議事ロックス -地方議会議事録検索-


山口県 下関市

平成26年第 1回臨時会( 5月) 05月23日−02号




平成26年第 1回臨時会( 5月) − 05月23日−02号









平成26年第 1回臨時会( 5月)





△議事日程

 平成26年5月23日(金)

 議 事 日 程(第9号)

  第 1 会議録署名議員の指名
  第 2 議案第85号 専決処分の承認について(下関市税条例の一部を改正する条
             例)
  第 3 議案第86号 包括外部監査契約の締結について
      (以上2件 総務委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)
  第 4 議案第83号 平成26年度下関市港湾特別会計補正予算(第1回)
  第 5 議案第84号 平成26年度下関市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第
             1回)
  第 6 議案第87号 専決処分の承認について(下関駅高架下中2階自由通路等新
             設工事委託契約の一部変更)
      (以上3件 建設委員長審査結果報告、質疑、討論、表決)

 会 議 事 件

  日程に同じ



△出席議員
 出 席 議 員(34名)

   1番 松 田 英 二 君        18番 異儀田 博 己 君
   2番 小熊坂 孝 司 君        19番 亀 田   博 君
   3番 安 岡 克 昌 君        20番 末 永   昇 君
   4番 香 川 昌 則 君        21番 長   秀 龍 君
   5番 田 中 義 一 君        22番 林   真一郎 君
   6番 平 岡 泰 彦 君        23番 福 田 幸 博 君
   7番 林     透 君        24番 鬼 頭   薫 君
   8番 鵜 原 明 人 君        25番 本 池 妙 子 君
   9番 戸 澤 昭 夫 君        26番 田 辺 よし子 君
  10番 木 本 暢 一 君        27番 村 中 克 好 君
  11番 関 谷   博 君        28番 ? 岡 歳 生 君
  12番 藤 村 博 美 君        29番 松 村 正 剛 君
  13番 吉 田 真 次 君        30番 菅 原   明 君
  14番 磯 部 亜紀子 君        31番 山 下 隆 夫 君
  15番 前 田 晋太郎 君        32番 明 石 弘 史 君
  16番 浦 岡 昌 博 君        33番 江 原 満寿男 君
  17番 中 村 勝 彦 君        34番 近 藤 栄次郎 君

 欠 席 議 員(なし)



△説明員
 説  明  員

  市長         中尾 友昭君   都市整備部長      熊澤 至朗君
  副市長        本間 俊男君   港湾局長        西村 尚己君
  副市長        坂本 康一君   競艇企業局長      山田 祐作君
  総合政策部長     三木 潤一君   契約室長        守永 賢治君
  総務部長       松崎 淳志君   菊川総合支所長     山田 恭之君
  財政部長       野間 哲人君   豊田総合支所長     菊地 義人君
  市民部長       新谷  恵君   豊浦総合支所長     矢田 友昭君
  病院事業部長     綿谷 昌喜君   豊北総合支所長     藤野  亘君
  福祉部長       ?田 昭文君   会計管理者       中村 文昭君
  こども未来部長    佐伯 和也君   教育長         波佐間 清君
  保健部理事      後藤 吉秀君   教育部長        西岡 輝昭君
  環境部長       砂原 雅夫君   上下水道局長      池永 博文君
  産業振興部長     森本 裕之君   選挙管理委員会事務局長 河合 和泉君
  農林水産振興部長   村上 治城君   代表監査委員      河原 明彦君
  観光交流部長     久保 正昭君   消防局長        義満 猛文君
  建設部長       小林松太郎君   総務課長        林  義之君



△事務局職員
 事務局職員

  局長         中西 安春君   議事課長        植田  功君
  次長         田邨  昇君   庶務課長        高松 英樹君


────────────────────────────────────────



△開議

                            −10時01分 開議−

────────────────────────────────────────



△会議録署名議員の指名





○議長(関谷博君)

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 日程第1 「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、末永昇議員及び鵜原明人議員を指名いたします。

