議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 下関市

平成15年第 2回定例会( 6月) 06月25日−05号




平成15年第 2回定例会( 6月) − 06月25日−05号









平成15年第 2回定例会( 6月)





△議事日程
 平成15年6月25日(水)

 議 事 日 程(第16号)
 第 1 会議録署名議員の指名
 第 2 議案第 94号 平成15年度下関市一般会計補正予算(第3回)
 第 3 議案第 95号 平成15年度下関市公共下水道事業特別会計補正予算(第1
             回)
    (以上2件 文教厚生、建設委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)
 第 4 議案第 96号 下関市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部
             を改正する条例
       (以上 総務委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)
 第 5 議案第 99号 モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する
             協議についての一部変更について
       (以上 経済委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)
 第 6 議案第 97号 下関市手数料条例の一部を改正する条例
 第 7 議案第 98号 下関市心身障害者福祉作業所の設置等に関する条例の一部を
             改正する条例
 第 8 議案第104号 製造請負契約締結について(戸籍電子情報システム製造)
      (以上3件 文教厚生委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)
 第 9 議案第100号 損害賠償の額を定めることについて
 第10 議案第101号 訴えの提起について(市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支
             払いの請求)
 第11 議案第102号 訴えの提起について(市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支
             払いの請求)
 第12 議案第103号 訴えの提起について(市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支
             払いの請求)
 第13 議案第105号 工事請負契約締結について(前田汚水2号幹線布設工事(第
             1工区))
 第14 議案第106号 工事請負契約締結について(綾羅木処理分区下水道管渠布設
             工事(第1工区))
 第15 議案第107号 工事請負契約締結について(筋ケ浜終末処理場消化タンク機
             械設備工事(第1工区))
 第16 議案第108号 工事請負契約締結について(山陰終末処理場消化槽建設工事)
 第17 議案第109号 工事請負契約締結について(筋ケ浜終末処理場汚泥処理機械
             設備工事(第1工区))
 第18 議案第110号 工事請負契約締結について(筋ケ浜終末処理場汚泥処理機械
             設備工事(第2工区))
 第19 議案第111号 工事請負契約締結について(新港地区埋立護岸(外周護岸A)
             整備工事(その6))
 第20 議案第112号 工事請負契約締結について(新港地区埋立護岸(内護岸)整
             備工事(その3))
 第21 議案第113号 工事請負契約締結について(新港地区埋立護岸(内護岸)整
             備工事(その4))
       (以上13件 建設委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)
 第22 議案第115号 監査委員選任の同意について
 第23 議案第116号 固定資産評価員選任の同意について
 第24 諮問第  1号 人権擁護委員候補者の推薦について
 第25 議案第117号 市出資法人調査特別委員会の設置について
 第26 決議案第 2号 市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議
 第27 閉会中の継続調査について

 会 議 事 件
  日程に同じ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


△出席議員
 出 席 議 員(36名)
   1番 田 中 義 一 君        7番 御手洗 美代子 君
   2番 山 下 隆 夫 君        8番 定 宗 正 人 君
   3番 菅 原   明 君        9番 兼 田 一 郎 君
   4番 田 中 眞 治 君       10番 中 谷 紀 由 君
   5番 鵜 原 明 人 君       11番 金 田 直 樹 君
   6番 砂 田 正 和 君       12番 平 岡 泰 彦 君
  13番 林   真一郎 君       25番 長   秀 龍 君
  14番 中 村 勝 彦 君       26番 亀 田   博 君
  15番 上 村 静 枝 君       27番 西 本 健治郎 君
  16番 石 川   潔 君       28番 松 村 正 剛 君
  17番 門 出 眞 治 君       29番 檜 垣 徳 雄 君
  18番 岡 村 武 俊 君       30番 大 田 幸 夫 君
  19番 関 谷   博 君       31番 田 邉 ヨシ子 君
  20番 末 永   昇 君       32番 福 田 幸 博 君
  21番 小 浜 俊 昭 君       33番 溝 内 早智子 君
  22番 岩 本 直 人 君       34番 友 松 弘 幸 君
  23番 中 田 博 昭 君       35番 植 田   正 君
  24番 野 稲 茂 夫 君       36番 近 藤 栄次郎 君

