議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 岩国市

平成 24年 第2回定例会(3月) 02月27日−01号




平成 24年 第2回定例会(3月) − 02月27日−01号









平成 24年 第2回定例会(3月)


平成24年第2回岩国市議会定例会会議録(第1号)
平成24年2月27日(月曜日)
――――――――――――――――――――――――――――――
議事日程(第1号)
平成24年2月27日(月曜日)午前10時開議
┌───┬───────────────────────────────────┬───┐
│日 程│       件                   名       │備 考│
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 1│会議録署名議員の指名                         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 2│会期の決定                              │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 3│諸般の報告                              │   │
│   │ 1 在日米軍再編の見直しに関する要望について            │   │
│   │ 2 岩国柱島海運株式会社の経営状況について             │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 4│監査報告第 1号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第 2号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第 3号 例月出納検査の結果に関する報告について       │   │
│   │監査報告第 4号 平成23年度第3回定期監査の結果に関する報告について│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 5│諮問第 1号 人権擁護委員の推薦について               │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 6│議案第 2号 平成23年度岩国市一般会計補正予算(第4号)      │   │
│   │議案第 3号 平成23年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算    │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第 4号 平成23年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)│   │
│   │議案第 5号 平成23年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第3号)  │   │
│   │議案第 6号 平成23年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)│   │
│   │議案第 7号 平成23年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算   │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第 8号 平成23年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算 │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第 9号 平成23年度岩国市観光施設運営事業特別会計補正予算   │   │
│   │       (第2号)                       │   │
│   │議案第10号 平成23年度錦帯橋管理特別会計補正予算(第3号)    │   │
│   │議案第11号 平成23年度岩国市市場事業特別会計補正予算(第3号)  │   │
│   │議案第12号 平成23年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算    │   │
│   │       (第3号)                       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 7│議案第13号 平成23年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 8│議案第14号 平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第 9│議案第15号 平成24年度岩国市一般会計予算             │   │
│   │議案第16号 平成24年度岩国市土地取得事業特別会計予算       │   │
│   │議案第17号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計予算      │   │
│   │議案第18号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計予算       │   │
│   │議案第19号 平成24年度岩国市介護保険特別会計予算         │   │
│   │議案第20号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計予算       │   │
│   │議案第21号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計予算     │   │
│   │議案第22号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計予算 │   │
│   │議案第23号 平成24年度岩国市周東食肉センター事業特別会計予算   │   │
│   │議案第24号 平成24年度岩国市観光施設運営事業特別会計予算     │   │
│   │議案第25号 平成24年度錦帯橋管理特別会計予算           │   │
│   │議案第26号 平成24年度岩国市市場事業特別会計予算         │   │
│   │議案第27号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計予算      │   │
│   │議案第28号 平成24年度岩国市小規模下水道事業特別会計予算     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第10│議案第29号 平成24年度岩国市交通事業会計予算           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第11│議案第30号 平成24年度岩国市水道事業会計予算           │   │
│   │議案第31号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算        │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第12│議案第32号 平成24年度岩国市病院事業会計予算           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第13│議案第33号 岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについて  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第14│議案第34号 岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについて  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第15│議案第35号 岩国市療育センター条例                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第16│議案第36号 岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例及び岩国市消│   │
│   │       防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第17│議案第37号 岩国市人材育成基金条例の一部を改正する条例       │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第18│議案第38号 岩国市税条例の一部を改正する条例            │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第19│議案第39号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第20│議案第40号 岩国市簡易給水施設等条例の一部を改正する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第21│議案第41号 岩国市太陽の家条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第22│議案第42号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第23│議案第43号 岩国市保育園条例の一部を改正する条例          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第24│議案第44号 岩国市介護保険条例の一部を改正する条例         │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第25│議案第45号 岩国城条例の一部を改正する条例             │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第26│議案第46号 岩国城索道条例の一部を改正する条例           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第27│議案第47号 岩国市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を│   │
│   │       改正する条例                      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第28│議案第48号 岩国市営住宅条例及び岩国市営改良住宅条例の一部を改正する│   │
│   │       条例                          │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第29│議案第49号 岩国市本郷総合支所建設基金条例の一部を改正する条例   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第30│議案第50号 岩国市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第31│議案第51号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例│   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第32│議案第52号 岩国市学校施設等耐震化基金条例を廃止する条例      │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第33│議案第53号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一│   │
│   │       部変更について                     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第34│議案第54号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(そ│   │
│   │       の2)の一部変更について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第35│議案第55号 財産の無償譲渡について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第36│議案第56号 不動産の取得について                  │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第37│議案第57号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第38│議案第58号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第39│議案第59号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第40│議案第60号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第41│議案第61号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第42│議案第62号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第43│議案第63号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第44│議案第64号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第45│議案第65号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第46│議案第66号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第47│議案第67号 指定管理者の指定について                │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第48│議案第68号 町の区域及び町の名称の変更について           │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第49│議案第69号 山口県市町総合事務組合の共同処理する事務及び規約の変更に│   │
│   │       関する協議について                   │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第50│議案第70号 岩国地区消防組合規約の変更に関する協議について     │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第51│議案第71号 市道路線の認定について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第52│議案第72号 市道路線の廃止について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第53│議案第73号 市道路線の変更について                 │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第54│議案第74号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について    │   │
├───┼───────────────────────────────────┼───┤
│第55│議案第75号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について    │   │
└───┴───────────────────────────────────┴───┘
―――――――――――――――――――――――――――――
本日の会議に付した事件
 目次に記載のとおり
――――――――――――――――――――――――――――――
出席議員(32人)
   1番 桑 田 勝 弘 君  12番 豊 中 俊 行 君  23番 武 田 正 之 君
   2番 河 合 伸 治 君  13番 村 中   洋 君  24番 桑 原 敏 幸 君
   3番 河 本 千代子 君  14番 姫 野 敦 子 君  25番 渡   吉 弘 君
   4番 越 澤 二 代 君  15番 長   俊 明 君  26番 重 岡 邦 昭 君
   5番 渡 辺 靖 志 君  16番 石 原   真 君  27番 田 村 順 玄 君
   6番 貴 船   斉 君  17番 前 野 弘 明 君  28番 山 田 泰 之 君
   7番 片 岡 勝 則 君  18番 細 見 正 行 君  29番 坪 田 恵 子 君
   8番 藤 本 泰 也 君  19番 縄 田 忠 雄 君  30番 大 西 明 子 君
   9番 片 山 原 司 君  20番 林   雅 之 君  31番 藤 重 建 治 君
  10番 石 本   崇 君  21番 松 本 久 次 君  32番 渡 辺 和 彦 君
  11番 植 野 正 則 君  22番 味 村 憲 征 君  
――――――――――――――――――――――――――――――
説明のため出席した者
       市長             福 田 良 彦 君
       副市長            白 木 勲 君
       教育長            佐 倉 弘 之 甫 君
       水道事業管理者        上 村 高 志 君
       都市整備審議官        新 階 寛 恭 君
       総務部長           山 塚 静 生 君
       総合政策部長         藤 井 章 裕 君
       基地政策担当部長       村 田 光 洋 君
       市民生活部長         赤 崎 忠 利 君
       危機管理監          岩 ? 伸 明 君
       環境部長           松 林 達 也 君
       健康福祉部長         廣 田 茂 基 君
       地域医療担当部長       村 岡 一 男 君
       産業振興部長         木 村 泰 博 君
       都市建設部長         山 本 和 清 君
       拠点整備担当部長       小 林 和 信 君
       由宇総合支所長        村 田 弘 君
       玖珂総合支所長        氏 木 一 行 君
       本郷総合支所長        井 原 富 士 男 君
       周東総合支所長        玉 本 洋 児 君
       錦総合支所長         宇 川 信 弘 君
       美川総合支所長        杉 山 良 彦 君
       美和総合支所長        松 田 清 君
       会計管理者          安 田 昭 博 君
       教育次長           前 川 冨 美 男 君
       監査委員事務局長       丸 茂 辰 夫 君
       農業委員会事務局長      清 光 辰 夫 君
       選挙管理委員会事務局長    竹 森 英 雄 君
       交通局長           浦 前 宏 君
       水道局副局長         高 田 博 昭 君
       消防担当部長         柏 本 秀 則 君
       総合政策部参事        森 本 米 生 君
       健康福祉部参事        藤 井 栄 子 君
       産業振興部参事        大 中 講 治 君
――――――――――――――――――――――――――――――
会議の事務に従事した職員
       議会事務局長         松重和幸
       庶務課長           樋谷正俊
       議事課長           木原宏
       議事調査班長         桝原裕司
       書記             林孝造
       書記             村中俊一郎
       書記             渡部多津哉


――――――――――――――――――――――――――――――

午前9時59分 開会 



○議長(松本久次君)  皆さん、おはようございます。所定の出席議員がありますので、会議は成立いたしました。

 これより平成24年第2回岩国市議会定例会を開会いたします。

 なお、今期定例会に提出されます議案等及び本日の議事日程は、お手元に配付しておるとおりであります。

 直ちに本日の会議を開きます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(松本久次君)  日程第1 会議録署名議員の指名をいたします。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、12番 豊中俊行君、13番 村中 洋君、14番 姫野敦子さんを指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第2会期の決定



○議長(松本久次君)  日程第2 会期の決定を議題といたします。

 

――――――――――――――――――――――――――――――

平成24年第2回岩国市議会定例会会期日程


┌───┬──────┬─┬───┬──────────────────────┐
│目 次│ 月  日 │曜│開 議│     備           考    │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第 1│ 2月27日│月│本会議│開会 議案等上程 説明 質疑 委員会付託  │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第 2│ 2月28日│火│   │─┐   *一般質問通告受付  8時30分 │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第 3│ 2月29日│水│   │ │   *一般質問通告締切  正午    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第 4│ 3月 1日│木│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第 5│ 3月 2日│金│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第 6│ 3月 3日│土│   │ ├─休 会                │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第 7│ 3月 4日│日│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第 8│ 3月 5日│月│   │─┘                    │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第 9│ 3月 6日│火│本会議│一般質問                  │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第10│ 3月 7日│水│本会議│一般質問                  │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第11│ 3月 8日│木│本会議│一般質問                  │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第12│ 3月 9日│金│   │─┐                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第13│ 3月10日│土│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第14│ 3月11日│日│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第15│ 3月12日│月│   │ │   10時 経済常任委員会      │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第16│ 3月13日│火│   │ │   10時 教育民生常任委員会    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第17│ 3月14日│水│   │ │   10時 建設常任委員会      │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第18│ 3月15日│木│   │ │   10時 総務常任委員会      │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第19│ 3月16日│金│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第20│ 3月17日│土│   │ ├─休 会                │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第21│ 3月18日│日│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第22│ 3月19日│月│   │ │                    │
├───┼──────┼─┼───┼─┼────────────────────┤
│第23│ 3月20日│火│   │─┘                    │
├───┼──────┼─┼───┼──────────────────────┤
│第24│ 3月21日│水│本会議│委員長報告 質疑 討論 採決 閉会     │
└───┴──────┴─┴───┴──────────────────────┘


――――――――――――――――――――――――――――――



○議長(松本久次君)  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から3月21日までの24日間といたしたいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は本日から3月21日までの24日間と決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第3諸般の報告



○議長(松本久次君)  日程第3 諸般の報告をいたします。

 まず、在日米軍再編の見直しに関する要望について。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  本件について当局の報告を求めます。



◎市長(福田良彦君)  皆さん、おはようございます。それでは、在日米軍再編の見直しに関する要望について御報告いたします。

 平成18年5月、日米両政府により合意されました「再編実施のための日米のロードマップ」では、岩国基地については、厚木基地の空母艦載機や普天間基地の空中給油機の移駐などが盛り込まれており、地元にとっては、大きな負担となる内容となっております。

 しかし、国から、米軍再編の目的は、抑止力の維持と沖縄を中心とする地元負担の軽減であり、個別の再編案は全体としてパッケージであるとの説明を受けてきたことから、「これ以上の負担増は認められない」「普天間基地移設の見通しが立たないうちに、厚木基地の空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」との基本スタンスのもと、国の外交・防衛政策を尊重し、これに協力する姿勢で対応してきたところでございます。

 こうした中、去る2月8日、日米両政府により、「在日米軍再編に関する日米共同報道発表」がなされ、海兵隊のグアム移転及び嘉手納以南の土地の返還と普天間基地移設を切り離すことについて、公式な議論が開始されたことが明らかになりました。

 さらに、グアムへ移転することとされていた在沖縄海兵隊の一部を岩国基地へ移駐することについて、アメリカ政府から日本政府に対し、打診があったとの報道がありました。

 これに関して、本市には事前に何の連絡もなく、これが事実だとすれば、これまで国の外交・防衛政策に協力する姿勢で対応してきた本市に対する背信行為であり、国に対して強い不信感を抱いたところでございます。

 在沖縄海兵隊の岩国移駐については、断固反対するものであり、万が一にもこのような事態にならないことが明確にされるまでは、愛宕山用地の売却については、留保せざるを得ないと判断をいたしました。

 そうしたことから、今月13日に県知事とともに、玄葉外務大臣及び田中防衛大臣、渡辺防衛副大臣に面会し、在沖縄海兵隊の岩国基地への移転には断固反対であるとの意思を伝え、あわせて、政府の対応について確認いたしました。

 玄葉外務大臣からは、「地元の知事・市長として、このような追加的な移転は到底受け入れがたいというお立場であることは十分に認識しており、在沖縄海兵隊の岩国飛行場への追加的な移転をお願いするつもりはないので、安心していただきたい」との発言がありました。

 また、田中防衛大臣からは、「地元の皆様方に不安を与えたことについては、遺憾である。防衛省としては、「これ以上の負担増は認められない」という米軍再編に対する山口県及び岩国市のお考えについて、十分に理解しており、これまでも累次にわたり御回答しているとおり、これ以上の負担増をお願いする考えはない。在沖縄海兵隊を岩国基地へ移転させるとの日米協議は行っておらず、防衛省としては、岩国基地に新たに海兵隊を移転させるという考えは一切ない」との発言がありました。

 両大臣とも在沖縄海兵隊の岩国基地への移転について明確に否定され、これ以上の負担を求める考えはないとの認識を示されたことから、疑念はある程度払拭されたと感じたところでございます。

 また、翌日14日にアメリカ大使館を訪問し、ルーク政務担当公使に面会し、米軍再編に対する県・市の基本スタンスを説明するとともに、在沖縄海兵隊の岩国基地への移転は絶対に認めることはできないことを伝えたところ、ルーク公使からは、「県・市の意向は本国政府にきちんと伝える」との発言がありました。

 愛宕山用地については、昨年12月に、県・市の米軍再編に対する基本スタンスを守っていただくことを前提に、その4分の3の区域を国に売却する旨を当時の一川防衛大臣に伝えたところでございます。

 しかし、このたびの一件を受け、在沖縄海兵隊の移転について、岩国基地がその対象から外されることが明確になるまでは、愛宕山用地の国への売却は留保することを表明いたしました。

 今回、両大臣から、愛宕山用地売却について、理解と協力を求める旨の発言がありました。また、野田首相は今月17日の衆議院予算委員会で、日米間で協議しておらず、岩国にお願いするつもりはない旨の答弁をされ、改めて岩国基地への追加移転がないことを明言されました。さらに、政府におかれては、浜田参議院議員から提出された、在日米軍再編の見直しに関する質問主意書に対し、「政府として、ロードマップに記述があるものに加えて、在沖縄海兵隊の岩国飛行場への追加的な移転を地元地方公共団体にお願いする考えはない」との答弁書を、21日に閣議決定されました。加えて、24日には野田首相出席のもと、沖縄政策に関する関係閣僚会議が開催され、玄葉外務大臣及び田中防衛大臣から、岩国基地に、さらなる負担を求める考えはないとの報告が行われ、出席閣僚全員の意思統一が図られたと聞いております。

 しかし、現段階では、売却の留保を解除するとの結論を性急に出さず、本日から再開される予定の米軍再編計画の見直しに関する審議官級協議の結果等、今後の日米協議の状況を注視するとともに、政府の対応を慎重に見きわめ、知事とも協議し、適切に対応してまいりたいと考えているところでございます。

 以上、在日米軍再編の見直しに関する要望について御報告させていただきましたが、愛宕山問題は、米軍再編との関連もございますが、市の将来を左右する重要な財政問題やまちづくりのタイミングといった時間の制約がある問題でもあり、むやみに時間をかけるものでもないことから、政府におかれては、誠意ある対応をされるよう求めてまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。



◆26番(重岡邦昭君)  今、市長のほうから報告がございました。その中で、今回の件について閣議決定をされたというお話がございましたけれども、2006年以降、閣議決定が何回あったかわかりませんけれども、これが閣議決定の意味をなしてないのが現状でございます。

 そして、あえて古い話をいたしますけれども、平成9年のKC−130空中給油機の移転、あるいは平成14年のCH−53D大型ヘリの移転、その際に旧由宇町あるいは旧岩国市において8項目あるいは9項目の要望をしておりますけれども、政府は、引き受けてくれるに際しては地元には最善の配慮をする、こうしたことも言ってこられた経緯があると思っております。そうした8項目、9項目の要望も14年たった現在、遅々として進んでいないのが現状ではないか。つまり従来の政府は、基地を抱える地元に対して誠心誠意対応した経緯が全くないということをまず指摘した上で、今の防衛政策についての報告について質疑をしてみたいと思います。

 従来から福田市長は、「太平洋アジア地域の平和と安定については、米国主導の中で保たれている。その中で国防は国の専管事項だ」ということをずっと言われてきた経緯がございます。したがって、アジアの平和と安定にしっかりと寄与することがこの日本の国を守ることにもつながってくると。したがって、艦載機59機の移駐は容認する、協力姿勢を示すんだということを言ってきております。私は、そういう安易な容認の仕方は、必ず現在の沖縄普天間の呼び水につながってくるから、非常に危険な交渉であるということを言ってまいりました。

 そこで質疑として、1点目は、あれだけ国防に協力的であった市長、あるいは、中国を脅威とする極東アジアの平和と安定のための米国の新国防戦略の中で再編が見直される中で、1,500人の国内移転が出た状況の中で、なぜこの1,500人がいけないのか。今までの国防に対する考え方が大きく変わったのか。米国に対する考え方も変わったのか。これは今、多くの岩国市民の方が、今までの市長の対応とはいささか整合性がない、変わったのかという疑問をお持ちですので、まずはそこからお尋ねしてみたいと思います。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  なぜ、今回の1,500人の海兵隊の移駐がいけないのかという御質問ですが、これは諸般の報告にも書いてありますように、これ以上の負担増は認められないというのが岩国市の基本姿勢でございます。これ以上と言いますのは、平成18年のロードマップに書いてある以上の負担増は認められないという意味でございます。これは御承知のように、過去の経緯がいろいろございますけど、まず、ロードマップが示されて、我々はそれに基づいて国といろんな協議を行い、安心・安全対策とかいろんなことを長年やってきております。そういった信頼関係のもとで今、厚木からの空母艦載機をどうしようかという議論のさなかにあって、唐突にまた新たな話が入ってくるということは、やはり国との信頼関係が崩れたという認識のもとで、これについては認められないという考えでございます。



◆26番(重岡邦昭君)  以前から、これ以上の負担増は認められないということは何度もお聞きしておりますが、私は岩国市のこれ以上の負担増が認められないという一つの地域のエゴと、そして、ずっと福田市長が言ってきた国防、平和と安定について、どちらが優先するのか。ここの整合性がないというふうに多くの市民の方は考えておられるわけです。福田市長は安全保障の問題を本当に熟知して今までずっと対応されていたのか。金銭感覚だけで、目先の赤字を解消するだけで、太平洋、極東アジアの平和と安定を考えてこられたのか。今回の稚拙な対応を非常に疑問視されておられる。どちらが比重が高いのか。岩国市の地域の限定的なエゴを主張されるのか、それとも日本国全体の国防のことを考えられるのか。これは、今まであなたが国防は国の専管事項だと言ってこられたこととの整合性がない。これを指摘したいんです。

 2006年当初、二井知事も今回の在日米軍再編の問題は単なる音のたらい回しだというふうに指摘されました。つまり在日米軍再編は根本的な抑止力の維持、負担の軽減にはつながってない。これを指摘されていたわけです。要するに在日米軍再編は、もとから継ぎはぎだらけの計画でしかなかった。これをやっぱり私はずっと指摘していたわけです。

 そして、先ほどの、どちらがウエートが高いのかということにプラスして、最後に市長にお聞きしたいのは、今回の在日米軍再編は、継ぎはぎだらけの閣議決定をしてきて、今回のアメリカの国防戦略に関してもすべて継ぎはぎだらけ、小手先だけの場当たり的な対応でやってきて何の負担軽減にも、抑止力の維持にもつながってない。つまりこの日本の国を守るためには、根本的な在日米軍再編の見直しを再度政府に求めていくことこそ、意味あるこれからの岩国市の対応ではないかというふうに思っております。現状の憲法下では、私は米国との安全保障の問題は重視しておりますし、日米同盟も重視しております。現憲法の中で自衛隊を進化することの中で、将来的にはこの日本の国防、日本の自立ということを考えていく中で、やはり先ほどのように、今回の継ぎはぎだらけの在日米軍再編の見直しを再度根本的に見直して、一から日本の国防を考えたらどうかというふうに、基地を抱える市長として言われたらどうですか。

 先ほどの地域の主権と日本の国防戦略のどちらが大事なのかということと、再度根本的な見直しを今の政府に要望したらどうかということの2点について、お答えください。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  まず、国の安全保障政策と、地域住民の安心・安全とどちらが重要であるかという御質問でございますが、まずは外交防衛政策というのは、これまでも国の典型的な専管事項であるということは申し上げております。これは防衛政策に権限のない我々自治体が、国民の安全保障、国の防衛ということを判断することは非常に困難であるというふうに考えております。したがって、近隣諸国の軍事情勢とか、いろんな動きとか、そういった高度な情報を政府が一体的に入手し、政府の立場で判断する、日本の国をどう守っていくかということは、まさに国の役割であり、外交防衛政策であると考えております。これまでもずっと申し上げておりますように、市は、こうした国の安全保障政策を尊重するものであり、国と自治体は、国民全体の安全と地域住民の安心・安全がともに確保されるよう、お互いが協力していく必要があるという基本的な認識で対応しております。したがって、国に対しては地域の住民の安心・安全を確保するために言うべきことは言うという姿勢で対応しているということでございます。

