議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 萩市

平成19年 9月定例会 09月07日−02号




平成19年 9月定例会 − 09月07日−02号







平成19年 9月定例会



                平成19年9月



            萩市議会定例会会議録(第2号)



                議事日程第2号



         平成19年9月7日(金曜日)午前10時開議





第1 会議録署名議員の指名

第2 議案第80号から議案第109号まで

第3 一般会計決算審査特別委員会の設置

第4 産廃処分場建設問題調査特別委員会の設置

────────────────────

〇本日の会議に付した事件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 議案第80号から議案第109号まで

日程第3 一般会計決算審査特別委員会の設置

日程第4 産廃処分場建設問題調査特別委員会の設置

────────────────────

〇出席議員(30名)

       1番  大 村 赳 夫 君

       2番  岡   通 夫 君

       3番  尾 木 武 夫 君

       4番  長 岡 肇太郎 君

       5番  松 尾 義 人 君

       6番  井 関   稔 君

       7番  江 原 任 子 君

       8番  近 江 郁 宣 君

       9番  木 村 靖 枝 君

      10番  小 茅   稔 君

      11番  小 林 正 史 君

      12番  斉 藤 眞 治 君

      13番  左 野 忠 良 君

      14番  柴 田 保 央 君

      15番  杉 山 浩 司 君

      16番  世 良 眞名夫 君

      17番  田 中   良 君

      18番  坪 井   豊 君

      19番  中 村 洋 一 君

      20番  西 島 孝 一 君

      21番  西 元   勇 君

      22番  平 田 啓 一 君

      23番  藤 田 克 弘 君

      24番  丸 田 勘 次 君

      25番  宮 内 欣 二 君

      26番  守 永 忠 世 君

      27番  諸 岡 皓 二 君

      28番  横 山 賢 治 君

      29番  横 山 秀 二 君

      30番  青 木 賢 次 君

────────────────────

〇説明のため出席した者

 市長        野 村 興 兒 君

 副市長       瀧 口 治 昭 君

 教育長       岩 崎   肇 君

 総務部長      中 村 敏 雄 君

 総合政策部長    湯 本 重 男 君

 市民部長      伊 藤 富 之 君

 保健福祉部長    米 倉   稔 君

 農林部長      白 神   崇 君

 水産部長      谷 本 隆 良 君

 商工観光部長    松 原 純 二 君

 建設部長      三 原 正 光 君

 上下水道部長    桑 原 榮 治 君

 教育次長      田 邊   信 君

 会計管理者     山 中 伸 彦 君

 消防本部消防長   中 屋 健 司 君

 総務部次長     迫 村 高 志 君

 保健福祉部次長   藤 田   擴 君

 総務課長      中 原 滝 雄 君

 財政課長      杉 山 寛 校 君

 企画課長      弘 中   保 君

────────────────────

〇事務局出席者

 事務局長      米 原 祥 三 君

 次長        藤 岡 敏 彦 君

 主幹        奥 山   明 君

 次長補佐      浜 村 祥 一 君

 調査係長      須 郷   誠 君

────────────────────

     午前10時02分開会





○議長(青木賢次君) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(青木賢次君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、7番、江原議員、21番、西元議員を指名いたします。

────────────────────



△日程第2 議案第80号から議案第109号まで





○議長(青木賢次君) 日程第2、議案第80号から議案第109号までの30件を一括して議題といたします。

 これより質疑を行いますが、このあと委員会付託を予定しておりますので、本会議においては、大綱質疑にとどめていただき、詳細につきましては委員会でされますよう御協力をお願いいたします。

 また、発言者におかれましては、関連質疑や意見、要望等の事項等は控えられますよう、重ねてお願いいたします。

 それでは質疑を行います。

 まず、議案第80号平成19年度萩市一般会計補正予算(第2号)に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑あり」と呼ぶ者あり)25番、宮内議員。





◆25番(宮内欣二君) 老人福祉のところで、地域密着型サービス拠点施設整備費補助金2,250万円、これが計上されております。小規模多機能型居宅介護施設ということでありました。この施設の萩市における整備目標というのはあるのかどうか。それから、それが介護療養病床廃止の受け皿となり得るのかどうか、このことをお聞きしたいと思います。

