議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 宇部市

平成 13年 5月臨時会(第1回) 05月18日−01号




平成 13年 5月臨時会(第1回) − 05月18日−01号









平成 13年 5月臨時会(第1回)


平成13年 5月(第1回)宇部市議会臨時会会議録 第1号

議 事 日 程 (第1号)
        平成13年5月18日(金曜日)
      午前10時開議      
第1 会議録署名議員の指名
第2 会期の決定
第3 議長辞職の件
第4 議案第48号及び報告第1号から第4号までについて……(総合審議)
 議案第48号 物品購入の件(高規格救急自動車及び高度救命処置用資機材)
 報告第 1 号 専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市一般会計補正予算(第6回))
 報告第 2 号 専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第4回))
 報告第 3 号 専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第5回))
 報告第 4 号 専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3回))
本日の会議に付した事件・日程の全部
出席議員(32名)
      1番  真 鍋 恭 子 君       2番  岡 本 公 一 君
      3番  村 上 恵 子 君       4番  射 場 博 義 君
      5番  岡 村 精 二 君       6番  柴 田 敏 彰 君
      7番  青 木 晴 子 君       8番  志 賀 光 法 君
      9番  兼 広 三 朗 君      10番  植 松 洋 進 君
     11番  有 川 眞理子 君      12番  大 野 京 子 君
     13番  新 城 寛 徳 君      14番  佐 原 紀美子 君
     15番  川 上 和 恒 君      16番  林     勉 君
     17番  小 川 裕 己 君      18番  三 戸   充 君
     19番  広 重 市 郎 君      20番  杉 山 孝 治 君
     21番  荒 川 憲 幸 君      22番  飯 田 幸 正 君
     23番  松 岡 惣 一 君      24番  岩 村   実 君
     25番  田 中 敏 弘 君      26番  岩 内 道 生 君
     27番  安 平 幹 郎 君      28番  野 田 隆 志 君
     29番  田 中 治 栄 君      30番  河 村 泰 輔 君
     31番  山 下 勝 由 君      32番  桜 田 高 祥 君
欠席議員(0名)           
説明のため出席した者
市長      藤 田 忠 夫 君 助役      縄 田 欽 一 君
収入役     花 井 正 明 君 常勤の監査委員 山 根 隆 義 君
教育長     前 田 松 敬 君 水道事業管理者 中 野 文 男 君
交通事業管理者 三 戸 宏 文 君 ガス事業管理者 三奈木   香 君
総務部長    矢 富 敏 肆 君 財務部長    横 屋 幸 児 君
市民環境部長  福 山 清 二 君 健康福祉部長  古 林 信 義 君
健康福祉部長兼福祉事務所長 内 平 俊 雄 君 経済部長 山 根 政 晴 君
土木建築部長  岩 本 哲 男 君 都市開発部長  岡 田 勝 長 君
下水道部長   下 道 英 雄 君 消防長     原 谷 恒 雄 君
教育次長    大 塚   徹 君 
事務局職員出席者
局長      岡 田   惇 君 次長    吉 本 栄 三 君
議事課長    伊 藤   勇 君 庶務課長  山 根 正 弘 君
議事課長補佐  小 田 周 志 君 調査係長  山 田 敏 之 君
書記      池 田 篤 史 君


      午前10時1分      



○議長(野田隆志君) おはようございます。

 開会に先立ちお諮りいたします。

 4月1日付をもって異動のありました財務部長外6名から、それぞれ就任のあいさつをしたい旨の申し出がありましたので、これを許したいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。順次あいさつを許します。

 (財務部長外6名から就任のあいさつがあった)



