議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 宇部市

平成 12年12月定例会(第4回) 12月21日−06号




平成 12年12月定例会(第4回) − 12月21日−06号









平成 12年12月定例会(第4回)


平成12年12月(第4回)宇部市議会定例会会議録 第6号

議 事 日 程 (第6号)
平成12年12月21日(木曜日)
      午前10時開議      
第1 会議録署名議員の指名
第2 事件の撤回の件
平成11年請願第11号 地域住民の足を守る利用しやすい安全なタクシーの確立をめざす政府への意見書提出に関する請願
第3 議案第90号から第100号までについて(一般・特別会計決算審査特別委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第90号 平成11年度宇部市一般会計歳入歳出決算認定の件
議案第91号 平成11年度宇部市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第92号 平成11年度宇部市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第93号 平成11年度宇部市中央卸売市場事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第94号 平成11年度宇部市地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第95号 平成11年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定 の件
議案第96号 平成11年度宇部市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第97号 平成11年度宇部市公共用地造成事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第98号 平成11年度宇部市営駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第99号 平成11年度宇部市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定の件
議案第100号 平成11年度宇部市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件
第4 議案第104号、第105号及び第124号から第126号までについて(産業経済委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第104号 平成12年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1回)
議案第105号 平成12年度宇部市ガス事業会計補正予算(第1回)
議案第124号 平成12年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第2回)
議案第125号 平成12年度宇部市交通事業会計補正予算(第1回)
議案第126号 平成12年度宇部市ガス事業会計補正予算(第2回)
第5 議案第106号、第107号、第112号から第118号まで及び第127号から第130号までについて(都市建設委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第106号 平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)
議案第107号 平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第2回)
議案第112号 公有水面の埋立ての免許について(納屋ノ前地先)
議案第113号 市の区域内に新たに生じた土地の確認の件(丸尾地先)
議案第114号 市の字の区域の変更の件(丸尾地先)
議案第115号 市道路線の認定及び廃止の件
議案第116号 工事請負契約締結の件(鵜の島団地市営住宅建替(建築主体)工事)
議案第117号 市の字の区域及び名称の変更の件(藤曲及び中山地区)
議案第118号 市の字の区域及び名称の変更の件(宇部新都市地区)
議案第127号 平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第2回)
議案第128号 平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第3回)
議案第129号 平成12年度宇部市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1回)
議案第130号 平成12年度宇部市水道事業会計補正予算(第1回)
第6 議案第101号、第109号、第111号及び第119号から第121号までについて(総務財政委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第101号 平成12年度宇部市一般会計補正予算(第3回)
議案第109号 宇部市火災予防条例中一部改正の件
議案第111号 土地取得の件(アクトプラザ建設用地)
議案第119号 宇部市職員の給与に関する条例中一部改正の件
議案第120号 宇部市長等の給与に関する条例中一部改正の件
議案第121号 平成12年度宇部市一般会計補正予算(第4回)