 それから、2点目の再編というか、国の安全保障政策をもう一遍見直すように国に提案してはどうかということでございますが、これにつきましても、今答弁いたしましたように、こうしたらいい、ああしたらいいというような、何か案を持って提案するということが必要なことだろうと思いますけど、先ほど言いましたように、防衛政策に情報のない我々がそういったことを提言するということは非常に困難であるというふうに考えております。



◆30番(大西明子君)  最初に、議長に申しておきます。発言は自席番号を述べて挙手をして求めるというルールに基づいて運営をしていただきたいというふうに思います。(「先ほどのは聞こえております」と呼ぶ者あり)聞こえてない。

 それで、質疑に入りますが、私は米軍再編反対の立場で、市長とは考え方は異なりますけれども、今回の在沖縄海兵隊の1,500名の岩国移駐について断固反対するものであり、県知事と市長がこぞって13日に国に申し入れたことについては一定の評価はしたいし、そして、はっきりアメリカから回答があるまでは愛宕山の用地は売らないという措置も私は妥当だというふうに思っています。

 それで、気になることについて質疑をいたしますが、田中防衛大臣、それから野田首相はいずれも、在沖縄海兵隊を岩国基地へ移転させるとの日米協議は行ってないというふうに知事や市長に答弁しておることが今報告されました。しかし、米軍再編の沖縄の問題で行き詰まって、アメリカは赤字財政の中で戦略を変えてきたわけです。そして日米の審議官の間でかなりの論議がされて、具体的に一定の方向が出された。知事も火のないところには煙は立たないというふうに言ってるように、審議官同士でかなり綿密な協議をされていると思うのが普通だと思うんです。14日にアメリカ大使館を訪問して、ルーク政務担当公使に面会して、米軍再編に対する県、市の基本スタンスを説明したら、ルーク公使から県、市の意向は本国政府にきちんと伝えるという発言があったという報告です。本来協議をしてない、何もないのであったら、そういう協議はしてませんということをアメリカ大使館も言うと思うんです。やっているからこそ、本国に伝えるということにとどまっているんだというふうに思うんです。

 したがって、市長も言っているように、アメリカがきちんと対応しない間は売らないというのは見解としては正しいと思うんですが、安易に国――防衛大臣や野田首相が協議をしてないから、それを負担させるつもりはないから大丈夫だということをまともに受けてやったら大変なことになる。なぜなら、民主党が政権をとって、私たちは米軍再編を見直すと、これに期待をしていたわけです。ところが今の状況はどうでしょう。県外移設と言ってきた鳩山元首相が、アメリカから言われて全く政策を変えて裏切ってきた。こういうことがあるわけですから、アメリカの権力に対して日本がどれだけ国民の声を、沖縄や岩国の声を代表して頑張れるかということについては本当に不信を持っているわけです。だからこそ県知事や市長が断固反対という立場に立ったことについては本当に評価しているんですが、安易に負担はしない、こういったことについてまともに受けることはできないというふうに思うんですが、市長が交渉に行って訴えてきて、その感触から本当に政府が岩国のこのことを守って頑張ってくれるんだというふうに現時点で思ってるのかどうか、その点についてお尋ねいたします。



◎市長(福田良彦君)  先ほど報告したとおり、13日、14日と両大臣と大使館のほうに訪問して、市・県の基本的なスタンスを明確に伝えてきたところであります。確かに、これまでは協議をしてないという発言もありましたが、その後、今後も協議をしないと、そして一切岩国市のほうに追加的な負担をお願いすることはないというのが両大臣の回答でありましたし、その後も沖縄関係閣僚会合等の閣僚全員の意思統一という場もありました。岩国市の負担がないということがいろんな局面で――予算委員会でも首相のほうからも答弁があったということでございますので、政府として明確にその辺の意思表示があったということに対しては、私の一つの疑念は払拭されておりますが、先ほどから申しておりますように本日から審議官級の協議が始まると。そういった中に米政府の関係者も入ってまいりますので、市としての意向はしっかり大使館のほうにも伝えておりますが、その協議をしっかりと見きわめるというのが今の我々の立場であろうというふうに思っています。

 これまでのすべての不安が払拭されるまでは明確に反対も言い続けますし、愛宕山についても留保というスタンスを堅持してまいりたいというふうに思っております。



◆30番(大西明子君)  政府、首相もあわせて、これ以上の負担を岩国に負わすことはしないというふうに言ったので一応の安心を得ているというふうに言われましたけれども、民主党に政権がかわって、マニフェストで約束したことがどれだけ守られてきたでしょうか。ほとんど裏切られてきているじゃないですか。(「そのとおり」と呼ぶ者あり)そういうことを見たときに、安易に言ったから安心だというわけにはいかない。そのことをやっぱり肝に銘じていただきたい。そして、審議官協議では本当に具体的にもうやっているわけです。オーストラリアに――どこに持っていくとか、具体的に話が進んでいるわけです。その中に岩国に1,500名を持っていくという案が出てきているわけです。アメリカの権力に対して今まで日本がどれだけ頑張ってやってくれましたか。地位協定の問題などいろいろあるでしょう。屈辱的なことばっかりじゃないですか。だから、今、県知事と市長が頑張って反対し、市民も喜んでいます。反対なんです。だから、どこまで頑張ってくれるんかと。市長選挙が終わった途端にこんなことが出たのは、市長が何でもウエルカムだからという声もあります。しかし今、反対と言って頑張っているんですから、オール岩国でこれをとめていくことが大事だというふうに私も思っています。いろんなえさで釣られて、またオーケーと言うことがないように、私は強く求めておきたいと思います。



◆27番(田村順玄君)  若干質問をしたいと思います。市長は、昨年末から愛宕山開発跡地の売却のプロセスとして精力的に政府との交渉等を進めてこられました。12月26日に地方協力局長の文書を受け取られ、2月13日に今回の問題が出てきた後、急遽知事と上京され、そして要請文を国へ突きつけて、そして、先ほどの報告においても同様の御説明があったわけでありますが、その中で一つほど疑問点がありますのでお聞かせいただきたいと思います。

 市長は――知事も同様ですけども、これまで艦載機の移転についてはまだ容認をしていないということが岩国市民に対しての公式の御発言でありました。容認をしていないという前提ですべての物事が進んでいるわけでありますが、今回のこの2月13日の要請文においても、そして、けさ、お配りになった諸般の報告を読んでも同様に、その文面の前半から途中で、これまでの市長の御見解から大きく前進を――前進というよりも艦載機問題について一定の見解を前に出された話が入っている。それは何かと言えば、岩国基地の負担についてはこれ以上は認められないというのは、先ほど部長もおっしゃいましたけれども、平成18年5月30日の閣議決定以降が、ロードマップ以降だというふうに言われておりまして、それを受けて艦載機移転について容認をしていないと言ってこられたにもかかわらず、この13日の文書なり、きょうの諸般の報告なりを読んでみたら、艦載機移転容認ということを前提にしてこれ以上の負担は受けられないと、文面にはっきり書いてあるわけであります。どうもあいまいな表現でありまして、一体いつどこで艦載機移転について容認ということを言った上で、これ以上のことは認められないというふうな意味合いになっているのか。このことについて、はっきり言ってわかりませんもんで、もっとわかりやすく御説明いただきたいと思います。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  今の御指摘の点につきましては、非常に重要な点でありますので御説明いたします。

 空母艦載機の移転につきましては、容認はいたしておりません。平成18年のロードマップ以降、長い間議論しておりますが、平成18年の再編計画に掲げられた内容以上の負担増は認められないという姿勢のもとで、空母艦載機の移駐問題について対応、協議をしているわけでございます。この文書に書いてあります基本スタンスには二つありますが、これ以上の負担増は認められないということが、すなわちもうそれを認めたということでは決してございません。再編計画に掲げられた内容をもとに今、国と安心・安全対策とか、いろんな問題を協議しているということでございます。



◆27番(田村順玄君)  ますます御説明の意味がわからなくなりました。認めているからこれ以上はいけないというのは、1,500人の海兵隊の部隊の移転だというふうにだれでも受けとめる話だと思いますけれども、今おっしゃったようなことは、本当にわかりにくい。特に2月13日に持っていかれた文書でありますけれども、「これ以上の負担増は認められない。普天間基地移設の見通しが立たないうちに空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認めない」、これはゴシック体の黒い字で大きく書いてありまして、抗議のような形で、ですます調ではない厳しい文章で書かれた文書を持っていかれたわけであります。少なくとも2月8日の共同声明、7日の新聞報道等において信頼できない関係がそこにもう既に構築されたということであれば、前提としてこれはいけないということを言われるということであれば、岩国市長はいつの時点から艦載機を容認したかということをちゃんと公言した上で、それはきちんと、もう消えるものではないというふうにとって私はおかしくないというふうに思うんです。

 それで、きょうの御報告の後段の部分をずっと読みますと、「両大臣もいろいろと言った。総理大臣も言った。閣議の中でそれを閣僚が確認をした。だから、かなり払拭された」と。アメリカ大使館にも行かれて、かなりのことは御説明があったので、さらに払拭されてきたような内容があるが、それでもまだ信用できないから愛宕山売却の留保も頑張っているというふうなことが最後に書いてあって、いたずらに時間だけを延ばすものではないというようなことが最後ににおわせてあります。

 それではお聞きいたしますけれども、2月8日に日米共同の報道発表というのがありまして、今回の問題について、岩国という文言は入っておりませんけれども一定の発表がありました。そして、きょう、あすと、審議官級の新たな協議が継続されるということがわかりました。市長は、これから後、そのような動向を見ながら一定の見解を出して結論を出したいと言われましたけれども、この継続協議については、恐らく4月から5月ごろに共同発表がなされるという流れが既に報道されております。この大変重要な日米の協議の内容についての結論は、この2月8日の共同発表に続く、次の共同発表が最終的な結論だと思います。その結論までに市長の判断において一定の、何らかの示唆されるものが出てきたら、すべて了解をしたというのか、それとも、次に発表される公式の共同発表をもって結論とされるのか。その判断は、今どのように考えておられるのか、改めてお伺いしたいと思います。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  愛宕山の売却を留保することとの関連で、時期のことを聞かれておるんだと思いますが、これは、先ほど二つの基本スタンスがございました。再編に対する基本スタンス……(「答弁が違います」と呼ぶ者あり)基本スタンスが確保できることが重要でありまして、それが疑念なく明確になることが重要であって、今、日本政府は総理大臣もいろんな発言をされております。きちんと発言されております。閣議決定もあります。ただ、まだ完全に払拭されたわけではなくて、やはり交渉ですので相手があることでございます。したがって、米側とどのような交渉をするのかということを――きょうとあしたには審議官級協議もございますし、また、最終的には2プラス2まであるのだろうと思いますが、時期を明確に、いつまでと決めているわけではございません。岩国市、県の基本スタンスが疑念なくきちんと確保でき、それが疑念なく明確になる時期まで対応を注視して、きちんと判断して決めたいというふうに考えております。(「言っていることと違うんです。もう一回、言いましょう」と呼ぶ者あり)



○議長(松本久次君)  どうぞ。



◆27番(田村順玄君)  途中の審議官級とか日米の継続した公式な協議の内容等を聞かれた上での判断になるのか、それとも次の公式の共同声明発表というか、そういう結論を出した発表がありますけれども、それのどちらをとるかということを聞いたんです。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  疑念なく明確になることが必要です。したがって、どちらをとるとかではなくて、審議官級協議でどういったことが出るかわかりませんが、そこで疑念なく明確になることがあれば、それはそれで次の対応になると思います。



◆25番(渡吉弘君)  ちょっと数点、お聞きします。先般の臨時会のときにも申し上げたんですけども、私は頭が悪いんで、言っていることがよくわからないんです。ですから、部長にわかりやすく説明していただきたいというふうに思います。

 議会でこういう質疑をしていると何かデジャビュというんですか、既視感というか、これは以前あったような気がするという。というのは平成17年ですか、厚木の問題が起きたときにすごい問題になりまして、議会でも全会一致で反対の決議をしましたけども、こうして厚木の問題が降ってわいたように出てきている。今それを容認しているか、容認していないかということが議会で問題になっている。それと同じことで矛盾点というのが二つありますので、その矛盾点を私にわかりやすく聞かせていただきたいと思います。

 その1点は、先日もお聞きしましたけども、市長は、厚木からの移駐に対しては容認はしていないと言われながら愛宕山を売却するというふうなことをおっしゃいました。これがまず1点です。

 それともう一点は、先ほど同僚議員が言いましたけども、国防に協力をしながら、1,500人の移駐はいけないというふうにおっしゃいました。基地機能の強化、拡大に反対するのか、あるいは岩国市にとってこれ以上の基地負担は反対だから1,500人を反対するのか。そういった二つの矛盾点というか、疑問点が私のほうに生じてきます。

 一方では、いけないと言いながら、象徴的な愛宕山は売ってしまう。先ほど部長は、基地機能強化は反対だと言われましたよね。米軍再編が起きる前の基地機能なら私は認めていた。ところが、それ以上の基地機能強化は反対というんであれば、厚木もだめ。厚木がだめだったら愛宕山もだめとなるはずなんです。ところが、そのあたりが明解に我々に説明されないまま、我々というか岩国市民に説明されないまま事が進んでいるように、頭の悪い私には映ってしようがないんです。例えばオール・オア・ナッシングということで、厚木も認めるんだったら1,500人も認めると思うんです。先ほど言いましたが、安全保障に協力するんであれば1,500人も認めなきゃいけないんです。それがいけないんであったら、その前の厚木もいけないはずなんです。だから、そこを私にわかりやすく説明していただきたいなと思うんです。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  まず、基地機能の議論ですが、基地機能が変更される際には、その影響により周辺環境が現状より悪化することは認められないというのが、市の基地機能に対する言葉の定義でございます。

 沖合移設事業と再編との絡みでいいますと、沖合移設事業の前は、騒音だけの話でいいますと75Wの地域が1,600ヘクタールございました。それが沖合移設によって300ヘクタールに減少するということでございました。その段階で沖合移設がなされたら、当然住民への騒音の影響がなくなるという話でございました。そこで、平成18年に再編という話があって、空母艦載機が移駐してくる。これはいろいろな議論がありますが、シミュレーションいたしましたら75Wの区域が500ヘクタールになる。ということは、沖合移設の前の1,600ヘクタールからすると減少にはなる。500ヘクタールに減るということでございます。したがいまして、当時、空母艦載機の移駐の住民説明もやっておりますけど、沖合移設前の状態からすると、基地機能については全体として軽減されているという状態でございます。

 それから、今なぜ1,500人がいけないかという議論でございますが、これは先ほども言っていますが、まず我々は再編計画は統一的なパッケージということでパッケージは変わらない。空母艦載機の移駐によって沖縄の負担の軽減になるとか、パッケージの中でいろんな議論をしてきております。それが突然1,500人が来るということでございますので、これは基地機能の議論をする以前の問題で、やはり国の背信行為というか、議論の根底が変わってくる。ましてや地元に事前の連絡もないといったことでございまして、海兵隊1,500人は、だれが来るとか、どういう機能が来るとか、そういう議論に入る以前の問題で反対である。先ほど言いました、これ以上の負担増は認めないということは、ロードマップを議論の前提にして我々は今までやってきておりますので、やっぱりそこが変わるとそれはもう大混乱になるという認識でございます。



◆25番(渡吉弘君)  大分わかるようになりました。1,500人というのは人間だけというふうに私は知らされているんで基地機能の拡大には至らないと思っているんです。今の部長の御答弁であれば、信頼関係が失われたんで反対ということですね。負担増だから反対と言われたんですけど、例えば戦闘機が何機来る、あるいはジェット機が何機ふえて基地機能の拡大につながるからいけないというんじゃないんですよね。今審議しているのに信頼関係を損なって頭ごなしに来たからいけないということでよろしいんですか。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  昨年12月に防衛大臣のところに行って、市の基本スタンスということを申し上げております。国からこれ以上の負担増は認めないというような、それを明確にするような文書も来ております。そういった中でこういったことが起こって信頼関係が損なわれたということは重要なことでございます。それともう一つ重要なのは、これ以上の負担増は認めないという基本スタンスは当然あるわけですから、話として1,500人がふえるというのは、当然信頼関係も失うし、また、これ以上の負担増は認めないという基本スタンスに――1,500人が来るということが基地機能の強化に当たるかという判断は我々は精査しておりませんが、1,500人が来るということは少なくともこれ以上の負担増じゃないかと、その二つの観点から、これは認められないということでございます。



◆18番(細見正行君)  少し確認なんですが、米軍再編に対する山口県及び岩国市の考え方は、これ以上の負担増は認められないということでありましたけど、再編のロードマップ以外のことが負担増だというようなお話でしたけど、自衛隊の残留なんかはロードマップに載っていて、こちら側が変更を求めているものではないかなというふうに感じておりますが、負担増の定義、市の一定の基準が極めてあいまいじゃないかと思っているんです。岩国市が考えている負担増、例えば米軍の人数がふえるといけないのか、部隊の種類だとか飛行機や戦艦の数だとか、そういった岩国市、山口県の負担増の一定の基準をもう一度具体的にお示ししていただきたいということと、防衛大臣はこれ以上の負担増をお願いする考えはないと言っていますが、同じ負担増でありますが、政府見解と岩国市見解の負担増ということは一致しているのか。

 以上、お示しください。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  負担増という言葉につきましては、いろんな場面でいろんな方々がいろんな意味で使われると思います。今、国とのやりとりの中である負担増というのは、米軍再編計画に書いてある以上のものを岩国に持ってきてはいけないという認識でございます。したがいまして、人数とかそういったこともありますけど、ロードマップに書いてある以上のことが提案されることは、負担増という意味で国と我々は使っております。

 他方、いろんな住民との関係で言いますと、騒音とか、例えば事件事故とかそういったことで負担増という使い方をする場合もございますけど、繰り返しになりますけど、国とのやりとりの中での負担というものは、これ以上の負担増という言葉にもありますように、これというのは再編計画――ロードマップに書いてある以上の負担という意味ですので、それに書いてある以上のことというふうに考えております。(「議長、基準とか、そういう定義とかを岩国市は持っているのかっていうことです」と呼ぶ者あり)

 先ほど申し上げました平成20年の基地対策の基本姿勢でございますが、基地機能が変更される際、その影響により周辺環境が現状より悪化することとなる場合、及び十分な安心・安全対策が講じられると認められない場合はこれを容認できないということでございますので、騒音にしても、いろんなことにしても、現状より悪化することが負担増というふうに考えております。ただ、その際に十分な安心・安全対策が講じられるようなことがあれば、そこはまた総合的に判断するということでございます。例えば大気がどうだ、水質がどうだとか、事件が何件以上あればどうだとかということではなく、漠然としておりますけど、周辺環境が現状より悪化するといったことが負担増というふうに考えております。(「答弁漏れ」と呼ぶ者あり)



○議長(松本久次君)  国との見解の件が漏れています。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  負担増の定義というのは、先ほど言いましたように、ロードマップに書いてある以上のものが議論されるかどうかということを考えております。要するにロードマップに書いてある空母艦載機とかKC−130とか以外のものを議論することは、これ以上の負担増という話でやりとりをしているということでございます。



◆18番(細見正行君)  基地では日々訓練を重ねて、日々機能強化といいますか、また、そうならないと困ると思うんです。だから、それをもって基地機能の強化というのは――さっき騒音だとか、ちょっとあいまいな答弁でしたけど、やっぱり基地というのは周辺諸国の状況だとか、世界情勢によって日々変化を重ねているものだと思っております。また、訓練して機能が日々増さないと困るわけです。

 そこで、ちょっとよくわからないんですけど、そういった負担増について政府とは何か意見が合ってるのか。意見というか言葉の定義の一定の基準が示されないと。それと、今回の安心・安全対策について、岩国市側からも条件を出しておりますが、それがクリアできればオーケー――負担増にはつながらないともとれるんですけど、やっぱり言葉の基準を設けておかないと、国なり山口県と協議していく上でやりとりが難しいんではないですか。その辺のところをもう少しお示しください。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  まず、基地機能という言葉につきましては、今言われましたようにいろんな使われ方があると思います。例えば軍事機能そのもの、要するに防衛力が上がることを基地機能強化という場合もありますし、それから相手諸国に対する抑止力が上がることを基地機能強化という場合もございます。それは軍事的な言葉で使われますけど、我々が使う基地機能の強化か否かということは、先ほど言いましたように、その影響によって周辺環境が悪化するかどうかということが一つの基地機能の解釈でございます。市が言う基地機能強化とは、周辺環境が悪化することで、軍事力が上がることとか、防衛力が上がることを基地機能強化というふうに我々は呼んでおりません。これはいろんなやりとりをする中で、国のほうもそういう認識でございます。

 それから、言葉の定義でございますけど、先ほど言いましたように、基地機能とか負担増とかということは国や県といろいろ議論する中で、そごなく共通の言葉として使っております。例えば国が諸外国とかと協議する場合の基地機能というのは当然違っており、軍事力、防衛力のことを指すのだというふうに考えております。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

 次に、岩国柱島海運株式会社の経営状況について、地方自治法第243条の3第2項の規定により、お手元に配付しておりますとおり経営状況を説明する書類の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)



