議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 萩市

平成20年 6月定例会 06月06日−02号




平成20年 6月定例会 − 06月06日−02号







平成20年 6月定例会



                平成20年6月



            萩市議会定例会会議録(第2号)



                議事日程第2号



         平成20年6月6日(金曜日)午前10時開議





第1 会議録署名議員の指名

第2 議案第70号から議案第78号まで

────────────────────

〇本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 議案第70号から議案第78号まで

────────────────────

〇出席議員(30名)

       1番  大 村 赳 夫 君

       2番  岡   通 夫 君

       3番  長 岡 肇太郎 君

       4番  松 尾 義 人 君

       5番  井 関   稔 君

       6番  江 原 任 子 君

       7番  近 江 郁 宣 君

       8番  木 村 靖 枝 君

       9番  小 茅   稔 君

      10番  小 林 正 史 君

      11番  斉 藤 眞 治 君

      12番  左 野 忠 良 君

      13番  柴 田 保 央 君

      14番  杉 山 浩 司 君

      15番  世 良 眞名夫 君

      16番  田 中   良 君

      17番  坪 井   豊 君

      18番  中 村 洋 一 君

      19番  西 島 孝 一 君

      20番  西 元   勇 君

      21番  平 田 啓 一 君

      22番  藤 田 克 弘 君

      23番  丸 田 勘 次 君

      24番  宮 内 欣 二 君

      25番  守 永 忠 世 君

      26番  諸 岡 皓 二 君

      27番  横 山 賢 治 君

      28番  横 山 秀 二 君

      29番  尾 木 武 夫 君

      30番  青 木 賢 次 君

────────────────────

〇説明のため出席した者

 市長        野 村 興 兒 君

 副市長       瀧 口 治 昭 君

 教育長       岩 崎   肇 君

 総務部長      中 村 敏 雄 君

 総務部理事     迫 村 高 志 君

 総合政策部長    湯 本 重 男 君

 文化・スポーツ振興部長

           美 原 喜 大 君

 市民部長      田 邊   信 君

 保健福祉部長    藤 田   擴 君

 商工観光部長    松 原 純 二 君

 土木建築部長    岡 本   隆 君

 歴史まちづくり部長 伊 藤 富 之 君

 上下水道部長    桑 原 榮 治 君

 教育委員会事務局長 槌 田 郁 利 君

 会計管理者     山 中 伸 彦 君

 消防本部消防長   中 屋 健 司 君

 総務部次長     中 原 滝 雄 君

 農林水産部次長   大 田 直 志 君

 財政課長      杉 山 寛 校 君

 企画課長      弘 中   保 君

 選挙管理委員会事務局長

           前 田 義 博 君

────────────────────

〇事務局出席者

 事務局長      米 原 祥 三 君

 副局長       藤 岡 敏 彦 君

 主幹        奥 山   明 君

 次長補佐      浜 村 祥 一 君

 調査係長      須 郷   誠 君

────────────────────

     午前10時00分開会





○議長(青木賢次君) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(青木賢次君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、12番、左野議員、14番、杉山議員を指名いたします。

────────────────────



△日程第2 議案第70号から議案第78号まで





○議長(青木賢次君) 日程第2、議案第70号から議案第78号までの9件を議題といたします。

 これより質疑を行いますが、このあと所管の常任委員会に付託する予定でありますので、本会議においては、大綱質疑にとどめていただき、詳細につきましては委員会でされますよう御協力お願いいたします。

 また、発言者におかれましては、関連質疑や意見、要望等の事項等は控えられますようお願いいたします。

 それでは質疑を行います。

 まず、議案第70号平成20年度萩市一般会計補正予算(第1号)に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑あり」と呼ぶ者あり)24番、宮内議員。





◆24番(宮内欣二君) 今回の補正予算の中で、地域振興費に新規事業として萩・田町観光ミックス型商店街づくり拠点施設整備事業というのがありまして、1,596万6,000円という予算が計上されております。観光ミックス型商店街づくりというのは、今どの程度まで進んでいるのかということをお聞きしたいなと思っております。

 そしてまた、今度のこの事業によって入り込み客数、現在どれくらいで、どれくらい増加するであろうというような予測が立ててあるのでしょうか。その事業効果をどう見ておられるか。

 また、観光イベントの情報発信及び市民活動の推進拠点とするとあります。市民活動の推進拠点というのは、あとの市民活動支援センターこれが入るということになるんだろうと思いますけれど、それによってどのような効果が望まれるのか、どんな活用の仕方がされるのかというのをお聞きしたいと思います。