第7 議案第102号、第103号、第110号、第122号及び第123号について(文教民生委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第102号 平成12年度宇部市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)
議案第103号 平成12年度宇部市老人保健医療特別会計補正予算(第1回)
議案第110号 宇部市青少年問題協議会設置条例中一部改正の件
議案第122号 平成12年度宇部市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)
議案第123号 平成12年度宇部市介護保険事業特別会計補正予算(第2回)
第8 意見書案第4号について……(総合審議)
 意見書案第4号 音楽療法士の国家資格制度の創設等を求める意見書
第9 閉会中の継続審査の申し出に対する決定について
 (総務財政委員会)
 平成12年請願第6号 消費税の大増税計画の中止を求める請願
 平成12年請願第7号 日本政府に対して非核三原則の法制化を求める請願
 (文教民生委員会)
 平成12年請願第1号 宇部市内の小中学校の歴史教科書採択に関する請願
 平成12年請願第3号 児童館の建設を求める請願
 平成12年請願第8号 介護保険制度をはじめ、社会保障制度の抜本改善に向けた国の財政措置を求める請願
 平成12年請願第9号 介護保険の緊急改善をもとめる請願
 (産業経済委員会)
 平成11年請願第8号 看護婦(士)の労働条件改善を求める請願
 平成11年請願第10号 深刻な雇用・失業情勢に対応した労働行政の充実・強化をはかる旨の意見書採択を求める請願
 平成12年請願第4号 「輸入急増農産物に対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書」採択を要請する請願
第10 閉会中の継続調査の申し出に対する決定について
 (総務財政委員会)
  1 防災計画について
  2 男女共同参画社会について
  3 財政(地方債)について
  4 消防(救急体制の充実)について
  5 情報公開制度について
  6 山口きらら博パビリオン出展事業について
 (文教民生委員会)
  1 老人福祉関係・介護実態調査について
  2 学校におけるいじめの実態調査について
  3 小・中学校等の視察現況調査について
  4 ごみ減量化にむけての研究調査について
 (産業経済委員会)
  1 宇部市の観光資源について
  2 交通局の健全経営について
  3 ガス局の経営について
  4 善和養鶏場について
 (都市建設委員会)  1 常盤公園整備計画について
  2 都市計画(地区計画)について
  3 住宅行政について
  4 水道事業について
  5 「宇部市公共工事コスト縮減行動計画」について
本日の会議に付した事件・日程の全部
出席議員(31名)
      1番  真 鍋 恭 子 君       2番  岡 本 公 一 君
      3番  村 上 恵 子 君       4番  射 場 博 義 君
      5番  岡 村 精 二 君       6番  柴 田 敏 彰 君
      7番  青 木 晴 子 君       8番  志 賀 光 法 君
      9番  兼 広 三 朗 君      10番  植 松 洋 進 君
     11番  有 川 眞理子 君      12番  大 野 京 子 君
     13番  新 城 寛 徳 君      14番  佐 原 紀美子 君
     16番  林     勉 君      17番  小 川 裕 己 君
     18番  三 戸   充 君      19番  広 重 市 郎 君
     20番  杉 山 孝 治 君      21番  荒 川 憲 幸 君
     22番  飯 田 幸 正 君      23番  松 岡 惣 一 君
     24番  岩 村   実 君      25番  田 中 敏 弘 君
     26番  岩 内 道 生 君      27番  安 平 幹 郎 君
     28番  野 田 隆 志 君      29番  田 中 治 栄 君
     30番  河 村 泰 輔 君      31番  山 下 勝 由 君
     32番  桜 田 高 祥 君
欠席議員(1名)
     15番  川 上 和 恒 君     
説明のため出席した者
市長      藤 田 忠 夫 君 助役      縄 田 欽 一 君
収入役     花 井 正 明 君 常勤の監査委員 山 根 隆 義 君
教育長     前 田 松 敬 君 水道事業管理者 中 野 文 男 君
交通事業管理者 三 戸 宏 文 君 ガス事業管理者 三奈木   香 君
総務部長    矢 富 敏 肆 君 財務部長    植 杉 謙 二 君
市民環境部長  上 田   進 君 健康福祉部長  古 谷 國 光 君
健康福祉部長(福祉事務所長) 古 林 信 義 君 経済部長 山 根 政 晴 君
土木建築部長  山 本 正 廣 君 都市開発部長  兼 安 誠一郎 君
下水道部長   下 道 英 雄 君 消防長     神 田 義 正 君
教育次長    大 塚   徹 君
事務局職員出席者
局長     藤 岡 裕 義 君 次長     吉 本 栄 三 君
議事課長   伊 藤   勇 君 庶務課長   山 根 正 弘 君
庶務課長補佐 井 上 昌 子 君 議事課長補佐 小 田 周 志 君
調査係長   山 田 敏 之 君