◆22番(味村憲征君)  岩国市の離島3島と岩国港を結ぶ第三セクターである岩国柱島海運について、若干お伺いします。

 岩国港、すなわち新港地域とを結ぶ航路なんですけども、これは24年からの離島航路3年計画というのを、もう既につくっておると思います。その内容では改善策として柱島3島ふれあいツアーというものを上げてありますけども、実際はこれではなかなか――いわゆる昨年度で4,740万円、来年度が5,370万円、その次が5,620万円というふうに赤字をもう既に予想されて、当然不足分は国と県と市が補助をしておるわけですけども、この3年計画の中で何らかの改善をしていく必要があるんじゃないかと思います。それで、当然これは定時株主総会や取締役会を開催されて議論された上、3カ年計画をつくられておると思います。先ほどの22年度、23年度で言いますと、6,787万円から4,740万円へと収益が落ちております。3割も落ちています。そして、今の計画の中ではどんどん赤字が膨らむという状況の中で、逆に黒島、端島、両港に対する浮き桟橋等の改修や、2010年から高速船すいせいを新造して就航しております。新港地区にも大変影響のある航路だと思っております。

 そこでお伺いしますけども、3カ年計画の中で具体的に赤字を解消――確かにこの中には浮き桟橋ができることによって職員を一人減らすというようなことがある。ところが、運賃値上げや減便まで視野に入れたんではいよいよ先細りとなると思いますので、具体的にこの状況を脱するための計画がどんなふうにつくられてるのかお伺いいたします。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  味村議員御指摘の計画でございますが、離島航路3カ年計画というのが策定されておるところでございます。そうした中で、年々減少する利用客等に伴いまして、当然減収してきておるわけでございますが、その対応につきましては、この計画の中で議員から御指摘のありましたこと等が盛り込まれているところでございます。したがいまして、減便を図っていくとか、浮き桟橋の改修によりましてバリアフリーというのがますます進むことによって、今4名おります船員を1名減というふうな形でも盛り込まれているところでございますが、根本的な対応策ということになりますと、島の人口が年々減っております。そうした中で収益を上げていくためには、要は島外から人を呼び込んで、それを収益に変えていくという方法がとられてくるわけでございますけど、市といたしましても、柱島3島ふれあいツアー、これは島づくり協議会のほうにお願いして事業を実施しているところでございます。これによりまして80人余りの方々が島を訪れ、そこで買い物、また触れ合っていただくというような効果を上げているところでございます。ただ、具体的な対応につきましては、柱島海運株式会社がつくっております3カ年計画におきましても、定期船以外での収益増加につなげるという形でチャーター便等を活用して、いかに人を呼び込むか。その中には、言いましたように触れ合いの買い物ツアーを初め、柱島にあります農産物等を活用した収穫祭等々も検討されているところでございます。市といたしましても、岩国柱島海運、また、地域づくりを行っておられます協議会等とも協議をしながら、どういった支援が有効であるかということも今後検討していく必要があろうかと考えているところです。



◆22番(味村憲征君)  今、答弁していただいたんですけど、やはり経営改善をしていくということの中で、買い物ツアーは以前からずっとやっていて一定の成果はありますけども、これを改善するところまでいくのだろうかとか、あるいは収穫ツアーを組むとこれの収益はどうなるのかと。年々赤字が膨らんでいくという現象をとめる具体的なものを取締役会なり、あるいは岩国市が第三セクターで出しておりますので指導をしていかないと、減便だとかは、島民にとって非常に困るし、また、この航路が非常に先細りしますと、到着点である新港の港もだんだんと衰退していく、いわゆる交流人口が減るということになってきます。ですから、今御答弁いただいたことは十分わかった上で、市がこれによって抜本的に――今チャーター便という話もありましたけども、そういうものを提案しているんだろうかと。例えば、今から交渉をしなければいけないと思いますけども、大島への延伸だとか、あるいは社会実験として現在平清盛をやっていますので宮島航路、チャーター便でもいいですけども、そういうものをやって、岩国錦帯橋空港との整合性を図っていくとか、積極的なものがなければこの五千何百万円の赤字がどんどんふえて、中山間地区の生活交通と同じような結果を生む可能性があると思うんで、その辺のことについていわゆる株主として、特に第三セクターの責任ある立場として御答弁いただきたいと思うんです。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  岩国市は岩国柱島海運株式会社に対しまして1,000万円の出資をしているところでございます。会社の組織そのものでは取締役ということにはなっておらないというような立場ではございますが、第三セクターということで、こうして議会への報告を行う責任もある立場にもございます。そうしたことを考えますと大変厳しい状況下ではありますが、具体的に今、私がここでどういうことができる、どういうことを目指していかなくてはいけないというようなことを申し上げることはかないませんけど、今いろんな形で岩国柱島海運株式会社と少しでも収益につながる方法、どんなことがあるかというのは真摯に協議していく必要があろうかと考えております。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第4監査報告第1号例月出納検査の結果に関する報告について

       監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について   

       監査報告第3号 例月出納検査の結果に関する報告について   

       監査報告第4号 平成23年度第3回定期監査の結果に関する報告について   



○議長(松本久次君)  日程第4 監査報告第1号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第2号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第3号 例月出納検査の結果に関する報告について、監査報告第4号 平成23年度第3回定期監査の結果に関する報告について、以上4件については、地方自治法第199条第9項及び第235条の2第3項の規定により、お手元に配付しておりますとおり監査及び検査の結果に関する報告の提出がありましたので御報告いたします。

  (別  添)



◆18番(細見正行君)  ただいま監査報告がありましたけど、その中の監査報告第4号でありますけど、関係法令に基づいておおむね適正に行われたと認めたと示してあります。「なお、特に指摘する事項は次のとおりですが、軽易な指摘事項については、その都度、関係職員に改善・検討を要望したので省略する」とありますが、軽易なものの例を二、三挙げていただきたいと思います。そして、当局はそれについてどんな検討をされたのかお示しください。

 それと、続いて共通事項であります。「財務に関する事務の執行については、岩国市財務規則等にのっとり、適正に処理をされたい」と示してありますが、財務規則にのっとっていないのはおおむね何件ぐらいあって、どんなことなのか。またそれについて当局の改善措置をよろしくお願いいたします。



◎監査委員事務局長(丸茂辰夫君)  まず、第1点目の軽易な指摘事項について、その都度、関係職員に対して要望した改善・検討でございますが、これは主に事務処理をする際の見積書であるとか請求書あたりの未記入部分があるものがございました。

 それとあと、「財務に関する事務の執行については、岩国市財務規則等にのっとり、適正に処理をされたい」ということでございますけれども、具体的には、各課でやる入札でございますけれども、見積もり合わせの場合の予定価格調書等について古い様式が使われておったということがございました。件数はちょっとはっきりと記憶しておりませんが、五、六件あったかと記憶しております。そういうことでの監査委員の指摘であろうと思います。

 以上です。(「当局の改善について」と呼ぶ者あり)



○議長(松本久次君)  答弁はどなたが。



◎副市長(白木勲君)  軽易なことであろうと重要な事項であろうと、監査において指摘を受けておるわけでありますから、指摘を受けたことについては、条例規則等にのっとって改善を図っていく。そして、指摘を受けることのないように、緻密なところまで懸命に努力をしていくということでございます。(発言する者あり)

 今回、指摘を受けたことにつきましては、当然改善を図っております。



◆18番(細見正行君)  軽易であろうが何であろうが十分注意してやるとおっしゃられましたが、そういうものは庁内で――部や課は別にして、こういうものがあったからミスを繰り返さないようにというような通達とか通知とか、そういうことをやっておるかということはどうですか。



◎副市長(白木勲君)  こういった指摘がございましたら、庁内に端末もございますので、当然機会あるごとに通達等も出しておりますし、部長会議あるいは朝礼等においてもこういう指摘があったことについては全庁的に知らしめまして、当然のことながら改善を図るよう努力はいたしております。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ本件は以上で終わります。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第5諮問第1号人権擁護委員の推薦について



○議長(松本久次君)  日程第5 諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

  (別  添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  諮問第1号の人権擁護委員の推薦について御説明いたします。

 本市の人権擁護委員20人のうち一人が平成24年6月30日をもって任期満了となることに伴い、後任の委員を法務大臣に推薦するため、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、再度、中村保子氏を推薦することについて市議会の御意見を求めるものであります。

 同氏は、人格識見ともに高く、社会的にも人望が厚いことから人権擁護委員として最適任者と考えております。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本件に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本件は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本件は異議のない旨を答申することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本件は異議のない旨を答申することに決しました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第6議案第2号平成23年度岩国市一般会計補正予算(第4号)

       議案第 3号 平成23年度岩国市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)   

       議案第 4号 平成23年度岩国市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)   

       議案第 5号 平成23年度岩国市介護保険特別会計補正予算(第3号)   

       議案第 6号 平成23年度岩国市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)   

       議案第 7号 平成23年度岩国市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)   

       議案第 8号 平成23年度岩国市周東食肉センター事業特別会計補正予算(第2号)   

       議案第 9号 平成23年度岩国市観光施設運営事業特別会計補正予算(第2号)   

       議案第10号 平成23年度錦帯橋管理特別会計補正予算(第3号)   

       議案第11号 平成23年度岩国市市場事業特別会計補正予算(第3号)   

       議案第12号 平成23年度岩国市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)   



○議長(松本久次君)  日程第6 議案第2号 平成23年度岩国市一般会計補正予算(第4号)及び議案第3号から議案第12号までの各特別会計補正予算、以上11議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第2号 平成23年度岩国市一般会計補正予算(第4号)及び議案第3号から議案第12号までの各特別会計の補正予算について、その概要を御説明いたします。

 今回の補正予算は、国庫補助の内定に伴い、新たに小学校及び中学校施設の耐震化推進事業費を計上するとともに、退職手当の追加計上、決算見込みに合わせた諸経費の調整などを行っております。

 まず、一般会計補正予算(第4号)について、歳入の主なものを御説明します。

 国庫支出金は、新たに、国の第3次補正予算による消防団安全対策設備整備費補助金207万9,000円を計上するとともに、公立学校施設整備費補助金について、国庫補助の内定に伴い、小学校分3億5,809万3,000円、中学校分2,963万1,000円を計上しております。

 財産収入は、愛宕山まちづくり区域内の調剤薬局建設用地の売却に伴い、土地売払収入を5億1,000万円追加計上しております。

 寄附金は、1,222万4,000円を計上しております。このうち、企画費寄附金1,000万円につきましては、三井化学株式会社から生活交通バス車両購入費として寄附をいただいたもので、平成24年度予算において生活交通バスを整備したいと考えております。

 市債は、事業費の確定見込み等による調整を行うとともに、小学校及び中学校施設の耐震化推進事業について新たに計上しております。

 次に、歳出の主なものを御説明します。

 総務費では、退職者の確定見込みに合わせ、退職手当を3億9,319万円追加計上し、将来の市債の償還財源として減債基金に5億円を積み立てるとともに、再編関連特別事業費においては、入札減等に伴い、障害児等総合療育施設整備事業に係る経費を減額するほか、事業費の確定見込み等による調整を行っております。

 土木費では、公共下水道事業特別会計における、周南流域下水道維持管理費負担金の減額のほか、決算見込みに合わせて、特別会計への繰出金を2億3,959万6,000円減額しております。

 消防費では、国の第3次補正予算により創設された消防団員対策設備整備費補助金を活用し、消防自動車にライフジャケットを整備する経費623万7,000円を追加計上しております。

 教育費では、平成24年度に予定していた小学校及び中学校施設の耐震化推進事業について、国の内定により前倒して実施することとし、小学校分8億5,557万2,000円、中学校分1億1,342万7,000円を新たに計上しております。

 以上の結果、補正額は、9億1,784万3,000円の増額で、補正後の予算規模は、670億7,642万5,000円となり、当初予算規模に比べ10.4%の増となります。

 第2表 繰越明許費補正は、年度内の完成が困難なため、25事業を追加しております。

 第3表 債務負担行為補正は、岩国市福祉会館など10施設について、公の施設の指定管理に係る管理料の限度額の設定を行うとともに、岩国港改修事業に係る平成22年度県債借入額確定に伴い、償還負担金の限度額を設定するものでございます。

 第4表 地方債補正は、小学校及び中学校施設の耐震化推進事業の追加を行うほか、起債対象事業費の決算見込みなどに伴い、変更を行っております。

 続きまして、特別会計の補正予算について、御説明いたします。

 今回の補正は、主として決算見込みに合わせた諸経費の調整を行うもので、10会計で行っております。

 繰越明許費は、公共下水道事業特別会計で4事業の設定を行っております。

 債務負担行為補正は、周東食肉センター事業特別会計で1事業の廃止を行っております。

 地方債補正は、周東食肉センター事業特別会計及び公共下水道事業特別会計で、起債対象事業費の決算見込みなどに伴い、変更及び廃止を行っております。

 以上で、一般会計及び特別会計の補正予算についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本11議案に質疑はありませんか。



◆22番(味村憲征君)  特別会計の債務負担行為補正についてお伺いします。

 周東食肉センター事業特別会計で1事業の廃止を行っておりますということでございますけども、これは、この事業をやめたということですか。それとも何らかの理由があって差しかえをするということなんでしょうか。



◎環境部長(松林達也君)  今回の補正予算におきまして1事業を廃止させていただいておりますけれども、この要因といたしましては、23年度における実施設計等におきまして、調整をするのに不測の日数を要し、本年度は食肉センターの建設に係る契約に至らなかったということで廃止させていただきまして、平成24年度におきまして新たに建設事業費、それから債務負担行為を設定させていただいておるという状況でございます。よろしくお願いいたします。



◆22番(味村憲征君)  1事業が契約に至らなかったということなんですけども、差しかえ的な計上だと思います。ただ、この議会に対して23年度にぜひやらせてほしいとして計画を立てたものを、契約に至らなかったから債務負担行為を落としますというのは、余りにも議会に対する説明が足らない。我々が誠意を持って市民のために必要だということで債務負担行為を認めたわけですから、この点について行政の責任としてはどういうふうに考えますか。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  このたびの周東食肉センター事業特別会計における債務負担行為の廃止ということでございますが、先ほど環境部長が申しましたように、理由は設計段階において不測の日数を要したということでございます。ただ、23年度におきまして計上させていただいたのは工事を行うということが大前提でありまして、それに関係する後年度の支出を予算化するもので債務負担行為を設定させていただいております。したがいまして、その債務負担行為の中には期間とか限度額等が記してあるわけでございますが、新たに工事が発注できないという状況下にありまして、基本的に新たに工事を行う24年度に関係予算を計上いたしておりますが、それに合わせて債務負担行為を設定するというふうに行っているものでございます。決して安易に廃止をするというような姿勢で臨んでいるものではございません。したがいまして、24年度の工事に備えまして新たに債務負担行為を設定し直すというのが私どものほうの責任と考えての対応でございます。どうか御理解いただきたいと思います。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本11議案は委員会において審査していただくことにして、議案第3号、4号、5号、以上3議案は教育民生常任委員会に、議案第6号、7号、8号、12号、以上4議案は建設常任委員会に、議案第9号、10号、11号、以上3議案は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第2号 平成23年度岩国市一般会計補正予算(第4号)につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第7議案第13号平成23年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)



○議長(松本久次君)  日程第7 議案第13号 平成23年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(浦前宏君)  議案第13号 平成23年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)について御説明いたします。

 今回の補正予算は、収益的収支及び資本的収支を決算見込みに合わせて調整するものでございます。

 まず、第2条の業務の予定量の補正ですが、走行キロにつきましては、貸し切りは3万キロメートル減少の17万1,000キロメートルを見込んでおります。

 輸送人員については、乗り合いは17万人減少の144万7,000人、貸し切りは5,000人減少の5万人を見込んでおります。

 次に、第3条の収益的収入及び支出の補正ですが、別添「平成23年度交通事業会計補正予算(第1号)総括表」により御説明いたします。

 収入につきましては、乗合収入は2,750万円減額の2億6,500万円、貸切収入は1,100万円減額の7,900万円を見込んでおります。

 営業外収益は、他会計補助金が620万7,000円減額の1億5,969万2,000円となる見込みであり、収入総額では、4,470万7,000円減額の5億3,384万3,000円を見込んでおります。

 支出につきましては、職員給与費が2,837万7,000円、燃料油脂費が142万7,000円、車両修繕費が411万8,000円、減価償却費が48万7,000円、いわくにバス株式会社への委託料を含む諸経費が1,061万1,000円、消費税が129万3,000円それぞれ減額となり、支出総額では、4,631万3,000円減額の6億944万円となります。

 これらの結果、収益的収入及び支出の収支差し引き額は、7,559万7,000円の赤字となる見込みでございます。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出の補正についてですが、収入につきましては、運輸事業振興助成金を収益的事業に充当したため、県補助金を100万円減額いたしております。

 支出につきましては、バス待合所上屋の建設及び車載設備の購入を控えたことにより、建設改良費364万円を減額しております。

 第5条から第7条までの規定は、収益的収入及び支出の補正に伴い調整するものでございます。

 以上で、議案第13号 平成23年度岩国市交通事業会計補正予算(第1号)についての説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第8議案第14号平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)



○議長(松本久次君)  日程第8 議案第14号 平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第14号 平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)について御説明いたします。

 今回の補正予算(第2号)は、収益的収支と資本的収支を補正するものであります。

 以下、別添「平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)総括表」によって御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、病院事業における事業量の増加により、入院収益646万7,000円及びその他の医業収益299万6,000円を増額し、第2表の資本的収支の事業量減に伴う一般会計出資金の振りかえ及び外来収益の増額に伴う財源の振りかえにより、他会計補助金545万8,000円を増額しております。支出につきましては、材料費1,830万円、資産減耗費47万2,000円、支払い利息2万3,000円をそれぞれ増額し、経費201万円及び予備費36万4,000円をそれぞれ減額し、支出総額は、収入総額と同額の15億8,343万4,000円となります。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、事業量の減少に伴う一般会計出資金545万8,000円の減額により、収入総額は、1億7,316万円となります。

 また、支出につきましては、建設改良費209万2,000円を増額し、有形固定資産購入費は事業量の減少に伴い875万1,000円減額し、支出総額は、2億915万1,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3,599万1,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額199万円、過年度分損益勘定留保資金2,338万5,000円及び減債積立金1,061万6,000円で補てんするものでございます。

 以上御説明しましたことは、平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)の第1条から第3条までにそれぞれ定めております、予算の詳細は、別冊の平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)説明書に記載しております。

 以上で、平成23年度岩国市病院事業会計補正予算(第2号)についての御説明を終わります。

 御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査をしていただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第9議案第15号平成24年度岩国市一般会計予算

       議案第16号 平成24年度岩国市土地取得事業特別会計予算   

       議案第17号 平成24年度岩国市後期高齢者医療特別会計予算   

       議案第18号 平成24年度岩国市国民健康保険特別会計予算   

       議案第19号 平成24年度岩国市介護保険特別会計予算   

       議案第20号 平成24年度岩国市簡易水道事業特別会計予算   

       議案第21号 平成24年度岩国市農業集落排水事業特別会計予算   

       議案第22号 平成24年度岩国市特定地域生活排水処理事業特別会計予算   

       議案第23号 平成24年度岩国市周東食肉センター事業特別会計予算   

       議案第24号 平成24年度岩国市観光施設運営事業特別会計予算   

       議案第25号 平成24年度錦帯橋管理特別会計予算   

       議案第26号 平成24年度岩国市市場事業特別会計予算   

       議案第27号 平成24年度岩国市公共下水道事業特別会計予算   

       議案第28号 平成24年度岩国市小規模下水道事業特別会計予算   



○議長(松本久次君)  日程第9 議案第15号 平成24年度岩国市一般会計予算及び議案第16号から議案第28号までの各特別会計予算、以上14議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  平成24年度の当初予算を初め諸議案の審議に先立ちまして、施政方針について御説明いたします。

 私が市長に再選いたしまして早くも1カ月が過ぎようとしております。岩国市のみならず、日本、さらには世界全体の社会経済情勢が激変している中、本市のかじ取りはますます難しくなると思われます。私は、この壇上に立ち、改めて責任の重さを痛感し、身が引き締まる思いとともに、岩国を夢と希望と活力に満ちあふれる町に再生したいという強い決意を、ここに表明するものであります。今まさに私に求められていることは、市民の皆様方のさまざまな御意見や考えをしっかりとまとめ、一定の結論を見出しながら心を一つにし、夢を持って岩国を発展させていくことであります。そのために私はあらゆる困難にも不撓不屈の精神で取り組み、乗り越えてゆく覚悟であります。

 それでは、本市の重要課題について申し上げます。

 私は、このたびの選挙を通して市内全域を回り、多くの市民の皆様の声をお聞きし、生活に密着したさまざまな課題について改めて認識したところでございます。それらの課題や本市が抱えている米軍再編などの重要課題に対し、私の基本的な考え方を申し上げます。

 まず、米軍再編問題について申し上げます。

 最初に、私の基地に対する基本的姿勢や考え方、また米軍再編に対する基本的スタンスは従来から一貫しており、全く変わっていないことを申し上げておきたいと思います。

 また、米軍再編問題に対しては、「これ以上の負担増は認められない」「普天間基地移設の見通しが立たないうちに厚木基地の空母艦載機の移駐のみを切り離して進めることは認められない」という県、市の共通の基本スタンスで対処しているところであり、今後もこの基本スタンスを堅持してまいります。また、国はこの基本スタンスを尊重し、責任ある対応をすべきであると考えております。

 沖縄と同様、基地を抱える本市は、基地の運用に当たって住民が安心して安全に暮らせる環境が確保される、いわゆる安心・安全対策や、住民福祉の向上及び地域の発展に資する地域振興策の確実な実施が必要です。私は、これまでの4年間、市民の皆様が不安を抱いている騒音問題などについて国と協議を重ね、現実的な対応や対策を引き出してきたところであり、また選挙でもその点が評価されたものと思っております。今後も引き続き、安心・安全対策、地域振興策について国と協議し、地域の実情に合った新たな制度や対策が構築できるよう努力してまいります。

