議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 府中市

平成21年第2回定例会(第1号 5月29日)




平成21年第2回定例会(第1号 5月29日)





 
         平成21年第2回府中市議会定例会会議録


 平成21年5月29日午前10時府中市議会定例会を本市議事堂において開会した。


1 出席議員


      1番  瀬川恭志君          2番  水田 豊君


      3番  大本千香子君         4番  末宗龍司君


      5番  沖田浩子君          6番  加藤吉秀君


      7番  原田 學君          8番  小野申人君


      9番  金子徳光君         10番  小川敏男君


     11番  桑田由治君         12番  湯藤弘美君


     13番  丸山茂美君         14番  片山剛三君


     15番  桑田伸太郎君        16番  戸成義則君


     17番  松坂万三郎君        18番  小森龍太郎君


     19番  小田敏雄君         20番  能島和男君


     21番  棗田澄子君         22番  山本廣文君


     23番  平田八九郎君


1 欠席議員


  な し


1 説明のため出席した者


 市長          伊藤吉和君      副市長         石岡勝朗君


 副市長         小原紘一郎君     教育長         高田英弘君


 総務部長        門田 隆君      市民生活部長      佐藤眞二君


 建設部長        田原春二君      教育部長        柿原延孝君


 人事秘書課長      吉川則夫君      総務課長        佐竹達司君


 企画財政課長      石川裕洋君      教委総務課長      小寺俊昭君


1 事務局及び書記


 議事係長        岡田武司君      主任主事        山路英利君


 主任主事        上實 晃君


1 本日の会議に付した事件


第1        会期の決定について


第2        会議録署名議員の指名


第3 議案第50号 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


第4 議案第51号 府中市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改


          正について


第5 議案第44号 専決処分の承認を求めることについて(府中市税条例等の一部を改


          正する条例)


第6 議案第45号 専決処分の承認を求めることについて(府中市都市計画税条例の一


          部を改正する条例)


第7 議案第46号 専決処分の承認を求めることについて(府中市国民健康保険税条例


          の一部を改正する条例)


第8 議案第47号 専決処分の承認を求めることについて(平成21年度府中市老人保


          健特別会計補正予算(第1号))


第9 議案第48号 公平委員会の委員の選任について


第10 議案第49号 字の区域の変更について


第11 議案第52号 平成21年度府中市一般会計補正予算(第1号)について


第12 報告第 5号 平成20年度府中市一般会計繰越明許費繰越計算書について


第13 報告第 6号 平成20年度府中市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書


          について


第14 報告第 7号 平成20年度府中市水道事業会計予算繰越計算書について


第15 報告第 8号 府中市土地開発公社の事業の状況について


第16 報告第 9号 府中市まちづくり振興公社の事業の状況について


第17        請願の委員会付託(厚生委員会1号)


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) これより平成21年第2回府中市議会定例会を開会いたします。


午前10時05分


○議長(瀬川恭志君) ただいまから本日の会議を開きます。


 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程表により、順次議事を進めたいと思います。


日程第1 会期の決定について


日程第2 会議録署名議員の指名


日程第3 議案第50号 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


日程第4 議案第51号 府中市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について


日程第5 議案第44号 専決処分の承認を求めることについて(府中市税条例等の一部を改正する条例)


日程第6 議案第45号 専決処分の承認を求めることについて(府中市都市計画税条例の一部を改正する条例)


日程第7 議案第46号 専決処分の承認を求めることについて(府中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


日程第8 議案第47号 専決処分の承認を求めることについて(平成21年度府中市老人保健特別会計補正予算(第1号))


日程第9 議案第48号 公平委員会の委員の選任について


日程第10 議案第49号 字の区域の変更について


日程第11 議案第52号 平成21年度府中市一般会計補正予算(第1号)について


日程第12 報告第5号 平成20年度府中市一般会計繰越明許費繰越計算書について


日程第13 報告第6号 平成20年度府中市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書について


日程第14 報告第7号 平成20年度府中市水道事業会計予算繰越計算書について


日程第15 報告第8号 府中市土地開発公社の事業の状況について


日程第16 報告第9号 府中市まちづくり振興公社の事業の状況について


日程第17       請願の委員会付託(厚生委員会1号)


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) 休憩します。


午前10時06分


○議長(瀬川恭志君) 再開いたします。


午前10時08分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期は、本日から6月16日までの19日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


      (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(瀬川恭志君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は19日間と決定いたしました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、沖田浩子君及び湯藤弘美君を指名いたします。


 この際、議長から報告いたします。


 去る3月23日、松坂万三郎君から一身上の理由により、議会運営委員を辞任したい旨の願い出がありましたので、府中市議会委員会条例第13条の規定により、3月31日付でこれを許可いたし、後任として府中市議会委員会条例第7条第1項の規定により、同日付で桑田由治君を議会運営委員に指名いたしましたので御報告をいたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) この際、日程第3、議案第50号、府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について及び日程第4、議案第51号を一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 門田総務部長。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田 隆君) 失礼します。それでは、私の方からは平成21年府中市議会第2回定例会に提案させていただいております議案のうち、議案第50号及び議案第51号について御説明をさせていただきます。


 議案集の29ページをお願いします。





                           議案第50号


     府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成21年5月29日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