○議長(野田隆志君) 以上で、あいさつは終わりました。

      午前10時3分開会      



○議長(野田隆志君) これより、平成13年5月(第1回)宇部市議会臨時会を開会いたします。

      午前10時3分開議      



○議長(野田隆志君) 直ちに本日の会議を開きます。

    〔諸般の報告〕



○議長(野田隆志君) この際、事務局から諸般の報告をいたさせます。



◎事務局次長(吉本栄三君) 報告いたします。

 本日の出席議員数は、ただいま32名であります。

 次に、本臨時会の付議事件について申し上げます。

 本日付をもちまして市長から、物品購入の件(高規格救急自動車及び高度救命処置用資機材)外4件の議案等の提出がありました。

 次に、市長の議会に対する報告について申し上げます。

 5月16日付をもちまして、地方自治法第180条第2項の規定に基づく専決処分の報告がありました。

 次に、監査委員の議会に対する報告について申し上げます。

 4月25日付をもちまして、下水道部に対する定期監査の結果報告がありました。

 ただいま申し上げましたこれらの報告書は、いずれも各控室に掲示しておきました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、諸般の報告は終わりました。



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(野田隆志君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において柴田敏彰君、田中敏弘君を指名いたします。



△日程第2会期の決定



○議長(野田隆志君) 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日から5月21日までの4日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は4日間と決定いたしました。

    〔議長退席、副議長着席〕



△日程第3議長辞職の件



○副議長(岩内道生君) 次に、日程第3、議長辞職の件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、野田隆志君の退席を求めます。

    〔議長 野田 隆志 君 退席〕



○副議長(岩内道生君) 議長野田隆志君から、議長の辞職願が提出されております。

 まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎事務局次長(吉本栄三君) 朗読いたします。

 平成13年5月17日

 宇部市議会副議長 岩内 道生 様

                           宇部市議会議長 野田 隆志

 辞職願

 今般都合により、議長を辞職したいから、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○副議長(岩内道生君) お諮りいたします。

 野田隆志君の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(岩内道生君) 御異議なしと認めます。

 よって、野田隆志君の議長の辞職を許可することに決しました。

    〔28番 野田 隆志 君 着席〕



○副議長(岩内道生君) ただいま議長を辞職されました野田隆志君から、あいさつをしたい旨の申し出があります。あいさつをお願いいたします。野田隆志君。

    〔28番 野田 隆志 君 登壇〕



◎28番(野田隆志君) 議長辞任に当たり、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 平成11年5月臨時市議会におきまして、図らずも議長に御指名いただき、以来2年間、議員並びに執行部の皆様方の格別の御支援をいただきながら、市政の推進と円滑な議会運営に専心してまいったのでありますが、皆様方の御期待に十分沿えなかったことをおわび申し上げる次第でございます。

 また、幸いにも皆様方の御支援、御協力によりまして、曲がりなりにも議長の任を果たし得たことにつきましては、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。どうか今後も引き続き皆様とともに本市の発展と市民福祉の増進のために、全力を尽くす所存でございます。相変わらざる御厚誼を賜りますよう心からお願い申し上げまして、まことに簡単ではございますが、議長引退のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○副議長(岩内道生君) 以上で、あいさつは終わりました。

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(岩内道生君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。



△追加日程第1議長の選挙



○副議長(岩内道生君) 追加日程第1、これより議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○副議長(岩内道生君) ただいまの出席議員数は、32名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

    〔投票用紙配付〕



○副議長(岩内道生君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(岩内道生君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    〔投票箱点検〕



○副議長(岩内道生君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて右回りで順次投票をお願いいたします。

 点呼を命じます。

    〔職員、氏名点呼、各員投票〕



○副議長(岩内道生君) 投票漏れはございませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(岩内道生君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場開鎖〕



○副議長(岩内道生君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に大野京子さん、小川裕己君を指名いたします。

    〔開票〕



○副議長(岩内道生君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数32票

 これは先ほどの出席議員数に符号いたしております。そのうち、

 有効投票 32票

 無効投票 0票

 有効投票中

  野田 隆志君  27票

  荒川 憲幸君   5票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。

 よって、野田隆志君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました野田隆志君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

  野田隆志君、議長就任のあいさつをお願いいたします。野田隆志君。

    〔28番 野田 隆志 君 登壇〕



◎28番(野田隆志君) ただいま議員の皆様方の御推挙により、不肖私が再び議長の要職に就くことになりましたことは、まことに身に余る光栄と存じまして、衷心から感謝申し上げる次第でございます。