 その中でもとりわけ騒音問題に関しましては、空母艦載機の試験飛行の速やかな実施、滑走路の運用時間の短縮、防音工事対象区域の拡充を強く要望し、実現を目指すとともに、日米地位協定の見直しと運用改善を関係自治体とも連携して、国に粘り強く働きかけてまいりたいと考えております。

 今後も安心・安全に関する国との協議を通じて、市民の皆様の不安を一つ一つ払拭していくことに最大限の努力を傾注し、その上で地域の負担と協力に見合うだけの財政的支援を得られるよう国と交渉し、本市の長期的な発展が築かれるよう、あらゆる努力をしてまいります。

 なお、地元の経済、社会活動に大きく貢献し、地域住民の安心・安全を守る組織として市民の皆様も大きな期待を寄せている海上自衛隊の残留については、引き続き早期に決定を行うよう国に求めてまいります。

 次に、岩国市の公共交通についてですが、岩国錦帯橋空港が開港されますと、高速道路、港湾、新幹線、都市間鉄道、都市内鉄道、バスなどといった多様な交通機関が市内に存在するという、15万人規模の主要都市としては全国的にも例を見ない特徴を有することになります。しかしながら、現状ではそのネットワークを活用し切れていない、あるいはネットワークのつなぎが十分でない部分があり、その活用及びアクセス整備が課題となっております。今後、岩国市全域における公共交通ネットワークの構築に向けて総括的な検討、調整を行ってまいります。

 続きまして、高齢化社会についてでございますが、本市の高齢者人口はますます増加する中で、高齢化率は5年後の平成29年には33%に達し、市内の3人に一人が高齢者となる見込みになっております。また、近年、核家族化などの家族形態の変化、地域の人間関係の希薄化などの社会状況の変化に伴い、高齢者の社会的孤立が大きな問題となっております。こうした状況の中で団塊の世代と言われる方々が高齢期を迎えられます。その方々にはこれまでに培った多くの知識や経験を十分に生かしていただき、これからも生涯現役として活躍され、地域に貢献、参画していただくことが必要となってまいります。

 昨年1月に制定された市民憲章には、「広げたいもの それは 世代や地域を超えた人の和」とうたわれております。今後は地域ぐるみで、また地域を超えて高齢者を支えていく社会づくりに積極的に取り組み、高齢者が安心し、生きがいを持って生活できる岩国市の実現を目指してまいります。

 以上、本市の抱える重要課題について、その基本的な考え方を申し上げましたが、私は2期目を迎えるに当たり、岩国はこれまでの閉塞感から脱却し、活力ある岩国へと再生するために、市長として新しいまちづくりの夢とビジョンを提示し、それに向かって行動していく、それこそが責任ある政治であると強く心に刻み、今後の市政運営を行ってまいりたいと思っております。

 それでは、私の夢を形にしていくための五つの基本方針を申し上げます。

 一つ目は、「安心・安全、災害に強いまちづくり」です。

 平成23年は東日本大震災や紀伊半島を襲った台風など、さまざまな大規模災害が発生いたしました。災害はいつ、どんな形でやってくるかわからず、常に過去の教訓を忘れることなく、備えておかなければなりません。防災の主体は市民自身であり、みずからの身はみずからで守るといった「自助」、お互い助け合い、支え合う「共助」の気持ちを育て、地域の災害対応力の向上を図ることが極めて重要となります。また、行政は「公助」として、安心・安全で災害に強いまちづくりを進めるために道路や河川の整備、医療・防災交流拠点整備などのハード事業を計画的に進めるとともに、迅速かつ的確に情報を提供する役目を担います。今後、市民による「自助」の行動、地域による「共助」の活動への支援と、消防団や自衛隊、国、県、企業等の防災関係機関と連携を深めることで防災体制のより一層の強化を図り、災害に強いまちづくりを進めてまいります。

 二つ目は、「子育てと教育を応援するまちづくり」です。

 本市の総合計画では、「豊かな心と生き抜く力を育む教育文化のまちづくり」を基本目標に定めております。子供たちを取り巻く環境が目まぐるしく変化する中で、夢を描き、未来を切り開いていく子供たちには他人を思いやる優しい心と、どんな困難をも乗り越えていくたくましさが求められております。こうした中、私はこれまで子育てをするなら岩国市と言われるような魅力あるまちづくりに向けて、次代を担う子供たちの健やかな成長や自立を促し、子育て家庭を支援するさまざまな施策を積極的に推進してまいりました。今後もその取り組みを充実したものとし、「子育て家庭が夢を持って、育てる幸せを実感できる環境づくり」「子供たちが希望を持って生き生きと育つ環境づくり」に取り組み、子供たちを地域の宝として育て見守る、子育て支援社会の形成を目指してまいります。そのためにも教育の基盤づくりが大切であり、教育力の向上や子供たちが安心して学ぶことのできる教育環境の整備にも全力で取り組んでまいります。

 三つ目は、「支え合い、地域で安心して暮らせるまちづくり」です。

 昨年は、ワールドカップ女子サッカーで優勝した「なでしこジャパン」の選手のように、一つの目標に向かってお互いが信じ合う強いきずなに感動し、また、東日本大震災では大切な家族や友人を失いながらも、人々が助け合い、地域で支え合う姿や救援、復興に駆けつける人々の姿を目の当たりにして、すべての国民がきずなの大切さを改めて実感したのではないでしょうか。これからは、市民、自治会、NPO、企業、行政等が協働し、チーム岩国としてきずなづくり、生きがいづくり、仲間づくり、健康づくりを推し進め、身近な地域の課題解決にも力を合わせて取り組む、元気な地域をふやしていきたいと考えております。合併後、山口県内で2番目という広大な面積を有する本市では、各地域において多種多様な問題を抱えておりますが、市民の皆様の生の声をしっかりと受けとめ、地域の方々と一緒になって課題を一つ一つ解決し、安心して暮らせる地域づくりのためにスピード感を持って取り組んでまいります。

 四つ目は、「地域の歴史・文化や伝統を生かした地域振興のまちづくり」です。

 高い山ほどすそ野が広いと言われますが、地域の文化力をさらに高めるためには、文化のすそ野を広げていかなければなりません。幸いにも本市では、長年にわたって大切に受け継がれてきた地域の歴史、貴重な文化、伝統が存在し、地元の風土が多才な人材をはぐくんでまいりました。今後は、これらのすぐれた財産、資源をさらに育てることで、文化のみならず、観光や地域の活力へと結びつけて、岩国らしさを出したまちづくりに取り組んでまいります。また、豊かな自然環境によって営まれてきた農林水産業の振興も地域の活力づくりには欠かせません。そのためにも生産基盤の整備、市産市消の推進、有害鳥獣対策などを推し進めるとともに、地域づくりの原動力となる担い手の確保、育成、地元特産品のブランド化、郷土料理の伝承など、岩国の魅力を広く打ち出すことで地域産業の活性化に取り組んでまいります。さらに、地域活性化のかぎを握る雇用と所得を生み出す企業誘致や地域産業の創出につきましても、充実した優遇制度や陸・海・空の交通アクセス、豊かな自然など恵まれた立地条件をセールスポイントとして誘致活動を推進するとともに、私みずからが精力的にトップセールスを行ってまいります。

 五つ目は、「未来に希望と魅力を感じるまちづくり」です。

 いよいよ平成24年度に迫った岩国錦帯橋空港の開港は、私たち岩国市民に産業や観光面などにおいて多くの夢や希望を運んでくれます。例えば広島空港や山口宇部空港、萩・石見空港と連携を密にし、各地の誇る地域資源を利用して地域活性化を図る、魅力的な広域観光ルートをつくることも可能になります。また、多くの人々を迎え入れる岩国駅は、エレベーターの設置等、バリアフリー化された新駅舎や東西自由通路の建設、周辺では岩国駅前広場の再整備等を進め、数年後には交通交流の結節点として、また、にぎわい機能の創出の場として大きく生まれ変わります。さらに、広域的な交流の促進や地域間の連携強化につながる岩国大竹道路の早期完成、岩国南バイパスの南伸など、幹線道路のネットワーク整備の関係機関と連携し、着実に推し進めなければなりません。そして、愛宕山のまちづくりエリアにおいては、現在、地域医療の中核施設である岩国医療センターの建設が進められており、今後は防災の拠点施設となる防災センターや多目的広場の整備を進めてまいります。このような都市基盤の整備が進む姿を目に見える形で示すことは、市民の皆様に岩国が大きく変わるんだという期待と将来への希望を抱いていただけるものと考えます。こうした機運を醸成することが地域の活力を生み出す大きな力となることを信じ、岩国市の新たなまちづくりに取り組んでまいります。

 以上、まちづくりの基本方針を申し上げましたが、夢の実現、また質の高い安定した行政サービスを行っていくには、当然のことながら財源確保に向けた行財政改革を推進していくことも必要不可欠であります。これまで財政健全化計画に基づき、職員数の削減、地方債残高の縮減など、将来負担の軽減に努め、着実に財政基盤の強化を図ってまいりましたが、平成28年度からは普通交付税等に係る合併支援措置の段階的縮減が始まり、大幅に交付税が減額されることで財政運営が大変厳しい状況になることが予想されます。こうした状況を乗り切るため、職員と一丸となり強い信念と斬新な発想を持って行財政運営に当たってまいりたいと考えております。

 最後に、私の好きな言葉に、坂本竜馬の「世に生を得るは事をなすにあり」という言葉があります。私もこの時代の岩国に生を受けたことを喜びとし、市長として私の役割を必ず果たしてまいります。これからも判断すべきことは先送りすることなく決断し、決断したことは情熱を持って実行していく。その覚悟と自信を持っております。そして、常に志を高く持ち、市民福祉の向上と愛する岩国市のさらなる飛躍を目指してまいりますので、議員各位を初め、市民の皆様の御支援と御協力をお願い申し上げまして、私の施政方針といたします。

 続きまして、議案第15号 平成24年度岩国市一般会計予算及び議案第16号から議案第28号までの各特別会計の予算について、その概要を御説明いたします。

 平成24年度当初予算の編成は、我が国の景気は持ち直し傾向にはあるものの、原子力災害の影響や為替レート、株価の変動等によっては景気の悪化が懸念される中、市税収入の伸びが見込めない厳しい財政見通しでありました。

 国においては、財政運営戦略により、平成24年度の地方の一般財源総額については、前年度並みを確保することが示されましたが、子ども手当等の制度改正に伴う地方負担の扱いなどについての協議が難航するなど、その動向等を見きわめながら編成作業を進めていく必要がありました。

 こうした中、予算の編成に当たっては、普通交付税等の段階的縮減による一般財源の減少に備えて、引き続き財政基盤の強化を図っていきながら、その一方では、愛宕山まちづくり事業など喫緊に対応しなければならない重要施策についても、適切に対応することといたしました。

 この編成方針に基づき、投資政策的経費は、まちづくり実施計画に登載されている事業を原則とし、重点施策である「災害に打ちかつ強いまちづくり」「地域の特色をいかした産業振興のまちづくり」「子育てを応援するまちづくり」「ささえあい安心して暮らせるまちづくり」「交流が盛んな魅力あるまちづくり」に選定された事業において、緊急度、重要度、事業効果等を勘案し、より優先順位の高い事業を選択しております。

 経常経費は、一般財源ベースで平成23年度当初予算の範囲内とし、特別の理由のあるものを除き、おおむねその範囲内で編成いたしました。

 人件費は、定員管理適正化計画を着実に推進することとし、公債費では、将来負担の軽減のため、高利率の市債の繰り上げ償還を行うとともに、新たに発行する市債を50億円以下とするよう努めましたが、民間空港再開事業、岩国駅周辺整備事業などにより、50億円を若干超えることとなりました。

 こうした結果、平成24年度当初予算は、市税の減収等も影響し、財政調整基金から934万円の取り崩しを行い、収支を均衡させております。

 平成24年度一般会計の当初予算規模は、612億800万円となり、前年度に比べ0.7%の増となっております。

 特別会計は、市場事業特別会計が減となる一方で、介護保険特別会計の増などにより、13会計の合計は406億9,500万円となり、前年度に比べ、0.3%の増となっております。

 一般会計と特別会計を合計しますと、1,019億300万円となり、前年度に比べ0.6%の増となっております。

 次に、一般会計における主な歳入について御説明いたします。

 市税のうち個人市民税については、前年中の所得に基づくものであり、扶養控除の制度改正による増収要因があるものの、東日本大震災による一時的な下降後、緩やかに持ち直しつつあった景気も足踏み状態となり、雇用情勢も依然として厳しいことから、1億7,500万円の減を見込んでおります。法人市民税についても、企業経営環境が依然として厳しい状況にあることから、1億円の減を見込んでおります。

 また、固定資産税については、3年に1度の評価がえの年に当たり、地価の下落及び家屋の減価により、3億7,200万円の減を見込んでおります。

 このような状況により、市税全体では前年度に比べ3.5%――6億6,900万円減の182億4,700万円を見込んでおります。

 地方消費税交付金は、景気の持ち直し基調を背景として、消費は緩やかな増加が続くものと見込まれるため、前年度に比べ1.3%――1,600万円増の12億4,100万円を見込んでおります。

 自衛隊や米軍基地の施設の固定資産などをもとに算定される国有提供施設等所在地助成交付金は、前年度交付額と同額程度の16億6,200万円を見込んでおります。

 地方交付税は、地方財政計画において、地域主権改革に沿った財源の充実を図るため、前年度とほぼ同額の地方交付税総額が確保されたことから、本市においても、前年度交付額とほぼ同額を見込み、前年度に比べ7.8%――11億8,200万円増の163億3,100万円を見込んでおります。

 国庫支出金は、子ども手当負担金が減額となる一方で、子どものための手当負担金や多目的広場・防災センター整備事業費補助金、岩国駅周辺整備に係る社会資本整備総合交付金などの増額により、前年度に比べ9%増の88億3,465万2,000円となっております。

 県支出金は、障害者介護・訓練等給付費負担金、子どものための手当負担金などが増額となる一方で、子ども手当負担金、国民体育大会開催経費の補助金、緊急雇用創出事業臨時特例基金補助金などが減額となることにより、前年度に比べ8.7%減の36億9,128万9,000円となっております。

 繰入金は、再編関連特別事業のソフト事業などの財源として、子育て支援基金や学校給食施設管理運営基金などから3億3,707万円、また、長期債繰り上げ償還の財源としての減債基金から1億7,969万5,000円を繰り入れておりますが、歳入歳出の均衡を図るため財政調整基金からの繰り入れが934万円にとどまったことから、前年度に比べ40.6%減の6億804万2,000円となっております。

 市債では、財政健全化計画に基づき市債発行額をおおむね50億円以下となるよう努めましたが、総合支所等整備事業や岩国駅周辺整備事業に係る市債の増などにより、前年度に比べ4.5%増の53億5,010万円となっております。

 なお、市債には合併特例債4億8,310万円、臨時財政対策債28億8,000万円、借換債1億9,070万円などを含んでおります。

 次に一般会計における主な歳出について御説明いたします。

 総務費では、総合支所の業務に効率的に対処するための総合支所庁舎等の整備経費、民間空港の開港等に係る経費、離島航路設備のバリアフリー化を行うための整備経費、電子計算システムの更新等に係る経費などを計上しております。

 また、特定防衛施設周辺整備費では、下水道施設整備事業などのほかに、新たに総合体育館の中央監視施設や学校空調設備の整備等に係る経費などを計上し、再編関連特別事業費では、こども医療費助成事業や岩国学校給食センターの管理運営に係る経費のほかに、基地周辺まちづくり基金積立金や川下地区運動広場の整備に係る経費などを計上しております。

 総務費全体では、前年度に比べ、1.5%増の97億4,418万7,000円となっております。

 次に、民生費では、障害者等に対する介護・訓練等給付費などの自立支援費のほか、山口県後期高齢者医療広域連合負担金などが増額する中、子ども手当等の制度改正により経費が減となることから、前年度に比べ0.1%増にとどまり、197億8,259万8,000円となっております。

 次に、衛生費では、光地域広域水道企業団の解散に伴い負担金が皆減となる一方で、子宮頸がん予防ワクチンなどのこども予防ワクチン接種に係る経費や岩国市第一工場の焼却炉等の改修に係る経費の増などにより、前年度に比べ1.9%増の53億6,241万8,000円となっております。

 次に、農林水産業費では、新たに農林産物の獣害被害防止緊急対策に係る補助金や農業振興地域整備計画策定事業などを計上しておりますが、畜産担い手育成総合整備事業、村づくり交付金事業の完了などにより、前年度に比べ12.7%減の16億2,698万5,000円となっております。

 商工費では、新たに岩国市住宅リフォーム助成事業に係る経費を計上するほか、中小企業者への資金繰り支援策として、岩国市制度融資の見直し・拡充策や岩国市創業支援資金「かけはし」の創設などに係る経費を計上するとともに、岩国空港関連事業者支援貸付「つばさ」に係る利子補給補助金を設けるなどしておりますが、市場事業特別会計繰出金の減などにより、前年度に比べ20.3%減の10億380万円となっております。

 次に、土木費では、愛宕山地域の4分の1のまちづくり区域における多目的広場・防災センターの整備や、岩国駅の周辺整備に係る事業費の増などにより、前年度に比べ21.3%――10億7,511万1,000円増の61億1,435万3,000円となっております。

 次に、教育費では、新たに岩国行波の神舞現地公開事業費補助金や、我がまちスポーツ推進事業として、山口国体の開催競技であったホッケー競技を、地域へ定着させるための経費などを計上しておりますが、小学校の学習指導要領の改訂に係る経費の減などにより、前年度に比べ2.1%減の41億4,852万9,000円となっております。

 公債費は、元金と利子を合わせて83億9,445万6,000円で、前年度に比べ0.2%――1,710万2,000円の増となっております。増加の理由は、繰り上げ償還分が含まれているためであり、通常定期償還額としては減少傾向にあります。

 なお、地方債現在高は、一般会計で平成23年度末見込みは660億6,701万7,000円が、平成24年度末は約16億1,000万円減の644億5,640万1,000円の見込みで、一般会計と特別会計の合計では、平成23年度末見込みは916億6,962万9,000円が、平成24年度末は約17億5,000万円減の899億1,591万円の見込みであります。今後も、財政健全化計画に基づき市債発行額の抑制に努め、将来負担の軽減を図ってまいります。

 次に、債務負担行為について御説明いたします。

 平成24年度は、新たに13件の設定を行います。

 総合支所等整備事業など施設の建設や改修事業、各種計画策定事業など8件については、事業期間が平成25年度までにわたることから設定するものでございます。

 農業近代化資金、農業経営基盤強化資金及び新規就農資金利子補給は、資金を融資する金融機関に対して利子補給を行うため、また、岩国市創業支援資金「かけはし」に対する損失補償は、債務保証により山口県信用保証協会が実質的に受ける損失の100分の50に相当する額に対して、岩国市が損失を補償するため設定するものでございます。

 岩国市土地開発公社に対する債務保証は、公共用地取得事業等に関して61億3,300万円を限度とする公社の借入金に対する債務保証を行うため設定するものでございます。

 続いて特別会計について御説明いたします。

 土地取得事業特別会計は、公共用地取得について効率的な運用を図るための会計で、予算規模は6億100万円で、前年同額となっております。

 後期高齢者医療特別会計は、山口県後期高齢者医療広域連合納付金の増などにより、予算規模は19億9,600万円で、前年度に比べ5.8%の増となっております。

 国民健康保険特別会計は、後期高齢者支援金などが増となる一方で、共同事業拠出金の減などにより、予算規模は183億1,800万円で、前年度に比べ0.2%の減となっております。

 介護保険特別会計は、保険給付費の増などにより、予算規模は130億4,500万円で、前年度に比べ5.9%の増となっております。

 簡易水道事業特別会計は、本郷簡易水道の整備事業費の増などにより、予算規模は5億700万円で、前年度に比べ4.5%の増となっております。

 農業集落排水事業特別会計は、排水施設の整備事業費の増などにより、予算規模は2億2,300万円で、前年度に比べ10.9%の増となっております。

 特定地域生活排水処理事業特別会計は、合併処理浄化槽の維持管理費の増などにより、予算規模は6,300万円で、前年度に比べ3.3%の増となっております。

 周東食肉センター事業特別会計は、食肉センター施設の老朽化が著しいことから、新たな施設の建設工事費の計上などにより、予算規模は6億1,600万円で、前年度に比べ104%の増となっております。

 観光施設運営事業特別会計は、索道事業費のうちの営繕費などが減となる一方で、事業費などの増により、予算規模は1億2,330万円となり、前年度に比べ0.7%の増となっております。

 錦帯橋管理特別会計は、世界遺産登録に向けた施策を実施することとしておりますが、錦帯橋下流の敷石補修事業が終了することにより、予算規模は1億9,160万円で、前年度に比べ5.2%の減となっております。

 市場事業特別会計は、経営健全化計画に基づき、平成21年度から平成25年度までの5年間で赤字を解消することとしておりましたが、平成23年度の一般会計繰入金の追加により、平成24年度には赤字が解消する見込みとなりました。予算規模は5億4,640万円で、前年度に比べ68.8%の減となっております。

 公共下水道事業特別会計は、尾津処理区における管渠工事費が増となるなどにより、予算規模は44億3,100万円で、前年度に比べ3.8%の増となっております。

 小規模下水道事業特別会計は、千鳥ヶ丘小規模下水道処理施設の解体撤去の経費が増となったため、予算規模は3,370万円で、前年度に比べ171.8%の増となっております。

 以上で、平成24年度一般会計予算及び各特別会計の予算についての御説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  ここで暫時休憩し、質疑につきましては、再開後に行いたいと思います。暫時休憩いたします。

