議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 宇部市

平成 13年 9月定例会(第3回) 09月21日−06号




平成 13年 9月定例会(第3回) − 09月21日−06号









平成 13年 9月定例会(第3回)


平成13年 9月(第3回)宇部市議会定例会会議録 第6号
議 事 日 程 (第6号)
        平成13年9月21日(金曜日)
      午前10時開議      
第1 会議録署名議員の指名
第2 議案第62号から第64号までについて(企業会計決算審査特別委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
 議案第62号 平成12年度宇部市水道事業会計決算認定の件
 議案第63号 平成12年度宇部市交通事業会計決算認定の件
 議案第64号 平成12年度宇部市ガス事業会計決算認定の件
第3 議案第72号、第73号及び第79号について(文教民生委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
 議案第72号 宇部市国民健康保険条例中一部改正の件
 議案第73号 宇部市立幼稚園授業料徴収条例中一部改正の件
 議案第79号 土地取得の件(川上中学校用地)
第4 議案第66号、第74号及び第80号について(産業経済委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
 議案第66号 平成13年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1回)
 議案第74号 宇部市中央卸売市場業務条例中一部改正の件
 議案第80号 市営土地改良事業の施行の件(岩田地区)
第5 議案第67号、第68号、第75号から第77号まで、第81号及び第82号について(都市建設委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
 議案第67号 平成13年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)
 議案第68号 平成13年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第1回)
 議案第75号 宇部市営住宅条例中一部改正の件
 議案第76号 宇部市手数料徴収条例中一部改正の件
 議案第77号 宇部市住居表示審議会設置条例中一部改正の件
 議案第81号 工事請負契約締結の件(東山団地市営住宅建替(建築主体)工事)
 議案第82号 土地取得の件(公共事業代替用地)
第6 議案第65号、第69号から第71号まで及び第78号について(総務財政委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
 議案第65号 平成13年度宇部市一般会計補正予算(第1回)
 議案第69号 宇部市税賦課徴収条例中一部改正の件
 議案第70号 宇部市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例中一部改正の件
 議案第71号 宇部市消防団員等公務災害補償条例中一部改正の件
 議案第78号 物品購入の件(救助工作車及び救助用資機材)
第7 意見書案第3号について……(総合審議)
 意見書案第3号 地方税財源の拡充を求める意見書
第8 決議案第1号及び第2号について……(総合審議)
 決議案第1号 市民生活を支える道路整備の推進を求める要望決議
 決議案第2号 米国における同時多発テロ事件に関する決議
第9 中核都市建設促進対策特別委員会の名称の変更
第10 閉会中の継続審査の申し出に対する決定について
 (総務財政委員会)
 平成12年請願第6号 消費税の大増税計画の中止を求める請願
 平成12年請願第7号 日本政府に対して非核三原則の法制化を求める請願
 (文教民生委員会)
 平成12年請願第1号 宇部市内の小中学校の歴史教科書採択に関する請願
 平成12年請願第3号 児童館の建設を求める請願
 平成12年請願第9号 介護保険の緊急改善をもとめる請願
 (産業経済委員会)
 平成11年請願第 8 号 看護婦(士)の労働条件改善を求める請願
 平成11年請願第10号 深刻な雇用・失業情勢に対応した労働行政の充実・強化をはかる旨の意見書採択を求める請願
 平成12年請願第 4 号 「輸入急増農産物に対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書」採択を要請する請願
第11 閉会中の継続調査の申し出に対する決定について
 (総務財政委員会)
 1 防災計画について
 2 男女共同参画社会について
 3 財政(地方債)について
 4 消防(救急体制の充実)について
 5 情報公開制度について
 6 ITの推進について
 (文教民生委員会)
 1 老人福祉関係・介護実態調査について
 2 小・中学校等の視察現況調査について
 3 ごみ減量化に向けての研究調査について
 4 児童福祉対策(学童保育)について
 5 生涯学習の取り組みについて
 6 健康づくりの推進(健康日本21・健やか親子21)について
 (産業経済委員会)
 1 宇部市の観光資源について
 2 交通局の健全経営について
 3 ガス局の経営について
 4 善和養鶏場について
 5 地場産業の育成について
 (都市建設委員会)
 1 常盤公園整備計画について
 2 都市計画(地区計画)について
 3 住宅行政について
 4 水道事業について
 5 「宇部市公共工事コスト縮減行動計画」について
 6 下水道事業について
本日の会議に付した事件・日程の全部
出席議員(31名)
      1番  真 鍋 恭 子 君       2番  岡 本 公 一 君
      3番  村 上 恵 子 君       4番  射 場 博 義 君
      5番  岡 村 精 二 君       6番  柴 田 敏 彰 君
      7番  青 木 晴 子 君       8番  志 賀 光 法 君
      9番  兼 広 三 朗 君      10番  植 松 洋 進 君
     11番  有 川 眞理子 君      12番  大 野 京 子 君
     13番  新 城 寛 徳 君      14番  佐 原 紀美子 君
     15番  川 上 和 恒 君      16番  林     勉 君
     18番  三 戸   充 君      19番  広 重 市 郎 君
     20番  杉 山 孝 治 君      21番  荒 川 憲 幸 君
     22番  飯 田 幸 正 君      23番  松 岡 惣 一 君
     24番  岩 村   実 君      25番  田 中 敏 弘 君
     26番  岩 内 道 生 君      27番  安 平 幹 郎 君
     28番  野 田 隆 志 君      29番  田 中 治 栄 君
     30番  河 村 泰 輔 君      31番  山 下 勝 由 君
     32番  桜 田 高 祥 君
欠席議員(1名)           
     17番  小 川 裕 己 君
説明のため出席した者
市長      藤 田 忠 夫 君 助役      縄 田 欽 一 君
収入役     花 井 正 明 君 常勤の監査委員 山 根 隆 義 君
教育長     前 田 松 敬 君 水道事業管理者 今 井 信 之 君
交通事業管理者 三 戸 宏 文 君 ガス事業管理者 三奈木   香 君
総務部長    矢 富 敏 肆 君 財務部長    横 屋 幸 児 君
市民環境部長  福 山 清 二 君 健康福祉部長  古 林 信 義 君
健康福祉部長(福祉事務所長) 内 平 俊 雄 君 経済部長 山 根 政 晴 君
土木建築部長  岩 本 哲 男 君 都市開発部長  岡 田 勝 長 君
下水道部長   下 道 英 雄 君 消防長     原 谷 恒 雄 君
教育次長    大 塚   徹 君
事務局職員出席者
局長     岡 田   惇 君 次長   吉 本 栄 三 君
議事課長   伊 藤   勇 君 庶務課長 山 根 正 弘 君
議事課長補佐 小 田 周 志 君 調査係長 山 田 敏 之 君


