議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 24年 第4回定例会(9月) 08月28日−01号




平成 24年 第4回定例会(9月) − 08月28日−01号









平成 24年 第4回定例会(9月)


平成24年第4回岩国市議会定例会会議録(第1号)
平成24年8月28日(火曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成24年8月28日(火曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│   件                           名   │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│諸般の報告                              │   │
│   │1 岩国市土地開発公社の経営状況について               │   │
│   │2 財団法人岩国市施設管理公社の経営状況について           │   │
│   │3 社団法人みどりの玖珂町振興公社の経営状況について         │   │
│   │4 財団法人玖珂町体育施設等管理協会の経営状況について        │   │
│   │5 株式会社本郷ファーム管理センターの経営状況について        │   │
│   │6 財団法人岩国市周東文化振興財団の経営状況について         │   │
│   │7 株式会社周東町農業開発センターの経営状況について         │   │
│   │8 美川開発株式会社の経営状況について                │   │
│   │9 いわくにバス株式会社の経営状況について              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│監査報告第11号 平成24年度第1回定期監査の結果に関する報告について│   │
│   │監査報告第12号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第13号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第14号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│報告第  8号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条│   │
│   │        例の専決処分の承認について              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│報告第  9号 平成23年度財政の健全化判断比率等の報告について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│報告第 10号 岩国市市場事業経営健全化計画の実施状況の報告について │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 8│報告第 11号 平成23年度教育委員会の点検及び評価について     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 9│報告第 12号 平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業会計継│   │
│   │        続費精算報告書について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第10│諮問第  3号 人権擁護委員の推薦について              │   │
│   │諮問第  4号 人権擁護委員の推薦について              │   │
│   │諮問第  5号 人権擁護委員の推薦について              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第11│認定第  1号 平成23年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定について │   │
│   │認定第  2号 平成23年度岩国市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認│   │
│   │        定について                      │   │
│   │認定第  3号 平成23年度岩国市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の│   │
│   │        認定について                     │   │
│   │認定第  4号 平成23年度岩国市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認│   │
│   │        定について                      │   │
│   │認定第  5号 平成23年度岩国市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定に│   │
│   │        ついて                        │   │
│   │認定第  6号 平成23年度岩国市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認│   │
│   │        定について                      │   │
│   │認定第  7号 平成23年度岩国市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算│   │
│   │        の認定について                    │   │
│   │認定第  8号 平成23年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入│   │
│   │        歳出決算の認定について                │   │
│   │認定第  9号 平成23年度岩国市周東食肉センター事業特別会計歳入歳出│   │
│   │        決算の認定について                  │   │
│   │認定第 10号 平成23年度岩国市観光施設運営事業特別会計歳入歳出決算│   │
│   │        の認定について                    │   │
│   │認定第 11号 平成23年度錦帯橋管理特別会計歳入歳出決算の認定につい│   │
│   │        て                          │   │
│   │認定第 12号 平成23年度岩国市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定に│   │
│   │        ついて                        │   │
│   │認定第 13号 平成23年度岩国市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の│   │
│   │        認定について                     │   │
│   │認定第 14号 平成23年度岩国市小規模下水道事業特別会計歳入歳出決算│   │
│   │        の認定について                    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第12│認定第 15号 平成23年度岩国市交通事業会計決算の認定について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第13│認定第 16号 平成23年度岩国市水道事業会計決算の認定について   │   │
│   │認定第 17号 平成23年度岩国市工業用水道事業会計決算の認定について│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第14│認定第 18号 平成23年度岩国市病院事業会計決算の認定について   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第15│認定第 19号 平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業決算の│   │
│   │        認定について                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第16│議案第 98号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第1号)     │   │
│   │議案第 99号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算   │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第100号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算    │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第101号 平成24年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第1号) │   │
│   │議案第102号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算    │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第103号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算  │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第104号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計補 │   │
│   │        正予算(第1号)                   │   │
│   │議案第105号 平成24年度岩国市観光施設運営事業特別会計補正予算  │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第106号 平成24年度錦帯橋管理特別会計補正予算(第1号)   │   │
│   │議案第107号 平成24年度岩国市市場事業特別会計補正予算(第1号) │   │
│   │議案第108号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算   │   │
│   │        (第1号)                      │   │
│   │議案第109号 平成24年度岩国市小規模下水道事業特別会計補正予算  │   │
│   │        (第1号)                      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第17│議案第110号 岩国市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営│   │
│   │        に関する基準等を定める条例              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第18│議案第111号 岩国市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備│   │
│   │        及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護│   │
│   │        予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条│   │
│   │        例                          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第19│議案第112号 岩国市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技│   │
│   │        術管理者の資格基準に関する条例            │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第20│議案第113号 岩国市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条│   │
│   │        例の一部を改正する条例                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第21│議案第114号 岩国市出張所設置条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第22│議案第115号 岩国市防災会議条例の一部を改正する条例        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第23│議案第116号 岩国市災害対策本部条例の一部を改正する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第24│議案第117号 岩国市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する│   │
│   │        条例                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第25│議案第118号 岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第26│議案第119号 岩国市下水道条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第27│議案第120号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第28│議案第121号 岩国市水道条例の一部を改正する条例          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第29│議案第122号 岩国市市政市民会議条例を廃止する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第30│議案第123号 岩国都市計画川下土地区画整理事業施行条例を廃止する条例│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第31│議案第124号 由宇町住居表示審議会条例を廃止する条例        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第32│議案第125号 錦・美川総合支所(仮称)新築建築工事請負契約の締結につ│   │
│   │        いて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第33│議案第126号 本郷支所・コミュニティ施設(仮称)新築建築工事請負契約│   │
│   │        の締結について                    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第34│議案第127号 周東食肉センター改築建築工事請負契約の締結について  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第35│議案第128号 周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の締結について│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第36│議案第129号 周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の締結につ│   │
│   │        いて                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第37│議案第130号 不動産の取得について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第38│議案第131号 不動産の取得について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第39│議案第132号 町の区域の変更について                │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘
――――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(32人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  30番 大 西 明 子 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  31番 藤 重 建 治 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君  
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       政策審議官          村 田 光 洋 君
       総務部長           藤 井 章 裕 君
       総合政策部長         中 岡 正 美 君
       基地政策担当部長       杉 岡 匡 君
       市民生活部長         赤 崎 忠 利 君
       危機管理監          岩 ? 伸 明 君
       環境部長           松 林 達 也 君
       健康福祉部長         廣 田 茂 基 君
       地域医療担当部長       村 岡 一 男 君
       産業振興部長         村 田 弘 君
       農林水産担当部長       前 川 冨 美 男 君
       都市建設部長         山 本 和 清 君
       拠点整備担当部長       小 林 和 信 君
       由宇総合支所長        山 本 昭 生 君
       玖珂総合支所長        氏 木 一 行 君
       本郷総合支所長        井 原 富 士 男 君
       周東総合支所長        竹 森 英 雄 君
       錦総合支所長         松 藤 幾 治 君
       美川総合支所長        杉 山 良 彦 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          小 田 修 司 君
       教育次長           多 谷 本 清 晴 君
       監査委員事務局長       丸 茂 辰 夫 君
       農業委員会事務局長      清 光 辰 夫 君
       選挙管理委員会事務局長    河 原 義 生 君
       交通局長           山 近 剛 君
       水道局副局長         高 田 博 昭 君
       消防担当部長         藤 本 博 己 君
       環境部参事          吉 岡   孝 君
       健康福祉部参事        藤 井 栄 子 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         松重和幸
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           木原宏
       議事調査班長         鈴川芳智
       書記             林孝造
       書記             村中俊一郎
       書記             渡部多津哉


――――――――――――――――――――――――――――――

午前10時 開会 



○議長(松本久次君)  所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。これより平成24年第4回岩国市議会定例会を開会いたします。

 なお、今期定例会に提出されます議案等及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりでございます。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(松本久次君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、18番 細見正行君、19番 縄田忠雄君、20番 林 雅之君を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(松本久次君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

――――――――――――――――――――――――――――――

平成24年第4回岩国市議会定例会会期日程


┌──┬──────┬─┬───┬────────────────────────┐
│目次│ 月  日 │曜│開 議│     備           考      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第1│ 8月28日│火│本会議│開会 議案等上程 説明 質疑 委員会付託    │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第2│ 8月29日│水│   │─┐   *一般質問通告受付  8時30分   │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第3│ 8月30日│木│   │ │   *一般質問通告締切  正午      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第4│ 8月31日│金│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第5│ 9月 1日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第6│ 9月 2日│日│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第7│ 9月 3日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第8│ 9月 4日│火│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第9│ 9月 5日│水│本会議│ 一 般 質 問                │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第10│ 9月 6日│木│本会議│ 一 般 質 問                │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第11│ 9月 7日│金│本会議│ 一 般 質 問                │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第12│ 9月 8日│土│   │─┐                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第13│ 9月 9日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第14│ 9月10日│月│   │ ├─休 会                  │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第15│ 9月11日│火│   │ │     10時 経済常任委員会      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第16│ 9月12日│水│   │ │     10時 教育民生常任委員会    │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第17│ 9月13日│木│   │ │     10時 建設常任委員会      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第18│ 9月14日│金│   │ │     10時 総務常任委員会      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第19│ 9月15日│土│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第20│ 9月16日│日│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第21│ 9月17日│月│   │ │                      │
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第22│ 9月18日│火│   │ │     10時 中心地域(都市核)    │
│  │      │ │   │ │          活性化施策調査特別委員会│
├──┼──────┼─┼───┼─┼──────────────────────┤
│第23│ 9月20日│水│   │─┘                      │
├──┼──────┼─┼───┼────────────────────────┤
│第24│ 9月21日│木│本会議│委員長報告 質疑 討論 採決 閉会       │
└──┴──────┴─┴───┴────────────────────────┘


――――――――――――――――――――――――――――――

 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から9月20日までの24日間といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日から9月20日までの24日間と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3諸般の報告



○議長(松本久次君)  日程第3 諸般の報告。

 岩国市土地開発公社の経営状況について、財団法人岩国市施設管理公社の経営状況について、社団法人みどりの玖珂町振興公社の経営状況について、財団法人玖珂町体育施設等管理協会の経営状況について、株式会社本郷ファーム管理センターの経営状況について、財団法人岩国市周東文化振興財団の経営状況について、株式会社周東町農業開発センターの経営状況について、美川開発株式会社の経営状況について、いわくにバス株式会社の経営状況について、以上9件については、地方自治法第243条の3第2項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、経営状況を説明する書類の提出がありましたので、御報告いたします。

  (別  添)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4監査報告第11号平成24年度第1回定期監査の結果に関する報告について

       監査報告第12号 例月出納検査の結果に関する報告について 

       監査報告第13号 例月出納検査の結果に関する報告について 

       監査報告第14号 例月出納検査の結果に関する報告について 



○議長(松本久次君)  日程第4 監査報告第11号 平成24年度第1回定期監査の結果に関する報告について、監査報告第12号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第13号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第14号 例月出納検査の結果に関する報告について、以上4件については、地方自治法第199条第9項及び第235条の2第3項の規定により、お手元に配付しておりますとおり、監査及び検査の結果に関する報告の提出がありましたので、御報告いたします。

  (別  添)

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5報告第8号岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について



○議長(松本久次君)  日程第5 報告第8号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の報告を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  報告第8号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御報告いたします。

 今回の条例改正は、本年3月26日付岩国市告示第65号により、愛宕山地域内の牛野谷町三丁目の一部、門前町二丁目の一部、尾津町一丁目の一部、尾津町二丁目の一部及び南岩国町二丁目の一部が愛宕町一丁目に変更されたことに伴い、規定の整備を行ったものです。

 水道局では、平成22年度から23年度にかけて、愛宕山まちづくり基盤整備事業における水道施設整備の一つとして、愛宕山地域内に配水管を布設してまいりました。

 本年6月25日、独立行政法人国立病院機構岩国医療センターの建設工事を請け負った業者から給水装置工事申込書が提出されたことから、愛宕町一丁目を給水区域に加えることについて、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、同日専決処分を行いましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 以上、御承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。

 本件は報告のとおり承認することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、報告第8号は報告のとおり承認されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6報告第9号平成23年度財政の健全化判断比率等の報告について



○議長(松本久次君)  日程第6 報告第9号 平成23年度財政の健全化判断比率等の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の報告を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  報告第9号 平成23年度財政の健全化判断比率等の報告について御説明いたします。

