岩国市周東文化振興財団の経営状況について         │   │
│   │6 株式会社周東町農業開発センターの経営状況について         │   │
│   │7 美川開発株式会社の経営状況について                │   │
│   │8 いわくにバス株式会社の経営状況について              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│監査報告第11号 平成25年度第1回定期監査の結果に関する報告について│   │
│   │監査報告第12号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第13号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第14号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│報告第 11号 公用車の事故に関する専決処分の報告について      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│報告第 12号 市道における事故に関する専決処分の報告について    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│報告第 13号 公用車の事故に関する専決処分の報告について      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 8│報告第 14号 平成24年度財政の健全化判断比率等の報告について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 9│報告第 15号 岩国市市場事業経営健全化計画の完了の報告について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第10│報告第 16号 平成24年度教育委員会の点検及び評価について     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第11│認定第  1号 平成24年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定について │   │
│   │認定第  2号 平成24年度岩国市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認│   │
│   │        定について                      │   │
│   │認定第  3号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の│   │
│   │        認定について                     │   │
│   │認定第  4号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認│   │
│   │        定について                      │   │
│   │認定第  5号 平成24年度岩国市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定に│   │
│   │        ついて                        │   │
│   │認定第  6号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認│   │
│   │        定について                      │   │
│   │認定第  7号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算│   │
│   │        の認定について                    │   │
│   │認定第  8号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入│   │
│   │        歳出決算の認定について                │   │
│   │認定第  9号 平成24年度岩国市周東食肉センター事業特別会計歳入歳出│   │
│   │        決算の認定について                  │   │
│   │認定第 10号 平成24年度岩国市観光施設運営事業特別会計歳入歳出決算│   │
│   │        の認定について                    │   │
│   │認定第 11号 平成24年度錦帯橋管理特別会計歳入歳出決算の認定につい│   │
│   │        て                          │   │
│   │認定第 12号 平成24年度岩国市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定に│   │
│   │        ついて                        │   │
│   │認定第 13号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の│   │
│   │        認定について                     │   │
│   │認定第 14号 平成24年度岩国市小規模下水道事業特別会計歳入歳出決算│   │
│   │        の認定について                    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第12│認定第 15号 平成24年度岩国市交通事業会計決算の認定について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第13│認定第 16号 平成24年度岩国市水道事業会計決算の認定について   │   │
│   │認定第 17号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計決算の認定について│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第14│認定第 18号 平成24年度岩国市病院事業会計決算の認定について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第15│議案第 92号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第1号)     │   │
│   │議案第 93号 平成25年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算   │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第 94号 平成25年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算    │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第 95号 平成25年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第1号) │   │
│   │議案第 96号 平成25年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算    │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第 97号 平成25年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算  │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第 98号 平成25年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計補正│   │
│   │        予算(第1号)                    │   │
│   │議案第 99号 平成25年度岩国市観光施設運営事業特別会計補正予算  │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第100号 平成25年度錦帯橋管理特別会計補正予算(第1号)   │   │
│   │議案第101号 平成25年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算   │   │
│   │        (第1号)                      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第16│議案第102号 岩国市交通局の分営化に係る職員の退職手当の特例に関する│   │
│   │        条例                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第17│議案第103号 岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第18│議案第104号 岩国市営住宅条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第19│議案第105号 岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第20│議案第106号 防災行政無線同報系子局等整備工事(周東地区)請負契約の│   │
│   │        締結について                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第21│議案第107号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の│   │
│   │        締結について                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第22│議案第108号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定 │   │
│   │        (その2)の締結について               │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第23│議案第109号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定 │   │
│   │        (その3)の締結について               │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第24│議案第110号 不動産の取得について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第25│議案第111号 調停の申立てをすることについて            │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第26│議案第112号 字の区域の変更について                │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘
――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(31人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  31番 藤 重 建 治 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君               
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君               
――――――――――――――――――――――――――――――
欠席議員(1人)
  30番 大 西 明 子 君
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       政策審議官          村 田 光 洋 君
       総務部長           杉 岡 匡 君
       行政経営改革担当部長     上 田 義 典 君
       総合政策部長         中 岡 正 美 君
       基地政策担当部長       桑 原 健 二 君
       市民生活部長         赤 崎 忠 利 君
       危機管理監          平 岡 和 憲 君
       環境部長           土 井 寛 治 君
       健康福祉部長         藤 本 雅 亮 君
       地域医療担当部長       村 岡 一 男 君
       保険担当部長         松 林 美 子 君
       産業振興部長         村 田 弘 君
       農林水産担当部長       秋 村 宏 彦 君
       都市建設部長         松 村 知 樹 君
       拠点整備担当部長       中 岡 達 夫 君
       由宇総合支所長        山 本 昭 生 君
       玖珂総合支所長        氏 木 一 行 君
       本郷総合支所長        井 原 富 士 男 君
       周東総合支所長        武 安 由 博 君
       錦総合支所長         松 藤 幾 治 君
       美川総合支所長        杉 山 良 彦 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          小 田 修 司 君
       教育次長           多 谷 本 清 晴 君
       監査委員事務局長       原 田 淳 君
       農業委員会事務局長      清 光 辰 夫 君
       選挙管理委員会事務局長    米 本 宏 君
       交通局長           山 近 剛 君
       水道局副局長         高 田 博 昭 君
       消防担当部長         藤 本 博 己 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         木原宏
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           尾林正弘
       議事調査班長         鈴川芳智
       書記             林孝造
       書記             宮文男
       書記             渡部多津哉


――――――――――――――――――――――――――――――

午前10時 開会 



○議長(武田正之君)  所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。

これより平成25年第3回岩国市議会定例会を開会いたします。

 なお、今期定例会に提出されます議案等及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(武田正之君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、32番 渡辺和彦君、1番 桑田勝弘君、2番 河合伸治君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(武田正之君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

――――――――――――――――――――――――――――――

平成25年第3回岩国市議会定例会会期日程


┌──┬──────┬─┬───┬────────────────────────┐
│目次│ 月  日 │曜│開 議│     備           考      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第1│ 9月 3日│火│本会議│開会 議案等上程 説明 質疑 委員会付託    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第2│ 9月 4日│水│   │─┐   *一般質問通告受付  8時30分   │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第3│ 9月 5日│木│   │ │   *一般質問通告締切  正午      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第4│ 9月 6日│金│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第5│ 9月 7日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第6│ 9月 8日│日│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第7│ 9月 9日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第8│ 9月10日│火│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第9│ 9月11日│水│本会議│一般質問                    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第10│ 9月12日│木│本会議│一般質問                    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第11│ 9月13日│金│本会議│一般質問                    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第12│ 9月14日│土│   │─┐                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第13│ 9月15日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第14│ 9月16日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第15│ 9月17日│火│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第16│ 9月18日│水│   │ │     10時 経済常任委員会      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第17│ 9月19日│木│   │ │     10時 教育民生常任委員会    │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第18│ 9月20日│金│   │ │     10時 建設常任委員会      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第19│ 9月21日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第20│ 9月22日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第21│ 9月23日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第22│ 9月24日│火│   │ │     10時 総務常任委員会      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第23│ 9月25日│水│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第24│ 9月26日│木│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第25│ 9月27日│金│本会議│委員長報告 質疑 討論 採決 閉会       │
└──┴──────┴─┴───┴────────────────────────┘


――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(武田正之君)  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月27日までの25日間といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から9月27日までの25日間と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3諸般の報告



○議長(武田正之君)  日程第3 諸般の報告。

 岩国市土地開発公社の経営状況について、財団法人岩国市施設管理公社の経営状況について、社団法人みどりの玖珂町振興公社の経営状況について、一般財団法人玖珂町体育施設等管理協会の経営状況について、財団法人岩国市周東文化振興財団の経営状況について、株式会社周東町農業開発センターの経営状況について、美川開発株式会社の経営状況について、いわくにバス株式会社の経営状況について、以上8件については、地方自治法第243条の3第2項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、経営状況を説明する書類の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4監査報告第11号平成25年度第1回定期監査の結果に関する報告について