 それから農地費において、農地・水・農村環境保全向上対策補助金476万5,000円、これが出ております。この予算で、要望どおりの事業が賄えるのかどうかということ。そしてこの事業に対して、市長がどのような考えで進めておられるのか。特に、中には財政課が厳しいので、積極推進ができないという噂まで出ている状況です。全面的に、全市的な取り組みとして推進する考えがあるのかどうか、お聞かせいただきと思います。

 3点目は、図書館費です。この算出根拠。そしてまた、選定された人の状況によっては、減額の可能性があるのかどうか。このあたり、この三つを聞かせてください。





○議長(青木賢次君) 市長。





◎市長(野村興兒君) 3点お尋ねいただきましたが、私の方からお答えできるもの、お答えをしたいと思います。

 まず最初の、福祉関係でございますが、この小規模多機能型居宅介護施設の整備。これが萩市の福祉の施策について、合致するといいますか、市の意向が十分反映できるかという趣旨だろうと思いますが、これはもちろん、今それぞれの地域におきまして、高齢化の実態がかなりのテンポで進んでおりますので、今持っております、例えば特養の療養数が、今これで足りるのかどうか。これは今、川上地域の特養におきまして、増床を図ろうとこういったことを計画しております。そしてまた、それぞれの地域においても、できるだけそういった意味でですね、可能な限りキャパシティという観点でですね、増床を図っていきたいという意向を持っています。

 そういう中で、多機能、まあ特養ではございませんが、そういったものを補完し得る施設である。これは、私ども市がやる、あるいは福祉事業団がやるものではなくて、民間の事業団体、それは事業団も広い意味では民間でありますが、そういったところで、こういった事業展開をいただくことについては、市の方向とは全く一致してるものと、このように信じております。

 そしてまた、これが今おっしゃってるような療養型病床が制限をされる、そういった中で受け皿となり得るかどうか。このあたりについては、量的な問題、それぞれありますけれども、基本的には先ほど申しましたように、この高齢化社会に、こういった小規模多機能なもの、例えば田万川では同じような問題ありました。そういうふうに地区でですね、今お住まいのところで、できるだけ居宅型で介護ができないか。それでヘルパーの制度も運用しているわけでありますが、そういう中で住居に近いところでそういったものができないか。こういったことが今小規模多機能型の一つの意味だろうと思いますので、そういった方向に沿うものだと、こういうふうに思っています。

 それから2番目の、農林水産関係であります。農地・水・農村環境保全向上対策事業として、476万5,000円予算計上して、今審議をお願いしてるわけでありますが、既にこれは、当初予算に1,200万計上済みであります。そしてそれを補完する意味で、いろいろ各地の実情をお聞きいたしますと、まだこれは事業をやりたいという御意向を踏まえてやってるわけでありますから、今おっしゃいましたような節は、必ずしも御指摘の点では、それぞれの意向も十分踏まえてやってるということの、まさに証拠だと思います。

 これはどうしてですね、かなり抑制的に話をしてるかといいますと、ちょうど中山間地の直接払いであります。これと今から農地・水・環境整備保全というのは、ある意味では似たような事業でありますから、もし仮に同じもの、中山間地の支払いをやってですね、また同じ事業を使ったときに、じゃあ会計検査どうなるかとかですね、いろんな問題があるわけですね。これはある意味では、途中で降って沸いたような話でありまして、本来農業施策というのは、総合的に体系的に行うべきだと。それが何か、ある日突然こういったものがということでは、困るわけですね。私どもはとにかく、農業の実態に即してできる限り手当ができないか。こういう話でありますから、こういった制度ができれば、それをうまく活用してほしい。

 こういう意向でありますので、今回こういった国の施策について、13市、県内におきましても対応はまちまちであります。そういったことからおわかりいただけますように、もう少しですね、実態に応じた形、今まさに日本の農業の補助金体系は変わってるわけでありますから、本当にその担い手にならない、その補助金対象にならない人たちはどうするんだという話。そういったものも含めてですね、こういったものでカバーできればよいけれど、これは若干趣旨が違います。しかし広く、できる限りこの農業施策の展開は円滑にできるように、農業の継続ができるように、こういった思いを込めての予算のお願いでありますから、よろしくお願いいたします。

