議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 下松市

平成 25年 4月 臨時会(2回) 04月18日−01号




平成 25年 4月 臨時会(2回) − 04月18日−01号







平成 25年 4月 臨時会(2回)


平成25年4月18日
平成25年第2回下松市議会臨時会会議録第1号
───────────────────
議事日程
  平成25年4月18日(木曜日)午前10時開会、開議
 日程第1、会議録署名議員の指名について
 日程第2、会期の決定について
 日程第3、許可第1号 下松市議会議長の辞職許可について
 日程第4、選挙第1号 下松市議会議長の選挙について
 日程第5、許可第2号 下松市議会副議長の辞職許可について
 日程第6、選挙第2号 下松市議会副議長の選挙について
 日程第7、選任第2号 下松市議会常任委員会の委員の選任について
 日程第8、選任第3号 下松市議会議会運営委員会の委員の選任について
 日程第9、選挙第3号 周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙について
 日程第10、選挙第4号 周南地区食肉センター組合の議会の議員の選挙について
 日程第11、選挙第5号 周南東部環境施設組合の議会の議員の選挙について
 日程第12、選挙第6号 周南地区福祉施設組合の議会の議員の選挙について
本日の会議に付した事件
  日程第1から日程第12まで
出席議員(20人)
11番  森 繁 哲 也 君        12番  藤 井   洋 君
13番  浅 本 正 孝 君        14番  松 尾 一 生 君
15番  古 賀 寛 三 君        16番  永 田 憲 男 君
17番  河 内 裕 文 君        18番  磯 部 孝 義 君
19番  堀 本 浩 司 君        20番  高 田 悦 子 君
21番  近 藤 則 昭 君        22番  渡 辺 敏 之 君
23番  城 市   進 君        24番  広 戸 一 見 君
25番  村 田 丈 生 君        26番  山 本 朋 由 君
27番  中 村 隆 征 君        28番  金 藤 哲 夫 君
29番  内 冨   守 君        30番  中 谷 司 朗 君
欠席議員(なし)                
説明のため出席した者(なし)
議会事務局職員出席者
       事務局長           森 重 則 彦 君
       議事総務課長         大 空 之 文 君
       議事総務係長         橋 本 嗣 典 君
       議事総務係          相 本 智 宏 君
───────────────────────────────




午前10時00分開会 



○議長(中谷司朗君) おはようございます。ただいまの出席議員、20人であります。

 これより、平成25年第2回下松市議会臨時会を開会いたします。

 これより、本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。

 この際、会派の構成により、議席の一部を変更いたします。

 11番、浅本正孝議員を13番に、13番、森繁哲也議員を11番に、以上のとおり変更いたします。





△日程第1.会議録署名議員の指名について



○議長(中谷司朗君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第74条の規定により、議長において、広戸一見議員、近藤則昭議員を指名いたします。





△日程第2.会期の決定について



○議長(中谷司朗君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日とあすの2日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(中谷司朗君) 御異議なしと認めます。よって、会期は2日間と決定いたしました。

 日程の関係で、副議長と交代させていただきます。

    〔議長 中谷司朗君 退席 副議長 高田悦子君 議長席に着く〕

    〔30番 中谷司朗君退場〕





△日程第3.許可第1号下松市議会議長の辞職許可について



○副議長(高田悦子君) 日程第3、許可第1号下松市議会議長の辞職許可についてを議題といたします。

 辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(森重則彦君) 「私は、議員の申し合わせに従い、平成25年4月18日をもって下松市議会議長の職を辞任したいので、地方自治法第108条の規定により御許可くださるようお願いいたします。

 平成25年3月25日 下松市議会副議長 高田悦子様 下松市議会議長 中谷司朗」



○副議長(高田悦子君) お諮りいたします。中谷司朗議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(高田悦子君) 御異議なしと認めます。よって、中谷司朗議員の議長の辞職を許可することに決しました。

 しばらくお待ちください。

    〔30番 中谷司朗君入場〕





△日程第4.選挙第1号下松市議会議長の選挙について



○副議長(高田悦子君) ただいま、議長が欠員となりましたので、日程第4、選挙第1号下松市議会議長の選挙を行います。

 事務局長から選挙について説明をさせます。



◎事務局長(森重則彦君) 御説明いたします。

 ただいま議長が欠員となりましたので、これより地方自治法第97条第1項の規定により選挙を行うことになります。

 選挙の方法でございますが、投票と指名推選の2通りの方法がございます。投票による場合は、地方自治法第118条の規定により、公職選挙法第46条の単記無記名自署の規定、また第48条の代理投票、第68条の無効投票、第95条の当選人、すなわち法定得票数のことでございますが、これらの規定が準用されることになります。