 今日、市政を取り巻く状況は、非常に厳しく、課題が山積した大変な局面を迎えております。こうした中で、議会の役割と責任はまことに重大と存じます。私はもとより浅学非才でありますが、議会の公平、公正な運営に努めるとともに、市政の推進に誠心誠意努力してまいる所存でございます。何とぞ議員の皆様方及び執行部の皆様、一層の御支援、御協力を賜りますようお願い申し上げまして、まことに簡単でありますが、就任のごあいさつといたします。ありがとうございました。



○副議長(岩内道生君) 以上で、あいさつは終わりました。

 野田議長、議長席にお着き願います。

    〔副議長退席、議長着席〕



○議長(野田隆志君) この際、議事の都合により、暫時休憩いたします。再開は振鈴をもってお知らせいたします。

      午前10時26分休憩      

      午前10時36分再開      



○議長(野田隆志君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 副議長、岩内道生君から、副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決しました。



△追加日程第2副議長辞職の件



○議長(野田隆志君) 追加日程第2、副議長辞職の件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、岩内道生君の退席を求めます。

    〔副議長 岩内 道生 君 退席〕



○議長(野田隆志君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎事務局次長(吉本栄三君) 朗読いたします。

 平成13年5月18日

 宇部市議会議長 野田 隆志 様

                          宇部市議会副議長 岩内 道生

 辞職願

 今般都合により、副議長を辞職したいから、許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○議長(野田隆志君) お諮りいたします。

 岩内道生君の副議長辞職を許可することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、岩内道生君の副議長の辞職を許可することに決しました。

    〔26番 岩内 道生 君 着席〕



○議長(野田隆志君) ただいま副議長を辞職されました岩内道生君から、あいさつをしたい旨の申し出があります。あいさつをお願いいたします。岩内道生君。

    〔26番 岩内 道生 君 登壇〕



◎26番(岩内道生君) 副議長辞任に当たりまして、一言皆さんにお礼のごあいさつを申し述べます。

 平成11年5月の宇部市議会臨時会におきまして、皆様方から副議長の要職に御推挙いただきました。何分にも2年間にわたりまして、不行き届きな点が多々あったかと深くおわび申し上げる次第でございます。この2年間にわたりまして、野田議長を初め議員の皆様方、執行部の皆様方の温かい御指導、御援助を得まして、大過なく過ごさせていただきましたことを心から厚く御礼申し上げる次第でございます。ありがとうございました。これからも市政発展のため一段の努力をいたす覚悟でございます。どうか今後ともよろしく御指導、御鞭撻賜りますよう心からお願い申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。どうも大変ありがとうございました。



○議長(野田隆志君) 以上で、あいさつは終わりました。

 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。



△追加日程第3副議長の選挙



○議長(野田隆志君) 追加日程第3、これより副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○議長(野田隆志君) ただいまの出席議員数は、32名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

    〔投票用紙配付〕



○議長(野田隆志君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

    〔投票箱点検〕



○議長(野田隆志君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は、単記無記名であります。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて右回りで順次投票をお願いいたします。

 点呼を命じます。

    〔職員、氏名点呼、各員投票〕



○議長(野田隆志君) 投票漏れはありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

    〔議場開鎖〕



○議長(野田隆志君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に青木晴子さん及び新城寛徳君を指名いたします。

 よって、両君の立ち会いをお願いいたします。

    〔開票〕



○議長(野田隆志君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数32票

 これは、先ほどの出席議員数に符号いたしております。そのうち、

 有効投票 32票

 無効投票 0票

 有効投票中

  岩内 道生君  27票

  大野 京子君   5票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は8票であります。

 よって、岩内道生君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました岩内道生君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 岩内道生君、副議長就任のあいさつをお願いいたします。

    〔26番 岩内 道生 君 登壇〕



◎26番(岩内道生君) このたびは図らずも議員の皆様方の御推挙によりまして、再び市議会副議長に選ばれましたことは、この上なく光栄に存じますとともに、その責任の重大さを痛感いたしておる次第でございます。