 それから図書館についてでありますが、御指摘のように、今公募をしております。新聞等で報道されておりますが、このあたりで今整備事業についてどうなるか。できるだけですね、今博物館の館長も公募いたしましたが、高木館長の今振り返ってみても、感想は計画段階から参画させていただければ、さらにですね、いろんなことができたんだろうと、こういうお話であります。できるだけ早い時期にということで、今募集をかけております。

 したがって計画は、基本的なもの、詳細はもう少し後にしたいっていうのは希望でありますが、とりあえずそういう形でしないと、もう間に合ってできませんので、新たに館長になられた人の意向も十分踏まえまして、予算のこの詳細については相談をしていきたい。こういうふうに思っています。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。図書館準備室長。





◎図書館準備室長(田邊信君) 算出根拠でございますけれども、先ほど市長が申しましたように、博物館の館長と同額で、これをあと月割りに計算して、12分の5にした数字が208万4,000円ということです。以上でございます。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。(「質疑なし」と呼ぶものあり)ないようでありますので、質疑を打ち切ります。

 次に、議案第81号平成19年度萩市介護保険事業(保険事業勘定)特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第82号平成18年度萩市一般会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑あり」と呼ぶものあり)25番、宮内議員。





◆25番(宮内欣二君) この決算を見てみますと、実質単年度収支が4億2,756万3,000円赤字になってます。歳入よりも歳出の方が単年度で上回ってるということが示されています。これだけを見て、財政破綻だなんていうようなことは言いませんけれども、厳しいやりくりがなされているという状況であるというのはわかります。

 実質公債費比率、それから、経常収支比率、これ自分で計算すりゃよかったんですが、しておりませんが、こういう指標とあわせて、今年度、地方公共団体の財政健全化に関する法律ができました。それによりますと、実質赤字比率とか、連結実質赤字比率、実質公債費比率、こういうものが新たな財政指標として話題に上っております。すぐに適用されるものではありませんけれど、若干の猶予がありますけれど、そういうものも当然数値としては出しておられると思います。そういう決算の評価、これを市長がどのようにしておられるのか。その市長の見解とあわせて、今後の財政運営についての、市長の決算を踏まえた見通し、こういうものをお聞かせいただきたいと思います。





○議長(青木賢次君) 市長。





◎市長(野村興兒君) 決算についてのお尋ねであります。具体的に今、議会にお諮りをしておりますこの決算につきまして、私どもといたしましては、非常に厳しい中、非常に運営に努力をしてきた。こういうことであります。要はそれぞれの分野において状況は違いますけれども、かなり頑張った成果であると。

 今御指摘ございましたように、財政健全化法案というのが、先の通常国会で通りました。四つの指標をもってして、地方自治体のいろんな財政状況を縛っていくという話でありますが、この内容は、政省令の内容を今から精細詰められまして、最終的にどういうふうな指標になっていくか、大まかなところはわかっておりますが、まだわからない部分がある。

 私どもは、実は総務省に対しましてはですね、これは合併をした市町村と、合併をしない市町村と、同列に論じてもらうのは困る、こういってるわけですね。なぜかと言いますと、合併をいたしますと、この指標が必ず悪くなる。特に私どものように、七つの市町村が合併いたしますと、これは人件費は当然、通常の規模の自治体に比べてふえるわけでありまして、そうしますと経常収支比率がふえる。いろんなものがですね。こういうようなものを努力をしたところと、努力をしないところと、一緒にして十把一からげにやるのか。こういう議論をしています。なかなか聞いてもらえません。これも同じ総務省が出した指示じゃないかと、同じように合併をしたんじゃないか。努力をしたところと、そういったものもちゃんと。

