議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 25年 第1回定例会(3月) 02月26日−01号




平成 25年 第1回定例会(3月) − 02月26日−01号









平成 25年 第1回定例会(3月)


平成25年第1回岩国市議会定例会会議録(第1号)
平成25年2月26日(火曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成25年2月26日(火曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│   件                           名   │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│諸般の報告                              │   │
│   │ 1 採択した請願の処理経過について                 │   │
│   │ 2 岩国柱島海運株式会社の経営状況について             │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│監査報告第1号 例月出納検査の結果に関する報告について        │   │
│   │監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について        │   │
│   │監査報告第3号 例月出納検査の結果に関する報告について        │   │
│   │監査報告第4号 平成24年度第3回定期監査の結果に関する報告について │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│報告第 1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の│   │
│   │       承認について                      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│報告第 2号 市道における事故に関する専決処分の報告について     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│報告第 3号 市営住宅における事故に関する専決処分の報告について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 8│諮問第 1号 人権擁護委員の推薦について               │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 9│議案第 1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第5号)      │   │
│   │議案第 2号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算    │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第 3号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)│   │
│   │議案第 4号 平成24年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第3号)  │   │
│   │議案第 5号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)│   │
│   │議案第 6号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算   │   │
│   │       (第3号)                       │   │
│   │議案第 7号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計補正予│   │
│   │       算(第3号)                      │   │
│   │議案第 8号 平成24年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算 │   │
│   │       (第1号)                       │   │
│   │議案第 9号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算    │   │
│   │       (第3号)                       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第10│議案第10号 平成24年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第11│議案第11号 平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第12│議案第12号 平成25年度岩国市一般会計予算             │   │
│   │議案第13号 平成25年度岩国市土地取得事業特別会計予算       │   │
│   │議案第14号 平成25年度岩国市後期高齢者医療特別会計予算      │   │
│   │議案第15号 平成25年度岩国市国民健康保険特別会計予算       │   │
│   │議案第16号 平成25年度岩国市介護保険特別会計予算         │   │
│   │議案第17号 平成25年度岩国市簡易水道事業特別会計予算       │   │
│   │議案第18号 平成25年度岩国市農業集落排水事業特別会計予算     │   │
│   │議案第19号 平成25年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計予算 │   │
│   │議案第20号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計予算   │   │
│   │議案第21号 平成25年度岩国市観光施設運営事業特別会計予算     │   │
│   │議案第22号 平成25年度錦帯橋管理特別会計予算           │   │
│   │議案第23号 平成25年度岩国市市場事業特別会計予算         │   │
│   │議案第24号 平成25年度岩国市公共下水道事業特別会計予算      │   │
│   │議案第25号 平成25年度岩国市小規模下水道事業特別会計予算     │   │
│   │議案第26号 平成25年度岩国市駐車場事業特別会計予算        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第13│議案第27号 平成25年度岩国市交通事業会計予算           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第14│議案第28号 平成25年度岩国市水道事業会計予算           │   │
│   │議案第29号 平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第15│議案第30号 平成25年度岩国市病院事業会計予算           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第16│議案第31号 岩国市環境審議会条例                  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第17│議案第32号 岩国市新型インフルエンザ等対策本部条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第18│議案第33号 岩国市特別会計条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第19│議案第34号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第20│議案第35号 岩国市下水道条例の一部を改正する条例          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第21│議案第36号 岩国市小規模下水道条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第22│議案第37号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策│   │
│   │       を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係│   │
│   │       条例の整備に関する条例                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第23│議案第38号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第24│議案第39号 岩国市国民健康保険条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第25│議案第40号 岩国市診療所条例の一部を改正する条例          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第26│議案第41号 岩国市営駐車場設置条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第27│議案第42号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第28│議案第43号 岩国市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第29│議案第44号 岩国市由宇温泉供給条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第30│議案第45号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第31│議案第46号 岩国市周東食肉センター基金条例を廃止する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第32│議案第47号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一│   │
│   │       部変更について                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第33│議案第48号 財産の減額貸付けについて                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第34│議案第49号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第35│議案第50号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第36│議案第51号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第37│議案第52号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第38│議案第53号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第39│議案第54号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第40│議案第55号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第41│議案第56号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第42│議案第57号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第43│議案第58号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第44│議案第59号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第45│議案第60号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第46│議案第61号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第47│議案第62号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第48│議案第63号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第49│議案第64号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第50│議案第65号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第51│議案第66号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第52│議案第67号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第53│議案第68号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及│   │
│   │       び規約の変更に関する協議について            │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第54│議案第69号 山口県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につい│   │
│   │       て                           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第55│議案第70号 市道路線の認定について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第56│議案第71号 市道路線の変更について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第57│議案第72号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第58│議案第73号 岩国市過疎地域自立促進計画の変更について        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第59│議案第74号 岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第60│岩国市農業委員会委員の推薦について                  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第61│議員提出議案第1号 岩国市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正│   │
│   │          する条例                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第62│議員提出議案第2号 岩国市議会会議規則の一部を改正する規則      │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘
――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(32人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  30番 大 西 明 子 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  31番 藤 重 建 治 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君  
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       政策審議官          村 田 光 洋 君
       総務部長           藤 井 章 裕 君
       総合政策部長         中 岡 正 美 君
       基地政策担当部長       杉 岡 匡 君
       市民生活部長         赤 崎 忠 利 君
       危機管理監          岩 ? 伸 明 君
       環境部長           松 林 達 也 君
       健康福祉部長         廣 田 茂 基 君
       地域医療担当部長       村 岡 一 男 君
       産業振興部長         村 田 弘 君
       農林水産担当部長       前 川 冨 美 男 君
       都市建設部長         山 本 和 清 君
       拠点整備担当部長       小 林 和 信 君
       由宇総合支所長        山 本 昭 生 君
       玖珂総合支所長        氏 木 一 行 君
       本郷総合支所長        井 原 富 士 男 君
       周東総合支所長        竹 森 英 雄 君
       錦総合支所長         松 藤 幾 治 君
       美川総合支所長        杉 山 良 彦 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          小 田 修 司 君
       教育次長           多 谷 本 清 晴 君
       監査委員事務局長       丸 茂 辰 夫 君
       農業委員会事務局長      清 光 辰 夫 君
       選挙管理委員会事務局長    河 原 義 生 君
       交通局長           山 近 剛 君
       水道局副局長         高 田 博 昭 君
       消防担当部長         藤 本 博 己 君
       環境部参事          吉 岡   孝 君
       健康福祉部参事        藤 井 栄 子 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         松重和幸
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           木原宏
       議事調査班長         鈴川芳智
       書記             林孝造
       書記             村中俊一郎
       書記             渡部多津哉


――――――――――――――――――――――――――――――

午前10時 開会 



○議長(武田正之君)  所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。

 これより平成25年第1回岩国市議会定例会を開会いたします。

 なお、今期定例会に提出されます議案等及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(武田正之君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、26番 重岡邦昭君、27番 田村順玄君、28番 山田泰之君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(武田正之君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

――――――――――――――――――――――――――――――

平成25年第1回岩国市議会定例会会期日程


┌──┬──────┬─┬───┬────────────────────────┐
│目次│ 月  日 │曜│開 議│      備          考      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第1│ 2月26日│火│本会議│開会 議案等上程 説明 質疑 委員会付託    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第2│ 2月27日│水│   │─┐  *一般質問通告受付 8時30分     │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第3│ 2月28日│木│   │ │  *一般質問通告締切  正午       │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第4│ 3月 1日│金│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第5│ 3月 2日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第6│ 3月 3日│日│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第7│ 3月 4日│月│   │ │  10時 中山間地域(地域核)      │
│  │      │ │   │ │           振興施策調査特別委員会│
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第8│ 3月 5日│火│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第9│ 3月 6日│水│本会議│一 般 質 問                 │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第10│ 3月 7日│木│本会議│一 般 質 問                 │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第11│ 3月 8日│金│本会議│一 般 質 問                 │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第12│ 3月 9日│土│   │─┐                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第13│ 3月10日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第14│ 3月11日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第15│ 3月12日│火│   │ │         10時 経済常任委員会  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第16│ 3月13日│水│   │ │         10時 教育民生常任委員会│
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第17│ 3月14日│木│   │ │         10時 建設常任委員会  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第18│ 3月15日│金│   │ │         10時 総務常任委員会  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第19│ 3月16日│土│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第20│ 3月17日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第21│ 3月18日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第22│ 3月19日│火│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第23│ 3月20日│水│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第24│ 3月21日│木│本会議│委員長報告 質疑 討論 採決 閉会       │
└──┴──────┴─┴───┴────────────────────────┘


――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(武田正之君)  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から3月21日までの24日間といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から3月21日までの24日間と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3諸般の報告



○議長(武田正之君)  日程第3 諸般の報告をいたします。

 採択した請願の処理経過について、地方自治法第125条の規定に基づき、その報告を請求したところ、お手元に配付しておりますとおり報告がありました。

  (別  添)

 次に、岩国柱島海運株式会社の経営状況について、本件については、地方自治法第243条の3第2項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、経営状況を説明する書類の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)



◆22番(味村憲征君)  岩国柱島海運株式会社の経営状況について、先ほど議長から御説明のあったように、地方自治法に基づいて福田市長から市議会に提出されておりますけれども、この報告には、予算の執行に関する長の調査権等、あるいは財政状況の公表等、あるいは法人の経営状況等を説明する書類が添付されております。

 その中で、今回、役員として岩国市が入っておりませんが、市長に対して先ほどの報告があったと思いますので、その報告書の範囲で市長の見解をお伺いしたいと思います。

平成24年度営業報告書では、企画ツアーが不実施になっております。この企画ツアーというのは、営業報告書にもありますように、寡客時の増収を目的とした非常に大きな意味を持つ事業でございます。

24年度に実施されなかったところ、この報告によりますと、乗客数がかなり減っているように思われます。これからの岩国柱島海運の第三セクターとしての方向性について、市長の見解をお伺いしたいと思います。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議員御指摘のように、岩国柱島海運につきましては、年々利用客も減っており、収支もなかなかよくなっておりません。こうした中で、岩国柱島海運の存続ということは、常に頭に入れておかなければなりませんので、収支改善に向けて現在努力しているところであります。

 まず、収入につきましては、今、岩国市交通システム調査プロジェクトチームに岩国柱島海運ワーキンググループがございまして、調査検討して取りまとめを行っております。その中で、今回、周南市の大津島巡航株式会社を視察しておりまして、今後、この視察結果を参考に、中国運輸局等関係機関と協議しながら、利用客の増に向けて検討していきたいと考えております。

 また、歳出の面においては、人件費の削減を図ることにしております。具体的には、端島港の浮き桟橋が完成しますと、柱島3島の港への接岸が二人で可能となりますので、浮き桟橋の完成後には船員1名の減員を行うこととしております。



○議長(武田正之君)  ほかに。



◆22番(味村憲征君)  答弁漏れでございます。平成24年12月16日に総会が開かれた後、平成25年度事業計画で、寡客時の増収を図るということで買い物ツアーが企画されております。

株主である岩国市としては、昨年度実施されてない原因とかも踏まえ、企画ツアーを載せて国土交通大臣の認可を受けた運航計画ですので、株主として寡客時の増収を図るということを、当然お聞きしておく必要があると思いますので、私は、市長にその見解をお伺いしました。



◎総合政策部長(中岡正美君)  済みません。企画ツアーでございますが、主要商品のヒジキが不作ということで今回実施できなかったと聞いております。このツアーについては、今後もずっと続けてまいりたいと思っております。



◆22番(味村憲征君)  これからの方針について答弁漏れです。この岩国柱島海運の収入がだんだん減ってきているという中で、市長は役員には入っておりませんが、岩国市長として報告を受けておるわけですから、出資者として、岩国柱島海運株式会社に対して、これからのことをどういうふうに考えていらっしゃるか、見解をお伺いしたところなんです。



◎市長(福田良彦君)  先ほど部長が答えたとおりでありますが、岩国柱島海運は、端島、黒島、柱島の離島航路として必要な航路を運行していますので、市としてもこれを存続維持していくために、この企画ツアーも大切な収入財源でありますので、市としてもしっかりと応援していきたいと思っておりますし、新型「すいせい」も3年前に導入いたしまして、黒島は昨年、浮き桟橋を整備しておりますし、今後、端島のほうにも浮き桟橋を整備していく予定にしております。

 こうした施設整備をしながら、この岩国柱島海運がしっかりと安定的に運営できるように、市としても協力していきたいという思いであります。



○議長(武田正之君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4監査報告第1号例月出納検査の結果に関する報告について

       監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について

       監査報告第3号 例月出納検査の結果に関する報告について

       監査報告第4号 平成24年度第3回定期監査の結果に関する報告について 



○議長(武田正之君)  日程第4 監査報告第1号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第3号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第4号 平成24年度第3回定期監査の結果に関する報告について、以上4件については、地方自治法第199条第9項及び235条の2第3項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、監査及び検査の結果に関する報告の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5報告第1号平成24年度岩国市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の承認について



○議長(武田正之君)  日程第5 報告第1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の承認についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎市長(福田良彦君)  報告第1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の承認について、概要を御報告いたします。

 昨年11月30日に参議院議員山口県選挙区の議員が辞職したことに伴い、参議院議員補欠選挙が本年4月11日に告示、4月28日に投開票されることになりました。

 その選挙に要する費用のうち、平成24年度執行分として999万1,000円を緊急に予算措置する必要が生じたため、また、ポスター掲示場設置撤去業務委託に係る債務負担行為を設定する必要が生じたため、専決処分を行ったものであります。

 歳出の主なものは、選挙事務従事者経費、選挙ポスター掲示場の設置経費などでございます。

 財源としましては、全額、県支出金の参議院議員選挙委託金を計上しております。

 以上で、平成24年度岩国市一般会計補正予算(第4号)の専決処分に関する報告を終わります。

 御承認賜りますように、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件を報告どおり承認することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、報告第1号は報告どおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6報告第2号市道における事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第6 報告第2号 市道における事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  報告第2号 市道における事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成24年6月30日午後6時ごろ、岩国市行波498番付近の市道天尾1号線において、相手方の普通自動車が走行していたところ、右側の山の斜面から直径30センチ程度の石が落下し、相手方車両のフロントガラスに直撃したもので、その反動で当該車両が左側の荒瀬谷川へ転落、横転し、相手方が負傷するとともに、相手方車両が破損したものです。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として173万2,546円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成24年12月21日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、損害賠償金につきましては、公益社団法人全国市有物件災害共済会において、全額対応するものです。

 今後、このような事故が発生しないよう、市道の適正な維持管理に一層努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。



◆22番(味村憲征君)  ただいま御報告がありました、市道における事故に関する専決処分の報告について質疑をさせていただきます。

 このような第三者がいない状況での事故の損害賠償ということで、市側の過失が100%ということなんでございますけれども、ここに書いてある損害賠償の義務というのは、条例の規定あるいは判断の基準上、発生原因はどの範囲になっているのでしょうか。

 先ほど答弁で、今後、このような事故が発生しないよう、市道の適正な維持管理に一層努めるとありましたが、いわゆる個人の土地に対してもできるのかどうか。それも含めて損害賠償の義務の範囲――この発生原因は落石だといいますが、これは個人の土地のものでございます。こういうものが市道に落ちてきた場合は常に損害賠償義務の範囲に入るのでしょうか。特に自然災害等についてお伺いしたいと思います。