 欠 席 議 員(なし)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


△説明員
 説  明  員
   市長      江島  潔君    都市整備部長      ?橋 伸輔君
   助役      平川 敬一君    下水道部長       安光 和明君
   助役      佐本 敏朗君    港湾局長        谷川 勇二君
   収入役     佐野 節雄君    保健所長        延谷壽三郎君
   総合政策部長  野村 宗成君    中央病院事務局長    田中 義雄君
   総務部長    山村 重彰君    市立大学事務局長    正村  豊君
   財政部長    小? 太郎君    競艇事業局長      松尾 勝義君
   市民部長    吉武 泰志君    代表監査委員      村田 文典君
   保健福祉部長  江見 照久君    選挙管理委員会事務局長 大森  宏君
   環境部長    新内 憲史君    教育長         松田 雅昭君
   観光産業部長  植田 泰史君    水道局長        松藤 智晴君
   農林水産部長  義満 謙二君    消防長         藤川  洋君
   建設部長    福永 幹生君    総務課長        西村 勝美君

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


△事務局職員
  事務局職員 
   局長        栢  勝利君    議事課主査     植田  功君
   議事課長      田邨  昇君    庶務課長      田嶋  勲君
   議事課長補佐    安永 尚史君

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


△委員会所属表

            特別委員会委員所属表
                          (平成15年第2回定例会)

委員会名定数委     員     名
市出資法人調査特別委員会9
 野 稲 茂 夫  植 田   正  近 藤 栄次郎  鵜 原 明 人  定 宗 正 人  末 永   昇  林   真一郎  金 田 直 樹  山 下 隆 夫 


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


△継続審査一覧表
             閉会中の継続調査事項

                           (平成15年第2回定例会)
  総務委員会 
   調     査
  1 行財政管理について
  2 水道行政について
  3 消防行政について
  4 広域行政について
  5 行政改革について
  6 国際交流について
  7 駅舎問題について

  経済委員会 
   調     査
  1 農林水産行政について
  2 商工行政について
  3 観光事業の運営開発について
  4 競艇事業の運営について

  文教厚生委員会
   調     査
  1 市民生活行政について
  2 民生行政について
  3 保健福祉行政について
  4 衛生行政について
  5 教育行政について

  建設委員会 
   調     査
  1 建設行政について
  2 都市整備行政について
  3 港湾行政について
  4 下水道行政について

  議会運営委員会
   調     査
  1 議会運営等について



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



△開議

                             −10時00分 開議−

────────────────────────────────────────



△伝達式





○副議長(関谷博君) 

 開議に先立ち、全国市議会議長会の表彰式の伝達を行います。

 去る6月19日に開催されました全国市議会議長会において、小浜俊昭議員が正副議長在職12年というまことに輝かしい特別表彰の栄に浴されました。

 表彰されました小浜俊昭議員は、下関市が今日の発展に至るまでの長い道のりの中で、正副議長として円満なる人格と卓越した手腕とにより、市政の推進と円滑な議会運営に大きく貢献されたのであります。

 私たちは、同僚議員といたしまして、これまでの御労苦、御精進に対し深く敬意を表し、その功績をたたえる次第であります。

 それでは、表彰式の伝達を行います。小浜俊昭議員、御登壇をお願いいたします。

 (小浜議員登壇・表彰状伝達・拍手)



○副議長(関谷博君) 

 それでは、小浜俊昭議員、ごあいさつをお願いいたします。



◆小浜俊昭君

 では、一言ごあいさつを申し上げます。

 今月の19日に東京の日比谷公会堂におきまして、第79回の全国議長会がありました。そこで特別表彰といたしまして、正副議長12年の賞をいただきました。身に余る光栄でございまして、本当に感激をいたしておるわけでございます。