       監査報告第12号 例月出納検査の結果に関する報告について 

       監査報告第13号 例月出納検査の結果に関する報告について 

       監査報告第14号 例月出納検査の結果に関する報告について 



○議長(武田正之君)  日程第4 監査報告第11号 平成25年度第1回定期監査の結果に関する報告について、監査報告第12号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第13号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第14号 例月出納検査の結果に関する報告について、以上4件については、地方自治法第199条第9項及び第235条の2第3項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、監査及び検査の結果に関する報告の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5報告第11号公用車の事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第5 報告第11号 公用車の事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  報告第11号 公用車の事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年5月2日午前11時12分ごろ、公用車が市道今津町6号線を岩国市役所方面に向けて走行中、岩国市今津町六丁目2番28号地先の交差点において、道路を横断しようとする高齢の歩行者を見かけ、ルームミラーにて横断を確認していたところ、前方に停車中の普通自動車に気づくのがおくれたため追突し、相手方車両の後部を損傷したものです。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として54万円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成25年6月25日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において、全額対応するものでございます。

 また、本件事故により、相手方車両の同乗者が負傷しておりますが、現在この同乗者が通院中であるため、治療が終わり、損害額が確定した後に、この同乗者と示談を行う予定としております。

 交通事故の防止につきましては、今後とも最大限の努力をしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6報告第12号市道における事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第6 報告第12号 市道における事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  報告第12号 市道における事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年2月11日午後5時ごろ、岩国市由宇町南沖三丁目9番6号付近の市道由東12号線において、相手方の軽自動車が、前方に駐車してあった軽自動車を避けるため市道右側側溝の鉄ぶたの上を走行した際、鉄ぶたが前方にずれたため、相手方車両の運転席側前輪が側溝に落ち、当該車両の前側下部を損傷したものです。

 その後、軽自動車の所有者、運転者等と示談交渉を行った結果、市側が90%の過失となり、市から運転者へ損害賠償金として9万9,522円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成25年6月25日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において、全額対応するものです。

 今後、このような事故が発生しないよう、市道の適正な維持管理に一層努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7報告第13号公用車の事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第7 報告第13号 公用車の事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  報告第13号 公用車の事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成25年7月16日午後2時48分ごろ、岩国市本郷ごみ処理場で可燃ごみを積んだ本市のじんかい車が、県道岩国美和線の岩国市美和町渋前1730番地3付近を走行中、対向車線を走行してきた普通自動車が、道路に面する駐車場に進入するために突如右折し、公用車の目前を横切ろうとしたため、公用車が急ブレーキをかけたが間に合わず、相手方車両に接触し、公用車の左側前部及び相手方車両の左側後部を損傷したものです。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が5%の過失となり、相手方へ損害賠償金として9,000円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成25年8月9日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において、全額対応するものです。

 交通事故の防止につきましては、今後とも最大限の努力をしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8報告第14号平成24年度財政の健全化判断比率等の報告について



○議長(武田正之君)  日程第8 報告第14号 平成24年度財政の健全化判断比率等の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  報告第14号 平成24年度財政の健全化判断比率等の報告について御説明いたします。

 本報告は、地方公共団体の財政の早期健全化及び財政の再生並びに公営企業の経営の健全化を目的とした地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率の四つの健全化判断比率並びに公営企業会計を対象とした資金不足比率について、監査委員の意見を付して市議会に報告するものでございます。

 健全化判断比率につきましては、早期健全化基準及び財政再生基準が定められ、資金不足比率につきましては、経営健全化基準が定められており、健全化判断比率が基準以上になった場合は、財政健全化計画または財政再生計画の策定が義務づけられ、資金不足比率が基準以上になった場合は、経営健全化計画の策定が義務づけられております。

 それでは、健全化判断比率について御説明いたします。

 実質赤字比率は、一般会計等の実質赤字額の標準財政規模に対する割合で、早期健全化基準は11.53%、財政再生基準は20%となっております。平成24年度決算は、黒字であることから実質赤字比率は生じておりません。

 連結実質赤字比率は、一般会計と全ての特別会計の実質収支を連結した実質赤字額の標準財政規模に対する割合で、早期健全化基準は16.53%、財政再生基準は30%となっております。平成24年度決算は、連結実質収支は黒字であることから連結実質赤字比率は生じておりません。

 実質公債費比率は、一般会計等が負担する元利償還金及び準元利償還金の標準財政規模に対する割合で、3カ年の平均値で算定されます。早期健全化基準は25%、財政再生基準は35%となっております。平成24年度決算は14.3%で、前年度より1.4ポイント下がっております。

 将来負担比率は、一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する割合で、早期健全化基準は350%で、財政再生基準は定められておりません。平成24年度決算は62.4%で、前年度より18.3ポイント下がっております。

 次に、公営企業における資金不足比率について御説明いたします。

 資金不足比率は、公営企業の事業規模である営業収益に対する公営企業会計の資金不足額の割合で、経営健全化基準は20%となっております。平成24年度決算は、市場事業特別会計の赤字解消が終了いたしましたので、12会計全ての会計において、資金不足比率は生じておりません。

 以上で、平成24年度財政の健全化判断比率等の報告を終わります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第9報告第15号岩国市市場事業経営健全化計画の完了の報告について



○議長(武田正之君)  日程第9 報告第15号 岩国市市場事業経営健全化計画の完了の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎産業振興部長(村田弘君)  報告第15号 岩国市市場事業経営健全化計画の完了の報告について御説明いたします。

 本報告は、地方公共団体の財政の健全化及び財政の再生並びに公営企業の経営の健全化を目的とした地方公共団体の財政の健全化に関する法律第23条の規定に基づき、平成21年度に策定し、平成22年3月市議会で議決をいただきました岩国市市場事業経営健全化計画について、平成24年度決算をもって本計画による岩国市市場事業の経営の健全化が完了いたしましたので、同法27条第6項において準用する同条第1項の規定により、平成24年度の実施状況の報告及び今後の経営の方針とともに、市議会へ本計画の完了を報告するものでございます。

 それでは、まず経営健全化計画の平成24年度実施状況について御説明いたします。

 「第1 計画と具体的な措置の状況」でございますが、経営健全化計画の中で定めた資金不足比率を経営健全化基準未満とするための方策とその実施状況について、料金その他の収入に関する事項、費用の削減に関する事項、一般会計からの繰入金に関する事項、経営基盤強化に関する事項の4項目についてそれぞれ記載しております。

 次に、「第2 資金不足額解消の状況」ですが、この表は、計画初年度の前年度に当たります、平成20年度における資金不足額、いわゆる赤字額であります23億787万6,000円を、計画初年度の平成21年度から計画完了年度の平成25年度までの5年間で解消するための年次計画と、それに対する解消実績額及び資金不足額の推移をあらわしたものでございます。

 まず、平成21年度から平成23年度までの実績につきましては、それぞれ各年度の翌年の9月市議会におきまして御報告申し上げておりますが、表に記載しておりますように、平成21年度及び平成22年度は、両年度とも維持管理費等の経常経費の削減によりまして、若干当初計画を上回る解消実績となっております。また、平成23年度につきましては、市が山口県との間で、三笠町一丁目の旧市場跡地と交換により取得し、一時的に駐車場として利用しておりました麻里布町三丁目の旧山口県岩国総合庁舎跡地の売却益相当分を計画に上乗せして繰り入れましたことから、資金不足額は当初計画よりも大幅に解消することとなりました。

 このたび御報告いたします平成24年度につきましては、先ほど申し上げました平成23年度の資金不足額が当初計画より大きく減少したことを受けまして、当初計画の4億7,215万6,000円に対し2億944万4,000円を解消いたしましたことから、計画完了年度の平成25年度より1年早い平成24年度の決算をもって、資金不足額が解消されることとなっております。

 次に、「第3 資金不足比率の状況」ですが、これは各年度における営業収益に対する資金不足額の比率のことでございまして、この数値が、平成20年度の決算において1,492.8%となり、国の定める経営健全化基準の20%を大きく超えておりましたことから、経営健全化計画を策定したものでございます。

 この表は、平成20年度の資金不足比率が、平成25年度の計画完了までに、資金不足額の解消に伴ってどのように推移していくかをあらわしております。

 平成24年度における資金不足比率は、当初計画では334.9%としておりましたが、表の備考に示しておりますように、比率を算定する上で分子となります資金不足額がゼロ円となりましたことから、当初計画を334.9ポイント上回りますと同時に、ゼロ%となっております。