      午前10時開議      



○議長(野田隆志君) おはようございます。これより、本日の会議を開きます。

    〔諸般の報告〕



○議長(野田隆志君) この際、事務局から諸般の報告をいたさせます。



◎事務局次長(吉本栄三君) 報告いたします。

 本日の出席議員数は、ただいま31名であります。

 なお、小川議員は欠席の旨届け出がありました。

 次に、各常任委員長及び企業会計決算審査特別委員長から、9月20日付をもちまして、付託事件に対する審査報告書を受理いたしました。

 次に、総務財政委員長、文教民生委員長、産業経済委員長から、同日付をもちまして、目下委員会において審査中の事件について、閉会中の継続審査の申出書を受理いたしました。

 次に、各常任委員長から、同日付をもちまして、所管事務について閉会中の継続調査の申出書を受理いたしました。

 次に、付議事件の追加提出について申し上げます。

 本日付をもちまして、杉山議員提出、5人の賛成議員による地方税財源の拡充を求める意見書案及び桜田議員提出、5人の賛成議員による市民生活を支える道路整備の推進を求める要望決議案外1件の決議案の提出がありました。

 以上で報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、諸般の報告は終わりました。



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(野田隆志君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において岡村精二君、田中治栄君を指名いたします。



△日程第2議案第62号から第64号までについて(企業会計決算審査特別委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第2、企業会計決算審査特別委員会から報告のありました議案第62号から第64号までの3件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。林企業会計決算審査特別委員長。

    〔16番 林   勉 君 登壇〕



◆16番(林勉君) おはようございます。

 ただいま議題となりました議案第62号平成12年度宇部市水道事業会計決算認定の件外2件について、付託されました企業会計決算審査特別委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第63号及び第64号の2件については全会一致をもって、また、議案第62号については賛成多数をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、認定すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の概要として、審査の過程でなされた質疑、要望の主なものを申し上げます。

 最初に、議案第62号平成12年度宇部市水道事業会計決算認定の件についてであります。

 まず、鉛製給水管の取り替えに対する取り組みについて質したところ、給水管は個人の財産であるので、取り替えに係る費用は個人の負担となるが、鉛管に関する情報提供を積極的に行うことにより、使用者の理解を得ながら、布設替えの推進に努めたい。