     府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案





 2枚めくってください。提案理由です。


 民間企業における夏季一時金の大幅減少に伴う5月1日付の人事院勧告に基づき、この条例の改正を行うもので、その内容は次のとおりです。


 6月に支給する期末・勤勉手当の改正です。本年6月に支給する期末手当支給月数を現行1.4月分を1.25月分に、また勤勉手当支給月数を現行0.75月分を0.7月分に改正し、期末手当・勤勉手当合わせて現行2.15月分を0.2月分減じて、1.95月分とするものです。施行期日は公布の日です。


 続きまして、





                           議案第51号


   府中市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正に


   ついて


 府中市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成21年5月29日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





   府中市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、提案理由でございます。


 民間企業における夏季一時金の大幅減少に伴う5月1日付の人事院勧告に基づき、この条例の改正を行うもので、その内容は次のとおりです。


 6月に支給する期末手当の改正でございます。本年6月に支給する期末手当支給月数を現行2.125月分を0.175月分減じて、1.95月分とするものでございます。施行期日は公布の日でございます。


 以上、議案第50号及び第51号につきまして説明をさせていただきました。慎重審議の上、原案どおり可決していただきますようお願いいたします。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) これにて、提案理由の説明を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) 休憩します。


午前10時12分


○議長(瀬川恭志君) 再開いたします。


午前10時14分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) これより、議案第50号及び議案第51号の質疑を一括して行います。


 質疑の通告がありますので、順次発言を許します。


 小野申人君。


      (8番議員 小野申人君 登壇)


○8番議員(小野申人君) それでは、議案第50号及び議案第51号について、何点かお聞きをしたいと思います。


 大変な経済状況のもと、民間企業においては夏季一時金の大幅減少どころか、全く出ない状況にある企業も随分あるかとお聞きしております。そうした中にあって、人事院勧告に基づく条例とはいえ、今回0.2カ月の削減案が提案されたところであります。


 この0.2カ月の減に基づいて、何点かお聞きしたいと思うんですが、まず、0.2カ月引き下げると、1人当たり平均どれぐらい下がるのか、またそれは全体で、府中市のうちでの削減効果額は一体幾らになるのかというのを、まずお聞かせをいただきたいと思います。


 それからもう一点は、今回の議案の提出に伴い、組合側との交渉、受けとめ方はどういった経緯があったのか、そのあたりをお聞かせをいただきたいと思いますので、よろしくお願いします。


      (8番議員 小野申人君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) 吉川人事秘書課長、答弁。


      (人事秘書課長 吉川則夫君 登壇)


○人事秘書課長(吉川則夫君) それでは、質問にお答えいたします。


 まず、1人当たりの減額、凍結の額ということでございますが、一般職について申し上げますと約7万円となるものでございます。全体では約4,200万円の凍結と見込んでおります。


 続きまして、組合交渉の経過でございますが、組合との団体交渉は去る5月21日行っております。組合側は今回の人事院勧告につきましては、状況的にはのまざるを得ないということを表明していただいております。ただし、同じ人事院勧告ということで、勤務時間の短縮につきましても協議の場にのせて考えてもらいたいということを要求してまいりました。これに対しまして、当局といたしましては、人事院勧告はあくまでも今までどおり尊重していくという姿勢は変わらないが、昨年からの厳しい経済状況が続いており、現段階では住民の理解を得るのが難しいということを説明いたしまして、実施時期について慎重に対応したいという回答をいたしております。最終的には、平成22年度中の実施に向けて、年内の協議に向けてその場を持ちたいということで決着としております。以上でございます。


      (人事秘書課長 吉川則夫君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) 小川敏男君。


      (10番議員 小川敏男君 登壇)


○10番議員(小川敏男君) それでは、議案第50号の府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部の改正について、質問させていただきたいと思います。


 労使で決められたことからも尊重するものですが、現在の経済状況は先ほどからも言われてますように、消費不況だというふうに思います。だから、定額給付金やプレミアム商品券が取り組まれたとこですが、1万2,000円の定額給付金には経済効果があって、平均7万円の削減にどんな経済効果があるのか釈然としませんが、質問の一つは先ほど言われましたように、職員1人当たり7万円の削減で、全体で4,200万の効果というか、浮くということでありますが、それならばどういうふうにこの4,200万円を使われようとしているのか、このことについてお聞きしたいと思います。といいますのは、ハローワークへ行きますと、求人を探すすべてのパソコンが利用され、終わるのを待っておられるという状況です。有効求人倍率も3月は0.37というふうになってます。ハローワークの職員の方も求人が少ないのじゃなくて、リストラされた方が多いためというふうに言われてます。つなぎとして、2カ月でも3カ月でも市として雇用についてどのように検討されているのか、この4,200万円の使い道についてお聞きしたいと思います。


 それからもう一点は、先ほどありましたもう一つの人事院勧告の勤務時間の短縮なんですが、きょうの新聞でも報道されてますが、時間単価がふえ、賃金アップにつながるというふうに言われていますが、御存じのように人事院勧告は民間との給与の比較であって、民間よりふえるということではなくて、民間より単価が低いということでこうした勧告が出ていますんで、ぜひとも先ほど言われました取り組みを行っていただきたいというふうに、こちらの方は要望であります。以上であります。