 そしてまた3点目には、アスベスト対策が必要な施設であったと聞いております。その対策、対応、どうされるのか。あとそのほかにこの施設の利用の方法というのは何か考えておられるのか、これを聞きたいと思います。

 もう1点は、社会福祉協議会活動の支援事業として、660万円計上されております。これの具体的な内容、支援事業の内容というのを例示をして示していただきたいと思っております。どんな事業が行われるのかということです。





○議長(青木賢次君) 総合政策部長。





◎総合政策部長(湯本重男君) ミックス型商店街として、この支援センターでございますが、アーケード通り側の、これ面積が約500平米ありますけれども、通りに沿った側の200平米、ここに観光客とかですね、一般の方々がいこえるスペース、またいろんな観光情報が提供できるスペースとして整備します。ということで、観光ミックス型商店街の振興に寄与したいということを考えております。

 ただ入り込み状況につきましては、現在試算をしておりませんので、どのぐらいになるのかということがこれから研究させていただきたいと思います。

 それとこの効果でございますけれども、これ市民活動団体ですか、これを登録制を考えております。登録をした団体は、公の施設でありますが無料で使っていただこうと、そういうふうに考えております。その登録した団体の活動情報とか、そういうものを皆さんに提供しますので、そういう活動団体に参加したいとか、また活動団体同士の情報交換とかネットワークづくり、そういうものに寄与するものと思っております。

 それとアスベスト対策でございますが、この建物は鉄骨造りでありまして、天井裏の鉄骨にですね、アスベストが吹きつけられているということは、建築課の方で既に確認をしておりまして、今回この工事はアスベスト部分の施工を伴わない工事ということで、建築基準法施行令等に基づいて許されている工法、囲い込み工法、これによってアスベスト対策を行います。

 以上でございます。





○議長(青木賢次君) 保健福祉部長。





◎保健福祉部長(藤田擴君) 地域福祉活性化事業でございますが、この事業につきましては、小地域において保護の支え合い活動を推進し、福祉活動を活性化するために必要な人材を配置いたしまして、拠点づくり・見守り活動を支援する事業であります。

 具体的な事業内容でありますが、よりどころづくり事業というのがございます。これは地域住民による見守り活動や、高齢者のサロン活動の拠点づくりを行うものということと、それと専任担当者を配置することによりまして、小地域のネットワークづくりを推進していく。例えば、町内会福祉部の設置を進めていくといったものでございます。

 また、地域包括支援センター、在宅介護支援センター、障害者支援センターを含め、住民と共同で小地域の相談ネットワークを構築していくといったようなものを、今予定しております。

 専任担当者を配置することによりまして、地域のニーズ、課題の掘り起こしができると。そして住民主体の支え合い、見守り体制の構築につながるものと考えております。

 以上でございます。





○議長(青木賢次君) 商工観光部長。





◎商工観光部長(松原純二君) 宮内議員の、観光ミックス型でどの程度進んでいるのかということについてお答えしたいと思います。

 18年に御成道の田町駐車場を、観光ミックス型ということで整備をしてまいりまして、その後田町の方では空き店舗等々が、平成17年の4月1日現在におきましては20店舗、そして空き地が5カ所あったとこでございますが、これがいろんな事業を実施していく中で、この6月1日現在では10店舗まで減ってきておるというのが現状でございます。

 そしてその中で、観光と特に密接するものについては、駐車場のそばにそば屋ができたこと。それからこの5月には、空き地を利用してせんぎんごんごう広場というような広場をつくり、そしてさらにはそこにオーガニックを中心としたカフェといいますか、そういったものが進出してきたと。そしてさらには、本年の2月に業務スーパー等々が出てきたということになっております。

 それから今後の動きといたしましては、株式会社御成道が空き店舗を利用いたしまして、8月上旬オープンの予定で農産物の直売所をオープンすると。そしてさらには10月の上旬には同じく御成道が、農家レストランをオープンしていくという予定で、民間の動きが今活発化されておると。

 そういった状況の中で、こういったものが進出し、またオープンすれば、当然観光客等々も入ってくることになりますし、またそれらについて観光としてもいろんな宣伝等々を行っていきたいと。

 それからもう1点、イベントの発信状況でございますが、今回この施設ができましたら、今萩市が発行しておりますパンフレット、チラシ、ポスター、そういったものをそこに置き、またポスター等については掲示をしていって、情報発信に努めていきたいというふうに考えておるところでございます。