 本報告は、地方公共団体の財政の早期健全化及び財政の再生並びに公営企業の経営の健全化を目的とした地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率の四つの健全化判断比率と公営企業会計を対象とした資金不足比率を議会へ報告するものです。

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律施行令の規定により、四つの健全化判断比率に対しては、早期健全化基準及び財政再生基準が定められ、資金不足比率に対しては、経営健全化基準が定められております。

 健全化判断比率が基準以上になった場合は、財政健全化計画または財政再生計画を、資金不足比率が基準以上になった場合は、経営健全化計画を定めなければならないこととなっています。

 それでは、健全化判断比率について御説明します。

 実質赤字比率は、一般会計等の実質赤字額の標準財政規模の額に対する比率をいい、早期健全化基準は11.53%、財政再生基準は20%となっております。本市の平成23年度決算は、黒字であることから実質赤字比率は生じておりません。

 連結実質赤字比率は、全会計を対象とした実質赤字額の標準財政規模の額に対する比率をいい、早期健全化基準は16.53%、財政再生基準は30%となっております。本市の平成23年度決算は、黒字であることから連結実質赤字比率は生じておりません。

 実質公債費比率は、一般会計等が負担する元利償還金及び準元利償還金の標準財政規模の額に対する比率をいい、早期健全化基準は25%、財政再生基準は35%となっております。本市の平成23年度決算は、15.7%となっております。

 将来負担比率は、一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模の額に対する比率をいい、早期健全化基準は350%、財政再生基準は定められておりません。本市の平成23年度決算は、80.7%となっております。

 次に、公営企業における資金不足比率について御説明します。

 資金不足比率は、公営企業ごとの資金不足額の事業規模に対する比率をいい、経営健全化基準は20%となっております。本市の平成23年度決算は、12会計のうち11会計について資金不足比率は生じておりませんが、市場事業特別会計は154.9%となっております。

 この市場事業特別会計につきましては、平成20年度決算において資金不足比率が経営健全化基準以上となったため、法第23条第1項の規定に基づき、平成21年度を初年度とする経営健全化計画を平成22年3月に定め、平成25年度までに資金不足を解消することとしておりましたが、平成24年度において資金不足が解消できる見込みでございます。

 以上で、平成23年度財政の健全化判断比率等の御報告を終わります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ、本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7報告第10号岩国市市場事業経営健全化計画の実施状況の報告について



○議長(松本久次君)  日程第7 報告第10号 岩国市市場事業経営健全化計画の実施状況の報告についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の報告を求めます。



◎産業振興部長(村田弘君)  報告第10号 岩国市市場事業経営健全化計画の実施状況の報告について御説明いたします。

 本報告は、地方公共団体の財政の早期健全化及び財政の再生並びに公営企業の経営の健全化を目的とした地方公共団体の財政の健全化に関する法律第23条の規定に基づき、平成21年度に策定し、平成22年3月市議会で議決をいただきました岩国市市場事業経営健全化計画の平成23年度決算に基づく実施状況について、同法第24条において準用する同法第6条第1項の規定に基づき、市議会へ報告するものであります。

 それでは、別紙経営健全化計画の平成23年度実施状況について御説明いたします。

 「第1 計画と具体的な措置の状況」でございますが、経営健全化計画の中で定めた資金不足比率を経営健全化基準未満とするための方策とその実施状況について、料金その他の収入に関する事項、費用の削減に関する事項、一般会計からの繰入金に関する事項、経営基盤強化に関する事項の4項目についてそれぞれ記載しております。

 次に、「第2 資金不足額解消の状況」でございますが、この表は、計画初年度の前年度に当たります、平成20年度における資金不足額、いわゆる赤字額であります23億787万6,000円を、計画初年度の平成21年度から計画完了年度の平成25年度までに解消するための年次計画になっております。

 まず、平成21年度及び平成22年度の実績につきましては、一昨年の9月市議会及び昨年の9月市議会におきまして御報告いたしましたが、表に記載しておりますように、両年度とも、維持管理費等の経常経費の削減によりまして、若干当初計画を上回る解消実績となっております。

 このたび御報告いたします平成23年度につきましては、市が山口県との間で、三笠町一丁目の旧市場跡地と交換により取得し、臨時駐車場として利用しておりました麻里布町三丁目の旧山口県岩国総合庁舎跡地を昨年7月に売却したことから、その売却益相当分であります7億2,000万円を計画に上乗せして繰り入れ、資金不足額は当初計画より7億3,047万9,000円多い11億9,412万7,000円解消し、2億944万4,000円となっております。

 資金不足額が当初計画より大きく減少したことを受けまして、計画完了年度の平成25年度より1年早い本年度――平成24年度におきまして資金不足額がゼロ円となる見込みとなっております。

 次に、「第3 資金不足比率の状況」ですが、これは各年度における営業収益に対する資金不足額の比率のことでございまして、この数値が、平成20年度の決算において1,492.8%となり、国の定める経営健全化基準の20%を大きく超えておりましたことから、経営健全化計画を策定したものでございます。

 この表は、平成20年度の資金不足比率が、平成25年度の計画完了までに、資金不足額の解消に伴ってどのように推移していくかをあらわしております。

 平成23年度における資金不足比率は、当初計画で657.1%としておりましたが、表の備考に示しておりますように、比率を算定する上で分子となります資金不足額が、繰入金の上乗せに伴い、当初計画より7億4,647万8,000円減少したことにより、当初計画を502.2ポイント上回る154.9%となっております。

 先ほど「第2 資金不足額解消の状況」の中で申し上げましたが、資金不足額が、計画完了年度の平成25年度より1年早い平成24年度にゼロ円となりますと、これに伴いまして、計画値を334.9%としております平成24年度の資金不足比率も、同様に1年早くゼロ%となる見込みでございます。

 最後に、「第4 その他経営の健全化に必要な事項の措置の状況」について御説明いたします。

 経営健全化計画では、平成25年度を計画完了年度としておりますが、先ほどから申し上げておりますとおり、平成23年度決算を受け、計画を1年前倒しして平成24年度において資金不足額を解消する予定でございます。

 これに伴い、平成25年度以降、資金不足の解消を目的とした一般会計からの補てんはなくなりますが、平成28年度までは地方債の償還が残っておりますことから、収支の均衡を図るために一般会計からの繰り入れを予定していること、あるいは、より効率的な市場運営を図るために、今後、指定管理者制度の導入を含む民間的な経営手法についての調査・研究を進めていくこと、また、継続的かつ安定的な市場の運営を続けるために適材適所の人員配置を実施することについて記載しております。

 以上、平成23年度決算に基づく岩国市市場事業経営健全化計画の実施状況についての報告を終わります。

 よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ、本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8報告第11号平成23年度教育委員会の点検及び評価について



○議長(松本久次君)  日程第8 報告第11号 平成23年度教育委員会の点検及び評価についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の報告を求めます。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  報告第11号 平成23年度教育委員会の点検及び評価について御報告します。

 御承知のように、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が平成20年4月から施行され、教育委員会は、毎年、その権限に属する事務の管理及び執行の状況について点検・評価を行うとともに、その結果に関する報告書を議会に提出し、公表することとなりました。

 このたび、平成23年度の事務事業の点検・評価を行いましたので、その概要を御説明いたします。

 まず、対象としました事業は、平成22年度と同じく24事業でございます。

 各事業につきましては、事業の目的に照らした現状をとらえ、指標やコストも含め、各事業の「達成度」「有効性・必要性」及び「効率性」の3項目から分析し、合計点数をもって、総合評価を行っております。

 そして、この点検・評価結果に基づく、事業の課題や今後の改善点を今後の方向性にまとめて、次年度以降の施策立案や事業展開に活用してまいることとしております。

 次に、平成23年度事業の評価内容についてでございますが、各事業の総合評価――AからEまでの5段階は、24事業のうち、A評価9事業38%、B評価8事業33%、C評価7事業29%となり、昨年度と比較して、A評価が2事業、8ポイントの増加、B評価が3事業、12ポイントの減少、C事業が1事業、4ポイントの増加となっております。

 これは、2事業がB評価からA評価、1事業がB評価からC評価となったということになります。

 具体的には、学校教育課関連の事業である授業改善のための校内研修事業及び科学センター関連の事業である市民科学講座・市民天体教室開催事業がB評価からA評価となっております。

 これは、「岩国プラン」の浸透により、教員の研修意欲、授業改善への意識も向上してきており、研修体制が整いつつあるため、達成度が向上したということと、市民に興味のあるテーマを取り入れることにより、講座等の開催が市民ニーズや社会情勢に合ったことにより、参加者が大幅に増加し、有効性が向上したということでございます。

 一方、スポーツ振興課関連の事業である総合型地域スポーツクラブ育成事業がB評価からC評価となっております。

 これは、錦町における総合型地域スポーツクラブの活動を目標に掲げておりましたが、年度内の活動ができなかったことから達成度において評価が下がったということでございます。

 そのほかの事業においては、平成22年度と同評価となっております。

 今後におきましても、各事業の将来にわたっての方向性を的確に見定め、課題や改善点を十分検討するとともに、本年3月に策定した新しい教育基本計画に基づき、よりよい岩国市教育行政の推進に努めてまいりたいと考えております。

 以上で、平成23年度教育委員会の点検・評価報告書についての御報告を終わります。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  ただいまの教育長の報告を聞いただけですが、この報告第11号の中で、教育施策を構成する各事業を教育委員会が点検・評価の実施をするというふうに「点検・評価実施のフロー図」では書いてあるわけです。教育委員会が点検・評価をするということについて、前回も言いましたけども、法でやらなければならないということでやっておられるというふうに思うんです。

 特に、「開かれた教育委員会推進事業」はC評価になっておるんです。C評価というのは、おおむねよい、5から6ということなんですが、今後の方向性については、これまでどおりホームページ等での情報発信を行う。C評価をどうやってB、Aに上げていくかという、今後の方向性がこれまでと全く同じで、教育委員会会議の会議内容の見直しを行うことも検討し、教育委員会の活性化を図っていくという今後の方向性なんですが、今までやってきたことと違わないことをやって評価を上げていくというのは、先ほどスポーツ施設のこともありましたけども、C評価のところはほとんど変わらないです。

 だから、施策・評価を生かして実効性のあるものにしていくんだという姿勢が感じられない。法律でやるようになったから点検して報告するという態度にしか見えないとも、私は思うんです。

 だから、その評価に対して具体的に今後の方策、方向性はどういうふうに検討したのかというところが聞きたいわけです。具体的に聞きますが、「開かれた教育委員会推進事業」を例に挙げますと、これまでどおりホームページ等でやると。それでは傍聴者が一人もいないということがここで書かれているわけです。皆さんが来てくれる、関心を持ってもらうことが大事だと思うんですが、それが全然ないんですけれども、どういうふうな点検・評価を教育委員会はその場で行ったのか、具体例として「開かれた教育委員会推進事業」についてお尋ねいたします。



◎教育次長(多谷本清晴君)  この点検・評価につきましては、まず教育委員会のほうで評価をし、次に教育文化市民会議というところで御意見を伺っております。その中で、今具体的に御指摘のありました教育委員会議の案件についての御議論もありました。これについては、報告書においては今後ともホームページ等で周知をしていくということになっておりますが、その中では、市報等でもっと広く周知はできないのかというふうな御意見もありましたが、実際には会議の開催等の関係で、そうしたことは難しい。

 ただし、会議の開催日の1カ月前ぐらいであれば、PTA連合会等を通して、今後については児童を通じて開催日を周知していくこともできるのではないかというふうな御提案もあったので検討して、今後はそういうふうな形で教育委員会議を周知していって、広く御参加等をいただけるようにということで、具体的な対応を考えております。



◆30番(大西明子君)  こうやってお聞きしますと、具体的にはそういう意見もあったということで、確かにPTAなんかを通じて開催日を知らせていくということは、一つの大事な手段だと思うんです。

 だから、これまでどおりホームページ等でやるということは、今までのとおりをやるということですが、それに加えて今言われたような意見を実際にやるということで、やっぱり今後の方向性のところにも、今後どういうことをするかという位置づけが必要なんです。それをやらなかったら、ただ単に法に基づいてやっていますという報告にしかならないということを私は指摘したんで、そういうことが関係会議の中で出てくれば、対策はきちんと載せていくということがやはり大事だというふうに思います。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  先ほど次長が話した内容のとおりでございますが、この点検・評価は、平成23年度のことであり、そうした点検・評価を受けまして、新しい教育基本計画を策定しておりますので、それが実効性あるものになるように教育施策は進めたいと思います。