◎都市建設部長(山本和清君)  市道ということで、落石防止の対応につきまして全部やるということになりましたら巨額の費用を要し、また、道路は住民の生活に密接な交通施設であることから、容易には閉鎖しがたく、落石事故の防止は現在において不可能であると考えられ、一般的には管理瑕疵はないものと解されております。

 ただし、当該場所において、よく落石が発生し、明らかに落石の危険があるものと認められるにもかかわらず、通行者の安全を確保するため、防護柵、防護覆、金網等の設置を行わずに、事故が生じたとすれば、道路管理者に瑕疵があるとも解されております。

 このような状況にありますので、顧問弁護士へ相談に行った次第でございます。相談に行きましたら、判例がありまして、従来、山側からしばしば落石があるにもかかわらず、単に標識等によって通行者の注意を促す措置をするのみで、危険に対して防護柵または防護覆を設置し、あるいは山側に金網を張るとか、常時調査して落石しそうな石を除去し、また、事前に通行どめをする等の措置をとらないときは、道路管理者の瑕疵があるという回答をいただいております。

 その対応につきまして、今回の事故につきましては、事故付近において過去に落石があり、判例から管理者に瑕疵があると考えられるということです。

 もう一点、山の所有者への求償権の執行は、落石がどの山からか特定することができないため困難であるということです。

 以上の回答をいただきました。この結果を踏まえ、全国市有物件災害共済会と協議を行い、損害賠償金の決定をいたしたところでございます。



◆22番(味村憲征君)  今の答弁の中にもありましたけれども、この瑕疵の認定というのが非常に難しい。そして、報告されている判例の事案は個人の土地です。

 そこで、こういうことに備え、まずはきちっと管理の範囲を決めておかないといけません。例えば、この前のロシアの隕石落下だとか、あるいは最近では、市道の横にある廃屋の瓦が落ちそうになっている場合に、下を子供たちが通ったり、車が通ったりだとか、現状ではどうすることもできない状態があります。これらが落ちても全く同じことになりますので、通行上必要だからとめないということで、やっていない現状があり、個人の財産に対して手を入れていないと思うんです。

 これと全く同じケースになる可能性がありますので、たびたび瓦が市道に落ちて、それでけがをした場合は、今回と同じように管理の瑕疵に当たり、損害賠償義務が生じるのか、お伺いしたいと思います。



◎都市建設部長(山本和清君)  今御指摘のあった、市道等に隣接しており、保安上危険な廃屋等の破損等が原因で発生した、第三者への被害に対する責任の所在ということでございますが、事案ごとの賠償責任の所在を判断することにはなりますけど、一般的には民法で定められておりますが、「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う」ということとなっております。

 占有者、所有者がはっきりしている廃屋により第三者に損害を与えた場合の賠償責任につきましては、その占有者、所有者にあるものと考えております。

 これは、あくまで原則でありますが、市としましては、賠償責任に問われることはないと今のところ考えているところでございます。



◆28番(山田泰之君)  今の件で関連して質疑いたしますけれども、その場所とはちょっと違うように私も認識していますが、以前にもこの路線で大きな落石があって通行どめをした経緯があると思います。大きな落石があり、通行どめにしたところは、今どのようになっているのか。それをどのように処置しているのか。また、このような危険箇所がどのぐらい市道であるのか、お聞きします。



○議長(武田正之君)  待ってください。28番 山田君に言いますけれども、内容が今の議案に関してのことではないと思いますので、質疑には当たらないと判断いたします。



◆28番(山田泰之君)  この落石事故に関しての質疑ですので、私は問題ないのではないかと思うんです。この天尾1号線での落石事故に関して私は言っております。ここで以前通行どめをした経緯があります。それに関連しての質疑ですので。



○議長(武田正之君)  過去の落石事故に関してのことを言われるのでなく、この報告における落石事故に関してのことを言われるのであれば問題はありません。

 28番 山田君、この報告に関しての質疑として言ってください。



◆28番(山田泰之君)  この市道天尾1号線の落石の事故に関して、この付近に大きな落石事故が起こる可能性のあるところがありますので、それに対してはどのような対処をするのでしょうか。



◎都市建設部長(山本和清君)  現時点で天尾1号線の落石につきましては、先ほど申し上げましたように、石がどの部分から落ちてきたということの確認に現地確認、パトロール、それから、山を調査いたしましたけど、どの場所から石が落ちてきたかというのは確定できなかったという状況でございます。

 なお、この天尾1号線につきましては、過去にも落石があり、大きさとしましては、幅2メーター、長さ3メーター、高さ2メーター程度の石が落ちてきたということではございますけど、そういうところにつきましては、現在、防護柵等を設置して対応しているところでございます。



◆30番(大西明子君)  市道天尾1号線のこの事故について、落石した地域は民有地だというふうに報告を聞いているわけですが、この民有地の所有者などに対して落石したことによる指導――どういう対応をしなさいとか、どういうふうにしてほしいとか、市の側でちゃんと交渉したのかどうか。これから、そういうことはどうするのか。その対策について、お尋ねいたします。



◎都市建設部長(山本和清君)  山の所有者に対してどのような対応をするのかということでございますけど、先ほど申しましたように、落石に関し、どの部分がどういう形で落ちてきたかは確認できてない状況でございます。

 今後につきましては、山の状況をもう一度判断しながら対策をとっていきたいとは思いますけど、現状としましては、道路パトロール等を実施して危険箇所の対応をしていきたいということで考えているところでございます。



◆30番(大西明子君)  どこから落ちてきたかは確認できないと言うけど、山の状態を見て、ここは危ないんじゃないかということを指摘していくのが行政の仕事だと思うんです。それをやらないから、100%岩国市側に責任があるというふうに言われておるわけです。

 そういう対策をしていなかったら、これからも事故が起きたときには岩国市の責任になるということを今部長は最初に報告されたわけですから、岩国市の責任にならないような対応をするのが今一番大事なことだと思います。

民有地についてどういう状況かということを把握して、指摘して、できるだけのことをやっていくということをしなかったら、これからも岩国市の100%の責任になる。これからも起きることですし、これまでも落石があったということですから、その対応をきっちりとしないとまずいんじゃないかということを私は言いたいんです。その対策は見回るだけなのか、民有地の人との話し合いはしないのか、その点をはっきりしてください。



◎都市建設部長(山本和清君)  山の傾斜面の落石に対しましては、ロックネット、ストーンガード、防護柵、金網等の設置をしていくわけでございますけど、これにつきましては道路管理者のほうで対応していくという形になると考えております。

 まず、安全確認は現在のところやっておりますので、現時点では、パトロールを実施して、さらに確認していくという対応をしていきたいと考えておるところでございます。



○議長(武田正之君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7報告第3号市営住宅における事故に関する専決処分の報告について



○議長(武田正之君)  日程第7 報告第3号 市営住宅における事故に関する専決処分の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の報告を求めます。



◎美和総合支所長(松田清君)  報告第3号 市営住宅における事故に関する専決処分の報告について御説明いたします。

 本件事故は、平成24年10月10日午後5時30分ごろ、岩国市美和町渋前1810番地2にある市営住宅美和鷹ノ巣住宅A−2棟南側において、相手側の軽自動車が敷地内を走行していたところ、鉄製の側溝蓋上を左前輪が通過した際、側溝ぶたが固定されていなかったためはね上がり、車両左側下部を損傷したものです。

 その後、相手方と示談交渉を行った結果、市側が100%の過失となり、相手方へ損害賠償金として12万1,000円を支払うことで示談が成立いたしました。

 したがいまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき、平成24年12月21日専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものです。

 なお、この損害賠償金につきましては、全国市長会市民総合賠償補償保険において全額対応するものです。

 今後、このような事故が発生することのないよう、市営住宅敷地内の保守点検をより一層充実させ、市営住宅の適正な維持管理に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8諮問第1号人権擁護委員の推薦について



○議長(武田正之君)  日程第8 諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  諮問第1号の人権擁護委員の推薦について御説明いたします。

 本市の人権擁護委員20人のうち1人が、本年6月30日をもって任期満了となることに伴い、後任の委員を法務大臣に推薦するため、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、新たに河田龍夫氏を推薦することについて市議会の御意見を求めるものであります。

 同氏は、人格識見ともに高く、社会的にも人望が厚いことから、人権擁護委員として最適任者と考えております。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、本件は異議のない旨を答申することに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第9議案第1号平成24年度岩国市一般会計補正予算(第5号)

       議案第2号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

       議案第3号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

       議案第4号 平成24年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第3号)

       議案第5号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

       議案第6号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

       議案第7号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計補正予算(第3号)

       議案第8号 平成24年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第1号)

       議案第9号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号) 



○議長(武田正之君)  日程第9 議案第1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第5号)及び議案第2号から議案第9号までの各特別会計補正予算、以上9議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第5号)及び議案第2号から議案第9号までの各特別会計の補正予算について、その概要を御説明いたします。

 今回の補正予算は、国庫補助の内定に伴い、新たに小学校及び中学校施設の耐震化推進事業費を計上するとともに、退職手当の追加計上、決算見込みに合わせた諸経費の調整などを行っております。

 まず、一般会計補正予算(第5号)について、歳入の主なものを御説明いたします。

 国有提供施設等所在市助成交付金について額が確定いたしましたので、5,033万3,000円を追加計上しております。

 国庫支出金は、公立学校施設整備費補助金について、国庫補助の内定に伴い、小学校分6,740万1,000円、中学校分3億3,556万1,000円を計上しております。

 市債は、事業費の確定見込み等による調整を行うとともに、小学校及び中学校施設の耐震化推進事業を計上しております。

 次に、歳出の主なものを御説明いたします。

 総務費では、退職者の確定見込みに合わせ、退職手当を2億2,989万7,000円、玖珂大田団地などの保有地処分に伴い、簿価と処分価格との差額を補填するため、岩国市土地開発公社に対する補助金を1,979万6,000円それぞれ追加計上しております。

 教育費では、平成25年度に予定していた小学校及び中学校施設の耐震化推進事業について、国の内定により前倒しして実施することとし、小学校分2億1,435万円、中学校分6億9,742万3,000円を新たに計上しております。

 以上の結果、補正額は4,905万3,000円の増額で、補正後の予算規模は636億1,167万2,000円となり、当初予算規模に比べ3.9%の増となります。

 次に、第2表 繰越明許費補正は、年度内の完成が困難なため、14事業を追加するとともに、多目的広場・防災センター整備事業に係る限度額を変更しております。

 第3表 債務負担行為補正は、ふれあい交流館西岩国指定管理者管理料など10件を追加するものでございます。

 第4表 地方債補正は、中学校施設の耐震化推進事業の追加を行うほか、起債対象事業費の決算見込みなどに伴い、変更及び廃止を行っております。

 続きまして、特別会計の補正予算について御説明いたします。

 今回の補正は、主として決算見込みに合わせた諸経費の調整を行うもので、8会計で行っております。

 繰越明許費は、周東食肉センター事業特別会計で1事業、公共下水道事業特別会計で4事業の設定を行っております。

 債務負担行為補正は、公共下水道事業特別会計で1件の変更を行っております。

 地方債補正は、簡易水道事業特別会計、周東食肉センター事業特別会計及び公共下水道事業特別会計で、起債対象事業費の決算見込みなどに伴い、変更を行っております。

 以上で、一般会計及び特別会計の補正予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本9議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本9議案は委員会において審査していただくことにして、議案第2号、3号、4号、以上3議案は、教育民生常任委員会に、議案第5号、6号、7号、8号、9号、以上5議案は建設常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第1号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第5号)につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第10議案第10号平成24年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)



○議長(武田正之君)  日程第10 議案第10号 平成24年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(山近剛君)  議案第10号 平成24年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正予算(第1号)は、収益的収支及び資本的収支を決算見込みに合わせて調整するものでございます。

 まず、第2条の業務の予定量の補正でございますが、輸送人員につきましては、乗り合いは19万4,000人減少の96万8,000人、貸し切りは2,000人減少の4万8,000人を見込んでおります。

 次に、第3条の収益的収入及び支出の補正につきまして、別添「平成24年度交通事業会計補正予算(第1号)総括表」により御説明いたします。

 収入につきましては、乗り合い収入は3,000万円減額の1億8,500万円、貸し切り収入は300万円減額の7,600万円、運送雑収益は35万円減額の749万5,000円を見込んでおります。

 営業外収益は、他会計補助金が649万1,000円増額の1億5,236万円、その他営業外収益が13万8,000円増額の1,799万2,000円となる見込みであり、収入総額では2,672万1,000円減額の4億3,884万9,000円を見込んでおります。

 支出につきましては、職員給与費が1,324万3,000円、燃料油脂費が712万3,000円、車両修繕費が250万8,000円、諸経費が637万9,000円、消費税が157万5,000円それぞれ減額となり、支出総額では3,082万8,000円減額の5億5,491万2,000円となります。

 これらの結果、収益的収入及び支出の収支差し引き額は1億1,606万3,000円の赤字となる見込みでございます。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出の補正につきましては、県補助金及び建設改良費をそれぞれ100万円減額するものでございます。

 第5条から第7条までの規定は、収益的収入及び支出の補正に伴い調整するものでございます。

 以上で、議案第10号 平成24年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第11議案第11号平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(武田正之君)  日程第11 議案第11号 平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第11号 平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正予算(第1号)は、収益的収支と資本的収支を補正するものでございます。

 以下、別添の平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)総括表により御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、入院及び外来患者数の減少の見込みにより、入院収益3,987万3,000円及び外来収益1,574万8,000円をそれぞれ減額し、その他の医業収益は210万9,000円を、他会計補助金は一般会計出資金の振りかえ及び救急患者受け入れ体制支援に対する国保会計補助金を合わせ1,245万7,000円をそれぞれ増額しております。

 支出につきましては、給与費4,028万2,000円、経費563万2,000円、減価償却費515万8,000円、支払い利息72万9,000円及び建設調査費159万9,000円をそれぞれ減額し、材料費783万円、資産減耗費423万5,000円及び患者外給食材料費28万円を増額し、支出総額は、収入総額と同額の15億4,127万1,000円となります。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、一般会計出資金1,149万円及び国保会計繰入金3,572万円の減額により、収入総額は5,470万9,000円となります。

 また、支出につきましては、有形固定資産購入費を5,226万1,000円減額し、支出総額は8,907万5,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3,436万6,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額215万円及び過年度分損益勘定留保資金3,221万6,000円で補填するものであります。

 以上御説明しましたことは、平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)の第1条から第3条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、別冊の平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)説明書に記載しております。

 以上で、平成24年度岩国市病院事業会計補正予算(第1号)についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第12議案第12号平成25年度岩国市一般会計予算

        議案第13号 平成25年度岩国市土地取得事業特別会計予算

        議案第14号 平成25年度岩国市後期高齢者医療特別会計予算

        議案第15号 平成25年度岩国市国民健康保険特別会計予算

        議案第16号 平成25年度岩国市介護保険特別会計予算

        議案第17号 平成25年度岩国市簡易水道事業特別会計予算

        議案第18号 平成25年度岩国市農業集落排水事業特別会計予算

        議案第19号 平成25年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計予算

        議案第20号 平成25年度岩国市周東食肉センター事業特別会計予算

        議案第21号 平成25年度岩国市観光施設運営事業特別会計予算

        議案第22号 平成25年度錦帯橋管理特別会計予算

        議案第23号 平成25年度岩国市市場事業特別会計予算

        議案第24号 平成25年度岩国市公共下水道事業特別会計予算

        議案第25号 平成25年度岩国市小規模下水道事業特別会計予算

        議案第26号 平成25年度岩国市駐車場事業特別会計予算 



○議長(武田正之君)  日程第12 議案第12号 平成25年度岩国市一般会計予算及び議案第13号から議案第26号までの各特別会計予算、以上15議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  平成25年度の当初予算を初め、諸議案の審議に先立ちまして施政方針を申し上げます。