午後0時20分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後1時20分 再開 



○議長(松本久次君)  休憩前に引き続き、本会議を再開いたします。

 議案第15号 平成24年度岩国市一般会計予算及び議案第16号から議案第28号までの各特別会計予算、以上14議案に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  施政方針は非常に言葉がやわらかくて、何か学校の作文を聞いているようなところがあるんですけれども、聞いてみたいのは、2ページの「日米地位協定の見直しと運用改善を関係自治体とも連携して、国に粘り強く働きかけてまいりたいと考えております」とありますが、岩国では、これまでも地位協定についてはいろいろな意見がありました。とりわけ牛野谷の恩田さんの交通事故の件で前回には動議が出されたような状況もありますが、市長として地位協定の見直しを、具体的にどういうものを考えてやろうというふうに考えていらっしゃるのか、その項目についてお尋ねいたします。そして、これまでそういう問題について何らかのアクションを国に対してやったかどうか、そういうことがあればお知らせください。

 それから、夢を形にしていくための五つの基本方針が述べられて、特に、ここは本当に言葉が夢を語るような感じになっているんですが、例えば、「子育て家庭が夢を持って、育てる幸せを実感できる環境づくり」「子供たちが希望を持って生き生きと育つ環境づくり」に取り組み、というふうにあるわけですが、市長として「子育て家庭が夢を持って、育てる幸せを実感できる環境づくり」というのは、具体的にどういうことをイメージしていらっしゃるのか。ことし、何をやろうとしていらっしゃるのか。それから、「子供たちが希望を持って生き生きと育つ環境づくり」、これはどういうふうな内容を伴っているのか。具体的に今、市長が考えて、今年度実施しようということについてお尋ねをいたします。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  まず、地位協定の点についてお答えします。

 市としてこれまでどのような要望を行ってるか、どういう活動をしているかということでございますが、これは長年にわたって、市独自でもありますが、県を通じて渉外知事会から要望を上げたり、さまざまな機会をとらえて改定等に向けた要望活動を行っております。具体的には多岐にわたっております。例えば、地位協定の条文でいいますと3条関係で、演習訓練の活動において、国内の環境法令等を遵守することを明記せよとか、あるいは4条で、返還時の環境浄化に当たって日米両国政府が責任もって対処することを明記することとか、各条文にわたって、多岐にわたって要望しております。特に、17条の被疑者の拘禁移転の問題とか、あるいは18条関係の公務外の事件等は、全国でもかなりメジャーな話題になりましてそこばかり取り上げられますが、多岐にわたって要望しております。

 地位協定については、これまで一般質問がいろいろございましたときに御説明しておりますけれど、締結されて50年以上も見直しが行われていないということもあります。

 それから、平成21年の連立政権の政策合意においても改定を提起することが盛り込まれたという状況もありまして、やはり基地をめぐる諸問題の解決を図るためには、地位協定の改定というのが大変重要なことであります。今後とも基地の運用に当たって国民の理解を得るということが非常に重要であり、これには地位協定の改定が一番効果的ではないかという考えのもとで、今後もあらゆる機会、あらゆるレベルで、特に外務省、防衛省に向けて要望していきたいというふうに考えております。



◎市長(福田良彦君)  「子育て家庭が夢を持って、育てる幸せを実感できる環境づくり」と、「子供たちが希望を持って生き生きと育つ環境づくり」を、先ほど壇上でお話しさせてもらいました。

 いわゆる子育てというのは、地域を上げて、地域で子供たちを宝として育てていく、そういった環境づくりをイメージしておりますが、まず、これまでやってきておりますこども医療費助成事業も継続していく事業の一つでありますし、昨年から始めております子宮頸がんワクチン、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、これもしっかりと継続していく思いを持っております。

 さらに、学校耐震化も今、計画的にその耐震工事を進めております。

 さらに、子供たちが生き生きとたくましく地域で、また学校で思い切って伸び伸びと育っていくためにはそういった環境整備も必要であります。文化的な要素、さらにはスポーツ面もそうでありますが、そういったいろんな可能性、こういったものをしっかりと整える、そういったことを思っております。

 また、子供たちにはいろんな文化的なことを――一つ取り上げてみれば、本市には先ほど申し上げましたが、すばらしい文化、芸術、歴史があります。そういったこともしっかりと学んでいただいて、郷土愛をもってして、また、感受性豊かな子供に育っていただいて、世界にも飛躍できるよう、子供たちにいろんなきっかけを、機会を与えていきたいというふうに思っております。これはもちろん教育委員会、またいろんな文化関係団体、スポーツ関係団体ともいろんなところで取り組みを密にしていきたいというふうにも思っております。

 トータル的には、やはり子供を産む前から、そして子供が育つ段階において、しっかりとソフト、ハードともにいろんな施策を講じてまいりたいというふうに思っているところでございます。

 また、これまで要望のございました学校施設空調設備につきましても、新年度からしっかりと取り組んでいきたいというふうに考えております。



◆30番(大西明子君)  日米地位協定の見直しの中で聞きたいのは、例えば18条の公務外の事件、これは岩国市で実際に起きておりますし、こういった問題について今、見直しと運用の改善を働きかけてまいりたいと施政方針で掲げられたわけですが、こういう事件が起きたときに、市としてやはり何らかのアクションを起こす、そういうことに対して行動しなきゃいけないというふうに私は思ったんですが、この牛野谷の恩田さんの件について何のアクションも起こしてないというふうに私は認識してるんですが、起こしておられるんでしたらそれを知らせていただきたいと思います。

 それから、「子育て家庭が夢を持って、育てる幸せを実感できる環境づくり」、これは今まで市長がやられてきたことを今述べられたんですけれども、この不況の中で本当に収入が減って、共働きもしなきゃいけないし、働きたくても働けないという人たちのための施策だとか、「子供たちが希望を持って生き生きと育つ環境づくり」、これは政府が図書館の職員の予算についても新しく出しているわけです。だけど、この予算には全然反映していない。これは一般質問で私もお聞きしたいと、要望を届けたいと思うんですが、国が学校司書の職員を増員しなさいという予算をつけても入ってない。こういう問題もあるんですが、それは新しく国が出した予算について岩国市が具体的にどうしていくかということが全然話されていなかったのか、これは該当しないから入れてないのか、その点についてお尋ねいたします。



◎市長(福田良彦君)  まず、日米地位協定の運用改善については、今回一部運用が見直されましたけれど、その際私も、この2区から選出の平岡代議士は当時法務大臣であられましたので、そういった地域の方々の声といいますか、私も直接何とかならないであろうかということをお話しさせてもらいましたが、時の大臣のほうからはいろんな説明がされましたけれど、難しいという結論の回答をいただきました。だとすれば、そういった所管をされる方でございますので、何とか地元の問題として対策といいますか、対応がなされるだろうという思いを込めて、これは皆さん方と同じ思いであろうかと思いましたので、そういったお話もすぐに行動として起こしたわけでございます。しかしながら、なかなか難しいということでありますが、しかしながらあきらめることなく、基地を抱える岩国市でありますし、ほかの関係自治体とも連携を密にしながらしっかりと外務省なり関係機関に訴えて、しっかりと運用見直し、またそういった抜本的見直しについて粘り強く要請をしていきたいといった思いはしっかりと持っております。(「答弁漏れ」と呼ぶ者あり)



◎教育次長(前川冨美男君)  図書館の件につきましてお答えいたします。

 地方交付税措置ということで150億円の交付税措置をしていただいたことは新聞紙上で十分理解をしているところでございますが、これは一般財源ということで特定財源ではございませんので、この図書館の活動推進につきましては、十分有効性についても理解をしておりますので、今まで単独で5名をつけさせていただいておりましたが、5名につきましても継続してつけると。12月以降の発表でございますので、新年度には当然予算化はされておりません。よろしくお願いします。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  子育て家庭への支援、経済的に困っておられる方々等の支援というのは子育てにも影響してくるんではないかというような御質問であったと思いますが、先ほど市長が答弁いたしましたように、そういった家庭の方々に少しでも力になるようにという形でのワクチンの関係もそうですし、医療費の無料化もそうですし、そうした直接的なものがなくても側面的な支援を行っているところでございます。また、直接的な、資金的な支援ではなく、子供を産み育てることに対しての喜びというのを感じていただけるものといたしましては、先ほど言いましたけど直接的な支援ではございませんけど、中学校の給食センターの設置や子供たちの放課後保育などにより、そうした方々がみずからの時間を確保することにもつながります。そうした形で保護者の方々が時間を得ることによって、またそこに新たな生きがいとかというのを感じていただけるような側面的な支援の施策は講じているところでございます。



◆31番(藤重建治君)  市長の施政方針について、二、三質疑を行わせていただきます。

 2ページ目の米軍再編関係でございますが、9行目あたりから、「今後も、引き続き、安心・安全対策、地域振興策について国と協議し、地域の実情に合った新たな制度や対策が構築できるよう努力してまいります」と述べられました。そうした中で、これまでもいろいろと本当に前向きに国と粘り強く交渉してこられて、安心・安全対策は本当にすばらしい、一定の成果も上がってきておるわけでございますが、地域の実情に合った新たな制度や対策という部分で、どのようなものを現時点でお考えなのか。また、その中で我々基地議連の中でも、沖縄振興特別措置法というものを折に触れ、国に対しても求めているところでございますが、そうした岩国地域振興特別措置法的なものもぜひ考えていただければなと思っておるところでございますが、そういうものが新たな制度や対策というところに含まれておられるかどうか。ちょっとお尋ねいたします。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  地域の実情に合った新たな制度や対策についてでございますが、御承知のように昨今、住民のニーズというものが多様化しております。特に基地対策と言われる制度、例えば道路とか地域の基盤改良とか、いろんな財政支出もありますので、そうした基地対策に係る市の負担といったものは当然国において措置されるものであると、ざっくりいいますとそういう感覚を持って新たな制度、あるいは地域の実情に合った対策がちゃんと自治体のほうでとれるように、基地があるための新たな市の財政負担がないようなものを考えていきたいということでございます。当然そういった新たな制度の中には、議員が今御発言されましたようなものは想定はしておりますが、具体的に来年度にこういったものをぶつけていこうということは今まさに内部で検討しておりますので、今の段階で明確にこうだという具体的なことはお答えできませんが、心構えとしてはそういった気持ちであるということでございます。



◆31番(藤重建治君)  ただいま担当部長のほうから説明がございましたが、沖縄県、そして我が岩国市についてスポット的に考えてみるといいますか、沖縄県にも幾つかの自治体の中にそれぞれの基地が分散しておるわけでございますが、基地を有する自治体として考えたときに、迷惑度とか安心・安全対策について喫緊の多くの課題を持っておるのは沖縄と一向に変わりはないと思っております。そうした中で地域特性に対応し、効果のある施策が実施できるよう財政措置あるいは税制優遇、規制緩和等々の内容を踏まえた岩国基地周辺自治体独自の地域振興策に係る特別措置法は、ぜひともしっかりと国に対しても――ハードルは高いと思うわけでございますが、高いがゆえに継続的に訴えていただきたいと思うわけでございます。ちょうど新たな制度や対策が構築できるよう努力してまいるということでございますので、ひとつ市長のお考えもいただければと思いますが、いかがでしょうか。



◎市長(福田良彦君)  沖縄の実情につきまして私も承知をしております。沖縄の場合は県の全体にわたって、いろんな自治体をまたいで、普天間や嘉手納とかいろいろな基地が分散しておりますが、山口県でも岩国市という自治体に基地があるわけでありまして、その中でもちろん県の協力も得ながら新しい制度の構築について、議員がおっしゃるような趣旨ももちろん想定はしております。その中で市とすればこれまで、特に住宅防音工事の拡充については、これは告示後住宅でありますけど、新しい枠組みの中で予算化もされて、制度も構築されました。さらに、基地内の工事の発注についても、地域評価型という新しい制度も構築できております。これにさらにもっと地元の声を反映していく、今の新しい制度をさらに進化をさせていくためにも、しっかりと国との折衝をしてまいりたいというふうに思っております。今後ももちろん、さらなる住宅防音工事の拡充なり、また店舗、商店、事務所等に対象を広げていくことも粘り強く交渉してまいりたいというふうに思っております。いずれにいたしましても、市民の皆さん方のいろんな不安を払拭できるようにいろんな新しい制度といったものをこちらからいろいろ考えて提案しながら、それを引き出してまいりたいというふうに思っておりますので、またいろんな御意見をぜひ賜りたく、よろしくお願いいたします。



◆18番(細見正行君)  ただいまの市長の施政方針の中の5ページ、4番の「地域の歴史・文化や伝統を生かした地域振興のまちづくり」の項に関連してお尋ねいたしますが、市長は今回の選挙戦で、後援会パンフレットやチラシでは、スポーツ・文化に親しめるまちづくりといいますか、その中で文化・芸術創造都市宣言で文化の振興を図ると書いてありましたが、その都市宣言は来年度の計画ではどのようになっているのか、まずお尋ねいたします。

 それと、予算の大綱についての2ページ、「自衛隊や米軍基地の施設の固定資産などをもとに算定される国有提供施設等所在市助成交付金は、前年度と同様の16億6,200万円」と明記してありますが、これに関しては愛宕山の用地の売却は含まれているのか。含まれておらなければ、起算する日にちはいつなのか、お尋ねいたします。



◎市長(福田良彦君)  先ほど「地域の歴史・文化や伝統を生かした地域振興のまちづくり」ということでお話をさせていただきました。選挙中もそういった文化・芸術創造都市宣言を提唱していきたいという構想をお話をさせていただいた経緯もございます。細見議員御承知のように、岩国市では文化団体初め、さまざまなところで活躍されておられる方々がたくさんおられるわけでありまして、日ごろそういった方々のすごい熱意といいますか、エネルギーに接しますときに、これをもってして地域のまちづくり、そして人づくりをすれば、この岩国はさらに元気になるんじゃないかなという、そういったヒントを得ながら日々過ごしておりました。そんな中で、もちろん守ってこられたいろんな伝統とか文化、歴史はしっかりと守りながらも、さらに時代に即した新しい要素も加えながら日々変化していくものだというふうに私は思っております。そういった中で、さらにそこに観光面が加わったり、地域の活性化につながっていくことがやはり一番理想じゃないかなという思いで、今回そういった構想を抱かせていただいておりますが、具体的にいつというところまではまだ詰めておりません。そういった宣言なるものは、あくまでシンボルといいますか、皆さんの思いを結集するものでありますので、そこから本市の文化づくり、芸術づくりのビジョンというものもあわせてお示しをしなくてはなりませんので、もうしばらくその構想を練るために時間をちょうだいできればなというふうに思っております。どうぞよろしくお願いいたします。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  いわゆる基地交付金についてお答えします。

 基地交付金は、当該年度の3月31日でカウントいたします。その段階で米側に提供された財産が対象となりますので、愛宕山につきましては、御承知のようにまだ国と売買契約を結んでおりません。ましてや米側に提供するということもなされておりませんので、対象には入っておりません。



◆18番(細見正行君)  まちづくりの件について3番目の「支え合い、地域で安心して暮らせるまちづくり」ではスピード感を持って取り組んでまいりたいと締めてありますので、今市長に御答弁いただいた文化・芸術創造都市宣言もいち早く宣言をして、条例、基本構想、都市計画、また審議会の設定などにぜひ早いうちに取り組んでいただければと思っております。そういった条例、基本構想の策定の今後の計画等をお答えいただければというふうに思っております。

 もう一点、先ほどの再編交付金の件ですが、3月31日が基準日となるというような御答弁でありましたが、このまま愛宕山をずっと売却しない場合は、再編交付金等への影響を及ぼすことはないのか、お尋ねいたします。



◎基地政策担当部長(村田光洋君)  先ほどは再編交付金ではなくて基地交付金についてお答えしましたが、再編交付金の影響等につきましては愛宕山の動向で再編交付金――特別措置法の中身を言いますと、再編交付金のカウントには提供する面積点数というのがありますので、提供する面積がふえれば当然再編交付金の増額ということも計算上は可能でございますが、今の段階で新たな再編交付金はどれだけになるとか、それがいつかとかということは、具体的に承知しておりません。

 それから、今支給されるのは総額で約134億円と見積もっておりますが、これに影響があるかどうかということにつきましても具体的に承知しておりません。



◎市長(福田良彦君)  先ほども若干御答弁させてもらいましたが、岩国市民憲章にもあるように、「守りたいもの それは 豊かで美しい自然」、そして「伝えたいもの それは 歴史や伝統 文化の薫り」とうたわれております。その中で本市のさまざまな文化、伝統、歴史、自然といったものをしっかりともう一度、皆さん方と一緒に精査しながら、そして、それを後世に伝えて地域づくりを、また人づくりをしていきたい。そのシンボルとしての文化・芸術創造都市宣言なるものをスピードを上げてこれから構築していきたいと思っています。その過程におきましては、もちろんいろんな文化団体、また議員からもいろんな御提言を賜りながらつくってまいりたいというふうに考えております。これからスピードを上げて考えてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  ほかに。



◆10番(石本崇君)  教育費の件で質疑をさせていただきます。

 御承知のとおり学習指導要領の改訂に伴い、来年度から中学校で武道の必修化ということで、本市はたしか柔道が行われるということで、柔道は、個人的にも大変いいなとは思うんですが、安全面を危惧される声が多くございます。また、全国的に見ても被害者の会が結成されるなど、非常にそういった側面で心配な点もございます。では、本市におかれましては、そういったことを踏まえながらどのような安全的な配慮がなされるのか、そこらあたりをまずはお示しください。



◎教育次長(前川冨美男君)  安全対策につきましては、管理面と指導面ということがあると思いますが、指導面は教育長が得意でございますので、後にお話をさせていただければと思います。管理面につきましては、さきの市議会でも御報告いたしましたが、ゴムのストッパーをつけた畳を使うであるとか、一応胴着についてもすべて確認をして、古いものについてはかえていくということで、十分管理面の安全性については徹底をしていきたいと。

 万が一、けがが発生をした場合につきましては、学校ごとに緊急連絡体制をしっかりと確認をする、あるいは健康管理もきちっとする中で、不適切な挑戦などを子供たちがしないように指導していきたいというふうに考えております。よろしくお願いします。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  議員がおっしゃいました柔道の安全指導についてでございますが、この件につきましては、先般も県教委の担当の方も来られまして一緒に協議したところでございまして、私どもとしましては、安全指導については殊のほか重要な課題であるというふうに認識しております。具体的には指導者の講習会を頻繁に行うとか、あるいは地域の有段者等々の外部指導者を活用して、柔道のよさを生かす中での安全指導ということで指導してまいりたいというふうに考えておりますので、どうかよろしくお願いいたします。



◆10番(石本崇君)  先ほど御答弁がありましたとおり、安全性については格段の配慮をしていただきたいと思います。私も少し柔道をかじっておりましたのでよくわかるんですが、指導、講習会等々で学んだぐらいではなかなか難しい、厳しい側面もある。そこで、外部指導ということでございますが、ぜひともそこら方面は地元の柔道協会あるいは警察官、自衛官、また、この議会の中にも柔道の有段者がおりますし、市長も柔道の有段者だと聞いておりますし、いろいろな人材がいると思っておりますので、そこらあたりもよく話をしていただいて、けがのないように、事故のないように本当に武道のよさを生徒にきちっと指導してほしいと思います。

 また、これは国のほうからの申し入れでございますので、安全はお金にかえられませんので、危険だな、危ないな、不足しているなと思えば、遠慮なく予算を要望して、しっかりとそこらあたりに配慮していただきたいと思いますが、いかがでありましょうか。



◎教育次長(前川冨美男君)  今の石本議員御指摘のことは十分注意をして、柔道協会等々も含めた指導のあり方、あるいはまた予算についてはしっかり検討してまいりたいというふうに思っておりますのでよろしくお願いします。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本14議案は委員会において審査していただくことにして、議案第16号は総務常任委員会に、議案第17号、18号、19号、以上3議案は教育民生常任委員会に、議案第20号、21号、22号、23号、27号、28号、以上6議案は建設常任委員会に、議案第24号、25号、26号、以上3議案は経済常任委員会にそれぞれ付託いたします。

 なお、議案第15号 平成24年度岩国市一般会計予算につきましては、その所管分を各常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第10議案第29号平成24年度岩国市交通事業会計予算



○議長(松本久次君)  日程第10 議案第29号 平成24年度岩国市交通事業会計予算を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(浦前宏君)  議案第29号 平成24年度岩国市交通事業会計予算について御説明します。

 岩国市におきましては、岩国医療センターの新築移転、岩国錦帯橋空港の開港等、町が大きく、飛躍的に変わろうとしております。

 これまでも、本市のバス事業は、地域に密着した主要な交通手段として、また、まちづくりに資する公共交通機関として大きな役割を担ってまいりましたが、今後におきましては、新たなまちづくりに向け、さらにその役割が増大するものと考えております。

 バス事業は、交通手段の変化や少子高齢化の進展に加え、長引く景気の低迷等により、毎年、利用者が減少し、加えて燃料費の高騰等により、大変厳しい経営環境を強いられております。

 平成24年度は、そうした中にありましても、交通局といたしましては、各バス事業者と協力して、交通弱者はもとより、市民の日常生活に必要不可欠な交通手段として、バス輸送サービスの提供を継続していくとともに、岩国の変化にしっかりと対応した輸送体制の構築に努めてまいります。

 それでは、具体的に予算の内容について御説明します。

 まず、第2条の業務の予定量につきましては、車両数は乗り合い33両、貸し切り3両、合わせて36両といたしております。

 走行キロにつきましては、乗り合いは79万2,000キロメートルを、貸し切りは17万1,000キロメートルをそれぞれ見込んでおります。

 輸送人員につきましては、乗り合いは116万2,000人を、貸し切りは5万人をそれぞれ見込んでおります。

 建設改良費につきましては、総額で100万円を計上しておりますが、詳細は、後ほど資本的収入及び支出の項目で御説明いたします。

 次に、第3条の収益的収入及び支出についてですが、これは、別添「平成24年度交通事業会計予算総括表」により御説明いたします。

 収入につきましては、乗合収入は2億1,500万円を計上しております。

 前年度に引き続き、一般路線バスの一部をいわくにバス株式会社に移管することにより、一般乗り合い収入は1億4,090万円を、また一般会計からの高齢者・障害者の優待乗車に対する繰入金は7,410万円を見込んでおります。