 こういったことで、20年度の決算においてこれを評価していくということでありますから、今まだ議員の御指摘のように、時間的な余裕がございます。今できる限りそういった意味で財政運営、厳正にやっていこう。公債の関係、実質公債費比率も含めたですね、いろんな意味での指標を、今念査しております。財政課、今大変な作業やっておりますが、いずれにいたしましても、適正な運営ができますように努力をしているところでありますので、ぜひ議会におかれましても、御協力をいただきますようによろしくお願い申し上げます。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)ないようでありますので質疑を打ち切ります。

 次に、議案第83号平成18年度萩市住宅新築資金等貸付事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第84号平成18年度萩市福祉援護資金貸付事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第85号平成18年度萩市土地取得事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第86号平成18年度萩市国民健康保険事業(事業勘定)特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第87号平成18年度萩市国民健康保険事業(直診勘定)特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第88号平成18年度萩市老人保健事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第89号平成18年度萩市介護保険事業(保険事業勘定)特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第90号平成18年度萩市介護保険事業(介護サービス事業勘定)特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第91号平成18年度萩市簡易水道事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第92号平成18年度萩市公共下水道事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第93号平成18年度萩市特定環境保全公共下水道事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第94号平成18年度萩市農業集落排水事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第95号平成18年度萩市漁業集落排水事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第96号平成18年度萩市林業集落排水事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶものあり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第97号平成18年度萩市特定地域生活排水事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第98号平成18年度萩市個別排水事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第99号平成18年度萩市駐車場事業特別会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第100号平成18年度萩市水道事業会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第101号平成18年度萩市病院事業会計決算認定についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第102号郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第103号学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第104号萩市一般住宅条例の一部を改正する条例に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第105号萩市火災予防条例の一部を改正する条例に対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第106号工事請負契約の締結についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑あり」と呼ぶ者あり)25番、宮内議員。





◆25番(宮内欣二君) 市議会議長会主催の研修がありまして、こういう工事請負契約の締結について、議会での審議が行われていないということが言われまして、こういう議案に対してもきちんと疑問があれば、きちんと示してチェック機能を果たせということが、前鳥取県知事片山さんからお話がありましたが、そう思いまして、今回は特にこういうものにも質疑をしてみたいと思っております。

 公募型の指名競争入札ということで、10社、これが示されました。ところが、入札に参加したのは7社、3社が辞退しました。なぜこんなことになるのかと思います。

 そして、落札の価格が税抜きだろうと思います。4億4,280万円。ところが一番高い金額で応札した、最下位ですけれども、これが7億5,000万円ということで、その差額が3億円余り。この3億円余りの差を見て、そしてまた自分で応募して辞退した3社がいるということを見て、えらい不自然だなと思うんです。

 予定価格の設定。これが適正だったのかどうか。それから、これだけ差がある背景というのは、どんなものがあるのかというのを考えておられるか。それから、工事が仕様どおりに適正に行われる、そういう保証というか、監理監督体制というのは十分できているのかどうか。その3点についてお聞かせいただきたい。





○議長(青木賢次君) 市長。





◎市長(野村興兒君) このような工事請負契約の締結につきましての、議会の議決をいただく、承認をいただくという制度であります。今おっしゃったように、なかなか今まではそういった個々の御質問をいただいておりませんが、そのあたりについては、私どもはその現状それぞれ、大変厳正に行っているわけであります。

 今、具体的にお尋ねがあります件について、これは公募型指名競争入札でありまして、今言うように条件つきの一般競争入札と同じことなんですね。私どもは、これは県内でも本当に早い時期から始めました。県内におきましても予定価格を公表するということは、初めやろうとしたら、大変圧力がかかりました。したがって設計金額でやってきたわけですけれども、そういうふうに私どもの入札関係は、大変先駆的にやっております。

 今回の場合も、最低価格の制度を設けておりません。したがって、各社まさに競争であります。したがって、本来価格についての設定については、これは単価がいろんな意味で決まっているわけでありますから、そういった意味で、それに基づいて私どもは裁量でもってやっているものは決してありません。そういったことで構成をしております。

 しかし、こういったIT関係の競争は大変激烈、熾烈でございまして、かなり各地におきましても差ができてるのが実態であります。で、3社が途中で落ちた理由は、後担当の方からお答えをいたしますが、確か近隣で工事を発注したとか、そういった話だったと思います。これは詳しくは担当の方からお答えをいたしますけども、そういうふうに最低価格を設けない場合は、かなりのレベルで差が出てくる。これはまさに競争が行われ始めたということでありまして、全国で環境関係、IT関係、同じような状況が出ております。