 先ほど「第2 資金不足額解消の状況」で申し上げましたが、資金不足額が、計画完了年度の平成25年度より1年早い平成24年度でゼロ円となりましたので、これに伴いまして、平成24年度の資金不足比率も、同様に1年早くゼロ%となったものでございます。

 続きまして、「第4 その他経営の健全化に必要な事項の措置の状況」について御説明いたします。

 当初の計画では、平成25年度を計画完了年度としておりましたが、先ほどから申し上げておりますとおり、平成24年度の決算を受けまして、計画よりも1年早く資金不足額を解消することになりました。

 これに伴いまして、平成25年度以降、資金不足額の解消を目的とした一般会計からの補填はなくなりますが、平成28年度までは地方債の償還が残りますことから、平成27年度まで収支の均衡を図るために一般会計からの繰り入れを予定していること、既に老朽化しております設備等につきまして、計画的に更新していくための基本計画を策定すること、あるいは、より効率的な市場運営を図るために、今後指定管理者制度の導入を含む民間的な経営手法についての調査・研究を進めていくことについて記載しております。

 以上、平成24年度の決算に基づく岩国市市場事業経営健全化計画の実施状況でございます。

 最後に、本計画の完了に当たりましての、今後の公営企業の経営の方針について御説明いたします。

 「第1 健全な経営の確保に関する事項」といたしましては、収入の増加に関する事項、支出の削減に関する事項、その他の3項目について、今後、健全な経営を確保していく方策について、それぞれ記載しております。

 収入の増加に関する事項では、市場経由率の向上、あるいは未利用地の有効活用や空き店舗の解消による使用料収入の増収を図ること、また地方債償還等に係る繰入金を確保していくこととしております。

 支出の削減に関する事項では、平成18年度以降に削減してきた現在の経常経費の規模を今後も維持し、経費削減に努めること、あるいは老朽化により修繕費のかさむ冷蔵・冷凍、空調等の設備を計画的に更新することで、維持管理費を削減していくこととしております。

 その他におきましては、今後必要となる老朽設備の更新に向けた財源確保のための研究や検討を行うこと、また市場事業を維持していくための使用料単価の見直しを資金不足額が生じない範囲内で行っていくことについて記載しております。

 次に、「第2 その他公営企業の経営の合理化に関する事項」でございますが、今後、より効率的な市場運営を図るため、指定管理者制度を初めとした民間的経営手法の導入など、経営の抜本的な改革についての研究や検討を行うこととしております。

 以上、平成24年度決算に基づく岩国市市場事業経営健全化計画の完了の報告を終わります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。



◆22番(味村憲征君)  では二、三お伺い――質疑をしたいと思います。

 空き店舗等の有効活用の件で、25年1月から関連事業者として量販店1社が新たに入場するとありましたけども、量販店名と、関連事業者とはどういうことなのか。

 それと経営アドバイザーに市場内の業者の経営状況を把握して、財務内容の分析を依頼し、経営相談体制を整えるということですけど、具体的に経営基盤の強化を図っていると言われていますので、具体的にどういうことを図っているのか、以上、お伺いします。



◎産業振興部長(村田弘君)  まず、空き店舗の状況でございますけども、平成20年度以降、1卸、それから3関連業者が撤退しております。平成24年の1月に中央フードさん――固有名詞出してはいけなかったんか――が新たに入居しておる状況でございます。

 それから、アドバイザーにつきましては、平成22年から委託いたしまして、市場関係者の経営状況等々を決算、企業の決算に伴うアドバイス等々を行いまして、経営の健全化、企業の、事業者の経営の支援をしているという状況でございます。以上でございます。



○議長(武田正之君)  22番 味村議員、再度、今の質疑の内容が村田部長のほうに十分に伝わってないと思いますので、質疑を明確にしてください。



◆22番(味村憲征君)  これ1回目でいいですね。



○議長(武田正之君)  はい。



◆22番(味村憲征君)  私がお伺いしたのは、空き店舗等の有効活用をされておるということでございまして、その実態として、事実として、平成25年1月から関連事業者が入ったということなんで、どういう関連事業者が入ったのかということと、関連事業者の範囲というのは、どういうことを規定しているのかと。

 2点目は、経営アドバイザーによる市場内の業者の経営状況の把握や財務内容の分析を依頼し、経営相談体制を整えることで、経営基盤の強化を図ってるということですから、具体的にどういうことを図ってるのか、具体的なお話をお伺いしたいと思い、質疑しました。



◎産業振興部長(村田弘君)  先ほどは失礼いたしました。関連事業者でございますけども、市場におきましては卸、小売、それからそれに伴う関連事業者ということで入場しております、そういった市場に関係する事業者のことを関連事業者と呼んでおります。

 それから、新たな入居でございますけども、これにつきましては空き店舗があるということで、誘致につきましていろいろと広報しておる中で、平成25年1月に株式会社中央フードさんが関連事業者として、新たに入場されたということでございます。

 それから、アドバイザーの件でございますけども、これにつきましては主に市場に入っている事業者の経営の状況、改善といいますか、そういった部分でのアドバイスを主な仕事としてやっております。 以上でございます。



◆22番(味村憲征君)  今の答弁で一応納得を――しませんけども、理解をします。それで、現在、宅急便屋さんとか、あるいは給食、学校給食等が市場に入っておるんですけども、これから法的といいますか、いろんな規制があるがために、いろんなとこに幅が広げられないから、市場の中がもう一つ――ごめんなさい、個人的意見言われた。市場の中の関連事業をどこまで拡大していくつもりでありますか。



◎産業振興部長(村田弘君)  御指摘のとおりに、市場につきましては、市が運営しておるという部分もあったりとか、法的に卸市場法であるとか、地方卸売市場に係る制度というのがありまして、その制度の中では、市場に関連したもの、さらには市場における卸売機能を強化するものでないと、市場区域内への誘致はできないという縛りが現在のところございます。

 そうした部分におきましては、全国的にも、この制度の緩和といいますか、そういった部分を全国でも議題となっておりまして、そういった方向で検討はされておりまして、緩和について要望等々も出ている状況でございます。そういった部分におきまして、他の市場の事例等々も勘案しながら、積極的に情報収集を行いながら、本市場の活性化のために、そういった有効活用ができる方策について、調査研究していきたいと考えております。以上です。



◆20番(林雅之君)  私、今の御答弁、ほんの一歩ぐらい前に進んでいるという状況でありまして、こういう話は5年も10年も前からずっと言い続けてきた。それに対して今の答弁ですよ。やってないということですよ、現状は。そうじゃないんですか。あれだけのべらぼうな広い市場をもっとフルに、いろんなものに――目的外使用とか、いろんなことが出てくるから、非常に難しいんですけども、やはりもっといろんな面で努力して、本当に非常に広い市場であり、それをもっと有効利用し、法に抵触しない範囲内でどうやるかということ、これぐらいのことは検討しておられないんですか。それともやる気がないんですか、どちらなんですか。こういう話は何度も、私、5年も10年も前から申し上げてまいりました。しかしながら、その結論というものが今のような御答弁でしょ。これについてどういうふうにお考えなんですか。答弁してください。



○議長(武田正之君)  20番 林君の、この報告に対する質疑としては、ポイントは一体どこにあるのか、ちょっと今わかりません。(発言する者あり)質疑なんですよね。この報告に対する質疑です。



◆20番(林雅之君)  だから、私、申し上げてることは、今までの総括としていろんなことをおっしゃって、私、5年も10年も前から言ってるんだと。それについて、市場事業自体が一体今後どういう方向で、どう進めていくのかということを明確に報告してくれということを申し上げてるんでしょ。それについてはいかがですか。



◎産業振興部長(村田弘君)  市場の活性化というか、空き地の有効活用ということで、現在、空き店舗等々が……(「そんなこと前から言ってるでしょう」と呼ぶ者あり)17店舗、未使用のものがございます。そういったことで、いろいろとやっておりますけども、給食センターにつきましては、市場に関連する事業ということで認められて成就しておりますし、今後の活性化という側面からいいますと、当然市場経由率を高めていく、活性化していくという部分が非常に大事な部分であろうと思いますし、先ほど他の議員に申し上げましたように、空き店舗の有効活用ということで、規制の緩和であるとか、そういった部分でしっかりと有効活用できますように、調査研究をしていくという段階でございます。