 皆さん方も御案内のように、本当に地方自治体を取り巻く情勢は厳しいものがあります。少子高齢者社会に突入をいたしましたし、また地方分権も進んでおります。景気の低迷により、地方財政は大変苦しいような状態になってまいりまして、行財政では大変改革しなくてはならないというような事態にもなっております。また、広域合併も進んでおりまして、1市4町も、これも1つの大きな課題であろうと、かように思っております。

 このような時期に12年の表彰を受けまして、私も皆さん方の温かい御支援と御協力のたまものでありまして、心から感謝をいたしたいと、かように思っております。私もこれを契機といたしまして、心を新たにして一生懸命市勢発展と住民福祉の向上のために努力をいたしたいと、かように思っております。

 どうか今後とも御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げまして、簡単でございますけどもごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(関谷博君) 

 それでは、議長と交代いたします。小浜議長、議長席にお着きください。



○議長(小浜俊昭君) 

 ただいま正副議長在職12年の特別表彰の伝達がありました。本年はさらに近藤栄次郎議員、中谷紀由議員のお二人が勤続20年の特別表彰の栄に浴されました。

 受賞されましたお二人は、市議会議員として誠心誠意その職務を全うされ、市勢の発展に大きく貢献されたのであります。

 私たち同じく道を進む者として、これまでの御努力に対し心から敬意を表し、その功績をたたえる次第であります。

 それでは、表彰状の伝達を行います。近藤栄次郎議員、中谷紀由議員、御登壇をお願いいたします。

 (受賞者各位登壇・表彰状伝達・拍手)



○議長(小浜俊昭君) 

 それでは、受賞者を代表いたしまして近藤栄次郎議員よりごあいさつをお願いいたします。



◆近藤栄次郎君

 ただいま勤続20年の表彰を受けました。20年というのは、振り返ればあっという間の出来事であります。しかし、また一面では、この20年の間に市長も3人かわりました。昭和58年、1983年の選挙で私どもは、当時定数44でありましたけれども、11名が新人として登場しました。今ここにおるのは私と中谷議員2人です。県政に転進した人、あるいは勇退した人、この世を旅立った人など、さまざまな人生のドラマがありました。こう考えれば、また長くもあると、このような考えを今持ってます。

 これからも地方自治の本旨にのっとり、市勢発展のためにひたむきに頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いをいたします。本日は大変ありがとうございました。(拍手)



○議長(小浜俊昭君) 

 ただいまの受賞者の皆さん方に対しまして、市長からお祝いの言葉がございます。江島市長。

 (市長江島潔君登壇)



◎市長(江島潔君) 

 このたび全国市議会議長会の永年勤続表彰の栄に浴されました3名の議員各位に対しまして、心からお喜びを申し上げます。

 正副議長在職12年の特別表彰を受けられました小浜議長、また、20年間議員を務められ特別表彰を受けられました近藤、中谷両議員におかれましては、長年にわたり市民の負託のもと、議会の円滑な運営並びに市勢の発展に多大なお力添えいただいておりますことに深く感謝を申し上げます。

 振り返りますと、本市におきましては、基幹産業である造船不況や水産業の不振、バブル経済崩壊後の長引く不況など大変厳しい時代を歩み、そして21世紀を迎えた今、少子高齢化や地球環境問題など新たな局面に直面をしております。各位におかれましては、このような多難な時代を乗り越え、本市の発展に引き続き御尽力いただいておりますことに改めて敬意を表します。

 緊迫する国際情勢、激しい社会経済の変革の中、本市では第四次下関市総合計画に基づき、「〜海峡の恵みと歴史の心を翼に〜ひかりかがやく快適環境都市・しものせき」の実現を目指し全力で取り組んでまいりますので、議員各位におかれましても、引き続き御健康には十二分に御留意をされまして、豊かな御経験を生かしていただいて、引き続き本市発展のために御指導、御鞭撻を賜りますようお願いを申し上げましてお祝いの言葉とかえさせていただきます。おめでとうございました。(拍手)

────────────────────────────────────────



△会議録署名議員の指名





○議長(小浜俊昭君) 