 以上です。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。24番、宮内議員。





◆24番(宮内欣二君) 今度はぜひ市長にお聞きしたいと思っておるんですが、田町ではこうして空いていた施設を寄附をいただいたということで、お金をかけて改修し、その観光ミックス型の商店街というまちづくりを進められます。ところが、この中心ではそういうふうになってるんですが、周辺部に行きますと市が持っている施設であっても貸してくれと言ってもなかなか貸してもらえない。遊休施設であると。使うんであれば何もお金をかけませんと。改修もしません。自らの力でやってくださいというようなことになります。それでさえなかなか貸してもらえない状況にあります。この格差が一体、どうして生まれるのかなと思うんですけれど、それは何か基準があって、こういう場合には市が手を入れて、予算もかけて整備しましょう、こういう場合にはできませんというような基準があるのでしょうか。それとも市長の政策的な判断によって、ここはいいけれど、ここはまだまだだということになるのでしょうか。そこら辺がよくわからない。周辺部に行きますとよく言われるのは、旧萩市にはどんどんお金がつぎ込まれていくのに、私たちのところにはなかなか予算をつけてもらえないなということが言われます。すべてがそういうわけでは、どうしてもそういうふうに見えてしまいます。そこら辺で住民がしっかり納得できるような基準、そういうものがあるんであればお示しいただきたいし、政策的な判断であれば周辺部にも明るい話題が提供できるような、そういう政策を進めてほしいなと思ってるんですけれども、市長の考えはどういう考えをお持ちでしょうか。





○議長(青木賢次君) 市長。





◎市長(野村興兒君) 今、宮内議員がお話いただいておりますこと、かなり根源的な話でありまして、今予算の個別の審査というか、質問をお受けしてお答えすることを越えているのではないかと思いますが、せっかくお尋ねいただきましたから、お答えをさせていただきます。

 この田町のケースはまさに、具体的に今そういうことで事業が進んでおります。地域の振興組合ですか、そういう方々やいろんな方々、具体的な提案をし、また田町の御成道っていう株式会社ができまして、そこでは相当の金額が出資され、具体的な動きがございます。

 今回のこの話は、まずその広大な土地・建物を寄附をいただいたということ。そしてそれに対して、実はいろんな国の財団等ございまして、そこで10分の10の支援が得られるという見込みがあること、そういうようなことで税負担っていいますか、市民の皆さんの税金をですね、全額使うということでなくて、そういうような対応ができるという見込みがついたこと。そういったようなことで、今予算でお諮りをしているわけであります。

 したがいまして、田町一連でこの駐車場の議論も議会でさんざんいただきました。今、突然ある日どっとふえていくことはありませんけれども、一つずつ、あれだけ20以上の空き店舗がですね、現在は10以下になってきた。それもこの1年ごとにですね、この数が減ってきておりますので、そういったようなこと、一つずつ地域を挙げて取り組んでいただいておること、こういったことに対して市が、あるいはまあ議会からも今までいろんな議論をいただきましたが、そういうことで対応してきております。

 いま一つお尋ねがありましたのは、その各地域におきますいろんな課題もある。それが中央の、旧萩にのみ光が当たってるんではないか、こういう御質問でございます。各地域におきましても、具体的な話があり、例えばそういう空き店舗の話とか、そういったものが具体的にあれば、しかもそれがある程度まとまった形で、地域挙げての総意が得られれば、これはいろんな意味での財源的な手段も、この国やあるいはその財団等、公益法人等の助成もございますので、そういったことも含めていきたい。今回、例えば須佐でいいましても、あの須佐焼の売店が欲しい、まあしかもこういったものは現に空いてるですね、かつて須佐町時代につくられたあれは丸太小屋ですか、ああいったものがある、これを活用したいと、こういう御主張がありました。こういったことで何とか予算面でもですね、手当をできないかとこういうことで、これはささやかな金額でございましたけれども、そういう支援をさせていただいておるところであります。

 できる限り地域の皆さんの要望を聞く形で対応を考えていきたいと思いますが、まあ具体的な計画や内容をですね、議論できるようなこのそういうふうなものを御提案いただきますこと、まず第一だと思います。決してこの中央だけにそういったことをやろうという、そういう気持ちで対応しているわけではございませんので、具体的に各地域のそれぞれの地域が具体的ににぎわいを見せること、これが第一番だと思います。よく御理解をいただきますように、よろしくお願いします。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)ないようでありますので、質疑を打ち切ります。

 次に、議案第71号平成20年度萩市国民健康保険事業(直診勘定)特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第72号平成20年度萩市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第73号平成20年度萩市介護保険事業(保険事業勘定)特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第74号萩市防災会議条例の一部を改正する条例に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第75号工事請負契約の締結についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑あり」と呼ぶ者あり)24番、宮内議員。





