議事ロックス -地方議会議事録検索-


広島県 府中市

平成19年第4回定例会(第1号12月 3日)




平成19年第4回定例会(第1号12月 3日)





 
         平成19年第4回府中市議会定例会会議録


 平成19年12月3日午前10時府中市議会定例会を本市議事堂において開会した。


1 出席議員


    1番  水田 豊君            2番  桑田由治君


    3番  大本千香子君           4番  末宗龍司君


    5番  沖田浩子君            6番  加藤吉秀君


    7番  原田 學君            8番  戸成義則君


    9番  金子徳光君           10番  小川敏男君


   11番  橘?政信君           12番  湯藤弘美君


   13番  小野申人君           14番  丸山茂美君


   15番  片山剛三君           16番  桑田伸太郎君


   17番  松坂万三郎君          18番  小森龍太郎君


   19番  小田敏雄君           20番  能島和男君


   21番  瀬川恭志君           22番  棗田澄子君


   23番  山本廣文君           24番  平田八九郎君


1 欠席議員


  な し


1 説明のため出席した者


 市 長         伊藤吉和君      副市長         石岡勝朗君


 副市長         小原紘一郎君     教育長         目?仁志君


 総務部長        門田 隆君      市民生活部長      樫木弘起君


 建設部長        藤本知之君      教育部長        本多 進君


 人事秘書課長      佐竹達司君      総務課長        柿原延孝君


 企画財政課長      寺岡泰弘君      教委総務課長      山崎卓男君


1 事務局及び書記


 局  長        内海正訓君      議事係長        岡田武司君


 主任主事        谷本育子君


1 本日の会議に付した事件


第1        会期の決定について


第2        会議録署名議員の指名


第3        議席の一部変更について


第4 議案第76号 教育委員会の委員の任命について


第5 議案第75号 専決処分の承認を求めることについて


第6 議案第77号 福山・府中広域行政事務組合の解散について


第7 議案第78号 福山・府中広域行政事務組合の解散に伴う財産処分について


第8 議案第79号 福山・府中広域行政事務組合の解散に伴う事務承継等について


第9 議案第80号 福山地区消防組合の共同処理する事務の変更及び福山地区消防組合


          規約の変更について


第10 議案第81号 府中市土地開発公社定款の一部変更について


第11 議案第82号 政治倫理の確立のための府中市長の資産等の公開に関する条例の一


          部改正について


第12 議案第83号 府中市職員に対する退職手当に関する条例の一部改正について


第13 議案第84号 府中市税条例の一部改正について


第14 議案第85号 府中市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


第15 議案第86号 府中市文化財保護条例の一部改正について


第16 議案第87号 平成19年度府中市一般会計補正予算(第2号)について


第17 議案第88号 平成19年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につ


          いて


第18 議案第89号 平成19年度府中市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)に


          ついて


第19 議案第90号 平成19年度府中市介護保険特別会計補正予算(第2号)について


第20 議案第91号 府中市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正に


          ついて


第21 議案第92号 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


第22 議案第93号 府中市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


第23 議案第94号 平成19年度府中市一般会計補正予算(第3号)について


第24 議案第95号 平成19年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につ


          いて


第25 議案第96号 平成19年度府中市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)に


          ついて


第26 議案第97号 平成19年度府中市介護保険特別会計補正予算(第3号)について


第27 報告第13号 専決処分の報告について


第28 報告第14号 専決処分の報告について


第29 発議第 5号 府中市議会議員の政治倫理に関する条例の制定について


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) これより平成19年第4回府中市議会定例会を開会いたします。


               午前10時32分


○議長(戸成義則君) ただいまから本日の会議を開きます。


 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程表により、順次議事を進めたいと思います。


日程第1        会期の決定について


日程第2        会議録署名議員の指名


日程第3        議席の一部変更について


日程第4 議案第76号 教育委員会の委員の任命について


日程第5 議案第75号 専決処分の承認を求めることについて


日程第6 議案第77号 福山・府中広域行政事務組合の解散について


日程第7 議案第78号 福山・府中広域行政事務組合の解散に伴う財産処分について


日程第8 議案第79号 福山・府中広域行政事務組合の解散に伴う事務承継等について


日程第9 議案第80号 福山地区消防組合の共同処理する事務の変更及び福山地区消防


            組合規約の変更について


日程第10 議案第81号 府中市土地開発公社定款の一部変更について


日程第11 議案第82号 政治倫理の確立のための府中市長の資産等の公開に関する条例


            の一部改正について


日程第12 議案第83号 府中市職員に対する退職手当に関する条例の一部改正について


日程第13 議案第84号 府中市税条例の一部改正について


日程第14 議案第85号 府中市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


日程第15 議案第86号 府中市文化財保護条例の一部改正について


日程第16 議案第87号 平成19年度府中市一般会計補正予算(第2号)について


日程第17 議案第88号 平成19年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


            について


日程第18 議案第89号 平成19年度府中市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


            について


日程第19 議案第90号 平成19年度府中市介護保険特別会計補正予算(第2号)につ


            いて


日程第20 議案第91号 府中市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改


            正について


日程第21 議案第92号 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


日程第22 議案第93号 府中市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


日程第23 議案第94号 平成19年度府中市一般会計補正予算(第3号)について


日程第24 議案第95号 平成19年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


            について


日程第25 議案第96号 平成19年度府中市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


            について


日程第26 議案第97号 平成19年度府中市介護保険特別会計補正予算(第3号)につ


            いて


日程第27 報告第13号 専決処分の報告について


日程第28 報告第14号 専決処分の報告について


日程第29 発議第 5号 府中市議会議員の政治倫理に関する条例の制定について


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 休憩します。


午前10時32分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午前10時37分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。


 今期定例会の会期は、本日から18日までの16日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


            (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は16日間と決定いたしました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、桑田由治君及び山本廣文君を指名いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 日程第3、議席の一部変更についてを議題といたします。


 議員の所属会派の異動により、議席の一部を変更いたしたいと思います。


 その議席番号及び名前を事務局長に朗読いたさせます。


○議会事務局長(内海正訓君) それでは申し上げます。


 水田 豊議員を1番に、桑田由治議員を2番に、戸成義則議長を8番に、それぞれ変更するものでございます。


 以上でございます。


○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読したとおり、議席の一部を変更することに決しました。


 それでは、ただいま決定いたしました議席に、それぞれにお着きをお願いいたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 休憩します。