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりでございます。

 日程第1 「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、大田幸夫議員及び砂田正和議員を指名いたします。

────────────────────────────────────────



△委員長報告





○議長(小浜俊昭君) 

 日程第2 議案第94号「平成15年度下関市一般会計補正予算(第3回)」及び日程第3 議案第95号「平成15年度下関市公共下水道事業特別会計補正予算(第1回)」を一括議題といたします。

 各委員長の報告を求めます。定宗文教厚生委員長。

 (定宗正人君登壇)



◎文教厚生委員長(定宗正人君) 

 おはようございます。文教厚生委員会が付託を受けました議案第94号「平成15年度下関市一般会計補正予算(第3回)」について、審査の結果を御報告いたします。

 本案は歳入歳出予算に1,300万円を追加し、その総額を895億4,296万4,000円と定めようとするものであり、その内容といたしましては歳出第10款教育費に世界宇宙飛行士会議開催支援事業に係る経費を計上し、歳入第18款繰越金においてその所要財源を計上しようとするものであります。

 審査の過程において、委員より、厳しい財政状況の中で、1,300万円もの歳出を伴う当該事業の妥当性について質疑がなされました。

 これに対し、執行部より、世界宇宙飛行士会議は、各国の宇宙飛行士が組織する宇宙探検協会が毎年各国で開催している国際会議であり、今回、「宇宙と教育」をメーンテーマに、日本では初めて開催される。本市では「夢はばたく、海から宇宙へ」をテーマに、身近な海と宇宙をつなぎ、宇宙飛行士との交流を通じ子供たちの夢をはぐくむ、大変有意義な事業の開催を予定している。具体的な事業の内容として、アメリカ、ロシア、日本の宇宙飛行士を迎え、市内中学生を対象とした同時通訳によるシンポジウム開催、宇宙飛行士の市内小学校訪問、並びに市民との交流会開催などを計画している旨の説明がなされました。

 委員会は、本案を異議なく可決すべきものと決しました。

 本会議におかれましてもよろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小浜俊昭君) 

 田中建設副委員長。

 (田中眞治君登壇)



◎建設副委員長(田中眞治君) 

 建設委員会が付託を受けました議案第95号「平成15年度下関市公共下水道事業特別会計補正予算(第1回)」について、審査の結果を報告いたします。

 本案は、平成15・16年度の2カ年の継続事業である綾羅木汚水9号幹線布設事業に係る継続費を、8,000万円増額しようとするものであります。

 審査の過程において委員より、この時期に増額補正しなければならないことに対する疑義が呈され、これに対して執行部より、このたびの工事は事例的に余りない特殊なものであり、直線区間の一部見直しの結果、曲線補正により予算に不足を生じたためであるとの説明がなされました。

 委員会は、本案を異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 本会議におかれましても、よろしく御賛同賜りますようお願いいたします。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 これより議案第94号及び議案第95号について一括して採決をいたします。議案第94号及び議案第95号は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、議案第94号及び議案第95号は、いずれも原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────



○議長(小浜俊昭君) 

 日程第4 議案第96号「下関市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。岡村総務委員長。

 (岡村武俊君登壇)



◎総務委員長(岡村武俊君) 

 おはようございます。総務委員会が付託を受けました議案第96号「下関市消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例」について審査の結果を御報告いたします。

 本案は、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令が一部改正されたことに伴い、これに準じている本市の消防団員に係る退職報償金の支給額を、階級、勤続年数に応じて一律2,000円引き上げようとするものであります。

 委員会は本案を原案どおり異議なく可決すべきものと決しました。本会議におかれましてもよろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 これより議案第96号について採決をいたします。本案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────



○議長(小浜俊昭君) 

 日程第5 議案第99号「モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議についての一部変更について」を議題といたします。

 委員長の報告を求めます。石川経済副委員長。

 (石川潔君登壇)



◎経済副委員長(石川潔君) 