      (10番議員 小川敏男君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) 伊藤市長、答弁。


      (市長 伊藤吉和君 登壇)


○市長(伊藤吉和君) 人勧による削減でございまして、その減額分を何に使うかという相応関係というものは、現実には存在をいたすものではございません。しかし、今回の議会でもかなり大型の補正予算を出しておりまして、単独市費分もそれ以上の支出を予定をいたしております。あえて言えば、こういう景気対策の財源となっていると言えないこともないというふうに考えております。以上でございます。


      (市長 伊藤吉和君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) 以上で通告による質疑は終わりました。


 これをもって質疑を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第50号及び議案第51号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


      (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(瀬川恭志君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第50号及び議案第51号については、委員会の付託を省略することに決しました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) これより、議案第50号の討論に入ります。


 討論の通告がありますので、発言を許します。


 能島和男君、賛成者。


      (20番議員 能島和男君 登壇)


○20番議員(能島和男君) 議案50号と議案51号、あわせて討論させていただきます。既に提案、あるいは質疑が交わされておりますが、議案50号は労使間で合意に達したものでありますし、51号は議会全会派の意思として提案されておるというふうに思います。ともに賛成するものであります。


 しかし、人事院勧告、いわゆる臨時の勧告は初めてでございますが、これに対する基本的な考え方として、私どもの見解を付して賛成したいと思うんです。人事院が既に決まっていた公務員の夏季一時金をカットする勧告を出したことは内需拡大による景気回復に逆行し、労働基本法、労働基本権剥奪の代償機関としての役割を投げ捨てて、政府・与党の政治的動きに追随したものであるというふうに思います。公務員の賃金は前年の冬と当年の夏の民間の支給額を調べ、8月に人事院が勧告する仕組みになっております。例年通りの調査を行うものの、その前に一部企業の調査をもとに削減を勧告したものであります。民間の一時金削減が相次いだので、公務員の夏季一時金も削減しようというものですが、もともと勧告は夏の一時金支給には間に合わないため、年末一時金に反映されており、時間差はあっても全体としては水準調整が行われる仕組みになっております。


 今回の広島市の人事委員会の報告はこの立場であります。それを無視して前倒しで削減するなどというのは、いわゆるルール無視であると言わざるを得ないと思います。


 以上の点を指摘して、賛成いたします。


      (20番議員 能島和男君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) これにて討論を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) これより、議案第50号の採決をいたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


      (賛成者起立)


○議長(瀬川恭志君) 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) これより、議案第51号の討論に入りますが、先ほど50号で能島和男君は一括討論をされておりますので、これにて討論を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) これより、議案第51号の採決をいたします。


 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


      (賛成者起立)


○議長(瀬川恭志君) 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) この際、日程第5、議案第44号、専決処分の承認を求めることについてより、日程第16、報告第9号までを一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 門田総務部長。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田 隆君) それでは、続きまして議案7件、報告5件につきまして、お手元の議案集、報告集で順次御説明をさせていただきます。


 それでは、議案第44号から御説明を申し上げます。議案集の1ページをお願いします。





                           議案第44号


     専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、





     専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認め、専決処分する。


  平成21年3月31日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





     府中市税条例等の一部を改正する条例





 5枚めくっていただきまして、提案理由をお願いします。


 地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令が平成21年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、所要の整備を行うため、この条例を提出するもので、その主な内容は次のとおりです。


 まず、1の市民税関係では、(2)の個人の市民税の住宅借入金等特別税額控除でございます。これは、住宅を取得して平成21年から平成25年までの間に入居した者を対象に、所得税から控除し切れなかった住宅ローン控除額について、翌年度分の個人市民税から残額、5万8,500円を限度として控除するものでございます。施行期日は平成22年1月1日です。


 1枚めくっていただきまして、中ほどの2の固定資産税関係では、(6)の宅地等に対して課する固定資産税の特例と次のページの(8)の納期月の変更でございます。


 まず、(6)の宅地等に対して課する固定資産税の特例は、平成21年度評価替えに伴い、平成21年度から平成23年度までの土地に係る固定資産税の現行の負担調整措置を継続するものでございます。これは、一定の負担水準を超えた土地は負担を引き下げ、一定の負担水準に達していない場合、商業地などでは前年度課税標準額に5%を加えて課税標準額を算出するものでございます。施行期日は平成21年4月1日です。


 また、(8)の納期月の変更は、3年に1回の評価替えに伴い、固定資産税の第1期の納期月を変更するものでございます。


 続きまして、





                           議案第45号


     専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、





     専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認め、専決処分する。


  平成21年3月31日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





     府中市都市計画税条例の一部を改正する条例





 2枚めくっていただきまして、提案理由をお願いします。


 地方税法等の一部を改正する法律、地方税法施行令等の一部を改正する政令及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令が平成21年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されたことに伴い、所要の整備を行うため、府中市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分したものでございます。


 主な内容は、まず1の宅地等に対して課税する平成21年度から平成23年度までの各年度分の都市計画税の特例と3の納期月の変更でございます。1の宅地等に対して課税する平成21年度から平成23年度までの各年度分の都市計画税の特例は、先ほど御説明させていただきました固定資産税と同様に、平成21年度評価替えに伴い平成21年度から平成23年度までの土地に係る都市計画税の現行の負担調整措置を継続するものでございます。