 私が市長2期目のスタートを切り、早くも1年が経過いたしました。

 御承知のように、岩国市民の長年の悲願でありました岩国錦帯橋空港が昨年12月13日、ついに開港いたしました。今回の再開に至るまでには4度に及ぶ岩国ハワイチャーターフライトの実施や、民間空港再開を要望する約7万5,000人に上る署名活動等々、議員各位を初め、市民の皆様方や多くの関係機関、関係者の方々の長年にわたる御努力と御協力のたまものと、この場をおかりいたしまして、深く感謝申し上げるところでございます。

 岩国錦帯橋空港の開港は、岩国と首都圏とを直接結ぶかけ橋として、多くの夢や希望を運ぶものでございます。

 私といたしましても、大きな夢が形となり、皆様方とともに喜びを分かち合いたいと思っております。

 そして、開港はゴールではなくスタートです。地域産業の活性化を初め、観光振興などに大きく寄与するよう、しっかり取り組んでまいります。

 今後とも岩国を「夢と希望と活力に満ちあふれるまち」に再生したいという強い決意のもと、市民の皆様方のさまざまな御意見やお考えをしっかりと受けとめ、一定の結論を見出しながら心を一つにし、夢を持って岩国を発展させてまいります。

 まず、行財政運営方針について申し上げます。

 先ほど岩国を夢と希望と活力に満ちあふれる町に再生したいと申し上げましたが、そのためには、財源確保に向けた行財政改革に積極的に取り組んでいかなければなりません。

 これまでも定員管理の適正化による職員数の削減、財政健全化計画に基づく地方債残高の縮減、赤字特別会計の早期健全化など、将来負担の軽減に努め、財政基盤の強化を図ってまいりました。

 また、現在の財政健全化計画が平成24年度までの計画期間となっていることから、新たに財政計画を策定いたしますが、平成28年度からは普通交付税等に係る合併支援措置の段階的縮減が始まり、一本算定となる平成33年度には、平成24年度と比べて約49億円の減収となると試算されており、将来的には大幅な財源不足が見込まれます。

 こうしたことから、将来にわたって持続可能な財政運営を行っていくためには、引き続き、定員管理の適正化、地方債発行の抑制など、将来負担の軽減に努めるとともに、歳入の確保、歳出の合理化、効率的な事務事業の推進など、さらなる行財政改革に取り組み、財政基盤の強化を図っていく必要があると考えております。

 限られた財源を最大限有効に活用するためには、これまで以上に選択と集中が必要であり、真に必要な事業の見きわめなど厳しい決断を迫られる状況も出てこようかと考えております。

 こうした状況を乗り切り、質の高い安定した行政サービスを継続していくため、強い信念と斬新な発想を持って行財政運営に当たってまいりたいと考えております。

 次に、米軍再編問題について申し上げます。

 去る1月25日、左藤防衛大臣政務官から、空母艦載機の厚木基地から岩国飛行場への移駐時期の遅延について説明がございました。

 政務官の説明内容は、2006年のロードマップにおいて、空母艦載機の移駐が2014年までに完了するとされていたが、これが3年おくれ、2017年ごろになる見込みであるとの趣旨でございました。

 私は、「岩国市は米軍再編問題に対しては、「これ以上の負担増は認められない」「普天間基地移設の見通しが立たないうちに厚木基地の空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」という従来からの基本スタンスのもとで対応している」と政務官に申し上げたところであります。

 また、空母艦載機の移駐の遅延にかかわらず、愛宕山の運動施設のいち早い完成と、従来から要望している海上自衛隊の残留、岩国飛行場をFCLP施設の予備飛行場として指定しないことなどについても要望したところであり、これらにつきましては、早期に具体的な成果が出されるよう、引き続き国と協議を行ってまいります。

 米軍再編に対しましては、今後も県・市共通の基本スタンスを堅持し、日米協議の動向や政府の対応を見きわめながら、安心・安全に関する国との協議を通じて、市民の皆様の不安を一つ一つ払拭していくことに最大限の努力を傾注してまいります。

 基地の運用に当たっては、住民が安心して安全に暮らせる環境が確保される、いわゆる安心・安全対策や、地域福祉の向上及び地域の発展に資する地域振興策の確実な実施が必要です。

 私といたしましては、これまでと同様に現実的な対応のもと、特に市民の皆様が不安を抱えている騒音問題などについて国と協議を重ね、一定の対策、成果を引き出すことができたと考えておりますが、まだまだ十分ではなく、市民の皆様の不安が解消しきれているとは言えない状況であります。

 こうしたことから、引き続き安心・安全対策、地域振興策について国と協議し、新たな対策や新しい制度の構築の実現に努めてまいります。その上で、地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を得られるよう国と交渉し、本市の長期的な発展が築かれるようあらゆる努力をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。

 以上、行財政運営方針と本市の抱える重要課題として、米軍再編に対する基本的な考え方を申し上げましたが、私は、市長として新しいまちづくりの夢とビジョンを提示し、それに向かって行動していくという信念を持って市政運営を行ってまいります。

 それでは、私の夢を形にしていくための五つの基本方針ごとに、その主なものを申し上げます。

 一つは、「安心・安全、災害に強いまちづくり」です。

 昨年は、ノーベル生理学・医学賞を山中伸弥教授が受賞されました。受賞理由は、「成熟した細胞を、多能性を持つように初期化できることを発見したこと」だそうです。

 多能性とは、体内のほぼ全ての種類の細胞になれる能力のこと、初期化とは、まるで時間をさかのぼるように細胞を未成熟な状態に戻すことと聞いております。今後の再生医療への応用など、世界中の注目が集まっております。

 岩国市では、独立行政法人国立病院機構岩国医療センターがいよいよ来月24日、新しく愛宕町に開院し、26日から外来の診察が始まることになっており、最新の医療機器を導入し、屋上ヘリポートや緩和ケア病棟を設置するなど、地域の医療機関と連携した高度急性期医療が提供され、なお一層の地域医療の充実につながるものと大いに期待しております。

 愛宕山まちづくり区域については、本市の医療・防災交流拠点の中核施設となる防災センターの整備を進めており、大規模災害などの不測の事態によるライフラインの被害に対応し得る消防防災機能維持のためのシステム構築や災害用備蓄など、危機管理機能の強化を図るとともに、高機能消防指令センターの整備による消防救急活動の迅速、的確、効率化や、消防救急無線のデジタル化による通信機能の拡充等を行い、市民の皆様の安心・安全を確保し、災害に強いまちづくりを推進してまいります。

 近い将来発生するとされております東海・東南海・南海地震は、マグニチュード最大9.0と予想されており、災害発生時における災害情報の収集、伝達は最も重要なものとなります。

 情報の伝達手段として、気象情報や防災情報をいち早く確実に入手できる防災メールの普及に努めていくとともに、防災行政無線を整備してまいります。

 また、自治会の集会へ防災に関する出前講座を実施するなど、防災教育に取り組み、自助・共助の気持ちを育ててまいります。

 さらに、消防団や自衛隊、企業等の防災関係機関と連携した防災訓練に自主防災組織も参加していただき、地域防災力の向上に努めてまいります。

 二つ目は、「子育てと教育を応援するまちづくり」であります。

 子供は、未来を切り開く大切な私たちの宝物です。激動する社会情勢の中にあっても、子供たちが適切に判断し、柔軟に対応できる力を備え、成長していくためには、子育てと教育の環境づくりが非常に重要なものであると考えております。

 特に、子供たちの笑顔は、子育て中の家庭や地域社会に幸せと喜びをもたらしてくれます。と同時に、子供たちは、さまざまな体験や人との出会いを通じて社会性を養うことができます。

 こうした子供たちの将来に向け、現在、国においては、幼児期の教育と保育の一体化や地域全体で子育て支援を図る子ども・子育て支援新制度の構築を進めております。本市におきましても、新制度の導入に当たり、保護者の方々のニーズ調査を行うなど、岩国市の教育、保育や子育て支援策のグランドデザイン──岩国市子ども・子育て支援事業計画(仮称)の策定に取り組んでまいります。

 さらに子供たちが学校で健やかに成長していけるよう、施設整備面においては、学校施設の耐震化、空調設備の整備、通学路の安全対策など安心・安全な教育基盤づくりに努めてまいります。

 また、読書活動の活性化や特別支援教育の支援など、豊かな心を育む教育を推進してまいります。

 そして、子育て家庭が夢を持って育てる幸せを実感できる町、子供たちが希望を持って生き生きと育つ町を目指し、子育てをするなら岩国市と言われるような、魅力あるまちづくりに取り組んでまいります。

 三つ目は、「支え合い、地域で安心して暮らせるまちづくり」であります。

 本市の高齢者人口はますます増加する中で、高齢化率は4年後の平成29年には33%に達し、市内の3人に1人が高齢者となる見込みとなっており、高齢化、過疎化が大きな課題となっております。

 平成22年度からスタートしております地域づくり支援事業により、地域住民が支え合いながら、地域のさまざまな課題、問題を各地域で見出し、検討し、各地域で解決していく取り組みを進めるとともに、地域の意向が反映された事業を推進することで、住民主体の地域づくりに向けた機運を醸成し、地域のきずなを深め、温かい、心の通い合った地域づくりを進めてまいります。

 また、集落支援事業や緑のふるさと協力隊派遣事業等により、中山間地域の将来に向けた取り組みを進めていけるような住民主体の体制づくりや、地域のさまざまな取り組みを支援し、地域と協働して地域の諸問題の解決に努めてまいります。

 合併後、山口県内で2番目という広大な面積を有する本市では、各地域において多種多様な問題を抱えておりますが、市民の皆様の生の声をしっかりと受けとめ、地域の方々と一緒になって課題を一つ一つ解決し、安心して暮らせる地域づくりに取り組んでまいります。

 四つ目は、「地域の歴史・文化や伝統をいかした地域振興のまちづくり」でございます。

 心豊かで潤いのある市民生活や、個性豊かで活力に満ちた地域社会を実現するには、地域で伝承されてきた郷土芸能や無形民俗文化財、伝承技術などの文化財を守り、発展、継承させていくことが大変重要と考えております。

 それぞれの地域で育まれてきた多種多様な文化の振興と地域文化を担う人材、伝承者を育成し、また、次世代を担う若年層を対象とした文化芸術活動を支援していく取り組みを広げ、文化芸術の振興の向上を図ってまいります。

 次に、豊かな自然環境によって営まれてきた農林水産業の振興は、地域の活力づくりには欠かせません。そのためにも、生産基盤の整備、市産市消の推進、有害鳥獣対策などを推し進めるとともに、地域づくりの原動力となる担い手の確保、育成、地元農林水産物の商品力強化、郷土料理の伝承など、岩国の魅力を広く打ち出すことで、地域産業の活性化に取り組んでまいります。

 また、本市には、多種多様な特産品のほか、豊かな自然、歴史、文化、伝統や錦帯橋を初めとする誇るべき観光資源、イベントなどのブランド化できる地域資源が数多くあります。

 本市のイメージアップを図り、観光客を含む交流人口の増加や地域経済の活性化につなげていくために、これらの地域資源を有効に活用し、岩国の魅力を効果的に発信するシティセールスに取り組んでまいります。

 次に、企業立地は、地域活性化の鍵を握る雇用と所得を生み出す原動力と考え、岩国錦帯橋空港を初めとする陸・海・空の交通アクセスなどのインフラの整備状況や、豊かで穏やかな自然に恵まれた立地条件などを企業誘致のセールスポイントとして、積極的に市の投資環境状況を発信し、私みずからが精力的にトップセールスを行ってまいります。

 さらには、魅力ある地域資源を活用して、交流人口の増加を図り、事業にかかわる地域住民が地域を見つめ直し、地域に対する誇りと自信を持ち、地域の元気づくりが促進されるよう積極的に体験型交流事業への取り組みを進め、地域振興を図るとともに、将来的には、全市的な取り組みとなるような体制づくりを進めてまいります。

 五つ目は、「未来に希望と魅力を感じるまちづくり」であります。

 平成25年度には、空港開港を記念して、岩国錦帯橋空港からハワイへのチャーターフライトを積極的に支援し、空港近隣地域の方の旅行意欲を高め、岩国錦帯橋空港の利用促進にも弾みをつけていきたいと考えております。

 また、愛宕山地域の4分の3の区域において国が整備する運動施設エリアの各施設については、岩国市民の要望を踏まえて、高校野球の公式試合ができる規模の野球場などを整備することとしており、現在、国において、その実現に向けて確実に進められているところでございます。

 今後も市民の皆様にとって各施設ができるだけ利用しやすいものとなるよう、防衛省や米軍との調整を進め、多様な人と人とが交流できるまちづくりを実現できるよう取り組んでまいります。

 次に、岩国駅周辺については、岩国駅舎の老朽化が著しく、耐震化を含めた施設の更新が喫緊の課題となっていることや、エレベーター設置等の早期のバリアフリー化が求められていることから、本市では駅舎のバリアフリー化、東西自由通路の設置、東西駅前広場の整備から成る岩国駅周辺整備事業を主要事業に位置づけ、協議を進めており、今後、岩国駅は多くの人々を気持ちよくお迎えすることができる交通交流の結節点として大きく生まれ変わっていきます。

 さらに、広域的な交流の促進や地域間の連携強化につながり、災害時のダブルネットワークの確立に寄与する岩国大竹道路の早期完成、岩国南バイパス南伸、岩国玖西連絡幹線道路など、幹線道路の整備を国や県に対し強く要望し、着実に推し進めてまいります。

 そして、拠点と拠点を線で結び、線を面へと広げていき、都市基盤の整備が進む姿を市民の皆様に目に見える形でお示しし、豊かな自然と都市が共生した活力と交流にあふれ、未来に希望と魅力を感じるまちづくりに取り組んでまいります。

 最後に、私はここ岩国で生まれ、岩国の豊かな自然の中で育ち、郷土愛を抱きながら生きてまいりました。今でも豊かな自然に触れると、いつも優しい気持ちになります。皆様もそうではないでしょうか。

 私は、行政を遂行していく上で、今、何をすべきか深く考え、判断し、決断していく強さを持つと同時に、弱い立場の人たちを守っていくという優しさも必要であると考えております。

 そして、志を高く持ちながらも、現実をしっかりと直視し、現実的、具体的な成果を出すことが責任ある政治であると考えております。

 そのためにも、夢を夢のまま終わらせることなく、課題を課題のままにしておくことのないように、私の造語ではありますが、夢を実現させるという意味での「夢現」という言葉のとおり、新しいまちづくりの夢の実現に向けて職員一丸となって取り組んでまいります。

 議員各位を初め、市民の皆様の御支援と御協力をお願い申し上げまして、私の施政方針といたします。

 続きまして、議案第12号 平成25年度岩国市一般会計予算及び議案第13号から議案第26号までの各特別会計の予算について、その概要を御説明いたします。

 平成25年度当初予算編成に当たって、本市の財政見通しは、世界景気の減速等を背景として、我が国の景気回復に足踏みの動きが見られる中、地価の下落などのため、市税収入の伸びが期待できない厳しい状況でありました。

