議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 府中市

平成20年第6回定例会(第3号12月 5日)




平成20年第6回定例会(第3号12月 5日)





 
         平成20年第6回府中市議会定例会会議録


 平成20年12月5日午前10時府中市議会定例会を本市議事堂において再開した。


1 出席議員


      1番  瀬川恭志君          2番  水田 豊君


      3番  大本千香子君         4番  末宗龍司君


      5番  沖田浩子君          6番  加藤吉秀君


      7番  原田 學君          8番  小野申人君


      9番  金子徳光君         10番  小川敏男君


     11番  桑田由治君         12番  湯藤弘美君


     13番  丸山茂美君         14番  片山剛三君


     15番  桑田伸太郎君        16番  戸成義則君


     17番  松坂万三郎君        18番  小森龍太郎君


     19番  小田敏雄君         20番  能島和男君


     21番  棗田澄子君         22番  山本廣文君


     23番  平田八九郎君


1 欠席議員


  な し


1 説明のため出席した者


 市長          伊藤吉和君      副市長         石岡勝朗君


 副市長         小原紘一郎君     教育長         目?仁志君


 総務部長        門田 隆君      市民生活部長      寺岡泰弘君


 建設部長        田原春二君      教育部長        本多 進君


 人事秘書課長      佐竹達司君      総務課長兼選管事務局長 佐藤眞二君


 企画財政課長      石川裕洋君      税務課長        武田英三君


 商工観光課長      藤田康彦君      市民課長        粟根誠司君


 医療国保課長      伊達速人君      児童課長        九十九浩司君


 保健課長        秋山 元君      府中北市民病院事務長  瀬尾篤士君


 湯が丘病院事務長    滝口道博君      環境整備課長      落合成彦君


 福祉事務所長      真田和美君      用地課長        前原裕吉君


 土木管財課長      三島輝雄君      まちづくり課長     橘?参吉君


 下水道課長       近藤徳雄君      農林課長兼農委事務局長 西本修二君


 上下支所長       石田文夫君      監査事務局長      田中智文君


 会計課長        坂永年弘君      水道課長        河原誠治君


 教委総務課長      柿原延孝君      学校教育課長      宇根眞砂子君


 生涯学習課長      清水容知君      図書館長        滝口浩文君


 監理課庶務係長     上杉尚史君


1 事務局及び書記


 局  長        掛江敏雄君      議事係長        岡田武司君


 主  任        皿田敏幸君      主任主事        山路英利君


1 本日の会議に付した事件


第1        一般質問


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  ただいまから本日の会議を開きます。


午前10時02分


○議長(瀬川恭志君)  本日の議事は、お手元に配付しております議事日程表により、議事を進めたいと思います。


日程第1        一般質問


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  日程第1、一般質問を昨日に引き続き行います。


 質問については、通告に従って質問されるよう、お願いいたします。


 順次発言を許します。


 まず、平成クラブの丸山茂美君の登壇を求めます。


 丸山茂美君。


      (13番議員 丸山茂美君 登壇)


○13番議員(丸山茂美君)  おはようございます。


 議長の御指名をいただきましたので、平成クラブ、丸山茂美が12月議会においての一般質問を行います。


 通告に従って、まず1番目に、第三・四中学校区の学校統合について。このことについては、以前も何回も質問しております。そういったことで重複はしないと思いますけど、今まで質問したことに対する進捗状況とか、今後どうなるのかについて、お尋ねしてみたいと思います。


 まず、アといたしまして、統合準備会。このたびの学校統合は、正式発表されてから、閉校、統合まで1年もない非常に短い期間で閉校、統合の準備を行わなければならないため、統合対象となる学区・学校は大変忙しい状態が続いているところです。特に、閉校記念誌発刊に当たっては、限られた時間で作成しなければならない。役員、実行委員になられている方は、自分の仕事と両立で大変な状態であるということは理解していただけると思っているところです。


 また、閉校事業、記念誌発刊に当たっては多額の費用が発生します。そのためにも閉校記念事業費として、統合対象校となる学校ごとに50万円助成することをさきの5月議会で決定しましたが、それがなかなか処理、配付されなかった。また、統合準備委員会の日程などを教育委員会を含め、みんなで決めておきながら、一部の都合で日程変更するなど、いろいろと準備委員会に対する不満をお聞きしているところでございます。


 そして、校名変更についてもまとまりがつかないため、教育委員会へ一任したとお聞きしております。統合準備委員会は大丈夫なのかと心配することもあります。このたびは6校の統合です。6校の統合といえば、府中市の4分の1の面積に及ぶ大きな範囲の統合であります。町で言えば14町の統合。ですから、関係者、保護者からいろんな意見が出ると思いますが、統合後、保護者間、また拠点校となる学区と統合されていく学区の間にしこりを残すことは絶対避けるべきだと私は思っているところです。特に、拠点校、受け入れ校となる小学校は、受け入れ体制が十分できているのか、その辺も心配しているところです。統合準備委員会は所期の目的を達成しているのか、順調に進められているのか、統合まで時間がありません。準備会で検討しなければならないことがまだ残っているのか、進捗状況、その辺についてお聞かせください。


 あわせて統合となる跡地の利活用検討も閉校準備の一環であると私は考えております。跡地検討委員会は順調に進められておられるのですか。前の質問に対する御答弁は、学校がなくなれば地域が寂れると思われる。地域の活性化のためにも、学校跡地の活用は、地域と一体となって協議してまいりたいと言われておられましたが、そのあたり、地域の要望を聞かれ、学校跡地の活用について検討されているのか、その辺についてもお聞きしておきたいと思います。


 イといたしまして、教育面においての配慮。これは小規模校の児童に対するなれるまでの配慮でございます。このことについては、以前も何回か質問しております。その御答弁について再確認してみたいと思います。


 来年度、平成21年度の統合小学校の児童数を見ますと、新1年生は別として、2年生から5年生の児童は、1クラス35名前後になるようであります。6年生については、40名を少し超えるため2クラスになるということで、20数名の少人数学級になるとのことです。1クラス30名を超えると、小規模校から行く児童たちは、なれるまでに精神的な大きな負担になると思います。以前の質問、小規模校の児童に対する対応についての御答弁は、少人数学級についてお願いしたわけですけど、少人数学級はだめ、40人を超えないとできない。また、担任2人制も不可能である。現在、対策として、統合まで学校間の交流をふやし、統合時に児童たちの不安を少しでも解消するということで、今、既にこれについては、学校間交流の授業は行われております。


 また、統合後、拠点校に加配措置を行い、先生を何人か増員し、1人1人の児童によりきめの細かい指導ができるよう、積極的に県教育委員会に要望してまいりたい。また、同様に、ほかの加配措置についても研究をすると御答弁をいただいております。この加配措置について、どのようになっているのか、何人ぐらいの先生が増員される計画になっているのか、今の段階でのお考えをお聞かせください。


 次に、拠点校及び学校周辺整備についてお尋ねしてみたいと思います。


 学校の整備内容については、小学校棟は平成21年と22年の夏に耐震改修、大規模改造するとお聞きしております。また、中学校校舎棟については、平成21年度の夏から改築、建てかえするとお聞きしております。いずれも児童・生徒が学校にいますから、大変気を使う大変な工事になると思っているところです。安全面には十分配慮していただくことをお願いしておきます。


 質問でございますけど、中学校棟の改築、建てかえについては、生徒たちを何カ月間かは仮設教室で勉強させなければならないと思われます。工事期間の短縮を考えていただきたい。改築工事は、正式にはいつから始まり、何カ月間ぐらいで建てかえが可能なのか、今現在のお考えをお聞かせください。


 また、小学校棟と一体的に結び、市の2つ目の一体校にすると言われているが、小学校と中学校は敷地に段差があるため、接続は大変難しいと思います。どのような形で一体的に結ぶのか、教えていただきたいと思います。


 あわせて大規模改造、建築工事費の予算はどのくらいになるのか。また、費用の捻出はどのようになるのか。単市負担額はどのくらいか。総工事費の何%をお考えになっておられるのか、わかればその辺もお聞かせください。


 次に、学校周辺整備の時期と予算はどのようになるのか。周辺整備については、歩道の幅員を3.5メートルに拡幅することと、校舎西側の下川辺保育所や公民館に通じる道路の整備、拡幅を計画されておられます。どちらを優先されるのか、お聞かせください。特に下川辺保育所や公民館に通じる市道の整備は、前々から地元から強い要望があります。早目に拡幅整備をお願いするところです。その辺についてもお聞かせください。また、予算的にはどのくらいを思われているのか、わかればお聞かせください。


 次に、第三中学校への浸水対策。御調川は昭和60年6月と平成10年10月に大洪水により被害が発生しております。平成10年の洪水では第三中学校も浸水しております。過去を振りかえると、御調川は、およそ10年ごとに大洪水が発生しているようであります。このようなこともあり、6月議会において、河川の安全対策、浸水対策について質問したところ、大変建設的で前向きな河川の安全対策についての御答弁をいただいております。その後の河川安全対策、浸水対策についての進捗度、県・国の計画、お考えを聞かれておられると思いますので、その辺、どのようになっているのか、進捗度を含め、お聞かせください。


 大きい2番で、府中学園について。施設などに対する誤解について、お聞きしてみたいと思います。


 府中学園については、現在においても建設過程、施工過程にふぐあいがあるとか、いろいろな誤解、批判を受けているようであります。まるで市長や議員が何か悪いことをしたかのように聞き取れることもあります。一つには、工事費のこと。総工事費45億円以上と高額なため、府中市は大きな借金をした。そのため財政が苦しくなり、ほかのことが何もできなくなった。責任はだれ、どこにあるのかと言われることもあります。建設事業費については、内訳とか予算の捻出方法、また、単市持ち出し分について説明すればある程度はわかっていただけるが、その他、工事施工に関すること、例えばプールを屋上につくるから水が漏水している、漏れているとか、これは教室の板が浮き上がり床ががたがたになっているとか、教室が暑いとか寒いとか、トイレが少ないから失敗する子がおるとか、また、教科教室、オープン型教室に対する批判などもいろいろとお聞きしているところでございます。


 先日、私も府中学園の公開研究大会に参加しましたが、私の目には工事施工のふぐあいなど全く見受けられませんでした。なぜ、このように事実でない批判、誤解を受けなければならないのですか。事実でない批判は、はっきりと違うと、誤解だと、公式の場で是正していただきたい。是正できないのですか、それとも。教科教室、オープン型教室については、よい悪いの判断、評価はまだまだ先になると私は思っております。


 プールの水漏れ、大変なことです。床のふぐあいについては、どのようなのですか。はっきり違うと是正していただくことをお願いします。一たん流れたうわさ、なかなか消えません。事実を知らせることにより、市民の理解が得られると私は思います。その辺のことについて、理事者の御所見、お考えをお聞かせください。


 次に、大きい3番で、駅前開発についてお尋ねしてみたいと思います。


 この12月議会において、補正予算、債務負担行為の補正、それぞれ追加の中で、駅周辺開発代替用地の取得事業が計上してあります。長年の懸案事項であった駅前開発がやっと着手されるんだと思っていたところでございますけど、開発範囲とか計画とかいうのは全くないということで、開発範囲とか面積はどのくらいかについては質問いたしません。そのかわり、開発について、私の意見を言ってはいけないんですけど、思いを言わせていただきますので、御答弁をよろしくお願いします。


 駅前開発といえば、府中駅を中心に、南北の道路開発、道路整備を行ったらよいのではないかという声もお聞きしたことがあります。道路整備も重要であるが、これはJRをまたがる大変な事業になると思います。私は、今は道路建設より府中市の重要な施設、学習施設である市立図書館、生涯学習センターのエリア、この一帯の開発を急いだ方がよいと思っているところです。


 府中市には立派な市立図書館があるが、どこにあるのかわからないようではいけません。大変失礼な言い方になるかと思いますが、市立図書館と生涯学習センターの間の区画、この区画すべてを立ち退きをお願いして、広いスペースを設けることです。そこに公園的な施設を建設したらどうでしょうか。そこへ行けば簡易なスポーツもできる。休日には子供と一緒に行ける。昼食も食べられる。これからの季節、ひなたぼっこをしながらお話もできると思います。また、そこへ行けば、図書館、また生涯学習センターへもすぐ入れる。一日じゅう楽しめると思います。このような場所、施設ができれば、府中市にも多くの人が集まってくると思っているところです。このことにより、図書館、生涯学習センターがいつまでも発展を続けると思います。また、図書館、学習センターと連携できるような施設ができることにより、もし実現すれば、これからの高齢化社会、高齢者の方にも大変喜ばれると私は思っております。


 駅前開発について、何かよい案をお持ちなのですか。この辺を含め、市立図書館、そして生涯学習センター付近の開発について、理事者の御所見があればお聞かせください。


 1回目の質問を終わります。


      (13番議員 丸山茂美君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  目?教育長、答弁。


      (教育長 目?仁志君 登壇)


○教育長(目?仁志君)  第三・第四中学校区の学校統合につきまして御質問いただきました。私の方からは、まず統合準備委員会に係りまして、関係の皆様にお集まりをいただき、それぞれの立場から御意見をいただいていることに改めてお礼を申し上げたいと思っております。


 まず、私の方からは、2点目にございました教育面の配慮ということで、特に加配につきましてお答えをさせていただきたいと思っております。これまで統合校には、県の教育委員会から加配措置がなされてきたところでございます。先日、広島県福山教育事務所を訪ねる機会がございましたけれども、その際にも学校統合に係る加配措置につきまして、直接的に私も要望したところでございます。


 また、拠点となります明郷小学校からは、統合に係る加配とは別に、指導方法、工夫改善に係る加配の要望も出ております。都合合計2名ということになります。仮に要望どおりの措置がなされれば、今申し上げましたように、明郷小学校には2名が加配をされることとなりますけれども、教育委員会といたしましては、本市の状況を十分に伝え、引き続き県教育委員会に加配の要望をしていきたいというふうに思っております。


 なお、議員御指摘のとおり、関係する小学校間では、さまざまな形での交流を重ねる中で、〇〇君元気だったというようなあいさつも冒頭から出てくるなど、子供同士のつながりが生まれているところでございまして、改めて子供の力を思い知らされたという実感を受けているところでございます。


 先ほど申し上げましたように、加配措置につきましては、私どもも引き続き実現に向けて取り組んでまいりたいと思っております。また一方では、それぞれ関係する御家庭におかれましても、これまで同様に、子供たちへの支援をお願いしたいというふうに思っております。


 なお、統合準備会の内容につきましては、教育部長の方から答弁をさせていただきます。よろしくお願いします。


      (教育長 目?仁志君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  本多教育部長、答弁。


      (教育部長 本多 進君 登壇)


○教育部長(本多  進君) 私の方からは、統合準備会、拠点校の整備、府中学園に対する施設の件につきまして御回答を申し上げます。


 校名検討につきましては、統合準備会で協議を重ねていただいたところでございます。この中で、変える方がよいとか、あるいは変えない方がよいといった、双方の御意見がございました。なかなか一定の方向を見出すことが難しい状況にあったことから、準備会の方では教育委員会の判断にゆだねるということとされました。


 そのことを受けまして、教育委員会事務局内に学校名称検討委員会を設置し、検討をしてきたところでございます。検討委員会では、市内2つ目の小・中一体型の学校として新たな歴史を刻んでほしいという考えから、校名を変更する方がよいであろうということとなりました。このことを受け、去る11月25日の教育委員会会議におきまして協議をいただいた結果、新たな校名とする方針を決定していただいたところでございます。このことにつきましては、次回の統合準備会に報告をすることとしております。


 次に、統合準備会の進捗状況や検討事項でございますが、通学方法、あるいは制服、体操服、かばん、PTA組織や教育課程などについて、基本的な案をお示しし、既に協議をしていただいておるところでございます。現在、最終的な調整を予定しているところでございます。準備会につきましも、今後とも円滑な運営に努めてまいりたいというふうに考えております。


 なお、施設整備につきましては、基本的な設計の方針が固まり次第、御協議をいただくということにしておるところでございます。


 また、跡地活用につきましては、跡地検討委員会で協議が行われ、地域との協議が進められているというふうに聞いておるところでございます。


 続きまして、拠点校の整備でございます。この整備に当たりましては、議員御指摘のとおり、非常に、子供たちが学習をしながらの工事でございます。安全には十分配慮してまいりたいというふうに考えております。


 中学校棟の改修工事につきましては、平成21年の夏休みに解体を開始し、引き続いて改築工事を行いまして、完成は平成22年9月を予定をしております。一日も早い完成をしてまいりたいというふうに考えております。


 段差解消につきまして、横に長い小・中学校舎を一体化させるために、単純な渡り廊下で結ぶということではなく、小学校舎と改築校舎のつなぎ部分に、児童・生徒が交流できるスペースなどを考えているところでございます。このつなぎの部分で工夫をしてまいりたいというふうに思っておるところでございます。また、この部分を中心に、府中学園とは異なる特徴を取り入れたいとも考えております。現在、検討しているところでございます。


 続きまして、予算につきましては、以前から申し上げておりますように、総工事費10億円を考えております。また、財源調整でございますが、中学校舎の改築に国庫負担金、小学校舎及び中学校の技術棟の耐震補強や大規模改造工事につきましては、安心・安全な学校づくり交付金等とともに、合併特例債と一般財源を充てることと考えているところでございます。なお、一般財源の投入につきましては、極力抑制するよう関係機関と協議をしてまいりたいというふうに考えております。


 続きまして、府中学園に対することでございますが、これまでも議会におきまして御質問いただき、その都度お答えを申し上げておりますように、床等のふぐあいが生じた場合や設備に対するふなれから生じた故障につきましては、その都度必要な措置を講じてきているところでございます。今後も工事契約に基づきまして、1年半、2年の検査を行い、ふぐあいがあれば適切な措置を講じることとなっております。