 それから、教育委員会の内容につきましても、私たち教育委員からも全国的に形骸化しておるんじゃないかと。だから、より活性化しないといけないということで、充実した教育委員会にしていきたいということで、これからもそうした方向で教育委員とともに教育行政に取り組んでまいりたいと、新教育計画が実効性あるものにしたいというふうに思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。



◆14番(姫野敦子君)  今回の評価実績について、同様な視点になるかと思いますが、フロー図によりますと、教育文化市民会議の皆さんの意見で評価がなされていると思います。

 9ページの「思いやる心の育成事業」及び17ページ、「問題を抱える子ども等の自立支援事業」とありますが、この数値についても、生徒のいじめとか抱える問題の状況を学校が認識していないと、当然評価も全く変わったものになってくるかと思います。

 いじめは着実に減少し、確実に成果があらわれているというのは、内部でのお手盛りの評価になっていると、痛みを持った個々の子供の状況が見えていない。また、「直接学校に相談できない保護者への相談窓口を確保し」とありますが、このことについても総合評価がAということになってくると、特別な改善が十分なされないまま、今の状況が続くということも考えられる。

 効率性においても、教育センター、青少年課との連携を密にしていくということですが、さきの大津市などのいじめによる大きな事件も発生していますが、内部がどれだけ本気で個々のいじめに対応し、その問題を掘り下げているか。学校に来ているから不登校が減っているからということだけが実績評価につながるとはなかなか考えられない部分もあるかと思いますが、このあたりの総合評価Aランク及びこうした評価について、教育委員会側としては市政市民会議がなくなった場合において、どのように状況を把握し、評価につなげていくのかをお示しいただけたらと思います。



◎教育次長(多谷本清晴君)  今の「思いやる心の育成事業」等の評価のAということに対する御指摘でございますが、これについては、当初の数値に対する評価というふうに思っております。

 言われるようにこれで十分満足するのではなくて、現状等をどういうふうに今後把握するかということですが、大津市のいじめ等の問題もございまして、こういうふうな事案については、7月17日の緊急アンケート、そしてその後、教育長みずからのメッセージということで、各学校への指導というふうなこと、そしてまた、今までやっていたアンケートのとり方も、大規模校、小規模校によっても違うんですが、頻度等が違うのを、今後については週1回のアンケート実施というふうな形で状況を細かく把握して、速やかに対応できるようにというふうな形で、今後の対応についてはそういうふうな形をとっておる。ですから、評価と今後の対応はちょっと――評価は数字上の問題というふうになっております。

 それと、市民会議がなくなった後はどういうふうに対応していくのかというお問い合わせですが、今後法に記載してあるような形でいくと、学識経験を有する方を選んで、そういう方に点検・評価をいただきながら進めていきたいというふうに思っております。



◆14番(姫野敦子君)  鋭意工夫はされると思いますが、先ほどもありましたように、教育委員会議なども回数がふえていくと、実績率が上がったので評価もというふうな流れの中で、この評価が現場と乖離したものになっていかないように、また市民の方たちの傍聴を工夫されるということですが、その他においてもこうした問題により関心が高まり、個々の生徒の痛みがより改善されるようにしっかりと努力をされていくことが、この評価を実のあるものにしていくように思いますので、そのあたりを工夫し、しっかりとフロー図についても改善されればよろしいかと思いますが、そのあたりはいかがでしょうか。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  議員の質問の中心は、いじめの問題に関する取り組みについてというところのことではないかというふうに理解しておりますが、その辺でよろしいでしょうか。

 いじめの問題等については、岩国市教育委員会としてはしっかりした基本姿勢で現在臨んでおります。例えば、いじめについての正しい認識をしていこうということで、いじめは児童・生徒の心身の健全な発達に重大な影響を及ぼします、それから弱い者いじめをすることは人間として絶対に許されないことです、あるいはいじめが生じた場合は、いじめられている児童・生徒に非はありませんというようなこと等々で基本姿勢をしっかり認識する中で、いじめられている児童・生徒に対しては、絶対に守るという姿勢をとりながら対策を講じる。

 それから、加害生徒への指導の徹底、いじめの早期発見と早期対応というようなことによって、いじめ等に対応するということで、学校においてこうしたいじめ等が減少することによって、豊かな心を持った子供たちの育成ができるスタンスにつながるというふうに考えております。どうかよろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ、本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第9報告第12号平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業会計継続費精算報告書について



○議長(松本久次君)  日程第9 報告第12号 平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業会計継続費精算報告書についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の報告を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  報告第12号 平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業会計継続費精算報告書について御説明いたします。

 光地域広域水道企業団につきましては、昨年12月市議会定例会において、解散に関する協議の議決をいただき、本年3月31日をもちまして解散いたしました。

 解散した企業団の決算につきましては、地方自治法第292条の規定により地方自治法施行令第5条第3項の規定が準用され、企業団を構成していた各団体の議会が認定を行うこととなっております。

 企業団の決算の認定につきましては、後ほど認定第19号で御説明させていただきますが、地方公営企業法施行令第18条の2第2項の規定により、継続費の精算報告について決算とあわせて行うこととなっていることから、光地域広域水道企業団水道用水供給事業会計の継続費について、精算報告を行うものでございます。

 本継続費は、光地域広域水道企業団が創設事業として昭和59年度から平成23年度まで計上しておりましたが、企業団解散に伴い、事業が終了しております。

 継続費の内容といたしましては、ダム負担金、企業債の元利償還金等で、事業費総額115億1,265万2,000円を計上しておりましたが、実績は115億509万43円となりました。

 以上で、平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業会計継続費の精算報告を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ、本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第10諮問第3号人権擁護委員の推薦について

        諮問第4号 人権擁護委員の推薦について 

        諮問第5号 人権擁護委員の推薦について 



○議長(松本久次君)  日程第10 諮問第3号 人権擁護委員の推薦について、諮問第4号 人権擁護委員の推薦について、諮問第5号 人権擁護委員の推薦について、以上3件を一括議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  皆さん、おはようございます。それでは、諮問第3号から諮問第5号までの人権擁護委員の推薦について御説明いたします。

 本市の人権擁護委員20人のうち3人が、平成24年12月31日をもって任期満了となることに伴い、後任の委員を法務大臣に推薦するため、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、再度、岡田久子氏及び榛澤勉氏を、また、新たに?岡明人氏を推薦することについて市議会の御意見を求めるものであります。

 各人とも人格識見ともに高く、社会的にも人望が厚いことから、人権擁護委員として最適任者と考えております。

 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(松本久次君)  本3件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本3件は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本3件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 まず、諮問第3号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより諮問第3号の採決に入ります。

 本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、諮問第3号は異議のない旨を答申することに決しました。

 次に、諮問第4号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより諮問第4号の採決に入ります。

 本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、諮問第4号は異議のない旨を答申することに決しました。

 次に、諮問第5号の討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより諮問第5号の採決に入ります。

 本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、諮問第5号は異議のない旨を答申することに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第11認定第1号平成23年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定について

        認定第 2号 平成23年度岩国市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 3号 平成23年度岩国市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について         認定第 4号 平成23年度岩国市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 5号 平成23年度岩国市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 6号 平成23年度岩国市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 7号 平成23年度岩国市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 8号 平成23年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第 9号 平成23年度岩国市周東食肉センター事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第10号 平成23年度岩国市観光施設運営事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第11号 平成23年度錦帯橋管理特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第12号 平成23年度岩国市市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第13号 平成23年度岩国市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 

        認定第14号 平成23年度岩国市小規模下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について 



○議長(松本久次君)  日程第11 認定第1号 平成23年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定について及び認定第2号から認定第14号までの各特別会計歳入歳出決算の認定について、以上14件を一括議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎会計管理者(小田修司君)  認定第1号 平成23年度岩国市一般会計歳入歳出決算及び認定第2号から認定第14号までの各特別会計の平成23年度歳入歳出決算の認定について、御説明いたします。

 本件は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成23年度の歳入歳出決算を市議会の認定に付するものでございます。

 まず、認定第1号の一般会計でございますが、歳入合計663億1,234万7,995円、歳出合計649億7,388万1,877円で、歳入歳出差し引き残額は、13億3,846万6,118円となり、翌年度へ繰り越すべき財源1億3,527万5,925円を差し引きした実質収支は、12億319万193円の黒字決算になりました。

 次に、各特別会計について御説明いたします。

 認定第2号 土地取得事業特別会計におきましては、歳入合計3,052万4,939円、歳出合計3,052万4,939円で、差し引きゼロ決算となりました。

 認定第3号 後期高齢者医療特別会計におきましては、歳入合計18億7,372万6,657円、歳出合計18億2,043万8,416円で、差し引き5,328万8,241円の黒字決算になりました。

 認定第4号 国民健康保険特別会計におきましては、歳入合計182億1,938万9,398円、歳出合計177億7,631万4,576円で、差し引き4億4,307万4,822円の黒字決算になりました。

 認定第5号 介護保険特別会計におきましては、歳入合計122億686万2,818円、歳出合計121億1,751万5,154円で差し引き8,934万7,664円の黒字決算になりました。

 認定第6号 簡易水道事業特別会計におきましては、歳入合計4億9,097万5,503円、歳出合計4億9,070万6,172円で、差し引き26万9,331円の黒字決算になりました。

 認定第7号 農業集落排水事業特別会計におきましては、歳入合計1億9,208万9,717円、歳出合計1億9,201万1,257円で、差し引き7万8,460円の黒字決算になりました。

 認定第8号 特定地域生活排水処理事業特別会計におきましては、歳入合計5,504万3,617円、歳出合計5,479万1,362円で、差し引き25万2,255円の黒字決算になりました。

 認定第9号 周東食肉センター事業特別会計におきましては、歳入合計7,897万2,573円、歳出合計7,897万2,573円で、差し引きゼロ決算となりました。

 認定第10号 観光施設運営事業特別会計におきましては、歳入合計1億2,213万1,985円、歳出合計1億333万4,253円で、差し引き1,879万7,732円の黒字決算になりました。

 認定第11号 錦帯橋管理特別会計におきましては、歳入合計1億9,059万9,183円、歳出合計1億7,793万8,985円で、差し引き1,266万198円の黒字決算になりました。

 認定第12号 市場事業特別会計におきましては、歳入合計15億2,379万4,152円、歳出合計17億3,323万7,739円で、差し引き2億944万3,587円の赤字決算になりました。

 認定第13号 公共下水道事業特別会計におきましては、歳入合計39億4,980万8,226円、歳出合計39億2,478万5,805円で、歳入歳出差し引き残額は、2,502万2,421円となり、翌年度へ繰り越すべき財源2,361万2,000円を差し引きした実質収支は、141万421円の黒字決算になりました。

 最後に、認定第14号 小規模下水道事業特別会計でございますが、歳入合計883万2,933円、歳出合計881万5,677円で、差し引き1万7,256円の黒字決算になりました。

 以上をもちまして、平成23年度一般会計及び各特別会計の決算についての説明を終わります。

 なお、決算附属書、監査委員の審査意見書及び主要な施策の成果を添付しておりますので、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本14件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本14件は委員会において審査していただくことにして、認定第2号は総務常任委員会に、認定第3号、4号、5号、以上3件は教育民生常任委員会に、認定第6号、7号、8号、9号、13号、14号、以上6件は建設常任委員会に、認定第10号、11号、12号、以上3件は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、認定第1号 平成23年度岩国市一般会計歳入歳出決算の認定については、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第12認定第15号平成23年度岩国市交通事業会計決算の認定について



○議長(松本久次君)  日程第12 認定第15号 平成23年度岩国市交通事業会計決算の認定についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(山近剛君)  認定第15号 平成23年度岩国市交通事業会計決算の認定について御説明します。

 決算書は、消費税の税込み額と税抜き額で記載したものになっております。

 決算書の中で、決算報告書は税込み額で記載し、損益計算書などの財務諸表、収益費用明細書及び固定資産明細書は税抜き額で記載しております。また、別冊の決算附属明細書の中の予算決算比較表は税込み額で、その他決算の収支状況、輸送実績などの附属資料は税抜き額で記載しております。

 まず、平成23年度の総括事項について御説明します。

 運営面におきましては、交通手段の多様化や少子高齢化の進展などの影響によりバス利用者の減少に歯どめがかからず、大変厳しい経営状況が続いております。しかし、バスは、市民に最も身近な公共交通機関として市民生活に不可欠であり、また、環境への負荷を低減する上でも重要な役割を担っております。