 なお、平成12年度においては、複数箇所の鉛管に対して、流水及び停滞水について鉛の溶出検査を実施し、いずれも現在の水質基準をクリアしているとの結果を得たところである。今後は、市内随所で鉛管の現存調査を行うとともに、鉛の溶出検査を続け、実態に即した対策を講じたい、とのことでありました。

 次に、塩素の使用量及び注入率の増加の原因について質したところ、平成12年度においては、前年度に比べ水温、気温とも高く、真夏日も倍近くあったため、結果として塩素の使用量、平均的注入率が増加した。今後とも、塩素を適正に注入することにより、残留塩素の低減化を図って、できる限り塩素臭のない、安全でおいしい水の供給に努めたい、とのことでありました。

 次に、有収率及び有収水量の低下の原因について質したところ、有収率の低下については、昨年6月から7月にかけて、旧市内でかなりの漏水があったこと、また、本年1月には、寒波のため、水道管の破裂による漏水が多数発生したことが原因である。

 一方、有収水量の低下については、漏水もその原因のひとつではあるが、景気の低迷に伴い大口需要家の使用量が減少したこと、また、市民の節水意識の向上、節水機器の普及にもよるところである、とのことでありました。

 次に、地震等災害時における飲料水の確保について質したところ、平成12年度においては、西ケ丘配水池に緊急遮断弁を設け、既に設置されている桃山配水池分と合わせて1万8,000トン、市民の約3週間分の飲料水が確保できることとなった。

 なお、桃山配水池については、南側配水池との相互融通が可能となっている。また、13年度には、宇部市と小野田市との間で相互融通がなされ、これにより日量8,000トンの水量が確保できることになる、とのことでありました。

 なお、審査の過程において、以下の要望がなされました。

・安全でおいしい水の供給に資するため、鉛管の取り替えに対する貸付制度を創設されたい。

・安定的な市民生活の確保と適正な水道料金の維持のため、漏水防止対策について、その充実・強化と効果的な投資に努められたい。

・水道事業の健全経営のため、未収金の確実な回収に努められたい。

・水道料金の減免については、制度の周知に、より一層努力されたい。

・企業債の借り換えについては、将来の健全経営に資するため、積極的な情報収集に意を用い、より一層努力されたい。

 以上が、水道事業会計決算の審査の過程においてなされた質疑、要望の主なものであります。

 次に、議案第63号平成12年度宇部市交通事業会計決算認定の件についてであります。

 まず、乗合部門における走行距離の減少について質したところ、平成12年4月から土曜日のダイヤを一部改正したことにより、走行キロ数が一日平均約120キロメートル減少した。これは、乗客の利用実態を調査した結果に基づき実施したものであるが、便数の増減については、特に地元関係者とも十分協議しながら、慎重に対処していきたい、とのことでありました。

 次に、貸切部門の伸び悩みの要因と今後の見通しについて質したところ、貸切部門について、平成12年度においては、イベント等により輸送人員が若干増加したものの、規制緩和の影響から、各社間の料金の値引き競争が激化したため、収入自体は減少している。なお、13年度においては、きらら博の開催により、7月から9月の3カ月間について、前年度に対し170から180%の増収を見込んでいる。

 今後は、シーズンオフの稼働率アップに力を入れるとともに、乗合部門との収益バランスを念頭において、貸切部門の需要拡大に鋭意努力したい、とのことでありました。

 次に、環境対策のための具体的な実施策について質したところ、現在、年次的に、排ガス規制法やバリアフリー法に適合した車種を導入しているところである。また、平素の運行に当たっても、黒煙の原因となる高負荷運転、急発進、急停車の防止や、アイドリングストップの実施等により、燃料の消費量と排気ガスなどの低減化に努めるよう指導を行っている、とのことでありました。

 なお、審査の過程において、以下の要望がなされました。

・ダイヤの改正に当たっては、市営バスが真に市民の足として利用されるよう、今後とも、利用者の利便性に十分配慮されたい。

・今後の交通事業のあり方については、まちづくりの視点を含めた全庁的な見地から、市職員一丸となって取り組まれたい。

・今後の事業経営に当たっては、乗客増、収入増を図るための経営努力について、より一層真剣に取り組まれたい。

 以上が、交通事業会計決算の審査の過程においてなされた質疑、要望の主なものであります。

 次に、議案第64号平成12年度宇部市ガス事業会計決算認定の件についてであります。

 前年度に比べ純利益が激減した原因について質したところ、平成12年度においては、原料費の平均単価が前年度に比較して10円8銭値上がりしたことにより、金額として約5,000万円の上昇を見たことが主な原因である、とのことでありました。