 普通の自治体は、皆最低価格を設けますのでそこへ集中いたします。そういうようなこと、私どもやっておりませんので、下がるところに下がると、こういうことであります。それをどうやって性能的なものを保証していくか、こういったことのチェックをですね、私どもはしっかりやっていこう。こういうことでありますので、決してここにおいて、何か予定価格の設定がおかしいんじゃないかとか、そういうことは決してございませんし、差があるというのは、競争が行われている。本当にこれでできるかどうかという話を、どうやって今からですね担保するか、そういったような性能保証みたいなことを考えていくことが、私どもの努めだと思っています。

 担当の方からお答えいたします。





○議長(青木賢次君) 監理課長。





◎総務部次長(迫村高志君) 10社指名いたしまして、7社が応札をいたしまして、3社が辞退ということでございます。3社の辞退、個々にそれぞれ事情を聞いておりますけれども、主なものといたしましては、一つは指名通知をしたときに、詳細な仕様書を渡しますけれども、その仕様内容を確認して対応ができない。それと、先ほど市長も申しましたように、他市でまた同様の工事が発注をされております。そこで受注された業者さんについては、配置技術者が確保することが困難になったというようなお話がございまして、その辺のことを総合的に判断されて辞退をされたということでございます。

 以上でございます。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)ないようでありますので質疑を打ち切ります。

 次に、議案第107号損害賠償の額を定めることについてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 次に、議案第108号市営土地改良事業の変更についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑あり」と呼ぶ者あり)25番、宮内議員。





◆25番(宮内欣二君) この事業の変更に至った理由というのは、どんなものが挙げられるんでしょうか。





○議長(青木賢次君) 農林部長。





◎農林部長(白神崇君) 議案第108号の変更理由でございますけれども、それぞれ農村総合整備統合事業、あるいは中山間地域総合整備事業等々を旭、むつみ、福栄で実施をしております。

 これの変更理由、いわゆるこの議会の議決を要することについては、土地改良事業において、事業費の変更が10%以上の増減及び受益面積の20%以上の増減等になった場合には、事業計画の変更、これをする。なおかつ議会の議決を要する。これが土地改良事業法に規定されております。

 それぞれ、旭等におきましても、いわゆる整備面積の減少。あるいは事業費の立木補償等で、事業費の減額。むつみ地区におきましても、事業費の減額等が出ております。福栄地区においても、事業費の減額等が出ております。これは当初計画において、それぞれ土地改良法に定める範疇の変更が、いわゆるすべて減額でございますけれども、そういう格好になりましたので、市議会の議決を要するという議案でございます。

 以上でございます。





○議長(青木賢次君) ほかにありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)ないようでありますので質疑を打ち切ります。

 次に、議案第109号市営土地改良事業の施行についてに対する質疑を行います。質疑はありませんか。(「質疑なし」と呼ぶ者あり)





○議長(青木賢次君) 質疑なしと認めます。

 以上で、上程いたしました議案30件に対する質疑を終わります。

────────────────────



△日程第3 一般会計決算審査特別委員会の設置





○議長(青木賢次君) 次に、この後委員会付託についてお諮りすることになりますが、この際日程第3一般会計決算審査特別委員会の設置の件をあわせて議題といたします。

 議案第82号平成18年度萩市一般会計決算認定については、27名をもって構成する一般会計決算審査特別委員会を設置し、これに付託し審査することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶものあり〕





○議長(青木賢次君) 御異議なしと認めます。よって、議案第82号は27名をもって構成する一般会計決算審査特別委員会を設置して、これに付託し審査することに決定いたしました。

 次に、特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第8条第1項の規定により、議長の指名によることになっております。同特別委員会委員に、正副議長、議会選出監査委員を除く27名の議員を指名いたします。

 それでは、特別委員会の正副委員長の互選を行っていただくため、一般会計決算審査特別委員会を全員協議会室に直ちに招集いたします。正副委員長の互選が終わりますまで、暫時休憩いたします。