 国においては、昨年12月の政権交代により、予算編成作業がおくれ、地方財政計画の提示時期もずれ込み、本市においても、緊急経済対策による平成24年度補正予算への対応も検討しながら、並行して編成作業を進めることとなりました。

 こうした中、予算の編成方針は、普通交付税等の段階的縮減による将来的な財源不足に対応するため、引き続き財政基盤の強化を図りながら、その一方では、愛宕山まちづくり事業など喫緊に対応しなければならない重要施策についても、適切に対応することといたしました。

 この方針に基づき、投資政策的経費は、まちづくり実施計画に登載されている事業を原則とし、重点施策である「安心・安全、災害に強いまちづくり」「子育てと教育を応援するまちづくり」「支え合い、地域で安心して暮らせるまちづくり」「地域の歴史・文化や伝統をいかした地域振興のまちづくり」「未来に希望と魅力を感じるまちづくり」を中心に、重要度、緊急度、事業効果等を勘案し、より優先順位の高い事業を選択いたしました。

 経常経費は、事務事業の合理化、効率化、簡素化により削減可能とされる経費については、平成24年度当初予算における一般財源の97%以内、その他については前年度の範囲内として編成を行いました。

 人件費においては、定員管理適正化計画を着実に推進し、公債費では、将来負担の軽減を図るため、市債発行額を50億円以下に抑制しました。

 こうした結果、平成25年度一般会計の当初予算規模は605億4,900万円となり、前年度に比べ1.1%の減となっております。

 特別会計においては、市場事業特別会計が減額となる一方で、介護保険特別会計の増額や駐車場事業特別会計の設置などにより、14会計の合計は415億5,480万円となり、前年度に比べ2.1%の増となっております。

 一般会計と特別会計を合計しますと1,021億380万円となり、前年度に比べ0.2%の増となっております。

 次に、一般会計における主な歳入について御説明いたします。

 市民税のうち個人市民税については、個人所得が横ばい傾向にあることから、平成24年度決算見込み額とほぼ同額の2億4,100万円の増を見込んでおります。

 一方、法人市民税については、税制改正に伴い、法人税割の課税標準となる法人税率が引き下げられた影響により1億7,000万円の減を見込んでおります。

 また、固定資産税については、地価の下落及び設備投資の減により1億5,200万円の減を見込んでおります。

 次に、市たばこ税については、県たばこ税の一部が移譲されることにより1億4,000万円の増を見込んでおります。

 このような状況により、市税全体では前年度に比べ0.3%、5,700万円増の183億400万円を見込んでおります。

 地方譲与税でございますが、岩国錦帯橋空港が開港したことに伴い、新たに航空機燃料譲与税として100万円を計上しておりますが、譲与税全体では昨年度に比べ2.1%、1,300万円減の5億9,400万円を見込んでおります。

 地方消費税交付金は、消費が横ばいで推移するものと見込まれるため、前年度に比べ0.9%、1,100万円減の12億3,000万円を見込んでおります。

 国有提供施設等所在市助成交付金は、自衛隊や米軍基地の施設の固定資産などにより算定される交付金ですが、平成24年度交付額と同額程度の17億1,200万円を見込んでおります。

 地方交付税は、地方財政計画において、地方が安定的に財政運営を行うことができるよう、一般財源総額については前年度と同水準で確保されましたが、地方交付税総額は前年度に比べ約4,000億円の減額とされたことから、本市においては、前年度に比べ2.9%、4億7,100万円減の158億6,000万円を見込んでおります。

 国庫支出金は、多目的広場・防災センター整備事業費補助金が増額となる一方で、社会資本整備総合交付金などの減額により、前年度に比べ2.3%減の86億3,194万7,000円となっております。

 県支出金は、山口県知事選挙委託金が減額となる一方で、森林整備加速化・林業再生事業費補助金及び参議院議員選挙委託金などの増額により、前年度に比べ2.9%増の38億6万9,000円となっております。

 繰入金は、特定防衛施設周辺整備調整交付金を活用して積み立てた学校空調設備整備基金から3億4,019万8,000円、再編交付金を活用して積み立てた基地周辺まちづくり基金、子育て支援基金及び学校給食施設管理運営基金から5億9,141万7,000円の繰り入れなどにより、前年度に比べ106.0%増の12億5,264万3,000円となっております。

 市債では、将来負担の軽減を図るため、市債発行額を50億円以下に抑えたことにより、前年度に比べ15.8%減の45億480万円となっております。

 なお、市債には、合併特例債13億2,180万円、臨時財政対策債24億1,600万円などを含んでおります。

 次に、一般会計における主な歳出について御説明いたします。

 総務費では、総合支所の業務を効率的に行うための総合支所庁舎等の整備経費──これは、少し補足しますと、玖北地域では、平成25年度内に完成を目指し、総合支所等の新設改修工事を実施しますし、玖西地域では、建設候補地の提案や、現施設の改修に係るプランを新たに求めることとしており、由宇地域では、耐震補強の設計を行うこととしております。こうした経費であります。

 また、岩国錦帯橋空港の利用促進を図る経費などのほか、新たに空港開港1周年を記念した原動機付自転車のご当地ナンバープレートを交付する経費を計上しております。

 また、特定防衛施設周辺整備費では、小学校及び中学校施設の空調設備を整備する経費、下水道施設の整備経費、排水路の改修経費などを計上し、再編関連特別事業費では、こども医療費助成事業や中津町45号線などの改良事業のほか、新たに由宇文化会館の設備を改修する経費などを計上しております。

 総務費全体では、岩国空港ビル株式会社貸付金の減などにより、前年度に比べ1.9%減の95億6,295万7,000円となっております。

 民生費では、新たに子ども・子育て支援事業計画を策定するための経費を計上するほか、障害者等に対する介護・訓練等給付費などの障害者総合支援費、保育園運営費の増などにより、前年度に比べ1.0%増の199億8,155万円となっております。

 次に、衛生費では、新たに、入院が必要な未熟児に対する養育医療給付に係る経費、75歳以上の高齢者の肺炎球菌ワクチン接種に係る助成経費、一般廃棄物処理基本計画の策定経費などを計上しておりますが、簡易水道事業特別会計繰出金の減などにより、昨年度に比べ3.3%減の51億8,646万円となっております。

 次に、農林水産業費では、新たに本郷ライスセンターを改修する経費、畜産振興のためのブランド牛の産地づくり経費、岩国市産木材を利用した住宅への補助金、間伐材の利用を促進するためのペレットストーブ購入費補助金などを計上しておりますが、林道整備交付金事業に係る経費の減などにより、前年とほぼ同額の16億2,629万円となっております。

 次に、商工費では、新たに岩国地区の大明小路に観光照明を設置する経費を計上するほか、住宅リフォーム助成事業に係る経費などを計上しておりますが、市場事業特別会計繰出金や川下地区街灯施設設置事業に係る経費の減などにより、前年度に比べ24.4%減の7億5,861万5,000円となっております。

 次に、土木費ですが、新たに楠町26号線改良事業に係る経費を計上するほか、愛宕山まちづくり区域における多目的広場・防災センターの整備に係る経費や財団法人岩国市施設管理公社への補助金が増となっておりますが、岩国駅周辺整備に係る事業費の減などにより、前年度に比べ1.9%減の60億35万6,000円となっております。

 消防費では、防災行政無線のデジタル化移行のための整備経費の増などにより、前年度に比べ18.5%増の25億6,829万1,000円となっております。

 次に、教育費では、新たに玖珂小学校校舎の建設経費、(仮称)横山シロヘビ資料館の建設経費、高水高等学校校舎の耐震補強工事に対する補助金などを計上しておりますが、国指定文化財保存整備事業に係る経費の減などにより、前年度に比べ2.8%減の40億3,413万8,000円となっております。

 公債費は、元金と利子を合わせて77億8,971万1,000円で、これまで実施してまいりました市債発行額の抑制や繰り上げ償還により、前年度に比べ7.2%、6億474万5,000円の減となっております。

 なお、平成25年度末の地方債現在高は、一般会計で前年度に比べ23億4,948万1,000円減の606億358万9,000円の見込みとなっております。

 また、一般会計と特別会計の合計では、前年度に比べ19億4,297万5,000円減の856億8,546万2,000円の見込みとなっております。

 今後も、将来負担の軽減を図るため、市債発行額の抑制に努めてまいります。

 次に、債務負担行為については、新たに防災センター整備事業など10件の設定を行います。

 続いて、特別会計について御説明いたします。

 土地取得事業特別会計は、公共用地取得について効率的な運用を図るための会計で、予算規模は6億100万円で、前年同額となっております。

 後期高齢者医療特別会計は、山口県後期高齢者医療広域連合納付金の増などにより、予算規模は20億6,800万円で、前年度に比べ3.6%の増となっております。

 国民健康保険特別会計は、一般被保険者療養給付費の増などにより、予算規模は186億3,400万円で、前年度に比べ1.7%の増となっております。

 次に、介護保険特別会計は、居宅介護サービス給付費、地域密着型介護サービス給付費の増などにより、予算規模は135億4,400万円で、前年度に比べ3.8%の増となっております。

 次に、簡易水道事業特別会計は、由西、美和及び秋掛簡易水道の水道局への移管に伴う管理費の減などにより、予算規模は3億8,250万円で、前年度に比べ24.6%の減となっております。

 次に、農業集落排水事業特別会計は、排水処理施設の整備事業費の減などにより、予算規模は2億1,810万円で、前年度に比べ2.2%の減となっております。

 特定地域生活排水処理事業特別会計は、合併処理浄化槽の設置経費の減などにより、予算規模は6,100万円で、前年度に比べ3.2%の減となっております。

 周東食肉センター事業特別会計は、食肉センターの建設事業費の増などにより、予算規模は10億2,980万円で、前年度に比べ67.2%の増となっております。

 観光施設運営事業特別会計は、指定管理者制度導入による管理運営経費の減などにより、予算規模は1億1,740万円となり、前年度に比べ4.8%の減となっております。

 錦帯橋管理特別会計は、世界遺産登録に向けた施策を実施することとしており、予算規模は1億9,160万円で、前年同額となっております。

 市場事業特別会計は、経営健全化計画に基づき、平成21年度から平成25年度までの5年間で資金不足を解消することとしておりましたが、平成24年度で資金不足が解消する見込みとなりました。

 予算規模は3億1,870万円で、前年度に比べ41.7%の減となっております。

 次に、公共下水道事業特別会計は、尾津処理区における管渠工事費の減などにより、予算規模は43億6,400万円で、前年度に比べ1.5%の減となっております。

 小規模下水道事業特別会計は、千鳥ヶ丘小規模下水道管理費の減により、予算規模は750万円で、前年度に比べ77.7%の減となっております。

 次に、駐車場事業特別会計は、三笠橋駐車場などを管理運営している財団法人岩国市施設管理公社が本年11月30日をもって解散することに伴い、新たに特別会計を設置し、既存の市営駐車場と合わせ、管理運営する経費などを計上するもので、予算規模は1,720万円となっております。

 以上で、平成25年度一般会計予算及び各特別会計の予算についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本15議案に質疑はありませんか。



◆2番(河合伸治君)  今の予算の大綱の中から、総務費の総合支所等整備事業にかかわる予算について数点質疑をいたしたいと思います。

 今、補足説明の中で玖珂、周東に関しては、用地選定を進めるという言葉もございましたが、この予算の概要の中では、「玖珂・周東地区を所管する庁舎の改修計画策定」ということで予算の説明がなされております。

 そういう意味で、この事業が変更されたのかということを心配しておりましたが、その点では安心いたしましたけれども、この計画が変更されていないのであれば、用地選定を進めながら改修計画も策定するということに関し、二重投資になってくるんではないかということを懸念しております。その点に関しての方針をお伺いしたいと思います。

 また、新しい総合支所の用地選定に当たっての場所決定において、今回、コンサルを通して用地選定に取り組むというふうにお伺いしておりますけれども、その目途についてお伺いしたいと思います。



◎総務部長(藤井章裕君)  二重投資ではないかというお尋ねでございますが、先ほど、市長も壇上で説明をいたしましたけれど、改修計画の策定――内容的には現庁舎としての利用計画、あわせて新たに建設するということになりましても、私どもが将来的に利用しようとして検討の対象とする施設は、まだ建築年数が浅い建物となります。二、三十年しかたってない建物を解体するようなことはできませんので、庁舎としてそれを利用する計画、また庁舎が移った跡に残る施設の将来的な利用計画を策定するというものでございますので、決して二重ということにはならないと思っております。

 また、用地の選定のスケジュール的なものというお尋ねでございますけど、今回の委託の中で、総合支所の位置について建設候補地の提案を求めるものとしております。この選定に当たっては、コンサルによる、専門的な視点からの考え方などいろいろな提案があろうと思います。

そうした中で現況の調査等も行いましょうし、コンサルが検討した上で評価を出すと思います。そうした評価等をもとに市のほうで最終的に決定するわけでございます。コンサルの提案の内容を十分に検討いたしまして、方針等を出していくようにしてまいります。



◆2番(河合伸治君)  今の用地選定に関してですけれども、岩国市の当初の計画で言うと、新しい総合支所の建設場所が2年前の3月には決定している計画になっていたと思うんですが、今の総務部長の御説明では最終的に岩国市が決定するということですけれども、25年度に用地選定を進めていく中で決定されるという方向性が明確には示されていなかったんです。これはもっと後ろにずれ込んでいくということなんでしょうか。



◎総務部長(藤井章裕君)  先ほど御答弁いたしましたように、まだ成果としてどのようなものが上がってくるか見当がつかない中で、ある程度、コンサルのほうから出された資料をもとに選定するという言い方をしてきたわけでございます。当然、庁舎を利用されるのは地域の方々でございますので、そうした方々に対しましては、当初の計画が大きくおくれているということにつきまして、それぞれ玖珂、周東の地域審議会のほうにもお邪魔いたしまして説明させていただきました。

 その中で、土地に関して選定するに当たり諸問題があり、現時点では新たな総合支所の建設用地を決定するまでには至っていないというおわびも申し上げました。また、市としての新たな総合支所の建設方針といたしましては、ただ単に場所を決定する、建てればいいというものではなく、施設に来庁される住民の方々と、施設を整備し維持管理していく行政側との双方の視点から納得できるものを目指していきたいということで説明を行いました。

 そうした視点から総合支所の建設場所等を検討していくわけでございますが、当面の措置として新たな総合支所が建設される間、現総合支所を改修し、執務を行うことを検討材料の一つとして加えさせていただきたいということで説明を行ったところでございます。

そういった中で、平成25年度、26年度という年度を区切っての対応につきましては、先ほども言いましたように出されてくる成果品の内容等をコンサルとも十分協議をしながら、一つの方向性等を見い出していきたいと思っております。



◆30番(大西明子君)  ただいまの市長の予算の大綱と、施政方針について数点質疑をさせていただきます。

 要約すれば、合併後10年になれば普通交付税等の段階的縮減が始まり、一本算定となる平成33年度には平成24年度と比べて約49億円の減収となる。そこで、歳入の確保、歳出の合理化、効率的な事務事業の推進をやって将来に負担をかけないようにしたいという説明でした。

その中で経常経費は、事務事業の合理化、効率化、簡素化により削減可能とされる経費については、前年度における一般財源の97%以内に絞ったということですが、カットされた3%分はどういう事業に当たり、また額は幾らになるのか、具体的にお尋ねいたします。