 次のページに移りまして、3の納期月の変更につきましても、固定資産税と同様に都市計画税の第1期の納期月を変更するものでございます。


 続きまして、





                           議案第46号


     専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、





     専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認め、専決処分する。


  平成21年3月31日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





     府中市国民健康保険税条例の一部を改正する条例





 2枚めくってください。提案理由です。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成21年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されたこと及び国民健康保険税施行令の一部を改正する政令が平成21年2月12日に公布され、平成21年4月1日から施行されたことに伴い、所要の整備を行うため、この条例案を提出するもので、主な内容は次のとおりです。


 第23条関係、国民健康保険税の減額でございます。納税義務者である世帯主等の前年からの所得の状況に著しい変化等がある場合には当該納税義務者を軽減措置の対象から除外する措置を廃止するものでございます。施行期日は平成21年4月1日です。


 続きまして、議案第47号に移ります。別冊の老人保健特別会計補正予算書をお願いします。





                           議案第47号


     専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、専決処分書です。





 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認め、専決処分する。


  平成21年5月21日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





     平成21年度府中市老人保健特別会計補正予算(第1号)





 1枚めくってください。





     平成21年度府中市老人保健特別会計補正予算(第1号)


 平成21年度府中市の老人保健特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ13,799千円を追加し、歳入歳出それぞれ21,442千円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成21年5月21日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、2ページをお願いします。


 第1表、歳入歳出予算補正の歳入でございます。


 1款支払基金交付金、補正額47万2,000円、これは1款支払基金交付金を補正するものです。


 2款国庫支出金、補正額1,108万7,000円、これは国庫負担金を補正するものです。


 3款県支出金、補正額224万円、1項の県負担金を補正するものです。歳入合計は、補正額1,379万9,000円で、計2,144万2,000円となります。


 続いて、歳出でございます。2款諸支出金、補正額3万7,000円、これは1項償還金を補正するものです。3款繰上充用金、1項繰上充用金として1,376万2,000円補正し、歳出合計は2,144万2,000円です。


 次に、3ページからの事項別明細書につきましては省略をさせていただきまして、6ページをお願いします。歳入につきまして御説明をさせていただきます。


 1款支払基金交付金ですが、医療費交付金を47万2,000円補正するものです。


 2款国庫支出金、国庫負担金ですが、医療費負担金を1,108万7,000円補正し、3款県支出金、県負担金の医療費負担金を224万円補正するものです。


 次に8ページをお願いします。歳出の説明でございます。


 2款諸支出金、償還金として3万7,000円の補正です。償還金、利子及び割引料として返還金を補正するものです。


 3款繰上充用金として1,376万2,000円を補正するもので、補償、補填及び賠償金として前年度繰上充用金を補正するものです。


 以上で議案47号の説明を終わらせていただきまして、次に議案第48号に移ります。


 また議案集の方へ戻っていただきまして、25ページをお願いします。





                           議案第48号


     公平委員会の委員の選任について


 次の者を公平委員会の委員に選任することについて、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第9条の2第2項の規定により、市議会の同意を求める。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 名前、棗田浩一。住所、府中市府中町747番地。生年月日、昭和12年8月31日。この方は再任でございます。任期は平成21年6月22日から平成25年6月21日までの4年間でございます。


 続きまして、





                           議案第49号


     字の区域の変更について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第1項の規定により、次の表の左欄に掲げる字の区域を同表右欄に掲げる字の区域に変更することについて、市議会の議決を求める。


 なお、字の区域の変更の効力は、国土調査法(昭和26年法律第180号)第19条第2項の規定による国土調査の認証の日から生ずる。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、次のページに変更箇所の表を添付しております。左欄の字の区域を右欄の字の区域に変更するものでございます。


 1枚めくりまして、提案理由でございます。


 府中市斗升町における地籍調査事業の実施に伴い、入り乱れた字界及び飛び地番を整理する必要があるため、字の区域の変更をするものです。事業名は斗升町の一部地区地籍調査事業、事業主体は府中市、実施年度は平成19年度です。なお、議案49号の参考資料を次から5枚添付しておりますので、御参照をお願いしたいと思います。


 続きまして、一般会計補正予算の説明に移らせていただきます。また別冊の議案第52号、一般会計補正予算書をお願いしたいと思います。





                           議案第52号


     平成21年度府中市一般会計補正予算(第1号)


 平成21年度府中市の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ710,654千円を追加し、歳入歳出それぞれ19,380,654千円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、第1表、歳入歳出予算補正でございます。