 こうしたことから、今後もバスサービスを市民へ安定的、継続的に提供し、交通利便性を確保するため、交通局が全額出資していわくにバス株式会社を設立し、平成22年4月1日から市内路線を順次移管するなど、交通局の分営化を行っております。

 平成23年度におきましては、貸し切りバス7両をいわくにバス株式会社に売却し、一般貸し切りバス事業の縮小や旅行業の廃止を行うなど分営化を推進する一方、バスの利用促進を図るため、県内のバス事業者が路線をPRするやまぐちバス博を初め、錦帯橋まつりなどに参加し、市内外で積極的にPR活動を行っております。

 次に、営業状況でございますが、平成23年度の総走行キロ数は、乗り合いが114万8,323.5キロメートル、貸し切りが17万4,871キロメートル、合計で132万3,194.5キロメートルとなりました。

 輸送人員は、乗り合いが145万5,077人、貸し切りが5万1,508人、合計150万6,585人となりました。

 続きまして、決算状況の概要ですが、これは、参考資料として添付しております平成23年度岩国市交通事業会計決算総括表により御説明します。

 まず、収益的収支について税抜き額で申し上げますと、収入額5億1,063万3,839円に対し、支出額5億5,765万7,467円で、差し引き当年度純損失は4,702万3,628円となり、これにより当年度未処分利益剰余金は3,949万2,068円、資金剰余額は6億1,584万3,175円となりました。

 収入額は、乗り合い収入が2億5,471万7,314円で、そのうち、一般会計からの高齢者・障害者等の優待乗車に対する繰入金が1億658万3,000円となっています。

 また、貸し切りバス事業については、いわくにバス株式会社へ貸し切りバス7両を売却し、一般貸し切りバス事業を縮小したため、7,407万570円となりました。

 次に、支出については、正職員の減少などにより職員給与費が3億6,259万6,014円、路線の移管等により燃料油脂費が3,487万389円、車両の売却等により車両修繕費が2,047万1,531円、減価償却費が3,231万3,833円、いわくにバス株式会社への委託料の減少等により諸経費が1億522万4,669円となったことなどにより、営業費用としては5億5,547万6,436円となっています。

 次に、資本的収支について税込み額で申し上げますと、収入額2,034万8,723円に対し、支出額は建設改良等の新規事業を行わなかったためありませんでした。

 収入額は、県補助金358万7,325円、いわくにバス株式会社への車両等の売却代金として固定資産売却代金が1,454万1,398円、旅行業廃止に伴う出資金等の戻入によりその他投資戻入金が222万円となっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第13認定第16号平成23年度岩国市水道事業会計決算の認定について

        認定第17号 平成23年度岩国市工業用水道事業会計決算の認定について 



○議長(松本久次君)  日程第13 認定第16号 平成23年度岩国市水道事業会計決算の認定について及び認定第17号 平成23年度岩国市工業用水道事業会計決算の認定について、以上2件を一括議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  認定第16号 平成23年度岩国市水道事業会計の決算について御説明いたします。

 平成23年度の年間総配水量は、1,538万1,851立方メートル、年間有収水量は、1,416万419立方メートルで、有収水量率は92.1%となっております。

 決算の中で決算報告書、事業報告書の建設改良事業の説明、建設改良工事の概況、事業収入及び事業費用に関する事項は、消費税込みの経理となっており、財務諸表であります損益計算書、剰余金計算書、剰余金処分計算書(案)及び貸借対照表並びに決算附属書類であります収益費用明細書、固定資産明細書及び企業債明細書は、消費税抜きの経理となっております。

 また、別冊の決算附属明細書の決算額を前年度と比較した収支の状況につきましては、消費税抜きの経理となっております。

 平成23年度の主な建設改良事業としましては、高所地区配水管等改良事業として配水管布設工事等を3,434万1,215円で実施し、配水施設整備事業として配水管の新設、布設がえ、移設工事等を2億552万6,304円で実施いたしました。由宇地区給水事業では配水管布設工事等を1億2,363万7,970円で実施し、浄水施設整備事業では錦見浄水場1号急速ろ過池更新第2期工事等を2億2,860万4,558円で実施いたしました。藤河・御庄地区給水区域拡大事業では配水管布設工事等を4億5,700万3,146円で実施し、水道施設耐震化事業では錦見浄水場管理棟耐震補強工事等を9,557万4,794円で実施いたしました。

 また、愛宕山まちづくり基盤整備事業では配水管布設工事等を1億969万1,336円で実施し、水質検査機器整備事業では固相抽出装置等を718万2,000円で購入いたしました。

 簡易水道統合事業につきましては、小瀬及び阿品地区の水道施設に濁度・色度監視装置及び残留塩素計を設置し、平成24年4月からは高森南地区水道施設の維持管理を行っております。

 以下、決算の状況につきまして、資料として添付しております平成23年度岩国市水道事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支につきましては、消費税抜きの経理で申し上げますが、収入総額17億3,916万7,830円に対し、支出総額15億9,261万9,420円で、差し引き1億4,654万8,410円の当年度純利益となりました。

 また、資本的収支につきましては、消費税込みの経理で申し上げますが、収入総額9億112万2,596円に対し、支出総額15億137万575円で、差し引き6億24万7,979円の不足となりました。この不足額は、当年度分消費税資本的収支調整額3,913万6,804円、減債積立金1億円、建設改良積立金6,000万円、過年度分損益勘定留保資金3億9,375万1,756円及び当年度分損益勘定留保資金735万9,419円で補てんいたしました。

 なお、当年度未処分利益剰余金は2億1,940万6,007円となりましたが、地方公営企業法第32条第2項及び地方公営企業法施行令第24条第1項の規定に基づき、減債積立金に5,000万円、建設改良積立金に1億円を積み立てる予定としておりますので、翌年度繰越利益剰余金は6,940万6,007円となります。

 次に、認定第17号 平成23年度岩国市工業用水道事業会計の決算について御説明します。

 平成23年度の基本使用水量は、新規給水申し込みがあったため、日量2万2,858立方メートルとなりました。

 平成23年度の主な建設改良事業としましては、水中モーターポンプ整備工事を3,202万5,000円で実施いたしました。

 以下、決算の状況につきましては、資料として添付しております平成23年度岩国市工業用水道事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支につきましては、消費税抜きの経理で申し上げますが、収入総額1億7,808万6,384円に対し、支出総額1億5,704万6,396円で、差し引き2,103万9,988円の当年度純利益となりました。

 また、資本的収支につきましては、消費税込みの経理で申し上げますが、収入はなく、支出総額5,259万2,853円で、差し引き5,259万2,853円の不足となりますが、これは、当年度分消費税資本的収支調整額161万5,952円、減債積立金1,865万7,853円及び過年度分損益勘定留保資金3,231万9,048円で補てんいたしました。

 なお、当年度未処分利益剰余金は2,679万8,707円となっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本2件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本2件は委員会において審査していただくことにして、2件とも建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第14認定第18号平成23年度岩国市病院事業会計決算の認定について



○議長(松本久次君)  日程第14 認定第18号 平成23年度岩国市病院事業会計決算の認定についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  認定第18号 平成23年度岩国市病院事業会計の決算について御説明いたします。

 診療体制につきましては、錦中央病院において、一般病棟1病棟で病床数58床を確保し、常勤医師4人及び非常勤医師7人の11人体制で内科、外科、整形外科、脳外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科及び泌尿器科の8科の診療を実施しました。これにより、延べ入院患者数は1万9,374人、1日平均52.9人、延べ外来患者数は、病院が2万9,520人、1日平均121人、診療所が1,163人、1日平均7.9人となり、前年度と比較すると、入院患者数は100人の増加、外来患者数は病院が1,128人、診療所が50人それぞれ減少となりました。

 美和病院におきましては、一般病棟1病棟で病床数60床を確保し、常勤医師5人及び非常勤医師二人の7人体制で内科、神経科、小児科、外科、整形外科及び眼科の6科の診療を実施いたしました。これにより、延べ入院患者数は1万6,223人、1日平均44.3人、延べ外来患者数は2万9,014人、1日平均118.9人となり、前年度と比較すると、入院患者数は1,274人の減少、外来患者数は918人の増加となりました。

 なお、決算書の中で決算報告書は消費税込み経理となっておりますが、財務諸表であります損益計算書、剰余金計算書、剰余金処分計算書(案)及び貸借対照表並びに決算附属書類であります事業報告書のうち事業収入に関する事項、事業費に関する事項、収益費用明細書、固定資産明細書及び企業債明細書は税抜き経理となっております。

 また、別冊の決算附属明細書の決算額を前年度と比較した収支の状況につきましては、消費税抜き経理となっております。

 それでは、決算の状況について、資料として添付しております、平成23年度岩国市病院事業会計決算総括表により御説明いたします。

 まず、収益的収支につきましては、消費税抜き経理で申し上げますが、収入総額は前年度に対し、6,549万4,463円増の15億6,829万1,650円、支出総額は前年度に対し5,250万8,815円増の15億4,587万1,616円で、差し引き2,242万34円の当年度純利益となりました。

 また、資本的収支につきましては、消費税込み経理で申し上げますが、収入総額は前年度に対し1億3,686万3,950円増の1億7,316万円、支出総額は前年度に対し1億4,934万8,253円増の2億894万3,216円で、差し引き3,578万3,216円の不足となりました。この不足額につきましては、当年度分消費税資本的収支調整額234万3,653円、減債積立金1,061万5,005円及び過年度分損益勘定留保資金2,282万4,558円で補てんいたしました。

 なお、当年度未処分利益剰余金は2,337万4,438円となりましたが、地方公営企業法第32条第2項及び地方公営企業法施行令第24条第1項の規定に基づき、減債積立金に117万円を積み立てる予定にしておりますので、翌年度繰越利益剰余金は2,220万4,438円となります。

 以上で、平成23年度岩国市病院事業会計決算についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第15認定第19号平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業決算の認定について



○議長(松本久次君)  日程第15 認定第19号 平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業決算の認定についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  認定第19号 平成23年度光地域広域水道企業団水道用水供給事業決算の認定について御説明いたします。

 先ほど報告第12号で御説明いたしましたが、本年3月31日に解散した光地域広域水道企業団の決算の認定については、地方自治法第292条の規定により地方自治法施行令第5条第3項の規定が準用され、企業団を構成しておりました各団体の議会が行うこととなっていることから、認定をお願いするものでございます。

 なお、企業団では公営企業会計に基づき関係法令に準拠した経理処理がなされておりますが、消費税及び地方消費税につきましては、平成17年度に企業団が消費税の課税事業者選択不適用の事業所となったことから、平成17年度以降の決算報告書及び決算諸表並びに決算附属書類等については、税込みの数値で計上しております。

 まず、決算書の収益的収入及び支出について御説明いたします。

 収入では、第1款 水道用水供給事業収益の予算額1,152万2,000円に対し、決算額は1,133万2,000円となりました。これは、営業外収益で、構成市からの事務費負担金でございます。

 一方、支出では、第1款 水道用水供給事業費の予算額1,152万2,000円に対し、決算額は5,880万4,837円となり、主に職員給与費負担金、企業団解散に伴う内部留保資金の清算金等、企業団運営に要した事務費でございます。

 以上の結果、収支差し引きは、4,747万2,837円の純損失となりました。

 次に、資本的収入及び支出について御説明いたします。

 資本的収入は、予算額2億6,631万4,000円に対しまして、決算額は、2億6,631万1,000円となりました。

 負担金の2億6,631万1,000円は、構成市からのもので、その内訳は、企業債の元利償還金の償還財源等に充当したものでございます。

 また、資本的支出の決算額は2億6,680万2,480円となりました。

 第1項の建設改良費の決算額は、7,968万8,368円となり、主に、昭和57年度から平成10年度までに借り入れた企業債利息として7,480万4,506円及び大井手堰に係る負担金439万3,784円でございます。

 第2項の企業債償還金は、1億8,711万4,112円で、昭和57年度から平成10年度までに借り入れた企業債に係る元金の償還額でございます。

 資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額49万1,480円は、建設改良積立金を取り崩し、補てんしております。

 また、貸借対照表は、平成24年3月31日時点における資産合計と負債・資本合計を示しておりまして、おのおの95億6,617万7,521円となっております。

 なお、平成23年度末での中山川総合開発事業及び広域水道整備に係る企業債の元金未償還残高は、14億8,890万1,000円となっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第16議案第98号平成24年度岩国市一般会計補正予算(第1号)

        議案第 99号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 

        議案第100号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第1号) 

        議案第101号 平成24年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第1号) 