 なお、審査の過程において、今後の事業経営に当たっては、より一層の経営努力によって、ガス販売量の増加を図り、収益の安定的確保に努力されたいとの要望がなされました。

 以上が、ガス事業会計決算の審査の過程においてなされた質疑、要望の主なものであります。

 以上、委員会における審査の結果及び審査の概要を御報告いたしました。

 公営三企業におかれましては、審査の過程で委員からなされた意見、要望を真摯に受け止め、企業経営の健全化と市民福祉の向上に向けて、より一層努力されんことを要望いたしまして、企業会計決算審査特別委員会の報告を終わります。

 よろしく御審議くださるようお願いいたします。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第62号から第64号までの3件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第62号平成12年度宇部市水道事業会計決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第63号平成12年度宇部市交通事業会計決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第64号平成12年度宇部市ガス事業会計決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。



△日程第3議案第72号、第73号及び第79号について(文教民生委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第3、文教民生委員会から報告のありました議案第72号、第73号及び第79号の3件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。田中敏弘文教民生委員長。

    〔25番 田中 敏弘 君 登壇〕



◆25番(田中敏弘君) ただいま議題となりました議案第72号宇部市国民健康保険条例中一部改正の件外2件について、付託されました文教民生委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第72号及び第79号の2件については、全会一致をもって、また、議案第73号は賛成多数をもって本日お手元に配付の審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の概要についてでありますが、本席から特に補足して申し上げる事項はございません。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、文教民生委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第72号、第73号及び第79号の3件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第72号宇部市国民健康保険条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第73号宇部市立幼稚園授業料徴収条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第79号土地取得の件(川上中学校用地)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第4議案第66号、第74号及び第80号について(産業経済委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第4、産業経済委員会から報告のありました議案第66号、第74号及び第80号の3件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。広重産業経済委員長。

    〔19番 広重 市郎 君 登壇〕



◆19番(広重市郎君) ただいま議題となりました議案第66号平成13年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1回)外2件について、付託されました産業経済委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第66号、第74号及び第80号の3件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の概要については、本席から特に御報告申し上げる事項はありません。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、産業経済委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第66号、第74号及び第80号の3件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第66号平成13年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第74号宇部市中央卸売市場業務条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第80号市営土地改良事業の施行の件(岩田地区)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第5議案第67号、第68号、第75号から第77号まで、第81号及び第82号について(都市建設委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第5、都市建設委員会から報告のありました議案第67号、第68号、第75号から第77号まで、第81号及び第82号の7件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。新城都市建設委員長。

    〔13番 新城 寛徳 君 登壇〕



◆13番(新城寛徳君) ただいま議題となりました議案第67号平成13年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)外6件について、付託されました都市建設委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第67号、第68号、第75号から第77号まで、第81号及び第82号の都合7件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の概要について申し上げます。

 議案第81号工事請負契約締結の件(東山団地市営住宅建替(建築主体)工事)についてでありますが、市営住宅の建て替えに当たり、新たにエレベーターを設置する計画はないか質したところ、これまで、入居者の利便を考慮して、1階部分を高齢者世帯向け、2階以上を一般向けの住宅とすることを市の方針としてきた経緯がある。今後とも、階段の勾配を緩やかにするなど、さまざまな配慮に意を用いつつ、基本的にはこの方針に則して事業を進めてまいりたい、とのことでありました。

 なお、この件に関連し、市営住宅へのエレベーター設置については、将来を見据えた検討がなされるよう要望がありましたので、申し添えます。

 その他の議案については、本席から特に御説明申し上げる事項はありません。

 よろしく御審議くださるようお願いし、都市建設委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第67号、第68号、第75号から第77号まで、第81号及び第82号の7件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第67号平成13年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第68号平成13年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第75号宇部市営住宅条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第76号宇部市手数料徴収条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第77号宇部市住居表示審議会設置条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第81号工事請負契約締結の件(東山団地市営住宅建替(建築主体)工事)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第82号土地取得の件(公共事業代替用地)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第6議案第65号、第69号から第71号まで及び第78号について(総務財政委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第6、総務財政委員会から報告のありました議案第65号、第69号から第71号まで及び第78号の5件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。三戸総務財政委員長。