午前10時38分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午前10時39分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 日程第4、議案第76号、教育委員会の委員の任命についての件を議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 門田総務部長。


           (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田 隆君) おはようございます。


 それでは、私の方から、第4回定例会で提案させていただいております議案第76号について、御説明を申し上げます。


 お手元の議案集(1)の4ページをお願いします。





                           議案第76号


教育委員会の委員の任命について


 次の者を教育委員会の委員に任命することについて、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第4条第1項の規定により、市議会の同意を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 名  前   目 ? 仁 志


 住  所   福山市幕山台2丁目3番25号


 生年月日   昭和28年6月5日





 経歴について、簡単に御説明を申し上げます。


 昭和52年に都留文科大学を卒業され、同年、広島県に採用され、福山市立長浜小学校に赴任をされております。以降、平成14年7月から府中市教育委員会学校教育課長、平成16年4月から広島県教育委員会教育部指導第1課教育指導官を歴任され、平成17年4月から府中市教育委員会教育長としてお願いをしているところでございます。


 なお、任期でございますが、平成20年3月1日から平成24年2月29日までの4年間でございます。


 以上、経歴について御説明を申し上げました。何とぞ慎重審議の上、全会一致をもって御同意をいただきますよう、よろしくお願いします。


           (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(戸成義則君) これにて提案理由の説明を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 休憩します。


午前10時41分


○議長(戸成義則君) 再開します。


午前10時41分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) これより議案第76号の質疑に入るのでありますが、ただいまのところ通告はありません。これをもって質疑を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第76号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第76号については、委員会の付託を省略することに決しました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) これより議案第76号の討論に入ります。


 ただいまのところ通告はありませんので、討論を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) これより議案第76号の採決をいたします。


           (2番議員 桑田由治君 退席)


           (9番議員 金子徳光君 退席)


           (11番議員 橘?政信君 退席)


           (14番議員 丸山茂美君 退席)


           (17番議員 松坂万三郎君 退席)


           (19番議員 小田敏雄君 退席)


○議長(戸成義則君) ただいま議題となっております議案第76号、教育委員会の委員の任命について同意を求める件は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。


           (賛成者起立)


○議長(戸成義則君) 起立多数であります。


 よって、議案第76号、教育委員会の委員の任命について同意を求める件は、これに同意することに決しました。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 休憩します。


午前10時43分


○議長(戸成義則君) 再開いたします。


午前10時44分


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


           (2番議員 桑田由治君 復席)


           (9番議員 金子徳光君 復席)


           (11番議員 橘?政信君 復席)


           (14番議員 丸山茂美君 復席)


           (17番議員 松坂万三郎君 復席)


           (19番議員 小田敏雄君 復席)


○議長(戸成義則君) この際、日程第5、議案第75号、専決処分の承認を求めることについてより日程第28、報告第14号までを一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 門田総務部長。


           (総務部長 門田 隆君 登壇)


○総務部長(門田 隆君) それでは引き続き、私の方から、平成19年府中市議会第4回定例会に提案しました議案22件、報告2件を順次御説明をさせていただきます。


 お手元の議案集(1)の1ページをお開きください。


 議案第75号から御説明をさせていただきます。





                           議案第75号


専決処分の承認を求めることについて


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、次のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により報告し、市議会の承認を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、





専決処分書


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する時間的余裕がないと認め、次のとおり損害賠償の額を定めることについて、専決処分する。


  平成19年10月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





1 損害賠償額        19万8,000円


2 債権者          広島県府中市上下町上下2555番地の1


               協同組合上下ショッピングセンター


               代表理事 田 室 象 志





 1枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 被害者 協同組合上下ショッピングセンターに対する府中市立湯が丘病院職員の交通事故による損害賠償額として支払うものです。


1 事故の概況


 平成19年5月28日午前10時40分ごろ、湯が丘病院事務局の職員が府中市上下町上下878番地地先において、国道交差点を右折しようとして一時停止し、確認したが、右から来た2台目の車に気づかず前進したため、協同組合上下ショッピングセンター所有の車両横に衝突し、その車両を損傷させたものです。


2 備   考


    損害額        22万円


    過失割合       協同組合上下ショッピングセンター  10%


               府中市               90%


    賠償金額       19万8,000円





 続きまして、2枚めくっていただきまして、





                           議案第77号


福山・府中広域行政事務組合の解散について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第290条の規定により、平成20年3月31日限り福山・府中広域行政事務組合を解散することについて、市議会の議決を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 続きまして、





                           議案第78号


福山・府中広域行政事務組合の解散に伴う財産処分について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第290条の規定により、福山・府中広域行政事務組合の解散に伴い、次のとおり財産処分をすることについて、市議会の議決を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 福山・府中広域行政事務組合の財産は、福山・府中広域振興基金に出資している割合に応じて、次のとおり各市町へ帰属させる。


 福山市   1万分の8,697


 府中市   1万分の1,029


 神石高原町 1万分の274


 続きまして、





                           議案第79号


福山・府中広域行政事務組合の解散に伴う事務承継等について


 福山・府中広域行政事務組合規約(平成6年広島県指令地方第96号)第17条の規定により、福山・府中広域行政事務組合の解散に伴い、次のとおり事務の承継並びに決算の審査及び認定をすることについて、市議会の議決を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





1 事務の承継


 福山・府中広域行政事務組合の事務は、福山市が承継する。ただし、福山・府中広域行政事務組合一般会計に属する歳計現金は、福山・府中広域行政事務組合の決算の審査及び認定に係る経費を除き、福山・府中広域行政事務組合市町負担金の負担割合に応じて、次のとおり各市町が承継する。なお、当該福山・府中広域行政事務組合の決算の審査及び認定に係る経費は、福山市が承継する。


 福山市   1,000分の708


 府中市   1,000分の233


 神石高原町 1,000分の59


2 決算の審査及び認定


 福山・府中広域行政事務組合の決算の審査及び認定は、福山市が行う。


 続きまして、





                           議案第80号


福山地区消防組合の共同処理する事務の変更及び福山地区消防組合規約の変更について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第290条の規定により、平成20年4月1日から、福山地区消防組合の共同処理する事務を変更し、これに伴い別紙のとおり福山地区消防組合規約を変更することについて、市議会の議決を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 広島県知事の権限であった、火薬類取締法に基づく、設置等の許可及び施設への立入検査等の事務が、平成20年4月1日から福山市、府中市及び神石高原町に権限移譲されることに伴い、市町が消防組合を設置している場合は、その職務権限を消防長へ移譲されることとされており、福山地区消防組合の共同処理する事務を変更する必要が生じたため、同組合の規約を変更するものです。