 また、御指摘のプールの漏水などという、教育委員会としては全く聞いたこともないようなことが、どこからこんな話が出てくるのか、我々といたしましても理解に苦しんでいるところでございます。府中学園の工事が完成し、1年余りが経過したわけでございますが、この間いろいろ風評もございました。今後も生じるかもしれません。こうした風評に対して、教委として個々に対応するというわけにはなかなかまいりません。公の場で御質問に対して御回答をしてまいりたいというふうに考えております。


 以上でございます。


      (教育部長 本多 進君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁。


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  失礼いたします。


 私の方から、周辺整備について、初めに御答弁申し上げます。


 校舎西側の市道篠根5号線の整備につきましては、校舎に接続する区間約120メートル間を幅員6メートルで、歩行者の通行エリアを、カラー舗装を行う歩車共存道路としての整備を行います。整備時期については、平成21年度の秋ごろから年度末にかけて実施するよう考えております。予算的には五、六百万円程度かと概算しております。


 次に、校舎北側の歩道整備でございますが、校舎と接続する区間約80メートル間につきましては、当初3.5メートルを計画をしておりましたが、送迎用バスターミナルの安全性の確保のため、現況1.5メートルの歩道を2.5メートルに拡幅整備します。整備時期については、統合小・中学校の外溝工事とあわせて行うことになりますので、平成22年度の夏休みを利用した期間に実施するよう考えております。なお、予算については外溝整備とあわせて行いますので、よろしくお願いしたいと思います。


 次に、浸水対策でございますが、御調川の河川整備につきましては、6月議会でも答弁させていただいておりますが、広島県が策定した1級河川芦田川水系芦田川上流ブロック河川整備計画に基づき、継続して調査、設計を行っています。現在までの進捗状況は、芦田川合流部付近のJR橋梁かけかえの協議中でございます。この協議では、工事中の列車運転時における安全確保が最も重要となる事項のため、協議にしばらくの時間を要するものと考えております。


 また、浸水対策、河川の安全対策については、国・県・市が一体となり、八田原ダムによる洪水調整等を図りながら、市民の安全確保に努め、早期の完成を図るよう、強く要望を行ってまいりますので、御理解をお願いいたします。


 次に、府中駅周辺整備についてでございますが、中心市街地活性化基本計画の主要な13事業の中に、整備計画の策定がうたわれておりますので、平成23年までに計画を策定していくことになります。そのため、今年度につきましては、JR府中駅周辺の拠点性、また交通結接点としての機能を高めるための駅周辺のまちづくりの方向性並びに中心市街地の回遊性を高め、活性化に寄与する交通施設のあり方について、実際に交通実態調査や市民からの意向調査を行い、特徴や問題点を整理し、学識経験者、交通事業者、各種関係機関等で構成する協議会において協議・検討し、JR府中駅を核とした周辺の交通施設を含む整備の方向性や方針を導き出す総合都市交通体系調査業務を実施しております。


 また、図書館やTAM付近の開発を先にということでございますが、以前、図書館の駐車場を整備するときに、周辺の地権者に御協議申し上げたことがございますが、同意に至らなかったという経緯もございます。このようなことから、JR府中駅周辺の整備につきましては、皆様方からの御意見を承りながら、よく検討してまいりたいと考えておりますので、御理解をお願いいたします。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  丸山茂美君。


      (13番議員 丸山茂美君 登壇)


○13番議員(丸山茂美君)  御答弁ありがとうございました。


 学校統合準備会ですけど、いろいろお骨折りをいただいていることはよくわかりました。特に小学校の統合については、明郷小学校に3校の小学校が行くのであります。いわゆる閉校して統合される側は、どうしても悲観的になると考えられます。その辺、先ほども言いましたけど、準備会におけるしこりは絶対避けていただかねばならないと思っております。そのあたり、拠点校は受け入れ体制を十分整えておいていただくことをお願いしておきます。


 また、校名変更につきましては、新たな校名とする方針が決定したと御答弁をいただきました。私も大変よいことだと思います。ぜひ新しい校名で、新たな気持ちで府中西学園がスタートできることを願っているところでございますので、ひとつよろしくお願い申し上げておきます。


 次に、学校跡地の活用でございますけど、跡地検討委員会の方で検討されているようだと言われましたけど、このことについては、私も非常に跡地については気にしておりました。そういったことで、統合の説明会ごろ、5月ごろだったろうと思いますけど、地域のある程度の希望を申し出ております。先日も、非公式であるが、回答を、市の方から思いをお聞きしたところ、全く地域の思いを聞かれていない。これでは、もう対決姿勢をとらざるを得ないと思っているところです。


 学校がなくなると地域は寂れます。その辺、過度に拍車をかけるようなことはされないように、学校が廃校となる地域、地域の活性化につながるような跡地の活用について、話し合いをぜひさせていただきたいと思っているところです。その辺、跡地活用検討委員会のお考えをお聞かせいただきたいと思います。


 次に、児童がなれるまでの配慮でございますけど、今のところは拠点校で、2名の加配を計画していると言われました。ぜひとも加配の先生は多ければ多いほどいいので、引き続き要望をお願いします。


 それと、家庭への支援ということがありましたけど、それぞれの家庭で子供をしっかりと支援してくださいということですけど、支援の仕方もいろいろあるんだろうと思います。その辺よくわからないので、ぜひとも小規模校の保護者にそこらの支援の仕方を教えてやっていただきたいと思います。


 次に、拠点校の整備でございますけど、先ほども言われたように、児童・生徒がいる中で、大規模改造、改築、建てかえは本当に大変な作業になると思います。そういった中においても、何回も前から言っているように、府中学園にまさるとも負けないような学校施設にしていただくことをさらにお願いをしておきます。


 また、中学校棟の改築工事については、生徒たちが21年の夏休みから22年、約1年間になろうかと思いますけど、仮教室で勉強するということで、本当に不便な目に遭うと思います。工事の期間をできるだけでなしに、本当に1カ月か2カ月でも短縮していただくことを検討していただくよう、お願いしておきます。


 また、学校周辺の整備でございますけど、校舎西側の下川辺保育所や公民館に通じる道の方は、先に整備すると御答弁をいただきました。地元の方も大変喜ばれることと思います。しかし、歩道の幅員を2.5メートルに縮小するということですけど、これはいけませんよ。6月議会において、道路の幅員は3メートルに拡幅し、自転車と歩行者が通行できる自転車・歩行者道として整備すると言われております。我々もこのことについては、関係者、また保護者たちに、こういうふうになるいうのを報告しております。それを今さら、あれから何カ月、半年たっておるんですよ。今さらそれを言われても困ります。そういったことで、しっかりと整備をしていただきたいと思います。このことについては、私も言ったと思いますけど、歩道が学校敷地内に寄ってきてもバスの発着には支障ないと言われておりますよ。その点も十分検討していただいて、当初の計画どおり、ちゃんとした歩道をしていただきたいと思います。これについては、もう一度お考えをお聞かせください。


 それと、三中の浸水対策でございますけど、昔から、災害は忘れたころにやってくると言われます。非常に建設的な答弁をいただいたんですけど、実際早目に対策を実施していただくようにお願いしておきます。


 それと、府中学園に対する誤解とうわさでございますけど、やはりこれは事実と事実でないことをはっきりすることが一番だと思います。そういったことで、小さいことは別として、大きなうわさとか、何か出た場合は、はっきりと市民に知らせるべきだと私は思っております。このようにぜひとも今後ともどのようなことがあるかわかりません。そういったことで、はっきりと事実を市民に知らせていただきたいと思っております。


 それと、3番目に駅周辺の開発でございますけど、私が言ったことは全く無視言うたら失礼なんですけど、答弁にございませんでした。以前、図書館付近の開発をしようとしたら、地権者に断られてできなかったいうことで、あのあたりを開発する気がないように聞き取れました。そういったことですけど、ぜひともせっかくある立派な府中の二つある学習施設です。この辺の開発もぜひ進めていただくことを、いろいろ今計画とか言われておりますけど、ぜひともこのあたりも視野に入れておいていただくことをお願いします。これについては、また機会があれば質問させていただきます。


 以上二点、御答弁をお願いします。2回目を終わります。


      (13番議員 丸山茂美君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  門田総務部長、答弁。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田  隆君) それでは、私の方からは、第三・第四中学校区の学校統合にかかわっての閉校によります跡地の利用について、お答えさせていただきます。


 先ほど教育部長の方が答弁させていただいておりますように、閉校により跡地になる学校につきましては、跡地利活用検討委員会において協議をしているところでございます。協議におきましては、地域の方の意見を伺いながら、地域で活用できる施設とするなど、市として有効な利用とするよう協議中でございます。現在も、地域の代表者の方などからいろんな御意見を伺っている状況でもあります。各学校の跡地の方針につきましては、今年度中にまとめる方針ですので、ぜひとも御理解、御協力をお願いしたいと思います。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁。


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  先ほどの歩道の3.5メートルの当初計画という話でございますけども、この詳細設計を行う中で、先ほど申しましたように、バスターミナルの安全性の確保ということで、先ほど御説明をさせていただきました。さらに、利用形態から見ましても、西側からバスターミナルへの車の進入、そして、西側道路から校舎への進入ということもいろいろ考える中で、先ほどの区間も、歩道については2.5メートルにさせていただいて、バスターミナルでの安全性の確保を十分とりたいということで、計画の変更を説明させていただきましたので、御理解をいただきたいと思います。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  丸山茂美君。


      (13番議員 丸山茂美君 登壇)


○13番議員(丸山茂美君)  もう時間がありませんので、簡単にやります。


 先ほどの歩道整備、3.5メートルを2.5メートルに縮小する言われたんですけど、もう少し詳しく説明いうか、文書にしていただきたい。我々も報告した以上は、ちゃんと訂正をしなければならないので、そういったことをお願いしておきます。


 それと、跡地活用については、今御答弁いただいたように、しっかりと地域の意見を聞いていただくようにお願いしておきますので、よろしくお願いします。


 以上で質問を終わります。


      (13番議員 丸山茂美君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  これをもって、平成クラブの丸山茂美君の質問を終結いたします。


 続いて、平成クラブの桑田伸太郎君の登壇を求めます。


 桑田伸太郎君。


      (15番議員 桑田伸太郎君 登壇)


○15番議員(桑田伸太郎君)  それでは、15番議員の桑田伸太郎が一般質問に入らせていただきます。通告に従いまして行かせていただきます。


 最初の第1番目に、府中北市民病院についてということになっておりますが、これは11月27日以前に通告書を出しましたので、ちょっとずれておりまして、11月27日の新聞に、病院健全化計画見直しのおくれという記事が出ました。かなり詳しく出ていましたが、記事の内容は本当なんでしょうか。


 これによると、病院側の赤字1億円前後の見込みと、市事務局の倍の2億円の赤字見込みに約1億円の差があり、調整がつかなかったとありますが、少しくらいの痛みを伴っても思い切った改革をしないと、このままだと存廃の危機になる可能性があるとも書いてあります。日本じゅうの多くの病院が、国の医療費削減の影響で経営が困難になる中での立て直しは極めて難しいと思われます。きのうの質問者への答弁で状態はわかりました。どちらにいたしましても、22年度には、繰入金ゼロの目標はできなくなったということです。


 上下地区の医療を守るという課題があります。市全体の財政事情は厳しい中ではありますが、最善を尽くして、上下地区市民の安心が得られるように、よい計画を策定していただきたいと思います。詳しくは厚生委員会でお聞きしたいと思います。


 次に、公共下水道事業についてお尋ねいたします。


 この事業は、府中市の一般会計を基にした府中市が一番多額の借金を抱えた事業であります。財債は95億円とお聞きしました。19年度では18億円になんなんとする事業費を計上しております。そのうち市の繰り入れが5億円、市債が8億円、国の出資金は3億1,940万円です。全体の借金は年々減少しておるようですが、下水道事業の完成は40年から先になるとお聞きしております。また、この間いただいた広島県環境整備協同組合の広報紙によると、現在の我が国の社会構造は少子・高齢化の一途をたどり、将来にわたる財源不足の状況に置かれている。多くの自治体は、財政健全化を目指す上で、重大な決断を求められている事業が下水道事業だという話です。生活排水処理事業には、下水道事業、集落排水処理事業、合併浄化槽という三つの方法があり、自治体の判断により、その中の一つ、二つを選択しているということだそうです。


 府中市でも、100%完成までには、予定はあるでしょうが、いつ完成するかわからない。また、完成しても、供用率100%達成するのに何十年もの歳月を要する。まして、この事業の中心になるには人口5万人以下の中山間地域となり、その整備には人口密集地と比べて、時間とお金がかかるというものです。その一方で、未整備の残り世帯をすべて浄化槽で整備すれば、下水道の3年分の予算ですべてが終了すると言われております。ちなみに、全国の幾つかの自治体では、下水道から浄化槽に転換して、確かな成果を得た事例が、近年着実にふえていると結んでおります。府中市では、このまま下水道事業を進めていかれるのかどうか、お尋ねいたします。


 それと、今、合併浄化槽の補助金を毎年計上しております。これは来年度増額されるような状況があるのかどうか、お聞きしたいと思います。


 1回目を終わります。


      (15番議員 桑田伸太郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁。


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  失礼いたします。


 議員先ほど申されましたように、生活排水処理事業には、下水道、集落排水処理、合併浄化槽があります。府中市では、この中の下水道事業と環境整備課が行っています浄化槽設置整備事業を選択し、この二つの事業の特性、水質保全効果、経済性等を勘案し、効率的な整備をするために、費用効果分析を行い、事業を進めています。


 下水道事業は、市街化区域1,169ヘクタールのうち、家屋が密集、連担している355ヘクタールの事業認可をとり、現在整備中であります。また、認可区域外は浄化槽設置整備事業で、小型合併槽の補助金を充てて行っております。今後につきましては、費用効果分析を行い、費用効果をある地域について認可拡大を行い、事業を進めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  寺岡市民生活部長、答弁。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 登壇)


○市民生活部長(寺岡泰弘君)  合併浄化槽事業費につきましては、来年度、また県費削減というふうなことを聞いておりますけども、例年どおり100基を目標に予算措置をしていきたいなというふうに思っております。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  桑田伸太郎君。


      (15番議員 桑田伸太郎君 登壇)


○15番議員(桑田伸太郎君)  ということは、下水道事業にこれからも一定の投資をしていくということと理解してよろしいですか。


 非常に財政状況が厳しい中で、市民の衛生的な安全な快適な生活を守るために、一日も早い下水道事業、あるいはその関係の事業の完成を思うわけです。そうした中で、なかなか今すぐに切りかえるというふうなことはほとんど不可能に近いんじゃないかと思うんですが、市の財政状況の厳しい中を転換していくと、好転していくと、そういうふうな目的で合併浄化槽の方へシフトを切りかえて、そっちの方へ予算をつぎ込んでいくというふうなことはできないのか、再度お尋ねいたします。


      (15番議員 桑田伸太郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  伊藤市長、答弁。


      (市長 伊藤吉和君 登壇)


○市長(伊藤吉和君)  下水道事業につきましては、もうかなりの期間、下水道を市街地を中心に整備してきた経緯がございます。これを経営的に成り立たせていかなければいけないという課題がございます。


 現在の整備区域、先ほど部長の方から説明がありましたけれども、それについては、まだまだ接続率が十分でなくて、経営的に安定した状態になっていないと。一方で、先行投資的な、いわゆる借金がかなり膨らんでおりまして、これへの償還、金利負担、こういったものがかなり重荷になっているという状況がございます。


 しかしながら、府中の市街地の特徴といいますのは、先ほど御紹介いただきましたように、人口5万以下の都市ではあっても、この盆地の部分に、かなりの人口、家屋の集積を見ております。そういう一定の密度のあるところは、やはり下水道で整備していくのが、先ほど申し上げたような完成までの期間の経営問題というものはございますけども、最終的には合理的であろうというふうに思っております。


 しかしながら、下水道で市街化区域全体をこの下水道で整備していくということは、これもまた現実的ではございませんで、やはり下水道で整備すべきところと、議員御指摘のように、他の方法でやる方が今日的には、また将来的な人口の減少や市街地の縮小、こういったものを想定したときに、合理的な部分があるというふうに考えております。ですから、未実施部分を下水道で整備していくということは、方針としては継続いたしますが、その範囲をどこまでにするかということについては、この一、二年のうちに線引きをしていきたいというふうに思っております。そして、それ以外の部分については、議員御指摘の合併浄化槽方式に切りかえていくということが選択肢となろうかというふうに思っております。


 結論として申し上げますと、下水道で整備すべきところと下水道以外の方法で整備すべきところを区分けしながら、下水道で整備すべきところについては、経営問題を改善させていきながらやっていきたい。それ以外のところについては浄化槽方式に切りかえるということになると考えております。


 下水道特会については大変厳しい状況が続いておりますし、財政負担にも限度がございますので、これからの整備のあり方といったものを十分検討しながら、最終的に衛生的な都市環境といったものがつくれるように努力をしてまいりたいと考えております。


 以上でございます。


      (市長 伊藤吉和君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  桑田伸太郎君───。


 これをもって、平成クラブの桑田伸太郎君の質問を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  10分間休憩します。


午前11時00分


○議長(瀬川恭志君)  再開いたします。


午前11時13分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  休憩前に引き続き一般質問を行います。


 続いて、平成クラブの平田八九郎君の登壇を求めます。


      (23番議員 平田八九郎君 登壇)


○23番議員(平田八九郎君)  議長の御指名をいただきました。続いて、一般質問をさせていただきます。同僚議員の配慮によって、時間も40分という時間を確保していただきまして、感謝をしながら質問に入らせていただきたいというように思います。