 なお、投票による場合は、投票記載所を設けておりますので、そこで記載していただき、正面の投票箱に投票をお願いいたします。

 以上でございます。



○副議長(高田悦子君) ただいま事務局長から説明がありましたが、この議長選挙は投票と指名推選のいずれにいたしますか、お諮りいたします。

    〔「投票」と言う者あり〕



○副議長(高田悦子君) 投票という発言がありましたが、投票によることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(高田悦子君) 御異議なしと認めます。よって、議長選挙は投票によることに決しました。

 これより投票を行います。

 議場を閉鎖いたします。

    〔議 場 閉 鎖〕



○副議長(高田悦子君) ただいまの出席議員数は20人であります。これより投票用紙を配付させます。

    〔投 票 用 紙 配 付〕



○副議長(高田悦子君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(高田悦子君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    〔投 票 箱 点 検〕



○副議長(高田悦子君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。また、同一氏だけを記載した投票は無効となります。議席の11番より順次、投票記載所において投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票をお願いいたします。

    〔各 員 投 票〕



○副議長(高田悦子君) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(高田悦子君) 投票漏れなしと認めます。これをもって投票を終了いたします。

 これより開票を行います。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に山本朋由議員、森繁哲也議員を指名いたします。よって、両議員の立会をお願いいたします。

    〔開 票 開 始〕



○副議長(高田悦子君) 選挙の結果を事務局長より報告させます。



◎事務局長(森重則彦君) ただいまの選挙結果を御報告いたします。

 投票総数  20票

 これは出席議員数に符合しております。

 そのうち、有効投票 20票、無効投票と棄権はございません。

 有効投票中

  浅 本 正 孝 議 員   17票

  渡 辺 敏 之 議 員    2票

  中 谷 司 朗 議 員    1票

 以上であります。

 なお、この選挙の法定得票数は5票であります。



○副議長(高田悦子君) ただいま事務局長が報告したとおりであります。よって、浅本正孝議員が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議 場 開 鎖〕



○副議長(高田悦子君) ただいま議長に当選されました浅本正孝議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 ここで、新旧議長から御挨拶があります。

 まず、退任されます中谷議長の御挨拶をお願いいたします。

    〔議長 中谷司朗君登壇〕



○議長(中谷司朗君) 一言御挨拶申し上げます。

 3年間にわたりまして議長という職務を大過なく務めることができましたのも、御支援いただきました議員の皆様、そして下松市民の皆様のおかげであります。心から感謝申し上げます。

 また、円滑な議会運営を進めることができましたのも、議員の皆様、市長を初めとする執行部、そして議会事務局職員の皆様のおかげであり、重ねて感謝を申し上げます。

 惜しむらくは、議会改革の仕上げを見届けることがかないません。願わくば、今期中に諸課題に一定の結論に導いていただき、市民へ説明責任を果たすに至っていただきたいと念願するものであります。

 終わりになりましたが、浅本議長を中心に、下松市議会のますますの充実と発展を御祈念申し上げまして、退任の御挨拶とさせていただきます。3年間、まことにありがとうございました。(拍手)



○副議長(高田悦子君) 続きまして、議長当選承諾の御挨拶をお願いいたします。

    〔13番 浅本正孝君登壇〕



◎13番(浅本正孝君) おはようございます。ただいま、前議長、中谷さんより、手厚い我々に対する御礼と感謝の言葉をいただきました。ありがとうございました。

 今回、皆様方の御推挙によりまして、くしくも私、議長の要職をいただきました。ありがとうございました。私の抱負として、ここにおられる議員20名皆さんが、まず仲よくすること、仲よくしないで中傷やねたみ、こんなもので政治ができるはずがありませんし、下松市民が喜ぶはずもないと思います。そういうことで、皆さんが和気あいあいと、しかも、和睦のうちに実を上げる、これが非常に大切だと私は常々痛感をしております。

 一方、行政に対しては是々非々、これでやっていきたいと、こういうふうに考えます。そして、いずれにしても、私たちが市民の負託に応える、このことをまず念頭に置く、これが最も大切なことだと私は思います。