 まず、歳入です。


 12款使用料及び手数料、補正額20万6,000円、これは使用料の補正でございます。


 13款国庫支出金、補正額3億4,930万円、国庫補助金の補正です。


 14款県支出金、補正額7,063万2,000円、これは県補助金を7,024万2,000円、委託金を39万円の補正です。


 17款繰入金、補正額2億9,051万6,000円、これは基金繰入金を補正するものです。


 歳入合計は補正前の額が186億7,000万円、補正額7億1,065万4,000円、計としまして193億8,065万4,000円です。


 続いて、歳出でございます。


 2款総務費、補正額2億1,669万2,000円、これは総務管理費を補正するものです。


 3款民生費、補正額4,940万円、児童福祉費の補正です。


 5款労働費、補正額9,000万円、これは労働諸費の補正です。


 6款農林水産業費、補正額2,070万1,000円、これは農業費を770万円、林業費を1,300万1,000円を補正するものです。


 7款商工費、補正額810万円、商工費の補正です。


 8款土木費、補正額1億2,000万円、これは都市計画費の補正です。


 9款消防費、補正額4,086万1,000円、消防費の補正でございます。


 10款教育費、補正額1億6,490万円、これは教育総務費を87万7,000円、小学校費を7,837万1,000円、中学校費を5,008万2,000円、社会教育費を988万4,000円、社会体育費を2,568万6,000円補正するものです。


 歳出合計は補正前の額が186億7,000万円、補正額7億1,065万4,000円、計としまして、193億8,065万4,000円でございます。


 続きまして、5ページからの事項別明細書は省略させていただきまして、8ページをお願いします。


 歳入の主なものを説明させていただきます。


 13款国庫支出金、国庫補助金の教育費補助金につきまして、学校ICT環境整備事業補助金として4,630万円、総務費補助金につきまして、地域活性化・経済危機対策臨時交付金として3億300万円を補正するものです。


 次に14款県支出金、県補助金の農林水産業費補助金につきまして、ひろしまの森づくり事業補助金及び交付金として1,000万円、商工費補助金につきまして、広島県元気づくり緊急交付金として6,000万円を補正するものです。


 次のページに参りまして、17款繰入金、基金繰入金につきまして、財政調整基金繰入金として2億9,051万6,000円を補正するものです。


 続きまして12ページ、歳出でございます。今回の補正をお願いいたしますもののうち、その多くは国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金を利用するものでございます。


 それでは、歳出の主なものを説明させていただきます。


 2款総務費、総務管理費の諸費につきまして、法人市民税の過年度還付金、還付加算金として2億1,600万円の補正です。


 続きまして、3款民生費、児童福祉費の保育所費につきまして、保育室の空調設備、児童の安全確保のためのガラスフィルム張り工事、トイレ改修工事として4,940万円の補正です。


 5款労働費、労働諸費の勤労青少年ホーム費につきまして、勤労青少年ホーム改修工事等として9,000万円の補正です。これは、勤労青少年ホームを全面改修し、宿泊施設としての機能を強化するものでございます。


 次のページに参りまして、6款農林水産業費、農業費の農地維持費につきまして、農業施設維持補修工事費として590万円の補正です。


 続きまして、6款の農林水産業費、林業費の林業振興費につきまして、ひろしまの森づくり事業に要する経費で、旭小学校床改修工事費として、1,000万1,000円を補正するものでございます。


 続きまして、7款商工費、商工費の観光費につきまして、河佐峡の施設の修繕、パークゴルフ場更衣室の整備で610万円、多目的広場の備品購入で200万円を補正するものです。


 次のページに参りまして、8款土木費、都市計画費の都市計画総務費につきまして、ウッドアリーナ広場駐車等の整備で、1億2,000万円の補正です。これは先に御説明いたしました勤労青少年ホームの施設整備とあわせて周辺施設の一体的な利用促進を図るためのものでございます。


 続きまして、9款消防費、消防費の消防施設費につきまして、防火水槽の設置で450万円、府中消防署の高規格救急車を更新するための福山地区消防組合に対する負担金等で3,636万1,000円を補正するものでございます。


 次のページに参りまして、10款教育費、小学校費の学校管理費につきまして、デジタルテレビ、パソコン購入費として4,463万円、南小フェンス修繕料、北小体育館工事等で2,164万1,000円を補正するものです。同じく教育振興費につきまして、デジタルテレビ購入費等として1,210万円を補正するものです。


 続きまして、10款教育費、中学校費の学校管理費につきまして、デジタルテレビ、パソコン購入費として3,082万円、上下中プール更衣室修繕工事、一中体育館修繕工事で1,088万円を補正するものでございます。同じく教育振興費につきまして、デジタルテレビ、剣道防具購入費等として、838万2,000円を補正するものです。なお、小・中学校に配備するデジタルテレビ、パソコン購入につきましては、国の学校ICT環境整備事業を活用するものでございます。


 次のページに参りまして、10款教育費、社会教育費の地域集会所につきまして、トイレ改修、デジタルテレビ購入費等として287万8,000円、同じく公民館費につきまして、浄化槽修繕費、デジタルテレビ購入費等として415万6,000円、同じく文化財保護費につきまして、上下歴史民俗資料館修繕料として185万円の補正でございます。


 続きまして、10款教育費、社会体育費の社会体育総務費につきまして、社会体育施設を利用される市民の安全対策のためにAED装置を配備するための経費として、154万4,000円、中須グラウンドフェンス取替工事、勤労青少年体育センター床工事などで2,414万2,000円を補正するものでございます。