 質問に入らせていただく前に、昨今の状況について若干心憂いております。今、私たち日本、そして世界じゅうをアメリカのサブプライム問題に端を発した金融恐慌、そして、それに伴う経済大不況、今、私たちを取り巻く経済状況は、毎日、目を覆うばかりの報道がなされておりますし、雇用の確保もさることながら、あのGM自動車産業界の尤であるあのアメリカビック3も破綻に追い込まれるんではないかというような状況下で、この府中市にありましても、製造業を中心とした企業、週休2日制どころか週3日制と思うような状況に追い込まれておるのが実態でありますし、雇用につきましても、人材派遣会社からの雇用は早くからこれを断ち、正規従業員についても一時帰休というような状態であるというように伺っております。


 したがって、昨日から議論がなされております21年度予算編成に対する自主財源の問題も大きくクローズアップされるとともに、心配をしなければいけない状況であるというように認識をいたしております。


 そういう中にあって、20年最後の12月議会でございます。私の通告は、病院問題、そして保育問題、そして21年度予算編成についてであります。いずれも二点については、昨日、きょうと議論をされておりますし、一般質問通告者の半数以上の方が病院問題を取り上げて質問をなされております。私は、この病院問題、改めて、さきにお配りをいただきました府中北市民病院健全化実施計画、それに伴う府中北市民病院健全化計画(別冊資料)、そして先ほど言いました健全化計画、すばらしい冊子3部を改めて目を通させていただきました。何も私たちが疑義をもって申し上げるものはないというように見受けます。すばらしい微に入り細に入った丁寧さであります。


 1つ目は、北市民病院職員アンケート、そして北市民病院患者アンケート、そして近隣医療機関アンケート、住民アンケート、こういった調査を十分された上で、これはまたすばらしくよくまとめられておりますし、このアンケートにコメントが入っております。そういう中にあって、この健全化計画が示されておるわけでありますが、先般の27日の新聞報道にも見られるように、5年計画、3年を待たずして見直しをしなければいけないというような状況と伺っておりますが、この問題は一地方自治体で解決できる問題ではないのではないかというように、私は思っております。


 最近の大学の状況でありますが、教育診療の業務がふえ、さらに医師の志向が研究から臨床へとシフトし、医師が大学から去り始めた。加えて2004年度に始まった新医療臨床研修制度の導入後、大学附属病院で研修を受ける研修医は約7割から5割に減少し、大学の医師派遣能力が急速に低下をしておるようであります。大学から医師派遣の中止に加え、長時間勤務、休日・夜間診療の常化、少ない休日、医療訴訟の増加、さまざまな業務の増加など、奉仕切れなくなった勤務医の相次ぐ退職により、地域の医療機関、特に自治体病院は深刻な医師不足を迎えておるということは、1日の市長あいさつの中にもありましたように、1人医師が減れば、大きく財務内容が変わるということは明白であります。


 私がこれから言いますことは、全国市長会、そして議長会、議会挙げて意見書を国に送り、こういったことをやっていかなければ、幾ら地方自治体、地方病院で努力してもいい結果というのは出ないのではないかというように思っております。これから言いますことを市長におかれましては十二分お聞き取りいただいて、全国市長会あたりから国に対して要請をしていただきたい。


 これは19年6月に、日本病院協会というのがございますけれども、そこがさきの厚生労働大臣に要望書を出している機関であります。我が国の病院医療並びに地域医療提供体制は崩壊の危機に瀕している。すなわち24時間体制で医療を提供し続ける勤務医は、過重労働による疲労が重大し、その結果、勤務医の診療所開設志向が高まり、病院においては医師不足による閉鎖される診療科もあらわれ、国民が安心して受けられる医療の提供体制をとることが困難となるなどの状況に陥っている。多大な被害を受けるのはほかでもない国民でございます。


 第5次要綱改正の趣旨でもある良質で安心・信頼のできる医療サービスの提供を実現するためには、病院、診療所、住宅医療等を含めた地域における医療連携体制の確立が重要であるとしております。全国公立・私立病院連盟と日本病院協会の合同調査、平成19年度の運営実態調査分析によると、調査時点で、良質な安全な病院医療のコストに見合う診療報酬の点数設定がなされていないために、72.8%の病院が赤字となっておるということでございます。


 地域医療の一端を担う病院、医療のこのような実態を十分に踏まえ、国民の視点に立った要求を行っていかなければ、先ほども言いましたような地方自治体で抱えております病院の健全経営は難しいんではなかろうかというように推察をするところでございます。


 けさ、TBSの放送を見ておりましたら、滋賀県近江八幡市の総合医療センター開設3年目にして破綻状態という放送をリアルに放送しておりましたけれども、一事が万事、こういったことではないというように思いますけれども。私たちが、合併後間もなくいただきました北市民病院の通知、これも起債償還年次表、13年から平成44年までの資料をいただいておりますけれども、これは町が3分の2、病院が3分の1というような返済方法になってございますけれども、先ほど、市民生活部長が申されましたように、見ますと、平成9年から10年、15年にかけて、多くの投資がなされております。これは地域医療の充実ということで、当時、避けて通れない状況のもとで整備がなされておったのだろうというように推察をいたしておるところであります。


 そういったもろもろの状況を勘案しながら、先ほど言いましたような調査結果、アンケートの集約をされて、健全化計画が提案されて、その実現に向けて取り組んでおられたその矢先、こういった厳しい状況であるという御提案でございますけれども。私たちは、さきの質問者も言いましたように、限りなく周辺部、なかんずく過疎地の医療体制というものは、何としても確保していかなければいけませんし、今、尾道、瀬戸田、そして神石高原町小畠病院に見られますように、非常に各自治体、知恵を絞りながら取り組んでおるわけでございますので、これから行政サイドにおいて、再度見直し案を提案されるということでございますけれども、その辺の配慮を十分されて、今度こそ、その提案された健全化計画が実を結びますように、限りない努力をしていただきたいというように思う次第でございます。


 私たち、先般、市政報告会をいたしましたけれども、厳しい意見も出ておりますし、救急医療体制に対する市の対応についても御意見をいただいております。これは14会場で説明会を行いました。皆さん方からいただきました質問内容を精査し、まとめて、また行政の方にお願いをする所存でありますので、その点も含めまして、よろしくお願いを申し上げ、御答弁をいただければ幸いかというように思います。


 次に、質問通告をいたしております任期付職員採用、このことにつきましては、昨年3月議会以来、この議場において、議場外においていろいろと議論をさせていただきまして、今般、市長の方から冊子をいただきました。確認書、これ以上のことはないんであろうというように、私個人、この2年間を振り返って、いろんな思いをしながら、今回提示をされました市長の思いを、今、いろんな角度から検討、精査をさせていただいております。


 先般、11月28日に、関係者の方が記者会見をされるという話を聞いておりましたけれども、何かの事情で変更になったということでありましたが、12月1日、12月定例会の初日、14時より、この施設において、改めて記者会見をされるという話をお聞きをいたしました。私たちは、12月議会の提案主旨説明を聞いて、午後、それぞれの会派で勉強会に入っておりましたが、2時から、県中央の委員長、そして当該労働組合の委員長、副委員長面々がおいでいただきまして、記者会見をしていただきました。限りない誠意を見せていただいたというように、私は理解をしておるところであります。


 残念なのは、私たち、ちょうど4階におりましたので、久しく御尊顔を拝してお話ができれば、これにこしたことはないというように思っておりましたけれども、翌日の新聞を見させていただきますと、この12月議会においては、期限付職員採用の条例は限りなく採択してほしい、これが趣旨であったようであります。若干のコメントはありましたものの、私たちは、真摯にこの行動に対し敬意を表するとともに、先ほど言いました市長から出されておりますこの文書整理、協定書について、鋭意検討を重ねて、10日の総務委員会、そして、最終日の16日は結論を出さなければいけないというように考えております。


 そういった矢先に、こういった「御通知」いう書面をいただきました。私、ちょうど2日余り病院へおりましたので、郵便局から配送されたようでありますが、留守でありますので、2日後ぐらい、29日だったというように思うんですが、開封をしてみました。いろいろと御注文をいただいております。しかし、これはこれとして、私たちは、先ほど言いましたように、2年有余にわたって、この問題については誠心誠意解決をしなければいけない、円満解決をということを後援会、理事会に対しても進言をいたしました。そして、職員21名の雇用は最優先であるということも申し上げておったところであります。


 今、このような不況の中で、本当に職を欲する人たちは、ちまたにあふれております。そういう中にあって、提案をいただいております期限付職員採用、わずか3年ということでありますけれども、私たちはこの3年間という採用については、当初提案されたときから、確かにこの補助金問題、行政も、そして組合も、議会も責任の一端があるという認識のもとに話をやってまいりましたけれども、最終的に、このような状況で12月16日を迎えるということは断腸の思いであります。このことにつきましても、報告会でいろいろと御意見をいただいております。今まで、言ってみれば、民間の保育所であり、民間の従業員である。これは改めて府中市職員として、保育事業に従事をしていただくわけであります。わずか3年といっても、試験もなし、何もなく3年間、市の正職員として採用されるわけでありますから、その辺は十分御理解をいただきたいというように思う次第であります。


 そういった状況いろいろとございましたけれども、今回、提案をいただきましたこの確認書案、2枚目にもついてございます。この報告書、十分これから精査をさせていただきたいというように思いますが、この提案に至るまでの経過について、何か御所見があればお伺いをしておきたいというように思います。


 3番目の21年度予算編成について(基本的な考え方)、このことにつきましても、さきの議員からも、こういう非常に厳しい財政状況の中で予算編成がどうなるのであろうかというように心配を今からしておるところであります。20年度予算編成にあっては、枠配分方式ということで新たに取り組みをなされました。この結果、まだ詳細にわたっては判明しておりませんけれども、私は、一律枠配分方式というのではなく、やはり手を加えなければならないところ、そして、削除しなければいけないところ、こういったところがあろうかというように思いますので、この辺は理事者が交通整理をされて、各部署に提案されるべきではないかというように思いますけれども、どのようにお考えであるか。


 そしてまた、債務負担行為が非常に多うございます。このことと21年度予算関係について、御所見があればお伺いをしたいというように思います。


 以上、よろしくお願いします。


      (23番議員 平田八九郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  伊藤市長、答弁。


      (市長 伊藤吉和君 登壇)


○市長(伊藤吉和君)  まず、北市民病院の再建計画について、現在の状況と周辺環境といったものについて、少し御答弁をさせていただきたいと思います。


 議員おっしゃったように、これは実際、単独で解決できない問題ではないかというようなことでございましたが、確かに周辺状況は、医療制度の問題や御紹介いただきましたような大学の医師派遣にかかわるさまざまな問題、こういったものから、我々単独でなかなか解決に至らない状況は多々ございます。また、それらが今日の財政逼迫といったことを招いていることも否定できない事実であろうかというふうに思っております。しかしながら、仮にそうであっても、決してだれも助けてはくれないわけでございまして、確かに市長会などを通じて、制度の改善といったものを求めていく努力というのは続けなければいけませんけれども、しかしながら、目下の状況の助けにすぐ至るというようなものでは、それもございません。


 したがいまして、今できることを、やはりして、この病院の存続を図っていく必要があるということでございまして、その上で、この病院の状況といったものが、端的に申し上げて、どういうことかということになるわけでございます。一連の北病院の経緯は、もう皆様よく御存じであろうかと思いますが、そういった公立病院をめぐる全般的な問題に加えて、本市の北市民病院の場合は、過去の、いわゆる過大な投資といった問題がのしかかっているわけでございまして、これによる償却の負担といったものが大きな問題になっております。いわば、今までの健全化計画はこれらに対応することが大きな課題でございまして、通常手法のコスト削減、こういったものの努力の中で、この問題を克服していこうとしてきたものでございます。


 しかしながら、さらに医師不足と、医師の引き揚げといった事態に直面したときに、そのような努力だけでは全く解決できない収益の悪化といったことが発生したわけでございまして、これについて、もはや今の枠組み、いわゆる公立病院としての今までのやり方では、なかなか乗り越えられない問題になりつつございます。そうはいっても、たちまち違う枠組みが短期の間にできるわけでございませんので、恐らく1年ないし2年ぐらいは、今の枠組みの中でできる努力を続けていかざるを得ないのかなと。しかし、その先は、恐らく市の赤字補てん能力というものは、非常に今小さいわけでございますので、そのままでは持ち切れることはできないと思っております。その後には何か違う枠組みによる病院の存続策といったものが、どうしても必要になるのではないかというふうに見通しといいますか、そういうふうに感じております。


 また、そういったものがどういうものになるのかといったことを早く見出して、できるだけ効果的にそういった新たな枠組みが、もし見通しのあるものであれば、見込みのあるものであれば、やはり果敢に挑戦していかざるを得ないというふうに感じております。


 医療連携などが専門家の間でよく言われるわけでございます。1個の病院では全部そろえるということをせずに、また、それはできない時代でございますので、連携して、全体で機能を充足させればよいではないかと。その方がより効率的であるという提言が過去からなされております。しかし、これを実現した事例というのは、実際は見当たらないわけでございまして、実際は、個々の病院は、やはり経営を追求していくわけでございますし、ある意味競合しながらやっているのが状況でございますので、そういった病院同士が、公立病院や民間病院も含めて連携していくということは、これは実現性の面でなかなか現実性が難しいというふうに感じております。


 しかしながら、違う枠組みをもってすれば、そういったことも実現できるかもしれないわけでございますので、今の段階では、本当に何も具体的なことが申し上げられなくて、本当に申しわけないんですけども、いろいろな可能性を追求していきたいというふうに思っております。


 それから、続きまして、保育会の問題でございます。結果につきましては、詳細を繰り返すことは最小限にいたしたいと思いますが、前回の9月議会で三つの再提案のための条件、いわゆる文書化の完了と申し立ての取り下げと試験内容の明確化という三点について、御提示をいただいたわけでございます。私としては、その時点では、十分これら条件をクリアできるものと考えておったわけでございます。決定権をお持ちの議会の提示された条件でございますので、これを整える以外にございませんし、また、雇用を守ることを第一目的にしている組合、自治労側がこれに協力しないということはないというふうに思っておったわけでございます。しかし、現実はそうはなりませんで、組合、自治労側のこの条件を整えるための協力というものはいただけなくて、その理由も、目下のところよくわかっておりません。このままでは再提案ができないという状況になるわけでございまして、このまま条例を放棄するか、それとも別の道をさぐるか、私としては悩まされたわけでございます。


 一義的には、先方の反対で、この条件が整えられないのでありますから、放棄するということになっても、それは先方の責任になるのかもしれません。しかしながら、それでは、保育会と府中市幼稚園の職員は、4月から即失業ということになるわけでございまして、果たしてこのような結末が、この保育会問題の本市において長い経緯と複雑な背景を持ったこの問題の最終結果として、妥当であろうかということを大変危惧をいたしたわけでございます。


 9月と事情が変わっていないならば、再提案理由が乏しいのではないかという御指摘もございますが、ある意味、実は大きな事情変更があったわけでございます。先方の協力がいただけないということが明らかになったということも大きな事情変更でありますし、事実上、御提示いたしましたような、文書化の完了と見ていただける協議はいたしているわけでございます。最終的に判をついた合意したものにはなっておりませんが、もう変更の余地のないと我々が考えておるものができておるわけでございます。こういったものをもって、今議会に改めて提案をさせていただき、成立を図らせていただくということもできるのではないかというふうに考えたわけでございます。いわゆるこの問題の決着に当たっては、議会側が示された文書化の完了や取り下げといったものが十分ではございませんけども、こういったものが行われなくても、市の責務として、この問題の決着のために、現在おる職員を、ある程度は救済することが必要であると、私は結論づけたものでございます。


 そこに至って、議員いろいろおっしゃられましたように、私としても自治労の行動というのは理解しがたいところがございまして、このままでは条例か不成立になるかもしれないという状況でありながら、協力はいただけないということは、また理由もよくわからないということは、私にとっては意味不明、目的不明と言わざるを得ないわけでございますし、加えて、決定権のある議会の議員のところに、または議長のところに「御通知」という形でいろいろな御注文があったと。こういったことも今のタイミングで、なぜこのようなことをするのかも、私としてはなかなか理解がしがたいものでございます。


 しかしながら、このような先方の行動によって、私は職員を失業させるというような結果になっていいとは思っておりません。今までも保育会の職員は反対運動に駆り立てられて、かつ指定管理になる道を失って、その結果、法人解散という、職場の消滅といったことに追い込まれているわけでございまして、この上、こういったちょっと意味のよくわからない先方の行動によって、任期付職員の道までも閉ざされるというのでは、余りに過酷であるというふうに思っております。私としては、もうある意味で、自治労さんに翻弄されるというのは、もう御免こうむりたい。協定を結んだ以上は、これに沿って市の約束を履行し、そして申し立ての取り下げがあろうとなかろうと、これを履行して、この問題の決着といったものを図っていきたいというふうに思っております。ぜひそのようなことをごしんしゃくいただきまして、御理解をいただきまして、いろいろ御不満はございましょうが、ぜひ飲み込んでいただいて、今回の提案について、ぜひ御賛成をいただきたいというふうに思っております。


 以上でございます。


      (市長 伊藤吉和君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  門田総務部長、答弁。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田  隆君) それでは、私の方からは、平成21年度予算編成にかかわっての御質問にお答えさせていただきます。


 まず、枠配の関係でございます。予算編成にかかわっての枠配分方式、これにつきましては今年度から実施ということでありまして、これは経常的経費の編成を各課の裁量によって決定すると。そのことによりまして、コスト意識の向上、また事業効果による事業の取捨選択をすることで、各課の自主自立性が確保されるということでありまして、そういう裁量は職場に与えるということであります。したがいまして、そのことによって、ひいては行政サービスの向上につながるものと考えております。


 次に、今回補正に関しまして、債務負担行為が多いということがありました。これは、今回は指定管理者制度の切りかえ時になるということで、21年度から3年間の切りかえになりますので、その関係で、一点には、多いということです。また、土地開発公社の健全化計画に関するものが3件ございます。そういうことで、今回は多いということでございます。


 以上です。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  予定の時間がなくなりましたので、これをもって、平成クラブの平田八九郎君の質問を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  昼食のため休憩いたします。