 終わりに、私の好きな言葉、これを皆さんに御披露させていただきます。「君は君、我は我なり、されど仲よき」、「君は君、我は我なり、されど仲よき」そのことをみんなで念頭に置きながら、これから1年間、私も27年間、数々の議長さんに仕えたり見てきております。それ等を参考にしながら、私自身一生懸命頑張っていこうと思います。皆様方のこれからの御指導御鞭撻、さらには協力を切にお願いを申し上げまして、就任の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(高田悦子君) ここで、新議長と交代いたします。御協力ありがとうございました。

    〔副議長 高田悦子君 退席 議長 浅本正孝君 議長席に着く〕



○議長(浅本正孝君) 続いて、許可第2号、選挙第2号、選任第2号、選任第3号、選挙第3号、選挙第4号、選挙第5号及び選挙第6号について、事務局長から申し上げます。



◎事務局長(森重則彦君) 次に申し上げます8件につきましては、提出者が下松市議会議長とのみ記載されており、氏名が記載してありません。ただいま議長が決まりましたので、浅本正孝と御記入をお願いいたします。

 件名を申し上げます。許可第2号下松市議会副議長の辞職許可について、選挙第2号下松市議会副議長の選挙について、選任第2号下松市議会常任委員会の委員の選任について、選任第3号下松市議会議会運営委員会の委員の選任について、選挙第3号周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙について、選挙第4号周南地区食肉センター組合の議会の議員の選挙について、選挙第5号周南東部環境施設組合の議会の議員の選挙について、選挙第6号周南地区福祉施設組合の議会の議員の選挙について、以上の8件であります。

    〔20番 高田悦子君退場〕





△日程第5.許可第2号下松市議会副議長の辞職許可について



○議長(浅本正孝君) 副議長の高田悦子議員から、副議長の辞職願が提出をされております。よって、日程第5、許可第2号下松市議会副議長の辞職許可についてを議題といたします。

 辞職願を事務局長に朗読させます。



◎事務局長(森重則彦君) 「辞職願、私は、議員の申し合わせに従い、平成25年4月18日をもって下松市議会副議長の職を辞任したいので、地方自治法第108条の規定により御許可くださるようお願いいたします。

 平成25年3月25日 下松市議会議長 中谷司朗様 下松市議会副議長 高田悦子」



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。高田悦子議員の副議長の辞職を許可することに御異議はありませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、高田悦子議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

 しばらくお待ちください。

    〔20番 高田悦子君入場〕





△日程第6.選挙第2号下松市議会副議長の選挙について



○議長(浅本正孝君) ただいま、副議長が欠員となりましたので、日程第6、選挙第2号下松市議会副議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。この選挙につきましては、議長選挙と同じく投票と指名推選の方法があります。この際、投票によりたいと思います。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、副議長の選挙は投票によることに決しました。

 これより投票を行います。

 議場を閉鎖を命じます。

    〔議 場 閉 鎖〕



○議長(浅本正孝君) 投票の要領は、先ほどの議長選挙と同様であります。

 ただいま出席議員、20人であります。これより投票用紙を配付をさせていただきます。

    〔投 票 用 紙 配 付〕



○議長(浅本正孝君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

    〔投 票 箱 点 検〕



○議長(浅本正孝君) 投票箱を改めていただきました。異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。また、同一氏だけを記載した投票は無効となります。議席の11番より順次、投票記載所において投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票をお願いいたします。

    〔各 員 投 票〕



○議長(浅本正孝君) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 投票漏れなしと認めます。これをもって投票を終了いたします。

 これより開票を行います。会議規則第30条第2項の規定により、立会人に中村隆征議員、内冨 守議員を指名いたします。よって、両議員の立会をお願いいたします。

    〔開 票 開 始〕



○議長(浅本正孝君) 選挙の結果を事務局長より報告させます。



◎事務局長(森重則彦君) ただいまの選挙結果を御報告いたします。

 投票総数  20票

 これは出席議員数に符合しております。

 そのうち、有効投票 20票、無効投票と棄権はございません。

 有効投票中

  高 田 悦 子 議 員   18票

  城 市   進 議 員    2票

 以上であります。

 なお、この選挙の法定得票数は5票であります。

 以上です。



○議長(浅本正孝君) ただいま事務局長が報告したとおりであります。よって、高田悦子議員が副議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議 場 開 鎖〕