 それから、米軍再編についてですが、空母艦載機の移駐時期は2017年――平成29年ごろになる見込みであり、おくれるということを政務官から聞いたということなんです。

私たちがニュース資料で知るところでは、おくれた理由は米軍住宅の建設などのおくれによるということで、岩国市の要因だけで報道されているわけですが、米軍再編はパッケージであり、どこかの一つがおくれたらなかなかできないというふうに当初から説明を受けております。

 私は、アメリカの財政が大幅な赤字でグアムの事業が進んでいないというのが最大の理由ではないかと思っています。おくれるのがいけんとは言っておらんのですが、理由について今市長が知り得ていることがあればお尋ねいたします。

 それから、これ以上の負担増は認められないという今までどおりの説明でしたけれども、これ以上の負担増は認められないということは、私から見たら米軍再編は反対だというふうに思うわけです。

これ以上の負担増というのは、市長は米軍再編で厚木の艦載機が来た状況から見てこれ以上の負担は認められないというのか、それとも現状から見て負担増はいけないというのか、その点をはっきりしていただきたいと思うんです。

 このことが、再編容認なのか反対なのか今までずっとわからなかったところにつながると思いますので、この点についてお尋ねいたします。

 それから、国有提供施設等所在市助成交付金は24年度交付額と同額程度の17億1,200万円を見込んでおるとしていますが、お聞きしたいのは、沖合移設により基地が広がる前の助成交付金が幾らだったのか。今日に至るまでの額について、わかる範囲内でお尋ねいたします。といいますのは、市長は地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を得られるよう国と交渉し、本市の長期的な発展が築かれるよう努力していくということなのですが、この国有提供施設等所在市助成交付金についてはどういう状況になっているのか。面積が広がっても変わっていないのかどうかが大事だと思いますので、その点、お尋ねいたします。

 それから、市長が結びで「弱い立場の人たちを守っていくという優しさも必要であると考えております」と言われています。私はそのとおりだと思うし、私の議員活動は、まさに弱い立場の人たちを守っていくという活動を継続してきました。

 お聞きしたいのは、市長の「弱い立場の人たち」という概念は、どういう概念なのか。私と一致してればいいがと思いますが、お聞かせください。



◎総合政策部長(中岡正美君)  今回の当初予算の97%という配分でございますが、この結果、一般財源ベースでございますが、約5,000万円の削減を行っております。

 これは主に内部事務経費でございますので、消耗品や通信運搬費や委託料とかでありますけど、委託料につきましては、これまで決算ベースと予算ベースでかけ離れていたもの―――決算を見ればこんなに要らないじゃないかというようなものを含めまして5,000万円ということになっております。



◎基地政策担当部長(杉岡匡君)  まず再編が3年おくれた理由でございますけれども、先般、左藤政務官が来られましたときに御説明を受けております。日米間で基地の中で必要となる施設整備の全体工程を見直し、大規模な多目的工事などの現状を踏まえた結果として、3年程度おくれるという説明を受けております。

 これ以上の説明を受けているわけではありません。今、議員御説明がありましたアメリカの大幅な財政赤字が原因だというお考えは、私どものほうも新聞報道で承知しておりますけれども、そういった説明を受けているわけではございませんので、私どものほうもあくまでも工程を見直した結果ということで理解しております。

 それと、「これ以上の負担増は認められない」の「これ以上」ということでございますが、これまでにも議会の中で、日米再編に関するロードマップで示されているものが、これ以上のものということでお答えをしてきておりますので、そういったことで私どものほうは考えております。



◎市長(福田良彦君)  先ほど私が行政を遂行していく上で、いろいろ物事を判断して決断していくという強さとあわせて、弱い立場の人たちを守っていくという、いわゆる優しさということで表現させてもらいました。この弱さという言葉がちょっと目立ち過ぎると語弊があるかもしれませんが、私の思っているそのイメージは、やはり高齢者の方とか、障害を持っている方々、さらには集落で今非常に厳しい中で頑張っておられる方々、ほかにも声を上げずに黙々と地域で頑張っているいろんな方々を意味しております。

 なかなか光が当たってこなかったであろう方々にも、行政でできることは行政としてしっかりとお手伝いしていきたい。そのためにも、私も2期目がスタートしてもう1年が経過しておりますが、これまでどうしても大きな事業等で国との折衝やいろんな協議に多くの時間をとられておりましたが、私みずからもこれから地域にもっと出向いていって、地域の方々と一緒にその地域の困っている実情などのいろんな課題を一緒に考えていきたいという思いでありまして、そういった大きな意味で困っている方々を含めた意味合いで「弱い立場の人たち」という言葉を用いさせていただきました。



◎総合政策部長(中岡正美君)  基地交付金でございますが、ただいま過去からの資料を持ってきてないので、決算額の流れはわかりませんが、これまで大体16億円ぐらいできていたのが、今回の決算見込みで約17億円と少しということで、年々若干上がっている傾向にございます。



◆30番(大西明子君)  今、部長が答弁しましたが、今まで16億円ぐらいだったのが、決算見込みで17億円になったと。やっぱりこれは基地を抱えておる自治体としては、いろんな障害であり、ここにも書いてあるように、自衛隊や米軍基地の施設の固定資産税にかわるものなんです。ですから、沖合移設により広く大きくなって、どのぐらい交付金がふえるかということは大事なことなんです。

 それを地域の負担と協力──沖合移設では我慢をしたりいろんなことがあったわけでしょう。それに見合うものを市長はやりたいというふうに言った。その一つじゃないかということで私は質問しているわけで、何か決算が17億円になったから17億円程度だというような見方というのは、行政としてきちんと把握できていない。少しでもたくさんとってくるという姿勢に欠けておるんじゃないかと思うんです。ひどくなった分だけ持ってくるという姿勢が必要なんです。もう一度答えていただきたい。

それから、基地政策担当部長は、そういうふうに聞いておると。確かに国はそういうふうに説明したでしょう。しかし、岩国市として情報を収集して、それが的確にどういうことなのか市としての見解を持たないといけないと思うんです。そういう意味で私は聞いたわけですが、そうしないと、市長が普天間基地移設の見通しが立たないうちに厚木基地の空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められないと幾らおっしゃっても、今の国の基地内の仕事──米軍住宅もおくれておると。

 ではこれができて、ちゃんとできたのだからやりましょうと国が言ってきたら、そういう姿勢でいてノーと言えますか。切り離してやるというのであれば、ちゃんと情報を集めて理由を探るのが行政の仕事じゃないですか。その点について聞いておるわけです。



◎総合政策部長(中岡正美君)  ただいま資料がありましたので、御報告申し上げますと、平成19年度におきまして、対前年度3,729万3,000円の増、それから、平成20年度につきましては、対前年度約2,000万円の増、それから、21年度につきましては1億445万円、それから、平成22年度が783万2,000円、それから、平成23年度が254万3,000円、平成24年度が4,914万1,000円の増額。(「総額で言ってくれる」と呼ぶ者あり)

 総額ですか。24年度が17億1,233万3,000円、23年度が16億6,319万2,000円、22年度が16億6,064万9,000円、21年度が16億5,281万7,000円、20年度が15億4,836万7,000円、19年度が15億2,834万2,000円でございます。(「最初から言うていくけど、何でそれじゃ17億円から減るんかね」と呼ぶ者あり)



◎市長(福田良彦君)  基地交付金と調整交付金については、毎年全国基地協議会としても総務省に対して要望しておりますし、岩国市独自としても増額要望を毎年総務省に対して行っております。総務省においては、全体のパイが決まっておりますが、3年に一度これの見直しに入っております。前回の改定時も全体で約10億円ふえておりましたが、その10億円も全国基地協議会の各市に案分されるわけでありまして、岩国は微増という形になっております。

意味合いとすれば、大西議員御指摘のように、固定資産税相当というものでありますので、これについてはとてもつり合いのとれた額とは言えません。市としても本来の意味合いとして、またこれまでの協力に見合った措置として、国に対してしっかりと増額を要望し続けていきたいと思っております。

 ぜひ、議員もその立場でそういった増額についての御要望を御一緒にやっていただけたらと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



◆24番(桑原敏幸君)  簡易水道特別会計についてお聞きしますが、柱島3島──柱島、黒島、端島の簡易水道について、今後の予定等について御説明をお願いします。



◎環境部長(松林達也君)  別途議案第34号で簡易水道の統合計画について御説明をさせていただく予定にしておりますけれども、28年度までに柱島3島の簡易水道を除いて水道局のほうへ移管するという計画にしております。

 柱島3島は、簡易水道の統合計画から残るわけでございますけれども、この理由といたしましては、離島という地域性の問題もございました。そういうことから当初は外しておるわけでございます。

これだけ残すということは、また問題が生じると思いますので、将来的にその管理をどうしていくかというのは別にしましても、料金体系については、統合が完了する28年度ごろまでには料金統一に向けて、上水道の料金等に合わせてまいりたいというふうに考えております。管理については、特別会計で設置していくのか、あるいは一般会計でやるかというのは、今後検討していきたいというふうに考えています。



○議長(武田正之君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  ほかになければ質疑を終結し、本15議案は委員会において審査していただくことにして、議案第13号は総務常任委員会に、議案第14号、15号、16号、以上3議案は教育民生常任委員会に、議案第17号、18号、19号、20号、24号、25号、26号、以上7議案は建設常任委員会に、議案第21号、22号、23号、以上3議案は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第12号 平成25年度岩国市一般会計予算につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

午後0時5分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後1時   再開 



○議長(武田正之君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第13議案第27号平成25年度岩国市交通事業会計予算



○議長(武田正之君)  日程第13 議案第27号 平成25年度岩国市交通事業会計予算を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(山近剛君)  議案第27号 平成25年度岩国市交通事業会計予算について御説明いたします。

 本市のバス事業は、市民生活に不可欠な公共交通機関として重要な役割を果たしてまいりましたが、交通手段の多様化や少子高齢化の進展などにより、依然として厳しい経営状況が続いております。

 このような状況にあって、バスサービスを維持、存続させるためには、安全と安心を確保しつつ、その時々の状況に合わせ、また市民ニーズの変化を踏まえてサービスのあり方を見直し、事業をより効果的、効率的に進めていく必要があると考えております。

 本年3月25日には、大幅なダイヤ改正を予定しております。改正の主な目的は、岩国医療センターの移転等に伴う状況の変化に対応することにありますが、改正後も絶えず運行状況を注視しながら適宜見直しを行い、なお一層の改善を図ることとしております。今後とも地域の実情に配慮した輸送サービスに重点を置き、市民生活を支える身近な地域公共交通としての機能を十分に発揮できるよう努めてまいります。

 また、いわくにバス株式会社への事業移管につきましては、昨年9月に岩国市交通局分営化検討委員会を設置し、これまでの分営化施策を検証するとともに、これからの課題について検討していただいているところでございます。

 平成25年度におきましても、いわくにバス株式会社と密接な連携を図りながら円滑に事業移管を進め、バスサービスを将来にわたって安定的に提供できる体制の構築に向けて取り組みを継続いたします。

 それでは、予算の内容につきまして具体的に御説明いたします。

 まず、第2条の業務の予定量につきましては、車両数は乗り合い29両、貸し切り3両、合わせて32両としております。

 走行キロにつきましては、乗り合いは63万3,000キロメートルを、貸し切りは16万3,000キロメートルをそれぞれ見込んでおります。

 輸送人員につきましては、乗り合いは83万7,000人を、貸し切りは4万6,000人をそれぞれ見込んでおります。

 建設改良費につきましては、総額で100万円を計上しておりますが、詳細は後ほど資本的収入及び支出の項目で御説明いたします。

 次に、第3条の収益的収入及び支出につきまして、別添「平成25年度交通事業会計予算総括表」により御説明いたします。

 収入につきましては、乗り合い収入は1億6,000万円を計上しております。

 前年度に引き続き、一般路線バスの一部をいわくにバス株式会社に移管することにより、一般乗り合い収入は9,812万6,000円を、また一般会計からの高齢者・障害者の優待乗車に対する繰入金は6,187万4,000円を見込んでおります。

 貸し切り収入は、スクールバス等の収入として7,200万円を予定しております。

 運送雑収益は、669万5,000円の収入を予定しております。

 営業外収益は、他会計補助金として1億2,089万2,000円となっております。

 保険賠償金として450万円、預金利息として60万円、その他雑収益として949万1,000円等を見込んでおります。

 次に、支出につきましては、職員給与費は職員の減少等により、前年度に対し7,379万1,000円減少の3億866万2,000円、燃料油脂費は2,343万5,000円、車両修繕費は1,869万7,000円、減価償却費は1,842万9,000円、いわくにバス株式会社への委託料を含む諸経費は9,055万5,000円を計上しております。

 そのほか営業外費用として、納付すべき消費税の見込み額等を計上しております。

 以上、収益的収支は、収入総額3億7,418万1,000円に対し、支出総額が4億6,711万6,000円となり、収支差し引き額は、税込み額で9,293万5,000円の赤字となる見込みでございます。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出についてですが、収入につきましては、建設改良費の財源として、県補助金458万7,000円、いわくにバス株式会社へのバス4両等の売却代金として、固定資産売却代金352万9,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、建設改良費に、バス待合所上屋の建設の事業費として100万円を計上しております。

 以上、御説明いたしましたことは、平成25年度岩国市交通事業会計予算の第1条から第8条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、平成25年度岩国市交通事業会計予算説明書に記載しております。

 以上で、議案第27号 平成25年度岩国市交通事業会計予算についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第14議案第28号平成25年度岩国市水道事業会計予算

        議案第29号 平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算 



○議長(武田正之君)  日程第14 議案第28号 平成25年度岩国市水道事業会計予算及び議案第29号 平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算、以上2議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第28号 平成25年度岩国市水道事業会計予算について御説明いたします。

 昨年9月市議会定例会において議決をいただきました水道料金の改定により、5月から新しい水道料金となり、その財源をもとに「水道施設耐震化10カ年計画」を本格的にスタートさせていただきます。

 平成25年度においては、主に耐震化詳細設計業務を実施し、あわせて老朽化の著しい配水管について耐震管への布設がえを行ってまいります。

 また、料金徴収業務の委託に伴い、4月から料金お客さまセンターを開設し、お客様へのサービス強化と利便性の向上を目指してまいります。

 なお、簡易水道統合事業につきましては、由西簡易水道、美和簡易水道及び秋掛簡易水道を統合しますが、施設の維持管理と今後の統合作業の準備を行うため、新たに4月から美和総合支所内に玖北事業所を開設いたします。

 以上の方針に基づき予算編成を行いました。

 業務の予定量につきましては、年間総給水量1,485万8,824立方メートル、給水戸数5万6,740戸を見込んでおります。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成25年度岩国市水道事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、水道料金の改定などに伴い、給水収益は前年度に対し2億7,030万5,000円増の19億2,182万円を見込んでおります。そのほかの主な収入につきましては、その他営業収益を3,084万1,000円及び雑収益を1億3,829万4,000円とし、収入総額21億995万2,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費等を6億7,048万8,000円、修繕費、動力費、薬品費、その他諸経費等の維持管理費を6億5,357万2,000円並びに支払い利息及び減価償却費等を5億9,722万5,000円計上し、支出総額は19億2,128万5,000円となります。