 施行期日は、平成20年4月1日です。


 続きまして、





                           議案第81号


府中市土地開発公社定款の変更について


 府中市土地開発公社定款を変更することについて、府中市土地開発公社理事会の議決を得たので、公有地の拡大の推進に関する法律(昭和47年法律第66号)第14条第2項の規定により、市議会の議決を求める。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 2枚めくってください。要綱です。


 「土地開発公社の経理について」の一部改正について(平成17年1月21日付総行地第148号総務省自治行政局地域振興課長通知)及び郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第102号)の施行による郵便貯金法(昭和22年法律第144号)の廃止に伴い、所要の整備を行うため、定款を変更するものです。


 その内容は、現在、土地開発公社の資産は、基本財産と運用財産の2本立てとなっていますが、これを基本財産1本とし、その額を200万円とするということであります。


 また、郵便貯金法廃止に伴う語句の削除がございます。


 施行期日は、広島県知事の認可のあった日です。


 続きまして、





                           議案第82号


政治倫理の確立のための府中市長の資産等の公開に関する条例の一部改正について


 政治倫理の確立のための府中市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 政治倫理の確立のための府中市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(平成17年法律第102号)の施行により郵便貯金法(昭和22年法律第144号)が廃止されること及び証券取引法等の一部を改正する法律(平成18年法律第65号)の施行により同法の題名等が改められることに伴い、所要の整備を行うため、この条例案を提出するものです。


 施行期日は、公布の日です。


 続きまして、





                           議案第83号


府中市職員に対する退職手当に関する条例の一部改正について


 府中市職員に対する退職手当に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市職員に対する退職手当に関する条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 雇用保険法等の一部を改正する法律(平成19年法律第30号)及び国家公務員退職手当法(昭和28年法律第182号)の一部を改正する雇用保険法等の一部を改正する法律附則の規定により、国家公務員の退職手当について一部が改正され、地方公務員の退職手当制度についても必要な措置を講じ、その他所要の整備を行うため、この条例の一部を改正するもので、その主な内容は次のとおりです。


1 第1条関係


 雇用保険の受給資格要件の改正に伴い、失業者の退職手当について、原則として、勤続期間が、現行は6月以上あることが受給資格要件ですが、12月以上あることを受給の資格要件とするものでございます。


2 第2条関係


 船員保険の失業部門が雇用保険制度に統合されることに伴い、船員保険法の規定により失業者の退職手当に相当する給付の支給を受けることとなる者に対して失業者の退職手当を給付することを禁じる規定を削除するものです。


 なお、これにつきましては、該当職員はいないと考えております。


3 施行期日


 (1)第1条関係 公布の日(平成19年10月1日から適用)


 (2)第2条関係 日本年金機構法の施行の日


続きまして、





                           議案第84号


府中市税条例の一部改正について


 府中市税条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市税条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 現在、個人の市民税、固定資産税、都市計画税について、納税者が納期前にすべての納付額の納付を行った場合、報奨金を交付しています。この制度は、地方税に対する納税意欲を高め、納税の早期確保を図り、一方、徴収事務の簡素化及び納期前に納付されたことに対する金利という面を考慮して創設をされたものです。


 近年、市民の市税に対する納税意欲も向上され、当初の目的が達成されたこと、課税総額の上昇に伴い、報奨金の交付額が多額となったため徴税経費が押し上げられ、財政運営上無視し得ない状況になっていること、交付を受ける者が比較的担税力が高いと思われる高額所得者に多く、低所得者との間で不均衡となっていること、市民税については普通徴収の方法による納税者のみ報奨金が交付され、特別徴収の方法による納税者との間で不公平であることなどを踏まえて、税務行政全般の適正・公平な執行を図る見地から、前納報奨金制度を廃止するものです。


 施行期日は、平成20年4月1日です。


 続きまして、





                           議案第85号


府中市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について


 府中市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律(平成18年法律第47号)により国民生活金融公庫が、平成20年度から株式会社日本政策金融公庫に統合されること、また、株式会社日本政策金融公庫法が制定され、株式会社日本政策金融公庫法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律(平成19年法律第58号)が施行されたことにより、所要の整備を行うため、この条例案を提出するものです。


 施行期日は、平成20年10月1日です。


 続きまして、





                           議案第86号


府中市文化財保護条例の一部改正について


 府中市文化財保護条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市文化財保護条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 平成20年度に行われる文化財保護に関する事務の広島県からの権限移譲に伴い、府中市が文化財保護行政をより円滑に進めるため、この条例案を提出するもので、その主な内容は次のとおりです。


 定義ですが、文化財の定義について、埋蔵文化財を加えます。


 施行期日でございますが、平成20年4月1日から施行します。


 続きまして、補正予算の説明に移らせていただきます。


 議案第87号をお願いします。1ページを開いてください。





                           議案第87号


平成19年度府中市一般会計補正予算(第2号)


 平成19度府中市の一般会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ2,495万7,000円を減額し、歳入歳出それぞれ214億6,318万9,000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


 (繰越明許費)


第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表繰越明許費」による。


 (債務負担行為の補正)


第3条 既定の債務負担行為の追加及び変更は、「第3表債務負担行為補正」による。


 (地方債の補正)


第4条 既定の地方債の変更は、「第4表地方債補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、2ページ、第1表歳入歳出予算補正でございます。


 歳入でございますが、11款分担金及び負担金、補正前の額2億7,419万6,000円、補正額73万円、計2億7,492万6,000円でございます。


 13款国庫支出金、補正前の額23億3,974万6,000円、補正額1,232万2,000円の減額により、計23億2,742万4,000円でございます。これは、2項国庫補助金を1,044万9,000円、3項委託金を187万3,000円、それぞれ減額するものでございます。


 14款県支出金、補正前の額10億6,847万6,000円、補正額231万8,000円、計10億7,079万4,000円。これは、2項県補助金を108万1,000円、3項委託金を123万7,000円補正するものでございます。