 また、貸切収入は、スクールバス等の収入として前年度と同額の7,900万円を予定しております。

 運送雑収益は、784万5,000円の収入を予定しております。

 営業外収益は、他会計補助金として1億4,586万9,000円、保険賠償金として540万円、預金利息として70万円、県補助金として50万円、その他雑収益として1,125万3,000円等を見込んでおります。

 次に、支出につきましては、職員給与費は、職員数の減少があるものの、退職給与金の支出により前年度に対し2,447万4,000円増加の3億9,569万6,000円、燃料油脂費は3,361万2,000円、車両修繕費は2,224万円、減価償却費は2,419万2,000円、諸経費は運行委託している路線の一部をいわくにバス株式会社に移管することにより、委託料等が前年度に対し3,222万8,000円減少いたしまして、1億8万6,000円を計上しております。

 そのほか営業外費用として、納付すべき消費税の見込み額等を計上しております。

 以上、収益的収支は、収入総額4億6,557万円に対し、支出総額が5億8,574万円となり、収支差し引き額は税込み額で1億2,017万円の赤字となる見込みであります。

 続きまして、第4条の資本的収入及び支出についてですが、収入につきましては、建設改良費の財源として、県補助金458万7,000円、いわくにバス株式会社へのバス9両等の売却代金として、固定資産売却代金634万4,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、建設改良費は、バス待合所上屋の建設の事業費として100万円を計上いたしております。

 以上、御説明しましたことは、平成24年度岩国市交通事業会計予算の第1条から第8条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、平成24年度岩国市交通事業会計予算説明書に記載いたしております。

 以上で、議案第29号 平成24年度岩国市交通事業会計予算についての説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆18番(細見正行君)  ただいま御説明を受けましたが、ちょっと論旨が少しちぐはぐじゃないかなと思っておりますが、新たなまちづくりに向け、さらにその役割が増大するものと考えておられる割には、今回も補正にありますように貸し切りが5,000人減少の5万人――やはり去年は震災とかいろいろあったりして、ここにも書いてありますけど、役割がふえる割には目標設定が甘いというふうに考えますが、その辺はいかがお考えでしょうか。

 それと2ページの建設改良費、バス待合所上屋の建設の事業費として100万円を計上してあります。今回の補正予算でバス待合所の上屋の建設を控えさせていただきますと明記して、同じ議会の片一方では計上してある、その理由についてお示しください。



◎交通局長(浦前宏君)  まず、第1点目の貸し切りの見込みについての御質問でございますが、23年度から一般貸し切りについては大半をいわくにバスへ譲渡いたしております。それで、交通局のほうで貸し切りを担っておりますのは、スクールバスが大半でございまして、23年度も貸し切りにつきましては、減額の補正をお願いいたしておりますが、少子高齢化の影響等で、これまでスクールバスであったものが、生徒の減少によりましてジャンボタクシーにかわると、そういったところでございます。24年度につきましては、大きな変更はないようでございますので、23年度の補正後の額を計上させていただいておるところでございます。

 それと、2点目のバス待合所上屋の建設についてのお尋ねでございますが、御指摘のとおり、補正予算で落としましてまた当初予算で組んでおるわけでございますが、23年度は2カ所予定しておったわけでございますが、全国公営交通事業協会というのがございまして、宝くじの関係でバス停小屋の寄贈を受けましたので、自前で建設するのを控えさせていただいたといった経緯がございます。

 24年度につきましても、できれば宝くじでの寄贈をお願いはしておるわけでございますが、これは全国で競争率が厳しいものですから、見込みが今時点でわからないものですから、一応予算では自前での計上をさせていただいておるといった状況でございます。



◆18番(細見正行君)  景気の動向とか、スクールバスは少子高齢化――少子化には関係あるんですけど、高齢化には余り関係のないような気がいたします。また、景気の動向についても、先ほど市長の施政方針の中では、長引く景気の低迷とは違っているわけです。景気の動向については持ち直し傾向であるというようなこともありましたし、いずれにいたしましても、バス事業の重要性というのはうたわれております。

 スクールバスも新会社へ移行されておるということで、関連してお尋ねしますが、5年を目途に交通局の廃止をされるということで、少しずつ移管されておられます。その進捗状況はいかがか、お答えください。



◎交通局長(浦前宏君)  ただいまの議員の質問ですが、スクールバスについては交通局がやっております。いわくにバスへは移管いたしておりませんので、申し添えさせていただきます。

 それと、民営化のお尋ねでございますが、御案内のように交通局の廃止時期につきましては、平成21年3月の市議会定例会におきまして、難しい面もあるが5年をめどに努力するといった旨の御答弁を申し上げておるところでございまして、いわくにバスが平成22年4月から運行開始いたしまして、およそ2年を経過するところでございます。

 それで、今は共同運行という形になろうかと思いますが、およそ半々――ちょっといわくにバスのほうがもう多くなっておるところもありますが、およそのめどとして半々といったところでございます。

 それで、交通局の縮小、廃止につきましては、粛々と今行っておるところでございますが、いわくにバスの運行状況――一遍にやりましてバスがとまるようではいけませんので、その運行状況を見きわめながらといった面もございまして、今時点で何年となかなか申し上げにくいところがあるのは大変恐縮でございますが、ただ、急ぐ必要があるといったことは我々も十分認識しておりまして、当初に御答弁申し上げた方向で、基本的には努力しておるところでございます。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第11議案第30号平成24年度岩国市水道事業会計予算

        議案第31号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算 



○議長(松本久次君)  日程第11 議案第30号 平成24年度岩国市水道事業会計予算及び議案第31号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算、以上2議案を一括議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第30号 平成24年度岩国市水道事業会計予算について御説明いたします。

 水道事業では、全国各地で頻発している地震や台風などの自然災害に対応し、安全かつ安定した給水を確保するため、老朽化が進んでいる水道施設や配水管等の更新及び耐震化事業を積極的に推進するとともに、現在実施しております給水区域拡大事業や簡易水道統合事業などにより水道普及率の向上に努めてまいります。

 なお、簡易水道統合事業につきましては、由西簡易水道、美和簡易水道及び秋掛簡易水道を水道事業に統合する作業と、平成28年度までに統合する簡易水道施設の耐震化計画を定める基本計画の策定を行います。

 また、大竹市と締結した水道用水緊急応援協定に基づき、現在国土交通省によりかけかえ工事が行われている栄橋に、新たに連絡管を設置するための設計費を計上するとともに、三井化学株式会社からの寄附金により災害用給水車1台の購入を予定しております。

 業務の予定量につきましては、年間総給水量を1,458万4,140立方メートル、給水戸数5万4,310戸を見込んでおります。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成24年度岩国市水道事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、高森南簡易水道の統合などによる給水量の増加を見込み、給水収益は、前年度に対し3,875万8,000円増の16億5,151万5,000円を見込んでおります。そのほかの収入につきましては、受託工事収益を194万6,000円、その他営業収益を3,242万5,000円、雑収益等を1億5,451万円及び消費税還付金を1,124万9,000円とし、収入総額18億5,164万5,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費等を6億6,798万8,000円、修繕費、動力費、薬品費、その他諸経費等の維持管理費を6億324万5,000円及び支払い利息、減価償却費等を5億3,799万2,000円計上し、支出総額は、18億922万5,000円となります。

 したがいまして、収支差し引き4,242万円の当年度利益となる見込みであります。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、固定資産売却代金を1万円、企業債を5億9,400万円、国庫補助金を1億8,135万円、工事負担金を1億818万2,000円、他会計補助金を608万1,000円、他会計出資金を1億530万円及び寄附金を1,000万円とし、収入総額10億492万3,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、高所地区配水管等改良事業費を2,913万4,000円、配水施設整備事業費を4億75万円、由宇地区給水事業費を1億6万7,000円、浄水施設整備事業費を3億4,860万3,000円、藤河・御庄地区給水区域拡大事業費を4億2,956万6,000円、水道施設耐震化事業費を1億3,275万9,000円、水質検査機器整備事業費を1,102万9,000円及び改良費を3,502万7,000円とし、普及率の向上と安全安定給水の確立を図る事業費を計上しております。

 そのほか、企業債償還金等を2億3,457万3,000円として、支出総額は、17億2,150万8,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額7億1,658万5,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額5,370万5,000円、建設改良積立金7,500万円、過年度分損益勘定留保資金4億4,456万3,000円及び当年度分損益勘定留保資金1億4,331万7,000円で補てんするものであります。

 また、簡易水道統合事業や給水区域拡大事業などによる大幅な業務量増加と人員不足に対応するため、水道料金等徴収業務を平成25年度から委託することに伴い、債務負担行為に平成28年度までの期間で、限度額4億3,000万円を設定しております。

 以上御説明しましたことは、平成24年度岩国市水道事業会計予算の第1条から第11条までに定めており、予算の詳細は、別冊の平成24年度岩国市水道事業会計予算説明書に記載しております。

 引き続き、議案第31号 平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算について御説明いたします。

 業務の予定量につきましては、日本製紙クレシア株式会社岩国工場が本年9月末で生産設備を停止する予定であることから、給水量の減量を見込み、年間総給水量を726万9,370立方メートルとしております。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 第3表の収益的収支の収入につきましては、給水収益を1億5,418万3,000円、受託工事収益を50万円及び雑収益等を792万8,000円とし、収入総額1億6,261万1,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費等を6,227万4,000円、修繕費、動力費、その他諸経費等の維持管理費を3,597万1,000円、支払い利息、減価償却費等を5,603万5,000円及び消費税155万8,000円を計上し、支出総額は、1億5,583万8,000円となります。

 したがいまして、収支差し引き677万3,000円の当年度利益となる見込みであります。

 次に、第4表の資本的収支の収入はなく、支出につきましては、改良費を9,450万円及び企業債償還金等を1,906万3,000円計上し、支出総額は、1億1,356万3,000円となります。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億1,356万3,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額450万円、減債積立金1,896万3,000円及び過年度分損益勘定留保資金9,010万円で補てんするものであります。

 以上御説明しましたことは、平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算の第1条から第8条までに定めており、予算の詳細は、別冊の平成24年度岩国市工業用水道事業会計予算説明書に記載しております。

 以上をもちまして、議案第30号及び議案第31号の概要についての説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本2議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本2議案は委員会において審査していただくことにして、2議案とも建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第12議案第32号平成24年度岩国市病院事業会計予算



○議長(松本久次君)  日程第12 議案第32号 平成24年度岩国市病院事業会計予算を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎地域医療担当部長(村岡一男君)  議案第32号 平成24年度岩国市病院事業会計予算について御説明いたします。

 業務の予定量としましては、年間患者予定数を入院3万5,587人、外来6万800人、1日平均患者予定数を入院97人、外来252人と見込んでおります。

 以下、事業収支につきましては、別添の平成24年度岩国市病院事業会計予算総括表によって御説明いたします。

 第1表の収益的収支の収入につきましては、入院収益を前年度に対し104万2,000円増の6億8,497万3,000円、外来収益を前年度に対し1,195万2,000円増の6億2,706万円見込んでおります。他会計補助金の内訳は、一般会計繰入金を1億1,417万1,000円、診療所の国保会計繰入金を220万円とし、そのほかの収入につきましては、その他の医業収益を1億5,019万9,000円、患者外給食収益を146万5,000円及びその他の医業外収益を211万8,000円とし、収入総額15億8,232万6,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、給与費、材料費及び経費を15億1,158万7,000円計上しており、構成比率95.5%を占めております。現金支出を伴わない減価償却費及び資産減耗費を5,105万4,000円、支払い利息を395万7,000円、研究研修費等を1,572万8,000円計上し、支出総額は、収入総額と同額の15億8,232万6,000円を計上しております。

 次に、第2表の資本的収支の収入につきましては、地方公営企業繰り出し基準による一般会計出資金を5,387万4,000円、医療機器購入国庫補助金として国保会計繰入金を4,804万5,000円とし、収入総額1億191万9,000円を計上しております。

 また、支出につきましては、医療器械等の購入費を9,740万1,000円、企業債償還金を4,393万3,000円とし、支出総額は、1億4,133万6,000円を計上しております。

 なお、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額3,941万7,000円は、当年度分消費税資本的収支調整額462万6,000円及び過年度分損益勘定留保資金3,479万1,000円で補てんするものでございます。

 以上御説明いたしましたことは、平成24年度岩国市病院事業会計予算の第1条から第8条までにそれぞれ定めており、予算の詳細は、別冊の平成24年度岩国市病院事業会計予算説明書に記載しております。

 以上で、平成24年度岩国市病院事業会計予算についての説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第13議案第33号岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについて



○議長(松本久次君)  日程第13 議案第33号 岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第33号 岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについて御説明いたします。

 岩国市名誉市民につきましては、平成23年9月議会において条例の議決をいただき、当該条例の第3条第1項において、議会の同意を得て選定することと規定をしております。

 名誉市民の選定に当たっては、称号を贈るにふさわしいと思われる方について、推薦、要望等があった場合には、市内の有識者を委員とする「岩国市名誉市民について意見を聞く会」から提言をいただいた後、議会の同意を得ることとしております。

 このたび、市内の5団体から推薦をいただきました数学者の廣中平祐先生について、本年2月6日に「岩国市名誉市民について意見を聞く会」を開催し、同日付で、同会の会長から、私、市長に対し、廣中平祐先生が名誉市民の称号を贈るにふさわしい旨の提言をいただいたところでございます。

 廣中平祐先生は、代数幾何学の研究をされる中で、昭和39年に発表された論文が数学史上において画期的なものと世界的に高く評価され、この研究により数学に関する賞では世界で最高の権威を有するフィールズ賞を昭和45年に受賞されました。

 また、昭和50年にはその功績が認められ、44歳の若さで文化勲章を受章されておられます。

 さらに、先生は、コロンビア大学、ハーバード大学、京都大学の教授や山口大学学長などの要職を歴任されるとともに、若い世代に対する数学教育にも積極的に取り組んでおられ、昭和55年から高校生や大学生を対象として開催されている「数理の翼夏季セミナー」や、平成4年から小学生を対象として開催されている「算数オリンピック」は先生が中心となって始められたものでございます。

 このように、世界的な数学者であり教育者である先生の功績はまことに大であり、岩国市民の誇りでもあります。

 よって、敬愛と尊敬の意をもって、廣中先生に岩国市名誉市民の称号を贈るため、提案するものでございます。

 先生の履歴につきましては、お手元に配付しておりますとおりでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本議案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本議案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本議案は原案のとおり可決されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第14議案第34号岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについて



○議長(松本久次君)  日程第14 議案第34号 岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎市長(福田良彦君)  議案第34号 岩国市名誉市民の選定につき、議会の同意を得るについて御説明いたします。

 本議案は、議案第33号と同様に、岩国市名誉市民について、議会の同意を得るものでございます。

 このたび、市内の4団体から名誉市民の推薦をいただきました彫刻家の澄川喜一先生について、本年2月6日に「岩国市名誉市民について意見を聞く会」を開催し、同日付で、同会の会長から、私、市長に対し、澄川喜一先生が名誉市民の称号を贈るにふさわしい旨の提言をいただいたところでございます。

 澄川喜一先生は、高校生として岩国市で過ごされたときに、錦帯橋を初めとする岩国の文化に触れ、感銘を受けられたことから、錦帯橋が自分の芸術創作活動の原点であるとおっしゃっておられます。

 先生は、岩国工業高等学校を卒業後、東京藝術大学に進学され、本格的に彫刻を学ばれた後、東京藝術大学の教授や学部長、学長を歴任されるとともに、彫刻家として多くの作品を制作され、平櫛田中賞を初め数多くの賞を受賞されておられます。山口県庁前庭の中心モニュメント「鷺舞の譜」は昭和63年に第13回吉田五十八賞を受賞されています。また、平成20年には功績が認められ文化功労者として顕彰されています。

 先生は、現在も意欲的に彫刻家としての活動を続けられておられ、本年5月に開業予定の東京スカイツリーのデザイン監修も務められています。

 また、先生は岩国市と錦帯橋をこよなく愛され、全国各地での講演会などで岩国や錦帯橋のすばらしさを発信し続けていらっしゃいます。

 日本を代表する彫刻家であり、岩国市民と温かい交流を続けておられる先生の功績はまことに大であり、岩国市民の誇りでもあります。

 よって、敬愛と尊敬の意をもって、澄川先生に岩国市名誉市民の称号を贈るため、提案するものでございます。

 先生の履歴につきましては、お手元に配付しておりますとおりでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会付託を省略することにして御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本議案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ討論を終結し、これより採決に入ります。本議案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認めます。よって、本議案は原案のとおり可決されました。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第15議案第35号岩国市療育センター条例



○議長(松本久次君)  日程第15 議案第35号 岩国市療育センター条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第35号 岩国市療育センター条例について御説明します。

 本議案は、5月末に完成予定の岩国市療育センターの設置及び管理について、条例で定めるものです。

 本市におきましては、心身に障害のある児童やその障害が懸念される児童等の福祉の増進を図ることを目的として、平成19年4月から、岩国市医師会の御理解・御協力のもと、医師会病院内において療育センターを開設し、専門の医師やセラピストなどによる質の高い療育訓練や相談などを行っておりますが、開設以来、利用者数は増加の一途にあります。

 本条例は、療育相談や訓練機会の拡充を図るため、平成22年度から整備を開始しました岩国市療育センターが完成することに伴い、その設置及び管理について必要な事項を定めるものでございます。

 本施設は、専門的な訓練や相談を行うことができますよう、感覚統合訓練室等の療育訓練室や、診察室、相談室、検査室等の療育等相談室を備えております。

 それでは、条例案の概要につきまして、順を追って御説明します。

 本条例は11条からなるもので、第1条は、この条例の目的及び設置を、第2条から第5条までは、センターの名称及び位置、センターで行う事業、休館日、開館時間を、第6条から第8条までは、利用者の資格、利用の制限、損害賠償の義務を、第9条及び第10条は、指定管理者が管理を行うこととした場合の管理及び業務をそれぞれ定めており、第11条は、本条例の施行についての委任を定めております。

 なお、今後のスケジュールといたしましては、施設の完成後、設備、器具等の整備を行う必要があることから、平成24年7月1日から供用を開始することとしております。また、指定管理者の指定につきましては、本年6月議会で上程する予定としております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆14番(姫野敦子君)  お尋ねします。

 以前一般質問でも取り上げたことがあるのですが、この岩国療育センターの重要性にかんがみて、特に重度の子供たちがこのセンターに足を運び、療育及び集団の療育訓練等を受けるのは大変厳しいものがありまして、訪問の療育もぜひ実施してほしいといったことを以前お願いしたことがあるんですが、この条例案の中に、こういった機能が入っているものかどうかというところがうかがい知ることができませんが、いかがでしょうか。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  今回、上程をしておりますのは、設置、管理の条例ということでございます。今お話がありましたのは、事業の中身ということになろうかと思いますが、もちろん完成をしまして、供用開始の7月1日までの間にいろいろな諸準備は行っていきたいと思っております。

 また、言われましたように確かに重度の心身障害者への訓練という面で、まだまだ不足しているということのお話も伺っております。今後の課題として取り組んでいきたいと思っております。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査をしていただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第16議案第36号岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例及び岩国市消防団員

               等公務災害補償条例の一部を改正する条例 



○議長(松本久次君)  日程第16 議案第36号 岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例及び岩国市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(山塚静生君)  議案第36号 岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例及び岩国市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、国の制定した法律であります「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」が本年4月1日から施行されることに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、岩国市非常勤職員の公務災害補償等に関する条例第10条の2及び岩国市消防団員等公務災害補償条例第9条の2において引用しております障害者自立支援法第5条第13項が同条第12項に繰り上げられるため、条文の整備を行うものでございます。

 なお、本条例は平成24年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査をしていただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第17議案第37号岩国市人材育成基金条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第17 議案第37号 岩国市人材育成基金条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  議案第37号 岩国市人材育成基金条例の一部を改正する条例について御説明します。

 人材育成基金は、経済、教育、文化、福祉、環境、国際化等各分野において、市民主体の活力あるまちづくりに寄与する人材の育成を図るため設置し、管理運用をしているところであり、基金の平成22年度末残高は1億306万7,582円となっております。

 現在、この人材育成基金を活用することができる事業は、国、地方公共団体または公共的団体が主催する人材育成のための国内外での研修、講習、実習等に限定しております。

 他方で、本市では、人と人との助け合い、支え合いのきずなをつくるとともに、住みよい岩国を行政だけでなく、市民の力で実現していこうと、特定非営利活動法人を初めとした多くの市民活動団体が、営利を目的としない自主的な公益活動を行っておられるところでございます。

 今後、ますます多様化していく市民ニーズに対応していくには、各分野において意欲的に活動を行う市民活動団体と行政との協働関係の強化を今まで以上に推進していく必要があり、この基金を、人材育成のみならず、市民が主体となって実施するまちづくり活動の促進に効果的に活用していくことが重要であると考えております。

 本議案は、市民が主体となる活力あるまちづくりをさらに推進することができるよう、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、本条例の題名を「岩国市ひとづくり・まちづくり基金条例」に改正するとともに、第1条の本条例の設置目的に、現行の人材育成に加えて、市民による公益的かつ自主的なまちづくり活動の促進を追加する規定の整備を行うものです。

 なお、本条例は、平成24年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第18議案第38号岩国市税条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第18 議案第38号 岩国市税条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  議案第38号 岩国市税条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、「経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税等に関する暫定措置法の一部を改正する法律」「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」「地方税法の一部を改正する法律」等が施行されたことに伴い、規定の整備を行うため、提案するものです。

 これらの法律は、平成23年12月2日及び同月14日にそれぞれ公布され、同日から施行されております。

 それでは、本条例の改正内容について、参考に添付しております岩国市税条例改正の要旨に沿って御説明します。

 条例第54条は、地方税法施行規則の一部改正により、条項の繰り上げが行われたことに伴い、引用している条項の整備を行っております。

 条例第95条及び附則第16条の2は、法人実効税率の引き下げに伴う減収を調整するために、県たばこ税の一部を市たばこ税に移譲することに伴い、市たばこ税の税率を改正するもので、旧3級品以外の製造たばこ1,000本につき現行4,618円を5,262円に、旧3級品の製造たばこ1,000本につき現行2,190円を2,495円にすることとしております。