 したがいまして、収支差し引き1億8,866万7,000円の当年度利益となる見込みであります。

 次に、第2表の資本的収支の主な収入につきましては、企業債を5億7,500万円、国庫補助金を1億3,162万4,000円、工事負担金を1億5,437万5,000円及び他会計出資金を8,074万5,000円とし、収入総額9億6,927万8,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、高所地区配水管等改良事業費を3,445万5,000円、配水施設整備事業費を2億65万9,000円、由宇地区給水事業費を1億1,451万7,000円、浄水施設整備事業費を6,167万7,000円、藤河・御庄地区給水区域拡大事業費を3億6,574万6,000円、水道施設耐震化事業費を1億2,059万4,000円、耐震管整備事業費を3億5,628万4,000円、水質検査機器整備事業費を1,664万1,000円及び改良費を1,959万円とし、普及率の向上と安全安定給水の確立を図る事業費を計上しております。

 そのほか、企業債償還金等を2億5,957万2,000円として、支出総額は15億4,973万5,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額5億8,045万7,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額4,425万1,000円、建設改良積立金1億5,735万9,000円及び過年度分損益勘定留保資金3億7,884万7,000円で補填するものであります。

 以上、御説明しましたことは、平成25年度岩国市水道事業会計予算の第1条から第11条までに定めており、予算の詳細は、別冊の平成25年度岩国市水道事業会計予算説明書に記載しております。

 引き続き、議案第29号 平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算について御説明いたします。

 業務の予定量につきましては、昨年10月、日本製紙クレシア株式会社岩国工場が生産設備を停止したことから、年間総給水量は615万3,170立方メートルとしております。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 第3表の収益的収支の収入につきましては、給水収益を1億3,050万8,000円、受託工事収益を50万円及び雑収益等を814万1,000円とし、収入総額1億3,914万9,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費等を5,230万8,000円、修繕費、動力費、その他諸経費等の維持管理費を3,284万7,000円、支払い利息及び減価償却費等を4,561万4,000円並びに消費税475万3,000円を計上し、支出総額は1億3,552万2,000円となります。

 したがいまして、収支差し引き362万7,000円の当年度利益となる見込みであります。

 次に、第4表の資本的収支の収入総額は1万3,000円を見込んでおります。

 また、支出につきましては、改良費を650万5,000円及び企業債償還金等を1,937万3,000円計上し、支出総額は2,587万8,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2,586万5,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額30万9,000円、減債積立金1,927万3,000円及び過年度分損益勘定留保資金628万3,000円で補填するものであります。

 以上、御説明しましたことは、平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算の第1条から第7条までに定めており、予算の詳細は、別冊の平成25年度岩国市工業用水道事業会計予算説明書に記載しております。

 以上をもちまして、議案第28号及び議案第29号の概要についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本2議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本2議案は委員会において審査していただくことにして、2議案とも建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第15議案第30号平成25年度岩国市病院事業会計予算



○議長(武田正之君)  日程第15 議案第30号 平成25年度岩国市病院事業会計予算を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第30号 平成25年度岩国市病院事業会計予算について御説明いたします。

 業務の予定量としましては、年間患者予定数を入院3万5,747人、外来5万9,816人、1日平均患者予定数を入院98人、外来249人と見込んでおります。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成25年度岩国市病院事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、入院収益を前年度に対し3,772万5,000円増の6億8,282万5,000円、外来収益を前年度に対し2,281万4,000円増の6億3,412万6,000円見込んでおります。他会計補助金の内訳は、一般会計繰入金を1億3,832万8,000円、診療所の国保会計繰入金を220万円とし、そのほかの収入につきましては、その他の医業収益を1億5,341万9,000円、患者外給食収益を151万3,000円、その他の医業外収益を836万4,000円及び受取利息などを19万円とし、収入総額16億2,096万5,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費、材料費及び経費を15億4,533万2,000円計上しており、構成比率95.3%を占めております。現金支出を伴わない減価償却費及び資産減耗費を5,293万円、支払い利息を262万3,000円、調査研究費を500万円、研究研修費等を1,508万円計上し、支出総額は、収入総額と同額の16億2,096万5,000円を計上しております。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、企業債を2,450万円、地方公営企業繰り出し基準による一般会計出資金を4,271万7,000円、医療機器購入国庫補助金として国保会計繰入金を1,495万円とし、収入総額8,216万7,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、有形固定資産購入費等を5,265万2,000円、企業債償還金を4,974万4,000円とし、支出総額は1億239万6,000円を計上しております。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2,022万9,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額250万8,000円及び過年度分損益勘定留保資金1,772万1,000円で補填するものでございます。

 以上、御説明しましたことは、平成25年度岩国市病院事業会計予算の第1条から第9条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、別冊の平成25年度岩国市病院事業会計予算説明書に記載しております。

 以上で、平成25年度岩国市病院事業会計予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第16議案第31号岩国市環境審議会条例



○議長(武田正之君)  日程第16 議案第31号 岩国市環境審議会条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第31号 岩国市環境審議会条例について御説明いたします。

 本議案は、岩国市環境審議会を設置するため提案するものでございます。

 本審議会は、環境基本法に基づく環境の保全に関する基本的な事項や、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく一般廃棄物の減量等に関する事項等について、従来、岩国市市政市民会議において調査審議しておりましたが、同会議が平成24年10月1日に廃止となったことから、新たに地方自治法第138条の4第3項の規定に基づく市の附属機関として設置するものでございます。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明いたします。

 本条例は8条から成るもので、第1条では岩国市環境審議会の設置を、第2条では審議会の所掌事項を、第3条から第5条までは審議会の組織、委員の任期、会長及び副会長を、第6条では審議会の会議を、第7条では意見の聴取をそれぞれ定めており、第8条では委任について規定しております。

 また、本審議会の委員について報酬等の支給を行うため、本条例の附則において、岩国市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正し、規定の追加を行っております。

 なお、本条例は、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第17議案第32号岩国市新型インフルエンザ等対策本部条例



○議長(武田正之君)  日程第17 議案第32号 岩国市新型インフルエンザ等対策本部条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第32号 岩国市新型インフルエンザ等対策本部条例について御説明します。

 本議案は、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」(平成24年法律第31号)の施行に伴い、国において新型インフルエンザ等緊急事態宣言が出されたときに市が設置する岩国市新型インフルエンザ等対策本部に関し、必要な事項を定めるため提案するものでございます。

 新型インフルエンザ等対策本部は、国内において病原性等が強いおそれがある新型インフルエンザ等が発生したと認められ、国において新型インフルエンザ等緊急事態宣言が出されたときに、市町村に設置されなければならないこととされており、その必要な事項は、条例で定めることとされております。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明します。

 本条例は5条から成るもので、第1条はこの条例の趣旨を、第2条から第4条までは対策本部の組織、会議、部を、第5条は本条例の施行についての委任を、それぞれ定めております。

 なお、本条例は新型インフルエンザ等対策特別措置法の施行の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第18議案第33号岩国市特別会計条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第18 議案第33号 岩国市特別会計条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第33号 岩国市特別会計条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、平成25年4月から駐車場事業を実施することに伴い、規定の整備を行うため提案するものでございます。

 改正の内容としましては、後ほど、議案第41号 岩国市営駐車場設置条例の一部を改正する条例で御説明いたしますが、現在、財団法人岩国市施設管理公社が管理運営している三笠橋駐車場及び麻里布駐車場について、公社の解散に伴い本年12月1日から市が直接管理運営を行うこととなるため、既に市が一般会計において直接管理運営を行っている由宇駅前駐車場及び神代駅前駐車場とあわせ、駐車場事業として実施するに当たり、地方自治法第209条第2項の規定に基づき、岩国市駐車場事業特別会計を設置するものでございます。

 なお、本条例は平成25年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第19議案第34号岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第19 議案第34号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第34号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本市におきましては、水道局による上水道及び市長部局による14地区の簡易水道等により、水道の普及を図っているところでございます。

 本議案は、平成20年度に策定いたしました岩国市簡易水道事業統合計画に基づき、由西簡易水道事業、美和簡易水道事業及び秋掛簡易水道事業を、岩国市水道事業に移管することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、別表第1から別表第3までに規定する由西簡易水道事業、美和簡易水道事業及び秋掛簡易水道事業に係る部分を削除するものです。

 また、今後につきましては、本計画に基づき、平成28年度までの4年間で柱島3島を除く8簡易水道事業を順次、岩国市水道事業に移管・統合する予定としております。

 なお、本条例の施行期日は、本年4月1日からとし、由西地区、美和地区及び秋掛地区の水道料金は、施行日の直前の定例日──いわゆる検針日以後の使用に係るものについては岩国市水道条例の規定を適用し、同日前の使用に係るものについては簡易水道条例の規定を適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第20議案第35号岩国市下水道条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第20 議案第35号 岩国市下水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第35号 岩国市下水道条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、昨年9月市議会定例会において議決された岩国市水道条例の一部を改正する条例が本年5月1日に施行されることに伴い、公共下水道の使用料算定の特例に係る規定の整備を行うため提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、使用期の中途において公共下水道の使用を開始あるいは廃止等をした場合の使用料の算定について、水道水の使用料の算定と同様の運用ができるよう、規定の整備を行うものでございます。

 また、使用期の中途において汚水の区分に変更があった場合の使用料の算定について、規定の追加を行っております。

 なお、本条例は公布の日から施行することとし、使用料算定の特例に関する部分は、岩国市水道条例の一部を改正する条例の施行期日と同様、本年5月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第21議案第36号岩国市小規模下水道条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第21 議案第36号 岩国市小規模下水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第36号 岩国市小規模下水道条例の一部を改正する条例について、御説明いたします。

 本議案は、岩国市小規模下水道のうち由宇町の千鳥ヶ丘下水道につきまして、公共下水道事業に移管したこと等に伴い、規定の整備を行うため提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、別表第1及び別表第2に規定する千鳥ヶ丘下水道に係る部分を削除するものでございます。

 また、議案第35号の岩国市下水道条例の一部を改正する条例と同様、使用期の中途において小規模下水道を開始あるいは廃止等をした場合の使用料の算定について整備を行っております。

 なお、本条例は本年4月1日から施行することとし、使用料算定の特例に関する部分は、岩国市下水道条例の一部を改正する条例の施行期日と同様、本年5月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第22議案第37号地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例 



○議長(武田正之君)  日程第22 議案第37号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第37号 地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例について御説明します。

 本議案は、平成24年6月27日に公布されました「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律」(平成24年法律第51号)が本年4月1日から施行され、障害者自立支援法が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改められることなどに伴い、規定の整備を行うため提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例、岩国市障害者自立支援条例、岩国市障害者サービスセンター条例及び岩国市消防団員等公務災害補償条例について、引用しております法律の題名を改めるものです。また、岩国市障害者自立支援条例につきましては、法の改正趣旨に合わせ、条例の題名を岩国市障害者総合支援条例に改めるとともに、条例の趣旨について規定の整備を行っております。

 なお、本条例は、法の施行日と同様、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第23議案第38号岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第23 議案第38号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第38号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、柱野小学校区に新たに放課後児童教室を設置するため提案するものでございます。

 現在、放課後児童教室を設置していない柱野小学校区において、保護者等から強い要望がありますことから、柱野小学校の余裕教室を利用して放課後児童教室を開設することとし、新たに条例に追加する改正を行うものでございます。

 この結果、市内における放課後児童教室の総数は32教室となり、その内訳は直営が30教室、委託が錦放課後児童教室及び神東放課後児童教室の2教室となります。

 なお、本条例は、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第24議案第39号岩国市国民健康保険条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第24 議案第39号 岩国市国民健康保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第39号 岩国市国民健康保険条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、「国民健康保険法施行令等の一部を改正する政令」(平成23年政令第430号)が平成23年12月28日に公布され、その一部が本年4月1日から施行されること、また、「国民健康保険法施行令及び国民健康保険の国庫負担金等の算定に関する政令の一部を改正する政令」(平成25年政令第16号)が本年1月25日に公布され、同日から施行されたことに伴いまして、規定の整備を行うため提案するものでございます。

 主な改正の内容としましては、平成25年度以後の年度分の保険料について、保険料負担を緩和する観点から、一般被保険者に係る基礎賦課総額、一般被保険者に係る後期高齢者支援金等賦課総額及び介護納付金賦課総額について、従来の算定方法で算出した賦課総額に減免額の総額を加えたものを基準として算定した額とすることができるよう、算定方法を改めるとともに、平成25年度までの暫定措置としていた医療に要する費用を市町村が共同で負担するための交付金事業を、平成26年度まで継続するものでございます。

 なお、本条例は、平成25年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第25議案第40号岩国市診療所条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第25 議案第40号 岩国市診療所条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第40号 岩国市診療所条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、岩国市立本郷歯科診療所の診療日を毎週火曜日、木曜日及び金曜日の週三日から、毎週火曜日及び金曜日の週二日に変更することに伴い、規定の整備を行うため提案するものでございます。

 本郷歯科診療所は、本郷地区住民の歯科医療を確保するため、昭和56年4月に開設し、現在、広島大学病院から派遣していただいております歯科医師と嘱託職員の歯科助手で診療を行っております。

 平成23年度の診療所受診者数は1,321人で、過去3年間の1日平均患者数は6人から9人で推移しております。今年度1月末現在の受診者数は904人で、前年度同時期の1,129人と比較しますと約20%減少しております。

 そうした中、受診者数の減少や広島大学病院から派遣していただいている歯科医師の出務に対する報償が高額であることなどから、診療日や診療時間を変更することなどについて種々検討するとともに、昨年10月、歯科医師の派遣元である広島大学病院を訪問し、協議しました結果、出務していただく診療日を週三日から週二日に変更することについて、了解が得られたところでございます。

 また、診療日の変更につきましては、本年1月29日に住民説明会を開催し、変更に至るまでの経緯や理由等の説明を行いましたところ、理解が得られたところでございます。

 本会議で御承認いただいた後には、地区住民の歯科医療に支障を来さないよう、周知を図る予定としております。

 今後につきましても、引き続き本郷地区の歯科医療の確保を図るとともに、住民福祉の向上に努めてまいりたいと考えております。

 なお、本条例の施行日は、本年4月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。



◆22番(味村憲征君)  おおむねわかりましたけれども、現在の診療時間は何時から何時までですか。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  午前9時半から午後4時半です。



○議長(武田正之君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第26議案第41号岩国市営駐車場設置条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第26 議案第41号 岩国市営駐車場設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第41号 岩国市営駐車場設置条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、三笠橋駐車場及び麻里布駐車場を新たに岩国市営駐車場として供用開始することに伴い、規定の整備を行うため提案するものです。

 岩国市営駐車場として設置しております駐車場は、由宇駅前駐車場及び神代駅前駐車場の2カ所でございますが、財団法人岩国市施設管理公社が本年11月30日をもって解散することに伴い、公社が管理運営しております三笠橋駐車場及び麻里布駐車場につきましても、本年12月1日から新たに市営駐車場として設置し、管理運営することとしております。

 改正の内容といたしましては、三笠橋駐車場及び麻里布駐車場を条例に加え、使用料等駐車場の管理運営に必要な事項を定めるとともに、指定管理者制度の導入が可能となるよう規定の整備を行っております。

 両駐車場は中心市街地において重要な役割を担っており、市といたしましても、都市機能障害の発生を予防し、円滑な道路交通を確保するため、引き続き適切な管理運営に努めてまいります。

 なお、本条例は、平成25年12月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第27議案第42号岩国市手数料条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第27 議案第42号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第42号 岩国市手数料条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、都市の低炭素化の促進に関する法律の施行に伴い、同法第53条の規定に基づく低炭素建築物新築等計画の認定申請及び同法第55条の規定に基づく変更認定申請において手数料を新たに徴収するため、提案するものです。