        議案第102号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第103号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第104号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第105号 平成24年度岩国市観光施設運営事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第106号 平成24年度錦帯橋管理特別会計補正予算(第1号) 

        議案第107号 平成24年度岩国市市場事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第108号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号) 

        議案第109号 平成24年度岩国市小規模下水道事業特別会計補正予算(第1号) 



○議長(松本久次君)  日程第16 議案第98号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第1号)及び議案第99号から議案第109号までの各特別会計補正予算、以上12議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第98号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第1号)及び議案第99号から議案第109号までの各特別会計補正予算について、その概要を御説明いたします。

 今回の補正予算は、各会計とも平成23年度決算に伴う繰越金などの調整を行うとともに、一般会計においては、7月の豪雨被害などに対応するための災害復旧費、再編交付金を活用した基地周辺まちづくり基金への積立金、国・県支出金の返還金、財政調整基金への積立金などを計上しております。

 それでは、一般会計補正予算(第1号)について、歳入の主なものを御説明いたします。

 普通交付税は、額の確定により追加計上しております。

 国庫支出金は、児童手当法の改正等に伴い子供のための手当負担金と児童手当負担金を組みかえるとともに、内示に伴う再編交付金の増額、岩国駅周辺整備事業の減額に伴う社会資本整備総合交付金の減額を行っております。

 県支出金は、新たに、介護基盤緊急整備等臨時特例基金補助金、戸別所得補償経営安定推進事業費補助金、青年就農給付金を計上するとともに、子育て支援特別対策事業費補助金や単県農山漁村整備事業費補助金を追加計上しております。

 寄附金は、総務費寄附金及び教育費寄附金を計上しております。

 繰越金は、平成23年度決算に伴う額の確定により増額しております。

 市債は、起債対象事業費の変更に伴い、岩国駅周辺整備事業などについて減額するとともに、臨時財政対策債については、発行可能額の確定により増額しております。

 次に、歳出の主なものについて御説明をいたします。

 総務費では、新たに、岩国錦帯橋空港の開港記念行事に係る負担金を計上するとともに、PR事業を追加実施するために岩国錦帯橋空港支援協議会負担金を、また、設置申請が見込みを上回ったために岩国市防犯灯設置費補助金をそれぞれ追加計上しております。また、今後の財政負担に備えるため財政調整基金に8億2,964万7,000円を積み立てるとともに、市債発行による将来の償還に備えて減債基金に3億円を積み立てます。この結果、今年度末の残高は、財政調整基金が70億9,380万2,000円、減債基金が21億1,162万4,000円の見込みとなります。

 再編関連特別事業費においては、再編交付金の増額内示に伴い、基地周辺まちづくり基金積立金を追加計上するなどしております。

 民生費では、新たに、地域密着型介護サービス提供施設の整備に係る補助金、民間保育園の施設整備に係る補助金及び認定こども園の運営費に係る補助金を計上するとともに、児童手当法の改正等に伴い、子供のための手当から児童手当への組みかえを行っております。

 衛生費では、予防接種実施規則の改正に伴い、不活化ポリオワクチンの定期予防接種導入に係る経費を追加計上しております。

 農林水産業費では、新たに、農地の集積に協力する農業者への補助金、45歳未満の新規就農者への給付金などを計上するとともに、ため池の整備を行う経費を追加計上しております。

 商工費では、住宅リフォーム助成事業において、申請が見込みを上回ったため、委託料を追加計上しております。

 土木費では、岩国駅周辺整備事業において、デザイン検討等に期間を要したため東西自由通路の実施設計等の着手時期が繰り延べになったことから、事業費の減額を行っております。

 消防費では、新たに、自主防災組織等が行う地域の防災活動に必要な設備整備に係る補助金を計上しております。

 災害復旧費では、本年7月の豪雨被害などによる、農林水産施設及び土木施設に係る災害復旧費を計上しております。

 以上の結果、補正額は、16億5,038万5,000円で、補正後の予算規模は、628億5,838万5,000円となり、当初予算規模に比べ約2.7%の増となります。また、平成23年度9月補正後の予算規模と比較すると約1.5%の減となります。

 第2表 債務負担行為補正の追加は、平成25年度からの業務執行に支障を来さないよう、平成24年度中に契約の締結が必要となるものが、学校給食センター給食調理等業務委託ほか2件、岩国駅周辺整備事業の用地購入費に関するものが1件、合わせて4件の設定を行うもので、変更は、岩国駅周辺整備事業の用地の代行取得に伴い、岩国市土地開発公社の借入金に対する債務保証の増額を行うものであります。

 第3表 地方債補正は、起債対象事業費の変更に伴い調整を行っております。

 続いて、特別会計の補正予算について御説明いたします。

 各会計において、主に平成23年度決算に伴い繰越金または前年度繰上充用金の調整などを行うものであります。

 以上で、一般会計及び特別会計の補正予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(松本久次君)  本12議案に質疑はありませんか。



◆27番(田村順玄君)  今回の一般会計補正予算について、まず1点だけお尋ねをしたいと思います。

 今回の補正予算の大きな補正要素の中に、再編交付金の増額という項がございます。再編交付金につきましては、私もとこれまでの経過というものをいろいろ思い返しておりますと、平成20年度から10年間にわたって政府が行う再編施策において、特に国が手当てをするという交付金でありまして、私が承知をしているというか、認識をしているのは、10年間で134億円という総額が予定されているというものです。

 今回、1億8,539万1,000円の増額ということになりました。平成20年度からの交付金事業の一覧を見てみますと、20年度は年度の終わりごろだったと思いますが、それから後は毎年度、11億145万3,000円という額が再編交付金の交付額になってきているわけでありますけれども、本年度途中でこの1億8,539万1,000円が追加されたということは、政府においてパッケージと言われる米軍再編施策が大きく変わってきたものなのか。

 例えば、本年7月23日には、オスプレイが米軍岩国基地岸壁から陸揚げされました。市長はいまだこの内容については容認をしておられません。そういったものがこれまでパッケージとして我々が聞いてきた再編施策にあえて加えられたもので、これがふえたのであろうか。それとも愛宕山の米軍住宅用地が本年3月23日に防衛省に売却される契約がなされて、米軍に将来あてがう岩国市の基地施設がさらに増加したと、こういったものであろうかというようなことがいろいろと――我々市民にとっては、分母がわからない状況の中でのこの予算の総額であります。ただふえるといってもそのふえた額が大きな毒の入った補助金であれば、素直に受け入れることができないものもあるかもわかりません。

 昨夜、午後8時ごろからバタバタという大きな米軍機であろうという爆音が基地の中から聞こえてまいりました。あれは何だろうかという市民からの多くの問い合わせがありました。強行的に陸揚げをされた12機のオスプレイが、基地の駐機場で夜間にエンジンをかけてローターを回していた音であろうというふうに今感じておりますけれども、7月23日にオスプレイという世界で最も危険な航空機が岩国に陸揚げされたことについて、市長が認識されておられ、まだ容認されておられない。そういったものも含めたパッケージとしてのフレームが、この再編交付金という補助金であるのかどうかということについて、昨日の市民が爆音として認識をした被害のあったそのことも含めて、御答弁をしていただきたいと思います。



◎基地政策担当部長(杉岡匡君)  今議員のほうから御発言がありました20時ごろの爆音というんですか、音につきましては、確かに市民の方からそういった苦情は承っております。私どものほうもその内容については、確認をしないといけないというふうには思っておりますので、まずその点はちょっと御了解いただきたいと思います。

 再編交付金につきましては、ことし3月末に愛宕山を売却したことに伴う増額分だというふうに認識をしております。基準日は毎年4月1日になっているということがありますので、今年度は補正で上げさせていただいたという状況でございます。今回陸揚げされましたオスプレイと関連したものではないというふうに認識をしております。



◆27番(田村順玄君)  昨日の騒音、爆音については、多くの市民が認識をしている、やかましかったというその内容を市当局としていまだに――間違いなく基地からの爆音であるにもかかわらず、いまだにきちんとすべてを承知しておられないということについては、大変不満足でありまして、きちんと市としてリアルタイムに対応してほしいということがまず1点。

 それから、今回の市長の提案説明の中で、内示によるというふうにおっしゃいましたから、内示によるということであれば、年度当初からだったんだと思いますけれども、それが現時点において増額ということになったということでありますけれども、それでは、この134億円と言われてきた再編交付金は、残りまだ五、六年あるわけでございますが、最終的には一体幾らになるというふうに計算をしておられるのか、これを改めてお尋ねをいたします。



◎政策審議官(村田光洋君)  今、詳細な数字は持っておりませんが、再編特措法によりますと、いろいろ計算式がございまして、機数とか面積とか、そういったものが加算されます。先ほど担当部長が申し上げましたように、愛宕山の用地を売却したことによって今回ふえたわけですが、総額で約15億円と承知しております。

 したがいまして、当初の134億円に約15億円を足しますと、約150億円ぐらいになると――ちょっと具体的な数字はわかりませんが、約150億円ということでございます。それが平成30年までに分割して入ってくるという認識がございます。



◆30番(大西明子君)  財政調整基金が年度末で70億9,380万2,000円というふうに今説明があったわけですが、実は合併について私たちは反対をしてまいりまして、一本算定になったら大変なことになるというふうに主張してきました。そろそろ一本算定で財源が減るというふうに私は思うんですが、一本算定になったら幾ら減るのか。70億円あっても、たしか説明では一本算定では40億円くらい歳入が減るというふうに聞いているんですが、その点についてどういうふうになるのか。

 それから、合併特例債やその他について知事会や市長会で、この返済や期間の猶予について延長という話が出ているというふうに聞いておるんですけれども、市長会あたりでどういうふうな状況になっているのか、知っておられれば教えていただきたいというふうに思います。



◎総合政策部長(中岡正美君)  まず、地方交付税等の一本算定でございますが、今回補正を出しております予算で、一本算定を計算しますと、合併算定がえと比べ、約49億円の減額となります。ですから今、財政調整基金に70億円ありますが、一本算定になりましても同じような予算編成でいきますと、2カ年ももたないという状況でございます。

 それから、合併特例債については既に5カ年の延長が法律で決まっておりますので、その5カ年延長に向けて今後準備していきたいと考えております。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本12議案は委員会において審査していただくことにして、議案第99号、100号、101号、以上3議案は教育民生常任委員会に、議案第102号、103号、104号、108号、109号、以上5議案は建設常任委員会に、議案第105号、106号、107号、以上3議案は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第98号 平成24年度岩国市一般会計補正予算(第1号)につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第17議案第110号岩国市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例



○議長(松本久次君)  日程第17 議案第110号 岩国市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第110号 岩国市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例につきまして、御説明いたします。

 本議案は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行により、老人福祉法、介護保険法等が改正され、これまで、厚生労働省令で定められておりました介護施設等の基準が、都道府県または市町村の条例で定めることとされたことに伴い、市に指定の権限があります指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスについての基準を整備するため提案するもので、本議案は、このうち要介護者に対して提供される指定地域密着型サービスについての基準を整備するものでございます。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明します。

 本条例は67条からなるもので、第1条から4条までは総則として、本条例の趣旨や事業者の要件及び一般原則を規定し、5条以降は、地域密着型サービスごとの基準を規定しております。

 5条から12条までは、指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護について、13条から17条までは、指定夜間対応型訪問介護について、18条から25条までは、指定認知症対応型通所介護について、26条から33条までは、指定小規模多機能型居宅介護について、34条から40条までは、指定認知症対応型共同生活介護について、41条から47条までは、指定地域密着型特定施設入居者生活介護について、48条から55条までは、指定地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護について、56条から60条までは、ユニット型指定地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護について、61条から66条までは、指定複合型サービスについての基準等を、67条で規則への委任をそれぞれ規定しております。

 基準の策定に当たりましては、基本的には厚生労働省令で定められた施設基準等と同じ内容としておりますが、施設等の非常災害対策につきましては、山口県の定める条例との整合を図り、防災計画の策定及び見直し並びに緊急時の安全確保のための体制整備についての規定を加えております。

 なお、本条例は、事業所等への周知期間が必要でありますことから平成25年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第18議案第111号岩国市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例



○議長(松本久次君)  日程第18 議案第111号 岩国市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第111号 岩国市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例につきまして、御説明します。

 本議案は、先ほど説明を申し上げました議案第110号と同様、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴い、市の条例で定めることとなりました、市に指定の権限があります指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスのうち、要支援者に対して提供される指定地域密着型介護予防サービスにつきまして、事業に係る人員、設備及び運営等に関する基準等を整備するため、提案するものでございます。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明します。