 なお、県たばこ税の税率が、同額引き下げられますので、トータルでの税額には変更ございません。

 条例附則第9条は、平成25年1月1日以降に支払われるべき退職手当等から、退職所得等に係る個人市民税の10%税額控除を廃止することに伴い、規定の整備を行うものです。

 条例附則第27条は、個人市民税における東日本大震災に係る雑損控除額等の特例について、規定の整備を行っております。

 条例附則第29条は、東日本大震災からの復興を図ることを目的として地方公共団体が実施する防災のための施策に要する費用の財源を確保するために、臨時の措置として平成26年度から平成35年度までの間に限り、個人市民税の均等割の標準税率が3,000円から3,500円に引き上げられたことに伴い、規定の整備を行うものです。

 最後に、改正附則第1条から第3条までは、この一部改正条例の施行期日等及び経過措置について規定したものです。

 なお、本条例は公布の日から施行するものとし、退職所得等に係る個人市民税の税額控除の廃止に関する部分は平成25年1月1日から、市たばこ税に関する規定は平成25年4月1日から施行することとしております。

 また、公布の日から施行することとした部分のうち、条例中に引用している条項の繰り上げに伴う条文の整備は、省令の施行に合わせ、平成23年12月2日から適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆28番(山田泰之君)  退職手当等から、退職所得等に係る個人市民税の10%税額控除の廃止を行うということですが、個人市民税と法人市民税の影響額がわかればお示しいただきたいと思います。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  確認をさせていただきますと、退職所得税率の10%税額控除の廃止に伴いますものと、個人住民税の――(「個人市民税と法人市民税」と呼ぶ者あり)個人市民税でよろしいでしょうか。(「個人市民税と法人市民税の影響額」と呼ぶ者あり)まず、退職手当の所得に関する個人市民税の10%税額控除を廃止することに伴います市の影響見込み額につきましては、700万円を推定しております。

 法人が――それとちょっとあれかもわかりませんけど、震災の関係で個人市民税均等割につきまして、3,000円から500円アップの3,500円に引き上げておりますが、これで影響する金額といたしましては、3,250万円を見込んでいるところでございます。(「わかりにくいんで、委員会でもう一度やりますので、それまでによく」と呼ぶ者あり)



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第19議案第39号岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第19 議案第39号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第39号 岩国市簡易水道条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本市におきましては、水道局による上水道及び市長部局による15地区の簡易水道等により水道の普及を図っているところでございます。

 本議案は、平成20年度に策定いたしました岩国市簡易水道事業統合計画に基づき、高森南簡易水道事業を水道局による水道事業に移管することに伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 改正の内容といたしましては、別表第1から別表第3までに規定する高森南簡易水道に係る部分を削除するものでございます。

 また、今後におきましては、本計画に基づき、平成28年度までの5年間で柱島3島を除く11の簡易水道を順次、水道事業に移管・統合する予定としております。

 なお、本条例の施行期日は本年4月1日からとし、高森南簡易水道の給水区域に係る水道料金については、施行日の直前の定例日、いわゆる検針日以後の使用に係るものについては岩国市水道条例の規定を適用し、同日前の使用に係るものについては簡易水道条例の規定を適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第20議案第40号岩国市簡易給水施設等条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第20 議案第40号 岩国市簡易給水施設等条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第40号 岩国市簡易給水施設等条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本市におきましては、水道事業及び簡易水道事業の適用を受けない地区の住民に清浄で衛生的な飲料水の供給を図り、生活環境を保全することを目的として、現在44の簡易給水施設及び飲料水供給施設を設置しております。

 本議案は、宇塚飲料水供給施設の供用開始に伴い、規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 宇塚飲料水供給施設の整備は、本郷町宇塚地区の住民に飲料水の供給を行うため、山口県において平成19年度から実施しているもので、平成24年3月末をもって整備が完了する見込みとなったことから、新たに条例に追加するものでございます。

 なお、本条例の施行期日につきましては、飲料水の供給が可能となる平成24年6月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第21議案第41号岩国市太陽の家条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第21 議案第41号 岩国市太陽の家条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第41号 岩国市太陽の家条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、平成22年12月10日に公布された「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」が本年4月1日に施行されること等に伴い、規定の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容としましては、現在、岩国市太陽の家で実施しております障害者自立支援法第5条第8項に規定する児童デイサービスが、児童福祉法第6条の2第2項に規定する児童発達支援に移行するため、条例第3条第1項及び第7条中に引用しております法律の名称等の整備を行うものです。

 また、第4条に規定しております利用定員につきましては、現在は1日当たり20人として、午前・午後の半日単位の利用形態でそれぞれ10人ずつを見込んだ利用定員を規定しておりますが、最近では、より利用しやすい1日単位での利用形態が定着していることから、実態に合わせて、1日当たりの利用定員を改正するものでございます。

 なお、本条例の施行期日は、法の施行に合わせ、本年4月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第22議案第42号岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第22 議案第42号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第42号 岩国市放課後児童の保育に関する条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、放課後児童教室の保育時間の延長に伴う保育料の額の改定等、規定の整備を行うため、提案するものです。

 それでは、改正の主な内容について御説明を申し上げます。

 現在、放課後児童教室の保育時間は、学校において授業が行われる日にあっては授業終了時から午後5時45分まで、土曜日、夏休み等の授業が行われない日にあっては午前8時30分から午後5時45分までの間で各教室の実情に応じて定めております。

 この保育時間について、保護者の就労形態の変化や時間延長の要望に対応するため、授業が行われる日にあっては授業終了時から午後6時までに、授業が行われない日にあっては午前8時から午後6時までに保育時間を延長するものでございます。

 また、この保育時間の延長に伴い、これまで一律月額2,000円としていた保育料につきまして、8月を除く月については月額2,500円に、夏休みのためほかの月と比較して保育の総時間数が多くなる8月については月額3,500円に改定することとしております。

 次に、国の制定した法律であります「障がい者制度改革推進本部等における検討を踏まえて障害保健福祉施策を見直すまでの間において障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律」の施行に伴い、条例第1条において引用しております児童福祉法第34条の7が第34条の8に繰り下げられますことから、条文の整備を行っております。

 次に、市が直営で保育業務を行っております神東放課後児童教室について、平成24年度から地元の団体に業務を委託することに伴い、条例から削除することとしております。

 最後に、周東若葉放課後児童教室につきましては、平成19年度から休室し、現在に至っております。この教室は高森小学校の校区を対象地域としておりますが、現在、この校区の児童は、高森小学校に隣接する周東中央放課後児童教室を利用しており、今後も周東若葉放課後児童教室の利用者が見込めないことから、廃止し、条例から削除するものでございます。

 この結果、市内における放課後児童教室の総数は31教室となり、その内訳は直営が29教室、委託が錦放課後児童教室及び神東放課後児童教室の2教室となります。

 なお、本条例の施行期日につきましては、保育時間及び保育料に係る改正規定については本年6月1日から、玖珂南放課後児童教室の位置に係る改正規定については公布の日から、第1条の法の施行に伴う改正規定並びに神東放課後児童教室及び周東若葉放課後児童教室の廃止に係る改正規定については本年4月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆29番(坪田恵子君)  延長保育は多くの保護者の要望で大変望ましいことだと思うんですが、夏休みと冬休みはこれまで2,000円だったのを、1,500円値上げして3,500円になるということですよね。これは保護者等の意見も聞いての改正というふうに考えてよろしいのでしょうか。

 それともう一点は、保育料以外におやつ代を徴収している教室もあると思いますが、そのおやつ代というのは平均してどれぐらいの徴収になるのか、お尋ねいたします。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  まず、おやつ代のほうからお答えを申し上げます。

 おやつ代につきましては、今は月1,000円ということで、別に徴収しております。これにつきましては今後も変わるものではございません。

 それから、最初の御質問ですが、今まで一律2,000円だったのを、今回2,500円と3,500円ということで提案させてもらっております。

 まず、この2,000円といいますのは、合併協議の際に、その当時一番低い金額でありましたところに合わせてやってきております。以来6年間を経過しておりますが、時間につきましても、従来から同じ制度ということでやってきておりましたが、要望等も強いものですから、今回、時間の延長と、それにあわせまして料金の改定をお願いしておるわけでございます。

 8月につきましては、20日間以上を1日ということで保育を行っております。そうしたことから、一応8月につきましては、ほかの月よりも若干高い金額を徴収させていただこうと。それ以外のところにつきましては、従来の2,000円から2,500円ということで提案をさせてもらっております。もちろん、施行期日は6月1日としておりますので、今から周知等に努めてまいりたいと思っております。



○議長(松本久次君)  利用者との協議はしたのかというのは。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  失礼しました。すべての利用者、代表の方ということで特に協議は行ってはおりませんが、以前から8月は保育時間が長いのになぜほかと一緒なのかとか、利用の形態によりましては、8月のみの利用というようなこともあります。そうした問い合わせといいますか、そういったことはありました。

 今後、6月1日の施行までにいろいろお話はさせていただきたいと思っております。周知を図って、ぜひこういう形で行っていきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。



◆29番(坪田恵子君)  保護者と十分話し合っているわけではないということなんですが、県内では無料のところもありますし、周防大島町は200円から1,000円というところもあって、個人的には保育料というのは徴収するべきではないというふうに思っているんです。

 もう一点、障害を持っている児童や4年生以上の児童を受け入れている教室は市内には何教室あるのか、お尋ねいたします。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  今詳しい資料は持ち合わせておりませんが、原則3年生までということでございますが、場所によりましては4年生、場合によれば6年生の方も預かっておるところがございます。

 それから、障害児の方につきましても、何カ所か預かっておるところがございます。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第23議案第43号岩国市保育園条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第23 議案第43号 岩国市保育園条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第43号 岩国市保育園条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の一部の施行に伴う厚生労働省関係省令の整備に関する省令」が施行されることに伴い、規定を整備するため、提案するものでございます。

 改正の内容としましては、条例第7条において引用しております児童福祉施設最低基準が改正されますことから、規定を見直し、定員に関する規定を削除しております。

 なお、市が設置する保育園の定員につきましては、山口県が定める児童福祉法施行細則に基づき、山口県知事に届け出を行っております。

 本条例は、本年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第24議案第44号岩国市介護保険条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第24 議案第44号 岩国市介護保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第44号 岩国市介護保険条例の一部を改正する条例について御説明します。

 介護保険制度は、平成12年度から実施されておりますが、本年度で第4期の事業運営期間が終了することに伴い、平成24年度から平成26年度までの第5期事業運営期間の保険料率を定めるため、本条例を提案するものでございます。

 保険料率の設定に当たりましては、高齢者人口の増加傾向の中で、介護報酬の改定や介護サービスの利用者数及び利用量の増加を勘案して介護給付費を推計するとともに、介護給付費準備基金の一部を取り崩すことにより、介護保険料負担の軽減を図ることとしております。

 具体的な保険料率につきましては、基準となります第4段階の保険料率を月額5,000円と定め、現行の4,000円と比べて1,000円の増額となっております。

 所得別負担段階につきましては、第3段階のうち公的年金等の収入金額及び合計所得金額の合計額が年間120万円以下である被保険者につきましては、介護保険料率の新たな負担軽減策としまして、基準額より35%低い月額3,250円としております。

 また、第4段階のうち公的年金等の収入金額及び合計所得金額の合計額が年間80万円以下である被保険者につきましては、基準額より10%低い月額4,500円としております。

 市町村民税が課税されている被保険者につきましては、第6段階と第7段階を分ける合計所得金額を、現行の200万円未満から190万円未満に変更しております。

 全体では、現行と同様の8段階として、被保険者の負担能力に応じたきめ細かい設定としております。

 なお、本条例の施行期日は本年4月1日からとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。



◆30番(大西明子君)  介護保険条例の一部を改正する条例ということですが、標準保険料が4,000円から5,000円になった、1,000円アップになるということなんですが、県内他市も上がっているというふうに思いますが、なぜ岩国市は区分が8段階――他市ではこの区分をふやして、特に負担能力に応じてもらうという考え方でいえば、上をさらにふやしている都市が多いんですけれども、なぜ岩国は8段階なのか、その点を一つお尋ねいたします。

 それから、財政が厳しい、1,000円も上げなければならないというときに、やはり財政安定化基金、これは県の基金ですが、これを取り崩してもいいと、平成24年度に限って国がそういう方向を出していますので、市町村の財政が厳しくて保険料を上げなくてはならないときには、この財政安定化基金を取り崩すということを県に働きかける必要があると思うんです。

 今、県は大変な基金の積み立てを持っています。取り崩して市町村に回すということが全国的にもあるわけですから、こういう財政安定化基金を取り崩すということを県に働きかけたことがあるのかどうか、この二つについてお尋ねいたします。



◎健康福祉部参事(藤井栄子君)  2点目の財政安定化基金のほうからお答えいたします。

 今回の保険料率を見込むに当たりまして、財政安定化基金につきましては、山口県は一人当たり約50円の影響額での基金の取り崩しということを決めております。それで、本市といたしましても、今回は一人当たり50円の影響額を加味してこの保険料を組み立てているところでございます。

 それから、保険料の段階のことでございますが、ちょっとわかりにくいんですが、現在、本市の場合は8段階で9通りの保険料率を持っております。保険料率の中で、基準額以下の保険料率の段階を5段階で、基準額より上を4段階というふうに設けております。

 まだ県内他市の本年度の状況が確定しておりませんので、はっきりしたことは申せませんが、多いところでは11段階ぐらいあろうかというふうに承知しております。例えば9段階をとっているところも、その中の料率からしたら今の岩国市の8段階の料率と同様のところもございます。

 ということで、市によって細かな決め方がいろいろ変わっておりまして、確かに大西議員のおっしゃられるように、所得の多い方からたくさん取れば、それだけ保険料率を低くできるんではないかということもあろうかとは思いますが、現在の所得段階を見ましても、岩国市の場合上の段階の人数というのはかなり少数でございます。それで、いわゆる負担の公平性というふうなことも考えまして、現在のところでは8段階9通りの保険料率ということで今回提案させていただいております。



◆30番(大西明子君)  県の財政安定化基金は一人50円ということですが、全体としたらどのぐらいの額になるのか、わかればお尋ねいたします。

 というのは、山口県はその基金をかなり持っていますので、どれだけ配分したかということが知りたいわけです。そして、応能負担という考え方は料金を取る上で大変大事な問題だというふうに思うんです。だから、頭打ちをして8段階で切るよりは、さらに細かく上げていくというほうが私はいいと思うんですが、今市の考え方を聞きましたし、他市の状況も見てやらなきゃいけないと思うんですが、やはり基本的には応能負担という筋を通すべきだというふうに思いますが、その辺でどのように考えていらっしゃるか、お尋ねいたします。



◎健康福祉部参事(藤井栄子君)  県の財政安定化基金の取り崩しの総額につきましては、ちょっと今資料を持ち合わせておりません。申しわけございません。

 それから、確かに介護保険の場合はいわゆる負担感が大きいといいますか、保険料は40歳以上は全員払われて、今回のものは65歳以上の第1号被保険者の保険料について御提案をさせていただいているわけでございますが、実際には1号被保険者の中でも介護保険を利用しておられる方は18%にすぎません。払うばっかりの方もいらっしゃるわけで、岩国の場合は今低所得の方の割合が多くなってきておりますので、応能負担ということは確かにあろうかと思います。

 今回はこういう8段階でお示しをさせていただきましたが、今後につきましては、そのあたりのところも十分検討させていただきたいというふうに思います。



○議長(松本久次君)  ほかに。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  ほかになければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第25議案第45号岩国城条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第25 議案第45号 岩国城条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎産業振興部長(木村泰博君)  議案第45号 岩国城条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 岩国城は、岩国の名所として文化の向上や観光の振興に寄与することを目的に昭和37年に再建されたもので、再建以来、市の直営により、岩国城天守閣の公開や展示品、収蔵品及び施設の維持管理などの管理運営を行ってまいりました。

 このたび、指定管理者制度の導入を行うことにより、今後、さらに管理運営の効率化を図り、サービスの向上と経費の削減に努めてまいりたいと考え、条文の整備を行うため、本議案を提案するものであります。

 今後のスケジュールといたしましては、本議会で御承認いただいた後、指定管理者の公募を行い、平成25年4月1日からの管理開始を予定しております。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第26議案第46号岩国城索道条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第26 議案第46号 岩国城索道条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎産業振興部長(木村泰博君)  議案第46号 岩国城索道条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 岩国城索道は、岩国城及び城山を訪れる観光客及び市民の利便性の向上と、観光振興を目的として、昭和38年に設置されました。

 設置以来、市の直営により、索道の運行と施設の維持管理などの管理運営を行ってきましたが、このたび、指定管理者制度の導入を行うことにより、今後、さらに安全管理の徹底と運営の効率化を図り、サービスの向上と経費の削減に努めてまいりたいと考え、条文の整備を行うため、本議案を提案するものであります。

 今後のスケジュールといたしましては、本議会で御承認をいただいた後、指定管理者の公募を行い、平成25年4月1日から管理開始を予定しております。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

午後3時21分 休憩 

――――――――――――――――――――――――――――――

午後3時45分 再開 



○議長(松本久次君)  休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第27議案第47号岩国市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正す

               る条例 



○議長(松本久次君)  日程第27 議案第47号 岩国市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎産業振興部長(木村泰博君)  議案第47号 岩国市営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正する条例について御説明します。

 本議案は、国の制定した法律であります「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の一部が平成23年11月30日に施行されたことに伴い、条文の整備を行うため、提案するものです。

 改正の内容といたしましては、条例第1条において引用しております土地改良法第96条の4に第2項が追加されたため、同条に引用している条文の整備を行うものです。

 なお、本条例は公布の日から施行し、改正後の条例は、平成23年11月30日から適用することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第28議案第48号岩国市営住宅条例及び岩国市営改良住宅条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第28 議案第48号 岩国市営住宅条例及び岩国市営改良住宅条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第48号 岩国市営住宅条例及び岩国市営改良住宅条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、昨年5月に公布された「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」、いわゆる第1次地域主権改革一括法でございますが、その施行により公営住宅法の一部が改正されることに伴い、規定の整備を行うため提案するものでございます。

 改正の内容についてですが、まず、第1条の市営住宅条例の一部改正につきましては、公営住宅法に規定されております入居者資格について、「同居する親族があること」及び「高齢者、障害者その他特に居住の安定を図る必要がある者として政令で定めるもの」との規定が廃止され、それぞれの事業主体の条例に委任されることとなったことに伴い、市営住宅条例の入居者の資格に関する規定について、本市の市営住宅のストックや地域の実情等を考慮し、引き続きこれまでと同様入居者資格を適用することとして、規定の整備を行うものでございます。

 具体的な入居者の資格につきましては、規則で定めることとしております。

 次に、第2条の市営改良住宅条例の一部改正についてですが、市営改良住宅における入居者の資格についても、市営住宅と同様に規定しておりますことから、市営住宅条例の改正と合わせた規定の整備を行うとともに、これまで改良住宅条例にはなかった「被災市街地復興特別措置法第21条に規定する被災者等」の入居の条件を緩和する規定を新たに加えることとしております。

 本条例は、第1次地域主権改革一括法に係る施行日と同様、平成24年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第29議案第49号岩国市本郷総合支所建設基金条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第29 議案第49号 岩国市本郷総合支所建設基金条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎本郷総合支所長(井原富士男君)  議案第49号 岩国市本郷総合支所建設基金条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本市における総合支所等の庁舎整備に関しましては、今年度の設計業務により、今後の整備計画の一部が具体化したところでありますが、本郷地域における庁舎整備については、総合支所を支所と位置づけ、整備予定地に隣接する公民館とあわせて整備することとして調整しております。本郷地域の具体的な整備計画の方向性としましては、地域の核となり、行政サービス及び防災の拠点となる支所とコミュニティー施設としての公民館をあわせて整備することにより、多種多様な地域の課題に効率的に対応することができることとしております。

 現行の岩国市本郷総合支所建設基金は、本郷総合支所建設事業の財源を積み立てるため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき設置しております。平成22年度末の基金残高は、1億283万2,000円となっております。

 本議案は、本郷地域における今後の支所建設事業等の実施に当たり、岩国市本郷総合支所建設基金を本郷支所やコミュニティー施設など公共施設等の整備事業の財源として、効率的に活用することができるよう、規定の整備を行うものでございます。

 改正の内容といたしましては、本条例の題名を「岩国市本郷地域公共施設等整備基金条例」に改正するとともに、第1条の本条例の設置目的を、「本郷地域における公共施設等の整備事業を推進するために改正すること」としております。

 また、第4条におきまして、基金を処分することができる場合を「第1条の目的を達成するための事業に要する財源に充てる場合に限る」こととし、第6条におきましては、基金の管理に関し必要な事項を規則で定めるよう規定の整備を行うものでございます。

 なお、本条例は平成24年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第30議案第50号岩国市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第30 議案第50号 岩国市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎交通局長(浦前宏君)  議案第50号 岩国市交通事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 本議案は、地方分権改革推進計画に基づき昨年5月2日に公布されました「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」の一部が平成24年4月1日に施行されることに伴いまして、同法第6条の規定により改正される地方公営企業法第32条第3項の規定に基づき、資本剰余金の取り崩しについて規定の整備を行うため、提案するものでございます。

 現行の地方公営企業法におきましては、資本剰余金の処分について、補助金等により取得した資産が滅失、譲渡等した場合等において認められておりますが、今回の法改正に伴い、当該処分に係る規定が削除され、資本剰余金の処分は、条例または議決により行わなければならないこととなりますことから、岩国市交通事業の設置等に関する条例に岩国市交通事業会計の資本剰余金の取り崩しについて、新たに規定を追加するものでございます。