 おはようございます。経済委員会が付託を受けました、議案第99号「モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議についての一部変更について」、審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 本案は、第1回定例会において可決した議案第62号「モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議について」のうち、東京都四市競艇事業組合に対して委託する場外発売事務として、下関市営山口県MB競走会会長杯争奪競走を追加しようとするものであります。内容としては、7月1日から7月3日までの3日間について、東京都四市競艇事業組合が管理する千葉県市原市のボートピア市原で発売しようとするものであり、3日間の売り上げを4,000万円と見込むとともに、一般競走の場外発売は下関市としては初めての試みであるとの説明がなされたところであります。

 売り上げ見込み算定の根拠に係る質疑では、執行部から、ボートピア市原での最近の売り上げ状況をもとに算出したとの説明がなされ、委員からは、このような一般競走の場外発売事務委託を今後拡大する方針なのか、また、他の売り上げ増の方策も検討しているのかとの質疑があり、執行部からは、本場での売り上げが厳しい状況にあるため、一般競走の場外発売についても積極的に取り組んでいくこと、また、経費削減にできる限り努めつつ新たな方策等も検討していくとの考えが示されました。

 委員からは、経費削減努力等内部努力も大事ではあるが、営業展開等売り上げ増につながる行動にも積極的に取り組んでいただきたいとの意見がなされたところであります。

 以上、審査の過程で行われた質疑の主なものについて報告いたしましたが、委員会は、本案を異議なく可決すべきものと決しました。本会議におかれましても御賛同賜りますようよろしくお願いいたします。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 これより議案第99号について採決をいたします。本案は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────



○議長(小浜俊昭君) 

 日程第6 議案第97号「下関市手数料条例の一部を改正する条例」から、日程第8 議案第104号「製造請負契約締結について」までの3件を一括議題といたします。

 議案第 97号 下関市手数料条例の一部を改正する条例

 議案第 98号 下関市心身障害者福祉作業所の設置等に関する条例の一部を改正する

         条例

 議案第104号 製造請負契約締結について(戸籍電子情報システム製造)



○議長(小浜俊昭君) 

 委員長の報告を求めます。林文教厚生副委員長。

 (林真一郎君登壇)



◎文教厚生副委員長(林真一郎君) 

 文教厚生委員会が付託を受けました議案第97号及び議案第98号並びに議案第104号について審査の結果を御報告いたします。

 初めに、議案第97号「下関市手数料条例の一部を改正する条例」は住民基本台帳法の一部改正に伴い、本市以外の市町村の住民に係る住民票の写しの交付手数料を現行の住民票の写しと同額の200円、住民基本台帳カードの交付に係る手数料を500円とそれぞれ定めるとともに、所要の条文整備を行うため、下関市手数料条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の過程において執行部より、本年8月25日の住民基本台帳ネットワークシステム第2次稼働に伴い、住民基本台帳カードの交付、住民票の写しの広域交付、転入、転出特例という新たなサービスが提供されること、また住民基本台帳カードについては、氏名のみが記載されているものと、住所、氏名、生年月日、性別が記載され、さらに本人の写真が貼付されているものの2種類からいずれかを選択し、交付を受けることができる旨の説明がなされました。

 次に、議案第98号「下関市心身障害者福祉作業所の設置等に関する条例の一部を改正する条例」は下関市後田福祉作業所を廃止するため、下関市心身障害者福祉作業所の設置等に関する条例の一部を改正しようとするものであります。

 なお、当該作業所が廃止された後、本年7月からは現施設を社会福祉法人「さくらの丘」が運営する小規模通所授産施設「うしろだ工房」(仮称)として使用される予定である旨の説明が執行部よりなされました。

 最後に、議案第104号「製造請負契約締結について」は戸籍電子情報システム製造について、富士ゼロックスシステムサービス株式会社と、5億1,450万円で請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の過程において執行部より、契約の相手方である業者選定については、業者選定委員会を設置し、4業者によるプロポーザル審査を行ったこと、また、選定の主な理由としては、セットアップ及びシステム業務とも再委託することなくすべて1社体制で行っているのでデータ漏えいの危険性が少ないこと、また、システムにおいては、国の基準外の機能も充実しており、ユーザーの意見を取り入れたアフターフォロー体制がとられていること、経費が最も安いこと、さらには下関市との合併が検討されている豊浦郡4町のうち3町が同社のシステムを導入あるいは導入決定していることなどである旨の説明がなされました。