○議長(浅本正孝君) ただいま副議長に当選されました高田悦子議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 高田悦子副議長から、当選承諾の御挨拶をお願いいたします。

    〔20番 高田悦子君登壇〕



◎20番(高田悦子君) ただいまは、皆様の御推挙によりまして副議長に当選をさせていただきました。まことにありがとうございました。

 私たちの任期も、残り1年となりました。私たちに課題と残っております議会改革、そしてスムーズな議会運営のために、浅本新議長をしっかりとサポートしながら、と申しましても、浅本新議長は人生の大先輩でもありますので、大船に乗ったつもりで、二人三脚でしっかりと議会運営に取り組んでまいりたいと思っております。

 先ほど浅本新議長が、みんなで仲よく、そして和気あいあいと、そして実をとっていく、こういう決意を申されましたので、私自身も浅本新議長にしっかりついて、皆様とともどもに頑張ってまいりたいと思いますので、皆様の御協力をよろしくお願いいたします。

 簡単ではございますが、御挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○議長(浅本正孝君) ここで、会議の途中ですが、暫時休憩をさせていただきます。

午前10時32分休憩 

午前10時41分再開 



○議長(浅本正孝君) 会議を再開いたします。





△日程第7.選任第2号下松市議会常任委員会の委員の選任について



○議長(浅本正孝君) 日程第7、選任第2号下松市議会常任委員会の委員の選任についてを議題といたします。

 事務局長に説明をさせます。



◎事務局長(森重則彦君) 常任委員会の選任につきまして御説明いたします。

 地方自治法第109条の規定により、条例で常任委員会を置くことができることになっています。これを受けまして、本市の委員会条例では、総務教育委員会、建設経済水道委員会及び環境福祉委員会の3つの常任委員会が置かれています。そして、議員はそれぞれ少なくとも1個の常任委員になることになっており、その任期は1年となっています。

 また、常任委員の所属は議長が会議に諮って指名することになっており、この指名につきましては、従来から議員の希望を出していただき、それを選考委員会で調整して指名する形をとっています。

 次に、委員長、副委員長のことでございますが、これは委員会条例第8条第2項の規定により、互選となっています。

 以上でございます。



○議長(浅本正孝君) 常任委員会の委員の選任につきましては、従来から第1希望、第2希望を皆さんから出していただき、選考委員会において調整をしてまいりましたが、このたびも従来からの方法で委員の選考を行いたいと思います。

 また、委員の数は、委員会条例第2条の規定により、総務教育委員会7人、建設経済水道委員会6人、環境福祉委員会7人にしたいと思います。これに異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、従来どおりの方法で委員の選考を行うことに決しました。

 お諮りいたします。選考委員は議長において指名することに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。それでは、選考委員の指名を行います。金藤哲夫議員、中村隆征議員、堀本浩司議員、藤井 洋議員、森繁哲也議員、渡辺敏之議員の6人に正副議長を加えた8人で選考委員会を設けることに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。それでは、以上のように取り計らうことにいたしました。

 これより、用紙を配付させていただきます。

    〔用 紙 配 付〕



○議長(浅本正孝君) それでは、ただいまの用紙に常任委員会の第1希望、第2希望、それに自分の氏名を忘れずに御記入を願います。記入が終わりましたら職員が用紙を集めにまいります。

    〔用 紙 回 収〕



○議長(浅本正孝君) ここでしばらく休憩いたします。選考委員の方は議長応接室にお集まりをお願いいたします。

午前10時47分休憩 

午前10時58分再開 



○議長(浅本正孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 それでは、常任委員会の選考結果を選考委員長から御報告お願いいたします。選考委員長、渡辺敏之議員。

    〔22番 渡辺敏之君登壇〕



◎22番(渡辺敏之君) 先ほど選考委員会を開きまして、年が多いということで自動的に委員長になりました。結果は、お手元にお配りしているとおりです。

 以上、報告を終わります。



○議長(浅本正孝君) ただいま選考委員長から報告がありましたように、総務教育委員7名、磯部孝義、金藤哲夫、永田憲男、堀本浩司、松尾一生、森繁哲也、渡辺敏之、以上7名。

 環境福祉委員会7名、浅本正孝、河内裕文、城市 進、高田悦子、中谷司朗、中村隆征、村田丈生、以上7名です。

 建設経済水道委員会6名、内冨 守、古賀寛三、近藤則昭、広戸一見、藤井 洋、山本朋由、以上6名です。

 以上のとおりでございます。

 御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、選考委員長の報告のとおりにそれぞれの常任委員会の委員に選任することに決定いたしました。