    〔18番 三戸  充 君 登壇〕



◆18番(三戸充君) ただいま議題となりました議案第65号平成13年度宇部市一般会計補正予算(第1回)外4件について、付託されました総務財政委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第65号、第70号、第71号及び第78号の4件については、全会一致をもって可決すべきものと決定いたしました。

 また、議案第69号については、採決の結果、可否同数となったため、委員会条例第17条第1項の規定により、委員長裁決において、原案どおり可決すべきものといたしました。

 次に、審査の概要についてでありますが、議案第65号平成13年度宇部市一般会計補正予算(第1回)の審査の過程において、起債制限比率の動向について質され、これについては、近々平成12年度の決算を公表する予定であるが、現在のところ平成11年度の決算と同程度の12.9%ぐらいと見込んでいる。

 また、今後の動向については、土地開発公社の経営健全化債の発行等により、警戒ラインとされている起債制限比率15%に近づいていくのではないかとの答弁がなされました。

 執行部におかれましては、起債については、十分配慮されるよう申し添えておきます。

 以上でございます。よろしく御審議くださいますようお願いし、総務財政委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第65号、第69号から第71号まで及び第78号の5件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第65号平成13年度宇部市一般会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第69号宇部市税賦課徴収条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第70号宇部市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第71号宇部市消防団員等公務災害補償条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第78号物品購入の件(救助工作車及び救助用資機材)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第7意見書案第3号について……(総合審議)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第7、意見書案第3号地方税財源の拡充を求める意見書を議題といたします。

 本案に関し、提出者の提案理由の説明を求めます。杉山孝治君。

    〔20番 杉山 孝治 君 登壇〕



◆20番(杉山孝治君) ただいま議題となりました意見書案第3号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本意見書案の趣旨、内容につきましては、お手元に配付の意見書案のとおりであります。以下、朗読をもって説明にかえさせていただきます。

 意見書案第3号

地方税財源の拡充を求める意見書

 現在の地方財政は、大幅な財源不足が生じており、きわめて厳しい状況にある。地方財政の借入金残高は、平成13年度末には188兆円に達することが見込まれており、特に平成3年度からの10年間おいては、税収等の落ち込みや減税による減収補てん、景気対策のための地方債の増発等により118兆円の増加となり、このうち減税補てん債、財源対策債、減収補てん債、地方交付税特別会計借入金など特例的な借入金が56兆円を占めるなど地方財政構造の悪化は、地方の行財政運営を硬直化させつつある。

 一方では、地方分権一括法が、平成12年4月から施行され、かつ少子・高齢社会に向けた地域福祉施策の充実、生活関連の社会基盤整備等の課題が増加し、市町村等、地方公共団体が担うべき役割と、その財政需要はますます増大している。

 地方公共団体が、地方分権の推進、地方自治の本旨に則って、より自主的で自立的な行財政運営をおこなうためには、財政基盤を充実強化することがきわめて重要で緊急の課題であり、地方財政の危機を打開するためにも、国・地方を通じた税財政の構造を根本的に転換する必要がある。

 しかるに、来年度の地方交付税について、基準財政需要額を削減することで総額1兆円を削減することを検討していることが報じられている。これは、地方分権の推進、地方自治の本旨に、著しく背くおそれがあるとともに、地方公共団体が負うべき住民サービスの低下を招くものである。

 よって、本議会は政府に対し、地方分権の推進・地方自治の本旨に則して地方の税源保障を中心とした抜本的な見直しをおこない、国税から地方税への税源委譲など地方税財源の拡充強化を図られるよう要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成13年9月21日

宇 部 市 議 会

 以上であります。

 よろしく御賛同賜りますようお願いし、提案理由の説明を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、提出者の提案理由の説明は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第3号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより、討論に入ります。

 討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第8決議案第1号及び第2号について……(総合審議)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第8、決議案第1号及び第2号の2件を一括議題といたします。

 まず、決議案第1号市民生活を支える道路整備の推進を求める要望決議について、提出者の提案理由の説明を求めます。桜田高祥君。

    〔32番 桜田 高祥 君 登壇〕



◆32番(桜田高祥君) ただいま議題となりました決議案第1号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本決議案の趣旨、内容につきましては、お手元に配付の決議案のとおりであります。以下、朗読をもって説明にかえさせていただきます。

 決議案第1号

市民生活を支える道路整備の推進を求める要望決議

 本市にとって道路は、市民の日常生活において主要な交通手段としての役割を担っており、活力ある経済・社会活動や豊かな市民生活を実現し、21世紀を迎え活力ある地域社会を形成するために必要不可欠な社会基盤である。