 委員会は以上3議案についていずれも異議なく可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わりますが、本会議におかれましてもよろしく御賛同賜りますようお願いいたします。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 これより議案第97号外2件について一括して採決をいたします。議案第97号外2件は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、議案第97号外2件は、いずれも原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────



○議長(小浜俊昭君) 

 日程第9 議案第100号「損害賠償の額を定めることについて」から、日程第21 議案第113号「工事請負契約締結について」までの13件を一括議題といたします。

 議案第100号 損害賠償の額を定めることについて

 議案第101号 訴えの提起について(市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支払いの請

         求)

 議案第102号 訴えの提起について(市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支払いの請

         求)

 議案第103号 訴えの提起について(市営住宅の明渡し及び滞納家賃等の支払いの請

         求)

 議案第105号 工事請負契約締結について(前田汚水2号幹線布設工事(第1工区))

 議案第106号 工事請負契約締結について(綾羅木処理分区下水道管渠布設工事(第

         1工区))

 議案第107号 工事請負契約締結について(筋ケ浜終末処理場消化タンク機械設備工

         事(第1工区))

 議案第108号 工事請負契約締結について(山陰終末処理場消化槽建設工事)

 議案第109号 工事請負契約締結について(筋ケ浜終末処理場汚泥処理機械設備工事

         (第1工区))

 議案第110号 工事請負契約締結について(筋ケ浜終末処理場汚泥処理機械設備工事

         (第2工区))

 議案第111号 工事請負契約締結について(新港地区埋立護岸(外周護岸A)整備工

         事(その6))

 議案第112号 工事請負契約締結について(新港地区埋立護岸(内護岸)整備工事(そ

         の3))

 議案第113号 工事請負契約締結について(新港地区埋立護岸(内護岸)整備工事(そ

         の4))



○議長(小浜俊昭君) 

 委員長の報告を求めます。門出建設委員長。

 (門出眞治君登壇)



◎建設委員長(門出眞治君) 

 おはようございます。建設委員会が付託を受けました議案第100号外12件について、審査の結果を報告いたします。

 初めに議案第100号「損害賠償の額を定めることについて」でありますが、本案は、平成15年1月29日長府古城町の市営住宅用地内において、同市営住宅のひさしが強風のため落下し、駐車していた相手方の車両が破損した事故について、損害賠償の額を定めようとするものであります。

 このひさしについては、前の居住者が市の許可を得て増築した物で、本来であれば退去時に原状回復により撤去すべきものでありましたが、現在同市営住宅は建てかえ事業を進めており、市としても増築物の存置を認めていたことから、事故については市に100%の過失割合があり弁護士からも賠償額12万3,428円については妥当な金額であるとの見解をいただいているとの説明がなされました。なお、再発防止のためにも、事故後、市内空き家住宅について調査し、問題のあるひさし等の工作物はすべて撤去したとの説明を受け、委員会は本議案につきましては異議なく可決すべきものと決しました。

 続きまして議案第101号から議案第103号まではいずれも訴えの提起に関する議案で、議案第101号は家賃長期滞納者に対する住宅の明け渡し及び滞納家賃等の支払いの請求のため藤井章弘を、議案第102号及び議案第103号は無断退去者に対する住宅の明け渡し及び滞納家賃等の支払いの請求のため議案第102号は吉屋眞悟を、議案第103号は本川光一をそれぞれ相手方とし民事訴訟を提起しようとするものであります。