午前11時54分


○議長(瀬川恭志君)  再開いたします。


午後 1時01分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  休憩前に引き続き一般質問を行います。


 続いて、自由クラブの松坂万三郎君の登壇を求めます。


 松坂万三郎君。


      (17番議員 松坂万三郎君 登壇)


○17番議員(松坂万三郎君)  失礼いたします。


 午後、これで最後の時間となるわけですけども、一般質問に入らせていただきます。何分にも通告いたしておりました内容がほとんど重なっておる関係で、なぞるようなところがあって申しわけないところもあるんですけども、やはり通告をしておりますので、その内容について、また、角度を変えたり、中身を濃く掘り下げていただければというふうに思います。


 まず最初に通告しております、私、ここへ、一つ、二つ、三つとワン、ツー、スリーと挙げているんですけども、府中のあるところがアンケートをとられた結果で、行政として、どのような事業に重点を置いてほしいかということで出ておりましたので、そのことについて、まずお尋ねをしてみようというふうに思うんです。


 まず1つ目は、人口減対策。府中の施策としては、どのようなものがあるのか。また、若い夫婦が市に住める環境はどういうものがあるか。私は、出口川沿いにPOMが今ありますけども、あれは大変府中が誇れる一つのいい施設じゃないかというふうに思いますけども。それから、きのう、きょうといろいろ議論が出ておりましたけども、あいた施設、学校の跡とか、いろいろなところに、今空白地ができておりますので、学校でありますとか、グラウンドでありますとか、そういうふうな活用方法と提案を加藤議員とかされておった議員もおられましたけども。人が集まることができないかということが、今、皆さん関心を持たれているということで、人口減対策として、新しい学校がせっかくできても、子供がいなくなれば意味がないということで、人口減は、結局のところ、全産業に影響を及ぼすので、若い夫婦が府中市に住める環境づくりを要望したいというような御意見が出ていましたので、府中市としてPRできるところ、そういう施策がどういうものがあるか、お知らせを願いたいというふうに思います。


 それから、2点目でございますけども、これも能島議員の方から出ておりましたのをなぞるようで恐縮なんですが、工業団地のアクセス道路となる南北道路の整備についてということで、これも2番目に大きな要望というか、ちまたでは、南北道路は本当にどうなっているんだろうかという声をよく聞きます。実際問題、それじゃ、いつできるんだろうかと。県の財政状況も非常に、県事業ですから、府中はお願いをして、県の方にしてもらわなければならないという事情があるにしても、県は今非常に財政が厳しい現状で、府中市におきましても、家具の資料館の土地の返還、また現教育センター、元の県税事務所などがありました県の施設を1億5,000万円近くで府中市が買い戻すというような現状で、非常に県財政が厳しい状況にあるんですが、その中で、きのうからの御答弁をお聞きしておりますと、平成17年2月に南北道路、計画変更がなされて以後、今現在、詳細設計も済んで、橋の設計も済まれて、今現在、用地の測量中という答弁をされておったと思うんですけども。それじゃあ、これは年次計画的には、今年度が用地測量でありましたら、その次の段階は用地買収をしようということになっていくんでしょうから、府中市とすれば、具体的な年次計画、ここでも通告で挙げておりますが、年次計画をどのように思っておられるのか、また、県の方に要望されているのか。多くの方が南北道路はいつできるだろうかということを関心を持たれる中で、これをちょっとお示しを願いたいというふうに思います。


 次に、3点目でございますが、これも府中の駅周辺整備の促進ということで、これまでに多くの方が行政的に要望されてるという中で、これも答弁があったわけですけども、今までの事業計画、府中の駅の高架橋の計画もございました。それから、現市長になられて、未利用地の利用促進ということで、駅の東西周辺の計画の提示ということで、たしか3プランか4プランほど提示をされたんじゃないかというふうに思いますが、この辺に対する計画の整合性はどうなっているのか。また、補足の答弁によりますと、23年までには計画をいろんな面で方向性を再度出すということだったろうと思うんですが、その後はどういう計画を立てられるのか、お示しを願いたいというふうに思います。


 次に、ごみ問題についても、私も少し触れておきたいんですが、ごみの袋が値上げをされました。聞くところによると、この値上げの現象によって、かなりのごみ袋が売れたといいますか、出ていったといいますか、いう現状だろうと思いますが、どのような現象だったのか、お知らせを願いたいのと、それから、ちょっと勉強不足なところがあるかもわかりませんが、この事務手続といいますか、このことについて、ちょっとお尋ねをしておきたいんですが、府中の家庭ごみの処理の有料化の実施要綱というのが、平成19年4月2日に告示第82号ということで示されております。それで、2007年(平成19年)9月20日に、重度障害者等の方には緩和するというか、免除しますというのが示されております。そして、ことし、平成20年6月20日に、告示107号として、新しく指定ごみ袋の供給第4条ということで、新しく挿入されているんですが、こういうものをこの要綱で本来決めるんではなくて、規則で決めるべきじゃないかというふうに思うんですが、この辺の手続的なことをちょっとお尋ねをしておきたいというふうに思います。


 それから、ごみ処理の有料化の実施要綱の第4条に、新しく挿入されている内容を見てみますと、「ただし」から読みますけども、「特別な要因により契約期間内に指定ごみ袋の主要原料の日本国内における価格が著しい変動を生じ、納入単価が不適当となったと市長が認めるときは、市又は指定業者の請求に基づき、双方の協議により変更できるものとする」というのがあるんですが、解釈論の問題もあるかもわかりませんが、今現在、石油やガソリンはかなり下落をしております。材料の下落は、後から時間がたつということがあるかもわかりませんが、手続的上のものもあるかもわかりませんが、市民感情とすれば、やはりこれだけ原油、ガスも今度値下げという話を聞いておりますけども、そういう中で、当然下がってもいいんじゃないかというふうに思うんですが、再度お尋ねをしようと思います。


 形とすれば、このごみ袋の袋の値上げ分は行政の方で何らかの形で吸収された方が形的にはよかったのかわかりませんが、現在上がっている段階で、市民感覚という形とすれば、幾らかそういうずれがあるんじゃないかというふうに思いますので、その辺お尋ねをしておこうと思います。


 それから、次に、財政運営について、お尋ねをしておきたいのですけども、昨今、大変厳しい財政状況が内外言われております。それで一番やっぱり心配するのは、さきの質問者も出ておりましたけども、行政サービスの低下等はどうなのかということで、行政サービスの格差の拡大が続いているということが、今、言われております。財政が豊かな自治体は、子育ては豊かな教育分野で独自の支援策を充実されてる一方で、財政に窮する自治体は、公共料金の引き上げ、施設の閉鎖を余儀なくされると。そういう自治体も、今、出てきているという現状。一つ、下水道の全国的な例を挙げてみますと、1カ月に下水道を24立方メートル使った場合の料金か最も安いのが埼玉県の戸田市で987円だそうです。最も高い北海道の美唄というところは6,200円で、格差が6.1倍という現状。それから、水道料金は、赤穂市の、これは1カ月の使用量24立方メートルの場合ですが、赤穂市の場合は1,018円、夕張が最も高くて7,392円ということで、7.3倍というこれだけの地域格差が出ていると。


 それから、子育ての教育の支援策の東京都千代田区など52市では、15歳までの通院費の自己負担を全額補助しているということで、できているとことできないところの格差が大きいという現状ではないかと思うんですが。


 府中市もだんだん格差が広がってきては困るんですけども、その中で、今後、府中市が計画している事業、この事業計画につきまして、三中でありますとか、埋立処分場とか、御答弁が出ておりましたけども、それでは、三中が、さきの答弁で事業規模10億円というのが出ていましたが、埋立処分場とか、来年の事業計画の予算規模についての概略、はじいておられるんだろうと思いますので、お知らせを願えればというふうに思います。


 その中で、そういう計画が、今、財政推計の中にあらわれているのか。今度、新しい財政推計計画を見直すということが言われております。今出ている財政推計ですけども、この推計は、20年度予算をベースに、2%増というちょっとあり得ない推計計画なんですから、当然、今の現状に合った状況の推計が出てくるんだろうと思いますが、その辺のところもお示しを願いたいというふうに思います。


 それから、府中市の今現在における市の借金、今後どのようになっていくか。これも通告で出しておりますけども。今、府中市が始まって以来、大変大きな府中の借金、起債が発生をしております。2007年度、大まかな数字を申し上げますと、普通会計で255億円、下水道で、先ほど出でおりましたけども、95億円、水道で31億円、病院で29億円、開発公社が28億円、保留地管理法人25億円、トータルしますと、465億円何がしという数字になるわけですね。対前年比で言いましても、14億円の増加になっているわけですね。こういうのが、今後どのように返済できるのか、返済計画はどうなっているのか、それをお尋ねをします。


 それと、予算編成方針も枠方式で10%カットという格好での新年度予算を一般会計180億円規模というふうなことを言われておりましたが、歳入面の法人関係は15%減、全体で5%というような数字が出ていましたが、これだけでおさまるのかどうなのか。それから、金額ベースでいけば、どの程度の減の見込みをされているのか、お尋ねをします。


 よろしくお願いします。


      (17番議員 松坂万三郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  門田総務部長、答弁。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田  隆君) 失礼します。


 非常にたくさんの御質問なので、十分なお答えができるかどうか、若干心配がありますけど、よろしくお願いします。


 まず、人口減対策ということがありました。このことにつきましては、以前、市長も答弁されたと思いますけど、特効薬はないということで、やはり市の魅力を各種施策を通じて総合的に高めること、その結果として、これはなし遂げることができるんではないかということだったと思います。そのために日々業務を行っているということであります。ただ、雇用の創出という観点からいいますと、人口減対策として企業誘致というのは非常に効果があるということで、人口流出もとまりますし、人口増に効果があると考えております。ただ、既に市内3カ所の工業団地につきましては完売のため企業の誘致は行っていないということであります。商工観光課としての制度としましては、府中市工場等設置促進条例により、企業立地や従業員の新規雇用などへの奨励金交付制度を継続することによって、人口減対策につながるものではないかと期待をしております。


 続きまして、あいた施設の利用ということがありました。学校の統合による学校の跡地、また保育所の跡地等につきましては、午前中にもありましたように、跡地利活用検討委員会で協議をしておるところでございます。昨年度の報告にありますように、東小学校の跡地は安全・安心のまちづくりの拠点施設として、また西小学校の跡地は出口町の生涯学習まちづくり拠点として、広谷小学校跡地につきましては次世代育成の拠点、残地を地域で管理し、多目的に利用できる広場にするということを決めております。このように多くの人が集まる施設として方向性を出しております。府中市にとって、より有効な利用とすべく、今後とも検討をしていきたいと思っております。


 次に、財政問題です。まず、財政推計につきまして質問がありました。現在の財政推計は、ことしの3月に作成、報告をしたものでございまして、景気も依然堅調な時期のものでありまして、市税収入につきましても、毎年2%の増加を予測したものであり、現在の状況、景気も急激な冷え込みを考慮していないということとなってしまっております。改めて、ことし10月現在での現状に合った財政計画をつくり、議会へ報告したいと考えております。


 続きまして、市債の今後ということがありました。普通会計でいいますと、起債残高のピークは平成22年度を予測しております。公債費につきましては、平成24年度がピークではないかと予測をしております。また、予算編成にかかわって、歳入の見通しがありましたけど、これにつきましては、先日の質問でお答えしたとおりでございまして、市税全体では約5%の減少を見込んでおります。額としましては約3億円ということでございまして、特に先ほどありましたように、法人市民税につきましては、景気動向によっては非常に大きな減少になるのではないかというふうに危惧をしております。


 以上です。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁。


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  私の方からは、南北道路と駅周辺について御答弁申し上げます。昨日と重複するところがあるかと思いますが、御理解をいただきたいと思います。


 議員、先ほど用地測量をしているというふうに言われましたが、これは今年度で実施するというふうに御答弁させていただいておりますので、御理解をいただきたいと思います。


 この用地測量、今年度実施させていただく中で、起業地の買収面積等が確定しますので、来年度からは起業地の買収を行っていくための建物調査とか、また、用地補償費の確定をする後に用地交渉へと進むのではないかというふうな思いを持っております。市とすれば、こうした流れの中で実施をしていただきたいということを要望していきたいと思っています。また、さらに市としますれば、老朽化している扇橋をまずつけかえてほしいという思いもあります。扇橋をかけかえますと、現在の堤防高より2メートル、3メートル高さが高くなるということもございますので、そうした取りつけ部分が先に整備されるのかなというふうなこともございますので、そうしたことも含めて、栗柄地区の工事が先行されるかなというふうな思いを持っております。とにかく県も、先ほど議員申されましたように、財政難でございますので、国の補助事業をいただいて、実施していただけるよう、要望に努めてまいりたいと、このように思いますので、御理解をいただきたいと思います。


 それから、駅周辺でございますが、当時の計画との整合性はどうなっているのかというふうな御質問でございますけども、この駅周辺の整備につきましては、都市計画マスタープランにおいて、駅周辺、市街地を南北の一体化ということで、府中駅へのアクセスの改善をうたっております。そうしたことから、JR福塩線により南北に分断されている駅周辺を自由通路などの整備により一体化を図ると、このようにしております。先ほどお話させていただきましたように、今年度、整備の方向性や方針を明確にしていき、来年度から関係機関協議などを行って、23年度には整備計画を策定していくよう考えていますので、よろしくお願いいたします。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  寺岡市民生活部長、答弁。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 登壇)


○市民生活部長(寺岡泰弘君)  私の方からは、ごみ袋の関係につきまして御答弁させていただきますが、今回の値上げにつきましては、10月分の納入分からの適用ということで、そういう決定をいたしましてから、広報等によりまして、市民への周知を図ってきたところであります。そのことによりまして、9月のごみ袋の販売というのは、大体1世帯当たり10枚ぐらいの販売量であったものが、その半年分に当たる1世帯あたり60枚というふうな形で販売が急激に伸びております。これは買いだめという現象だと思いますけども、こういうことは市民感情からすれば当然のことであろうかなというふうに思っております。ですから、現在、店頭においては、まだ旧価格のものが並んでおるのではないかと思いますし、店によれば新価格のものも出ているのではないかというふうに思っております。


 それから、事務手続ということで、要綱でなく、規則ではないのかというふうな御質問をいただきましたけども、廃棄物処理及び清掃に関する条例というものに、規則というものはございません。一般的に、規則は条例を補足する要因といいますか、そういったものが強いわけで、そういった点がございまして、具体的事業を実施する場合には、大体要綱で定めるケースが多いという形の中で、要綱で対応させていただいているということであります。


 そして、要綱におきまして、特別な要因、使用原料の日本国内における価格が著しく変動した場合云々というのをうたっておりまして、具体的なことについては、協定書におきまして、基準日から12カ月後の変動額が10%を超えた場合という形で対応をいたしているところであります。ですから、基準日から1年間はその価格でいくと。1年後に、そのときの価格等によって、双方協議の上決定していくというふうな内容になっております。


 そして、原料が下がったのに、ごみ袋の値下げはどうなのかということ、これにつきましては、昨日も非常に議論になったところでございますが、原油というのは、同じことを言うようでございますけども、不安定な要因がございます。特に今後においても、乱高下が予想される中で、ごみ袋の安定性、継続性ということを確保する観点からも、基準日から1年後の10%の動向により決定するというこのルールにのっとって判断いたしていきたいというふうに思っております。


 それから、埋立センターのことにつきまして、予算規模はということでございましたが、埋立センターにつきましては、平成21年度から23年度にかけて実施する予定で、今年度は設計業務を行っております。この設計業務に伴いまして、具体的な事業費等を算出するということになりますので、御理解をいただきたいというふうに思います。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  松坂万三郎君。


      (17番議員 松坂万三郎君 登壇)


○17番議員(松坂万三郎君)  御答弁いただきました。ありがとうございました。


 財政運営のところで、今、御答弁いただいたわけなんですけども、今後の事業計画ということで、事業計画の規模、予算規模ですね、そういう金額ベースのものは、今、出できませんでしたが、これから財政推計を組まれて、先ほどの市債、そういう償還のピークが平成22年になるということでありますが、そうなりますと、埋立センターの嵩上げ工事もかなりな金額、わかりませんが、かなりの金額のようなことをお聞きするわけですが、それが21年、23年のちょうど22年にかかってくる。それから、三中の四中統合の事業計画も10億円何がしという金額がかかってくるということで、そういう推計も当然この中に加味をされて計画は出していかれるんでしょうから、それじゃその計画段階で償還の問題とか、いろんな問題で財政的な事業計画等の変更なり、そういうふうなことがあるのかないのか、事業計画どおりに進められるのか、その辺についてもお尋ねをしておこうと思います。


 それから、次に、中心市街地のことについてもお尋ねをしておきたいんですが、さきの質問者の方からもいろいろありましたが、まちづくり交付金の事業が今年度最後ということで、この中心市街地の関係の事業も、新しいまた局面に入ってくるんじゃないかと、駅の周辺もそうでしょうけども。そうなると、今後の青写真はどういうようになっていくのか。


 それから、今、まちづくり交付金事業が最終年度ということで、交付金事業の事業評価ということが示されておりますので、事業評価でどういうことができて、どういうことが残ったのか。


 それから、朝日上通り線の事業が、あと最終で、これが済めばということですが、これは、あと、今年度事業年度最後で、平成21年の事業年度で完成するのか。


 それから、たしか6件の立ち退きとかいうことで、暫定的に道が通れるようになるという説明をされていましたが、そうなると、あと、どこどこが残って、どこどこでなくて件数でも構いませんが、残ってくるのか。それから、残った事業については、今度どういう手当てを考えておられるのか。これでいきますと、まちづくり交付金事業は総額42億6,300万円でしたか、これが事業で、すべてにあと割り振りをされて執行という形になったのか、残があるのか、そういうことについてもお知らせを願いたいというふうに思います。