      午前10時1分開議      



○議長(野田隆志君) おはようございます。これより本日の会議を開きます。

    〔諸般の報告〕



○議長(野田隆志君) この際、事務局から諸般の報告をいたさせます。



◎事務局次長(吉本栄三君) 報告いたします。

 本日の出席議員数は、ただいま30名であります。

 なお、川上議員は、欠席の旨届け出がありました。

 次に、12月20付をもちまして、各常任委員長及び一般・特別会計決算審査特別委員長から、付託事件に対する審査報告書を受理いたしました。

 次に、同日付をもちまして、総務財政委員長、文教民生委員長及び産業経済委員長から、閉会中の継続審査の申出書を受理いたしました。

 また、同日付をもちまして、各常任委員長から、閉会中の継続調査の申出書を受理いたしました。

 次に、付議事件の追加提出について申し上げます。

 本日付をもちまして、新城議員提出、5人の賛成議員による音楽療法士の国家資格制度の創設等を求める意見書案の提出がありました。

 次に、事件の撤回について申し上げます。

 12月18日付をもちまして、平成11年請願第11号地域住民の足を守る利用しやすい安全なタクシーの確立をめざす政府への意見書提出に関する請願について、請願者から請願撤回申出書を受理いたしました。

 また、12月20日付をもちまして、産業経済委員長から、本請願の撤回の申し出に対する請願撤回承認報告書を受理いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、諸般の報告は終わりました。



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(野田隆志君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において真鍋恭子さん、林勉君を指名いたします。



△日程第2事件の撤回の件



○議長(野田隆志君) 次に、日程第2、事件の撤回の件を議題といたします。

 平成11年請願第11号地域住民の足を守る利用しやすい安全なタクシーの確立をめざす政府への意見書提出に関する請願については、請願者から撤回したい旨の申し出がありました。

 お諮りいたします。

 平成11年請願第11号の撤回の件については、これを承認することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、平成11年請願第11号の撤回の件については、これを承認することに決しました。



△日程第3議案第90号から第100号までについて(一般・特別会計決算審査特別委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第3、一般・特別会計決算審査特別委員会から報告のありました議案第90号から第100号までの11件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。新城一般・特別会計決算審査特別委員長。

    〔13番 新城 寛徳 君 登壇〕



◆13番(新城寛徳君) 皆さんおはようございます。

 ただいま議題となりました議案第90号から第100号までの平成11年度宇部市一般会計及び各特別会計歳入歳出決算認定の件について、付託されました一般・特別会計決算審査特別委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず初めに、平成11年度の予算編成は、市税を中心とした一般財源収入が、依然として大きく期待できず、また、多額の積立金の取り崩しによる基金残高の減少に加え、市債残高の増嵩に伴う公債費負担の増大が政策的経費を圧迫するなど、厳しい財政状況の中で、新たな時代へ的確に対応していくとともに、一定の行政水準を維持する上で必要となる社会資本の整備と市勢の発展のため継続的に進めなければならない主要事業への取り組みにも留意しながら、健康福祉対策の充実、介護保険制度の円滑な導入、消防体制の強化、中心市街地や北部地域の活性化等の施策事業を推進することとし、対前年度比で、一般会計4.6%の増、特別会計5.9%の増の予算編成がなされたのであります。

 また、行財政運営に当たっては、依然として厳しい財政状況を十分認識し、財源の積極的確保と経費の節減に努力するとともに、一方では、昨年9月の台風18号による未曾有の大災害や「経済新生対策」としての国の補正予算への対応など余儀なくされた財政支出の増大についても、災害への積極的な取り組みや地域経済の下支えと社会資本の整備促進を図るため、地方債制度を有効に活用し、単独市費返済となる市債発行を極力抑制しながら、真に必要な施策を厳選し、諸施策の着実な進展と効率的な運営に努められたということであります。

 その結果といたしまして、一般会計において、歳入決算額606億5,050万3,000円、歳出決算額603億1,337万6,000円となり、形式収支で3億3,712万7,000円の剰余金を生じ、繰越明許費等にかかる翌年度へ繰り越すべき財源1億6,201万1,000円を差し引き、実質収支で1億7,511万6,000円の黒字となったということであります。

 また、これら平成11年度の一般会計及び各特別会計の歳入歳出決算に対する監査委員の審査の結果といたしましては、各会計の歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書は、関係法令に準拠して調製され、その計数は正確であり、当年度の決算を適正に表示しているということであります。

 また、市税、住宅資金貸付金、同和福祉援護資金貸付金、住宅使用料、国民健康保険料、下水道使用料における未収金の徴収については、格段の努力をされるよう要望がなされており、さらには、経常収支比率は87.4%、公債費比率は17.5%と依然として財政は硬直化しており、財政構造の改善について一層の配慮が必要であると指摘され、行財政運営に当たっては、事務事業の見直し、経費の節減、市債依存の抑制、市税等財源の積極的確保に努めるよう所見が述べられておるのであります。

 委員会は、付託されました11件の決算案について、市長を初め関係職員の出席を求め、提出された諸資料に基づき予算が適切かつ効率的に行われたか、また、住民福祉の向上にどのような成果を上げたのか、財政運営を含め、慎重に審査いたしたのであります。

 まず、審査の結果でありますが、議案第91号及び第93号から第100号までの9件については全会一致をもって、議案第90号及び第92号の2件については賛成多数をもって、本日お手元に配付の委員会審査報告書に記載のとおり、いずれも認定すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の概要として、審査の過程でありました質疑、意見、要望を中心に申し上げます。