 審査の過程において委員より、現在の家賃徴収体制並びに訴訟対象件数について質疑がなされ、執行部より、家賃徴収業務は滞納月数が二、三カ月を経過すると住宅管理公社の職員が訪問し徴収を行っている。訴訟対象者については、今年度から対象要件を厳しく見直し、現在滞納額30万円以上が72名、滞納月数18カ月以上が442名、その他悪質者が25名で合計539名いるとの説明がなされました。

 この答弁に接し委員より、さきの一般質問でもありましたが、徴収事務は住宅管理公社の職員が行っているということで、法的権限はないが、居住者についての諸事情を一番把握していることもあり、より連係を密にし徴収事務等を行ってほしいとの要望がなされました。また、保証人制度についても、保証人としてのあり方を早期に見直し、収納率アップを図られるよう意見を付し、委員会は以上3議案をいずれも異議なく可決すべきものと決しました。

 最後に議案第105号から議案第113号までは、いずれも工事請負契約締結に係る議案であり、議案第105号から議案第110号までは、いずれも公共下水道事業に関する工事について、各議案に示されている内容で、それぞれ工事請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の過程において委員より、契約の相手方等について質疑がなされ、これに対して執行部より、特殊な工事については大手と地元業者でJVを組ませ地元業者の養成を図っているが、地元業者でできる工事は地元業者で行っている。また筋ケ浜終末処理場に関する3件の工事は、結果として同一業者と契約を締結しようとするものになったが、これは条件つき一般競争入札の結果であるとの答弁がなされました。

 委員会は、以上6議案につきまして、いずれも異議なく可決すべきものと決しました。

 また議案第111号から議案第113号までは、いずれも新港地区埋立護岸整備に関する工事について、同じく各議案に示されている内容で、それぞれ工事請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の過程において委員より、特色ある人工島利用計画の策定を求める意見や、JR輸送との連携が手おくれにならないよう万全を期するべきとの意見がなされました。

 委員会は、以上3議案につきましては、一部反対はありましたが、いずれも可決すべきものと決しました。

 以上で報告を終わりますが、本会議におかれましてもよろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております13件のうち、御異議あります議案第111号から議案第113号までの3件を除く、議案第100号外9件について一括して採決をいたします。議案第100号外9件は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、議案第100号外9件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第111号から議案第113号までの3件について、起立によって一括して採決をいたします。議案第111号外2件は、委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小浜俊昭君) 

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、議案第111号外2件は、いずれも原案のとおり可決されました。

────────────────────────────────────────



△人事議案の審議





○議長(小浜俊昭君) 

 日程第22 議案第115号「監査委員選任の同意について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。江島市長。

 (市長江島潔君登壇)



◎市長(江島潔君) 

 議案第115号について御説明をいたします。

 本案は、本市監査委員河井義正氏が、平成15年6月22日付で任期満了となりましたので、再び同氏を選任しようとするものであります。よろしく御同意をお願いいたします。



○議長(小浜俊昭君) 

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第115号は、これに同意することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案はこれに同意することに決しました。

 ただいま同意を得られました河井義正君より、あいさつしたい旨の申し出がありますので、これを許します。

 (河井義正君登壇)



◎監査委員(河井義正君) 

 ただいま御紹介いただきました河井でございます。このたびは下関市監査委員の選任の御同意をいただきまして、まことにありがとうございます。

 下関市の財務のさらなる適正化と健全化のために一生懸命頑張っていく所存でございます。どうか皆様方のさらなる御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願いいたしまして、選任のごあいさつとさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(拍手)

────────────────────────────────────────



○議長(小浜俊昭君) 

 日程第23 議案第116号「固定資産評価員選任の同意について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。江島市長。

 (市長江島潔君登壇)



◎市長(江島潔君) 

 議案第116号について御説明をいたします。

 本案は、本市固定資産評価員肥塚光志君が、平成15年6月24日付で辞任いたしますので、その後任として和田隆弘君を選任しようとするものであります。よろしく御同意をお願いいたします。



○議長(小浜俊昭君) 

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第116号は、これに同意することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案はこれに同意することに決しました。

────────────────────────────────────────



○議長(小浜俊昭君) 