     午前10時31分休憩

────────────────────

     午前10時47分再開





○議長(青木賢次君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 一般会計決算審査特別委員会の正副委員長の互選が終わりました。委員長に、7番、江原議員、副委員長に、5番、松尾議員。以上のとおりであります。

 この際、正副委員長のごあいさつをお願いいたします。7番、江原議員、5番、松尾議員。

  〔決算審査特別委員長 江原任子君登壇〕

  〔決算審査特別副委員長 松尾義人君登壇〕





◆7番(江原任子君) ただいま一般会計決算審査特別委員会の委員長に、私、江原が、副委員長に松尾議員が任命を受けました。もとより、力量はございませんけれども、誠心誠意努めてまいりたいと思います。委員の皆様におかれましては、審査は厳正にかつ円滑に進められるよう、何とぞ御協力のほどよろしくお願い申し上げます。





○議長(青木賢次君) 正副委員長のあいさつは終わりました。

────────────────────



△委員会付託





○議長(青木賢次君) これより、議案第82号を除くその他の議案について委員会付託を行います。議案第80号ほか28件を、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の委員会に付託いたします。

────────────────────

総務委員会

 議案第 80号 平成19年度萩市一般会計補正予算(第2号)

 議案第 85号 平成18年度萩市土地取得事業特別会計決算認定について

 議案第102号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例

 議案第105号 萩市火災予防条例の一部を改正する条例

 議案第107号 損害賠償の額を定めることについて



教育民生委員会

 議案第 81号 平成19年度萩市介護保険事業(保険事業勘定)特別会計補正予算(第1号)

 議案第 83号 平成18年度萩市住宅新築資金等貸付事業特別会計決算認定について

 議案第 84号 平成18年度萩市福祉援護資金貸付事業特別会計決算認定について

 議案第 86号 平成18年度萩市国民健康保険事業(事業勘定)特別会計決算認定について

 議案第 87号 平成18年度萩市国民健康保険事業(直診勘定)特別会計決算認定について

 議案第 88号 平成18年度萩市老人保健事業特別会計決算認定について

 議案第 89号 平成18年度萩市介護保険事業(保険事業勘定)特別会計決算認定について

 議案第 90号 平成18年度萩市介護保険事業(介護サービス事業勘定)特別会計決算認定について

 議案第101号 平成18年度萩市病院事業会計決算認定について

 議案第103号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例



経済委員会

 議案第75号 萩市観光文化センターの設置及び管理に関する条例を廃止する条例



建設委員会

 議案第 99号 平成18年度萩市駐車場事業特別会計決算認定について

 議案第106号 工事請負契約の締結について

 議案第108号 市営土地改良事業の変更について

 議案第109号 市営土地改良事業の施行について



建設委員会

 議案第 91号 平成18年度萩市簡易水道事業特別会計決算認定について

 議案第 92号 平成18年度萩市公共下水道事業特別会計決算認定について

 議案第 93号 平成18年度萩市特定環境保全公共下水道事業特別会計決算認定について

 議案第 94号 平成18年度萩市農業集落排水事業特別会計決算認定について

 議案第 95号 平成18年度萩市漁業集落排水事業特別会計決算認定について

 議案第 96号 平成18年度萩市林業集落排水事業特別会計決算認定について

 議案第 97号 平成18年度萩市特定地域生活排水事業特別会計決算認定について

 議案第 98号 平成18年度萩市個別排水事業特別会計決算認定について

 議案第100号 平成18年度萩市水道事業会計決算認定について

 議案第104号 萩市一般住宅条例の一部を改正する条例



一般会計決算審査特別委員会

 議案第 82号 平成18年度萩市一般会計決算認定について

────────────────────



△日程第4 産廃処分場建設問題調査特別委員会の設置





○議長(青木賢次君) 次に、議案第4産廃処分場建設問題調査特別委員会の設置の件を議題といたします。

 今回新たに特別委員会を設置することについて、その目的理由を申し上げ、お諮りしたいと思います。

 自治体における産業廃棄物最終処分場建設にかかわる紛争は、全国的にも多く見受けられるところでありますが、当萩市においても福栄地域の黒川・羽賀台地区において民間事業における建設が計画されていることは、既に御承知のところであります。