 以上、議案第52号一般会計補正予算について御説明をさせていただきました。


 続きまして、引き続き繰越計算書の説明に移らせていただきます。報告集の1をお願いしたいと思います。


 それでは、1ページをお願いします。





                            報告第5号


     平成20年度府中市一般会計繰越明許費繰越計算書について


 平成20年度府中市一般会計繰越明許費繰越計算書について、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、次のとおり報告する。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、平成20年度府中市一般会計繰越明許費繰越計算書でございます。


 2款総務費1項総務管理費の住基系データ移行作業ほか計21件でございます。昨年12月及び本年3月の平成20年度一般会計補正予算で繰越明許をお願いいたしたものでございますが、主なものの説明をさせていただきます。


 まず、2款総務費総務管理費の定額給付金給付事業です。これは平成20年度に準備のための事務を開始しましたが、申請受け付けや給付事務の大半を平成21年度に行うこととなるため、繰り越したものでございます。完了予定は11月30日で、繰越額は7億3,383万8,358円です。


 次に、3款民生費、児童福祉費の施設整備事業で、広谷保育所周辺道路整備工事、新・国府保育所用地取得でございます。他の事業との調整、用地交渉に不測の日数を要したため、繰り越すものでございます。新・国府保育所用地は4月に取得し、広谷保育所関連工事の完了予定は6月末で繰越額は2,211万7,000円でございます。


 次に、4款衛生費、清掃費の施設整備事業で環境センターの老朽化した設備、機器等の補修更新工事を行うものでございます。工事が広範に行うため、年度内に工事が完了する見込みがないため繰り越したものです。完成予定は平成22年3月上旬で、繰越額は1億750万円です。


 次に、6款農林水産業費、農業費の単市農地改良事業で秋葉樋門改良工事ですが、関係機関との協議の日数を要し繰り越したものです。完了予定は平成22年3月、繰越額は750万円です。


 次に、8款土木費、道路橋梁費の久佐諸毛線道路改良事業です。上部工仮設と古い橋の撤去を同時に行う計画でございましたが、迂回路の確保が困難となり、上部工完成後に古い橋の撤去を行うこととなったため繰り越したものです。完成予定は6月末で繰越額は2,201万8,244円です。


 次に、辺地対策事業で河井森貞線道路改良工事です。支障物件の補償交渉に不測の日数を要したため繰り越すものです。完成予定は7月末で繰越額は5,881万4,000円です。


 次に、8款土木費、都市計画費の単独事業経費で、高木36号線道路改良工事です。用地交渉に不測の日数を要し繰り越したものでございます。完了予定は10月で繰越額は7,820万4,060円です。同じくまちづくり交付金事業で、朝日上通り線道路改良及び多目的広場整備です。朝日上通り線道路改良は、用地補償交渉に日数を要し、多目的広場整備は他の事業との調整に不測の日数を要し、繰り越したものでございます。多目的広場は4月6日に完了し、朝日上通り線道路改良工事は平成22年3月に完了予定で繰越額は1億7,656万円です。同じく地域住宅交付金事業、これは目崎二本木線道路改良でございます。用地交渉に不測の日数を要したため繰り越したものです。完了予定は9月末で繰越額は3,480万円です。また、交通安全統合補助事業で目崎西町線道路改良ほか、計6路線の道路改良工事です。用地交渉や他事業との調整に不測の日数を要し繰り越したものです。完了予定は12月末で、繰越額は7,030万円です。


 次に、10款教育費1項教育総務費の小中一貫校建設事業で、府中西学園設計管理業務委託料です。耐震診断業務がおくれたため繰り越したものです。設計業務は4月に完了し繰越額は700万円です。次のページから事業の内訳書をつけておりますので、御参照をください。


 続きまして、6ページをお願いします。





                            報告第6号


   平成20年度府中市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書


   について


 平成20年度府中市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書について、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、次のとおり報告する。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、平成20年度府中市後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書でございます。


 1款総務費、1項総務管理費の後期高齢者医療円滑運営事業で電算プログラムの改修を行うものですが、国の法改正概要の開示がおくれたため繰り越したものです。完了予定は平成21年8月末で繰越額は427万5,600円です。


 続きまして、9ページをお願いします。





                            報告第7号


     平成20年度府中市水道事業会計予算繰越計算書について


 平成20年度府中市水道事業会計予算繰越計算書について、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第26条第3項の規定により、次のとおり報告する。


  平成21年5月29日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、平成20年度府中市水道事業会計予算繰越計算書でございます。


 1款上水道事業資本的支出、1項建設改良費の施設改良費で城山浄水場急速ろ過池シーケンサ更新工事ですが、既設シーケンサ盤のソフトウエアが旧型で、その解析に不測の時間を要したため繰り越すもので、5月末に完了し繰越額は2,157万9,600円です。


 以上で繰越計算書についての報告の説明を終わりまして、次に府中市土地開発公社の事業の状況について報告させていただきます。


 報告集(2)をお願いします。





                            報告第8号


     府中市土地開発公社の事業の状況について


 府中市土地開発公社の経営状況を説明する書類について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、次のとおり提出する。


  平成21年5月29日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市土地開発公社の事業の状況でございます。これは中間あたりに水色の仕切りの紙を入れておりますので、そこから3枚めくっていただきまして1ページをお願いします。府中市土地開発公社の事業の状況でございます。