 日程第24 諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。江島市長。

 (市長江島潔君登壇)



◎市長(江島潔君) 

 諮問第1号について説明をいたします。

 本案は、人権擁護委員山元浩、楳田敦子の両氏が、平成15年6月30日付をもって任期満了となりますので、山元浩氏については再び同氏を、楳田敦子氏の後任として石田洋子氏を推薦しようとするものであります。よろしく御同意をお願いいたします。



○議長(小浜俊昭君) 

 お諮りいたします。ただいま議題となっております諮問第1号は、適任であると通知することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号は適任であると通知することに決しました。

────────────────────────────────────────



△特別委員会の設置





○議長(小浜俊昭君) 

 日程第25 議案第117号「市出資法人調査特別委員会の設置について」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。砂田正和議員。

 (砂田正和君登壇)



◆砂田正和君

 ただいま上程されました、議案第117号「市出資法人調査特別委員会の設置について」、提案者を代表し、提案理由を御説明いたします。

 市が出資したいわゆる地方公社は、一たん設立されると、法律的には出資した地方自治体とは別個の法人であるため、その業務についての行政的責任の所在が不明確となりがちであります。

 これは、一つには、地方公社に対する住民や議会の意向を反映するための仕組みが、十分整備されていないことに大きな原因があるものと考えられます。

 したがって、地方公社では、ともすれば、民主的な運営が行われていないのではないか、という懸念を抱かれかねないものであります。

 このため、地方公社のうち、地方自治法第243条の3の規定により、議会への報告が義務づけられている地方自治法第221条第3項に規定する法人の経営状況の調査を行い、もって当該法人の設立目的に沿った運営の確立に資するため、本特別委員会を設置しようとするものであります。

 本会議におかれましても、よろしく御賛同賜りますよう、お願い申し上げます。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 これより議案第117号について採決をいたします。本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました市出資法人調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配布の「特別委員会委員所属表」のとおり、9名の諸君を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました諸君を特別委員会の委員に選任することに決しました。

────────────────────────────────────────



△決議案の審議





○議長(小浜俊昭君) 

 日程第26 決議案第2号「市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議」を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。田中眞治議員。

 (田中眞治君登壇)



◆田中眞治君

 ただいま上程されました、決議案第2号「市民生活を支える道路予算の拡充に関する要望決議」について、提案者を代表いたしまして提案理由を御説明いたします。

 産業・経済の活性化を目指す本市にとりましては、広域交通ネットワークの形成が極めて重要な課題であり、そのため一般国道191号下関北バイパス並びに下関西道路、関門海峡道路の早期整備などが強く望まれております。

 また、幹線道路の交通渋滞対策や、日常生活に密着した生活道路の整備については、なお一層の事業促進が強く求められているところであります。

 つきましては、平成16年度の予算編成に当たって、道路財源の一層の充実と緊急性の高い地域への重点配分が図られるよう本決議をもって強く要請しようとするものであります。

 本会議におかれましても、よろしく御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(小浜俊昭君) 

 質疑なしと認めます。

 これより決議案第2号について起立により採決をいたします。本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

 (賛成者起立)



○議長(小浜俊昭君) 

 ありがとうございました。起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ただいま可決されました決議書の提出先等につきましては、議長に一任願います。

────────────────────────────────────────



△閉会中の継続審査及び調査





○議長(小浜俊昭君) 

 日程第27 「閉会中の継続調査について」を議題といたします。

 各委員長から、目下委員会において調査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配布のとおり閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(小浜俊昭君) 

 御異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに決しました。

 以上で、今期定例会の会議に付議された事件はすべて議了いたしました。

 これにて、平成15年第2回下関市議会定例会を閉会いたします。ありがとうございました。

────────────────────────────────────────



△閉会

                             −10時44分 閉会−

────────────────────────────────────────




 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。
        平成15年6月25日
                        下関市議会議長  小 浜 俊 昭
                        下関市議会副議長 関 谷   博
                        下関市議会議員  大 田 幸 夫
                        下関市議会議員  砂 田 正 和