 初めに質疑から申し上げます。

 まず、一般会計において、不納欠損額が前年度に比較して増加しているが、不納欠損処分の基本的な考え方、とりわけ国保会計における「料」と「税」についての認識をただしたところ、不納欠損処分については、近年の経済情勢の悪化により、貧困等によりどうしても納付できない、あるいは滞納処分を行うと生活を著しく窮迫させるおそれがあるということから、滞納処分の執行停止を行っている。この間、資力回復の状況等を常に調査しながら、対応をしているところであるが、結果的には法の規定に基づき不納欠損処分を行ったというのが実情であるとのことでありました。

 また、国保会計における「料」と「税」については、国民健康保険の基本的な考え方である相互扶助という観点と、税として強制的に執行した場合の効果等の問題が考えられる。

 しかしながら、現状に対し、確かに危機感を感じていることは間違いない。したがって、そのあたりを十分考慮しながら、研究したいとのことでありました。

 次に、平成11年度決算を踏まえた予算執行の成果についてただしたところ、平成11年度は、多額の財源不足が見込まれる中、山積している施策事業を着実に推進するとともに、平成10年度において国の経済対策分として68億円程度の予算措置を行い、その約半分を平成11年度に繰り越し、切れ目のない公共事業の施行に配慮した。

 また、昨年9月の台風18号による未曾有の大災害に対し、全市を挙げて対応してきたところである。

 一方、財政面においては、経費の節減にも留意しながら、財政構造の健全性を判断する経常収支比率が若干ではあるが低下してきたということが成果として言えるのではないかとのことでありました。

 次に、当初予算規模を超える市債残高に対する認識についてただしたところ、平成11年度における市債の発行は、前年度と比較し減少している。

 市債発行に際しての基本方針は、交付税措置のある市債の発行に努め、単独市費返済となる市債発行を極力抑制するというものである。

 この基本方針に基づき、地方債制度の有効活用に留意しながら、生活基盤としての道路整備事業を初めとする諸施策を実施した。その結果、市債残高に対する単独市費返済となる市債の比率は、前年度の57.8%から57.1%に減少してきているとのことでありました。

 また、公債費比率は、今後の財政負担を考慮するとき、さらに上昇することは確実と思うが、これに対する認識についてただしたところ、公債費比率については、若干上昇傾向にあるという見方をしている。これに対し、いかに歯どめをかけていくかが、これからの課題であると認識している。

 一方、交付税措置される市債を除いて算出される起債制限比率について、特に留意しなければならないと考えている。

 起債制限比率は、ここ二、三年程度12.9%と横ばい状態であるが、地方債制度を有効に活用しながら、交付税措置のある市債を獲得し、この比率の抑制に努め、国の制裁措置を受けることがないよう配慮したいとのことでありました。

 次に、自主財源比率は、類似都市と比較して、10%程度低い状況にあるが、この改善についてただしたところ、自主財源比率の改善については、地域の活性化により、自主財源の培養を図り、歳入の根幹である市税を初めとした税収を高めてまいりたいとのことでありました。