 平成21年度府中市土地開発公社の事業計画を次のとおり定める。


 平成21年度の府中市からの公有地取得事業です。市からの依頼による用地取得費を予備的に計上しております。利息を含め1億円です。


 2ページに参りまして、平成21年度の府中市土地開発公社の予算ですが、まず、収益的収入及び支出の予算です。


 収入といたしましては、第1款事業収益が3億1,934万1,000円。その内訳は、公有地取得事業収益3億427万6,000円、これは市から依頼を受けた先行取得の用地の買い戻し予定分です。附帯等事業収益1,506万5,000円、これは土地賃貸料です。


 第2款事業外収益が598万1,000円ですが、その内訳は、使用料として浄化槽使用料及び墓地管理費が590万円。受取利息が預金利息としまして6万6,000円。雑収益として、電柱敷地料が1万5,000円です。収入合計が3億2,532万2,000円です。


 支出につきましては、第1款事業原価が3億520万円です。公有地取得事業原価が2億9,920万円、これは桜が丘グラウンド用地等です。附帯等事業原価が600万円、これは公社保有資産の賃貸に係る固定資産税等です。


 第2款販売費及び一般管理費374万1,000円、これは人件費等です。


 第3款事業外費用1,055万円、維持管理費430万円、支払利息625万です。


 第4款予備費が100万円です。支出合計3億2,049万1,000円で、収益的収入と支出の差は483万1,000円のプラスでございます。


 3ページの資本的収入及び支出について、合計額のみ申し上げます。収入金額は1億円、支出金額は3億9,920万円、長期借入金につきましてはごらんのとおりでございます。


 それではまた表に戻っていただきまして、1ページをお願いします。平成20年度府中市土地開発公社事業報告でございます。


 事業の概要ですが、公有地の売却につきましては、府中市から依頼の公共用地4事業、桜が丘団地駐車場用地買収事業ほか3件ですが、1万2,393.27平方メートルを4億9,370万205円で市に売却したものでございます。元町地区団地造成事業につきましては、桜が丘1丁目22番の雑種地765.77平方メートルを995万5,000円で売却いたしました。附帯等事業は1,529万7,968円、これは土地の賃借料です。府中市土地開発公社会計の収益的収入は5億2,633万9,425円、収益的支出は5億484万3,237円で、当年度の純利益は2,149万


6,188円です。


 保留地管理法人特別会計につきましては、住宅展でのパンフレットの配布、市内企業組合の会合、府中商工会議所内にある桜が丘団地販売促進協議会と共同しての企業訪問による特典の説明、また、府中市議会議員と共同した宣伝活動を行いました。そのほか、各種広告、ケーブルテレビによるCM放送を行いました。平成20年度の契約数は1区画、府中市定期借地においては2区画でした。


 保留地管理法人特別会計の収益的収入は1,275万8,456円、収益的支出は2,474万3,337円で、当年度の純損失は1,198万4,881円です。今後とも関係諸団体と連携を密にとり、販売促進に全力を挙げる所存でございます。


 2ページにかけましては、主な事業の明細、理事会の開催内容等を載せておりますので、御一読をお願いします。


 3ページから4ページには、平成20年度府中市土地開発公社収支決算書を載せております。


 まず、収益的収入及び支出でございます。収入支出とも決算額のみを申し上げます。


 1款事業収益5億1,895万3,173円、うち公用地取得事業収益4億9,370万205円。土地造成事業収益995万5,000円。附帯等事業収益1,529万7,968円です。


 2款事業外収益608万386円、うち使用料582万348円、これは汚水処理施設及び桜が丘第2墓地管理費の収入です。受取利息24万7,128円。雑収益1万2,910円です。


 3款引当金取崩額130万5,866円、退職給付引当金を取り崩したものです。収入合計は5億2,633万9,425円です。


 次に支出でございますが、1款事業原価4億9,241万1,102円、うち公有地取得事業原価4億8,574万2,732円、市が買い戻しの桜が丘駐車場用地買収事業ほか3件の原価でございます。土地造成事業原価76万5,770円、雑種地売却分の原価でございます。附帯等事業原価590万2,600円、固定資産税等納税資金です。


 2款販売費及び一般管理費267万8,840円、これは人件費及び経費です。


 3款事業外費用975万3,295円です、内訳は維持管理費341万967円、支払利息634万2,328円で、支出合計は5億484万3,237円です。


 5ページに移りまして、資本的収入及び支出です。収入は資本的収入が3,866万676円、これは公有地取得事業に係る支払利息支払いのための借入金及び土地造成売却分です。


 支出は公有地取得事業3,042万7,713円、公有地取得事業に係る支払いの利息です。長期借入金償還4億9,402万633円、これは桜が丘団地駐車場用地買収事業ほかの借入金の返済分です。支出合計は5億2,444万8,346円です。


 6ページから11ページには、平成20年度府中市土地開発公社の貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、財産目録を掲載いたしておりますので御一読をお願いしたいと思います。


 次に12ページをお願いします。平成20年度保留地管理法人特別会計収支決算書、収益的収入及び支出でございます。決算額のみ申し上げます。収入としまして、1款事業収益1,261万5,000円、これは1区画分の売却収入です。2款事業外収益14万3,456円、これは受取利息と雑収益で収入合計は1,275万8,456円です。