◆24番(宮内欣二君) この工事は三見地区の処理場建設工事です。入札比較価格が2億2,400万円でした。それに対して落札額が2億1,310万円と、94.87%となっております。条件つき一般競争入札ということで6社が応札したという、そういう資料をいただきました。この94.87%、これをどう見るかということなんですが、予定価格が事前に公表してあるということだろうと思うんですが、その応札の幅というのは2億2,400万円という入札比較価格の中で、1番が2億1,250万円で、1番高い6番目が2億1,310万円ということで、わずか60万円の幅で6社が並んでおります。果たしてその一般競争入札というものの効果が、どこにあらわれているかなというふうに思えてならないんですが、その辺のところどう見ておられるんでしょうか。この数字をどう判断されるのかということをお聞かせいただきたい。





○議長(青木賢次君) 監理課長。





◎監理課長(迫村高志君) 今回の三見地区の処理場工事の入札の件でございますけれど、応札額につきましては、個々の業者さんがそれぞれ見積もられて応札されたわけでございますので、その額については私どもがどういうふうな判断でされたかっていうのは、ちょっと判断しかねますけれども、まあ施工可能として見積もられた額というふうに判断しております。

 で、額の差ということでございますけれども、積算体系というのがかなり土木関係しっかりしておりまして、歩掛かりまたは労務単価、資材単価等についてもかなり公表はされておりますので、積算単価についてはかなり公表されております。それぞれ積算については、大体入札比較価格相当額は、業者ははじかれると思います。そこから自分の会社としてどこまでがんばれるかということで数字を出される。やはり分掛かりというのは、やはりいろんな決まった単価というは、世間の情勢を判断されてつくられた額でありますので、これをベースにどこを下げられるかということになりますので、その差に大きく差が出ないというのが、入札の中ではよく見られる傾向ではないかというふうに思います。ダンピング入札みたいに、かなりの飛び込みの70、80という入札がたまにございますけれど、これはかなり採算を度外視したような数字の入札ではないかというふうに判断をしております。

 今回の条件つき一般競争入札の効果ということでございますけれど、あの従来言っておりました公募型指名競争入札、これを条件つき一般競争入札に移行しておりますけれども、内容的には従来から言っておりました公募型指名競争入札と、やり方については変わっておりません。ただ指名という行為を行っておりませんので、入札参加の意欲のある方、すべてが参加できますので、その点ではですね、かなり公平性が保たれるんではないか。市も発注者側の裁量で入札に参加させることをとめるということをやっておりませんので、その辺では公平性が保たれるんではないかというふうに考えてはおります。ただあの、大きく効果はあらわれるかどうかということについては、今回初めてでございますので、今後どのようになっていくのかというのは、経緯を見る必要はありますけれども、ただ従来の公募型指名競争入札と内容的は同様でございますので、その辺では今後も同じような形になっていくのではないかというふうに考えております。

 以上でございます。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)ないようでありますので、質疑を打ち切ります。

 次に、議案第76号損害賠償の額を定めることについてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第77号字の区域の変更についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第78号人権擁護委員の候補者の推薦についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 以上で、上程いたしました議案9件に対する質疑を終わります。

────────────────────



△委員会付託





○議長(青木賢次君) これより委員会付託を行います。議案第70号平成20年度萩市一般会計補正予算(第1号)から議案第77号字の区域の変更についてまでの8件の議案は、お手元に配付しております議案付託表のとおり、それぞれの所管の委員会に付託いたします。

 なお、この際お諮りいたします。議案第78号は人事案件でありますので、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(青木賢次君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第78号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これらの議案の本会議での採決は、6月18日の最終日を予定しております。

────────────────────

総務委員会

 議案第70号 平成20年度萩市一般会計補正予算(第1号)

 議案第74号 萩市防災会議条例の一部を改正する条例

 議案第76号 損害賠償の額を定めることについて

 議案第77号 字の区域の変更について



教育民生委員会

 議案第71号 平成20年度萩市国民健康保険事業(直診勘定)特別会計補正予算(第1号)

 議案第72号 平成20年度萩市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第73号 平成20年度萩市介護保険事業(保険事業勘定)特別会計補正予算(第1号)



経済建設委員会

 議案第75号 工事請負契約の締結について



付託省略

 議案第78号 人権擁護委員の候補者の推薦について

────────────────────



○議長(青木賢次君) 以上をもちまして本日の日程はすべて終了いたしました。本日の会議はこれで終わり、来週9日月曜日は午前10時より会議を開き一般質問を予定しておりますので、定刻までに御参集をお願いいたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

     午前10時24分散会

────────────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



  平成20年6月6日



   萩市議会議 長  青 木 賢 次



       議 員  左 野 忠 良



       議 員  杉 山 浩 司