 次に、審査の過程において、各委員から出された意見、要望を申し上げます。

 市税、国保料等の収納率低下については、庁内全体の問題としてとらえ、市長主導のもとでその改善に向けて努力されたい。

 市長を初め職員一丸となった取り組みのもと、行財政改革の一層の推進により、義務的経費を縮減し、経済波及効果が大きい投資的経費の増加を図られたい。

 ITの推進に当たっては、すべての人が等しくその恩恵を享受できるよう配慮されたい。

 各種団体に対する負担金等については、支出の妥当性を十分検討するとともに、負担額の根拠に関して透明性を確保されたい。

 医療廃棄物処理の委託に当たっては、適正に処理が行われるよう、市としても十分配慮されたい。

 健康審査については、今後とも受診率の向上に努力されたい。

 公害対策に係る調査解析については、自動車公害に対しても実施されたい。

 焼却炉周辺の海中生物、水質等について、ダイオキシン調査を実施されたい。

 焼却灰処理委託料については、単価の比較検討を行い、金額の妥当性を検討されたい。

 高齢者に対する配食サービスについては、なお一層の充実を図られたい。

 身体障害者に対する自動車運転免許取得扶助については、障害者の社会参加促進の観点から、制度の周知に努められたい。

 空港ビルのPRコーナーについては、本市の特色を十分に紹介できるよう、効果的な展示に努められたい。 良好な教育環境整備のため、教育費の増額を図られたい。

 下水道事業、農業集落排水事業については、整備の必要性を認識するものの、増大する事業費にかんがみ、事業推進の方策等を早急に検討されたい。

 以上のとおり、審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げましたが、審査の過程で各委員から出された意見、要望、また、監査委員の指摘事項などに十分留意され、市長を初め、執行部におかれましては、21世紀の新たな時代を切り開くためにも、市財政の健全化と市民福祉の向上に向けて努力されんことを要望いたしまして、一般・特別会計決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第90号から第100号までの11件を一括議題といたします。

 質疑はありませか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第90号平成11年度宇部市一般会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。真鍋さん。



◆1番(真鍋恭子君) それでは、日本共産党市議団を代表いたしまして、議案第90号平成11年度宇部市一般会計歳入歳出決算認定の件に反対いたします。

 厳しい財政状況の中、台風18号による大災害や国の経済対策などへの対応による財政支出の増大の中、単独市債返済となる市債発行の抑制に努められるなど、一定の評価はいたします。

 しかしながら、公共事業では、我が党が再三にわたって中止を訴えてきた宇部新都市を初めとするテクノポリスの推進に市税を投入し、将来に大きな負担を残すことになった責任は重大です。

 破綻が明らかになった大型開発に対しては、速やかに見直しを行い、その責任と今後の対応を市民に明らかにすることを強く要望し、反対討論とさせていただきます。



○議長(野田隆志君) ほかにありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第91号平成11年度宇部市食肉センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第92号平成11年度宇部市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第93号平成11年度宇部市中央卸売市場事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第94号平成11年度宇部市地方卸売市場事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第95号平成11年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第96号平成11年度宇部市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第97号平成11年度宇部市公共用地造成事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第98号平成11年度宇部市営駐車場事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第99号平成11年度宇部市老人保健医療特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。

 次に、議案第100号平成11年度宇部市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、認定であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は認定することに決しました。



△日程第4議案第104号、第105号及び第124号から第126号までについて(産業経済委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第4、産業経済委員会から報告のありました議案第104号、第105号及び第124号から第126号までの5件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。杉山産業経済委員長。

    〔20番 杉山 孝治 君 登壇〕



◆20番(杉山孝治君) ただいま議題となりました議案第104号平成12年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1回)外4件について、付託されました産業経済委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第104号、第105号及び第124号から第126号までの都合5件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の概要についてでありますが、本席から特に御報告申し上げる事項はありません。

 よろしく御審議くださるようお願いし、産業経済委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第104号、第105号及び第124号から第126号までの5件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第104号平成12年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第105号平成12年度宇部市ガス事業会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第124号平成12年度宇部市中央卸売市場事業特別会計補正予算(第2回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第125号平成12年度宇部市交通事業会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第126号平成12年度宇部市ガス事業会計補正予算(第2回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第5議案第106号、第107号、第112号から第118号まで及び第127号から第130号までについて(都市建設委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第5、都市建設委員会から報告のありました議案第106号、第107号、第112号から第118号まで及び第127号から第130号までの13件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。林都市建設委員長。

    〔16番 林   勉 君 登壇〕



◆16番(林勉君) ただいま議題となりました議案第106号平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)外12件について、付託されました都市建設委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第106号、第107号、第112号から第118号まで及び第127号から第130号までの都合13件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の概要については、本席から特に補足して御説明申し上げる事項はございません。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、都市建設委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第106号、第107号、第112号から第118号まで及び第127号から第130号までの13件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第106号平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

次に、議案第107号平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第2回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第112号公有水面の埋立ての免許について(納屋ノ前地先)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第113号市の区域内に新たに生じた土地の確認の件(丸尾地先)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第114号市の字の区域の変更の件(丸尾地先)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第115号市道路線の認定及び廃止の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第116号工事請負契約締結の件(鵜の島団地市営住宅建替(建築主体)工事)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第117号市の字の区域及び名称の変更の件(藤曲及び中山地区)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第118号市の字の区域及び名称の変更の件(宇部新都市地区)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第127号平成12年度宇部市小串土地区画整理事業特別会計補正予算(第2回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第128号平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第3回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第129号平成12年度宇部市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第130号平成12年度宇部市水道事業会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第6議案第101号、第109号、第111号及び第119号から第121号までについて(総務財政委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第6、総務財政委員会から報告のありました議案第101号、第109号、第111号及び第119号から第121号までの6件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。松岡総務財政委員長。