 それから、市場の一般開放であるとか、施設の有効活用について、もっともっと積極的に資料収集なり情報提供してまいりたいと考えております。以上でございます。



◆20番(林雅之君)  こういう問題は、何度も今まで申し上げてまいりまして、前向きに努力したいということはおっしゃるけれども、なかなかその策というものがないというのが今の現状だと思うんです。法的規制から何からいろんなものがあるわけでございますけれども、そういうものをどのようにしてクリアしてやっていくかということも、前にも申し上げたことあるんですね。これに対して検討がそれだけよくされていない。これをもっとタイムスケジュールを決めてやっていただきたいと。これみんな市場というのは、本当に私どもの市民の台所ですよ。これをちゃんとやっていかなくして岩国のあすはないですよ。もう一度思いを述べてください。(発言する者あり)質疑なんだからいいの。



◎産業振興部長(村田弘君)  今回、御報告申し上げました健全化計画につきましては、平成24年度をもちまして赤字が解消したということで、今後しっかりと前向きに取り組んでいくということで御理解いただいたらと思います。



○議長(武田正之君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第10報告第16号平成24年度教育委員会の点検及び評価について



○議長(武田正之君)  日程第10 報告第16号 平成24年度教育委員会の点検及び評価についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  報告第16号 平成24年度教育委員会の点検及び評価について御報告します。

 御承知のように、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が平成20年4月から施行され、教育委員会は、毎年、その権限に属する事務の管理及び執行の状況について点検・評価を行うとともに、その結果に関する報告書を議会に提出し、公表することとなりました。

 このたび、平成24年度の事務事業の点検・評価を行いましたので、その概要を御説明いたします。

 まず、対象としました事業は、平成24年3月に策定した新しい岩国市教育基本計画の施策概要の中から選定した16事業でございます。

 各事業につきまして、事業の目的に照らした現状、実績等の分析結果による達成度、有効性・必要性、効率性の3項目をもとにして、SからDまでの5段階で総合評価を行っております。

 そして、この点検・評価結果に基づく、事業の課題や今後の改善点を今後の方向性にまとめて、次年度以降の施策立案や事業展開に活用してまいることとしております。

 次に、平成24年度事業の評価内容についてでございますが、各事業の総合評価は、16事業のうち、S評価が4事業、A評価が6事業、B評価が6事業となり、CとD評価はございません。

 S評価は全体の4分の1で、S及びA評価の合計は63%となっております。

 なお、S評価となりました事業は、小中学校・幼稚園施設耐震化推進事業、地域とともにある学校づくりを進めるコミュニティ・スクールの整備推進、青少年問題にかかわる関係機関・団体との連携強化事業、岩国市スポーツ推進計画策定でございます。

 教育委員会では、平成24年度から新しい教育基本計画に基づく事業を進めておりますが、今回の点検・評価の結果を踏まえ、各事業の将来にわたっての方向性を的確に見定め、課題や改善点を十分検討して、本年度以降の事業実施に反映させていくとともに、よりよい教育行政の推進に努めてまいりたいと考えております。

 以上で、平成24年度教育委員会の点検・評価報告書についての御報告を終わります。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。



◆14番(姫野敦子君)  資料の7ページにありますフロー図によりますと、教育委員会がこの点検・評価、これまでも継続されたと思いますが、教育委員会によって作成されたものを、また点検・評価を行うということになってくるかと思います。

 また、点検・評価シートについての教育関係の団体から、シートについての意見聴取を行っているということですが、このフローについても、本来は教育民生常任委員会等でお尋ねするべきかとは思いましたが、内部のものをつくったものを内部でチェックする、それから外部からどの程度、こういったものに意見が聴取されているか、そういったものが見えてこないのですが、そのあたりを質疑といたします。



◎教育次長(多谷本清晴君)  項目についての内部の評価でございますが、内部の評価につきましては、評価の基準表というのを定めておりまして、それに沿って進捗状況なりを確認して採点をして、それで評価としております。

 それと外部につきましては、昨年までは市民会議、教育文化の市民会議のほうで審査をしていただきましたが、本年度につきましては、昨年度との兼ね合い等もございますので、旧教育文化市民会議の関係の会長である、副会長であるとか、あと社会教育委員ということで、4名の方に報告書を見ていただきまして、その中で御意見を伺っております。



◆14番(姫野敦子君)  そういった外部評価における、この集約されたものについては、そういった具体的なものはないかと思いますが、本来は外部からどのような意見が出ているか。そういったものもあわせて、お手盛りの計画をお手盛りで評価し、そしてC、Dにおける評価はなかったということがないようにすべきではないかと思うのですが、そのあたりいかがでしょうか。



◎教育次長(多谷本清晴君)  外部からの評価につきましては、今回はこういう形で市民文化の市民会議の方とかに御意見をいただいたということですので、今後については、またそういうふうな評価の方法なり、どういう方にというのは、検討させていただきたいと思います。



◆29番(坪田恵子君)  9ページの教育委員会事務局の組織の見直しの目的なんですが、「より効率的で機動的な組織とするため、教育支所の統合も合わせて」というふうにありますが、具体的にはどういう形なのかお尋ねいたします。



◎教育次長(多谷本清晴君)  組織の見直しにおける教育支所の取り扱いでございますが、教育支所につきましては、現在、各総合支所管内にそれぞれ教育支所を持っております。今回、総合支所のほうの組織の見直しもございまして、教育委員会につきましても、教育支所につきましては、現在、職員の配置をしておりますが、それぞれが兼務体制であったりとか、十分な配置ができておりません。その関係で、今回、教育支所につきましては、総合支所と同じような形で集約を玖北についてはさせていただいて、それで主たる教育支所を配置するところにおきましては、そこのほうに職員を重点的に配置して、より効率的といいますか、全体が見渡せるような形で運用をしていきたいというふうに思っております。



○議長(武田正之君)  29番、最初に番号をちゃんと言ってください。



◆29番(坪田恵子君)  なぜ、このことをお尋ねしたかというふうにいいますと、もちろん具体的にどことどこが統合するかというのも、もちろん問題なんですが、ちょっと少し質疑からは外れるかもしれないんですけど、各学校への逓送便なんですよね。旧市内は、逓送便は職員が、市の職員が各学校に届けているというふうに思うんですが、(発言する者あり)その点、旧郡部は職員が、学校の公務員とか先生方が支所にとりに行くという形をとってるんですね。そういうのもしっかり支所の統合によって、また距離が遠くなったりということもありますので、その点もしっかり逓送便のことも旧市内と合わせるよう考えていただきたいなというので質疑をいたしました。いかがですか。(発言する者あり)



○議長(武田正之君)  29番 坪田さんに言っておきますけども、あくまでもこれは報告に対する質疑でございます。具体的にどういうことかわからないから質疑をするということであって、御自分の要望というものは一般質問でやってください。よろしくお願いいたします。(「わかりました」と呼ぶ者あり)

 ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第11認定第1号平成24年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定について

        認定第 2号 平成24年度岩国市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 3号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 4号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 5号 平成24年度岩国市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 6号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 7号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 8号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 9号 平成24年度岩国市周東食肉センター事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第10号 平成24年度岩国市観光施設運営事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第11号 平成24年度錦帯橋管理特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第12号 平成24年度岩国市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第13号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第14号 平成24年度岩国市小規模下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 



○議長(武田正之君)  日程第11 認定第1号 平成24年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定について及び認定第2号から認定第14号までの各特別会計歳入歳出決算の認定について、以上14件を一括議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎会計管理者(小田修司君)  認定第1号 平成24年度岩国市一般会計歳入歳出決算及び認定第2号から認定第14号までの各特別会計の平成24年度歳入歳出決算の認定について御説明いたします。

 本件は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成24年度の歳入歳出決算を市議会の認定に付するものでございます。