      (17番議員 松坂万三郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  門田総務部長、答弁。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田  隆君) お答えします。


 財政計画でございますけど、現在は平成20年から24年までの間の財政計画を策定をしております。新たに、このたび景気の悪化等によりまして見直すということでございますけど、現在載せている事業は、長期総合計画の実施計画第2期の事業と、それ以降につきましては、合併建設計画で掲げた事業を考慮したものとしております。


 以上です。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁。


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  それでは、まちづくり交付金の事業評価について御答弁申し上げます。


 まちづくり交付金の事業評価は、交付金がもたらした成果等を客観的に検証し、今後のまちづくりのあり方を検証すること及び事業の成果を住民にわかりやすく説明することを目的としております。具体的には、事後評価の方法を記した方法書を作成して、これによって実施してまいります。


 主な点として、1つ目には、まち交の申請時点に、都市再生整備計画を策定しておりますが、この中に目標を定量化するための指標の目標値を6点設定しております。この目標値の達成状況の確認を行います。2つ目には、まち交の都市再生整備計画を府中市のホームページ等を活用して、市民に公表して、パブリックコメントとして市民の皆様からの自由意見をいただいております。3つ目としまして、学識経験者等によるまちづくり交付金事後評価委員会設置し、これらの資料に基づく審議会を開催いたします。以上の事後評価についての資料を国に報告し、市民の方にも公表してまいります。


 その中で、朝日上通り線の残る案件についてというようなことがあったかと思いますけども、残る数件の起業地の確保につきましては、引き続き鋭意交渉を行ってまいりたいと思っております。また、残事業に関します予算につきましては、合併特例債が主な財源になりますが、適用できる補助メニューがあれば有効に活用して、少しでも市の負担が少なくなるよう整備してまいりたいと考えておりますので、御理解いただきたいと思います。


 まち交の残はないのかという話でございますけども、第7回変更を行っていますけども、その変更を行った後の事業等を行っていますので、まち交での残はございませんので、御理解をいただきたいと思います。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  松坂万三郎君。


      (17番議員 松坂万三郎君 登壇)


○17番議員(松坂万三郎君)  それじゃ、最後になりますので、ちょっと確認を何点かしときたいと思うんですが。私が質問したことに対して答弁が、聞き方も悪いかもわかりませんが。最初にお聞きしました工業団地のアクセスというか、南北道路ですね、市としての見込みは、何年までにこういう計画を遂行しようとされているのか。非常に厳しい現状はあるんですが、そこがやっぱり一番みんなが聞きたいとこではないかというふうに思うんですが、市の計画とすれば、何年の何次計画で、どこまでにこういうふうにというような、それでないと、やっぱり一番行政に要望する中で、こたえてあげるというか、そういう必要性があるんではないかなというふうに私は思いますので、再度お尋ねをしておこうと思います。


 それから、財政運営で私がお尋ねしたいのは、これだけの大変厳しい現状になっていると。厳しさの実感がなかなか違うとこもあるかもわかりませんが、きょうの日経でしたかね、特例加算がまた復活をするというような、こういうことが出てくるということ自体、よほどのことではないかなというふうに思うんですけども。そういう中で、私が財政的にお聞きしたのは、今後の事業と推計をどういうふうにあわせていくのか。起債償還が22年がピークであるならば、今計画している事業の見直しをしなければいけないかもしれないし、今ある計画は計画どおりやっていくんだということなのか、そこら辺のことがお尋ねしたかったんですが。それは推計を組んでされているわけですから、ここに行くよという方向性を私は言われればいいんじゃないかというふうに思うんですが、そこら辺のところがちょっと何かかみ合ってないというか、はっきり言われないので、そこら辺をもう一つお聞きをしておきたいのと、それから、まちづくり交付金事業は、これで最後ということになりますと、あと残った事業については、今は朝日上通り線の事業については、あと、今度は単市ということに、事業遂行はどうなっていくのかいうのを最後にお尋ねをしておきたいと思います。


      (17番議員 松坂万三郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  南北道路は市の思いとして何年かという思いでございますけども、当初、この南北道路、県で着手していただく折に、おおむね10年でやっていきたいということを申したことがあるかと思いますけども。今、これだけ財政逼迫しておる中、市の思いとすれば、そうした早い時期での完成というのを非常に期待しておりますけども、何分県としても、説明会等においてもなかなかそうした目標等も出していただけないこともありますので、とにかく国の補助事業等を実施していただけるように強く働きかけていって、一日でも早い完成を目指して、市も地元対応に精力的に取り組んで、汗をかいていかなきゃいけないなと、このように思っておりますので、御理解をいただきたいと思います。


 朝日上通り線について、先ほど、残事業の予算については合併特例債が主な財源となるかと思いますけども、適用できる補助メニューがあれば有効的に活用してまいりたいと、このように思っておりますので、よろしくお願いいたします。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  門田総務部長、答弁。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田  隆君) 失礼します。


 財政推計は、今現在、計画に挙がっているものを考慮したものでございます。事業を変更する見込みを示したものではないわけでございます。厳しい財政ですので、事業の見直しは検討すべきであると思います。


 以上です。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  これをもって、自由クラブの松坂万三郎君の質問を終結いたします。


 続いて、社会クラブの水田 豊君の登壇を求めます。


 水田 豊君。


      (2番議員 水田 豊君 登壇)


○2番議員(水田  豊君) 社会クラブの水田でございます。一般質問をさせていただきます。


 通告に従って、まず、府中北市民病院についてお聞きをいたします。


 新健全化計画についてお聞きをするつもりでございましたけども、きのうからの質疑、それから初日の市長あいさつ等でも出ていましたように、新しい計画はいまだできていなかったということでございます。今までの議論を端的に聞いてみると、病院側からの再建策が手ぬるい、生ぬるいと。今後は、市行政の方が中心となって、新しい計画をつくる。その計画とは規模の縮小と経営形態の変更だと。端的に言えば、このようなことではなかったかなと思います。


 上下町民にとって、命と健康にかかわる重大な問題が議論されていながら、その議論の中身は町民に少しも伝わらない。このことについて、私は非常に危惧を持っております。町民の方も同様だろうというふうに思います。


 そこで、まず、これまでの経過、9月議会以後、今議会に至るまでの議論の中身について伺っていきたいいうふうに思います。病院側がどのような再建策を考えて、そして、どういう点が不十分だとされたのか、そのことについてお聞きをいたしたいというふうに思います。また、規模の縮小ということも言われていますが、どの程度の規模の縮小を考えているのか。そしてまた、経営形態の変更とはどのようなことを指しているのか。このことについてもあわせてお聞きをいたします。


 それから、2点目です。病院の将来に対する説明責任ということでございます。北市民病院の存続は、上下町民にとって命と健康を守る上で欠かせないものだということでございます。それにもかかわらず、この存廃の議論に町民が直接関与できていない、このような仕組みになっておるということでございます。府中市健康づくり審議会、ここには上下町民は1人も入っておりません。医療病院分科会にやっと1人、当該北市民病院の院長が入っておられるだけでございます。しかも、11人のうちお1人だけということでございます。市立病院経営審査分科会に1人、これは町内会連合会から北部連合会として上下町から1人入っておられる。これもオブザーバーを入れて5人のうちお1人ということでございます。当事者が少数の審議会で北市民病院の将来が左右されることについて、上下町民は非常に不安に思っておるということでございます。自分たちの地域の未来を、病院の未来に関することについて当該者が関与できない、こういうことは住民自治の原則に反しておるというふうに思います。


 北市民病院の健全化計画は3月の議会には提案をされるということのようですから、これまでに北市民病院の関係者、上下町民、そして行政を入れて新たな組織を立ち上げて、民主的に議論して決定すべきであると、私はこのように考えるところでございますが、この考えについて市長の御見解を伺いたいというふうに思います。


 また、現在までの議論についてだけでも、病院の将来がどうなるのか非常に不安を持っていらっしゃる上下町民の方が多い。このような不安感を払拭することも行政の責務だというふうに考えております。この点について、病院問題について、現在までの議論、そして将来の大まかな方向性について、地元での説明会を開催をしていただきたい、このように思うところでございます。この点についても御見解をお願いいたしたいと思います。


 それから、3点目、病院問題。くどいようですけども、地域住民の命と健康を守る問題だと。その点をいささかでも忘れてもらっては困る。この議論に関しては、病院の赤字という問題だけがクローズアップされているような気がしてなりません。そもそも中山間地にあっては、医療サービスの提供が民間病院では困難だからこそ公立病院が設立され、その使命を担ってきたところでございます。赤字だからといってなくせばいいというものではございません。上下町は府中市と合併をし、そして、その結果、病院までなくなった、こういうことであれば何のための合併だったのか、こういうことになります。上下町民の気持ちも察していただきたい、このように思います。


 9月議会で、市長も、赤字を全くゼロにせよということを言っているんではない、議論の中でこのようなことをおっしゃっております。そこで改めて、地域住民の命と健康は守る、病院はなくさない、このような決意を市長みずからお聞きしたい。このように思っておりますが、いかがでしょうか。


 次に、ごみの有料化の問題でございます。


 これも、きのう、きょうと随分議論になっております。原材料費が値下がりになっておるということは明白でございます。袋代の値上げは中止すべきだというふうに思いますが、いかがでしょうか。きのう、きょう、担当部長の方からは、袋の安定供給のためには、すぐに上げ下げをするもんではないと、このような答弁をいただいておりますが、それならなぜ8月段階で4円の値上げを決めるのか。このお言葉、そのままお返しをしたいというふうに思います。まずは一たん白紙に戻して、それから今後の原材料費の行方を見た上で決定をしたらいかがかと、このように思うところでございます。


 ごみの2点目、皆さんに配付してあるのは原材料の「原」になっていますが、減ったということでございます。ごみ袋の有料化、これは当初の目標5%をはるかに超えて、20%以上の減量化に成功した、達成をしておるということでございます。ごみの減量化を目的とした制度でございますので、大成功をおさめたこのごみ袋の有料化、もうもとに戻していただいた方がいいんではないか。来年4月からもとの無料に戻していただきたい。この点についてもお伺いをいたします。


 それから、3点目、ごみ袋値上げの際の市の指導についてお伺いをいたします。先ほどの質問にもありましたが、10月からごみ袋が値上げになるということで、小売店の中では、9月末、お1人様3袋まで、このように袋の数を制限した店が出たということでございます。これは9月までの安い袋をとっておいて、10月から40円高く売ろうという便乗商法のようにも思えます。また、このようなことが起こり得ることは当然予想されていたはずでございまして、このことに対して、市は何らかの指導をしたのかどうか、このことについてお伺いをしたいと思います。


 あわせて今現在でも値上げになっていない、元の値段のままで袋は売られております。これはまた一体どういうことなのか、そのことについても再度説明を求めたいというふうに思います。


 それから、ごみの最後は、プラスチックごみの収集回数をふやしていただきたいということです。これは地域住民の要求が出ております。地域住民の要望でもあります。そして、私が属する厚生委員会の要望事項でもあります。2年前からの要望事項でございます。一体、この市民要望、議会要望に対して、行政はこれまでどのようにこたえようとしていただいておるのか。全く実施されていないところを見ると、聞く耳を持っていないというふうにしか受け取られません。そこで、この件に関して市の検討状況をお聞かせ願いたい。内部でどのように検討し、どうして今まで実施できないのか、このことについて説明を聞かせていただきたい。一方で、4円の値上げにはすぐさま応じ、一方では、2年もたなざらし、こういうことでは市民感情は納得できないというふうに思っております。細かい説明をいただきたいと思います。


 それから、開発公社についてでございます。


 開発公社にも経営健全化計画というものが出されております。この中で5年以上保有土地の簿価総額の縮減目標、このような項目が立てられまして、目標が掲げられております。この目標値と実績、そしてこのような項目が健全化計画の中に立てられておる理由、その意味するところ、そして現在達成できていないということでございますが、その状況についてお尋ねをいたしたいというふうに思います。


 項目があと三点ありますが、1回目、質問を終わらせていただきます。


      (2番議員 水田 豊君 降壇)


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  10分間休憩いたします。


午後 1時58分


○議長(瀬川恭志君)  再開します。


午後 2時11分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  休憩前に引き続き一般質問を行います。


 水田 豊君の質問に対する答弁を求めます。


 寺岡市民生活部長、答弁。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 登壇)


○市民生活部長(寺岡泰弘君)  失礼します。


 非常にたくさんの御意見、御質問をいただきましたので、答弁漏れ等がございましたら、また御指摘をいただきたいというふうに思います。


 まず、北市民病院の健全化の問題でございますが、健全化というのは、上下地区の医療機能を確保し、病院の経営安定化を図るために、病院管理委員会とか病院経営審査会で議論しているわけです。ですから、上下地区の問題とかいうんではなくて、確かに病院は上下地区を中心に機能しておりますけども、市全体の問題としてとらまえて、病院存続という視点で議論しているわけです。ですから、地元云々かんぬんというのは、私はちょっとそこまでは思っておりませんけども、あくまでも上下地区の地域医療の確保をどのようにするのか。今のままでいいのかどうなのか。今のままで行ったらどうなるのかという視点でいろいろ検討をいたしているところでございますので、その点をよろしくお願いしたいというふうに思います。


 そういう中で、現実的に毎年1億円前後の基準外の繰り入れといったものを行っているわけです。今日的財政状況の中で、現状維持のまま、このまま推移すれば、1億円前後だけでなくて、2億円前後になっていくのではないかということを我々は危惧いたしております。それは今日非常に医師不足等によりまして、収益が、特に今年度、減少してきておりますけども、21年度を予測したときに、さらなる減少ということになるのではないかと。そしてまた、周辺の医療環境というものも大幅に変化してきております。一部では全適の適用だとか、指定管理だとかいう形で、公立病院が非常に形態も変わってきております。そういうふうな中で、我々は危機感を持っているわけでございます。そういう中にあって、現状維持ということについてはどうなのかということで、現状維持、現状維持と言うのは非常に楽観的ではないかと。医師が回復すれば収益がもとに戻るのではないかということも言えなくもありませんけども、そういうことは現実的に非常に厳しい現状ということを言わざるを得ないというふうに思います。


 そういう中で地域の医療を守るという視点で、赤字だから争点になっているんだろうというふうにおっしゃいましたけども、公立病院であっても、経営的に持続可能でなければ医療の提供もできませんし、赤字体質では、積極的な医療提供とか新たな投資といったこともできないわけで、ますます厳しくなるだけで、一方の医療環境の厳しくなる中で、やっぱり地域の医療を守るという前提で、新たな北市民病院のあり方といったものを模索しなければならないのではないかということで考えております。


 そういう中で、一番に健全化を考えるに当たりまして、改革プランというのもございますが、23年までには、改革プランでいきますと、経常収支は100%以上にというふうな目標値が設定されています。ということは、黒字にならなければならないということでございますが、現状では黒字というのは見込めません。一般会計から1億五、六千万円投入すれば黒字になるかもしれませんけども、現実的に困難という中で、我々はその次に考えたのは、単年度の赤字を当年度の損益勘定留保資金の額を超えない。というのは、現金を伴わない部分の赤字の範囲であれば、資金繰り的なものはできるだろうということで、ハードルをちょっと下げてみました。しかしながら、今日的医師不足の中で試算した場合、やはり1億円相当の赤字が見込まれるという形になっております。


 その次に、やはり診療体制、今の病床数等についてもシミュレーションすべきではないかということで、いろんなパターンのシミュレーションを行いました。その中で、今110床ありますけども、99床とか80床、59床といった形で検討を行いましたけども、病院が出してきた案は、1億円前後の赤字になりますよというものでございました。


 一方、我々事務局案がつくったものは、2億5,000万円前後の赤字になりますという形で、大幅な誤差が生じたということの中で、合意形成に至らなかったという中で、成案までに至らなかったということになったわけです。


 そういう中で、今後どのように病院のあり方を考えていくかという中で、今も申しましたように、病床数の縮小でシミュレーションで見る限りにおいては、大幅な赤字の縮減というものは見込めないという中で、ちょっと見通しが立たないような状況というふうに思っているんです。しかしながら、その辺は新たな形態ということも、北市民病院の新たな体制を考えるべきではないかと。そういうことになれば、新たな経営形態というものも模索しなければならないというふうなことに至っております。


 その新たな形態は何かということでございますが、それについては地方公営企業法によります全部適用とか、地方独立行政法人とか、指定管理とか、その他の形態があるかもわかりませんけども、そういったものを含めた形で検討をしていくということを今後精力的に行う中で、3月議会までには、分科会、審議会等の委員の皆さんの意見も聞きながら行っていきたいと。成案の策定にまとめていきたいというふうに考えております。


 上下地区の皆様には、本当、いろいろ報道等で不安をお与えしているわけなんですけども、これについては、やはりそういった計画案というものが示されないという中での不安だと思います。ですから、我々としては、早期に見直し案が策定できればなというふうに考えているところであります。


 それから、ごみの問題でございますが、ごみにつきまして、5%の目標を達成して20%になっているんだから廃止すべきではないかというふうな御意見でございますが、ごみの有料化の目的というのが、ごみの排出量に応じた負担の公平、そして財政負担の軽減、製造者・販売者の過剰包装の抑制など、そういったことを推進することを目的にいたしておりまして、今現在、市民の皆さんの御協力によりまして、20%の減量ということになっておりますが、今のところ廃止するというふうな予定はございませんので、よろしくお願いをいたします。