 16款寄附金、補正前の額490万2,000円、補正額220万円、計710万2,000円。これは、1項の寄附金を補正するものでございます。


 17款繰入金、補正前の額7億8,614万3,000円、補正額1,121万7,000円、計7億9,736万円でございます。


 19款諸収入は、補正前の額12億2,842万9,000円、補正額460万円、計12億3,302万9,000円でございます。


 20款市債は、補正前の額34億2,420万円、補正額3,370万円の減額、計33億9,050万円でございます。


 歳入合計は、補正前の額が214億8,814万6,000円、補正額としまして2,495万7,000円減額いたしまして、合計は214億6,318万9,000円となります。


 次に、3ページ、歳出でございます。


 2款総務費を763万2,000円、3款民生費は1,509万4,000円の増額、4款衛生費につきましては481万7,000円の減額となります。


 6款農林水産業費は106万3,000円、7款商工費は100万円の増額、8款土木費につきましては4,017万9,000円の減額。


 4ページにまいりまして、9款消防費は115万5,000円の増額、10款教育費は590万5,000円の減額でございます。


 歳出合計は、補正前の額が214億8,814万6,000円、補正額2,495万7,000円の減額となりまして、歳出合計は214億6,318万9,000円でございます。


 続きまして、5ページ、第2表繰越明許費について説明します。


 繰越明許費につきましては、交通安全統合補助事業が不測の日数を要したことにより、年度内に完了しない見込みとなりましたので、3,200万6,000円の繰り越しをお願いいたすものでございます。


 次に、第3表債務負担行為の補正でございますが、追加としまして、角田ポンプ場運転保守管理業務委託料として、期間を平成20年度、限度額は267万2,000円でございます。


 次に、変更でございますが、戸籍電算化事業及び戸籍システムリース料、住基ネットワークシステムリース料、府中市立府中小学校・府中市立府中中学校機械警備業務委託料の契約額が確定したことにより、次年度以降の額が確定しましたので、限度額をそれぞれ減額変更いたすものでございます。


 次に、7ページ、第4表地方債補正でございます。


 変更としまして、それぞれの事業費の変更に伴い、限度額を増減いたすものでございまして、起債の方法、利率、償還の方法等を挙げておりますが、16、17ページに細目について挙げておりますので、御参照をお願いします。


 次に、9ページからの事項別明細書につきましては、重複をしますので省略をさせていただき、12ページをお開きください。


 歳入の主なものを御説明させていただきます。


 11款分担金及び負担金につきましては、朝日上通り線の電線地中化に伴い、電線管理者に工事費の一部負担をお願いするもので、73万円補正するものでございます。


 13款国庫支出金、2項国庫補助金、3目土木費補助金につきましては、道路整備事業費補助金が、精算により385万円の減額、まちづくり交付金は、基幹事業から提案事業への配分変更により1億3,435万9,000円の減額、交通安全統合補助金は、補助金の内示額の減によりまして、1,280万円減額補正するものでございます。


 次に、5目教育費補助金のまちづくり交付金は、先ほど申し上げました基幹から提案への配分変更によります1億3,435万9,000円と、まちづくり交付金決定額が650万1,000円の増となりましたので、その合計額1億4,086万円を補正するものでございます。


 次のページにまいりまして、14款県支出金、2項県補助金の主なものとしまして、2目民生費補助金は、自立支援特別対策事業に対するもので、情報支援基盤整備事業として100万円補正するものでございます。


 次に、3項委託金につきましては、教育費委託金として、豊かな体験活動、英語活動等国際理解活動事業への委託金として、123万7,000円の補正でございます。


 次に、16款寄附金、2目指定寄附金としまして、市民の方から、観光事業推進へ100万円、府中学園図書購入費として20万円、さらに、広島県森林協会から100万円、合わせて220万円の補正をするものでございます。


 16ページにまいりまして、17款繰入金、2項基金繰入金でございますが、財政調整基金繰入金として1,121万7,000円でございます。


 次に、19款諸収入、4項雑入につきましては、市民課雑入でございますが、パスポート申請の際に必要な収入印紙、県収入証紙の売りさばき収入を460万円補正するものでございますが、同額を歳出でも計上いたしております。


 次に、20款市債、1項市債につきましては、事業費の減額などにより調整いたしております。13目の臨時財政対策債は、額の確定により補正をいたすものです。


 続きまして、18ページ、歳出でございます。主なものを説明させていただきます。


 2款総務費、1項総務管理費は、各種事務経費を補正するものでありまして、6目企画費の交通対策経費は、現在行っております生活交通対策の計画策定に向けて、地域公共交通会議を設置するもので、11万6,000円補正するものです。


 次に、20ページをごらんください。


 3項戸籍住民基本台帳費に、消耗品費、手数料を計上いたしておりますが、これは、歳入の際に申し上げました収入印紙などの購入に充てるものです。


 3款民生費、1項社会福祉費でございますが、各目に返還金を計上いたしておりますが、これは、前年度事業の精算によります国・県への返還金であります。その他主なものといたしましては、4目老人福祉費で、介護保険特別会計への繰出金が658万2,000円となっておりますが、これにつきましては介護保険特別会計の補正予算書で説明をさせていただきます。


 11目の支援費は、県の補助事業を活用しまして点字プリンターを購入するもので、歳入と同額の100万円を補正するものでございます。


 続いて、22ページにまいりまして、2目の保育所費でございます。新・国府保育所の建設に向けまして、用地測量等の委託料を270万円補正いたすものです。


 4款衛生費、1項保健衛生費、1目保健衛生総務費では、上下地区で運行しております過疎地域移動支援事業委託料が、入札によりまして490万円の減額となっております。その他の経費につきましては、所要額を補正いたすものでございます。


 続きまして、24ページにまいります。


 2項清掃費、2目じん芥処理費ですが、灯油の高騰により、燃料費を911万5,000円補正をいたすものです。


 また、委託料につきましては、福山リサイクル発電所の売電価格のアップによりまして、処理単価が減額されるため、ごみ固形燃料処理委託料を925万4,000円減額いたすものであります。


 26ページにまいりまして、6款農林水産業費、2項林業費、1目林業総務費は、広島県森林協会の寄附金を活用しまして、羽高湖森林公園の駐車場とサン・ステージ間の歩道などの整備を行うもので、修繕料として100万円補正するものでございます。