 まず、認定第1号の一般会計でございますが、歳入合計625億9,775万5,078円、歳出合計611億9,163万9,296円で、歳入歳出差し引き残額は14億611万5,782円となり、翌年度へ繰り越すべき財源4億4,851万8,982円を差し引きした実質収支は、9億5,759万6,800円の黒字決算になりました。

 次に、各特別会計について御説明いたします。

 認定第2号 土地取得事業特別会計におきましては、歳入合計2,886万6,175円、歳出合計2,886万6,175円で、差し引きゼロ決算となりました。

 認定第3号 後期高齢者医療特別会計におきましては、歳入合計20億5,631万3,909円、歳出合計19億9,167万8,672円で、差し引き6,463万5,237円の黒字決算になりました。

 認定第4号 国民健康保険特別会計におきましては、歳入合計185億5,195万1,720円、歳出合計182億1,242万9,677円で、差し引き3億3,952万2,043円の黒字決算になりました。

 認定第5号 介護保険特別会計におきましては、歳入合計127億6,737万8,894円、歳出合計126億1,663万7,240円で、差し引き1億5,074万1,654円の黒字決算になりました。

 認定第6号 簡易水道事業特別会計におきましては、歳入合計4億7,295万1,544円、歳出合計4億7,292万1,347円で、差し引き3万197円の黒字決算になりました。

 認定第7号 農業集落排水事業特別会計におきましては、歳入合計2億1,449万1,668円、歳出合計2億1,438万8,138円で、差し引き10万3,530円の黒字決算になりました。

 認定第8号 特定地域生活排水処理事業特別会計におきましては、歳入合計5,721万3,984円、歳出合計5,720万5,164円で、差し引き8,820円の黒字決算になりました。

 認定第9号 周東食肉センター事業特別会計におきましては、歳入合計4億9,831万4,415円、歳出合計4億9,830万415円で、歳入歳出差し引き残額は1万4,000円となり、翌年度へ繰り越すべき財源1万4,000円を差し引きした実質収支は、ゼロ決算となりました。

 認定第10号 観光施設運営事業特別会計におきましては、歳入合計1億4,902万4,878円、歳出合計1億2,650万3,291円で、差し引き2,252万1,587円の黒字決算になりました。

 認定第11号 錦帯橋管理特別会計におきましては、歳入合計2億1,330万6,508円、歳出合計1億9,676万6,896円で、差し引き1,653万9,612円の黒字決算になりました。

 認定第12号 市場事業特別会計におきましては、歳入合計5億3,812万5,096円、歳出合計5億3,812万5,096円で、差し引きゼロ決算となりました。

 認定第13号 公共下水道事業特別会計におきましては、歳入合計39億8,206万4,373円、歳出合計39億6,187万6,767円で、歳入歳出差し引き残額は2,018万7,606円となり、翌年度へ繰り越すべき財源1,927万7,910円を差し引きした実質収支は、90万9,696円の黒字決算になりました。

 最後に、認定第14号 小規模下水道事業特別会計でございますが、歳入合計1,795万4,296円、歳出合計1,795万4,296円で、差し引きゼロ決算となりました。

 以上をもちまして、平成24年度一般会計及び各特別会計の決算の認定について説明を終わります。

 なお、決算附属書、監査委員の審査意見書及び主要な施策の成果を添付しておりますので、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本14件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本14件は委員会において審査していただくことにして、認定第2号は総務常任委員会に、認定第3号、4号、5号、以上3件は教育民生常任委員会に、認定第6号、7号、8号、9号、13号、14号、以上6件は建設常任委員会に、認定第10号、11号、12号、以上3件は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、認定第1号 平成24年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定については、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第12認定第15号平成24年度岩国市交通事業会計決算の認定について



○議長(武田正之君)  日程第12 認定第15号 平成24年度岩国市交通事業会計決算の認定についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(山近剛君)  認定第15号 平成24年度岩国市交通事業会計決算の認定について御説明いたします。

 決算書は、消費税の税込み額と税抜き額で記載したものになっております。

 決算書の中で、決算報告書は税込み額で記載し、損益計算書などの財務諸表、収益費用明細書及び固定資産明細書は税抜き額で記載しております。

 また、別冊の決算附属明細書の中の予算決算比較表は税込み額で、その他決算の収支状況、輸送実績などの附属資料は税抜き額で記載しております。

 まず、平成24年度の総括事項について御説明いたします。

 運営面におきましては、交通手段の多様化や少子高齢化の進展などの影響により交通事業を取り巻く経営環境は非常に厳しいものになっておりますが、バスは、日常生活において必要不可欠な公共交通機関であり、交通弱者の移動手段として、また、環境にも優しい乗り物として、バス事業サービスを将来にわたり、市民に安定的に提供し続けられる体制の構築に取り組んでいるところであります。

 平成22年4月1日から、いわくにバス株式会社へ路線移管を順次行っているところでございますが、移管を開始してから3年が経過し、交通局といわくにバス株式会社の経営環境も変化していることから、昨年9月に岩国市交通局分営化検討委員会を設置し、これまでの分営化施策の検証及び今後の課題や問題点についての検討を行っていただいたところであります。

 また、本年3月25日には、岩国医療センターの移転等に伴い大幅なダイヤ改正を行い、利用実態に合わせた効率的な運行を図るなどの経営改善に努めるとともに、乗客サービスの向上にも取り組んでおります。

 次に、営業状況でございますが、平成24年度の総走行キロ数は、乗り合いが79万258.6キロメートル、貸し切りが17万5,235キロメートル、合計で96万5,493.6キロメートルとなりました。輸送人員は、乗り合いが96万9,376人、貸し切りが4万9,682人、合計101万9,058人となりました。

 続きまして、決算状況の概要でございますが、これは、参考資料として添付しております平成24年度岩国市交通事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支について税抜き額で申し上げますと、収入額3億9,962万715円に対し、支出額5億1,184万4,455円で、差し引き当年度純損失は1億1,222万3,740円となり、これにより当年度未処理欠損金7,273万1,672円が生じることとなりましたが、地方公営企業法第32条の2の規定に基づき、利益積立金630万円を繰り入れ、資本剰余金1億3,828万2,915円を取り崩し、欠損金を補填する予定としておりますので、翌年度繰越利益剰余金は7,185万1,243円となります。

 収入額は、乗り合い収入が1億5,961万7,802円で、そのうち、一般会計からの高齢者・障害者等の優待乗車に対する繰入金が6,820万5,000円となっています。また、貸し切り収入については、市内中学スクールバス等の特定貸し切りが主なもので、6,930万4,926円となりました。

 次に、支出については、運転士2名の退職給与金の支出があったことにより職員給与費が3億7,599万4,929円、路線の移管等により燃料油脂費が2,395万614円、車両の売却等により車両修繕費が1,638万8,434円、減価償却費が2,415万1,224円、いわくにバス株式会社への委託料の減少等により諸経費が7,015万4,552円となったことなどにより、営業費用としては5億1,063万9,753円となっています。

 次に、資本的収支について税込み額で申し上げますと、収入額1,001万7,694円に対し、支出額は建設改良等の新規事業を行わなかったためありませんでした。

 収入額の内訳は、県補助金が358万7,325円、いわくにバス株式会社への車両等の売却代金として固定資産売却代金が643万369円となっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第13認定第16号平成24年度岩国市水道事業会計決算の認定について

        認定第17号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計決算の認定について 



○議長(武田正之君)  日程第13 認定第16号 平成24年度岩国市水道事業会計決算の認定について及び認定第17号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計決算の認定について、以上2件を一括議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  認定第16号 平成24年度岩国市水道事業会計の決算について御説明いたします。

 まず、業務につきましては、平成24年度の年間総配水量は1,561万7,239立方メートル、年間有収水量は1,440万6,224立方メートルで、有収水量率は92.2%となっています。人口の減少や節水社会の進展により、全国的に配水量の減少傾向が続いている中、本市におきましては、給水区域拡大事業や簡易水道統合事業などにより、逆に増加に転じることができました。