 なお、現在予定しております資本剰余金の処分は、本年4月1日に、交通局が所有しております乗り合いバス車両9両をいわくにバス株式会社に譲渡する予定といたしておりますが、当該9両のうち7両についてみなし償却を行っていることから、車両の購入時に交付を受けました補助金4,514万5,079円に相当する額を資本剰余金から取り崩すものでございます。

 本条例の施行期日は、本年4月1日からといたしております。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第31議案第51号岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(松本久次君)  日程第31 議案第51号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎水道事業管理者(上村高志君)  議案第51号 岩国市水道事業等の設置等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本議案は、平成20年度に策定いたしました岩国市簡易水道事業統合計画に基づき、高森南簡易水道事業を岩国市水道事業に統合することに伴い、規定の整備を行うため提案するものです。

 改正の内容といたしましては、別表に高森南簡易水道事業の区域等を追加するものでございます。

 統合後の周東地区の水道料金は、岩国市水道事業の水道料金に統一されることから、大幅に引き下げられるほか、上水道施設としての厳しい水質監視によって、より安全な水道水が供給されることとなります。

 なお、本条例の施行期日は、本年4月1日といたしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第32議案第52号岩国市学校施設等耐震化基金条例を廃止する条例



○議長(松本久次君)  日程第32 議案第52号 岩国市学校施設等耐震化基金条例を廃止する条例を議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎教育長(佐倉弘之甫君)  議案第52号 岩国市学校施設等耐震化基金条例を廃止する条例について御説明いたします。

 岩国市学校施設等耐震化基金は、市内の小・中学校を初め幼稚園及び保育園施設の早期耐震化を図るため、国の再編交付金を活用し、平成20年度に耐震性能の確認に要する経費を基金として積み立てました。

 本基金を活用し、小・中学校及び幼稚園37校1園107棟の耐震第2次診断を、保育園10園12棟の耐震第1次・第2次診断を実施し、今年度をもってこれらの診断事業が終了することから、当該基金条例を廃止するものです。

 学校施設は、児童・生徒が安心して学び、生活する場であるとともに、地域の防災拠点の役割も担うことから、国の国庫補助率のかさ上げ措置の活用も図りながら、学校ごとに整備方針を決定し、着実に耐震化を進めてまいりたいと考えております。

 また、保育園施設につきましても、診断結果を踏まえ、耐震化を図る必要があるものと考えております。

 なお、本条例の施行期日は、平成24年3月31日としております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第33議案第53号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更

               について 



○議長(松本久次君)  日程第33 議案第53号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第53号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の一部変更について御説明いたします。

 本議案は、平成23年6月市議会において御承認いただきました、岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定の締結について、契約金額を変更するため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 本事業の概要といたしましては、一文字終末処理場合流改善設備工事として、平成23年度及び平成24年度の2カ年において、合流式下水道の水質改善のため、一文字終末処理場内の水処理棟に高速ろ過設備を設置するもので、これにより、これまで塩素での簡易処理により放流いたしておりました汚水混入の雨水を、高速でろ過することにより、放流水の改善を図るものでございます。

 契約金額の変更の理由といたしましては、協定締結後に、契約の相手方である日本下水道事業団が実施いたしました当該工事に係る入札結果により生じた当初契約金額との差額について、精算するものでございます。

 以上のことから、本工事委託の契約金額を2億6,000万円から2億4,000万円に変更する変更協定を、日本下水道事業団 理事長 谷戸善彦と締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第34議案第54号岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)

               の一部変更について 



○議長(松本久次君)  日程第34 議案第54号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の一部変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎環境部長(松林達也君)  議案第54号 岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の一部変更について御説明いたします。

 本議案は、平成23年6月、市議会において御承認をいただきました、岩国市公共下水道根幹的施設の建設工事委託に関する協定(その2)の締結について、契約金額を変更するため、岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 本事業の概要といたしましては、公共下水道――錦見排水区――の面的整備の進捗状況に応じて、錦見ポンプ場建設工事として、平成23年度及び平成24年度の2カ年において、沈砂池設備を1池及び口径1,350ミリの雨水ポンプ設備を1台並びにこれらに係る電気設備を増設する工事を行っているものでございます。

 契約金額の変更の理由といたしましては、協定締結後に、契約の相手方である日本下水道事業団が実施いたしました当該工事に係る入札結果により生じた当初契約金額との差額について、精算するものでございます。

 以上のことから、本工事委託の契約金額を4億4,000万円から3億5,000万円に変更する変更協定を、日本下水道事業団 理事長 谷戸善彦と締結しようとするものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第35議案第55号財産の無償譲渡について



○議長(松本久次君)  日程第35 議案第55号 財産の無償譲渡についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎本郷総合支所長(井原富士男君)  議案第55号 財産の無償譲渡について御説明いたします。

 本議案は、合併前の「本郷村営工業団地造成貸し付けに関する条例」に基づき、合併の日前に本郷村長が締結した契約等により、当該財産を無償譲渡することについて、市議会の議決を求めるものでございます。

 本条例は、旧本郷村において企業誘致の推進と雇用の場の確保のため、旧本郷村所有の財産を貸し付け、20年の貸し付け期間及び貸付料の完納等の行為がすべて完了した後に、当該財産を無償譲渡することを規定しておりました。

 合併に伴い本条例は失効いたしましたが、地方自治法施行令第5条の規定により、契約は、合併後の岩国市に継承しており、財産の処分を行うに当たっては、地方自治法第96条第1項第6号及び第237条第2項の規定に基づき、議会の議決をもって行うこととなります。

 現在、本郷町本谷字野田1388番2は、実験用動物の研究等を行う北山ラベス株式会社の会社用地として、また、本郷町本谷字野田1388番3は、排水処理業務を行う株式会社本郷ファーム管理センターの業務用地として、使用しております。

 第三セクターである株式会社本郷ファーム管理センターは、平成24年3月末をもって解散し、北山ラベス株式会社が当該業務を継承することとなっておりますことから、本土地については一体的に取り扱い、北山ラベス株式会社に譲渡するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第36議案第56号不動産の取得について



○議長(松本久次君)  日程第36 議案第56号 不動産の取得についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎拠点整備担当部長(小林和信君)  議案第56号 不動産の取得について御説明いたします。

 本議案は、門前町二丁目、尾津町二丁目及び南岩国町二丁目地内に所在する土地を愛宕山まちづくり区域内の岩国医療センター等建設用地として山口県住宅供給公社から取得するに当たり、「岩国市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例」第3条の規定により、市議会の議決を求めるものでございます。

 愛宕山まちづくり区域につきましては、本市の医療・防災交流拠点としての整備を図ることとしており、当該整備に必要となる岩国医療センター等用地の総面積4万9,147.63平方メートルについて、価格22億9,027万9,558円で取得するものでございます。

 以上をもちまして、議案第56号 不動産の取得についての御説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第37議案第57号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第37 議案第57号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第57号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国市福祉会館の管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社会福祉法人岩国市社会福祉協議会に行わせております。

 本施設は、市民の福祉の増進と市民生活の向上を図るために設置されたもので、平成18年4月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、本施設の効率的活用及び適正な管理の実施ができると認められるため、社会福祉法人岩国市社会福祉協議会を岩国市福祉会館の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第38議案第58号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第38 議案第58号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第58号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国デイサービスセンターにしみ苑及び本郷デイサービスセンターの管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社会福祉法人岩国市社会福祉協議会に行わせております。

 これらの施設は、高齢者の福祉の増進を図るために設置されたもので、平成18年7月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、これらの施設の効率的活用及び適正な管理ができると認められるため、社会福祉法人岩国市社会福祉協議会を岩国デイサービスセンターにしみ苑及び本郷デイサービスセンターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第39議案第59号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第39 議案第59号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第59号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国市錦生活支援ハウスやまなみ荘、岩国市美川生活支援ハウスひまわり及び岩国市美和生活支援ハウスやすらぎの管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、それぞれ社会福祉法人錦福祉会、社会福祉法人美川福祉会及び社会福祉法人美和福祉会に、指定管理者として管理を行わせております。

 これらの施設は、高齢者に対して介護支援機能、居住機能及び交流機能を総合的に提供することにより、高齢者が安心して健康で明るい生活を送れるよう支援し、もって高齢者福祉の増進を図ることを目的に設置されたもので、平成18年7月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、これらの施設の効率的活用及び適正な管理ができると認められるため、それぞれの施設について、現在の指定管理者を当該施設の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第40議案第60号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第40 議案第60号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第60号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国市心身障害者デイケアハウスあさひ苑の管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である特定非営利活動法人あさひ苑及び岩国市母子通園訓練事業運営父母の会に行わせております。

 本施設は、心身障害者等の有する能力を育成または助長するとともに、保護者の負担の軽減を図るために設置されたもので、平成18年7月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、本施設の効率的活用及び適正な管理ができると認められるため、特定非営利活動法人あさひ苑及び岩国市母子通園訓練事業運営父母の会を岩国市心身障害者デイケアハウスあさひ苑の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第41議案第61号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第41 議案第61号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎健康福祉部長(廣田茂基君)  議案第61号 指定管理者の指定について御説明します。

 岩国市障害者サービスセンターの管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社会福祉法人岩国市社会福祉協議会に行わせております。

 本施設は、障害者の福祉の増進を図るために設置されたもので、平成18年4月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、本施設の効率的活用及び適正な管理ができると認められるため、社会福祉法人岩国市社会福祉協議会を岩国市障害者サービスセンターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第42議案第62号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第42 議案第62号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  地方自治法第117条の規定により、25番 渡 吉弘君の退席を求めます。

  〔渡 吉弘議員除斥〕



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎産業振興部長(木村泰博君)  議案第62号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 サンライフ岩国の管理につきましては、平成21年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である錦帯橋鵜飼株式会社に行わせております。

 本施設は、市民の文化の向上と福祉の増進を図るために設置されたものです。

 現在、本施設を初め、同様の施設である出張所に併設されている学習等供用会館、住民ホール、公民館などの公共施設については、その配置や運営等のあり方について検討が行われております。

 今後、この検討結果によっては、これまでとは異なる運営方針となる可能性があることから、運営方針が決定するまでの間、これまで効率的な運営管理を行ってきた実績があり、設置目的の達成及び適切な運営を確実に確保できる錦帯橋鵜飼株式会社をサンライフ岩国の指定管理者候補として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第5号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成25年3月31日までの1年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

  〔渡 吉弘議員入場〕

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第43議案第63号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第43 議案第63号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎産業振興部長(木村泰博君)  議案第63号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 宇野千代生家の管理につきましては、平成21年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である特定非営利活動法人宇野千代生家に行わせております。

 本施設は、宇野千代の生家の保存及び宇野千代に関する資料の収集、保存、展示を行い、その活用を図るとともに市民の文化の向上と発展に資することを目的に設置されたもので、平成18年7月から指定管理者制度による管理を行っております。

 この間、建物の適正な維持管理はもちろんのこと、薄墨桜やもみじなど庭の樹木等の管理も適正に行われ、その美しさで多くの人を魅了するとともに、訪れた方々に熱心に説明する会員のおもてなしの姿勢についても大変好評をいただいているところであります。

 管理運営に係る収支については、利用料金、商品収入等をもとに、管理費及び事業費を賄っており、これも、会員の宇野千代を慕う気持ちとボランティア精神に基づくものであります。

 また、宇野千代の遺品を所有する株式会社宇野千代の信頼も厚く、遺品を展示するイベントにも積極的な協力をいただいております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、特定非営利活動法人宇野千代生家の管理実績を考慮した結果、本施設の効率的活用及び適正な管理の実施ができると認められるため、同法人を宇野千代生家の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成27年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第44議案第64号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第44 議案第64号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎本郷総合支所長(井原富士男君)  議案第64号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 本郷福祉サービスセンターの管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社会福祉法人岩国市社会福祉協議会に行わせております。

 本施設は、市民の福祉の増進と市民生活の向上を図るために設置されたもので、平成18年4月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、本施設の効率的活用及び適正な管理の実施ができると認められるため、社会福祉法人岩国市社会福祉協議会を本郷福祉サービスセンターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

 ここで、あらかじめ会議時間の延長をしておきます。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第45議案第65号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第45 議案第65号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎錦総合支所長(宇川信弘君)  議案第65号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 寂地峡観光施設の管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である寂地峡観光協会に行わせております。

 本施設は、寂地峡の豊かな自然を生かし、岩国市への観光客誘致を促進するとともに、魅力ある観光地づくりと地域の活性化及び地域産業の振興に寄与することを目的に設置されたものです。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、現在の指定管理者である寂地峡観光協会は、地元住民により構成され、長年、寂地峡観光施設を管理してきた団体であり、施設の効率的活用及び適正な管理の実施ができると認められるため、寂地峡観光協会を寂地峡観光施設の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号及び第4号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成27年3月31日までの3年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、経済常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第46議案第66号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第46 議案第66号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎錦総合支所長(宇川信弘君)  議案第66号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 錦介護老人保健施設あさぎりの郷の管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社会福祉法人錦福祉会に行わせております。

 本施設は、高齢者の保健・医療・福祉サービスの向上に貢献するとともに、高齢者の自立支援及び家庭復帰の促進を図るために設置されたもので、平成18年3月20日から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、本施設の効率的活用及び適正な管理の実施ができると認められたため、社会福祉法人錦福祉会を錦介護老人保健施設あさぎりの郷の指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託をいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第47議案第67号指定管理者の指定について



○議長(松本久次君)  日程第47 議案第67号 指定管理者の指定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎美和総合支所長(松田清君)  議案第67号 指定管理者の指定について御説明いたします。

 美和老人福祉センターの管理につきましては、平成19年4月1日から本年3月31日までの間、指定管理者である社会福祉法人岩国市社会福祉協議会に行わせております。

 本施設は、高齢者の福祉の増進を図るために設置されたもので、平成18年7月から指定管理者制度による管理を行っております。

 指定管理者の選定につきましては、公募を原則としておりますが、長年にわたる管理実績及び利用者との信頼関係があり、本施設の効率的活用及び適正な管理の実施ができると認められるため、社会福祉法人岩国市社会福祉協議会を美和老人福祉センターの指定管理候補者として適任と判断し、岩国市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例施行規則第2条第3号の規定に基づき、非公募により選定いたしましたので、引き続き本年4月1日から平成29年3月31日までの5年間、指定管理者として指定することについて市議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、教育民生常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第48議案第68号町の区域及び町の名称の変更について



○議長(松本久次君)  日程第48 議案第68号 町の区域及び町の名称の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎拠点整備担当部長(小林和信君)  議案第68号 町の区域及び町の名称の変更について御説明いたします。

 本議案は、複雑に入り組んだ状況にある愛宕山地域におけるまちづくり区域の町丁境を整理するため、町の区域及び町の名称を変更することについて、地方自治法第260条第1項の規定に基づき、市議会の議決を求めるものでございます。

 当該区域においては、一団の土地に牛野谷町三丁目、門前町二丁目、尾津町一丁目、尾津町二丁目及び南岩国町二丁目の五つの町が所在しておりますので、区域内の土地を活用される方の利便性を考慮し、街区構成に即して町の区域及び町の名称を愛宕町一丁目に変更しようとするものでございます。

 なお、今回の変更に関しましては、現在、当該区域に住所を有する方はおられませんが、周辺住民や関係機関に影響を与える可能性があることから、岩国警察署や岩国土木建築事務所、郵便事業株式会社などの関係機関代表者や関係自治会連合会長等で構成する愛宕山地域町名等整理委員会に諮問し、本年1月10日に妥当である旨の答申を受けております。

 以上をもちまして、議案第68号 町の区域及び町の名称の変更についての御説明を終わります。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第49議案第69号山口県市町総合事務組合の共同処理する事務及び規約の変更に関する

               協議について 



○議長(松本久次君)  日程第49 議案第69号 山口県市町総合事務組合の共同処理する事務及び規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総務部長(山塚静生君)  議案第69号 山口県市町総合事務組合の共同処理する事務及び規約の変更に関する協議について御説明いたします。

 本議案は、平成24年4月1日から、山口県市町総合事務組合の共同処理する事務のうち、公平委員会事務を共同処理する団体に、新たに下松市が加入することに伴い、山口県市町総合事務組合の共同処理する事務及び規約の変更を行うため、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第50議案第70号岩国地区消防組合規約の変更に関する協議について



○議長(松本久次君)  日程第50 議案第70号 岩国地区消防組合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎消防担当部長(柏本秀則君)  議案第70号 岩国地区消防組合規約の変更に関する協議について御説明いたします。

 本議案は、岩国地区消防組合の分担金の負担割合を変更することに伴い、組合の規約の変更を行うため、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 岩国地区消防組合の分担金の負担割合につきましては、昭和48年に締結した岩国地区消防組合運営に関する協定書において、国勢調査が行われた翌年に変更の手続をとるものとしております。

 このたび、平成22年に行われた国勢調査の人口等に関する確定値が公表されましたことから、これに基づき、負担割合を変更しようとするものでございます。

 負担割合の算定方法につきましては、従来の消防費基準財政需要額を基礎とする算定方法を踏襲しており、平成22年国勢調査の数値により算定した結果、施設の整備に要する経費のうち、消防本部施設の負担割合は、岩国市94.24%、和木町5.76%となっております。

 また、中央消防署東出張所施設につきましては、岩国市25.48%、和木町74.52%となっており、いずれも岩国市の負担割合が増加しております。

 その他の消防署、出張所、分遣所及び機関員駐在所施設につきましては、その管轄区域の全域が岩国市であることから従来どおり岩国市の100%の負担となっており、和木町の負担はありません。

 この規約の変更は、平成24年4月1日から施行することとしております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第51議案第71号市道路線の認定について



○議長(松本久次君)  日程第51 議案第71号 市道路線の認定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第71号 市道路線の認定について御説明いたします。

 本議案は、25路線の総延長約6,212メートルを新たに市道路線に認定し、適正な道路維持管理を実施しようとするものです。

 その内訳でございますが、国道や県道の新規路線の供用開始に伴い、県道から市道に移管する3路線の総延長約3,672メートル及び新設等された道路5路線の総延長約945メートル並びに開発行為に伴う17路線の総延長約1,595メートルでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第52議案第72号市道路線の廃止について



○議長(松本久次君)  日程第52 議案第72号 市道路線の廃止についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第72号 市道路線の廃止について御説明いたします。

 本議案は、岩国錦帯橋空港へのアクセス道路として、市道を県道に移管するため、市道昭和町3号線の総延長1,884メートルを廃止するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第53議案第73号市道路線の変更について



○議長(松本久次君)  日程第53 議案第73号 市道路線の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎都市建設部長(山本和清君)  議案第73号 市道路線の変更について御説明いたします。

 本議案は、市道17路線の起終点を変更し、その総延長約1万1,187メートルを約1万406メートルに変更するものでございます。

 その内訳でございますが、岩国錦帯橋空港へのアクセス道路として市道の一部が県道に移管される4路線の総延長約3,780メートルを約3,277メートルに変更し、県道として新設された都市計画道路門前線等に伴い、市道の見直しを行う12路線の総延長約6,943メートルを約6,580メートルに変更し、市道を延伸して管理する1路線の総延長約464メートルを約549メートルに変更するものでございます。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、建設常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第54議案第74号辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について



○議長(松本久次君)  日程第54 議案第74号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  議案第74号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について御説明いたします。

 本総合整備計画は、「辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律」に基づいて、公共的施設の総合的かつ計画的な整備を推進し、辺地とその他の地域における住民の生活環境水準の格差是正を図ることを目的とするものです。

 現在、岩国市には27の辺地があり、その中の7の辺地について総合整備計画を策定しておりますが、二鹿、六呂師、錦町の宇佐、向峠、野谷及び美和町の大田原辺地につきましては、平成23年度までの計画となっております。

 本議案は、二鹿、六呂師及び錦町の野谷の3地域を対象として総合整備計画を策定するもので、法第3条第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 二鹿におきましては、県施行ふるさと林道二鹿川越線開設事業負担金として、平成24年度から平成28年度までの5年間で、事業費負担金8,000万円、辺地対策事業債8,000万円を予定しております。

 六呂師におきましては、林道叶畑線の開設事業として、平成24年度の1年間で事業費4,500万円、辺地対策事業債1,570万円を予定しております。

 野谷におきましては、市道広瀬7号線改良事業として、平成24年度の1年間で事業費2,570万円、辺地対策事業債2,570万円を予定しております。

 二鹿、六呂師では林業の振興に、また野谷では市道の改良による利便性の向上に寄与するものと考えております。

 なお、この総合整備計画に基づいて許可された辺地対策事業債につきましては、その元利償還に要する経費の80%に相当する額が、地方交付税の基準財政需要額に措置されることとなっております。

 以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――



△日程第55議案第75号辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について



○議長(松本久次君)  日程第55 議案第75号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更についてを議題といたします。

  (議案別添)



○議長(松本久次君)  当局の説明を求めます。



◎総合政策部長(藤井章裕君)  議案第75号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について御説明いたします。

 先ほど議案第74号で御説明いたしましたとおり、現在、岩国市には27の辺地があり、その中の7の辺地について整備計画を策定しております。

 今回の変更は、柱島辺地における、離島航路黒島・端島桟橋整備事業について、現地精査による事業費の増加に伴い、計画の一部を変更するもので、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第9項において準用する同条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○議長(松本久次君)  本議案に質疑はありませんか。

  〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  別になければ質疑を終結し、本議案は委員会において審査していただくことにして、総務常任委員会に付託いたします。

 以上をもちまして、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 ここで、お諮りいたします。明2月28日から3月5日までの本会議を休会とし、次の本会議は3月6日に再開したいと存じますが、これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本久次君)  御異議なしと認め、さよう決しました。

 本日はこれにて散会いたします。

午後4時54分 散会 

――――――――――――――――――――――――――――――

  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。




                         岩国市議会議長  松 本 久 次

                         岩国市議会議員  豊 中 俊 行

                         岩国市議会議員  村 中   洋

                         岩国市議会議員  姫 野 敦 子