 7款商工費は、観光事業推進への寄附金を府中市観光協会育成助成金としての100万円の補正を行うものでございます。


 続いて、28ページにまいります。


 8款土木費、5項都市計画費、6目まちづくり交付金事業費につきましては、経費の組み替えをするものでございますが、歳入で御説明いたしました交付金の配分変更によりまして、財源更正を行っております。


 7目地域住宅交付金事業費は、経費の組み替えでございます。


 次に、8目交通安全統合補助事業につきましては、国庫補助金の内示額が当初予算より減額となったことによりまして、3,000万円の減額をいたすものです。


 続きまして、30ページにまいりまして、9款消防費、3目消防施設費でございます。下川辺分団一部器庫の新築に伴い、旧器庫を解体いたすもので、工事費としまして115万5,000円を補正するものでございます。


 次に、10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費に、教育センター用地を広島県から取得するため、用地鑑定委託料を50万円計上いたしております。


 続いて、32ページにわたっておりますが、3目教育振興費の主なものとしまして、奨学貸付金に要する経費は、額が確定したことにより減額するものでございます。就学援助費につきましては、対象者の増加によりまして、150万円補正するものでございます。


 7目学校建設費の消耗品費20万円は、府中学園の図書購入費への指定寄附金によるものでございます。


 次に、2項小学校費、1目学校管理費においては、修繕料に126万円計上いたしておりますが、これは、統合されます4小学校のうち西小学校を除く3校の記念写真など記念品を展示するため、東小学校北側校舎の一部教室を改修するものでございます。小学校施設管理経費の修繕料は、上下北小学校の玄関サッシなどの修繕でございます。


 続いて、34ページにまいります。


 4項社会教育費の主なものでございますが、4目公民館費につきましては、広谷公民館の実施設計委託料、北公民館のアスベスト除去工事費の経費が確定したことにより、減額をいたすものです。


 7目図書館費は、36ページにわたっておりますが、図書館の天窓の補修経費とその他経費の所要額を増減いたすものです。


 6項学校給食共同調理場の主なものとしましては、給食費管理システム、栄養システムの改修などで、365万7,000円補正いたすものでございます。


 38ページには、補正予算に伴います各種委員会などの委員報酬の増減によります特別職の給与費明細書を挙げておりますので、御参照をお願いします。


 続きまして、議案第88号、国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の説明に移らせていただきます。





                           議案第88号


平成19年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


 平成19度府中市の国民健康保険特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,497万1,000円を追加し、歳入歳出それぞれ48億3,975万1,000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくってください。2ページです。


 第1表歳入歳出予算補正、歳入でございます。


 4款療養給付費交付金を2,492万8,000円の減額、8款繰入金は、基金繰入金を936万8,000円減額補正いたすものでございます。9款繰越金に、前年度決算の剰余金8,926万7,000円を補正いたし、歳入合計は、補正前47億8,478万円、補正額5,497万1,000円、計48億3,975万1,000円でございます。


 続いて、3ページ、歳出です。


 2款保険給付費は、療養給付費交付金の減額に伴う財源更正でありまして、補正額はゼロであります。


 8款諸支出金に3,497万1,000円、9款予備費に2,000万円を補正いたすもので、歳出合計は、補正前47億8,478万円、補正額5,497万1,000円、計48億3,975万1,000円でございます。


 次に、4ページからの事項別明細書の総括につきましては省略をさせていただき、7ページをお願いします。


 歳入でございますが、4款療養給付費交付金を2,492万8,000円減額いたすもので、これは、退職者医療交付金の前年度精算に伴う返還金と相殺され、減額交付されるため、減額となるものであります。


 8款繰入金、2項基金繰入金を936万8,000円の減額、9款繰越金に、前年度決算剰余金を8,926万7,000円補正いたすものでございます。


 続いて、9ページにまいりまして、歳出でございます。


 2款保険給付費、1項療養諸費、3目退職被保険者等療養給付費は、療養給付交付金の減額によります財源更正であります。


 8款諸支出金、1項償還金及び還付加算金は、平成18年度療養給付費の精算に伴います国庫負担金の返還金を3,497万1,000円補正いたすものでございます。


 9款予備費は、今後の医療費に対する支払いなどのため、2,000万円補正いたすものです。


 以上、国民健康保険特別会計の補正でございます。


 続きまして、議案第89号の説明に移らせていただきます。





                           議案第89号


平成19年度府中市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 平成19度府中市の公共下水道事業特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1億円を追加し、歳入歳出それぞれ19億1,264万8,000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


 (債務負担行為)


第2条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第214条の規定により、債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。


 (地方債の補正)


第4条 既定の地方債の変更は、「第3表地方債補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、2ページをお願いします。


 第1表歳入歳出予算補正、歳入でございますが、7款市債を1億円補正いたし、歳入の計は19億1,264万8,000円でございます。


 次に、3ページ、歳出でございます。3款公債費を1億円補正いたし、歳出の計は19億1,264万8,000円でございます。


 続いて、4ページをお願いします。


 第2表債務負担行為につきましては、入札事務などの関係上、新年度予算成立後では間に合わないため、次の2件につきまして債務負担行為を設定いたすもので、期間、限度額を挙げております。


 次に、5ページ、第3表地方債補正でございます。変更としまして、1億円の増額をいたすため、限度額、起債の方法、利率等を挙げております。


 次に、7ページからの事項別明細書の総括につきましては省略をさせていただき、10ページをお願いします。


 歳入でございますが、7款市債を1億円補正いたすもので、平成19年度から3年間、公的資金の繰上償還を補助金なしで行われることになり、その適用により、繰上償還の借換債を1億円補正いたすものでございます。


 次に、12ページ、歳出、3款公債費につきましては、繰上償還額1億円の元金を補正いたすものでございます。


 以上、公共下水道事業特別会計の補正でございました。


 続きまして、議案第90号に移らせていただきます。





                           議案第90号


平成19年度府中市介護保険特別会計補正予算(第2号)


 平成19年度府中市の介護保険特別会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の介護サービス事業勘定の歳入歳出予算総額から、歳入歳出それぞれ197万円を減額し、歳入歳出それぞれ3,696万4,000円とする。