 平成24年度の主な建設改良事業としましては、水質の悪化を改善するため由宇地区給水事業を、良質で安全かつ安定した水道水を供給するため、藤河・御庄地区への給水区域拡大事業を実施し、配水施設整備事業では、配水管の新設、布設がえ、移設工事等を行いました。浄水施設整備事業では、老朽化の進んでいる錦見浄水場1号急速ろ過池の第3期更新工事や錦見浄水場遠方監視制御設備工事などを行いました。また、三井化学株式会社からの寄附金により災害用の給水車を購入しております。

 水道施設の耐震化事業では、瀬田配水池緊急遮断弁設置や平田配水池改修などの施設耐震化工事とともに、国道2号横断管の耐震管への布設がえなど管路耐震化事業も実施いたしました。また、水道施設耐震化10カ年計画に基づき、錦見系統管路耐震化基本計画作成業務のほか、錦見配水池・沈澱池、牛野谷配水池・ポンプ所、由宇地区配水池などの主要施設の耐震化基本設計業務を行いました。なお、昨年9月市議会定例会において議決をいただきました新水道料金による財源をもとに、水道施設の耐震化事業をさらに強力に進めてまいります。

 簡易水道統合事業につきましては、高森南簡易水道を統合し、管理運営を行うとともに、玖西地区の水道施設に新監視システムを設置いたしました。

 また、平成25年4月に由西簡易水道、美和簡易水道及び秋掛簡易水道を統合するための準備作業や料金収納業務の民間委託のための準備作業も行っております。

 以下、決算の状況について、資料として添付しております平成24年度岩国市水道事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支につきましては、消費税抜きの経理で申し上げますが、収入総額18億937万9,665円に対し、支出総額16億5,511万7,190円で、差し引き1億5,426万2,475円の当年度純利益となりました。

 また、資本的収支につきましては、消費税込みの経理で申し上げますが、収入総額8億2,279万2,937円に対し、支出総額13億9,342万2,468円で、差し引き5億7,062万9,531円の不足となります。この不足額は、当年度分消費税資本的収支調整額3,966万2,448円、減債積立金5,000万円、過年度分損益勘定留保資金4億3,843万8,181円及び当年度分損益勘定留保資金4,252万8,902円で補填いたしました。

 なお、当年度未処分利益剰余金は2億2,366万8,482円となりましたが、地方公営企業法第32条第2項及び地方公営企業法施行令第24条第1項の規定に基づき、減債積立金に5,000万円、建設改良積立金に1億2,000万円を積み立てる予定としておりますので、翌年度繰越利益剰余金は5,366万8,482円となります。

 次に、認定第17号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計の決算について御説明いたします。

 まず、業務につきまして、平成24年度の基本使用水量は、昨年10月に日本製紙クレシア株式会社が生産設備を停止し、契約水量を5,900立方メートル減量したため、日量は1万6,958立方メートルとなりました。

 平成24年度の主な建設改良事業としましては、南バイパス横断管の耐震管への布設がえ工事を実施しました。

 以下、決算の状況について、資料として添付しております平成24年度岩国市工業用水道事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支につきましては、消費税抜きの経理で申し上げますが、収入総額1億6,582万1,776円に対し、支出総額1億4,410万1,935円で、差し引き2,171万9,841円の当年度純利益となりました。

 また、資本的収支につきましては、消費税込みの経理で申し上げますが、収入はなく、支出総額1億158万7,296円で、差し引き1億158万7,296円の不足となりますが、これは、当年度分消費税資本的収支調整額393万4,500円、減債積立金1,896万2,796円及び過年度分損益勘定留保資金7,869万円で補填いたしました。

 なお、当年度未処分利益剰余金は4,851万8,548円となっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本2件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本2件は委員会において審査していただくことにして、2件とも建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第14認定第18号平成24年度岩国市病院事業会計決算の認定について



○議長(武田正之君)  日程第14 認定第18号 平成24年度岩国市病院事業会計決算の認定についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  認定第18号 平成24年度岩国市病院事業会計の決算について御説明いたします。

 診療体制につきましては、錦中央病院において、一般病棟1病棟で病床数58床を確保し、常勤医師5人及び非常勤医師7人の12人体制で内科、外科、整形外科、脳外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科及び泌尿器科の8科の診療を実施しました。これにより、延べ入院患者数は1万7,931人、1日平均49.1人、延べ外来患者数は、病院が2万8,032人、1日平均114.4人、診療所が958人、1日平均6.3人となり、前年度と比較すると、入院患者数は1,443人、外来患者数は病院が1,488人、診療所が205人それぞれ減少となりました。

 美和病院においては、一般病棟1病棟で病床数60床を確保し、常勤医師4人及び非常勤医師二人の6人体制で内科、神経科、小児科、外科、整形外科及び眼科の6科の診療を実施しました。これにより、延べ入院患者数は1万4,318人、1日平均39.2人、延べ外来患者数は2万9,226人、1日平均119.3人となり、前年度と比較すると、入院患者数は1,905人の減少、外来患者数は212人の増加となりました。

 なお、決算書の中で決算報告書は消費税込みの経理となっておりますが、財務諸表であります損益計算書、剰余金計算書、剰余金処分計算書(案)及び貸借対照表並びに決算附属書類であります事業報告書のうち事業収入に関する事項、事業費に関する事項、収益費用明細書、固定資産明細書及び企業債明細書は消費税抜きの経理となっております。

 また、別冊の決算附属明細書の決算額を前年度と比較した収支の状況につきましては、消費税抜きの経理となっております。

 それでは、決算の状況について、資料として添付しております平成24年度岩国市病院事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支につきましては、消費税抜きの経理で申し上げますが、収入総額は前年度に対し6,471万7,744円減の15億357万3,906円、支出総額は前年度に対し3,641万6,245円減の15億945万5,371円で、差し引き588万1,465円の当年度純損失となりました。

 また、資本的収支につきましては、消費税込みの経理で申し上げますが、収入総額は前年度に対し1億1,893万4,000円減の5,422万6,000円、支出総額は前年度に対し1億2,107万3,342円減の8,786万9,874円で、差し引き3,364万3,874円の不足となりました。この不足額は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額209万2,300円及び過年度分損益勘定留保資金3,155万1,574円で補填いたしました。

 以上で、平成24年度岩国市病院事業会計決算についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第15議案第92号平成25年度岩国市一般会計補正予算(第1号)

        議案第 93号 平成25年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 

        議案第 94号 平成25年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号) 

        議案第 95号 平成25年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第1号) 

        議案第 96号 平成25年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第 97号 平成25年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第 98号 平成25年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第 99号 平成25年度岩国市観光施設運営事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第100号 平成25年度錦帯橋管理特別会計補正予算(第1号) 

        議案第101号 平成25年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号) 



○議長(武田正之君)  日程第15 議案第92号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第1号)及び議案第93号から議案第101号までの各特別会計補正予算、以上10議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第92号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第1号)及び議案第93号から議案第101号までの各特別会計補正予算について、その概要を御説明いたします。

 今回の補正予算は、各会計とも平成24年度決算に伴う繰越金などの調整を行うとともに、一般会計においては、7月の豪雨被害などに対応するための災害復旧費、地域の元気臨時交付金を活用した事業費の計上、国・県支出金の返還金、財政調整基金への積立金などを計上しております。

 それでは、一般会計補正予算(第1号)について、歳入の主なものを御説明をいたします。

 普通交付税は、額の確定により追加計上しております。

 国庫支出金は、平成24年度補正予算(第6号)で計上した地域の元気臨時交付金の交付限度額の通知を受け、予算額との差額を計上しております。また、国庫補助内示に伴い、多目的広場・防災センター整備事業費補助金等を増額をしております。

 県支出金は、新たに、介護基盤緊急整備等臨時特例基金補助金及び介護職員処遇改善等臨時特例基金補助金を計上するとともに、交付税措置による一般財源化により妊婦健康診査特別対策事業費補助金を減額をしております。

 繰越金は、平成24年度決算に伴う額の確定により増額しております。

 市債は、起債対象事業費の変更に伴い調整するとともに、臨時財政対策債については、将来負担の軽減のため減額をしております。

 次に、歳出の主なものについて御説明をいたします。

 総務費では、岩国市史編さん関係費について、執筆作業が終了したことに対応し、筆耕翻訳料等を計上しております。また、今後の財政負担に備えるため財政調整基金に6億4,297万6,000円を積み立てるとともに、市債発行による将来の償還に備えて減債基金に5億円を積み立てます。この結果、今年度末の残高は、財政調整基金が76億8,483万6,000円、減債基金が25億8,206万円の見込みとなります。