 本条例は31条からなるもので、第1条から4条までは総則として、本条例の趣旨や事業者の要件及び一般原則を規定し、5条以降は、地域密着型介護予防サービスごとの基準を規定しております。

 まず、5条から15条までは、指定介護予防認知症対応型通所介護について、16条から23条までは、指定介護予防小規模多機能型居宅介護について、24条から30条までは、指定介護予防認知症対応型共同生活介護についての基準等を、それぞれ規定しており、31条で規則への委任について定めております。

 基準の策定に当たりましては、基本的には厚生労働省令で定められました施設基準等と同じ内容としておりますが、施設等の非常災害対策につきましては、山口県の定める条例との整合を図り、防災計画の策定及び見直し並びに緊急時の安全確保のための体制整備についての規定を加えております。

 なお、本条例は、事業所等への周知期間が必要であるため平成25年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第19議案第112号岩国市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例



○議長(松本久次君)  日程第19 議案第112号 岩国市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第112号 岩国市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例について御説明いたします。

 本議案は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」、いわゆる一括法の施行に伴い、水道法の一部が改正されたことにより、これまで政令で定められておりました、水道事業及び簡易水道事業における布設工事監督者を配置しなければならない工事の範囲並びに布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準について、事業を経営するすべての地方公共団体が政令を参酌して条例で定めることとされたことから、このたび政令と同様の内容の基準を整備するため、提案するものでございます。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明いたします。

 本条例は4条からなるもので、第1条ではこの条例の目的を、第2条では布設工事監督者を配置する工事の種類を、第3条及び第4条では布設工事監督者及び水道技術管理者の資格についてそれぞれ定めております。

 なお、本条例の施行期日は、本年10月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第20議案第113号岩国市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第20 議案第113号 岩国市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第113号 岩国市非常勤の特別職の職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、岩国市市政市民会議、由宇町住居表示審議会及び岩国都市計画川下土地区画整理事業の廃止に伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容について御説明いたします。

 まず、岩国市市政市民会議に係る委員及び専門委員会委員の報酬等につきましては、議案第122号で提案しております岩国市市政市民会議条例を廃止する条例の施行に伴い、同条例で設置されている市政市民会議が廃止されることとなるため、規定の削除を行っております。

 また、住居表示審議会委員の報酬等につきましては、議案第124号で提案しております由宇町住居表示審議会条例を廃止する条例の施行に伴い、同条例で設置されている住居表示審議会が廃止されることとなるため、規定の削除を行っております。

 最後に、岩国都市計画川下土地区画整理事業に係る審議会委員及び評価員の報酬等につきましては、議案第123号で提案しております岩国都市計画川下土地区画整理事業施行条例を廃止する条例の施行に伴い、同条例で設置されている川下土地区画整理審議会が廃止されることとなるため、規定の削除を行っております。

 なお、この条例は、住居表示審議会委員及び川下土地区画整理事業に関する委員等については公布の日から、市政市民会議に係る委員については本年10月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第21議案第114号岩国市出張所設置条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第21 議案第114号 岩国市出張所設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市民生活部長(赤崎忠利君)  議案第114号 岩国市出張所設置条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、平成24年3月26日付岩国市告示第65号により、愛宕山地域内の牛野谷町三丁目の一部、門前町二丁目の一部、尾津町一丁目の一部、尾津町二丁目の一部及び南岩国町二丁目の一部を愛宕町一丁目に変更したことに伴い、愛宕出張所の所管区域に愛宕町を加えるものです。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第22議案第115号岩国市防災会議条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第22 議案第115号 岩国市防災会議条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎危機管理監(岩?伸明君)  議案第115号 岩国市防災会議条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、災害対策基本法の一部を改正する法律が本年6月27日に公布され、同日から施行されたことに伴い、規定の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容といたしましては、災害対策基本法の改正により、災害発生時の情報収集等に関する事務をより効果的に行うために、防災会議と災害対策本部の所掌事務について見直し及び明確化が行われたことから、本市の防災会議の所掌事務につきましても改正するものです。

 また、県の防災会議の委員について、多様な主体の意見が反映されるよう、自主防災組織を構成する者または学識経験者が追加されたことから、市においても同様に改正するものです。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

 ここで会議の途中ではありますが、まだ多くの議案が残っております。引き続き審議するか、(笑声)それとも休憩にするか、皆さんの御意見を賜りたいと思います。(「休憩」と呼ぶ者あり)休憩という声が多くありますので、ここで暫時休憩いたします。

午前11時58分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後 0時59分 再開 



○議長(松本久次君)  休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第23議案第116号岩国市災害対策本部条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第23 議案第116号 岩国市災害対策本部条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎危機管理監(岩?伸明君)  議案第116号 岩国市災害対策本部条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、災害対策基本法の一部を改正する法律が本年6月27日に公布され、同日から施行されたことに伴い、条文の整備を行うため、提案するものであります。

 改正の内容といたしましては、災害対策基本法において、地方防災会議と災害対策本部の所掌事務の見直し及び明確化が行われたことに伴い、条例第1条で引用しております同法第23条第7項が第23条の2第8項に改められたため、条文の整備を行うものです。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第24議案第117号岩国市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第24 議案第117号 岩国市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第117号 岩国市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例について御説明をいたします。

 本議案は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴い、廃棄物の処理及び清掃に関する法律が一部改正されたことにより、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、これまで一般廃棄物処理施設に置く技術管理者は、環境省令で定める資格を有することとされておりましたが、法の改正により、市が設置する一般廃棄物処理施設に置く技術管理者は、環境省令で定める基準を参酌して市の条例で定める資格を有することとされたことから、新たに技術管理者の資格を定めるもので、その基準は環境省令で定められた基準と同様としております。

 なお、本条例は、平成24年10月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第25議案第118号岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第25 議案第118号 岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第118号 岩国市一般廃棄物処理施設設置条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、岩国市由宇廃プラスチック等減容処理施設を廃止するため、提案するものでございます。

 由宇町港三丁目1番3号に設置しております由宇廃プラスチック等減容処理施設につきましては、旧由宇町において平成5年度に通商産業省――現在の経済産業省でございますが――の補助を受けて建設したもので、平成6年からプラスチック類の固形化により処理量を減らし、最終処分場の延命を図ってまいりました。

 平成18年の合併後は、プラスチック類を岩国市リサイクルプラザに直接搬入することといたしましたので、同施設は休止状態となっておりましたが、このたび中国経済産業局から財産処分の承認を得ましたので、同施設を廃止し、条例から削除するものでございます。

 なお、本条例は、公布の日から施行することといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いをいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第26議案第119号岩国市下水道条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第26 議案第119号 岩国市下水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第119号 岩国市下水道条例の一部を改正する条例について御説明をいたします。

 本議案は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴い、下水道法の一部が改正されたことにより、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、これまで、公共下水道及び都市下水路の構造の基準等並びに公共下水道の終末処理場の維持管理の基準は、政令で定めることとされておりましたが、法の改正により、政令の基準等を参酌して市の条例で定めることとされたことから、各基準等について条例に追加するもので、その基準等の内容は、政令に定める基準等と同様としております。

 なお、本条例は、本年10月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第27議案第120号岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第27 議案第120号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第120号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、御庄放課後児童教室を移設するに当たり、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 御庄放課後児童教室は、御庄小学校の多目的スペースの一部を活用し、平成17年度から運営しておりました。本地域は共働き世帯が多いため、毎年30人の定員を超える利用者があるとともに、小学校の児童数も横ばいで推移していることから、将来的にも需要の高い施設として、近年その拡充を検討してまいりました。

 特に今年度は、定員を超える39名の児童を受け入れております。施設規模から、これ以上の受け入れは難しいと判断し、待機児童が発生いたしております。このことから、学校内はもとより近隣施設の活用も含めた施設整備を検討する中、さきの補正予算案での御審議もお願いしておりますが、山口東農業協同組合の御協力のもと、御庄小学校の運動場に隣接する同組合の事務所の一部を借用することが可能となったことから、条例に規定いたします教室の位置を改正するものでございます。

 当該施設は、保育面積も十分であることから、定員も増員し、安定的な運営を図ってまいりたいと考えております。

 また、施設は、学校敷地内から隣接地へ移動することとなりますが、児童の健全育成を図るには、学校との連携が大変重要であることから、学校サイドとは、これまでどおり、児童の運動場や体育館を利用しました遊びの確保はもとより、健康管理面も含めた学校生活の情報の共有など、ともに児童の成長を支援してまいりたいと思っております。

 なお、本条例は、本年11月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆29番(坪田恵子君)  早速に整備をしていただき、大変ありがとうございました。関係者や子供たちが大変喜ばれていることと思います。これもやはり共産党だけでなく、他会派の議員――武田議員、林議員、藤重議員とともに行動できた成果だとうれしく思っております。

 これをスタートに、改善の必要な児童教室がまだまだあると思いますが、市としてそういう改善の必要な児童教室があと何カ所ぐらいあると認識しておられますか、お尋ねいたします。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  今何カ所かと言われましたが、市のほうではよりよい環境の整備に努めてまいりたいと思っております。また、児童数の推移もあろうかと思います。さきの6月議会でも御質問がございまして、従来から検討してまいりましたが、今回早急に整備できましたことにつきましては、皆様方のお力が大変大きいんではないかとは思っております。今後につきましても、順次、必要なところから整備をしてまいりたいというふうに考えております。



◆29番(坪田恵子君)  やはり子供たちが安心して過ごせる放課後児童教室でなければいけないというふうに思っておりますので、今後、順次整備をしていただくように要望しておきます。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第28議案第121号岩国市水道条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第28 議案第121号 岩国市水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第121号 岩国市水道条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本議案は、安全・安心で安定した水道を市民の皆様にお届けするため、災害に強い水道施設につくり直す費用の財源を確保することができるよう、水道料金の額の改定をするため、提案するものでございます。

 本市の水道施設の大半は、昭和40年代から50年代の高度経済成長期に設置されたもので、経年による施設の老朽化が進んでおり、今後、耐用年数を超える施設が急激にふえてくる状況にあります。

 昨年3月11日に発生した東日本大震災でも見られたように、一たび地震等の災害が発生すれば、長期間に及ぶ断水など甚大な被害が発生するおそれがあります。

 また、県内における耐震化率は、全国平均と比較しても低水準にあり、水道施設の耐震化がおくれている現状であります。

 そこで、水道施設の耐震化を強力に推進するため、昨年度「水道施設耐震化10カ年計画」を策定いたしました。

 この計画では、今年度から10年間で、錦見浄水場配水池など18カ所の水道施設に39億円を、配水管等に43億円をかけて、耐震化を図ることとしております。

 一方、合併による市域の拡大に伴い、本市の水需要は一時的には増加しましたが、その後、人口の減少に加え核家族化による水需要の変化が起きており、有収水量は減少傾向にあります。これは、節水意識の向上に伴う節水型のトイレや洗濯機、食器洗い機等の普及による水需要の落ち込みが大きな要因であると思われます。

 水道事業は税金ではなく、皆様からいただく水道料金を原資に独立採算制で運営されていることから、有収水量が減少する中、耐震化計画の実施に伴う財源を確保するためには、どうしても水道料金の改定が必要となります。

 そこで、1、耐震化計画を実施する際、将来に大きな負担を残さないようにするため、料金改定により事業費の4分の1――年2億円程度を確保することとし、企業債の新規借り入れは、年5億円までとすること、2、耐震化計画期間中の10年間は、消費税率が改定された場合を除き、さらなる値上げを行う必要のない設定とすること、3、料金改定により市民の皆さんの家計に余り大きな負担をかけないよう、家庭用料金の値上げ幅は、標準家庭で1日につき10円、1カ月につき300円程度とすること、4、大口使用者――病院、大型店舗、ホテルなどの料金単価は、小口使用者――家庭用の料金単価に比べて最大で4.6倍、平均で2.5倍高いことから、大口使用者が料金負担の増加により地下水利用に転換することを避けるため、大口使用者の改定率は比較的小幅にとどめること、5、家庭用料金において、合併前の旧町水道料金や統合前の簡易水道料金よりも高くならない設定とすること、という5項目の基本方針のもと、水道料金の改定案を作成いたしました。

 この結果、水道料金の改定率は、小口使用者では平均23.3%、大口使用者では平均5.0%、全体では平均14.6%としております。

 また、小口使用者については、1カ月につき8立方メートルの基本水量を設定しておりましたが、1カ月当たりの使用水量が8立方メートルに満たない使用者と8立方メートル使用した使用者の料金が変わらないことに不公平感もあることから、基本水量制を廃止し、受益者負担の原則に基づいて、使用した水量に応じた従量制に変更することといたしました。

