議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 宇部市

平成 12年 6月定例会(第2回) 06月14日−06号




平成 12年 6月定例会(第2回) − 06月14日−06号









平成 12年 6月定例会(第2回)


平成12年 6月(第2回)宇部市議会定例会会議録 第6号

議 事 日 程 (第6号)
平成12年6月14日(水曜日)
      午前10時開議      
第1 会議録署名議員の指名
第2 議案第60号、第62号、第63号及び報告第1号から第3号までについて(総務財政委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第60号 平成12年度宇部市一般会計補正予算(第1回)
議案第62号 宇部市代替バス運行事業に関する条例中一部改正の件
議案第63号 宇部市非常勤職員の報酬及び費用弁償条例中一部改正の件
報告第1号 専決処分を報告し、承認を求める件(平成11年度宇部市一般会計補正予算(第9回))
報告第2号 専決処分を報告し、承認を求める件(宇部市税賦課徴収条例の一部を改正する条例(平成12年条例第29号))
報告第3号 専決処分を報告し、承認を求める件(宇部市都市計画税賦課徴収条例の一部を改正する条例(平成12年条例第30号))
第3 議案第67号から第69号までについて(文教民生委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第67号 工事請負契約締結の件(宇部市ごみ処理施設建設工事)
議案第68号 工事請負契約締結の件(厚南学校給食共同調理場建築(建築主体)工事)
議案第69号 物品購入の件(厚南学校給食共同調理場における厨房器具)
第4 議案第64号、第65号及び第70号について(産業経済委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
議案第64号 宇部市地方卸売市場業務条例中一部改正の件
議案第65号 宇部市営旅客自動車運送条例中一部改正の件
議案第70号 市営土地改良事業の変更の件(広瀬地区)
第5 議案第61号及び第66号について(都市建設委員会委員長報告、質疑・討論・表決)
 議案第61号 平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第1回)
 議案第66号 宇部市営住宅条例中一部改正の件
第6 決議案第3号及び第4号について……(総合審議)
 決議案第3号 新たな森林・林業・木材産業基本政策に関する要望決議
 決議案第4号 市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議
第7 閉会中の継続審査の申し出に対する決定について
 (文教民生委員会)
 平成11年請願第6号 高齢者福祉施策を拡充し、安心して、よりよい介護が保障される介護保険制度を実現するための請願
 平成11年請願第9号 「介護保険制度」の充実を求める意見書提出についての請願
 平成12年請願第1号 宇部市内の小中学校の歴史教科書採択に関する請願
 平成12年請願第2号 国立大学の独立行政法人化を行わず、山口大学を地域に根ざした高等教育・研究機関として発展させることを求める請願
 (産業経済委員会)
 平成11年請願第8号 看護婦(士)の労働条件改善を求める請願
 平成11年請願第10号 深刻な雇用・失業情勢に対応した労働行政の充実・強化をはかる旨の意見書採択を求める請願
 平成11年請願第11号 地域住民の足を守る利用しやすい安全なタクシーの確立をめざす政府への意見書提出に関する請願
第8 閉会中の継続調査の申し出に対する決定について
 (総務財政委員会)
  1 防災計画について
  2 男女共同参画社会について
  3 財政(地方債)について
  4 消防(救急体制の充実)について
  5 情報公開制度について
  6 山口きらら博パビリオン出展事業について
 (文教民生委員会)
  1 老人福祉関係施設の視察調査について
  2 学校におけるいじめの実態調査について
  3 小・中学校等の視察現況調査について
  4 ごみ減量化にむけての研究調査について
 (産業経済委員会)
  1 宇部市の観光資源について
  2 交通局の健全経営について
  3 ガス局の経営について
  4 善和養鶏場について
 (都市建設委員会)
  1 常盤公園整備計画について
  2 都市計画(地区計画)について
  3 住宅行政について
  4 水道事業について
本日の会議に付した事件・日程の全部
出席議員(31名)
      1番  真 鍋 恭 子 君       2番  岡 本 公 一 君
      3番  村 上 恵 子 君       4番  射 場 博 義 君
      5番  岡 村 精 二 君       6番  柴 田 敏 彰 君
      7番  青 木 晴 子 君       8番  志 賀 光 法 君
      9番  兼 広 三 朗 君      10番  植 松 洋 進 君
     11番  有 川 眞理子 君      12番  大 野 京 子 君
     13番  新 城 寛 徳 君      14番  佐 原 紀美子 君
     15番  川 上 和 恒 君      16番  林     勉 君
     17番  小 川 裕 己 君      18番  三 戸   充 君
     19番  広 重 市 郎 君      20番  杉 山 孝 治 君
     21番  荒 川 憲 幸 君      22番  飯 田 幸 正 君
     23番  松 岡 惣 一 君      25番  田 中 敏 弘 君
     26番  岩 内 道 生 君      27番  安 平 幹 郎 君
     28番  野 田 隆 志 君      29番  田 中 治 栄 君
     30番  河 村 泰 輔 君      31番  山 下 勝 由 君
     32番  桜 田 高 祥 君
欠席議員(1名)
     24番  岩 村   実 君
説明のため出席した者
市長      藤 田 忠 夫 君 助役       縄 田 欽 一 君
収入役     花 井 正 明 君 常勤の監査委員  山 根 隆 義 君
教育長     西 村 太 一 君 水道事業管理者  中 野 文 男 君
交通事業管理者 伊 藤 洋 文 君 ガス事業管理者  三奈木   香 君
総務部長    矢 富 敏 肆 君 財務部長     植 杉 謙 二 君
市民環境部長  上 田   進 君 健康福祉部長   古 谷 國 光 君
健康福祉部長(福祉事務所長) 古 林 信 義 君 経済部長 山 根 政 晴 君
土木建築部長  山 本 正 廣 君 都市開発部長   兼 安 誠一郎 君
下水道部長   下 道 英 雄 君 消防長      神 田 義 正 君
教育次長    大 塚   徹 君
事務局職員出席者
局長     藤 岡 裕 義 君 次長     吉 本 栄 三 君
議事課長   伊 藤   勇 君 庶務課長   山 根 正 弘 君
庶務課長補佐 井 上 昌 子 君 議事課長補佐 小 田 周 志 君
調査係長   山 田 敏 之 君