2 保険事業勘定の歳出予算の補正及び介護サービス事業勘定の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、それぞれ「第1表歳出予算補正」及び「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 2ページをお願いします。


 保険事業勘定の歳出予算でございます。


 2款保険給付費の1項介護サービス等諸費を1億2,300万円増額し、2項介護予防サービス等諸費を1億2,300万円減額いたす組み替えを行うもので、補正額はゼロであります。


 次に、3ページからの事項別明細書の総括につきましては省略をさせていただき、5ページをお開き願います。


 歳出ですが、2款保険給付費、1項介護サービス等諸費と、2項介護予防サービス等諸費の各種サービス給付費を組み替え調整いたすものであります。なお、組み替えにより財源更正もあわせて行っております。


 次のページにまいりまして、介護サービス事業勘定に移らせていただきます。


 もう1枚めくっていただきまして、7ページをお願いします。


 第1表歳入歳出予算補正、歳入でございます。1款サービス収入の介護予防マネジメント収入を855万2,000円減額、2款繰入金の一般会計繰入金を658万2,000円の増額をいたし、補正前の額3,893万4,000円、補正額197万円の減額で、計3,696万4,000円でございます。


 次に、8ページ、歳出でございます。1款事業費の1項地域支援事業費を197万円減額補正するもので、歳出合計は、補正前の額3,893万4,000円、補正額197万円の減額、計3,696万4,000円でございます。


 次に、9ページからの事項別明細書の総括につきましては省略をさせていただきまして、12ページをお願いします。


 歳入でございます。1款サービス収入、1項介護予防マネジメント収入を855万2,000円減額いたすものでございますが、これは、継続件数が当初見込みより大幅に減となる見込みによるものでございます。


 次に、2款繰入金、1項一般会計繰入金につきましては、マネジメント収入を職員給1人分に充てることにいたしておりましたが、マネジメント収入が減額となるため、一般会計から658万2,000円繰り入れを行う補正をいたすものでございます。


 続いて、14ページにまいりまして、歳出でございます。


 1款事業費、1項地域支援事業費、1目包括的支援事業費の地域包括支援センター運営事業経費について、嘱託員、派遣職員の経費が、精算見込みにより197万円の減額補正をするものでございます。


 16ページには、報酬の減額によりまして、その他の特別職の報酬が減額となりますので、補正予算給与費明細書を挙げております。


 以上、議案第90号につきまして御説明をしました。


 続きまして、議案第91号の説明に移らせていただきます。


 議案集(2)をお願いします。


 それでは、1ページめくってください。





                           議案第91号


府中市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について


 府中市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただきまして、要綱をお願いします。


 今年度の人事院勧告に基づき、期末手当を改正するため、この条例の改正を行うもので、その内容は次のとおりです。


 期末手当の改正ですが、期末手当は、現行、年間4.45月分支給しておりますが、年間4.5月分支給するよう改正するものでございます。


 なお、今年度は表にありますように、12月に2.375月分支給し、来年度以降は6月に2.15月分、12月に2.35月分の支給とするものでございます。


 続きまして、





                           議案第92号


府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について


 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案





 9枚めくってください。21ページをお願いします。


 今年度の人事院勧告などに基づいて、この条例の改正を行い、あわせてその他所要の整備を行うものでございまして、その主な内容は次のとおりです。


 給料表の改正です。別紙「給料切替表」のとおりですが、今回は若年層に限定した給料表の改正を行います。例えば、行政職給料表適用者の場合は、原則30歳以下の職員が給料の引き上げとなりまして、それ以上の年齢の職員は据え置きとなります。他の給料表につきましても、いずれも若年層のみの引き上げとしております。


 扶養手当の改正ですが、民間の支給状況等を考慮するとともに、少子化対策の推進にも配慮し、子などに係る支給手当を500円引き上げ、現行「6,000円」を「6,500円」とします。


 専門員の給料表適用区分の変更ですが、専門員を廃止して主任とし、現行の行政職給料表5級の適用を変更し、4級の適用に改めます。


 なお、新たに主査(係長級)を設置し、これは、広島県などから受け入れる職員についてのみ、年齢、前歴等を勘案し、位置づけるということとしております。


 勤勉手当の改正ですが、期末勤勉手当は、現在、年間4.45月分支給されていますが、これを年間4.5月分に改めるものでございます。


 なお、表にありますように、今年度は12月に2.375月分支給し、来年度以降は、6月に2.15月分、12月に2.35月分を支給することとするものでございます。


 施行期日ですが、給料表、扶養手当の改正につきましては、平成19年4月1日適用です。


 郵政民営化法等の施行に伴う改正は、これは語句の改正でございますが、平成19年10月1日適用です。


 専門員の給料表適用区分の改正は、平成20年1月1日から施行します。


 続きまして、





                           議案第93号


府中市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


 府中市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例案を次のとおり提出する。


  平成19年12月3日


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 府中市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例案





 2枚めくっていただき、要綱をお願いします。


 特殊勤務手当のうち、年末年始勤務職員に対する手当については、時間外勤務手当または休日勤務手当で措置されており、重複支給となるため廃止をするものです。


 施行期日は、公布の日です。


 続きまして、一般会計補正予算(第3号)の説明に移らせていただきます。


 議案第94号をお願いします。


 1ページをお開きください。





                           議案第94号


平成19年度府中市一般会計補正予算(第3号)


 平成19度府中市の一般会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ6億8,921万4,000円を追加し、歳入歳出それぞれ221億5,240万3,000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


 (地方債の補正)


第2条 既定の地方債の変更は、「第2表地方債補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 2ページをお願いします。


 先ほど条例の方で申し上げましたように、人事院勧告に準じて、期末手当の0.05月分の引き上げと、子などに係る扶養手当の引き上げ、また退職者増による退職手当の増額などを主に補正予算を組んでおります。


 当初予算につきましては、議員さんも御承知のとおり、本年1月1日現在の現人員、現給料で組んでおります。したがいまして、4月1日の人事異動と退職、採用などによる変更をそれぞれの款項におきまして調整をしまして、来年3月までの予定額を補正いたすものでございます。また、土地開発公社からの指定寄附金もあわせて補正計上いたしております。