────────────────────────────────────────



△委員長報告





○議長(関谷博君)

 日程第2 議案第85号「専決処分の承認について」及び日程第3 議案第86号「包括外部監査契約の締結について」の2件を一括議題といたします。

 委員長の報告を求めます。戸澤総務委員長。

 (戸澤昭夫君登壇)



◎総務委員長(戸澤昭夫君)

 総務委員会が付託を受けました議案第85号及び議案第86号について、審査の経過及び結果を御報告いたします。

 初めに、議案第85号「専決処分の承認について」であります。

 本案は、地方税法の一部改正に伴い、平成26年3月27日に下関市税条例の一部改正について専決処分を行ったことから、これを報告し、その承認を求めようとするものであります。

 その主な改正内容として、執行部から、個人市民税については、肉用牛の売却による事業所得に係る免税措置の適用期限を、また優良住宅地の造成等のため所有期間5年超の土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る軽減税率の適用期限を、それぞれ3年延長するとともに、固定資産税については、耐震改修が行われた一定の既存建築物に対する減額措置の創設や、いわゆる公益法人制度改革により一般社団法人等に移行した法人に対する非課税措置の廃止に伴う関係規定の改正など、所要の条文整備を行うものである旨の説明がなされております。

 委員会は、本案について、異議なく原案のとおり承認すべきものと決しました。

 次に、議案第86号「包括外部監査契約の締結について」であります。

 本案は、平成26年度の包括外部監査の実施に当たり、公認会計士の黒木賢一郎氏と1,306万7,000円を上限に契約を締結しようとするもので、執行部から、外部監査人候補者選定委員会において同氏が全会一致で選定され、監査委員から4月30日付で異議なしとの意見を得たことなどが明らかにされております。

 審査の過程において、委員から、当該契約の地元発注に係る考え方について質疑がなされております。これに対して執行部から、地元発注の話は選定時には出ていない。もともと包括外部監査は外部性ということで、どちらかといえば市とあまりかかわりがない方から選ぶという考えがある。下関と全く関係がない方では困るが、市内に住所または事務所があるといった程度の縛りしかかけていない旨の答弁がなされております。この答弁に接し、委員から、極めて専門性が高い業務だと思うが、地元発注の基本スタンスは崩さないでやっていく必要があるのではないかとの意見がなされております。

 委員会は、本案について、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、総務委員会に付託された2議案について、報告を終わります。



○議長(関谷博君)

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(関谷博君)

 質疑なしと認めます。

 ただいま議題となっております2件のうち、議案第86号を除く議案第85号について採決いたします。本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

 (「異議なし」の声あり)



○議長(関谷博君)

 御異議なしと認めます。

 よって、本案は、原案のとおり承認されました。

 次に、議案第86号について、電子表決システムにより採決いたします。

 参加ボタンを押してください。参加ボタンの押し忘れはありませんか。

 本案に賛成の諸君は、賛成ボタンを、反対の諸君は、反対ボタンを押してください。

 表決ボタンの押し忘れはありませんか。

 (なし)



○議長(関谷博君)

 押し忘れなしと認め、表決を終了いたします。

 賛成多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


賛成者(32名)
松田英二、小熊坂孝司、安岡克昌、香川昌則、田中義一、平岡泰彦、
林透、鵜原明人、戸澤昭夫、木本暢一、藤村博美、吉田真次、磯部亜紀子、
前田晋太郎、浦岡昌博、中村勝彦、異儀田博己、亀田博、末永昇、長秀龍、
林真一郎、福田幸博、鬼頭薫、田辺よし子、村中克好、?岡歳生、松村正剛、
菅原明、山下隆夫、明石弘史、江原満寿男、近藤栄次郎
棄権者(1名)
本池妙子




────────────────────────────────────────



△委員長報告





○議長(関谷博君)