 それから、ごみ袋の新旧の価格という中で、販売店等の指導はということでございますが、ごみ袋の値上げというのは10月の納入、ですから、お店屋さんからいえば、10月の仕入れ分から値上げの対象になっているんですね。ですから、9月までに仕入れられたお店屋さんは旧価格でいくということになります。ですから、さきの質問者にもお答えしましたように、半年分ぐらいが9月の時点で、各お店が仕入れられているわけです。ですから、今現在、実際には12月ですけども、まだ旧価格での販売で出されているお店は結構あろうかと思います。新旧の価格が入り乱れて、お店によって価格が違うものが出てくるという現象になるわけですけども、それによって販売店が不正をするんではないかというふうな御指摘もございましたけども、販売する単位が1ロール10枚を束ねた形でしておりますけども、この帯封筒がありますね。帯封へきちんと価格表示をしておりますし、ジャンコード、バーコードですよね、あれにも新旧はっきりわかるような措置をいたしておりますので、御指摘のような不正といったものはないものというふうに思っております。


 それから、プラスチックごみの回収、なぜふやせないのかというふうな御指摘でございますが、これにつきましては、今現在、月2回行っているわけでございますが、経費、1回ふやすに当たって約1,000万円近い経費が必要になろうというふうに思っております。そういう中で、一方、有料化導入後、プラスチックごみというのは、10.8%の減量というふうな形にもなっております。そういった状況を勘案しますと、現段階で収集回数をふやすということは困難であるというふうに考えておるところです。


 以上です。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  門田総務部長、答弁。


      (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田  隆君) それでは、私の方からは、土地開発公社健全化計画につきましてお答えさせていただきます。


 先ほど、5年以上保有土地の簿価総額の縮減目標値と実績ということが質問がありました。御存じのように、土地開発公社の経営につきましては、その設立出資団体の責任において健全化が図られるべきでありますが、依然として経営環境は厳しいものとなっているということですね。また、公社保有土地の有効利用を促進する必要があることから、対策を講じることとなり、数値目標を設定するということとなっております。5年以上の保有土地の目標値、この目標値というのは、簿価総額を標準財政規模で除した数値でございますが、平成16年度を基準年度としまして、0.09から、平成22年度には0.06にするということとしております。なお、平成19年度の当初計画は0.09でありまして、平成19年度末の実績も同じく0.09でございます。


 以上です。


      (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  水田 豊君。


      (2番議員 水田 豊君 登壇)


○2番議員(水田  豊君) 御答弁ありがとうございました。


 地域医療を守るという前提で考えているということでございますので、ぜひその趣旨でやっていただきたいというふうに思っております。


 上下地区の住人がいなくても上下地区のことを考えてやっていると、こういうことですんで、ですから、上下からさらに人数が加わっても趣旨には何ら反しないということでございますので、ぜひこの点は今後も考えておいていただきたいというふうに思っております。


 それから、収支見通しについて大きな差があったということでございます。その中の一つに、医師の減少ということがある。9月の議会では、4、5、6の3カ月の実績をもって、それを4倍すると2億円近くになるんではないかというような話もございました。9月の時点ですから、当然、今の時点とは実績として数値が変わってきているはずでございまして、その分、病院なりの努力がされておるんではないかというふうにも思います。


 また、医師不足というのは全国的な問題の中で起こっていることではありますが、そしてまた、具体的に、現実的に、北市民病院で4月から外科医が1人減少したと。これは確かに新たな要因ということで、このままではその分の穴埋めができない。これは当然のことでございます。


 そこで、私はお伺いしたいんですが、医師の減少、これを食いとめるというか、戻していただきたいというか、とにかく減った人員について、これまでどおり北市民病院に週に1回でも2回でもいいから来てくれと、このような努力を市長みずからされたのかどうか、このことについても答えていただきたいというふうに思います。


 何か病院は病院で、病院だけが努力をして、そこが悪いから計画をつくり直すと、このように聞こえてしようがないのでありますが、現在は市長が最高責任者であるはずでございまして、医師不足に対してどのような努力をされたのか、このことについて聞かせていただきたいと思います。これは何も北市民病院だけのことではございません。旧府中市内でも民間病院に産科医師がいない。これは民間病院だからほっといていいというわけではないと思います。


 行政として、どのような努力がされたのか、このことは当然地域住民の福祉の向上のめに努力されなけばならないこと。これを何か他人ごとのように、評論家的に言われているんではないか、このように思うわけでございまして、ぜひ病院長とともに、大学病院の方に行きまして医師不足を補う手だてをみずから汗をかいていただきたい、このように願うところでございます。このことについて決意のほどを聞かせていただければ、大変ありがたいというふうに思います。


 それでは、残りの質問について御答弁をお願いをいたします。


 障害者福祉施策の充実についてお尋ねをいたします。


 障害者自立支援法という法律が施行されました。2年前でございます。これまで無料だった障害者の人たちが通っていた共同作業所等に入所する、これは無料でございましたが、これにお金がかかるようになった。2万円かかるんですね。障害基礎年金というのは月6万6,000円ほどでございます。6万6,000円の障害基礎年金収入のうち2万円を持っていかれる。天下の悪法と言っていいんではないかというふうに思います。障害者自立どころか、もとの引きこもり、引きこもりじゃないですね。せっかく外に出して社会性を与える訓練をした、そういう作業所から、お金が払えないからということでまた家に戻しかねない、そのような逆行する政策が、今現在も続けられておるということになっております。さすがに批判が強くて、幾らかの修正が施されてきました。


 そしてまた、きのう、おとといの新聞によりますと、現在の自公政権のもとでも抜本的改革をやるというようなことも出ておりました。いずれにしても、それは余りにも負担が大き過ぎる。障害者にとって負担が大き過ぎる施策だということで、そうなっているというところでございます。


 そこで、府中市としての独自の施策で、こういった障害者の方たちに支援をしていただきたいというのが質問の趣旨でございます。一つには、タクシー券の助成制度、それからグループホームとか呼ばれます、いわゆる障害児、親が元気な間は、まだそうはいっても親の力で面倒を見ることができます。しかしながら、親も老いてくる、障害者自身も年をとってくる。こういったときに、親亡き後のことを非常に皆さん心配をされておる。一体この子を残してどうなるんだろうかということでございます。そういったときに、やはり行政の支援が欠かせないのでないかというふうに思っております。これは老老介護でも言えることです。80歳の夫を75歳の妻が見る。こういうことが障害者の世界でも、75歳の親が50歳の障害児を見る。こういう世界に入りつつあるし、現に入っておるということでございまして、こういったことについても支援の策を施していただきたいというふうに思っております。何かアイデアがあればお聞かせ願いたいというふうに思います。


 それから、最後の自立支援協議会というものがございます。これも来年4月からですか、こういった組織が立ち上がるということでございますので、これも地域のそういった当事者が入られて、真に役に立つ組織、役に立つというのは、要するに現場の考えが反映できる、現場をよく知った上での組織になるように、そういった組織にぜひしていただきたい、このように思う次第でございます。


 それから、5番目として、農業政策についてということでございます。


 産地づくり交付金というふうにあります。上下のまちおこしで、商店街でいろいろと、今、歳時記ということで、季節季節、節句節句にイベントを行っているんですが、ことしの3月、ひな祭りに上下の牧場で育った牛と上下の農地でとったそば粉ということで、上下の製麺所で、上下牛そばというものを販売しましたところ、非常に評判がよかったと。期間中に1,000個販売をしまして、その後もコンスタントに売れておるということでございます。これ小さな出来事ではございますが、地産地消にもなります。休耕田等にソバを植えて、そういった地産地消のサイクルをつくっていきたいというようなこともありまして、現在の府中市のこういった交付金、ソバに適用があるのかどうか、また現在の制度がどうなっておるのかというようなことをお聞かせ願いたいなというふうに思います。


 そして、一番最後になりましたが、市長の政治姿勢ということでございます。


 敬老会へ出席の服装というのは何のことかといいますと、上下地区の敬老会の折に、市長が祝辞を述べに来ていただくわけですが、その際にジーパンをおはきになって来られたということで、私もこういった質問は余りしたくないんですが、参加者の方から、どうしてそのような服装でおいでになるのか、ぜひ聞いていただきたい。できれば、改めていただきたい。このように聞かれておりますので、この際、どのようなお気持ちでそういう格好で来られておるのか、聞かせていただければというふうに思います。


 最後に、地労委協定についてでございます。この任期付職員の条例案ということで出でおる今回の問題でございます。先ほど午前中の議論を聞いておりますと、私は本当に物は言いようだというふうに、ほとほと感心をいたしました。そもそもこの発端は、市長みずからが、労働委員会の場で市長公印を押して協定書を調印をされたということでございます。調印された内容を9月の議会で議決をしなければならなかった、このことの責任は市長にあるはずです。それを否決をされたために、今回またこういうふうに出ておるということでございます。市長のことですから、議会が否決したんだというふうにおっしゃるでしょうけども、それならそれで議会に否決されるような、そういう内容の案をどうして労働委員会の場で調定をされたのか。それほど市長公印というのは軽いのか、このように思うわけでございます。いずれにしても、市長の責任は大きいと思いますが、きょうの議論を聞いても、私に責任はないというような言い方に終始をしておられたように思います。このことについて、市長の御所見をお聞かせ願いたいというふうに思います。


 以上です。


      (2番議員 水田 豊君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  伊藤市長、答弁。


      (市長 伊藤吉和君 登壇)


○市長(伊藤吉和君)  医師確保について、市長みずから医師確保に汗をかけというようなお話でございました。言わけを申すわけじゃございませんが、現在の医師不足の状況といったものを余り御理解いただいてないのかなというふうに思っております。市長が行ってどうこうしたからといって、どうにかなるような状況ではないということが一点と、国会議員やそういう者を使って医師確保をしようとして、いろいろ動いておられるところもございますが、はっきり言って逆効果になっているようなところもございます。私としては、それは私が行って少しでも効果があるようなときは、飛んで参りたいというふうに思いますが、現在の状況は、全く論外というか、現に府中病院のときにも、私、参りましたけども、医局の教授自体がもう疲れ果てていて、だれが何を言ってもらっても、いないものはいない、どうしようもないんですということで、要するに大学病院や、医局が責任のあるところの医師さえ確保はままならないというような厳しい状況で、そういった意味では、小一時間お話をさせていただいたんですけども、何を言われても、それはもうどうしようもありませんということで帰ってきた経験がございます。


 ですから、今の段階は、いわゆる院長、医局とパイプのある院長が昨年までは、そうはいっても医師の確保はできていたわけでございます。それにとやかく言うようなこともいたしておりませんし、医師の確保については院長が果たしていただいていたわけでございまして、それさえ無理になったというような、今、状況下にあるわけでございまして、行きたくなくて行かないのではなくて、行けるような状況ではないということをよく御理解いただきたいと思います。


 それから、敬老会の服装が云々ということでございまして、服装とかいうこととかいうのは、人間なかなか改まるものではないわけでございますので、大変失礼に当たるのであれば、そういうお声も聞きながら、どのような対応をさせていただくか考えていきたいと思います。別に大意はあるわけでございませんで、府中の敬老会は、大体敬老の日の前後に集中しておりますので、まとまって歩くんですが、上下の方は、2カ月ぐらいにわたって、土曜日に一つ、次の日曜日に一つというようになりますので、私のプライベートな予定のついでか何かと重なったのかもしれません。そういった対応になったのかもしれませんので、よく覚えていませんが、申しわけございませんが、そのときのことを聞かれても、ちょっと申しわけありませんが、今どういうのだったかはお話はちょっとできません。申しわけございません。


 それから、協定書に判をついていて、9月議会で通らなかったのが市長の責任であるというような、それがすべての根源であるというようなお話でございましたが、協定書に、予算については9月議会で上程し、成立を図るというふうに1項目で書いてございますが、2項目、いわゆる任期付の条例については、9月という限定をいたしておりません。というのは、私自身も協定をいたした段階で、9月、1回では難しいかもしれないという気持ちはございました。場合によっては、今回12月ですけども、12月、それ以上というのはしたくないんですけども、そういうことも想定をいたしておりましたので、時期については、任期付条例については明記をいたしておりません。したがって、9月で通らなかったのが約束違反だというのは当たらないはずでございます。


 それから、現在のいわゆるその後の経緯は、逆に言いますと、我々としては協定を履行するつもりで、かつ9月に通らなかったというのは、議会の御判断、その時点での御判断であったわけでございますから、それはそれで受け入れざるを得ないはずですし、また、議会が再検討のために、多数派の皆さんが示された条件といったものも、いわば私としては合理的な要求であろうと受けとめました。協定に書いてある文書化というものは、いわば協定の一部でございますので、それの内容を確認させろということ、それから、それができれば取り下げという書き方になったわけでございますから、取り下げて、争いが終結した後に審議を再度するのが適当という御趣旨であったわけでございますので、協定をそのまま素直に読めば、議会側のつけた条件というのも、余りそれに逆らうという筋のものではないなというふうに思ったわけでございます。


 しかしながら、先方さんはそのようには受け取らなかったようでございまして、否決されたことを市の違背であると、協定に抵触するというような主張をされて、それが一つの合意に至らない要因にもなっているようでございます。我々としては、決して協定違反ではないと。9月で通すというようなことはどこにも書いていない、書いた覚えがないというふうに解釈をいたしておりますし、双方協定を履行して、最終的に解決するというのが協定の趣旨でございますので、私どもとしては、先方の解釈に我々と違いがあったとしても、我々としてはやるべきことをやっていきたいというふうに思っております。


 以上でございます。


      (市長 伊藤吉和君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  寺岡市民生活部長、答弁。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 登壇)


○市民生活部長(寺岡泰弘君)  障害者の市民の方への福祉サービス事業について、御意見ございましたけども、利用者負担というのは、制度によりましたら、低所得の方には軽減措置といったものも設けられております。そういったことで現行制度の中でお願いをいたしたいというふうに思っております。


 それから、自立支援協議会のことでございますが、来年というふうにおっしゃっいましたけども、ことしの4月に立ち上げております。協議会の下部組織としましては、地域生活支援ネットワークと就労支援ネットワークといったものを設置をいたしております。


 以上です。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  田原建設部長、答弁。


      (建設部長 田原春二君 登壇)


○建設部長(田原春二君)  私の方から、産地づくり交付金について御答弁申し上げます。


 産地づくり交付金は、生産調整推進助成として、交付対象作物の作付面積に応じて交付しております。交付条件として、生産調整の実施者であり、かつ集荷円滑化対策の加入者が対象となっております。指定作物は、ソバ、大豆、野菜類、飼料作物などが対象となっております。平成19年度実績を申しますと、対象面積54.5ヘクタール、交付金総額は約490万円となっております。今後、さらに産地づくり交付金を十分に活用していただき、地産地消の取り組みが一層拡大することを期待しているところでございますので、御理解をお願いいたします。


      (建設部長 田原春二君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  水田 豊君。


      (2番議員 水田 豊君 登壇)


○2番議員(水田  豊君) 御答弁ありがとうございました。


 医師対策について、私が行って効果があれば飛んで行くというありがたいお言葉をいただきましたので、ぜひそのような機会をつくっていきたいなというふうに思っております。


 それから、地産地消で、ソバも品目に入っておるということでございます。また、具体的な相談をさせていただきたいなというふうに思っております。


 それから、しつこく言うつもりはございません。先ほどの敬老会、お忘れになったということですので、私が言っているのは10月12日、吉野公民館でのことでございます。一言つけ加えておきます。


 プラスチックごみの収集回数、これは1,000万円かかると言われたんですかね。1回ということは、月1回ふやせば1億2,000万円かかるということですか。


      (「年間です」と呼ぶ者あり)


○2番議員(水田  豊君) 年間1,000万円ね。それなら、ぜひごみ協力金は、たしか1,200万円ぐらい入っているはずでございます、半額で。ぜひそれに充てていただくことはできないかというふうに思っております。


 それから、ごみの値上げ、ちょっと答弁いただきまして、それはそれで答弁ですから納得しましたが、しかし、原材料費が下ったころになって40円値上げの袋が出てくるということになりますよ。これはちょっとまた市民感情を逆なでするんじゃないですかね。いっそのこと廃止しましょうよ。できませんか。


 最後、質問して、終わりにいたします。


      (2番議員 水田 豊君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  寺岡市民生活部長、答弁。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 登壇)


○市民生活部長(寺岡泰弘君)  どのようにお答えしたらいいのかよくわかりませんけども、廃止する予定はございません。


      (市民生活部長 寺岡泰弘君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  これをもって、社会クラブの水田 豊君の質問を終結いたします。


 続いて、社会クラブの小森龍太郎君の登壇を求めます。


 小森龍太郎君。


      (18番議員 小森龍太郎君 登壇)


○18番議員(小森龍太郎君)  続きまして、社会クラブを代表して、一般質問をさせていただきたいというふうに思います。


 かなり私が通告いたしました質問も重複をいたしておりまして、同じことの繰り返しということになる部分もあるとは思います。しかしながら、大変重要な問題であるというふうに私は考えておりますので、重複という意味ではなくて、私の思いも述べながら、市長の考え方を追求していきたいというふうに思っております。


 まず、通告いたしております、ごみの問題でありますけれども、これはまさに先ほど来からさまざま議論がなされてきたところではありますが、振り返ってみるまでもないというふうに思いますけれども、そもそも一般家庭ごみの有料化ということにつきましては、導入前から、まさに絶対多数の市民の皆さんの反対の声というものがあったところであります。何度も私はこの場で申し上げさせていただいておりますけれども、この有料化を導入するに当たって、私たちは、市民の皆さんに対してアンケート用紙をお配りし、市民の皆さんのお考えをお聞きしたところであります。その市民の皆さんの思いを集約させていただきますと、実に92%の皆さんが反対の思いを持っておられたという結果が出てまいりました。市長に言わせれば、そのような数字はいいかげんなものだろうというふうにしか思えないのかもしれませんが、これが文字どおり市民の皆さんの声であるということを私は改めてこの場でお話をさせていただきたいというふうに思うんであります。


 実際に、そういう絶対多数の市民の皆さんの反対があったにもかかわらず、有料化は導入をされました。その後、指定ごみ袋を扱う業者の入札の問題や、あるいは搬送業者の問題など、繰り返しませんけれども、さまざまな矛盾が浮かび上がってきたところも皆様御承知のとおりであります。そういった中にあって、有料化反対の市民の皆さんの声はますます増大するばかりであります。