      午前10時開議      



○議長(野田隆志君) これより、本日の会議を開きます。

    〔諸般の報告〕



○議長(野田隆志君) この際、事務局から諸般の報告をいたさせます。



◎事務局次長(吉本栄三君) 報告いたします。

 本日の出席議員数はただいま30名であります。

 なお、岩村議員は欠席の旨届け出がありました。

 次に、6月13日付をもちまして、各常任委員長から、付託事件に対する審査報告書を受理いたしました。

 次に、6月13日付をもちまして、文教民生委員長及び産業経済委員長から、目下委員会において審査中の事件について、閉会中の継続審査の申出書を受理いたしました。

 また、同日付をもちまして、各常任委員長から、所管事務について閉会中の継続調査の申出書を受理いたしました。

 次に、付議事件の追加提出について申し上げます。

 本日付をもちまして、荒川議員提出、5名の賛成議員による「新たな森林・林業・木材産業基本政策に関する要望決議」外1件の決議案の提出がありました。

 次に、監査委員の議会に対する報告について申し上げます。

 本日付をもちまして、収入役所管分並びに水道、交通、ガスの各公営企業管理者所管分の例月出納検査の結果報告がありました。

 ただいま申し上げましたこれらの報告書は、各控室に掲示しておきました。

 以上で、報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、諸般の報告は終わりました。



△日程第1会議録署名議員の指名



○議長(野田隆志君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において村上恵子さん、河村泰輔君を指名いたします。



△日程第2議案第60号、第62号、第63号及び報告第1号から第3号までについて(総務財政委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第2、総務財政委員会から報告のありました議案第60号、第62号、第63号及び報告第1号から第3号までの6件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。松岡総務財政委員長。

    〔23番 松岡 惣一 君 登壇〕



◆23番(松岡惣一君) ただいま議題となりました議案第60号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第1回)外5件について、付託されました総務財政委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第60号、第62号、第63号及び報告第1号から第3号までの都合6件は、全会一致をもちまして、本日お手元に配付の審査報告書に記載のとおり決定いたしました。