 都市の低炭素化の促進に関する法律は、平成24年9月に公布され、平成24年12月4日に施行された法律で、低炭素建築物の普及促進のための措置を講ずること等により、都市の低炭素化の促進を図り、もって都市の健全な発展に寄与することを目的として制定されたものです。

 市街化区域等の区域内において、低炭素化に資する建築物の新築等をしようとする者は、低炭素建築物新築等計画を作成し、所管行政庁に認定の申請をすることができ、所管行政庁は、申請された計画が国の定めた基準に適合するかどうか審査し、認定することができるものとされております。

 本議案は、その認定審査に係る事務相当分の手数料を地方自治法第227条に基づき徴収しようとするものです。

 認定審査手数料の額につきましては、国から示された試算をもとに算出したもので、1戸建て住宅につきましては、1件につき4万7,000円を基本とし、共同住宅等または複合建築物のうち住戸部分につきましては、申請に係る戸数の区分に応じ、非住宅建築物のうち工場等の用に供する部分及びそれ以外の部分については、床面積の合計の区分に応じ、手数料の額を定めております。

 なお、本条例の施行期日につきましては、平成25年4月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第28議案第43号岩国市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第28 議案第43号 岩国市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第43号 岩国市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、「道路法施行令及び道路整備特別措置法施行令の一部を改正する政令」が施行されることに伴い、条文の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容といたしましては、道路法施行令の改正に伴い、岩国市道路占用料徴収条例別表において引用しております同政令の条文について整備を行うものです。

 なお、本条例は政令の施行日と同様、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第29議案第44号岩国市由宇温泉供給条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第29 議案第44号 岩国市由宇温泉供給条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎由宇総合支所長(山本昭生君)  議案第44号 岩国市由宇温泉供給条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、由西簡易水道事業を岩国市水道事業に移管することに伴い、由宇温泉の使用料等に係る規定の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容といたしましては、由宇温泉の使用料及び負担金について、これまで岩国市簡易水道条例のうち由西簡易水道に係る規定を準用して算定しておりましたが、移管に伴い、岩国市水道条例の規定を準用して算定するため、規定の整備を行うものです。

 なお、本条例の施行期日は、本年4月1日としておりますが、由宇温泉の使用料については、施行日の直前の検針の日以後の使用に係るものについては岩国市水道条例の規定を準用して算定し、同日前の使用に係るものについては由西簡易水道に係る規定を準用して算定することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第30議案第45号岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第30 議案第45号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第45号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、平成20年度に策定しました岩国市簡易水道事業統合計画に基づき、由西簡易水道事業、美和簡易水道事業及び秋掛簡易水道事業を岩国市水道事業に統合することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、別表に由西簡易水道事業、美和簡易水道事業及び秋掛簡易水道事業の区域を追加するものでございます。

 統合後の由西地区、美和地区及び秋掛地区の水道料金は、岩国市水道事業の水道料金に統一されることから、大幅に引き下げられるほか、上水道施設としての厳しい水質監視によって、より安全な水道水が供給されることとなります。

 なお、本条例の施行期日は、本年4月1日としております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第31議案第46号岩国市周東食肉センター基金条例を廃止する条例



○議長(武田正之君)  日程第31 議案第46号 岩国市周東食肉センター基金条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第46号 岩国市周東食肉センター基金条例を廃止する条例について御説明いたします。

 岩国市周東食肉センター基金は、旧周東町において昭和37年に設置したもので、食肉センターの運営または施設整備に必要な資金に充てることを目的としております。

 近年におきましては、平成9年度の本館棟レール改修や平成11年度の汚水処理施設の整備、平成16年度の搾ふん脱水機の整備など、施設や設備の整備、改修の費用に充てるとともに、平成8年度に発生したO−157や平成13年に発生したBSEによる処理頭数の減少に伴う収入源の不足を補うため、運営費に充てるなどしております。

 本議案は、周東食肉センターについて、本年度から改築工事に着手したことに伴い、その財源に残存する基金の全部を充てるため、当該基金条例を廃止するものでございます。

 なお、本条例の施行期日は、平成25年3月31日としております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第32議案第47号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更について



○議長(武田正之君)  日程第32 議案第47号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第47号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更について御説明いたします。

 本議案は、平成24年6月、市議会定例会において御承認をいただきました、岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の締結について、契約金額を変更するため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 本事業の概要といたしましては、公共下水道の錦見排水区の面的整備の進捗状況に応じて、錦見ポンプ場建設工事として、平成24年度から平成25年度までの2カ年において、沈砂池2池の機械設備及び口径1,350ミリの雨水ポンプ設備を1台、並びにこれらに係る電気設備を増設する工事を行っているものでございます。

 契約金額の変更の理由といたしましては、協定締結後に、契約の相手方である日本下水道事業団が実施した当該工事に係る入札結果により生じた当初契約金額との差額について、このたび精算することによるものでございます。

 以上のことから、本工事委託の契約金額を4億7,600万円から4億645万円に変更する変更協定を、日本下水道事業団理事長、谷戸善彦と締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第33議案第48号財産の減額貸付けについて



○議長(武田正之君)  日程第33 議案第48号 財産の減額貸付けについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第48号 財産の減額貸付けについて御説明いたします。

 本議案は、市有地である特別養護老人ホーム灘海園の敷地、約6,450平方メートルを社会福祉法人山口県社会福祉事業団に対し、貸付料を減額して貸し付けることについて、市議会の議決を求めるものであります。

 御承知のとおり、現灘海園は、平成17年4月1日、山口県から社会福祉法人山口県社会福祉事業団に移管された施設であり、建物につきましては、山口県から同法人に無償で譲渡されたものでございます。その敷地につきましては、現在、本市が同法人に貸付料の2分の1の額を減額して貸し付けており、その普通財産賃貸借契約の貸付期間は、平成22年4月1日から本年3月31日までとなっております。

 現在の契約の貸付期間が本年3月31日に満了となることから、本年2月4日付で、社会福祉法人山口県社会福祉事業団から本市に対して普通財産借り受け申込書が提出されておりますが、今回の貸し付けは、新施設の愛宕町一丁目への移転、開設に伴う現施設の取り壊しを目的とするもので、貸付期間は本年4月1日から10月31日までとなっております。

 貸し付けを行うに当たっては、その貸付料を岩国市普通財産の貸付けに関する基準に基づき、314万2,296円と算定しておりますが、社会福祉法第58条第1項において、地方公共団体は必要があると認めるときは社会福祉法人に対し、通常の条件よりも有利な条件で財産を貸し付けることができると規定されていること、また山口県におきましては、施設の移管先に県有地の貸し付けを行う場合は、関係規定に基づいて算定した貸付料の2分の1の額を減額するとしていることなどを総合的に勘案した結果、引き続き本年4月1日から10月31日までの貸付料の2分の1の額を減額して貸し付けるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第34議案第49号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第34 議案第49号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第49号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 ふれあい交流館西岩国につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である特定非営利活動法人西岩国・駅と広域まちづくりの会に管理をお願いしております。

 本施設は、市民の広域的交流と地域活性化により、市民の文化の向上と福祉の増進を図ることを目的として設置されたもので、当該施設を拠点とした観光振興とまちおこしを目的に、地元の有志により設立された特定非営利活動法人西岩国・駅と広域まちづくりの会が平成16年から管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、平成16年からの管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、特定非営利活動法人西岩国・駅と広域まちづくりの会をふれあい交流館西岩国の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第35議案第50号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第35 議案第50号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  地方自治法第117条の規定により、24番 桑原敏幸君の退席を求めます。

  〔桑原敏幸議員除斥〕



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎市民生活部長(赤崎忠利君)  議案第50号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国市連帆野地供用会館ほか22の供用会館の管理につきましては、本年3月31日までの間、それぞれ指定管理者である地元自治会、地元協議会及び地元運営委員会に行わせております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、これらの施設は地域住民の学習、保育、休養及び集会の用に供し、もって福祉の増進を図ることを目的に設置した施設であり、これらの施設を効率的、効果的に管理運営していくには、地域住民で組織された自治会組織が最も適しております。

 また、今日まで設置目的に沿った適切な管理運営がなされており、地域の住民活動の推進にも大きく寄与しておりますことから、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により地元自治会、地元協議会及び地元運営委員会を指定管理候補者として選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

  〔桑原敏幸議員入場〕

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第36議案第51号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第36 議案第51号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  地方自治法第117条の規定により、7番 片岡勝則君、9番 片山原司君の退席を求めます。

  〔片岡勝則議員・片山原司議員除斥〕



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎市民生活部長(赤崎忠利君)  議案第51号 指定管理者の指定について御説明します。

 別紙に掲げる38の集会所のうち、美和東部コミュニティセンター及び美和西部ふれあいセンターの管理は、現在は直営で行っており、両施設を除く36の集会所の管理につきましては、本年3月31日までの間、それぞれ指定管理者である地元自治会に行わせております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、これらの施設は、地域住民の連帯意識を高め、健康で文化的な近隣社会の建設とその発展に寄与することを目的にした施設であり、施設を効率的、効果的に管理運営していくには、これまで地域の住民活動の推進に大きく寄与している地域住民で組織された団体が最も適しております。

 このことから、美和東部コミュニティセンターは複数の自治会で組織された坂上東部ふるさとづくりが、美和西部ふれあいセンターにつきましては坂上西部ふるさとづくりが、両施設を除く36の集会所につきましては地元自治会が、これらの施設の設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により指定管理候補者として選定いたしましたので、本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

  〔片岡勝則議員・片山原司議員入場〕

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第37議案第52号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第37 議案第52号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第52号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 岩国市療育センターの管理につきましては、平成24年7月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社団法人岩国市医師会に行わせております。

 本施設は、心身に障害のある児童及びその障害が懸念される児童の福祉の増進を図ることを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、本施設で行われている療育相談、療育訓練等に実績があり、また、本施設が、社団法人岩国市医師会が開設する岩国市医療センター医師会病院の敷地内にあることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、社団法人岩国市医師会を岩国市療育センターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成26年3月31日までの1年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第38議案第53号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第38 議案第53号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第53号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国市高須へき地保育園の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者であるへき地保育園運営高須地区連合会に行わせております。

 本施設は、児童福祉法第39条に規定する保育所を設置することが著しく困難と認められる山間地の保育を必要とする児童に対し必要な保護を行い、これらの児童の福祉の増進を図ることを目的として設置されたもので、平成4年の設置当初から、へき地保育園運営高須地区連合会が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、平成4年からの長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、へき地保育園運営高須地区連合会を岩国市高須へき地保育園の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することにつきまして市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第39議案第54号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第39 議案第54号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎由宇総合支所長(山本昭生君)  議案第54号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 由宇南沖研修センター及び由宇南研修センターの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、それぞれ指定管理者である南沖自治会及び由宇みなみ施設管理協議会に行わせております。

 両施設は、勤労者及び地域住民の研修、集会及び交流の用に供し、もって福祉の増進を図ることを目的として設置されております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、両施設の設置目的の達成及び施設の有効活用を図るには地元自治会及び地元協議会が適しているため非公募とし、その指定管理候補者として南沖自治会及び由宇みなみ施設管理協議会が適任であると判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第40議案第55号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第40 議案第55号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎周東総合支所長(竹森英雄君)  議案第55号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 周東食肉流通センターの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である玖西食肉加工事業協同組合に行わせております。

 本施設は、食肉の計画的な集出荷と流通の改善合理化を目的として設置されたもので、昭和57年の設置当初から玖西食肉加工事業協同組合が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、昭和57年からの長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、玖西食肉加工事業協同組合を周東食肉流通センターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第41議案第56号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第41 議案第56号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎周東総合支所長(竹森英雄君)  議案第56号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 本郷ライスセンター及び周東川越ライスセンターの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、それぞれ指定管理者である本郷農作業受託組合及び山口東農業協同組合に行わせております。

 両施設は、岩国市における稲作生産効率の向上と低コスト化を目指し、施設の共同利用による農業経営の安定を積極的に推進することを目的として設置されたもので、平成7年から本郷農作業受託組合及び山口東農業協同組合が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、平成7年からの長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、両施設について、本郷農作業受託組合及び山口東農業協同組合を当該施設の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第42議案第57号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第42 議案第57号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎周東総合支所長(竹森英雄君)  議案第57号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 高森南共同畜舎の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である玖西家畜商組合に行わせております。

 本施設は、岩国市における肉用牛生産の安定を図ることを目的として設置されたもので、平成9年から玖西家畜商組合が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、平成9年からの長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、玖西家畜商組合を高森南共同畜舎の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第43議案第58号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第43 議案第58号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎周東総合支所長(竹森英雄君)  議案第58号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 周東西山牧場の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である山口東農業協同組合に行わせております。

 本施設は、岩国市における肉用牛生産の安定を目指し、牧草利用による飼料自給率の向上を積極的に推進することを目的として設置されたもので、設置当初から山口東農業協同組合が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、山口東農業協同組合を周東西山牧場の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第44議案第59号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第44 議案第59号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎錦総合支所長(松藤幾治君)  議案第59号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 須万地高齢者等活動促進施設の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である須万地自治会に行わせております。

 本施設は、高齢者等の生産創作活動、研修、集会、伝統文化伝承等の自主的活動の助長に寄与することを目的として設置されたもので、平成15年の設置当初から須万地自治会が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、平成15年からの長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、須万地自治会を須万地高齢者等活動促進施設の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第45議案第60号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第45 議案第60号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎美川総合支所長(杉山良彦君)  議案第60号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 美川農林漁業体験実習館山ほたるの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である美川開発株式会社に行わせております。

 本施設は、市民の憩いの場及び広域利用者受け入れの中心施設として、市民の福祉の増進並びに市の産業の活性化を図ることを目的として設置されたものでございます。

 本施設は、本市及び民間から出資された第三セクターである美川開発株式会社が経営する美川ムーバレーと隣接しており、両施設の利用をセットにした商品を販売するなど、一体的な運用がなされております。また、平成8年の設置当初から美川開発株式会社が管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、平成8年からの長年にわたる管理実績があり、また、美川ムーバレーとの一体的な管理運営により本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、美川開発株式会社を山ほたるの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第46議案第61号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第46 議案第61号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎美川総合支所長(杉山良彦君)  議案第61号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 ウッドビレッジみかわの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である美川木工株式会社に行わせております。

 本施設は、森林資源を活用した木工製品等地域産品の販路を拡大するとともに、手づくり製品に対する消費者の理解を深め、もって岩国市の林業振興を図ることを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、木の町美川の特色を市内外に知らしめる活動を行うなど、これまでの管理実績があり、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、美川木工株式会社をウッドビレッジみかわの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第47議案第62号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第47 議案第62号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎美和総合支所長(松田清君)  議案第62号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 北中山交流館及び北門ふるさと交流館の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、それぞれ指定管理者である北中山ふるさとづくり委員会及び北門ふるさと交流館管理組合に行わせております。

 両施設は、伝統芸能、スポーツ等を通して、市民の広域的交流、地域の活性化、市民文化の向上及び福祉の増進を図ることを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、これまでの管理実績があり、また、地域の住民活動の推進にも大きく寄与していることから、両施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、両施設について、北中山ふるさとづくり委員会及び北門ふるさと交流館管理組合を当該施設の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第48議案第63号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第48 議案第63号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎美和総合支所長(松田清君)  議案第63号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 美和いきみikiikiセンターの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である農産物加工直売まごころの里に行わせております。