 しかし、そういう中にありましても、市民の皆さんはこのごみ有料化が、市長の話によれば減量化のための有料化だということでありましたので、その減量化に向けて多大な協力をされたことも事実であります。当初、行政が示した減量の目標数値は5%ということでありました。今日、その目標の数値を大きく上回って、21%から、あるいはまた単純に前年の同じ月と比べた場合、26.数%といったような減量に成功した数値が出ているのも事実でございます。このように市民の皆さんは、減量に向けて多大な御協力をされたところであります。


 そういうことであれば、市長が減量化のための有料なんだということを言ったのであれば、この市長の考えていたことというのは、もう既にクリアをされたのではないか。ごみの減量には、もう成功したと言っても過言ではないのではないかというふうに思うのであります。しかしながら、今年10月1日から袋代の値上げということが伊藤市長によって一方的に強行されたのであります。


 この袋代の値上げの根拠というものを市長はどのようにおっしゃったか。これは原油が高騰して、原材料費がかさんで、今やその業者は存亡の危機に瀕している。こういったようなことをおっしゃられたのであります。つまり、原油が高騰したことによって、その業者か圧迫されていることを袋代の値上げということによって、市民に転嫁をすることによって、その業者を助けようとした。こういうふうに言っても私は過言ではないというふうに思うのであります。


 今や、この原油の高騰も値下がりを続けておる状況でありますが、市長の方からは、昨日からの答弁にもありますように、袋代の値下げをするというような考えが毛頭ないような感じであります。その理由として、どのようなことをおっしゃられたか。ガソリンの。


      (発言する者あり)


○18番議員(小森龍太郎君)  ここで出てきて答弁してくださいね、あと、丁寧に。そこでしゃべりょうるんと同じこと。ガソリンのように価格に、これはすぐ反映されないんだというようなことを一つおっしゃられました。原材料のナフサは、まだまだ値下がりをしていないなどというような答弁をされたところであります。1年から2年のスパンで価格の変動を考慮していくというようなことも表明をされました。しかし、値上げをするときには、半年やそこらで方向性を打ち出して、市長の独断で値上げを強行いたしました。しかし、今度値下げをするときには、1年も2年もかけて、それを考えていくというのであれば、市長は一体どの立場に立って物を考えているのかということ私は問うてみたいのであります。


 値下がりは実際に進んでいっているわけでありますから、市民の皆さんの思いとしても、袋代の値下げということをまず期待をされるというふうに思います。しかしながら、まだまだこの業者の側に立っているような市長の立場でありますから、そのことをなかなか提案されない、こういった状況になっているというふうに思うのであります。しかし、市民の立場に立てば、この時期、原油の値下がりが続いているわけでありますから、袋代の値下げはもちろんこと、早急にもとの無料化に戻すべきであるというふうに私は考えるのであります。あれこれ理屈をつけて値下げをしないのは、やはり業者の立場に立っているからではないのでしょうか。


 企業努力にゆだねるというようなことを昨日も桑田議員の方からお話がありました。企業としても努力をすることが大切である。また、そして企業の中にはそういったシステムもあるはずだ。桑田議員の方から詳しく説明があったところであります。


 しかしながら、市長の方は、相変わらず市民の立場に立つことなく、業者の立場に立って業者を守ろうとしているというふうに私は思うのであります。もし、市民の立場に立って、市長の独断で進めた値下げを市長の判断で値下げをするという、市民の立場に立つのなら、こういうことができるのではないかというふうに思うのであります。このような考え、先ほど答弁の中でないというふうにおっしゃっいましたが、これが市民の皆さんの思いであるということを私は申し添えておきたいというふうに思うものであります。


 また、今回の12月議会におきましては、再び議員発議によって、ごみを無料化する条例改正案を提出する予定でおります。この12月議会の一般質問におきましても、各会派を代表されて質問された方、すべての会派の中から出できた問題として、ごみの有料化の問題があったと思います。ごみの無料化に戻すということについて、あるいはごみの有料化に賛成をしたと思われるような会派の方からも懸念が表明をされていたというふうにも、私は受け取りました。


 それは、すなわち各議員の皆さんのところへ、市民の皆さんの声として、ごみを無料化に戻してほしいという声が届いているからではないでしょうか。この後審議をされるというふうに私は思っておりますが、ごみ無料化の提案につきましては、市民の皆さんの声が反映されるような内容と採決の結果が出るようにしていきたいものというふうに考えております。このごみ問題につきましては、さきに申し上げました条例改正案の件についても申し添えておきたいというふうに思うのであります。真剣に考えていこうではありませんか。


 続きまして、教育の問題についてお伺いをいたしたいというふうに思います。


 午前中の丸山議員の質問の中にありましたけれども、府中学園に誤解があるのではないかというようなことでの御質問だったというふうに思います。それに対しまして、教育部長の方から答弁がありましたが、私は、いわゆる誤解というものを払拭するような答弁ではなかったのではないかというふうに思うのであります。それは、なぜかというと、事実を隠そうとしているのかどうか、それはわかりませんけれども、丸山議員に対する質問の答弁は、そういった中身ではなかったでしょうか。


 プールの水漏れということについては否定をされたとしても、床については、何といいますか、中途半端な答弁であったというふうにも思うのであります。事実、床がはがれ、工事をやり直して、床を直していったということもはっきりしているわけでありますから、そういったあたりも教育委員会として、ごまかすというようなやり方は私は許されないというふうに思います。


 さらに答弁がなかった点については、夏、あの授業をしている教室が、とんでもないぐらい気温が上昇して、暑くて暑くてかなわない状況になっているという事実。また、オープンスぺースや教科教室型の問題点についても触れられないままでありました。というよりは、触れることができなかったという方が正解なのかもわかりません。この教室の夏の暑さというのは、これはなかなかもう言葉でも表現できないぐらいの状況であろうというふうに思うのであります。この夏は扇風機で対応していきましたが、1台回したのでは到底間に合わない。2台回しても、教室の扇風機から離れた位置にいる児童のところには風が十分に回ってこないというようなことで、大変子供たちの中にも不信感や不公平感というものを抱いている児童がいるというようなこともあるというふうに思うのであります。こうした形での対応が不十分でありますから、どうしても保健室に児童・生徒がやってくる。こういった状況が多く見られたということも、実は教育委員会も承知をしているはずであります。なぜこのようなことを誤解という形でのそういう問題に矮小化してしまっているのでしょうか。事実として、なぜお話ができないのか、私はそのように思うのであります。


 さらには、小学校の高学年の教室はオープンスペースということになっております。このオープンスペースの教室の授業で、落ちつきがないという状況になっているクラスもあるということも、これは事実であります。学校におかれては、そういった落ちつきのない授業になっているそのクラスには、管理職も含めて数人の教員で対応しているということも、この学校に対して感心を持っている人たちの間の中では、多くの人が知っている問題であるというふうにも思うのであります。


 また、最近は教科教室型での授業においても、なかなか落ちつきが見られなくなってきたというようなお話もあることを教育委員会の方は承知をしているのではないかというふうに思うのでありますが、まず、そこらあたりをお聞きをしておきたいというふうに思うのであります。


 一貫教育の研究大会が先般行われて、この一般質問の中でも出てきましたけれども、成功したというような形で評価をするような質問の内容であったり、また、そういった答弁であったりというふうに思ったところでありますが、私は、どのように考えても、今回の小中一貫教育の研究大会が成功したというような評価をするのは、とてもとても無理だろうというふうに思っております。この研究大会の日に、子供たちが発表会というような形で、太鼓の演奏や歌の披露がありました。こうした発表はすばらしいものであったというふうに思います。そういった評価をされることにつきましては、私も同じ思いをいたします。


 しかし、これは何も一貫教育でやっていたから、あの太鼓がすばらしかったとか、一貫教育を行っているから、子供たちの歌声がすばらしかった。あるいはまた、一体校の学校でやったからすばらしい太鼓だったということは、私は言えないのではないかというふうに思うのであります。何も一貫教育や一体校というような形の中で発表をしなくとも、できることだというふうに思うんであります。


 だれも望んでいないのに、伊藤市長は、四つの小学校を廃校にして、この一体校を建設しました。その中で、みんな悔しい思いをしながら、廃校に追い込まれていったあの岩谷小学校において、そのような発表の場があったとき、私も何度か行って見学をさせていただいたことがあります。あのような子供たちの生き生きとした、このたびの一貫教育の研究大会の中で、子供たちがすばらしい発表をしたのと同じような姿は、廃校された岩谷小学校においても、私は何度も何度もその姿を見ることができました。何でもかんでも一貫教育の成果だというふうに結びつけるのはいかがなものでしょうか。


 さらに、私は指摘をしておきたいというふうに思うのでありますが、とりわけ問題だというふうに感じたのは、最後に行われたシンポジウムでありました。パネラー数人とコーディネーターという形で、広大の先生がおいでておられたというふうに思います。このシンポジウムの中で、さまざまな報告なり意見がパネラーの方から出されました。一通りお話が終わった後、今度は参加者の方から質疑という形での時間がとられました。市内外、あるいは県外からの参加者も多くあったということはわかったんですけれども、その中で県外からの参加者の質問に、私は大変興味深いものを覚えたのであります。その方が質問されたのは、一体校における生徒への生活指導のあり方、こういったことで質問をされた場面がありました。今、一体校で一貫教育を進められておる府中学園におかれては、どのような形での指導がなされているのか、その実践をお聞かせいただきたいというようなことだったというふうに思います。


 しかしながら、こうした質問に対しまして、学校の方は、言葉が過ぎるかもわかりませんが、十分な答弁ができてはおりませんでした。言葉が過ぎると言ったのは、はっきり申し上げまして、答弁をするためにマイクを握ったその先生が、言葉に窮するような状況であったというふうに思うのであります。つまり、そういった一体校、実際に一体校で学校を運営しているわけでありますから、その中における生活指導など、生徒への生活指導などのあり方というものを問われたときに、答弁さえまともにできない。こういったことがあったことを私は印象深く見ていたところであります。


 そんな中で、また一貫教育の中でのデメリット部分ということで、何とか広大の先生が指摘をされた部分も、私は印象深く覚えております。つまり一貫教育の中で、メリットとすれば、中学生、とりわけ3年生がリーダーシップを発揮する。リーダーとしての自覚を持つ。これはよく教育長もおっしゃられておるところでありますけれども、そういったことがあって、そういう中学校の3年生が、とりわけ自覚を持って、学校の中で活動する、こういったことがメリットとしてあるというようなことはよく言われておりますけれども、しかしながら、それで9年間を通して見ていっているわけでありますから、小学校の、とりわけ6年生、この学年の子供たちのリーダーとしての自覚というものが希薄となって、つい中学生に任せてしまうというような事態も生じてくる。さらにはリーダーシップを発揮する場面もなくなってしまうというような問題があるわけでありますけれども、このことが、さきに申しましたように、広大先生の方から、申しわけ程度に、こういうことがデメリットにならなければいいのだがという心配をされるような説明があっただけで、実際に現場の方から、こういった指摘は一切と言ってもいいぐらい、出てまいりませんでした。


 このような形でのシンポジウムの中身でありますから、私は何ゆえ大成功だということが言えるのかというふうに思ったのであります。私は、そのほかにも参加された方と何人かお話をいたしました。3人ぐらいの方と感想を言い合ったんでありますが、ある方はパフォーマンスだというふうにおっしゃられました。ある方は全く教育論などないなということをおっしゃられました。パフォーマンスと同じような意味でおっしゃられた方ももう1人いらっしゃいました。このようなことをずっと繰り返してやっているのが、今の府中の一貫教育の中身ということになると思うんであります。


 そういうことで見れば、私は全くもって、今回のシンポジウムもそうでありましたが、全体的に教育論というものは語られることがなかった。そのような状況が今の府中市の小中一貫教育の中身であるわけであります。私は、もうこの小中一貫教育は限界に来ていると、そのように感じておるところであります。


 そこでお聞きをいたしますが、この間、そういう一貫教育を進めてこられる中で、引き続いて学校の先生たちは激務に追われております。私は、この場で何度もお話をさせていただきました。そういう中にあって、教育長の方からは、改善に向けて努力をするというようなこともお話をいただきました。さきの9月議会においても同じような答弁をいただいたところでありますが、いまだこの実態が改善の方向には向かっていっておりません。教育長、この間、あなたはどのような努力をされて、どのような方向性が見えてきたのでしょうか、お聞かせをいただきたいというふうに思います。


 2学期になってから、大変私は怒りにも似た思いを持ったところでありますけれども、この小・中一体校の小学校で、年度途中で担任が交代するという事態が起こったところであります。通常、先生が病気になって休まれるとか、いわゆる病休、あるいはまた産休、育休、こういったところで担任が中途で交代をするということはあろうかというふうに思います。しかしながら、今回は全くそういうことではなくて、途中で担任が交代をした。お聞きすれば、その先生は研修に出ていかれた。こういったことであります。私はその研修の中身も幾らか知っておりますが、全くと言ってもいいほど意義を感じることのできないような研修であろうかというふうに思うのであります。


 このような事態を招いたことによって、子供たちのところに少なからず動揺があったことは事実であるというふうに思うのであります。なぜ、このような混乱の火種を市教委の方からつくっていくんでしょうか。私は、そこをどうしても納得もできないし、看過することもできないのであります。市教委の考えをお尋ねしたいというふうに思います。


 続いて、改めてということになるかもわかりませんが、今日段階でのことをお聞きしたいというふうに思います。以前もお聞きしたことがあるかもわかりませんし、本会議ではなくても、違う形で数字を見せていただいたこともあったかと思いますが、今日ではそれがどうなっているのかということでお聞かせをいただきたいというふうに思いますが、ずっと引き続いて教育現場では、病気で休まれている先生が多いということをお聞きをいたします。これは府中市に限らず、広島県全体でかなりの多くの先生が病気で休まれて、あるいはまたそのまま復帰をされることなく教職を去っていかれる、あるいはまた病気で休む前に、もう教職を去っていく、こういった先生たちが多いということは、今さら言われだしたことではなくて、大きな問題点として指摘をされているというふうに思います。


 今日段階で、病気で休暇をとられている先生が、どういった数字になっているのかということをお聞かせをいただき、また、そのうち精神疾患で休まれている先生の数というものはどのようになっているのか、まず1回目でお聞きをしておきたいと思います。


      (18番議員 小森龍太郎君 降壇)


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  10分間休憩いたします。


午後 3時15分


○議長(瀬川恭志君)  再開します。


午後 3時26分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  休憩前に引き続き一般質問を行います。


 小森龍太郎君の質問に対する答弁を求めます。


 目?教育長、答弁。


      (教育長 目?仁志君 登壇)


○教育長(目?仁志君)  教育問題について御質問をいただきました。とりわけ先月の小中一貫教育の研究大会等々につきまして、貴重な御意見をいただきまして、ありがとうございます。


 答弁さえまともにできないという趣旨の御発言がございまして、これから答弁させていただく私としては非常にちょっと心震える思いで聞かせていただいておるところでございます。


 まず、御質問いただきました中の、ひょっとしたら順序がずれてくるかもしれませんがお許しください。勤務にかかわりましての教育委員会としての改善努力と指導ということで御質問をいただきました。学校におきましては、日々の教育活動の実を上げるために、組織的な取り組み、また職員個々による自主的、創造的な取り組みというのをしていただいているのは、議員、御承知のとおりでございます。


 一方、例えば、授業のための教材研究や準備、中学校でいえば、定期的な、例えば、中学校で申し上げれば、定期テストの採点業務、生徒指導あるいは年間の行事準備、さらに加えてはPTAの会合等々、さまざまな事情もございまして、御心配いただいておりますように、勤務時間終了後の早い時刻に、なかなか退校できない状況にあるというのも事実でございます。


 しかしながら、職員の健康保持や、また家庭人としての役割を果たすということも重要なことでございますので、管理職による適切な管理はもとより、また個々人による自己管理も重要であるというふうに考えているところでございます。


 そこで、今申し上げましたような観点から、教育委員会としては、繰り返すようになりますが、一つには、特定の職員への業務の隔たりをなくすこと。二つには、効率的な業務運営を行うこと。三つには、勤務終了後の早い時刻に退校するなどの指導を継続してきているところでございます。その結果、著しくとまでは申し上げにくいわけですが、従前よりも改善の方向に進んできているというふうに受けとめているところでございます。さりとて、まだまだそれで十分であるというふうには考えてございませんので、今後とも引き続き適正な勤務時間管理がなされるよう、管理職とともに知恵を絞り、また、指導してまいりたいというふうに思っておるところでございます。


 それから、2点目に、年度途中で担任が交代をしたということでございます。学級担任が交代したということですので、恐らく民間企業研修に担任が参加をしているということであろうという前提でお答えをさせていただきたいと思ってございます。


 まず、教育公務員の資質の向上につきましては、従前から求められていることでございまして、2年前の改正されました教育基本法におきましても、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならないというふうに定められているところでございます。


 地方公務員、とりわけ教育公務員につきましては、法によりまして、その職責を遂行するために絶えず研修と修養に努めなければならないというふうなことが規定をされておりまして、任命権者県教育委員会におきましては、教育公務員の研修について計画を作成し、実施に努めるなど、研修奨励の方途を講じなければならないとされているところでございます。また、それに対して、市教育委員会としても協力をするというふうになっているところでございます。


 研修の中で、とりわけ学校の先生方、教育公務員につきましては特例がございまして、授業に支障のない限り、校長の承認を受けて、勤務場所を離れて行うことができる。任命権者の定めるところにより、職を保有したままで長期研修を受けることができるということも認められているところでございます。


 このたび担任が参加をしております民間企業等派遣研修でございますけども、今申し上げましたような規定に基づきまして、企業における接遇のあり方、また、組織の一員としてのあり方などを体験することで、視野の拡大はもとより、組織人としての自覚や責任感の醸成を図ることを目的として行われております。本市におきましても、現在、御指摘のとおり、教員1名が、10月から半年間、研修に派遣をされているところでございます。