 次に、常任委員会の委員長及び副委員長についてでありますが、これは常任委員会条例第8条の規定により、互選ということになっておりますので、ここでしばらく休憩をして、その間に各常任委員会において委員長及び副委員長を互選していただき、議長まで報告をお願いいたします。

 しばらく休憩いたします。

午前11時02分休憩 

午前11時16分再開 



○議長(浅本正孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいま常任委員会の委員長及び副委員長がそれぞれ互選をされ、その結果の報告がありましたので、申し上げます。

 総務教育委員会

  委員長  松尾 一生議員

  副委員長 堀本 浩司議員

 建設経済水道委員会

  委員長  古賀 寛三議員

  副委員長 山本 朋由議員

 環境福祉委員会

  委員長  中村 隆征議員

  副委員長 城市  進議員

 以上であります。





△日程第8.選任第3号下松市議会議会運営委員会の委員の選任について



○議長(浅本正孝君) 日程第8、選任第3号下松市議会議会運営委員会の委員の選任を議題といたします。

 事務局長に説明をさせます。



◎事務局長(森重則彦君) 議会運営委員会の委員の選任につきまして御説明いたします。

 地方自治法第109条の2の規定により、条例で議会運営委員会を置くことができることになっております。これを受けまして、本市は委員会条例で議会運営委員会を設置し、委員の定数を9人と定めております。また、委員の任期は1年となっており、委員の選任については議長が会議に諮って指名することとなっており、この指名については常任委員会と同様、選考委員会で調整して指名しておりましたが、今回から各会派の代表者で調整し、議長が指名することとなりました。

 次に、委員長及び副委員長のことでございますが、これは委員会条例第8条第2項の規定により互選となっております。

 以上でございます。



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。この際、議長において指名することにいたしました。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議がないようでございますので、このように取り計らうことにいたします。

 ここで、委員の名簿を配付させます。

    〔名 簿 配 付〕



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、議会運営委員会の委員に、中村隆征議員、松尾一生議員、古賀寛三議員、磯部孝義議員、金藤哲夫議員、渡辺敏之議員、堀本浩司議員、藤井 洋議員、森繁哲也議員を指名いたしたいと思います。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしました9人の議員をそれぞれ議会運営委員会の委員に選任することに決しました。

 次に、議会運営委員会の委員長、副委員長についてでありますが、これは委員会条例第8条の規定により、委員会において互選することになっておりますので、ここでしばらく休憩をして、その間に委員長及び副委員長を互選していただき、議長まで報告をお願いいたします。

午前11時21分休憩 

午前11時32分再開 



○議長(浅本正孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいま議会運営委員会の委員長及び副委員長がそれぞれ互選をされ、その結果の報告がありましたので、申し上げます。

 委員長  金藤 哲夫議員

 副委員長 中村 隆征議員

 以上であります。

 ここでしばらく休憩いたします。

 お伝えをいたします。会派代表者の方は、議長応接室にお集まりいただきたいと思います。

午前11時33分休憩 

午前11時44分再開 



○議長(浅本正孝君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。





△日程第9.選挙第3号周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙について



○議長(浅本正孝君) 次に、周南地区衛生施設組合の議長から、組合議員の磯部孝義議員、堀本浩司議員の両議員より辞職願が提出をされ、4月18日をもって組合議員が欠員となるので、選出願いたい旨の依頼がありました。よって、日程第9、選挙第3号周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙を行います。

 事務局長より説明をさせます。



◎事務局長(森重則彦君) 御説明いたします。議案の裏に組合規約の抜粋を掲載しております。

 本市に組合の事務所が所在しておりますので、本市の市議会議員のうちから選挙する組合議員は2人でございます。この選挙につきましても、投票と指名推選の2通りの方法がございます。

 以上であります。



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法によりたいと思います。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。組合議員については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 周南地区衛生施設組合の議会の議員に、磯部孝義議員、堀本浩司議員を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名をいたしました磯部孝義議員、堀本浩司議員を周南地区衛生施設組合議会の議員の当選人と定めることに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしました堀本浩司議員、磯部孝義議員の両議員が周南地区衛生施設組合の議会の議員に当選されました。