 日程第4 議案第83号「平成26年度下関市港湾特別会計補正予算(第1回)」から日程第6 議案第87号「専決処分の承認について」までの3件を一括議題といたします。

 議案第83号 平成26年度下関市港湾特別会計補正予算(第1回)

 議案第84号 平成26年度下関市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1回)

 議案第87号 専決処分の承認について(下関駅高架下中2階自由通路等新設工事委託

        契約の一部変更)



○議長(関谷博君)

 委員長の報告を求めます。田中建設委員長。

 (田中義一君登壇)



◎建設委員長(田中義一君)

 建設委員会が付託を受けました議案第83号ほか2議案につきまして、審査の結果を御報告いたします。

 初めに、議案第83号及び議案第84号の2件の補正予算案は、いずれも平成25年度の決算見込みにおいて、歳出に対し歳入が不足するため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、平成26年度の歳入を繰り上げて、この不足額に充てようとするもので、それぞれ繰上充用金に係る経費が、その所要財源とともに、補正計上されております。

 まず、議案第83号「平成26年度下関市港湾特別会計補正予算(第1回)」については、歳入欠陥補填収入を財源に繰上充用金5億4,159万5,000円を補正計上しようとするものであります。

 本会議での質疑にもありましたが、審査の冒頭に、改めて執行部から次のような説明がなされております。

 同特別会計の平成25年度の決算見込みにおいて、実質収支は5億4,159万4,

799円の赤字となる見込みで、このうち平成24年度までの赤字額が3億9,342万3,000円、平成25年度の単年度赤字が1億4,817万2,154円である。この単年度赤字のうちの大半は、新港地区廃棄物埋立管理業務における1億1,117万3,000円の赤字である。

 これは、長州出島の埋立事業は、国が実施している関門航路のしゅんせつ事業で発生する土砂を長州出島に受け入れ、その受入金を財源として地盤改良などの用地造成を行っているが、平成24年度以降は受入量が大幅に減少し、加えて当初に比べ、近年はしゅんせつ土砂の質の低下から地盤改良等に係る費用負担がふえてきており、これらが赤字の要因となっている。

 今後は、厳しい経済情勢ではあるが、ポートセールスを一層強化し、下関港の利用促進を図るとともに、長州出島の地盤改良等の負担増に見合う受入金の増額を国に対し申し入れる等、赤字の解消に向けて努力していくというものであります。

 この説明に対して、委員から平成28年度以降に土地の売却・貸し付けができるということであるが、現状ではそれまでに、どれくらいの赤字が見込まれるのか、また土砂受入金の単価の増額の可能性はあるのかとただしたところ、執行部から埋め立て、地盤改良が終了するまでに、試算では6億円程度の赤字を見込んでいる。

 また、受入金については、国は埋め立て管理に必要な地盤改良に要する経費は、現在の受入金の中に入っているという考えであるが、市としては、埋立地を利用するに当たっては、それ相応の地盤改良が必要と判断しており、それに見合う額に引き上げていただくように、協議を行っているという状況であるとの答弁がなされております。

 次に、議案第84号「平成26年度下関市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第1回)」については、歳入欠陥補填収入及び土地開発基金繰入金のほか、土地の貸付収入などを財源に繰上充用金33億6,019万4,000円を補正計上しようとするものであります。

 審査の過程で、執行部から同特別会計に係る土地の現況と評価額については、土地の面積が約11万平方メートル、資産評価額は約36億円となっている。また、平成25年度決算見込みにおいては、前年度に比べ、赤字額が約3億4,700万円減少しており、引き続き、着実に経営健全化計画を実施し、本特別会計の健全化を図っていきたいとの姿勢が示されております。

 委員会は、以上の2議案について、いずれも賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、議案第87号「専決処分の承認について」であります。

 本案は、平成22年9月24日に可決された下関駅高架下中2階自由通路等新設工事委託契約について、平成26年3月24日に地方自治法第179条第1項の規定により、委託金額を11億5,752万円から9億7,246万9,387円に変更する専決処分をしたため、これを議会に報告し、承認を求めようとするものであります。