 このため、本市では、均衡ある発展や活力ある地域づくりを一層推進するため、市内はもとより市外との交流・連携を促進する交通ネットワークの整備や、人や自然にやさしい交通環境の整備を進めているところである。

 現在、地域高規格道路や都市計画道路などの幹線道路網の整備を実施しており、また、老朽化の著しい長大橋の架け替えを計画している。さらには、日常生活に密着した市道の整備促進、交通安全対策、道路防災対策等が強く求められているところである。

 よって、国におかれては、道路整備の重要性を深く認識され、平成14年度の予算編成に当たっては、道路整備事業の計画的推進のため、道路財源の一層の充実と地方への重点配分を図られるよう強く要望する。

 以上、決議する。

 平成13年9月21日

宇 部 市 議 会

 以上であります。

 よろしく御賛同賜りますようお願いし、提案理由の説明を終わります。



○議長(野田隆志君) 次に、決議案第2号米国における同時多発テロ事件に関する決議について、提出者の提案理由の説明を求めます。新城寛徳君。

    〔13番 新城 寛徳 君 登壇〕



◆13番(新城寛徳君) ただいま議題となりました決議案第2号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本決議案の趣旨、内容につきましては、お手元に配付の決議案のとおりであります。以下、朗読をもって説明にかえさせていただきます。

 決議案第2号

米国における同時多発テロ事件に関する決議

 去る9月11日午後10時頃(現地時間同日午前9時頃)に、米国の世界貿易センタービル及び国防総省等を襲った史上最悪の同時多発テロ事件は、計画的かつ無差別に数多くの尊い人命を奪うという野蛮かつ卑劣極まる破壊行為であり、強い衝撃と憤りを覚えるものである。

 犠牲者は少なくとも数千人に及ぶとのことであり、犠牲者や遺族の方々の悲嘆と無念さは計り知れず、ここに深く哀悼の意を表すものである。

 今回の事件は、米国に向けられた犯罪のみならず、自由と平和を願う全人類に対する挑戦であり、このような反人道的暴挙は、断じて許されるべきものではない。

 そこで、我が国は国際社会の一員としての決意をあらたにし、日本人も含まれる犠牲者の救出を最優先させ、国内はもとより安全体制の総点検について、また国際的な連携のもとに、このようなテロを起こさない実効性のある再発防止策について、必要な措置を講じなければならない。

 このような状況から、1985年に非核平和都市宣言を決議した宇部市議会は、今回のテロ事件に対して国際正義と人道の名において、強く糾弾するとともに、生命尊厳の立場から、民主主義と安全な市民生活を守り、世界平和の実現に向けての取り組みを、国に対して強く訴えるものである。

 以上、決議する。

 平成13年9月21日

宇 部 市 議 会

 以上であります。

 よろしく御賛同を賜りますようお願いし、提案理由の説明を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、提出者の提案理由の説明は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 決議案第1号及び第2号の2件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております決議案第1号及び第2号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、決議案第1号及び第2号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、決議案第1号市民生活を支える道路整備の推進を求める要望決議を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、決議案第2号米国における同時多発テロ事件に関する決議を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第9中核都市建設促進対策特別委員会の名称の変更



○議長(野田隆志君) 次に、日程第9、中核都市建設促進対策特別委員会の名称の変更を議題といたします。

 平成11年6月21日付で設置の中核都市建設促進対策特別委員会の名称を、合併促進対策特別委員会に変更いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議がありますので、起立により採決いたします。

 中核都市建設促進対策特別委員会の名称の変更に賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、中核都市建設促進対策特別委員会の名称を合併促進対策特別委員会に変更することに決しました。



△日程第10閉会中の継続審査の申し出に対する決定について



○議長(野田隆志君) 次に、日程第10、閉会中の継続審査の申し出に対する決定についてを議題といたします。

 総務財政委員長、文教民生委員長及び産業経済委員長から、目下委員会において審査中の事件について、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。



△日程第11閉会中の継続調査の申し出に対する決定について



○議長(野田隆志君) 次に、日程第11、閉会中の継続調査の申し出に対する決定についてを議題といたします。

 各常任委員長から、所管事務について、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。



○議長(野田隆志君) これにて、平成13年9月(第3回)宇部市議会定例会を閉会いたします。

      午前10時55分閉会      

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

  平成13年9月21日

              宇部市議会議長   野 田 隆 志



              宇部市議会議員   岡 村 精 二



              宇部市議会議員   田 中 治 栄