 次に、審査の概要について申し上げます。

 まず初めに、議案第60号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第1回)についてでありますが、今回補正計上されている「真締川まつり実行委員会助成金」100万円に関連して、「真締川まつり」の主催者及び行事内容等についてただしたところ、「真締川まつり」は、コミュニティー主催であり、行事内容としては、市内外からの参加による「いかだレース」、南蛮音頭等の「伝統芸能の披露」、小学生からお年寄りまでの参加による「将棋大会」、「チヌの放流」等の行事が計画されているとのことでありました。

 次に、報告第2号専決処分を報告し、承認を求める件(宇部市税賦課徴収条例の一部を改正する条例(平成12年条例第29号))及び報告第3号専決処分を報告し、承認を求める件(宇部市都市計画税賦課徴収条例の一部を改正する条例(平成12年条例第30号))に関して、今回の専決処分による固定資産税及び都市計画税への影響額についてただしたところ、調定ベースで固定資産税において6,850万円、都市計画税において1,470万円、合計8,320万円程度の減収を見込んでいるとのことでありました。

 以上であります。よろしく御審議くださいますようお願いし、総務財政委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第60号、第62号、第63号及び報告第1号から第3号までの6件を一括議題といたします。

 御質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第60号平成12年度宇部市一般会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第62号宇部市代替バス運行事業に関する条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第63号宇部市非常勤職員の報酬及び費用弁償条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、報告第1号専決処分を報告し、承認を求める件(平成11年度宇部市一般会計補正予算(第9回))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、承認であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。

 次に、報告第2号専決処分を報告し、承認を求める件(宇部市税賦課徴収条例の一部を改正する条例(平成12年条例第29号))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、承認であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。

 次に、報告第3号専決処分を報告し、承認を求める件(宇部市都市計画税賦課徴収条例の一部を改正する条例(平成12年条例第30号))を議題といたします。

 本件に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本件に対する委員長の報告は、承認であります。

 本件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本件は承認することに決しました。



△日程第3議案第67号から第69号までについて(文教民生委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第3、文教民生委員会から報告のありました議案第67号から第69号までの3件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。田中敏弘文教民生委員長。

    〔25番 田中 敏弘 君 登壇〕



◆25番(田中敏弘君) ただいま議題となりました議案第67号工事請負契約締結の件(宇部市ごみ処理施設建設工事)外2件について、付託されました文教民生委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第67号、第68号及び第69号の3件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の概要については、本席から特に御報告申し上げる事項はありませんが、議案第67号工事請負契約締結の件(宇部市ごみ処理施設建設工事)について、一部委員から、建設工事に対し、安全管理の徹底を図られたいとの強い要請がありましたので、申し添えておきます。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、文教民生委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより質疑に入ります。

 議案第67号から第69号までの3件を一括議題といたします。

 御質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第67号工事請負契約締結の件(宇部市ごみ処理施設建設工事)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。荒川憲幸君。



◆21番(荒川憲幸君) 日本共産党を代表して、議案第67号工事請負契約締結の件(宇部市ごみ処理施設建設工事)に賛成し、討論を行います。

 ごみ問題解決の基本は、大量生産、大量消費、大量廃棄の流れを変えることです。大量廃棄されたごみ処理経費は、ただでさえ苦しい自治体の財政を圧迫してます。1980年代と比較しても、ごみの増加は1.16倍に対して、処理費は2.4倍になっていると言われてます。

 ところが、政府は排出後のごみ処理対策にしか熱心ではなく、大型焼却炉の建設の推進や焼却灰の埋立量を減らすため、技術的には未確立の灰溶融炉建設の押しつけ、またサーマルリサイクルを言いわけにした発電設備の押しつけと、新たな犠牲と困難を負わせています。こういった状況の中で、焼却施設更新となった宇部市の選択肢は非常に狭いものにならざるを得ませんでした。

 また、ダイオキシン対策としての位置づけも重要であります。今回決定されたガス化溶融方式については、全く新しい技術であり、性能、安全性に対しての不安はありますが、宇部市じんかい処理対策委員会において何度も検討を重ねた結果であると答弁がありました。その点については敬意を表したいと思います。