 13ページ、歳出です。1款事業原価931万4,614円、これは1区画の保留地取得原価です。2款販売費及び一般管理費331万7,561円、これは経費です。3款事業外費用1,211万1,162円、借入金の支払い利息で、支出の合計は2,474万3,337円です。


 14ページ、資本的収入及び支出でございます。資本的収入につきましては、長期借入金はゼロ円です。支出につきましては、長期借入金償還金は1,000万円です。


 15ページから19ページにかけましては、平成20年度保留地管理法人特別会計貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、財産目録、監査報告を、また20ページから26ページにかけましては、土地開発公社土地等明細表をつけておりますので御参照をお願いします。


 以上で府中市土地開発公社の事業の状況について御説明を終わり、次に府中市まちづくり振興公社の事業の状況について説明をさせていただきます。


 報告集の(3)をお願いします。





                            報告第9号


     府中市まちづくり振興公社の事業の状況について


 府中市まちづくり振興公社の経営状況を説明する書類について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、次のとおり提出する。


  平成21年5月29日


                          府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市まちづくり振興公社の経営状況でございますが、これも後半に黄色の仕切りの紙を入れております。そこをお開きいただきたいと思います。


 まず、平成21年度府中市まちづくり振興公社の収支予算でございます。これは、めくっていただきまして24ページの予算総括表で御説明を申し上げたいと思います。


 24ページをお願いします。右肩にページ数を書いておりますのでよろしくお願いします。


 予算書総括表でございます。平成21年4月1日から平成22年3月31日までです。平成21年度から受託した指定管理期間3年間の初年度となります。単位は千円です。


 収入の部でございますが、基本財産運用収入として7万7,000円、受託施設管理収入等で1億3,142万5,000円、補助金収入2,353万7,000円、自主事業収入として2,218万円、今年度より導入されました施設利用料収入として2,520万円、受取利息が6,000円、雑収入は113万9,000円、退職給与積立金取崩収入6,000円で、当期収入合計は2億357万円です。それぞれの会計につきましては内訳を記載いたしておりますので、御参照をお願いしたいと思います。


 支出の部でございますが、受託施設管理費としまして2億307万円、予備費として50万円、当期支出合計は2億357万円です。それぞれの会計におきましても内訳を記載しておりますので参照をお願いします。


 ではまた、表に戻っていただきまして、1ページをお願いします。平成20年度財団法人府中市まちづくり振興公社の収支計算書です。これも総括表で説明をさせていただきますので、また27ページの方をお願いします。収支計算書の総括表です。平成20年4月1日から平成21年3月31日まででございます。


 まず、収入の部です。単位は円です。基本財産運用収入15万4,000円、受託施設管理費等収入1億7,438万4,000円、自主事業収入として2,501万7,321円、受取利息12万6,561円、雑収入89万1,980円で、当期収入合計2億57万3,862円です。前期繰越収支差額として2,314万6,163円で、収入合計は2億2,372万25円です。事務局会計ほか各会計につきまして細目をつけております。


 次に支出の部でございます。事務局運営費として2,354万5,015円、受託施設管理費等といたしまして1億8,239万93円、自主事業費といたしまして107万3,000円です。当期支出合計は2億700万8,108円です。当期収支差額はマイナス643万4,246円で、次期繰越収支の差額は1,671万1,917円です。これら各会計の明細につきましては、7ページから25ページにそれぞれ明細をつけておりますので、後ほど御参照をお願いしたいと思います。


 そのほか29ページから41ページにかけましては、収支計算書、正味財産増減計算書総括表、貸借対照表総括表、財産目録及び監査報告などをつけております。


 また42ページからは、財団法人府中市まちづくり振興公社の経営状況の報告をさせていただいております。事業の概要、組織、理事会の議決事項及び評議員会の審議事項等を掲載しております。


 また45ページから59ページにわたりまして、資料1から19までそれぞれの施設の利用状況、使用料徴収状況等を上げておりますので御参照をお願いします。


 以上で府中市まちづくり振興公社の事業の状況についての説明を終わらせていただきます。


 以上、議案7件、報告5件につきまして、はしょって説明をさせていただきました。何とぞ慎重審議の上、すべての議案を原案どおり可決していただきますようお願いいたしまして、提案の説明を終わります。ありがとうございました。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君) これにて、提案理由の説明を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) ただいま上程いたしました議案7件及び報告5件に対する質疑並びに専決、人事案件の5件に対する討論のある諸君は、6月4日午後3時までに発言通告書を事務局へ提出願います。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) 日程第17、請願の委員会付託について、今期定例会において本日までに受理した請願はお手元に配付の請願文書表のとおり、所管常任委員会に付託いたしましたから報告いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君) 以上で、本日の日程全部を終了いたしました。


 お諮りいたします。


 議案調査のため、来る6月1日から6月3日までの3日間、休会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


      (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(瀬川恭志君) 御異議なしと認めます。


 よって、6月1日から6月3日までの3日間、休会することに決しました。


 次回は、来る6月4日午前10時から本会議を開きます。


 ただいま御出席の諸君には、別に通知はいたしません。御了承の上、御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。


午前11時15分