 この計画地は、集落が近接している地域であり、特に湧水を飲料水源としていることから、直接市民生活に悪影響をもたらすことも懸念されるほか、環境保全の面においても多くの問題を含むところであります。現在、民間において結成された建設反対を主張される団体を中心に、積極的な諸活動が展開されているところであります。

 議会といたしましても、市民が将来にわたって安心して暮らせ、すばらしい歴史と自然豊かな萩市を後世に継承すべき観点から、昨年12月定例会において「産業廃棄物最終処分場の設置に反対する決議」を全会一致で可決したところであります。

 ついては、本建設問題を緊急性の高い重要課題と位置づけ、建設反対の立場から、今後も継続的に推移を見極めつつ、執行部との情報連携を緊密に図りながら、これら対応について調査研究を進めるため、委員会を設置しようとするものであります。

 以上であります。

 お諮りいたします。ただいま申し上げました特別委員会を委員会条例第6条の規定により設置いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶものあり〕





○議長(青木賢次君) 御異議なしと認めます。したがって、特別委員会を設置することに決定いたしました。

 次にお諮りいたします。ただいま設置いたしました特別委員会の名称及び定数は、産廃処分場建設問題調査特別委員会とし、委員は8名といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶものあり〕





○議長(青木賢次君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいまのとおり決定いたしました。

 続いてお諮りいたします。ただいま設置いたしました特別委員会は、設置目的に関して議会の閉会中においても、閉会中の調査事件として調査できるものとし、さらに議会において終結の議決をするまで継続して活動できるものとしたいと思います。これに御異議ありませんか。

  〔「異議なし」と呼ぶものあり〕





○議長(青木賢次君) 御異議なしと認めます。したがって、これらの特別委員会は議会において終結の議決をするまで、継続して活動できるものと決定しました。

 これより特別委員会委員の選任をいたします。産廃処分場建設問題調査特別委員会委員に、岡議員、斉藤議員、柴田議員、中村議員、西島議員、藤田議員、宮内議員、横山賢治議員を選任いたします。

 それでは、特別委員会の正副委員長の互選を行っていただくため、産廃処分場建設問題調査特別委員会を第1委員会室に直ちに招集いたします。

 正副委員長の互選が終わりますまで、暫時休憩いたします。

     午前10時53分休憩

────────────────────

     午前11時06分再開





○議長(青木賢次君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 特別委員会の正副委員長の互選が終わりました。御報告いたします。産廃処分場建設問題調査特別委員会委員長に、14番、柴田議員、副委員長に、12番、斉藤議員。以上のとおりであります。

 この際、正副委員長のごあいさつをお願いいたします。14番、柴田議員、12番、斉藤議員。

  〔産廃処分場建設問題調査特別委員長 柴田保央君登壇〕

  〔産廃処分場建設問題調査特別副委員長 斉藤眞治君登壇〕





◆14番(柴田保央君) ただいま新たに設置をされました産廃処分場建設問題調査特別委員会、先ほど委員会を招集されまして、私、委員長に柴田保央、そして副委員長に斉藤議員、それぞれ任命をされました。これから市民の立場に立って、いろんな意味でこの調査問題、謙虚に当たっていきたいと、このように思っております。議長さんから、最初に御報告がありましたように、当問題については、今重要な課題であります。そのことにつきまして、冒頭申しましたように、市民の立場に立った調査研究を、議員ともども一生懸命頑張ってまいりたいと、このように思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。





○議長(青木賢次君) 正副委員長のあいさつは終わりました。





○議長(青木賢次君) 以上をもちまして本日の日程はすべて終了いたしました。来週10日は午前10時より会議を開き、一般質問を予定しておりますので、定刻までに御参集願います。

 本日はこれをもって散会いたします。

     午前11時08分散会

────────────────────

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。



  平成19年9月7日



   萩市議会議 長  青 木 賢 次



       議 員  江 原 任 子



       議 員  西 元   勇