 それでは、第1表の歳入歳出予算補正に入ります。


 歳入は、16款寄附金でございます。補正前の額710万2,000円、補正額4,600万円、計5,310万2,000円。


 次に、17款繰入金です。補正前の額7億9,736万円、補正額2,408万6,000円の減額、計7億7,327万4,000円。これは、2項の基金繰入金を2,408万6,000円減額補正をするものでございます。


 20款市債、補正前の額33億9,050万円、補正額6億6,730万円、計40億5,780万円でございます。


 歳入合計は、補正前の額214億6,318万9,000円、補正額6億8,921万4,000円、計221億5,240万3,000円でございます。


 次に、3ページをお願いします。


 歳出でございます。それぞれ先ほど申し上げましたように、当初予算との人件費の比較ということで、議会費におきましては、1款、1項の議会費の補正を1万3,000円、総務費につきましては6億5,747万7,000円の増額、民生費は5,352万4,000円、衛生費につきましては158万5,000円、農林水産業費は1,727万円、商工費につきましては634万円、それぞれ減額、土木費につきましては217万円の増額、この中には指定寄附によります用地取得費を増額補正いたしております。教育費につきましては1億827万3,000円の増額となっております。


 歳出合計といたしましては、補正前の額214億6,318万9,000円、補正額6億8,921万4,000円、計221億5,240万3,000円でございます。


 次に、5ページに移りまして、第2表地方債補正でございますが、変更としまして、退職手当債の限度額を6億6,730万円増額いたし、8億9,730万円にいたすもので、起債の方法、利率、償還の方法を挙げております。


 続きまして、7ページからの事項別明細書は、重複しますので省略をさせていただき、10ページをお願いします。


 歳入でございます。


 16款寄附金、1項寄附金、2目指定寄附金を4,600万円。これは、鵜飼工業団地の売却益の一部を寄附していただくものであります。


 次に、17款繰入金、2項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金2,408万6,000円の減額。


 20款市債、1項市債、1目総務債、6億6,730万円は、退職手当債を補正するものでございます。


 次に、12ページの歳出に移ります。


 それぞれ款項ごとの職員給、期末手当並びに各種手当関係、その他について、当初予算との比較を調整いたして、補正の計上をいたしております。そして、各特別会計への繰出金も人件費の減額によりまして、減額補正をいたしております。


 時間の都合上、省略をさせていただきまして、20ページをお願いします。


 20ページから23ページにわたっております、8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費に、指定寄附によります用地取得費4,600万円を補正計上いたしております。


 続きまして、30ページ、特別職の補正予算給与費明細書でございます。


 30ページをお願いします。今回の改定によりまして、期末手当の年間支給率を0.05月分引き上げ、4.45月分から4.5月分となったことと、その他手当によります増額を挙げております。


 次に、32ページにまいりまして、一般職の総括でございますが、一般会計によります職員数は417人から403人になっております。給料につきましては、1億365万円の減額、職員手当につきましては8億613万5,000円の増額で、計7億248万5,000円の増でございます。これは、主に退職手当の増額によるものです。共済費は4,621万円の減額で、合計6億5,627万5,000円の増額ということになります。


 職員手当の内訳を下に挙げております。御一読をお願いします。


 主なものとしましては、時間外勤務手当が1,220万円の減額、給与改定によります期末勤勉手当は0.05月分の引き上げでございますが、職員数の減員によりまして、3,239万3,000円の減額となっております。


 退職手当につきましては8億5,763万8,000円の増額ですが、退職勧奨要綱の適用基準の明確化によりまして、多数の退職希望者があったことによります。


 次に、34、35ページに、それぞれの明細を挙げておりますので、ごらんをお願いしたいと思います。


 続きまして、議案第95号、国民健康保険特別会計(第2号)に移らせていただきます。


 1ページをお願いします。





                           議案第95号


平成19年度府中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


 平成19度府中市の国民健康保険特別会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ18万円を減額し、歳入歳出それぞれ48億3,957万1,000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、第1表歳入歳出予算補正の歳入でございます。


 8款繰入金でございますが、補正前の額4億4,315万8,000円、補正額18万円の減額で、計4億4,297万8,000円。これは、1項一般会計繰入金を18万円減額補正するものでございます。


 歳入合計は、補正前の額48億3,975万1,000円、補正額18万円の減額、計48億3,957万1,000円でございます。


 次に、3ページをお願いしたいと思います。歳出でございます。


 1款総務費、補正前の額8,831万2,000円、補正額18万円の減額、計8,813万2,000円でございます。これは、1項総務管理費を497万円の減額、2項徴税費を479万円の増額をするもので、歳出合計は、補正前の額48億3,975万1,000円、補正額18万円減額、計48億3,957万1,000円でございます。


 4ページから6ページは省略をさせていただきまして、7ページをお願いします。


 歳入でございます。8款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金を18万円減額するものでございます。


 1枚めくっていただき、歳出でございます。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費でございますが、497万円の減額でございます。


 2項徴税費、1目賦課徴収費は、人事異動によりまして479万円の増額となっております。


 なお、給与費明細書などにつきましては、11ページ以降に挙げておりますので、一読をお願いしたいと思います。


 それでは、引き続きまして、議案第96号、公共下水道事業特別会計(第2号)に移らせていただきます。


 1ページをお願いします。





                           議案第96号


平成19年度府中市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


 平成19度府中市の公共下水道事業特別会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ1,031万円を減額し、歳入歳出それぞれ19億233万8,000円とする。


2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、第1表歳入歳出予算補正の歳入でございます。


 5款繰入金、補正前の額5億5,062万3,000円、補正額が1,031万円の減額、計5億4,031万3,000円でございます。これは、1項繰入金を1,031万円減額補正するものでございまして、歳入合計は、補正前の額が19億1,264万8,000円、補正額1,031万円減額、計19億233万8,000円でございます。


 次に、3ページの歳出です。


 1款総務費でございます。補正前の額が9,338万7,000円、補正額124万円の減額、計9,214万7,000円でございます。これは、1項の総務管理費を124万円減額補正するものでございます。


 次に、2款下水道事業費、補正前の額が8億1,866万8,000円、補正額907万円、計8億959万8,000円でございます。これは、1項の下水道建設費を907万円減額補正するものでございます。