 幸いにいたしまして、人格、識見ともに優れた野田議長のもと、議会が公正にしかも円滑に運営されますよう、及ばずながら誠心誠意努力いたしたいと存じております。皆様方の絶大なる御支援、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。どうも大変ありがとうございました。



○議長(野田隆志君) 以上で、あいさつは終わりました。



△日程第4議案第48号及び報告第1号から第4号までについて……(総合審議)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第4、議案第48号及び報告第1号から第4号までの5件を一括議題といたします。

 本件に関し、市長から提案理由の説明を求めます。藤田市長。

    〔市長 藤田 忠夫 君 登壇〕



◎市長(藤田忠夫君) ただいま議題となりました議案に対する説明、質疑につきましては、慣例に従いまして、助役ほか関係説明員から説明、答弁をいたさせますので、よろしくお願いをいたします。



○議長(野田隆志君) 縄田助役。

    〔助役 縄田 欽一 君 登壇〕



◎助役(縄田欽一君) それでは、ただいま議題となりました議案の提案理由について御説明申し上げます。

 まず、議案第48号物品購入の件であります。

 これは、高規格救急自動車及び高度救命処置用資機材を購入し、救急業務の高度化を図るものであります。

 次に、報告第1号専決処分を報告し、承認を求める件であります。

 これは、平成12年度宇部市一般会計補正予算(第6回)の専決処分であります。

 その内容は、平成12年度宇部市一般会計補正予算(第5回)の提出後、本年3月30日までに収入された寄附金を財源とする社会事業基金積立金、緑化運動推進委員会補助金、交通遺児教育資金給付費助成金及び図書購入費であり、補正額を25万1,000円とし、補正後の予算総額を623億1,198万1,000円としたものであります。

 それでは、寄附金の内容について御説明申し上げます。

 民生費寄附金については、社会事業費寄附金として、山口銀行則貞支店行員一同様から1万1,559円、土木費寄附金については、緑化事業費寄附金として、株式会社沖村建設様から2万9,500円、教育費寄附金については、小学校図書充実費寄附金として、上原清善様から20万円、交通遺児教育資金寄附金として、濱野誠一様から5,326円、吉村孝幸様から2,780円を補正したものであります。

 また、「地方債」については、利率を変更したものでありますが、これは財政投融資制度の改革に伴い、平成12年度繰越分の借入れについても、平成13年度と同様に利率見直し方式が適用されるため、補正したものであります。

 次に、報告第2号から第4号までの3件の専決処分を報告し、承認を求める件について、一括御説明申し上げます。

 これらは、それぞれ平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第4回)、平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第5回)及び平成12年度宇部市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3回)の専決処分であり、その内容は、いずれも「地方債」について利率を変更したものでありますが、これは、財政投融資制度の改革に伴い、平成12年度繰越分の借入れについても、平成13年度と同様に利率見直し方式が適用されるため、補正したものであります。

 以上、報告第1号から第4号までの専決処分の内容について御説明申し上げましたが、いずれも年度末で、しかも年度内での処分を要したため、やむなく地方自治法の規定に基づき、専決処分をしたものであります。

 以上で、提案理由の説明を終わります。

 よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(野田隆志君) 以上で、市長の提案理由の説明は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第48号及び報告第1号から第4号までの5件を一括議題といたします。質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第48号及び報告第1号から第4号までについては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第48号及び報告第1号から第4号までについては、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第48号物品購入の件(高規格救急自動車及び高度救命処置用資機材)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、報告第1号専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市一般会計補正予算(第6回))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 報告第1号は、これを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。

 次に、報告第2号専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第4回))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 報告第2号は、これを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。

 次に、報告第3号専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第5回))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 報告第3号は、これを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。

 次に、報告第4号専決処分を報告し、承認を求める件(平成12年度宇部市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3回))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 報告第4号は、これを承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

議 長(野田 隆志 君) 本日は、これにて散会いたします。

      午前11時2分散会      

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

平成13年5月18日

              宇部市議会議長    野 田 隆 志



              宇部市議会副議長   岩 内 道 生



              宇部市議会議員    柴 田 敏 彰



              宇部市議会議員    田 中 敏 弘