 審査の過程で、執行部から、この工事の内容は、下関駅高架下中2階の東西連絡通路並びに1階北側の市道竹崎町自歩道7号線、駐輪場及び公衆便所を施工するもので、工期が本年3月末日であったことから、第1回定例会の時点では、金額の確定が困難であったため、専決処分にて変更契約を締結したもので、工事の完成に伴い基本協定額の精査を行ったところ、安全費・仮設工事費等、西日本旅客鉄道株式会社の単独工事との共用部分で減額となった旨の説明がなされております。

 委員会は、本案について、賛成多数で承認すべきものと決しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(関谷博君)

 質疑はありませんか。

 (なし)



○議長(関谷博君)

 質疑なしと認めます。

 これより、議案第83号ほか2件について、それぞれ電子表決システムにより採決いたします。

 まず、議案第83号について採決いたします。

 本案に賛成の諸君は、賛成ボタンを、反対の諸君は、反対ボタンを押してください。

 押し忘れなしと認め、表決を終了いたします。

 賛成多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。



賛成者(29名)
松田英二、小熊坂孝司、安岡克昌、香川昌則、田中義一、平岡泰彦、
林透、鵜原明人、戸澤昭夫、木本暢一、藤村博美、吉田真次、磯部亜紀子、
前田晋太郎、浦岡昌博、中村勝彦、異儀田博己、亀田博、末永昇、長秀龍、
林真一郎、福田幸博、鬼頭薫、田辺よし子、村中克好、?岡歳生、松村正剛、
菅原明、山下隆夫
反対者(4名)
本池妙子、明石弘史、江原満寿男、近藤栄次郎





○議長(関谷博君)

 次に、議案第84号について、採決いたします。

 本案に賛成の諸君は、賛成ボタンを、反対の諸君は、反対ボタンを押してください。

 押し忘れなしと認め、表決を終了いたします。

 賛成多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。



賛成者(29名)
松田英二、小熊坂孝司、安岡克昌、香川昌則、田中義一、平岡泰彦、
林透、鵜原明人、戸澤昭夫、木本暢一、藤村博美、吉田真次、磯部亜紀子、
前田晋太郎、浦岡昌博、中村勝彦、異儀田博己、亀田博、末永昇、長秀龍、
林真一郎、福田幸博、鬼頭薫、田辺よし子、村中克好、?岡歳生、松村正剛、
菅原明、山下隆夫
反対者(4名)
本池妙子、明石弘史、江原満寿男、近藤栄次郎





○議長(関谷博君)

 次に、議案第87号について、採決いたします。

 本案に賛成の諸君は、賛成ボタンを、反対の諸君は、反対ボタンを押してください。

 押し忘れなしと認め、表決を終了いたします。

 賛成多数であります。よって、本案は、原案のとおり承認されました。



賛成者(29名)
松田英二、小熊坂孝司、安岡克昌、香川昌則、田中義一、平岡泰彦、
林透、鵜原明人、戸澤昭夫、木本暢一、藤村博美、吉田真次、磯部亜紀子、
前田晋太郎、浦岡昌博、中村勝彦、異儀田博己、亀田博、末永昇、長秀龍、
林真一郎、福田幸博、鬼頭薫、田辺よし子、村中克好、?岡歳生、松村正剛、
菅原明、山下隆夫
反対者(4名)
本池妙子、明石弘史、江原満寿男、近藤栄次郎





○議長(関谷博君)

 以上で、今期臨時会の会議に付議された事件は、全て議了いたしました。

 これをもちまして、本日の会議を閉じ、平成26年第1回下関市議会臨時会を閉会いたします。

────────────────────────────────────────



△閉会

                            −10時17分 閉会−

────────────────────────────────────────




 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。
        平成26年5月23日
                      下関市議会議長 関 谷   博
                      下関市議会議員 末 永   昇
                      下関市議会議員 鵜 原 明 人