 また、受注業者についてでありますが、藤沢市での一連の問題については、一般質問でも明らかにいたしました。このことについては、答弁の中でできる限りの対応し、再発防止にも努めるという決意をいただきました。文教民生委員会においても熱心に議論が行われ、改めてその点についての確認もされたようであります。企業に対して利益優先ではなく、安全を最優先に、また環境保全を正面に据えた取り組みを行うよう、重ねてここで強く要望して、賛成討論を終わります。



○議長(野田隆志君) ほかにありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第68号工事請負契約締結の件(厚南学校給食共同調理場建築(建築主体)工事)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第69号物品購入の件(厚南学校給食共同調理場における厨房器具)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第4議案第64号、第65号及び第70号について(産業経済委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第4、産業経済委員会から報告のありました議案第64号、第65号及び第70号の3件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長の報告を求めます。杉山産業経済委員長。

    〔20番 杉山 孝治 君 登壇〕



◆20番(杉山孝治君) ただいま議題となりました議案第64号宇部市地方卸売市場業務条例中一部改正の件外2件について、付託されました産業経済委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第64号、第65号及び第70号の都合3件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の概要につきましては、本席から特に御報告申し上げる事項はありません。

 よろしく御審議くださるようお願いし、産業経済委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第64号、第65号及び第70号の3件を一括議題といたします。

 御質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第64号宇部市地方卸売市場業務条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第65号宇部市営旅客自動車運送条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第70号市営土地改良事業の変更の件(広瀬地区)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第5議案第61号及び第66号について(都市建設委員会委員長報告、質疑・討論・表決)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第5、都市建設委員会から報告のありました議案第61号及び66号の2件を一括議題といたします。

 本件に関し、委員長から報告を求めます。林都市建設委員長。

    〔16番 林   勉 君 登壇〕



◆16番(林勉君) ただいま議題となりました議案第61号平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第1回)外1件について、付託されました都市建設委員会の審査の結果及び審査の概要を御報告申し上げます。

 まず、審査の結果でありますが、議案第61号及び66号の2件については、いずれも全会一致をもって、委員会審査報告書に記載のとおり、可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審査の概要については、本席から特に補足して御説明申し上げる事項はございません。

 よろしく御審議くださいますようお願いし、都市建設委員会の報告を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、委員長の報告は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 議案第61号及び第66号の2件を一括議題といたします。

 御質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、議案第61号平成12年度宇部市下水道事業特別会計補正予算(第1回)を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第66号宇部市営住宅条例中一部改正の件を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は、可決であります。

 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第6決議案第3号及び第4号について……(総合審議)



○議長(野田隆志君) 次に、日程第6、決議案第3号及び第4号の2件を一括議題といたします。

 まず、決議案第3号について、提出者の提案理由の説明を求めます。荒川憲幸君。

    〔21番 荒川 憲幸 君 登壇〕



◆21番(荒川憲幸君) ただいま議題となりました決議案第3号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本決議案の趣旨、内容につきましては、お手元に配付の決議案のとおりであります。

 以下、朗読をもって説明にかえさせていただきます。

新たな森林・林業・木材産業基本政策に関する要望決議

 森林は、木材等の林産物の供給を初め、水源の涵養、災害の防止等の機能を通じ、古くから国民生活と深くかかわってきた。また、今日、地球温暖化、生物の多様性の確保など地球環境問題が大きく取り上げられ、安全で快適な国民生活の基盤としての森林の重要性が改めて認識されるなど、適正な森林管理を確保するための「持続可能な森林経営」が強く求められている。

 我が国においては、これら森林は、農山村地域の林業生産活動によって守り育てられてきた。しかし、これまでの各種施策や関係者の努力にもかかわらず、木材の需要・価格の低迷、農山村の過疎化・高齢化が続く中で、林業・木材産業が停滞し、森林所有者の経営意欲の減退等により、手入れの行き届かない森林が発生してきている。

 国民の貴重な財産である森林資源を守り育てながら、森林の持つ多様な公益的機能を最大限に生かし、国民の生活環境を保全できる持続性のある資源循環型社会に移行する新たな施策が必要である。