 歳出合計は、補正前の額が19億1,264万8,000円、補正額1,031万円の減額、計19億233万8,000円でございます。


 4ページからの事項別明細書は省略をさせていただきまして、7ページをお願いします。


 歳入につきましては、5款繰入金、1項繰入金、1目の一般会計繰入金を1,031万円の減額をするものでございます。


 次に、9ページの歳出でございます。


 1款総務費、1項総務管理費、1目総務管理費及び2款下水道事業費、1項下水道建設費、1目公共下水道建設費、ともに職員給、各種手当が減額ということで、補正をするものでございます。


 なお、給与費明細書などにつきましては、11ページ以降に挙げておりますので、御参照をお願いします。


 続きまして、議案第97号、介護保険特別会計(第3号)に入らせていただきます。


 1ページをお願いします。





                           議案第97号


平成19年度府中市介護保険特別会計補正予算(第3号)


 平成19年度府中市の介護保険特別会計の補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


第1条 既定の保険事業勘定の歳入歳出予算総額から、歳入歳出それぞれ343万9,000円を減額し、歳入歳出それぞれ38億6,613万5,000円とする。


2 保険事業勘定の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくっていただきまして、第1表歳入歳出予算補正の歳入でございます。


 6款繰入金、補正前の額6億14万5,000円、補正額が343万9,000円の減額、計5億9,670万6,000円でございます。これは、1項一般会計繰入金を343万9,000円減額補正するものでございまして、歳入合計は、補正前の額が38億6,957万4,000円、補正額343万9,000円、計38億6,613万5,000円でございます。


 次に、3ページ、歳出でございます。


 1款総務費でございますが、補正前の額が1億4,476万円、補正額343万9,000円減額、計1億4,132万1,000円でございます。これは、1項の総務管理費を343万9,000円減額補正するものでございます。


 歳出合計は、補正前の額は38億6,957万4,000円、補正額は343万9,000円の減額、計38億6,613万5,000円でございます。


 次の4ページからの事項別明細書は省略させていただきまして、7ページをお願いします。


 歳入につきましては、6款繰入金、1項一般会計繰入金、4目の一般会計繰入金を343万9,000円減額をするものでございます。


 次に、9ページの歳出でございます。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費を343万9,000円減額補正するものでございます。内容につきましては、10ページのとおりでございます。


 なお、給与費明細書などにつきましては11ページ以降に挙げておりますので、御参照をいただきたいと思います。


 以上で、議案第97号の提案説明を終わらせていただきます。


 続きまして、専決処分の報告をさせていただきます。


 報告集をお願いしたいと思います。1ページをお願いします。





                           報告第13号


専決処分の報告について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくってください。





1 専決処分年月日      平成19年10月2日


2 賠償金額         12万6,053円


3 賠償の相手方       府中市上下町矢多田275番地1


                岡田裕二


4 損害事故の概況


 平成19年8月4日午後5時ごろ、市営防地第2住宅8号棟の屋根が突然落下し、その屋根の下に駐車中の岡田裕二所有の自家用乗用車に落下物が接触して、岡田裕二所有の車を損傷したものでございます。


5 備    考


        損害額    12万6,053円


        過失割合   岡田裕二        0%


               府中市       100%


        賠償金額   12万6,053円


 続きまして、





                           報告第14号


専決処分の報告について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。


  平成19年12月3日提出


                       府中市長 伊 藤 吉 和





 1枚めくってください。





1 専決処分年月日      平成19年9月21日


2 賠償金額         2万8,213円


3 賠償の相手方       神石高原町高蓋398


                松岡孝利


4 損害事故の概況


 平成19年6月8日午後6時ごろ、松岡孝利が軽乗用車で、市道父石2号線を父石方面へ走行中、右側山林斜面から道路上に、縦27センチ、横22センチ、高さ15センチの落石があった。


 走行中に落石が発生したため、落石を避けきれず、落石を巻き込んだ状態で通過し、車両のマフラーを損傷したものでございます。


5 備    考


        損害額    2万8,213円


        過失割合   松岡孝利        0%


               府中市       100%


        賠償金額   2万8,213円


でございます。


 以上、議案22件、報告2件につきまして、はしょって説明をさせていただきました。何とぞ慎重審議の上、全議案を原案どおり可決していただきますようお願いいたしまして、提案説明を終わりといたします。


           (総務部長 門田 隆君 降壇)


○議長(戸成義則君) これにて提案理由の説明を終結いたします。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 日程第29号、発議第5号、府中市議会議員の政治倫理に関する条例の制定についてを議題といたします。


 橘?政信君から提案理由の説明を求めます。


 橘?政信君。


           (11番議員 橘?政信君 登壇)


○11番議員(橘?政信君)


                           発議第5号


府中市議会議員の政治倫理に関する条例の制定について


 府中市議会議員の政治倫理に関する条例案を次のとおり提出する。


  2007(平成19)年12月3日


                         提  出  者


                          府中市議会議員


                            橘 ? 政 信


                            松 坂 万三郎


                            小 森 龍太郎





 府中市議会議員の政治倫理に関する条例案





 要綱をもって説明させていただきます。


 発議第5号の提案理由及び要綱


 「政治とカネ」の問題に対する世論の関心が高まっている中、われわれ府中市議会議員は、市民の厳粛な信託を受けた立場であることを認識し、市民の代表として、その人格と倫理の向上に努め、誠実かつ公正に職責を全うすることを基本とし、もって民主的な市政の発展に寄与しなければならないことを改めて自覚しなければなりません。


 府中市議会では「モラル宣言」を決議して5年が経過しているが、充分に遵守されている状況とはいえず、議会における政治倫理の一層の確立を図るため、今一度、議員が自らを律するための行為規範が必要であると考え、本条例案を提出するものです。





 広島県議会でも全員の承認で決定しておりますので、府中市議会でも全員の承認をよろしくお願いいたします。


 以上。


           (11番議員 橘?政信君 降壇)


○議長(戸成義則君) これにて提案理由の説明を終結いたします。


 ただいま上程いたしました25件に対する質疑及び議案第75号に対する討論のある諸君は、12月6日午後3時までに発言通告書を事務局へ提出願います。


          〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(戸成義則君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。


 議案調査のため、明12月4日から12月5日までの2日間、休会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


           (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(戸成義則君) 御異議なしと認めます。


 よって、12月4日から12月5日までの2日間、休会することに決しました。


 次回は、来る12月6日午前10時から本会議を開きます。ただいま御出席の諸君には別に通知いたしません。御了承の上、御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。


午前11時55分