 確かに、研修期間中は一定期間職場を離れますことから、子供たちを含め、職場には迷惑をかけることになるというふうに受けとめてございますけれども、日常の教育活動に支障を来すことがないよう、研修代替の措置が講じられているところでございます。


 本研修につきましては、先ほど御紹介しましたような目的を持って実施をされているものでございまして、言うまでもなく、教員としての資質の向上を図るものでありますことから、関係職員が研修の実を上げ、教員としての、また組織人としての自覚や責任感をしっかりと身につけて職場に戻り、研修の成果を校内に還元してくれることを強く期待するものであります。


 広島県におきましても、新たな総合計画の中で、人づくりというのを第一の柱に掲げていることは御承知のとおりでございます。人材育成につきましては、教育委員会としても、今後、機会があれば、研修機会を活用いただけるように働きかけていきたいと考えておるところでございます。


 それから、3点目といたしまして、現在の病休者数についてのお尋ねがございました。3名の方がお休みでございます。うち精神疾病でお休みの方は2名でございます。


 以上です。


      (教育長 目?仁志君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  小森龍太郎君。


      (18番議員 小森龍太郎君 登壇)


○18番議員(小森龍太郎君)  それでは、2回目の質問をさせていただきたいというふうに思います。


 研修のことについて、教育長の方から一定程度の答弁をいただいたところではございますが、今、教育長がおっしゃられたような字面をとってみれば、必要なもののように見えるかもわかりませんが、私は、まず何といっても、先生は現場で、研修などと比べれば、もう比較にならないほどの力をおつけになって、教員として活躍をされるものというふうに思っておるところでありますが、今、さまざまなくくりの中で、研修に出ていく機会が、とんでもないぐらいふえていっているというふうに思うんでありますが、本来は、私は、現場で取り組みをされることが一番の研修ではないのかなというふうに思いますが。実際に教育長も現場におられたときは、そのような思いで取り組みをされていたのではないかというふうに思うんでありますけれども、そのあたり、幾らかお考えがあれば、お聞かせをいただきたいというふうに思います。


 なぜそのようなことを申し上げるかといいますと、今回、民間企業の方へ研修に出て行かれているということでありました。今、そういう形で、しかも年度の途中で、子供たちを置いたまま民間企業へ研修に行くことが必要なのでしょうか。その先生にとってもプラスになるのでしょうか。残された子供たちのデメリットの部分はどのようにして学校や教育委員会が補償していくのでしょうか。私は、そこに大きな疑問を抱きます。


 また、さきにおっしゃられたこの研修、今回の民間の企業への研修、人材育成とかいろんなことをおっしゃられましたけれども、そもそもこういった今回のこの研修、民間企業へ出ていくような研修の中身というのは、管理職がメーンとなってやっていくような中身じゃないんですか。私はそのように理解をいたしておりますけれども、お考えがあれば、お聞かせをいただきたいというふうに思います。


 そして、現場の教職員の皆さんの勤務実態の部分でも、いろいろと答弁の中で、措置を講じておられるというようなことでありましたが、実際問題、ほとんど改善されたようなところはないというふうに思うんであります。唯一言えることといえば、多少帰宅時間が早くなった部分が、多少、いやいや少々あるぐらいではないのかなというふうに思います。しかも、これは帰宅時間が早くなったとはいえ、家に帰って、極端なことを申し上げますと、とにかくこの時間になったら帰ってくれというふうな形で学校からもう出ていってもらう。しかしながら、それでは仕事が済んでいないから、家に帰って、またパソコンに向き合って仕事を続けている。つまり帰宅時間がただ単に早くなっているというだけで、仕事の量は全く変わっていない。むしろどんどんどんどん仕事の量が減ることもなく、家に帰ってまでせねばならないという精神的なつらい思い、こういったことをさせられているので、私はさらにさらに状況は悪い方向に行っているのではないかということを心配をいたします。このあたり、いかがでしょうか。


 できれば答弁を期待していたんでありますけれども、私が質問のような形で言わなかったから答弁をされなかったのか、その辺はわかりませんが、私は聞いてみたいという思いで1回目の質問をさせていただいたんですけれども。教育長、シンポジウム、このたびの小中一貫教育研究大会におけるシンポジウム、この中身について、私、さきに申し上げましたが、教育長はどのような考えを持っておられるのか。あの場に教育長ももちろんいらっしゃいましたから、教育長の思いなどをお聞かせいただきたいというふうに思います。


 それから、もっと言えば、子供たちのすばらしい発表は一貫教育をやっているからできたのかどうなのか。一貫教育じゃなくても、一体校じゃなくても、ああいう生徒のすばらしい姿は、児童のすばらしい姿は見ることができるんじゃないかと思いますが、教育長のお考えあれば、お聞かせをいただきたいというふうに思うんであります。


 それから、オープンスペースという壁といいますか、廊下との仕切りのないあの教室において授業をしていると、なかなか落ちつかない授業になっているクラスもあるという部分についても私は指摘をいたしましたが、このあたりのこと、隠そうとするのか、それとも実態をお話になるのか、誤解をしている人がいるというような指摘をする議員もいらっしゃったわけでありますから、それが、私が誤解をしているのかどうなのか、お教えをいただきたいというふうに思うのであります。


 もともとこのような小中一貫教育というのは、府中市のように学習指導要領の範囲内でやっていくという、そういう独自のスタイルでやっているわけでありますけれども、私は、当初から申し上げておりましたように、これは限界があるというふうに思うんであります。もともとというか、そもそも小学校、中学校というのは、連携をする形で、この間、長い歴史の中で教育が行われてきたわけでありますから、そういったあたりのことも踏まえての答弁を教育長の方にお願いしたいというふうに思います。


 それから、北市民病院の問題についても通告をいたしておるわけでありますが、さきの質問者に対する寺岡部長の答弁で、健全化させていって、どういう言葉だったか、ちょっとストレートに出てまいりませんけれども、何やら病院は地域医療を守っていくとかいうような言い方ではなかったかというふうに思うんでありますが、しかし、地域医療を守る言うて、ちょっと感情的になって、水田議員の方を向いておっしゃられましたけれども、地域医療を守るという意味が、水田議員の質問と部長の答弁された中身と、言葉では一緒ですけれども、私は内容に大きなギャップがあるというふうに思います。地域医療を守る、地域医療のあり方、具体的に答えてみてください。そこであなたが考えている地域医療のあり方の具体性と、水田議員が質問した地域医療を守るというものが本当にきちっとリンクするのかどうなのか、はっきりさせてみようじゃありませんか。


 1億円も2億円もお金がかかってしようがないというようなことで、お金のことを出されました。これ、できれば市長の方から答弁をいただきたかったんですが、市長もずっと以前から同じようなことをおっしゃられております。しかし、よくよく考えてみなくてはならないのは、私は、北市民病院にそういった基準以外の持ち出しというものがあるということが問題だというふうにおっしゃられますけれども、私は、そのことよりも、もっと大きな問題点が市長の中にあるのではないかというふうに思うんです。だれも望んでいない学校をつくってみたり、つくらんでもええ団地を一生懸命になってつくってみて、何十億も何十億もお金をかけて、そのことは棚に上げておいて、毎年1億円、病院がそれを食いつぶすんである。病院だけを悪者にして、自分がやってきたむだ遣いについては一切棚に上げたまま。このようなことで、本当に病院を守っていくということは、私はできないというふうに思うんであります。病院だけを悪者にするのはやめてください。もっと自分がやってきた自分のあしき財政運営について、しっかり反省をすることから始めるべきじゃないんですか。私はそのことを申し上げておきたいというふうに思うんであります。


 それから、桜が丘の団地についても少し質問させていただきたいと思いますが、先般、私たちは京都府綾部市を視察させていただきました。綾部市にも団地がありまして、そこは販売率が80%を超えている状況です。くしくもそこも綾部市の桜が丘団地なんです。綾部市の桜が丘団地はどんどんどんどん売れて、残りはあと18%。府中市にも桜が丘団地がありますが、今現在売れているのが18%ぐらい。綾部市の方でおっしゃられておりました。ここまで来て、残り18%を売るんが大変なんですよというふうにおっしゃっていました。私たちの方は、ここまで来る、ここの18%まで売るのがとんでもないしんどかったんですよという話でした。なぜ、綾部市の方では、そのようにどんどんどんどん売れていっているのか。私は府中の伊藤市長と綾部市の市長さんの考え方を比べてみたときに、ああ、これはもう市長の考え方でこんなに変わってくるんだなというふうに思いました。綾部市の方では、市長さんが一生懸命になって、販売に向けて先頭で指揮をとっておられるということでありますが、伊藤市長の方には全くその姿勢が見られない。こういったことで、府中の桜が丘は、綾部市の桜が丘と大きく差が開いているのではないかというふうに思いますが、そのあたり、伊藤市長、考えをお聞かせいただきたいというふうに思います。


      (18番議員 小森龍太郎君 降壇)


○議長(瀬川恭志君)  目?教育長、答弁。


      (教育長 目?仁志君 登壇)


○教育長(目?仁志君)  それでは、教育公務員の研修等々につきまして、再度御質問をいただきましたので、考えがあればということで、少しお時間をいただきたいと思っております。


 学校の先生が現場で力をつける、そして活躍をするものだということを冒頭におっしゃっていただきまして、全く同感でございます。まず、これを最初に申し上げたいと思っております。ただ、私も5年間、県立教育センターというところで仕事をさせていただき、毎年のように長期研修生のお世話をさせてもらいました。個々の長期研修生が同じようなことを言っておりました。まとまって勉強する時間をもらえて、とってもよかったということであります。ですから、先ほどの答弁の中でお答えをしましたように、研修の実を上げ、それを学校へ持ち帰り、ぜひ還元をしてほしいというふうにお答えをしたところでございます。


 ともすれば、学校にいて児童・生徒と日々授業する。これが一番でございますけれども、しかし、ともすれば、日々に埋没をしてしまうと。自分自身の実践を冷静に、あるいは大げさに言えば、さまざまな研究成果を踏まえて客観的に整理をしていく。そういうことが私自身なかなかできませんでした。そういう意味では、身分を保有したまま、しかも月々の給料をもらいながら、半年間、場合によっては1年、研修に行けるというのは、これは使わない手はないというふうに考えてございます。


 なお、年度途中で必要なのか、民間企業研修が必要なのかというふうな御質問もございましたけれども、私はチャンスがあればどんどん応募し、行ける機会があるんなら、それは活用してほしいと思っております。そのことで個々の教員の資質が向上し、また、府中市の教育が前進をするんであれば、それは必要なことであろうと思っております。


 管理職がメーンではないかという趣旨の御発言もいただきました。先ほどもお答えいたしましたけれども、例えば学級担任が長期研修に行く場合には、研修代替という措置が講じられます。


      (発言する者あり)


○教育長(目?仁志君)  そうですよ。ですから、学級担任が長期の研修、民間も含めて、研修へ行く場合には研修代替の措置が講じられます。しかし、仮に校長や教頭が半年間の民間企業研修に行く間、そういう代替措置というのはございません。また、人材育成ということについて申し上げれば、校長、教頭よりも、やはり次のミドルリーダーと言われる世代の人に力をつけていただくことが重要ではないかなというふうに思ってございます。


 それから、勤務について御質問いただきました。十分な改善はなされていないということは、私も認識をしてございます。また、仕事を自宅へ持って帰ってやらなければいけないつらさというのも、私なりに認識をしているところでございます。


 例えばですが、他の、いわゆる労働者と言われる方々と勤労者と学校の先生との、なかなか同じにならないところというのは、時代の変化に伴って、学校教育に求められる内容というのが減ることが、まずないということであります。これは数年前にも他の議員さんの御質問に答えたことがあるように思っておりますが。その学校教育に求められる内容に、教育公務員としてこたえていこうとするならば、なかなか時間から時間までですべてを整理することが難しいのが現状でございます。それがいいとは思っておりません。現状でございます。それがいいとは思ってございません。


 そうしますと、今、議員の御指摘のような状況をやはりつくり上げていこうというふうになれば、学校に配置される教員の数をふやすでありますとか、あるいは学校教育に求められる内容を大幅に変えていく。これは教科の問題ではなく、例えば、はしの持ち方をちゃんと指導してくれとか、きのうでしたか、おとといですか、携帯電話について云々かんぬんというのがありましたし、もっと前はテレビゲームについても学校で指導してくれというふうなことが、どんどんどんどん持ち込まれる。そういうふうな本当に学校の中で指導しなければならないことと、家庭の方でお願いできませんかということを整理していく必要があるんではないかというふうに、ここ一、二年特に強く思っております。中央の方でもそのような議論が一部に出てきているというのは聞いているところでございます。しかし、現状ではなかなか学校教育に対する願い、要望というのが多数ございますので、私どもも、ある意味苦慮しているところでございます。


 それから、一貫教育のシンポジウムについてということでございますが、私は、一貫教育の研究大会、今回も前回もその前も成功であったとか、失敗であったとか、そのような評価をしたことは一度もございません。ただ、たくさんの皆さんにおこしいただいたということは、それなりの関心があるというふうには受けとめてございます。それが成功であったとか、失敗であったとかというふうな評価は下すつもりはございません。


 確かに、シンポジウム、私も聞かせてもらいました。学校の先生がフロアからの問いに対して、非常に簡潔明瞭に答えているかどうかという部分について申し上げれば、まだまだむだが多いなというふうには聞かせてもらいました。ただ、これはやはりトレーニングというふうなものが必要ではないでしょうか。今ここでもって将来にわたっての判断のようなことは下すのは適当ではないというふうに思ってございます。


 それから、児童・生徒の発表、一貫だからできたのかどうなのかということでございますけども、太鼓については、御承知のように、平成15年でしたでしょうか、広島県のトライアル21という、3年間指導いただきまして、それにかかわって取り組み始めたのが最初でございます。そういう意味では、とりたてて一貫教育の中での太鼓の演奏であったとは私も思っておりません。


 ただ、ああいう中学生の姿を見て、小学生があこがれをを持つというのは、丸山議員さんの答弁だったかと思いますが、申し上げましたように、あこがれを持つというのは、一貫教育の中でねらっていることでございますので、演奏そのもの云々かんぬんではなくて、そういう中学生の姿を見る。これまではなかなかそういう場がなかった。それを一貫教育の中でそういう場を設定していこうというのは、これは従前とは違ったものではないかなと思っております。合唱につきましても、中学生の発声の仕方、あるいは中学校の先生から指導を受ける等々の場面があったとすれば、そういうことに学ぶ場面があったとすれば、それはやはり一貫教育に取り組んできたから生まれてきたことではないかなというふうに思っております。


 オープンスペースについてでございます。落ちつきのない学級が一つあるということでございましたけれども、確かにおっしゃるとおりでございます。小学校のオープンスペースが3年生以上でございますので12学級、そのうちの1学級が、確かに落ちつきのない学級というのがございますが、それは私はオープンスペースのせいであるならば、ほかの学級も当然同様な状況になるはずだと思っておりますけれども、多くの議員の皆さんにもごらんいただきましたが、ほかの学級がどうだったでしょうか。私が伺っておりますのは、廊下にたくさんの人がいても、子供が落ちつかなかった、ざわついていた、あるいはごそごそしてたというふうなことは余り気にならなかったよという声はお聞きしております。したがいまして、御指摘の学級につきましては、私どもも学校と連携をしながら、やはり学級経営が充実するように、今、連携を図っているところでございます。


 なお、個々の例えば建物について云々の御意見も冒頭いただきましたけれども、さきに教育部長が答弁をさせていただきました。例えば床につきましては、ふぐあいについては措置をさせていただいたというふうなことを冒頭に申し上げたと思いますので、また床板については、これまでの議会でも御質問いただき、答弁をさせていただいておりますので、別にこのことについて、私どもごまかすとか何とかというふうなことは、当然ございませんし、これまでもお答えをしてきたとおりでございます。


 ただ、プールから水が漏っているということにつきましては、私どもも学校に聞きました。私どもも学校へ行ってみたりもしましたけれども、そういう事実はないということで、どこからそういうふうな話が出たんだろうということは、非常に理解しがたいということでございます。


 ちなみに、開校式のときにも、中学生が途中エスケープをして、まちの方へ出たらしいねというふうな話もあったやに聞いておるんですが、そういう事実もなかったと。どこからそういうふうな話が出たのかなというのは、府中学園について申し上げれば、ちょっと我々も理解しがたいお話というのが耳に入ってくるというのは事実でございます。非常に残念だなというふうに思っております。


 最後に、何も一貫教育でなくても、やっぱり学校間の連携というのは当然なことではないかという御指摘がございました。私も全く同じ考えであります。いつでしたか、一般質問に対して答弁をさせていただく中で、学習指導要領の中にもそういうふうな趣旨のことが明記されていると。たしか小森議員の御質問に対してお答えをさせていただいたと思います。それが本当に行われているのであるならば、いわゆる中1ギャップとかというふうな問題も多少変わってきていたはずではないかなと思っております。そこのところがお互い不十分ではなかったかというふうな認識のもとに、小中一貫教育という一つの方法が考案されてきたというふうに理解をしてございます。そういう意味では、小学校と中学校が義務教育の充実を目指して連携を図っていくというのは、まさに議員御指摘の世界といいますか、議員御指摘の分野といいますか、そこへ近づいていくことになるんではないかなというふうに思っております。


 以上です。


○議長(瀬川恭志君)  予定の時間がなくなりましたので、これをもって、社会クラブの小森龍太郎君の質問を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(瀬川恭志君)  以上で、日程第1、一般質問を終結いたします。


 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 次回は、来る12月8日、午前10時から本会議を開きます。


 ただいま御出席の諸君には別に通知はいたしません。御了承の上、御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。


午後 3時57分