 よって、政府並びに国会におかれては、下記事項を踏まえた森林・林業・木材産業にかかわる基本政策を早急に確立されるよう強く要望する。

              記

1 木材自給体制の確立と生産・消費対策の強化を図ること。

2 森林の国土保全、環境維持への新たな公的資金を導入すること。

3 広範な森林整備の担い手の育成・確保を図ること。

4 国民共有の財産である森林に対する税制度の改正を図ること。

5 材価低迷等により厳しい経営環境にある林業経営者に対し、意欲を持って持続的な林業経営が可能となる制度を構築すること。

 以上、決議する。

 平成12年6月14日

宇 部 市 議 会

 以上であります。

 よろしく御賛同賜りますようお願いし、提案説明を終わります。



○議長(野田隆志君) 次に、決議案第4号について、提出者の提案理由の説明を求めます。新城寛徳君。

    〔13番 新城 寛徳 君 登壇〕



◆13番(新城寛徳君) おはようございます。ただいま議題となりました決議案第4号について、提案理由の説明を申し上げます。

 本決議案の趣旨、内容につきましては、お手元に配付の決議案のとおりであります。

 以下、朗読をもって説明にかえさせていただきます。

市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議

 本市にとって道路は、市民の日常生活において重要な交通手段としての役割を担っており、活力ある経済・社会活動や豊かな市民生活を実現し、21世紀に向けて活力ある地域社会を形成するために必要不可欠な社会基盤である。

 このため、本市では、均衡ある発展や活力ある地域づくりを一層推進するため、市内はもとより市外との交流・連携を促進する交通ネットワークの整備や、人や自然に優しい交通環境の整備を進めているところである。

 現在、地域高規格道路や都市計画道路などの幹線道路網の整備を実施しており、また、老朽化の著しい長大橋の架け替えを計画している。さらには、日常生活に密着した市道の整備促進、交通安全対策、道路防災対策等が強く求められているところである。

 このため、新道路整備五箇年計画や第6次特定交通安全施設等整備事業七箇年計画に基づく円滑な道路整備の推進が不可欠である。

 よって、政府並びに国会におかれては、道路整備の重要性を深く認識され、平成13年度の予算編成に当たっては、道路財源の充実と地方への重点配分を図られるよう強く要望する。

 さらに、道路特定財源の一般財源化を行うことなく道路特定財源制度を堅持し、引き続き市民の熱望する道路整備の推進を強く求める。

 以上、決議する。

 平成12年6月14日

宇 部 市 議 会

 以上であります。

 よろしく御賛同賜りますようお願いし、提案理由の説明を終わります。



○議長(野田隆志君) 以上で、提出者の提案理由の説明は終わりました。

 これより、質疑に入ります。

 決議案第3号及び第4号の2件を一括議題といたします。

 御質疑はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております決議案第3号及び第4号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、決議案第3号及び第4号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより、討論、表決に入ります。

 まず、決議案第3号新たな森林・林業・木材産業基本政策に関する要望決議を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 次に、決議案第4号市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議を議題といたします。

 本案に関し、討論はありませんか。

    〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) ないようであります。

 これにて、討論を終結いたします。

 これより、採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    〔賛成者起立〕



○議長(野田隆志君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。



△日程第7閉会中の継続審査の申し出に対する決定について



○議長(野田隆志君) 次に、日程第7、閉会中の継続審査の申し出に対する決定についてを議題といたします。

 文教民生委員長及び産業経済委員長から、目下委員会において審査中の事件について、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。



△日程第8閉会中の継続調査の申し出に対する決定について



○議長(野田隆志君) 次に、日程第8、閉会中の継続調査の申し出に対する決定についてを議題といたします。

 各常任委員長から、所管事務について、会議規則第103条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(野田隆志君) 御異議なしと認めます。

 よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。



○議長(野田隆志君) これにて、平成12年6月(第2回)宇部市議会定例会を閉会いたします。

      午前10時32分閉会      

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。



  平成12年6月14日



宇部市議会議長   野 田 隆 志



宇部市議会議員   村 上 恵 子



宇部市議会議員   河 村 泰 輔