 なお、生活用水に対する配慮として、現在の基本水量8立方メートルまでを廃止するかわりに、10立方メートルまでの使用水量に対する従量料金を低く抑えて算定しました。

 このたび家庭用の水道料金の改定が実施されれば、昭和60年以来28年ぶりとなりますが、今回の料金改定による増収分を財源として、水道施設耐震化計画を確実に実現させ、災害に強い水道施設につくり直すことにより、安全・安心で安定した水道を市民の皆様にお届けすることができるものと考えております。

 なお、本条例の施行期日は、市民の皆様に相当の周知期間が必要なことから、平成25年5月1日としておりますが、附則において経過措置に関する規定を設け、本条例の施行期日前に計量した使用水量に係る水道使用料金については、改定前の水道料金とすることとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  この水道料金の改定が新聞で報道されて以来、市民の間で27%も上がるという驚きの声と怒りの声が寄せられております。これについては、私は一般質問でやりたいと思いますのでのけておきますが、この資料で見ますと、給水原価は112.5円というふうになっています。総括原価方式ですから、この給水原価に人件費が何%入っているのか。県下の他都市の給水原価に人件費がどのくらい入っているのか。わかれば教えていただきたいと思います。



◎水道事業管理者(上村高志君)  水道料金を計算する場合、人件費の計算をしておりますが、現在、85名の局職員を抱えておりますが、そのうちの75名が上水関係ということで、その人数についてはそのままで固定するということで試算しておりまして、大体収益的収支の費用で18億円ばかり試算されておりますので、その3分の1程度――ちょっと今詳しい数字は持っておりませんので、また一般質問のときにでも答えさせていただければと思います。(「了解」と呼ぶ者あり)



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第29議案第122号岩国市市政市民会議条例を廃止する条例



○議長(松本久次君)  日程第29 議案第122号 岩国市市政市民会議条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第122号 岩国市市政市民会議条例を廃止する条例について御説明します。

 本議案は、岩国市市政市民会議を廃止するため、提案するものでございます。

 同会議は、地方自治法第138条の4第3項の規定に基づく市の附属機関として、平成18年10月に設置いたしました。以来、市の施策等について、市民感覚による視点から御審議をいただいてきたところですが、近年においては、審議会の開催回数が大変少なくなっております。

 こうした背景には、例えば、玖珂総合公園整備に伴うワークショップ、岩国駅周辺整備デザイン会議、あるいは各種アンケート、パブリックコメントなど広く市民の意見を反映するためのいろいろな方法が、定着してきていることが考えられます。

 本市の行政課題について市民の皆様の御意見を広く反映することの重要性は変わりございませんが、今後は、それぞれの課題に応じて、アンケート、パブリックコメント、説明会、ワークショップ、そして専門委員会などさまざまな方法の中から適切なものをその都度選択していくことが、より効率的であることから、岩国市市政市民会議を廃止するものでございます。

 また、これに伴い、同会議を引用しております4本の条例について改正を行っております。

 なお、本条例の施行期日は、本年10月1日からとしております。現在、条例に基づき委嘱しております委員の任期が本年9月30日までとなっておりますので、任期の終了とともに条例を廃止するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆14番(姫野敦子君)  議案第122号について、市政市民会議は、以前、おびただしい数の委員会、審議会を整理・廃止し、法令で定められた委員会等を残し、市政市民会議としてスタートしたものと記憶しております。数百人の委員がそれぞれ市民会議として十数人に絞られ、審議を行ってきているように思っております。

 近年の委員については、公募による選定、構成など、市側が委員を選定しており、また、審議すべきものが減ってきたので廃止すべきというふうにただいま説明をされました。今後、パブリックコメントや目的別の検討会や専門委員会、またアンケートや住民説明会による対応をされるということではありますが、年間を通じて深い審議が集中的に行われ、市政へのバランスのとれた意見の集約も行われてきた大事な市民参画の場であったのではないかと思いますが、これを後退させるものになるのではないかということについて質疑をいたします。



◎総合政策部長(中岡正美君)  先ほど壇上から御説明いたしましたが、もともと市政市民会議は、広く市民の意見を求めるということで出発しております。申し上げましたように、各課題への市民の意見を広く求める方法は、それぞれ適したものを選んでやっておりますので、今回この条例を廃止したからといって後退するものではないと考えております。



◆14番(姫野敦子君)  それは市側の考え方だと思いますが、この122号については、なかなかわかりにくい上程で、新旧対照表といったものもありません。また、午前中にも教育委員会の点検及び評価について発言いたしましたが、113号の上程についても、まだ市政市民会議の廃止が決定したものではないのに、122号より先に上程されるなど、例えば12月でもよいはずのことが先に議案として提出されるなど、少し乱暴な議案の提出になっていないかというところについて質疑いたします。



◎総務部長(藤井章裕君)  このたびいろんな条例が出ております。条例の提出の仕方でございますが、基本的に新規――新たに設ける条例を最初に番号をつけて置いております。続きまして一部改正、その後が廃止する条例というふうな順番で議案番号をつけておるところでございます。

 したがいまして、廃止のほうが最後という順番となっているものでございます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  今回、廃止条例で出しておりますので、新旧対照表はつけていないものと思われます。



◆22番(味村憲征君)  この岩国市市政市民会議条例については、私も過去に一般質問で二、三度、活動内容等々お聞きしました。その中で、どうしても市民の声として必要だということで、継続されて、福田市政になって一部統合されたというふうに覚えております。

 廃止条例を提案された理由を先ほど述べられましたけど、議会以外に市民の声を聞くのにいろんな選択肢があってもいいと思うんですけども、パブリックコメントの数も非常に少ないんですけど、なぜこれを廃止しなければならないか、お伺いします。



◎総合政策部長(中岡正美君)  まず、最終的な御審議をいただくのは議会ということでございますので、これについてはあくまで意見を広く求めるということで、最終的には議会のほうに審議していただくということで、今回外しております。



◆22番(味村憲征君)  ちょっと私の質疑と食い違ったんですけど、要するにパブリックコメントも含めて、いろんなものを吸い上げる選択肢がたくさんあるのはいいことなんですけども、効率の悪いものはまだいっぱいあるはずなんです。なぜこれを廃止しなければならないかという質疑でございます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  先ほど壇上から申し上げましたが、審議の回数が年々減ってきておりまして、例えば21年度でいいますと4部会で13回、22年度では6回、23年度は5回、部会によっては全然審議がないところもございまして、委員の委嘱については2年間としておりますけど、全然ないというものもございますので、やはりそれぞれ効率的な運用ができるようなやり方ということで、今回この条例を提出させていただいております。



◆5番(渡辺靖志君)  同じく122号について伺います。

 なぜ活用されなかったのか、それは活用するようなテーマがなかったのか。活用することを避けてほかの方法を使って手っ取り早くやったということも考えられます。廃止理由が非常に簡単過ぎて、非常に審議しにくいというふうに思います。そのことについて質疑します。



◎総合政策部長(中岡正美君)  先ほどから申し上げておりますが、市政市民会議は広く市民の意見を反映するということで設置しておりました。先ほど壇上から申し上げましたけれど、今はいろいろな方法で広く意見を求めておりまして、やはりこれに限らないでそれぞれに合った方法で市民の意見を集めるということから、今回この条例を出させていただいております。



◆5番(渡辺靖志君)  これはどちらにしても委員会に付託されますので、丁寧な対比をされるほうが、つまりテーマごとにやると言われましたけども、テーマに関連があったりする場合がありますので、やはり公募して熱心な市民を選んで、そこでできるだけ発言してもらう、できるだけ情報を与えて関連づけといったヒントを全部与えて、いろいろ手を尽くしてたくさんの市民の声を求めるという機関を一つ省くということは、非常に疑問がありますので、これは委員会でまた発言させていただきます。



◆30番(大西明子君)  先ほど水道事業管理者が水道料金の改定について議案を出しましたけれども、その改定について答申を出したのは、福祉環境市民会議です。ですから、議題によって幾つくらい市民会議ができているのか、できている分を全部紹介していただきたいんです。この福祉環境市民会議というのがあるし、じゃあほかにどういうものがあるのかということを示していただきたい。

 それから、先ほど姫野議員が質疑をいたしましたが、これを廃止するものだから最後に出したと。もし今たくさんの意見が出て、仮にこれについて否決をされた場合には、さきの条例案は通らなくなります。意味がないわけです。これは法律によって提案の順序が決まっているのかどうか、何か拘束があってこういう順序になっておるのか、その点についてお尋ねをいたします。



◎総合政策部長(中岡正美君)  一つ目の市民会議の数ですが、これは市政市民会議の中の総合政策と教育文化、福祉環境、産業建設の四つ以外の会議ということでしょうか。幾つあるかというのは、市政市民会議は部門別にありますが、今総合政策と教育文化、福祉環境、産業建設の四つの会議が御承知のとおりありますけど……(「承知しとらんから聞きよる」と呼ぶ者あり)そうなんですか、済みません。(「全部を」と呼ぶ者あり)四つがあります。



◎総務部長(藤井章裕君)  先ほどの議員への答弁の中で、新規、一部改正、廃止という順番を決めておるということで説明をさせていただきましたが、基本的にこれは私どものほうの整理上の都合によりまして番号を振っておるところでございます。

 あくまでも議案の番号でございますので、1番が一番早くとか、2番が2番目とか、これはさきの名誉市民の案件につきましても同じように番号をつけていたわけでございますけど、先着順で番号をつけたものではございません。ということで、ただ整理上番号をつけて、それの並べ方の一つの規則としてこのような説明をさせていただいたところです。



◆30番(大西明子君)  今までそうだったから順番でそういうふうにやったというふうにしか聞こえないんですが、やはりここで賛否を問う問題ですから、その問題に関連しているものについては、後で提案するというのが道理として、筋として当然じゃないですか。私は提案の仕方というのは、そういうふうに思います。そうじゃないといけないという規則か何かがあるんだったら、私はそれを説明していただきたいと思います。当局が今までの便宜上そういうふうに提案していたというんであれば、関連したものについては先に解決をした後、次の問題が出てくるというのは当然じゃないかというふうに思います。これは検討していくべきだというふうに思いますが、いかがでしょうか。

 それから、私も勉強不足で申しわけないんですが、この市政市民会議を廃止したら、かわりに市民の声を届けるどういう会議ができるのかと。単にこれをやめますよということでは、市民の声をどういう形で、どことどこでしていくのかということがわかりにくい。(発言する者あり)議会は市民の代表でも、市民の声を届ける――言う必要ないね、あなたの質問になるから。済みません。(笑声)その点に答える必要はありませんが、そこのところをなくすんであれば、これにかわるものについてはこういうものがありますよという、逆の提案も廃止の中には理由として必要じゃないかと思うんですが、答弁では、この受け皿としてどういう会議があるのかがわかりにくいので、もう一度説明をお願いいたします。



◎総合政策部長(中岡正美君)  今回4本の関係条例もやっていますが、例えば一つに岩国市自転車等放置防止条例というのがあるんですが、その中に市民会議が引用されておりますけど、それらについては、「あらかじめ、当該地区に関係すると認められる団体等」の意見を聞かなければならないということで、新たにそういうものをつくったり、あと岩国市企業誘致等促進条例とかですと、市民会議から岩国市企業誘致等事業者指定審査会とかに移行するものでございます。今条例を引用しましたけれど、市民の意見を広く聞くために、それぞれテーマに応じて、市民からの公募による委員も含めた検討委員会でありますとか、専門委員会とかをつくってやられると思っております。(「それを提示せんとわからんと言いよる」と呼ぶ者あり)



◎総務部長(藤井章裕君)  お尋ねの1点でございますが、先ほど議案を並べる順序については御説明いたしたとおりでございますが、基本的に新たに制定するものをより早く並べ、次に一部改正、廃止というようなある程度の基準を持って説明、また並べるというのはある程度やむを得ない部分があるんではないかと思います。

 例えば、今回の補正予算の番号につきましても、基本的に条例よりも先に議案番号がついております。ひょっとして一般議案の中において予算に関連するものがあるかもわかりません。そうしたことを考えますと、ある程度一定のルールにのって並べさせていただくのが整理上は一番いいのではないかと今は判断しているところでございますが、いろいろと議員の御指摘等もありますので、いろんな調査はさせていただけたらと思います。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第30議案第123号岩国都市計画川下土地区画整理事業施行条例を廃止する条例