    〔23番 松岡 惣一 君 登壇〕



◆23番(松岡惣一君) ただいま議題となりました議案第101号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第3回)外5件について、付託されました総務財政委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第109号、第119号から第121号までの都合4件については、全会一致をもって、また、議案第101号及び第111号の2件については賛成多数をもって、本日お手元に配付の審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 次に、審査の概要について申し上げます。

 まず、議案第101号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第3回)についてであります。

 今回の補正は、歳出については、国の経済対策に伴う地域イントラネット基盤整備事業費、ごみ処理施設建設事業費、港湾整備県事業負担金のほか、医療費の増加に伴う老人保健医療会計繰出金、生活保護費等を補正予算するものであり、また、歳入については、各事務事業の施行に伴う国・県支出金、市債のほか、法人市民税及び特別交付税の収入見込額並びに繰入金等を補正するものであり、補正額を35億7,672万6,000円とし、補正後の予算総額を625億3,378万4,000円とするものであります。

 次に、議案第109号宇部市火災予防条例中一部改正の件についてであります。

 今回の条例改正は、「建築基準法施行令の一部を改正する政令」の改正に伴い、火災予防条例準則において引用している建築基準法令上の用語の定義等が変更されたため、本条例の用語変更及び字句の整備を行うものであります。

 次に、議案第111号土地取得の件(アクトプラザ建設用地)についてであります。

 本件は、「アクトビレッジおの」整備事業の主要施設であるアクトプラザの建設用地の一部として、宇部市大字小野字大日原7910番のほか、53筆、3万1,542.48平方メートルを地権者の協力を得て、取得しようとするものであります。

 次に、審査の過程における質疑について申し上げます。

 まず、今回取得する土地の1平方メートル当たりの単価についてただしたところ、平均単価は1,683円であるとのことでありました。

 次に、アクトプラザ建設計画について、自然環境保護に対する整合性と、小野地区の地域振興策としての必要性についてただしたところ、アクトプラザ建設については、自然環境保護に配慮しつつ、自然を生かし、四季を通じて、市内外の方々の交流の場となる施設の建設を考えている。また、小野地区の地域振興につながるよう地元の小野地区振興対策委員会と緊密な連携を図りながら、県あるいは市としての窓口も設置しており、そういった中で、今後、十分協議をしてまいりたいとのことでありました。

 以上のような質疑の後、討論において、まず「アクトプラザ建設計画は、小野地区の地域振興を図る上で効果的な施策であるとは言えない。この施設建設は、市民の水がめである小野湖周辺の開発を行うものであり、施設オープン後におけるごみ問題等、環境問題の発生は避けられず、再考すべきである」との反対討論に続いて、賛成の立場から「小野湖の内水面の利用状況は、現在、残念ながらモラルの面において問題はあるものの、内水面の秩序ある利用を図りながら、水質保全、自然環境保護に努めつつ、アクトプラザ建設を推進していくべきである」との賛成討論があり、採決の結果、賛成多数をもって、可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第119号宇部市職員の給与に関する条例中一部改正の件及び議案第120号宇部市長等の給与に関する条例中一部改正の件についてであります。

 両条例改正案の概要について申し上げますと、まず、職員の給与については、国家公務員の給与改定を踏まえて、本市職員の給与を改定するものであり、給与の改定内容は、扶養手当については、配偶者以外の子等に対する手当額の引き上げ、期末手当及び勤勉手当については、年間支給の割合が合計で0.2カ月減とする国家公務員の給与改定に準じて改定するものであります。

 また、市長等の給与については、市長等の期末手当について、職員の期末手当の支給割合の改定に準じて改定するものであります。

 次に、議案第121号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第4回)についてであります。

 今回の補正は、宇部市職員の給与に関する条例及び宇部市長等の給与に関する条例の一部改正に伴い、給与費等を本年度の執行見込みに合わせ、1億512万9,000円の減額補正とし、補正後の予算総額を624億2,865万5,000円とするものであります。