 次に、民生費では、新たに、小規模多機能型居宅介護事業所の整備のための介護基盤緊急整備等補助金及び事業所開設に伴う介護施設開設準備経費補助金を計上するとともに、補助基準額の改定等により認定こども園の運営費に係る補助金を増額をしております。また、放課後等デイサービスの利用者の増加に伴い、障害児通所等給付費を増額しております。

 次に、衛生費では、ごみ収集車両の更新に係る経費を追加計上しております。

 次に、商工費では、新たに、岩国架け橋会in東京を開催するための補助金及びサンライフ岩国の空調設備等改修費を計上しております。

 土木費では、新たに、橋りょう改修事業及び港湾施設整備事業に係る経費を計上するとともに、多目的広場・防災センター整備事業において、国庫補助内示による事業費の増額を行っております。

 消防費では、防災行政無線整備事業において、国庫補助内示による事業費の増額を行っております。

 教育費では、由宇グラウンドの防球ネットを改修するための経費を追加計上しております。

 災害復旧費では、本年7月の豪雨被害などによる、農林水産施設及び土木施設に係る災害復旧費を計上しております。

 以上の結果、補正額は16億3,581万5,000円で、補正後の予算規模は621億8,481万5,000円となり、当初予算規模に比べ約2.7%の増となります。また、平成24年度9月補正後の予算規模と比較すると約1.1%の減となります。

 次に、第2表 債務負担行為補正の追加は、平成26年度からの業務執行に支障を来さないよう、平成25年度中に契約の締結が必要となるものが、親子学校給食実施校配送回収等業務委託ほか1件、変更は、愛宕地区排水施設改修事業ほか1件において後年度事業費の増額を行うものでございます。

 第3表 地方債補正は、起債対象事業費の変更などに伴い調整を行っております。

 続いて、特別会計の補正予算について御説明をいたします。

 各会計において、主に平成24年度決算に伴い繰越金及び諸経費の調整を行うものであります。

 以上で、一般会計及び特別会計の補正予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(武田正之君)  本10議案に質疑はありませんか。



◆29番(坪田恵子君)  債務負担行為の補正の中で、親子学校給食実施校配送回収等業務委託というのがありましたけれど、具体的にもう一度説明していただけませんか、お願いいたします。



◎教育次長(多谷本清晴君)  これにつきましては、現在、本年度、由宇地区において親子給食を実施しておりますが、新年度においてそれを民間委託で実施するためのものでございます。



◆29番(坪田恵子君)  由宇地区の親子方式というのは変わったばかりだと思いますが、なぜそれが今、民間委託なのかお尋ねいたします。



◎教育次長(多谷本清晴君)  確かに由宇地区の親子給食については、本年度から実施ということでございます。なぜ民間委託へ次年度から移行するかということでございますが、これにつきましては、現在の職員の配置状況等というのがございます。当初予定しておりましたよりも、本年度につきましても、正規職員のほうが早期退職ということで、給食の関係の職員につきましては、退職不補充ということで、それについては嘱託なり臨時なりということで対応して、職員とともにその業務に当たるということでございましたが、当初の計画よりも、そういうふうな形の人員減が進んだということで、民間委託へということを実施を予定しております。



○議長(武田正之君)  ほかになければ質疑を終結し、本10議案は委員会において審査していただくことにして、議案第93号、94号、95号、以上3議案は教育民生常任委員会に、議案第96号、97号、98号、101号、以上4議案は建設常任委員会に、議案第99号、100号、以上2議案は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第92号 平成25年度岩国市一般会計補正予算(第1号)につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第16議案第102号岩国市交通局の分営化に係る職員の退職手当の特例に関する条例



○議長(武田正之君)  日程第16 議案第102号 岩国市交通局の分営化に係る職員の退職手当の特例に関する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第102号 岩国市交通局の分営化に係る職員の退職手当の特例に関する条例について御説明をいたします。

 岩国市交通局では、平成21年10月に交通局の全額出資により設立いたしましたいわくにバス株式会社に対して、平成22年4月からバス事業を段階的に移行しているところでございます。

 本議案は、今後の岩国市交通局の分営化を円滑に実施するため、交通局に企業職員として採用され、現在は岩国市において業務を行っている職員に対し、この後の議案第103号で御提案させていただいております、岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例における、定年前早期退職者に対する退職手当の基本額に係る特例措置をさらに拡充し、対象年齢の引き下げと退職手当の基本額を割り増す特例を定めるため、御提案をするものでございます。

 定年前早期退職者に対する割り増し率につきましては、議案第103号におきましては、勤続年数20年以上で、定年前15年以内、45歳以上の退職者について、定年までの年数が1年以内の者を除き、退職時の定年までの残り年数1年当たり3%退職手当の基本額を割り増すこととして、提案させていただくこととしておりますが、本条例では、交通局に企業職員として採用された職員を対象といたしまして、平成25年11月1日から平成27年3月31日までの期間に限り、特例措置をさらに拡充し、勤続期間が11年以上で、かつ対象年齢を定年前21年以内の39歳に引き下げるとともに、退職時の定年までの残りの年数1年当たり6%退職手当の基本額を割り増すものでございます。

 なお、割り増し率は、44歳以下96%の上限を設けております。

 それでは、条例の概要につきまして、順を追って御説明をいたします。

 本条例は6条から成るもので、第1条では本条例の趣旨を、第2条では対象となる職員を、第3条では定年前に退職する意思を有する職員の募集等の特例を、第4条及び第5条では定年前早期退職者に対する退職手当の基本額を割り増す特例及び退職手当の基本額の最高限度額の特例をそれぞれ定めており、第6条では委任について規定をしております。

 なお、本条例は、本年11月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第17議案第103号岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第17 議案第103号 岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第103号 岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について御説明をいたします。

 本議案は、国におきまして、国家公務員の退職給付の給付水準の見直し等のための国家公務員退職手当法の一部を改正する法律の一部が施行されたことに伴い、国家公務員退職手当法施行令の一部が改正され、定年前において退職する意思を有する職員の募集に係る募集実施要項の記載事項等が定められたほか、定年前早期退職者に対する退職手当の基本額に係る特例が拡充されたことから、本市におきましても、国に準じた必要な規定の整備を行うため、御提案するものでございます。

 主な改正の内容といたしましては、早期退職希望者の募集について、募集実施要項等の必要記載事項やそれらの周知、また、応募、応募の取り下げに係る事項、さらに応募した職員に対する認定に係る事項など、実施に当たって必要な事項を定めることとしております。

 また、定年前早期退職者に対する特例措置といたしまして、従来は、勤続期間が25年以上で、定年前10年以内、50歳以上の者に対し、1年当たり2%退職手当の基本額を割り増すこととしておりましたが、改正後では、勤続期間が20年以上で、定年前15年以内、原則45歳以上の者に対し、定年までの年数が1年以内の者を除き、退職時における定年までの残りの年数1年当たり3%、退職手当の基本額を割り増すこととしております。

 このほか、退職手当の調整額のうち、これまで国の基準と異なっておりました第6号区分について、国基準と同額の1万6,700円とし、国との均衡を図っております。

 なお、本条例は、法律の一部施行日と同日の本年11月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第18議案第104号岩国市営住宅条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第18 議案第104号 岩国市営住宅条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第104号 岩国市営住宅条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、市営住宅の老朽化により、13戸の住宅を用途廃止することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 廃止を予定しておりますのは、通津に所在する岩国通津団地の準耐火構造平屋建てのうち3戸、玖珂町に所在する玖珂鹿田住宅の木造平屋建てのうち3戸、周東町下久原に所在する周東上市団地の木造平屋建てのうち2戸、周東沖原団地の準耐火構造平屋建てのうち4戸及び美和町秋掛に所在する木造平屋建ての美和秋掛住宅1戸でございます。