 本施設は、農産物の加工直売による特産品の振興及び都市住民との交流並びに地域住民の連帯意識を高め、地域の発展に寄与することを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、これまでの管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、農産物加工直売まごころの里を美和いきみikiikiセンターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第49議案第64号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第49 議案第64号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎美和総合支所長(松田清君)  議案第64号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 美和阿賀ふれあいセンターの管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である阿賀ふれあいセンター管理組合に行わせております。

 本施設は、高齢者や障害者の健康で生きがいのある生活環境の創造と諸活動の活性化を図り、他地域との交流を促進することを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、これまでの管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、阿賀ふれあいセンター管理組合を美和阿賀ふれあいセンターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第50議案第65号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第50 議案第65号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎美和総合支所長(松田清君)  議案第65号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 美和立岩草地の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である立岩牧野組合に行わせております。

 本施設は、肉用牛の飼育のための飼料の生産を行い、もって畜産の振興を図ることを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、これまでの管理実績及び利用者との信頼関係があることから、本施設が効率的に活用され、設置目的の効果的な達成及び適切な運営を確保することができると認められるため、立岩牧野組合を美和立岩草地の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

午後2時57分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後3時25分 再開 



○議長(武田正之君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 ここで、あらかじめ会議時間の延長をいたしておきます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第51議案第66号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第51 議案第66号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  議案第66号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 岩国行波の神舞伝承館の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である行波自治会に行わせております。

 本施設は、国指定重要無形民俗文化財岩国行波の神舞を初めとする民俗芸能の保存及び伝承活動を促進することにより、文化的な交流活動の用に供することを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、本施設の効率的活用及び適正な管理を実施していくには、岩国行波の神舞保存会の活動の母体となっている地元の行波自治会が適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第52議案第67号指定管理者の指定について



○議長(武田正之君)  日程第52 議案第67号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  議案第67号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 岩国市沼田ふれあい神楽交流館の管理につきましては、平成22年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である上沼田神楽保存会に行わせております。

 本施設は、神楽を初めとする民俗芸能の保存及び伝承活動を促進することにより、文化的な交流活動の用に供することを目的として設置されたものでございます。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、本施設の効率的活用及び適正な管理を実施していくには、活動を行っている上沼田神楽保存会が適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成28年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第53議案第68号山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に関する協議について



○議長(武田正之君)  日程第53 議案第68号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第68号 山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び規約の変更に関する協議について御説明いたします。

 本議案は、地方自治法第286条第1項の規定により、山口県市町総合事務組合の共同処理する事務のうち、交通災害共済事務を共同処理する団体から、平成25年3月31日限り山口市が脱退すること及び平成25年4月1日から、非常勤職員公務災害補償事務を共同処理する団体に、新たに光地区消防組合及び柳井地域広域水道企業団が加入することに伴い、山口県市町総合事務組合を組織する地方公共団体の数を増加し、共同処理する事務及び規約の変更を行うことに関し、関係地方公共団体と協議して定めることについて、同法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第54議案第69号山口県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について



○議長(武田正之君)  日程第54 議案第69号 山口県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第69号 山口県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について御説明いたします。

 本議案は、住民基本台帳法の一部を改正する法律等の施行に伴い、山口県後期高齢者医療広域連合規約を変更することに関し、地方自治法第291条の3第3項の規定に基づき、関係地方公共団体と協議して定めることについて、同法第291条の11の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 規約の内容の変更についてでございますが、平成24年7月9日から国において新しい在留管理制度が始まり、外国人住民の方も、日本人と同じく住民基本台帳法が適用されることとなったことから、規約の整備を行うものでございます。

 なお、この規約の変更は、平成25年4月1日から適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第55議案第70号市道路線の認定について



○議長(武田正之君)  日程第55 議案第70号 市道路線の認定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第70号 市道路線の認定について御説明いたします。

 本議案は、5路線の総延長約854メーターを新たに市道路線に認定し、適正な道路維持管理を実施しようとするものです。

 その内訳でございますが、開発行為に伴う3路線の総延長約579メーター及び市道認定基準に関する要綱に基づき申請された2路線の総延長約275メーターでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第56議案第71号市道路線の変更について



○議長(武田正之君)  日程第56 議案第71号 市道路線の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第71号 市道路線の変更について御説明いたします。

 本議案は、市道2路線の起点を変更し、その総延長約435メーターを458メーターに変更するものでございます。

 その内訳でございますが、市道南岩国町160号線との交差点改良により接続する市道平田46号線及び市道平田59号線の起点を変更し、平田46号線にあっては延長約182メーターが約193メーターに、平田59号線にあっては延長約253メーターが約265メーターに変更するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第57議案第72号辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について



○議長(武田正之君)  日程第57 議案第72号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第72号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について御説明いたします。

 本総合整備計画は「辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律」に基づいて、公共的施設の総合的かつ計画的な整備を推進し、辺地とその他の地域における住民の生活環境水準の格差是正を図ることを目的とするものです。

 現在、岩国市には27の辺地があり、その中の四つの辺地について総合整備計画を策定しておりますが、柱島、六呂師及び野谷辺地につきましては、平成24年度までの計画となっております。

 本議案は、六呂師及び野谷の2地域を対象として総合整備計画を策定するもので、法第3条第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 六呂師におきましては、林道叶畑線の開設事業として、平成25年度の1年間で事業費2,940万円、辺地対策事業債1,020万円を予定しております。

 野谷におきましては、市道広瀬7号線改良事業として、平成25年度から平成27年度までの3年間で事業費1億400万円、辺地対策事業債1億400万円を予定しております。

 六呂師では林業の振興に、また野谷では市道の改良による利便性の向上に寄与するものと考えております。

 なお、この総合整備計画に基づいて許可された辺地対策事業債につきましては、その元利償還に要する経費の80%に相当する額が、地方交付税の基準財政需要額に措置されることとなっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第58議案第73号岩国市過疎地域自立促進計画の変更について



○議長(武田正之君)  日程第58 議案第73号 岩国市過疎地域自立促進計画の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第73号 岩国市過疎地域自立促進計画の変更について御説明いたします。

 岩国市過疎地域自立促進計画は、過疎地域自立促進特別措置法及び同法施行令に基づき、平成22年9月に策定したもので、平成22年度から平成27年度までの6年間について、過疎地域とみなされる旧本郷村、旧錦町、旧美川町及び旧美和町の区域の自立促進の基本方針や各分野における現状、対策、事業計画などを定めております。

 本議案は、岩国市過疎地域自立促進計画に定める事業計画に、新たに経営近代化施設に該当する本郷ライスセンターの改修を追加するため、計画の一部を変更するもので、法第6条第7項において準用する同条第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 なお、岩国市過疎地域自立促進計画に基づいて許可された過疎対策事業債につきましては、その元利償還に要する経費の70%に相当する額が、地方交付税の基準財政需要額に措置されることとなっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第59議案第74号岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第59 議案第74号 岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第74号 岩国市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、国家公務員の退職手当の支給水準を約400万円引き下げるための「国家公務員の退職給付の給付水準の見直し等のための国家公務員退職手当法等の一部を改正する法律」が本年1月1日から施行されたことに伴い、本市におきましても、官民均衡を図る観点から、国家公務員の退職手当制度の改正に準じて必要な措置を講じるとともに、本市と一般地方独立行政法人等の間において、人事交流等による職員の受け入れや派遣等が行われた場合の退職手当の通算制度を設けることに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 それでは、改正の主な内容を御説明します。

 1点目の退職手当の支給水準の引き下げについては、官民の支給水準の均衡を図るために設けております調整率を、平成17年4月1日から適用している現行の100分の104から100分の87に引き下げるとともに、調整率の適用対象者にこれまで除外していた自己の都合による退職者及び勤続20年未満の退職者を含めることとするもので、今後は退職理由及び勤続年数にかかわらず、全ての退職者に調整率を適用することとしております。

 なお、調整率の引き下げは、激変緩和を図るため年度ごとに段階的に行うこととし、平成25年4月1日から平成26年3月31日の間に退職する場合にあっては100分の98、平成26年4月1日から平成27年3月31日の間に退職する場合にあっては100分の92とし、平成27年4月1日以降の退職から100分の87を適用することとしております。

 これにより、職員一人当たりの退職手当支給額は、平成25年度末定年退職者において平均約140万円の減額、平成26年度末定年退職者において平均約280万円の減額、平成27年度末以降の定年退職者において平均約400万円の減額が見込まれることとなります。

 2点目の退職手当の通算制度についてですが、これは、本市と一般地方独立行政法人等との間において、人事交流等により職員の受け入れや派遣等が行われた場合に、当該職員は地方公務員の身分は有さないものの、その業務は地方公共団体の事務等と密接な関係を有するものであることから、地方公務員や国家公務員と同様に、退職手当の算定基礎となる勤続期間を通算できるよう、規定の整備を行うものです。

 なお、本条例は本年4月1日から施行することとし、退職手当の通算制度に関する部分は本年3月31日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第60岩国市農業委員会委員の推薦について



○議長(武田正之君)  日程第60 岩国市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(武田正之君)  本件は、農業委員会等に関する法律第12条第2項の規定により、農業委員会の所掌に属する事項につき、学識経験を有する者4人以内を議会で推薦することになっております。

 お諮りいたします。被推薦者の選出につきまして4人のうち一人は、岩国市美川町添谷160番地1にお住まいの三浦美智子さんを被推薦者とすることに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、三浦美智子さんを被推薦者とすることに決定いたしました。

 続いて、お諮りいたします。残り3人の被推薦者の選出方法は投票にいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、3人の被推薦者の選出方法は投票と決しました。

 お諮りいたします。投票の方法は連記無記名にいたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、投票の方法は連記無記名と決しました。

 ここで議長のほうに被推薦者として申し出のありました6人の方を発表いたします。石原 真君、河合伸治君、林 雅之君、山田泰之君、渡辺和彦君、渡 吉弘君、以上であります。

 ただいま発表いたしました6人の中から3人を推薦することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 議場の閉鎖を命じます。

  〔議場閉鎖〕



○議長(武田正之君)  ただいまの出席議員数は、私を含め32人であります。

 投票用紙を配付いたします。

  〔投票用紙配付〕



○議長(武田正之君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

  〔投票箱点検〕



○議長(武田正之君)  異状なしと認めます。

 ここでお諮りいたします。被推薦者3人以内の方を連記することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、3人以内の方を連記することに決しました。

 続いて、お諮りいたします。無効票として処理する票は白票、先ほど発表いたしました6人以外の氏名を記載した票、同一氏名を連記した票、4人以上の氏名を記載した票、これら無効票として処理することとし、また得票数の多い順に上位3人を被推薦者と決定することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 なお、得票数が同数となった場合にはくじにより決定いたします。

 それでは、点呼に応じて順次投票を願います。点呼を命じます。

  〔書記点呼〕



○議長(武田正之君)  投票漏れはありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

  〔議場開鎖〕



○議長(武田正之君)  開票を行います。立会人に会議規則第31条第2項の規定により、26番 重岡邦昭君、27番 田村順玄君、29番 坪田恵子さんを指名いたします。3人の諸君の立ち会いをお願いいたします。

  〔開票〕



○議長(武田正之君)  投票の結果を御報告いたします。

 投票総数32票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。このうち、有効投票32票、無効投票なし、有効投票中、林 雅之君25票、渡辺和彦君24票、河合伸治君20票、山田泰之君10票、石原 真君8票、渡 吉弘君8票、以上のとおりであります。

 ここで、林 雅之君、渡辺和彦君、河合伸治君は除斥となりますので、御退席願います。

  〔林 雅之議員・渡辺和彦議員・河合伸治議員除斥〕



○議長(武田正之君)  お諮りいたします。ただいまの投票の結果、4人の被推薦者が決定いたしましたので、三浦美智子さん、林 雅之君、渡辺和彦君、河合伸治君を岩国市農業委員会委員として推薦することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、三浦美智子さん、林 雅之君、渡辺和彦君、河合伸治君を岩国市農業委員会委員として推薦することに決しました。

  〔林 雅之議員・渡辺和彦議員・河合伸治議員入場〕

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第61議員提出議案第1号岩国市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例



○議長(武田正之君)  日程第61 議員提出議案第1号 岩国市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  提案者において説明をお願いいたします。



◎30番(大西明子君)  議員提出議案第1号 岩国市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例につきまして、提案者を代表して提案理由の説明をいたします。

 本議案は、さきの通常国会において、地方自治法の一部を改正する法律(平成24年法律第72号)が可決成立し、本年3月1日に施行されることとなり、関係条文の整備を行うため提案するものであります。

 改正内容といたしましては、名称の変更として、題名及び本則中の政務調査費を政務活動費に改正いたしております。

 第1条におきましては、政務活動費を調査研究、その他の活動に資するための必要な経費として会派に交付するものとし、その他の活動が追加となりました。

 第5条におきましては、政務活動費を充てることができる範囲を、会派が行う調査研究、研修、広報、広聴、住民相談、要請、陳情、各種会議への参加等市政の課題及び市民の意思を把握し、市政に反映させる活動その他住民福祉の増進を図るために必要な活動に要する経費と定めております。

 また、政務活動費の適正な運用及び使途の透明性の確保のために、第7条第3項におきまして、収支報告書提出時に領収書等をあわせて提出しなければならないとし、第9条におきまして、議長が収支報告書等を保存しなければならないとし、第10条におきまして、議長の責務を定めております。

 なお、本条例は3月1日から施行するものでございますが、経過措置により、改正後の条例の運用は施行の日以後に交付された政務活動費から適用するものとしております。

 以上で提案理由の説明を終わります。

全会一致で御賛同いただきますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。議員提出議案第1号を原案どおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第1号は原案どおり可決されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第62議員提出議案第2号岩国市議会会議規則の一部を改正する規則



○議長(武田正之君)  日程第62 議員提出議案第2号 岩国市議会会議規則の一部を改正する規則を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(武田正之君)  提案者において説明をお願いいたします。



◎18番(細見正行君)  議員提出議案第2号 岩国市議会会議規則の一部を改正する規則につきまして、提案者を代表して提案理由の説明をいたします。

 本議案は、さきの第180回通常国会において、地方自治法の一部を改正する法律(平成24年法律第72号)が可決成立し、本年3月1日に施行されることになり、関係条文の整備を行うため提案するものであります。

 改正内容といたしましては、第1点目としまして、本会議においても公聴会の開催及び参考人の招致ができるように、地方自治法に新たに第115条の2が追加されました。これにより、修正の動議につき定めている同法第115条の2の枝番号が1番繰り下げられましたので、法の条文番号を引用しております会議規則第17条中の法115条の2を法第115条の3に改めるものであります。

 次に、第2点目としまして、委員会に関する規定が簡素化され、地方自治法第109条の常任委員会の規定、同法第109条の2の議会運営委員会の規定及び同法第110条の特別委員会の規定が、新たに同法第109条として一つにまとめられました。これにより、法の条文番号を引用しております会議規則第98条第2項中の法第109条の2第4項を法第109条第3項に改めるものであります。

 以上で提案理由の説明を終わります。

全会一致で御賛同いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(武田正之君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。議員提出議案第2号を原案どおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第2号は原案どおり可決されました。

 以上をもちまして、本日の議事日程は全て終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。明2月27日から3月5日までの本会議は休会とし、次の本会議は3月6日に再開いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(武田正之君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 本日は、これにて散会いたします。

午後4時20分 散会 

――――――――――――――――――――――――――――――

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                         岩国市議会議長  武 田 正 之

                         岩国市議会議員  重 岡 邦 昭

                         岩国市議会議員  田 村 順 玄

                         岩国市議会議員  山 田 泰 之