 以上であります。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、総務財政委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第101号、第109号、第111号及び第119号から第121号までの6件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第101号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第3回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第109号宇部市火災予防条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第111号土地取得の件(アクトプラザ建設用地)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第119号宇部市職員の給与に関する条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第120号宇部市長等の給与に関する条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第121号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第4回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第7議案第102号、第103号、第110号、第122号及び第123号について(文教民生委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第7、文教民生委員会から報告のありました議案第102号、第103号、第110号、第122号及び第123号の5件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。田中敏弘文教民生委員長。

    〔25番 田中 敏弘 君 登壇〕



◆25番(田中敏弘君) ただいま議題となりました議案第102号平成12年度宇部市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)外4件について、付託されました文教民生委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第102号、第103号、第110号、第122号及び第123号の都合5件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の概要については、本席から特に御報告申し上げる事項はありません。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、文教民生委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第102号、第103号、第110号、第122号及び第123号の5件を一括議題といたします。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第102号平成12年度宇部市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第103号平成12年度宇部市老人保健医療特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第110号宇部市青少年問題協議会設置条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第122号平成12年度宇部市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第123号平成12年度宇部市介護保険事業特別会計補正予算(第2回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第8意見書案第4号について……(総合審議)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第8、意見書案第4号音楽療法士の国家資格制度の創設等を求める意見書を議題といたします。

 本案に関し、提出者から提案理由の説明を求めます。新城寛徳君。

    〔13番 新城 寛徳君 登壇〕



◆13番(新城寛徳君) ただいま議題となりました意見書案第4号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本意見書案の趣旨、内容につきましては、お手元に配付の意見書案のとおりであります。

 以下、朗読をもって説明にかえさせていただきます。

音楽療法士の国家資格制度の創設等を求める意見書

 音楽は直接、人間の心身に働きかけ、高齢者や病人あるいは心身障害者・児等の健康や心の豊かさなど心身の活性化に大きな効果を与えることが知られている。音楽療法はこうした音楽の力を活用して、対象者の心身機能の回復や賦活あるいは健康の維持を図ろうとするものである。

 音楽療法については、すでに米国、英国、ドイツ、カナダ及びオーストラリアなどの欧米においては、早くから実施され、特に米国においては1991年に高齢者法のなかに音楽療法が位置づけられ、高齢者や心身障害者等の国民の健康回復や維持に大きな力を発揮している。

 わが国においては、奈良市や岐阜県等において、先駆的試みが行われるなかでその効果が確認され、徐々に地域から全国各地へと、音楽療法に対するニーズが大きな高まりを見せている。しかしながら、わが国において、民間団体によって音楽療法の研究と実践が行われているものの、それに対する公的な認知がなされていないために、音楽療法が不可欠とされている重度障害者・児施設や高齢者施設等においてさえも、その普及が遅れている現状にある。

 特に音楽療法は、医療や福祉等のチーム医療の中でその効果を発揮されているとされており、高齢者や心身障害者等に対する有力な医療方法として導入される必要があり、そのためには、「音楽療法士」の国家資格化を実現するとともに、医療保険や介護保険への適用などの措置を講ずる必要がある。

 よって政府においては、以下の施策の早急なる確立を求めるものである。



1 音楽療法士国家資格制度を創設し、音楽療法士の養成を図ること。

2 音楽療法に対する健康保険及び介護保険の適用を図ること。

3 民間や地方自治体による音楽療法の調査研究や普及に対する国の補助制度を早急に確 立すること。

4 高齢者施設や障害者・児等の医療・福祉施設等における音楽療法導入に対する補助を 行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成12年12月21日

宇 部 市 議 会

 賛同を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



○議長(野田隆志君) 以上で、提出者の提案理由の説明は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております意見書案第4号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、意見書案第4号については、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより、討論に入ります。

 討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第9閉会中の継続審査の申し出に対する決定について



○議長(野田隆志君) 次に、日程第9、閉会中の継続審査の申し出に対する決定についてを議題といたします。

 総務財政委員長、文教民生委員長及び産業経済委員長から、目下委員会において審査中の事件について、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。



△日程第10閉会中の継続調査の申し出に対する決定について



○議長(野田隆志君) 次に、日程第10、閉会中の継続調査の申し出に対する決定についてを議題といたします。

 各常任委員長から、目下委員会において調査中の事件について、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。



○議長(野田隆志君) これにて、平成12年12月(第4回)宇部市議会定例会を閉会いたします。

      午前11時3分閉会      

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



  平成12年12月21日



宇部市議会議長  野 田 隆 志



宇部市議会議員  真 鍋 恭 子



宇部市議会議員  林     勉