 ただいま当選をされました磯部孝義議員、堀本浩司議員の両議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により当選の告知をいたします。





△日程第10.選挙第4号周南地区食肉センター組合の議会の議員の選挙について



○議長(浅本正孝君) 次に、周南地区食肉センターの組合の議長から、組合議員の渡辺敏之議員より辞職願が提出され、4月18日をもって組合議員が欠員となるので、選出願いたい旨の依頼がありました。よって、日程第10、選挙第4号周南地区食肉センター組合の議会の議員の選挙を行います。

 事務局長より説明をさせます。



◎事務局長(森重則彦君) 御説明いたします。これも規約の抜粋を議案の裏に掲載しておりますが、下松市長が組合長になっておりませんので、本市の市議会議員のうちから選挙する組合議員は1人であります。選挙の方法は、周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙と同様でございます。

 以上であります。



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法によりたいと思います。御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。組合議員については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 周南地区食肉センター組合の議会の議員に、渡辺敏之議員を指名いたしたいと思います。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名をいたしました渡辺敏之議員を周南地区食肉センター組合の議員の当選人と定めることに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしました渡辺敏之議員が周南地区食肉センター組合の議会の議員に当選されました。

 ただいま当選をされました渡辺敏之議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により当選の告知をいたします。





△日程第11.選挙第5号周南東部環境施設組合の議会の議員の選挙について



○議長(浅本正孝君) 次に、周南東部環境施設組合の議長から、議員選出の松尾一生議員、永田憲男議員の両名より辞職願が提出をされ、4月18日をもって組合議員が欠員となりますので、選出願いたい旨の依頼がありました。よって、日程第11、選挙第5号周南東部環境施設組合の議会の議員の選挙を行います。

 事務局長より説明をさせます。



◎事務局長(森重則彦君) 御説明いたします。規約の抜粋を議案の裏に掲載しておりますが、下松市長が組合長になっておりませんので、本市の市議会議員のうちから選挙する組合議員は2人でございます。選挙の方法は、周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙と同様でございます。

 以上であります。



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項により、指名推選の方法によりたいと思います。これに御異議はありませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りします。組合議員については、議長において指名することにしたいと思います。これに御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 周南東部環境施設組合の議会の議員に、永田憲男議員、松尾一生議員を指名します。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名をいたしました永田憲男議員、松尾一生議員の両議員が周南東部環境施設組合の議会の議員に当選されました。ただいま当選されました永田憲男議員、松尾一生議員の両議員が、この議場におられますので、本席から会議規則第31条2項の規定により当選の告知をいたします。





△日程第12.選挙第6号周南地区福祉施設組合の議会の議員の選挙について



○議長(浅本正孝君) 次に、周南地区福祉施設組合の議長から、組合議員の藤井 洋議員より辞職願が提出され、4月18日をもって組合議員が欠員となるので、選出願いたい旨の依頼がありました。よって、日程第12、選挙第6号周南地区福祉施設組合の議会の議員の選挙を行います。

 事務局より説明をさせていただきます。



◎事務局長(森重則彦君) 御説明いたします。これも規約の抜粋を議案の裏に掲載しておりますが、規約により、本市の市議会議員のうちから選出する組合議員は1人と規定されております。選挙の方法は周南地区衛生施設組合の議会の議員の選挙と同様でございます。

 以上であります。



○議長(浅本正孝君) お諮りいたします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選の方法によりたいと思います。御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りいたします。組合議員については、議長において指名することにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。

 周南地区福祉施設組合の議会の議員に、藤井 洋議員を指名いたしたいと思います。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名をいたしました藤井 洋議員を周南地区福祉施設組合の議会の議員の当選人と定めることによる御異議はございませんか。

    〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(浅本正孝君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名をいたしました藤井 洋議員が周南地区福祉施設組合の議会の議員に当選されました。

 ただいま当選をされました藤井 洋議員が議場におられますので、本席から、会議規則第31条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 ここで、本会議を協議会に切りかえます。

午前11時57分協議会に移る 

      監査委員の選任について、推選投票を実施。上位3人までを事務局長から報告

      (内冨 守議員18票、渡辺敏之議員2票)3位以下はゼロ票

午後0時04分再開 



○議長(浅本正孝君) 会議を再開いたします。

 以上で、本日の会議を終わります。

 次の本会議は、4月19日午前10時から開きます。長時間にわたりお疲れでございました。

午後0時06分散会 

─────────────────────────────────