 これらの五つの団地の住宅13戸につきましては、現在空き家となっており、いずれも老朽化が著しく、用途廃止することが最良と判断したものでございます。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第19議案第105号岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第19 議案第105号 岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(松村知樹君)  議案第105号 岩国市単独定住住宅条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、単独定住住宅の老朽化により、錦町広瀬に所在する錦原住宅の木造平屋建てのうち1戸の住宅を用途廃止することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 廃止を予定しております住宅につきましては、現在空き家となっており、老朽化が著しく、用途廃止することが最良と判断したものでございます。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第20議案第106号防災行政無線同報系子局等整備工事(周東地区)請負契約の締結について



○議長(武田正之君)  日程第20 議案第106号 防災行政無線同報系子局等整備工事(周東地区)請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第106号 防災行政無線同報系子局等整備工事(周東地区)請負契約の締結について御説明をいたします。

 防災行政無線の整備事業につきましては、第一段階として平成22年度に基幹回線の整備を行い、これにより本庁と全ての総合支所が接続され、災害情報を迅速に伝達することが可能となりました。

 また、第二段階となる子局整備につきましては、平成23年度に基本設計、平成24年度に実施設計を行っております。

 本議案は、周東地区における防災行政無線の同報系子局を整備するに当たり、工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 本工事は、周東地区に屋外拡声子局を40カ所整備するとともに、周東・本郷・錦・美川・美和の各総合支所に遠隔制御端末を整備し、ケーブルテレビ網との接続を行うための装置を市役所本庁舎内に設置するものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、消費税及び地方消費税の額1,009万円を含めた予定価格2億1,189万円により入札を執行した結果、1社の入札参加があり、パナソニックシステムネットワークス株式会社が、消費税及び地方消費税の額937万5,000円を含め、請負金額1億9,687万5,000円で落札いたしましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 なお、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成26年3月31日までとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第21議案第107号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の締結について



○議長(武田正之君)  日程第21 議案第107号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第107号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の締結について御説明いたします。

 本事業は、平成25年3月岩国市議会定例会におきまして、下水道建設事業(一文字処理区)一文字終末処理場建設事業について、平成25年度の歳出予算及び債務負担行為として平成25年度から平成26年度までの2カ年について、御承認をいただいているところです。

 一文字終末処理場につきましては、一文字処理区の浸水防除、環境衛生の向上、公共用水域の水質保全等、市民が健康的で文化的な生活を営むことを目的に昭和56年から供用開始しているところです。

 本工事の概要につきましては、設置後31年が経過した管理棟の中央監視施設を、老朽化に伴い改築するものでございます。

 本工事委託の契約金額は3億7,300万円で、工期は、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年3月31日までとし、工事の委託先につきましては、終末処理場等の下水道の根幹的施設の設計、建設など、下水道事業に精通している地方共同法人日本下水道事業団に建設工事を委託することとして、本年7月26日に地方共同法人日本下水道事業団理事長、谷戸善彦と仮協定を締結いたしましたので、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第22議案第108号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の締結について



○議長(武田正之君)  日程第22 議案第108号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第108号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の締結について御説明いたします。

 本事業は、平成25年3月岩国市議会定例会におきまして、下水道建設事業(一文字処理区)一文字ポンプ場建設事業について、平成25年度の歳出予算及び債務負担行為として平成25年度から平成26年度までの2カ年について、御承認をいただいているところです。

 一文字ポンプ場につきましては、公共下水道一文字処理区の雨水の排水を目的として昭和46年から運転を開始しているところです。

 本工事の概要につきましては、設置後34年を経過した一文字ポンプ場の雨水ポンプの機械設備及び電気設備を老朽化に伴い改築するものでございます。

 本工事委託の契約金額は3億2,300万円で、工期は、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年3月31日までとし、工事の委託先につきましては、終末処理場の下水道の根幹的施設の設計、建設など、下水道事業に精通している地方共同法人日本下水道事業団に建設工事を委託することとして、本年7月26日に地方共同法人日本下水道事業団理事長、谷戸善彦と仮協定を締結いたしましたので、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、市議会の議決を求めるものです。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第23議案第109号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)の締結について



○議長(武田正之君)  日程第23 議案第109号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(土井寛治君)  議案第109号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その3)の締結について御説明いたします。

 本事業は、平成25年3月岩国市議会定例会におきまして、下水道建設事業(一文字処理区)今津ポンプ場建設事業について、平成25年度の歳出予算及び債務負担行為として平成25年度から平成26年度までの2カ年について、御承認をいただいているところです。

 今津ポンプ場につきましては、昭和47年に雨水排水を目的に稼働を始め、平成8年度から公共下水道一文字処理区今津排水区の雨水排水及び汚水中継ポンプ場として運転を開始しているところです。

 本工事の概要につきましては、設置後33年が経過した雨水ポンプの機械設備及び電気設備を、老朽化に伴い改築するものでございます。

 本工事委託の契約金額は2億5,080万円で、工期は、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成27年3月31日までとし、工事の委託先につきましては、終末処理場等の下水道の根幹的施設の設計、建設など、下水道事業に精通している地方共同法人日本下水道事業団に建設工事を委託することとして、本年7月26日に地方共同法人日本下水道事業団理事長、谷戸善彦と仮協定を締結いたしましたので、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

午前11時58分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後 0時59分 再開 



○議長(武田正之君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第24議案第110号不動産の取得について



○議長(武田正之君)  日程第24 議案第110号 不動産の取得についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎拠点整備担当部長(中岡達夫君)  議案第110号 不動産の取得について御説明をさせていただきます。

 本議案は、愛宕町一丁目地内に所在する土地につきまして、愛宕山まちづくり区域内の多目的広場・防災センター整備用地及び周辺緑地等整備用地として岩国市土地開発公社から取得するに当たり、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 愛宕山まちづくり区域につきましては、本市の医療・防災交流拠点として整備を図ることとしており、当該整備に必要となる多目的広場・防災センター用地の一部である、1万521平方メートル及び周辺緑地等の一部である、2万7,337.21平方メートルについて、価格7億347万6,593円で取得するものでございます。

 以上、御審議のほど、どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第25議案第111号調停の申立てをすることについて



○議長(武田正之君)  日程第25 議案第111号 調停の申立てをすることについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第111号 調停の申立てをすることについて御説明をいたします。

 本件は、平成25年2月10日午後4時ごろ、岩国市美和町秋掛1698番地1付近において、相手方のクレーンつき林業用作業車が県道秋掛錦線を走行中、電柱に共架している市所有の光ケーブルに車両の一部がひっかかり切断したことから、同ケーブルの復旧工事に要した費用を全額相手方に請求するために調停を申し立てるものでございます。

 市といたしましては、現場の状況から、光ケーブルが車両に接触するほど垂れ下がることはないと考えており、事故は、相手方の過失により発生したとの主張から、相手方に同ケーブルの復旧工事に要した費用の額45万1,500円の全額を請求いたしましたが、相手方は、光ケーブルが垂れていたことが事故の原因であり、市に過失があると主張し、支払いを拒否しております。

 お互いの主張が平行線となっており、当事者同士で解決することがこれ以上困難であることから、民事調停を申し立て、解決を図るものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第26議案第112号字の区域の変更について



○議長(武田正之君)  日程第26 議案第112号 字の区域の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(杉岡匡君)  議案第112号 字の区域の変更について御説明をいたします。

 本議案は、旧錦町において、新しい庁舎の建設用地として取得していた土地について、字の区域の変更を行うものでございます。

 当該土地内では、現在、新しい総合支所の建設を進めているところですが、芹田・大坪・平の三つの異なる字が存在しております。

 新たな総合支所の位置を決定するに当たり、地番の合筆を行う予定でございますが、不動産登記法第41条第2号の規定により、異なる字の地番の土地の合筆登記はできないため、このたび、同一の字の区域に変更することについて、地方自治法第260条第1項の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

 以上をもちまして、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。明9月4日から9月10日までの本会議は休会とし、次の本会議は9月11日に再開いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 本日は、これにて散会いたします。

午後1時6分 散会 

――――――――――――――――――――――――――――――

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                         岩国市議会議長  武 田 正 之

                         岩国市議会議員  渡 辺 和 彦

                         岩国市議会議員  桑 田 勝 弘

                         岩国市議会議員  河 合 伸 治