○議長(松本久次君)  日程第30 議案第123号 岩国都市計画川下土地区画整理事業施行条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎拠点整備担当部長(小林和信君)  議案第123号 岩国都市計画川下土地区画整理事業施行条例を廃止する条例について御説明します。

 本議案は、岩国都市計画川下土地区画整理事業を廃止するため、提案するものでございます。

 川下地区におきましては、昭和45年から土地区画整理事業に着手いたしましたが、土地の提供割合等について住民の方等の理解が得られなかったことなどから、昭和51年に事業休止となり、以来、基盤整備が進められず、生活環境や防災性の向上が喫緊の課題となっておりました。

 こうしたことから、土地区画整理事業にかわる新たなまちづくりも視野に入れ、平成19年に住民代表による川下地区まちづくり協議会が設立され、住民が主体となり地区のまちづくりのあり方等について検討を重ねてこられました。

 その後、平成22年7月には、川下地区自治会連合会や川下地区まちづくり協議会を初めとする地元4団体の連名により、「川下地区まちづくり計画」が市に提出されました。

 これを受け、多くの地区住民の皆様が望まれる、暮らしやすい住宅中心の町の実現や防災性向上に向け、土地区画整理事業を廃止し、新たなまちづくりの手法となる「川下地区まちづくり整備計画」を地区住民の皆様と協働で策定し、都市基盤の整備と市街地の計画的な土地利用を行うこととしたものでございます。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第31議案第124号由宇町住居表示審議会条例を廃止する条例



○議長(松本久次君)  日程第31 議案第124号 由宇町住居表示審議会条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎由宇総合支所長(山本昭生君)  議案第124号 由宇町住居表示審議会条例を廃止する条例について御説明します。

 本議案は、由宇町住居表示審議会を廃止するため、提案するものでございます。同審議会は、旧由宇町が住居表示の実施に当たり適正な町区域及びその名称のほか必要な事項を調査審議するため、平成12年に設置されたもので、平成13年度から平成21年度にかけて住居表示整備事業として実施予定区域2.64平方キロメートルのうち、市街地部分の2.52平方キロメートルを実施し、有家地区等を残し、ほぼ完了いたしました。実施率95.5%でございます。

 事業の未実施区域につきましては、地元住民に住居表示の整備に関する要望がないことや、既に実施した住居表示実施区域との連続性がなく、直ちに実施する計画がないこと、計画区域が単一の自治会で構成されていること、また、条例で設置する審議会によることなく、協議会等で町名や町区域を決定することが可能であることから、由宇町住居表示審議会を廃止するものでございます。

 なお、本条例は、公布の日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  議案第124号の今の条例について、直接関係はないんですけれども、由宇町の住居表示が95.5%に達したと。いろんな理由を述べて、審議会条例を廃止するということでしたけれども、旧岩国市は一体どういうふうになっているのか。委員会でも例えば通津とかいろんなところでやっぱりしてほしいという要望が出ておりましたけれども、今日に至っても解消されていないというふうに思います。旧岩国市の住居表示は大体どのぐらいまでいっておるし、今後どういう計画になっておるのか、お尋ねをいたします。



◎市民生活部長(赤崎忠利君)  実施率についてはちょっと把握していないんですけれども、通津が出ましたので、旧岩国市の住居表示は昭和45年ごろにほとんど実施して、そのときに通津が入っていなかったという理由はちょっと記憶していないんですけれども、平成2年に通津地区において住居表示をやらないかということでアンケートをして、自治会長集会等を実施したんですけれども、合意に至らなかった。合意に至らなかったといいますのは、住居表示自体は住民の理解と協力を得て実施するように努めることとなっておることから、先ほどの由宇町でもありましたけれども、住民の御理解と御協力を得てから進めると。得るようにして進めるというんで、地元の意見を聞いてみますと、地元ではわかっているからいい、なれているからいい、あるいは免許証に記載された本籍地と住所が同じであったりして、これを変えるとわかりにくいとかさまざまな理由があって、必ずしも過半数を超えるような要望が出ないということから実施していないということと、あと御庄・藤河地区については地番の変更を区画整理地区内にしております。

 ですから、例えば多田一丁目100番1という土地の番号があるところに住居表示を振れば、多田一丁目1番1号というふうな形になることから、ある程度整理されているからかもわかりませんが、区画整理地区内についても要望は出てこないということから、必ずしも積極的に今進めて100%を目指そうということにはなっていないというのが今の状況です。



◆30番(大西明子君)  今の説明でわかりましたけれども、そうすると、合併前にやってくれといった議員は、市民の意見を代表していなかったということになるんかなと今理解をしておりますが、よくわかりました。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第32議案第125号錦・美川総合支所(仮称)新築建築工事請負契約の締結について



○議長(松本久次君)  日程第32 議案第125号 錦・美川総合支所(仮称)新築建築工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第125号 錦・美川総合支所(仮称)新築建築工事請負契約の締結について御説明いたします。

 総合支所庁舎等の整備につきましては、平成21年11月に策定した岩国市組織・機構見直し指針に基づき、平成23年2月に総合支所等整備方針を定めております。

 錦・美川地域におきましては、旧錦町が取得していた市有地に新たに総合支所を整備する計画としており、昨年度に設計を行い、今年度及び来年度の2カ年度で工事を行う予定としております。

 本議案は、木造平家建て、延べ床面積972平方メートルの錦・美川両地域を所管する総合支所を整備するに当たり、工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、入札を執行した結果、4社の入札参加者のうち、株式会社にしきが、消費税及び地方消費税の額804万4,500円を含め、請負金額1億6,893万4,500円で落札いたしましたので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 なお、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成26年3月31日までといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第33議案第126号本郷支所・コミュニティ施設(仮称)新築建築工事請負契約の締結について



○議長(松本久次君)  日程第33 議案第126号 本郷支所・コミュニティ施設(仮称)新築建築工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第126号 本郷支所・コミュニティ施設(仮称)新築建築工事請負契約の締結について御説明いたします。

 総合支所庁舎等の整備につきましては、平成21年11月に策定した岩国市組織・機構見直し指針に基づき、平成23年2月に総合支所等整備方針を定めております。

 本郷地域におきましては、より効果的に公共施設を整備するという観点から、本郷山村留学センターに隣接する市有地に、老朽化している公民館の代がえとなるコミュニティー施設を併設する支所を新たに整備する計画としており、昨年度に設計を行い、今年度及び来年度の2カ年度で工事を行う予定としております。

 本議案は、木造平家建て、延べ床面積835.25平方メートルの本郷地域を所管する支所及びコミュニティー施設を整備するに当たり、工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、入札を執行した結果、4社の入札参加者のうち、株式会社大島組が、消費税及び地方消費税の額913万円を含め、請負金額1億9,173万円で落札いたしましたもので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 なお、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成26年2月28日までといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第34議案第127号周東食肉センター改築建築工事請負契約の締結について



○議長(松本久次君)  日程第34 議案第127号 周東食肉センター改築建築工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第127号 周東食肉センター改築建築工事請負契約の締結について御説明いたします。

 周東町用田に所在する周東食肉センターは、合併前の旧周東町において1日当たり53頭の解体処理能力をもつ施設として昭和53年に建築されたもので、牛の食肉処理としては県下最大級の施設として運営され、現在に至っております。

 本工事は、施設の老朽化に伴い、現行のと畜場法等で定める施設の衛生基準を満たし、安心・安全な食肉を供給できるよう、周東食肉センター処理棟、病畜棟、枝肉搬送通路等の改築工事を施工するものでございます。

 本議案は、この改築工事の施工に当たり、工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、入札を執行した結果、2社の入札参加者のうち、周東建設株式会社が、消費税及び地方消費税の額1,935万円を含め、請負金額4億635万円で落札いたしたもので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 なお、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成26年3月31日までといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第35議案第128号周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の締結について



○議長(松本久次君)  日程第35 議案第128号 周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第128号 周東食肉センター改築機械設備工事請負契約の締結について御説明いたします。

 本工事は、議案第127号で御説明いたしました周東食肉センター改築建築工事に伴い、施設の空調設備及び給排水衛生設備の改築機械設備工事を施工するものでございます。

 本議案は、この改築工事の施工に当たり、工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、入札を執行した結果、3社の入札参加者のうち、株式会社藤本設備が、消費税及び地方消費税の額808万9,500円を含め、請負金額1億6,987万9,500円で落札いたしたもので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 なお、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成26年3月31日までといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第36議案第129号周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の締結について



○議長(松本久次君)  日程第36 議案第129号 周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の締結についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(藤井章裕君)  議案第129号 周東食肉センター改築と畜機械設備工事請負契約の締結について御説明いたします。

 本工事は、議案第127号で御説明いたしました周東食肉センター改築建築工事に伴い、施設の屠畜機械169種類、476組を製作設置する改築屠畜機械設備工事を施工するものでございます。

 本議案は、この改築工事の施工に当たり、工事請負契約を締結することについて、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 契約方法につきましては、条件つき一般競争入札を採用いたしまして、入札を執行した結果、3社の入札参加者のうち、花木工業株式会社が、消費税及び地方消費税の額2,427万5,000円を含め、請負金額5億977万5,000円で落札いたしたもので、同社と工事請負契約を締結しようとするものでございます。

 なお、工事期間につきましては、議会の議決を経た後、市長が本契約を成立させる旨の意思表示をした日の翌日から平成26年3月31日までといたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第37議案第130号不動産の取得について



○議長(松本久次君)  日程第37 議案第130号 不動産の取得についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第130号 不動産の取得について御説明いたします。

 本議案は、岩国市旭町三丁目地内に所在する土地を川下地区運動広場整備事業用地として岩国市土地開発公社から取得するに当たり、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 川下地区運動広場整備事業につきましては、平成23年度から整備に着手しており、当該整備に必要となる事業用地のうち9,374.46平方メートルについて、価格3億1,238万4,473円で取得するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第38議案第131号不動産の取得について



○議長(松本久次君)  日程第38 議案第131号 不動産の取得についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎拠点整備担当部長(小林和信君)  議案第131号 不動産の取得について御説明いたします。

 本議案は、愛宕町一丁目地内に所在する土地を愛宕山まちづくり区域内の多目的広場・防災センター等整備事業用地として岩国市土地開発公社から取得するに当たり、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 愛宕山まちづくり区域につきましては、本市の医療・防災交流拠点として整備を図ることとしており、当該整備に必要となる多目的広場・防災センター等の用地、総面積7,745平方メートルについて、価格3億8,620万9,332円で取得するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第39議案第132号町の区域の変更について



○議長(松本久次君)  日程第39 議案第132号 町の区域の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(中岡正美君)  議案第132号 町の区域の変更について御説明いたします。

 本議案は、岩国錦帯橋空港が本年12月13日に開港することに伴い、三角町三丁目の一部の区域を旭町三丁目に変更することについて、地方自治法第260条第1項の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 岩国錦帯橋空港の予定地は、旭町三丁目及び三角町三丁目の二つの町に所在しており、今後、空港内施設の郵便物の受け渡し等に支障を来す可能性もあることから、このほど三角町三丁目の区域を旭町三丁目とするよう、町の区域を変更するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。(「議長、議事進行」と呼ぶ者あり)



◎10番(石本崇君)  午前中、平成24年度岩国市一般会計補正予算(第1号)の質疑の中で、27番議員より「オスプレイという世界で最も危険な航空機が岩国に」云々という発言がございました。何ら具体的な根拠も示さず、オスプレイが世界で最も危険な航空機という断定的な発言はいかがなものかと思います。

 もちろん、オスプレイが世界で最も危険な航空機であるという発言があることは私も承知しておりますし、そうではないという発言もあることも承知いたしております。事この問題は、オスプレイの問題にかかわらず、他の質疑でもこのような断定的な発言があれば、あらぬ誤解を受けるおそれがあります。議長のほうでよろしくお取り計らいのほどをお願いいたします。



○議長(松本久次君)  ただいまの発言でございますが、後日、会議録を調製する際、確認したいと思います。御了承いただきたいと思います。

 以上をもちまして、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 ここでお諮りいたします。明8月29日から9月4日までの本会議は休会とし、次の本会議は9月5日に再開いたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 本日は、これにて散会いたします。

午後2時12分 散会

――――――――――――――――――――――――――――――

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


                         岩国市議会議長  松 本 久 次

                         岩国市議会議員  細 見 正 行

                         岩国市議会議員  縄 田 忠 雄

                         岩国市議会議員  林   雅 之